ログ速トップ
130 : なまえを挿れて。[] 投稿日:04/03/24 02:28 ID:9gZpPxNd [1/2回]
早速主人の手は乳房にのびて来ました。
指で丹念に乳首を転がします。胸の愛撫だけでいってしまうくらい気持ちがいいです。
私のあそこから愛液が流れ出るのがわかります。相当濡れてるようです。
しばらくし手がショーツのなかに入ってきました。

「すごいことになってるね、大洪水だよ」「いやだわ~」
主人は私の下を脱がせようとしました。「待って、その前にお○○ちん食べさせて~」
「ああ、そうか」主人は下を一気に脱ぎました。主人のそこはすでにびんびんで先からは
汁が出てます。いきりたったものを握りゆっくりしゃぶりだしました。
「あ~、気持ち・・・」主人はうめきます。しばらくし、「もうそろそろいいよ~」

131 : なまえを挿れて。[] 投稿日:04/03/24 02:37 ID:9gZpPxNd [2/2回]
私は、お○○ちんを離しました。

主人は私のパジャマの下の両側に手を掛け、一気に脱がしました。
その瞬間、自分でもわかるくらい生臭い匂いがひろがりました。
「入れるよ」「ええ、お願い」
いきりたったものが、一気に奥まで入ってきました。
「あ~ん、入ってる~・・・」
「ちょっときついけど、君のここはよく締まるよ、最高だよ」

わたしの股間はびちょびちょで太腿の付け根まで濡れてます。

終了したスレッドです

kageki板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク