ログ速トップ
1 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/06 23:46 ID:RdaY/jMA [1/1回]
昭和17年、旭川のとある駐屯地に一人の歩兵が現れた。下半身ずぶぬれ・
野戦服に着剣された小銃を持った彼は、不審に思う歩哨に見送られ
駐屯地の中へと消えた。翌朝、その駐屯地からガダルカナルへと
出撃していた部隊の玉砕が知らせられた…。

といった感じの戦争・戦場にまつわる怪談・奇譚があったら教えてください。
2 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/06 23:46 ID:ZmllFq0G [1/1回]
自営業阻止
3霊現象なのでしょうか?[age] 投稿日:03/08/07 00:15 ID:???
古い建物なので今ではもう取り壊されたと思うが、
船橋市にある習志野駐屯地の古い倉庫の二階を
某連隊の教育隊が間借りしていた。
新教なので訓練のため、夜、不審番(見回り)を立てるのだが、
へんな噂が立ちはじめた。
見回り中に倉庫内を覗き窓よりのぞいたら黒い影が横切った、とか
人体模型の向きが前回の見回りの言ってた向きと違う方向を向いている、
夜中なのにトイレから音がする、といったものである。
それらは気のせいかまたは霊とは異なる現象であると思うのだが
腑に落ちない現象が一つあった。
ロックしたはずの倉庫のカギがいつのまにか開いているというものである。
念のため倉庫の中を確認するが毛布ばかりで異常無し、カギをきちんと掛け、
引っ張って施錠を確認するも、次の不審番(又は次の次)のときには、また同じ
ように開いているというものだった。(私自身も開錠と施錠の確認をしたが、交代
した次の当番の言によると開いていたとのことである。)
朝になってから教官と当直に確認してもらってもカギには異常はなし。
むろん夜中に倉庫のカギを開けに来たものも無し。
倉庫のなかには古びた毛布。貴重品など在りはしない。
そういったことが二、三日続いたが、教育隊長の「カギが開いていてもかまうな!」という
言葉によって以後不問になった。
4 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/07 00:23 ID:???
中野学校の訓練説
5 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/07 01:03 ID:???
ピッキング盗が寝泊りしていた!、でQ・E・D
6名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/07 16:19 ID:???
>>3
> そういったことが二、三日続いたが、教育隊長の「カギが開いていてもかまうな!」という
> 言葉によって以後不問になった。

ああ、それはだな、教育隊長が当直の日にPXのネーちゃんと宜しくやっていて、
倉庫の毛布持ち出したりしていたからだよ。
興奮していたから、たまに鍵の掛け忘れもあったようだな。
7 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/07 16:24 ID:???
心を解き放て
8 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/07 16:38 ID:FWz3tJ7/ [1/1回]
この手の話って、「白い神兵」と水木しげるの「ぬりかべ」しか知らん。
9名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/08 02:21 ID:???
新教の頃、某演習場の工兵森(※字は違うかもしれない)周辺で夜間警戒の訓練をした時の話である。
その日は霧雨まじりの嫌な天気であったが、そんな天気には関係なく我々は訓練をこなしていた。
そんな時、突然静寂をうちやぶり隣の班が騒ぎだしたのである。
なんでも 森 の 中 から 誰かが 見 て い る ということらしい。
自分も好奇心に駆られて森の中を見てみたが、木立の間を霧雨が幻想的に青白く光り流れる光景が目に映るだけで、
生物の気配は感じられない。結局、この件は、見間違い、他の所属の隊員では?などの憶測の元に
忘れられていくはずだった。
しかし、訓練を終え駐屯地に帰って直に同期のYが変なことを口走りはじめたのである。
曰く、「オレ、あの日からなんか女の霊に取り憑かれたかもしれない」と相談をうけたのである。
なんでも、あの夜から毎晩、同じ女(霊?)が夢に現れてくるのだそうだ。
それってやばいんじゃないの?との問いには、「彼女はオレには危害を加えないから大丈夫」とのことである。
「なんでも、あの辺に霊が集まって、霊の仕事をしているらしい」との事、いつのまにか霊と仲良しである。
私「それで俺たちにどうしろと・・・」Y「こわいから一応皆には知らせておこうと思って。」話が矛盾している。
そんなこんなで一応気になったので、同じ部屋のもので一応気にかけることにした。夜、寝ているときに
息をしているかどうかとか、(死んだように眠るというが、まさにその状態だった。寝返りもうたず、目を半開き
にして静かに眠っていた)その眠っているベッドの上に怪しげな発光現象が無いか、とか一応気にはかけたが
一般人である我々には正異の区別はつかず、他の者への実害もなかったのでそのままにしていた。
変わったことと言えば、Yが話す霊とのコミニケーションの話を聞かされることだけである。
いや、一度だけあった。
10 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/08 02:21 ID:???
私が 夢 の 中 でYのベッドの横に立つ女の姿を見たことが一度だけあったのである。
最初は赤いワンピースを着た年若い女性であったが、その姿がクイックモーションで本来の姿
である、腐敗した半白骨の姿に変化してゆく様を。
彼女は私に言った「なぜ彼(Y)に合わせてくれないの!」私「君は既に死んでいる、生きた人間にかまうな。」
なぜか夢の中で幽霊に説教をする私、その後ももう少しやり取りがあったと思うが覚えていない。
私は途中で起きてしまったのである。ベッドから上半身を起こし、周囲とYのベッドの方を見回すが、異常なし。
私はまた眠りについた。
翌日、Yに昨夜のことを聞くと「夕べは来なかった」とのこと、試しに夕べ夢の中で見たYの彼女(霊)の風貌を告げると
「え、なんでしってるの?」とのことである。私はあくまで夢の中の話と自分自身を納得させた。
それからもYと彼女(霊)は、彼の夢?のなかであっていたようだが、教育の終了とともにその後の彼を知る術は失われて
しまった。彼は今でも取り憑かれた状態で生きているのであろうか。
11 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/08 02:23 ID:???
あげ!!
12 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/09 01:42 ID:???
なんか怖いんだけど・・・
13 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/10 13:24 ID:+JBVCCUU [1/1回]
期待age
14 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/10 20:31 ID:???
>>3の話の補足
この件について、新隊員たちの間には御巣高山で使われた資機材が倉庫の中に
しまわれていたのではないか、との噂が立ちました。
真相は今となっては闇の中です。
15 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/10 20:35 ID:???
昭和19年11月14日の夜のこと
水戸歩兵第2連隊で突如営門が真一文字に開き、同時に進軍ラッパが遠くから響いてきた
衛兵が警戒して見ていると、一個連隊ほどの部隊が行進してくる
その先頭で連隊長の中川大佐が馬に乗り抜刀し、それに兵士が無言でついて来る
衛兵司令は直感的に「捧げ銃」を命令
衛兵が不動の姿勢で出迎えると、営庭の途中で部隊の姿が掻き消すように見えなくなった

その日は村井少将と中川大佐が自決 生き残りが最後の突撃を敢行 玉砕した日だった
この時点で玉砕は誰も知らされていなかった
16 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/10 20:41 ID:d5qZv/QA [1/1回]
黒澤明監督の映画「夢」の復員兵のエピソードも怖いな。
17 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/10 20:47 ID:7T3HqEMU [1/2回]
北大演出ますよ。
盤尻のあたり。
昔、砂金採るために結構人がすんでたらしい。なんか墓があるらしいけど
どのへんかわからず。
18 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/10 20:53 ID:???
終戦直後、品川駅にダイヤにない列車が到着しそこから降りた復員兵は夜の街に消えていった。
19名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/10 20:57 ID:???
第一次大戦中、トルコ軍とイギリス軍が一つの丘の争奪戦を繰り広げていた。
イギリス軍1個中隊が山頂に陣取るトルコ軍目がけて突撃。
しかし、彼らの周囲を白い雲が包んだ。
その雲が晴れたとき1個中隊が丸々消えていた。
トルコ軍の交戦記録にもこの中隊を殲滅したという記録は残ってない。

確かこんな話があったような・・・。
20名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/10 20:58 ID:???
それから日中戦争中、八路軍の1個師団が丸々消えたって言う話もあったような・・・。
21 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/10 21:02 ID:7T3HqEMU [2/2回]
>>19
その話オカルト本で読んだ。
22 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/10 21:07 ID:???
>>20
住民に食べられたのでは?
23 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/10 21:10 ID:???
>>20

それって
一個師団丸ごと脱営したんじゃ…
24名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/10 21:13 ID:???
第二次大戦中のエジプト。
英陸軍の小部隊が交戦中迷子になってしまった。
戦闘後喉の渇きを感じつつしばらく歩いていると一人の老爺に出会った。
その老爺は隊長に1枚の地図を手渡した。
その地図には井戸の表記があった。しかし、その地図紙というより動物の皮のようであった。
隊長は地図を見ながらなにげなく「まるで200年前の地図のようだ」とつぶやいた。
するとその老爺は「ナポレオン公に援軍がくるまでここを死守するよう命令を受けました。」と答えた。
隊長は「え?」と地図から顔を上げるとその老爺は彼の目の前から消えていた。

うろ覚えだがこんな話もあったような・・・。
25 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/10 21:15 ID:???
>>24
それなんかの本か番組でみたことある
でも俺が見たのは少し違う
26 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/10 21:15 ID:kOdtvIQO [1/1回]
こういう話もあります。

ある歩兵小隊が、敵の盛んな銃撃を受けて、竦んでいた。
背後に自軍の砲兵隊の陣地があるが、敵の砲撃に比べその活動は、
どうみても活発ではない。
さらに、自軍の砲兵陣地に敵弾が落ち、沈黙した。
砲の援護もなく、最後かと思った歩兵小隊の背後から、一門の野砲
だけが必死の援護射撃を開始した。
感動を勇気に、小隊は突撃し、敵を撃退した。その最後まで、たった
一門の砲は吼え続けていた。
敵の退却を確認した後、小隊長は、礼を言おうと、たった一門の砲兵陣地
に向かった。砲の横で、最後の砲兵が敬礼をしていた。
背の低い兵だった。
小隊長は、まだ遠かったが、敬礼を返しつつ、砲に向かった。
だが、近づくにつれ、怪訝になった。砲兵の背が低すぎるのだ。
そして、最後の硝煙が晴れたとき、小隊長はようやく、あることに気づいた。
よくみると、その砲兵には、下半身が無かった。

27名無し三等兵[] 投稿日:03/08/10 21:18 ID:jjOt5eUM [1/1回]
ガダルカナル島では、原住民のあいだにそういう話しがあるそうだ。
「ヒタヒタヒタ ...」と地下足袋の足音が聞こえたり、
「オーイ、ドジン」と呼びかけられたりするという。
28 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/10 21:31 ID:???
良スレの悪寒・・・。
29 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/10 21:40 ID:???
護衛艦と海座頭の話をどなたかご存知でしょうか?

その他、海軍にまつわる怪談などもぜひ。
30 : さいたま右[[( ゚∀゚)<sage] 投稿日:03/08/10 23:36 ID:???

    _(   @)___ >>29 此処なぞ如何か?
   / 爪゚∀゚) /\      
 /| ̄ ∪∪ ̄|\/
   |さいたま ..|/

http://piza2.2ch.net/occult/kako/1002/10022/1002214366.html
31名無し三等兵[] 投稿日:03/08/11 01:12 ID:0LtSxyzk [1/3回]
俺がじーさんから聞いた話し何だけど
たしか、戦時中に台湾沖を夜に二隻の船が航行中。
ふと片方の船員が隣の船を見ると、甲板をゆらゆらと走る火の玉のような物を
見た、不思議に思った船員が双眼鏡で見てみるとそこには松明の様な物を持った
女が甲板を走り回っている姿が見えたそうだ、
32 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/11 01:15 ID:???
>>31
ソフトオンデマンドの撮影だったんだろ
33続き[] 投稿日:03/08/11 01:25 ID:0LtSxyzk [2/3回]
船に女は乗せない筈なので、その船に女が走り回っている事を連絡した
ところ、そんな者は見当たらないと返事が返ってきた。
その女は船を囲む様に甲板を2周ほどすると、前方の甲板から
す~っと海に吸い込まれる様に消えたそうだ。
そして女が走り回った船は夜中の内に行方不明になった。
隣を航行していた船も、隣の船が消えた事に朝が来るまで
気がつかなかったらしい。
34 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/11 01:26 ID:???
>>33
ハードな撮影だな
35 : 続き[] 投稿日:03/08/11 01:28 ID:0LtSxyzk [3/3回]
じーさんの話に因ると
何でも台湾には船に危険を知らせる、女性の神様がいるとの事らしい。
この場合、不幸を運んできたと思うんだけどね。
36名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/11 01:54 ID:???
聊斎志異だったかな
屋根で童子が赤い旗を振っているのが目撃された屋敷が、
次の日全焼したって話。
それに似ていなくもないな。
37 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/11 02:13 ID:fsnSSJoM [1/1回]
>>33
多分その二隻は帝安丸と第二久栄丸っていう小型貨物船だと思う
第二久栄丸が次の日忽然と姿を消してたって話
38 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/11 03:08 ID:???
>>36
やっぱりアカの連中が資本家の屋敷を・・・ガクガクブルブル
39名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/11 05:30 ID:???
>>6
「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」
俺も入院中、誰も居ない病室から物音が聞こえる
って話を聞いて、夜中に勇気を出して見に行ったら
同じ病室で入院中の糖尿患者のオッサンがモノ喰ってた。
「何やってるんですか?」
「いや、病室で食うと看護婦さんに見つかるから・・・」
「てか、あんた食事制限中でしょ? ダメでしょ?」
「いや・・・ でも幽霊騒ぎで、この部屋、看護婦さんも
 ノーチェックなんだよね。」
40 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/11 06:57 ID:???
>>39
その幽霊騒ぎも糖尿病のオッサンが原因だったりする罠?w
41 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/11 12:30 ID:???
>>9
>なんでも 森 の 中 から 誰かが 見 て い る ということらしい。

ああ、その森なら滝ケ原あたりのマリンコ供だ。
訓練中は、お互い見て見ぬフリが基本だから、あまりちょっかい出しに行くな。
他の米兵の可能性もあるけど、黒人が伏目がちにして、
つや消しのドーランかなんか使っていると本気で分からないぞ。
ただ、動くと結構分かる。



>「オレ、あの日からなんか女の霊に取り憑かれたかもしれない」と相談をうけたのである。

詳しいことは言えないが、外人でそういうこと語ってた奴は、女殺して埋めていたな。
周囲から、「お前、女連れて歩いていたな」とか言われると、なんで見えるのかと不思議がる。
支隊、じゃなくて死体が発見されると誰も見なくなった。
もちろん当人も塀の中に消えた。
42 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/11 21:42 ID:???
>30様、感謝!








中に海の人が・・・
43 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/11 21:49 ID:BljUQJkI [1/1回]
お盆だよー!
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
アダルトDVD激安価格1枚 500円より~
 http://www.dvd-exp.com 
最短でご注文いただいた即日発送!→→→http://www.dvd-exp.com 
セルビデオ店の人気商品が24時間お買い物が出来ます。
          http://www.dvd-exp.com←へGO!
44 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/11 21:55 ID:hlB7oJ6j [1/1回]
藻前ら!こんなところに居ないで、このスレに行ってみろ!!
凄いことになってるぞ。祭りになる勢いだ。

宇宙最高の傑作SF小説が書けてしまいました
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1060109950/l50
45 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/14 00:14 ID:???
夏だから保守
46[] 投稿日:03/08/14 08:23 ID:bARatKTt [1/1回]
昔観た映画「フィラデルフィア・エクスペリメント」は実話をモチーフに製作されたそうだ。
実際、この実験で消えてしまった駆逐艦と水兵さんはどうなったんだろう?
47名無し伍長[] 投稿日:03/08/14 08:49 ID:j/vJD67F [1/2回]
畝傍遭難の話は?
いまだ艦体も乗組員も見つかっていないんでしょ?
48名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/14 09:27 ID:???
>>47
詳細きぼんぬ!
49 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/14 10:22 ID:???
>>46
それ、うそ。
駆逐艦の消磁作業に失敗して、機械の調子が悪くなっただけの話。
50さいたま右[[( ゚∀゚)<さいたま~. ] 投稿日:03/08/14 22:09 ID:???

    _(   @)___ 
   / 爪゚∀゚) /\ 夏なので怪談など壱席。     
 /| ̄ ∪∪ ̄|\/
   |さいたま ..|/

 時は数年前の今頃、亜米利加人教授と博物館に行きました。
丁度太平洋戦争記念らしく、当時の米軍の将軍や飛行機の写真
が所狭しと展示されていました。
 教授はルメイ氏の写真等で満足している様でしたが、私は内心
気違い空襲野郎等と思い不機嫌に。教授がB29等の飛行機の写真
を見ている時には、もう明後日の方向を見ておりました。


 ふとその時、奥の方小さな部屋を発見。中を覗いて見ると、日本側の
写真が。殆んどが民間人の写真で、兵器の写真はありませんでしたが
中々興味深く、今まで見た事の無い写真も在ります。
 之は儲け物と十分ほど一人で堪能していた所、奇妙な視線を感じます。
教授は亜米利加の飛行機の方で忙しく、この部屋には私以外人っ子一人
居ないはずなのに、其の視線は無くなりません。


 妙だなあと思い、気配を感じる方を見れば一枚の写真が見えます。出兵前の
家族の集合写真らしく、正装した人達が軍服を着た青年が中央に整列して居り、
説明文には、この青年は中国東北部に行くとか何とか書かれて居ります。他の
写真と比べても特におかしい所は内容に見えましたが凝視してみると、一瞬写真
の中の人が瞬きをしました。一瞬の事でしたので見間違えかと思い、其のまま
見続けると一斉に写真の中の人が笑いはじめました。
51 : さいたま右[[( ゚∀゚)<sage] 投稿日:03/08/14 22:17 ID:???

 之はヤバイと思い、慌てて眼を背け部屋から出ようとすると足首を何者かに
掴まれました。見てみると、写真に写っていた青年の母らしき人が必死な形相で、
私の足首を掴んでいました。私は其のまま倒れこんでしまい、助けを呼ぼうと
しましたが声が出ません。

 「返してくれ。」

 男の物かも女の物かも分からない声が私の頭の中に響きました。幸い体は
動きましたので、相手の額辺りに思いっきり蹴りを入れたのですが、相手には
全然効かない様なので、其のまま這居ながら部屋の外に向かいますが、
今度はもう片方の足にも何者かが。

 「返してくれ。」

 後ろを見ると発狂しそうなので、完璧に無視して其のまま這って出口に向かい
ますが、相手は一人や二人ではないらしく次々と体中にしがみ付いてきます。
「返してくれ。」の声がはんば合唱に為った時に何とか部屋を出ることが出来ました。


 部屋を出た途端体が軽くなったので、ああ助っかたんだなと思い部屋の中に
目を移すと、先ほどの写真の中の人物達が部屋の中央で全員正座をして、
恨めしそうに私を見ていました。
52 : さいたま右[[( ゚∀゚)<sage] 投稿日:03/08/14 22:21 ID:???
 急いで教授の元に向かい、事のあらましを伝えたのですが聞き入れてもらえず。
貴様はそれでも武士の国の子孫かと叱られました。どうせなら、亜米利加人に化けて
出ろよと思った、そんな夏の一日。
53名無し伍長[] 投稿日:03/08/14 22:25 ID:j/vJD67F [2/2回]
54 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/14 22:39 ID:???

ヽ(`Д´)ノウワァァァーン!!
怖ぇよぉぉぉ
55 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/15 00:03 ID:Ws75luEd [1/1回]
>>46
ここで書いたら馬鹿にされるかもしれないけど、ニコラ・テスラっていうエジソンと同世代の発明家を知ってる?
その延長であの実験があったんだとおもうんだけど。
56 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/15 02:08 ID:???
ってかオカ板向きだとはっきり言ってやれ
57 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/15 03:04 ID:???
>>53
こういうのは保険金詐欺が多いんだよな
58名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/15 16:41 ID:???
軍事な怪談って
なんだかよくわからないうちに鉄の乗り物に閉じ込められて乗り込み口を溶接されるとか
前と後ろから機関銃で狙われている所にほうりこまれて手ぶらで走り回るとか
党の人を見かけたと思ったら隣の家の人がいなくなってるとか
そういうやつじゃないの?
59 : 海の人 ◆STEELmK8LQ [sage] 投稿日:03/08/15 16:57 ID:???
>>58
 考えてみればソヴェトって国は、存在自体がオカルトだったんだなぁ。
60 : 山崎 渉[(^^)] 投稿日:03/08/15 20:18 ID:???
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン
61 : 名無し三等兵[饅頭こわい] 投稿日:03/08/15 23:24 ID:???
>>58
ひ~こわいよ~、超高性能高高度爆撃機がこわい~
  ドサ、ドサ(B29が投げ込まれる音)
・・・今度は遠距離護衛戦闘機が怖い

などと言うこわい(ぜいたくな)国もありましたな
62 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/15 23:34 ID:???
怪談の量産にだけは成功した国モナー
63 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/15 23:55 ID:???
>48
明治頃に「畝傍に西郷どんが乗って帰ってくる」という流言飛語が飛び交ったことが
あるそうです
何故畝傍と西郷が結びつくのかヘンな話ではありますが
64 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/15 23:58 ID:???
>>48
怪談ではありませんが矢作俊彦の小説「海から来たサムライ」は畝傍亡失ネタの
冒険小説です。
65名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/16 00:22 ID:???
自衛隊の入間基地の中に有名な幽霊スポットがあります
何でも朝鮮戦争当時重病患者用の医療施設に使われていたという噂の建物です
漏れの親父殿がまだ現役だった時、入間基地に長期出張になり宿泊場所として
割り当てられたのが、その建物の中のまさに出るので有名な部屋でした
親父の出張中漏れ自身も一度だけ遊びに逝った事があります
(T-2ブルーインパルスが浜松で事故る一つ前の航空ショーを見るついででした)
その建物は古い木造校舎のような建物で、入り口に小学校の水のみ場のようなモノが隣接していました
その入り口から入って少し左の部屋が件の場所でした
部屋の広さは小学校の教室ぐらいで、中は病院に良くあるような金属フレームに
布を貼ったパーテーションで幾つかに仕切られていて、基本的には物置に使われていました
親父の宿泊していたのはそのうちの一つにベットと丁度病室にあるようなテレビを置く
引き出しつきの台が一つの、まんま、病室のような代物でした
ベットに座ってテレビをつけるとペリーヌ物語の再放送をやっていました
数ヶ月後、出張から帰った親父殿に「出た?」と聞くと
親父はにやりと笑って次のような話を漏れに聞かしてくれました
その宿舎に泊まりだして1ヶ月ほどたった頃だったそうです
親父もこの場所が「出る」ので有名な場所であるということは部隊の人間から
聞いていたらしく、泊まり始めの頃は気にかけていたようですが、何事も無く
1ヶ月が過ぎたので、そろそろそんな話は忘れかけていたということです
現職時代の親父は不肖の息子の私が言うのも何なんですが、実に軍人らしい
人でして深い眠りに入っていても僅かな物音でもパッと目の覚める人でした
(非常呼集とかに鳴らされていたのです)
その時も夜半を当に過ぎていたようですが、階上より聞こえるわずかな不信な物音で
目が覚めたそうで
66 : これ面白かった[] 投稿日:03/08/16 00:26 ID:XEW7Cd/a [1/1回]
211 名前:名無し三等兵 投稿日:2001/07/29(日) 04:54
ガキの時分に、鍼灸師のジジイから聞いた話。ちょっと変わった幽霊談です。

ニューギニアのあたりのある戦場でのこと。
大規模な戦闘をした部隊があって、その後、その部隊の前線基地に、
夜な夜な、死んだ兵隊たちが現われるようになったそうです。
彼らはいずれも、足がちゃんとあり、懐かしそうに
「よお!」とか言いながら、現われるのだそうです。
いずれも確かに戦死した連中ばかり。
神主の息子の兵士がまじないをやったり、お経をよめる兵士がお経を詠んだりしても、まったく効き目無し。
そのうち、ズカズカ上がり込んできて、貴重な飯をバクバク食う始末。
しかも、いきなり手がスルスルっと伸びて、木の実を取ったりして、明らかに化け物化している様子。
怖いやら迷惑やらで困っていたのですが、なんとも手の施しようが無い。
見るに見かねた中尉だか大尉だかの隊長さんが、幽霊たちが集まっているところへ、
ツカツカと歩いていって、いきなり大声で、
「全員、整列!」
と言うと、素直に整列したそう。そして、
「貴様らは、全員戦死した兵隊である。よってこの世にいてはならん。
全員あの世へ行って成仏するように。これは命令である!」
隊長が涙を流しながら言うと、幽霊たちは、しばらく呆然とした顔で佇んでいたが、
そのうち全員が泣き始め、やがてボロボロと土人形のように崩れていったそう。
あとにはその土だけが残り、彼らは二度と現われることはなかった。
兵隊たちはその土の大部分は現地に埋め、残りを少しづつ日本に持って帰って、供養したそうです。

「へんな幽霊だね」と僕が言うと、ジジイは、
「日本人の幽霊でも、死んだ場所が変わると、ちょいと変わるんじゃい」
と言っておりました。
67 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/16 00:31 ID:???
ちょっと悲しいはなしですが、、、、。
今から50数年前、日本がまだ戦争中だった頃にあったことです、、。
皆さんは航空母艦(空母)ってしってますよね?船から飛行機をとばす奴です。
ある日、敵と遭遇して空母から戦闘機が何十機も敵に向かっていったそうです。
そして、その殆どが撃墜されてしまったそうなんです。
それから何日かしてからの夜、格納庫に何人ものパイロットがやって来ました。
整備兵たちは「御苦労さまだなあ、、」と思って声をかけようとすると、そのパイロット達はみんなズブ濡れだったそうです。
「あ、これはイカン!」と思い整備兵たちは毛布やらなんやら持っていこうとしたんですが、そのとき整備兵の班長が「おまえら!まて!なにも
するな!」といって直立不動で最敬礼をしたんです。
整備兵たちは訳もわからず班長をみると班長は敬礼したままボロボロと大粒の涙をこぼしてました。
「どうしたんですか?班長!」とある兵隊が聞くと
「お前たちわからんのか?あの方達はXX少尉とその小隊の方達だ!」と言いました。
「、、、!」それを聞いて兵隊たちもすぐさま全員整列をして敬礼をしたまま動きませんでした。
そうなんです、パイロット達は先日出撃して、みな撃墜された小隊の人達だったのです、、。
整備兵たちが格納庫の隅に全員並んで敬礼しているのに気づいたパイロット達は只だまって深々と頭をさげ、格納庫から消えていったそうです。
「班長、今のはいったい、、?」と兵隊がきくと班長はあふれる涙をぬぐいもせず、
「無念だったのだろう、敵艦隊に攻撃する前にみな撃ち落とされ、死んでも死にきれんのだろう。
そして、大事な機を壊し、一生懸命整備をした俺達に謝りに来たのだろう、、。」と言ったそうです、、。
パイロット達はみな18から25才くらいの若者だったそうです。
今からほんの50数年前には本当の戦争がありました、、、。
68 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/16 01:43 ID:???
 当時、私は小学校六年で、学童疎開も二十年三月で終わり、甲府から東京・高円寺に帰って間もない
時でした。幸い、兄はほど近い調布の飛行隊に所属しており、私が帰って来てからも、月に二、三回、家に
戦友の方々を連れてきました。
 その日は雲ひとつない青空でした。いつもの空襲とは違ってB29は戦闘機援護のもとに、高度は今までの
一万メートルの成層圏ではなく、ぐっと低く侵入してきました。
 私は下の兄たちといっしょにおそるおそる防空壕からはい出して空を見あげると、何かキラキラ光る物体が
上下している様子が目に入りました。その時はまだ上空で空中戦が行われているとはまったく思いませんでし
た。
 その直後、B29の一機が白い煙を尾から引き始めたと思うと、いまキラキラ光っていた小さな物体からも煙
が出て、それこそまっさかさまに落下し、見る見るうちにそれが小さな戦闘機だとわかるほど、私たちの肉眼に
せまってきたのでとっさに身を隠しました。
 空はまだゴウゴウとうなりをあげるようにして後続敵機が通過していましたが、どうやら市内での空襲ではな
さそうだと、再び壕から飛び出して空を見ると、米粒のような戦闘機同士が空中戦を交え、上下するごとに
太陽の光にキラキラと反射していました。
 初めて見た空中戦に、その時は”兄もおそらく出撃していたのではないだろうか?””いや戦闘に出ていても
兄は決して死ぬことはない”といわば願望に近い気持で打消していました。私がこの日、この目で見た空中
戦はB29が二機、煙を吐いたのと、戦闘機が三機、煙を吐いたり、落ちていったのです。
69 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/16 01:43 ID:???
 翌八日夜の八時頃、玄関の床をコツコツと軍刀でたたく音がしました。下の兄二人といっしょに玄関をのぞき
ますと、暗い中にボヤーッと兄の軍服姿がうつりました。
「あっ、お帰りなさい」声をかけるなり、昨日の戦闘でも無事だったんだ、という安心感も手伝い、玄関の電気
をつけました。
 ところが、いまいたはずの兄の姿はそこになく、不思議に思って家の外を一周してもどこにも兄は見当たりま
せんでした。
 それから一時間後、こんどは「ドンドン」という玄関のドアを強くたたく音に、二番目の兄が玄関に行き、しば
らくして何か紙キレを持ってきたのです。
「何だったの、だれが来たの?」
兄はしばらく無言でした。暗い灯火管制下の電灯で、三番目の兄と顔を合わせ、読むと
「セウイ カウノタカシ 四ツキ七ヒ テイトフキンニオケルヨウゲキセントウニオイテソウレツナルセンシヲトグ。
トウブ一〇八ブタイテウ」
 私を妹というより、自分の娘のように可愛がってくれた、あのやさしい兄が死んだなんて━━この世には神も
仏もいないのかしら・・・・・・きっとだれかと間違えたに違いない。でも、もしあの電報が本当だとしたら、昨日見
た、あの空中戦で落ちた戦闘機の一機が兄だったのでは・・・・・・・・・。
 それから一週間ぐらいして隊から使いの将校が見え、兄は敵のP51戦闘機と調布上空で空中戦を交えな
がらB29に近づき、攻撃をしつつ、最後に体当たりをして、埼玉県の川口上空で戦死、B29も焔を吐きながら
林の中に墜落したそうです。
 それにしても七日に見た空中戦の一機はたしか兄に間違いなく、死んで幸運というのも妙な表現ですが、他
に戦死された方々から見れば、本人も家族も戦時下では考えられない最後の出会いでした。三十四年たった
今もあの時の光景は脳裏にやきついています。
70 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/16 02:49 ID:kIN1jvMB [1/1回]
昔、聞いた話で嘘かほんとかは知らんが、
硫黄島の自衛隊基地に、夜中、旧帝国陸軍の兵隊が食い物の無心にくるそうな。
んで、「当方もない」とかそんな返事を返すと、おとなしく帰っていくそうな。
ほんとかね、これ?
71 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/16 02:58 ID:JK9/M8RG [1/1回]
硫黄島から石持ってきただけでやばいらしいです。
72名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/16 04:30 ID:???
この時期、旧軍の軍装して青山墓地とか歩いたらタクシー拾えるかなぁ~。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2時くらいとか。
73 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/16 05:04 ID:A1P41STi [1/1回]
靖国神社にしとけ。
74名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/16 05:23 ID:???
>>1の話。俺のじいちゃんが満州から病気で後送されてきて、
旭川で不寝番やってる時に見た話で聞いたぞ。
じいちゃんが見たのは、兵士じゃなく将校で、何故か真っ赤だったそうだ。
カッカッとブーツの音までして歩いていったらしいぞ。
翌日、ガ島で玉砕の報を聞いたのは同じだ。

兵士と将校、別々に出たのかな。俺には、怖いというより泣ける話だが。
75 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/16 10:45 ID:???
一木支隊が駐屯地に夜間帰還する、慌てて衛兵司令が衛兵に整列させて
ラッパを鳴らさせるという話は良く聞いたことがあります。
帝国陸海軍の営地や工廠やらは自衛隊の駐屯地や基地ばかりでなく、住宅地や
公共施設にもなってるのですが、そういうところでは怪談というのは聞かないですね。

基本的にはネット事情が良い郊外の住宅地で自動車で手軽にいける範囲などに
怪談が生じやすい傾向にあると思うです。
76名無し三等兵[] 投稿日:03/08/16 11:08 ID:QAaQ5PcF [1/1回]
そんで>>65の続きは?
77 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/16 11:14 ID:???
えと、どこだったっけ。おいしい井戸水って喜んでいたら実はそれに旧軍の
毒ガスが溶け込んでいて…ってのも充分に怖いぞ
78 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/16 11:26 ID:???
>>72
軍ヲタを一個中隊集めて軍装して宮城前を行進せよ
79 : 山崎教徒[(^^)] 投稿日:03/08/16 11:30 ID:???
            (^^)<山崎マンセ
             ,,.-‐''""""'''ー-.、
     ,ィ"          \
      /             `、
     ,i              i
   r'-=ニ;'_ー-、___,,.ィ‐‐-,,_ __|
    | r,i   ~`'ー-l;l : : : `l-r'"メ、
   ヾ、       `ー‐'": i!_,l_ノ`
    |         ,:(,..、 ;:|/
    |        ,,,..;:;:;:;,/
    /  `::;;.   '"`ニ二ノ 山崎様光臨マンセぜよ!
  /7    ゙゙:`-、;:;:;;;:;:;:;;/
,,.ィ"`:、        "/;:`ー-:、.._

fdあfd
っっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっf

っっっっっっっふぁあ
80 : 1/3[sage] 投稿日:03/08/17 00:42 ID:???
怪談ってわけじゃないんだけど、どこに書いたらよいのか判らんので
とりあえずここに書く。3年前、父のお客の爺さんが父に語っていた話。

朝●戦争が始まった頃、そのお客(A氏)はドヤ街で日雇いのような
仕事をしていたがある日、ドヤに破格の求人が。条件は英語の話せる事。
大学を出ていたA氏、英語には自信があったので迷わず応募、ドヤに仕事を
持ってくる人種とは明らかに違う、スーツをぴしっと着た役人風の男と面接し
採用が決まる。
「ではこの書類にサインして下さい」スーツの男が差し出した書類には
「この仕事に関する一切の事柄を口外しない」
と書いてあった。翌日、A氏が同じく採用された男達40人程と指定の場所で
迎えを待っていると幌付きトラックがやって来た。荷台に乗り込み、走り出す
トラック。他の男達と話してみると仕事の内容については誰も説明を受けて
いないらしい。やがてトラックは●●埠頭に到着。全員降車を命じられた
(続く)
81 : 2/3[sage] 投稿日:03/08/17 00:44 ID:???
続き)
A氏達を出迎えたのは●軍人。後ろの大きな冷凍倉庫を示しながら
「これから中に入って簡単な作業をしてもらう。中は大変寒いので
 これを着てくれ」
と防寒着、手袋、長靴を渡される。防寒装備一式を身につけた一同が
倉庫内に入ると内部は氷点下。大きな袋がいくつかあり、それぞれの
内部には”人間の部分”がパーツごとに仕分けされて入っていた。
手は手、足は足、首は首というふうに。そしてA氏達の仕事は
●鮮戦争でバラバラになったアメ●カ兵の、死体の五体を揃えて棺桶に
しまう事。
「では、始めてください」
えらい事になった、と思いつつも作業にかかるA氏。
「日本人は遺骨があればいいけど、アメリ●人ってのは五体が揃って
棺桶に入ってないと納得しないらしいんだ」とはA氏の弁。
(続く)
823/3[sage] 投稿日:03/08/17 00:46 ID:???
(続き)
とまあここまでは単なる「秘められた戦後史」的なノリで聞いていた俺だが
イヤンな気分になったのはその話の続き。さすがに最初のうちは食事が
喉を通らなかったA氏達だが何日も続けていると慣れてしまうんだそうで
「オーイ、左手くれー」
「あいよー(ゴソゴソ)これでいいかー」
「あー、ちょっと長いけど、いいだろー」
てな感じで誰の手だろうが足だろうがとりあえず五体が揃っていれば
良かったらしい。しかし
「オーイ、頭くれー」
「あいよー(ゴソゴソ)これでいいかー」
「ダメだよコリャ色が違うよ」
「いいんじゃないのー」
と要は白人の胴体に黒人の頭をくっつけて出荷した事もあったそうな。
まぁ俺はA氏の人となりを良く知らないのでどこまでが事実なのか
不明なのだがとりあえずこんな話を聞いた、という事でご勘弁を。
あとA氏が「他言無用」の書類にサインしたってんでところどころ
伏せ字にさせて貰ったスマソ。
83 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/17 01:08 ID:iQW7qJV8 [1/1回]
>>82
その伏せ字に意味はあるのかね?
と敢えて無粋なツッコミw
84 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/17 01:34 ID:iOQT1RoV [1/1回]
良スレダネ
85 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/17 01:41 ID:???
ベトナムでも似たような仕事があったってね
86 [ ] 投稿日:03/08/17 12:47 ID:???
WWⅡの東部戦線でのこと
ドイツ軍陣地に突撃をしていた
ソ連歩兵にドイツ軍陣地から有得ぬ
方向より銃弾が飛来し、続々とソ連
歩兵が戦死する事態が続発した。
ソ連兵はこの謎の銃弾をとても恐れたという…
87 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/17 12:51 ID:csmBR8Q6 [1/1回]
>>86

督戦隊の発砲の可能性大。
88名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/17 14:50 ID:???
>>86
ソ連軍には自軍部隊と敵陣地の位置すら把握できなかった
将校や部隊があったってことなんだろうね。
89 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/17 16:07 ID:3Sz+Ec/R [1/1回]
第七師團といえば、日露戦争の時に旅順要塞に突撃した部隊の帰還という
話もあるよな
90 : 名無し三等兵[!] 投稿日:03/08/17 16:10 ID:???
>>88

どう見ても督戦隊だろ。
91 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/17 16:11 ID:???
なんで必死になる?
92 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/17 16:26 ID:???
>>65が消えたのがこのスレ最大のホラーなんでは
93 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/17 16:51 ID:???
スターリンによる赤軍大粛清後における赤軍将校団の質の低下っぷりを考えると
>>88説も大いにありえる
94名無し三等兵[?] 投稿日:03/08/17 17:17 ID:???
すいません>26の意味がよく分かんないんですが・・・
下半身だけって事はもう死んで幽霊だったってことですか?
95 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/17 17:20 ID:???
>>94
海亀のスープも理解できそうにないお前には感心させられたよ…
96 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/17 17:29 ID:???
>>94
重傷をおいながらも、気力と責任感で使命を全うする間
生きていた、ということだ。
97 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/17 17:52 ID:???
・・・・・昭和20年・・・日本では首の無い戦闘機がゴロゴロと・・・・
あっ、後ろになでるくんが・・・・・
98 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/17 17:53 ID:svkn4kQL [1/1回]
側傍機関銃だろ>あり得ない方向



それより、某板には2getをねらう劇画作家の怨霊が・・・
99名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/17 20:24 ID:???
>それより、某板には2getをねらう劇画作家の怨霊が・・・

最近、活動が鈍いと思ったら、
すでにおなくなりになっていましたか・・・。
ナム・・・。
100 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/17 21:24 ID:???
>>76
その事にはもう触れるな。
彼は連れt
101 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/17 21:40 ID:???
>>99
仕事場に縛り付けられているので、生霊が2getしてるのでしょう。
何れにしろ、合掌・・・・。
102名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/17 22:21 ID:???
八甲田山で青森連隊の一個中隊が吹雪で壊滅した後も青森連隊の歩哨
が毎晩のように目撃したとか…
103 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/18 14:50 ID:???
そんなん言ったら、ガダルカナルから兵隊さんが帰ってきたりとか…
104 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/18 15:57 ID:Pj+fz5M+ [1/1回]
折れが一番怖いと思った話。
宝島刊の『怖い話の本』収録。
舞台は防衛大学。

卒業研究からの帰路にあった四年生の話。
ある日の夜、誰も居ない筈の食堂から、
なにやらザワザワとした気配を感じたので、食堂をのぞいて見ると、
沢山の手だけが万歳をしていた。
翌朝、天皇陛下崩御のニュースが流れた。

この怪異は、当直幹部日誌に載っているそうだ。
105 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/18 15:57 ID:ItfDPfUG [1/1回]
またまた女子トイレ盗撮モノです。
皆さん誰も見てないところでは、こんなに簡単、かつ大胆にパンティーを脱ぐんですね。
なんか自分が透明人間になった気分で非常にドキドキしてしまいます。
女子トイレを覗きたい人、必見です。
無料ムービー観てね。
只今、半額キャンペーン中
http://www.excitehole.com/
106 : 飯田総統[] 投稿日:03/08/18 16:37 ID:oFWVe/2Z [1/1回]
                                  ,,,,,,,,,,,,,,    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                 [,|,,,★,,|]  < みなさん、ここは飯田総統が占領しますた
                                ( ・∀・)    \____________
                               __|= = = =|___
                         __==ニ二 ∩~ ̄ ̄ヽ \_
  _______                    /Ζ~~7  |   ☆    |  | ]--
(()) )) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄))|    |      |   ||
 ~~~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ√_\__________丿 √~7 ̄~|~ ̄~|
                   __())/~ ̄===   / | \Г ̄ ̄ ̄ ̄|丿--丿--丿
                / ̄ ̄/__|---~ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄Z ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                (三三(――――――(三三( ̄() ̄ ̄ ̄() ̄ ̄()~7\


cccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc
107 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/18 18:15 ID:???
この板には無神論者が多いから
108 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/18 18:16 ID:???
激しく遅レスだが>>19>>20のは多分これだね。
ttp://ryoshida.web.infoseek.co.jp/kaiki/33tasuu.htm
以下引用~

>●雲に飲み込まれたイギリス兵
>第一次世界大戦中の、1915年8月21日。トルコのアンザックの近くにある、サル・ベイ丘。
>この日、341名のイギリス陸軍・ノーフォーク連隊がその丘の方へ向かって行進していた。
>そして連隊が進んでいくにつれて、丘の上にかかっていた灰色の雲がだんだんと下へ降り始めてきた。
>その雲はやがて丘を完全に覆い尽くし、ノーフォーク連隊の数百名はその雲の中へ向かって行進しているかのようにも見えた。
>だが、雲の中へ入り込んだイギリス兵は、それから一人も姿を現さないのである。
>この出来事は、イギリス軍側のニュージーランド兵22名が一部始終を見ていた。
>一時間後、風が吹き始め、先ほどまで丘を覆っていた雲は、また段々と上昇し、すっかり辺りが見渡せる状態になった。
>だが、確かにその丘に向かって行進していたイギリス兵は、一人もいなくなっていたのである。
>ニュージーランド兵が見ていた場所からは数十㎞四方が広々と見えるよう場所であり、その付近に隠れるような場所など何もない。
>341名全てが行方不明になったという通報を受けたイギリス軍はただちに調査隊を送り、ノーフォーク連隊の行方を探したが、
>全く手がかりがなく、一人の死体さえ見つけることが出来なかった。

>●3000人の中国兵
>第二次世界大戦中の1939年10月。
>3000人の中国兵が汽車で南京の近くの広野に運ばれ、夜になって約3㎞に渡って、兵士たちは配置された。
>そして兵士の配置も完了し終わって数時間後、司令官が宿舎から、再びその前線に戻ってみると、
>さっきまでいた、3000人の兵士たちが全て忽然と姿を消していた。
>野原には、焚き火が燃え続けており、銃は全て投げ出され、また、地平線に至るまで、一つの足跡も発見出来なかったという。
109名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/18 18:34 ID:???
イギリス兵はともかく中国の方は兵士が逃走して、責任を問われるのを恐れた司令官が
適当こいてるっぽい。
110 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/18 18:36 ID:naesrDLs [1/1回]
↑だから逃げたんだって。
111 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/18 21:39 ID:???
イギリス兵のほうはガリポリ上陸作戦中の話でしょうか。
白い雲っていうのが砲撃だとかだったら分らなくもないような。
112名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/18 22:49 ID:???
>>109-111
これがデジャヴと言うヤツなのか!?
前にまったく同じやりとりを見たことがある・・・。
それもほんのちょっと前に・・・。

つか、ただたんに、そう考える人が多いだけか。
けど、まったく同じ事言っているからびっくりだわ。
サーバ落ち前にあった、このスレと似たようなタイトルのスレの話です。
ちょっと怪談っぽいね。
113 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/18 22:57 ID:???
>>112
そういう意味なら軍板全般に霊が漂っておる。
114 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/19 03:02 ID:???
そういや、ガリポリ作戦とか、ディエップ強襲とかの怨霊は出ないんだろうか?
115 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/19 18:53 ID:???
ビルマ奥地にはインパールがらみで未だに彷徨ってる兵隊さんがいるとか。
奥地の原住民が夜中に足音や声をよく聞くらしい。
んで、原住民にどんな声聞くのか聞いてみたところ、「ガンバレガンバレ」
「モウスコシダ」「グンソウドノ」「ミズ、ミズ」などと、日本語知らない
はずの原住民が答えた、とか。
116名無し三等兵[] 投稿日:03/08/20 13:23 ID:bjN7JLT0 [1/2回]
知り合いの右○さんの話。ビルマつながりで。

インパール作戦で犠牲になった方々の遺骨収集と慰霊祭が現地で行われたそうだが
お供えのスイカとか果物類の中身が、後で見るとエライコト軽くなっていたそうで
切って見ると、中はスカスカだったそうだ。
117 : 山崎教徒[(^^)] 投稿日:03/08/20 13:24 ID:???
∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ^。^)<あーよかったなぁ やまざいきーいて900-
 
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)
118 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/08/20 13:28 ID:???
>>116
果物漁るくらいなら、牟田口廉也に取り憑いてやれと、小一時間
問いつめたい。
119 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/20 13:48 ID:bjN7JLT0 [2/2回]
まぁあのオッサンがのうのうと生きていたって事も怪談といえば
怪談ですが・・・(いや、将官になれた時点で怪談か・・・)
120 : 山崎教徒[(^^)] 投稿日:03/08/20 15:40 ID:???
戦争
お笑いタレントの向こう側に流れる タロップ としての戦争 戦争は いつもテレビの向こう側で
はじまる と思えるものとしての戦争 パソコンの前で 偽善者がどうしたとか 人殺しはいいとかいけないとか いっている
だけの 戦争 自衛隊が横須賀からこっそり出て行っても へえーそうなの そんなもんじゃないの~ で終る 戦争
こういう時は 勇ましい方がいいとかんたんに 目の前のことに 飛びつく 戦争 戦争
それはいま それは あなたとぼく セックスとラジオ体操よりもっとみじかで
嫌味なおじさんと若い女性のミスキャストよりも 真実味がある 戦争は いま いまなのだ
スポーツ新聞のエロい記事の裏側に
「開戦!」とか「核戦争勃発!」とか赤い見出しが打ち出されるとき
それを読むサラリーマンの頭にひらめく 実感のない 戦争
株屋が「戦争株」は上がりまっせ と 売り込みにきても
戦争がはじまらないと動かない株価を日経新聞でチェックして
期待を膨らませる 戦争 ワイドショウが視聴率確保のために 芸能レポーターをNYにおくり
生々しいテロの実態を 芸能ニュースよろしく伝える
戦争 戦争 戦争は満員電車のミニスカートに 目配せするより
太った腹の脂肪をわしづかみにつかんで「痩せなくっちゃ」なんていうより
もっともっと 目の前にある テーブルの上にある
戦争 それはいま それは あなたとぼく ぼくと見知らぬあなた
あなたの いまいま ここで生きようとしているということ
だから 僕は いまいま しかない 地球の時間の中で どうしても 鉛筆を握って
バカなことだろうと 弱い人間だろうと うそつきといわれようと 偽善者といわれようと いま
書く 書く 書く 書く 書く 書く
「ぼくは戦争反対だ!」
「戦争で死ぬなんて真っ平ごめんだ」
「もっと酒だって飲むんだ」
「ぼくは戦争絶対反対だ!」しはちはちはとち
は質とは母は母は母は母は母は母は母は母
121名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/20 16:14 ID:???
>>27
 /⌒ ヽ
  /  ゚ω゚)
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U
ヒタヒタと言えばこいつを思い出す・・。

俺の大学は元々旧陸軍の駐屯地だったが、当時の建物が文化財として残っている。
それが今でも「ボロ号館」というあだ名で校舎として使われているが
日中でも暗いし、地下一階に下る階段がコンクリでふさがれてたりして
異様な感じだった。兵士の霊が出るらしい。俺は見たことないんだか。
キャンパス内では軍馬のいななきや蹄の音が聞こえたとか聞こえないとか。
直接関係はないけど、元軍事施設ということで・・・。
122 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/20 18:40 ID:4erVHoVd [1/1回]
灯台の旧生産技術研究所は、2月26日はだれも徹夜実験をしなかったとか。
123名無し三等兵[] 投稿日:03/08/20 19:07 ID:Ww71XiNe [1/1回]
中国の3000人の話しは、ドラえもんの映画で似たような話しが出てましたよね。
あと、北アフリカでドイツ軍が、撃破されたイギリス軍戦車を調査していたら、突
然戦車が動き出した。危うく轢かれそうになったドイツ兵が中を見ると炭化したイ
ギリス兵が操縦席にそのまま座っていたそうです。こうゆう話しは各国に相当ある
ようですが、同じような話し、他にありますかね?
124 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/20 20:38 ID:D6QKhj/F [1/2回]
やはりここはバミューダタイアングルでしょう
125名無し三等兵[] 投稿日:03/08/20 20:38 ID:D6QKhj/F [2/2回]
タイ→トライ
126 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/20 20:57 ID:???
>>121
盆地にある温泉のよこ大学? もしそうなら、まえの国道は旧連隊通りですよ。
127 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/20 21:08 ID:???
>>125
トライ→ロー
128 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/20 21:17 ID:???
19世紀にエゲレスのフリゲート艦がシーサーペントに襲われた話とか、
Uボートがモササウルスを見た話とか、戦闘機のエンジンを食い荒らす小鬼の話とか(略
129名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/20 21:30 ID:???
>>19世紀にエゲレスのフリゲート艦がシーサーペントに襲われた話とか、
詳細きぼんぬ
130 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/20 22:07 ID:???
>>129
では「畝傍」も?
131 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/21 04:50 ID:???
>>123
なんだっけ?
一等自営業先生の「街道上の怪物」で、まさにそれがありましたね。
何発もくらったソ連の戦車を検分していたら、
中でまだ生きてて、突然砲塔が動き出した。
検分していたドイツ兵の一人が88mmで空けた穴に手榴弾を突っ込んで
やっとこ搭乗員が死んだと。
これも考えてみれば怪談ですよね。
132 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/21 05:48 ID:WlewivAH [1/5回]
>>24で既出なのだが完全版がいい話なので貼っておきます。長くてスマソ

1915年、第一次世界大戦中のシナイ砂漠。
イギリスのある部隊は敵のアラブ兵に完全に包囲されていた。
水も食料も底を尽きかけ
このまま餓死するか全滅覚悟の突入しかない状況に追い込まれていた。

指揮をとっていたケイザル大尉が考えあぐねていた時
一人の老人が部下に連れられて大尉の前に現れた。
「大尉、この老人がどうしても大尉に手紙を渡したいと言ってるんですが・・。」

「私に手紙を・・? 誰からのものだ?そして君は一体誰なんだね?」
大尉は老人に尋ねた。

「私はずーっと以前、ある方からあなた宛の手紙を預かっている、この村のものです。
あなたは確かにケイザル大尉様でいらっしゃいますね?」

「確かに私はケイザルだが・・。それでその手紙というのは何なのだ?」
「はい、これでございます。」
老人は手紙を差し出した。
133 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/21 05:48 ID:gk1I/Z7k [1/1回]
134 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/21 05:50 ID:WlewivAH [2/5回]
「差出人はナポレオンだって?! あの、大ナポレオンからの手紙?
 君、ナポレオンのエジプト遠征といえば100年以上前…116年前のことじゃないか!
 からかうのもいい加減にしろ!私は忙しいんだ!さっさと帰ってくれ!」

「でも私は確かに、あの大ナポレオン様から手紙を預かったのです!
 あなた様以外には決して見せてはならないと言われて…
 それ以来、私はこの手紙をずーっと大切に保管してまいりました。これは本当なのです!」

老人があんまり真剣に訴えるので、ケイザル大尉も一応見るだけみてやるか、
といった感じでくしゃくしゃになった手紙の封をあけてみた。

手紙にはこう書かれていた。
135 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/21 05:51 ID:WlewivAH [3/5回]
親愛なるケイザル。

私は現地人の、この子供に手紙をあずける。この陣地の下には弾薬と食料が埋めてある。
すぐにそれを掘り出し、エジプトとの国境に向かうのだ。

国境へ向かうには3つのルートがあるが、その中の砂漠を通る中央のルートを使え。
同封の地図に飲み水が得られる水穴の場所を示しておく。

無事脱出することを祈っている。

ナポレオン・ボナパルト
136名無し三等兵[] 投稿日:03/08/21 05:52 ID:WlewivAH [4/5回]
それは確かにナポレオンからケイザル大尉に宛てた手紙に間違いはなかった。
だがなぜ、116年前にナポレオンはこの手紙を書いたのだろう・・?

その時、ケイザル大尉はハッと気づいた。
そういえば、自分のひいじいさんも自分と同じケイザルという名前だった。
幼いころに聞いたことがある、ひいじいさんはナポレオンと一緒にエジプト遠征に行ったと。

ひいおじいちゃんはその時に戦死してしまったが
ひょっとしてこの手紙は、ナポレオンからひいおじいちゃんに宛てた手紙だったのでは…?

全て理解出来たケイザル大尉は
ワラにもすがる気持ちで手紙に記されていた場所を部下に掘らせてみた。
部下たちも、もうこの手紙にすがるしかなかった。
137名無し三等兵[] 投稿日:03/08/21 05:54 ID:WlewivAH [5/5回]
掘ってみると本当に弾薬と食料が出てきた。
だが不思議なことに100年以上前に埋められたもののはずなのに
弾薬も食料も全く傷んでいないのだ。まるで昨日、埋められたかのような状態である。

「こんな不思議なことがあるんだろうか・・?」
部下も半信半疑である。

食料と弾薬を補給し、元気になった一隊は翌日敵兵に攻撃をしかけ
一瞬のスキをついて包囲網を突破し、地図に沿って砂漠を横断した。
100年以上前の地図であったが、水穴の場所はそのままだった。
途中で飲み水を補給しながら一隊は無事援軍と合流できたのである。

あの手紙を持ってきた老人であるが
詳しく話を聞くと、手紙を受け取ったのは老人が15歳の時だったという。
すぐに当時のケイザルのところへ持っていったが、すでに隊は出発してしまった後で
結局手紙を渡すことは出来なかった。

それ以来、ずっと心の中に引っかかっていたというのだ。
そしてそれから116年が経ち、ケイザルという名を聞いて今度こそ、と思い、面会に来たらしい。
この手紙を渡すまでは死ねないと思っていたのだろうか。
老人は130歳になっていた。
138 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/21 09:19 ID:qcyWCGnZ [1/1回]
エロエロ
http://z.peps.jp/tknb6
139名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/21 09:33 ID:???
>>137
突っ込んではいけないんだろうけど
ナポレオニックの弾薬と第1次世界大戦時の弾薬が共通だとは思えないんですが。
それと火薬の経年変化って大丈夫だったんだろうか。
 食料も缶詰、瓶詰めの類はモスクワ遠征の時以降だったのでは?

イギリス人大尉の祖先がフランス軍でナポレオンに仕えていたという点に
ついてはなんともいえないです。
140 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/21 11:30 ID:???
>>139
クリミア戦争の時、イギリスフランス連合軍が旧くなった埋蔵在庫を新しいのに
取り替えておいたのでは。
141 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/21 12:33 ID:???
頭弱い人向けの法螺話なんだから突っ込んじゃダメだよ
142 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/21 17:42 ID:???
完全版が出ないほうが良かったと思ってる奴はきっといるな・・・
143 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/25 16:27 ID:???
インドシナに攻め込んだ日本軍が山田長政の補給物資みっけたようなものか。
144 : コギャルとカリスマH[] 投稿日:03/08/25 16:30 ID:fxrTchkH [1/1回]
http://www.asamade.net/

出会いカリスマ、即アポ、即出会い
  ○▲!”恋愛フレンズ~”””””!
  女性返信率も何処にも負けない

    わりきり~メル友・他色々
145 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/25 20:47 ID:???
妹のブルマと体操着を着用してシャドウやってたら
お母さんに見つかった
146名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/25 21:56 ID:???
死ぬほど洒落にならない怖い話しを集めてみない?49
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1061656934/l50
の113に興味深い話が。
147名無し三等兵[] 投稿日:03/08/25 22:59 ID:EhkmJkue [1/1回]
>>146

そのスレの過去ログで、洒落にならない軍事な怪談があったのを思い出した。
確かこんな話だった。

もう夏も終わりと言う時期。青山の辺りでタクシーを拾って帰ろうとした
ところ、運ちゃんがどうも回り道をしている気がする。
さては料金をボッていると思い
「何でまっすぐ行かないんだ!」と指摘すると、運ちゃんは
「料金はおまけするから勘弁して下さい・・・」と哀願する。
不思議に思い理由を聞くと、しぶしぶながら口を開く。
「実はね・・・終戦記念日に見ちまったんですよ。
青山墓地の前で、軍人さんたちが行進しているのを!」

戦慄が走った。思い出してしまったのだ。
その日に軍装オフで盛り上がり、夜中に喉が渇いたので
青山墓地付近の自販機へ皆でジュースを買いに行った事を・・・・。
148 : ミリ屋哲 ◆StCoSUah7Q [sage] 投稿日:03/08/25 23:04 ID:???
>>147
オチにワラタ。
149名無し三等兵[] 投稿日:03/08/25 23:36 ID:cFsKQz7a [1/1回]
キスカ撤退戦の話
第五艦隊の艦艇が、山崎部隊の玉砕した
アッツの沖を夜間通過中、突然島の真中
あたりから青白い閃光が光り、みるみる
巨大な火柱になって艦隊に向かってきた。
各艦長は敵の攻撃と思い機関一杯、舵一
杯を下令して回避動作に入ったが、その
光は艦隊の直前で消えてしまった。

アメリカのキスカ封鎖艦隊がレーダーに正体
不明の目標を探知して全力射撃を行ったのも
ほぼ同時刻である。

結果として米艦隊は弾薬を消耗し、補給のため
封鎖を解除したことでキスカの奇跡がおこった。

五艦隊そしてキスカ守備隊の将兵は、アッツの
英霊が我々を助けてくれたのだと、その後永く
語り続けたという。
150 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/25 23:52 ID:xIhevtRr [1/1回]
進路が違う気がするが。
151 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/26 01:01 ID:???
だよね、確か5艦隊はキスカの南から進入したはずだけど…

っていらん突っ込みですねハイ
152 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/26 10:38 ID:???
たしかアッツからの怪光を目撃したのは、キスカ撤退の支援をしていた板倉艦長の
イ2号潜水艦が作戦終了後、アッツ沖を航行中ではなかったか?
153 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/26 14:51 ID:???
h ttp://www.chinfo.navy.mil/navpalib/cno/n87/usw/issue_18/forgotten.htm

日本人がアツカとキスカについて怪談話をしているころ、アメリカの潜水艦乗りも
同じ地域に思いを馳せていたのですねぇ。この雑誌って潜水艦に電波で送られるんだろうか?
それともCDを補給艦から渡されるのかな?それとも、物資補給用トマホークが
指定海面に打ち込まれるとかするんだろうか。
154 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/29 00:11 ID:lrtqneji [1/1回]
ageておこう…
155 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/29 18:23 ID:???
ソ連が元気なころの話。
北洋艦隊の基地・ムルマンスクでは、夜な夜な光る男たちが目撃された。
156 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/08/29 22:16 ID:+FEDzBCf [1/1回]
原潜の乗組員だろうな。
157名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/29 22:27 ID:???
人生でいちばん輝いてる時期なんだね。
158名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/30 00:40 ID:???
>>157
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )
159 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/30 02:28 ID:???
>>157
( ゜∀)サイタマ(゜∀゜)サイタマ(∀゜ )
160 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/08/30 03:43 ID:???
>>158-159

何か体が光ってますよ?
ああ、東電の孫請さんですか。ご苦労さまです・・・(涙)
161 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/09/01 15:12 ID:???
157 :名無し三等兵 :03/08/29 22:27 ID:???
人生でいちばん輝いてる時期なんだね。


162 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/01 15:21 ID:???
下げておこう‥。
163 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/01 17:47 ID:???
>>136
>そういえば、自分のひいじいさんも
>ナポレオンからひいおじいちゃんに
「ひいじいさん」か「ひいおじいちゃん」のどっちかにしなさい。
164 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/09/01 19:27 ID:yVBDCgFa [1/1回]
俺が前に考えた話のせとく
第二次大戦時フランスでドイツ軍と戦っていたアメリカ軍のスミス二等兵が体験した話です。
その日はドイツ軍の小隊と一戦を交えていたんですがいったんドイツ軍が引いて一緒にいた戦友もトイレにいてくるといったきり帰ってきません。
スミスさんが一人で待っていると突然暗闇からキングタイガーが姿を現しスミスさんにフルスピードで特攻してきたのです!
びっくりしたスミスさんは全速力で本隊まで逃げたんですがどんどんスミスさんと戦車の距離は短くなっていきます。
もう駄目だと思ったとき突然音が聞こえなくなりました。スミスさんが後ろを見るとそこには何もありませんでした。
本隊に戻ったスミスさんは小隊長にそのことを報告したんですが相手のドイツ軍は小隊でキングタイガーなんて持っているはずが無いと信じてくれません。
しかし次の日なんと昨日戦っていたドイツ軍が降伏して投降してきたのです。
スミスさんはそのドイツ兵の一人にキングタイガーを持っているか聞いてみました。
しかしドイツ兵は信じられないといった顔で「持ってるわけないだろ」といいました。
それでは昨日の夜スミスさんが見たキングタイガーはなんだったんでしょうか?



165 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/01 19:30 ID:???
イタズラもんの狸が王虎に化けよったんじゃ
166 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/01 19:35 ID:???
ハリボテ
167 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/01 19:48 ID:???
「欧州狸合戦ポンポコ」
168名無し初年兵[sage] 投稿日:03/09/02 00:33 ID:???
ベルリン攻防戦の最中、押し寄せるT34やらIS-2やらの前に、突如立ちふさがった謎の独重戦車部隊!

塗装は茶・黒ベースで腹部が白、という謎の三色迷彩(しかもちょっとフワフワだ!)。
砲弾は当らないし(すり抜ける)、神出鬼没で細い路地裏からいきなり中隊規模で沸いてくる。
しまいには鬼火吹きながら空を飛んでくる奴までいて、何だかとてもコワイ。
つーか、向こう側でドイツ兵もポカーンとしてるし・・・。

でも、犬が吼えたら、ぱっといなくなりましたとさ。
どっとはらい。


169 : 00 ◆0071AEJdYM [sage] 投稿日:03/09/02 00:59 ID:???
>>168
どっとはらいかよw
170 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/02 15:23 ID:???
BoBの赤い機体は有名だよね
171 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/09/03 21:44 ID:HGDEi/92 [1/1回]
http://home4.highway.ne.jp/deadsoul/ka/guntaitanuki.html
【軍隊狸】

○戦場に赴き、日本軍を影で支えた狸たちのこと。

○当時の日本軍、道理で強いわけです。なんというか、メンタル面で。

  事例1 愛媛県周桑郡壬生川町 松谷みよ子氏の話
 伊予の喜左衛門狸は日露戦争に出征した。小豆に化けて大陸を渡り、上陸するとすぐ豆をまくようにパラパラと
全軍に散り、赤い服を着て戦った。敵将クロパトキンの手記には「日本軍の中にはときどき赤い服を着た兵隊が現
れて、この兵隊はいくら射撃してもいっこう平気で進んでくる。
この兵隊を撃つと目がくらむという。赤い服には、○に喜の字のしるしがついていた」と書かれている。

  事例2 香川県高松市 室津源太郎氏の話
 日露戦争の時、高松のじょうがん寺の狸の総指揮の元、狸たちが出征した。兵隊に化けて山を作り、ロシア兵が
登るなり山をひっくり返したりした。凱旋の時には狸までが提灯行列をしたという。

  事例3 中国上海中支派遣軍八一〇一部隊 松谷みよ子氏の話
 昭和十五年冬。柳橋という場所で友軍の一個小隊が敵軍に包囲されて全滅に瀕しているという報告が入り、K氏
所属の一個小隊は待機を命じられた。その後Kさんと戦友三名が偵察の命を受けた。小高い丘で動き回っている敵軍
を発見し、報告に引き返そうとした途端に銃撃を受け、気がついた時には大陸の広野の果てしない暗闇の中に震え
ていた。その時、一人の戦友が「あっ提灯」と叫んだ。Kさんが振り向くと、目の前には懐かしい大三島神社の定紋
入りの提灯の明かりがあった。「五六だぬきや、五六さんが氏神さんの提灯持って迎えにきてくれたか」そういって
提灯の後をついて走り、無事に帰りつくことができた。

○いずれも『現代民話考(松谷みよ子 立風書房)』より

○どれも大好きな話です。『平成狸合戦ぽんぽこ』も形無しですね。
172 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/09/03 21:53 ID:???
キツネの話は無いのでしょうか?
173 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/04 09:30 ID:???
キツネは伝染病の媒体になるんで「オソレ」の存在
174 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/04 14:07 ID:???
スラブも吸血鬼だの妖怪だのが名物だが、日露戦には参加しなかったのね
175 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/04 18:27 ID:???
化けることが、できなっかたのさ。
176 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/06 16:09 ID:???
ttp://osi.cool.ne.jp/fside3.htm
ここの怪談系サイトからのコピペだが

将校が自動車屋へ行き、幾ら高くても良いから鹿島神宮までやってくれと依頼して、鹿島神宮に行った。
祈願のために神主が扉を開いたら三つ四つの血の塊が落ちて、その将校がいなくなってしまった。
鹿島様が戦地に行って身代わりになり、傷ついて帰ってきたのだそうだ。
鹿島様が負傷して帰って来たところを見ると戦争は相当苦戦ではないかと思う。

佐藤健二「流言蜚語」より、戦時中の流言蜚語として憲兵司令部がファイリングしたものの一つとのこと
怪談という雰囲気ではないけどちょっと好き
177コピペでごんす[sage] 投稿日:03/09/08 14:52 ID:???
>>149 >>152 これでは無かろうか?

「・・・基地を出てから一ヶ月余り、昭和18年11月14日の夜半の事です。
 ちょうどキスカとアッツの間で、アッツ島寄りを哨戒していたところ、
 その夜は珍しく海上は平穏で、さざ波一つないんです。空には月さえ出ていました。
 こういう夜の襲撃は理想的なんだがな、と思ったりしたもんです。アッツ島が
 墨絵のように浮き出ていました。しかし、相当な寒さで防寒外套を着ていても、
 寒さが骨身にしみましたね。

  その時です。突然アッツ島のほぼ中央と思われる所から、青白い炎のような塊が
 上空に舞い上がったんです。何だろうと目を見張っているうちに、炎の塊は次第に
 膨らんでくる。それが橙色に変わりながら、相当なスピードでこちらに飛んで来るんですよ。
 その不気味さは言いようがありませんね。冷水を浴びたように、ゾッとしました。
 何やらわからんが、とにかく、「両舷停止、潜航急げ」を下令して、大急ぎで潜航したんですがね。

 潜入後しばらくして、航海長と信号兵が、「艦長、あれはアッツ島の英霊です。それに間違いありません」と、
 異口同音に言っとったですがね。あの火の玉が砲弾とか信号弾でなかった事は確かです。
 爆発音はしませんでしたしね。オーロラとかも考えたのですが、火の玉となって飛んできますかねえ、
 オーロラが・・・。何であったかは今なおわからない。とにかく不思議なものでしたなあ・・・。」

 「伊二潜」艦長(当時) 板倉光馬少佐の証言

  佐藤和正著 「艦長たちの太平洋戦争」より
178名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/08 22:25 ID:???
その話怪談スレになると必ず出てくるね
179名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/08 23:22 ID:???
今日、旧陸軍墓地の廻りを歩きながら墓石を見ていると
昭和十九年九月、ガダルカナル島で戦死
と書かれている墓があった。
180 : 名無し初年兵[sage] 投稿日:03/09/08 23:56 ID:???
>>179

玉砕・撤退後も島に残っていた、ということでしょうか・・・?
怪談というか、謎ですね。


181 : 名無し三等兵でつ[sage] 投稿日:03/09/09 00:35 ID:???
>>178 折れがうpしたんでつ。
今まで折れがうp(含コピペ)したのは、このスレ含めて3回でつ。
>>149 そういえば、どこかにキスカ撤退の話が載っていたような、載ってなかったような。
暇があったら、調べてうpしてみまつ。
182 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/09 21:14 ID:???
海上自衛隊の護衛艦”某”の錨鎖室内で、ぼろきれの様になった乗組員が
見つかったことがあるとか。
錨鎖室内に隠れていた時に、鎖が降りてきたらしい。
183 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/09 22:51 ID:???
護衛艦”な○○○”は使用禁止のベットがある。
184 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/10 07:00 ID:???
なかだし
185 : 名無し初年兵[sage] 投稿日:03/09/10 17:46 ID:???
なかよし
186 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/10 18:56 ID:???
なかよひ
187 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/10 20:20 ID:???
なかむら

・・・いや、なんでもないです。
188 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/11 00:43 ID:???
なにそれ
189 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/09/11 03:11 ID:???
なまくび

・・・いやほら、怪談スレだし。
190[sage] 投稿日:03/09/11 11:00 ID:???
なこるる
191 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/11 21:32 ID:???
なまず丸
・・・・最近、地震が多いし。
192 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/11 22:52 ID:???
護衛艦”なかだし”は使用禁止のオナベットがある。


……逝ってきます。
193 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/11 22:58 ID:???
看護長一代につき一名の殉職者がでる。
194 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/09/12 00:15 ID:L2M0Ou5z [1/1回]
>>190
なこるるワラタ!













人類の恥!
195名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/12 19:31 ID:???
>>190
?
いや、マジでわからん。
196 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/12 21:33 ID:???
>>195
ご存じない方が宜しいかと思います。

間違ってもぐぐーるのイメージ検索で
「ナコルル」と入力してはいけません。
世の中にはしらない方が良いことも多いのです。
197 : ブラッカムの爆撃機[] 投稿日:03/09/13 22:48 ID:U/eL1DwO [1/1回]
同書は児童書の扱いですが、イギリス空軍の双発爆撃機ビッカース・ウェリントンの乗員達を
主役にした作品です。同機はアルミ合金で籠を編んだ様な骨組みの上に羽布を貼った大圏式
構造と言う変わった構造で有名です。

ブラッカムの爆撃機 (Blackham's Wimpey / The Hounting of Chas McGill)
金原 瑞人 (翻訳) 価格: ¥1,165 現在、在庫切れです。
* 単行本: 172 p ; サイズ(cm): 182 x 128
* 出版社: 福武書店 ; ISBN: 4828849114 ; (July 1990)

主人ゲアリーは学校を出たばかりの若い航空兵で無線士。同年代の少年達と共に
ウェリントン爆撃機、通称「ウィンピー」に搭乗。副操縦士のマット、機首銃手の
“いかれポール”、しっかりもののナビゲーター、キット。ジョークの好きな尾部
銃手ビリー・ザ・キッド、仲間から「親父」と呼ばれる常識外れだが、信頼できる
パイロット、タウンゼント。一つのチームとして彼らはドイツへの夜間爆撃の危険
な任務をこなしていた。任務から帰還途中、嫌われ者のブラッカム軍曹が操縦する
ウェリントン爆撃機が敵機に狙われている、敵機に気づいたゲアリーはブラッカム
機に無線で報告し銃手は敵機を撃墜した。彼らは基地に無事帰還したが、その後に
ブラッカム軍曹は発狂、ブラッカム機の搭乗員達は不可解な死を遂げる。やがて
主人公達のクルーはブラッカム機へ搭乗を命じられるが、果たして彼らは無事に
帰還出来るのか。

私は「ロアルド・ダール」の短編集「飛行士達の話」と同種の時代設定を第二次大戦にした怪談話
または幻想譚として読みました。映画なら「オールウェィズ」を逆にした幽霊譚でしょう。
 航空小説や軍事小説なら雑誌等の書評に載るので大抵チェックしていますが、本書は児童書の
扱いだったので、知人から紹介されるまで知りませんでした。もし文庫本で刊行されていたら
ファンタジー小説として扱われた事でしょう。
198名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/13 22:52 ID:???
怪談というほどでもないんですが………

鯖が移転する前、祖父の戦争体験スレ(初代)にちょっと愚痴っぽく
書き込んだ者です。

先日のお盆、実家に帰ったら、ずっとアル中だった父の容態が驚くほど
正常に戻っていました。母に聞いたら、春からずっと酒絶ちに成功して
いるんだそうです。何があったのかと聞いてみたところ、

春のお彼岸にお墓参りに行き、父(私の祖父)の墓前に線香を供えたら
落としたわけでもないのに線香がぽきぽきと折れてしまったとか。
何度やり直しても、線香は折れてしまい、火も消えてしまうという有様
だったそうです。
それを横目で見ていた祖母が一言、
「ほれ見ぃ、おじいちゃんもお前を怒っとるんやで」
父は何も言わず、うなだれたままだったそうです。

ソ連の捕虜になり、酒も満足に飲めないまま、遙かな北の異境で生涯を
終えた祖父が父を叱責してくれてたのでしょうか。
それ以来、父はなんとか自分の意志で酒を断っているそうです。
ありがとうおじいちゃん。
199 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/14 08:10 ID:???
ええ話や・・・。
200名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/14 09:42 ID:???
>>198
もしもお爺ちゃんがシベリアで生きていたらどうなるんだ。
201 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/14 09:57 ID:???
>>200
なんて意味のない突っ込みを・・・
養老先生の本でも読みなされ
202名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/19 11:22 ID:???
漏れの知ってる硫黄島の話は
夜寝る前に水の入ったヤカンを置いておかないと亡霊が水を求めて官舎に入ってくる。と言う話なんだが、、、
どこか別の話?
203 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/19 13:38 ID:???
>>202
朝起きると、ヤカンが空に…
204 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/20 01:20 ID:???
ヤカンが空に浮いている。
205名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/20 01:26 ID:???
朝なのに夜間飛行とはこれいかに。
206 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/09/20 01:27 ID:???
オカンが空の向こうで笑ってる。
207名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/09/20 01:28 ID:???
>>205
空を飛んでも、
飛行船というが如し。

208 : うまい![sage] 投稿日:03/09/20 01:48 ID:???
>>207
( ´ー`)ノ■ 座布団一枚!
209香具師[] 投稿日:03/09/23 22:56 ID:zI5z3ojC [1/1回]
>詳しい話は忘れたが、WW1の独海軍で不吉な事件ばかり起こる
 Uボートが存在していたとなにかの本で読んだことがある。
 なぜかWW2よりWW1のほうが奇談等が多い気がするが?
210 : 大渦よりの来訪者[sage] 投稿日:03/09/23 23:04 ID:???
>>209
その当時は、まだ科学の力が今ほど強くなかったからですよ。
第一次大戦の頃と第二次大戦の頃では、
自動車の普及率一つをとっても段違い。

そういう世界で暮らしてきた人たちは想像力も豊かになるのです。
昔は子供が居なくなると、街の中を茶碗やら金物やらを叩いて回ったけど、
今じゃ、子供が行方不明になってもそんなことしないでしょ?
211 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/23 23:25 ID:???
八甲田山で歩兵第五連隊の一個中隊が遭難したすぐあと、
青森の救援隊宿舎に向けて、夜な夜な「山の方から行進してくる
歩兵中隊」の足音がしたって話はガイシュツ?

ちなみに同連隊の指揮官の一人が「お前たちの遭難は、決して無駄には
しない。必ず日本の役に立てるから、迷わずに成仏しろ。中隊回れ右、
山に向かって前進!」と号令したら、それきり現れなくなった、との事。

たしか、新田次郎「八甲田山死の彷徨」の後書きだかに書かれてた。
212 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/23 23:28 ID:???
と思ったら>>102でガイシュツだったねスマソ。

213名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/24 00:06 ID:???
そういえば、ミステリー系の本で「呪われた戦艦シャルンホルスト」ってのを見たことがあるな。
その理由に
進水式で勝手に滑りだして死人が出た事
ツェルベルス作戦で機雷を食らった損傷した事
オストフロント作戦で生き残った乗員がどっかの島で暖をとってたら、コンロが爆発して死んでもうた事

などが挙げられたはず(他にもなんかあった気がするが忘れた)。
グナイゼナウの乗員が「シャルンといるとロクな事にならん」などとぼやいていた、とも書いてたな。

でも「ヒトラーの戦艦」には、シャルンホルストは幸運な艦、と言われていたりする。


214 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/26 12:18 ID:???
>>213
彼女は乗員の運を吸い取って、それを自分の幸運に変換していたのでしょう。
215 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/26 21:18 ID:???
毒婦艦ですな。
216 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/27 13:23 ID:???
>>213
漏れもその本読んだことあるけど、明らかに他の艦との誤認
(ポーランド砲撃とか)があって、内容は怪しげ。
217 : 213[sage] 投稿日:03/09/27 22:59 ID:???
ポーランド砲撃なんて記述があったのか。
確かに極めて怪しい・・・。
呪われてるというのなら、ビスマルクの方が妥当な気がせんでもないが。
218名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/28 04:03 ID:???
呪われた艦ってのとはちょっと趣きが違うが、英国海軍での話。
英国海軍のとある軍艦に住み着いている猫がいて、艦が帰港するとそのまま街へ出掛け、
出航する頃になるとどうやって気配を察するのか謎なんだが、どこからともなく帰艦して
また乗り組むのを習慣にしてたんだそうな。
ところがある時、急に出航する事になり、その猫を乗せないまま港を出たんだそうな。
そうすると何故か機関は故障するわ岸壁には衝突するわコンピュータは動かなくなるわで
どえらいトラブル続き。
こりゃあの猫を乗せないからだってんで、まさか軍艦そのものが引き返すわけにもいかな
いが、副長が艦を降りて母港へその猫を探しに行ったそうな。
確か「ニュースになった猫」って本に載ってた話。
今手元に無いんで詳細は確認できんが。

。。。よくよく考えてみるとスレ違いかな。
219 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/28 08:22 ID:???
>>218
どっちかつうとこっち向きの話やね
ttp://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053494089/
220 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/09/28 11:50 ID:???
>>218
あー漏れそういう話大好きだw
221名無し三等兵でつ[sage] 投稿日:03/09/30 08:36 ID:???
>>177 でつが、キスカ撤退作戦を、簡単に時系列で並べてみますた

昭和18年7月 7日 日本艦隊、千島列島最北端のパラムシルを出撃
     7月10日 アムチトカ島500カイリ圏外の待機点に到着
     7月11日 天候良好の為、突入出来ず
     7月13日 同上
     7月14日 同上
     7月15日 同上 突入を断念、パラムシルへ帰投

     7月22日 第2次出撃
     7月23日 米軍の双発水上機、アッツ島南西200カイリに7隻の船をレーダーで捕捉
           キンケード提督は、これをキスカに対する日本の増援船団と判断、
           米艦隊をキスカ西方に急行させる
           (日本側の記録では、その海域付近に日本艦艇は存在せず)
     7月26日 ミシシッピー、左舷艦首15カイリにレーダー捕捉を得たと報告
           同時にアイダホ、ウイチタ、ポートランドからも同様の報告あり
           サンフランシスコと駆逐艦1隻には、レーダー反応なし

           米艦隊、砲撃を開始
           約30分間、砲撃したところ、突如レーダーから目標が消失

           日本艦隊駆逐艦「響」、米艦隊の平文電をキャッチ
           砲撃の方向や弾数等、砲撃関係の電文であった

           米艦隊、弾薬/燃料補給の為、二十八日夕方から翌29日にかけて
           キスカの封鎖を解除

     7月29日 12時、日本艦隊キスカ突入
           13時40分、キスカ港に入港/投錨、55分で全守備隊5200名を収容
     7月31日 パラムシルの片岡湾に入港
222 : 名無し三等兵でつ[sage] 投稿日:03/09/30 08:38 ID:???
書き忘れましたが、出典は 佐藤和正著「艦長たちの太平洋戦争」からでつ。
223 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/10/05 19:06 ID:???
播種
224 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/10/06 01:21 ID:???
>>209
魚雷の爆発事故で死んだシュヴァルツ(黒)
という徒名の水兵の亡霊に祟られたフネというやつだな。
艦名は忘れたよ。
社会思想社あたりから文庫が出ていたと思う。

225 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/10/13 03:50 ID:???
ほしゅ
226 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/10/15 16:29 ID:pjlC070X [1/1回]
227 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/10/20 22:57 ID:fQXh5e4O [1/1回]
死んだはずの戦友に助けられた。というような話はありますでしょうか?
228 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/10/21 01:59 ID:???
森で迷った時に死んだ母の声に助けられた
ってのならうちの祖父が体験していますが……
229 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/10/21 02:25 ID:???
確か中国戦線で、子供好きの兵隊がハラワタがみ出すほどの重傷を負いながらも
戦場で迷子になった子供をつれて友軍の戦線までたどり着いたって話は聞いたこ
とがある。でもこの場合はまだ生きてるからなぁ。

230 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/10/21 13:44 ID:???
>>221
このスレ的には
「米軍は誰と戦っていたのだろう?」ということですかね
231 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/10/22 01:25 ID:???
そりゃあなた、八百万の神々に決まってるじゃないですか。
232 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/04 20:59 ID:???
保守
233 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/11 00:47 ID:???
hosyu
234名無し三等兵[age] 投稿日:03/11/11 01:04 ID:???
冬独特の軍事な怪談はないのでしょうか。
235 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/11 01:23 ID:???
>>234
>>102,211
236 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/11 02:09 ID:???
>>234
真冬の東部戦線は素で怪談だろ。
237名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/11 03:11 ID:???
うる覚えなんだけど、
第2次大戦中 アメリカ軍が敵のレーダーにひっかからない軍艦かなんだかを作って
いた。 それは電磁波かなんかを軍艦に覆いかぶせて(だったかな)レーダーから
消すって奴だったんだけど 実験開始した瞬間軍艦が5分(わからん)くらい消えて
レーダー上から消えて成功したと誰もが思ったらしい。
だけど軍艦が姿をあらわしてみたら乗組員が軍艦の鉄だとか柱とかにくっついてて
見るも無残な光景だったらしい。
フィラディルフィラエクスフェラメーション?
わかんないけど 有名な話だよね これ
238 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/11 03:38 ID:???
うる覚え=×
うろ覚え=○
239名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/11 06:21 ID:???
>>237
映画だ、映画の話。
実際はステルス船の実験か何かで、
レーダーから一時消えたってだけ。
死人も出てないし、船も戻ってきているらしい。
そのレーダーから消えている間、
異次元を旅していたと空想したのがあの映画だね。
240 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/11 06:22 ID:???
いや、でも怪談としては面白い話だよね。
バミューダ・トライアングルと同じ位面白い。
241 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/11 07:24 ID:???
>>239
レーダーから消えたってのも嘘。
駆逐艦エルドリッジ(DE173)が行っていたのは、
磁気機雷に反応しないための「消磁」実験。
テレポートっていうのは、内陸の水路を利用して、
他の船よりも早い時間で移動したってだけの話。
242名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/11 13:50 ID:???
というのが米軍の公式発表です。
CIAの陰謀によって事実が隠蔽されているのです。
243 : 237[sage] 投稿日:03/11/11 16:14 ID:???
そうだったんですか
244 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/11 20:56 ID:???
>>237
フィラデルフィア実験だね。映画化もされたらしいが。
詳細は↓の本を読もう。立ち読みで充分だし。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/pahoo/study/books/B100191.html
トンデモ超常現象99の真相
作者 と学会
出版社 洋泉社
発行年月日 1997年 3月 26日
価格 1545円
245 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/11 21:55 ID:???
映画は見たことあるんだけどなぁ
今聞いただけじゃ どれが本当かわかんないや
246 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/12 11:10 ID:???
242で良いでしょ。
その方がロマンがあるよ。
映画は子供の頃見て面白かった記憶があるけど
今見たらヘボいSF映画なんだろうね。
これも思い出にしまっておこう。
247 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/12 21:58 ID:???
age
248 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/13 23:10 ID:???
バミューダ・トライアングルも実は
周りの海域より普段から飛行機や船舶の交通量が格段に多く
そのため事故の件数が他の海域より多いというだけらしい。
そこで、ここでの事故発生件数ではなく発生確率を見てみると
なんと、他の海域よりむしろ低いことがわかる。

結論:
バミューダ・トライアングルが異次元空間に繋がっているのではなく
バミューダ・トライアングル以外の海域が異次元空間に繋がっている
249名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/13 23:29 ID:???
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!   
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・   
                                             
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ! ̄ ̄ ̄ ̄ ゙!   ヽ '      .゙!  7     ̄    | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  / u      !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /         u   ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /:::  (●)     (●) ヽ.___,./  //ヽ、 ー         / ゝ
 .! \     `‐、.    `ー;--'´:::::::::::::   \___/   /イ;;:::::    //〃 \   __, ‐'  / / \
  ヽ \     \   /  ヽ:::::::::::::::::::.  \/     /i:::::.   //      ̄ i::::: / /
250 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/16 17:45 ID:???
>>249
大ちゃんは戦争になっても指揮官にならないでね♪あとシゲヲも。
251名無し三等兵[] 投稿日:03/11/17 18:07 ID:c3VqxHv5 [1/1回]
>>242

アイザック・アシモフとロバート・A・ハインラインは1943年当時、
海軍工廠で働いていました。
この二人の立ち話かなんかを誰かが立ち聞きしていた、
というのが真相でしょう。
252名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/17 18:12 ID:???
その二人がフィラデルフィア実験に関わって大暴れする
ネタ小説が向こうのSF誌に載ったとか。
253 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/17 21:52 ID:???
>>252
ハゲシク読みたい。
でも原語じゃ読めん(´・ω・`)
254 : さいたま右 ◆3vvI.YsCT2 [[( ゚∀゚)<さいたまー] 投稿日:03/11/29 18:37 ID:???
       _     
    _(   @)___   保守。 
   / 爪゚∀゚) /\ 
 /| ̄ ∪∪ ̄|\/
   |さいたま .|/   某有名所からのコピペです。
113 名前:こぷり 投稿日:03/08/25 18:20
え~、いつも読んでいるだけではイカンと思い初めて書きこませていただきます。
みなさまのお口に合いますかどうか。
一時期常連だった模型屋の店長がえらい年寄りで、聞けば旧海軍で軍艦にも乗って
いたとのこと。ああ、それでショーウィンドウにウォーターラインの軍艦が並んで
るのね。
その店長から聞いた話。
乗っていた戦艦が瀬戸内海に停泊していた時のこと。真夜中、夜衛の当番なんで見
まわり時間を待っていたら自分の前に見まわりに出ていった新兵がガタガタと駆け
込んでくる。すわ、なにごとかと思えば新兵震えながら「班長、出ました出ました
!」と繰り返すばかり。やっとのこと聞き出してみれば、三番砲塔に女が立ってい
るという。なにを馬鹿なことを言っているのかと思い、小銃を持って三番砲塔へ向
かうが、特に異状なし。
なにかの間違いだったのだろうと戻ろうとしたその時、背後からけたたましい笑い
声が降りかかってきた。
驚いて降りかえると、三番砲塔の上に女が立っている。真っ白な浴衣のような着物、
真っ赤な洗い髪を振り乱し、大きな口を開けて笑っている。角度から考えて、身長
は3mはあろうかという怪物。
誰何する気も起きず、わっと叫ぶとまっしぐらに逃げた。
翌朝からひどい熱を出し、艦内医の手にも負えず呉の病院へ搬送された。
その日の正午過ぎに乗っていた戦艦は不審火で爆発、沈没してしまったとのこと。

「爆沈の当日に艦を降りてるから憲兵に目をつけられて、そっちの方が怖かった」
と、店長は言っておりました。
255名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/29 18:49 ID:???
その店長さんが見たというものは、いわゆる船魂というやつですかねぇ?
256 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/29 18:53 ID:???
陸奥か。
257 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/29 19:04 ID:???
磯女つう奴ではあるまいか
258 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/11/29 21:12 ID:???
>>255

いや、船の守神がそんな禍々しい姿で現われるハズは・・。
戦船の船魂様を圧倒した、白い服に紅い髪の女怪か。

むーん、聞いたことがないカタチだなあ。
259 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/11/30 00:29 ID:???
金剛の船の守神様は金髪女性なのでしょうか?
260 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/01 10:00 ID:???
旧陸軍病院の看護学校に行ってたときに聞いた話
冬の20時ごろ、寮生が学校の前を通ったら、地味なカッコウの帽子をかぶった子が
学校の階段を登ってたそうです
吹き抜けの階段なのに、コートも着てなくて、寒くないかなあと思ったそうです

とでよく考えてみたら、そんな時間に学校はあいてないし(鍵をかけてしまうので)
守衛さんにしては、懐中電灯持ってないし、兵隊さんの霊を見ちゃった~
って怖がってました

学校のそばに寮があったのですが、学生の幽霊・兵隊の幽霊が出るといわれてる部屋
があり、開かずの部屋がいくつかありました
261 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/02 22:36 ID:???
地元の空自築城基地の話なんだが、
まだ使用機がセイバーだった頃、アラート要員の仮眠室になってたハットメント
(カマボコ兵舎。米軍時代の設置)に幽霊が出没するって噂があったらしい。
なんでも影法師みたいなのが徘徊するのが目撃されたとか。
お払いしたら出なくなったってありがちなオチ。
262 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/04 04:24 ID:???
原田左之助が満州にいたっていうアレは怪談になるかな。
263 : 名無し三等兵[] 投稿日:03/12/11 07:28 ID:74zbE6J0 [1/1回]
age
264名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/11 20:22 ID:???
>>251何もないならここまでモメる筈ない。
異次元は無いとしても実験の影響で何人か乗組員が
死んで殆どの連中が入院したのは真実だろう。
265 : 名無し三等兵[age] 投稿日:03/12/11 20:28 ID:???
>>255
やっぱり陸奥あたり?
戦艦筑波や河内、松島あたりじゃ古すぎるか・・・
266名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/11 20:44 ID:???
うちの大学が昔の連隊跡地に建っていて兵隊の幽霊が出るというのがあった。
これだけじゃ怖くないかw
267 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/11 20:57 ID:???
>>266
うちの大学なんて言われても、あんたがどこ大学かなんて
誰も知らないんだから、わけがわからないだけですw
268 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/11 22:13 ID:???
>>264
「これだけみんな騒いでるんだから何かあるはずだ!」か?
まあ実験中に水兵の一人がコケて怪我したくらいはあったかもね(笑)
269 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/12 01:46 ID:???
連隊跡地に建てた地方国立大なんていくらでもないか?w
270名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/12 11:55 ID:???
連隊所在地と地方国立大学の所在地って大体一致する。というか
どちらも県庁所在地で交通の便の良いとこに建てられている。

ちなみにうちのそばの国立大学は少し前までは航空隊の建物を使っていました。
数年前に取り壊してしまったけど。講堂に使われていた建物はそうでもなかったが
士官宿舎転用の建物は内装が凝っていた。壊してしまって勿体無いと思った。
建物の幽霊がでたりしないかな。
271 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/12/12 22:35 ID:???
建物の「もったいないお化け」か?

そりゃ、派手だのw
272 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/15 15:38 ID:???
都内だと学芸大がそうだな。
「戦車壕」と呼ばれる地下道があったよな。
その地下道のおかげで大学敷地内の電気、ガスや上下水の配管がずいぶん楽に作ることが出来たとか
273名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/17 06:18 ID:???
明治大学生田校舎には、防空壕跡を部室にしている
サークルが有ったが、出るという話は聞かなかったなぁ。
あと、登戸研究所跡と噂されていた古い校舎も有ったが、
これはたぶん都市伝説の類いだろう。
274名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/17 20:43 ID:???
>>273
登戸研究所跡の碑が建っていたはず。
275 : さいたま右 ◆3vvI.YsCT2 [[( ゚∀゚)<sage] 投稿日:03/12/17 23:11 ID:???
       _     
    _(   @)___   登戸研究所跡の碑は
   / 爪゚∀゚) /\弥心神社の横に在りま 
 /| ̄ ∪∪ ̄|\/すな(動物慰霊碑も在る
   |さいたま .|/  はず。)。
276 : ぽこ山ぽこ太 ◆AUqcjk7kV6 [sage] 投稿日:03/12/18 15:59 ID:???
おお、こんな面白いスレがあったとは。
コリン・ウィルソンの「世界不思議…」系のお話でよろしければ、
いくつか面白い話の心あたりがあります。
ちょっと調べてきますね。
277 : 273[sage] 投稿日:03/12/18 20:05 ID:???
>>274>>275
げっ マジで~!?
知らないまま卒業しちまったとは、なんかもったいない事したな。

一応言い訳。
登戸研究所って名前は出なくて、戦時中生物化学兵器の
研究していたとか、人体実験もやってたとか、いかにも
都市伝説風の噂話だったんで、信じてなかった。

件の古い校舎は漏れの卒業後数年ほどで取り壊されたはず。
278 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/21 16:22 ID:???
TV・ラジオ放送局は怪談が多い。TBSも幾つかあるがそのなかには夜中に行進する
兵隊を見るというのがある。TBSはもと近衛歩兵第三聯隊があったところ。

消防の時の先生が鹿児島出身だったが、その先生が大学生のとき沖縄でエンバーミ
ング(グロな死体をきれいに見せる)のアルバイトをしたことがあるそうな。

ベトナム戦争も終わりの頃だったが、いくら処理してもドンドン死体は運ばれてく
る。しまいにはシャワー浴びてもニオイが消えないくらいになるそうな。

夜はつかれて寝てしまうわけだが、やはり出るそうな。

消防のおいらたちは詳しく話を聞きたがったが、先生はそれ以上をけっして話してくれな
かった。
279 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/23 16:05 ID:???
>>273
川崎市内の多摩区生田の多摩丘陵の上にある明治大学
生田キャンパスが、元は登戸研究所であった。
木造の研究棟が残されていたものを、校舎建替えに伴って
取り壊す計画があったが、保存運動の結果、遺されることになった。

だってさ。
280ぽこ山ぽこ太 ◆AUqcjk7kV6 [sage] 投稿日:03/12/26 17:53 ID:???
捜しても捜してもコリン先生の本が見つからない。(´・ω・)ショボーン

第二次大戦終了後何年かして、たまたま訪れた海岸で、
大戦時の大規模上陸作戦の「音」……凄まじい戦闘の大音響を数時間聞いた、
ご夫人方の恐怖の体験談を、もう一度読みたいのに……。
281名無し三等兵[age] 投稿日:03/12/30 21:52 ID:???
ぺリリュー島玉砕後、生き残りの34人は洞窟を転々として生きていた
ある洞窟で、今にも崩れ落ちそうなミイラを見つけた
歯も髪の毛も一本も無い

ところが、一人が近づくと目を見開き、蚊の鳴くような声で
「陸軍一等兵カワムラです お願いです、連れて行ってください」
と涙を流してすがりつき、そのまま息絶えたという
282名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/12/30 21:57 ID:???
合掌。

もう少し当時の具体的な状況や、生存者のその後とかが分かると、
・・・あるいは「泣ける話」かもな。
283名無し三等兵[age] 投稿日:03/12/30 22:07 ID:???
>>282
ちなみに生き残りの34人は「三十四会」(みとしかい)という戦友会を結成している
(現在存続してるかは不明)
この川村一等兵はその後調査により誰だか判明
茨城県小桜村(現在八郷町)の川村真治一等兵だそうだ
284 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/30 22:13 ID:???
>>281
ぺリリュー島で思い出した

ぺリリュー島周辺で島民が船で航行してると、突然得体の知れない光の塊が追いかけて来る
島民の一人は追い掛け回された挙句、暗礁に突っ込んで負傷

日本兵の怨念が、米軍の上陸用舟艇と勘違いして船を追い掛け回すらしい
285 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/12/31 02:34 ID:???
>>270

漏れの街じゃ、師団司令部がそのままカトリック系の女子短大だけどな。お嬢系。
尤も、通ってた彼女は筋金入りの無神論だたーが
(ガチで改革不可知論。これはこれで扱いに困る・・・)
286 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:03/12/31 02:41 ID:???
>>283
thx

・・やっぱり怪談というより、泣けるな。
死力を振り絞った、今際の際の言葉だけに。
287 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/01/03 19:31 ID:???
戦艦金剛のとある部屋では、は外国人の幽霊がよく出たとか

シーメンス事件に関係して殺された人の幽霊だったらしい
288名無し三等兵[] 投稿日:04/01/03 20:00 ID:bVNgyqui [1/2回]
軍艦は幽霊話多いね
いじめを苦にして自殺した水兵の幽霊話なんかはいろんな艦であるし

戦艦筑波は謎の爆沈の前日、凄まじい形相をした女の幽霊が目撃されている
289名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/01/03 20:22 ID:???
>>288
もそっと、内容を詳しくプリーズ。もしくは出典を。
>>254にも陸奥と思しき船での、不吉な女怪の目撃話がありましたな。)
290 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/01/03 22:44 ID:bVNgyqui [2/2回]
>>289
随分前だからよく覚えてないが、何かで生き残りの水兵の手記が載ってた

事故の起きる数週間前、艦上に火の玉が飛び回るのが見られた
それを見たほかの艦は火災かと思い大騒ぎになり、筑波に連絡しようとしたらすぐに火の玉は消えた
すぐさま調査探索が行われたが何も発見されず、この事件は原因不明のまま終わった

事故の前日には件の水兵その他数名が>>254と似たような女を見た
こちらは髪を振り乱し襲い掛かると見えたので慌てて逃げた
士官に報告し、士官が恐る恐る現場を検めたが何もいない
結局見た他の水兵数名とともに顔が曲がるほど殴られたが、次の日に火薬庫から原因不明の出火
戦艦筑波は大爆発を起こし沈没 この水兵は甲板だか艦橋だかにいて吹き飛ばされ助かったそうな
291 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/03 22:48 ID:???
このクソ寒いのに怪談とは一興ですなあ。
292 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/03 22:52 ID:???
そもそも幽霊なんて存在するのか?
293 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/03 22:54 ID:???
そういう無粋なことはいわないように。
294 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/03 22:56 ID:???
近寄った中野は、兵曹長の数メートル先に立っている一人の兵士を見つけた。飛行服をつけ、飛行帽をつけた搭乗員である。
腕の階級章は兵長であった。彼は零戦の前にじっと立っていたが、石川や中野の気配に気づくとゆっくりこちらを向いた。

「おい、お前は明日の直掩機に乗るのか?」
石川がそう尋ねると、兵長は
「いえ、私は爆装で攻撃にゆきます」
と答えた。細い声であった。
「おい、元気を出せ。明日はもう爆装の零戦はない。直掩用の零戦が八機残っているだけじゃ、しっかりせんかい」
兵曹長は、搭乗員の兵長が何か勘違いをしていると考え、肩でも叩いて激励してやろうと一歩前進した。
すると兵長はすーっと後退し、
「いえ、私は今日の爆撃に行って来たのです」
と答えた。
「なに? 今日の爆撃?」
「今日出撃した機は一機も本艦には帰って来ていない筈だぞ」
兵曹長と中野は口々に言った。
すると兵長は微笑した。少年らしい笑顔であったが、頬のあたりが蒼ざめていた。兵士は低い声で呟くように言った。
「私は今日爆撃に行きましたが、爆弾を落とす前に撃墜されてしまいました。
 それでもう一度出撃させて貰おうと思い、本艦に戻ってきたのです」


(空母瑞鶴の生涯/豊田穣)
295 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/03 22:58 ID:???
・゚・(ノД`)・゚・。
296 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/03 23:01 ID:???
軍事な怪談は泣けすぎ( ´Д⊂ヽ
297名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/03 23:09 ID:???
レイテ沖の瑞鶴は怪談っぽいのが割と多いよな。

「そこに存在するはずのない魚雷」で舵吹っ飛ばされたり。
298 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/01/03 23:13 ID:fEOWSPzT [1/1回]
あげ。
299名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/03 23:16 ID:???
>>297
ソレは見張りがオッチョコチョイなだけじゃないのかね?
300 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/01/03 23:28 ID:???
>>299
ソナー員は探知していて、艦橋に報せたんだが通じなかったらしい。
潜水艦も付近にはいなかったし、流れ弾ということも考えられない状況だったとか。
301 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/03 23:30 ID:???
じゃあ工作員が吹っ飛ばしたとか。

陸奥みたいに。
302名無し三等兵[age] 投稿日:04/01/03 23:34 ID:???
陸奥の装甲はいま対核建築材として非常に注目されてるって知ってるか。

姉妹揃って核とは切っても切れない縁ってわけだな。
303 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/03 23:36 ID:???
>>302
ソレを知ってるとなにか役に立ちまして?
304 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/03 23:38 ID:???
>>302
しかも「いま」じゃなくて相当古い話だぞ。それは
305名無し三等兵[] 投稿日:04/01/04 00:00 ID:5BJit3ql [1/2回]
 色々な怪談あるけど、潜水艦ってないよね。狭すぎて攻撃されたらまず
助からないからかな、話頂戴。でも沖縄戦の慰霊祭で撮影された軍人の霊
の映像、リアルで怖かったな。
306 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/04 00:02 ID:???
>>305
Uボートの話ならある。
……しかし今ちょっと参考資料がサルベージ出来ない。
数日待ってくれたら書き込めると思うが。

その前に誰かフォローしてくれるかな?
307 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/04 00:07 ID:???
怪談とはちょっと違うかもしれないが。キシュツかもしれないが。

第一次大戦の時、ドイツのUボートが英国の輸送船を雷撃した。
魚雷は命中、潜水艦は浮上し、輸送管が沈んでゆくのを司令塔から
艦長以下、水雷長と副長が見ていた。
輸送管が海面下に沈んだとき、輸送船は大爆発。水柱が上がった。
その時、Uボート艦長たちの目に映ったのは・・・水柱と一緒に
中高く吹き上げられた、見慣れぬ怪物の姿であった。
その怪物は――百科事典などで見る恐竜、海竜のそれに余りにも
酷似していたという。
輸送船沈没後、その海竜の姿も消え失せたが――流石、ドイツ人。
艦長たちは、自分たちが見たものをそのまま、報告書に書き記し
たという・・・  どんとはらい。
308 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/01/04 00:16 ID:???
潜水艦の話一つ見つけた

キスカ島で昭和17年10月3日に大空襲があり、呂号第65潜水艦が急速潜航を試みたが間に合わず撃沈された
艦尾は海中にあり、艦首は海上に突き出ていた
大発2隻で救助作業をし、46名を救助したが19名が戦死した

12月頃ののある夜間作業の際海上を見ていると、潜水艦の場所にボーッと火が出て海上を走ってくる
大発かと思ったがエンジン音が聞こえない 不思議に思って火の行き先を見ていたが、
海岸近くの高台の墓地のあるあたりで消えた
戦没者の霊魂だったのだろう

「現代民話考 軍隊」より
309名無し三等兵[] 投稿日:04/01/04 01:02 ID:gCrgBt/Q [1/1回]
二次戦中、飛行場から飛び立ったまま行方不明になったメッサーだかシュツーカだかがあった。

それから十数年後のある日、東ドイツのある飛行場へ、管制塔と一切交信せず、着陸許可もなしに
いきなり単発の飛行機が滑走路に降りてきて止まった。
飛行場の職員が近寄ってみると、その機には尾翼に鉤十字のマークが付いていた。
操縦席には飛行服を着たミイラ化した人間が乗っていたそうな。


という話を聞いたことがある。
詳しい人補足キボンヌ
310 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/04 01:05 ID:???
>>309
((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

中の人が生きてたら全然楽しい話なんだけどなーw
311 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/01/04 01:09 ID:5BJit3ql [2/2回]
  2年か3年前アンビリバボ-でやってました。後アルゼンチンに向かった
ドイツ航空の飛行機が行方不明になり10年後くらいに目的地に着いて、その
時も乗員・乗客はミイラだった、とありました。
312 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/04 01:12 ID:???
燃料はどうしていたのだろう?
そちらの方がよっぽど気になる。
313 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/04 01:29 ID:???
>>309
ジーカート大尉ね
314名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/04 01:58 ID:???
特攻隊の飛行士が奇跡的に生きて捕らえられた。
ビルジの溜まるあたりの営倉にぶちこまれた彼はアメ公には理解しがたいことに
自殺したそうな。
それからというもの、その薄暗い営倉には・・・
315 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/01/04 03:01 ID:???
>>314
夜な夜な、「柄杓を貸せェ・・」という声が・・?
316 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/04 03:05 ID:???
お酌をせい、と命じる声が?
317 : 309[sage] 投稿日:04/01/04 12:04 ID:???
調べてみたら、降りてきたのは東独じゃなくてソ連のミンスク空港だった。
318 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/04 16:31 ID:???
なんだってー!飛行可能なメッサー一機GET!
中の人?どうでもいいよ。

そんな軍事板。
319 : 名無し伍長[sage] 投稿日:04/01/04 18:00 ID:???
将来、パラオの飛行場に古賀GF長官の飛行機が着陸する可能性もあるというわけだな。
320名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/04 21:47 ID:???
二式飛行艇は着陸できないと思われ
321 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/04 22:28 ID:???
墜落が確認されたものは無理
322 : 名無し伍長[sage] 投稿日:04/01/04 22:39 ID:???
>>320
そうでした搭乗機は二式大艇でしたね。
それならパラオ近海或いは目的地のダバオ近海に着水の可能性。
323 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/04 22:57 ID:???
キー77がベルリン空港に…
324 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/04 22:59 ID:???
亡命
325 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/05 01:00 ID:???
ミイラ満載の畝傍が・・・
326名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/05 01:33 ID:???
怪談じゃ無いけど田中光二の小説の後書きで野田昌宏が書いてた話が
すんごく恐かった

昭和30年中頃だったか、豊後水道の真ん中で漁師が海中からケーブル
を引いてるブイを発見したそうだ。それには「帝国海軍伊xx号潜水艦
コノ真下ニ沈座シアリ。大至急、最寄ノ官公社、鎮守府宛ニ連絡乞フ。
報奨金アリ。」との文面があり、潜水艦が海底で浮上不能になった際に
浮かべる防水電話付きの非常連絡ブイだそうだ。
その漁師はブイの指示通りに電話機を使ったがむろん返事は無い。
沈没から10年以上経っており、腐蝕して洩れ始めた海水が澱む暗黒の
艦内、そこここに白骨化して横たわる乗組員の死体の上で、最後の瞬間
まで彼等が待ち焦がれて鳴らなかった電話のベルが空しく鳴っている
その光景を想像するともう、恐いやら悲しいやら…
ちなみに深すぎて引揚げもできず、艦は今もそこに横たわっているそうだ。
327 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/05 10:29 ID:???
>>326
。゚(ノд`)゚。
ご冥福をお祈りします・・・。
328名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/05 12:28 ID:???
>>326
そこで漁師の電話に
「…お願いです、連れて行ってください」
なんて声が聞こえたら (((;゚Д゚))ガクガクブルブル

戦時中に瀬戸内海で訓練中に、事故で(2度目の)沈没をして
戦後引き上げられた潜水艦の話は読んだこと有るけど、それとは
別の話みたいですね。
引き上げ後に中に入ると、低酸素と低温のおかげか、まるで
生きているかのような乗員のミイラが一杯で、目の前で
みるみる変色していったとか… (⊃д`)
329 : ぽこ山ぽこ太 ◆AUqcjk7kV6 [sage] 投稿日:04/01/05 15:33 ID:???
>>328
伊33号の話ですね。
戦後引き揚げられた時、海底深くの低温と低酸素のせいで、
遺体はまるで眠っているかのようにそのままで、
(あぐらをかいたまま、仰向けに倒れている遺体のモノクロ写真を見ました)
引き揚げに同行した生き残りの乗組員氏が一時的に錯乱してしまい、
「総員起こしだ! みんな! 起きろよ! 起きろ!」
昔のままの姿の、戦友の肩を揺すり、頬を叩いて、
号泣しながら彼らを起こそうとしたそうです……。
330名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/05 18:26 ID:???
「総員起シ」吉村昭 文春文庫だっけ?
331 : ぽこ山ぽこ太 ◆AUqcjk7kV6 [sage] 投稿日:04/01/05 19:46 ID:???
>>330
私が読んだのは昭和45年発行の別冊文芸春秋の方ですが、
そちらも読みごたえがありそうですね。探してみます。
332 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/05 22:38 ID:???
・゚・(ノД)・゚・。
333名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/05 22:42 ID:???
334 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/05 23:16 ID:???
>>333
このページをみたが慰霊碑のある興居島っておれが高校生のときよく遊びに行ってた島じゃないか。
全然知らんかった。
335 : 328[sage] 投稿日:04/01/06 16:15 ID:???
漏れ読んだのは吉村氏の文庫本だったかな。
確か海面に脱出できたのが数名で、泳いでるうちに
ちりぢりになって、結局生還できたのが1、2名。
沈む艦からなんとか脱出できたと思ったのに、力尽きて
波間に沈んで行った人の思いたるや (⊃д`)
336328[sage] 投稿日:04/01/06 16:24 ID:???
怪談から離しちまったから元に戻して。
有名な話だから超既出だろうけど、板倉光馬氏がアッツ沖で
青白い火の玉を見てますね。
たしかアッツの方で天に浮かび上がって氏の艦に向かって
ものすごい勢いで飛んできたので、正体が判らないまま
急速潜航したけどその後敵機の攻撃がある訳でも無く、
あれはアッツで玉砕した英霊なんじゃないかという話に
なったって感じでしたか。
337 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/06 16:30 ID:???
177でも出とるね
338 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/06 18:28 ID:???
>>336
キスカから撤退する途中の陸海軍の将兵が、
アッツ島から万歳の声が聞こえたと言ってますね。
339 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/06 19:30 ID:???
確か「新耳袋」にあった話。

軽々しい気持ちで八甲田山まで出掛けて、
慰霊碑の前でふざけた記念写真を撮った学生達がいた。
ところがその日の深夜、その連中のアパートまで軍靴の音が、
「ざっざっざ」と、追い掛けて来て、
真っ暗な部屋の中までどかどかと踏み込んで来て、
布団の中で金縛りに遭って動けない彼らを見下ろすように、
「わしはこの男の右腕が欲しい」
「わしは左足が欲しい」
「わしは両の目だ」
そう声が響いたかと思うと、次の瞬間、
真夏なのに氷のように冷たい手で身体中を掴まれ、
学生達はみな、失神してしまったそうな。

同じ日の同じ時間に、そんな体験をした彼らは、
それから一年もしないうちに全員が事故や病気に遭い、
「欲しがられていた部分」を無くしてしまったそうな……。
340名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/06 21:18 ID:???
悪いが、今までの話と比べると、
サヨが捏造した怪談じゃないのかと邪推してしまう。
341 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/06 21:23 ID:???
日本海軍の潜水艦は、
3のついた潜水艦が縁起が悪いと言われたとか。
あと3の倍数ね。

しかしそんなこと言うと、ほとんどになってしまう様な気もするけど・・・
342 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/06 21:28 ID:???
>>340
そーいうバイアスよりなんかある意味怪談らしく感じたなあ
芸文社あたりの子供向け怪談本にありそうな「自分に降りかかりそうな恐怖」系の
343 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/06 21:50 ID:???
「わしはこの男の~」
以降はなんだか別の話になってるな(笑)
344ぽこ山ぽこ太 ◆AUqcjk7kV6 [sage] 投稿日:04/01/06 23:38 ID:???
今は綺麗に建て直されたので、そんな話はもう全く聞きませんが、
かつて東京宝塚劇場の地下1階の女子洗面所には、
軍服姿の幽霊が出た、という噂を週刊誌で読んだことがあります。

いつ頃の軍人さんか知りたくて、つき合っていた女の子に、
その洗面所に入って、その幽霊さんの姿格好を、
写真だと写るかどうか分からないから、
「スケッチしてきてくれない?」
……そう頼んで、グーで本気パンチ食らって、
ものの見事にふられた馬鹿な男もひとり、知っています。

ある意味、軍事的探求心豊富な人ですね。
345名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/06 23:50 ID:???
>>344
ご自身の体験談・・・ですか?
346名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/06 23:55 ID:???
>>345
>ものの見事にふられた馬鹿な男もひとり、知っています
347 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/07 01:33 ID:???
>>346
そういう書き方をした場合、たいてい自分のことだと
軍板では相場が決まっておるのだ

まぁ本当に他人の話である場合も多いわけだが
お約束っつーやつですな
348ぽこ山ぽこ太 ◆AUqcjk7kV6 [sage] 投稿日:04/01/07 12:14 ID:???
いえいえ、本当にひと様の話ですよ。以前の仕事場の同僚です。
ただ、その噂を彼に話したのが私なもので、
彼の壮絶な失恋には多少、責任を感じてたりします(w。

ところで野田昌宏氏訳の「空の上の超常現象」という本を、
ご存じの方、おられますか? これ、有名な本なんでしょうか?
349名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/08 16:04 ID:???
富士にある自動車ミュージアムの近くに、毎年夏に公開している飛行機ミュージアムがあるんだけど
そこでは南洋の島から回収してきた零戦をレストアしてるのだが、噂では夜な夜な出るらしい。

ちなみにエンジンが7機分(だったと思う)と復元中の機体が2機展示してるよ。

あと前に出ていた話について調べてみた

シャルンホスト号
http://ryoshida.web.infoseek.co.jp/kaiki/94sharun.htm

アッツ島の悲劇とキスカ島の奇跡
http://members.at.infoseek.co.jp/saintex_kasuki/attu_kisuka/attu_kisuka.htm

呪われたUボート、U65に関してはサイト見つからなかった。
    ↑
未解決事件19の謎 社会思想社出版で詳しく書いてある。
350名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/08 16:45 ID:???
>>349
シャルンホルストの奴は物凄いことになってますね。

ダンツィヒ砲撃時には参加せずブルンスビュッテルに停泊中
ノルウェー侵攻ではオスロ部隊ではなく牽制部隊に
ノール岬海戦の出撃地点はエルベ河口ではなくアルタ・フィヨルド
沈没時の生存者はゼロではなく36名

海軍関連の怪談がミックスされて「恐怖戦艦シャルンホルスト」になってるんだろうなあ。
351 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/08 17:32 ID:???
>>350
この手の話は尾ひれを付けるのが義務ですから・・・
352 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/01/08 22:44 ID:???
>>349
つーか、そこ「浸水式」が連発されてますなw
そんなにシャルンホルストが憎いのかと小一時間。
353名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/08 23:26 ID:???
そのシャルですが、2000年にノルウェー海軍によって海底に沈んでいる映像が記録されているそうですな。
354 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/09 06:23 ID:???
>>353
それで二通りの番組が出来る。

当時の生存者
「ああ・・・、これです。シャルンホストです!!
 みんなぁー・・・・」

---------------------
ナレーター
「多くの犠牲を出して、謎の爆沈を遂げた戦艦シャルンホスト。
 その呪われた船体が今ココに!!」
霊能者
「あー、見えますね、あー、いっぱいいる・・・。
 何か、多くの戦死者の後ろに、中世の貴族みたいなものが見えます・・・」
355 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/09 07:57 ID:???
下の番組って朝日っぽい。
356 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/09 16:41 ID:???
いきなり軽いノリになってきたな・・・
357 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/09 20:52 ID:???
吉原のソープランドには兵隊姿の幽霊が出る店
が複数あるらしい。

漏れはその店の一つに逝ったが、3階の廊下の
突き当たりが妙に薄暗くイヤーナ感じがしたよ。
ちなみに去年の夏、ソプ嬢が客に絞め殺された店
とは違う所だ。
358名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/10 03:58 ID:???
>>349-352
ttp://ryoshida.web.infoseek.co.jp/kaiki/46tozikome.htm
こっちの話も突込みどころ満載
359 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/10 04:18 ID:???
>海岸の近くには、厚さ2ートルの壁で作られたブロックハウスをずらりと建築
エー

>作業をしているのに資材食材がたくさん備蓄
エーエー
360 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/10 17:33 ID:???
>作業中に突然戦闘
エー

>上からわずかに光が
エーエー

>何度か爆撃されたせいで土が
エーエーエー
361名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/10 18:41 ID:???
>>358
軍事的突っ込みはおいといて

>>厚さ2ートルの壁で作られたブロックハウスをずらりと建築した。
>>このブロックハウスは、縦が5メートルから6メートル、横は4メートルくらいで……

壁の厚さが2メートルで、ブロックハウスの横の大きさが4メートル…
ヒトはどこに入ればいいんだろう?

まさにオカルトだな。
362 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/10 20:33 ID:???
>>361
科学では計り知れない事がまだ沢山あると言うことだね。

すげー不思議(*´Д`)ハァハァ
363 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/10 21:20 ID:???
ブロックハウス=ト-チカorバンカ-?
364 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/10 22:31 ID:???
>>361
つまり、人がいた空間は3次元ではなく4次元だったんだ!

(各種AA略)
365 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/11 14:25 ID:???
こんな感じ?

          空気穴(光りが入る
              ↓

         | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄| ←4㍍幅のブロックハウス
         |      ||      |
         |      ||      |
.      """'''"""'''""''''||"""''''"""'''"""""'
                 ||
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     |          ダレカタスケテ       |  ←地下
     |    | ̄ ̄|_  _/~~ヽ       |
     | 二⌒つ;д)  (д`と⌒二  |


  さて、ブロックハウスの存在意義は?
366名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/11 15:32 ID:???
ttp://ryoshida.web.infoseek.co.jp/kaiki/77naporeon.htm

これも軍板のどっかでつっこまれてた。つーかだっけか?
367名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/11 17:26 ID:???
>>366
・ナポレオンの部下に、なぜイギリス人大尉の先祖が?
・弾薬の規格があうのか?
・じいさんは、どうやって指揮官の名を知ったのだ?
・いくら砂漠は物が腐りにくいとはいえ、100年も変質しないものなのか?
368 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/11 17:39 ID:???
軍板どころかオカ板ですら突っ込まれてたぞ>366
369 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/11 18:21 ID:???
>>367
これは怪談ではなく「メルヘン」なのだから・・・・
無粋なツッコミはイヤン!
370 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/11 20:09 ID:???
>>366
このスレだよ。

>>24のカキコでええ話だ、となったところで>>132で原版がかきこまれてヨタ話になったやつだ。
原版が出ない方が良かったっていう典型的な例
371名無し三等兵[] 投稿日:04/01/11 22:50 ID:gs9w5A76 [1/1回]
 全然「怪談モノ」の本ではない、「戦史」の中で触れられていた「怪談」なのだが、

インパール戦で日本軍は敗退したわけだが、もちろん後退戦を行っていたし、時には
頑強な抵抗で英軍の追撃を食い止める事もあったわけだ。その中の一説で・・・。
ある日にらみ合っていた敵陣地から、英軍の一部隊が投降を申し入れてきた。
驚きながら事情を聞くと、夜な夜な英軍の洞窟陣地を日本兵達が覗き込む、
それがどうも生きている人間では無い様なのだ。それを大勢の英兵が目撃し始め、
また、夜中に突貫の叫びを上げながら日本軍が突撃してくる、慌てて全力射撃を
行うと、その姿が闇にすうっと消えて行く・・・。 そんなこんなでもうまともな
精神状態ではいられなくなり、降伏を申し入れてきたとの事。それを聞いた著者達は
「ああ、戦死した戦友たちだ。」と全く驚かなかった。
372名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/11 23:10 ID:???
>>348
遅レスで住みませんが野田昌宏氏訳「空の上の超常現象」は良書ですよね。
??なお話しのてんこ盛りです。
373 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 00:17 ID:???
>>371
怪談ではなく「泣ける話し」だな
374 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 00:35 ID:???
怪談なのに泣き話になってしまうのって軍事絡み位だろうか?
375 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/01/12 00:39 ID:???
残された幼子を養うために毎晩飴屋に通った幽霊とか、
泣ける怪談話も無いわけではあるまいが・・・。


かの兵士たちは、終戦を悟ってもう成仏したのだろうか。
376 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 00:45 ID:???
軍事な怪談を聞くと、涙もろくなるのは何故だろう。

「本当にあった怖い話」なんて称される怪談話を見ても、
 激戦区やホロコースト現場の画像ほどは恐怖を感じなのは何故だろう。
377 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 00:52 ID:???
軍オタだから
378名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 00:57 ID:???
陳腐だが、生きてる人間がいちばん怖いということで。
379 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/01/12 00:59 ID:???
>>378
松村がそんなこと言ってたな・・・
真理なのだろう・・・
380 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/01/12 01:02 ID:???
営業エリアwや恐怖の中身がごく限定されてる幽霊・妖怪と、
軍事(戦争)では、死や恐怖の広がりや量のケタが違いすぎる。

生身の人間が組織だって、陸海空を問わず昼夜を問わず、大規模に
死や破壊を振るい合う、という以上の恐怖はないよ。
しかも兵隊一人一人を掴まえて見れば、元はそこらの人の良い
小父ちゃんや兄ちゃんだという・・。
381 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 01:24 ID:???
とりあえず幽霊は爆弾降らしたり核ミサイル撃ちこんだりはしない品
382 : ぽこ山ぽこ太 ◆AUqcjk7kV6 [sage] 投稿日:04/01/12 02:26 ID:???
>>372
作者も翻訳者も一流の方なのに、
何故かそんなに売れなかったようですね。
復刊コムに復刊依頼がありましたよ。

危機を救ってくれたもう1機のハリアー、
死闘が演じられるドイツ上空に現れた謎の小円盤の群れ、
廃空港に今も帰ってくる炎上するランカスター……。
「空の怪談」がたっぷり載っていました。
383名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 02:37 ID:???
関西のとある地方都市での話。
夜中、寝静まった街の中を、りんりんりんと鳴る鈴の音と一緒に、
「……〇〇神社に集まれ……すぐに集まれ……」
そう告げる童子の声が通り過ぎていったのだとか。
「なんだろう?」とみなが不審がって起きだした時、
いきなり夜空から爆音と爆発音が響き始めた。
警報もなしのいきなりの空襲。
童子の声で起きていた街の人々はあわてて〇〇神社に集まり、
やがてその神社を残して街は丸焼けになってしまったとか。
神様が警告してくれたのだ、と評判になったそうな。
384 : 名無し三等兵[sage煽りじゃないよ] 投稿日:04/01/12 03:15 ID:???
>>383
う~~~ん,泣ける。
やはり,怪談ではなく泣ける話しだなぁ~。
385名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 06:02 ID:???
>>383
どこの都市のどこの神社か教えてください。
とても気になって眠れません。
386名無し三等兵[] 投稿日:04/01/12 09:26 ID:DDp9dCbg [1/2回]
太平洋戦争、初頭のマレー戦にて発生したとある戦車戦。
敵戦車隊と日本戦車隊が遭遇。戦闘になるも、日本側は正攻法では敵わず、
一台の軽戦車を背後から奇襲させる戦法をとった。結果的に勝利し、本隊は集結地点で
軽戦車の帰投を待った。やがてジャングルの中からキャタピラの音が近づいてきた。
しかし、特有のディーゼルエンジン音は聞こえず。見ると軽戦車が戻ってきたが、
正面装甲板には大穴が開き、中は血の海、生存者なし・・・。 太平洋戦争当時に語られた怪談です。
387 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/01/12 12:10 ID:???
げに恐ろしき執念。
敵兵もビビって逃げたのかもな。
388 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 12:45 ID:???
なんで教科書にこういう話を載せないんだろう
389 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 14:41 ID:???
なんの教科書に載せるっていうんだ???
馬鹿じゃないの?
390 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 15:35 ID:???
地理とか世界史とか
391 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 15:52 ID:???
地理も世界史ももっと載せるべき事柄があるから
392383[sage] 投稿日:04/01/12 17:03 ID:???
>>385
すいません。昔読んだ元ネタの本にも、
「兵庫県内のとある神社」としかありませんでした。
393名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 17:17 ID:???
しかし、人口二十万の都市で市民三十万人を虐殺したなんていうオカルト話が載ってるぐらいだからなぁ>教科書
394 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 18:46 ID:???
>>393
そんなハナシは載ってません。真面目に勉強したことがないバカはこれだから
395 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 19:14 ID:???
教科書は検定に合格したものの中から、各自治体により選定されることを知らないバカがいるスレはここですか?
396 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 20:10 ID:???
枢軸国を「同盟国」と言い換える理由は何?
397名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 20:12 ID:???
>>392
ありがとう。兵庫県にいる親戚にでも聞いてみるよ。
398 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 20:33 ID:???
>>397
本気にすんなや
399名無し三等兵[] 投稿日:04/01/12 20:55 ID:DDp9dCbg [2/2回]
ま、話を戻そ♪ かつて軍事基地だった場所とかって心霊話多くない?
400 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 21:07 ID:???
今や、左翼が軍隊のイメージを悪化させようと意図的に流したモノとしか思えなくなった。
401名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 21:13 ID:???
ちょいスレ違いかもしれんが、漏れは京都の埋文でバイトしてた事がある。

で、ある日事務所の駐車スペースに妙な車止めっぽい大きな石が
幾つも置かれたんだね。
最初は気にしてなかったんだがそれからなんだか事故が多発するんだ。
電気工事のクローラが車踏み潰したり、土留めが崩れて
埋められそうになったり、すぐ近くに雷が落ちたり。
なんだかなぁ~と思ってた頃、他所から見学者がきて
先生その車止めの所に連れてったんだ。そして車止めをひっくり
返すよう言われたんで転がしたら、驚いたね。
裏はなんと顔を潰されたお地蔵さん。
「織田信長が二条城を築城したとき、近郷から石佛を集めさせ
 石垣に使った。叡山焼き討ちと合わせ、信長の死は佛敵に
 然るべき佛罰があたったのだろう」
こんな文献が残ってて真偽不明だったが、地下鉄工事で発掘されて
事実と判ったと。地下の現場で頭だけとか首ナシとか大量の石仏が
出てきた様子は、工事の作業員が怯える程だったらしい。

で、何より恐ろしいのは「石垣まるごと遺物だから置き場所ないしー」つって
そんな怪しい色々篭ってそうな代物を車止めや敷石なぞに使う先生方の神経で。
「これが来てからもー祟られちゃって。はは」じゃねーだろ!
402 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 21:15 ID:???
>>399
そりゃ廃墟になってる所が多いしな
403 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/12 21:22 ID:???
光が丘みたいに団地になってる処もあるじゃないの。
404 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/01/12 23:47 ID:???
>>401
・・壮絶だな。さすが京都というべきか。

ローマも埋没した遺跡・文化財だらけで迂闊に
工事できなくて大変らしいが。
405 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/13 01:06 ID:???
坂本も大変らしいが。
例の爆破解体したビルの所もでるらしい。
406 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/13 03:18 ID:???
霊などというも生きている者が観る幻影だよ。
火の玉を見たり霊写をした俺がいう事は確かだ。
407 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/01/13 03:31 ID:???
●田無道先生でつか?
408 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/14 16:19 ID:???
>>386
それ、ちょっと変えてあるけど実話だわさ。
「幽霊が戻ってきたかと思った」といわれるほどにボロボロで、
砲塔は何発も直撃弾があって潰れていて、
前方機銃は機銃ごと中にめり込んでいて
それでも中の人は半死半生だがちゃんと生きて返ってきたという話です。
409 : 386[] 投稿日:04/01/14 21:12 ID:mHyt54GZ [1/1回]
>408
 ええ!?本当に? よかった、多分あなたの言った実話が元にされて、怪談に
仕立てられたんだろうね。私の言った話は、大戦中に語られた怪談。
410名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/14 23:24 ID:???
似たような実話がまだある
ぺリリュー島で米軍陣地に突撃した95式軽戦車17両
当然の如くバズーカ 戦車砲 各種火砲に滅多打ちにされたものの、3両が辛うじて陣地に帰還できた
掲げられた日の丸には弾丸で蜂の巣のようになり、車体と砲塔には大小無数の貫通孔
機銃は基部から跡形もなく吹っ飛ばされ、戦車砲も至近弾によりひん曲がってしまっていた
何より首を飛ばされた車長が日本刀と拳銃を握り締めたまま
だらりとハッチから身を乗り出した格好のまま戦死
陣地の兵たちはその光景を見て感動の余り皆号泣したという
411名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/14 23:27 ID:???
ちなみに日本の軽戦車は装甲が薄すぎて徹甲弾は炸裂せず貫通してしまう
またディーゼルエンジンだから容易には燃え出さない
そのせいで出来た芸当
412名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/15 00:14 ID:???
>>411
当時の戦車の徹甲弾はそもそも炸裂しねーんじゃねえのか?
413 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/15 00:35 ID:???
>>412
逆逆
414 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/15 01:56 ID:???
>>410
408はその話です。
多分、それが伝わるうちに386の話へと変化したのでしょうね。
415 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/01/20 03:00 ID:???
ビルマのメイミョウ 昭和19年1月26日のことだった
敵の攻撃が激しくなったので偕行社(将校サロン)を後方のキョウセに移転する事になった
若い女性たちがいたからである
別れの宴がはられた日、女性の一人上野山さんは南少尉に手のひらを見せ
「私はもうまもなく死にそうだ 遺品と思って受け取ってください」
と、母からという木のふちの四角い手鏡と赤い縁飾りをした手作りの白いハンカチをくれた
偕行社が移って何日目かの真夜中、南少尉は何気なく手鏡を取り出し、今頃どうしてるだろうと思った
その時、何か赤い影がすうっと後をよぎる気配がした 振向いたが誰もいない
ドアを開けてみても誰もいない
不思議に思いながらハンカチを開くと、真っ白なハンカチに赤いしみが広がっていた・・・
少尉は胸をつかれた 一体何が起こったのだろうか・・・

その時キョウセにいた偕行社の娘たちは全員爆弾で木っ端微塵に吹き飛ばされていたのである

報せが入り遺体収容のため南少尉らはキョウセに車を飛ばした
しかし建物も娘たちもすっかり吹き砕かれ、どこに遺体があるのかも分からない
呆然として見回すと、赤い靴を履いた女の片足だけがころがっていた

上野山さんの足であった
416 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/01/20 03:25 ID:???
・・南無。
417 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/20 03:33 ID:???
妙法蓮華経
418 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/20 06:55 ID:???
非戦闘員の女性を爆弾で攻撃するなんて酷い英軍ですね
419ぽこ山ぽこ太 ◆AUqcjk7kV6 [sage] 投稿日:04/01/21 23:33 ID:???
松谷みよ子氏の「現代民話集」をご覧になってる方が多いようですね。
「自然発生した民話」と「恣意的に広められた話」が、
ごっちゃになっているような、そんな印象も多少はありますが、
なかなかの良書にして労作でありますよね。
……値段をもうちょっと文庫らしくしてもらえると、
さらにうれしいのですが……。
420 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/01/26 18:44 ID:h56n7E4I [1/1回]
母方の実家(茨城)に遊びに行った時、近所の神社の裏手、林の中に、
20メートル四方ぽっかりと何も生えていない空き地があった。
周りはうっそうと木が繁ってるのに、そこだけ黒ぐろと地面が顔を出してる。
従兄弟に聞いたら戦争中、陸軍機が墜落した跡地だと教えてくれた。
複数の敵機と渡り合って残念ながら落とされてしまったらしい。
特に幽霊が出るとか、そんな話はないけれど、
不思議とそこだけ、いつまでも草木が伸びないんだとか。
421名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/26 19:04 ID:???
ガソリンとかオイルのせいだろうか
422名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/26 19:17 ID:???
戦争を憎む人々が天皇をのろっているのですよ。
423 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/26 19:18 ID:???
侵略の走狗としてアジアの人民を苦しめてきた奴らが地獄をさ迷っている
んでしょうね
424名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/26 19:43 ID:???
776 名前:名無しさん@4周年 投稿日:04/01/26 19:40 ID:P+WTG90v
>>772
漏れの祖父は結構インテリだったので最初から日本は勝てないと踏んで、
息子をみんな医学部に叩き込んだ(医学部は徴兵が緩かったから)
優秀な人ってのは、こう言う時に家族を守るのに最も適した行動をする、
要するに本当に貴重な人材は氏んでないよ

ニッポン万歳!
425 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/26 22:08 ID:???
>>424
なんつーか、単に要領がいいだけという話だな。
自慢げに吹聴してる姿が目に浮かぶよ。
426 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/26 22:10 ID:???
>>424
腰抜け
427名無し三等兵[] 投稿日:04/01/26 22:47 ID:aoEZYObq [1/1回]
どなたかケンダリーの幽霊騒ぎについてご存知ありませんか?
兵隊さんが夜中にうなされたり半狂乱で軍刀振り回したりしたそうですが。
428 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/26 22:48 ID:???
クンダリニーとかの話って2ちゃんじゃどの辺の板だろう
429 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/01/26 23:33 ID:Q3rNyoTc [1/1回]
>420 それって加波山神社のこと? あれって海軍機じゃ?
     土浦の武器学校に記録がある・・・。
    無名だけど、かなり腕に覚えのある、お餅好きなパイロットがいた。
    母親と仲良かった。零戦から紫電へと機種変更したが、すぐ乗りこなした。
    筑波山上空でP-51相手に(3機か4機)一人で戦い、そのうち2~3機を
    倒した!スゴイ しかし、自分もやられてしまった。墜落。 その人の墜落現場かも。
430名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 00:54 ID:???
>>422-423
自分の言ってることにリアリティ感じてるのかね。
頭が悪いのかセンスが悪いのか。。。
431 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/01/27 01:41 ID:???
>>430
両方でしょうw
432 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 02:47 ID:???
>>430
ネタにマジレス(略
433 : 420[] 投稿日:04/01/27 09:46 ID:xyhpN1Tp [1/1回]
>>421
そうかもしれない。でも戦後四十数年(子供の頃に聞いた話なので)経っても、
まだ毒性が残るオイルなんてあるのかな?と思った。

>>429
いや、もっと福島寄りの県北部の方。今度従兄弟に詳しく聞いてみる。
しかしその海軍さんも凄いね。
434名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 10:54 ID:???
検索したけど、誰もこの話を書いてないのが不思議だな。

大空のサムライ、日本海軍のエース、坂井三郎氏。昭和17年8月、ガタルカナル上空で、
SBDドーントレス艦上爆撃機を、戦闘機と誤認、旋回機銃の集中砲火を浴び、被弾し、
右頭部と右目に重傷負いつつも、意識を失いかけながら、ラバウルまで見事に生還した。
あまりにも、有名なエピソードなのでご存じの方が多いだろうが、これには後日談がある。

数ヶ月後、氏が治療のため内地に帰還し、実家に戻り、留守を預かる母親と再会を果たした。
しばらく会わなかった母との再会を喜びつつも、母の様子が、何やらおかしいことに気付いた。
怪訝に思った氏が、尋ねてみると、右目の具合が悪いという。いつ頃からおかしいかと、更に
尋ねると、昭和17年8月頃からだという。氏は愕然としたそうだ。昭和17年8月頃といえば、
自分が空戦で負傷した時期とピタリと合うからだ。しかも、自身が負傷したのと同じ右目。
単なる偶然とはとても思えず、氏は母親が身代わりになってくれたものと、確信したそうだ。
435名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 12:39 ID:???
>>434
えっと
ボロボロに被弾しても回り続けたエンジン、のあたりが怪談なのですか?
436 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 12:48 ID:???
>>434
包帯ぐるぐる巻きの格好で親戚宅を訊ねたら、
「足はあるか足は」と英霊扱いされたあたりも、
なんとなくオカルト。
437 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 13:46 ID:???
>>435
撃墜して死んだと思っていた敵のグラマンのパイロットが生還
していたことが怪談。それと坂井氏はSBDを差し違えて2機落
としているが、米軍の発表ではこの日一機しか失われていない。
これも怪談。
438 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 16:43 ID:???
>>434
ちなみに右目を負傷した日、氏は上空でサイダーの瓶を開けて
暴発させている。
439 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 17:25 ID:???
機体全体や翼が蜂の巣のように撃ち抜かれているのに、なぜかどれも致命部を外れていたり

零戦で燃料タンクをやられなかったこと自体が奇跡
440 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 17:54 ID:???
戦後、仕事で車運転していて、追突されて、車外に転がり出た瞬間、
無意識のうちにとっさに、車のエンジン切ってエンジンキーひっこぬいてた凄まじい反射神経もオカルト。
つかもはやニュータイプ。
441 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 19:15 ID:???
>>434
昨今の家族のつながりの希薄さを考えるとええ話だな。
442 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/01/27 19:41 ID:4Ty2kdRP [1/1回]
「零戦最後の証言Ⅱ」(光人社)あとがきより抜粋。

宮野(善次郎)大尉が戦死した昭和十八年六月十六日、実家の神棚にあった護符が風もないのに
パタリと落ち、母が、「善次郎の飛行機が落ちた」と言ったという。そのため、のちに戦死の公報
が入った時には、すでに心の準備ができていた。(中略)人は死ぬ時、その魂は愛する人のもとへ
帰るのだろうか。
443 : 名無し三等兵[ ] 投稿日:04/01/27 20:02 ID:???
坂井三郎氏って実質日本が調子良かった開戦半年間ほどしか戦ってないよね
相手は練度の低い雑魚ばっかだし。
444 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 20:25 ID:???
>>427
ケンダリ-の駐屯地(だったかな?)で、女の人の幽霊が出てきた、という話
だったかな?
なんでも、オランダ人に乱暴された女の人が化けて出てくるとか言う話。
445 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/01/27 20:26 ID:TrPIsuD6 [1/1回]
まぁね、片目の視力が酷く落ちて、ガチャ目になってしまったから仕方ない。
でも、硫黄島上空防空戦でF6Fを数機撃墜しとるでよ。「あのタフなF6Fがあっさりと落ちた」そうだ。
もっとも、あの時に片目を怪我していなかったら、ソロモン航空消耗戦の露と消えたかもしれん・・・。
446 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/01/27 20:28 ID:???
片目(しかも見える方も視力低下)でF6Fの群から被弾無しで逃げきるのは並じゃない
447 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 20:31 ID:???
というか、あのタイミングで負傷しなかったら絶対にその後の戦いで戦死

各エースの逸話もこれほど広まることも無かった
448 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 20:44 ID:???
では右目を負傷したのが奇跡的と言う事でFA?
449名無し三等兵[] 投稿日:04/01/27 20:49 ID:8JDGHh5I [1/1回]
沖縄の米軍基地での怪談
本土復帰前、軍属の従業員の人が日も暮れて帰り支度をしていると
向こうの方から米兵2人が歩いてきて英語でタバコくれないかと言ったそうだ、
従業員の人が何か違和感を感じつつもタバコをやると
うまそうに一服し何処かへと歩いていったそうだ。
そしてしばらくすると従業員は感じていた違和感の原因が分かった。
彼ら2人の姿が現在の米兵の軍装ではなく第二次世界大戦当時の姿だったからであった。
450 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 20:55 ID:???
沖縄まで行って夕暮れ時に基地近辺で遊んでいたWW2軍装オタ、
先生怒らないから正直に名乗り出なさい。
451 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 21:20 ID:???
右目負傷したというけど帰還直後の写真みるとそう見えないね
452 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 21:28 ID:???
目の中にガラスがめり込んでるのは見えないかと
453 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 22:28 ID:???
坂井氏の功績は確かに絶大だとは思うが、亡くなるちょい前あたりの著作や
談話での「実はあの話は」的な修正はかなり怪談だと思う。
輸送機を取り逃がした話なんかは「いくらなんでもそりゃ出来すぎだろう」と…
454名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/27 22:51 ID:???
>輸送機を取り逃がした話
詳細キボン
455453[sage] 投稿日:04/01/28 00:03 ID:???
>>454
ソースが手元にないのでかなり端折った話になるが

1 「大空のサムライ」の記述
単独で飛行する敵の輸送機を発見したので、鹵獲するつもりで敵の操縦士に進路を
指示したが上手くいかない。方向を指示するのに拳銃を取り出そうとしてまごついている
うちに付近の雲に逃げ込まれて見失ってしまった。

2 最近の手記
鹵獲するために接近すると、輸送機の窓に幼い子供を連れた母親の姿が見えた。
民間人を巻き込むのに忍びなく、敵機に「あっちへ行け」と指示して見逃した。
自分の行動が兵士として恥ずかしいもののように感じたので、帰投後は 1 
のように報告し手記にも今までそう書いて来た。

眉唾だと言うのは憚られるが、ちょっとなあ。

あまり考えたくはないのだが、氏の脳内では 2 が「真実」になっていたのかも知れん。
まあどっちが本当でもどうでもいいと言えば言える話だが。
456 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/28 00:10 ID:???
見逃された方の証言はないのかのう
457名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/28 00:37 ID:???
>>455
2.は「零戦の真実」に載ってマスタ。
見逃された方、思い当たる香具師は証言きぼんぬ、とも書いてありますた。
458 : 名無し募集中。。。[sage] 投稿日:04/01/28 03:54 ID:???
>>457
オランダでその親子が見つかったって大空のサムライの漫画版に載ってたような。
459 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/28 16:19 ID:???
>>455
そういう記憶違いは誰でもあるから
もし間違っていても責められないし、
もし本当だったらよい話だね。
460 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/01/28 17:39 ID:???
>>455
たしか外国の新聞がその親子を見つけ出したそうだが

何かに書いてあったので資料をあたってみる
461 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/01/28 17:48 ID:MC8mggfX [1/1回]
>>449 米軍基地にWW2時の米兵の幽霊が出ると言う話を聞いた事はある。
   しかし、そんな怪談だったのか。ちなみに、近隣住民の多くが米兵の幽霊
   を目撃しており、調査を行ったら実際に米兵の死体(2体)が洞窟の中から発見されたそうだ。
   聞き込みの結果、レイプなど、粗暴な米兵2人組だったらしく、
   沖縄住民に闇討ちされ洞窟に打ち捨てられていたという。
462 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/28 18:09 ID:???
米兵の幽霊など数で勝る日本兵の幽霊に殲滅されてるはず
463 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/28 18:21 ID:???
日本兵の幽霊はみんな餓死とマラリアのためフラフラです
464 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/28 18:27 ID:???
つうか日本兵の霊は靖国に移動してるはずですが?
465 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/28 18:35 ID:???
移動手段が無いため行きかねてる人が大分います
あとは餓死病死で無念すぎて成仏できないとか
466 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/01/28 18:52 ID:CIqwI5ET [1/1回]
幽霊なってまで戦争するのか?
467 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/28 18:59 ID:???
南方にはそういう話があると言う。
468 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/28 22:16 ID:???
死んじゃったらもう、仲良くして欲しいなあー。
469 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/28 22:21 ID:???
スレ読まずにレス。
塩撒け、塩ぉ!
470 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/01/28 22:54 ID:2UvPGFvU [1/1回]
古い墓場で墓と墓の隙間に防空頭巾とモンペをはいたバァサンが
座り込んでこっちを睨んでいた。
と、言う怪談を聞いたことがある。
471名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 00:16 ID:???
前々から気になって事が1つある。


米軍兵士の幽霊と日本軍兵士の幽霊が出くわしたらどうなるんだ?
472名無し三等兵[] 投稿日:04/01/29 00:22 ID:zF5NTSQK [1/1回]
>>471
出くわしたらどうなるかは知らんが、
なんでもとある小学校は『古戦場→陸軍宿舎→米軍宿舎』と移り変わって
甲冑武者に日本兵に米兵の幽霊がでるそうだ。
なんとも豪華だな。
473 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 00:25 ID:???
甲冑武者の霊と米兵の霊は小学校の校舎でどの様に戦うのだろうか。
日本兵の霊はどうするのだろうか。
474 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 00:36 ID:???
霊=スピリット、つまり精神の事だ。
つまり無限の精神力を持つ日本兵は無敵だっ!
475 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 00:38 ID:???
RRっぽくなってしまった…
476 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 00:40 ID:???
荒れた未開の大地から無限の国力を生む
アメ公の精神力に敗北した、という説もあるが。
477 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 00:48 ID:???
米兵「ニッポンノ ヘイタイサン、ニッポンハ センソウニ マケマシタ
   ニッポンハ イマ トテモ スバラシイ クニニ ナッテイマス
   ハヤク ジョウブツシテ ヤスクニニ カエリマショウ」

日本兵「解った、投降しよう。だかその前に1つ言いたい事がある」

米兵「ダメデス、ムジョウケンデ トウコウシナサイ」

日本兵「いや、お前らも死んでるんだけど…」

米兵「えっ!?」
478名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 00:53 ID:???
昔の首相官邸にはゲートル巻いた日本兵の幽霊が出たそうで。
479 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/01/29 01:22 ID:Hreu8PsD [1/1回]
八王子市街某所の話。
戦前、近衛師団の航空機1機が事故墜落し
搭乗員が死亡なさった。(○○財閥の分家出の血筋のよい軍人)
土地の所有者は、売るに売れず搭乗員の
慰霊碑を建立。
それから、約1世紀が経ちその土地は
建売屋に売られ、何も知らない陽気な若夫婦が
買いました。
その新築一戸建てを仲介したのが、○○のリハウス
の営業マンだったそうな・・・ガクガクブルブル
480名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 01:38 ID:???
>>74

ソース:月刊 文芸春秋今月号
そういえば、イラクに派遣された北海道陸自第2師団はいわく付き。旧日
本陸軍の第七師団にあたり、正直、まずい。・・・・・・・・弱いんじゃないが、
これはヤバイ。今回も海外派兵分担番が偶然、第2師団に回ってきたら
しい

日露戦争で動員、ついたその日に、日本刀と小銃でロシア軍陣地に突撃、機銃掃射や大砲の猛射で全滅。
http://www.google.co.jp/search?q=cache:JGokqupX3jwJ:www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/heiki2/asahikawa/asahi.html+%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E8%BB%8D%E3%80%80%E7%AC%AC%E4%B8%83%E5%B8%AB%E5%9B%A3&hl=ja&ie=UTF-8

ノモンハンでの対ソ連戦に動員された部隊がほぼ全滅
http://www.google.co.jp/search?q=cache:SZ80GHSLwtUJ:www.bekkoame.ne.jp/~bandaru/deta02u4.htm+%E3%80%80%E7%AC%AC%E4%B8%83%E5%B8%AB%E5%9B%A3%E3%80%80%E3%83%8E%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%80%80%E5%A3%8A%E6%BB%85&hl=ja&ie=UTF-8

ガタルカナル反攻作戦では一木支隊が動員され全滅。
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AC%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%80%80%E9%80%A3%E9%9A%8A&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=
481名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 02:02 ID:???
>>478
首相官邸に出るのは犬養首相の霊じゃなかったっけ?
482 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 08:17 ID:???
軍事を語るソースに文芸誌を持ってくる>>480の思考回路が怪談
483名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 08:57 ID:???
>>472
特車二課が取り壊しに来たら完璧だな。
484 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 16:36 ID:???
>>481
松尾傳藏と4名の殉職巡査も忘れてはならない。
485 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/29 17:19 ID:???
>>483
江戸時代の殿様ご乱心も足りないな。
486 : ぽこ山ぽこ太 ◆AUqcjk7kV6 [sage] 投稿日:04/01/30 10:27 ID:???
子供の頃しょっちゅう遊びに行っていた松戸市の「松戸中央公園」は、
昔、旧陸軍の工兵学校があった場所で、
友達がいろいろと不思議な体験(怖い体験ではなく)した、
私にとってはとても懐かしい場所なのですが、
このスレに似あう話が、ないかなあとふと思って、ちょっとググってみたら、
なんだか最近はたいへんな場所になってしまっているようで……。
違った意味で「怖い場所」のようです。
487名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/30 15:13 ID:???
松戸中央公園の近くに住んでるんだが・・・(w
男のあえぎ声が聞こえたりしてこえーですよ
488 : ぽこ山ぽこ太 ◆AUqcjk7kV6 [sage] 投稿日:04/01/30 16:37 ID:???
>>487
ああ、やはり……(w。
ぐぐってみたら上から3番目に、それらしい掲示板が登場しまして。
今ではそういう場所になってしまったんですねえ。
昔は正門前に残る、煉瓦造りの歩哨楼によじ登ったりして遊んだものですが……。
489名無し三等兵[] 投稿日:04/01/31 17:16 ID:9W8B/iU/ [1/1回]
ある幼稚園で子供たちが誰もいない方を向いて
「おじさんバイバイ!」
「おじさんまたきてね!」
などと言っていた。
保母さんが不審に思って詳細を聞くと子供たちはそろって
「おじさんが遊んでくれたの」
「おじさん空の方に飛んでったの」
などと言う。
そこで子供たちに『おじさん』の絵を描かせたら
上手下手の差はあるものの、国民服か戦闘服をきた人物の絵を描いたそうだ。
490 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/01/31 22:18 ID:???
>>480
>ついたその日に突撃、全滅
第7師団の第3軍編入は11月3日、第三次総攻撃は11月26日

大損害を受けたのは事実だけど、そこいらへんは旅順攻囲軍の各師団とも
大同小異(ノモンハンモナー)。なんつーかシャルンホルストの話と一緒で
「やっ、コレは縁起が悪い!」みたいな捏造話にはウンジャリ
491名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/01 13:44 ID:???
>>480
過去の損害だけを継ぎ合わせて根拠のない不安感煽る手法は安直/無責任/恣意的/頭悪すぎ。
それだけ前線で奮戦を続けた部隊という解釈は出てこないのか。
そもそも敗戦で一度途切れてる郷土部隊の歴史を無理やり関連付けて言うのはナンセンスだし、
その論法で行くと海自の艦艇はかなりの割合で「これはヤバイ」という事になる。
 
単に旧ソ正面を担当する部隊で装備・人員が充実してるから選ばれただけの話でしょ。
恥ずかしげもなく与太話を出版した文春の行動が怪談。
それに乗っかって自分の不見識さらけ出した>>480の思考回路も軍板的には怪談。
492 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/02 23:14 ID:???
>>491
おいおい、ここは「怪談スレ」だぜ。
わざとつなぎ合わせて怖い話にするのが怪談ってものだ。
493 : 名無し三等兵[ ] 投稿日:04/02/03 13:32 ID:???
保阪正康でしょ。因縁を関連づけて不安感煽ってるのは
494 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/03 15:02 ID:???
そだね。>>480さんは素直過ぎただけではないかと(w
495 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/03 15:30 ID:???
>>491
おいおい、ここは怪談スレだぜ?
空気壊すなよ・・・・・・・・・
って釣り!?
496名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/03 15:42 ID:???
>>419
話の選別に松谷女史自身の恣意を感じられるところも若干あるんで
すけどね(反戦という言葉に偏り過ぎだとか、猫話多すぎとか)。
しかし民俗学の徒にとって、絶版後はなかなか手に入らなかったので
文庫による再販は大変ありがたいのですよ。

亀レスな上に関係ないのでsage
497名無し三等兵[age] 投稿日:04/02/03 17:36 ID:???
昭和20年2月16日の関東地区艦載機大迎撃戦の際、当然ながら厚木の302空も迎撃に当たった
302空零夜戦隊の荒木俊士大尉は直ちに出動、一度帰還したがまたすぐ二度目の出撃になった
が、過熱のためエンジンの筒温が上がり、離陸は難しい 予備機は部下が乗ってしまってもうない
仕方なく無理矢理筒温を下げるためカウリングを外して強行離陸した
その不調機を駆って神奈川県丹沢上空でF6Fを見事1機撃墜 2機目を捕捉したところで敵弾を受けた
荒木機は藤沢基地までたどり着いたものの、姿勢を崩して格納庫に接触 墜落した
大尉を救い出そうと駆け寄った基地隊員たちは驚愕した

荒木大尉の頭部に貫通銃創があったのだ

12.7ミリ機関砲弾に頭を射抜かれて、どのようにして藤沢まで飛行できたのだろうか
498 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/03 18:03 ID:???
このスレは民俗学に詳しい人が多そうですね。

もしよかったら、
『自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた』
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1075795046/


こちらのスレで、魔法や中世社会の生活について語っていただけると嬉しく思います。
499 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/03 20:47 ID:???
>>497
にわかに信じがたいがそういう事も十分考えられるね。
500 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/03 21:01 ID:???
>>497
三菱の七試艦戦が、パイロットが脱出した後に無人で河川敷に着陸した話とか、
そういう話は2,3聞いたことはあるけど。
501 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/03 21:08 ID:???
頭部に弾丸喰らっても、致命部を外れれば十分生きている可能性はある
犬養首相だって頭部に弾丸受けてもしばらく生きていた

まあ、12.7ミリ弾なんか喰らってただで済むはず無いがね
502 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/03 22:19 ID:???
寄生獣の世界だな
503 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/03 23:07 ID:???
坂本龍馬も脳みそ垂れ流しながら暫く生きてたからな
504名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/04 00:59 ID:???
ちょっと趣旨から外れるかも知れんけど
フランス革命で、ギロチンで首落とされた貴族も、しばらく生きてた、みたいな話もあるな

まあこっちは眉唾だけど
505 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/04 01:28 ID:???
>>504
首の方が生きていたのか、それとも胴体の方が生きていたのか。
とても気になる。
506名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/04 01:31 ID:???
首を切断されても、数分間は、刺激に対する反応を示すことはあるらしい。
これは首のない胴体、胴体のない首、どちらでも報告例がある。
507名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/04 03:36 ID:???
最もたくさんの人がワニに喰われた記録

1945年、ビルマのラムリーにて、英軍に追い詰められた日本軍兵士1000名は
マングローブの沼地を通過して撤退する事を余儀なくされる。
しかし、そこはワニの棲家で、一晩のうちに980人がワニの餌食となり、
翌朝まで生存したのは20名だけだったという。

tp://x51.org/archives/000517.php

なにもそんな記録を樹立せんでも、合掌…

余談ながら、以下が>>504-506に近いような話題、軍事とは全然関係ないが

:「奇跡の首無し鶏」マイクの残したもの
ttp://x51.org/archives/000517.php
508 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/04 09:49 ID:???
>>504>>506
死刑の原則は「速やかで最小限の苦痛」なんで
>>506のような報告によりギロチンが除外されたはず。
509 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/04 12:39 ID:???
>>507
ワニの話は確か、意図的にそこへ追い込んで
自軍の追撃戦の手間を省いたんだよね。
510名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/04 23:36 ID:???
ワニくらい手榴弾で追い払えよ
511名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/02/05 00:43 ID:???
>>510
手持ちがあればとっくに使ってる罠。
英軍or自爆に。
512 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/05 00:49 ID:???
つうかワニに喰われるよりワニを喰えば良いのに。
どうせ食料無かったんでしょ
513 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/05 15:58 ID:???
>>511
自爆用のは最後までとってあるだろ
514 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/05 16:40 ID:???
>>489
子供好きの幽霊だったんだね。
学校の先生だった人なのかも・・・
515 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/05 19:37 ID:???
ワニに食われるくらいなら手榴弾で自決した方がまだマシ…
516 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/05 20:43 ID:???
むしろその手榴弾でワニと戦う
517名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/05 20:53 ID:???
帝国陸軍の手榴弾は、硬いところにぶつけないと発火しない。
そして、安全ピンを抜いた後で逆さにすると撃針が落ちてしまうという代物。
ワニがいるような沼地では、使えるような物ではないと思われ。
518 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/05 21:17 ID:???
>>517
泣ける話になってしまった
519 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/05 21:19 ID:???
>>517
硬いところ=頭
520 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/02/05 22:18 ID:???
頭、つーか鉄兜だろうなその場合。
撤退中に放棄していなければ。
521 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/06 21:38 ID:???
「まだ鉄兜がある奴は!?」
「ハイ」
「よし、お前ちょっと頭貸せ」

ボコボコボコボコボコボコ・・・・
522 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/06 22:50 ID:???
>>517
硬いところ=阿部定に取られた所
523 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/06 23:57 ID:???
「まだ鉄兜がある奴は!?」
「ハイ」
「よし、慰安所にでも行ってくるか」
「えっ!?」
524名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/07 03:32 ID:???
怪談にならんかもしらんが、漏れが体験した話。

旅行でサイパンに行った。
行く前に何故か日本酒を仕入れ、それを持ってラストコマンドポストに観光に行った。
着いた瞬間、寒気が全身に走り、あちこちから人の声がした。
中に入る際、敬礼をし、「失礼致します」と言って入った時、その寒気が消え、暖かい感触に包まれた。
(周りから、えらい怪訝そうな目で見られたが)
持ってきた日本酒を置き、その場は写真撮って終わり。
翌日、ビン残すのはまずいと思い、もう一度入って見ると…
封切って無いのに中身空っぽになってた・・・

帰国した後、出来上がった写真見てみると、座ってる俺を抱えるような影が映った写真が幾つもあった。
両親に聞いて見た所、「おじいちゃんに似てる…」と言われ、((;゚Д゚)ガクガクブルブルになった。

その後すぐ、交通事故に遭い、瀕死の重傷を負った。
その時に見た夢は、どっかの港っぽいとこを歩いてる時に、内火艇が近づいてきて、俺の名前を呼んでいる。
そこに行くと、軍服を着たおっさんが、「馬鹿もん!フネを間違える奴があるか!」と一喝され、そのまま別の
港まで連れていかれた。
そこで目が醒めた。
後日医師に聞くと、「あの時、心臓止まってたんですよ、あなた…」
と言われた。

じーちゃんは、相当酒好きだったと聞いている。
日本に帰って飲みたかった酒を、孫が持ってきた。
孫に小遣いやりたくても出来ないから、「命」っつー小遣いを俺にくれたのだと、俺は信じてる。
525 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/07 10:35 ID:???
>>524
怪談でもあり、泣ける話でもある。
いい物読ませてもらった。
526名無し三等兵[ ] 投稿日:04/02/07 15:29 ID:???
>>524
それは、霊に祟られて事故にあったの?
それともたまたま事故ったのを霊を助けてくれたの?
527 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/07 15:51 ID:???
>>526
釣りかい?
>524の最後の一行を読めば自ずと言いたいことはわかるだろ。
528 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/07 18:04 ID:???
出来すぎてて好かん
529 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/08 00:42 ID:???
まあよくある話しなんだが。

俺の祖母の話。
戦時中のある日、祖母が家の裏口の所で家事をしていると、突然人魂が出てきたそうだ。
祖母は腰をぬかしたが、その人魂は悪さをするわけでもなく、そのうちいなくなってしまった。

暫く立った後、祖母の家に戦死公報が届いた。
前線に行っていた祖母の兄が戦死したとの事。
驚いたのは、兄が戦死した日が、ちょうど人魂の出た日だったという事だ。
きっと家が懐かしくて帰ってきたんだろうねぇ…そう祖母は話ていた。
530名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/08 01:23 ID:???
俺が小学生の頃に祖父に怪談をネダった時にしてくれた話

ある朝、兵舎の脇の水道で顔を洗っていたら、誰かが隣の蛇口を使い始めた。
「おはよう」と言おうとして顔を上げて驚いた。
そこには昨日の戦闘で顔に銃弾を受けて戦死したはずの仲間が血まみれの顔を洗っていたからだ。
祖父が驚いて声も出せない中、戦友はタオルで顔を拭きながら兵舎へと入っていった。
その後、当然の事ながら兵舎のどこを探しても彼の姿は見つからなかったそうだ……

特に捻りもオチも無いけど、それが逆にリアルさを感じさせる話ですた
531 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/08 09:21 ID:???
>>530
そういう話はさもありなんと信じちゃうなあ
532名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/08 11:27 ID:???
>>526
わざと事故らせて助けてみた、に一票
533 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/08 17:47 ID:???
>>532
自作自演かよ
534名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/14 20:14 ID:???
稀に見る良スレ・・・だと思う。(^-^;
上の方に船幽霊(?)っぽい話があったけど、死んだ爺さんに面白い話を聞いた事がある。
爺さんは元々漁船乗りだったんだけど、終戦間際に軍に船ごと徴用された。
仕事は、日本のはるか南の海上に出張って、B-29が頭上を通るのを見ては通報する事。
これがとんでもない仕事で、こっちから見えるって事は向こうからも見える訳で、本土空
襲の帰り際のB-29による銃撃や、米軍の艦載機による空襲やらで片っ端から沈められ
てしまったらしい。
そんなある夜、マジ物の幽霊船が爺さんの乗った漁船の前に現れた。
「幽霊船は縁起物だ」ってんで、海軍派遣の艇長(と言っても予備役のジジイだったらし
いけど)が「総員上甲板!」って叫んで船倉で眠っていた連中を叩き起こして、全員で見
ようとしたそうな。
でも、機関員の一人が間に合わず、彼が出て来た時には幽霊船はもう消えた後だった。
ちなみにその幽霊船は江戸時代のものらしい日本の帆船で、人の姿は全く無かったらしい。
翌日、爺さんの乗る船は米軍機の空襲を受けて機関を損傷したものの、一人を除いて全員
無傷だった。
その一人ってのは件の機関員で、どういう訳か彼だけが銃撃をマトモに食らって、機関室
の中でバラバラになっていたそうな・・・。
535 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/02/14 22:21 ID:???
ううむ。・・日本じゃ幽霊船は縁起物だったのか。

何だか、戦死した機関員を連れにきたようにも思えますな・・・。
536 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/15 01:20 ID:???
「幽霊船」と
「船幽霊」は
似てるけど別物。
537名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/15 02:22 ID:???
野暮なつっこみしていいですか?
機関室が銃撃されたんでしょう?
自力で曳航できたの?
538 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/15 02:54 ID:???
>>537
機関じゃなくて機関室に一発食っただけなんだから、航行するのに何の支障もない
539 : 538[sage] 投稿日:04/02/15 02:56 ID:???
と思ったら機関損傷って書いてあるな…∧||∧
540 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/15 10:04 ID:???
しかし完全にぶっ壊されたとも書いていない。

さらに、その後自力で帰ったなどとも書いていない。
541 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/15 10:35 ID:???
>537
機関の状態に関係無く、ドラえもんでも連れて来なきゃ自力曳航なんて不可能
542 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/15 12:57 ID:???
「死んだ爺さん」に話を聞いたんだろう。
つまり機関員だけは銃撃で死んだけど、残りは帰れなくて死亡。
>>534は霊媒師。
543534[sage] 投稿日:04/02/15 18:11 ID:???
いやあのね。(^^;
長文になりそうだったので適当に端折っちゃいました、スマソ。
要するに、爆撃じゃなくて複数機による銃撃を受けたんだって。
当事の漁船は木製だったから機関銃の弾でもブスブスと突き抜けてしまう訳で、その攻撃
の後、船はそれこそ穴だらけになってしまって、交代で浸水して来た海水を汲み出し続け
てどうにか浮かび続けていたそうです。
で、そんな状態だったのに甲板に出て右往左往してた連中は本当に無傷だったのに、機関
室に居たその人だけが何故か何発も食らってた、って訳です。
で、機関(と言っても焼玉エンジンとか言う、今のレベルから見ればもう笑うしか無いよ
うなシロモノだったとか)にも機銃弾を食らって、2日程漂流させられた後に任務中止の
命令が来て、僚船に引っ張ってもらってどうにか帰って来た訳です。
で、幽霊船が縁起物、って言うのは、「幽霊船を見た奴だけが生き残る」っていう伝説が
あって、艇長が「みんなで見れば全員生きて帰れる!」と思ってやった事らしいです。
実際、見た人だけが生き残った訳で。
544 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/15 19:35 ID:???
>>543
ポンポン船は今でもかろうじて現役かと思ってたが……
関係ないレススマソ
545 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/16 17:03 ID:???
まんま雑想ノート『最貧前線』の世界ですな。
途中までそれの粗筋かと思ったくらいだ。
546 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/16 20:14 ID:???
ということはコピペでせう
547 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/18 14:37 ID:???
よその国にこういう怪談話ってないのかな。
2000万~2800万人にものぼる死者を出したソ連・ロシア、
特に240万人の市民のうち100万人が死んだレニングラードとか
そうとう凄い話が残っていそう。
548 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/18 20:01 ID:???
化けて出る根性もないヤツは、幽霊になることもできない。
549 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/18 21:56 ID:???
唯物論者だから出ないんじゃないの(w
550 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/19 01:18 ID:???
「労働者英雄」とやらに祭り上げられて怨みなんて否定されてるのかもな。
化けて出る自由もなかったって事か?
551 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/02/19 01:54 ID:???
目前に強力な独軍、日々襲う飢えと寒さ。
苦闘の末、仮に独軍を追い払っても、その将来は
ツァーよりも数段過酷で容赦ない党に怯え、何を
手に入れるにも寒気の中の行列がデフォな毎日が
続く。
体壊すとわかっていてもウォッカの量が増えていく。

・・死んだほうが楽になるからだったのかも知れん。
552 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/02/21 20:19 ID:???
化けて出るには政治士官の許可が必要な為。
熱心かつ優秀な党員でないと許可が出ない。
553 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/03/01 18:00 ID:TZYrtAOF [1/1回]
ンなアホな。(w
554 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/01 18:32 ID:???
化けて出たいのはヤマヤマだが、一般人が幽霊として出てると
スターリンの幽霊もそのうち出ちゃいそうなので
さまよえる魂がみんな自主規制。
555 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/01 19:28 ID:???
そこで隷忍の幽霊ですよ
556 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/03/01 22:57 ID:???
見える人は見えるけど,見えない人は馬鹿らしい。
557 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/01 23:15 ID:???
極東ロシアでの話。

「大変です!!司令、ウォッカが!!」

「なんだと、盗まれたのか!!」

「違います、増えているんです!!」

「なんて言う事態だ!!」

かなり怪談話。
558名無し三等兵[] 投稿日:04/03/04 15:38 ID:3icz3JLY [1/1回]
この俗にいう東京裁判がとうてい裁判の名にあたいするものではなく、
先勝国が敗戦国をこらしめる見せしめのリンチであり、
日本を弱体化するために仕組んだ陰惨な復讐劇であった証拠に、
東条英機元首相はじめA級戦犯を起訴した日は
昭和天皇のお誕生日である四月二十九日、
その内七名に巣鴨拘置所で絞首刑を執行した日は
当時の皇太子殿下(今上天皇)のお誕生日である十二月二十三日だった。

問題は次です。
絞首刑にあったA級戦犯七名の遺体は荼毘に付された、
というより、ゴミのように焼却された。
その遺骨はついに遺族のもとに返されることなく、どこかに放棄された。
一説に太平洋にまかれたといわれる。要するに、散骨されたわけである。
これが日本人に対する最大の屈辱的な仕打ちであることを承知の上で、
占領軍はあえて行なったのだった。
しかし当時の状況として、英霊の遺族たちはこの屈辱に黙って耐えるほかはなかった。

中略

この後日潭がある。
東条元首相以下七名の処刑から遺体処理までを指揮したGHQのウォーカー中将は、
その後の朝鮮戦争で自ら乗った自動車に友軍のトラックが追突して断崖から転落して、事故死した。
その日が、なんと七名の戦犯処刑三年後の同じ十二月二十三日、
しかもその時刻まで同じく処刑執行の午前零時だった。
当時の関係者は「怨霊」の恐ろしさに愕然としたという。
これぞ因果応報と得心こそすれ、不幸な事故に同情する者はひとりとしていなかったとも…。

http://www.mikkyo21f.gr.jp/father_shukyo002.html
559 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/03/04 15:39 ID:NXMTfIbB [1/1回]
a
560 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/04 15:40 ID:???
>>558
国賊東条が英霊とは笑わせらあ。
561 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/04 17:00 ID:???
ハルゼーの没日は

1959年8月16日
562名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/04 17:13 ID:???
>>558
さすが私怨で報復召集やりまくった東条だな。
563 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/04 18:26 ID:???
ttp://www.arlingtoncemetery.net/whwalker.htm
ブルドック・ウォルトン・ウォーカーが事故死したのは確かに23日(米時刻22日)だが

別のソースによると
ttp://www.geocities.co.jp/CollegeLife/7154/2-11.html
>7戦犯の処刑執行責任者は、ヘンリー・ウォーカー中将
でこの将軍がやはり1950年の執行日に事故死したとしている。

ウォルトン・ウォーカー将軍とその辺の祟りがあってほしい人が
ヘンリー・ウォーカー将軍を混同したのか、はてさて。

ウォルトン・ウォーカーは確かに刑執行当時も日本駐留の
第8軍司令官を務めているが、死刑執行から遺体処分を
本当にこの部隊にやらせたのかね?
どーにもこの辺の指揮系統はよく知らないので不明

偏見だが
執行担当者がヘンリー・ウォーカーで、23日に事故死したウォルトン・ウォーカーと因縁付けて
そこから後々作られたデッチアップ伝説のような気がしてならず
564 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/03/11 21:42 ID:AOVREjdl [1/1回]
良スレあげ
565 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/13 21:10 ID:???
巣鴨プリズンのあったサンシャインシティ近辺はよく出るらしいよ
某イベントの準備で徹夜してたら13階の窓の外に人影が見えたとか・・
566 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/13 21:22 ID:???
魔人 だいそうじょうが一体出た!
567 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/14 09:25 ID:???
エンマが居たと思ったが?
568 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/03/15 14:57 ID:Wq9rxt0b [1/1回]
将門の首塚の話も軍事的怪談になるかな?
569 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/03/15 15:03 ID:LwENyCs5 [1/1回]
>>562
報復召集に異論はございませんが、陸オタの火病が予想さ(tbs
570名無し三等兵[] 投稿日:04/03/17 04:40 ID:lImdvDl4 [1/1回]
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/oversea/1067095011/
35 :異邦人さん :03/11/19 23:09 ID:FLSdDAjN
有名だけど、サイパンには日本兵の霊が…。

ウワサによると、まれに日本人旅行者にくっついて日本に帰ってくる日本兵がいるらしい。
サイパン帰りの若いコにくっついてるちょっとうれしそうな日本兵が入国審査で一緒に並んでるらしい。
もちろん悪い霊じゃないから大丈夫です。
571名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/17 05:48 ID:???
非常に遅レスだが、

>>280
それって確かノルマンディ上陸作戦の音を聴いたってヤツかな。
イギリス人の二人の女性が聴いたってヤツ。
572 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/17 11:02 ID:???
弾をもってこーい!アーバーン!
573名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/17 11:09 ID:???
>>571
ディエップ
574571[sage] 投稿日:04/03/17 11:59 ID:???
>>573
んじゃそれだ。
ノルマンディ上陸作戦時のディエップ港での
戦闘の音を聞いたってヤツだから。
1951年8月4日、ディエップ郊外ピュイ村での話しだな。

↓こんな感じだね。
575571[sage] 投稿日:04/03/17 12:02 ID:???
・女性達が聞いた音            ・連合軍側の公式記録
4:00頃                     3:47
大勢の人の叫び声。            連合軍砲艦が独軍艦と砲撃戦。
徐々に大きくなる銃撃戦          海軍の援護をしていた軍隊が
や爆撃の音。                 大きな叫び声を上げる。
4:50                       4:50
突然静かになる。              ピュイ上陸行動開始予定時間。
                         しかし行動は17分遅れ、砲撃は
                         止まっていたかもしれない。
5:07                       5:07
大きな音がする。急降下爆撃?     重砲火の下、上陸用舟艇がピュイに
その音は波のように聞こえる。      接岸。続いて駆逐艦がディエップを
人の声が微かに聞こえる。        砲撃。空襲が建物を襲う。
5:40                       5:40
再び静かになる。              戦艦による砲撃停止。
5:50                       5:50
編隊による飛行機の爆音。        連合軍空軍の援助到着。
背後に微かな物音。            独軍と交戦。
6:00
全ての音が止む。
6:25                       6:30
叫び声が上がり、              連合国軍、多数の死者を出して
次第に弱まる。                退却、生存者は降伏。
6:55
完全な静けさ。
576 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/17 12:59 ID:???
((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
弾をもってこーい!アバーン!
577 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/17 13:03 ID:???
ムチャクチャ怖いじゃねぇかゴルァ
578 : エリア88 ミッキー・ローク[sage] 投稿日:04/03/17 16:39 ID:???
俺たちはな・・・・どこにも逝けないんだよ・・・・・・

ここが地獄だからさ。
579 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/17 18:57 ID:???
逝っちゃったくせに
580 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/17 21:20 ID:???
メタルオブホナーを永遠にプレイ中ですか・・・・
581 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/17 23:29 ID:???
kowasugi
582 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/17 23:47 ID:???
メタルオブホナー・・・?
583 : エース ◆zfiUb6EEB6 [] 投稿日:04/03/18 00:00 ID:8qTaI5Qz [1/3回]
メダルオブエース!!!!!
584 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/18 00:01 ID:???
http://www.japan.ea.com/mohrs/news.html

メダル オブ オナー ライジングサンも好評発売中!
585名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/18 00:02 ID:???
ところで、真面目な話なんですが、メタルオブホナーの鯖からオレをはじくのやめて
ください。
チョンサーバーでチーター相手にプレイなんていやです。
586エース ◆zfiUb6EEB6 [] 投稿日:04/03/18 00:07 ID:8qTaI5Qz [2/3回]
>>585下手糞はやるなってこと
587 : 関東仁義組[sage] 投稿日:04/03/18 00:22 ID:???
エース、てめぇこんなとこで遊んでたのか?
さっさと金返さんかいこのボケが。指つめんぞ
588 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/18 00:29 ID:???
>>586
今気が付いたが、おまえって心底むかつくね。
墜落スレでも大概な奴だなと思っていたが、
言動に配慮というものが無い。嫌われて当然だ。
反省汁!
589 : エース ◆zfiUb6EEB6 [] 投稿日:04/03/18 00:31 ID:8qTaI5Qz [3/3回]
(´・ω・`)ショボーン
590名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/18 00:39 ID:???
>>575
もし家の外にでたらどうなってたんだろ・・・
591 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/18 00:48 ID:???
>>590
サトウ&ナカムラコンビが本当の戦争をみせてやるぜ!とばかりに上陸してくる
真っ最中がみられます。
592 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/18 01:40 ID:???
>>585
真面目に話すのはいいが、スレ違い。
だいたい、「メダルオブオナー」だろ?
そんなんだから弾かれるんだよ。

・・・と、釣られるのを覚悟で言ってみる。
593 : 名無しSUN等兵[sage] 投稿日:04/03/18 08:29 ID:???
>>570
いい話を聞かせてもらった。 やっぱ不細工にはエッチな霊はつかないのかな?
594 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/18 14:27 ID:???
>>590
スピーカーとか持ち出して、もはや入り込んでいた
向こうの軍ヲタと目が合って「あ……」
とかだったら笑う。
595 : ぽこ山ぽこ太 ◆AUqcjk7kV6 [sage] 投稿日:04/03/18 15:58 ID:???
>>496
あ、絶版になっていたのですか。
就職して自由に使えるお金が手に入って、
あちこち探していたのですが、見当たらなくて。
復刊されてよかったですね。
文庫版、かなり売れているようです。

>>504
確かギロチンにかけられた、お医者さんだかが、
「首を落とされてもしばらく意識があることを証明してみせる」と、
首が切り落とされた後、十数回まばたきをしてみせた、
……などという話を目にしたことがあります。

>>570
景山民夫氏が随筆の中で、同じようなことを書かれてましたね。
サイパンもアレだけど、知り合いのテレビディレクターが、
八丈島に行ったら……そんな話もありました。
軍事の怪談ではありませんが。

>>574
ああ、それです! コリン・ウイルソンのぶ厚い本で読みました。
コリン先生の著作のうち幾つかの話は、
某女性作家先生が、そのまんまパクっていて、
あらまあ、と思ったことがありましたっけ。
596名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/19 03:33 ID:???
>>574
>>573は、1942年8月19日のディエップ上陸作戦のことを言っているんじゃないかと思うんだが…。
戦闘の流れは ttp://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/dic/te/jubilee.html 
こんな感じ。
597 : 571[sage] 投稿日:04/03/19 03:51 ID:???
>>596
あら…おかしいな、俺の持ってる本には確かにそう書いてあるんだが…。
本が間違えてるのかな?俺、ノルマンディとかの話しには疎いから…。

うう、ゴメソ。
598 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/19 10:09 ID:???
ゲームボーイウォーズで画面外の何も無い所から砲弾が飛んでくるのが怪談
599 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/19 11:56 ID:???
>>570
途中で無理やりな力で引っ張られて
また元のところに返ってしまうというバージョンを読んだことがある。
地縛霊になってしまったようで・・・。
600 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/19 13:05 ID:???
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C394170269/E1831691824/index.html
イラク派兵に関してのル・モンド紙の見解 2003.12.17
601 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/19 14:08 ID:???
グアム帰りの観光客が妙に肩が重いので知り合い達に相談したところ、霊関係に詳しい奴から
「靖国で参拝してこい」と勧めるので靖国神社に参拝へ行ったら、参拝直後から嘘のように肩の
重さが無くなった。

と言う書き込みが昔、ニフティのFDR会議室にあったな。
602名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/19 18:47 ID:???
サイパンにいったらグアムにいったらという話は
誰でも思いつく話なんでおもしろくない。
603 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/19 18:54 ID:???
>>602
じゃあトラック諸島とかポートモレスビーに行ったらとか。
604 : ぽこ山ぽこ太 ◆AUqcjk7kV6 [sage] 投稿日:04/03/19 19:59 ID:???
昔むかし、沖縄が返還されて、一大観光ブームが起こった時、
「ついこの間、沢山の同胞が傷つき、倒れた島へ、
 のんきなリゾート気分で遊びに行くなんてとても出来ない」
……大橋巨泉氏はそう言ったと、景山民夫氏が書いておられましたなあ。
だけどリゾート観光で落とされるお金も、地元にとっては大切な訳で。
難しいです。頭ぽこぽんぽこぽん
605 : 名無し三等兵[???] 投稿日:04/03/20 18:16 ID:???
良スレage
606 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/20 19:49 ID:???
>>「ついこの間、沢山の同胞が傷つき、倒れた島へ、
>>のんきなリゾート気分で遊びに行くなんてとても出来ない」

まぁそんなコト言ったら一夜にして10万人が亡くなった土地で
のんきなテレビ番組なんかとても収録できないわけで。
607 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/20 22:58 ID:???
そらそうだ。ある意味、主要都市は巨大な墓所なんだな。
608 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/20 23:46 ID:???
鎌倉の語源は「屍倉(かばねくら)」だしね。
それほど死体が多かったという。

未だに骨がザクザク出てくるそうだよ。
609 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/03/21 04:58 ID:GxTWstQ2 [1/1回]
現在の国のお役所や病院のある場所って、かつて連隊の駐屯地があったって話多いです。
そこでは、必ず兵隊や将校の霊の徘徊話が聞かれます。
漏れが勤めていた所も憲兵隊仮庁舎とかで、屍体置場に使われていた。
残業で一人残っていた時、実際妙な音がたくさん聞こえた。
610名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/21 06:09 ID:???
1893年6月22日15時34分、英国海軍旗艦ビクトリアがトリポリ沖で衝突事故後、沈没した。

その衝突事故があった時間帯、ロンドンにある艦長のサー・ジョージ・トライオン提督の
自宅では、トライオン夫人が友人たちを招いてティーパーティを開いていた。
午後三時をまわったころ、一人の客が提督が居間を通りぬけていくのを目撃した。

「おや、ご主人がおいででしたか。これは結構ですこと」と話しかけてきた客に対し、
夫人は訝しげに「そんなことはございません。夫は軍艦に乗って演習中ですのよ」と答えた。

しかし、他の客も「いえ、確かにいらっしゃいましたわ。私が立ちあがって会釈をしようとしましたら
ご主人は手で「そのまま、そのまま」というようにして、あちらへいらっしゃいましたもの」と
証言したのである。


だが、提督は二度とその家に戻ることはなかったのである。
611名無しSUN等兵[sage] 投稿日:04/03/21 10:05 ID:???
第二次大戦中ドイツの巡洋戦艦が
612 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/21 14:29 ID:???
>>611
で、どうしたって?
613 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/22 22:30 ID:???
>>213あたりで出てた話だろ?

>>349,350も参照。
614名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/22 22:34 ID:???
日本の大都市は空襲でたくさんの人がむごい死に方をしてる。
そいう人の霊の話はまったく聞かないな。
なぜか広島とか長崎の霊の話なら聞くけど。
615名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/22 22:36 ID:???
>>614
そうか?
○○市の空襲で死んだ人の霊が……って話はよくあるぞ。
616 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/22 22:59 ID:???
>>615
どうも。俺が知らかっただけか。。
617 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/22 23:59 ID:???
大規模な、万人単位で亡くなってるような空襲の被害者は、
それなりにきちんと慰霊がなされてるからじやあないかなあ。
道端で機銃掃射食らって、誰にも看取られずに亡くなって、
すっかり忘れられてる人なんかは、淋しいだろうねえ……。
618名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/23 05:04 ID:???
まあぶっちゃけ幽霊なんていないからだろう>>614
619 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/23 05:08 ID:???
>>681
そりゃそうだけど寂しいこというなよ・・
620 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/23 09:28 ID:???
>>681は一体どんな事を書いたんだ・・・?(w
621 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/23 10:29 ID:???
文脈的に>>618ってことだろう
それぐらい察してやれ
622 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/23 11:19 ID:???
そこで>>681が頑張るのが2chだろw
623 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/24 01:36 ID:???
あれ?漏れが昨日見たときは確かに681がいたのに、今日はなんでいないんだ?
・・・ガクガクブルブル
624名無し三等兵[] 投稿日:04/03/24 16:44 ID:FxV8b5Vn [1/1回]
昔、「学校の怪談」とかのシリーズ物には結構軍事的な
怪談が多かったな、図書館でよく読んでたな・・・
大陸帰りのじいちゃんが亡霊に苦しむ話とか、武蔵に乗組んでいた
先生の話とかが印象に残ってる。
625 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/24 16:47 ID:???
カレーマニアはこのスレからの転載禁止。
626 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/24 18:45 ID:???
>>624
あの元武蔵乗り組みの赤褌先生の話か
627 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/03/25 14:50 ID:CPw2Ci+m [1/1回]
>626、そうそう、やはり覚えている人がいましたか
628 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/03/25 15:30 ID:4ISQBVM3 [1/1回]
父が、中学の頃、満州の寄宿舎で生活していたそうです。改装されたロシアの古い建物で、夜トイレに行くと、馬に乗ったロシア兵が白~く浮かび上がり、すーっと宙を滑るように見えたそうです。。。
629名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/27 10:06 ID:???
>>614
広島に出るのは被害者の霊だけじゃない。

トルーマンが公園に現れてしばらく両頬に涙を流しながら跪いて許しを乞うていたが
やがて立ち上がってコートの襟を立てて何処かへ歩いて去っていった姿が、目撃
されたそうだ・・・
グァム島のタブロイド紙で読んだんだけど。
630名無し三等兵[] 投稿日:04/03/29 13:23 ID:7uZqk2uC [1/1回]
↑へぇー初めて聞いた
懺悔するくらいなら、最初から落すなボケ
631 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/29 13:27 ID:???
>>630
まぁ戦争だからな、そんなもんだろ。
632名無し三等兵[sage] 投稿日:04/03/29 15:51 ID:???
怪談って程じゃないが漏れの体験談。
高校の修学旅行で沖縄に行った時の話だが
糸数壕やひめゆり等を見学した日の晩に漏れが寝言で
「お前等!俺に続け!続け!続けー!!」
と突然絶叫し始めたらしい。沖縄戦の陸兵でも憑いたのだろうか。
633 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/03/29 18:15 ID:ZeVFGFqp [1/1回]
>>632
おまえが夢のなかで軍人になっただけだろ。 
軍ヲタもここまで来ると・・・チョットね・・・
634 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/03/29 19:19 ID:dcjHGUkd [1/1回]
      レグルス師の死体        
http://ex4.2ch.net/test/read.cgi/news/1080447756/
635名無し三等兵[] 投稿日:04/03/31 16:05 ID:uNzdmusm [1/1回]
>>629
最近の大統領ズや、あるいはケネディみたいな有名どころならともかく、
トルーマンの顔なんかよくわかったなあ。
俺だったらたぶん、ただのガイジンだとしか思わないだろうな、きっと。
636 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/04/01 15:43 ID:zYNjaxyV [1/1回]
あの眼鏡面は結構目立つのでは?
漏れの印象、ラムズフェルドから毒気を取った親父=トルーマン
637名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/01 15:49 ID:???
どうでもいいけど『五十六』って最初見たとき何て呼んだ?
638 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/04/01 16:40 ID:qvmttR7M [1/1回]
>>637
俺が最初に読んだ本は親切に読み仮名が振ってあったぞ
639 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/01 16:46 ID:???
>>637
ごじゅろく
640 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/01 16:53 ID:???
>>635
いや、マジで観光で広島に来たただの外人さんだったのだろう。
641 : [天○誅](○m○)[] 投稿日:04/04/01 18:33 ID:Gi+/Ny2e [1/1回]
大日本帝国は、神国なり。ケシカラン振る舞いは死を招くゾ!
1 東京大空襲に参加したB29が、3機立て続けに「不忘岳」に激突して乗員全員が死亡した。
2 東京裁判のA級戦犯が処刑された丁度三年後の同日同刻、マッカーサーの副官が朝鮮の前線で
事故に逢い死亡したが、この事故の死者数がA級戦犯と同じ7名であった。
642 : iwsjnf[] 投稿日:04/04/01 18:37 ID:y3Cf2AU3 [1/1回]
>>629
明らかにデマでは?
大統領が、そんな“敵地”に行くのは有り得ないし、行くならシークレットサービスの“小銃小隊”が着いていくのは確実。
バレたら全国的ニュースになるはずなのに、今回初めて聞いた。
アメリカ大統領が、そんなことしてたと聞いたら、被爆者はどう思うんだろうね。
やはり、許す気にはならんだろうなぁ。
643 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/01 18:44 ID:???
いや、だからトルーマンの霊が出たというヨタ話だろ。
644 : [] 投稿日:04/04/01 19:06 ID:IN0Go5u+ [1/1回]
 何の本に載っていた話かは忘れましたが、ベトナム戦争中の頃の話。

 あるベトナム軍の基地で、歩哨に立っていた兵士が基地の中の広場を見ると、
誰もいないはずなのにいくつもの人影が・・

 こんな時間に誰かいるなんておかしいな? それともあいつら何か極秘の任務でも
受けているのかな? と思いつつ、その兵士に近付くと・・
 その兵士達には首が無く、しかも自分たちベトナム軍の制服とは明らかに違う軍服を
身に付けていました。

 その歩哨は驚きのあまり腰を抜かしかけて兵舎に戻り、当直の下士官達に事の
次第を報告しました。
 そしてその下士官が言うには
「ああ、あそこには昔のフランスと戦争をしていた頃に処刑した捕虜の幽霊が出ると
言われてんだよ。 ほら、我が国では首を切られ、そのまま胴と頭を別々に葬られた
死人は成仏できないって言うだろ。 あの捕虜達はそうやって処刑されたのさ。

 だから、あいつらはフランスとの戦争が終わってずいぶん経つのに、未だに成仏も
出来ずに死体の埋められたあの辺をさまよっているらしいぜ。」 
 と言ったとか。
645 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/01 19:29 ID:???
霊ならわざわざ広島まで来ないで
霊界で霊同士、土下座なりボコられるなりするだろう
646名無し三等兵[age] 投稿日:04/04/01 20:04 ID:???
ああ、それな。
霊界で土下座して謝ったんだけどボコられたあげく
「誠意が見られない。広島にいって爆心地に額をこすりつけてこい」ってことになって
泣きながら化けて出たっていうことらしいぞ。
トルーマン、擦り切れたコート着て鼻血出してたの見えなかった?
647 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/02 00:13 ID:???
>>646は霊界の住民からの書き込みです
648 : 拘束占缶機利氏魔[sage] 投稿日:04/04/04 17:13 ID:???
怖いけど泣ける。良スレだね。
649 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/04/11 19:51 ID:I1NEm6mY [1/1回]
もうすぐ4月28日です。時間のある人は靖国神社にお参りしましょう。
650 : 名無し三等兵[さげ] 投稿日:04/04/11 20:01 ID:???
四月二十八日ってなんかあったの?
651 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/11 20:58 ID:???
まあ最近はイヴの方が盛り上がるようですし。
652 : 名無し三等兵[さげ] 投稿日:04/04/11 21:03 ID:???
四月二十八日ってなんかあったの?


その2
653 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/11 21:04 ID:???
カレーマニアも発狂する恐怖!

四月二十八日
654 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/11 22:16 ID:???
蔵等改にいきます。
655 : 拘束占缶機利氏魔[sage] 投稿日:04/04/12 19:49 ID:???
何の日?サンフランシスコ条約ぐらいしか思いつかん。
656 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/12 21:08 ID:???
カレーマニアも失禁!四月二十八日
657名無し三等兵[] 投稿日:04/04/12 21:19 ID:BV8pdUkW [1/1回]
そう。講和条約発効の日。独立回復の日。
真の終戦の日。おまいりするなら8月15日よりこっちがよいよ。

因みにいわゆる戦犯もこの日の前に刑死したから戦没者扱いで合祀されてる。
658 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/12 21:21 ID:???
カレーマニアもゲロ袋持参!!
呪いの四月二十八日
659 : 拘束占缶機利氏魔[sage] 投稿日:04/04/12 22:14 ID:???
>>657
なるほど真の終戦の日か。
660名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/12 23:22 ID:???
靖国って、なんかの記念日に行くと色々ウザいからねぇ・・・

右翼とか左翼とか軍服コスプレしてるキモオタとか・・・
661 : アゴハイ[sage] 投稿日:04/04/12 23:27 ID:???
終戦の日もいろいろあるようでつね(´・ω・`)
662 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/13 00:04 ID:???
某エロゲーの発売日なんで、中央線は臭いでつよ
663 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/13 04:02 ID:???
>>660
その点でも4月28日はあんまり有名じゃなくて、それでいてこっちこそ真の
終戦の日で、気候も8月みたいにウンコ暑くなくて気持ちよくて、ほんととても
よいのよ、お参りには。
664名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/14 02:20 ID:???
 ブッシュが陸軍士官学校で述べたことは東条英機が東京裁判でした弁明と同じ
なのです。国家は自衛のための先制攻撃を放棄できないのです。大統領はそれを
意識していたのです。これは共和党右派が共有する哲学です。彼らにとって戦争
は世の常であり、永遠の平和は空想なのです。乱世に生きて、緊張を保つことが
民族を鍛錬するというのです。
 ですから共和党右派の純正保守は、戦争犯罪と呼ばれるものの中で「人道に対
する罪」の追求は是認しますが、「平和に対する罪」という概念を拒絶するので
す。更に、ルーズベルト大統領が日本をこの罪で断罪してしまったことに良心の
呵責を感じるのです。ブッシュはヒットラーの墓地があったとしても、絶対に参
拝したりしません。だが靖国には東条がいるからこそ参拝したい。彼なしでは行
っても無意味なのです。

片岡鉄哉『国家再生を阻む自民党内改憲抵抗勢力を撃つ』「正論」平成16年5月号
665名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/16 21:45 ID:???
>>664
で、何が言いたいのかな?
666 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/04/16 23:04 ID:???
>>665
自分で自分が何をしてるのか、分らなくなってるのでしょう。
何やら古臭くてタチの悪いものに精神を乗っ取られてるもより。

  南無南無・・。
667名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/21 23:24 ID:???
ルーズベルトは東京裁判どころかドイツ降伏の前に死んでいるんだが
その彼が
「日本をこの罪で断罪してしまったことに良心の呵責を感じる」
というのが恐ろしいという怪談ですか?
668名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/22 02:01 ID:???
>>667
主語は「ブッシュ」じゃないのか?
669 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/04/22 17:22 ID:???
>>668
ブッシュは東京裁判どころかイラク降伏の前に死んでいるんだが
その彼が
「イラクをこの罪で断罪してしまったことに良心の呵責を感じる」
というのが恐ろしいという怪談ですか?

てことか?ヤシは氏んでないよ。それにそんな風に思ってないと思う。
670 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/04/26 16:47 ID:8AjbQNv3 [1/1回]
浮上
671 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/01 09:40 ID:???
ちんこ
672 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/05/02 21:37 ID:???
ヽ(`Д´)ノボッキアゲ
673名無し三等兵[] 投稿日:04/05/03 11:33 ID:usDqIp2S [1/1回]
長い航海から帰ってきた水兵がレストランで“ウミガメのスープ”を注文しました。
料理を運んできたウェイターに対し、彼は海での思い出話を語ります。
彼の乗った船は嵐に遭って遭難し、長い間海の上をさまよっていました。
飢えと渇きで仲間たちが次々に死んでいく中、
彼も絶望に打ちひしがれてただ死を待つばかりだったのですが、
そんなある日、船のコックが“ウミガメのスープ”を作り、
生き残っていた水兵たちに食べさせました。その時のスープのおいしかった事。
その後他の船に発見され無事に生還した彼らだったのですが、
この水兵は自分の命を救ったスープの味が忘れられず、
レストランに入ると“ウミガメのスープ”を注文したのでした。
 ところが次の日、この水兵は誰に知られるともなく自殺してしまいました。
さて、なぜ自殺してしまったのでしょうか?
674名無し三等兵[] 投稿日:04/05/03 11:42 ID:69zM+bHk [1/2回]
ウミガメのスープの肉にクルーの指輪とか
 遺品があつた。



うーん、タコさんでは、髪の毛がのこってたり
するんだけどねぇ・・・・
旅客機が海に墜落したあと、豊漁だったとか・・・
675 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/03 12:17 ID:???
>>673
味が違ったから?
本当はウミガメではなく人肉。
676 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/05/03 12:19 ID:NDjW/7+2 [1/1回]
>>674
水死体の目の穴にアナゴがもぐりこんでいることがよくあるらしいよ。
そのアナゴを寿司で喰っているわけだ。俺たちは。
677 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/05/03 12:39 ID:NLkTTmwR [1/1回]
中国大陸の河で土左衛門みた香具師は、絶対ウナギ食えない。
678 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/05/03 12:44 ID:???
鯉もけっこう、水死体にたかるらしいね・・。
679 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/05/03 12:47 ID:69zM+bHk [2/2回]
有名なのはシャコ・・・・

ちゅうか、話がズレテきてるような・・・w
680 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/05/03 12:57 ID:???
アフリカマイマイ。
もともと沖縄に食用として1930年代に導入されたらしい。
現地では戦前から壷にいれて、野菜くずとかで飼ってたとか。

沖縄戦直後、放置された戦死者の遺骸にヤツらがみっしりと
たかっていて・・それ以来、受け付けられなくなった島民が多い
と聞きます。
681 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/03 13:13 ID:???
肉食カタツムリ・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル
682名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/03 13:13 ID:???
>>673
「世にも不思議な物語」で、見た。
長さんが出てたな。。。。。
(合掌)
683 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/03 13:21 ID:???
金魚
684 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/05/03 15:01 ID:???
肉食金魚?!
685 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/03 16:25 ID:???
コエー
686 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/03 16:33 ID:???
金魚はいとみみずも喰うぞ
687 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/03 17:19 ID:???
水にうかんだ魚の死体や弱った仲間をつついて食っているのは
みたことあるっす。
688名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/03 18:41 ID:???
ねねドイツの軍艦で有名な話しってなかったっけ。潜水艦かもしれないが。
乗員が海に飛び込んだりとか、怪奇現象多発するやつ。
689 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/03 19:01 ID:???
追加
>>213
のシャルンホルストとは違う艦です。あー思い出せない。
690名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/03 19:20 ID:???
>>688
WW1の時の、U65の話では?
最初の哨戒の時に事故死した乗組員の霊が、そのままとりついたって話。
691名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/03 19:48 ID:???
>>690
詳しくというか、サイトなど紹介されて頂ければ幸いです。
692 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/03 20:59 ID:???
そこまでお人好しジャネーヨ
693 : 690[sage] 投稿日:04/05/03 21:03 ID:???
>>691
ごめん、その記事が載ってた本、どこに行ったか判らない。
694 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/05/03 23:07 ID:faER8pIH [1/1回]
ところで、水兵さんはなぜ自殺してしまったのでしょうか?















人肉?
695 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/04 00:37 ID:???
上官にホラレタンデショ
696 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/04 09:33 ID:???
ウホッ! いい男!
697 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/04 21:49 ID:???
>>682
マジ詳細キボン!!
698 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/05 01:15 ID:???
海亀のスープでぐぐりましょう
699 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/05 01:18 ID:???
要するに、本物のウミガメのスープの味が、自分の記憶にあるものと違っていて、
「ウミガメのスープ」の正体に気づいたってことだろ?
700 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/05 01:30 ID:???
・・・事実では、無いんだな。>海亀のスープ
チョト安心。
701 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/05 12:51 ID:???
702 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/05 19:51 ID:???
水兵じゃなくて船乗りだって。 三人乗りの・・・
いかにもニセ軍ヲタが作ったあふぉ話しだ(ry
703 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/05/07 12:43 ID:BiehOGK3 [1/1回]
続きは未だかな?
704 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/07 18:15 ID:???
>>691
桐生操の世界の何たらかんたらって本にも載ってるよ
705 : 本当ですか?[] 投稿日:04/05/08 04:23 ID:jSD5AwnL [1/1回]
インドネシアに現れた人魚?
「オラン・イカン」出現地域:インドネシア、カイ諸島
インドネシアのカイ諸島に昔から現れるという、半魚人のような怪生物のこと。
マレー語でオランは「人間」、イカンは「魚」を意味する。
太平洋戦争中の1943年3月、オーデルタウン監視隊の軍曹としてカイ諸島に滞在していた堀場駒太郎氏が、
島民たちに捕らえられた奇妙な生物オラン・イカンを目撃したという。
島民たちがオラン・イカンを捕まえたと騒ぎ出したので堀場軍曹ら数名の将兵が村長宅に行ってみると、
捕獲された怪生物が庭に死んで横たわっていたのだという。
また堀場氏は生きたオラン・イカンを二度目撃したといい、一度は浜辺で親子らしき2頭が四つん這いでじゃれあっているところ、
もう一度は水面すれすれを平泳ぎの要領で泳いでいくところだったという。
戦後、大阪に帰った堀場氏がこの目撃談を知人らに話しても、誰にも信じては貰えなかったという。
これに似たものとして、1954年にイギリスのキャンベイ島の浜辺に流れ着いた、不思議な生物の死骸がある。
身長1.2メートル、体重11キロで皮膚はピンク色、全体的に人間にそっくりだが魚同様のエラがあったといわれる。
伝説の人魚にも似たこれら怪生物は、はたして実在するのであろうか?
 
堀場氏が目撃した死体は以下のようなものだったという。
*身長1.5メートル
*体重65キロ
*肩に届くほど伸びた、赤茶色の頭髪
*顔や手足など、全体としては人間に似ている
*顔は、額が広く、鼻が低く、口は魚(コイやフナ)に似て、耳が小さい
*手足の指には水かきがある
*体の表面がヌルヌルしている

非常に奇妙な生物だが、実在するとした場合、魚類や爬虫類などが進化したものとも考えにくいだろう。
荒唐無稽の感もあるが、敢えて言うなら「水中生活に適応したヒト」か?
http://www.jomon.ne.jp/~iccan/uma/sekai_uma2/uma_b13.htm
706名無し三等兵[age] 投稿日:04/05/08 07:43 ID:???
昨日少女の霊を町中で見つけますた
無理やり連れ帰って犯しまくそです
でも実体がある幽霊って珍しいよね
707 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/08 08:04 ID:???
↑通報しますた。
708 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/08 17:05 ID:???
>>706
ゆーれーちゃうやん。
709 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/05/08 21:09 ID:???
a
710 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/05/08 21:16 ID:???
>>706
じきに、幽霊の警官隊と幽霊のマスコミが押しかけ、
幽霊の法廷で裁かれ、幽霊の医療刑務所に収監
されて人生が終了するでしょう。エイメン。
711 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/05/08 21:52 ID:???
昭和三十六年のこと
漁船第六箕郷丸(三十二トン)が漁を行っていた 
海は穏やかで空は晴れ、薄暮の闇が迫る海面は不気味なほど静かだった

いつものように箕郷丸が航走していると、前方から単独航行してくる船が見える かなりの大型だ
最初は別段気にも留めなかったが、双眼鏡で確認すると何かおかしい 異様である
明らかに船形がおかしい
薄暗い海上だがそのおかしさは歴然としている 高くそして幾本も横木の張り出した三本マスト
明治の軍艦を思わせる、ラムのある帆船様の船体 そしてやたら装備の多い雑然とした甲板 二本煙突
近年見かけないほど、非常に古めかしい外観である
煙も吐かず帆も張っていない なのに結構な快速
それにこの薄暗いのに、舷灯どころか警戒灯ひとつ点いていない

さらにその船が近付き、そして乗員たちは新たな事実に気付き、戦慄した
船 首 に 波 が 立 っ て い な い の だ

波一つ、そして音一つたてずスルスルと接近する大型船 
乗員たちは慌てて握り飯を作って海に投げ込んだり、念仏を唱えたり
船長は必死に方角を変え、全力で逃れようとした

この行動が功を奏したのか、その大型船は箕郷丸の横をやはり音も波もなくスルスルと通り過ぎ
夕闇の中へと消えていった すれ違い時に甲板上を見た船員もいたが、人っ子一人も見えなかったという

ところが、箕郷丸は無事には済まなかった
その夜半、俄かに海が荒れだしたかと思うと、突然の暴風雨に遭遇
その嵐の中を木の葉のように翻弄されながら必死に航行したものの、ついに座礁
船体は大破 真っ二つに折れてしまい、乗員二名が波に飲まれ行方不明となった 

712 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/09 00:22 ID:???
>>506
遅レスな上スレ違いだが
どこかのサイトで見た動画で袋を被せられた囚人の首を
女性がナイフのようなもので切り落とすシーンがあって
切り落とした後もびくびくと痙攣しまるでもがいているような場面があった
713 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/10 11:52 ID:???
チェチェンの首切り動画とはまた違うものかな?
グロは苦手なんで見てないが。
714 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/11 20:38 ID:???
213 名前: まちこさん 投稿日: 2004/05/1(土) 22:03:15 ID:RGFpLCm6

昭和20年6月のこと
運送船「恋瀬丸」が便乗の乗客16名と荷物を積んで航行中、突如現れたP-51戦闘機2機に機銃掃射を受けた
雨と降り注ぐ機関砲弾に、たちまち船内は阿鼻叫喚図となった
弾丸が薄い鋼板を貫通して乗客たちを粉砕する 肉片が飛び散る・・・
大穴の開いた船底からはドッと水が溢れ、瞬く間に船は沈下 
そのうち機関が射抜かれたらしく缶が破裂 船体は真っ二つに折れ、高熱の蒸気が船内に充満する
視界を妨げる大量の蒸気と大混乱、沈没速度のあまりの早さに脱出も思うように行かず
結局恋瀬丸は沈没し、便乗中の水兵一人を含む乗員乗客18名が戦死 生き残りも殆どが重傷を負った 
同日には常磐線や各地の学校、航空隊 そして歩行者も攻撃を受け多数の死傷者を出している

その後、毎年6月頃の夜になると、恋瀬丸沈没地点付近で巨大な青白い光球が走り回ったり
湖面上をびしょ濡れの人々がぞろぞろと歩き回ったり
誰もいないのに夜の湖面からすすり泣く声が聞こえたり
様々な現象が発生するようになった
今現在でも現れる事があるらしい
715 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/05/14 16:44 ID:???
南洋の島々やニューギニア、インドシナ等には戦後、戦友会や遺族会、各種
団体などの慰霊団や遺骨収集団などが数多く訪れ、供養や慰霊なども行われ
ているが、アッツ島や千島樺太などの北辺には殆どその機会もなく、未だに
多くの霊が彷徨っているという。
716名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/17 09:51 ID:???
軍事でないかもしれん。


江戸時代のいつ頃か

とある武家が使用人を無礼撃ちにしようとしていた。
だが使用人はどうしても自分が殺される事に納得がいかず
「死んだらかならずお前とこの家に祟ってやる」
と、激しい剣幕でののしる事をやめない。
武家は涼しい顔で
「あいにくわしは祟りなんてものを信じてはおらぬ
 お前の前に石が地面から顔をだしておるが
 斬られた首がその石に齧りついたなら
 お前の祟りもあるものと心得ておいてやろう」
すると使用人俄然
「おお、その目でみておれきっと齧りついて
 祟りのある事を見せてやらん」

その言葉の言い終わるのをまたず武家の秋水が一閃
首はごとりと前に落ち、そしてあろうことかその首は
石にみごと齧りついたのである。

周りでみていた家族とほかの下人たちが祟りの降り掛かる事
必定、と恐れ戦くさなかかの武家
「静まりさっしゃい、かの者にはなるほどこの家に執念をもって
 いたかもしれぬがその執念は最後の時にはこの家よりは
 あれなる石へ齧りつく事のみに向けられていた。
 何恐れる事はない」
と、述べ事実その後何のかわりもなく天寿を全うしたという。

出典は耳嚢か鸚鵡籠中記かでなきゃそんな類いのモンだ。
717 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/05/17 12:51 ID:biH+O7wB [1/1回]
↑「ぬーべー」のコラムで読んだ記憶があるな
718 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/17 15:32 ID:???
>>50-52
怖えええええ!マジで背筋が寒くなった。
719 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/17 18:48 ID:???
さいたま右は存在からして怖いよ
720名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/17 20:43 ID:???
>>716
>>717

小泉八雲ぐらい読め。
721 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/17 21:25 ID:???
>>720
八雲の元ネタをご存知で?
722名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/17 22:28 ID:???
片桐はいりはインスマウス顔
723 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/18 04:01 ID:???
そのうち深海の神殿にでも帰るだろ
724 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/18 22:16 ID:???
>>722
片桐はいりはルーシー・リュウ顔
725 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/05/20 12:56 ID:???
暖かくなってきたage
726名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/20 13:24 ID:???
WW1だったと思うんだけどUボートが幽霊船沈めたというの無かったか?
727名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/20 14:04 ID:???
なんか悲しくなるな
戦争なんてさ、国の指導者だけで殴り合いさせりゃいいんだよ、どっちかが死ぬまで
728 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/20 15:34 ID:???
>>727
その後の国民の末路を考えたら場合によっちゃあもっと悲惨なことになんぞ。
729 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/20 16:11 ID:???
K-1の試合で日本人が負ける度にあちこち取られるとかは凄く嫌だな・・・
730 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/20 19:27 ID:???
>>726
それ詳細知りたいなあ
731 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/20 20:09 ID:???
ルーシー・リュウはインスマウス顔
732 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/20 21:09 ID:???
>>727
西部戦線異常なしで、そんなことが書いてあったな。
733名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/20 22:41 ID:???
>>727
ウガンダのアミン大統領が確かタンザニアの大統領に仕掛けたコトがある。
「懸案の国境紛争を俺とお前のボクシングの試合で決着つけようぜ」
ってな。
無論、断られたんだが。
734名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/20 23:25 ID:???
>>726
その幽霊船がカティ・サークってのを
ケイブンシャの大百科で見たことがある希ガス。
735 : 726[sage] 投稿日:04/05/20 23:30 ID:???
>>734
それそれ。
でも本当なんだろうか?ケイブンシャだし・・・。
736 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/21 09:19 ID:???
カティ・サークってグリニッジに停泊(保存?)してるんじゃ
737名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/21 19:40 ID:???
カティサークってウイスキーじゃないの?
738 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/21 19:56 ID:???
>>737
船の名前を取ってウィスキーの名前を付けたのだが。
ラベルに船の絵が描いてあるじゃん。
739 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/21 20:00 ID:???
>>737
あんまりベタなネタだから俺は書くのを遠慮してたのにぃ~
740 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/21 20:13 ID:???
え?じゃあオールドはどこにダルマに絵が描いてあるの?
741 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/22 09:28 ID:???
1000本に1本、ラベルの裏にダルマの絵がある当たりボトルがあります。
5本ためると金のダルマと交換してくれます。
742 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/22 22:20 ID:???
金のダルマはメロンパン入れになっております(いらっしゃいませ~)。
743名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/24 07:05 ID:???
>>727
> なんか悲しくなるな
> 戦争なんてさ、国の指導者だけで殴り合いさせりゃいいんだよ、どっちかが死ぬまで

そういう発想は古今東西を問わず何度も出ている。
ある程度実現した事もある。
たとえば、封建制度ががっちりしている場合、戦争に参加できるのは
封建領主とその部下だけであって、それ以外の身分のものは参加さ
せてもらえない。
市民社会が成立すると市民が政治参加する以上、国の主権者である
市民自身の手で国を防衛しなければならないという考えが主流となり
徴兵制が実施される。
744 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/24 07:13 ID:???
>>733
> >>727
> ウガンダのアミン大統領が確かタンザニアの大統領に仕掛けたコトがある。
> 「懸案の国境紛争を俺とお前のボクシングの試合で決着つけようぜ」
> ってな。
> 無論、断られたんだが。


項羽と劉邦の戦いが膠着状態になったときにも同じような話があるな。
項羽が劉邦に現在天下が乱れているのは我々二人が争っているからだ、
このさい二人だけで決闘して決着をつけようと。
劉邦はお前は体で戦うのかも知れんが俺は頭で戦うんだと言って申し入れを断った。

745 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/24 17:45 ID:???
試験対決にすりゃよかったのに
746 : 名無し三等兵[ ] 投稿日:04/05/29 19:43 ID:???
コエー
747 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/29 21:33 ID:???
>>743

それ逆じゃないか? 
市民が戦争に行くことで、従来の「少数精鋭主義」から「数」の戦いに移行し戦力の中核を担うようになって、市民の地位が上昇した。
んでもって国の主権者という考えが定着したんじゃなかったけ?
748名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/29 23:01 ID:???
>>737
んでもってその帆船の名前の元になったのが、バーンズだかって人の詩に出てくる、
女物の下着だか何だかの名前らしい。
…とことんウロ覚え。
749 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/29 23:58 ID:???
>>748
リチャード・バーンズ「シャンターのタム」

カティ・サークは本来は「短い下着」くらいの意味だが、
その詩の中では妖精ナニーのあだ名として使われている。
750 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/30 11:25 ID:???
汽船が出てきたのに帆船としてスピード記録
751 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/30 17:34 ID:???
珍しい潜水艦での不思議話。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/8911/taikendan/mienai_ningen_balancer.html

ガイシュツ?
752 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/30 19:07 ID:???
753 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/05/30 19:08 ID:???
754 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/08 20:35 ID:???
755 : 名無し三等兵[ ] 投稿日:04/06/09 13:01 ID:???
コエー
756 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/11 23:37 ID:???
怖いっていうかすごく悲しくなるな・・・
故郷を想う気持ちというかなんというか伝わってくるね
757 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/06/12 22:39 ID:tNVSN94u [1/1回]
ほす
758 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/06/14 22:40 ID:???
あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/14 20:27 ID:ND7EAW93
今から3.4年前のこと。
その日はあまりにもひどい頭痛で会社を休んだ。
その夜、定期的にくる頭痛に悩まされなかなか寝付けなかった。
定期的というのは、頭痛・休み・頭痛・休みと交互に
多分何十秒という間隔だったと思う。
それに耐えていたら、その「休み」になったとたんに
耳元で誰かがつぶやいた。
「グラマンって恐いよね…。」
男とも女とも、子どもともオトナともつかぬ声で。
「は?」と寝ぼけていた自分もがばっと起きあがって
周りを見回したけど、当然誰もいない。
でも、たしかに聞こえた。それも耳元でささやくように。
そして頭痛は止まった。
知っている人は知っているんだろうけど、その時俺は
「グラマン」ってなんだか、わからなかったんだ。
翌日、出社して会社のネットでグラマンと調べたら
第二次世界大戦中の米軍の戦闘機の名前だった。
そりゃ、恐いわ(笑)と思い調べていくと
横浜大空襲の時に来たやつだと見つけてビックリ!!
ちなみに、ここは横浜。しかも当時と同じ5月。
その時は、本当に驚いたよ…。
でも、今調べたら横浜大空襲の時に来たのは
P-51というのとB-29らしい…。
なんで、あの時はネットでそうでたのか…?
そしてその声の主は誰だったのか?
なんのためにそう言ったのか…?
いまだに思い出すと、恐いっす…。
759 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/14 23:42 ID:???
コエー。
760 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/15 09:55 ID:???
えー、英語のサイトをテケトーに検索してみたんですが、第1次大戦のUボート
に関する怪談は2件しか見つけられませんでした。1つはガイシュツのU-65、
もう一つは1918年8月28日にスカパ・フローへ侵入しようとして触雷沈没
したU-116です。スカパ・フローでは時々嵐の晩に、波間にU-116の姿
が見える、というもの。ちなみにU-116は第1次大戦で最後に損失したU-
ボートとしても名前を残しています。英語圏ではけっこうメジャーな話みたいな
んで報告しておきます。
761 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/15 11:59 ID:???
P-51やB29をグラマンと間違えるとは
なんて危険で恐い話なんだ!!
762名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/15 13:14 ID:???
P51とB29とF6Fはまるで形が違うのに間違える点が実にこじつけっぽいな。
763 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/15 13:23 ID:???
>>762
その不可解さがあるから怪談として成立しているんだと思う。実に恐ろしい。
764名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/15 16:28 ID:???
>>762-763

つーか、日本の一般人の間では「グラマン」って名称が米軍の戦闘機
一般を指す普通名詞みたいに使われることもあったってだけ。
空襲体験者の爺ちゃん婆ちゃんに当時の体験を聞いてみんしゃい。
765 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/15 16:29 ID:???
>>764
皆知っててボケてるんだからマジレスせんでええ。
766 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/15 17:23 ID:???
しらんかった・・・
767 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/15 21:47 ID:???
グラマンP-51D
768 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/15 22:17 ID:???
三突と出くわした米兵が「タイガーだ!タイガーが出た!」と
重砲とヤーボの支援要請したようなもんか。
769名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/17 02:15 ID:???
P-51って陸軍機でしょ?どっから飛んできたん?
770 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/17 03:29 ID:???
世界史板より転載

6 :世界@名無史さん :02/12/21 23:54
前スレ後半にあったレニングラードの食人について

1941年6月22日、ナチスドイツはソ連に侵攻し、8月にはレニングラードが
包囲された。ドイツ軍の空爆や地上よりの砲撃に苛まれ、寒さと飢えに
苦しめられつつ900日の間市民は侵入者を拒み、ついにソ連軍の巻き返しで
包囲は破られた。しかしこの抵抗には広島原爆の二重倍もの犠牲が払われた。

1941年当時レニングラード市の人口は250万あまり。包囲が解かれた
1943末には人口は60万に減っていた。少なく見積もっても、80万もの
市民が餓死したことになる。詩人のルクニツキーの証言では、1942から
1943にかけては毎日六千から一万の市民が餓死凍死していったという。
死体は袋小路、空き地、地下室を埋め尽くした。死体回収のトラックは
ガソリンの欠乏で動かない。そこで人力で引きずって共同墓地に運ぶ。
前線から戻った工兵がダイナマイトで凍った地面を砕き、埋葬用の塹壕に似た
穴を掘る。
771 : 770[sage] 投稿日:04/06/17 03:35 ID:???
7 :世界@名無史さん :02/12/22 00:05
墓地に向かう道の両側には塀のように凍った死体が積み上げられ、
車がすれ違うことも出来ない。
当然、食糧を求めての窃盗、殺人が横行する。殺して配給証を奪い取る。
しかしやがて食糧そのものが無く、配給証は無用の長物。
やがて墓掘り人夫がおかしな事に気が付いた。体の一部分が欠けている
死体が頻繁に見つかると言うのだ。特に腿、尻、腕、肩の肉が無い。
墓地の前ではバラバラ死体すら発見されている。何者かが死体を切り取り、
肉を喰らっているのは明らかだった。
やがて生きた人間までもが殺されて喰われた。凍った死体は解体の前に
解凍する必要がある。生きた人を殺して即座に解体すれば手間が
かからない。特に女と兵士が襲われた。女は脂肪が多く、柔らかいから。
兵士は、一般人よりも栄養状態が多いから。
772 : 770[sage] 投稿日:04/06/17 03:40 ID:???
9 :世界@名無史さん :02/12/22 00:25
1942年1月19日、物不足に悩むディミトリとタマラは大切に
保存しておいたパン600gを携えて「干し草市場」に向かった。
毛皮のブーツを買うためである。そこで二人は大男に出会った。
身なりもよく、栄養状態も良いようだ。彼は女物のブーツを持って
いたので商談を持ちかける。値切った結果商談は成立。ブーツがもう
一足、数百m離れた男の家にあるという。ディミトリは行くことにした
が、タマラはそこで待っていた。
男に付いていったディミトリは妙な胸騒ぎがした。食人鬼の近づき方の
噂を聞いていたからだ。男は「ちょっと待ってろ」と言い、ドアに向かって
「生きたのを連れてきた」と囁いた。
773 : 770[sage] 投稿日:04/06/17 03:43 ID:???
10 :世界@名無史さん :02/12/22 00:32
ドアが開いた。中からなま暖かくきつい臭いが漏れだした。
蝋燭の光が揺らめき、その炎に照らされて白い肉塊がいくつか、男の脚
女の血管の浮いた腕が照らし出された。
ディミトリが必死になって階段を駆け下りる。男が後を追う。運良く
軍用トラックが外を通りかかった。「助けてくれ、人食いだ!」
ディミトリはトラックにすがりついた。
トラックは停車、兵士が建物に乗り込む。銃声。

十五分後、戻ってきた兵士が「五人分の肉塊を発見した」と発表した。
774 : 770[sage] 投稿日:04/06/17 03:45 ID:???
12 :世界@名無史さん :02/12/22 01:16
レニングラードの食人は極悪非道の殺人鬼のみの仕業ではない。
「アパートの壁の裏で何が行われていたかは神のみが知る」
と、住民は証言する。この証人は妻を食べた男、我が子を喰った
親もいると断言する。同じアパートの住民が妻を殺し、首を鍋で
煮たという。

この類の証言は際限がない。
775 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/17 21:00 ID:???
>>769
マジレスすると、硫黄島から。
驚くなかれ、P-51の航続距離は零戦を上回っている。
無論、それでも厳しい距離だったから本土上空での空戦で頑張り過ぎて
燃料を無駄使いしてしまうと硫黄島まで帰り着けず、ガス欠で墜落した。
776 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/18 11:05 ID:???
その時のP-51は、胴体後方に巨大な燃料タンクを増設していた。
所が重量バランスが悪くて、搭乗員は常に操縦桿に力を入れて微妙な
操作をする必要が有り、その燃料を使い切らないと空戦不可能だった。
(ってか禁止されていた)
また、それを含めた機内燃料よりも多くの燃料を増加燃料槽で積んでた

つまり、日本まで往復する為にはそれらタンクを満タンにし
同体後方の燃料を最初に消費し、空戦中は増槽を捨てられなかったし
燃料を節約する飛び方を強要された。


だから、隼がP-51を低空水平直進で振り切ったとか言う
エピソードが出てきたりする。


ちなみにP-51は、水面不時着が難しい機体だった。(でっぱりとか?)
しかも、上手く着水できても、40秒しか水面に浮いていられなかったので
搭乗員は大変だった。
777 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/18 12:16 ID:???
そりゃ目に入るめぼしい物全てに機銃掃射したくもなるわな。
778 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/18 13:23 ID:???
つーか、何のために米軍が硫黄島を攻略したのか知らん人がおるとはなぁ。
太平洋戦争は遠くなりにけり。。。。。


http://www.google.com/search?num=50&lr=lang_ja&q=%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5ウ%B6+P51
779 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/18 14:07 ID:???
そりゃ日本軍の立場だと、防衛しきれないとなると硫黄島爆砕しようかと言う気にもなる罠。
780名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/19 19:01 ID:???
何百トンあれば吹っ飛ぶかな。
781 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/21 19:42 ID:???
>>780
100キロトンもあれば・・・
782 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/06/21 21:30 ID:???
全部トバさなくても、擂鉢山の山頂あたりを爆破したら、
しばらく勝手に噴煙上げて使用不能にできんかな。
783名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/22 19:52 ID:???
米軍のことだ、半端な壊れ方ならすぐ直しちまいそうだ。
784 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/23 20:47 ID:???
>>783
島はそうそう直せんて。
785 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/24 12:59 ID:???
更地になって、さっくり飛行場作られたりしてな
786名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/25 19:30 ID:???
硫黄島無くなってもカサブランカ級護衛空母を
横にずらっと並べて飛行場にしたりな。
787 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/25 20:15 ID:???
>>786
おおいい考えだ。
788 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/06/25 20:33 ID:???
うわ・・やりかねんな、ヤツらなら。
789 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/25 20:37 ID:???
>>786
そこで、連環の計でなぜか日本が逆転ですよ

790名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/26 21:48 ID:???
イ号潜で全艦撃沈できるかもな。
791 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/06/26 23:40 ID:???
ここの「怪談」てのは、ぁゃιぃネタ談義のことでつか?
792名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/27 21:28 ID:???
>>790
防雷網装備
793 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/28 14:29 ID:???
>>792

そこでドリル魚雷の出番ですよ。
794名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/28 23:00 ID:???
>>786
台風でアボーン
795名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/30 13:25 ID:???
>>794
なくなればまた作ればいいじゃない
796 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/30 14:15 ID:???
>>795
うわ~ちょー金満ーん
やっぱりアメリカだー
797 : 名無し三等兵[ ] 投稿日:04/06/30 19:32 ID:???
いつからヘルシングスレになったのだ
798 : 名無し三等兵[saga] 投稿日:04/06/30 19:44 ID:???
age
799名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/30 20:11 ID:???
ひとつ重大な機密をご披露しよう。
終戦間際に落とされた、2発の原爆。
アレは、日本の皇土を護る為に張り巡らされた結界のエネルギーを断つ為に、
地脈を強引にぶった切る目的で行われたものだ。
天皇は聖なる護壁を失った事で本土防衛が不可能になった事を悟り、終戦を決断した。
800 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/30 20:18 ID:???
それともうひとつ。
実は冷戦期からずっと、米ソと英仏あたりまでは裏でつるんでいて、核実験と称して
あちこちで地球のツボにお灸を据えて、地球の健康と正常な環境の維持を図ってきた。
最近は中国やら印パが無分別な核実験で無意味に地表を焼き、米ソ英仏は反核世論に
押されて核実験が難しくなってきた。
そのため、温暖化や異常気象に見られるような地球の異常がひどくなってきている。
801 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/30 20:21 ID:???
な、なんだってー!!!
802 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/30 20:30 ID:???
オカ板逝け!
803 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/01 00:46 ID:???
なあ。そういうネタを思いついたら4月になるまで待つもんだ。
そうすりゃネ申になれるのに。
804 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/01 08:56 ID:???
>>799
お隣の国のようなネタですな(W

>地脈を強引にぶった切る目的で行われたものだ。
805 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/02 10:33 ID:???
怪しい談という意味では間違いはないな
806 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/03 00:17 ID:???
>>799
京都は黒谷の丘を上がる、古刹に囲まれた怪しい小径の奥には
「京都帝国大學」と「金戒光明寺」名で立入禁止の封がされた
怪しい一角がある。
中央にあからさまに場違いな巨大な石塔を抱えたこの地こそ、
実は極秘でローズベルト大統領の呪殺実験に使われた
因縁のX地点に違いない!!
807 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/07/07 19:24 ID:slzGSHh5 [1/1回]
ヽ('A`)ノ シュッ
  (  )
  ミ>|

 ヽ('A`)ノ シュッ
  (  )
  ノ<彡

 ヽ('A`)ノ トキハナツ!!
  (  )
  ノω|

 ヽ('A`)ノ シュッ
  (  )
  ミ><彡
808 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/07 21:12 ID:???
>807で思い出したのだが、家の犬の ゛ω" 暑さのせいか
だらりと垂れ下がっていた。
809名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/07 22:03 ID:???
東京にお住まいのAさんは幽霊なんて信じていませんでした。そう、あんなことが起こるでは・・・。
靖国神社に展示されている旧日本軍の主力戦車だった「九七式中戦車チハ」の周りを三回まわったあと、「この雑魚戦車がお前のせいで日本は負けたんだよ」って言うと夜九七式中戦車が自分が寝ている所を襲いに来ると言うのです。
Aさんはそんな話信じていませんでしたが遊び半分でやってみる事にしました。
夜自分が寝ていると布団がやけに重いのです。目をあけて見ると、なんと自分の布団の上に九七式中戦車が乗っかっているではありませんか!
あまりの重さに動くことができません。そして九七式中戦車が砲身をAさんの頭に向けたのです。こ、殺される!と思った時Aさんはそのまま気を失ってしまったそうです。
朝起きるとAさんは「ああ夢だったのか」とほっとしました。が、それのつかの間、見ると自分の持っているM4やM3等のアメリカ軍の戦車の模型がこなごなに粉砕されていたそうです・・・。
あなたの家の模型は大丈夫ですか?
810 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/07/08 00:03 ID:0nJk7SzZ [1/1回]
ここ熟読していたら、突然稲光が・・こわいよ
811名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/08 10:11 ID:???
>>809
チハたんの砲は自分の真下にいる敵にも向けられるようになっているのか。
・・・と、ネタにマジレス。
812 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/08 10:26 ID:???
場所は言えないけどチハの砲声が聞こえる山があるんだよ!
本当だって!
813 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/07/08 13:35 ID:kWm/sSLD [1/1回]
むしろチハタンの襲撃を、受けたいと思った
漏れは基地外ですか?
814名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/08 15:11 ID:???
>>811
292 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:04/06/02 01:18 ID:???

         ,,_ャ,、
        i' o ゙ヾ;;、   ,、 iヽ  ・・・・
        ', - ' ゙':、<ヽ ヾ,,r:x::、\
          ゙(◎)◎:、'"\.  ヾ"_ヽ
         ヾ(◎) ゙':、 \ / 、   r―――――――――――――――
           ヾ(◎)C:、. ゙: ゙'ヾ> |  すいません、重いんですけど…
            ヾ(◎) ゙':、ヾ'   `ー―‐y――――――――――――
              ヾ(◎)◎:、、   .∧__∧
               ヾ(◎)r‐ヾ  (Д`; )
              (⌒⌒⌒⌒⌒⌒と ,,ノ―;
              (二二二二二二二二二二)
815 : チハの中の人[sage] 投稿日:04/07/08 15:15 ID:???
化けて出る能力まであるんなら、60年後の模型じゃなくて
あの時にホンモンを粉々にしてくれよ・・・
816 : 811[sage] 投稿日:04/07/09 10:12 ID:???
>>814
ごめん。おれが悪かったw
817 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/12 00:23 ID:???
ほす
818 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/07/14 02:34 ID:1AYwqLG2 [1/1回]
……で。
>>65の続きはどうなったんだよ。
819名無し三等兵[age] 投稿日:04/07/14 09:24 ID:???
昨日仕事からの帰りに少女の霊を見た
しかたないから成仏させるために
車に引き摺りこんで家までもちかえったよ

まぁ実体のある珍しい霊だから
昨日は一晩楽しみますた
でも泣き叫んでるたけでなかなか成仏してくれないよ
820 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/07/14 09:43 ID:/T9MaVNx [1/1回]
ええ話や 泣いた。
821 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/14 11:16 ID:???
>>819
それはちゃんと焼いて埋葬してあげないからですね。

近所に河原があれば、そこでドラム缶につめてガソリンぶっかけて
燃やしてあげましょう。それで成仏する筈です。
まあ、霊なんだから遠慮はいりません。
822 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/07/14 11:19 ID:bi6h65f2 [1/1回]
>>819->>821

チネ!
823 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/07/14 12:00 ID:KLJ0/YZ3 [1/1回]
えっと、一応ツホーしたのがよろしいでしょうか?
824 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/07/17 01:12 ID:vV8SbsLG [1/1回]
突然、伸びなくなったな
825フジヤマ ◆ixmq8tRkbU [sage] 投稿日:04/07/17 18:51 ID:???
遅レス失礼
>>570
泣けます。今度行く時は俺についてきてほしいな・・・と思った。
できるだけくっ付いてきてくれ。祖国に帰ろうよ 先輩!
826 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/07/17 19:36 ID:sFqTT9pX [1/1回]
>>825
禿同。俺なんかでよかったら、一緒に日本にお連れしたい。
勿論ラストコマンド、バンザイクリフにお参りした後、
靖国にお連れしますから。
827 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/17 23:57 ID:???
ずいぶん昔に聞いた話を貼ります。
うろ覚えなんで知っている人いたら訂正ヨロ∠(-。-)

新婚旅行でハワイへ行った。
子供の頃から剣道の稽古を付けてくれた近所のじいいちゃん
(漏れの周りのガキはみな愛情込めて「剣道のじいちゃん」
と呼んでいた)に、ハワイへ行くなら真珠湾で献花してきてほし
いと頼まれた。
じいちゃんの兄上が真珠湾攻撃の飛行隊員(艦爆だったそう
だ)で、真珠湾攻撃で散華されたそうなのだ。
日本から花を持ち込むのは難しいので、こちらで作った桜の
花の押し花と、現地で買ったかすみ草を携え、アリゾナ記念館
へ渡るボートへ搭乗し、献花した。
そのあと撮影した写真を見てびっくり。
停泊する第七艦隊の艦船の上に、固定脚の単発プロペラ機
の機影が写っていた。
じいちゃんの兄上の艦爆に違いないと思った。


828 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/18 00:07 ID:???

未帰還の九九艦爆15機30名のうち、どの機体だったか激しく気になります。
829名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/18 04:45 ID:???
もちろん新婚旅行で太陽も黄色く見える目に
テキサン改造撮影用艦爆と本物の見分けなどつくはずもない。
830名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/18 13:30 ID:???
>>829
太陽はもともと黄色ですが何か?
831 : 名無し三等兵[ ] 投稿日:04/07/18 15:50 ID:???
そうですか
832 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/07/21 19:31 ID:???
えーと・・・>>830は釣りだよな。黙って釣られた方がいいのかな。
833 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/21 19:32 ID:???
では、何事もなかったかのようにどうぞ。
834 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/21 20:36 ID:???
>>829
写真に写っていたというんだから、見たのはまた後日なんでは?
835 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/22 01:13 ID:???
こないだ友人がとある骨董店で古びたラッパを購入しました。
それいらい・・・
836 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/22 02:33 ID:???
超巨大航空戦艦ムスペルヘイム接近!
837 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/23 21:41 ID:???
夏ですな。何かないですか?あらかたでつくしました?
838 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/07/24 08:27 ID:sz0ckfJu [1/1回]
オカ板に似たようなスレ発見して、どれだけ濃い話があるのか
楽しみに開いてみたら、、、、南京虐殺の手あかの付いたような
検証話ばかりでうんざりですよ。しかも夏休みに入ってるせいか、
妙に厨臭いし。
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1088256550/l50
839 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/24 09:27 ID:???
日々妄想ばかり語っているヤツには現実が理解できないんですよ。
840 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/24 13:23 ID:???
怪談とは毛色が違うが。

平成16年Voice、3月号
イラク復興特集・京都大教授・中西輝政「日本の国防力が目覚めるとき」
         第15回・国家としての日本を考える
9年前の阪神淡路大震災直後の救助作業中に、倒壊した家屋の地下からたくさんの武器庫がみつかったとされる。当時から、消息筋の間の噂話として私自身、耳に挟んでできたがこの事実は、現在、多くの信頼できるソースで語られている。
そこ(多数の地下武器庫)には、2001年の奄美大島沖「不審船事件」で、北朝鮮工作船に搭載されていたものと同クラスの武器(ロケット砲や無反動砲、機関銃)も多数隠されていた。
あのとき工作船が沈没寸前に放ったロケット弾(や無反動砲)はもし命中すれば、数十人の乗組員を乗せた海上保安庁の巡視船を轟沈させるほどの威力をもっている。それほどの破壊力を持つ兵器が人知れず日本の大都会の一角に大量に貯蔵されている。
いまも同じような武器庫が日本国内に多数存在すると見られている。
ひとたび戦時になればこれら大量の武器庫群から、(ロケット砲・無反動砲、機関銃など)これらの大量破壊兵器を大量に取り出した破壊分子が日本の大都市を走り回ることは十分予測できる。しかもその勢力が如何なる外国に結びつくか、その答えは困難でない。
この日本国内、それもまさに我々のすぐ隣に潜んでいる。日本の、それも東京や大阪など大都市がれっきとした戦闘地域なのである。このことを我々は片時も忘れてはならない。
いまや日本は国内における(重火器による大規模な攻撃)テロ、(本格的に武装した)ゲリラ行為に文字通り、本格対処すべき時代に来ているのである。
841名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/24 13:27 ID:???
■「民衆などというものは、いつでも支配者の思い通りになる。
 ・・・攻撃されるぞと恐怖をあおり、平和主義者の奴らには
 愛国心がなく、国を危険に晒していると非難しておけばいい。
 このやり方は、どこの国でもうまくいく」
 
 ナチスドイツ国家元帥ヘルマン・ゲーリング
842 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/24 13:28 ID:???
ゲリ公もたまには正しいことを言うな。
843 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/07/28 17:40 ID:???
>>65の続きがないのが怪談
844名無し三等兵[sage] 投稿日:04/08/06 14:35 ID:???
>>841
「我が国の軍備に対抗して国防力を高めようとしている国には
ナチの高官がこんなこと言っていたぞと宣伝し
当該国内での平和運動を徹底的に後押しすればよい」
845名無し三等兵[sage] 投稿日:04/08/06 14:46 ID:???
>>844は本も満足に読んだことがない人生の負け組
846名無し三等兵[sage] 投稿日:04/08/06 20:06 ID:???
>>845
悪いな。俺も本読んだ量が足りないみたいで
何に突っ込み入れているんだがよくわからない。
847 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/08/07 00:07 ID:YHeQUj53 [1/1回]
>>846
>>845氏の 自 己 紹 介 だよ。
レスアンカーが少し間違えているのも含めて。
848 : 844[sage] 投稿日:04/08/07 00:37 ID:???
おれのせいで荒れてしまってすいませんでした
849 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/08/12 11:55 ID:???
>>570
亀だが、オカルト板の「ちょっといい話」スレの過去ログに、
サイパンだかフィリピンだか行ったら大量に背負って帰ってきちゃって、
供養した晩、夢の中で何故かさまざまな動物の姿の人々に宴席設けられて
霊を言われたという話があった。
850 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/08/12 15:17 ID:???
オカ板の類似スレ

戦争、軍事にまつわる怪奇ネタ 二戦目
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1090902708/l50

またぞろ南京がどーのこーの言ってる香具師がいるので教育的指導を!
ぜひ打通してしまってください。
851 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/08/12 19:01 ID:???
キチガイは放置
岡板などに出入りしてる奴はキチガイです
852名無し三等兵[sage] 投稿日:04/08/12 20:04 ID:???
狂信者を相手にするのはリソースの無駄。
軍事板が犠牲を伴って学んだ戦訓なりよ。
853 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/08/13 04:33 ID:???
>>852
ものすごく含蓄のある言葉だ
854名無し三等兵[sage] 投稿日:04/08/16 23:49 ID:???
峠道に立つ旧軍装の軍人が見えると、次のカーブで曲がりきれずに谷底へ転落(岐阜県池田町 町道池田山ルート)
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/gifu/kowai/news/20040812ddlk21070058000c.html
855 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/08/17 00:51 ID:???
ホントね、旧日本軍の幽霊とか防空頭巾姿の女性や子供の幽霊は悲しすぎますよ。
しかし一方で左翼の捏造っぽい怪談も結構あるような……。
856名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/08/17 02:14 ID:???
>>854

人影を見て「つづく」て、・・続きはどうなったのさw
857 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/08/17 06:59 ID:???
>>856
放置プレイだよ
だってMな会社なんだもん
858 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/08/18 14:19 ID:???
た、祟りじゃぁ!ガクガクブルブル((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ttp://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20040818-00000001-flix-ent

>『ブレア・ウィッチ』の撮影監督、飛行機事故で死亡
> 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の撮影監督を務めたニール・フレ
>デリクスがフロリダで飛行機事故に遭い死亡した。35歳だった。フレデリ
>クスはインディ映画『クロスボーンズ』(原題)の撮影中、搭乗していた
>セスナ機のエンジンが突然止まり、水深15メートルほどの水に墜落した。
>パイロットと、同乗していた共同プロデューサーやカメラアシスタントは
>なんとか逃げ出せたが、フレデリクスは装着していた安全ベルトの留め金
>部分がカメラ機材の下敷きになっていたため、逃げ遅れてしまった。
>[ロサンゼルス 8月17日]
859 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/08/21 10:36 ID:???
>858
えー、それのどこが軍事的な怪談?
860 : 名無し三等兵[ ] 投稿日:04/08/31 03:37 ID:???
保守
861 : 名無し三等兵[防衛陣地] 投稿日:04/09/09 02:49 ID:???
防衛
862 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/09/09 19:39 ID:0Vyzjgcp [1/1回]
確か文芸春秋だったかな?
その現在の民話の中で紹介されていた記事だが、呉にある海上自衛隊の施設
旧海軍兵学校の桜並木に時々、行軍する部隊の足音が聞こえるそうだ。
自衛隊の方々はそれを太平洋戦争で無くなった英霊達がようやく帰国した足音だといったとか
863 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/09/10 06:35 ID:???
そして平和団体が非核パレードを企画実施する際に軍靴の音を聞いて、

「時計の針が戻っていく声が聞こえる!」とノタマウノデスネ。
864 : 名無し三等兵[自衛隊age] 投稿日:04/09/22 14:40:29 ID:???
専守防衛
865 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/10/01 01:48:50 ID:???
最終防衛線age
866 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/10/01 01:59:45 ID:???
先制攻(あわわ
867 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/10/12 22:19:57 ID:???
マジノ線age
868 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/10/16 23:16:56 ID:OvJzeW/Z [1/1回]
保守
869 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/10/20 11:14:26 ID:???
保守
870 : 戦車男[sage] 投稿日:04/10/26 23:21:54 ID:???
亀レスだが(太平洋戦争)
日本兵の幽霊と米兵の幽霊が出会ったらどうなるんだ?
幽霊の数(=戦死者の数)は日本の方が圧倒的に多い。
装備は当時のものと同様とする。
871名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/10/26 23:56:42 ID:???
ともに兵士の義務を果たし終えて、ただ祖国に帰りたがっているだろう。

出会ったところで、どうなることもない。
872 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/10/29 01:09:39 ID:ZKPKp7RW [1/1回]
お互いの健闘を称え合うだけさ。
873 : 名無し三等兵[] 投稿日:04/10/29 02:28:05 ID:qTCGCqm5 [1/1回]
CNNによるとアメリカの太平洋戦争時の展示艦の一つの空母に軍人の霊が出るらしいよ。
874名無し三等兵[sage] 投稿日:04/10/29 09:36:44 ID:???
視える椰子は知ってると思うが、三笠にもいっぱい居られるよ
ただ居られるだけで何をする訳でも無いが
875名無し三等兵[sage] 投稿日:04/10/30 12:22:26 ID:???
日本のために戦った英霊が、日本人に祟ったら意味ないじゃないか
876 : 戦車男[sage] 投稿日:04/10/31 00:30:07 ID:???
>>871-875
しんみりしたレスですね。感動が(ry
877名無し三等兵[sage] 投稿日:04/10/31 11:43:49 ID:???
確かに三笠記念艦の戦没者慰霊の部屋は他の部屋と違ってちょっと圧迫感感じたな。
平日で周囲に誰もいなかったんで尚更変な気分になった。
霊感無いし視た経験も全くないんだけどさ。

思い過ごしかな?
878 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/10/31 11:48:53 ID:???
>>877
オカルトな部分をとりあえず脇によけておくと、
思い過ごしというより思い過ぎ(?)のほうが強いんじゃない?
この船で何人亡くなったのか、何人殺したのか、日清日露でどれだけ死んだのか…みたいな。
879 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/10/31 22:02:42 ID:???
だから雰囲気だけちゅーてるやん・・・
マジレスすんなよorz
880 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/11/03 22:14:00 ID:???
このスレ今年は夏になっても盛り上がらなかったねえ。ネタが枯渇?
881名無し三等兵[sage] 投稿日:04/11/08 02:20:08 ID:???
>>875
爆沈事件のとか、もろ祟りそうな犠牲者もいると思われ。
882 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/11/17 15:40:24 ID:???
>>881
それでもみんな日本人
きっと他の英霊の方が説得してくださって
みんなで日本を見守ってくださっているよ
883 : 名無し三等兵[age] 投稿日:04/11/23 00:24:18 ID:???
イワコデジマw
884 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/11/23 09:46:10 ID:???
>>610
奥さんに見られちゃマズいモンの処分に帰ったんだろう。
885 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/11/29 04:41:28 ID:???
886 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/11/29 19:44:29 ID:???
ええ話やぁ。
887 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/11/30 02:50:26 ID:???
ただ、オカルト板の心霊話スレに貼ってあるのは板違いのスレ違いかとw

いや、ここでもそうだけど
888 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/04 21:02:33 ID:???
ニューギニアのポートモスビレー空港のトイレに日本兵の幽霊が出るらしい。
889名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/05 03:45:29 ID:???
太平洋戦争中に東京に原爆を落としに行く途中のB29サンダーボルトが、謎の失踪を遂げた事件は本当ですか?
890名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/05 09:27:31 ID:???
>>889
原爆搭載可能なB-29に”サンダーボルト”なる名前の機体は居なかったはずだが。
891名無し三等兵[sage:四次元の爆撃機 1975年作] 投稿日:04/12/05 11:17:46 ID:???
>>890
>>889は星野之宣ネタ。
892名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/05 19:14:11 ID:???
畝傍って何?
893 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/05 22:59:19 ID:???
>>892
奈良県にある大和三山の一つ・・・・・。











過去レス読め。
>>47
>>53
>>63
894 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/11 21:51:33 ID:???
>>72  激烈遅レスで非常に恐縮だが。
数年前の11月中旬、雨の中を歩いていて、広尾方面から千駄ヶ谷へ
抜けようと思い青山墓地を南北に抜ける道を歩いた。時刻は19時すぎ。
そしたら、そこはどうも抜け道らしく、前方(=北)から割と頻繁にタクシー
がやってくる。平均すれば2分に1台くらいか。

ちょっと驚いたのは、来るタクシー(まあ普通の車もだが)はみな、
ものすごいスピードで走り抜けていくことだった。エンジン音も「グワー!」
という感じで、アクセルべた踏みのようなすごい勢いだった。普通の道で
見かけたとしても、ちょっと非常識な加速を感じさせる通りすぎ方だった。
「おまえら、いくら墓地で雨で夜だから横断者はまずいないだろうとは
思ったとしても、飛ばしすぎだろ。」と、私は心の中で呟いていた。

が、後から考えてみるに、あの猛スピードは私のせいだったかもしれない。
もちろん、傘はさしていたし、服装もごく普通だった。
まあ要するに、タクシーを拾えない状況を作るには、普通の服装で十分と
いうことだ。夜で雨ならば。
895名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/12/12 01:04:02 ID:???
きっと運ちゃんには、貴殿の後ろに「何か」見えてたんだろうよ。
896名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/12 09:02:09 ID:???
>>895 Σ( ゚д゚;)ハ!ソレハオモイイタラナカッタ。。。。。
    (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
897 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/12 18:15:11 ID:???
>>896
まあ深夜に青山墓地界隈でタクシーを拾いたけりゃ、
かおたんラーメンで腹ごしらえしてから、246まで歩けってこった。
898 : ◆yI3ZoFetLM [sage] 投稿日:04/12/13 00:05:27 ID:???
899 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/20 01:25:38 ID:???


NHKは、西南戦争関連の放送で、「激戦地・田原坂では今でも雨の夜
になると沢山の銃撃音や兵士の喚声がするという」という放送を垂れ流したことがあるw。
900 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/21 00:45:44 ID:???
とんでもない山奥どころか普通に人が住んでいるようなとこやのに・・。
901 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/12/21 00:55:37 ID:???
つまり住民の間で、ナイターのサバイバルゲームが盛んなのですね。
老いも若きも、職場が定時になると、みんなソワソワし始めるという
902 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/21 00:58:03 ID:???
昔は大抵、NHKのど自慢でアナウンサーが地方の人を小ばかにして扱い、
地方の人が平身低頭だったのを覚えている身としては不思議でもなんで
もない。
903名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/21 23:23:33 ID:???
>>891
それって実話ではなく、小説ということでしょうか?
904 : 891[sage] 投稿日:04/12/23 21:03:10 ID:???
>>903
そう。正確にはSF漫画ネタ。(メール欄参照)
905 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/25 00:44:46 ID:???
日本がルーズベルトを呪い殺した件について
906 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/25 02:27:28 ID:???
>>874
すっごく遅レスだが、視えるヤシがひめゆりに行った時、
以前行った時よりも「あがってる」人が多くなったのか、視える人数が減っていると
言っていた。
そういう時期に来ているのかも知れない。
907 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/12/25 02:41:23 ID:???
「あがる」とは成仏くらいの意味か?

まあ、そうあって欲しいが。
908名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/29 10:54:49 ID:???
ただいまジパングスレに自縛霊がとり憑いて、無関係な話題を延々と自演しつづけて
スレを占拠しています。

放置すればそのうち虚しくなって消えてしまうだろうと思っていたのですが、ご存知の通り
自縛霊は自分ではどうすることも出来ないらしいです。

可哀想なのでそろそろ成仏させてやりたいのですが何か妙案はありませんか?
909 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:04/12/29 22:15:36 ID:???
削除依頼すれば。
910 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/30 04:56:02 ID:???
>>908
一人SMの気があるヤツなのか

とボケてみる
911 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:04/12/31 08:55:16 ID:???
アメリカの英霊はアーリントンで供養されているが、日本の英霊を鎮魂する靖国神社を
左翼が妨害して鎮魂させないようにしている。
だから、左翼の家では子供が親を隷属させようとして殺し合いが始まる。
田原聡一郎や高野孟が呪われた最期になるのも当然。
おいらには、関係無いが・・・
912 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/01/04 08:22:54 ID:???
hosyu
913 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/01/04 10:20:38 ID:???
宮崎の、今はシーガイアってのが建ってるあたりに、
通称「軍用道路」ってのがあって
そこに行軍する日本兵が出てくるって話があったな。

戦闘があった訳でもないのに、何で?って子供の頃思ってたよ。

まぁ夜は暗くてとても怖い道だったけど。
914 : 名無し三等兵[] 投稿日:05/01/08 16:10:23 ID:xpOSFpxq [1/1回]
ageテロ決行
915名無し三等兵[sage] 投稿日:05/01/08 18:33:38 ID:???
>日本の英霊を鎮魂する靖国神社を左翼が妨害して鎮魂させないようにしている。


916 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/01/09 00:04:20 ID:???
チンコん
917 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/01/16 18:31:50 ID:???
>>915
地獄へ、いらっしゃーい。
918 : 名無し三等兵[マジノ線age] 投稿日:05/01/24 14:12:19 ID:???
保守
919名無し三等兵[sage] 投稿日:05/01/25 03:46:58 ID:???
怪談ではないのだが・・・・

h ttp://49uper.com:8080/html/img-s/36288.jpg
920 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/01/30 15:24:57 ID:???
保守
そして
>>919
見れねェ
921名無し三等兵[sage] 投稿日:05/01/30 19:56:29 ID:???
五日も前だからなあ・・・・

age直してみた。
ttp://49uper.com:8080/html/img-s/37327.jpg
922 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/01/30 20:00:09 ID:???
>>921
手前の人と、奥の人たちの間に何があったのか想像すると、結構重いテーマですね。
923 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/01/30 23:37:38 ID:???
モデルになった小隊の生き残りとかだったら(;´Д⊂
924 : 名無し三等兵[age] 投稿日:05/02/02 18:51:43 ID:???
保守
そして
>>921
ありがとう

さらにage
925 : 名無し三等兵[] 投稿日:05/02/08 12:12:15 ID:ysNeZpB8 [1/1回]
さすがにネタがなくなってきたかな?
ホシュ
926名無し三等兵[] 投稿日:05/02/09 03:36:24 ID:H6+o813E [1/1回]
うちの近所だけど、
戦時中強制連行されてきて、強制労働や日本兵に暴行されて死んだ
朝鮮人や中国人の霊が出るそうだ。
こんな異国に連れて来られて、殺されてさぞ無念だった事であろう。
ちなみに新潟県小○○市。
927 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/09 03:40:49 ID:???
…………?
928 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/09 04:28:54 ID:???
鉱物採集が趣味で各地の鉱山跡によく行っていたんだけど、山梨県の
乙女鉱山では戦時下の男手が無い中で女性が厳しい労働にかりだされ
悲惨な状況だったらしい。鉱山跡へつながる道の途中で車を止め一泊
した同好の人は、夜中に女の幽霊が自分の寝具の中に入ろうとして
もみ合いになったと言っていた。それでも鉱物採集はやめないけれど、
夜は怖いといってわざわざふもとの塩山に降りていった。俺もその
場所で車の中で一泊したんだけれど、何も出なかった。さらに事情を
知らない若い男女のグループが鉱山跡でテントを張っていたが、翌日
も元気そうだったから何もなかったらしい。この鉱山跡、荒れるに
まかされていて再開発も何も無いはずなんだが、なぜか近年、鉱山跡
まで車で乗りつけられるように道が立派に舗装された。その道は他に
つながる所は無い。税金の無駄遣いですな。
929 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/09 08:53:26 ID:???
>>926
地震と豪雪で日本中に有名になった所ですな。
隣の市に住んでいる人間だけど、そういう話は聞かないな。
やっぱりローカルな話なんですかね。
930名無し三等兵[] 投稿日:05/02/09 14:25:44 ID:6JDW5bgO [1/1回]
>>889
終戦のローレライで3発目の原爆投下を阻止されたB29?
931 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/09 14:28:25 ID:???
>>930
星野之宣「四次元の爆撃機」
932 : 名無し三等兵[] 投稿日:05/02/09 15:04:25 ID:Pwun4A3H [1/1回]
オカ板の軍板侵攻なのか
軍板のオカ板侵攻演習なのか
933 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/09 18:12:35 ID:???
軍オカ共同軍編成の訓練
934 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/09 22:09:52 ID:???
戦闘団検閲の真っ最中だったのですね。
935 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/13 22:15:59 ID:???
921の画像ってなんでしょうか?
936名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/14 18:53:36 ID:???
モニュメントに手を当てて黙祷する男とモニュメントの中から男の手に
手をあわせる笑顔の兵士達って感じの絵
937 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/14 20:34:27 ID:???
>>936
それ、小さい画像しか持ってないな。
大きいの持ってる人、もう一回あげてくれ・・・
938 : 名無し三等兵[] 投稿日:05/02/15 14:56:51 ID:OwxktSyO [1/1回]
死んだ兵士の霊がうんぬんって微妙に英霊を侮辱しているような
気がしないでもない。
939名無し三等兵[ ] 投稿日:05/02/15 15:59:43 ID:???
沖縄とかでよく日本兵の霊が出るっていうけど、
日本人を守るために死んでいったはずの英霊なのに、
同じ日本人を海に引きずり込もうとするなど
ちょっと英霊にあるまじき行為をする。
しかしまあ日本の神は荒ぶる神だから
何も聖人君子でなくてはいけないという
ことはないのだ。中には菅原道真みたく
怨霊になってしまった英霊もいるのかもしれない。
靖国はいろんな未練や怨みを持ちながら
死んでいった英霊を鎮めるためのものでもあるのだ
940 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/15 16:56:46 ID:???
今はもう無いが明治学院大学の4号館はこの手の話が多かった。
軍靴で歩く音が聞こえるとか。
旧海軍墓地の跡地に立てられたからってのがあるのかな?
941 : 名無し三等兵[] 投稿日:05/02/15 23:33:12 ID:Ri1WzDhr [1/1回]
保守
942 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/16 09:21:44 ID:???
>>939
そもそも、日本は怨霊信仰の国だからな。
靖国はマイナスのエネルギーでさえ
プラスに転換できる場所だと思う。
943 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/16 22:22:08 ID:???
怪談とはちょっと違うけどWW1やWW2の頃に精霊や妖怪がソ連軍に協力して戦ったらしい。
944 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/18 16:47:37 ID:???
それ系の話、日露戦争の日本軍にもあるが。
確かこのスレに書き込まれてたはず。
945 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/18 22:24:41 ID:???
狸が化けて出征したていうあれか?
946 : 名無し三等兵[] 投稿日:05/02/21 02:08:44 ID:vq/v7YF5 [1/1回]
らいむ隊の話か?
947 : 名無し三等兵[] 投稿日:05/02/21 02:12:36 ID:fyBrnLKB [1/1回]
天使やら聖人が出て来て共に戦った話しなら第一次・第二次世界大戦のどちらかで英側に付いて戦った話なら聞いたことがある。
948 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/21 03:08:17 ID:???
まあ、インパールの白骨街道で破傷風に苛まれつつ死に直面した兵士なら、
八つ当たりしたくなる気持ちも判らんではない。
949 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/21 03:49:44 ID:???
公家は祟るけど武家は祟らないっていうのもあったな。
武士は戦死しても納得づくだから恨みは残さない、そうである。



まあ兵士の場合は辻とか牟田口とか、恨むべき対象があるから出るかも心内。
950 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/21 09:06:53 ID:???
将門の怨霊とか平家の亡霊は?
落ち武者の霊とかの目撃報告も多数あるが。
951 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/21 17:03:58 ID:???
霊なんて幻覚か都市伝説なんだから定義なんてどうでもいいよ。
952名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/21 19:31:04 ID:???
幻覚でも鏡越しに横切る物体は結構怖いぞ。

呪怨を観た後は、動くものにビビル・・・。
953 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/21 20:28:57 ID:???
イギリスだったかの図書館の地下では、
未だにローマ兵が亀甲陣を組んで行進しているという話だが、
ソースがなんだったか・・・
954 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/22 00:40:20 ID:???
>>952
漏れなんか最近職場でよく自分の後姿とか見るけど全然平気だよ。
家に帰れないデスマーチも1年続くと体が慣れるもんだね。
最初はキツかったけどさ。最近は気がつくと顔だけ今の自分
そのもののシニカルな子供が空中から話し掛けて来たりして
結構楽しい。仲良かった同僚が17階からダイビング
しちゃってからリアルな話し相手いなくて寂しかったし。
リアルって訳でもないのか。まあいいや。
955名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/22 16:00:03 ID:???
友達が彼女と田舎にドライブに行ったと言って、
そこで売ってたなめこ3袋をおみやげにくれた。アリガトウ
しかもそこのおばちゃんに調理方法まで聞いてきてくれた。
なめこ三袋につき酒としょうゆを50ccずつ、鍋で5分程茹でるというもの。
ぬるぬる成分のかさが増してすごい事になったけど、きもち濃い目に作って
毎日少しずつ食べてます。美味しいよ。
956 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/22 16:01:14 ID:???
板越え誤爆失敬。
957名無し三等兵[] 投稿日:05/02/22 20:25:28 ID:7n46Qkhe [1/1回]
>>955 どっから怖い話になるのかと
どきどきしながら最後まで読んだ。
958 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:05/02/22 21:54:12 ID:???
きっと、まだ元号が昭和だった頃に貰ったナメコ10キロ入り3袋で
今も食いつないでいますありがとう、というハナシなのだろう。
959 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/22 22:56:20 ID:???
犬鳴かぁ、懐かしいな
例の簀巻き焼殺の一年ぐらい後に逝ったことがあるよ
まだそのころは旧道も通行可能でトンネルの中を徒歩で(しかもわざわざ丑三つ時に)通り抜けるとか、
トンネルの中に車で入って怪談とか、
出口前で一夜明かすとか、
今の噂からすると㌧でもなく信じられない真似をよくやってた(もちろん連れが2~3人いたが)

んでも都合5~6回逝ったけど、不思議体験は無し
冬に行ったときに(このときが一夜明かすというネタ)曇りきったフロントグラスの隅っこに
ちっちゃな手形があった位かな?(てかそうゆう形で曇ってなかった)

薄暗いし、山ン中だから結構気味悪いけど、言われる恐怖体験より、
時々遭遇する珍走の方がよほどおっかなかったなw

ちなみに件の公衆電話(今は撤去されてるんだっけ?)
あのあたりは珍走が小生意気な女を連れてきて放置する事があったり、
珍走から逃げた女の子が連絡するためにいることが多々あって、
それの目撃例が場所と風聞で、余計な尾ひれがついたんじゃないかという話を聞いたことがある
ちなみにその話してくれた女の子もタクシーにぶっちで逃げられた珍走被害者だと

年寄りの長レススマソ
960 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/22 22:57:22 ID:???
誤爆…スマソ
961 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/23 00:59:04 ID:???
何だ?
何かに引き寄せられているのか・・・
962 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/23 02:44:03 ID:???
このスレにはなんかいると思います
963 : sage[] 投稿日:05/02/23 10:30:09 ID:vdoW9o2s [1/1回]
  _(   @)___    呼んだ~?
   / 爪゚∀゚) /\      
 /| ̄ ∪∪ ̄|\/
   |さいたま ..|/

964 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/23 18:01:11 ID:???
>>957
怖い話になりそうだったよな(w
965 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/26 13:23:40 ID:???
ぬるぬるが苦手なので、あの話だけでゾワゾワとして
自分には恐ろしい
966名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/26 17:45:28 ID:???
あなぬるぽ
967 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/02/26 19:28:25 ID:???
>>966
あなガッ!
968 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/03/02 18:03:58 ID:???
昔、旧軍の射撃練習場だったと言われる、大阪府南部の新興住宅地では
夜な夜な兵士の幽霊が出没するという話は聞いたことがない。
969 : 名無し三等兵[] 投稿日:05/03/08 04:28:39 ID:lRDtEVoJ [1/1回]
現在の硫黄島って、自衛隊と、アメリカのコーストガードと、
建築関係者(飛行場などの保守)しかいないんだけど、いまだに、
どっか穴を掘ると、かならず人骨が出てくるんよ・・・
でも、1年中、野生のオレンジが実ってる、いい所だよ~ん!
970名無し三等兵[sage] 投稿日:05/03/08 04:50:56 ID:???
不発弾とサソリがなければ良いところなのは確かだ。
971名無し三等兵[sage] 投稿日:05/03/08 04:55:59 ID:???
>>939
今の平和ボケした日本人はちょっとおかしいからね。
アメリカに殺されたカタキをうってほしいのに
雨に魂うって自衛隊なんか雨の芸者みたいなもんだろ。
東京大空襲も60年目だし60年前は今からアメリカに
戦争いく戦士たちが沖縄でたたかっていて
子孫が後をついでくれるとおもっていたんだろう。
ところが60年たついまは左翼の島になって
けちょんけちょんに戦犯あつかいされている。
これで浮かばれるわけ無いだろう。
俺たちにできることは核武装を内緒でやって自衛隊を
かえて新日本軍をつくってそのうえでアメリカに先制
核攻撃しかけてもう一度世界にたいしてエイヤ!これが大和魂だと
みせつけてやらねばならんだろ。
972 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/03/08 04:59:35 ID:???
原爆の慰霊祭なんかもう戦争はしません。安らかにねむってください

って祈るだろ? あれっておかしいだろ。

英霊や被爆者がさまよっているのはちがうぞおめーら!と一喝しているんだよ。

彼らからのメッセージは俺にはわかる。

戦争をはやくやろうぜ! 今の日本のハイテクなら余裕でレッツゴーだぜ。

やられる前に核でいっそうすれば楽勝だと英霊がささやいているんだ。
973 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/03/08 05:12:57 ID:???
>>971-972に反応する奴は祟られる
ほら釣られてレスしようとキーボードを打ってるあなた
背後に気配を感じませんか?
974 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/03/08 07:26:22 ID:???
おかんが見てたYO
975名無し三等兵[sage] 投稿日:05/03/08 12:29:15 ID:???
>>970
硫黄島のサソリは毒持ちですか?
J隊の勤務経験者のHP?では、「毒は無い」って話だった。
でも、暇つぶしに見つけたら殺してったって。
確かにうろちょろしていたら、気味悪いもんね。
976 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:05/03/08 12:38:23 ID:???
>>975
隊員がお土産に蠍を持ち帰るので一種類絶滅したという噂がある。

終了したスレッドです

軍事板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク