ログ速トップ
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 00:25:43.14 ID:+NQf5tIeO [1/121回(携帯)]
俺「ラーメンつけ麺僕イケメン!オーケー!!」

俺「鏡にうつる俺イケメン過ぎる」

俺「心なしか隣にかわいこちゃんが居る気がするぞ」

DD「……」

俺「キュアドリーム?」

DD「ちょっとこっち来て!」

俺「貞子やった……」
2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 00:29:56.28 ID:+NQf5tIeO [2/121回(携帯)]
俺「鏡から手が出てくるとかどういう了見だよ!」

DD「来なさい!」

俺「はなせ悪霊!」

DD「早く早く!」

俺「オーケー!話はわかった!
  とりあえず手駒にベリーかパイン用意するから
  少し待ってくれ!」

DD「意味がわからないよ!」

俺「お、俺がそれ言いたいんスけど……」
3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 00:32:24.21 ID:+NQf5tIeO [3/121回(携帯)]
俺「パイーン!!パイーン!!助けてパイーン!!」

DD「……」

俺「う……わ……」



…………
……


パイン「呼んだかしら?」

パイン「……」

パイン「呼んだくせにいねーってなんだよ!!」
4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 00:34:48.64 ID:LvEgjwH9O [1/1回(携帯)]
ダークドレアムの間違いじゃないかと突っ込みに来たけど別にそんなことはなかったようなので帰ります
5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 00:36:06.36 ID:+NQf5tIeO [4/121回(携帯)]
…………
……



俺「……へー…そー、じゃここは鏡の国なんだ……」

DD「シャドウ様はいないよ」

俺「……シャドウ様って誰だよ?」

DD「ダークルージュ怒るかな?」

俺「……」

DD「怒るかな!?」

俺「会話しようぜ!お前何言ってるかさっぱりわかんねーよ!!」
6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 00:40:42.63 ID:+NQf5tIeO [5/121回(携帯)]
DD「それでねそれでね」

俺「……」

DD「起きたらシャドウ様が居なくなってたの」

俺「だからシャドウ様が誰かわかんねーって」

DD「シャドウ様は私達を作ってくれた人だよ」

俺「なるほどな、……わかんねー……」

DD「ついたよ」

俺「どこに?」

DD「みんなのとこ」

俺「ダークルージュだったっけ?」
7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 00:41:57.55 ID:+Ql240cJ0 [1/1回(PC)]
お前かよ
8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 00:45:57.84 ID:+NQf5tIeO [6/121回(携帯)]
ダークルージュ「あ、来たよ」
ダークレモネード「なんか思ってたのと違ーう」
ダークミント「チェンジ」
ダークアクア「ドリームに任せるからだ」

俺「……多いよ」

DD「みんな連れてきたよ」

俺「(こいつらどっかで見たことあるぞ)」

DD「今日からこの人が私達のお世話係の妖精だよ」

俺「……妖精ねー、妖精?」
9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 00:48:50.11 ID:+NQf5tIeO [7/121回(携帯)]
俺「妖精?俺妖精なの?」

DD「違うの?」

俺「いや、知らない
  お前らの世界だと人間は妖精なの?」

DD「……」

俺「……」

DD「……?」

俺「首傾げるなよー……」
10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 00:55:13.29 ID:+NQf5tIeO [8/121回(携帯)]
DR「ホントにこいつが私達のお世話係をできるのかい?」

DM「お世話くらいなら誰でもできるんじゃないの?」

俺「……」

DL「妖精ってもっとちっちゃいのだと思ってた」

俺「……よくわからんが一つ
  たぶん俺は妖精ではないよ」

DD「……」

DA「違うらしいぞ」

DD「……会議だわ」
11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 00:57:06.01 ID:GOvdbQP90 [1/1回(PC)]
お前がんばるなあおい
12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 00:59:57.29 ID:qa3eFD07O [1/1回(携帯)]
>>4
dark dream

ダーク ドリーム

ダーク ドレアム
13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:05:25.58 ID:+NQf5tIeO [9/121回(携帯)]
DM「妖精じゃないって」

DA「なぜ間違えた?」

DD「妖精って何かよくわからないよ」

DR「妖精ってのはもっと小さいんじゃないの?」

DL「抱きしめられるくらいの大きさじゃなかったっけ?」

DD「みんな知らないの?
   妖精は変身するんだよ」

DR「ホントかい!?」
DA「なんだと!?」



俺「(すっげー、鏡が浮いてるや)」
14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:09:55.56 ID:+NQf5tIeO [10/121回(携帯)]
DM「じゃあいつは変身できないから妖精じゃないの?」

DR「人間なんじゃないの?」

DD「妖精とか人間とかよくわからないよ」

DA「訊いてみればいいだけだ」

DL「……」
DM「……」

DD「じゃあアクアが訊いてよ」

DA「私が?断る」



俺「(すっげー、鏡の向こうが見える
   あ、美希たんだ)」
15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:13:02.31 ID:+NQf5tIeO [11/121回(携帯)]
…………
……



美希「うん、あたし完璧!」

俺『……』

美希「……疲れてる、鏡の中に青髭が見えるなんて」

俺『見えんの?』

美希「……」

俺『……』

美希「もうイヤ、寝よう……」

俺『待って待って!待ってよ美希たーん!!』
16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:15:40.40 ID:+NQf5tIeO [12/121回(携帯)]
…………
……



俺「美希たーん!!」


DL「あいつ怖~い」

DD「ミント、質問して」

DM「イヤよ」

DD「……そ、じゃあアクア」

DA「結局私がやるしかないんだな」


俺「起きろよ婆!!」
17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:19:36.29 ID:+NQf5tIeO [13/121回(携帯)]
DA「おい貴様!」

俺「……なんだよ?」

DA「変身できるのか?」

俺「……」

DA「……」

俺「え?何それ?できるわけねーじゃん」


DA「恥をかいたぞ!」

DM「やっぱねー」

DD「変身はできない
   レモネード、メモしといて」

DL「自分でやったら~」

DD「……アクア」

DA「……仕方ない」
18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:24:52.33 ID:+NQf5tIeO [14/121回(携帯)]
俺「なあお前らさー」


DD「……?」


俺「お世話係に俺を連れてきたって言うけど
  何してほしいわけ?」


DD「……」

DR「……なんで呼んだんだっけ?」

DL「ドリームがお世話係がほしいって言ったからでしょ~」

DD「……」

DM「ドリーム、お世話係ってなんなのかわかってるの?」
19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:29:38.05 ID:+NQf5tIeO [15/121回(携帯)]
DD「お世話係が何をするかなんて知らないよ!」


俺「……えー……」


DD「それを教えなさい!」


俺「いや、俺もよくは知らない」


DD「……」

DR「あらら……」

DM「人選間違えたわね」

DL「ドリームにやらせるから」

DD「みんなだってお世話係がほしいって言ったじゃない!」
20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:34:06.43 ID:+NQf5tIeO [16/121回(携帯)]
DA「そもそもはお前がお世話係がほしいと言い出したんだろう」

DD「みんなもほしいって言ったじゃない!」

DM「そんなこと言ったかしら」

DR「レモネードじゃない?」

DL「お世話係って言えばなんでもやる人だと思ってたー」



俺「(あ、せつなだ)」
21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 01:37:05.49 ID:srIJFVaE0 [1/6回(PC)]
まー君何こんな時間に開店の!?
俺でよかったらレポートの片手間に付き合うよッ支援
22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:37:57.77 ID:+NQf5tIeO [17/121回(携帯)]
…………
……


俺『せつなー……』

せつな「……」

俺『せつなー……』

せつな「あなたそんなとこで何をしているの?」

俺『さすがせつな、動じないな』

せつな「……用がないならさっさとさよならしたいのだけど」

俺『待った待った、変な五人組に鏡の国に拉致られたんだよ』

せつな「……」
23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:38:56.86 ID:ew9OM5pb0 [1/2回(PC)]
まーくんまとめサイト誰か作ってくれよ
毎回最後まで見れないんだよ
24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:42:06.29 ID:+NQf5tIeO [18/121回(携帯)]
俺『一度、お前もアカルンで鏡の中に入ったことあるだろ?』

せつな「……」

俺『迎えに来てくれ』


せつな「……」ツカツカ


俺『戦力は揃えてくれ
  パッション、ベリー、パイン、ウエスター、サウラー
  最低これで頼む』

俺『こいつらただ者ではないぜ』キリッ

俺『……』

俺『せつなさーん……?』
25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 01:44:35.76 ID:S/zddX74O [1/2回(携帯)]
まー君今日は2つ目じゃない?大丈夫か?
26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:46:14.26 ID:+NQf5tIeO [19/121回(携帯)]
DL「ねー、ねー!」


俺「せつなー!!」


DL「返事しなさいよー!!」


俺「なんだよ!?」


DL「あんた何ができんの?」


俺「せつなー!!戻ってこいせつなー!!」


DL「あいつ殺していい?」

DM「私は構わないけど」

DA「好きにしろ」
27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 01:52:54.35 ID:+NQf5tIeO [20/121回(携帯)]
DL「死んじゃえ!」ズダッ


俺「……んん?」

DL「とうっ!」

DD「ダメー!!」

俺「……んん?俺今死ぬ寸前だった?」


DM「おっしい~」

DA「役に立たんなら殺して次を持ってくればいいだろう」

DR「どういうつもりだいドリーム?」


DL「はー、ドリームは頭が変~」

DD「……」

俺「(……力ある子供が五人おる
   これは……非常にまずい……)」
28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:03:30.21 ID:+NQf5tIeO [21/121回(携帯)]
…………
……


俺『山吹……』

祈里「どうしたのかしら?
   鏡の中から話しかけてくるなんてちょっとしたホラーよ」

俺『かなーりまずい、とりあえず来てくれ』

祈里「ごめんなさい、行けないわ」

俺『せつなに頼んで来てくれ
  ボディガードがいる』

祈里「そうじゃないのよ」

俺『……そうじゃないって』
29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:07:54.93 ID:+NQf5tIeO [22/121回(携帯)]
祈里「最近あなたに呼ばれて行っても無駄足ばかり」

俺『今回はマジでお前が要る』

祈里「ごめんなさい行けないわ」

俺『……』

祈里「2回、呼んで蔑ろにするを続けて
   まだ私があなたに尽くすと考えているのは甘いんじゃないかしら?」

俺『……よ、よし謝ろう、ごめんなさい
  だから来てくれ』

祈里「うるせーよ」

俺『……』
30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:13:57.65 ID:+NQf5tIeO [23/121回(携帯)]
…………
……



DD「すぐ殺しちゃえばいいとかきっと変!」

DL「ドリームが何言ってるかわかんなーい」

俺「(ラブは呼びたくないしな……
   あとは美希たんとウエスター、サウラー、ノーザ様か)」

DM「あなたさっきから何しているのかしら?」

俺「うわっ!……ダークミントちゃんだっけ?」

DM「鏡でお友達と相談?」

俺「……」

DM「鏡割っちゃおー」パリンッ

俺「ああ……」
31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:19:03.79 ID:+NQf5tIeO [24/121回(携帯)]
俺「(鏡なら腐るほどあるんだ……)」

DR「どこ行くの?」

俺「……」

DA「ドリーム、お前が呼んだ人間は何かよくないことを
   考えているようだぞ」

DD「……」

俺「考えてないよ」

DL「こいつ臭~い」

俺「……」
32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:25:39.73 ID:+NQf5tIeO [25/121回(携帯)]
俺「(落ち着こう、冷静に考えれば活路はいくらでもある)」

DD「……」

俺「(ダークドリームは俺に危害を加えるつもりはない
   だったらこいつを利用すればいい)」

DM「何を考えているのかしら?」

俺「(ダークミントはダメだ
   こいつとダークレモネードはどうやっても利用できると思わない)」

DA「……」

俺「……」

DR「もう抵抗するのやめなよ
   ドリームと争いたくはないんだよ」

俺「(とりあえずは)」
33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 02:29:17.82 ID:srIJFVaE0 [2/6回(PC)]
支援
34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:29:33.43 ID:+NQf5tIeO [26/121回(携帯)]
俺「逃げようダークドリーム!」

DD「えっ?」

俺「いいから早く!」ギュッ

DD「……」


DM「逃げられると思っているの」ブゥゥ…ン


DD「……ッ!」ズダッ
俺「お姫様抱っこはテレる///」

DD「ダメだった?」

俺「ダメじゃないよ」
35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:35:16.98 ID:+NQf5tIeO [27/121回(携帯)]
DM「あーあー、行っちゃった……
   あなたたち戦う気あるの」

DL「てかさー、やっぱあんなのどうでもいいやー」

DA「放っておけ」

DM「……それもそうね」

DR「なんでそんなに熱くなってんの?」

DM「私あの人の顔が嫌いなの」

DL「それわかるぅ!」

DR「あっそ、ドリームはどうする」

DL「どうでもいいじゃん」

DR「ま、それもそうだね」
36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:40:11.44 ID:+NQf5tIeO [28/121回(携帯)]
DD「……」

俺「ダークドリームだっけ?」

DD「うん、そうだよ」

俺「俺を今すぐ元の世界に帰してくれ」

DD「……」

俺「頼むよ」

DD「帰るの?」

俺「帰るよ、俺はここに居たくねーし」

DD「……」

俺「ダークドリーム?」

DD「……」

俺「もしもーし!」
37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:47:27.03 ID:+NQf5tIeO [29/121回(携帯)]
DD「一人は寂しいって……言ってたよ……」

俺「あ?俺は帰れば一人じゃねーし」

DD「私は一人だよ!」

俺「四人仲間居ただろ?」

DD「大切な人が居なくなると悲しいってキュアドリームが言ってた!」

俺「キュアドリームがどうした?」

DD「妖精は大切な人だって言ってた!!」

俺「もしもーし!」
38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:48:18.63 ID:HUgMbQuCO [1/1回(携帯)]
ダークドリームのおっぱいもみもみ
39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:50:06.96 ID:+NQf5tIeO [30/121回(携帯)]
DD「あなたが居なくなると私が寂しいよ!!」

俺「……」

DD「……」

俺「俺、お前の大切な人じゃねーし」

DD「わかんないよ!!」

俺「いや、わかれよ」

DD「わかんない!!」

俺「駄々っ子か?」
40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:52:15.26 ID:+NQf5tIeO [31/121回(携帯)]
DD「……」


俺「美希たーん!」


DD「……」


俺「ウエスター!」


DD「……」


俺「サウラー!」


DD「……」


俺「お前ら俺を夢にしたがるのやめろよ」
41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 02:57:03.14 ID:+NQf5tIeO [32/121回(携帯)]
俺「(……帰っても一人かもわかんねー
   ラブなら確実に来てくれるけど
   危険にさらしたくねーし)」

DD「……」

俺「あーもう!帰せよ!ダークドリーム!!
  このキュアドリームのパチモン!!」

DD「違う……」

俺「あ?」

DD「私はキュアドリームの友達だ!!」

俺「キュアドリームがなんだって?」

DD「お前は私の大切な人じゃない!!」

俺「正~解!」

DD「だったら死ね!!」

俺「げっ……」
42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 03:01:42.14 ID:+NQf5tIeO [33/121回(携帯)]
俺「待って!思い出した!俺ダークドリームの
  大切な人だったわ!!」


DD「違う!!」ブゥゥ…ン


俺「うおっ!!……波動拳禁止!!」


DD「お前なんて違う!!」


俺「好きだよダークドリーム!!ラブユーラブユー!!」


DD「好きとか愛してるとかわかんないよ!!」


俺「(ガキがー!!)」
43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 03:06:26.19 ID:+NQf5tIeO [34/121回(携帯)]
俺「(キュアドリームとか言ってたな)」

DD「死ねっ!!」ブゥゥ…ン

俺「俺キュアドリームの友達なんだ!!」

DD「そんなわけない!!」


俺「うおおーっ!!……もういい加減にしろ!!
  俺、一発当たれば死ぬんだぞ!!」

DD「キュアドリームの友達にお前は居なかった!!」ブゥゥ…ン

俺「そりゃ、お前とは会ったことねーけどさー!!」
44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 03:08:06.36 ID:srIJFVaE0 [3/6回(PC)]
支援
45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 03:11:37.02 ID:+NQf5tIeO [35/121回(携帯)]
俺「(こいつ善悪の基準が曖昧なんだ
   誰が育てたんだよこんなガキ)」

DD「……」

俺「(子供の叱り方に何が悪いかを明確にしろとあったぞ)」

DD「……ッ!!」ブゥゥ…ン

俺「ダークドリーム!!!」

DD「……!?」

俺「人を殺すのは悪いことなんだぞ!!
  どんなクズでも殺しちゃダメなんだ!!!」

DD「……なんで!?」

俺「(なんで?……なんで?
   なんでだ……?)」
46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 03:16:50.32 ID:+NQf5tIeO [36/121回(携帯)]
俺「わからんが悪いことは悪いんだ!!」

DD「それじゃわかんないよー!!」

俺「法律でダメだからダメ!!」

DD「わかんない!!」

俺「俺が死んだらラブが泣くだろうが!!
  俺を大切に想ってくれている人が悲しむだろう!!」

DD「……」

俺「誰かが居なくなれば誰かが泣く!!
  わかれよ!!」

DD「わかった」

俺「(軽っ)」
47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 03:25:34.28 ID:+NQf5tIeO [37/121回(携帯)]
DD「ラブって人があなたの大切な人なの?」

俺「そうだよー」

DD「その人はあなたが居なくなって悲しんでるの?」

俺「悲しんでるよー、泣いちゃってるよー」

DD「よくわかんない」

俺「わかんなくても泣いてるから俺を帰してくれ」

DD「……見ていい?」

俺「何を?」

DD「ラブって人」

俺「あん?」
48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 03:36:15.23 ID:+NQf5tIeO [38/121回(携帯)]
ラブ『ん~~!絶品だよ!カオルちゃんのドーナツ!』

DD「……」
俺「……」

カオル『珍しいね、今日一人なんだ』
ラブ『うん、みんなは面白いことがあったんだって』
カオル『面白いこと?』
ラブ『聞いてよカオルちゃん!
   私にはそれを教えてくれないんだよ!』

DD「……」
俺「……」

カオル『きっとラブちゃんには伝えられない理由があるんだよ』
ラブ『そっかー……』
カオル『でも変に疑っちゃいけないよ……よく言うでしょ
    栗の缶詰め』
ラブ『……?』
カオル『あれ?おじさん間違えちゃったかな……ぐはっ!』
ラブ『もーカオルちゃんったらー!』
カオル『そんなラブちゃんにはドーナツサービスしてあげる』
ラブ『ホント!?やったー!幸せゲットだよ!』

DD「……」
俺「……」
49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 03:39:53.86 ID:+NQf5tIeO [39/121回(携帯)]
俺「……」

DD「さっきのは悲しんでいたの?」

俺「……」

DD「私には幸せそうに見えたよ」

俺「……」

DD「本当にあなたを大切に想ってるの?」

俺「……」

DD「私…そういうのよくわかんないよ」

俺「……」

DD「泣いてるの?」

俺「……」

DD「どうしたの?」

俺「……」
50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 03:44:14.20 ID:+NQf5tIeO [40/121回(携帯)]
俺「……」

DD「……」

俺「もう帰らない」

DD「……?」

俺「俺はここに永住する」

DD「……」

俺「ダークドリーム、俺の大切な人になってくれ」

DD「ホントに!?」

俺「うん!」

DD「じゃああなたも私の大切な人になってくれるの?」

俺「おう!俺のことは青髭と呼べ」

DD「やった!よろしくね青髭!」

俺「よろしく!」
51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 03:45:32.24 ID:srIJFVaE0 [4/6回(PC)]
支援
52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 03:47:29.94 ID:+NQf5tIeO [41/121回(携帯)]
…………
……



俺『ダークドリーム!』
DD『青髭!』


せつな「あはははは!!」

祈里「永住が確定したわ」

美希「こ、これってまずくない?」

せつな「なんで?」
祈里「どうしてかしら?」

美希「……」
53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 03:58:48.62 ID:+NQf5tIeO [42/121回(携帯)]
…………
……


俺「そういやお前らってプリキュア5に似てるけど
  親戚かなんか?韓国製?中国製?」

DD「私達はプリキュア5のコピーだよ」

俺「クローン?」

DD「コピー」

俺「コピーねー」

DD「それよりね」

俺「……」
54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:02:23.13 ID:+NQf5tIeO [43/121回(携帯)]
DD「キュアドリームが言ってたことを試してみたい」

俺「うん」

DD「居なくなって」

俺「う、うん……」

DD「目を瞑ってるから早く!」


俺「……」スタスタ


DD「もういい?」


俺「……」


DD「早く居なくなってよ!」


俺「……う、うん、ごめん」
55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:05:08.24 ID:+NQf5tIeO [44/121回(携帯)]
俺「(俺に居なくならせてどうするつもりだよ)」


DD「……」


俺「(かくれんぼか?いや、まさかな)」


DD「寂しくないや」


俺「……」


DD「……」


俺「……」


DD「出てきて」


俺「う、うん……」
56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:06:35.29 ID:+NQf5tIeO [45/121回(携帯)]
DD「青髭は本当に私の大切な人?」

俺「……」

DD「……」

俺「……ごめん、意味がわかんない」

DD「……」
57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:08:27.26 ID:NU1geF0qO [1/2回(携帯)]
俺もまー君のまとめ欲しいわ
いつも終わったらすぐ落ちるから最後まで読めない事もあるし、どれだけ書いてるのか把握出来てないし
58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:10:37.48 ID:+NQf5tIeO [46/121回(携帯)]
DD「一人は寂しいってキュアドリームが言ってたもん!」

俺「(またキュアドリームか……)」

DD「でも私一人でも寂しくない!」

俺「……」

DD「大切な人なら居なくなれば寂しいよね!?」

俺「(言ってることの推理ゲームみたいになってきたぞ)」

DD「……」

俺「(キュアドリームがなんか言って
   それがよくわからないとそんな感じか)」
59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:14:26.77 ID:+NQf5tIeO [47/121回(携帯)]
俺「キュアドリームの言うことはなー」

DD「……」

俺「一旦忘れようぜ」

DD「ダメ!私にはそれしかないもん!」

俺「……」

DD「……」

俺「お前はキュアドリームのコピーなのに全然違うんだな」

DD「……」
60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:16:52.10 ID:+NQf5tIeO [48/121回(携帯)]
俺「あせんなって!」

DD「……」

俺「とりあえずやりたいことやろうぜ」

DD「……」

俺「やりたいことないの?」

DD「あるよ!キュアドリームの言ってること理解したい!」

俺「はー……、それ以外では?」

DD「それ以外……?」

俺「……」
61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:20:06.27 ID:+NQf5tIeO [49/121回(携帯)]
DD「……」

俺「……」

DD「……」

俺「誰かを崇拝するのはいいけど
  それは自分の自由を失うと言うことだよ」

DD「……?」

俺「スナフキンの言葉だったかな」

DD「…スナフキン?」

俺「ハーモニカ吹いてる全体的に緑の風来坊」

DD「知らないよ……」
62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:26:48.13 ID:+NQf5tIeO [50/121回(携帯)]
俺「(こいつら、コピーなんだよな?
   ……でもオリジナルとは全然違う)」

DD「……」

俺「……」


・・・DA「結局、私がやるしかないんだな」・・・


俺「……あー、なるほど」

DD「……」

俺「(こいつら、過去のプリキュア5か
   ドリームはやりたいことが見つからなくて
   悩んでたんだったな)」

DD「……」

俺「(似てないこともないのか)」
63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:32:47.08 ID:+NQf5tIeO [51/121回(携帯)]
俺「よっしゃー!!」

DD「……?」

俺「やりたいことないんだろお前?」

DD「あるよ!キュアドリームの!!」

俺「わかったわかった!」

DD「……」

俺「自分が、自分で考えた、自分のためにやりたいこと
  そいつを探しに行こうぜ!」

DD「……」

俺「当面はこれがお前のやりたいことな
  でもこれは俺が考えたことだから
  自分が見つけたやりたいこと見つけたらすぐそっちをやるんだ」

DD「……うん」
64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:37:32.56 ID:+NQf5tIeO [52/121回(携帯)]
俺「そうと決まればさ!行こうぜ!」

DD「……どこへ?」

俺「世間見物」

DD「……」

俺「フレッシュの世界はダークドリームには危険すぎるから
  ハートキャッチの世界に行こうぜ」

DD「ここから出るの?」

俺「お前も一緒に来るんだよ!」

DD「でも……」

俺「大丈夫大丈夫!俺が居るだろ
  こう見えて過保護なんだ」

DD「……」

俺「えーっと、つぼみかえりかは……いた!」

DD「……」

俺「行こうぜ!」

DD「うん!」
65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:41:16.55 ID:+NQf5tIeO [53/121回(携帯)]
…………
……



俺「よう、つぼみちゃん!」


つぼみ「なななな!!鏡からなんかでたー!!!」


俺「早く来いって!」

DD「……」


つぼみ「またでたー!!!」


シプレ「どうしたですぅ?つぼみ
    ……鏡から人が出てるですぅ!!!」
66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:50:26.86 ID:7wCJtRgmO [1/1回(携帯)]
つぼみとえりかに手を出してみろ…

その時は解ってるな?“鳴滝”…


支援
67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:51:23.72 ID:+NQf5tIeO [54/121回(携帯)]
俺「俺だよ俺」

つぼみ「知りません~!私はあなたなんて知りません~!!」

俺「こっち向けよ、顔見なきゃわかんねーだろ」

DD「……」

つぼみ「私は鏡から出てくるような人と知り合いじゃありません~!!」

俺「お前なぁ……」

シプレ「キュアジョリジョリですぅ~!!」

俺「残念だが俺の髭は今ジョリジョリしないんだ」

シプレ「剃るですぅ」

俺「剃らんよ」

つぼみ「あ、青髭の君さん!」

俺「つぼみちゃ~ん!!」

つぼみ「うぎゃー!!抱きつかないでくださいぃー!!!」

DD「……」
68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:55:11.16 ID:+NQf5tIeO [55/121回(携帯)]
俺「俺が鏡から出てきたらそんなにおかしいか?」ゾリゾリ

つぼみ「おかしいです!」

俺「つぼみちゃん、もっと柔軟にいこうよ」ゾリゾリ

シプレ「早く剃るですぅ」

俺「ちょっと待ってろよ」

つぼみ「柔軟とかそういう問題じゃありません!
    ……あら?」

DD「……」

つぼみ「……」
69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 04:59:38.76 ID:+NQf5tIeO [56/121回(携帯)]
シプレ「ジョリジョリ~ジョリジョリ~」

俺「……顎がシャクレるわ」

つぼみ「青髭の君さん、この方は誰ですか?」

DD「……」

俺「ダークドリームっていうプリキュアでいいのかな?」

つぼみ「ダークドリームさん」

DD「……」

つぼみ「って、えええ~~~っ!!!」

シプレ「ダークプリキュアですぅ!!」

俺「ん?」

DD「……」

シプレ「つぼみ!プリキュアの種いくですぅ!」

つぼみ「プリキュア!オープンマイハート!!」
70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 05:03:47.88 ID:+NQf5tIeO [57/121回(携帯)]
ブロッサム「大地に咲く…一輪の花!キュアブロッ」

俺「ダークドリームは敵じゃない!
  俺の友達だ!!」

ブロッサム「そうですか友達でしたか……えええ~~~っ!!!」

シプレ「変身し損ですぅ!!!」

DD「……」

俺「あれがキュアブロッサム」

DD「……」

俺「ドタバタ劇の達人」

ブロッサム「ううっ……違いますよー」
71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 05:10:23.96 ID:+NQf5tIeO [58/121回(携帯)]
俺「ところでえりかは?」

ブロッサム「えりかでしたら自宅に居ると思いますよ」

俺「よし」

DD「……」

ブロッサム「えりかのところに行くんですか?私も行きます
      すぐ支度をするのでちょ」

俺「お茶飲もうぜ」

ブロッサム「……」

俺「お前もなんか言えよ」

DD「……う……あ……」

ブロッサム「(この人のペースにはいつも惑わされます)」

シプレ「植物園に行くのですぅ!」

俺「行こう行こう、コッペ様は拝んどなかいとな」

DD「コッペ様?」
72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 05:15:41.76 ID:+NQf5tIeO [59/121回(携帯)]
コッペ様「……」

俺「南無南無……」
シプレ「なむなむ……」
DD「……?」

薫子「あら?コッペ様はお地蔵様ではないのよ」

俺「あ、久しぶりです薫子さん」

薫子「久しぶりねえ
   そちらのお方は?」

DD「……」

俺「ダークドリームです」

薫子「……」

俺「敵じゃありませんよ」
73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 05:18:41.37 ID:srIJFVaE0 [5/6回(PC)]
支援
74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 05:20:57.86 ID:+NQf5tIeO [60/121回(携帯)]
つぼみ「お茶が入りましたよ」

俺「……プリティーウィッチーつぼみッちー」

つぼみ「……なんですか?」

俺「俺えりか呼んでくるからさ
  ダークドリームにお花の名前教えてあげてて」

つぼみ「(お茶を飲むって言ったじゃないですかー!!!)」

DD「……青髭」

俺「すぐ帰ってくるからお留守番な
  シプレー!いこーぜー!」

シプレ「はいですぅ」

薫子「……あーそうそう、私もお仕事があるんだったわ」


つぼみ「……」
DD「……」
75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 05:25:44.06 ID:+NQf5tIeO [61/121回(携帯)]
つぼみ「(ピンチです!初対面の方と二人きりになってしまいました!
     私、こういう状況が苦手です!)」

DD「……」

つぼみ「(それにこのダークドリームさんという方
     絶対普通ではありません!
     はっきり言って怖いです!)」

DD「……」

つぼみ「あ、あの…、お花に興味あるんですか?」

DD「……」

つぼみ「(何か答えてくださいよー!!
     前途多難です!)」
76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 05:32:59.93 ID:+NQf5tIeO [62/121回(携帯)]
…………
……



俺「前途洋々~♪夢模様~♪」

シプレ「入らないですぅ?」

俺「おっさんファッションショップに入るのは無理だなー
  シプレが呼んできてくれよ」

シプレ「わかったで」

えりか「……ッ!!」バタンッ

俺「えりかじゃん、えりか!」

えりか「青髭の君~!!」

俺「えりか~!!」

えりか「ちょっと来て!!!」

俺「やめて!!引っ張らないで!!おっさんここには入りたくな」

シプレ「キュアジョリジョリが引きずり込まれたですぅ!!」
77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 05:38:25.85 ID:+NQf5tIeO [63/121回(携帯)]
えりか「これ着てみて!」

俺「おっさん、こんなオシャレな服着れないなー」

えりか「いいから!!」

俺「(うぜー)」

えりか「実際に誰かに着てもらわないとイメージ掴めないんだよねー」

俺「男用の服のデザインとかもやってんの?」

えりか「ん~?ちょっとね~」

俺「彼氏か、青春だな~」

えりか「ち、違うし!!」

俺「テレんなって!」

えりか「ちがうちがうちがうちがうちが~う!!」
78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 05:51:19.94 ID:+NQf5tIeO [64/121回(携帯)]
つぼみ「これはルコウソウと言って夏に咲く
    つる性の多ね」

DD「あれは?」

つぼみ「(まだ説明の途中ですよー)」

DD「あ、飛んだ」

つぼみ「飛ぶ花!?……って蝶々じゃないですか……」

DD「これは?」

つぼみ「それも蝶々です……」

DD「ふーん……」

つぼみ「(なんで蝶々を知らないんですかー!!)」
79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 05:54:46.65 ID:+NQf5tIeO [65/121回(携帯)]
DD「色が違うよ」

つぼみ「……しゅ、種類が違うんでしょう」

DD「同じ蝶々なのに?」

つぼみ「(……この子はいったいなんなんでしょうか)」

DD「……」

つぼみ「あっ、えーっとですね!それぞれ名前があるはずです!!
    私蝶々にあまり詳しくないので!!
    昆虫図鑑持ってきます!!」



薫子「あらあら……」
80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 05:58:05.56 ID:+NQf5tIeO [66/121回(携帯)]
DD「……」

つぼみ「えーっとですね!!あれは……」パラパラ

DD「……」

つぼみ「ぎゃあああああああああああああ!!!」

DD「!?」

つぼみ「よ、幼虫のページを開いてしまいました……」

DD「大丈夫?」

つぼみ「はい!大丈夫です!」

DD「気をつけて」

つぼみ「はい!」
81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:01:09.97 ID:+NQf5tIeO [67/121回(携帯)]
…………
……



俺「はー……」

えりか「やっぱなーんかイメージと違うなー」

俺「間違いなくモデルが悪いんだよ」


ももか「ただいま」

えりか「おかえりもも姉」

俺「はー……」

ももか「……あら?」

俺「(美希たんじゃない美希たんじゃない)」
82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:05:06.85 ID:+NQf5tIeO [68/121回(携帯)]
ももか「えりか、この人と知り合いなの?」

えりか「え?もも姉も青髭の君と知り合いなの?」

俺「(知り合いじゃねーし)」

ももか「前この人に婆って呼ばれたの」

俺「(ああああああ~~~~~~!!?
   言った!!言いましたー!!)」

シプレ「……」
コフレ「……」

えりか「ちょっと青髭!!どういうこと!?」

ももか「……」

俺「(マジめんどくせーことになってきたぞ)」
83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:19:22.40 ID:+NQf5tIeO [69/121回(携帯)]
えりか「いくら青髭の君でもことと次第によっては
    海より深いあたしの心も、ここらが我慢の限界よ!」

俺「お前の前口上なげーよ」

えりか「ムキーッ!!」

ももか「あと私美希じゃない」

俺「俺の友達に美希って名前でニックネームが婆の中学生がおりましてね
  ほら中学生なのに姿が大人びているから婆と呼ばれておりまして
  その子と間違えたというかですね」

ももか「その子のニックネームが婆でも
    あなたが婆と呼ぶ理由はないじゃない
    あなた結構な歳でしょ?」

俺「いやごもっとも」
84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:25:48.60 ID:+NQf5tIeO [70/121回(携帯)]
俺「申し訳ない」

えりか「美希ってあれでしょ?
    あのすっごい美人さんだよねー」

俺「美人かどうかは知らんが背が高いな」

ももか「蒼乃美希ちゃん?」

俺「なんで知ってんだよ」
えりか「もも姉知ってんの!?」

ももか「同業者だもん」

俺「……美希たんの絡みの多さは異常」

えりか「そういえば青髭の君はなんで今日来たの?」

俺「え?」

えりか「せつなや美希も来てるの?」

ももか「美希ちゃんがいるの?」

俺「(なんだこいつら……?)」
85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:29:18.22 ID:0TRqILrtO [1/1回(携帯)]
またおまえか



よろしく
86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:31:05.64 ID:+NQf5tIeO [71/121回(携帯)]
俺「いや、今日は来てないよ」

えりか「な~んだ」

俺「言っとくけど俺とせつなが一緒に行動することって
  ないに等しいからな」

ももか「美希ちゃんは?」

俺「居ないよ
  (えりかほどじゃねーけどこいつもかなり我が強いぞ
   ぐいぐい話に割り込んでくる)」

えりか「じゃ次はいつ来るのよ!?」

俺「せつなの気分次第じゃないの」

ももか「美希ちゃんを連れてきたときは私にも紹介して」

俺「……あ、はい」
87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:37:55.02 ID:+NQf5tIeO [72/121回(携帯)]
俺「さてと!着替えるか!」

えりか「えー!その服あげるから呉服やめなよ!!」

俺「お前服プレゼントマシーンみたいだな」

ももか「似合ってはいないけど呉服よりいいわよ
    第一、呉服着て町を歩いてるなんて変」

俺「あ、そっすか」

ももか「そうよ」

俺「……えりかー」

えりか「なーにぃ?」

俺「後払いで代金払うからさ
  中学生の女の子が着る服一着用意して」

えりか「青髭の君無職なのにお金払えるの!?」

ももか「無職なの!?」

俺「(こいつら嫌い)」
88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 06:39:52.33 ID:srIJFVaE0 [6/6回(PC)]
そんなに遭いたいのか
89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:42:58.06 ID:+NQf5tIeO [73/121回(携帯)]
えりか「用意するのはいいけどさ
    そんな服どうすんの?」

俺「……」

ももか「美希ちゃんにプレゼントするの?
    やめときなさい、モデルは服にうるさいの」

俺「あーもう!うるせーうるせー!!」

えりか「逆ギレ!?」

ももか「ウザいね、君」

俺「うるせー!!
  いいから来いえりか!!
  来ればわかるから!!」

えりか「いやー人攫いー!!」


ももか「いってらっしゃい……
    ……はぁー……」
90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:46:10.69 ID:+NQf5tIeO [74/121回(携帯)]
つぼみ「むむむ……」

DD「……」


俺「何やってんのお前ら?」


つぼみ「蝶々を捕獲しようとしているんですぅ!!」

DD「……」


俺「なんで蝶々を……」

えりか「うぃーっす!つぼみぃ!」

シプレ「……」
コフレ「……」
91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:46:41.52 ID:NU1geF0qO [2/2回(携帯)]
これじゃもも姉友達出来ないはずだわ
92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:50:33.69 ID:+NQf5tIeO [75/121回(携帯)]
DD「……」


えりか「ねー青髭の君ぃ、あの子誰?」

俺「ダークドリーム」

えりか「ダークプリキュア!!?」
コフレ「ダークプリキュア!!」

俺「……」

えりか「コフレ!!」

コフレ「はいですっ!プリキュアの種、いくですっ!!」

俺「させねーよ」パシッ
えりか「プリキュア!オープンマ」

俺「……」

えりか「……」

俺「……」

えりか「返してよー!!返してー!!」

俺「……」
93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:54:05.60 ID:+NQf5tIeO [76/121回(携帯)]
つぼみ「こちらダークドリームさんです」

DD「……」

えりか「な~んだ~、ダークプリキュアとは関係なかったんだ
    あたし勘違いしちゃったよ!なはは!」

DD「……」

えりか「あんた根暗だね!」

つぼみ「……」パリンッ
俺「メガネ割れたぞ」
94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 06:58:30.88 ID:+NQf5tIeO [77/121回(携帯)]
DD「根暗じゃない!!」

えりか「うわっ!!」

DD「……」

えりか「びっくりしたじゃない!
    急にスイッチ入れないでよ変人!」

つぼみ「(えりかー!!ダメですー!!)」

DD「……う゛~!!」

俺「(犬かお前)」

えりか「なに!やんの!?」

DD「……くっ!青髭!」

俺「……何?」

DD「……」
95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 07:03:57.55 ID:+NQf5tIeO [78/121回(携帯)]
俺「えりかー!」

えりか「なに!?」

俺「プリキュアの種返してやるよ」

えりか「サンキュー青髭の君!プリキュア!オープンマイハート!!」

つぼみ「えええ~~~っ!!!」

俺「人を殺すとダメだから怒れなかったんだろ?」

DD「……」

俺「それがわかってるなら上出来だよ
  よく我慢したな!ダークドリーム!」

DD「……」


マリン「海風に揺れる一輪の花!キュアマリン!!」


俺「よーし、迷惑にならないところで暴れておいで」

DD「うん……」
96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 07:05:29.41 ID:f6xUvzxz0 [1/1回(PC)]
前のサウラースレの奴か?
支援
97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 07:08:11.99 ID:+NQf5tIeO [79/121回(携帯)]
俺「はー……、あいつらの気性は異常だな……」

つぼみ「なにゆったりしてるんですかっ!!!
    えりかやダークドリームさんに何かあったらどうするんですか!!?」

俺「え~?そうならないためにつぼみちゃんが居るんじゃないの~」

つぼみ「……」

俺「…頼んだよ」

つぼみ「もう知りません!!シプレ!」

シプレ「プリキュアの種いくですぅ!!」

つぼみ「プリキュア!オープンマイハート!!」
98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 07:12:42.58 ID:+NQf5tIeO [80/121回(携帯)]
…………
……



薫子「あまり褒められたやり方ではないわね」

俺「……」

薫子「男の子ではないのよ」

俺「はー……」

薫子「……」

俺「……」

薫子「貧乏揺すりするほど不安なら見に行ったら?」
99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 07:16:51.88 ID:+NQf5tIeO [81/121回(携帯)]
俺「薫子さん、俺が居ない間にダークドリームの心の花見てないんスか?」

薫子「いえ、見ていないわ」

俺「たぶん、ダークドリームには心の花がない」

薫子「……ない人間は居ないわ」

俺「人間じゃないみたいですからね」

薫子「……」

俺「もしあいつに心の花があったとしても
  まだ芽を出してもいない」

薫子「……」
100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 07:20:17.44 ID:+NQf5tIeO [82/121回(携帯)]
俺「別に仲良くなってもらわなくてもいいんですよ」

薫子「……」

俺「心の花を育てる糧になることをしてやれば
  とりあえずはそれでいいんです」

薫子「……」

俺「お孫さんを巻き込んだことは申し訳ない」

薫子「……もっとやり方はなかったのかしら?」

俺「申し訳ない」
101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 07:25:05.84 ID:+NQf5tIeO [83/121回(携帯)]
薫子「……」

俺「(やっぱ美希たん使うべきだったかなー……)」

薫子「……」

俺「(美希たんはケンカ売るタイプでも相手を怒らせるタイプでもねーし
   山吹やせつなだとダークドリームが危ないし)」

薫子「つぼみを甘くみないことね」

俺「はい?」

薫子「つぼみなら必ず二人を仲直りさせて戻ってくるわ」

俺「……信じます」
102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 07:33:32.30 ID:+NQf5tIeO [84/121回(携帯)]
…………
……



ブロッサム「もうやめてください!!
      怪我したらどうするんですか!!?」


マリン「偽物のくせに!!!」

DD「偽物じゃない!!!」


シプレ「あわわ!!」

コフレ「ブロッサム!二人を止めるですぅ!!」

ブロッサム「でも私!!こんな戦いについていけませんよー!!」
103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 07:34:49.90 ID:0+PjtUvhO [1/1回(携帯)]
バーロー
104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 07:45:03.93 ID:+NQf5tIeO [85/121回(携帯)]
DD「やっぱりキュアドリームの言うことも
   青髭の言うこともわかんないよ!!」ブゥゥ…ン

マリン「げっ!なにそれ!!」

DD「私一人でだって全然寂しくない!!
   やりたいことだってわからない!!
   笑う方法がわかんないよ!!」

マリン「ちょっと!!タンマタンマ!!」

シプレ「なんかビームみたいなの投げたですぅ!!!」

コフレ「マリン!!逃げるですっ!!!」

ブロッサム「マリンー!!!」
105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 07:51:37.12 ID:+NQf5tIeO [86/121回(携帯)]
ブロッサム「とうっ!!」

シプレ「ブロッサムがビーム蹴り飛ばしたですぅ!!」
コフレ「すごいですっ!!」


DD「……」

マリン「……」


ブロッサム「友達の声を無視してこんな場所で意味もなくケンカして
      私、堪忍袋の緒がきれました!!」



…………
……



俺「お孫さん、キレやすいですよね」

薫子「……」
106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 08:05:04.79 ID:+NQf5tIeO [87/121回(携帯)]
ブロッサム「何が笑い方がわからないですか!!
      私が毛虫触って驚いてコッペ様に抱きついて埋もれたとき
      あんなに笑ったじゃないですか!!」

DD「……」

ブロッサム「あなた笑うの意味ちゃんと理解しているんですか!?
      それからマリン!!」

マリン「なによ」

ブロッサム「初対面の人に根暗なんて言ってはいけません!!
      そんなこと言われたら誰でも怒ります!!」

マリン「仕方ないじゃん根暗なんだから!」

DD「……ッ!」

ブロッサム「いい加減に!!しなさーい!!!」


シプレ「逆にまずいことになってるですぅ」
コフレ「ブロッサムの短気さは異常ですっ」
107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 08:10:11.56 ID:+NQf5tIeO [88/121回(携帯)]
…………
……



つぼみ「……」

DD「……」
えりか「……」


俺「……無事かダークドリームゥゥ!!!」

DD「うん大丈夫」


薫子「つぼみ、大丈夫だった」

つぼみ「うん!」


えりか「なによ、あたしの心配は誰もしないわけ?」
108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 08:15:02.68 ID:+NQf5tIeO [89/121回(携帯)]
俺「え~りかっ!」

えりか「なに?」

俺「すまんねえりか!ありがとうえりか!」

えりか「ダークドリームのせいであたしまで
    ブロッサムにやられたんだからね!」

俺「そうかそうか、それはよかった」

えりか「よくない!!」

俺「お前もようやくブルーっぽくなってきたな」

えりか「ブルー?」

俺「初代ブルーは海パン一枚で生活していたんだぞ」

えりか「な、何の話?」
109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 08:19:49.12 ID:+NQf5tIeO [90/121回(携帯)]
俺「ほんじゃあ帰るかダークドリーム」

つぼみ「ダメですよ」

俺「なんで?」

つぼみ「ダークドリームは私と一緒にえりかの家に遊びに行くんです」

俺「……」

つぼみ「ねっ2人とも!」

えりか「あ、ああ!うん!そうだよ!!」

DD「いってくる」

俺「おお…本当に友達になるとは」


つぼみ「……」

えりか「フンッ」
DD「フンッ」


俺「おおぅ……」
110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 08:21:12.92 ID:2dC9V2qZ0 [1/1回(PC)]
キモい死ね
111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 08:46:47.40 ID:loO6hziwP [1/1回(p2.2ch.net)]
まーくんはプリキュアに対する自衛として
ティンベーとローチンを常備するべき
112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 09:29:36.15 ID:+NQf5tIeO [91/121回(携帯)]
…………
……



俺「おかえり……」

DD「服買ってくれてありがとう」

俺「ん~?」

DD「えりかから聞いたの」

えりか「……」

俺「おう、どういたしまして
  っつってもそれツケなんだよな」

DD「ツケって何?」

俺「えりかにお礼を言いましょうってこと」

えりか(別にいーし)

DD「……」

えりか「……なによ!?」
113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 09:33:38.07 ID:+NQf5tIeO [92/121回(携帯)]
DD「……」

えりか「……」

俺「(俺にはお礼言えてえりかには言えないのかよ)」

つぼみ「ダークドリーム、ちゃんとお礼言わなきゃダメですよ」

DD「……ありがとう」

えりか「……フンッだ!」

つぼみ「えりか!」

DD「……」

俺「ま、オーケーオーケー
  お別れして、帰ろうぜ」

DD「お別れ……」
114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 09:37:33.94 ID:+NQf5tIeO [93/121回(携帯)]
つぼみ「また、また絶対来てくださいねダークドリーム!」

DD「……」

俺「どうしたいの?」

DD「また来てもいいの?」

つぼみ「もちろんですよ!」

俺「さすがつぼみちゃん、人間できてる」

えりか(どーせ私は人間できてませんよ
    悪かったですねー)

DD「えりか……また来ていい?」

えりか「……」

DD「……」
115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 09:43:41.77 ID:+NQf5tIeO [94/121回(携帯)]
えりか「ま、つぼみに会いにくるなら
    あたしは関係ないけど」

DD「……」

えりか「どーしても来たいなら来てもいいわよ」

DD「……」

えりか「ただし、その無愛想な性格少しでも治しなさいよ」

DD「……」

えりか「治ったかどうかはあたしが判断してあげるから」

DD「……どういうこと?」

えりか「もー!!わかりなさいよー///」

俺「ハッハッハッ」

つぼみ「うふっ!」
116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 09:47:09.76 ID:+NQf5tIeO [95/121回(携帯)]
俺「え~りか!」

えりか「ムキーッ!!青髭の君なんて嫌い嫌い!!」

俺「ありがとうな!」

えりか「くぅ~……///」

俺「ほんじゃ帰ろうぜ
  バイバーイ!」

DD「バイバイ」

つぼみ「ダークドリーム、笑ってますよ」

DD「……」

つぼみ「またいつでも来てください」

えりか「またね」
117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 09:51:29.43 ID:+NQf5tIeO [96/121回(携帯)]
…………
……



俺「さて鏡の国に帰ってきたがどーすっかなー」

DD「……」

俺「ダークドリーム?」

DD「……」

俺「……」

DD「……」

俺「また会いに行けばいいじゃない
  あいつらは鏡の向こうにいつもいるんだから
  ちゃんと約束して帰ってきたんだろ?」

DD「うん……」

俺「泣くなよ……」
118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 09:56:45.39 ID:+NQf5tIeO [97/121回(携帯)]
DD「やりたいこと見つかったよ……」

俺「何がしたいの?」

DD「友達が欲しいよ!」

俺「……」

DD「寂しいよ!だから!」

俺「つぼみちゃんのとこに住む?
  それとものぞみたんのとこに行く?」

DD「……」

俺「どうしたい?」

DD「みんなとちゃんと友達になりたい……」

俺「……よしわかった!」
119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 10:03:16.77 ID:+NQf5tIeO [98/121回(携帯)]
俺「どうすれば友達になれるかわからないけど
  とりあえず話してみないとわからないよな」

DD「……」

俺「ピンクのハートは愛あるしるしだよ」

DD「……?」

俺「ダークルージュをここに召喚する」

DD「どうやって?」

俺「鏡から引きずり出す
  鏡の中の世界なら合わせ鏡でこの世界の住民がうつるはずだ
  それを俺を引きずり込んだ要領で引きずり出せ」

DD「……」
120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 10:08:24.08 ID:+NQf5tIeO [99/121回(携帯)]
DD「でも……どう言えばいいのかわからない」

俺「それは俺にもわかんね
  出たとこ勝負で思ってることぶつけてみろよ」

DD「……」

俺「よしやるぞー!」

DD「うん」


…………
……



DR「……ん?」

DD「こっちに来てよ」

DR「なんのつもりダークドリーム!?」
121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 10:13:01.26 ID:+NQf5tIeO [100/121回(携帯)]
DD「ルージュ!!」

DR「なに?」

DD「と、友達!!」

DR「はい?」

DD「友達になろ!!」

DR「……」


俺「なんとストレートな……」

DM『油断しすぎじゃない?』

俺「ああ……」

DM『こっちいらっしゃい』

俺「もう!!」
122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 10:17:31.21 ID:+NQf5tIeO [101/121回(携帯)]
俺「できれば対談という形の争いにしてほしいね」

DM「それを決めるのはこっち…」

俺「パイーン!!」



…………
……



俺『パイーン!!』


せつな「クー……クー……」

祈里「スー……スー……」

美希「スピー……スピー……」
123 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 10:24:38.73 ID:+NQf5tIeO [102/121回(携帯)]
俺「こねー……」

DM「あなたがいったい何をしたいのかがわからない
   他人の面倒なんてみても損するだけじゃない」

俺「ダークドリームのこと?」

DM「そう
   なんなら私があなたを向こうの世界に帰してあげるけどどうする?」

俺「マジで!?帰してくれんの!?」
124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 10:28:06.11 ID:+NQf5tIeO [103/121回(携帯)]
俺「そうだなー、昔の俺なら帰ったな」

DM「……」

俺「でも今の俺は帰らないよ
  だってダークドリームは大切な友達だからね」

DM「……」チュインッ

俺「うおっ!!」

DM「口を慎みなさい
   私は帰れと言っているの」

俺「……」
125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 10:32:08.60 ID:+NQf5tIeO [104/121回(携帯)]
俺「大体のいきさつはダークドリームから聞いたけど
  お前が一番荒んでんなー」

DM「……」

俺「最初は掴み所のない危ないやつだと思ったが
  話を聞いてみればただのヒステリーだ」

DM「……」

俺「ミントになんて言われたんだよ?」

DM「黙って」
126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 10:38:04.62 ID:+NQf5tIeO [105/121回(携帯)]
俺「キュアドリームも酷いことを言う
  自分達は成長できるから過去の自分達を上回れる」

DM「……」

俺「まるでお前らは成長できないと言っているようにも聞こえる」

DM「……」

俺「キュアドリームの言葉は絶対じゃない
  あいつの言葉はまやかしだ」

DM「……」
127 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 10:44:15.17 ID:+NQf5tIeO [106/121回(携帯)]
俺「そう真剣に受け止めるなよ、あいつは言葉の意味をわかってないんだ
  成長できないと言ったあとダークドリームには成長できるとも言った
  あいつの言葉は全てその場を凌ぐために口から垂れ流された嘘だ」

DM「……」

俺「お前らは成長できる
  それを証明するためにダークドリームに世話をやいた」

DM「そんなこと頼んでない!!」

俺「頼まれてなくてもしちゃうし!!」
128 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 11:02:13.95 ID:+NQf5tIeO [107/121回(携帯)]
…………
……



DR「あんたと私は友達だよ
   一緒に戦う仲間じゃないか」

DD「違う!そうじゃない!!そんなの友達じゃないよ!!
   笑いあったり!助け合ったりできる友達になりたいよ!!」

DR「そんな関係面倒臭いだけだよ」

DD「面倒臭いかもしれないけど
   きっとそれだけじゃない!!」

DR「……」

DD「私にも友達ができたんだ!!
   確かに面倒臭いところもあったけど!!
   それでも別れるときに寂しかったんだ!!」
129 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 11:05:49.36 ID:+NQf5tIeO [108/121回(携帯)]
…………
……



DA「……」


DM「キュアミントは私も護りたかったって
   そう言ったのよ!バカにされたの!」

俺「……」

DM「……」

俺「護りたいの意味を知ってんのか?」


DL「……」
130 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 11:13:45.48 ID:+NQf5tIeO [109/121回(携帯)]
俺「ダークドリームの心の花はキュアドリームから離れることで花開いたんだ
  お前らももういい加減にオリジナルに固執するのはやめろ」

DM「……」

DA「……」
DL「……」

俺「俺はお前らを別個体として見てる」

DM「……」



…………
……



DR「私だってそういうのよくわからないんだよ!」

DD「……」
131 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 11:25:09.34 ID:+NQf5tIeO [110/121回(携帯)]
DD「ピンクのハートは愛あるしるし!!」

DR「……は?」

DD「私はキュアドリームのコピーだけどキュアドリームじゃない!
   希望のプリキュアじゃない!!」

DR「……」

DD「だけど自分がなんなのかよくわかんないや」

DR「……」

DD「一緒にそれを探してよ
   友達になって助け合って
   私もルージュのそれを探すから」

DR「……」
132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 11:30:49.36 ID:+NQf5tIeO [111/121回(携帯)]
DR「だけど、何もなくなったら不安だよ」


俺「真っ赤なハートは幸せの証だよ」


DR「……」

俺「俺のとこのプリキュアのだけど
  ヒントに持っていけよ
  気に入らなかったら取り替えればいい」

DR「あ、うん……」

DL「黄色はなんなの~……?」

俺「祈りのしるしだったかな?」

DL「なんか弱そうだからパース」

DA「……」

DD「みんな!」

DM「……」
133 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 11:33:25.08 ID:+NQf5tIeO [112/121回(携帯)]
俺「青は希望だったかな」

DA「いらん」

俺「そうか」

DM「……」

俺「……なんだよ?」

DM「緑は?」

俺「……ごめん居ない」

DM「……」
134 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 11:38:25.44 ID:+NQf5tIeO [113/121回(携帯)]
DM「……」ズーン


俺「……だ、誰か励ましてやれよ」

DD「なんて励ませばいいの?」

俺「それを手探りで探していくとさっき言ったんだろ」

DD「あ、そっか」


DM「……」

DL「ドンマイドンマイ~」

DM「……」

DA「いらんだろう」

DM「いらないけどないとなると少し凹んじゃう」

DD「が、頑張れ!!」


俺「(ムチャだ……)」
135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 11:44:08.33 ID:+NQf5tIeO [114/121回(携帯)]
DD「探そう!緑の言葉を探そう!」

DR「お茶とか?」

DD「やったわミント!お茶があった!」

DM「……」

俺「我慢せずに言いたいことあるなら言えよ」

DM「あなたたちのセンスってダサダサ~」

DR「……」カツン

DD「……」カツン
136 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 11:51:34.13 ID:+NQf5tIeO [115/121回(携帯)]
DL「ケンカはじめちゃったよー」

俺「……短気ばっかだな」

DA「実際に私たちはこれからどうすればいいんだ?」

俺「お前らのルールを作ればいいんだよ」

DA「……」

俺「好きに意見をぶつけて、衝突してを繰り返せばいいさ
  次第に距離感がわかってくるさ」

DL「ふーん……なんか思ってたのと違うね
   もっと面倒臭い規則があるのかと思ってたのに」

俺「人間の世界にはバカみたいにルールがある
  どうしてそれが悪いかわからないようなルールまである」
137 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 11:55:13.85 ID:+NQf5tIeO [116/121回(携帯)]
俺「面倒臭いんだ人間の世界は
  お前も人間の世界に遊びに来るときは人間の世界のルール護れよ」

DL「げー、面倒臭~い」

DA「……」

俺「俺はお前らが羨ましいよ
  自由でいい」

DL「あんたもこっちにいるんじゃないの?」

俺「いや、帰るよ」

DA「……」
138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 12:00:32.37 ID:+NQf5tIeO [117/121回(携帯)]
ラブ『美希たーん!!』
美希『……』
ラブ『どこ捜してもダーリンが居ないんだよー!!』
美希『そ、そう……』
せつな『放っておけばいいわ』
祈里『そのうち帰ってくるって私信じてる!』


DL「これ?」

俺「そうそう、それそれラブラブ」

DL「うっわ~…趣味悪~い」

俺「ぶち殺すぞ」
139 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 12:04:30.67 ID:+NQf5tIeO [118/121回(携帯)]
俺「ダークドリームによろしくことづけとい」

DD「帰るの?」

俺「……」

DD「……」

俺「帰るよ」

DD「……」

俺「帰るなと言いたいなら言えよ
  それでも俺は帰るがな」

DD「また来てね」

俺「……」

DD「遊びに行く」

俺「……」

DD「留守番しとく」

俺「それは違うだろ」
140 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 12:08:19.96 ID:+NQf5tIeO [119/121回(携帯)]
俺「またな!」

DD「うん!」
DM「二度と来るな!」
DR「バイバイ」
DL「バイバーイ!」
DA「……フンッ」

DL「行っちゃったね……」

DD「……」

DL「ドンマイドンマイ~」

DD「うん……」
141 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 12:12:23.33 ID:+NQf5tIeO [120/121回(携帯)]
俺「いやいや、今回もなかなか疲れたな」

ラブ「か、鏡から出てきた!!」

俺「細かいぞラブ」

ラブ「どうやったの?」

俺「秘密だよラブゥゥ~!!!」

ラブ「ダーリーン!!!」


せつな「ケッ」

祈里「(やっぱ私要らないんじゃない)」

美希「一件落着ね」
142 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 12:12:40.73 ID:+NQf5tIeO [121/121回(携帯)]
終わるか
143 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 12:17:18.74 ID:ew9OM5pb0 [2/2回(PC)]
おつかれ
ぶっきーが可愛く見えてくる不思議
144 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 13:22:06.28 ID:/DeAeKLzO [1/3回(携帯)]
ほししてくれ
145 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 14:50:45.45 ID:/DeAeKLzO [2/3回(携帯)]
ログほしいんだよ
146 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 15:30:07.99 ID:/DeAeKLzO [3/3回(携帯)]
協力してくれ
147 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/12(月) 16:32:01.79 ID:t6T4cfZw0 [1/1回(PC)]
ライアーゲーム後からのぶっきーの廃れ具合がww
でもかわいい
148 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/12(月) 17:15:18.55 ID:S/zddX74O [2/2回(携帯)]
俺が読むために俺が保守

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク