ログ速トップ
2 : </b>【中国電 - %】<b> [] 投稿日:2012/01/01(日) 16:02:19.30 0
その他本書にはシステム論だけではなく、クライフの戦術、戦略、ポジション論、さらに幼少期から見せていた天才性やミケルスとの関係などが分かりやすくまとめられている
また、タイトルにある「試合の流れを読む14の鉄則」は私たちがサッカーを見る手引きになると同時にそのまま「(A代表を含む)日本サッカーが実践すべき14の鉄則」とも言いかえることが出来る

ある程度、明解なメソッドとしてマニュアル化された感のあるサッキのプレッシングと比較して、クライフはクライフ語と言われるほど難解な言い回しで哲学的に語るため一般化した解釈が難しい
このように簡潔にまとめてある本はクライフ入門本として意義がある

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

モ娘(狼)板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク