ログ速トップ
7 : B29 創価学会は分裂・崩壊寸前[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:25:58.59 ID:6yB0oMLo [1/10回]
創価学会の〝指導〟で家庭崩壊「バカげた命令」に盲従する会員(フランス国営テレビ創価学会批判特集より)

次に登場した男性、マジット氏は、八年前に奥さんが学会に入会したことで、
家族がバラバラにされた、と沈痛な面持ちで語る。彼は、離婚して、
母方についた子供にも会えなくなったという、つらい心情を吐露して、
「これは、二人の正常な人間が別れたというようなものではない。
彼ら(学会)と私の戦争だ。(学会は)間違いを助長している」 と言い、
幼い子供が学会に毒されていく過程を見てきた上から、「ある意味で、子供はカルトの心理に犯されている。
本人が、父親に会わないことにしたのだが、むろん、その背後には堅固な働きかけがある」 と、学会への強い怒りを語る。

次に登場した元学会員のモニークさんは、前のマジッド氏の話が、決して被害妄想ではないことを裏付ける。
モニークさんは、精神状態が不安定な時に入会し、その精神不安定ゆえに御主人とうまくいっていないことを
学会幹部に相談したという。幹部の指導は、「別れたほうがよいと思う。そのほうが、人間として成熟できる」というものだった。
彼女は、その言葉に従って、御主人と別れた(その後、復縁)。ナレーションでは、こうした学会の〝指導〟を  
「バカげた命令」 と言い、「それは『指導』と呼ばれている」 と、学会の指導なるものの短慮さ、お粗末さを揶揄(やゆ)し、
当然のことながら、それらの〝指導〟に盲目的に服従していく学会員の心理を、異常と捉(とら)えている。
 そういえば、日本でも、夫が学会を脱会して宗門についたところ、まだ躊躇(ちゅうちょ)していた妻に対して、
学会幹部が日毎夜毎訪れ、「離婚しなさい」とか「子供には、『お父さんは悪い人だ』と教えなさい」等と〝指導〟した、
という話がたくさんある。 要するに、それらの幹部のように、独善的で偏狭な、およそ人格者からは程遠い考え方が
形成されていくのが池田創価学会の信仰成果であり、それは、日本だけでなく、世界中の学会員に共通している、
ということだ。こんな恐ろしい洗脳教団は、早く、世の中から消えてもらいたいものである。世界の平和のために。
8 : B29 創価学会は分裂・崩壊寸前[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:29:02.72 ID:6yB0oMLo [2/10回]
幸福の科学批判派が所属する 池田派創価学会員はこんな悪事を犯しています。
池田派創価学会員は幸福の科学元職員、信者、元職員に成りすまして ウソの中傷をしています。

【創価】学会員凶悪犯罪者リスト
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』他。

●池田大作→朝鮮部落出身 信者レイプ事件 選挙法違反事件
●福田孝行→山口県母子殺害
●畠山鈴香→秋田県児童殺害
●三橋香織→夫バラバラ殺人
● →ペッパーランチ強姦〈2人は刑期が短いため保護)
● →ペッパーランチ強姦
●宅間守 →大阪 附属池田小学校児童殺傷 朝鮮部落出身 両親も創価学会員
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗 神戸の首切り小僧 帰化人
●林真須美 →和歌山毒入りカレー事件 4人毒殺 63人が負傷 帰化人
●織原城二(金聖鐘)→神奈川 帰化人、外国人女性を強姦バラバラ殺人
●関根元 →埼玉愛犬家連続殺人犯 4人を殺害
●丘崎誠人→奈良連続強姦 事件 在日朝鮮人
●金大根 →在日韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人 6名の女児死亡
●李昇一 →在日韓国人 東京 テレビ「ガキの使い」関係者を名乗り少女140人を強姦
●沈週一 →在日韓国人 鳥取 大阪 和歌山 9人を強姦
●張今朝 →在日韓国人 長野 「一緒に猫を探して」と小学校4年の女児を強姦
●ぺ・ソンテ →在日韓国人 横浜 女子小学生14人を強姦
●宋治悦 →在日韓国人 東京 主婦19人を強姦

最近では
●江戸川区小学校長父兄の一人の母親を愛人にし構内で所構わず交尾
 母親は夫と離婚し、層化校長との間に子供が一人
 母親は臨時職員として校長室隣に待機させていた
●マツダ派遣社員、会社構内で車を暴走、11人を殺傷
9 : B29 創価学会は分裂・崩壊寸前[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:33:54.10 ID:6yB0oMLo [3/10回]
犯罪体質に感化される構成員 【【【創価学会会館内で不倫刃傷事件】】】も

また、こうした創価学会そのものの犯罪的体質が、幹部や会員に影響を及ぼさないはずがありません。  
彼らの中には、池田大作の【自分達さえよければいい】 という誤った御利益主義と  
【バレなければ何をしても良い】【ああ言えばこう言え、ウソも百遍言えば本当になる】 という
破廉恥(はれんち)な教えに毒され、自己本位な犯罪行為に走る者が続出しています。  
去る五月十五日、朝刊各紙社会面に、次のような事件が報道されました。
 〝五月十四日午後一時半頃、  「刃物で、男がけがをした」 との一一九番通報があった。
 場所は、東京都立川市羽衣町三丁目の創価学会立川平和会館。  警視庁立川署員が駆けつけたところ、
一階応接室で、【【【聖教新聞社社員・K氏(四十歳)が左わき腹を包丁で刺されて倒れていた。】】】  
直ちに病院に運ばれたが、K氏は、約一ヶ月の重傷。 現場にいた八王子市横川町・
【【【創価学会職員田代恵美子容疑者(三十一歳)】】】が、「自分が刺した」 と話したため、
殺人未遂と銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。  
調べでは、妻子あるKさんと独身の田代容疑者は交際中だったが、別れ話が持ち上がっていた。
 田代容疑者はKさんを刺して自分も死ぬつもりだった、と供述しているという。〟  
事件は、【【【池田大作が〝現代の寺院〟と定義した創価学会の会館で起こっています。】】】  
しかも、【【【創価学会の中心幹部であり、職員でもある男女の〝不倫〟の別れ話のもつれから、】】】
女性が無理心中をはかり男性を刺す、という呆(あき)れた事件であります。
10 : B29 創価学会は分裂・崩壊寸前[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:37:15.44 ID:6yB0oMLo [4/10回]
〈続き)
【【【二人は専従職員であり、〝聖職者〟に当たります。】】】 たとえれば、【【【宗派の役僧と尼僧が不倫を働き、
〝大本山〟格の寺の客殿で尼僧が役僧を刺した、というのと同じで、】】】じつに破廉恥きわまりない事件であります。  
また、その後の調べで、さらに驚くべき事実が判明しました。  K氏と田代容疑者が交際を始めたのは三年ほど前でした。  
創価学会の組織活動を通じて知り合い、男女関係にいたりましたが、K氏は当時すでに結婚しており、
しかも三人の子供もいるという、まさに典型的な「不倫関係」でありました。K氏は、毎週、田代容疑者の
アパートに通って関係を結んでいたのですが、やがて、田代容疑者に対し、「別れよう」 と言い出しました。
田代容疑者は「よりを戻そうと何度も話し合ったが、無理だったので殺すしかないと思った」 と供述した、
というのです。 【【【K氏は、創価学会の出版部門である〝聖教新聞社の職員〟であり、
いわゆる〝本部職員〟であります。】】】【【【組織上も、昨年まで創価学会男子青年部全国副書記長という
中枢幹部であり、現在は、青年部を卒業して支部長という要職にありました。】】】
【【【長年、青年達を教化・指導すべき立場で活動し、現在は、一般会員の指導・統率に当たっていたのです。】】】
【【【田代容疑者も、創価学会本部職員で、女子部副本部長という要職にあり、
多数の女性会員を指導・教化する立場にありました。】】】
共に、創価学会本部職員、職業幹部であり、会員からさまざまな形でしぼり上げた金から給料をもらって生活しており、
会員、とりわけ青年男女の模範となるべき中心幹部でありながら、〝人倫に背いた、ただれた欲望〟におぼれ、
挙げ句の果てに〝殺人未遂事件〟まで起こしたのです。
11 : B29 創価学会は分裂・崩壊寸前[] 投稿日:2011/03/05(土) 13:40:18.29 ID:6yB0oMLo [5/10回]
(続き)
おまけに、女(副本部長)が〝男(支部長)を殺して死のう〟と決めた犯行の場所が、【【【これまた会員から血と汗のにじむ金を
搾(しぼ)り取って建てた〝会館〟だったというから、まったく救いようがありません。】】】
二人にとって、【【【〝神聖な道場〟であるべき場所で、ただれた不倫関係を清算するため、
不浄の血を流して冒涜(ぼうとく)することを何とも思っていなかった】】】のですから、
二人の〝信仰〟がどの程度のものだったか、〝人間革命〟によって向上されたはずの人格の程度が
思いやられます。 〈終わり)


【【【K氏は、創価学会の出版部門である〝聖教新聞社の職員〟であり、
いわゆる〝本部職員〟であります。】】】【【【組織上も、昨年まで創価学会男子青年部全国副書記長という
中枢幹部であり、現在は、青年部を卒業して支部長という要職にありました。】】】
【【【田代容疑者も、創価学会本部職員で、女子部副本部長という要職にあり、
多数の女性会員を指導・教化する立場にありました。】】】

この2人の行為は万死に値する行為。2人とも本来であれば死刑にされても文句の言えない重罪である。
怖い。とにかく怖い事件である。俺やったら即効こんなふざけた宗教脱会やな。

こんなのもあった。
【婦女暴行殺人】では、日本歴史史上最悪の極悪人のベレー帽の
【【【群馬の創価学会支部長「大久保清」】】】センセイを忘れては、
池田創価学会には大変に失礼にあたりますぞ!!!
(大久保清:昭和46年10数人の女性を強姦し、8人を殺害した凶悪犯。死刑にされた。)
23 : B29爆撃機 創価学会は分裂・崩壊寸前[] 投稿日:2011/03/05(土) 20:43:14.35 ID:6yB0oMLo [6/10回]
創価学会第三代会長池田大作交尾録http://dakkai.org/erosakuikeda.html

四国会館の風呂場でも
岡山・後楽園の後、池田会長とどうなったかというと、四国本部は高松市松島というところにあるんですが、
ある日、池田会長がそこに来られて、風呂に入られた。そのとき、誰もいなかったんで、
私が浴衣と下着を持って行きました。今でも、その浴衣の色を覚えてるんですが、紺と白の鎖模様でした。
それで、風呂場に入っていって、『背中、流しましょう』といって流しました。その場は何もありませんでした。で、
【【【風呂場から出てゴロッと横になられて、その後、【【私が手でしたか口でしたか……。】】これが二度目の『奉仕』でした。】】】

相手は身内だと思って、裸を見せても平気だ、という気持ちが向こうにはあるんです。あるとき、
岡山の山○○子さんから電話がかかってきて、
『会長が来るから、いらっしゃい』という。夜の夜中に出かけるわけにもいかず、電話でボソボソいってると、
主人が、『おまえ、会長や二〇〇造と出歩いてばかりいるが、いったい、どういうことだ』といって、
家庭的にも面白くなくなってきたんです。主人がダメだと言ってる、と山〇〇子さんに伝えると、その翌日ですよ、
主人に副総支部長の辞令が届いたんです。そればかりではありませんでした。
次は主人を衆議院選に出馬させる、とまで約束してくれまた。

 話は変わりますけど、池田大作会長と間違いなく関係のあった婦人部幹部は、
私が目撃したかぎりでは、渡〇〇子さん、多〇〇子さん、山〇〇子さんの三人です。
とにかく、【【【池田会長ほど女好きはいないのではないでしょうか。】】】
【【【信仰というものを陰れ蓑にして、やりたい放題のことをやっているのが、池田大作氏の正体なのです。】】】
26 : B29爆撃機 創価学会は分裂・崩壊寸前[] 投稿日:2011/03/05(土) 20:49:09.78 ID:6yB0oMLo [7/10回]
15.池田の子を中絶したY子の場合
笠貫の女子部での活動歴は浅い。それが、たちまちにして全国女子部長になった。抜擢の背景には、
池田に対するY子の思い入れがあるのはもちろんだが、池田から見れば、笠貫の「尽くしに尽くすタイプ」を
側に置いておきたかったのである。やがて、【【【Y子は池田の子を身寵った。】】】
その子の中絶を手配したのが、横浜日赤で外科部長をしている、学会ドクター部幹部の森田修平だった。
このことについては、藤原行正が、「何代か前の女子部長」という匿名の表現で、中絶の件を暴露した。
池田は、それに対して過剰反応を示した。池田夫人・香峯子をして、笠貫の妊娠を否定するアリバイ作りに加担させたのである。
池田夫人から婦人部の最高幹部が直接指導を受ける記事が、『聖教新聞』紙上に掲載された。
このようなことは、普通では、まずありえない珍事である。今年2月11日の『聖教新聞』7面には、
次のようぬなY子の記事が載った。「優しい妻に 強い母に 力ある婦人に_これは婦人部進出にあたり、
先生の奥様からいただいた指針です。」池田は、女性スキャンダルのカムフラージュに夫人まで使って恥じるところがない。
《『スキャンダル・ウオッチング』90頁》
29 : B29爆撃機 創価学会は分裂・崩壊寸前[] 投稿日:2011/03/05(土) 21:36:10.24 ID:6yB0oMLo [8/10回]
>>24
俺は事実かどうかは知らないが、さすがにそれは考えすぎだと思う。
所詮はドラマだから誇張したところもあったんじゃないかな。
俳優や女優は大げさに感情表現するからな。この程度で洗脳というのはバカげた話やな。
ただ、確かに創価学会員はあちこちに進出しているのは事実である。
NHKは左翼であり、創価学会員も左翼である。NHKは左翼ゆえに間違った表現をすることがあるようだ。
たとえば竜馬伝に出てくる三菱の創業者岩崎弥太郎を実際よりも悪く表現しているところがあったそうだ。

>>25
確かに俺は幸福の科学信者やな。幸福の科学スレで創価学会員が幸福の科学信者・元信者に成りすまして
悪質なウソの体験談やウソの中傷を語るから学会攻撃をしている。
創価学会はほっておいても池田大作の死後、分裂・崩壊するから無視してたけど
幸福の科学をウソの中傷攻撃するとなればさすがに許せん。

創価学会員はヤクザみたいやろ。それは学会員が闘争と破壊にあけくれた阿修羅霊にという地獄霊に
憑依されているため。つまり、ヤクザのたぐいの霊に憑依されてるから変なことをしでかすんやな。
ちょっとでも学会員にへんなことされたら、すぐに声出して騒ぎ立てることが一番大事。
大げさなぐらいが一番ちょうどいい。割れ窓理論といって、小さな犯罪を放置することにより、
大きな犯罪につながるというもの。ニューヨークのジュリアーノ市長がこの理論を用いて
治安を安定したことは有名な話。すぐに騒ぎ出す人は闇金業者でも嫌がるらしい。
特に大阪のおばちゃんはすぐに騒ぎ出すから闇金業者でさえ嫌がるらしい。

痴漢も同じですぐに騒ぎ立てそうな人には手は出さないと聞いている。
しつこく騒ぎ立てる女性はケンカに強いレイプ魔ですら逃げるそうだ。

よって脅したりしてきたら、キャー誰か助けて!!と叫んだったらいい。
妄想でもいいからちょっとしたことでも警察沙汰にすることが大事やな。
これで、おかしな連中は逃げていきよるわ。
もしよかったら創価学会スキャンダルネタを募集しているからいつでも書いてくれ。
30 : B29爆撃機 創価学会は分裂・崩壊寸前[] 投稿日:2011/03/05(土) 21:41:34.94 ID:6yB0oMLo [9/10回]
17.池田との異常な関係で離婚されたH(女性)さんの場合
Hさんと夫のAの結婚は五十五年、A(夫)が五十七歳、H(妻)さんが五十歳の時だった。騒ぎが起こったのは、
一週間ほどの新婚旅行を済ませた翌日だった。妻が「池田先生に挨拶に行こう」と
いい出したのだ。かつて第一庶務室に勤務した経験のあるHさんは、池田が自宅にいることをしっかり確認し
「今行けば、会ってくださるかもしれない」と池田家に夫を連れていった。が、玄関口に現われた池田夫人は
「主人は寝巻姿なので出られない」と、冷たくいい放ってとドアを閉ざした。そのまま自宅に戻ったAが
「家にいるのに出てこないなんておかしいじゃないか」というと、Hさんはいきなり怒りだした。
「池田先生のことを悪くいうなんて許せない」と叫びながら、手当たり次第に物を投げつける、ヒステリー状態に陥った。

Aはこれにびっくり。こんな女とではとても一緒に暮らせないと、すぐ離婚を決意、実行に移した。
これだけなら、確かに異常ではあるが、どこにでもある、単なる夫婦喧嘩に過ぎないかもしれない。
問題は、Hさんが出ていった後しばらくしてからAに届いた、一枚の手紙だ。中身は便箋一枚の簡単なもの。
週刊誌の切り抜きのような文字が貼られてあった。「(池田大作と関係のあった女性)七、八人の中に
【【【あなたの奥さんもいます。】】】五月号の週刊新潮に、貞子と名入りで載ってました。
【【【大作の使い古しをいただいたのですが】】】」いったい、誰がこの手紙を出したのか、定かではない。

しかし、池田がこの夫掃の新婚旅行直後の挨拶に出てこなかったのは、自分のお下げ渡し女をもらった亭主と
顔を合わせる気になれなかったのではないか、とAは後に述懐している。
Aは今、三人目の女性に恵まれ、平穏な日々を送っている。池田のお手つき女を黙ってもらい、
心ならずも池田に平身低頭してみせる学会幹部のその後の苦悩と比べ、Aの悠々自適な生活は対照的だ。
31 : B29爆撃機 創価学会は分裂・崩壊寸前[] 投稿日:2011/03/05(土) 21:44:55.46 ID:6yB0oMLo [10/10回]
9.一家ぐるみで口説かれたK子の場合
池田のお手つき女と結婚したために破格の出世をした、髪結いの亭主No.1が、U氏だ。
二人は池田の命令で結婚した仲。しかし、結婚後、U氏は妻との結婚生活がうまくいかず、
友人によく悩みを打ち明けた。K子はもともと大手出版社に勤めていた。彼女を女子部の会合で一目みた池田は
「あれを本部に入れろ。第一庶務勤務だ」と北条浩に命令。北条はさっそくK子に会い、
会社をやめて本部に入るように説得した。が、会社でも大事にされていたK子は、なかなか会社をやめるといい出さない。
そこで、北条は池田の指示によりK子の父に会った。「会館の管理人として家族ぐるみ一生、いや、孫子の代まで面倒を見る」と
奥の手を使って口説いた。結局、一家は池田の世話になることとなった。
やがて、彼女は池田のメガネに適ったU氏と結婚。U氏は若くして副会長、壮年部長とトントン拍子に出世した。
だが、こんな夫掃の関係がうまくいくわけがなかった。結婚したあと半年間はギクシャクした関係が続いた。
その頃、U氏は友人に悩みを訴えている。U氏が友人に「○○も池田先生と関係がある」と女性の名前を挙げたところ、
その数は十余人に及んだ。友人は「キミの奥さんもか」とU氏に尋ねると、U氏は苦渋に満ちた顔で否定しなかつた。
K子は結婚後、第一庶務室兼白雲寮管理人になった。白雲寮は学会本部のすぐそぱにある。池田はよくこの寮を使った。
U氏は昼間は本部にいて、夜遅く帰ってくる。【【【池田は、U氏のいない間に白雲寮にやってくるのだ。】】】U氏の悩みの一つに、
【【【自分の妻が池田の体液が付いている下着を洗濯させられることがあった。】】】U氏は、一時は真剣に離婚を考え、
友人たちに池田への恨みをぶちまけた。

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク