ログ速トップ
426 : 福沢 祐巳 </b>◆yumiHn/Vq2 <b>[sage] 投稿日:2009/01/12(月) 01:42:57
ごきげんよう、新橋・烏森神社(港区新橋2)参道の茶店「甘味処 色ごよみ」では、無病息災を願う七草にちなみ、春の七草を使った新春限定メニューを出しているらしいよ。
1月5日から始まった七草メニューは、「春の七草そば」(800円)と七草白玉を用いた「おしるこ」(700円、お薄付きは900円)。そばは新潟の製麺店に特注しているオリジナルで、色ごよみ店主の安達正之さんがプロデュースしたもの。
「細かい注文を快諾してくれ、思い描いたそばのイメージになった」と安達さんは嬉しそうに話す。そばは冷たいせいろのほか、温かいそばのオーダーも可能。
プラス100円で同店の人気甘味のミニサイズが付く。ミニ甘味は、「わらび餅」「寒天」「清めの塩アイス」のいずれかより好みのものを選択できる。
通常メニューにもあった「おしるこ」は、桜白玉から七草を練り込んだ七草白玉へ衣替え。どちらのメニューも季節によって今後もアレンジしながら年間メニューとして残していくという。
安達さんはかつて新橋にあった老舗料亭「両国」でも本格的なそばを出していた。当時の味を知る客も訪れ、喜ばれているという。神社の茶店だけに、「どの料理もお神酒を使っているのがおいしさの秘訣。厄払いにもなれば」と安達さん。
同店は「都会の中で失われつつある季節感や伝統行事を見直し、心の豊かさを取り戻してもらえたら」との思いを込め、昨年10月末に開店した。以降、神社の茶店らしい「清めの塩アイス」が話題となり、テレビなどのメディアにも度々登場している。
7日の七草の日には同店店内で日本テレビによる天気予報の中継もあり、神社のマスコット『こい吉』も飛び入りで出演したという。
営業時間は12時~20時。日曜・月曜定休(1月11日は営業)。「春の七草そば」は15日まで。うーん、テレビなどで度々登場って事はか、かなり美味しそうな気がするよね。

>>420
え?え、えぇとあの?そ、そんな事言ってませんよー?
そ、それに曲がってるとしたらお姉さまの言い方で「タイが曲がっていてよ?」に…なるかも?

>>422
マリア様が…はわわわ。
や、やっぱり「マリア様がみてる」の方が…って言うかその「みてる」よりもかなり違う方になっている様な気がするかも?

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク