ログ速トップ
1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:09:15.16 ID:/twcjMO40 [1/98回(PC)]
俺「行く!もう我慢できない!俺もう行くよ!」

美希「・・・」

俺「待っててね響!奏!」

美希「・・・どこにいるのよ」

俺「わからーん!!!」

美希「じゃ、あきらめなさいよ」

俺「あきらめらんないです!!!!」
2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:09:32.42 ID:k44CHXf00 [1/3回(PC)]
久々だな
3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:11:19.47 ID:5t0jdbvK0 [1/1回(PC)]
誰だっけお前
4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:11:24.17 ID:/twcjMO40 [2/98回(PC)]
美希「響と奏と会って何するのよ?」

俺「え?」

美希「なんか目的があるんじゃないの?」

俺「ないよ」

美希「・・・」

俺「会うことに意味があるんだよ」

美希「名言っぽく言えばなんでも筋が通ると思ったら大間違いよ!」

俺「・・・」
5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:13:21.36 ID:/twcjMO40 [3/98回(PC)]
せつな「ヒゲ」


俺「あ、せつなじゃんせつな」

せつな「ヒゲ、何か面白い話ない?」

俺「なんですの急に?」

せつな「いろいろあるのよ」

美希「いろいろて」

俺「いろいろあるなら仕方あるまい」
6 : </b>忍法帖【Lv=19,xxxPT】<b> [] 投稿日:2011/04/05(火) 00:14:41.47 ID:/kwL7wFl0 [1/1回(PC)]
久しぶり
7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:15:16.66 ID:/twcjMO40 [4/98回(PC)]
俺「俺もいろいろあって響と奏と会いたいように」

美希「・・・」

俺「せつなもいろいろあって俺から面白い話が聞きたいんだ」

美希「あ、そー・・・」

俺「じゃあとっておきの楽しい話をしてやろうせつな」

せつな「お願いするわ」

俺「行方不明になった少女の話だ」

せつな「・・・」

美希「初っ端から楽しくないのよ!!」
8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:18:56.90 ID:/twcjMO40 [5/98回(PC)]
俺「行方不明になった少女の両親はね
  その捜索を超能力者に依頼したのさ」

せつな「・・・」

美希「超能力者て」

俺「超能力者は答えた
  「この子はイタリア、アメリカ、イギリス、日本、韓国にいる」とね」

せつな「・・・」

美希「んん?何それ?」

俺「臓器売買でその子のパーツが世界中に散らばっていたというコメディさ」

せつな「・・・」

美希「サイテー・・・」
9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:21:11.73 ID:/twcjMO40 [6/98回(PC)]
俺「俺はこの話にすごーく興味があるのだ」

せつな「え?」

俺「臓器売買でもなんでもいい
  人間がバラバラになった場合
  アカルンにそいつのところへと頼めばどこへ連れて行ってもらえるのだろうか?」

美希「・・・」

俺「俺は脳みそだと思うんだよね」

せつな「私もそう思うわ」

美希「・・・」
10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:23:06.67 ID:/twcjMO40 [7/98回(PC)]
俺「ダークプリキュアのところへと頼めば俺達はどこへ飛ばされるのだろうか」

美希「・・・そ、そういうこと」

せつな「なるほどね・・・」

俺「俺はダークプリキュアを迎えに行こうと思うんだ」

せつな「・・・」

俺「アカルンを貸してくれないか?」

せつな「・・・」

美希「・・・さ、作戦ターイム!!!」
11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 00:25:59.83 ID:/twcjMO40 [8/98回(PC)]
美希「ダメよ、これは絶対いけない方向へと進んでる気がする」

せつな「私はヒゲから面白い話を聞きに来ただけなのだけれど」

美希「その目的って何?」

せつな「いろいろよ」

美希「あっそー、というか、ダークプリキュアだけは絶対ダメな気がする!」

せつな「どうしてかしら?」

美希「また、すごーくメンドーくさいことになりそうな気がするのよ」
12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:28:04.81 ID:/twcjMO40 [9/98回(PC)]
美希「ねえ青髭、その話はまた今度にしない?」

俺「えー・・・俺もうテンションギガギガなんですけどー」

美希「・・・」

俺「・・・」

美希「ちょっと待って、ちょっと待ちなさいよ!」
13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 00:28:13.41 ID:O+j79Jf2O [1/2回(携帯)]
おう久し振り
14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 00:30:30.39 ID:/twcjMO40 [10/98回(PC)]
美希「ねえ青髭、あんたダークプリキュアとスイートプリキュアどっちと会いたい?」

俺「え?どっちかなー
  う~ん・・・」

美希「(結構、真剣に悩んでるし・・・
     どんだけダークプリキュア好きなのよ、こいつ・・・)」

俺「俺ってプリキュアに優劣をつけることなんてできないのっ!」

美希「嘘おっしゃい!!」
15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:31:52.93 ID:YqIlw1NrO [1/1回(携帯)]
生きてたのか、よかったよかった
16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:33:34.01 ID:/twcjMO40 [11/98回(PC)]
美希「スイートのとこへアカルンで連れて行ってあげるって言ったら
   ダークプリキュアは諦める?」

俺「え?なんなんッスか、その選択方式みたいな感じ」

美希「さぁどっち!?」

俺「んじゃ、スイート?」

美希「スイートね、ちょっと待ってなさい!」
17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:34:36.95 ID:cqJ3YLNyP [1/1回(p2.2ch.net)]
無事確認
18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 00:36:55.05 ID:/twcjMO40 [12/98回(PC)]
美希「せつな、一回だけ、一回だけあいつとあたしをスイートのとこまで飛ばして!」

せつな「そういう回りくどいことしなくてもいいと思うわ」

美希「んん?」

せつな「アカルン、ヒゲを」


俺「待っててね響!奏!」


せつな「明堂院いつきのところへ!」


俺「・・・お前、なんでそんなに俺の嫌いなプリキュアについて詳しいわけ?」ブゥゥゥーン・・・
19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:38:11.80 ID:/twcjMO40 [13/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

俺「・・・」

いつき「・・・」

俺「・・・」

いつき「・・・」

俺「お邪魔しました」

いつき「待て!!」
20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:39:02.86 ID:k44CHXf00 [2/3回(PC)]
デジャブ
21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:39:07.85 ID:xzRYkR/60 [1/1回(PC)]
>>14>>18矛盾してんぞ
22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:43:31.89 ID:cLx3wj9q0 [1/1回(PC)]
良かった
生きてたか
23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 00:47:19.57 ID:/twcjMO40 [14/98回(PC)]
俺「マジでね・・・
  俺はハートキャッチとは関わらない方向性でいきたいんですよ
  スイートと仲良くしていく方向性でいきたいんですよ」

いつき「だったら私の前に出てくるなよ」

俺「私とか言ってんじゃねーよ
  似合いませんからーwwwプププゥwww」

いつき「・・・」イラッ

俺「俺だけのオールスターで固めたいんですよ
  ピーチ、ブルーム、イーグレット、ダークプリキュア5、メロディ、リズムで固めたいんですよ」

いつき「・・・」

俺「サンシャインはい~らない!」
24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:48:26.05 ID:ByRqcPSYi [1/1回(iPhone-SB)]
>>1
ぶちころすぞ
25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 00:52:00.91 ID:/twcjMO40 [15/98回(PC)]
いつき「その腐った性根を叩きなおしてやる!!」

俺「おいおい、お嬢
  それは無理って話だよ」

いつき「何がだ!?」

俺「俺がまぁ思春期真っ只中の14歳なら
  そう、他人に諭され性格を変えることも可能でしょうよ」

いつき「・・・」

俺「しかし俺はもう成人して性格は形成されちゃってんだよ!
  これはもう他人にどうにかされて直る性格じゃないのよ!!」

いつき「・・・」ビシッ

俺「ちょ!!蹴っちゃやーよ!!!泣いちゃうでしょ!!!」

いつき「叩き直すと言った!!」ビシッ

俺「ちょ!!!やめて!!!」
26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 00:55:49.18 ID:/twcjMO40 [16/98回(PC)]
いつき「君のその歪みまくった性格は理解している!!」

俺「理解してるならさー、諦めも肝心よ」

いつき「君は一つ誤解しているようだ」

俺「何を?」

いつき「性格は隠せる!!」ビシッ

俺「いてっ!!!」

いつき「私だって可愛いものが好きだという性格をひた隠して生きていた
     だから君もその歪んだ性格を隠して生きていけ」

俺「ちょっと、発言が大人すぎてオッサン引くわー」

いつき「ていっ!!」ビシッ

俺「いったっ!!!」
27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 00:56:03.72 ID:d6Yg51b20 [1/1回(PC)]
まだやってんのか
28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 00:59:51.23 ID:/twcjMO40 [17/98回(PC)]
いつき「君に足りないものは忍耐力だ」

俺「・・・」

いつき「例え酷いことを言われて悔しかろうと馬鹿にされようと
     その一時の気持ちを抑える忍耐力さえあれば普通は装える」

俺「お前、いつきの皮をかぶった何か違う生命体だろ・・・」

いつき「・・・」

俺「俺の知ってるいつきはもっと優しくて凛としているよ」

いつき「君のためだ」

俺「・・・それ、ホントに俺のため?」

いつき「口答えするな!!」ビシッ

俺「あひゃー!!!」
29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:03:06.41 ID:/twcjMO40 [18/98回(PC)]
いつき「君がそうなっている根本の原因は」

俺「・・・」

いつき「ラブちゃんにあるんだ」

俺「・・・」

いつき「ラブちゃんに保護されている現状を打開しないことには
     君は変わることなどできないんだ」

俺「・・・まさか、大して仲良くもねーお前に核心をつかれるとは思わなかったよ・・・」

いつき「君には一ヶ月ノーラブちゃん生活を送ってもらう」

俺「一ヶ月?ノーラブ?」

いつき「ノーラブちゃん」

俺「ノーライフ」

いつき「口答えするなと言っているんだ!!!」ビシッ

俺「あぎゃ!!!」
30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:06:54.55 ID:/twcjMO40 [19/98回(PC)]
俺「ちょっと待って!ちょっと待って!!」

いつき「なんだ?」

俺「ノーラブとかまぁ、大体やりたいことはわかったけど
  じゃあ俺ってどうすればいいの?」

いつき「ホームをハートキャッチに変えてもらう」

俺「・・・バカ言ってんじゃないよ
  俺がなんでハートキャッチをホームにしなきゃいけないんだよ
  ホーム変えるなら5にするよ」

いつき「君は実にバカだな」

俺「・・・」

いつき「君が私達をあまり好きでないことは知っている
     たぶん、全プリキュア中最下位にあるだろう」

俺「・・・心が歪んだ俺にはお前らまぶし過ぎるんだよ」

いつき「だからこそだ」

俺「・・・」
31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:10:17.11 ID:/twcjMO40 [20/98回(PC)]
いつき「敢えて嫌いなところに身をおくことで
     君の忍耐を育てる!」

俺「・・・」

いつき「・・・」

俺「俺って!ハートキャッチ大好きだし!
  そんなご褒美くれても俺の忍耐は育たないぞ☆」

いつき「・・・」

俺「・・・」

いつき「・・・」

俺「いや、だから俺がボケたらつっこめよ・・・
  わかりやすかっただろ今の
  ベリーだったら「心にもないことを言うな」とかそんなツッコミくれるよ」

いつき「ノーラブノーツッコミ、それがハートキャッチで生きるということだ」

俺「え、え~、俺死んじゃう・・・」
32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:12:51.31 ID:/twcjMO40 [21/98回(PC)]
つぼみ「話は聞かせてもらいました」

えりか「うん」


俺「リアクション芸人、毒舌芸人じゃん・・・」

つぼみ「な、なんですむがぁ!!」
えりか「つぼみ!!」

つぼみ「・・・」

えりか「ノーツッコミ」

つぼみ「・・・はい!!」

俺「・・・」

いつき「・・・」
33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:16:31.75 ID:/twcjMO40 [22/98回(PC)]
つぼみ「ついに、青髭の君さんもハートキャッチで生きると決意を固めてくれたんですね」

俺「・・・」

えりか「青髭の君~、おっそいのよ!」

俺「・・・」

いつき「どうやら二人は歓迎してくれているみたいだね」

俺「・・・ちょっと待って、一ヶ月だろ?」

えりか「やーね、一ヶ月なんて口約束に決まってるじゃない!」

俺「ちょっと待って、どゆこと?」

えりか「いられる限りずっとだよ!」

俺「・・・」

いつき「・・・」
34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:20:28.16 ID:/twcjMO40 [23/98回(PC)]
俺「(こいつらのペースにのせられたらダメだ・・・
   だけど、ここにも5みたいなお友達空間がある・・・
   長居してはいけない気がする・・・)」

つぼみ「歓迎会を開きましょう!」

えりか「それだよ、つぼみ!」

俺「(走って逃げれば・・・きっと・・・3、2、1・・・)
   さよーならー!!!!」ダッ

えりか「あっ!逃げた!!」

つぼみ「追いかけましょう、えりか!」

いつき「その必要はないよ」


俺「・・・」ビターンッ


えりか「こけた・・・」


いつき「私がなんで執拗に君の足を蹴っていたか理解できたかい?」

俺「足・・・痛い・・・」
35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 01:21:04.31 ID:fGG3+mpf0 [1/3回(PC)]
生きてたのか
よかった
36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:22:35.62 ID:/twcjMO40 [24/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

つぼみ「ウェルカムです!」

俺「・・・」

えりか「どったの青髭の君~?」

俺「・・・」

ゆり「あなたの歓迎会なのよ
   少しは嬉しそうにしたらどうかしら?
   例えそれが建前であったとしても」

俺「・・・」

いつき「・・・」
37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:25:19.84 ID:/twcjMO40 [25/98回(PC)]
俺「逆に訊くけど!!!
  お前ら的に俺が仲間になるのはありなわけ!!!?
  俺がお前らの立場なら俺みたいな仲間なんてぜってーいらねーよ!!!!」

つぼみ「・・・」

えりか「・・・」

俺「ほらほら!!!うぜえもん抱え込んだと後悔する日はそう、明日だよ!!!!」

つぼみ「こう言っては青髭の君さんに失礼かもしれませんが・・・」

俺「・・・」

つぼみ「覚悟はできているのです!!」

えりか「うん、あたしたち、どんなことがあっても青髭の君を護ってあげるんだから!!」

俺「この・・・天使どもめ・・・」
38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:27:16.82 ID:/twcjMO40 [26/98回(PC)]
ゆり「もう観念なさい」

俺「・・・」

ゆり「・・・いつき」

いつき「はい・・・」

俺「・・・」

いつき「君はスイートプリキュアと逢いたがっていたね」

俺「・・・」

いつき「連れて行ってあげよう」

俺「・・・!?」
39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:32:04.37 ID:/twcjMO40 [27/98回(PC)]
俺「ちょ!!ちょ!!どういうこと!?」

いつき「私達はスイートプリキュアと近しい位置にあるから
     加音町がどこにあるのか知っているんだよ」

俺「ま、マジで!!?」

ゆり「・・・新しいプリキュアがそんなにいいのかしら?」

俺「・・・その発言、去年ラブからもきいたような・・・・」

いつき「・・・」

俺「マジで!!!いいの!!!いつきんマジで!!!?」

いつき「私は反対なんだけど、ゆりさんが鞭だけでなく飴も与えなさいって言うんだ」

俺「ゆりっぺ~///」

ゆり「なにかしら?」

俺「ありあとーんス///」

ゆり「・・・」
40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:35:52.18 ID:/twcjMO40 [28/98回(PC)]
俺「俺は今日からハートキャッチだああああ!!!!!!!」

えりか「イエーイ!!!!!」

俺「室内に咲く一輪の花キュアニートだ!!!」

つぼみ「ニート!!!」

えりか「前はなんだったの?」

俺「スケルトンハートは無職の印!!キュアニートだ!!!」

いつき「変わってないじゃないか・・・」

俺「俺は今日から心の大樹所属だ!!!」

つぼみ「はい~!」

えりか「よっ!待ってました!!」

ゆり「・・・はーww」
41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:44:12.99 ID:/twcjMO40 [29/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

3月2日(水) 晴

今日はめでたいことが起こりました。
青髭の君さんがハートキャッチの一員になったのです。
これからいろいろな苦労があるとは思いますが
みんなで力を合わせて頑張っていこうと思います。

3月3日(木) 晴

いきなり大事件が起こりました。
青髭の君さんをえりかが泣かせていたのです。
何があったのか訊ねると青髭の君さんはこう答えました。
「こいつ嫌い」
それじゃあわかりませんよ~~><;
でもひな祭りのときにはいつもの青髭の君さんに戻っていました。
やっぱりこの人は不思議な方です。

42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 01:52:04.04 ID:/twcjMO40 [30/98回(PC)]
3月3日(木) ハレ

青ヒゲのキミってホントにこころがせっまいよねー!!!
そりゃ青ヒゲのキミが食べてたポテチ全部食べちゃったのは
あたしがわるいのかもしれないけどさー!!
だからってあんなにおこることないじゃない!!!


3月4日(金) ハレ

青ヒゲのキミったら今日はいつきとケンカしてたんだよ!!
あきないよねー!なかよくすればいいのにさ!!
それでいつきをホンキでおこらせてドウジョウの柱にくくりつけられてんの!
バッカみたーい!!
43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:01:58.85 ID:/twcjMO40 [31/98回(PC)]
3月4日(金) 晴

今日青髭さんが発作を起こした。ラブちゃんが泣いているだの、意味の
わからないことを言い続け帰ろうとしたので柱にくくりつけておいた。
ずっと道場で叫び続けていたが3時間後には叫び疲れて眠っていた。
思ったよりも体力がある。これは新しい発見だ。眠っていた青髭さんは
熊田さんが自室まで運んでくれた。


3月5日(土) 晴

今日も青髭さんはラブちゃんを理由に帰る口実を作り続けていた。それ
が自分をダメにしているというのに、なぜそれに気づくことができないのか
理解にできない。帰すわけにもいかない。青髭さんのために読んだ自己
啓発書にこんな内容が書かれていた。ダメな人間は一時の苦しさを乗り
越えることができないがそれを越えれば案外すんなりうまくいくときもある
と。粘り強く彼を強制していくと決心した。
44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:11:11.92 ID:/twcjMO40 [32/98回(PC)]
三月五日(土)

まさやのこころの花が枯れていた。
元来この人のこころの花である竜胆は良い意味の花言葉を持っていない。
『悲しんでいるあなたを愛する』、この花言葉をつけた人間が気になるけど
それはまた別の話なので今は気にしないことにする。
こういうこころの花を持っている人間は花が咲き誇っている方がいいのか
それとも枯れている方がいいのか、明日薫子さんに訊きに行くことにした。


三月六日(日)

薫子さんに相談した結果、竜胆の花言葉の良い部分を咲き誇らせることが
重要だということがわかった。それがどういう状態で花開いている姿なのか
はまだわからないけど、今までの姿とは違うはず。彼のこころの花を注意
深く見守りながら変化を見守ることにした。
45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:13:09.72 ID:/twcjMO40 [33/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

俺「ラブゥゥゥー!!!」

つぼみ「青髭の君さん!
     ピンクのプリキュアならここにいます!!」

俺「・・・」

つぼみ「・・・」

俺「違う・・・」

つぼみ「なんですかそ」

えりか「つぼみ!ノーツッコミ!!」

つぼみ「ピンクのプリキュアですよー!!」

俺「つぼみんはピンクのプリキュアではない・・・」
46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:15:20.73 ID:/twcjMO40 [34/98回(PC)]
つぼみ「むむむ・・・
     じゃあ私は何色のプリキュアなんですか!?」

俺「・・・」

つぼみ「答えてください!」

俺「マゼンタ・・・」

つぼみ「・・・」

えりか「・・・」

俺「うわぁあああああ!!!ディケイドとディエンドあああああああ!!!!」

つぼみ「なんですかそれ?」

えりか「ディエンドって何色?」
47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:22:50.98 ID:/twcjMO40 [35/98回(PC)]
俺「仮面ライダーの話だと思うよ」

つぼみ「それならそう言ってください
     私アマゾンが好きです!」

俺「・・・」

つぼみ「・・・」

俺「お前アマゾン見たことないだろ・・・
  キーとか言うぜあいつ」

つぼみ「山本大介は飛行機事故で南米アマゾンに遭難し大自然で動物と育ったため
     ほとんど言葉を喋ることができないんです!!!
     それでもGOD秘密機関壊滅後に現れた十面鬼ゴルゴス率いる秘密結社ゲドンから
     ギギの腕輪を守るためアマゾンとなって戦うお話なんです!!!
     それをキーと言うなんて曖昧な一言で片付けるだなんて私・・・」

俺「・・・」

つぼみ「堪忍袋の緒がきれました!!!」

俺「つぼみん・・・?」
えりか「つぼみぃ・・・?」
48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:26:05.06 ID:/twcjMO40 [36/98回(PC)]
俺「なー、俺っていつになったらラブのとこ帰れるの?」

えりか「何言ってんの青髭の君!
     もう帰らなくていいじゃん!」

俺「・・・」

えりか「こんな可愛いえりかといれて青髭の君もさぞ満足でしょー!」

俺「(わ、わかっちゃいたけど・・・マジうぜえこいつ・・・)」

つぼみ「青髭の君さんはなんでそんなに帰りたいんですか?」
49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:28:34.57 ID:/twcjMO40 [37/98回(PC)]
俺「そりゃあ、帰るんじゃないの?
  だってラブは俺の好きな人だから!!」

えりか「キャー///青髭の君ったら何大胆発言してんのよー///」

俺「・・・え?」

えりか「なに?」

俺「え!?お前、俺がなんでラブのそばに居るか知らねーの!!?」

えりか「家が近いからでしょ?」

俺「・・・」

つぼみ「違うんですか?」

俺「えっ!?」
50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:31:28.02 ID:/twcjMO40 [38/98回(PC)]
俺「(・・・え?何この認識の違い・・・)」

つぼみ「青髭の君さんってキュアピーチが好きなんですよね」

俺「ん?うん!」

つぼみ「・・・」

俺「ん!?」

えりか「ねーねー、もしかしてその繋がりでラブが好きとか言ってんの?」

俺「ん?」

つぼみ「あの、私の理解力が乏しいのかもしれませんが
     わかるように言ってくれませんか?」

俺「・・・」
51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:33:39.51 ID:/twcjMO40 [39/98回(PC)]
俺「・・・と、いうわけだよ」


つぼみ「・・・」
えりか「・・・」


俺「ちょ、ちょっと、遠いよお嬢ちゃん達!!」


つぼみ「変です!それって絶対変です!!!」

えりか「病気だよ!!!」


俺「えっ!?」
52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:36:09.08 ID:/twcjMO40 [40/98回(PC)]
つぼみ「ラブさんはまだ中学生なんですよ!!!」

えりか「そだよ!病気だよ!!!
     青髭の君ってあたしたちのこともそういう目で見てたわけ!!?
     そりゃあたしたちが可愛いのはわかるけどさ!!!」


俺「いや、お前らには興味ねーから」


えりか「ムキー!!それはそれでムカツクー!!!」

つぼみ「乱心しないでください青髭の君さん!!!」


俺「全然乱心してねーけど」
53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:38:32.05 ID:/twcjMO40 [41/98回(PC)]
つぼみ「このことはいつきとゆりさんに報告させてもらいます!!!」

えりか「あんたいつきのローキック千発の計なんだからね!!!」


俺「えっ・・・!?」


つぼみ「そこで待っていてください!!!」

えりか「この変態!!!」


俺「な、なにこの一気に距離ができた感じ・・・」
54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:40:09.14 ID:/twcjMO40 [42/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

いつき「何を今更・・・」

ゆり「気づいていなかっただなんて・・・」

つぼみ「えー!!!?」
えりか「知ってたのー!!!!」
55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:42:32.16 ID:/twcjMO40 [43/98回(PC)]
えりか「変じゃん!!!それってチョー変じゃん!!!」

いつき「そうだよ、変なんだ
     あいつは変なんだ」

えりか「ちょっとちょっと!!じゃあそれってあたしたちもすっごい危険じゃん!!!」

ゆり「どうかしら?」

えりか「危険だよー!!!男はみんな狼なんだよ!!!
    襲われちゃったらどーすんの!!!?」

ゆり「あなたはそんな心配しなくて大丈夫よ」

えりか「なんでー?」

つぼみ「・・・」
56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:44:16.90 ID:/twcjMO40 [44/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

俺「・・・」

俺「・・・」

俺「・・・」

俺「あ!」

俺「今チャンスだ!!!」
57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:47:07.13 ID:/twcjMO40 [45/98回(PC)]
俺「サヨナラ!!!ハートキャッチ!!!!」


せつな「そうはいかないわ」

俺「せっさん・・・いたんスか・・・」

せつな「ええ」

俺「なんか美希たんも迎えに来てくれないし変じゃん変じゃん!!!」

せつな「・・・」

俺「・・・」

せつな「みんな高校受験で忙しいのよ」

俺「なるほど、なるほどなるほど」
58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 02:50:39.30 ID:fGG3+mpf0 [2/3回(PC)]
時期じゃねーよ
59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:51:13.43 ID:/twcjMO40 [46/98回(PC)]
せつな「そろそろ頃合いだと思うのよ」

俺「え?」

せつな「ラブも美希もぶっきーも
     もう子供じゃないの」

俺「・・・」

せつな「あんたみたいな暇人と遊んでる暇なんてないのよ」

俺「・・・うぶぶ」

せつな「私はまぁ、付き合うけど」

俺「せっさん・・・」

せつな「そろそろホームを変えなさい」
60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 02:54:30.13 ID:/twcjMO40 [47/98回(PC)]
俺「じゃ、じゃあ、本気で・・・
  お前連れてハートキャッチに移行かよ・・・」

せつな「ま、それが一番いいんじゃない?
     戦いの真っ只中にあるスイートに行っても迷惑なだけだし」

俺「えー・・・、マジで・・・
  パートナーお前かよー・・・」

せつな「嫌なら、ま、別に
     私はラビリンスに帰るだけよ」

俺「ちょっと待って、考える」
61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 02:56:21.59 ID:Nmeak3ZDO [1/1回(携帯)]
スレタイがキュベレイーに見えた
62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 02:58:56.31 ID:6aT7zzsT0 [1/1回(PC)]
前も同タイトルであったな
63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:03:38.03 ID:/twcjMO40 [48/98回(PC)]
俺「受験終わるのっていつだっけ?」

せつな「ラブは3月10日と11日と言っていたわ」

俺「美希たんとブッキーは?」

せつな「もう終わっているけど、ラブが公立?を
     受けるからその勉強の手伝いをしているわ」

俺「・・・」

せつな「ここらが潮時よ」

俺「あー・・・、なんてことだ・・・」
64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:07:25.39 ID:/twcjMO40 [49/98回(PC)]
俺「受験が終わったら迎えに来てくれるとかなし?」

せつな「そこはあなたの良心だわ」

俺「・・・」

せつな「迎えに来るとは思うけれども
     それにあまえるかどうか、あなたが決めることよ」

俺「さすがに女子高生とおっさんがってわけにはいかないよねー」

せつな「自分で考えなさい」

俺「ハートキャッチに移行かよ・・・」

せつな「移行しなくてもいいのよ」

俺「どゆこと?」

せつな「あなたがあなたの現実に帰ればいいのよ」

俺「あ、そう・・・」
65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:10:22.75 ID:/twcjMO40 [50/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

えりか「つぼみ!このままじゃ絶対にダメだよ!」

つぼみ「ええ、でもどうすればいいんでしょうか?」

えりか「あたしに良い考えがあるの」

つぼみ「本当ですか!?」

えりか「ふふーん!」

つぼみ「どんな方法なんですか!?」

えりか「鶴崎先生とお見合いさせてあげようよ!」

つぼみ「・・・」

えりか「・・・」

つぼみ「えええええーーーーーー!!!!!」
66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:13:14.11 ID:/twcjMO40 [51/98回(PC)]
つぼみ「ダメですダメですダメですダメです!!!」

えりか「なんで?」

つぼみ「なんか変ですそれ!!!」

えりか「えー、だって前の女を忘れるためには新しい女を作るしかないって言ってたよ」

つぼみ「何を言っているんですかえりか!!
     誰が言っていたんですか!!」

えりか「ドラマで」

つぼみ「ドドドドラマの話ですかああああああ!!!!?」
67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:15:25.98 ID:/twcjMO40 [52/98回(PC)]
えりか「うん、いい考えだよね!!
     鶴崎先生なら青髭の君だって世話できそうだし!!!」

つぼみ「鶴崎先生の気持ちを考えてくださいい!!!」

えりか「だってフリーじゃん」

つぼみ「フリーですけど!!!!」

えりか「青髭の君って面白いし癒しになるよ!たぶん!」

つぼみ「なりませんんーー!!!」
68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:17:33.54 ID:/twcjMO40 [53/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

えりか「鶴崎センセー!!」

つぼみ「えりかあああああああ!!!」

鶴崎「あら、来海じゃないか、花咲も
    どうしたー?」

えりか「鶴崎センセーさー、お見合いしてよ」

鶴崎「は、はぁ!?」

つぼみ「えりかああああああああ!!!!!」
69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:21:18.21 ID:/twcjMO40 [54/98回(PC)]
えりか「ねねっ、どう!?」

鶴崎「来海、先生をからかっちゃ」

えりか「歳も近いよ!にじゅう何歳だっけ?」

つぼみ「知りませんよ!!!」

鶴崎「・・・
    (でも待てよ、来海の知り合いってことはファッションデザイナーって可能性もあるのか・・・)」

えりか「どうどう?」

鶴崎「・・・なー来海?その人ってどんな感じなんだ?」

つぼみ「ええええええええーーーーー!!!?(のってきました!!!!)」

えりか「お見合いしてくれるの!!?」
70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:26:30.14 ID:/twcjMO40 [55/98回(PC)]
鶴崎「いや、先生は・・・別にそういうつもりじゃない・・・が
    がだ!来海!相手のことも聞かずに頭ごなしと言うのもよくな・・・いよなー花咲!!」

つぼみ「わかりません!!!」

えりか「じゃあ鶴崎先生明日ね!!」

鶴崎「・・・待て来海!!先生はまだ相手がどんな人か訊いているだけであって!!!」


えりか「無職で変人だけど面白いよ!!
     じゃ、あたし準備します!!!」

つぼみ「待ってくださいえりか!!!」


鶴崎「・・・
    ・・・変人・・・無職!!!?」
71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:29:50.59 ID:/twcjMO40 [56/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

俺「・・・」

いつき「今日は発作が起こらないな」

俺「いつきん、俺のこころは今傷ついているんだ」

いつき「・・・」

ゆり「本当ね・・・
    こころの花が枯れきっているわ・・・」

いつき「何があったんだ?」

俺「好きな人のことを想って身を引くのも愛ならば
  それ故に傷つく俺の心もまた愛なのかな?」

いつき「何を言っているんだ?」

ゆり「詩人過ぎてよくわからないわ」
72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:31:22.98 ID:/twcjMO40 [57/98回(PC)]
えりか「青髭の君ー!!!」


俺「えりかじゃないか
  よしよししてやろう
  おいでおいで」


えりか「すっごい良いお知らせだよ!!!」


いつき「もう近寄りもしないんだな」

俺「あいつはナチュラルに俺を傷つけるんだ」
73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:33:28.74 ID:/twcjMO40 [58/98回(PC)]
えりか「明日お見合いね!!!」


俺「・・・」

ゆり「ブッ!!!」

いつき「な、何を言っているんだ」

つぼみ「あの・・・そのですね・・・」


えりか「相手は鶴崎センセーだから!!!」


俺「・・・」

いつき「ブーッ!!!」

ゆり「頭痛い・・・」

つぼみ「・・・」
74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:37:02.62 ID:/twcjMO40 [59/98回(PC)]
えりか「あたし考えたんだけど!!
     青髭の君が中学生好きなのはさ!!!
     ちゃんと恋してないからだと思うの!!!」


俺「あいつはなぜ、奥歯が浮くような言葉を大声で言ってんだ・・・」

ゆり「事実よ」


えりか「だからね!!!
     歳が近い鶴崎センセーとお見合いして普通の恋しなさいよ!!!」


いつき「・・・」

俺「・・・
  ・・・それもアリか・・・」

つぼみ「ええええええええーーーー!!!!!
     青髭の君さんまでノリノリなんですか!!!!?
     鶴崎先生もノリノリなんですよ!!!!」

ゆり「ブッ!!!」
いつき「ブーッ!!!」
75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:39:10.39 ID:/twcjMO40 [60/98回(PC)]
えりか「近づくけど襲ってこないでよ!!」

俺「・・・安心しろ、えりか
  お前には全く興味がねー」

えりか「じゃあ明日!
     お見合いね!!」ガシッ

俺「ああ、セッティングご苦労!!」ガシッ

つぼみ「・・・」

ゆり「・・・」
76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:42:45.07 ID:/twcjMO40 [61/98回(PC)]
俺「いつき、お金を貸してくれ」

いつき「何に使うつもりだ?」

俺「髪を切ってくる」

いつき「・・・」

俺「スーツを用意してくれ
  シワがないやつな
  別に呉服でもいい」

ゆり「お見合いといえばスーツって考え方
   時代錯誤じゃないかしら・・・」

俺「キリッとしようと思う(キリッ」

えりか「鼻毛出てるよ」

俺「ハサミも用意してくれ、いつき」

いつき「あ、ああ・・・」
77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:47:06.04 ID:/twcjMO40 [62/98回(PC)]
俺「・・・(キリッ」

つぼみ「素敵です!青髭の君さん!!」

俺「ありがとう、つぼみん!」

えりか「でも顔が悪いんだよねー!
     惜しいよねースタイルは悪くないのに!
     惜しい!青髭の君って全体的に惜しい!!」

俺「やめて、泣くからやめて!
  お前のそのナチュラルな毒やめて!!」

ゆり「ほ、本当にきっちりしてるけど・・・
    どうするつもりなの?」

俺「そうだね、馬が合えば、譲るとこ、例えば働くとか
  譲るとこは譲って、結婚までいきたいね」

いつき「き、君はそれで本当にいいのか?」

俺「騒がしい毎日に流されて生きるのも悪くない」
78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:47:21.88 ID:wONQ+ftM0 [1/1回(PC)]
あ、青髭だ
79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:50:00.55 ID:/twcjMO40 [63/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

カポーン

俺「・・・」

鶴崎「・・・」

俺「・・・」

鶴崎「・・・」


えりか「うわぁ・・・両方メチャクチャきっちりしてる・・・」

つぼみ「本当にお互い本気なんですね・・・」


鶴崎「(生徒の前でだらしないところは見せられない手前、気合を入れてきたが
     相手が無職だとわかっているとな・・・)」

俺「(きついって・・・この人目がきついよ・・・)」
80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:55:13.15 ID:/twcjMO40 [64/98回(PC)]
鶴崎「(どうせ、この歳まで無職でいるようなやつなんだ
     適当に痛いとこ突いてやれば黙るだろ
     それで相性が悪いと言えば教師としての面目も保たれる)」

俺「(とにかく嫌われよう
   自分がどれだけダメ人間かをアピールして怒って帰ってもらおう
   せつなやアナコンディさんのせいで目つきが悪い女は苦手なんだ)」

鶴崎「お仕事はな」

俺「無職です」

鶴崎「・・・」

俺「・・・」

鶴崎「(案外男らしいのか?
     弱ったな・・・即答されると思ってなかった)」

俺「(どうだ、どうだどうだ、帰れ帰れ)」
81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 03:58:49.13 ID:/twcjMO40 [65/98回(PC)]
ゆり「凄い、私お見合いって始めて見たわ・・・」

いつき「テレビで見るお見合いよりも空気が重いんだな・・・」

えりか「頑張んなさいよ青髭の君」

つぼみ「こんなに真剣だなんて・・・
     私は間違っていたんですね・・・
     今凄くロマンチックです!!」

えりか「(どこが・・・?)」


鶴崎「ご趣味は?」

俺「プリキュアのブロマイド集めです」

鶴崎「・・・」

俺「・・・」
82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 04:00:58.46 ID:/twcjMO40 [66/98回(PC)]
鶴崎「プリキュアがお好きなんですか?」

俺「はい、恋をするほどです」

鶴崎「・・・」

俺「・・・」

鶴崎「フフッ」

俺「アッハッハッ」

鶴崎「(プリキュアに恋ってなんだー!!?)」

俺「(なんでキモがらねー!!!
   生理的に嫌悪感出んだろプリキュアに恋とか!!!)」
83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 04:07:24.70 ID:/twcjMO40 [67/98回(PC)]
鶴崎「(そうか、学校にもいるなこういうタイプ
     質問には答えられるけど、自分から話すのは苦手なタイプってやつか
     集団では会話に入れない内弁慶タイプってとこか)」

俺「(意外に寛容なタイプなのかな?他人の趣味に大らかな人っているよなー
   この人って目つき悪いし、それでなんか言われたりとかしたことあるかな?
   だから他人を見た目や趣味で判断しないタイプ?)」

鶴崎「(そうだよなー、さっきからこっちから質問することはあっても
     こいつから質問してくることはないんだよなー)」

俺「(ちょっと訊いてみよっと、もっと変態アピールした方がいいし)
  プリキュア好きな男ってどうですか?」

鶴崎「・・・」

俺「・・・」

鶴崎「(・・・やべ、こっちが戸惑っちゃダメだろー!)」

俺「(手ごたえあったぜー!!!)」


ゆり「・・・何を話しているのかしら?」

いつき「(なんか雲行きがおかしいぞ・・・)」
84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 04:11:47.76 ID:/twcjMO40 [68/98回(PC)]
鶴崎「私もプリキュア好きですよ
    化け物から私達を守ってくれます」

俺「俺は守られなくてもプリキュアが好きです」

鶴崎「(どういうことだ?)
    はぁ・・・?」

俺「(もっとだ!もっとこのまま畳み掛けろ!!)
  やはり眺めているだけで元気が出ます」

鶴崎「・・・」

俺「・・・」

鶴崎「(精一杯頑張っている人を眺めているだけで元気が出る///)」キュン

俺「・・・」



えりか「おっ!!」

つぼみ「おおっ!!」
85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 04:15:51.68 ID:/twcjMO40 [69/98回(PC)]
鶴崎「(私もそうだったなー
    精一杯頑張っている子供達を応援したくて
    教育学科を選んだんだったな)」

俺「・・・」

鶴崎「プリキュアが好きな男性についてはよくわかりませんけど
    あなたは素敵だと思います」

俺「・・・」

鶴崎「・・・」

俺「(えっ!!?)」



いつき「(なんか変だ、変だこれ)」
86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 04:20:53.43 ID:/twcjMO40 [70/98回(PC)]
俺「(待った、待った待った
   意味もなくプリキュアが好きとかかなりキモいだろ
   なんで?どこで間違えた?)」

鶴崎「(確かに良い人そうだけど・・・だけど無職はなー・・・)」

俺「(どうしよう・・・、えー・・・えー・・・ありえないだろー・・・
   なんとか嫌われるように・・・
   待てよ・・・)」

鶴崎「・・・」

俺「(まさかこいつ・・・婚活末期女!!?
   相手は誰でもいいからとにかく結婚したいってタイプの人生間違えてるタイプ!!?
   ちょっと、それ早く言えよ・・・だったら俺から断る以外方法ねーじゃん)」
87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 04:26:05.49 ID:/twcjMO40 [71/98回(PC)]
鶴崎「(良い人だと断るのが大変なんだよなー
    私に幻滅してくれるのが一番なんだけど・・・)」

俺「(でもゆりさんやいつきんの前でマナー違反やっちゃうと
   あとで執拗に蹴られるんだよな・・・)」

鶴崎「(来海の話では面白い人・・・だったな
    だったらネガティブを装って暗い雰囲気をアピールすれば幻滅するよな)」

俺「・・・」

鶴崎「私、目つきが悪いですよね」

俺「・・・」

鶴崎「よく言われるんです
    お前は男をバカにした目つきをしているって」

俺「(えー・・・自分語り始まっちゃったよー・・・)」
88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 04:31:11.73 ID:/twcjMO40 [72/98回(PC)]
鶴崎「杉山さんはこういう目つきお嫌いですよね」

俺「(目つきじゃなくてそのネガティブな性格が嫌いだよ・・・
   なんだその被害妄想の塊みたいな・・・)」


・・・ラブ「(ウサぴょん・・・)」・・・


俺「・・・///」

鶴崎「(えー・・・!!!)」

俺「(や、やべー・・・ラブ思い出した///
   ちょっと・・・ラブかわゆ過ぎ///)」

鶴崎「(耳まで真っ赤だとー・・・!!!)」



えりか「青髭の君///」
つぼみ「青髭の君さんが///」
ゆり「///」
89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 04:40:09.39 ID:fGG3+mpf0 [3/3回(PC)]
何この心理戦
90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 04:42:59.53 ID:/twcjMO40 [73/98回(PC)]
鶴崎「(あ、ギャップかー!
    しまったなー、そういうつもりじゃなかったけど
    そういうの好きな男の人っているもんなー)」

俺「(この人も相当目つきのことで苦しんだんだろう・・・
   ま、その気持ちはわからないでもねーけどなー・・・
   守ってあげたいとかそういうのは俺にはねーなー・・・)」

鶴崎「(キャラ作り直すとか失礼な感じするなー・・・
     来海や花咲にそういうの見せたくないしどうしようか・・・)」

俺「(断りたいけど、断りにくいんだよなー・・・
   ゆりさんといつきんがいなけりゃ机ひっくり返して逃げるんだけどなー)」



えりか「そろそろね!!」

つぼみ「何がですか?」
91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 04:45:55.70 ID:/twcjMO40 [74/98回(PC)]
えりか「つぼみ、知らないの?」

つぼみ「・・・?」

えりか「お見合いって、場所変えるんだよ」

つぼみ「そうなんですか?」

えりか「いい感じにお見合いが進んだら、あとはお若い二人に任せてって感じで」

ゆり「(そうなんだ・・・)」
いつき「(そうだったのか・・・)」

つぼみ「鶴崎先生も青髭の君さんも年上ですけど・・・」

えりか「細かいこと気にしないの!」
92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 04:49:01.06 ID:/twcjMO40 [75/98回(PC)]
えりか「センセー!青髭の君ー!」

鶴崎「来海!」

俺「えりか、おま・・・どうしたんだ?」

えりか「なんかスッゴイ感じいーじゃん!」

俺「見てたのか・・・」

鶴崎「///」

えりか「二人で出かけておいでよ」

俺「・・・」

鶴崎「・・・」

えりか「お見合いってそういうもんでしょ?」

俺「(そういうもんなの?)」

鶴崎「(そういうものなのか)」
93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 04:52:03.09 ID:/twcjMO40 [76/98回(PC)]
えりか「さぁさ、あとはお若いお二人で!!」

俺「・・・」

鶴崎「・・・」

俺「(な、何言ってんのこいつ!!?)」

鶴崎「(それって!そういう意味じゃないだろー!)」

俺「///」

鶴崎「///」


つぼみ「二人とも顔が真っ赤です」

いつき「///」

ゆり「///」

つぼみ「どうかしたんですか?」

いつき「あ、いや、なんでもないよ!!!」

ゆり「ええ!なんでもないわ!!!」
94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 05:01:39.01 ID:/twcjMO40 [77/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

俺「・・・」

鶴崎「・・・」

俺「(これは完全にダメなパターン入った・・・)」

鶴崎「(どうすればいいんだろ・・・
     グルッと散歩でもして帰ればいいのか・・・?)」

俺「(話しかけて来るなよ・・・マジで・・・)」

鶴崎「(話しかけて来るな・・・)」


せつな「キャッ!!」コテンッ


俺「(・・・何やってんの、せっさん・・・)」

鶴崎「大丈夫か!?」
95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 05:04:08.19 ID:/twcjMO40 [78/98回(PC)]
せつな「ええ、大丈夫です・・・
     ありがとうございます・・・」

鶴崎「そうか、気を――…」

せつな「お兄ちゃん!」

俺「・・・」

せつな「お兄ちゃん、何してるの?」

俺「・・・」

鶴崎「(うわぁ・・・)
    妹さんなんですか?」

俺「(あー・・・)
  ちょっと待ってください
  せつな!!」

せつな「なあにお兄ちゃん?」
96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 05:08:15.34 ID:/twcjMO40 [79/98回(PC)]
俺(俺はお前のお兄ちゃんじゃねー!!!)

せつな(あなたが楽しそうにお見合いしてると情報を掴んで
     私にできることを精一杯考えたわ)

俺(考えないでください!!!)

せつな(ほら、ヒゲって口下手でしょう
     今だって、自分から話さなければならないタイミングなのに
     だから会話のネタ作りをしてあげようと思ったの)

俺(ぶっ飛ばすぞ!!!)

せつな(頑張ってねヒゲ!
     ラブじゃないけど言うわ!幸せゲットよ!!)

俺(おめーゼッテー楽しんでるだろ!!!)


鶴崎「あ、あの・・・」


せつな「お兄ちゃん、お見合い中だったの!!?」

俺「・・・」
97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 05:14:00.92 ID:/twcjMO40 [80/98回(PC)]
せつな「ごめんね、邪魔しちゃったみたいで!」

俺「・・・」

せつな「えと、お名前は?」

鶴崎「鶴崎だ・・・(この子どこかで見たような・・・)」

せつな「そう、鶴崎さん
     お兄ちゃんはちょっと変わってるけど良い人なんです」

俺「(ちょお、おま・・・)」

鶴崎「そ、そうか」

せつな「口下手で不器用で、あ、もしかしてお兄ちゃんのこと苦手ですか?」

鶴崎「いや、そんなことは・・・
    (しまった・・・)」

せつな「本当ですか!!?」

俺「(このクソガキ・・・うめぇよ口が・・・)」
98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 05:17:41.34 ID:/twcjMO40 [81/98回(PC)]
せつな「苦手じゃないんなら!!話しかけてあげてください!!!
     きっとうまくいくって私、信じてます!!」

鶴崎「・・・保証は・・・その・・・」

俺「(私、信じてるなんて最近本家ですら言わねーよ・・・)」


せつな「それじゃ!!さような・・・また!また会いましょう!!!鶴崎さん!!!」


鶴崎「・・・ああ・・・」

俺「(だから、さようなまで計算だろ、あいつは・・・世間知らずのくせに・・・
   違う・・・覚えたのか・・・あー・・・うぜー・・・)」
99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 05:21:10.70 ID:/twcjMO40 [82/98回(PC)]
鶴崎「・・・」

俺「・・・」

鶴崎「(まいったな・・・
     妹さんの前で言ってしまった手前・・・
     話しかけないわけにはいかないか・・・)」

俺「(話しかけてくるぞー・・・どうしよー・・・)」

鶴崎「可愛い妹さんですね」

俺「そうですかね?」

鶴崎「ええ、お兄さん想いのいい妹さんです」

俺「どーも・・・」
100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 05:29:41.30 ID:/twcjMO40 [83/98回(PC)]
鶴崎「妹さんとは歳が離れているみたいですけど
    妹さんはいくつになるんですか?」

俺「今年、16歳になります」

鶴崎「今年から高校ですか
    この時期にゆっくりしていられるということは私立の高校へ?」

俺「・・・そ、そうです」

鶴崎「・・・?」

俺「(あいつって高校どうすんだろ・・・
   ラビリンスって高校あんのかな・・・
   てか、飛び級してそうだよなー・・・)」

鶴崎「どうかしたんですか?」

俺「高校受験のシーズンですよよー」

鶴崎「・・・?ええ・・・」
101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 05:32:56.82 ID:/twcjMO40 [84/98回(PC)]
俺「鶴崎さんは中学校の先生でしたよね?」

鶴崎「ええ」

俺「受験を控えた中学生ってどんな感じです?」

鶴崎「・・・ん~、いろいろですね
    受験戦争で必死になってる子供も居れば
    特に勉強しない子も多いですよ」

俺「特に勉強しない子・・・
  俺のときは全員バカみたいに勉強してましたよ」

鶴崎「私のときもです」
102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 05:33:22.77 ID:Mie7Xm5X0 [1/1回(PC)]
VIPでやんなクズ死ね
103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 05:38:47.01 ID:/twcjMO40 [85/98回(PC)]
鶴崎「案外人の将来が決まるのって早いんですよ」

俺「・・・」

鶴崎「通う中学校で大体が決まります
    ・・・失礼ですが杉山さんの中学は?」

俺「特進でしたね・・・」

鶴崎「私もです」

俺「・・・」

鶴崎「そういう中学に進んだ子は、それこそバカみたいに勉強しますけど
    公立の中学や、普通の私立中学に進んだ子は案外受験前でも深く考えていないんです」

俺「ははっ・・・」
104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 05:44:42.71 ID:/twcjMO40 [86/98回(PC)]
俺「わかってないんですよ
  まだ高校の意味すら・・・」

鶴崎「そうですね
    親からの強制で勉強を義務付けられた子も実際わかってない場合が多いです」

俺「俺のことですな」

鶴崎「私のことでもあるんです」

俺「未来なんてわかんないですよ
  15そこそこの子供には、その時期の子供が見る夢なんてスポーツ選手や総理大臣なんて
  将来にほとんど役に立たない夢だ

  公務員になりたいって夢の子供が増えてるといっても
  実際公務員が何をする仕事かもわかっちゃいない
  親に教えられた言葉に殉じているだけだ」

鶴崎「・・・」
105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 06:00:24.44 ID:/twcjMO40 [87/98回(PC)]
俺「俺の知り合いの中学生の夢はダンサーとモデルだってさ」

鶴崎「・・・、素敵じゃないか」

俺「必死に追いかけていれば叶う夢でもないのに
  それだったら将来を選べるように勉強してればいいのに」

鶴崎「来海の夢って知ってるか?」

俺「確かファッションデザイナー?だっけ?
  親があれだしいいんじゃないんですか?」

鶴崎「そういうセンスが必要なものは小さいうちからやってないとなれないそうだ」

俺「・・・」

鶴崎「極稀に急に出てくる者も居るけどそれは少数派でしかない」

俺「結局、全部できるもの勝ちなんでさー
  偏差値でははかれない、頭の問題でさー」

鶴崎「・・・」
106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 06:06:36.91 ID:/twcjMO40 [88/98回(PC)]
鶴崎「話を戻す
    高校の受験を深く考えない者はそれで幸せなんだ」

俺「・・・」

鶴崎「あとで進学を間違えたと気づく者もいるが
    それは少数派だ」

俺「へぇ・・・本当に?」

鶴崎「ほとんどは未来を考えられず与えられた未来で満足する
    それが適材適所という言葉の意味だ」

俺「・・・きっついね」

鶴崎「自分の未来に満足できないものは決まって、途中でこけたやつだ」

俺「・・・」

鶴崎「お前はいつこけた?」

俺「・・・きついね」
107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 06:11:06.27 ID:fytQUQTaO [1/1回(携帯)]
まーくん地震で死んじゃったのかと思ったよ
よかったよかった
108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 06:18:17.38 ID:/twcjMO40 [89/98回(PC)]
俺「俺はこけたわけじゃない・・・立ち止まったんだ」

鶴崎「・・・」

俺「何も考えず生きている人間だっていつか気づくんだ
  自分が何をしたいかを、遅くとも高校生活中に」

鶴崎「・・・」

俺「わかってるよ、自分の能力に見合った妥協が夢になることくらい
  俺はその妥協点を見つけることができなかったよ」

鶴崎「・・・」

俺「俺がなりたいものはこの世界にないということ
  惨めだよね、この世に存在しないものが見えなくて立ち止まるだなんて
  俺は俺自身が極めて異質であると思うよ」
109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 06:30:42.11 ID:/twcjMO40 [90/98回(PC)]
鶴崎「・・・」

俺「そう考えるようになったのも最近だ
  この歳になるまでそれに気づけもしなかった」

鶴崎「・・・」

俺「それでわかったことは最低限文化的生活を営むために
  能力でできる範囲の職につき生きるということ
  たぶんそう、妥協点を見つけるということはそういうことだ

  俺は普通の人よりも精神が育つのが遅いのだろう
  気づいたときにはすでに遅しってね」

鶴崎「みんなそうだ」

俺「・・・」

鶴崎「妥協点を見つけ、それを叶えた人間だってそこが妥協点だったのか悩むよ
    与えられた未来に満足できると言ったが、満足するまでに時間はかかるさ」

俺「そりゃ・・・そうだよね・・・」
110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 06:35:40.36 ID:O+j79Jf2O [2/2回(携帯)]
ニートに片足突っ込んでる自分にはきつい話だなぁ
支援
111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 06:37:04.49 ID:/twcjMO40 [91/98回(PC)]
俺「先生は、生徒にそういうことを教えちゃうの?」

鶴崎「まさか、こんなことを教えたらPTAで締め上げられるさ」

俺「公務員を目指させる保護者には素晴らしい教えなのにね」

鶴崎「曖昧には言うぞ」

俺「マージで?」

鶴崎「数年後に誰かが意味を理解してくれたらそれでいい」

俺「・・・」

鶴崎「・・・」

俺「俺も、そういや曖昧にそういうの教えてもらったような気がするぅ~」

鶴崎「私もだ」
112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 06:39:31.80 ID:/twcjMO40 [92/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

えりか「おかえり!」

俺「ただいまー!」

鶴崎「・・・」

えりか「どうだった!?ねねっどうだった!?」

俺「ラブラブよ!」

鶴崎「お前、キャラ変わってないか?」

俺「お鶴ちゃんに言われたくない///」

つぼみ「お、お、お、お鶴ちゃん!!!・・・ですかっ!?」

鶴崎「悪ふざけはするな」
113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 06:45:25.33 ID:/twcjMO40 [93/98回(PC)]
ゆり「その、お二人はその・・・」

俺「やだよ、こんなリアリスト」
鶴崎「私もこんなペシミストお断り」

つぼみ「なんですかそれ?」

俺「つぼみん・・・可愛い///」

つぼみ「えっ!?えっ!?」

俺「つぼみんハグしようハグ!!!」


つぼみ「ぎょええええええええ!!!!!!」


俺「・・・」


えりか「・・・」


俺「なんでえりかまで逃げるの?」


えりか「危ないじゃん!!!」


俺「もうやだあいつ」
114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 06:57:22.26 ID:/twcjMO40 [94/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

いつき「最近は発作が起こらないね」

俺「・・・」

いつき「ラブちゃんの束縛を乗り越えたの?」

俺「・・・無論だ」

いつき「・・・」

俺「それよりいつきん、いつになったらスイートプリキュアに会わせてくれるの?」

いつき「・・・ゆりさんと相談してくる」

俺「お前いつもそればっかじゃねーか!!!
  実は知らないんだろ!!!本当のことい――…」

いつき「熊田さーん!」

熊田「また発作か!?」

俺「やめろ!発作じゃねー!!!俺を柱に括り付けんの流行ってんのー!!!?」
115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 07:00:50.78 ID:/twcjMO40 [95/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

いつき「本人は乗り越えたと言っている
     そろそろ響と奏に会わせてあげても・・・」

ゆり「あの人のこころの花を観察していたのだけど」

いつき「こころの花を?」

ゆり「鶴崎先生だったかしら?
   彼女と会ってから枯れ方が変わったの」

いつき「・・・咲き方が変わったんですか?」

ゆり「もう一度言うわ
   枯れ方が変わったの」

いつき「・・・どういうことです?」
116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 07:04:57.90 ID:/twcjMO40 [96/98回(PC)]
ゆり「お見合い前までの枯れ方は、花が下を向いて枯れていたけれども
   お見合い後の枯れ方は、まるで咲いているように枯れているのよ」

いつき「・・・前向きにこころの花を枯らしているんですか?」

ゆり「・・・どういうことかはわからないわ
   明日薫子さんに見てもらって、もう一度考えましょう」

いつき「響と奏と会わせるのは?」

ゆり「こころの花が不安定な状態で会わせるべきでないわ
   ただでさえお粗末なプリキュアがもっとお粗末になったら大変じゃない」

いつき「・・・」
117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 07:07:41.07 ID:/twcjMO40 [97/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

俺「クマー・・・」

熊田「・・・」

俺「クマー・・・」

熊田「なんじゃ?うるさいのう」

俺「クマー、クマー、クマー」

熊田「なんじゃ貴様は!!!」

俺「ちょっと、あそこの戸を開けてきてくれよ」

熊田「・・・なんでじゃ?」

俺「せつながいるような気がする」
118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 07:15:20.47 ID:/twcjMO40 [98/98回(PC)]
熊田「・・・曲者覚悟ー!!!」

せつな「ちょっと、何するのよ!?」

熊田「別に青髭の勘を信じたわけじゃないが
    本当にいるとはな・・・」

俺「よしクマー!そいつを柱に縛れ!!!」

熊田「言われるまでもないけぃ!!」

せつな「勝手に入ったことは謝るわ!!
     でもこういうのってよくないと思うの!!」ギチッ

熊田「先に悪いことをしたのはそっちじゃきぃ
    師範代を呼んでくるけぇそこで大人しゅう待っちょれ」

せつな「もう、なんでこうなるのよ!」

俺「せつなが半径100メートル圏内にいると臭いでわかるようになってきた」

せつな「臭い?臭いかしら?」

俺「・・・」
119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/05(火) 07:56:11.59 ID:k44CHXf00 [3/3回(PC)]
熊田さんじゃなくて熊本さんじゃ
120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 09:36:13.27 ID:loREEgWdO [1/1回(携帯)]
121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 10:01:54.29 ID:LThYEDZ60 [1/2回(PC)]
俺ってなんなん?
122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 10:34:54.12 ID:kAwcbPbc0 [1/1回(PC)]
まーくん!
123 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 10:44:01.14 ID:G/0qxR14O [1/2回(携帯)]
生きておったかまさや
心配していたゾ
124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 11:30:09.33 ID:ys+8Wu5p0 [1/1回(PC)]
面白いのは確かなんだけど
それ以上に読んでると落ち着くんだよなマーくんのSSは
125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 11:31:50.96 ID:LThYEDZ60 [2/2回(PC)]
俺って誰なん?
126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 12:01:06.45 ID:G/0qxR14O [2/2回(携帯)]
ラブちゃんのダーリンだけど何か?
127 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 12:25:38.54 ID:5MhzzaNZ0 [1/1回(PC)]

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク