ログ速トップ
104 : 仮面の神官将 [sage] 投稿日:2009/07/18(土) 19:51:43 0
でも、ふふふ……おかしいね……。
あれほど苦心して、この時を待ち望んでもいたはずなのに、
僕の心には、少しも喜びがない……。

>>101
……ん? ああ、僕にか……。
君の無邪気な願いには、応えてあげたいけれど……。
ちょっと事情があって、それはできないんだ。……済まないね。
だが、サインよりももっと大事なものがあるよ。
こうしてほんの一瞬でも、僕達は同じ時を共有したんだ。

誰かとの思い出というものは、人が生き続ける限り……
その人がそれを忘れてしまわない限り、決して滅びることがない。
いつかなくなってしまう形あるものよりも、ずっと確かな刻印さ。
そうは思わないかい。

>>102
ふ、ふふっ……へたれって、ははは……。
そんなからかい方をされるとは、思ってもみなかったな。
でも、仕方ないじゃないか。こう見えても、僕は繊細なんだ。
どこぞの馬の骨じゃあるまいし、力仕事には向いてないよ。
日常生活でも、そんなに重いものを持ったりしないしね。

……というより、あれはナナミが馬鹿力なだけだよ。
女のくせに、下手な男よりも腕っぷしが強いってどういうことさ。
肉弾戦になったら、勝てる気がしないよ。……まったく。



悪いけど、今日もこれで失礼するよ。
また……。

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク