ログ速トップ
834 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 21:02:53.63 ID:K4bwry0U [1/4回]
>>825
>>ノシさんは何者か
答えが3通りありますが
1.
ここは2chの過疎板、超能力版の隔離スレ
そこに何か書き込んでいる人が私です
オカ板とかこういう場所を見て、ああ、今日も2chは通常運転だなと
安心して眠りにつくのがいいと思います
私はAA板とかの方がなんかすごいなって思ってます
もっと面白い板があったら教えてほしいです
2.
この星の人間の肉体に入っている意識は
肉体と肉体の外から出た場所を行き来している
そこは生まれる前にいた場所、肉体から出たら戻る場所、意識の集合体
肉体に入っている時の意識は、この星に人間を撒いた存在によって
この星に設置された意識の循環装置によって制御されている

では何故その制約を離れて且つ、2chに書き込むという行為をしているのか
それは循環装置からの影響が薄かったり
そもそもその循環から離れないといけないことがミレニアムにあったから

空の上の波長帯域に集っている意識の中で
地上に肉体を持っている存在は私だけじゃない
肉体を地上に持っている意識同士で話すと
人間の肉体をしているとは言えないのかもしれないとかいう話にもなる


この宇宙に人間を撒き始めた最初の存在
ここに書かれている犬様達は、そもそもどこから来たのかと言うと
宇宙を創った光達が、宇宙の外から、管理人としてこの宇宙の中に入りました

この宇宙空間の中、この銀河の中、この星の事を書く時に
宇宙の外からの事をひとつの物語で書いた方が分かりやすいと思うのですが
長くなるのでそれはまた別の機会です

>>視えるってなんか役目があるの
この星の上で、そもそもの目的を達成するならば、必要がないかも
自閉症なんかの人で計算が驚異的に出来たりする人は
その計算能力には何か役目があるかと考えたら
特にない、ちょっとした事が背景にある、機能的なものといえる
というのが分かると思います
私の場合、そもそもこの星にいる事、ミレニアムの事
空の上にポツンと浮いていた一つの船の事
いろいろ複雑な事があってこうなるに至ったかも

意識の機能に制限があって、その制限の中で
この星の上で愛し合うというのがこの星の人間の流れです
必要外の機能は低いほうがいいと思います

昔、羅針盤で航海をしていたしていた頃に
GPSで航海をする人がいたとしたら、それはその時代にいるには
味気のない航海になると思うから

■視えるという機能
話は変わりますが、正夢、夢の知らせ、虫の知らせ
なんかで予め起こることが分かっていたとか警告を受けていたとか
そういう現象をどう説明しますか
答えは、人間にはこういう機能が基本的にあって
それは常時開放されないように抑えられているという事です
もしも常時フル開放されていたらと考えてください
835 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 21:07:46.96 ID:K4bwry0U [2/4回]
10人でトランプのババ抜きをする
カードを配る前に、だれがカードを切るかという点だけで揉めて、それ以上先に進まない
一旦カードを切り終わったら、その時にもう最後が視えるから
誰かババが配られて、それを誰も取らないだけ
10人には、ゲームの終わりの流れが視えて、共有される
仮に面白半分で、視えている一人が相手のババを引き抜いたとする
決まっていた流れが変わる
10人全員に、その後のトランプのカードの流れ
ジョーカー以外のカードの流れも全部が変わるという現象の流れが
強制的に流れ込んでくる
常時フル開放だと、何かを変えると、その変わった現象の流れが
全部押し寄せて来て、それを把握するのに非常に疲れる
残り9人には迷惑になる

内輪でやっている小さな場所の小さな変更は
静かな湖の湖面に砂粒を投げるようなもので
広範囲に強く影響することがない
でも、一人で、集団で、大きな変更を行うということは
湖の湖面に大きな石を投げ込むのに似ている
視えるということがフル開放されていると
ずいぶん遠くで起こった変更でも伝わってくる
ゆっくり飛んでいる気球に強い風が吹いたら気球はまともに飛べない

1億人が全員視えて、ババ抜きし始めたら
何が起こるのか、1億人でビリヤードしたらどうなるのか
結局誰も身動きできずに、地上の人間は植物のように立ったまま動けなくなる

>>単なる傍観者なのか
傍観者でありたいのですが、大きな悪い流れはやめようという話になったので
そういう事には黄昏ないようにしようとか思ってます

星の上、地上の事に関しては、身の回りの事しか気にしないのが普通です
でも、こうしたほうがよいということに関しては干渉します
広範囲の干渉なんかは疲れるのであんまりしません
地上では傍観者っぽいと思います

空の上の波長帯域で、みんなで何か話す人の内の一人
集団の中の一人ではあります
そして私はその集団の中で肉体が地上にある意識の一つです
ミレニアムに色々変わったのでそれ以前とそれ以降ではちょっと違う

>>知っておくべき情報か
毎日、新聞ラジオ雑誌テレビから何か情報が垂れ流しにされ
その一方的な流れの中にありながら、ネットの中であなたは情報を探し回る

「情報」自体に知っておくべきか知らざるべきかなんてものはありません
「情報」自体が知らされたいか、隠されたいかを選ぶことはあります

発信者が発信する意図があるものは受け止めても構わない
それをどう受け止めるかは受け手次第
ラジオは受信可否の機能は無くて、人間もラジオのようなもの

この星の一日に昼と夜がある
昼間目を開けており、夕方に目を閉じて、朝まで目を開けない人がいたら
その人は夜の闇を知ることはないでしょう
でも、闇があるというのは事実で知っておいても問題はない
海にも満潮干潮があって波がある
片方しか知らない方がよい、という事はなく、知ってはいけないということもない
人間は二本足で立ち、その上に頭がある
物事には2面性があって、その両面を知った上で何を思うかは受け手次第
836 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 21:21:31.53 ID:K4bwry0U [3/4回]
>>つづき
小説を読んでいる人に、結末を教えるのは良い事か
それはよくない事ですね
ページを捲って読み続けるという制約の中でルールに従って
紙を捲り続けている人を最後のページに突然導くのは良くないかも
これは知らなくてよい情報です

本はページを捲っていたら出口に辿り着く
出口が分からなくなり、ページを捲る手段も分からない人がいたら
その人を出口に導く道しるべを作ってもいいと思う
閉塞的で自滅的な考え方の中に、新しい考え方があってもいいと思う
この「考え方」の事は哲学とかいうかもしれないけど

>>日常生活に支障が起きるのではないのか
これは2chの書き込みです
本気にならないでください
ホラー映画を見ても怖いのはその夜だけでしょ
物事の二面性の一側面だけに傾向するのは良いことではないです
本に夢中になって食事を抜くとお腹が減る

>>カタストロフィィー!について
前にも書いた通りですが
大きなことが起こるというポイントがあります
関東で地震、その後富士山とか長野と関東の間の山が噴火していたり
大阪に津波が来たり

四国の事も書いたけど追記
津波が南半分を流した後、上の半分の愛媛香川の境目くらい
多数設置されている特定のWifiが乗っ取られていて
その発生する電波か何かが通信障害を起こして
自衛隊の人が、そのWifiの電源を切るようにお願いして歩いていたり
電源を切って歩いていたりするのですが
それをわざわざ電源入れなおしたりする人が多くて
最終的に見つけ次第引き抜いて撤去していたりしてました

台湾の北のほうで大規模な何かの汚染で
台湾の島から扇状に何かが漏れて、その海域には近づけなくなってたり
インドネシアの方のでっかい島に白人が逃げていたり

こういうのも、ぜんぶ纏めてカタストロフィ~の前後で書いてどこかに
UPされていると分かりやすいかなって思いますが

視ている私は2014年からすっ飛んでいて
ここ最近はずっと今が2016年だと思っていました
カタストロフィ~!が知りたいと言っても実際にそれがあったらどうしようかと
考えるのがいいんじゃないかなとは思うのですが

木星のイオで爆発があったのがちょっとひっかかるかも
カタストロフィ~!の前にはテレビで木星の写真が出ていたから

>>829
地球の形は、えんどう豆と、そのサヤを思い浮かべてください
えんどう豆は3つ繋がっていますが、一つしかないえんどう豆です
丸い玉をえんどう豆のサヤが7割くらい包んでる感じのカタチです
○を、三日月を下向きにした∪の形にして下から包んでる感じ

空を飛んでいる船、いわゆるUFOの中で、銀河の星をずらーっと並べている時に表示されているこの星の形は
○の周りを、リボンの様な円形のリングがハート型に包み込んでいるようなカタチに描かれています
その円形の中に、2人の男女の絵がある様な、そんな星です
837 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 21:55:53.37 ID:K4bwry0U [4/4回]
>>830
この星の人間は宇宙に出て行く段階になるべき
ではなくて、この星の極一部が、宇宙には出ているし、空間に穴を開けて
別の波長帯域に行ったりしています
その星が、ある程度、科学、文明が進むと、その星を今後どうするのか
星に人間を撒いている存在達は想うのですが
この星は、地上の意識にあって、極一部だけが突出し、その他ほぼ全員が、最先端の事に関して無学の類
という事があって
一部の突出ではなくて、全体の底上げが必要になりました

地上にあって、生活環境、学問の環境、未来の展望、これは色々な研究、科学の進歩が必要ですが
これが一般的に出回らないので、閉塞感から、全体の意気消沈を呼んでいるのです
本当は宇宙に出たいというか、出れてもおかしくないのに進捗が無い
既存のものを手直しするばっかりで新しいものが出てこない
ここで宇宙の外に出て人間を増やすという大きなテーマを意識が獲得して欲しいという事です
そして人間とは何か、というものが何かという事に関してちょっとしたヒントの様なものを
この星のあっちこっちの人達に教えている感じです
記憶の塊の様なものを投げつけて

別の星で、青い塊になった人達が、好ましくないと書いたのは
そもそも、この宇宙が創られたことには
光というものが、全体で一部、一部も全体で、ばらばらになっても一つになっても
見分けが付かないという事から、入れ物に入って
お互いを識別しようというテーマがあったのです

おとなしく肉体に入って個別の光、個別の意識になって
個別に色々な経験を積んで、中に入った光は、肉体から出ても、個性を持てるようになった
わざわざそう創ったのに、自らの存在を、肉体ごと光に還元して
発光する隕石の様な存在になってこの宇宙空間を漂うという事は
そんな事はこの宇宙でわざわざやることではないでしょう、という事なのです

この星の人間は、仕事に24時間追われて、ひたすら効率を求めて
機械の歯車の様になって肉体を動かしなさいという様な事を求められていない
自らの意識の光の中に、愛という奇跡の様な強い波長を手に入れる事ができますように
という願いが込められています
その他の星でも、意識は肉体の中にあって欲しいという意図があるのです
が、肉体から出ようとする星が多く、その手段も様々で
本来のテーマから外れて修正が効かないと意識の全体のカタチはそれで一つの区切りを
迎えたりするのです

この星でも、仮に星全体で、肉体を持つのをやめて
かつての空の上の波長帯域を取り戻し、意識のネットワークを獲得しようとか
そういう考え方が、今のインターネットの中の様な場所で蔓延して
日々そんなことばかり考えるようになったりしてきて
そしてそれを実行して、星の意識全体で後戻りができなくなったりしたら
この文明は一旦区切りが来ると考えていいかもしれません

以前書かれていたように、この星は地上も海の底も相当いろんなものを造っているので
この星の再利用はもうないと思うので
火星が破壊されて、地球が火星の場所に行って
新しい人間は意識の集合体の中の上澄みだけ汲んで金星に撒かれて
かつて地球が火星を見ていたような目で地球を見て
あの赤い星には昔文明があったに違いないとか言う様になるんじゃないかなって

話が飛びましたが、人間の肉体を持って、強い波長を自らの意識に手に入れるという事は
この宇宙の中にとっても、この星に撒かれた人間にとっても、一つのテーマですよという事です

終了したスレッドです

超能力板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク