ログ速トップ
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 00:40:18.11 ID:XxpUGbhW0 [1/61回(PC)]
俺「なんスか?」

美希「なんスかじゃない!!」

俺「心当たりなさ過ぎてひるむんスけど」

美希「ひるむんじゃない!!!」

俺「・・・ひるむわぁ・・・」
2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 00:42:25.33 ID:XxpUGbhW0 [2/61回(PC)]
俺「俺が一体何したって言うんスか?」

美希「さっきあたしのこと婆って言ったじゃない!!!」

俺「そりゃ・・・」

美希「・・・」

俺「言う日だってあるさ・・・人間だもの」

美希「人間だもので全部許されると思ったら大間違いよ!!!」

俺「お、俺の青春時代のカリスマ馬鹿にすんなよ!!!」
3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 00:50:14.52 ID:RY0kIJUO0 [1/1回(PC)]
まーくんか?
4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 00:51:16.04 ID:XxpUGbhW0 [3/61回(PC)]
美希「あんたってサイテー!!」

俺「あーはいはい、そーッスか」

美希「死ね!このロリコン!!」

俺「・・・それはちょっと凹む」

美希「・・・」

俺「・・・」

美希「もう知らない!!帰る!!!」


シフォン「キュアキュア!!プリプー!!!」


美希「フンッ!」バタンッ
5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 00:52:45.03 ID:XxpUGbhW0 [4/61回(PC)]
俺「シフォン、お前さっきなんかしたろ」

シフォン「キュア?」

俺「インフィニティ様・・・おとぼけにならないで」

シフォン「キュアア?」

俺「おい、お前何した?」

シフォン「キュア?アーオ」

俺「・・・」

シフォン「けんか、ダメー」

俺「はいはい」
6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 00:55:45.06 ID:XxpUGbhW0 [5/61回(PC)]
ラブ「さっき凄い顔の美希たんとすれ違ったけど、また喧嘩したの?」

俺「してないし」

ラブ「ダーリン、嘘はダメだよ!」

俺「したし」

ラブ「もー!なんでダーリンは美希たんと喧嘩ばっかしちゃうの~」

俺「知るか」

ラブ「そんなんじゃダメなんだからね!」

俺「どーせ俺はダメ人間ですよ」

ラブ「そんなこと言ってないよ!!」

俺「言ったし」
7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 00:57:43.27 ID:XxpUGbhW0 [6/61回(PC)]
美希「・・・」

美希「・・・」

美希「・・・」

美希「・・・あたし言い過ぎたのかな?」


祈里「・・・あ!美希ちゃーん!」
8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 00:59:35.90 ID:aG6l6MDa0 [1/1回(PC)]
相も変わらぬ電波ぶりである
9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:01:17.36 ID:XxpUGbhW0 [7/61回(PC)]
祈里「うんうん、それで二人はまたケンカしちゃったわけなのね」

美希「うん・・・」

祈里「いいじゃない婆でも!」

美希「・・・」

祈里「美希ちゃんは影でいろんな人から婆って呼ばれているじゃない!
    どうして青髭さんに言われるとそんなに頑なになってしまうの!」

美希「・・・」

祈里「・・・」

美希「・・・」

祈里「お、おい泣くなよ・・・悪かったよ」
10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:02:01.52 ID:o+ZQQ5IkO [1/2回(携帯)]
ベリー普通に出とるやん
11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:04:16.82 ID:XxpUGbhW0 [8/61回(PC)]
祈里「それより美希ちゃん」

美希「何?」

祈里「胸ポケットに何を入れているのかしら?」

美希「胸ポケット?別に何も入れてないけ・・・何これ?」

祈里「見ようによっては乳首だぜそれ・・・気をつけろよ」

美希「ブッキー・・・発言がもうギリギリよ」

祈里「へへっ・・・すまねぇな」

美希「チンピラ寸前よ」
12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:05:23.91 ID:Wkx/+qfT0 [1/2回(PC)]
>>10
美希ならセーフなんだろう。
というかフレッシュ一本で弄られツッコミ両刀の美希抜きは厳しいだろ、
下手すりゃ絶交したよう見えるし。
13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:06:52.89 ID:XxpUGbhW0 [9/61回(PC)]
美希「これは・・・くるみ?」

祈里「リスにでもやんのか?」

美希「リスなんて飼ってない」

祈里「飼ってるじゃない!」

美希「か、飼ってないけど・・・」

祈里「じゃあ和希ってなんなんだよ!!?」

美希「・・・人間よ!!!」

祈里「リスだろあれ!!リスにしか見えねえ!!!」

美希「どうしたのよブッキー!!!」
14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:09:59.49 ID:XxpUGbhW0 [10/61回(PC)]
せつな「お邪魔します」

俺「ああせつな、いいところに」

せつな「え?」

俺「確かにこのキュアキュアプリプーがさっきなんかしたんだよ」

ラブ「・・・」

せつな「・・・シフォンがまた何かしたの?」

シフォン「キュアア?」
15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:12:33.37 ID:XxpUGbhW0 [11/61回(PC)]
せつな「別段変わった様子はないわ」

俺「おかしいなぁ・・・確かにキュアキュアプリプーってやったんだけど」

せつな「あなたの勘違いよ」

俺「マジで?」

せつな「マジよ」

俺「断定すんじゃねえよ」

せつな「じゃ具体的に何が変わったの?」

俺「・・・何も変わってないけど」

せつな「あなたの勘違いよ」
16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:14:44.48 ID:XxpUGbhW0 [12/61回(PC)]
ラブ「ねーシフォン、何をしたのかなー?」

シフォン「キュアアwwwラーブwwwラーブwww」


俺「可愛いじゃないか」

せつな「ええ、本当に可愛いわ」

俺「主にラブが」

せつな「全くだわ」


ラブ「ねーシフォンー、何かしたのなら教えてくれなきゃダメだよ」

シフォン「キュアアwww」
17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:17:30.79 ID:Ii9ZntiZO [1/1回(携帯)]
山吹ィ!
18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:17:48.41 ID:XxpUGbhW0 [13/61回(PC)]
せつな「やっぱりあなたの勘違いだと思うわ」

俺「俺もそんな気がしてきた」

ラブ「勘違いならよーし!!!」

ニュウウウ……ン

俺「・・・」

せつな「・・・」

ラブ「何々どうしたの!!?」

俺「せつな」

せつな「時空が歪んでいるのかしら?」
19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:20:47.63 ID:XxpUGbhW0 [14/61回(PC)]
俺「シフォン・・・お前・・・何やった?」

シフォン「キュアアwwwwアーオwww」

せつな「何かが始まるみたいね」

俺「冷静ですなー、ラブを見習えよ女子中学生」


ラブ「にゅわあああ!!!なんか変!!!なんか変だよこれ!!!!」


俺「あれだよあれ、あれが若さだよ」

せつな「そうね・・・私には関係のないことだわ」

俺「お前は一旦ラビリンスに帰って外から俺たちを眺めていてくれ」

せつな「もう遅いみたいだわ」

俺「・・・めんどくせー」
20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:23:42.29 ID:XxpUGbhW0 [15/61回(PC)]
俺「何が起こったんだ・・・」

美希「何も起こってないわよ」

俺「・・・」

美希「どうしたの?熱でもあるの?」

俺「いやないよ、気のせいだったようだ」

美希「変なこと言わないでよダーリン」

俺「だからさそのダーリンやめろって、キャラじゃないだろお前」

美希「いいじゃない、あたしがそう呼びたいんだから」

俺「・・・ま、別にいいけどさ」
21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:29:46.07 ID:XxpUGbhW0 [16/61回(PC)]
祈里「・・・ん?」

ラブ「でさー」

祈里「美希ちゃん・・・?あれラブちゃん・・・?」

ラブ「・・・?もーブッキーったらどうしたの?
   美希たんなら青髭さんのところへ行くってスキップして行ったじゃない!」

祈里「・・・そうだったな」

ラブ「もう!あの二人ったらラブラブのアツアツだね!」

祈里「そうね・・・少し妬けるわ・・・」
22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:32:02.07 ID:XxpUGbhW0 [17/61回(PC)]
五右衛門「なーおん・・・なーおん・・・」

せつな「邪魔しちゃダメよ五右衛門
     しばらくここで待ちましょう」

五右衛門「なーおん・・・」

せつな「そう・・・膝の上を警護してくれるのね
     助かるわ」

五右衛門「zzz...zzz...」

せつな「はー・・・」
23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:35:23.38 ID:QS2VoZaJO [1/1回(携帯)]
なん・・・だど・・・
24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:38:41.58 ID:XxpUGbhW0 [18/61回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

美希「・・・」

ラブ「ねえ美希たん、聞いてるの?」

美希「え?ああ、ラブ
    なんの話だったっけ?」

ラブ「あーやっぱり聞いてない!」

祈里「どうしたの美希ちゃん」

美希「・・・さ・・・寒・・・」

ラブ「一月なんだから寒いのは当たり前じゃん」

祈里「もー美希ちゃんったら変なこと言うんだから!」

美希「・・・?」
25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:47:52.81 ID:XxpUGbhW0 [19/61回(PC)]
ラブ「せつなもラビリンスに帰っちゃうみたいだし・・・
    クローバーはもう続けられないのかな・・・?」

祈里「・・・」

美希「・・・え?え?」

祈里「美希ちゃんももう・・・プリキュアで忙しくなることもないし
    モデルの仕事に集中したいよね・・・」

美希「・・・」

ラブ「美希たん、私たちに遠慮しなくてもいいの
    今の率直な気持ちを言ってくれればそれでいいから」

美希「ちょっと待って!」
26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:51:00.71 ID:XxpUGbhW0 [20/61回(PC)]
美希「(どういうこと?)」

ラブ「美希たん・・・」

祈里「ラブちゃん・・・、美希ちゃんだってクローバーを辞めたいわけではないのよ
    でもこれは難しい問題なの」

ラブ「うん・・・」

美希「(覚えてる・・・この話し合い覚えてる・・・
     確かこのあと、あたしはクローバーを脱退すると言った・・・)」

ラブ「・・・」

祈里「・・・」

美希「・・・」
27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 01:57:27.32 ID:XxpUGbhW0 [21/61回(PC)]
美希「(昔の夢でも見てるのかな?
     そうとしか考えられないし)」

ラブ「・・・」

美希「(あたしはあたしの夢のためにクローバーを脱退したけど
     でもそれでモデルとして大成したわけじゃない・・・)」

祈里「・・・」

美希「(なんだかよくわからない日常に巻き込まれて
     結局流されるままの人生を送っている)」

ラブ「美希たん・・・」

美希「(だったらみんなとダンスを続けていればよかったのよ・・・
     夢の中でくらい・・・楽しいことを選んでも・・・いいよね・・・)」
28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:00:08.06 ID:XxpUGbhW0 [22/61回(PC)]
美希「何言ってんのよラブ!」

ラブ「美希たん」

美希「プリキュアとダンス、二束の草鞋でも完璧にこなせるあたしが
    モデルとダンスを両立できないわけがないじゃない」

ラブ「ブッキー!」

祈里「うん!」

美希「クローバーは三人でも続けましょう!」

ラブ「美希たーん!!」

祈里「美希ちゃーん!!」

美希「ちょっと!やめてよラブ、ブッキー!抱きつかないで///」


カオル「いやー・・・青春だねー・・・」
29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:02:51.98 ID:XxpUGbhW0 [23/61回(PC)]
ラブ「遅くなっちゃったね!
    美希たん!一緒に帰ろ!」

美希「ええ、いいわよ」

祈里「じゃああたしこっちだから
    バイバイ2人とも!また明日ねー!」

ラブ「うん!バイバイ、ブッキー!」

美希「また明日ね」
30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:05:41.75 ID:XxpUGbhW0 [24/61回(PC)]
ラブ「近道して帰ろうよ!」

美希「近道って・・・神社から林を突っ切るってわけ?」

ラブ「小さい頃に三人で冒険したじゃん!
    あの道だよ」

美希「そりゃ覚えてるけど・・・」

ラブ「あ・・・もしかして美希たん神社が怖いとか?
    怖がりだなーもう!」

美希「ラブに怖がりとか言われたくない」

ラブ「酷いよ美希たん・・・」
31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:07:11.03 ID:XxpUGbhW0 [25/61回(PC)]
俺「・・・」


ラブ「・・・」

美希「・・・」


俺「げっ・・・人だ・・・」


ラブ「美希たん!ホームレスだよ!!」

美希「あ・・・青髭!?」


俺「・・・」
32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 02:07:33.83 ID:OZth1xe6O [1/3回(携帯)]
支援するぜまー君
33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:16:11.94 ID:OZth1xe6O [2/3回(携帯)]
まー君×美希たんのアナザー?
34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:18:23.71 ID:XxpUGbhW0 [26/61回(PC)]
美希「青髭!!あんた何タバコ吸ってんの!!?」

俺「青髭・・・?」


ラブ「ダメだよ美希たん!危ないよ!!」


美希「カッコつけのつもり?カッコ悪いわよ」


俺「・・・」スタスタ


美希「待ちなさい!」
35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:21:48.83 ID:XxpUGbhW0 [27/61回(PC)]
美希「タバコを渡しなさい!!」

俺「誰だよお前?」

美希「・・・よくできた夢ね
    そうね・・・あたし達まだ出会ってないもんね!」

俺「ちょ・・・中二病かよ・・・」

美希「髪も切りなさい!!髭も剃りなさい!!!」

俺「やだよ・・・俺髭剃ると青くなるから・・・」

美希「それでいいのよ!!」

俺「・・・うぜ」


ラブ「あわわわわ・・・」
36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:27:31.63 ID:XxpUGbhW0 [28/61回(PC)]
俺「・・・つか、馴れ馴れし過ぎね?フー」

美希「ゴホッゴホッ!」

俺「ケケケ・・・いくら俺が人間恐怖症とはいえ、高校生の女の子にはビビらねーし」

美希「あたし中学生よ!!」

俺「・・・馬鹿な」

ラブ「美希たん!もう構うのはやめようよ!!」

俺「そうだそうだ」

美希「ラブ!あなたがそんなんでどうするの!!?」

ラブ「・・・?」
37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 02:28:58.12 ID:fFd9fAwcO [1/2回(携帯)]
ふむ
38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:30:00.02 ID:XxpUGbhW0 [29/61回(PC)]
俺「・・・」

ラブ「・・・」

俺「お前も中学生ではないだろ」

ラブ「・・・ちゅ、中学生だよ!」

俺「・・・あそー、中学生なのー
  おっさんの頃の中学生とはちょっと違うな」

ラブ「ふーん・・・」

俺「興味がない・・・こりゃすまんかった・・・」

ラブ「・・・」
39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:33:33.46 ID:XxpUGbhW0 [30/61回(PC)]
俺「じゃ、バイバーイ、中学生」

ラブ「バ、バイバイ!」


俺「・・・」スタスタ

美希「歩きタバコなんてみっともないことやめなさいよ!!」

俺「ついてくるなよ・・・」

美希「ポケットに入れてるタバコ出しなさい!!!」

俺「おいやめろ
   わかった、お前のベクトルに合わせて答えてやる
   俺はお前なんか前世でも知らんからやめろ」

美希「何言ってんの?馬鹿じゃないの」

俺「・・・」


ラブ「い、行っちゃった・・・」
40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:38:09.33 ID:Wkx/+qfT0 [2/2回(PC)]
展開がまだ見えないが面白いな
41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:42:08.16 ID:XxpUGbhW0 [31/61回(PC)]
俺「でさ、いつまでついてくんの?
  俺の家もうそろそろ着くんだけど」

美希「遠回りして歩いてたくせに我慢弱いのね」

俺「・・・お前俺ん家知ってんのかよ・・・」

美希「あれでしょ?もう見えてるじゃない」

俺「・・・何お前?俺のストーカー?」

美希「あんたなんかストーカーして何が面白いのよ!!」

俺「・・・じゃ、なんで俺の家知ってんの?」

美希「そりゃ毎日のように通ってた時期もあるからね」

俺「・・・あ・・・?お前お婆ちゃんの生徒さんかなんか?」
42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:45:52.48 ID:XxpUGbhW0 [32/61回(PC)]
美希「お婆様って確か茶道家だったわね」

俺「・・・あ、でもそれなら俺が知らないわけねーか・・・
  いや待てよ・・・ガキの頃やってたならわかんねーな・・・」

美希「お茶なんか習ってない」

俺「・・・だったら・・・なんなんだよお前・・・」

美希「もー!夢なのに妙にリアルな反応するわね!!
    このベリー野郎とか婆とか言ったらどうなのよ!!!」

俺「・・・いや、意味わかんねー」

美希「わかりなさい!」

俺「・・・」
43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:49:10.52 ID:XxpUGbhW0 [33/61回(PC)]
俺「結局、お前誰なんだよ?」

美希「蒼乃美希よ!それでキュアベリー!
    いい加減に気づきなさいよ!」

俺「・・・キュアベリーって・・・あのキュアベリーかよ・・・」

美希「やっと気づいたってわけ」

俺「・・・」

美希「・・・」

俺「いや、違う・・・お前はキュアベリーじゃねえ・・・」

美希「なんですって!!」
44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:52:15.33 ID:3uK9AOmiO [1/1回(携帯)]
キュベレイだと思って開いた
45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 02:52:27.56 ID:XxpUGbhW0 [34/61回(PC)]
俺「俺の趣味まで理解してるストーカーなら逆に尊敬するわ
  口外したことねーのに」

美希「・・・」

俺「だよねー、やっぱプリキュアはキュアベリーだよねー
  可愛いよねー」

美希「・・・はん!!?」

俺「ピーチとかパインとかパッションより
  群を抜いて可愛いよねー」

美希「・・・///」

俺「うん、一番好きなプリキュアはキュアベリーだね」

美希「・・・///よ、ようやく夢らしくなってきたじゃない///」
46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 03:03:13.98 ID:XxpUGbhW0 [35/61回(PC)]
美希「じゃ変身してあげる」

俺「マジでー・・・」

美希「変身したらタバコ渡しなさいよ」

俺「オッケー・・・」

美希「チェインジ!プリキュア!ビートアップ!!」

俺「うおっまぶしっ!!」
47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 03:04:59.86 ID:XxpUGbhW0 [36/61回(PC)]
ベリー「ブルーのハートは希望のしるし!
     つみたてフレッシュ!キュアベリー!!」

俺「・・・」

ベリー「どう?」

俺「・・・」

ベリー「・・・」

俺「マジかよ・・・」

ベリー「フフンッ」

俺「タバコ渡すわ」

ベリー「うん!」
48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 03:07:47.16 ID:XxpUGbhW0 [37/61回(PC)]
俺「ちょ待って・・・」

ベリー「何よ?」

俺「・・・待てよ」

ベリー「・・・だから何よ?」

俺「マジかよ・・・」

ベリー「・・・」

俺「マジかよスゲー!!!生キュアベリーだ!!!
  すっげ!!はじめて見た!!!」

ベリー「生キュアベリー・・・フレッシュね・・・」

俺「すげー!!プリティでキュアキュアだ!!!」
49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 03:07:55.77 ID:fFd9fAwcO [2/2回(携帯)]
>ベリー「うん!」

かわいい
50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 03:10:20.04 ID:XxpUGbhW0 [38/61回(PC)]
俺「あ、いや待て・・・」

ベリー「・・・」

俺「・・・サインください!!」

ベリー「・・・え?うん」

俺「可愛い!ハイパー可愛い!!!」

ベリー「ちょ、ちょっと///褒め過ぎよ///
     いつもと違うじゃない///」

俺「・・・?」

ベリー「///」
51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 03:13:18.38 ID:XxpUGbhW0 [39/61回(PC)]
ベリー「じゃあ、タバコも回収したしサインもしたし
     あたし帰るね」

俺「・・・」

ベリー「何寂しそうな顔してんのよ?」

俺「・・・そりゃ、寂しいじゃない」

ベリー「・・・」

俺「憧れのプリキュアとこうして逢えた
   生きててよかった」

ベリー「・・・///」

俺「じゃあね、さようなら」

ベリー「さようなら?またねでしょ」

俺「また会ってくれるのか?」

ベリー「ええ、長い付き合いになるもの」
52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 03:16:06.38 ID:XxpUGbhW0 [40/61回(PC)]
レミ「ちょっと美希!こんな時間までどこに行ってたの!!?」

美希「ちょっとね」

レミ「・・・」

美希「・・・♪」

レミ「・・・美希?」

美希「いい夢見れたし!明日からもガンバロっと!!」

レミ「・・・な、なにか変よ、美希が変だわ・・・」
53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 03:17:17.49 ID:XxpUGbhW0 [41/61回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

チチチ...

美希「うぅん・・・」

美希「ふぁ~・・・」

美希「さぶっ!」

美希「・・・」

美希「寒い!!?」
54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 03:18:28.76 ID:jpEkem0L0 [1/1回(PC)]
mktn!
55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 03:18:59.46 ID:XxpUGbhW0 [42/61回(PC)]
美希「・・・まだ夢の続き・・・?」

レミ「あら美希、起きたの?」

美希「・・・」

レミ「どしたの変な顔して?」

美希「・・・」

レミ「美希ぃ?」
56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 03:22:16.96 ID:XxpUGbhW0 [43/61回(PC)]
美希「(おかしい・・・絶対変だわ・・・)」

美希「(これって絶対夢じゃないわ・・・
     だっていつもの夢とは違いすぎる・・・)」

美希「(思い出すのよ蒼乃美希!
     どうしてこうなったの!!?)」

美希「・・・」グネングネングネン

レミ「美希・・・」


・・・シフォン「キュアキュア!!プリプー!!!」・・・


美希「はっ!!!」
57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 03:29:46.81 ID:XxpUGbhW0 [44/61回(PC)]
美希「ラブ!!!シフォンは!!!シフォンはいる!!!?」

ラブ「・・・」

美希「ラブ!!!」

ラブ「・・・何言ってるの美希たん・・・
   タルトとシフォンはスウィーツ王国に帰っちゃったじゃない・・・」

美希「・・・」

ラブ「・・・」

美希「違うのそうじゃないの!!!そうだけどそうじゃなくて!!!」

ラブ「・・・?」
58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 03:34:17.18 ID:XxpUGbhW0 [45/61回(PC)]
美希「(そうよ・・・タルトとシフォンはスウィーツ王国に
     せつな達はラビリンスへと帰っていったのよ・・・)」

美希「(これがこの頃のあたし達よ・・・
     みんなが戻ってきたのはラブが青髭を連れてきてから・・・)」

美希「(あれはいつだったかなー)」

美希「・・・」グネングネングネン


祈里「美希ちゃん・・・大分悪いみたいね・・・」


美希「あんたもそろそろ猫かぶりやめなさいよ!!!」


祈里「な、なにそれー!!?」

ラブ「美希たんは大分悪いの・・・」
59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:07:05.40 ID:XxpUGbhW0 [46/61回(PC)]
美希「(・・・一つわかったことがある
     あたし、確実に過去に来てる・・・)」

美希「(それも普通に過去に戻ったわけじゃない
     たぶん・・・なんかしらの要因を捻じ曲げた上で過去に来てる・・・)」

美希「・・・」

美希「ま、これ以上一人で考えても仕方ないか
    2月の頭には全員揃うんだし
    全員揃ったら事情を話して協力してもらおっと」

美希「青髭ならきっとなんとかしてくれるわよ」


祈里「美希ちゃーん!ダンスのレッスン始まるわよー!!」

ラブ「クローバーの再出発だよ!!」


美希「うん!今行く!」
60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:10:57.51 ID:XxpUGbhW0 [47/61回(PC)]
2月中旬・・・

美希「(なんで揃わないのよー!!!)」グネングネングネン


ラブ「またはじまったよ・・・」

祈里「最近は落ち着いてたと思っていたのだけど」


美希「あんたいつまで女言葉を使うつもりなのよ!!!」


祈里「・・・美希ちゃん、私に何か怨みでもあるのかな?」

ラブ「美希たんはきっと何か悪いものにとり憑かれているんだよ・・・」


美希「(おかしい!おかしい!絶対おかしいって!!!)」
61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:14:20.76 ID:XxpUGbhW0 [48/61回(PC)]
美希「ラブ!!!あんたいつになったら青髭を連れてくるのよ!!!?」

ラブ「青髭・・・」

美希「・・・」

ラブ「って何?」

美希「あんたのダーリンでしょうが!!!」

ラブ「ダーリン!!?そそそそんなのいないよ///
    それに私、髭の濃いダーリンなんて嫌かな・・・」

美希「この口!!この口がそんなとぼけたことを言うの!!!?」

ラブ「あたたたっ!!!」

祈里「怒りを静めて美希ちゃん!!!」

美希「黙らっしゃい!!!」
62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:18:45.74 ID:82gUnUgVO [1/2回(携帯)]
面白い
63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:20:16.87 ID:XxpUGbhW0 [49/61回(PC)]
美希「あなたあれから青髭とどうなったのよ!!?」

ラブ「だーかーらー青髭って何?」

美希「神社に居たでしょう!!!長髪ボサボサで髭塗れで呉服の変人!!!」

ラブ「あー、あのときのホームレスさん」

美希「あんたのダーリンでしょうが!!!」

ラブ「・・・」

美希「・・・」

ラブ「なっはっはっw冗談きついよ美希たん!
    ないよ!絶対ない!」

祈里「大輔君の間違いじゃないの?」

ラブ「なんで!!?なんでそこで大輔が出るの///」

美希「じゃ、じゃあ青髭は今何をしてるの?」
64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:23:08.73 ID:XxpUGbhW0 [50/61回(PC)]
ピンポーン

ママ「はあい」

美希「青髭・・・じゃない!!まさやは!!?」

ママ「あら?まー君のお友達?」

美希「そうです!!友達です!!!」

ママ「・・・嘘や・・・」フラッ

美希「おば様!!!」
65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:26:38.29 ID:XxpUGbhW0 [51/61回(PC)]
五右衛門「フギャアオー!!!フギャー!!!」

美希「来なさい五右衛門!!!あんたあたしの膝の上で寝るほどなついてたでしょ!!!」


祈里「美希ちゃんが猫を虐待してる・・・」

ラブ「もう・・・ギリギリなんだね・・・」


美希「ブッキー!!!キルンでこの子の言葉を通訳して!!!」

五右衛門『放せ!!!婆!!!あっしをどうするつもり!!?
       やめい!!!やめい!!!お願いッスよ!!!やめたってー!!!』


祈里「通訳する必要がないわ・・・嫌がってるだけだもの!!!」
66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:27:04.13 ID:o+ZQQ5IkO [2/2回(携帯)]
ついにマー君の母上まで…
67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:32:47.10 ID:XxpUGbhW0 [52/61回(PC)]
五右衛門『ゲボッ!!!』

ラブ「吐いた!!!」

美希「大丈夫よ、その子ちょっとのストレスで吐くだけだから」

祈里「大丈夫?・・・少しだけ落ち着いてくれるかなぁ?」

五右衛門『・・・ハァ・・・ハァ・・・
       うおっ!!!目に悪っ!!!ちょっと蛍光色やめて!!!
       目に悪いからやめてー!!!』

祈里「・・・チッ」

ラブ「・・・ブッキー?」

美希「ッシャア!!!」グッ

ラブ「美希たん・・・?」
68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:40:21.69 ID:XxpUGbhW0 [53/61回(PC)]
美希「五右衛門、あんたのご主人様はどこにいるの?」

五右衛門『なんスか?ご主人様って4人いるんスけど』

美希「青髭・・・まさやよ!」

五右衛門『兄さんッスか?兄さんなら旅立ちましたぜ』

美希「旅立った・・・?」

五右衛門『そッス、あっしの知らん・・・
       遠い場所に旅立ったそうッス・・・』

美希「ひきこもりが旅に出るわけがないじゃない」

祈里「それって・・・」

ラブ「・・・」

美希「・・・ちょっと!!冗談やめてよ!!!」
69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:43:47.72 ID:XxpUGbhW0 [54/61回(PC)]
美希「(・・・ラ、ラブが居なかったら・・・そう、その結果もあったかもしれない・・・)」

ラブ「・・・」

美希「そう・・・あの人・・・旅立ったのね・・・」

五右衛門『そッス・・・ジンジャってとこでタバコ吸うとうまいって言って旅立ちましたぜ』


美希「ジンジャね!!!」ダッ


ラブ「はやっ!!!」

祈里「美希ちゃん・・・この猫ちゃんはどうすればいいの・・・」

五右衛門『別にあっし一匹で帰れるッスから』

祈里「そ・・・」
70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:50:47.08 ID:XxpUGbhW0 [55/61回(PC)]
俺「・・・あ、キュアベリーだ」

美希「・・・」

俺「・・・」

美希「あんた、合流もせずにここで何チンタラしてんの?」

俺「チンタラ生きたっていいじゃない」

美希「人間だもの?」

俺「・・・」

美希「・・・」

俺「326」
71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 04:57:43.37 ID:XxpUGbhW0 [56/61回(PC)]
美希「早くラブのところへ行きなさい!!!」

俺「ラブってなんだよ?DQNかよ?」

美希「この口!!!この口がそんなおふざけ言うの!!!」

俺「いって!!!」

美希「あんたの可愛い可愛いプリキュアでしょうが!!!」

俺「俺の可愛いプリキュアはキュアベリーだろう」

美希「(そうだー!何かを捻じ曲げてあたしはここにいるんだー!!!)」

俺「・・・」
72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 05:05:36.74 ID:XxpUGbhW0 [57/61回(PC)]
美希「・・・」

俺「・・・」

美希「タバコやめるんじゃなかったの?」

俺「え?渡すって約束だろ?」

美希「・・・」

俺「あんまり俺からなんもかんも取ってくれるなよ・・・」

美希「・・・」

俺「俺にはあまりにも何もないんだから・・・」

美希「・・・」

俺「これくらい許してくれたっていいだろ・・・」
73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 05:12:01.07 ID:XxpUGbhW0 [58/61回(PC)]
美希「ラブだったそれをやめさせてあげることができたのに
    あたしじゃやめさせてあげることすらできないのね・・・」

俺「・・・何?意味がわかんないよ」

美希「・・・そんな言い方されるとやめてって言いにくいじゃない」

俺「・・・」

美希「・・・」

俺「・・・そんなにやめてほしいの?」

美希「・・・」

俺「じゃ、やーめた!」
74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 05:14:39.43 ID:XxpUGbhW0 [59/61回(PC)]
美希「・・・いいの?」

俺「えー・・・世界を救ってくれた正義のヒーローからのお願いくらい
  一般市民がきく義務くらいあるんじゃないの~?」

美希「・・・」

俺「・・・ほら、没収していけよ」

美希「・・・」

俺「・・・」

美希「えへっ!」

俺「・・・やぁん///キュアベリー可愛いー///」
75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 05:23:55.44 ID:XxpUGbhW0 [60/61回(PC)]
美希「そうよ、別にラブのダーリンとしてじゃなくたっていいじゃない・・・」

俺「・・・?」

美希「ね、一緒に来ない?
    私の友達紹介してあげる」

俺「友達って・・・プリキュアとか・・・?」

美希「正~解!」

俺「・・・やべ、行きてー・・・」

美希「ほらほら、迷ってないで!早く来なさいよ!
    置いてっちゃうわよ!」

俺「おい・・・そこ階段あるんだぞ!
  あぶねーぞ、ベリー!!」

美希「え?――――…
76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 05:26:18.38 ID:XxpUGbhW0 [61/61回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

俺「おーい、美希たーん!美希たーん!!」

美希「・・・んん」

俺「美希たーん!起きろー美希たーん!!!」

せつな「美希ぃ!」

美希「あら?青髭・・・と、せつな!!
    よかった、全員揃ったのね!!?」

俺「・・・?」
せつな「・・・?」
77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 05:50:58.33 ID:vObCYxFD0 [1/2回(PC)]
寝ちゃった?
78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:21:54.31 ID:vObCYxFD0 [2/2回(PC)]
読んでみたけど
青髭がベリーに憧れてるパラレルの過去に跳んで
ラブとmktnの立場が入れ替わったってことか
んで、現実に戻ったと

次の展開楽しみだけど、マー君ベリーが好きなんじゃねとかまた言われるんじゃ
79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 07:07:18.17 ID:MwyMxA9k0 [1/1回(PC)]
クローバー解散→ラブ一人で帰る→遅くなったので変身して帰る→神社で青髭と会う
ってのが正史か
80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 07:15:06.10 ID:DJTdcFGMO [1/1回(携帯)]
まーくんの見る妄想(ゆめ)は何故こんなにも哀しいのかしら
81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 07:54:19.48 ID:OZth1xe6O [3/3回(携帯)]
なぜこんなタイミングで途切れてる……
82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 08:15:35.38 ID:82gUnUgVO [2/2回(携帯)]
まー君・・・
83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 09:07:46.32 ID:zcyfiEYRO [1/1回(携帯)]
また保守する作業が始まるお・・・
84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 09:08:47.62 ID:ULsdAAEjO [1/1回(携帯)]
早く
85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 09:17:41.72 ID:Soh6j+fB0 [1/1回(PC)]
相変わらず引くほどキモい
86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 09:24:02.76 ID:0Thq1GJ6O [1/1回(携帯)]
キュベレイに見えた
87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 09:44:05.15 ID:7ANkyCVE0 [1/1回(PC)]
キュアベリー「なによ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」だと思ったのに
88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 10:55:48.36 ID:+I9vMBWq0 [1/1回(PC)]
今回の続ききになる保守
89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 12:30:39.17 ID:lkWX5F5zO [1/3回(携帯)]
だな
90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 12:50:17.95 ID:EWIBirVm0 [1/3回(PC)]
フレッシュ見てたんだけどもうダメだ。
マーくんいないことに違和感感じるし、ベリーがスゲー可愛く思えるし。
91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 13:57:03.47 ID:J083snWf0 [1/3回(PC)]
これもうマー君の中で脳内完結しちまってるからかかないんだろうなぁ・・・
92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 14:11:05.01 ID:iXKkaroZ0 [1/85回(PC)]
美希「あたし未来から来たの!
    未来って言っても4ヶ月くらいの
    ちょっと先の未来なんだけど!」

俺「・・・」

せつな「何を言っているのかわからないわ」

美希「だからあたしは2月の美希じゃなく6月の美希なのよ!」

俺「非常に3月と4月と5月の美希たんが気になるな」

せつな「微妙に違うのかしら?」

美希「そういうどうでもいいところにつっこむのやめてくれる!!!」

俺「6月の美希って言われても・・・なぁ」

せつな「私も6月のせつなだわ」

俺「せつなさんわかりづらいです、今は6月だろと言ってやってください」

美希「・・・あつ」
93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 14:15:25.44 ID:iXKkaroZ0 [2/85回(PC)]
美希「・・・戻ってる」

俺「・・・美希たん、初夏の陽気にやられて・・・」

美希「戻ってる戻ってる戻ってる!!」

俺「うんうんうん!なんか知らんが手と手を取り合うなら大賛成だ!!」

せつな「知ってるわ、巷でバカップルって呼ばれる変な2人組のよく取る行動よ」

美希「せつな、変なこと言わないでよ!」

俺「そうだよ!バカップルなのはわかりきってるじゃないか!」

せつな「フンッ」

美希「・・・」

俺「どうしたの美希たん?」


美希「・・・」バッ


俺「なにごと・・・」

せつな「どうかしたの?」
94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 14:19:19.27 ID:iXKkaroZ0 [3/85回(PC)]
美希「一つ質問してもい~い?」


俺「なにこの距離感・・・俺のハートブレイクしちゃうよ」

せつな「美希もようやくあなたに愛想が尽きたのよ」


美希「あんたのハニーはラブじゃない
    なんであたしとバカップルになってんの?」


せつな「美希!!言っていいことと悪いことがあるわよ!!!
     ラブがこのまぬけのハニーなわけがないじゃない!!!」

俺「・・・」
95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 14:22:28.18 ID:lkWX5F5zO [2/3回(携帯)]
うおぉぉぉ!!!
戻って来てくれたぁぁぁ!
96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 14:23:05.73 ID:yYdRIueG0 [1/1回(PC)]
おお、起きたか
頑張れ
97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 14:23:32.81 ID:iXKkaroZ0 [4/85回(PC)]
俺「美希たん!変なこと言ってんじゃねーし!!
  俺がいつラブをハニーにしたんだよ?
  変なこと言うなよ!!」


美希「・・・」


俺「俺の可愛い可愛いプリキュアは美希たんだと何度も言ってるじゃないか!」


美希「(な、何がなんだかわからない・・・)」


俺「ラブなんかぶっちゃけどうでもいいし!!!」

せつな「ラブなんか・・・?」

俺「いや、せつなさん、違うんです・・・すみません・・・馬鹿にしたわけじゃないんです」


美希「・・・」
98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 14:27:31.10 ID:iXKkaroZ0 [5/85回(PC)]
俺「美希たーん!そんなに怯えられると・・・凹む・・・
  お願いだからいつものようにこっちに戻ってきておくれ」


美希「・・・」


せつな「あなた美希に何か変なことでもしたんじゃない?」

俺「してないし・・・たぶん・・・」

せつな「そう・・・じゃあ、ようやく美希もあなたに愛想を尽かしたのね・・・」

俺「・・・」

せつな「・・・」


美希「・・・」


俺「もー生きていけなあああああああああああい!!!!!!!!!!!」


美希「ご、ごめん!!そうね!ちょっとあたし変だったわ!!!」
99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 14:36:17.25 ID:iXKkaroZ0 [6/85回(PC)]
ラブ「おっじゃましまーす!!」

祈里「よー!」


俺「美希たーん!!!」
美希「ちょ!!青髭!!やめなさい///」

せつな「・・・はぁ・・・」


ラブ「・・・どういう状況なのかわかんないよ」

祈里「いつも通りの状況じゃねーか」
100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 14:37:54.20 ID:J083snWf0 [2/3回(PC)]
おおぉかえってきたww
101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 14:41:26.16 ID:iXKkaroZ0 [7/85回(PC)]
俺「・・・」

ラブ「・・・」

俺「・・・お前なんか嫌いだ!!!」

ラブ「あっ!酷い!会ってすぐそういうこと言うのやめてっていつも言ってるでしょ!!」

俺「この漢女!お前のせいで俺のいたいけなハートが傷ついたんだ!
  お前なんて愛のプリキュアではねーし!!!」

ラブ「ぬ、ぬわんですってー!!!」

俺「お前なんて差し詰め欲望のプリキュアだ!
  ピンクのハートは欲求のしるし、らんかくフレッシュキュアピーチ野郎だ!!」

ラブ「違うもん!ピンクのハートは愛あるしるしだよ!」


美希「・・・」
102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 14:46:40.62 ID:EWIBirVm0 [2/3回(PC)]
ビビッた。
まさか戻って来るとは・・・
これ俺の幻覚じゃないよね?
103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 14:51:47.90 ID:iXKkaroZ0 [8/85回(PC)]
ラブ「ぐぬぬぬぬ!!!あなたがそういうこと言うなら私も言っちゃうんだからね!!!」

俺「漢女!!漢女!!漢女!!!」

ラブ「ホームレス!!ホームレス!!ホームレス!!!」

俺「・・・ホームレスじゃねえし」

ラブ「ホームレスみたいな姿してたくせに!!!」


美希「・・・」


・・・ラブ「美希たん!ホームレスだよ!!」・・・


美希「・・・あっ」

せつな「どうかしたの美希?」
104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 14:55:32.54 ID:iXKkaroZ0 [9/85回(PC)]
美希「ねえせつな、例えば過去に行って・・・起きたことを変えたらどうなるの?」

せつな「・・・美希?」

美希「例えばの話よ、例えばの話」

せつな「そうね・・・パラレルワールドが発生するが大よその考え方だわ」

美希「・・・」

せつな「それがどうかしたの?」

美希「いえ・・・別に・・・」
105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 15:01:39.12 ID:iXKkaroZ0 [10/85回(PC)]
せつな「でもこっちの世界では時間軸は無限に枝分かれしているが大多数の意見でも
     ラビリンスではそれはマイノリティの意見なのよね」

祈里「・・・」

美希「どういうこと?」

せつな「ラビリンスでは時間軸に対する見解は一本であることがマジョリティなの」

祈里「へぇ・・・」

せつな「例えばAを選択してもBを選択しても同じ結果になるってことあるじゃない
     それってパラレルワールド的考え方だと、枝が合流するか、同じ未来が複数存在するってこと」

美希「・・・」

せつな「変じゃない?」

美希「・・・?」
106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 15:06:28.51 ID:vJ80E+xyO [1/3回(携帯)]
まーくんの頭んなかは日々プリキュア三昧なんだな
107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 15:08:51.59 ID:iXKkaroZ0 [11/85回(PC)]
せつな「もしそうならば・・・人は過去へは行けないわ・・・
     過去に戻るにしても道は枝分かれしているのだから・・・」

祈里「じゃあ、ラビリンスの見解ってどんなんなんだよ?」

せつな「時間軸は一本で、常に書き換えられながら存在している」

美希「・・・じゃあ」

せつな「過去に行って起こったことを帰れば、そこから歴史が改変され更新され
     その状態が未来に反映される」


俺「このファミレスキュア!!ジョイフルで働いてこいよ!!!」

ラブ「ぐぬぬぬ!!!あんたなんか大っ嫌い!!!!」
108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 15:19:52.09 ID:iXKkaroZ0 [12/85回(PC)]
美希「タルト達の世界では時間軸をどう見ているの?」

タルト「・・・ま、大方はラビリンスさんとこと変わらんなー」

美希「・・・」

タルト「8:2で時間軸は一本ゆーのんがスウィーツ王国の見解やで」

美希「・・・」

タルト「だったわいらの言うパラレルワールドとあんさんらの仮定しとるパラレルワールドは
     同じ言葉なのに意味はちごうとりますやん
     どう選択を間違えてもこの世界とスウィーツ王国は派生せんでっしゃろ」

美希「・・・」

タルト「ベリーはん、空想科学に興味でも持ったんか?」
109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 15:28:35.85 ID:iXKkaroZ0 [13/85回(PC)]
美希「(あたしは過去に行って・・・歴史を書き換えたのかしら・・・)」

美希「(本来ならラブが連れてくるはずの青髭をあたしが連れてきた)」

美希「(その結果更新された未来が・・・今ある未来・・・)」


俺「ケッ!!」

ラブ「ケッじゃないー!!」


美希「・・・こんなに変わるのね・・・」
110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 15:34:13.92 ID:D/Ubbq6IO [1/1回(携帯)]
>>5のシフォンの台詞通りになってるから話の筋は通ってるんだよな
111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 15:36:54.30 ID:iXKkaroZ0 [14/85回(PC)]
ラブ「青髭さんはいつもそうなんだよ!!
    よくわからないことで怒って!理由も説明してくれずに!!」

俺「お前が悪くなかったとしてもお前が悪いのだ!!」

ラブ「・・・」

俺「・・・」

ラブ「バカー!!!」

俺「おおう・・・ちょっと言い過ぎたよ
  泣くなよお嬢ちゃん・・・
  いつもの軽口じゃないか・・・あんまり俺に真剣になるんじゃないよ」

祈里「あーあー・・・結局しどろもどろだな」

俺「山吹!!おかしなことを言うんじゃないよ!!!」

ラブ「・・・」


美希「・・・」
112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 15:59:54.01 ID:iXKkaroZ0 [15/85回(PC)]
ラブ「・・・」

俺「ラブは可愛い可愛い!!」

せつな「そうよ!ラブ元気を出して!!」

ラブ「・・・」

祈里「ラブちゃんのメンタルの弱さは異常よー!!」

俺「そうだ!お前そんなんでこの先どうするんだよ!!」

せつな「ラブ、こんなやつのことに真剣になるからいけないのよ」

ラブ「・・・」


美希「・・・」
113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 16:03:21.19 ID:iXKkaroZ0 [16/85回(PC)]
俺「そんじゃねー」


美希「ええ、またね」

ラブ「・・・」

祈里「いつまで凹んでんだよ」


せつな「青髭」

俺「なんスか?」

せつな「来なさい、お説教タイムよ」

俺「・・・いや、わかっちゃいるんスよ
  ラブをおちょくり過ぎちゃあいけないよってことくらい」

せつな「あとできくわ」

俺「毎回中学生にお説教される俺の身になれよ!!」

せつな「あなたが悪いの!!!」
114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 16:05:13.91 ID:J083snWf0 [3/3回(PC)]
ミキタン空気wwwwwwwww
115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 16:13:26.81 ID:iXKkaroZ0 [17/85回(PC)]
ラブ「うわぁぁ~~ん!美希た~ん!
   またやっちゃったよ~!!」

美希「・・・」
祈里「・・・」

ラブ「本当はあんな風に青髭さんと接するつもりなんてないのに!!」

美希「ラブは一つも悪くない・・・」

祈里「お前、あいつにいちいち真剣に向き合ってどうすんだよ
    どう見ても全部青髭が悪いだろ」

ラブ「違うよ!!青髭さんには何かそうしなきゃいけない理由があったんだよ!!」

祈里「ねーから・・・」

美希「・・・」
116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 16:31:03.08 ID:iXKkaroZ0 [18/85回(PC)]
ラブ「青髭さんといろんなこといっぱい乗り越えてきたならわかるはずだよ
    あの人は意味もなく誰かを傷つけるようなことはしないもの
    私たち四人と分け隔てなく接してくれているもの」

祈里「それは非常時だけだろ・・・」

美希「OFF状態では案外簡単に人を傷つけるわ・・・」

ラブ「そんなことないもん!!」

美希「・・・ラブ・・・あなた・・・」

ラブ「・・・、ち、違うよ!私、青髭さんは美希たんのものだよ!!
    美希たんが救ってあげたんだから!!!」

美希「・・・」


ラブ「そ、それじゃ!!バイバイ!!!」
117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 16:33:18.56 ID:iXKkaroZ0 [19/85回(PC)]
タルト「はー、過去へ行くかー・・・夢があるなー」

俺「空想科学フェレットめ」

タルト「誰がフェレットや!わいは可愛い可愛い妖精さんや!!!」

せつな「・・・」

タルト「なんや、昔読んだ本思い出すなー」

俺「どんなんだよ?」
118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 16:37:33.43 ID:iXKkaroZ0 [20/85回(PC)]
タルト「いやな、人が過去へ行く話や」

俺「・・・」

タルト「ま、スウィーツ王国の本やさかい
    時間軸は一本の設定なんやけどな」

せつな「・・・」

俺「俺は時間軸は多元って考え方が好きだな」

せつな「なんで?」

俺「べーつーにー」

せつな「どうせ理想的な自分が別世界に居るってそんな妄想にすがっているんでしょう」

俺「一元の時間軸はあまりに人に優しくないのだよ」

タルト「あんさんら、人の話ちゃんと最後まできいたって」
119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 16:42:18.17 ID:iXKkaroZ0 [21/85回(PC)]
タルト「ほんでな、その子は過去へ行き世界を変えるんやけど
     次第に改編されんかった世界こそがその子の理想の未来やと気付くんや」

せつな「・・・」

タルト「それからその子は記憶を遡りながら
     世界を元あったように戻そうとするんやけど
     ・・・どうやっても戻らんのや」

俺「・・・ほう」

タルト「何でやと思う?」

俺「過去に人が行った地点でイレギュラーが発生しているからだろ?」

タルト「せや!マーはんは察しがええな」

俺「猿でもわかる、フェレットには難しいだけだろ」

タルト「・・・」
120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 16:45:40.71 ID:Bg+ew+R4O [1/3回(携帯)]
美希たん…
121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 16:47:05.48 ID:iXKkaroZ0 [22/85回(PC)]
タルト「改編を繰り返すたびに時間軸に歪みが生じていき
     次第に世界そのものが磨耗して崩壊する危機へと向かっていく」

俺「・・・」

タルト「結局、その子は世界を元に戻すことを諦めるんや」

せつな「・・・改編された世界で生きていくのね」

タルト「いや、改編されてないところまで時間を遡りそこで自殺するんや」

俺「・・・」

せつな「・・・」

タルト「イレギュラーである存在がなくなったことで世界は元に戻る
     その子の死だけを改編することによって」

俺「・・・何やってんだよスウィーツ王国」

せつな「夢も希望もないわ・・・」
122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 16:52:56.15 ID:iXKkaroZ0 [23/85回(PC)]
タルト「ま、思想家の本やさかい
     スウィーツ王国が時間軸の制御に取り組みはじめたとき
     それが危険思想であると否定した本や」

俺「・・・」

タルト「本が出たからといって何かが変わったわけやない
     スウィーツ王国はそんな茶番、気にせえへんで時間軸の制御の研究を続けたんや」

せつな「・・・」

タルト「結局、その時代の科学では時間軸の制御は不可能やと、自然消滅したらしい」

俺「・・・」

タルト「残ったんはなんやよーわからん、悲劇の本だけやったと
     傑作やろ」

俺「若干スウィーツ王国がラビリンスより危険だとわかった」

せつな「ええ、スウィーツ王国が第二のラビリンスへと進むのが目に見えたわ」

タルト「・・・」
123 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:02:56.35 ID:iXKkaroZ0 [24/85回(PC)]
タルト「なあ、マーはんはどない思う?」

俺「・・・」

タルト「時間軸が一元であったとして
     過去へ遡る人間がおって世界を改編したとしたら
     世界は元に戻ると思う?」

俺「・・・」

せつな「・・・」

俺「もう、二度と元には戻らないじゃないかな」

タルト「そか・・・」

俺「もし世界が改編されたとしても
   俺はどんなに世界でも美希たんと一緒にいるから問題ないのだー!!!」

せつな「・・・」

タルト「・・・」
124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:16:18.70 ID:iXKkaroZ0 [25/85回(PC)]
美希「もう一度過去に行って世界を改編するしかない!」

美希「あたしならできるわ!あの時ダンスを続けると選択さえしなければ
    きっと元に戻る!」

美希「あたし、完璧!」

美希「・・・」

美希「ダメよ!今のままじゃラブが可哀想だもの!」

美希「絶対に戻してみせる!」

美希「・・・問題はどうやって過去へ行くかよね」
125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:23:10.24 ID:iXKkaroZ0 [26/85回(PC)]
美希「確か・・・この階段から落ちたときにここに戻れた」

美希「・・・ような気がする」

美希「だったら、またここから落ちれば・・・」

美希「・・・」

美希「ムリよー!」

美希「・・・」


・・・ラブ「美希たーん!」・・・


美希「飛ぶわ!!!」ダッ
126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:25:22.27 ID:iXKkaroZ0 [27/85回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

美希「・・・」

ラブ「ねえ美希たん、聞いてるの?」

美希「・・・」

祈里「どうしたの美希ちゃん?」

美希「戻れた・・・戻れた!戻れたー!!」

ラブ「美希たん・・・?」
127 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:28:15.02 ID:iXKkaroZ0 [28/85回(PC)]
ラブ「せつなもラビリンスに帰っちゃうみたいだし・・・
    クローバーはもう続けられないのかな・・・?」

祈里「・・・」

美希「・・・」

祈里「美希ちゃんももう・・・プリキュアで忙しくなることもないし
    モデルの仕事に集中したいよね・・・」

美希「うう・・・(・・・心を鬼にするの!)」

ラブ「美希たん、私たちに遠慮しなくてもいいの
    今の率直な気持ちを言ってくれればそれでいいから」

美希「そうね・・・あたし、これ以上クローバーは続けられないわ・・・」
128 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:30:32.22 ID:iXKkaroZ0 [29/85回(PC)]
ラブ「・・・そうだよね・・・」

美希「違うの・・・クローバーでいることが嫌なわけじゃないの!」

ラブ「わかってる・・・美希たんには美希たんの夢があるもんね」

美希「・・・」

ラブ「・・・」

祈里「・・・」

ラブ「私、もう帰るよ・・・」

美希「・・・」


カオル「・・・青春だね・・・」
129 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:32:15.40 ID:TwzHBM37O [1/1回(携帯)]
未来でまってる
130 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:33:15.04 ID:iXKkaroZ0 [30/85回(PC)]
ラブ「・・・」

ラブ「凹んでても仕方ないよ!元気出さないと!」

ラブ「美希たんには美希たんの夢があるんだもの」

ラブ「私、どーしよーかなー・・・」

ラブ「・・・」

ラブ「いけない!早く帰らないと遅くなっちゃう!」

ラブ「・・・」キョロキョロ

ラブ「チェインジ!プリキュア!ビートアップ!!」
131 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:34:55.98 ID:iXKkaroZ0 [31/85回(PC)]
ピーチ「・・・」

俺「・・・うわ、生プリキュアじゃん生プリキュア」

ピーチ「・・・」

俺「・・・」

ピーチ「・・・」

俺「・・・」

ピーチ「・・・」
132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:47:51.85 ID:iXKkaroZ0 [32/85回(PC)]
美希「よし!戻せた!!」

美希「これでいいのよ!」

美希「うん・・・きっとこれでいいの・・・」

美希「・・・」

美希「はやく帰ろっと・・・」

美希「・・・――――…
133 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:49:35.52 ID:loJzs0Fw0 [1/1回(PC)]
二次元の住人ってこういうことか・・・オレには無理だな
134 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:51:16.50 ID:iXKkaroZ0 [33/85回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

美希「・・・」

ラブ「でさー」

祈里「うんうん・・・」

ラブ「大輔ったらミユキさんに叩かれてたんだよ」

祈里「それは大輔君が悪いと思うわ」

ラブ「だよねー!自業自得なんだから」

美希「・・・戻った」
135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 17:53:41.95 ID:iXKkaroZ0 [34/85回(PC)]
美希「ねえねえ2人とも!青髭のところへ行かない!」

ラブ「・・・」

祈里「・・・」

美希「反応薄いわよ!いつものラブだったら「うん!行く行く」って答えてるじゃない!」

ラブ「・・・青髭」

祈里「ってなんのことかしら・・・?」

美希「・・・」

ラブ「・・・」

祈里「・・・」

美希「なんで・・・?」
136 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:03:50.65 ID:iXKkaroZ0 [35/85回(PC)]
美希「まさやよ!とぼけないでよ!!」

ラブ「まさや?」

祈里「ああ、まさやさん・・・」

美希「そうよ!」

ラブ「ブッキー知ってるの!?」

祈里「せつなちゃんとラビリンスへ行った人じゃない」

ラブ「あー、あの人まさやって名前だったんだ」

美希「・・・はい?」
137 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:06:39.34 ID:iXKkaroZ0 [36/85回(PC)]
俺「・・・」

せつな「相変わらず暇そうな貸本屋ね」

俺「うるせーな・・・」

せつな「たぶん店主の愛想が悪いからお客さんが来ないのよ」

俺「違いますぅ!!」

ウエスター「おーい青髭ー!本貸してくれー!」

俺「ああ、いいぞ」
138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:10:13.05 ID:iXKkaroZ0 [37/85回(PC)]
サウラー「貴様はいつも向こうの世界の漫画しか借りんな」

ウエスター「だって漫画面白いだろーが」

サウラー「漫画では本を読む意味がないにも等しいぞ
      本とは叡智の集まるものだ、娯楽のための本など本来の意味を失っている」

俺「偉そうなこと言うんだったら立ち読みやめてくれる!!
  借りてくれるウエスターの方がよっぽど常識的なんだからね!!!」

サウラー「・・・」

俺「あ、無視?無視しちゃうの?」

サウラー「・・・僕は座って読んでいるじゃないか」

俺「それはおめーの椅子じゃねー!高いところの本を取るための台だボケ!!」
139 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:14:46.11 ID:iXKkaroZ0 [38/85回(PC)]
せつな「根暗同士馬が合うのね」

俺「ぶち殺しますわよ」

サウラー「全くもって遺憾だ、今の言葉取り消してもらうぞイース」

ウエスター「なー青髭ー、他にお奨めの本ってないのか?」

俺「あー・・・大体読んだんじゃねーの?
  あとは自分で探せよ」

ウエスター「・・・品揃えが悪いぞ」

俺「出版関係が全滅してるラビリンスじゃ、本の意味がねーからな
  みんな電子ブックなんだよ・・・こんな貸本屋に品揃えを求めるな」

ウエスター「電子ブックだと!?あれはいかん!目がチカチカするからな!!」

せつな「ウエスターらしいわ」

俺「電子ブックを書庫に起こして貸本ってどうよ?」

サウラー「時代を後退させてどうする」
140 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:28:52.74 ID:iXKkaroZ0 [39/85回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

せつな「この世界に居場所がないならラビリンスにでも来てみる?」

俺「ラビリンスに行ったって何かが好転するわけじゃねーさ」

せつな「・・・」

俺「せつなんがどーしても来てくれって言うなら行ってあげてもいいけどお!!!」

せつな「野垂れ死になさい」

俺「・・・」

せつな「どうせ同じ結末になったとしてもいいじゃない
     誰も自分を知らない世界に行きたいと言ったのはあなたよ!」

俺「・・・」

せつな「私はすぐラビリンスに帰るけど・・・どうするの?決めなさい」

俺「・・・」
141 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:31:39.35 ID:iXKkaroZ0 [40/85回(PC)]
俺「俺はメビウスのやり方を間違っていると感じたことはねー」

せつな「・・・」

俺「だからプリキュアによって改編された世界は結局ここと同じになる」

せつな「・・・」

俺「だからラビリンスだってこれから、俺には生きづらい世界になるんだよ」

せつな「わかったわ、さようなら」

俺「ただ!」

せつな「・・・」

俺「どうせ最低のこの世界で生きるくらいならそっちに行った方が幾分マシか」

142 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:33:34.49 ID:iXKkaroZ0 [41/85回(PC)]
俺「俺も流動的な世界で生きてみたい・・・のかもしれない」

せつな「・・・」

俺「ここはもう停止寸前なんだ」

せつな「意味がわからないわ、はっきり言いなさい」

俺「・・・行くよ・・・ラビリンスに・・・」

せつな「・・・いらっしゃい」



美希「なんでこうなってるの・・・」
143 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:50:32.23 ID:iXKkaroZ0 [42/85回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

ラブ「せつなもラビリンスに帰っちゃうみたいだし・・・
    クローバーはもう続けられないのかな・・・?」

祈里「・・・」

美希「(どこか・・・どこかを間違えたのよ!)」

祈里「美希ちゃんももう・・・プリキュアで忙しくなることもないし
    モデルの仕事に集中したいよね・・・」

美希「(この時あたしはなんて答えたの?
     絶対に戻さなきゃいけないの!)」

ラブ「美希たん、私たちに遠慮しなくてもいいの
    今の率直な気持ちを言ってくれればそれでいいから」

美希「(時間?間よ、あたしならもっと間をかけた筈よ!)
    少し時間をくれるかしら?」
144 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:53:06.32 ID:iXKkaroZ0 [43/85回(PC)]
ラブ「美希たん・・・」

祈里「ラブちゃん・・・、美希ちゃんだってクローバーを辞めたいわけではないのよ
    でもこれは難しい問題なの」

ラブ「うん・・・」

美希「(どれくらい・・・どれくらい待てばいいの・・・
     もう十分よね・・・?)」

ラブ「・・・」

祈里「・・・」

美希「やっぱり、あたし、クローバーを続けられないわ」
145 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:54:13.92 ID:iXKkaroZ0 [44/85回(PC)]
ラブ「・・・そうだよね・・・」

美希「・・・」

ラブ「わかってる・・・美希たんには美希たんの夢があるもんね」

美希「・・・」

ラブ「・・・」

祈里「・・・」

ラブ「私、もう帰るよ・・・」

美希「(これで・・・これで元に戻るはず・・・)」


カオル「・・・青春だね・・・」
146 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:54:55.12 ID:iXKkaroZ0 [45/85回(PC)]
ラブ「・・・」

ラブ「凹んでても仕方ないよ!元気出さないと!」

ラブ「美希たんには美希たんの夢があるんだもの」

ラブ「私、どーしよーかなー・・・」

ラブ「・・・」

ラブ「いけない!早く帰らないと遅くなっちゃう!」

ラブ「・・・」キョロキョロ

ラブ「チェインジ!プリキュア!ビートアップ!!」
147 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:56:01.46 ID:iXKkaroZ0 [46/85回(PC)]
ピーチ「・・・」


俺「・・・」



ピーチ「・・・」



俺「・・・」
148 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:58:36.53 ID:VlboxsT10 [1/2回(PC)]
ベリーかわいい
149 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 18:59:01.12 ID:iXKkaroZ0 [47/85回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

祈里「それは大輔君が悪いと思うわ」

ラブ「だよねー!自業自得なんだから」

美希「青髭!まさやは!!?」

ラブ「・・・」

祈里「・・・」

美希「やっぱりせつなとラビリンスに行ったの!!?」

ラブ「・・・まさや」

祈里「って誰のことかしら・・・?」

美希「・・・」

ラブ「・・・」

祈里「・・・」
150 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:03:43.28 ID:iXKkaroZ0 [48/85回(PC)]
俺「・・・」


美希「・・・」


俺「げっ・・・人だ・・・」


美希「あ・・・あんたこんな場所で何やってるのよ!!?」


俺「・・・タバコ吸ってんだよ・・・」


美希「違う!!そうじゃないでしょ!!!」
151 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:06:28.71 ID:iXKkaroZ0 [49/85回(PC)]
美希「あんたはラブにタバコをやめろと言われてタバコやめたじゃない!!!」


俺「・・・」


美希「ラブに謝るために髪を切って髭を剃ったじゃない!!!」


俺「・・・」スタスタ


美希「シフォンの悪戯でいろいろあったじゃない!!!他のプリキュアと会ったりしたじゃない!!!」



俺「誰だよお前・・・」スタスタ



美希「青髭ー!!!」
152 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:11:21.70 ID:Nw/JdiVNO [1/1回(携帯)]
プリキュアに出会ってないまーくんのなんと輝いていないこと
153 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:18:52.57 ID:iXKkaroZ0 [50/85回(PC)]
美希「助けてよ!!!ねぇお願いだから助けてよ!!!」

美希「あたし一人じゃどうにもならないの!!!」

美希「お願いだから!!!」

美希「お願いだから・・・」

美希「誰か助けてよ・・・」

美希「青髭ぇ・・・」
154 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:20:14.51 ID:iXKkaroZ0 [51/85回(PC)]
美希「・・・・・・」

美希「・・・・・・」

美希「・・・・・・」

美希「・・・・・・」

美希「・・・・・・」

美希「・・・・・・」


俺「うわぁ・・・まだ居る・・・」
155 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:21:30.10 ID:8bTy7Jqi0 [1/1回(PC)]
ただでさえ可愛い美希たんをマー君が書くと
洒落にならないくらい可愛いから困る
156 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:22:52.79 ID:iXKkaroZ0 [52/85回(PC)]
俺「お嬢ちゃん・・・お嬢ちゃん・・・」

美希「・・・」

俺「お嬢ちゃん・・・いつまでここに居るんだよ?」

美希「・・・」

俺「・・・」シュボッ

美希「・・・」

俺「何?悲劇のヒロインみたいな夢物語演じてんの?」

美希「・・・」

俺「よっしゃ、おじちゃんその夢物語聞いちゃうぞー!」
157 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:23:57.21 ID:iXKkaroZ0 [53/85回(PC)]
俺「・・・」

美希「・・・」

俺「・・・」

美希「・・・」

俺「・・・」

美希「・・・聞いて」

俺「・・・ああ、いいよ」
158 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 19:27:36.37 ID:8YIL9uFR0 [1/3回(PC)]
マー君絶好調
159 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:30:02.20 ID:EWIBirVm0 [3/3回(PC)]
もう原作なんてどーでもいいや。
160 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:31:34.33 ID:/THNpOllO [1/2回(携帯)]
まさや頑張れ
161 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:31:57.52 ID:iXKkaroZ0 [54/85回(PC)]
俺「へー・・・俺ってキュアピーチとラブラブなんだ・・・」

美希「そうよ・・・」

俺「ありえねー・・・俺ってばキュアベリー派なのに・・・」

美希「・・・」


・・・美希「ねえラブ・・・まさやと初めて会ったとき、どんな話をしたの?」・・・
・・・ラブ「まさやって・・・せつなとラビリンスへ行った人・・・?」・・・
・・・美希「お願い、今その情報が必要なの・・・初めて会ったのはラブのはずでしょ」・・・
・・・ラブ「・・・あーそうか・・・そういえばそうだよね・・・」・・・
・・・美希「・・・」・・・
・・・ラブ「確か・・・」・・・


・・・ピーチ「・・・」・・・
・・・俺「・・・うわ、生プリキュアじゃん生プリキュア」・・・
・・・ピーチ「・・・」・・・
・・・俺「・・・どーせならキュアベリーが良かったのに・・・」・・・


・・・たぶん・・・なんかしらの要因を捻じ曲げた上で過去に来てる・・・

美希「・・・そっか・・・そうだったんだ・・・何も・・・捻じ曲がってなかったんだ・・・」
162 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:43:34.76 ID:iXKkaroZ0 [55/85回(PC)]
俺「・・・」

美希「あたし・・・どうすればいいのかな?」

俺「うーん・・・よーわかんねーけど・・・
  詰まる話が・・・そのなんだかスーパー人間の俺に相談したいわけだろ?」

美希「そうね・・・こういうとき・・・あなたならなんとかしてくれるもの」

俺「だったら・・・会えばいいんじゃないの?その俺に・・・
  いや、正確に言うとちょっと違うが一番近い俺に・・・」

美希「・・・」

俺「一番最初に世界を改編したとき・・・その世界には蒼乃ッチとラブラブなだけの
  お前の知ってる俺が居たんだろ?」

美希「あ、そっか・・・」

俺「もう一度その世界に行って・・・行けるかは知らねーけど
  行けたなら俺はたぶん・・・協力するんじゃないかな?」

美希「それよ!!!」
163 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:47:48.90 ID:iXKkaroZ0 [56/85回(PC)]
美希「ありがとう青髭!!!」

俺「おう・・・なんかよーわかんねーが・・・」


美希「そうよ!!もう一度、あたしが!!青髭を未来に連れて行けばいいのよ!!!」


俺「最近の中学生は面白いことを考えるんだなー・・・
  ・・・中学生とラブラブな俺か・・・夢があるのう!!!!」


美希「早く!!早く戻らないと!!!」


俺「おい・・・そこ階段あるんだぞ!
  あぶねーぞ、蒼乃ッチ!!」



美希「あたし、完璧!!――――…
164 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 19:52:07.22 ID:iXKkaroZ0 [57/85回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

ラブ「ねえ美希たん、聞いてるの?」

美希「戻った!!」

祈里「戻った?」

ラブ「そうだよ・・・せつな、ラビリンスに戻っちゃったよ・・・」

美希「早く行かないと!!」

祈里「美希ちゃん?」

ラブ「どこ行くの!?」

美希「早く行かなきゃいけないの!!
    ダンスだったら続けるわ!あたしクローバーでいたいもの!!」

祈里「・・・あはっ!」

ラブ「やったー!!」


美希「青髭ー!!!」


カオル「いやー・・・青春だねー・・・」
165 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 20:05:46.51 ID:iXKkaroZ0 [58/85回(PC)]
・・・俺「お婆ちゃんが死んでから・・・なんかよくわかんねーんだ・・・」・・・

・・・美希「よくわかんない?」・・・

・・・俺「何をすればいいのかよくわかんないっていうか・・・」・・・

・・・美希「・・・」・・・

・・・俺「誰も俺を叱ってくれないし・・・誰も俺を褒めてくれないんだ・・・」・・・

・・・美希「・・・」・・・

・・・俺「自由にしろって言われて・・・今までの全部なくなって・・・」・・・

・・・美希「・・・」・・・

・・・俺「俺って結局・・・言われるがまま生きてきた人間だから・・・俺には何も残ってないんだ・・・」・・・

・・・美希「・・・」・・・

・・・俺「俺ってこれから・・・どうすればいいんだろうな・・・」・・・
166 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 20:09:50.50 ID:iXKkaroZ0 [59/85回(PC)]
・・・美希「何バカなこと言ってんのよ・・・」・・・

・・・俺「・・・」・・・

・・・美希「そんなの誰だってそうじゃない・・・」・・・

・・・俺「・・・」・・・

・・・美希「あたしだって・・・結局どうしてこうなったかわからない世界を生きてた・・・」・・・

・・・俺「・・・」・・・

・・・美希「忙しかった日常が終わったのよ・・・それだけのことなの・・・」・・・

・・・俺「・・・」・・・

・・・美希「少し暇になっただけ・・・その隙間が凄く不安だったりする・・・」・・・

・・・俺「・・・」・・・

・・・美希「それだけのことなのよ・・・」・・・

・・・俺「・・・」・・・
167 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 20:16:32.99 ID:iXKkaroZ0 [60/85回(PC)]
・・・美希「あんたと居れば暇なんてこと縁がないけどね・・・」・・・

・・・俺「・・・だけど俺は自由にやると失敗するんだ」・・・

・・・美希「あんたが道を間違えそうなときはあたしが首輪を引っ張ってあげるわよ・・・」・・・

・・・俺「そうか・・・それもありだな・・・」・・・

・・・美希「もう少しけたたましい日常を楽しみましょ・・・」・・・

・・・俺「そうだな・・・」・・・

・・・美希「・・・」・・・

・・・俺「・・・美希たんでよかった・・・俺を助けてくれた人が・・・」・・・

・・・美希「だってあたし・・・希望のプリキュアなのよ・・・」・・・

・・・俺「・・・」・・・

・・・美希「あたし、完璧・・・」・・・

・・・俺「完璧な人はあんま泣き言とかいわねーよ・・・」・・・

・・・美希「完璧だもーん!」・・・
168 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 20:18:41.16 ID:b9i87b/JO [1/1回(携帯)]
さすがキャアプルーンや・・・
169 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 20:22:35.57 ID:iXKkaroZ0 [61/85回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

美希「・・・」

タルト「ベリーはん、寝ながら泣いとりますやん」

俺「おのれ!!美希たんを泣かすやつは俺が断罪してやる!!!」

タルト「誰を断罪するんでっか・・・?」

俺「・・・おのれキュアピーチめ!!!」

タルト「ピーチはんは何も悪うありませんやん・・・」
170 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 20:25:13.39 ID:rwGsNB7b0 [1/1回(PC)]
美希たん完璧だ
171 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 20:30:45.94 ID:vJ80E+xyO [2/3回(携帯)]
まーくん今回は最後まで頼むぞ!
超気になる
172 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 20:32:10.67 ID:iXKkaroZ0 [62/85回(PC)]
美希「・・・青髭」

俺「美希とわぁ~ん!!」

美希「青髭!!いつもの青髭なのね!!!」
俺「いやぁん///タルト居るんだぞ///」

タルト「ワイ目瞑っとくわ・・・」

美希「よかった・・・よかった///」

俺「美希たん?」

美希「・・・ねぇ聞いて2人とも」

俺「・・・」

タルト「・・・ワイもかいな!!!」
173 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 20:35:37.54 ID:iXKkaroZ0 [63/85回(PC)]
俺「・・・」

タルト「なるほどなー・・・世界を改編なー・・・って信じられるかいな」

美希「・・・」

タルト「どーせベリーはん、夢でもみとったんでっしゃろ
    長い夢みとりましたなー」

俺「タルト、スウィーツ王国の時間軸制御に関しての研究資料を全部持って来い」

タルト「はぁ!!?全部でっか!!?」

美希「青髭・・・」

俺「俺は美希たんの言っていることは全部信じるのだー!!!」

タルト「いやー・・・そのー・・・あれは超極秘資料というか、そのー・・・」

俺「もしもしせつな、スウィーツ王国襲撃するから手伝――…」

タルト「持ってくればえーんでしょう!!!」
174 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 20:38:15.16 ID:iXKkaroZ0 [64/85回(PC)]
俺「・・・」

タルト「・・・」

俺「・・・タルト・・・お前ら・・・ラビリンスと変わらないな・・・」

タルト「スウィーツ王国にも・・・タカ派の妖精くらいおりますやん・・・
    だからあんはんにこの資料見せんの嫌やったんや・・・」

美希「・・・」

俺「・・・」ペラッ

美希「何かわかった?」

俺「ちょっと待てって・・・」
175 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 20:49:56.37 ID:8NF4eJVS0 [1/2回(PC)]
ここで終わりは殺生だぞ
176 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 20:55:32.29 ID:Bg+ew+R4O [2/3回(携帯)]
ああ美希たん可愛い
177 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 21:04:16.38 ID:onXEIVRB0 [1/4回(PC)]
止めないでぇぇ
178 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 21:18:19.01 ID:iXKkaroZ0 [65/85回(PC)]
俺「・・・」

美希「zzz...zzz...」

タルト「えー気なもんやなー
    マーはんに面倒なこと押し付けてベリーはんまた寝よったで」

俺「・・・」ペラッ

タルト「・・・マーはんイライラしてはります?」

俺「何が?」

タルト「ベリーはんのワガママさは異常でっしゃろ」

俺「べーつーにー」
179 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 21:23:32.57 ID:iXKkaroZ0 [66/85回(PC)]
俺「疲れてんだよ美希たんは
  話聞く限り大分寝てないからな」

タルト「ホンマに信じるんでっか?」

俺「信じるし」ペラッ

タルト「こう言っちゃなんやけど、マーはん、ベリーはんを甘やかし過ぎやで
     男だったらこうガツーンと言うことは言わなならんでしょ」

俺「言うよ、これが終わったらちゃんと言うよ」

タルト「せや、いわな・・・言うんでっかー!!!?」

俺「言えって言ったり言うのかと驚いたり、なんなんだよお前」

タルト「・・・」

俺「美希たんが助けを求めてきたなら俺は助けなきゃいけない
  助けれもしないのに俺だけが私情で好き勝手言ってどうする?
  言いたいことは美希たんを助けた後だ、そうだろタルト」

タルト「・・・完璧主義者でんなー・・・」
180 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 21:27:52.13 ID:iXKkaroZ0 [67/85回(PC)]
タルト「これ、どうでっか?」

俺「なんだこれ?研究資料と関係あるのか?」

タルト「息抜きも必要でっしゃろ!
     時間軸制御の思想を全否定した思想家の本や」

俺「アンチ派か・・・」

タルト「せや・・・」

俺「アンチ派ってやつは、案外事象をよく理解しているからな
   ま、志が否定するための理解だから結局は双方の考えは交わらないのだけれども」

タルト「息抜きやゆーとりますやん」

俺「ちょっと読んでみるか」
181 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 21:29:57.92 ID:iXKkaroZ0 [68/85回(PC)]
俺「・・・」

タルト「・・・」

俺「お前・・・俺に美希たんを殺させるつもりか・・・」

タルト「息抜きやゆーとろーが!!!」

俺「・・・」

タルト「・・・」

俺「・・・」ペラッ

タルト「・・・」

俺「ほう・・・」

タルト「・・・わかりましたのん?」
182 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 21:37:36.03 ID:iXKkaroZ0 [69/85回(PC)]
美希「ううん・・・」

俺「おっはよー美希たーん!!!」

美希「・・・あ、青髭・・・おはよー・・・」

タルト「・・・」

美希「・・・そうだ!何かわかったの!!?
    あたしどうすればいいの!!?」

俺「・・・」

タルト「・・・」

183 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 21:40:52.43 ID:fH82a6Jb0 [1/1回(PC)]
俺のmktnを困らせるなんていくらぷりぷー様でも許せん
184 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 21:42:16.18 ID:iXKkaroZ0 [70/85回(PC)]
俺「俺に時間を飛ぶ技術はないから推測の域を出ないけど・・・
   美希たんの言っていたことの整合性ある理屈はわかった」

タルト「・・・」

俺「でも、これは危険だからダメー・・・ダメなのだー!」

美希「教えなさい!!」

俺「ダメー!!!」

美希「教えなさいよ!!!」

俺「ダメー!!!」
185 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 21:46:28.60 ID:iXKkaroZ0 [71/85回(PC)]
タルト「ベリーはん!あんまマーはんに迷惑かけちゃダメや!!!」

美希「迷惑・・・?」

タルト「マーはんは比較的早い段階でそれがわかったけど
     別の理屈も考えとったんや!!危険の少ない方法を!!
     でもみつからへんかった!!」

俺「・・・」

タルト「マーはんが危険やと判断したんやから!!
     それくらい認めて従ってあげてもえーんやないの!!?」

美希「・・・」

俺「やめよう・・・世界の改編なんて繰り返したっていいことにはならない
   最小限の改編で留め世界が回るならそれでいいじゃないか」
186 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 21:56:19.92 ID:iXKkaroZ0 [72/85回(PC)]
美希「迷惑・・・そう迷惑よ・・・
    あたし取り返しのつかない迷惑をあなたにかけてるもの!」

俺「そんな迷惑かけられた覚えないもんねー!!!」

美希「かけてるもの!!
    あなたが忘れているだけじゃない!!」

俺「・・・」

美希「・・・」

俺「じゃあ言い直そうじゃないか」

美希「・・・」

俺「もっと迷惑かけてくれてもいーんだよーだ!!!」

美希「・・・」
187 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 21:58:44.35 ID:iXKkaroZ0 [73/85回(PC)]
俺「なぁ、美希たん・・・」

美希「嫌よ!このままそれを見過ごして生きるなんて
    あたし全然完璧じゃないじゃない!!」

俺「・・・」

美希「教えて!!なんとかする方法があるんでしょ!!?」

俺「俺は・・・俺は別に・・・」

美希「教えてくれなきゃもう会わない!!」

俺「・・・俺は・・・」

タルト「マーはん・・・」
188 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:03:56.58 ID:iXKkaroZ0 [74/85回(PC)]
俺「世界はイレギュラーを嫌う」

タルト「マーはん!!」

俺「・・・」

タルト「ワガママ全部きいてやるのがあんさんの仕事やないやろ!!!
     なんでもっとビシッっと言えんのや!この甲斐性なし!!!」

俺「・・・美希たんがそうしたいんだから・・・俺はそうさせてあげるよ・・・
  俺は美希たんを幸せにするためにここにいるんだからね!!」

タルト「このアホタレ・・・」

美希「・・・」

俺「・・・」

美希「ごめん・・・」

俺「いいよ・・・」
189 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:09:54.90 ID:iXKkaroZ0 [75/85回(PC)]
俺「時間軸と言うか・・・もっと大きなデータの塊が通る管みたいなものがあると考えろ
  その管の中にはあらゆる事象のデータが動いている」

美希「・・・」

俺「それらのデータは日々更新されながら時間を進んでいるが・・・
  これが案外融通が利かない・・・イレギュラーが発生すればイレギュラーを排他しようとする」

美希「・・・どういうこと?」

俺「絶対数を変えることはないんだ・・・」

美希「・・・?」

俺「つまり、美希たんが過去に飛んだことと、生物の絶対数を保持しようとする世界で、衝突がおこる
  美希たんは器ごと過去には行ってないんだ・・・」

美希「・・・」
190 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:13:54.28 ID:iXKkaroZ0 [76/85回(PC)]
俺「身体ごと過去に行っているように思えたかもしれないけど
  正確には意思だけ、意思が過去の美希たんと合流して記憶が改ざんされる」

タルト「・・・」

俺「ま、要するに美希たんが行ける過去は美希たんが生きてきた14年間だけってことだ」

美希「ちょっと待って、排他されたあたしの身体はどこへ行くの?」

俺「そりゃ絶対数の足りないポイント、すなわち振り出しに戻るってことだな
  もちろん、更新され続ける世界に器の中のデータを更新された状態で戻ってくる」

美希「・・・」

俺「俺は一度も美希たんが居なくなったことを知らない
  案外意思だけが飛んでいるだけなのかもしれない」
191 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:16:02.00 ID:OvoZNg4zO [1/1回(携帯)]
いい加減にチンコしまいなさいよ!!に見えて胸キュン
192 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:19:36.12 ID:iXKkaroZ0 [77/85回(PC)]
美希「つまり、どうすればいいの?」

俺「意思を記憶として捉えないほど脳が発達していない時期まで戻ればいい
  そうすれば、蒼乃美希として人生を記憶0の地点からリスタートできる
  記憶がないから、事象に変化は起こらない」

タルト「えらい断言するけど、過去に意思が飛んだイレギュラーは残るんやで・・・
     ほんで世界はホンマに元に戻るんか?」

俺「・・・しらねーよ・・・」

美希「なんだ・・・簡単じゃない・・・」

俺「美希たんの意思や記憶は消滅する、結果的には今が死ぬにも等しいんだぞ・・・」

タルト「・・・せや、擬似的にベリーはんを殺して、なんとか世界を戻す
    これはそういう話や」

美希「・・・」
193 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:33:10.10 ID:iXKkaroZ0 [78/85回(PC)]
俺「なぁ、美希、聞けよ」

美希「・・・」

俺「美希がどんな記憶に拘束されてるか
  俺はそれを知らないけどさ」

美希「・・・」

俺「そんなのに拘束されなくてもいいんだよ」

美希「・・・」


タルト「・・・」
194 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:36:51.35 ID:iXKkaroZ0 [79/85回(PC)]
俺「きっとその記憶の中の俺は随分幸せだったんだと思うよ」

美希「・・・」

俺「でも、幸せに優劣つけても仕方ないだろ」

美希「・・・」

俺「どんなに幸せをゲットしようとも、その幸せより上の幸せは絶対に存在する
  そんなもん求め続けたってさ・・・最上の幸せなんて永久に手に入らないだろ」

美希「・・・」

俺「俺は今十分過ぎるほど幸せだよ・・・」

美希「・・・」

俺「・・・」
195 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:42:13.80 ID:iXKkaroZ0 [80/85回(PC)]
美希「幸せじゃない子が一人居るのよ」

俺「・・・」

美希「・・・」

俺「その子が幸せになると美希たんは幸せなのかい」

美希「あんたと!!」

俺「・・・」

美希「こういう結果があったってこと・・・」

俺「・・・」

美希「少し嫌で、少し嬉しかった・・・」

俺「・・・」
196 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:42:37.69 ID:h+iBh+FM0 [1/2回(PC)]
せつねぇ・・・
197 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:46:02.33 ID:vJ80E+xyO [3/3回(携帯)]
なにこのヒューマンドラマ
198 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:46:05.90 ID:iXKkaroZ0 [81/85回(PC)]
タルト「ベリーはんは・・・?」

俺「行っちゃった・・・俺の美希たん行っちゃった・・・」

タルト「・・・」

俺「俺は一元的な考え方が嫌いなんだよ」

タルト「・・・」

俺「多元世界では俺の言うことに少しは耳を傾けてくれる美希たんがいる」

タルト「・・・」

俺「そんなしょーもないこと考えたって別にいーじゃんよー」

タルト「せやな・・・」

俺「・・・」

タルト「・・・?なんやこれ、くるみかいな?」

ニュウウウ……ン

俺「・・・」

タルト「改編がはじまったんやな・・・」

俺「知るか」
199 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:48:38.99 ID:onXEIVRB0 [2/4回(PC)]
美希タン・・・(´;ω;`)ブワッ
200 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:48:47.33 ID:iXKkaroZ0 [82/85回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

俺「ラブゥゥゥー!!!!」

ラブ「ダーリィィィン!!!!」

俺「ラブのその笑顔が好き!!!」

ラブ「えへへ///」

俺「ラブのその照れた顔がなんとも言えない!!!」


せつな「バカが日に日に助長してるわ」

祈里「ホントねー」

美希「・・・」
201 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:50:46.77 ID:iXKkaroZ0 [83/85回(PC)]
ラブ「・・・あっ!目にゴミが・・・!」

俺「・・・おのれ美希野郎め!!!」


美希「あ、あたしっ!!?あたし関係ないじゃん!!!」


俺「いや、間違いなく今ラブの目に入ったのは貴様から出た埃だ!!!」

美希「あんたねぇ!!!」

俺「この婆!!!」

美希「婆じゃない!!!」
202 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:53:25.73 ID:iXKkaroZ0 [84/85回(PC)]
美希「も、あったまきた!!!」

俺「美希たんのアホーウ!!!」


ラブ「ケンカはダメだよ!!」

せつな「犬猿の仲ね」

祈里「やらせとけやらせとけ」

ラブ「・・・なんで、なんで仲良くできないのー!!!」
203以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:54:39.85 ID:iXKkaroZ0 [85/85回(PC)]
終わるか
204 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:56:26.53 ID:e/P+mPeO0 [1/1回(PC)]
ベリー出さないなんて言ったら禁断症状が出るくらいベリー好きなんだな
205 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 22:56:39.57 ID:Bg+ew+R4O [3/3回(携帯)]
素晴らしかった
206 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:57:14.75 ID:VlboxsT10 [2/2回(PC)]
イイハナシダナー
207 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:57:31.31 ID:onXEIVRB0 [3/4回(PC)]
映画一本見終わった気分だよ。
ありがとう。
208 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 22:58:20.86 ID:8YIL9uFR0 [2/3回(PC)]
(´;ω;`)ブワッ
209 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:58:24.90 ID:VuSltM4h0 [1/1回(PC)]
>>203
マー君お疲れっしゅ!
210 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:58:38.18 ID:IavBRMsv0 [1/1回(PC)]
くるみは何の暗示だったんだろう?
211 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 22:59:37.97 ID:onXEIVRB0 [4/4回(PC)]
時をかける少女のネタじゃない?
212 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 23:00:04.62 ID:h+iBh+FM0 [2/2回(PC)]
>>203
乙!次回もまた見るよ!
213 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 23:01:15.37 ID:YMje2rL6O [1/1回(携帯)]
お疲れ様です。
214 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 23:02:53.77 ID:/THNpOllO [2/2回(携帯)]
今までで一番せつない話だった
マー君乙!
215 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 23:03:36.17 ID:8YIL9uFR0 [3/3回(PC)]
気がついた
バタフライエフェクトとときかけ足して二で割った感じ
216 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 23:04:09.68 ID:lkWX5F5zO [3/3回(携帯)]
原作なんて最初からなかったんや!!
217以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 23:06:36.61 ID:hRjJ+r/T0 [1/1回(PC)]
キュベレイかと
218 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 23:35:35.64 ID:9sJ6ACVC0 [1/1回(PC)]
>>217
お前は何回間違えるんだよwwwwwwwwww
219 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 23:46:24.99 ID:8NF4eJVS0 [2/2回(PC)]
mktnせつねえ
220 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 23:49:20.36 ID:13JUiijwO [1/1回(携帯)]
扱う題材や内容が形而上的に過ぎるので
おつむてんてんな俺は話の筋を追うのが精一杯でした
もっと低学歴に優しくしてよ
221 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 23:50:55.80 ID:YNenVVkc0 [1/1回(PC)]
まーくんまとめちゃうよ?
222 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/12(土) 00:04:12.19 ID:P6AqhRZRO [1/1回(携帯)]
おつかれさん
一番おもしろかったよ
223 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/12(土) 00:38:04.48 ID:O9SUlo6uO [1/1回(携帯)]
切ないなまー君……

美希たんとまー君がいちゃいちゃ仲良くしてる世界がどこかにあるって私信じてる

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク