ログ速トップ
66 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2005/06/21(火) 20:41:23 ID:BCtpUXRH [1/2回]
夕方になってママが帰ってきた。でも大けがをしている。銀行で行列に並んで
いたら割り込んできた人と待っていた人が喧嘩になって、巻き添えになったらしい。
気を失っていたママを、後になって近くのお店の人が助けてくれたようだ。
大日本銀行の支店は今では電車駅三つに一軒だけになっていて、怪我をしたママが
バスも電車もなしに帰ってくるのは大変だったようだ。救急車を呼ぼうとしたけど
まだ電話が通じないので無理だ。

パパはまだ帰ってこないけど、結局最初に考えたように、広域避難所に行く
ことにした。去年死んだおばあちゃんが使っていた車椅子を家で預かっていた
のがあったので、ママを乗せて押していくことにした。

夜なのに街灯もつかず怖かったけど、ママの怪我が心配なので頑張ったが、そのかいが
あった。広域避難所に着いてみると、国防軍の兵隊さんが沢山いて、装甲車やトラックも
沢山いた。兵隊さんはみんな怖い顔をしていたんで、最初は入れて貰えないと思ったけど
ママの怪我を見て、直ぐに軍医さんの所に連れて行ってくれた。

ようやく、軍医さんのおかげでママは治療を受けることができた。軍医さんの話では、銀行の
前の喧嘩の時、誰かに棒で殴られ、酷い脳震盪をおこしたようだけど、最新の携帯電子医療器で
調べたら脳には別状はないようだ。どうも、あの喧嘩のショックで放心状態が続いているらしい。

テントで作った病院でママの看病をしてると、軍医さんが将校さんと隅でなにか話しているのが
聞こえてきた。良くは聞こえないんだけど「フィッシャー」とか「債務デフレ」とか「旧平価」
とかいう言葉が切れ切れに聞こえてきた。それって、隣のお兄ちゃんが秘密の話だといっていた
のと同じ言葉だと思う。
使っていた
70 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2005/06/21(火) 23:23:38 ID:BCtpUXRH [2/2回]
健ちゃんへ

僕は今朝の始発電車で友達のいる町に出かける用事があります。9時頃になると
電車が走らなくなりそうなので、君に会えないのは残念だけど、どうしても出
かけなきゃいけない。そこで、この秘密の場所に手紙を残して行くことにしました。
かしこい君なら、僕に話があっていないことがわかれば、ここを見てくれることと
信じています。

この手紙を読む前に、一つだけ約束してください。決してお母さんやお父さんに
見せないこと。そして、読み終わったら、小さくまるめて下水のみぞにすてること。
これは絶対に守ってください。もし、この手紙が警察に見つかると、僕はもちろん、
君にも迷惑がかかります。約束だよ。

まだ僕の昔のことを君のご両親が知らなかったとき、君の算数の家庭教師を頼まれた
時には、正直言って迷惑に思っていました。でも、君の勉強をみているうちに、君の
賢さに驚いていたのです。おぼえていますか?ある日、インターネットの知能テスト
を君にやってもらったときのことを。なにも結果をおしえなかったけど、君のIQ、
つまり知能指数は150は軽く超えていました。天才じゃあないけど、普通の人でも
ないんです。

で、ある日、君が市立図書館のゴミ捨て場で、おかしな本を拾ってきて、空き地の秘密
基地に隠して読んでいる話を聞いたとき、僕は正直言って冷や汗がでました。君の拾っ
てきた本は、昔、日計図書文化賞を受賞するはずだった「平成不況の研究」だったから
です。あの本の前半は、歴史の話が多くて、君の理解力があれば十分とまではいかなく
ても、なんとか読める本だったのが、運の尽き(笑)だったんです。

あの本が出版されて直ぐ、焚書坑経運動が突然広がり、僕も警察に逮捕され、僕の先生
あるいは先輩は、それきり二度と会えなくなってしまいました。「平成不況の研究」を
書いた人たちも、ほとんどが行方不明です。きっと、二度と会うことはできないでしょう。

君が読んで分かったように、世の中は決して、法律で縛り付けたり、政治家のご都合で
ねじ曲げたりしても、思い通りにはうごきません。そして、お小遣いを節約したり、
お母さんの家計簿のやりくりなんかと、日本という国をやりくりすることは、全然別の
話なのです。

でも、あの日以来、こんな話をする人は非国民・売国奴と呼ばれ、警察に捕まり、
酷い場合には生きていくことも許されていません。僕は、大学院というところで
そんな勉強をしていたのですが、数学を中心に勉強していたので、こうして今でも
殺されずに済んだのです。

昨日の夜、財務大臣(あの脂ぎった顔で、ウェーハッハッハと嗤うおじさん)が
行方不明だと聞いたとき、僕にはピンときたのです。今のままでは遅くても年明け
には、日本は大変なことになることは明らかですが、僕にも分かることが世の中の
賢い(そしてお金にうるさい)人に分からないはずがありません。きっと、なにか
もの凄い事が起ころうとしているんだと思います。あの大臣は、それを察知して、
とっとと泥船を見捨てて何処かの国に逃げ出したに違いありません。

これからいろいろな辛いことが君や君の家族を襲うことになると思います。でも、
君のような賢い子供がいる限り、決して希望は消えてはしましません。僕も、
僕の友人達も、こんな世の中をなんとか変えようと頑張っています。君も、希望を
捨てず、勉強に励んでください。ただし、社会科の勉強はしなくて良いよ。学校で
教えているのは、昔風に言えば「トンデモ」だから。秘密基地にかくしてある本を
少しずつでよいから読んで見てください。数学と統計学ができるようになれば、
後ろの方も読めるでしょう。

いつか、必ず会える日が来ます。それまで、さようなら。

終了したスレッドです

経済学板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク