ログ速トップ
821 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2014/08/03(日) 20:08:49.05 ID:OdpaH4+8 [1/4回]
>>819
>>人間が農作物を育ててる感覚に近いのかな?
農作物を育てる人を育成する、といった感じです
田畑の農作物を、すべて、健やかに成長させる事ができるような
そんな人間の育成なのです
宇宙の星々に人間を撒く折には、先に動物、植物等を撒いて
環境を創った後に人間を撒くものなので

人間を撒いた後にその人間意識全体の流れを調整するというのは
地上や地下に電車を作ったり道路を作ったりする行為に似ているかも

人間の体の中で血の巡りが悪くなった場所の
血行をよくする様なものかもしれない
光の流れを遮る磁力は良いけれど
遮光盤のようなものが出来てしまったら、それは取り除く


>>世界の人口は1900年に16億人だっものが、1950年に25億人になりましたが、
>>地球の人口はここ50年ほどで急増し2014年には72億人に達しました。
この星の人口は、最初に「人間」がこの星に撒かれた時には何人だったかというと
当初ほんの僅かでした
星のあちこちで肌の色の違うタイプの人間が撒かれ
肌の色によって、撒かれた地域によって、それぞれ独自の機能が付加されていた
この星の上に大量の蜘蛛がいて
あるものは放射状の巣を作り、すり鉢状の巣を作り、線のような糸を垂らす
その様に、人間達は場所によって微妙に性質の違う肉体で撒かれた
これは、この星の人間達が、星の外に出ると
自らとは異なる外見文明文化の存在がいるという事を暗示しているものです

色んな文化圏がこの星の上にはありますが、いろんな地域に
最初は少しづつ撒かれました
が、当初は人間社会は地上に肉体はあれど、意識の所在は空の上の波長帯域にありました
書物は書かなくても、知識の集約、意識の疎通はそちらでやり
物を数えるときには指で数えず感覚を別の方向に向けると答えは出たのです
地上に撒かれた人間達は地上の社会に興味が薄かった
繁殖しなかった
長い間人口は増えないまま、感覚を閉ざされるまでそれが続いて
その後からこの星の人間は増え始めた

人が国の歴史を決めるとき、人が何人いたかは、国力の表現方法の一つで
多く見せようとするのが恒例です
そして今現在、人口が現在70億人以上もいるという宣伝は
多過ぎるから、人口を抑制するのは仕方がない
と思わせる情報手段で、実際にそんなに人間は増えていない
戸籍のある国は少なく、人口算出の根拠を知る人もいない
そして今現在、この星の人口は減少している

■黄昏る存在の記憶
人間が人間を減らしている一方
星に人間を撒いた側が、地上の人間を、人間がいた証拠ごと消している
一地方でごっそり人口が減り、かつてあったものがなくなっていく
あたかも無きがごとく、夕暮れに沸いてくる影達がその背を伸ばすがごとく
深くて暗い、存在そのものを消滅させる黄昏が、星の自然現象に侵食する

この辺に、町があっても不思議じゃない
そこに人がいないとおかしいと、学者達が人間生活環境を警戒しはじめ
この星のネットワークが、整然とした規則の中に濃淡を見つける

終了したスレッドです

超能力板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク