ログ速トップ
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:48:29.67 ID:GyeplwwS0 [1/186回(PC)]
………………
…………
……


加音町。


奏「エレンがカップケーキを気に入ってくれてよかったわ
  あんなに喜んでくれるならもっといっぱい作らないとね!」

響「うんうん!
  あたしも喜んでるよ!」

奏「響が喜んでるのはいつものことじゃない」

響「もっとい~っぱい奏のカップケーキ食べさせてね!」

奏「も~ 何を言い出すかと思えば……あら?」


奏が地面に落ちているものに気づく。
オレンジ色の宝石が砕けたような破片。


奏「何かしらこれ?」

響「さぁ~ でもなんか綺麗だね
  あっ! あっちにも落ちてる!」
2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:49:32.06 ID:GyeplwwS0 [2/186回(PC)]

響が金属の輪っかを拾ってくる。


奏「そ それは違うような……」

響「えー!! 綺麗じゃん! 同じじゃん!」

奏「車にでも轢かれて砕けたかのかな?
  集めれば元あったものになりそう」

響「うんうん パズルだね!」

奏「そうだね 面白そうだけ集めてみよっか!」

響「そうしようよ!」


破片が怪しく光る。



『ブシュー♪
 黄色い欲望と家出少女と青髭最後の音符集めニャ!!』
3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:49:42.69 ID:V4cojTuU0 [1/1回(PC)]
キュアザリガニに見えた
4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:50:27.11 ID:mAIbOF5KO [1/1回(携帯)]
>>3
俺も
5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:50:40.98 ID:GyeplwwS0 [3/186回(PC)]
………………
…………
……


夕凪町。


青髭「いやー……夏になるとここに来たくなるのは……
   可愛いプリキュアが俺に逢いたがっているからかな?」

美希「……そーねー……咲と舞なら あるいはあんたに会いたがってるかもねー……」

百希「……」

祈里「百希を連れてくるのハンターイ」

せつな「ハンターイ」


祈里とせつなが小さな声で物申す。
6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:50:59.48 ID:NzeUuY/dO [1/1回(携帯)]
ウヴァさん出てくるの?
7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:51:42.68 ID:GyeplwwS0 [4/186回(PC)]
青髭「百希は大切な仲間なの!
   その百希と一緒に歩いて楽しくないわけがない!!」

祈里「お前 珍しく百希連れ出したけど咲と舞に何させるつもりだよ?」

青髭「百希はお友達が欲しいお年頃なの!
   咲と舞なら百希のベストフレンドになってくれるって俺信じてる!!」

百希「友達などいらんな……」

青髭「百希ちゃ~ん……」
8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:52:49.16 ID:GyeplwwS0 [5/186回(PC)]
せつな「ヒゲ あなたに言いたいことがあるの」

青髭「なんだい せつにゃん?」

せつな「私たちはラブとは違うの
    思いつきで急に誘い出されても困るわ」

青髭「……」

祈里「そーだそーだ!」

美希「ちゃんと事前にプランを説明してくれて
   納得した上で行動できる方がお互い楽しいじゃない」

青髭「……俺のサプライズ全否定するのやめてください!!」

せつな「いらないの そのサプライズ」

青髭「……百希ちゃ~ん!!」


青髭が百希にすがりつく。
百希が目を見開く。
青髭が吹き飛ぶ。


青髭「…………」

祈里「青髭ー!!!」
9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:54:08.80 ID:RTxhxXI0I [1/1回(iPhone-wifi)]
キュアウヴァもでてくるの?
10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:54:24.55 ID:GyeplwwS0 [6/186回(PC)]
美希「だからあんたも怒ったなら怒ったって言いなさいよ!!!
   いきなりぶっ放すとかなしよ!!!」

百希「……」

せつな「こういうwwwwサプライズならwwwwwwww大歓迎wwwwwwwwwwwwww」


せつなが腹を抱えて笑っている。


舞「咲ー!!! 咲ー!!!!」


遠くで泣きそうな舞が咲を呼んでいる。
青髭が起き上がる。


青髭「俺の可愛いプリキュアの声がする……」

祈里「ふ 不死身か……」

青髭「可愛いプリキュアの悲痛な声がするなら俺は何度だって立ち上がれる……」
11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[キュアウヴァさんはでてきません] 投稿日:2011/08/12(金) 07:56:11.38 ID:GyeplwwS0 [7/186回(PC)]
美希「確かに様子が変ね」

青髭「舞ー!!!!」

舞「ヒゲダンディー!!!?」


青髭の声に舞が反応する。


舞「ヒゲダンディー! どうしてここに!?」

青髭「舞が困っているとき 俺はいつだって現れるよ」

舞「……」

せつな「心なしか嫌そうな顔をしているように見えるのだけど」

美希「複雑な感じっぽいわね……」
12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:57:14.14 ID:GyeplwwS0 [8/186回(PC)]
舞「そ そんなことないわ!
  すごく嬉しい!!」

祈里「じゃあその顔なんだよ……?」

百希「……」

舞「べ 別に嫌そうな顔なんてしてない……」

せつな「舞 ゲロっちゃいなさい」

美希「ちゃんと言いたいことを言ってスッキリした方がいいわよ」

舞「……」
13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:58:18.45 ID:GyeplwwS0 [9/186回(PC)]
祈里「だったらお前何考えてんだよ?」

舞「この前自転車がパンクして困っていたときどうして現れてくれなかったのって考えたの……」

せつな「……」

百希「……」

青髭「……」

舞「違うの! こんな勝手なことを考えてしまったことについてはごめんなさい!
  ヒゲダンディーが私のこと考えてくれてるんだって知ってすごく嬉しかったのは本当なの!」

青髭「うおっまぶしっ!!」

美希「(この子 いい子のレベルがMAX過ぎるのよ……)」
14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 07:59:22.69 ID:GyeplwwS0 [10/186回(PC)]
舞「それよりヒゲダンディー!! わがままなお願いだけどどうしてもあなたにお願いしたいことがあるの!!」

青髭「舞のどこがわがままなんだ……」

祈里「なんだ、どーしたんだ? なんか困ってんのか?」

舞「咲が家出して居なくなっちゃったの!! 一緒に探してお願いヒゲダンディー!!!」

青髭「……咲が家出……」

美希「えーウソ!! あの子が家出!!?」


青髭が頭を抱えてしゃがみ込む。


せつな「どうしたの?」

青髭「咲が家出とかありえん……俺の知ってる咲じゃない……俺の咲じゃない……」
15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:00:26.12 ID:GyeplwwS0 [11/186回(PC)]
舞「し しちゃったんだから仕方ないじゃない!
  ヒゲダンディー!!」

青髭「舞 これはダークフォールの陰謀である可能性が100%だ」

舞「なんですって!!?」

青髭「きっと咲は操られて家出を……」

祈里「中学生一人の家出ごときに滅びの力関連付けんじゃねーよ!!!」

せつな「やれやれね……」

舞「そうね!! そうかもしれないわヒゲダンディー! だって咲 変だったもの!!」

青髭「咲の身に何かある前に救い出す!!」

美希「おーい」
祈里「おーい」

せつな「……」


百希がくだらなそうにため息をつく。
16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:02:31.84 ID:GyeplwwS0 [12/186回(PC)]
………………
…………
……

ハミィ「にゃっぷにゃっぷらんらん♪ にゃっぷらんらん♪」

ハミィ「今度の音符はブシュー♪ だニャ!」

ハミィ「またアオに手伝ってもらうニャー!!」

ハミィが楽しそうに歩いている後方に三人の人影。

バリトン「あのにゃんこちゃんはまた青髭君のところへ行くようですね」

バスドラ「どうやら音符集めをさせるようだな あの猫 案外あざと――……」

ファルセット「やったー!! またキュアベリーさんと逢えるぞー!!!」

ファルセットの口を塞ぐバスドラとバリトン。

ハミィ「ニャ~……? なにか聞こえたような気がするニャ」

ハミィが振り向く。身を隠すトリオ・ザ・マイナー。

ハミィ「……ま いっか」
17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:03:34.27 ID:GyeplwwS0 [13/186回(PC)]
ハミィ「今回はハミィがアオを迎えに行くニャ!
    きっとアオは驚くニャー!」


ハミィの横にある壁が光りアフロディティの姿がうつる。


アフロディティ「ハミィ……」

ハミィ「あー!! アフロディティ様ー!!
    何か用かニャ?」

アフロディティ「ハミィ 最近のあなたの行動は目に余ります」

ハミィ「なにがニャ? ハミィはしっかり音符を集めてるニャ!」

アフロディティ「集め方に問題があると言っているのです」

ハミィ「ちゃ~んとプリキュアに頼んで集めてもらってるニャ」

アフロディティ「……まぁプリキュアと言えばプリキュアなのかもしれないけど
        一人だけ異物が混じっていませんか?」

ハミィ「アオのことかニャ?」
18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:05:14.98 ID:GyeplwwS0 [14/186回(PC)]
アフロディティ「その者です 音符を集めは危険なことなのですよ
        一般人の彼に音符集めをやらせるのは考えものです」

ハミィ「それだったら問題ないニャ!
    アオもプリキュアだニャ!」

アフロディティ「……えー……」

ハミィ「シプレとコフレはアオのことキュアジョリジョリって呼んでるニャ!
    だからアオも立派なプリキュアだニャ!」

アフロディティ「(そ そうだったのかー)
        ではありませんハミィ! そもそも他のプリキュアにお願いすると言うことがダメなのです」

ハミィ「にゃ~……なんでかニャ?」

アフロディティ「(え……なんでだろ……)」
19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:05:48.65 ID:rRqRDeiC0 [1/1回(PC)]
もうsageないのか
強くなったな
20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:06:31.66 ID:GyeplwwS0 [15/186回(PC)]
アフロディティ「とにかくルールはルールです
        これからはあなたのプリキュアだけで音符を集めること
        いいですねハミィ」

ハミィ「わかったニャ!
    じゃあ今回の音符集めが終わったらそうするニャ!」


ハミィが駅のホームに向かって走り出す。


アフロディティ「ちょっとハミィ! まだ話は――……」

バスドラ「あの猫を追えー♪」

バリトン「待つんだにゃんこちゃん!!」

ファルセット「キュアベリーさぁ~ん!!」


アフロディティの前をトリオ・ザ・マイナーが駆け抜けていく。
バスドラは普通に駆け抜け、バリトンはアフロディティに会釈をし、ファルセットはウインクを飛ばした。


アフロディティ「……」
21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:07:35.34 ID:GyeplwwS0 [16/186回(PC)]
アフロディティ「ハミィ!!!」


アフロディティが身を乗り出しハミィの向かった先を見る。
駅員にトリオ・ザ・マイナーが捕まっていた。


駅員「はーい切符買ってねー」

バスドラ「ずるいぞ! さっきの猫は切符買わずに通したのに!!」

バリトン「差別ですよ!!」

駅員「猫は関係ないでしょー」

ファルセット「切符って何さ?」

アフロディティ「……ま いいか……」
22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:08:39.64 ID:GyeplwwS0 [17/186回(PC)]
………………
…………
……


響「できた!!」

奏「響が拾った輪っかも必要だなんて思わなかった……」


響と奏が欠片を集め元の状態へ復元する。
テープでグルグル巻きにしてあるオレンジ色のメダル。


響「あたしのおかげ!」

奏「そうやってすぐ調子に乗って」
23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:09:41.67 ID:GyeplwwS0 [18/186回(PC)]
響「まーまー
  これって何のメダルなんだろ
  どっかの国のお金とか?」

奏「そうは見えないけど……
  この紋様……ライオンかしら?」

響「うん あたしもそう見える」


メダルがきらめく。


『……僕の声を……聞いてよ……』


響「え? 奏 何か言った?」

奏「響こそ変な声出してどうしたの?」
24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:10:44.08 ID:GyeplwwS0 [19/186回(PC)]

メダルが浮かびあがる。


響「メダルが!!」

奏「浮かんだ!!?」

響「え!!? 何これ!!? 奏!!」

奏「わ 私にわかるわけないじゃない!!!」


メダルが二つに割れ響と奏の首にくっ付く。


響「……なんかヒヤッとした!! 奏取――……」

奏「……」


二人の瞳が黄色く光る。
25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:12:07.57 ID:GyeplwwS0 [20/186回(PC)]
………………
…………
……

青髭「ここにいると思ったよ咲……」

咲「……」

舞「咲!!」


駅で咲を見つける舞達。


美希「なんで駅にいるってすぐわかったの?」

青髭「そりゃあ咲が家出なんてするわけがないからね」

祈里「あ?」

青髭「プチ家出にもならないような家出は家出とは言わない
   0.1グラムの青酸カリなら水に溶かして飲んでも死なない
   プチもつかんような家出など家出に値しない」

せつな「……」

青髭「よって俺の咲は家出なんてしていな――……」

美希「わかった!! 家出してないでいいから!!
   なんでここに咲がいるとわかったか教えなさいよ!!」
26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:14:18.60 ID:GyeplwwS0 [21/186回(PC)]
青髭「あー? 中学生の家出ってのは基本頼れる友達のとこに行くんだよ
   それすらしていないなら思い出の場所や好きな場所にでも行くだろう
   だがそこは既に舞が探したであろう場所だ

   そこに居なかったのなら もう自分探しの冒険は終了している
   自分探しが終われば待っているのは現実だ」

美希「……?」

青髭「行く当てもない女の子の家出は詰まるところトイレで手詰まりとなる
   綺麗な説明で言えば暗がりを怖がって明るい場所を探してと言う」

祈里「ほうほう」

青髭「田舎で一番盛況している場所と言えば商店街か駅周辺
   だが商店街では自由に使えるトイレも少なく
   知人も多く居て家出をしてしまったことが井戸端会議で知れる」

せつな「……」

青髭「だから駅周辺だ 駅自体にトイレがある上 憩いの場にトイレがあり コンビニなども立ち並びトイレがある」

百希「……」

青髭「この世界はトイレに満ち満ちている!!!」

美希「おー///」
祈里「おー!」

美希と祈里が青髭に拍手を送る。
27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:15:13.58 ID:XmXtMGnQ0 [1/1回(PC)]
しえしとくー
28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 08:15:55.31 ID:GyeplwwS0 [22/186回(PC)]
青髭「ありがとー! ありがとー!!」

咲「あたしの家出が台無し……」

舞「……」

青髭「ナーッハッハッ!!!」


青髭のポケットから手鏡が落ちる。
せつながそれを拾い上げる。


DD「ヤバッ!!」


鏡に映っていたダークドリームが姿を消す。


せつな「……ヒゲ」

青髭「なんだいせつ……わー!!! お前なんで俺の手鏡持ってんだよ!!!」
29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:17:04.36 ID:GyeplwwS0 [23/186回(PC)]
美希「……ああ そういうこと……」

祈里「それっぺーこと並べて……実際はそれか……」


美希、祈里、せつなが白目で青髭を見る。


青髭「違うよ違うよ違うよ違うよ!!!!」
30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:18:06.53 ID:GyeplwwS0 [24/186回(PC)]
………………
…………
……


鏡の国。


DD「危なかったー」

DR「セーフ!!」

DL「アウトだよ……」


ダークドリーム、ダークレモネード、ダークルージュの方へダークミントとダークアクアが歩いてくる。


DM「あなた達また青髭の手伝いしてたの?」

DA「……」

DD「うん! そう! 困ってるみたいだったから!」
31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:18:36.83 ID:DvsWOUqzO [1/1回(携帯)]
ダーク5きたああああああああああ
32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:19:15.40 ID:GyeplwwS0 [25/186回(PC)]
DR「タヌキを探してたのよ」

DA「タヌキ……か……」

DM「それで報酬は?」

DD「……? ないよ!」

DM「……ただ働き? あなた達 随分と人がいいわよね
   しっかり請求しないと損するわよ」

DD「……それもそうだね」

DR「じゃ あとで請求しよっか
   カオルちゃん……だっけ? あの人のドーナツ
   あれおいしーよねミント」

DM「別に……」
33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:19:16.06 ID:lLDsyrDI0 [1/2回(PC)]
ザリガニかと
34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:20:20.00 ID:GyeplwwS0 [26/186回(PC)]
DA「……ん?」


後方の鏡が光りパンパカパンの袋が入ってくる。


DD「青髭!」

DR「わ~い!」

DM「……ッ///」


ダークミントが目を輝かせている。


DL「あの人要求しなくてもいいみたい」
35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:22:10.95 ID:GyeplwwS0 [27/186回(PC)]
DM「別に私はいらないんだけど……
   いくつあるの?」

DA「……人数分あるな
   いらないのならば私がいただこう」


ダークアクアが袋を拾い上げ、中から二つパンを取り出す。


DD「ミントがいらないなら私も欲しい!」

DR「私も私も!!
   分けて分けて!!」

DA「自分の分を食べ終わってから言え」
36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:23:13.12 ID:GyeplwwS0 [28/186回(PC)]
DL「これいつものと違うね」

DA「だがまぁ……うまいものだ……」

DM「私の分渡しなさいよ」

DA「……? いらないのだろう?」

DM「いらないとは言ってないでしょ」

DA「……いらないのだろう?」

DM「も あったま来た!!!」


ダークミントとダークアクアが戦い出す。
37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:24:20.01 ID:GyeplwwS0 [29/186回(PC)]
DL「……」

DR「これ食べちゃったらまずいかな?」


ダークレモネードがダークミントのパンを見る。


DD「どうだろ?」

DL「ダメだと思うよ」

シャドウ「あー!! 何この袋!!」


遅れてやってきたシャドウがパンパカパンの包みを開ける。


シャドウ「いただきまーす!!」

DD「……」

DL「……いくつ入ってたんだっけ?」
38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:25:21.68 ID:GyeplwwS0 [30/186回(PC)]
………………
…………
……


美希「何してきたの?」

青髭「ちょっとパンパカパンに……」

せつな「このパン すごくおいしいわ」


青髭の言葉に反応する咲。


咲「うちに行ったの!!?」

青髭「ああ ここらへんでおいしいものを売っているお店はお前の家くらいしか知らないからな」

咲「あたしがここにいるってお父さんに教えたの!?」

青髭「言ってないよ」

せつな「買い物に行っただけよ」

咲「だったらいいけど」
39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:26:26.34 ID:GyeplwwS0 [31/186回(PC)]
舞「咲 もう帰りましょう
  咲のお父さんとお母さんもきっと心配してる」

咲「帰らない!!
  あたしは家出したの! もう二度と帰らないつもり!!」

青髭「……うう……ああ……」


せつなから渡されたパンパカパンの袋からパンを選んでいる美希と祈里。
青髭の異変に気づき声をかける。


美希「どしたの?」

青髭「こんなの俺の咲じゃなーいー!!!!」

祈里「おいおい……」


泣き崩れる青髭。
40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:27:28.39 ID:GyeplwwS0 [32/186回(PC)]
青髭「俺の知っている咲はもっとkawaii!!
   これ違う!! これ俺の可愛い咲じゃない!!!!」

美希「青髭ー……ってキャッ!!!」


青髭が急に立ち上がる。


青髭「咲はもっと春陽のようで心暖かくこまやかさがあり
   妹をいたわり両親を畏敬していて俺をこがれるくれる人なんだ!!!」

咲「……」

舞「ひ ヒゲダンディー?」

祈里「ところどころわかんねーから翻訳しろよ」

美希「えー……っと……」

せつな「要するに明るくて優しくて自分のことを好きでいてくれる人かしら?」

祈里「最後ありえねーよ」
41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:28:36.46 ID:GyeplwwS0 [33/186回(PC)]
青髭「どうしてしまったんだ咲……
   滅びの力か……? 滅びの力がお前をそうしてしまったのか……?」


頬を撫でようと伸ばした青髭の手を咲が払いのける。


咲「ヒゲダンディーの勝手な妄想を押しつけないで!!」

青髭「ああ……ああ……」


青髭がへたり込む。


青髭「こんなの咲じゃない!!!
   これじゃない!!! これじゃなーいー!!!」
42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:31:03.12 ID:GyeplwwS0 [34/186回(PC)]
咲「あたしは悪い子なの!!! 悪女よ!! 悪女なの!!」

青髭「やーめーろー!!! 咲の姿と声で俺を惑わすなー!!! 俺に近づくなー!!!」

咲「これから公園で野宿するの!!!!」

青髭「わー!!!! 聞きたくない聞きたくない!!!!」

咲「明日の朝ご飯どうしよう!!! ゴミ箱から漁っちゃお――……」

祈里「やめてやれよ!!!! ホームレスネタを無職に投げかけるのやめてやれよ!!!!!」

美希「あんたに悪意はないんだろうけど違う意味になりかけてる!!!」


青髭が涙をこぼしながらフラフラ立ち上がる。
木の枝に座り頬杖をついている百希に声をかけた。


青髭「も…… 世界滅ぼしちゃおっか……?」

百希「好きにしろ」

美希「変な会話しないでよ!!」


せつながパンをふきだし腹を抱えて笑い地面を叩いていた。
43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:32:06.50 ID:GyeplwwS0 [35/186回(PC)]
………………
…………
……


加音町。


エレン「奏のカップケーキは本当においしいわ!」

カザリ(……)
奏「おいしいと言って食べてくれると作り甲斐がある!」

カザリ(……)
響「おいしいよ!
  やっぱり奏のカップケーキは最高だね!」

カザリ(ふ~ん……)
奏「響は何食べてもおいしいって言うじゃない
  エレンのおいしいとは違うから」

カザリ(くだらないことを話して楽しいんだ……)
響「そんなことないよ! 奏が黒いケーキ作ったときはちゃんとおいしくないって言ったもん!!」

カザリ(……)
奏「響!!」

エレン「……」
44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:33:08.54 ID:GyeplwwS0 [36/186回(PC)]
カザリ(……)
響「あー違うよ!! エレン!! そういう意味じゃないの!!!」

エレン「……いいの あれは私が悪かったのだから……」

カザリ(……難しいね……)
奏「言い訳より先に謝りなさい!!」

カザリ(……)
響「ごめんね!! エレン!!」

エレン「謝るのは私の方よ……ごめんなさい……」

カザリ(……)
響「奏も謝ってよ!!」

カザリ(……わけがわからないよ)
奏「なんで私が謝らないといけないの!!」
45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:35:20.75 ID:GyeplwwS0 [37/186回(PC)]
………………
…………
……


夕凪町。


舞「お願いだから帰ろう咲
  咲が家に帰ることを許してもらえるよう 私も一緒に謝るわ」

咲「なんであたしが謝らなきゃいけないのよ!!」

祈里「てかさー 話が全然見えねーんだけど
   なんで家出したの?」

舞「……それは」

美希「何か事情がありそうな感じ……?」

咲「みのりがあたしのおかし食べたから怒ったの
  そしたらお父さんが怒ったの」

祈里「……く くだらねー……」

美希「くだらない……」

咲「二人にとってはくだらないことでもあたしにとっては大問題なの!!」

せつな「(そういえばこの子達 バカだったわ)」
46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:35:52.04 ID:Rd4hGzG2O [1/2回(携帯)]
検索しやすいようにスレタイに「まーくん」て入れてね!約束だよ!
47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:36:30.00 ID:GyeplwwS0 [38/186回(PC)]
舞「でもみのりちゃんはまだ小さいんだから
  許してあげてもよかったじゃな――……」

咲「舞には関係ない!!!」

舞「むー……」


遠く離れたところで青髭は体育座りをしていた。


青髭「これじゃないこれじゃないこれじゃないこれじゃないこれじゃないこれじゃないこれじゃない」

百希「……あの狸のようなやつ 随分とワガママなことだ」

青髭「お前が言うな!!!!」
48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:37:44.68 ID:GyeplwwS0 [39/186回(PC)]
舞「もうわかった!!! 咲なんて知らない!!!!」


舞が激昂して帰路に就く。
舞の後ろ姿を見つめる青髭。


青髭「あれも舞じゃない……」

美希「てか これいいの?」

せつな「何がかしら?」

美希「ほら仲直りとかさせてあげなくていいの?
   いつもなら仲を取り持つ青髭があんなだし」

祈里「子供じゃねーんだしそこまで面倒見切れるかよ」

美希「子供よ……」
49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:39:08.33 ID:GyeplwwS0 [40/186回(PC)]
ハミィ「ニャー!!! 舞ぃー!!!!」


遠ざかっていく舞にタックルをかます猫。
舞がこける。


ハミィ「舞ー!!! 久しぶりだニャ!!」

舞「ハミィ!! どうしたの!? 遊びに来たの!?
  響さんと奏さんは!?」

ハミィ「響と奏は居ないニャ!
    ハミィは一人でここまで来たニャ!」

舞「一人で!? 妖精が一人でこんな遠くまで……
  でもいったいどうして?」

ハミィ「アーオー!!!」


こそこそ逃げ出そうとしているフレッシュ組の三人と青髭を呼び止めるハミィ。
50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:40:32.44 ID:GyeplwwS0 [41/186回(PC)]
青髭「人違いです!!!」

ハミィ「人違いなんかじゃないニャ!
    その声ー! その臭いー! そのお髭ー! 間違いなくアオだニャ!」


ハミィが青髭に駆け寄る。


ハミィ「ハミィは知ってるニャ
    そーんな優しい目をした人はアオだけだニャ
    アオからは隠しても隠し切れない優しさのオーラのようなものがあるニャ」


青髭に横を引っ付いて歩くハミィ。


ハミィ「アオはいつだってハミィを助けてくれるニャ
    ハミィはそんなアオを見間違うわけないニャ」


青髭が立ち止まる。ハミィを抱き上げる。


青髭「ハミィー///」
ハミィ「アーオー///」

祈里「(結局つかまった……)」

美希「(ホント 音符集めとか勘弁してよ…… あたし達の仕事じゃない……)」
51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:42:01.24 ID:GyeplwwS0 [42/186回(PC)]
せつな「どうして私達がここにいるとわかったのかしら」

ハミィ「にゃ~ ハミィはアオにお電話したニャ
    美希にもお電話したニャ
    でも全員留守でおかしーなーって思ってたニャ」

せつな「……」


美希と青髭が明後日の方向を向いて口笛を吹く。


ハミィ「それでラブに電話したらようやくつながったニャ!
    ラブはアオの居場所を知らなかったけどタルトは知ってたニャ!」

祈里「誰だよタルトに情報漏らしたの!?」

青髭「タルトと俺はベストフレンド!!」

ハミィ「電話が終わるとタルトの悲鳴が聞こえたニャー 何があったのかちょっと気になるニャ」

青髭「……」

せつな「ラブが仲間外れにされたことを知ってしまったのね ラブ可哀想……」

青髭「百希…… 俺は世界を滅ぼそうと思うんだ……」


遠くの木の上で百希が手をヒラヒラさせた。
52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:43:02.28 ID:GyeplwwS0 [43/186回(PC)]
ハミィ「今回の音符はー!!」

祈里「おい続行するぞ こいつ……」

美希「そういう妖精だもん……」

青髭「……んん?」


青髭は背後で目を輝かせている咲に気づく。


青髭「なんだお前?」

咲「音符集めって何!!? 何をするの!!?」

せつな「音符集めを手伝ってくれるのかしら?」

咲「手伝う手伝う!!」

舞「ちょ……」

青髭「何? 二人で来るの?」

咲「別にあたし一人でいいじゃん」

舞「むー……」

青髭「……」
53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:44:12.83 ID:GyeplwwS0 [44/186回(PC)]
祈里「こっちがよくねーよ
   変身できないお前に何の価値があるんだよ」

咲「えーだってヒゲダンディーも変身できないし
  変身できなくてもやれることあると思う!」

青髭「……正論だ」

せつな「案外舌は回るようね」


ハミィ「あーちょっとちょっと ハミィにも注目してほしいニャ」
54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:45:20.18 ID:GyeplwwS0 [45/186回(PC)]
舞「私行かないなんて言ってない!!」

美希「来るつもり……? なんで?」

舞「な なんで……?」

祈里「さっきまで音符集めとか全く興味ねーって顔してただろ」

せつな「別に来なくていいわ
    ケンカ中のあなた達は たとえ二人揃っていたとしても変身できるかどうか怪しいから」


ハミィ「あーちょっとぉー……」
55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:46:26.03 ID:GyeplwwS0 [46/186回(PC)]
舞「……わ 私は……
  私はヒゲダンディーと遊びに行きたいだけ!!!」

青髭「……」

せつな「……」

美希「(無理がある無理がある……)」

舞「私を音符集めに連れてってヒゲダンディー!!!」

青髭「……こう言われると連れて行くしかあるまい」

せつな「そうね……」

美希「なんでよ」


ハミィ「にゃ~……」
56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:47:27.25 ID:GyeplwwS0 [47/186回(PC)]

ハミィが少し離れた芝生に寝そべっている。


青髭「ハミィ どうしたー?」

美希「あんた達が咲と舞に夢中で放置しすぎたからじゃない?」

祈里「あ…… わりぃハミィ」


ハミィ「アオがこ~んなにハミィのことを知らんぷりするとは思わなかったニャ……」
57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:49:01.30 ID:GyeplwwS0 [48/186回(PC)]
………………
…………
……


夢見町。


バスドラ「おのれー!! あの猫どこへ行きやがったー!!!」

バリトン「もしかして乗る電車を間違えたとかないですよね?」

ファルセット「電車の中を探して居なかったから
        降りてる!! この駅だー!!!って言ったのバスドラだよ」

バスドラ「うるさーい!! 無駄口叩いてないで探せー!!!」


後藤「なんだアレは?
   見たところコスプレをしているようだが……
   クスクシエの新しい従業員……まさかな」
58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:50:02.28 ID:YPFQaZsN0 [1/3回(PC)]
5103!?
59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:50:08.02 ID:GyeplwwS0 [49/186回(PC)]
バスドラ「おいお前!!」

後藤「……俺に何か用か?」

バスドラ「ハートの模様の入った白い猫を見なかったか?
     隠すと痛い目をみるぞ」

バリトン「痛い目をみるぞ~♪」
ファルセット「痛い目をみるぞ~♪」

後藤「痛い目? 痛い目をみるとはどういうことだ?」
60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:51:11.90 ID:GyeplwwS0 [50/186回(PC)]
バスドラ「簡単なことよ
     答えるまで殴る!」

後藤「……俺以外にもそういうことをしているのか?
   来い 話を聞かせてもらう」

バスドラ「来いと言われて行くバカがどこにいる!!?」


バスドラが後藤君の頭を掴もうとする。


後藤「(なんだこの手の大きさは!!
    こいつまさか……ヤミーか!!?
    ヤミーとしてもなんの……重量系ヤミーか?)」


後藤君がバースバスターでバスドラの手を撃つ。
バスドラの手が跳ね飛ぶ。


バスドラ「い 痛いー!!!」

ファルセット「ちょ!! 大丈夫かい!!? バスドラ!!?」
61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:52:13.42 ID:GyeplwwS0 [51/186回(PC)]
バリトン「いきなり何をするんです!!?」

後藤「貴様らがヤミーであることはわかっている!」

ファルセット「ヤミー……? 何それ?」

バリトン「知らないな」


後藤君がセルメダルをドライバーに装填する。


後藤「変身」


\カポーンッ/


バリトン「か……仮面ライダー!!」

ファルセット「仮面ライダー///」

バスドラ「手が痛いー手が痛いー!!!」
62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:53:16.41 ID:GyeplwwS0 [52/186回(PC)]

\カポーンッ ブレストキャノン/


バース「悪いが一気に決めさせてもらう」

バリトン「ヤバいぞファルセット!!」

ファルセット「カッコいい/// じゃない!! どうしようバリトン!!」

バリトン「どうしようと言われても……歌うしかないんじゃないか?」

ファルセット「そうだね 僕たちそれくらいしかできないもんね」
63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:54:19.21 ID:GyeplwwS0 [53/186回(PC)]
バース「シュー――……」


バリトンとファルセットがバースに不幸のメロディを歌う。
バースが地面に突っ伏す。


バース「伊達さぁ~ん!!! 帰ってきてください伊達さぁ~ん!!!!
    おおおおお~~ん!!!!!」

ファルセット「あー……仮面ライダーが……」
64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:55:23.60 ID:GyeplwwS0 [54/186回(PC)]
バリトン「逃げますよ!!」

バスドラ「手が痛いー!!!」


バリトンとファルセットがバスドラを抱えて逃げ出す。


ファルセット「お 重いよ~!!!」

バリトン「ダイエットしてください!!」

バスドラ「骨が折れたー!!!」


不幸のメロディから開放されるバース。


後藤「くっ……俺は……いったい何を……!!
   ……あのヤミー……いったいどんな特殊能力を備えているんだ……!?」
65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:56:14.71 ID:Rd4hGzG2O [2/2回(携帯)]
とりあえず今度スレたてるときは「まーくん」入れてね!
66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:56:26.46 ID:GyeplwwS0 [55/186回(PC)]
………………
…………
……


マイナーランド。
メフィストが水鏡で下界の様子を探っている。


メフィスト「む~……」


水鏡に映る青髭とハミィの姿。


メフィスト「う~む…… この男なかなかどうして音符集めがうまいものだ……
      今回も音符を狙っているようだし……どれここは一つ
      俺直々に音符集めに関わる恐怖というものを教えに行ってやるか」


立ち上がるメフィスト。


メフィスト「ワーッハッハッハッ!!」
67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 08:57:10.00 ID:QSby7eLKO [1/1回(携帯)]
>>65
何の為に毎回「キュア」が入ってると思ってるんだ
68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 08:57:33.56 ID:GyeplwwS0 [56/186回(PC)]
やめる
ちょっと電話が嫌いで続けるの無理になった
69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:01:25.17 ID:YPFQaZsN0 [2/3回(PC)]
は?
70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:09:46.95 ID:lLDsyrDI0 [2/2回(PC)]
もしもしに負けんなよwwwwww
71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:17:11.77 ID:xQacFY2VO [1/1回(携帯)]
まーくん気まぐれ過ぎ
72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 09:21:26.74 ID:9JgZTIik0 [1/2回(PC)]
糞もしもしめ
73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:23:07.81 ID:KaqHWbZK0 [1/1回(PC)]
どんだけもしもし嫌いなんだよwww
74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:26:15.62 ID:KGATOAsL0 [1/1回(PC)]
まさかプリキュアファン目当てじゃあるまいし
タイトルに「キュア」入れるよか「まーくん」の方が
仲間内だけで楽しめて良いと思うぜ
75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 09:29:47.81 ID:GyeplwwS0 [57/186回(PC)]
………………
…………
……


加音町。


カザリ(……この子達を観察するのも面白いけど……)
響「それでさー奏ー」

カザリ(……そろそろ僕も復活しないとね……)
奏「なにひび――……」

エレン「……? どうかしたの響 奏」

響「ウウン……ナンデモナイヨ……」

奏「ワタシタチ……ヨウジガアルカラソロソロイクネ……」

エレン「……あ うん」


立ち上がりどこかへ向かう響と奏。
二人の目が黄色く光る。
76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:30:40.03 ID:GyeplwwS0 [58/186回(PC)]
………………
…………
……


栃木県。
咲達がアカルンでワープしてくる。


咲「栃木ー!! って岩ばっかじゃない!!!」


見渡す限り岩地の山道。


咲「こんなとこに来て何がたのしーのヒゲダンディー!!」

ハミィ「にゃ~ 咲はハミィの話全然聞いてないニャ……」

青髭「……」
77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:31:42.23 ID:GyeplwwS0 [59/186回(PC)]
祈里「音符集めは遊びじゃねーんだよ!」

美希「そうよ気を引き締めなさいよ!!」

青髭「遊びです」

美希「……」
祈里「……」

青髭「こんなの遊びです」

せつな「ええ 時間潰し以外のなにものでもないわ」

青髭「まるで正義のヒーローが使命感のために集めているような発言控えてください
   あなた達はロートルなんですよ」

美希「……」
祈里「……」

咲「ま まーまー ロートルでもいいじゃん!」

祈里「この中ではてめーらが一番ロートルだけどな!!」

咲「うん! で ロートルって何?」

せつな「……」
78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 09:32:53.75 ID:GyeplwwS0 [60/186回(PC)]

後方をついて来るだけの舞に青髭が並ぶ。


青髭「どうしたんだい?」

ハミィ「みんなと一緒にお話しながら歩いた方が楽しいニャ!」

舞「……あんなことがあった後だから」

ハミィ「何かあったのかニャ?」

青髭「……」

舞「咲を……怒鳴ってしまって……」

青髭「(いい子健在///)」

ハミィ「怒鳴っちゃったニャ?
    だったらごめんなさいするといいニャ!
    きっと咲も許してくれるニャ!」

舞「そ そうかな?」

青髭「そーだよー!!」

ハミィ「そーニャ!!」
79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:33:58.34 ID:GyeplwwS0 [61/186回(PC)]
舞「……」


舞が前方を歩く咲を見る。


咲「だから音符ってなんなの!!?」

美希「音符は音符!! 伝説の楽譜の音符!!!」

祈里「お前なんで音符集めにこよーと思ったんだよ!!?」

咲「美希達の説明って変! 絶対変!!
  見えない伝説の楽譜の音符が目の前泳いでるかもしれないってこと!!?」

せつな「そうよ」

咲「……し 信じるよ」

美希「信じなさいよ」


舞が俯く。


舞「……楽しそうだし空気を壊しちゃ悪いからあとにする……」

青髭「……」

ハミィ「にゃ~……」
80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:35:00.24 ID:GyeplwwS0 [62/186回(PC)]
青髭「おい百希!!」

青髭がさらに後方を歩いている百希を呼ぶ。

青髭「舞の横歩けよ!!」

百希「……チッ」

百希が青髭達に並ぶ。

舞「……」
百希「……」

青髭「これで寂しくない! 悪いけど前が拗れはじめたみたいだから行くわ」

ハミィ「にゃ~! 二人で仲良くお話しするといいニャ」

舞「うん」

百希「……」

舞「(ど どうしよう…… ヒゲダンディーは気を使ってくれたのだろうけど なんだがすごく気まずい……)」

前方のグループへと戻っていく青髭の後姿を見る舞。

青髭「(舞には悪いが百希は他人と歩くことに慣れる必要性がある
    舞なら百希を怒らせることもないだろうしちょうどよかった)」

ハミィ「(うわぁ~ アオがまた悪い顔してるニャ~……)」
81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:36:04.27 ID:GyeplwwS0 [63/186回(PC)]

咲が変な動きをしている。


咲「とうっ! どう捕まえられた!?」

美希「……」

祈里「だから……」

せつな「例えばあなたが音符を捕まえていたとしても私達には確認する手段がないと言っているの」

咲「そんな音符どーやって探すの!?」

美希「……」

祈里「……だから」

青髭「お前らは咲一人に音符について説明してあげることもできないのか?」

せつな「無理よ バカだもの」

咲「あーせつな ひっどーい!!」
82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:37:12.82 ID:GyeplwwS0 [64/186回(PC)]
ハミィ「音符は普通の人には見えないニャ」

咲「なんで?」

ハミィ「な なんで? なんでって言われても……困るニャ」

青髭「ハッハッハッ 不思議だからさ」

咲「不思議ぃ~? そんな不思議だから見えないとか言われてもピンとこない!」

青髭「ふ 不思議でもダメェ……?」

咲「うん! ダメ!」

ハミィ「にゃ にゃ~……」

青髭「……」
83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:38:07.88 ID:Yq3AH5XH0 [1/1回(PC)]
            ィ==、f /≦二ミ、 丶、
          / / 个ソ、丶   丶  `ヽ.
         /   /彡' | レハ 丶 `丶、   `ヽ.
        /  イク { ! ! { /  ミ、ヾ   丶   ハ
       ,  〃〃    ∨ ノノ!ト、       `ミヽ
        .  ,' { !  }  リ/イ Vヘゝ、      丶}!
       i!  !  V  ハ 〃〃 リヾr',へ丶   、ミ、リ       僕のメダル返して貰うよ
       .  | r、ヽいイ //  /ヘ i!  r愆 ヾ  }ハヘ
       V| j! !}| j l  //   イ   、ゝ`¨ .∨リ、j! ll
       リ |  ゝ リ / 彡慫ゾ`:  . ヽ、_   レヘ.  ト、
        { !  ∨//イ≦ ´¨   r' 、 リア、    |リ ミ、}
        、八  ヽくヽ!川     ゝr' イヘ__    i!川 トヾ
        ヽヽ   乂ヾリ      .イ' r少ラ,  ,ゝリ乂ミ
         }!ヘ\  }V      /rこ__彡'  /≧ヘ{ ))
         いレ }!  乂        ,´  `  ∧ハ }∨
          イ |  ヽヽ> .        イ!::::ヘ::}!ハ\
        /へ:∨ハ爻レメ|   >── 彡  |:::::::Vヘい_≧
      /Xx  Xx川Xx\!           .!::::::::Xx∧ゝ
     /_xX__}!い:::::X ト、          リ:::::::}:::/:: ヾ≧==ー、
    /X 井三 |:::八乂xXハ\        //!:::://∧井≠三三≧─、
  ≠=ミヽ! | ||:::::|i!.!::::}!`ゝ=-ヘハ、、丶.     / ∨//:::: Xx     ヾヾヾ   .
. /井レメリ三井三井::〃井三井∧丶 丶=rt'   ノイ井:::三井Xx≠==≧、V}!
7≠=ミ∧─川─川::/=川─川ハ ’.   7f^リ二彡 {レXxヘヘ{{:::V:::::::::::=、:::::}}xハ
_ ≠〃∨三─三=三===三リ V}!   ゝイ    ∨//∧X:::::::::ノニニ ゝ='Xシ.
84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:38:13.93 ID:GyeplwwS0 [65/186回(PC)]
せつな「咲一人言いくるめられないだなんて腕が落ちたわね」

青髭「……言いくるめていい?」

せつな「そうしてくれると助かるわ」

青髭「咲 よく聞くんだ!」

咲「何 ヒゲダンディー?」

青髭「音符は恥ずかしがり屋だから可愛い女の子には見えないんだよ」

咲「……ホントに!?」

青髭「ああ 姿を隠してしまうんだ!
   それもこれも咲が可愛いからこそ!!
   故に全然不思議なんかじゃないし理論的だろう!!」

咲「じゃあみんなが見えないのもそういうこと!!?」

青髭「……美希たんと山吹とせつなはうっすら見えてる」

美希「なんでよ!!」

祈里「なんでだよ!!」
85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:39:15.14 ID:GyeplwwS0 [66/186回(PC)]
咲「じゃあさじゃあさ!! ヒゲダンディーには見えるの!!?」

青髭「ダメさ……」

咲「なんで?」

青髭「大人になるとね……
   見えなくなってしまうものがあるんだよ……
   咲にもいずれわかる……」

咲「ふ~ん……そういうものなんだ」

祈里「(納得したしよー)」
86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:40:46.65 ID:GyeplwwS0 [67/186回(PC)]
咲「そんな音符どうやって探すの?」

青髭「タカタカン♪ 音符視覚化妖精~!」

ハミィ「にゃ~」

青髭が高々とハミィを持ち上げる。

咲「ハミィ?」

青髭「なんとここにいるハミィという妖精がいればあら簡単
   可愛い女の子でも音符を見つけることができるのだー!」

ハミィ「にゃ~」

咲「なんだ! それならそうと早く言ってよ!」

青髭がせつなにドヤ顔を見せる。

青髭「どうだい?」

せつな「……人に応じてやり方を変えて 言いくるめる能力は大したものだわ」

咲「で 何するんだっけ?」


青髭が泣き崩れる。せつながふきだす。
87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:42:08.14 ID:GyeplwwS0 [68/186回(PC)]
青髭「こんなの俺の咲じゃない!!!
   これ違う!! これじゃないこれじゃないこれじゃない!!!!」

ハミィ「音符が好む音のところに行くっってハミィは言ったニャ!!!」

咲「そー……だっけ?」

祈里「もう無視だ無視!!!」

美希「で、今回の音符が好む音ってなんなの? 那須岳だっけここ」

せつな「ええ ハミィが那須岳にって」

青髭「那須……岳……
    え? ここ那須岳なの!?」

せつな「ええ……聞いていなかったの?

祈里「どーしたー顔真っ青だぞー」

青髭「石の毒気いまだ滅びず 毒蜘蛛のたぐひ真砂の色の見えぬ程にかさなり死す」

咲「呪文?」
88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:43:17.83 ID:GyeplwwS0 [69/186回(PC)]
フラッピ「ふぁ~……よく寝たラピー!! ラ……ピ……」

チョッピ「よく寝たチョ……ピ……」


フラッピとチョッピが目を覚ます。
後方で舞のバッグからムープとフープが飛び出す。


ムープ「ムプー!!!」

フープ「ププー!!!」

チョッピ「ま 舞ー……ここはダメチョピ……早く帰るチョピ」

舞「どうしたのチョッピ?」

百希「……その奇妙な生物……
   なるほど貴様も……」

舞「え? え?」

百希「だがまぁ……貴様に興味はない……」

舞「……」
89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:44:19.47 ID:GyeplwwS0 [70/186回(PC)]

フラッピが咲に食いかかっている。


フラッピ「引き返すラピ!!! こんな邪悪な気配がするところになんで来たラピ!!!」

咲「あのねーフラッピ! 今大切なお仕事をしてるの!!!
  ここで引き返せるわけないでしょ!!」

美希「……青髭?」

青髭「ハミィ 今回の音符の好む音はなんだい?」

ハミィ「ブシュー♪だニャ!」

せつな「ブシュー?」

ハミィ「石から毒ガスが噴出す音ニャ!!!」

祈里「また意味のわかんねー……って毒ッ!!?」

青髭「……」


『殺生石』と書かれた看板。
90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:45:29.80 ID:GyeplwwS0 [71/186回(PC)]
ハミィ「偶然響が持ってた本を読んだニャ
    それでこの石を知ったニャ」

美希「毒ガスって……大丈夫なんでしょうね……?」

せつな「ヒゲ この石はどんな毒ガスを出すの?」

青髭「石自体に毒ガスはない……
   ただここら辺は有毒ガスが噴出している危険区域だ……」

美希「は はい!!? 大丈夫なのそんなとこ来て!!!?」

青髭「観光地になってるとこだし日によって違う
   俺達に異常が出ていないということは……ただちに人体に影響が出るものではないんだろう」

せつな「その言い方だと既に手遅れのようだからやめてくれない」
91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:46:31.70 ID:GyeplwwS0 [72/186回(PC)]

祈里がしゃがんでハミィに語りかける。


祈里「毒ガスでねーんだってよ」

ハミィ「にゃ~ 本には毒ガスが出るって書いてあったニャ」

フラッピ「いいから引き返すラピ!!!」

咲「何慌ててんのよ!!!」

青髭「石の香や夏草赤く露あつし……
   ここは封印の地だよ」

美希「もったいぶり過ぎててわかんないっていうか……
   封印の地?」

青髭「引き返そう…… ハミィ 毒ガス音符の件については
   俺が責任を持って回収する だけどここじゃない」

ハミィ「にゃ~?」

メフィスト「いや音符ならここにある!!!」


メフィストの声。いつ現れたのか音符を持って立っている。
92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:47:25.22 ID:5JvMZuNC0 [1/2回(PC)]
まーくんだ!しえん!
93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 09:47:34.20 ID:GyeplwwS0 [73/186回(PC)]
メフィスト「青髭の男よ!!!
      貴様は関わ――……」

青髭「百希!!! あいつを消せ!!!」


百希がスイッチオーバーしダークプリキュアに変身する。
高速でメフィストとの距離をつめる。


ダーク「なぜだか知らんが貴様が邪魔なようだ」

メフィスト「えええーーっ!!!!? ぐおおおおおーーーーっ!!!!!!!」


ダークがメフィストを蹴る。
メフィストが吹き飛んでいく。
94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:48:41.72 ID:GyeplwwS0 [74/186回(PC)]
ダーク「フンッ……」

青髭「すぐにとどめをさせ!!! 殺していいから!!!!!」

ダーク「……いちいちうるさいやつだ……
    闇の力よ集え ダークタクト」

メフィスト「ちょーっと待ったー!!! 俺が何をしたというんだ!!!
      まだ何もして――……」

ダーク「ダークフォルテウェイブ」


黒い光弾がメフィストに向かっていく。


メフィスト「チッ!!」


着弾寸前に飛び上がるメフィスト。
読んでいたダークがメフィストの背後を取り蹴りつける。
メフィストが地面に突き刺さる。


メフィスト「…………」
95以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:49:04.55 ID:CYertzsnO [1/1回(携帯)]
カザリ飾り
ウヴァ奪う
ギル盗む
メズール愛でる
ガメルがめる

アンクはなんだっけ
96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:49:40.62 ID:GyeplwwS0 [75/186回(PC)]
しばらく光景に呆気を取られていた美希が我に返る。

美希「あ あんた何してんのよ!!?」

青髭「黙ってろよ ここでネガトーン出されたら終わりなんだよ」

ハミィ「にゃにゃにゃにゃにゃ!!!」

ダーク「プリキュア・ダークパワー・フォルティシモ!」

美希「……やめなさいダーク! やり過ぎよ!!」

メフィストが立ち上がる。赤黒い光に包まれ突進してくるダークを片手で受け止める。

メフィスト「……」

ダーク「なん……だと……」

メフィストがダークを投げ飛ばす。
ダークが山の斜面に突き刺さり土煙があがる。

美希「ダーク!!!」

メフィスト「俺を舐めすぎだー!!!」

せつな「……」

祈里「おいおい……」
97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:52:04.78 ID:GyeplwwS0 [76/186回(PC)]
メフィストから威圧感を感じ取った祈里とせつながリンクルンを構える。
その三人を青髭が制した。


青髭「……交渉だよメフィスト
   先ほどの攻撃でダークの力は理解できただろう?
   それと同等の力を持ったプリキュアが二人
   それよりは劣るが近い力を持ったプリキュアが三人
   計六人のプリキュアがここにいる
   その音符はやるから帰りなさい」

メフィスト「嫌だね」

青髭「……あのタイプは嫌いだ!!」

祈里「お前と同じタイプじゃねーかよ……」

青髭「変身しろ! あいつを潰せ!!」

「「「チェインジ!!!」」」
98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:53:08.66 ID:GyeplwwS0 [77/186回(PC)]
青髭「咲と舞も!!!」

フラッピ「急ぐラピー!!!!」

咲「……わ わかった! 舞!!」

舞「……ええ!」

チョッピ「本当に危険チョピ!!!」


舞が咲に走り寄る。


メフィスト「もう遅いわー!!!」

ムープ「ムププププ!!!」

フープ「ププププ!!!」


メフィストが殺生石地帯に音符を投げる。


青髭「ちょ!! おま!!」
99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:54:24.63 ID:GyeplwwS0 [78/186回(PC)]
青髭「ハミィ!! 音符を見えるようにしろ!!!」

ハミィ「わかったニャ!! ニャップニャプー!!!」

青髭「誰でもいいから今あいつが投げた音符を回収しろ!!!」

ベリー「わかったけど……何がなんだか……」

パイン「いいから回収だ!!!」

パッション「……」


一番に音符を見つけたパッションが手を伸ばす。


メフィスト「ギャーッハッハッ! いでよネガトーン!!!」

パッション「キャッ!!」


パッションが音符を掴むよりも一瞬早く音が共鳴する。
音符が悪に染まる。
100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:55:55.06 ID:GyeplwwS0 [79/186回(PC)]
ダーク「おのれ!!」

ダークが翼を展開して飛び上がる。その視線の先でネガトーンが生まれる。石ではなく狐のネガトーン。

ベリー「え!? なんで!?」

パイン「狐ェ!!?」

青髭「……」

狐の尾が九本に分かれる。

ベリー「あれ知ってる……」

青髭「やってくれるぜあいつ……」

メフィスト「やれネガトーン!!!」

ネガトーンが一鳴きする。音符が大量にその地帯に集まってくる。ネガトーンが音符を取り込む。

パッション「ちょ!!!」

ハミィ「あわわわわわわわわわっ!!!!」

青髭「九尾の狐の封印を解くとかふざけんなよ……ふふふふふざけんなよ……」
101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:56:56.48 ID:GyeplwwS0 [80/186回(PC)]
動かないネガトーン。


メフィスト「やれと言ったのが聞こえなかったのか? んん?」

ネガトーン「……」


メガトーンが一本の尻尾でメフィストを包む。
メフィストが火達磨になる。


メフィスト「あっつー!!!! あつッあつッ熱いー!!!!」


ネガトーンが前足でメフィストを叩きつける。
メフィストが数十メートル吹き飛ぶ。


メフィスト「…………」

ベリー「……あ あいつさっきダークの攻撃受け止めてたわよね……? ねー?」

パイン「……死ぬ」
102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:58:07.10 ID:GyeplwwS0 [81/186回(PC)]
パッション「九本尻尾がある狐がどうかしたのかしら?」

青髭「ちょっと待って 遺書書いとかないとラブが泣くから」

ハミィ「遊んでるヒマないニャ!!! どーにかするニャ!!!」

青髭「結構マジな話だけどぉー…… 遺書書いといた方がいいよ」

ハミィ「そういうもんかニャ?」

青髭「そういうもの」

ハミィ「わかったニャ アフロディティ様とセイレーンへ……」

ベリー「……あたしも書くー」

パイン「逃げようぜ!!! 今回は逃げようぜ!!!!!」

パッション「だからなんだと言うの?」
103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 09:59:11.75 ID:GyeplwwS0 [82/186回(PC)]

ネガトーン「……」


ネガトーンがプリキュア達に向かって尻尾を振り下ろす。
青髭を抱えたパイン、ハミィを抱えたパッションは回避に成功するものの尻尾にかすったベリーが吹き飛ばされる。


ベリー「…………」


青髭「何やってんの!!!?」

パイン「いや……」

ハミィ「……」

パッション「力が出ない……?」

咲「デュアル・スピリチュアル・パワー!!!」
舞「デュアル・スピリチュアル・パワー!!!」


後方で咲と舞の変身の掛け声。
振り向くとポーズを取っている二人。
104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:00:13.69 ID:GyeplwwS0 [83/186回(PC)]
咲「あれ……? 変身できない」

舞「……」

パイン「ケンカしてるからだろ!!!」

フラッピ「そ それだけじゃ……ないラピ……」

チョッピ「精霊の力も……あの狐の出している音で……かき消されてるチョピ……」

咲「フラッピ!!?」

舞「どうしたのチョッピ!? なんだかすごく辛そうよ!!!」

ハミィ「アーオー ハミィもなんだか具合が悪いニャ……」

青髭「ハミィ!!?」

ネガトーン「……」

パッション「どうやらハミィの言った通り毒を出しているようね……」
105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:01:30.65 ID:GyeplwwS0 [84/186回(PC)]
青髭「ダークは!!? ダークは大丈夫なの!!!?」

ダーク「私は貴様らとは違うのでな この通りピンピンしている」


ダークが狐に向かってダークタクトを構える。


ダーク「ダークフォルテウェイブ」


放たれた黒い光弾が直撃するものの平然としている狐。


ダーク「おかしな日だな……今日は……」

青髭「ダーク!!! お前平気なんなら咲と舞を護れ!!!!」


狐が水の刃を飛ばしてくる。ダークが咲と舞を捕まえて水の刃を避ける。


咲「うわわっ!!!」

舞「ありがとう百希さん」

ダーク「……」
106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:02:32.45 ID:GyeplwwS0 [85/186回(PC)]
ハミィ「具合が悪いからハミィはここで眠っておくニャ パッションが護ってくれるってハミィは信じてるニャ」

パッション「私達も力が出ないと言うのに……」

なんとか復活したベリーが追いつく。

ベリー「青髭!! これどう対処すればいいの!!?」

青髭「……」

パイン「逃げようぜ!!!」

ベリー「それがいいと思うけど……」

パッション「私達が逃げた場合この狐はどうするの?」

青髭「栃木県民が何人か死ぬ……かな!」

パイン「なら大丈夫だ!! 栃木は俺達の守備範囲じゃねー!!!」

青髭「天命だな!!!」

ベリー「そういうわけにはいかないでしょ!!」

パイン「栃木のことは栃木のプリキュアに任せりゃいいんだよ!!!」

青髭「キューアトチギー!!!」

パッション「……そろそろ真面目になってくれないかしら」
107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:03:59.68 ID:GyeplwwS0 [86/186回(PC)]
青髭「俺は大真面目だよ!!!
   自分が死ぬのと栃木の他人が死ぬなら迷わず後者を選ぶ!!!」

パッション「真面目になってくれないかしら」

青髭「オールスター揃えよう
   俺とパッションは一時離脱する
   ベリーとパインとダークでなんとか時間を稼げ」

ベリー「……無茶言うんじゃないわよ!!!」

パイン「ぶっ殺されるぞ!!! 俺たちが!!!」

パッション「最善の手ね」

青髭「パッション! 音なら対抗手段はスイートだ! 加音町へ飛べ!」


パッションがハミィをベリーに投げ渡す。パッションと青髭が消える。


ベリー「……ムチャー!!!!」

パイン「お前らマジ無茶ー!!!!」
108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:05:01.91 ID:GyeplwwS0 [87/186回(PC)]
メフィスト「……ネガトーン風情まで俺をなめおって……」


メフィストが立ち上がる。


ベリー「メフィスト! 生きていたの!!?」

パイン「しめた! あいつならあのネガトーンと対抗できるかもしれねー!!」

メフィスト「今日はこのくらいで勘弁してやるけど覚えてろー!!!」


メフィストが消える。


ベリー「……」

パイン「……」

ネガトーン「……」


ネガトーンがベリーとパインを払い飛ばす。
二つのぼる土煙。


ベリー「…………」

パイン「…………」
109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:06:54.69 ID:66JNg4vI0 [1/1回(PC)]
やっと見つけた、とりあえず一言

俺がラブちゃんを一番愛している以上貴様は負け犬にしかなれん、それは理解しているのかまーくんとやら
110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 10:08:15.73 ID:9JgZTIik0 [2/2回(PC)]
いきなり何言ってんだこいつ
111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:09:34.08 ID:GyeplwwS0 [88/186回(PC)]
………………
…………
……


加音町。


青髭「……」

パッション「……」

エレン「二人ともどうしたの!!?
    こんなことはやめて!!」

響「……」

奏「……」


自動販売機の下を探っている響と奏。
響は一枚のメダルを見つけるとそれを奏の持つ袋に入れた。


青髭「……」

パッション「……」
112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:10:35.33 ID:GyeplwwS0 [89/186回(PC)]

エレンがワープしてきた青髭とパッションに気づく。


エレン「あなた達は……!」

青髭「……こんなのプリキュアじゃない」

パッション「伝説の戦士プリキュアがこんなホームレス紛いなことを……」

エレン「違うの! いつもはこんなことをしない!!
    今日の響と奏はおかしいの!」

パッション「おかしいのは……見ればわかるわ
      どうしてこんなことになっているのかしら?」

エレン「それはわからないけど……
    一緒にカップケーキを食べていたときまでは普通の響と奏だったわ
    用事があると言ってわかれたあと 次に見つけたときはこうなっていたの!」
113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:11:36.91 ID:GyeplwwS0 [90/186回(PC)]
青髭が奏の持っている袋の中からメダルを一枚取り出す。
×印の銀色のメダル。


青髭「セルメダル……」

響「カエシテ……」


響が青髭の腕を掴む。
青髭は抵抗しませんよとセルメダルを袋に戻す。


奏「イコ ヒビキ……」

響「エエ……」


セルメダルを探しどこかへと向かう響と奏。
首筋についているオレンジ色のメダルを確認する青髭。


青髭「面白い……」

パッション「……」
114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:12:38.46 ID:GyeplwwS0 [91/186回(PC)]
エレン「待って!! 響! 奏!」

青髭「あーちょっとちょっと 追わないのっ☆
   それよりお前にはやってもらいたいことがあるんだ」

エレン「……やってもらいたいこと?
    響と奏を助ける方が先よ!!」

青髭「間接的には繋がる……かもね!」

パッション「……ヒゲ?」

エレン「……本当に繋がるの?」

青髭「ああ 俺はカザリを…… 響と奏に取り付いているグリードを復活させる」

パッション「……」

エレン「グリード?」
115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:14:00.31 ID:GyeplwwS0 [92/186回(PC)]
青髭「それよりこっちの状況説明していい?」

エレン「……」

青髭「お前の上司がすっごいネガトーンだしてさー」

エレン「私の上司?」

青髭「メフィスト」

エレン「……」

青髭「猫の手も借りたい状況なんだよ ちょっと行って きつネガトーンと戦ってきて」

エレン「……」

パッション「私からもお願いするわ 私の仲間もそう長くもつ状況ではないの
      響と奏はこいつに任せて問題ないと思うわ」

エレン「……本当ね?」

青髭「信じてくれていい 響だけなら見捨てるが 奏がいるなら話は別だ」

エレン「……わかった」


青髭がパッションに指で合図する。パッションはアカルンにエレンの転送を頼む。エレンが消える。
116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:15:02.17 ID:GyeplwwS0 [93/186回(PC)]
パッション「エレンの反発を考えて黙っていたけど
      正気?」

青髭「何が?」

パッション「本気でカザリを復活させるつもりかと聞いているの」

青髭「……俺はこの事態を幸運と受け止めるね
   オールスター揃えると言ってもラブをあの狐にぶつけたいとは思わない
   別の方法があるのならば俺はそれを探す」

パッション「カザリを使えばオールスター揃えなくともあの狐をなんとかできると?」

青髭「たぶんな…… 俺の知っている九尾の狐は魔物じゃない
   どちらかと言えばビューティフルウーマンだしぃ」

パッション「はいはい……」
117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 10:15:56.83 ID:SUpjZPMc0 [1/3回(PC)]
カザリがプリキュアになる俺得スレかと思ったらコイツかよ誰得
118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:16:03.38 ID:GyeplwwS0 [94/186回(PC)]
青髭「本当に一番確実かつ簡単な方法なら無限をぶつけるのがいい
   だけど百希がいる以上ハートキャッチは使いたくない
   カザリでダメならハートキャッチ以外のオールスターを揃えレインボージュエルを使う」

パッション「あなたの遠まわしな言い方を聞いていても時間が惜しいわ
      次はどこ?」

青髭「決まっているだろう」

パッション「……」

青髭「火野映司のところだ
   コアもいただきに行く」


二人がワープで消える。
119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:17:04.86 ID:GyeplwwS0 [95/186回(PC)]
………………
…………
……


ハミィ「大丈夫かニャ~?」

ベリー「もうムリ……ケヒュー……ケヒュー……」

パイン「肋骨折れた……ケヒュー……ケヒュー……」


咲と舞を抱えたままダークが一人で戦っている。


咲「わああああああああああああああ!!!」

舞「きゃあああああああああああああ!!!」

ダーク「黙っていろ!!」

ムープ「こんな防戦一方な戦いじゃすぐやられちゃうムプ!!」

ダーク「うるさい!! くっ!!」


ネガトーンがいくつかの尻尾を振り、あらゆる属性の攻撃をダークに浴びせる。
被弾したダークが落下する。
120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:18:06.58 ID:GyeplwwS0 [96/186回(PC)]
Aベリー「……い 行くわよパイン!チェインジ!!」

Aパイン「……この繰り返しじゃねーかよ……
     チェインジ!!」

ハミィ「がんばるニャー!! ベリー!! パインー!!」


現在の戦法。
ダークが一人で頑張る。
たまに被弾して落下する。
ベリーとパインが交代でネガトーンの注意を引く。
ベリーとパインがぶっ飛ばされる。
ダークが体制を立て直し再び頑張る。


Aベリー「(オールスター揃ったときにあたし達が戦えない状況はまずい
      限界が来ないギリギリのところを探りながら
      ネガトーンの注意を引き続けるしかない……)」


パインに氷の柱が突き刺さる。


Aパイン「ムリイイイイイイイ!!!!」
121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:19:23.32 ID:GyeplwwS0 [97/186回(PC)]
Aベリー「……音であたし達の力の源を奪って……あらゆる属性攻撃してきて
     しかも硬くて早くて力も強いって……プリキュアの天敵じゃないの……
     こんなのオールスターが揃ったところで勝てんの……?」


赤い光が発現する。


Aベリー「来た!! 響!! かな――……」

エレン「狐ってでかっ!!!」

Aパイン「……なんで一人なんだよ……?」

ハミィ「あー!! セイレーンー!!」


ハミィがセイレーンに駆け寄る。


エレン「あの狐をなんとかすればいいわけね!」

ハミィ「そうだニャ!」

エレン「やってみる!
    レッツプレイ!!プリキュアモジュレーション!!」
122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:20:27.42 ID:GyeplwwS0 [98/186回(PC)]
ビート「爪弾くは魂の調べ!キュアビート!!」

Aベリー「あの子……普通に変身した……」

Aパイン「お前なんともねーのか!!?」

ビート「何が?」

ハミィ「にゃ~ ビートはすごいニャ!」

Aベリー「……スイートのプリキュアは音への抵抗があるってこと? これなら!!」

Aパイン「ビート!! 一気に決めろ!!!」

ビート「言われなくてもそのつもり!!
    おいでソリー!!!」

ソリー「ソソ!!」
123 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 10:21:12.98 ID:SUpjZPMc0 [2/3回(PC)]
>>95
アンクは目でしたよ
124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:21:30.34 ID:GyeplwwS0 [99/186回(PC)]
ビート「チェンジ!! ソウルロッド!!! 駆け巡れトーンのリング!!」

Aベリー「おおっ!!」

Aパイン「やっちまえー!!」

ビート「プリキュア・ハートフルビートロック!!!」


光の輪がネガトーンにぶつかり爆発する。


ネガトーン「……」


ネガトーンはあたった箇所をかゆそうに後ろ足で掻いていた。


ビート「えー……」

Aベリー「……」

Aパイン「……」
125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:23:04.66 ID:GyeplwwS0 [100/186回(PC)]
ネガトーンがビート目掛けて突撃してくる。
三人がネガトーンから逃げる。


ビート「ちょっと!!! あのネガトーン何!!?」

Aベリー「逃げないで戦いなさいよ!!
      ダークとあんた以外まともに戦える状態じゃないのよ!!!」

ビート「ムリムリムリ!!!」

Aパイン「ムリじゃねー!!! やれ!!!」

ビート「ムリ!!!」

ダーク「……」

咲「うわわわわっ!!!」

舞「いやああああっ!!!」


再びダークが一人頑張りはじめる。
126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:24:06.95 ID:GyeplwwS0 [101/186回(PC)]
………………
…………
……


夢見町。


火野「ZZZ...ZZZ...」


火野映司は眠っていた。


パッション「……好都合ね」

青髭「ああ メダルを回収させてもらおう」


映司のポケットをあさる青髭。
パンツに包まれた四枚のメダルが出てくる。


青髭「……え?」

パッション「……これだけ?」
127 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:25:26.36 ID:GyeplwwS0 [102/186回(PC)]
起こさないように慎重に今度は全てのポケットを探る。
しかし他のメダルが出てくることはなかった。


映司「ZZZ...ZZZ...」

青髭「……黄色いメダルはあるけど……
   これ全部持っていったら映司ちゃん変身できなくなっちゃうじゃん……」

パッション「……想定外といった顔をしているけど どうするの?」


顎に手をあてがい考える青髭。


青髭「……鏡の国へ行こう」

パッション「……」

青髭「クリスタルでコアメダルを複製する」

パッション「なるほど……アカ――……」

映司「うっ!!!」


映司の体内から恐竜の鳴き声。


青髭「あ?」
128 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:25:28.42 ID:mlx0n58k0 [1/1回(PC)]
129 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:26:28.10 ID:GyeplwwS0 [103/186回(PC)]
紫に光る瞳。ドライバーに装填される紫のメダル。
スキャナがメダルスキャンする。


青髭「ちょ!! ちょ!! ちょ!! 待って映司きゅん!!!!」

映司「……」


\プテラッ!/ \トリケラッ!/ \ティラノッ!/ \プットティラーノザウルースッ!/


オーズ「おおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉーーーーーーーーッ!!!!!」

青髭「わああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」

パッション「……」


オーズが地面からメダガブリューを引き抜く。


オーズ「……」
130 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:27:44.18 ID:GyeplwwS0 [104/186回(PC)]
青髭「パッション!! あの肩についてる黄色い棘に気をつけろ!!!」

パッション「なぜかしら?」

青髭「あれは先端恐怖症の俺にとって最も恐ろしい武器だ!!!」

パッション「ああそう……」


ワインドスティンガーがパッションと青髭に向かって伸びてくる。


青髭「ぎゃああああああああああああ!!!! 死ね!!!! お前!! 俺の弱点狙い撃ちとかマジ死ね!!!!!」

パッション「アカルン」


アカルンのワープでオーズの攻撃から逃れる。
131 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:28:45.84 ID:GyeplwwS0 [105/186回(PC)]
パッション「あれは暴走しているのかしら?」


空に咆哮し翼を展開するオーズ。


青髭「あばばばばばばばっ!!! 怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い!!!!!!!!!」

パッション「ヒゲ!!!」

青髭「ぼ 暴走してんじゃない?
   メダル取ったからかな?」

オーズ「おおおおおっ!!!!」

Aパッション「チェインジ!」


飛翔し斧を振り下ろすオーズ。
パッションがエンジェル形態にチェンジして回避する。
しばらく空中で追いかけっこ。
132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:29:54.69 ID:GyeplwwS0 [106/186回(PC)]
青髭「わあああああああああ!!! また棘伸びてきたああああああああああああああ!!!!!!!」

Aパッション「暴走した状態でここに放置するわけにもいかないか……
       まったく面倒くさい 時間が惜しいというのに」

オーズ「うおおおおおおおおおおおおおおっ!!!!!!」

Aパッション「ヒゲ オーズの注意を少しひいてくれる?」

青髭「俺が!!!!? ……ほーらお前のメダル返してやんよ!!!」

オーズ「……!!?」


青髭が先ほど奪ったメダルをオーズに投げつける。
オーズの注意が逸れる。


Aパッション「アカルン」


ワープでオーズの懐に潜り込み、ドライバーを蹴るパッション。
バックルが元に戻り変身が解ける。


Aパッション「悪いけれど遊んでいる暇はないの」
133 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:31:01.53 ID:GyeplwwS0 [107/186回(PC)]
映司「……どこだここ……わあああああああああああああああああ!!!!!
   なんで俺空飛んで!!!!!! 落ちてるうううううううううううう!!!!!!!!!」

Aパッション「……」


パッションが映司を掴み地上へ降りる。


映司「あ……すみません……」

Aパッション「はー……」
134 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:32:03.22 ID:GyeplwwS0 [108/186回(PC)]
映司「俺はいったい……」

青髭「……暴走したんだ オーズよ」

映司「えっ!!? 変身してたんですか!!?」

青髭「歩いていたら川原で一人荒ぶっているお前を見つけた
   それをパッションと俺で協力して止めたんだ
   もっと感謝しなさい」

映司「す すみません! ありがとうございました!!」

Aパッション「……」

青髭「もっともっと感謝するといい
   なんなら俺のことを師匠と呼んでもいい」

映司「ありがとうございます!!」


映司がパッションに頭を下げる。


Aパッション「……」

青髭「映司くぅ~ん! 俺! 俺に感謝しなさい!!」
135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:33:04.33 ID:GyeplwwS0 [109/186回(PC)]
映司「でもなんで……いったいどうして」

青髭「(華麗なスルーだ……)」

映司「あれ!? パンツとメダルがない!!?」

青髭「……戦っている間に落としてしまったのだろう
   そこらへんに転がっているはずだ」

映司「……ホントだ!!」


映司が落ちているバッタメダルを拾う。
136 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:34:07.07 ID:GyeplwwS0 [110/186回(PC)]
映司「残りのメダルも探さないと
   トラー……トラー……」

青髭「行くぞ」

Aパッション「アカルン 鏡の国へ」


パッション達がワープで消える。


映司「トラー……トラー……
   あったトラ! ありましたよー!!!」


トラメダルをかざしパッション達の居た方を見る映司。
しかしそこには誰も居ない。


映司「あれ……どこ行ったんだろ……?」
137 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:35:08.47 ID:GyeplwwS0 [111/186回(PC)]
………………
…………
……


鏡の国。


青髭「……恐ろしい……」

Aパッション「……それよりメダルは?」


青髭の手に握られたライオンメダル。


青髭「……ある」

Aパッション「急ぎましょう」

青髭「ここに来るのも久しぶりだな」


青髭が前方にある五つのクリスタルを見る。
138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:36:10.23 ID:GyeplwwS0 [112/186回(PC)]

パッション達の存在に気づいたシャドウ達が現れる。


DD「なんか恐竜みたいなのと戦ってたけど大丈夫!?
   怪我してない!!?」

青髭「大丈夫だよん! だって俺は不死身だもん!!」

シャドウ「マジで!!?」

青髭「マジだよ!」

シャドウ「青髭スッゲー!! スッゲー!!!」

DL「嘘だよシャドウ」

シャドウ「え……? ウソ……なの……」

青髭「騙されたー! シャドウ騙されたー!!」

シャドウ「……酷いや酷いや!!!」

Aパッション「アットホームなのもいいけれど急がないかしら?」
139 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:37:11.74 ID:GyeplwwS0 [113/186回(PC)]
DM「どーすんのこれー」


鏡に映る九尾の狐。
ベリー達が劣勢なのは明らかだった。


青髭「ビートめ 役に立たん……」

DA「このままでは本当に死人が出るぞ」

Aパッション「ベリーとパインが倒れているわ」

青髭「あー……ベリーとパインはいいや
   あれで狡賢く生きてるから いざってときの余力は残してるだろう」

DR「私もそう思う!
   問題はあのカラスっぽいのだよねー」

青髭「んん?」

DM「意地で戦ってるみたいだけど……そろそろ限界来るんじゃない?」

青髭「ダークプリキュアが?」

DL「ヤバいと思うよ……」

青髭「……」
140 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:38:13.92 ID:GyeplwwS0 [114/186回(PC)]
DD「助けに行ってほしい!?」

青髭「……行ってくれるの?」

DD「どーしよっかなー!」

DL「……ごめんね この子最近変な本読んだみたい」

青髭「素晴らしい本の間違いだろう」

DD「仕方ないなー じゃあみんなで行こっか」

DM「それ さっき決めたことじゃない」

DL「そういうもったいぶった言い方やめた方がいいと思うよ
   ねー青髭」

青髭「……ど どうだろう」

Aパッション「で 行ってくれるのかしら?」

DD「任せといて!」

DR「ちょーっとあの狐と戦ってくるー!!」
141 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:39:19.99 ID:GyeplwwS0 [115/186回(PC)]
DM「ほらシャドウ あなたも来るの」

シャドウ「えー!! 僕も!!?
     あんな狐と戦うなんて無理だよ!!!」

DL「あんたもそろそろ実戦を経験した方がいいし ちょうどいいよ」

シャドウ「ヤダー!!!」

Aパッション「六人……いってらっしゃい」

DM「報酬はあとできっちりもらうわよ」

青髭「金出すのはベリーだから あそこで転がってるやつにお礼を言ってね」

DL「それなんだけどさ」

青髭「何?」

DA「今回の報酬は貴様がこの前ナッツハウスで働いて得た金でということに決定した」

青髭「えええええーーーっ!!!!?」


シャドウ達が消える。
142 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:40:22.33 ID:GyeplwwS0 [116/186回(PC)]
青髭「……」


パッションが大笑いしている。


Aパッション「あの子達も大分あんたの扱いをわかって来たみたいね」

青髭「困ったもんだ……」


青髭がクリスタルにライオンメダルを映す。


青髭「……三枚でいいか」


クリスタルが砕け黒いライオンメダルが複製される。
青髭が空中に浮かぶメダルを掴む。


青髭「……オリジナルは映司君に返しておこう」

Aパッション「……そうね」


パッション達がその場から消える。
143 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:41:33.06 ID:GyeplwwS0 [117/186回(PC)]
………………
…………
……
栃木県。赤い光が発現する。

ハミィ「また光ったニャ!!」

Aベリー「次の増援!! 誰!!?」

Aパイン「5か!!?」

シャドウとダークプリキュア5が降臨する。

シャドウ「やっぱ近くで見るとでかいー!!!」

DA「ほう……」

DR「あ あれー…… 力が抜けくー……」

DM「プリキュアに対する毒…… 私達も例外じゃないみたいね……」

DL「あの黒いのはピンピンしてたってのに」

DD「力が出なくてもやるしかないよ!」

準備運動だろうかダークドリームがつま先で何度か地面を蹴った。

Aベリー「あいつはなんのオールスターを揃えるつもりなのよー!!!?」

Aパイン「闇のオールスターとかふざけんなよ!!!!」
144 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:42:54.77 ID:GyeplwwS0 [118/186回(PC)]
DD「あの二人 予想通り元気だし」

DL「狡賢いねぇ……」

シャドウ「ムリ!! 僕あんなのと戦えない!!!」

DM「シャドウはもう少し自分の力を知るべきよ」

シャドウ「ムリ!!!」

DA「……初陣だ 仕方ないだろう」

DR「じゃあシャドウはここで見物ね!」

DL「見物してて戦えると思ったら来なよ……」

DA「しかしこんな状態でここに放置はできん 誰かシャドウの護衛につけ」

DR「ミントがここでシャドウ護っててよ!」

DM「えー私ぃ~…… 別にいいけど」

Aベリー「足手まとい連れてきてんじゃ――……」

シャドウの不甲斐無さに文句を言おうとしたベリーの顔面に光弾が直撃し爆煙があがる。

ハミィ「ニャー!!!!!!」

DD「黙ってなよ 別に私達とあんた達は仲良しこよしってわけじゃないんだからさ」
145 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:43:57.33 ID:GyeplwwS0 [119/186回(PC)]
DL「ほっときなよ
   エネルギーの無駄」

DR「いっくよー!!!」

DA「……」


ダークプリキュア5の四人がネガトーンに突っ込んでいく。


Aベリー「……連携取る気ゼロ」

Aパイン「タフだなお前……」
146 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:44:48.26 ID:GyeplwwS0 [120/186回(PC)]
フラフラ飛んでいるダーク。


咲「も もうムチャしない方がいいよ!!」

ダーク「……」

舞「私達を降ろして!! 護ってくれているのは嬉しいけれどこのままじゃあなたが!!」

ダーク「……護ってなどいない」

ダークの目下をダークプリキュア5が走り抜ける。

DR「交代したげる!!」

DD「うんっ!」

ダーク「……」

咲「あれは確かヒゲダンディーの……」

フラッピ「ラピー……ラピ!!? 落ちてるラピー!!!」


ダークが墜落する。
147 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:45:55.63 ID:GyeplwwS0 [121/186回(PC)]
チョッピ「舞ー!!」

舞「くっ!!」


投げ出された舞が地面に叩きつけられる。


ムープ「舞ー!!」

フープ「舞ー!!」

舞「痛いッ!!」

咲「……舞!!」


舞のジーンズが引きちぎれ足から血が流れていた。
148 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:47:18.65 ID:GyeplwwS0 [122/186回(PC)]
Aベリー「ダーク!!」

ダーク「……」

Aベリー「あんたいつから限界だったのよ!!!?
     無理なら無理って早めに言いなさいよ!!!」

ハミィ「にゃ~……」

ダーク「黙れ……無理などしていない……」

Aベリー「あんた強いからわからないのよ……」

Aパイン「……」

ダーク「……」

Aベリー「もう余力なんて考えない!!
     行くわよパイン!!!」

Aパイン「(あー……やる気出しちゃったよ……)」

ハミィ「ダークプリキュアはハミィが護ってるニャ!」
149 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:48:01.51 ID:AXj65nUP0 [1/1回(PC)]
しえん
150 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:48:20.02 ID:GyeplwwS0 [123/186回(PC)]

ビートの横を駆け抜けるダークレモネードとダークアクア。


ビート「何ッ!?」

DA「貴様は中距離から攻撃していろ」

DR「ドリームと一緒にね!」

ネガトーン「……」


水の剣でネガトーンに斬りかかるアクア。
水の剣が折れる。


DA「……やってられんな」

DL「ダークネスフラッシュ!!」
151 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:49:36.49 ID:GyeplwwS0 [124/186回(PC)]
ダークドリームがビートと並ぶ。二人の横を火の鳥が通り過ぎる。
ネガトーンが尻尾で火の鳥をかき消す。


DL「あ~らら……」


後方でため息をつくダークルージュ。


DD「私達は左右から攻撃ってことで」

ビート「そ それは構わないけど……誰?」

DD「私ドリーム!」


ダークドリームが左に走りながら光弾を連射する。


ビート「どこの誰よ……」


ビートが右から音符の矢を飛ばす。


ネガトーン「……」


ネガトーンに攻撃が降り注ぐ。ベリーとパインが空中からも技を撃つ。
152 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:50:37.73 ID:GyeplwwS0 [125/186回(PC)]
咲「舞……」

舞「……だ 大丈夫よ 咲
  少し擦りむいちゃっただけだから」

チョッピ「でも血が出てるチョピ……」

ムープ「手当てしないと……」

咲「……」

舞「咲……?」


咲が着ていたパーカーを脱ぎ、傷口を巻いてやる。
ボロボロ涙をこぼす。


咲「ごめんね舞……
  私が家出して……変なことに……巻き込んじゃったから……」

舞「……な 何を言っているの!?
  別に私は咲に巻き込まれたわけじゃないわ!!」

咲「でも……!」
153 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:51:41.06 ID:GyeplwwS0 [126/186回(PC)]
フラッピ「そうラピ! 咲が悪いわけじゃないラピ!!」

チョッピ「悪いのはー……」

ムープ「悪いのは全部青髭ムプ!」

フープ「顔色の悪いオッサンもププ!」

咲「でもあたし……」

舞「……」

咲「謝りたいよ……」

舞「咲……」

咲「……」
154 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:52:42.56 ID:GyeplwwS0 [127/186回(PC)]
舞「咲が悪いわけじゃない
  ヒゲダンディーが悪いわけじゃない
  誰も悪くない」

フラッピ「……」

舞「咲もヒゲダンディーも困っていたの
  私はそんな二人を放っておけない
  ……でも自業自得でもない」

チョッピ「……」

舞「だって私達はプリキュアだもの!」

咲「……舞……」
155 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:53:43.55 ID:GyeplwwS0 [128/186回(PC)]
ムープ「……咲!! 舞!!」

フープ「ププー!! 危ないププ!!!」


ネガトーンが放った攻撃の流れ弾が咲と舞に向かってくる。


Aベリー「しまった……」

Aパイン「クソッ!!」


ベリーとパインが向かうが追いきれない。


咲「あ……」

舞「……」

ハミィ「咲ぃ!!! 舞ぃ!!!」


ピアノの音。音障壁が二人を護る。


ミューズ「……」
156 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:54:45.23 ID:GyeplwwS0 [129/186回(PC)]
ドドリー「本当にあなた達は困ったプリキュア ドド」

ハミィ「ミューズゥー!!!」

Aベリー「はー……」

Aパイン「危ねー……」

咲「あ ありがとう!」

舞「ありがとうございます!」

ミューズ「……」
157 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:55:56.17 ID:GyeplwwS0 [130/186回(PC)]
ドドリー「なぜ変身しないドド?
     あいつのプリキュアと一緒に居るならあなた達もプリキュアじゃないのかドド?」

フラッピ「あの狐の発している音のせいで精霊の力がなくなってるラピ!」

チョッピ「精霊の力がないと二人は変身できないチョピ!」

ミューズ「……」

ドドリー「確かに……この音は厄介ドド
     でもそんなときでも諦めず戦えるのがプリキュふがふがふがふが」


ミューズがドドリーの口を抑える。
前方で戦っているダークプリキュア5に目をやる。
ミューズが何かをドドリーに示唆する。


ミューズ「……」

ドドリー「そこの黒くて黄色いプリキュア!
     力を貸して欲しいドド!」


ダークレモネードが振り向く。


DR「黒くて黄色いって……」
158 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:56:58.19 ID:GyeplwwS0 [131/186回(PC)]
DA「行け」

DR「仕っ方ないなー」


ダークレモネードが持ち場から離れる。
交代でダークドリームが前衛に入る。


DD「私って前衛と後衛どっち向き?」

DA「知らん」

ビート「私はどうすれば……」

DL「あんたそこでいいから攻撃してて!
   防衛の枚数足りてんならそこのヘボも攻撃に加わりってよ!」

Aベリー「……もっと頼み方ってないの?」

Aパイン「よせよ また攻撃されるぞ」


ベリー、パインと入れ替わりダークレモネードがミューズのところへ行く。
159 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:58:00.76 ID:GyeplwwS0 [132/186回(PC)]
DR「私レモネードー!!」

ミューズ「……」

ドドリー「そんなことはどうでもいいドド!!」

DR「死ぬ?」

ミューズ「……」

ドドリー「レモネード! 見たところあなたも音を使うプリキュア ドド!!
     空に向かって歌って欲しいドド!!」

DR「そーんなことしてなんの得があるのよ!」

ミューズ「……」

ドドリー「どうせ雀の涙ほどしか力が出ないプリキュアでも居たほうが少しは得ドド!
     彼女達を変身させるためドド!」

咲「うんっ! 私達も戦えるなら戦いたい!!」

舞「みんなに任せておくだけなんて耐えられない!!」

DR「……はいはい」

ダークレモネードが空に向かって歌う。ミューズがネガトーンの音が入ってこれない空間を作る。
歌声が毒をかき消し天を突く。精霊の力が空間に流れ込んでくる。
160 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 10:59:18.68 ID:GyeplwwS0 [133/186回(PC)]
フラッピ「精霊の力が戻ったラピ!!」
チョッピ「今なら変身できるラピ!!」

咲「舞!!」
舞「咲!!」

咲「デュアル・スピリチュアル・パワー!!!」
舞「デュアル・スピリチュアル・パワー!!!」

咲「未来を照らし!!」
舞「勇気を運べ!!」

ムープ「月の力!!」
フープ「風の力!!」

ムープ「スプラッシュターン!!!」
フープ「スプラッシュターン!!!」

ブライト「天空に満ちる月!! キュアブライト!!!」
ウィンディ「大地に薫る風!! キュアウィンディ!!!」

ブライト「ふたりはプリキュア!!!」
ウィンディ「ふたりはプリキュア!!!」

ウィンディ「聖なる泉を汚す者よ!!」
ブライト「アコギな真似はお止めなさい!!」
161 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:01:05.52 ID:GyeplwwS0 [134/186回(PC)]
DR「変身できたしもうやめていい?」

フラッピ「やめないで欲しいラピ!!
     ブライトとウィンディが戦うには一定量の精霊の力の供給が必要ラピ!!」

DR「はー……メンドー……」

ミューズ「……」

ドドリー「精霊の力に頼りきりのあなた達に何かができるとは思わないドド
     まぁせいぜいがんば――……」

ブライト「はああああああっ!!!」

ウィンディ「やああああああっ!!!」


ブライトとウィンディがバリアを展開する。
音の毒の領域を押し返し、領域を切り取る。
巨大な精霊の力の空間が広がる。


DR「わ~お……」

ミューズ「……」

ドドリー「私は誰の味方でもないドド
     でもブライトとウィンディの敵だけじゃ絶対ないドド」
162 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:01:56.20 ID:GyeplwwS0 [135/186回(PC)]

精霊の力の空間に居るプリキュアに輝きが戻る。


Aベリー「力が戻った……!」

Aパイン「おせーんだよ……」

DA「これで少しはマシになりそうだ」

DL「あとは……」


ダークルージュがシャドウの方に目をやる。
163 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:03:03.92 ID:GyeplwwS0 [136/186回(PC)]
Aベリー「これでダークの分をやり返せる!!」

Aパイン「行くぜオラァ!!」


元気を取り戻したベリーとパインが翼を展開してネガトーンに突っ込む。


ネガトーン「……」


ベリーとパインが尻尾に包まれ火達磨になる。


Aパイン「ぎゃああああああああああああ!!!!」

Aベリー「忘れてた! あたし達 力戻ってもそんなに強くないんだったー!!!!」

ビート「バカなの!!!?」

DD「バカなの!」

DL「その二人バカだから
   枚数に数えない方がいいよ」
164 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:03:50.19 ID:GyeplwwS0 [137/186回(PC)]
ダークミントが腕組みをしたままシャドウの横に立っている。


シャドウ「や やっぱ僕も戦った方がいいのかな?」

DM「……いけると思ったならいきなさいよ
   ダメだと思っているのならそこにいなさい」

シャドウ「わかった! ガンバレーみんなー!!!」

DM「シャドウ様……」


戦う気のないシャドウにダークミントがうな垂れる。


シャドウ「様?」

DM「……」

シャドウ「他のみんなもだけど
     どうして様付けで呼ぶときがあるの?」

DM「気にしなくていいわ……」

シャドウ「……?」
165 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:09:02.72 ID:GyeplwwS0 [138/186回(PC)]
………………
…………
……


夢見町。


映司「ライオンー……ライオンー……」


火野映司は這い蹲ってメダルを探していた。


青髭「オエージ!!」

Aパッション「何語……?」

映司「あっ!! あなたはさっきの!!!
   ライオンのメダル知りませんか!!?
   他の三つは見つかったんですけどライオンだけは見当たらないんですよ!!
   何か手がかりでも!!」

青髭「……」
166 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:10:04.12 ID:GyeplwwS0 [139/186回(PC)]
映司「弱ったな……あれがないと変身できないのに……」

青髭「わかった一緒に探してあげよう
   俺が見つけたら俺のことを師匠と呼びなさい」

映司「ありがとうございます!!」

青髭「オエージ!! 約束忘れんな!!!」

後藤「火野!!」


後藤君が現れる。


映司「後藤さん!! よかった!! 一緒に――……」

後藤「那須岳に巨大な狐が現れた!!」

映司「へー……」

青髭「……」

Aパッション「どうやらあちらで勝手に対処したというサプライズは無さそうね」
167 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 11:11:05.68 ID:GyeplwwS0 [140/186回(PC)]
映司「大きな狐かー……那須岳の新名物になりそうですね!
   それでどれくらい大きいんですか?
   2メートル……もしかして3メートルくらいですか!?」

後藤「詳しい大きさはわからんがテレビで見る限り10メートルは超えている」

映司「……はい?」

後藤「尻尾を含めれば……20メートルはいくかもしれない」

映司「尻尾長ッ!!! 化け物じゃないですか!!!」

後藤「そうだ! 化け物が出たと言っているんだ!!」

映司「ええええーーーっ!!! 化け物ですか!!!?」

青髭「映司きゅん……」

Aパッション「……」
168 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:12:09.54 ID:GyeplwwS0 [141/186回(PC)]
後藤「俺にも出撃命令が出た!
   火野! よかったらお前も手伝ってくれないか!!」

映司「はい!! ……あっ! でも俺 変身できないんでした!!」

後藤「変身できない?」

映司「ええ……コアメダル一枚なくしちゃって……」


後藤君が映司の肩を掴む。


後藤「火野……お前は何を言っているんだ?」

映司「え……? ライオンのメダルをなくして――……」

後藤「バカを言うな!!!!」

青髭「……」

Aパッション「……」
169 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:13:12.15 ID:GyeplwwS0 [142/186回(PC)]
後藤「グリードが完全体になって襲ってくるかもしれない今!!!
   コアメダルを無くしただと!!?」

映司「すみません……」

後藤「謝って済む問題じゃないだろう!!!!!」

映司「本ッ当にすみません!!!」

青髭「(映司きゅん ごめん)」

Aパッション「……」
170 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:14:33.36 ID:GyeplwwS0 [143/186回(PC)]
後藤「那須岳の狐の話はあとだ!!
   コアメダルを探すぞ!!!」

映司「はいっ!! この辺に落ちていると思います!!!」

Aパッション「……ヒゲ この二人も増援に回せばいいんじゃないかしら」

青髭「そうだね……どうせ行くみたいだし……
   こっから車で行かせるよりワープで飛ばしたほうが早いね……」

映司「あの~……メダル探すの手伝ってくれるんですよね?」

青髭「ほらよエージ!!」


青髭がライオンメダルを映司に投げ渡す。


映司「……ライオンメダル!!
   なんで持っているんですか!!?」

青髭「さっき拾った」

映司「そうだったんですか! ありがとうございます!!」
171 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:15:34.69 ID:GyeplwwS0 [144/186回(PC)]
青髭「師匠と呼びなさ――……」

映司「行きましょう後藤さん!!!」

後藤「待て!!」

映司「後藤さん……?」

後藤「なぜ貴様がコアメダルを持っている?」

青髭「さっき拾ったって言ったじゃん
   ばっかねー後藤くぅ~ん!! 人の話はちゃんと――……」

後藤「嘘をつけ!!! そんな都合のいい話があるか!!!」

映司「ま まーまー後藤さん
   事情はどうあれ こうしてコアメダルが戻ってきたんだから」

後藤「いいわけがあるか!!!
   それによく見ればそこの女……プリキュアだな!!」

Aパッション「……」

映司「プリキュア?」
172 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:16:37.78 ID:GyeplwwS0 [145/186回(PC)]
後藤「俺は世界を護る戦士を全て網羅しているからな!!
   七年ずっとお前らを見ていた!!!」

青髭「……後藤君プリキュアファンだったんですね……」

映司「プリキュアってなんですか?」

後藤「遊び半分で戦っている貴様らに憤りを感じたこともある!!!」

Aパッション「……」

後藤「現在那須岳の狐と戦っているのもプリキュアだ!!!
   なのになぜ貴様がここにいるキュアパッション!!!
   なぜ仲間と共に戦って――……」


パッションが後藤君の腹部を蹴る。


後藤「ぐおっ!!!」

映司「後藤さん!!!!」
173 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:17:44.49 ID:GyeplwwS0 [146/186回(PC)]
Aパッション「愚痴愚痴うるさいのよ」

青髭「(パッショーン……)」

後藤「き 貴様……」

Aパッション「余計な詮索をして敵探しをしている暇があったら
       今立ち向かわなくてはいけない敵に立ち向かってくれるかしら」

後藤「……」

Aパッション「私から見ればあなたの方が余程アマチュアだわ」

後藤「……」

青髭「……」
174 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:18:18.64 ID:YPFQaZsN0 [3/3回(PC)]
…?
175 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:18:59.32 ID:GyeplwwS0 [147/186回(PC)]
後藤「……行くぞ火野!!」

映司「は はい!!」

Aパッション「アカルン」


赤い光が映司と後藤君を包む。


映司「わわわっ!!! なんだコレ!!!」

後藤「……感謝する」

Aパッション「せいぜい足止めしてなさい」


映司と後藤君が消える。


青髭「……お前ってパインより性質悪ぃわ」

Aパッション「……」
176 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:20:01.45 ID:GyeplwwS0 [148/186回(PC)]

車が止まる。


里中「あのぉ! すみませ~ん!!」

青髭「なにー?」

里中「ストリートファイターみたいな服装の人見ませんでした!!?」

青髭「そいつなら電車で行くっつってどっか行ったよ」

里中「え~! 車出せって言うから出したのに!!」

青髭「残業しなくていいから帰ればいいと思うよ!!!」

里中「はぁ~い」

Aパッション「行きましょう」

青髭「そだね」

里中「何あれ! カワイー服ー!!」
177 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:21:02.92 ID:GyeplwwS0 [149/186回(PC)]
………………
…………
……


ハミィ「また赤い光だニャ!!!」

ダーク「…………」

Aベリー「来た!! 増援!!!」

Aパイン「決定打があるやつ来い!!!」

Aベリー「ダークが居るからハートキャッチは呼ばないだろうし……
     同じくダークプリキュア5が居るからプリキュア5も呼ばないだろうし……
     ブラックとホワイトとルミナスかな?」

Aパイン「一人忘れてねーか?」

Aベリー「……ピーチ?」

Aパイン「ピーチ来いピーチ来いピーチ来い!!!!!」

Aベリー「ピーチィッ!!!」

映司「うわあああああああああ!!! マジででかい!!!!!」

後藤「こうして現物を見ると威圧感があるな……」

Aベリー「……なんのオールスター揃えたいのよー!!!!!」
178 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:22:12.73 ID:GyeplwwS0 [150/186回(PC)]
後藤「……行くぞ火野!! 変身!」


\カポーンッ/


バース「……キュアベリー!!!」

Aベリー「え? あたし?」

バース「俺のカッターウィングになってくれ!!」

Aベリー「……嫌よ!!!」

Aパイン「クソwwwwwwwwwww あいつオモシレーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
179 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:22:23.80 ID:90lEzPJt0 [1/1回(PC)]
キュアメズール出せよ
180 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:23:23.67 ID:GyeplwwS0 [151/186回(PC)]
バース「プロトバースにはカッターウィングがついていないんだ!!!
    早くしろ!!! 一気に決めたいんだ!!!」

Aベリー「ぐぬぬ」

バース「この角度で撃てばプリキュアにも当たってしまう!!」

Aベリー「わかったわよ!!!!」


ベリーがバースを抱えて飛翔する。


バース「よくやった!!!
    射線上にいるプリキュアはどけ!!! 俺が決める!!!!」

DA「なんだあれは?」

DD「ま どけって言うならどくけどさ」


\カポーンッ! ブレストキャノン!/
181 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:24:26.38 ID:GyeplwwS0 [152/186回(PC)]
Aベリー「……」

バース「最大出力だ!!」


\カポーンッ! セルバースト!/


バース「シュートッ!!!」


バースから赤い光線が伸びネガトーンの頭に突き刺さる。


ネガトーン「……」


ネガトーンが首を振る。


バース「……」

Aベリー「……」

バース「どうやら利いていないようだな……」

Aベリー「冷静に分析してんじゃないわよ!!!」

DL「ダサー……」
182 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:25:44.24 ID:GyeplwwS0 [153/186回(PC)]
Aベリー「どうすんのよ!! いきなり切り札使ってダメでしたとか
     あんたもう居る意味ないじゃない!!!」

バース「まだ手はある!」

Aベリー「そうなの? サソリ?」

\カポーンッ! クレーンアーム!/

バース「利くまで殴り続けるまでだ!!」

Aベリー「それを打つ手なしって言うんだけど!!!」

バース「いいからあの狐との距離を詰めろ!!!」

Aベリー「あんた戦わすよりあたしが戦った方が絶対強い!!!」

バース「目を覚ませ!!!」

Aベリー「あんたよあんた!!!! あんたが目を覚ましなさいよ!!!!!」

ネガトーンの尻尾がバースを絡め取る。

バース「うわぁあああああああああ!!!」

ネガトーン「……」

Aベリー「人質にされてんじゃないわよ!!!」
183 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:26:47.39 ID:GyeplwwS0 [154/186回(PC)]
バース「慌てるな!! うまい具合に懐に潜り込めた!!!
    あとは殴り続けるまでだ!!!」

Aベリー「もう……好きにして……」

DA「その意気やよし!!!」

DD「カッコいいよ変なの!!!」

ビート「あれ……カッコいいんだ……」
184 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:27:48.01 ID:GyeplwwS0 [155/186回(PC)]
火野映司は悩んでいた。

映司「う~ん……」

Aパイン「どうしたんだよ? さっさと変身して戦えよ」

映司「あ プリキュアの……」

Aパイン「パインだよ」

映司「パインさん ちょっと訊きたいんだけど どういう組み合わせがいいかな?」

映司が手の上に乗せた四枚のメダルと睨めっこしている。

Aパイン「は? これじゃ2パターンしかねーだろ どっちでもいいじゃねーか」

映司「体力を温存したほうがいいのか? だとするとラトラーバ……
   うん ジャンプ力も上がるしこれかな」

Aパイン「……」

映司「あ でも……ラトラーターで火力重視の方が――……」

Aパイン「い いや……やっぱプトティラでいけよ」

映司「それが……なんか気分がのらないんだよね」

Aパイン「……この状況で気分がのらねーってなんだよ?」

映司「う~ん いける気がしない……」
185 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:29:19.55 ID:GyeplwwS0 [156/186回(PC)]
Aパイン「……ラトラーター!! ラトラーター!!!」

映司「やっぱりラトラーター?」

Aパイン「ラトラーター!!!」

映司「よしっ!」


\ライオン!/ \トラ!/ \チーター!/ \ラトラター! ラットラーター!/


オーズ「うんっ! しっくり来る!! ありがとうパインさん!!」

Aパイン「戦え!!!」

オーズ「はいっ!! ……あの飛ばしてもらえません?」

Aパイン「俺のはカッターウィングじゃねー あれに頼め」

パインがベリーを指差す。

オーズ「ベリーさん!! 俺のカッターウィングになってくださ――……」

Aベリー「うっさい!!!!!!」

オーズ「……」

Aパイン「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
186 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:30:56.41 ID:GyeplwwS0 [157/186回(PC)]
オーズ「俺 嫌われたかな?」

Aパイン「そりゃ嫌われるわ……」

オーズ「ソッカー……」

Aパイン「お前着地は大丈夫?」

オーズ「あ 着地なら何とかなると思――……」


パインがオーズの足を掴む。


オーズ「……何してるの? うわわわっ!!! ちょっと!!!」

Aパイン「行ってこーい!!!!」


パインがオーズをジャイアントスイングして投げ飛ばす。


オーズ「む ムチャクチャだこの人!!」
187 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:32:15.83 ID:GyeplwwS0 [158/186回(PC)]
オーズ「でもこれなら!! みんな下がって!!!」

ライオンヘッドが光り輝く。

オーズ「はあああああああああああああああああっ!!!!!」

ネガトーン「……」

ネガトーンが尻尾でオーズ払い飛ばす。

オーズ「うわああああああああああああああああっ!!!!!!!!!!!」

Aパイン「クソwwwwwwww こいつらオモシレーwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

DA「あれはダメだな」

DL「うん あれはダメ」

ビート「あれはダメ…… あとでメモしておこう」

ぶっ飛んでいくオーズを眺めるハミィ。

ハミィ「アホだニャー……」

ダーク「……」
188 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:33:17.84 ID:GyeplwwS0 [159/186回(PC)]
コントのようなことをしているショートレンジからミドルレンジとは裏腹にロングレンジは消耗し続けていた。


ブライト「くぅ……」

ウィンディ「精霊の力が……」

ミューズ「……」

ドドリー「精霊の力が弱まってるドド」

DR「……別に私手抜いてなんてないけどぉ」

フラッピ「とすると考えられることは唯一つラピ!!」

チョッピ「あの狐が音の毒の範囲を広げて精霊の力が届きにくくなってるチョピ!!」

ムープ「頑張るムプ!!」

フープ「頑張れププ!!」

ブライト「……ッ!!」

ウィンディ「……くっ!!」
189 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:34:28.41 ID:GyeplwwS0 [160/186回(PC)]
………………
…………
……

加音町。

響「……タリナイ」

奏「……」

積み上げられたセルメダル。

青髭「……よくもまぁ加音町でここまでセルメダルを集めたもんだ……」

Aパッション「……」

響「モット アツメナイト……」

奏「……」

再びセルメダルを集めに行こうとする響と奏。

青髭「ちょっと待てよカザリ」

響「……」
奏「……」

響と奏が振り向く。目が黄色く光る。
190 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:35:36.27 ID:GyeplwwS0 [161/186回(PC)]
青髭「お前復活したいんだろ?」


二人に歩み寄る青髭。


青髭「俺が復活させてやるよ」


二人の首筋から黄色いメダルを剥ぎ取る。


響「うおっ!!」

奏「あれ? 私達何してたの?」

青髭「ハハッ……」


青髭の手の中でライオンのメダルが震える。


Aパッション「……」
191 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:36:53.79 ID:GyeplwwS0 [162/186回(PC)]
積み上げられたセルメダルの前に立つ青髭。
オリジナルのコアメダルと複製したコアメダルをそこに落とす。


青髭「カザリ……コアを移し替え復活しろ」


セルメダルが落ちてくるコアメダルに巻きつくように集まる。
カザリの指が形成される。


響「な 何やってんの!?」

奏「あ アオちょっと怖い……」

Aパッション「あなた達はこのヒゲを見るのははじめてだったわね……」
192 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:38:00.74 ID:GyeplwwS0 [163/186回(PC)]
青髭「やはりセルメダルが足りないか……
   仕方ない……」


青髭がセルメダルを一枚剥ぎ取りカザリの指に持たせる。


青髭「カザリ 俺からヤミーを作れ」


震える指が青髭にセルメダルを投入する。
青髭からヤミーが生まれる。


青髭「……うっ!!」

ヤミー「……」

響「ええっ!!?」

奏「アオ!!!」

Aパッション「……」
193 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:39:03.61 ID:GyeplwwS0 [164/186回(PC)]

ヤミーが奏ににじり寄る。


奏「いやっ!! ちょっと!! 来ないで!!!」

響「奏下がって!!! ってちょーっとええー!!!」


パッションが響を取り押さえる。


響「放して!!! このままじゃ奏が!!!」

Aパッション「安心しなさい あのヤミーは絶対に奏を傷つけない」
194 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:40:43.62 ID:GyeplwwS0 [165/186回(PC)]
ヤミーが奏を掴む。


ヤミー「……」

奏「いやああああああああああ!!!!」


ヤミーが奏を青髭に押し付ける。


青髭「かにゃでー!!!!!」

奏「アオ///」


青髭が奏を抱きしめる。


ヤミー「……ッ!!!」


ヤミーが成長する暇すらなくパンクし大量のセルメダルが飛び散る。


青髭「……奏だとこれが限界か……
   ラブなら加音町にセルメダルの海が作れたよ……」
195 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:41:49.03 ID:GyeplwwS0 [166/186回(PC)]
青髭がセルメダルの中にカザリの指を投げ込む。
カザリが復活していく。


カザリ「復活だ!! ってちょっと!!?」


カザリの腕だけが浮いている。


カザリ「アンクみたいになってる!! なんで!!!?」

青髭「……なんで?」

Aパッション「偽装コアメダルだからじゃないかしら」

カザリ「……ええー……」
196 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:42:50.86 ID:GyeplwwS0 [167/186回(PC)]
響「腕が浮いてるー!!!」

奏「アオ!!! 説明しなさい!!!!」

青髭「とりあえずテレビ見て」


響と奏が街頭テレビに目をやる。


奏「何あの狐!!?」

響「……ビートも映ってる!!!」

奏「アオー!!!」

Aパッション「今は放送から得られる情報に集中しなさい」

奏「あ はい……」
197 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 11:42:56.57 ID:B7X00AHyO [1/1回(携帯)]
爪んね
198 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:43:05.29 ID:sFlqQGpo0 [1/2回(PC)]
さっき地味にレモネードとルージュの表記間違えてたよ
199 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:43:52.70 ID:GyeplwwS0 [168/186回(PC)]
カザリ「……ま 何もできないさっきまでの状況よりは幾分マシか
    ヤミーも作れるみたいだし……」

青髭「……」

カザリ「変なコアメダルで復活したとは言え……
    復活は復活……
    一応 お礼は言っておくよ……」

青髭「ああ お前はもっと俺に感謝するべきだ」

カザリ「でもなんで僕を復活させたの?
    欲望を叶えたいわけでもなさそうだけど……」

青髭「強いて言うならお前の欲望に共感したからだ」

カザリ「僕の欲望?」
200 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:45:11.13 ID:GyeplwwS0 [169/186回(PC)]
青髭「お前のプリキュアが視たかった欲望……俺にはよくわかる」

カザリ「……はぁ?」

青髭「お前が消滅したとき……お前が残した言葉を聞いて……俺は感動したよ
   あと少し……もう数分生きながらえれば……プリキュアを視ることに手が届く……」

カザリ「あの……ちょっと……」

青髭「しかも消滅したあともプリキュアにべったりくっつくその欲望……
   そんなにプリキュアが好きだったなんて……お前は俺の仲間さ」

カザリ「……付き合いきれないよ
    じゃあね 復活させてくれてありがとう」


フヨフヨ浮遊しながらカザリが遠ざかっていく。
201 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:46:16.18 ID:GyeplwwS0 [170/186回(PC)]
青髭「……カザリ」

カザリ「……まだ何か用があるの?」

青髭「俺が複製したコアは三枚……」

カザリ「……僕の中には二枚しかないんだけど……」

青髭「もう一枚欲しいなら俺の協力しろ」


青髭が手の中のコアメダルをカザリに見せ付ける。


カザリ「……ふ~ん そういうタイプなんだ……」

青髭「復活させてやったんだ
   それくらいしてもバチは当たらないだろう」
202 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:47:37.48 ID:GyeplwwS0 [171/186回(PC)]
カザリ「……いいよ 協力してあげる」

青髭「……一つだけ忠告しておいてやる
   俺を殺してコアを奪おうとしないことだ」

カザリ「……する気はなかったけど……
    一応なんでって訊いてみようか」

青髭「俺はただの一般市民 刺されれば死ぬ……が
   今のお前を壊すだけの力を持った人間なら俺の周囲に数十人居る」

カザリ「……わかったよ
    お互い仲良くしなきゃね」

青髭「ああ……」


交渉を終わらせるカザリと青髭。


響「アオが怖い……」

Aパッション「……」
203 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:48:38.47 ID:GyeplwwS0 [172/186回(PC)]
奏「おすわりー!!!!」

青髭「ワンッ!!」

奏「アオをそういう風に躾けたつもりないっていつも言ってるでしょ!!!
  私の可愛いアオに早く戻って!!!!」

青髭「クゥ~ン……」

カザリ「……
    彼は多重人格なの?」

Aパッション「さぁ……ペルソナが多すぎてどれが本性だかわからないわ」

カザリ「……ふ~ん」
204 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:49:57.26 ID:GyeplwwS0 [173/186回(PC)]
青髭「レッツプレイプリキュアモジュレーションしてみんなを助けに行くワン!」

奏「その前に説明しなさい!!!」

青髭「奏も俺の可愛い奏に戻ってほしいワン!!」

奏「……」

青髭「奏は可愛いワン!! 可愛いワン可愛いワン可愛いワン!!!」

奏「もー!! ホントアオったらお世辞が上手なんだからー!!」

青髭「お世辞じゃないワン!! 奏は可愛いワン!!!」

奏「もう/// ご褒美にカップケーキあげちゃう!!」

Aパッション「変身してくれないかしら?」

響「……」

カザリ「……」
205 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:51:08.70 ID:GyeplwwS0 [174/186回(PC)]
………………
…………
……


栃木県。
赤い光。


Aベリー「今度こそピーチ!!」

Aパイン「ピーチピーチピーチピーチ!!!!」

青髭「おつかれーッス」

Aパッション「……」

カザリ「ねぇ……オーズも居るんだけど……」

メロディ「でかっ!!!」

リズム「ハミィー! ビートー!」

Aベリー「あんた なんのオールスター揃えたつもりで帰ってきたのよ!!!?」

青髭「……」
206 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:52:11.53 ID:GyeplwwS0 [175/186回(PC)]
Aパイン「ふざけんなよふざけんなよふざけんなよふざけんなよ!!!!」

青髭「いいじゃん別に……
   てかお前ら一番最初から戦ってるくせになんで一番元気なんだよ?」

Aパッション「ダーク?」


ダークが倒れていることに気づく。


青髭「……」

Aベリー「……」
Aパイン「……」

青髭「納得いく説明を願えるかな!!!!?」

Aベリー「……」
Aパイン「……」
207 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:54:41.20 ID:GyeplwwS0 [176/186回(PC)]
Aベリー「元気だと思ってたらああなってたっていうかー……」

Aパイン「あいつの消耗わかりにきーんだよ……」

青髭「全然納得いかないんだけど!!!!!」

Aベリー「ごめん……」

Aパイン「悪ぃ……」

青髭「カザリ…… あの狐の欲望はなんだ……?」

カザリ「……実にくだらない欲望だよ……
    ……あれからヤミーを作るつもり?
    無理かもしれないよ……」

青髭「……」


青髭が精霊の力の空間と後方で踏ん張っているブライト達に気づく。


青髭「ダークプリキュア5とビート!! 集合!!!」

ハミィ「ハミィはずっとダークプリキュアを護ってたニャ!!」

青髭「うん……居ても居なくても変わらなかったと思うけどな」

ハミィ「にゃ~……」
208 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:55:44.40 ID:GyeplwwS0 [177/186回(PC)]
青髭がダークプリキュアを回収しブライト達の方へ歩み寄る。


DD「集合だって!」

DA「そうするか」

DL「結局 集中攻撃かけても効果ゼロだったね」

ビート「こんなのどうやって倒すのよ……」


ダークプリキュア5とビートが青髭の方へと飛びずさる。


オーズ「俺はどうすればいいんだろう?
    集合しようか……うんそうしよう!」


オーズがネガトーンから離れる。


バース「尻尾が砕けるまで殴り続ければ!!」


バースは尻尾に包まっている。
209 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:57:02.76 ID:GyeplwwS0 [178/186回(PC)]
ミューズ「……」

ドドリー「全く来るのが遅いドド」

DR「ヒーローは遅れて来るってやつ?」

青髭「いやいやいやいや///」

リズム「私は五分前集合のヒーローの方が好き」

メロディ「うんうん」

Aベリー「あんた達が言うことじゃないわよ」

青髭「ベリーもだよ」

ハミィ「ニャ~……」
210 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:58:03.82 ID:GyeplwwS0 [179/186回(PC)]
青髭「お疲れーッス
   バリアといてくれていいよ」

ブライト「……でも!!」

青髭「よく頑張った お前らがいてくれてよかった」

ウィンディ「ヒゲダンディー……」


ブライトとウィンディがバリアをとく。


オーズ「アンク!!?」

カザリ「……」

オーズ「ちょっと違うけどアンクだ!!!」

メロディ「え? これカザ」


青髭がダークドリームに何かを指示する。
ダークドリームがメロディに光弾をぶつける。


メロディ「ぎゃあッ!!!」

DD「黙ってなって」
211 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 11:59:10.98 ID:GyeplwwS0 [180/186回(PC)]
オーズ「でもこの腕……どっかで見たことあるような……
    アンクのような……」

カザリ「……」

青髭「ちょっと火野君!! 俺のペットのカー君を嫌らしい目で見るのはやめて!!!
   カー君は恥ずかしがり屋さんなの!!」

オーズ「カー君って言うんですか!!?
    え? これってグリードですか!!?」

青髭「違うよ パラレルワールドで拾った俺のペット」

オーズ「へー……パラレルワールド……パラレルワールド?」

Aパッション「平行世界のことよ」

オーズ「なるほど……わかります」

リズム「わかるんだ……」
212 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 12:00:12.88 ID:GyeplwwS0 [181/186回(PC)]
オーズ「俺も同じような場所へ行ったことあるんですよー」

メロディ「へ~ そうなんだ」

DA「あれはダメだ」

DD「うん ダメ」

ビート「やっぱりあの人ダメなんだ……」

オーズ「よろしくね! カー君!」


オーズとカザリが握手する。


カザリ「(なんだろう……ムカつく……)」
213 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 12:01:29.03 ID:GyeplwwS0 [182/186回(PC)]
バースがカザリの腕に気づく。


バース「……カザリの腕……
    火野!!! 何をやっている!!!?
    そいつはカザ――……」


青髭がダークミントに何かを示唆する。
緑の玉がバースにぶち当たる。
バースの変身が解ける。


後藤「…………」

オーズ「後藤さーん!!!?」


オーズが驚いた顔でダークミントを見る。


DM「手が滑っちゃった」

オーズ「なら仕方ないですね!」
214 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 12:02:30.74 ID:GyeplwwS0 [183/186回(PC)]
ネガトーンが今にも突進してきそうな仕草をしている。


青髭「映司ちゃん あいつにプトティラの必殺くらわしてくれね?
   突進止めるくらいならいけると思うから」

オーズ「ちょっとムリかなぁ~」

青髭「は? なんで?」

Aパイン「気分がのらねーんだってさ」

オーズ「ええ のらないんです」

青髭「のらないって……
   ……お前ってそういうやつだっけ?」
215 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 12:03:33.19 ID:GyeplwwS0 [184/186回(PC)]
オーズ「いや……うまく言えないんですけど……
    ここに来てから調子が悪いというか……調子がいいと言うか……
    身体の中から紫のメダルがなくなったみたいと言うか……」

青髭「……」

オーズ「あれ? ある! プトティラいけそう!!」

青髭「お前は何を言っているんだ?」

オーズ「さっきまでなかったんですよ!! 本当ですよ!!!」


オーズがネガトーンに向かって走り出す。
オーズの体内から紫のメダルが飛び出す。


\プテラッ!/ \トリケラッ!/ \ティラノッ!/ \プットティラーノザウルースッ!/


青髭「……精霊の力はプトティラの無の力を滅びの力と認識したのかな?」

Aベリー「あー……」
216 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 12:04:35.83 ID:GyeplwwS0 [185/186回(PC)]
突進してくるネガトーン。
メダガブリューにセルメダルを食わせる。


\ゴックンッ! プットティラーノヒッサーツ!/


オーズ「はああああああああああああああああああああっ!!!!」

ネガトーン「……ッ!!!」


メダガブリューから放たれた紫の光の柱がネガトーンに突き刺さる。
ネガトーンの突進が止まる。


青髭「……チッ!」

オーズ「こいつ……ホントに強い!!!」


ジリジリと前進してくるネガトーン。
217 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 12:05:56.38 ID:GyeplwwS0 [186/186回(PC)]
ダーク「……退け」

青髭「……いけんの?」

ダーク「十分休んだ……」

Aベリー「本当に大丈夫なんでしょうね!!?」

ダーク「うるさい!」


ダークが飛翔しネガトーンにダークタクトを向ける。


ダーク「ダークフォルテウェイブ!」


追加の攻撃が加わりネガトーンが押し返される。
この続きはまだ書けていないようだ。
終わるか。
あと俺面接決まったからしばらく消える。
絶対復活するから待っててねっ☆
218 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 12:08:07.33 ID:sFlqQGpo0 [2/2回(PC)]
書き溜めなくなったのかwwww
色々頑張ってくれwww待ってるwww
219 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 12:08:38.92 ID:SUpjZPMc0 [3/3回(PC)]
コンボの負担が無いとか
220 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 12:10:25.34 ID:5JvMZuNC0 [2/2回(PC)]
乙wwww受かるといいな!
221 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 12:13:05.50 ID:ac7qvEg1O [1/1回(携帯)]
面接行くのはマジだったのか
222 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/12(金) 12:14:54.82 ID:GVzhwZ9Z0 [1/1回(PC)]
乙!続き待ってるぜ!
面接がんばれ!
223 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/12(金) 12:15:23.02 ID:+iouAkpD0 [1/1回(PC)]
がんばってね

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュー速VIP板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク