ログ速トップ
36 : 無名草子さん[] 投稿日:2009/12/04(金) 02:13:47
相変わらず「粗製濫造」でクズ本を出しまくる日垣。

日垣は例の盗作発覚でパニくり、「ウツ」になったらしいが、それを自力で直したと主張。
得意気に、その過程を『折れそうな心の鍛え方』として本にまとめるという厚かましさ。
つたく、その「転んでもタダでは起きない」精神は、ある意味立派だろう。

しかし、相変わらず書いてあることはいい加減。編集部のチェックも入っていないらしい。
例えば、p.115

> 「努力、努力」と書いているのは、人間の伸び幅には、凄いものがあると感じているためです。
> 例えば、日本テレビの「24時間テレビ ー 愛は地球を救う」では、必ず芸能人がマラソンに
>挑みます。その際、体を鍛えていて、見るからに走れそうな人はあまり選ばれません。
> 五〇〇メートル走っただけで足がつってしまい、泣きながら「こんなの絶対無理です」と弱
>音を吐くような人が、最終的には四二・一九五キロを完走する。距離にしておよそ八〇倍の伸
>びです。その「伸び幅」が、視聴者の感動を引き起こすのです。

とか、偉そうに書いているが、24時間テレビのマラソンは、普通、100キロだろ。42.195キロ
走ったヤツなんて、一人もいないはずだぞ。こんなこと、ちょっと調べれば(10秒程度で)
わかるだろ。日垣は、毎日、最低5冊は本を読むそうだが、この程度のことも調べんのか?

終了したスレッドです

一般書籍板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク