ログ速トップ
837 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 21:55:53.37 ID:K4bwry0U [4/4回]
>>830
この星の人間は宇宙に出て行く段階になるべき
ではなくて、この星の極一部が、宇宙には出ているし、空間に穴を開けて
別の波長帯域に行ったりしています
その星が、ある程度、科学、文明が進むと、その星を今後どうするのか
星に人間を撒いている存在達は想うのですが
この星は、地上の意識にあって、極一部だけが突出し、その他ほぼ全員が、最先端の事に関して無学の類
という事があって
一部の突出ではなくて、全体の底上げが必要になりました

地上にあって、生活環境、学問の環境、未来の展望、これは色々な研究、科学の進歩が必要ですが
これが一般的に出回らないので、閉塞感から、全体の意気消沈を呼んでいるのです
本当は宇宙に出たいというか、出れてもおかしくないのに進捗が無い
既存のものを手直しするばっかりで新しいものが出てこない
ここで宇宙の外に出て人間を増やすという大きなテーマを意識が獲得して欲しいという事です
そして人間とは何か、というものが何かという事に関してちょっとしたヒントの様なものを
この星のあっちこっちの人達に教えている感じです
記憶の塊の様なものを投げつけて

別の星で、青い塊になった人達が、好ましくないと書いたのは
そもそも、この宇宙が創られたことには
光というものが、全体で一部、一部も全体で、ばらばらになっても一つになっても
見分けが付かないという事から、入れ物に入って
お互いを識別しようというテーマがあったのです

おとなしく肉体に入って個別の光、個別の意識になって
個別に色々な経験を積んで、中に入った光は、肉体から出ても、個性を持てるようになった
わざわざそう創ったのに、自らの存在を、肉体ごと光に還元して
発光する隕石の様な存在になってこの宇宙空間を漂うという事は
そんな事はこの宇宙でわざわざやることではないでしょう、という事なのです

この星の人間は、仕事に24時間追われて、ひたすら効率を求めて
機械の歯車の様になって肉体を動かしなさいという様な事を求められていない
自らの意識の光の中に、愛という奇跡の様な強い波長を手に入れる事ができますように
という願いが込められています
その他の星でも、意識は肉体の中にあって欲しいという意図があるのです
が、肉体から出ようとする星が多く、その手段も様々で
本来のテーマから外れて修正が効かないと意識の全体のカタチはそれで一つの区切りを
迎えたりするのです

この星でも、仮に星全体で、肉体を持つのをやめて
かつての空の上の波長帯域を取り戻し、意識のネットワークを獲得しようとか
そういう考え方が、今のインターネットの中の様な場所で蔓延して
日々そんなことばかり考えるようになったりしてきて
そしてそれを実行して、星の意識全体で後戻りができなくなったりしたら
この文明は一旦区切りが来ると考えていいかもしれません

以前書かれていたように、この星は地上も海の底も相当いろんなものを造っているので
この星の再利用はもうないと思うので
火星が破壊されて、地球が火星の場所に行って
新しい人間は意識の集合体の中の上澄みだけ汲んで金星に撒かれて
かつて地球が火星を見ていたような目で地球を見て
あの赤い星には昔文明があったに違いないとか言う様になるんじゃないかなって

話が飛びましたが、人間の肉体を持って、強い波長を自らの意識に手に入れるという事は
この宇宙の中にとっても、この星に撒かれた人間にとっても、一つのテーマですよという事です

終了したスレッドです

超能力板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク