ログ速トップ
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 00:34:47.80 ID:GRmtENGr0 [1/98回(PC)]
前スレ
ttp://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1321370503/
ttp://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1321465165/
2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 00:39:35.12 ID:GRmtENGr0 [2/98回(PC)]
サク「・・・」


青髭「・・・よし、戦えベリー!!」

Aベリー「ムリムリムリ・・・ダーク!!」

ダーク「・・・」


ダークは床に座り込んだまま動かない。


青髭「あいつ、案外きいてるぞ・・・」

Aベリー「ちょちょちょちょ、大丈夫なの!?」

ダーク「・・・」
3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 00:41:08.07 ID:AjjjJyxp0 [1/1回(PC)]
この数日のまーくんは精力的だな
4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 00:46:23.78 ID:GRmtENGr0 [3/98回(PC)]
Aベリー「あの紙ってなんだったの?」

青髭「フレッシュで言うところのナキサケーベのカード
    敵が超強くなる凄いカードだよ!」

Aベリー「ふ~ん・・・」

青髭「ダーク、もう無理なの!!?」

ダーク「誰に物を言っている・・・」


ダークは立ち上がると、覚束ない足取りで歩き始めた。

歩きながら目を見開き衝撃波を飛ばす。

サクの巨体が少し押された。


青髭「さすがダーク」

Aベリー「なんとかなりそうね」
5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 00:50:54.92 ID:GRmtENGr0 [4/98回(PC)]
先ほどは不意打ちでもらってしまったのだろう。

ダークはその機動力を駆使してサクと戦い始めた。


青髭「てか山吹は?」

Aベリー「あいつが倒したって」

青髭「・・・ウッソだー」

Aベリー「あたしも嘘だと思うけど・・・あれ見なさいよ」


ベリーがキルンを指差す。


青髭「ウソだー・・・」
6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 00:57:44.56 ID:GRmtENGr0 [5/98回(PC)]
青髭「・・・じゃ、ここはダークに任せよう」

Aベリー「え、でも、ダークはもうボロボロよ」

青髭「だけど任せるしかないでしょ
    俺はあいつらのやろうとしていること全部の邪魔をしてやりたいんだから」

Aベリー「・・・」

青髭「ベリーは祭壇に向かったボウを追って
    俺はラブとせつなをなんとかして解放するから」

Aベリー「それだったら、廊下に出て右に走った先にある部屋に制御室があるんだって」

青髭「ど、どこ情報よそれー!」

Aベリー「ボウがベラベラ喋ってたのよ」

青髭「・・・」
7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 00:59:59.73 ID:GRmtENGr0 [6/98回(PC)]
青髭「ラブゥゥゥー!!待っててね今助けてあげるからね!!!」


青髭はとらわれているラブに投げキッスを飛ばす。


ラブ「急いでダーリン!!!」

せつな「早くなさい!!!」


青髭「ラブが投げキッス返してくれなかった・・・」

Aベリー「あんたさっきまでの熱血どこやったのよ・・・」
8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 01:07:54.23 ID:GRmtENGr0 [7/98回(PC)]
青髭「解放でき次第ラブとせつなを飛ばすから
    間に合わなかったときはお前一人でやってね」

Aベリー「・・・一つ聞かせて、サクって悪いやつなの?」

青髭「・・・難しいが、ナイトメア復活を望んでるのはボウの方だ」

Aベリー「・・・利用されてるの?」

青髭「・・・利害が一致してるんだ」

Aベリー「・・・止めるべきはボウってことね」

青髭「じゃあ、頼んだよ」

Aベリー「わかった、大丈夫だとは思うけど
      あんたも気をつけなさいよ」

青髭「ベリたん愛してるぅー!!」
9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 01:16:46.68 ID:GRmtENGr0 [8/98回(PC)]
Aベリー「バカなこと別れ際に言ってんじゃないわよ!!!」


ベリーは羽を広げ窓へ、青髭は走って王の間の出口へと向かう。


Aベリー「お姉さんを生き返らせたい
      サクの優しい気持ちを利用するなんて絶対に許せない!!」


「スイートっぽいよベリー・・・」と思っているラブの真横の壁に

ダークが叩きつけられた。


ラブ「ええっ!!?」

ダーク「・・・・・・」

ラブ「だ、大丈夫ダーク!!?」

せつな「ベリー!!」


ボウが出て行った開口部へと向かうベリーの前にサクが割って入る。

手の甲でベリーを殴り飛ばした。


Aベリー「・・・ッ!!!」
10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 01:24:55.47 ID:GRmtENGr0 [9/98回(PC)]
勢いそのままに進行方向の壁に激突し、床にベチャリと落ちる。


Aベリー「・・・あ、あんたのために熱血した
      あたしの純情返しなさいよ・・・」


後方で起こっている惨劇に、青髭は罵詈雑言を吐く。


青髭「このババア!!!真面目にやれババア!!!!!
    ババア!!!ババア!!!!ババア使えねえ!!!!」

サク「・・・どこ行くんだよ?」


サクの巨体が、今度は青髭と出口までの道を塞ぐ。


青髭「ま、待て、話せばわかる・・・」

サク「わかんねぇよ」


サクは腕を一振りする。
11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 01:28:02.88 ID:amzYrrnP0 [1/3回(PC)]
まーくん頑張れ
12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 01:31:04.53 ID:GRmtENGr0 [10/98回(PC)]
サクが目の前に現れた瞬間から逃げる準備をしていた青髭は

直撃こそ逃れたものの、羽が巻き起こす突風に煽られ身体が宙に浮いた。

転落し強く身体を打つ、勢いのままに数メートルほど床を転がった。


青髭「・・・・・・」


せつな「wwwwwwwwwwwww」

ラブ「せ、せつなぁー・・・」
13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 01:35:39.48 ID:GRmtENGr0 [11/98回(PC)]
Aベリー「生きてる!!?」

青髭「・・・こ、今回俺・・・痛めつけられ過ぎじゃない・・・」

Aベリー「・・・あんたが軽口であいつ怒らせたんでしょ」

青髭「・・・」

Aベリー「ねぇダーク」

ダーク「知らん・・・」

青髭「こ、こうなったら君達、連携して戦いなさい!」

Aベリー「だってさ」

ダーク「断る」

Aベリー「だってさ」

青髭「・・・」
14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 01:39:49.14 ID:GRmtENGr0 [12/98回(PC)]
青髭「・・・山吹はマジでどこいるんだよ!?」

Aベリー「そうよサク!!
      パインをどうしたのよ!!?」

サク「・・・あいつか・・・?
   あいつなら俺が殺した」

青髭「・・・」

Aベリー「・・・え、ころ」

ダーク「・・・」


ラブ「え、え、あの人、何言ってんの?」

せつな「・・・まさか・・・」
15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 01:46:30.95 ID:GRmtENGr0 [13/98回(PC)]
サク「プリキュアってのは悪いやつら全員殺すんだろ?」

Aベリー「・・・」

サク「だったらナイトメアの俺がプリキュア殺してなんの問題がある?」

青髭「・・・」

サク「同じ立場になれよ!」

ダーク「・・・!?」


ダークは思わず飛び退いた。
16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 01:49:10.75 ID:GRmtENGr0 [14/98回(PC)]
ダーク「・・・」


ダークはムーンライトから発せられていた憎悪の感情と同じものを感じ取り

怯えるように距離をとった。誰から? それはサクではない。

そのオーラを発していたのは青髭だった。


青髭「・・・」

Aベリー「あ、青髭・・・」

ダーク「・・・」
17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 01:54:03.29 ID:GRmtENGr0 [15/98回(PC)]
青髭「・・・あいつ殺した?」


それはあまりにも異常だった。

この中に異端者がいるとすればそれは

ラビリンスの工作員でもなく、対プリキュア用決戦兵器でもなく

黒い紙の力を借りたサクでもない。

サクは愚か、その場にいた全員がその異端者に戦慄する。


青髭「・・・」

ラブ「ダーリン、ダメ!!!」
18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 02:00:31.70 ID:GRmtENGr0 [16/98回(PC)]
少し強く攻撃を加えれば簡単に死んでしまうような脆弱な人間。

だが、こころの花で言えばこの中の誰よりも醜い花を持っている人間。


青髭「だったら、ドリームコレットは俺が使う」

サク「・・・ほ、ほらな!
   俺と同じことやろうとしてるじゃねぇか!!!」

青髭「ああ、そうだ、同じことだ」

サク「・・・少しは否定しろよ!!」

青髭「・・・お前は死ね」


青髭はポケットから手鏡を取り出そうとする。

それをベリーが止めた。
19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 02:07:31.37 ID:GRmtENGr0 [17/98回(PC)]
Aベリー「あんた、戻れなくなるわよ」

青髭「・・・」

Aベリー「・・・決めるのは
      死んだことを確認してからでも遅くない」

青髭「・・・」

Aベリー「今は我慢して!あたしとダークでなんとかするから!」

青髭「・・・」

ラブ「ダーリン!!」

せつな「(これ以上いかれると、誰も止められなくなる・・・)」

ダーク「・・・」


青髭は手鏡をしまい、壁まで歩き、座ってサクを睨んだ。


青髭「・・・」
20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 02:17:43.55 ID:GRmtENGr0 [18/98回(PC)]
Aベリー「ダーク、日蝕までの時間は?」

ダーク「残り12分だ」

Aベリー「あんたの速度でも祭壇まで2分はかかる
      5分以内にけりをつけるわよ」

ダーク「・・・」


ベリーとダークは左右に分かれるように飛ぶ。

壁に着地し、挟み撃ちでキックをぶつけるが、サクの腕に阻まれた。

サクは身体を回転させ強風を巻き起こす。

吹き飛ばされた二人が壁に激突する。

しかし、すぐさま体勢を整え反撃に出る。

青髭はそんな一齣を、遠物見していた。


青髭「・・・」
21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 02:22:12.48 ID:GRmtENGr0 [19/98回(PC)]
キルン「・・・キィ・・・?」


目を覚ましたキルンは、戦うベリーとダークを確認した。

次にとらわれているラブとせつなを見る。

最後に青髭を発見した。


キルン「キィ!」


近くに落ちていたリンクルンを引き摺って、青髭の元へと向かう。


青髭「・・・」

キルン「キィ・・・!」


たどり着いたキルンは青髭の脚を叩いた。
22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 02:25:29.79 ID:GRmtENGr0 [20/98回(PC)]
キルン「キキキキキキキキキキキィ!」


キルンはガックリうな垂れる。

そのあと腕で目の上にV字を作り、首を振って、青髭の脚を再度叩いた。


青髭「・・・情けねー顔すんなってどういうことだよ?」

キルン「キィ!」


キルンは何度も青髭の脚を叩く。


キルン「・・・」

青髭「・・・わかったよ」
23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 02:32:13.11 ID:GRmtENGr0 [21/98回(PC)]
青髭はキルンとリンクルンを掴んで立ち上がる。


ラブ「ダーリン?」

せつな「・・・」


キルンは目を閉じて耳を澄ませと伝えてきた。

青髭は言われたとおりにする。

戦いの音の中に微かに鳥の声を聞いた。
24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 02:39:21.15 ID:GRmtENGr0 [22/98回(PC)]
青髭「・・・マジになった俺が恥ずいだけじゃねえかよ///」


青髭は窓に向かってキルンとリンクルンを投げる。

窓から耳をつんざく鳥の鳴き声が響き、ピヨッピが入ってきた。

その背から祈里が飛び降り空中でキルンとリンクルンをキャッチする。


パイン「チェインジ!!」


空中で何度も回転しながら、変身を済ませたパインが四つん這いで床に着地した。


パイン「待たせたなー!!!」

青髭「遅いんだよ!!!」
25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 02:42:13.06 ID:GRmtENGr0 [23/98回(PC)]
Aベリー「パイン!!」

ラブ「パイン!!!」

せつな「心配して損をしたわ・・・」

サク「・・・」


パインは青髭の元へと向かう。

青髭の正面に立つ。
26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 02:47:07.41 ID:GRmtENGr0 [24/98回(PC)]
パイン「なー、黒い鳥の目的ってそんな悪いことなのかなー?
     そいつから直接聞いたんだけど、姉さん蘇らせたいだけらしいぜ」

青髭「・・・」

パイン「俺よくわかんねーんだよ」

青髭「別に、死人を蘇らせることは悪いことじゃないさ
    ココだって最初はそれが目的だった」

パイン「だったら、今回はもう、邪魔すんのやめることってできねーかな?」

青髭「・・・」

Aベリー「・・・」
27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 02:57:07.58 ID:GRmtENGr0 [25/98回(PC)]
サク「(なんだ・・・なに話してんだ・・・
     やめる・・・お前らは悪いやつら全員・・・)」


サクはパインの言葉に戸惑いを感じていた。


青髭「それはできない
    ハデーニャだけなら止める必要はないが
    もう一匹の狙いはナイトメアの復活だ」

パイン「・・・だって!お前だって
     ダークプリキュア5とかに加担してたじゃねーか!!」

青髭「・・・ナイトメアに居たやつらは、もう新しい人生を歩み始めてる
    それを再結成させて、またむごい終わりを迎えさせるだなんてこと
    俺にはできんよ」

パイン「・・・」

青髭「俺はこれでもナイトメアのやつらが好きなんだ
    少し、歪んだ組織だったけど」

パイン「・・・」

Aベリー「・・・」
28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 03:03:36.21 ID:GRmtENGr0 [26/98回(PC)]
パイン「ハデーニャだけならいいんだな?」

青髭「・・・」

パイン「だったらそう伝えよーぜ!!
     もう一匹ってのがよくわかんねーけど
     サクは利用されてるだけなんだろ!!?」

Aベリー「そうね!そうよ!
      それで!いいじゃない!」

青髭「・・・じゃ、伝えなよ」

パイン「・・・?」


きょとんとしているパインの目の前を黒い羽が通り過ぎた。

振り向くと巨大な怪鳥が頭を抱えていた。


パイン「・・・ちょっと見ねーうちにでかくなったなお前」
29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 03:10:59.17 ID:GRmtENGr0 [27/98回(PC)]
サク「違うだろ~・・・!そうじゃないだろ~・・・!
    お前らはそうじゃないだろ~・・・!!」

パイン「・・・」

サク「お前らは悪いもの全部倒すんだろ・・・!
    ナイトメアである俺も殺すんだろ!!!」

パイン「おいお前!今の話聞いてなか――……」

サク「俺に仇さえ取らせてくんないのかよおお!!!」


サクの足元に闇のようなものが発生する。

闇はサクの身体に巻きつくように伸び上がる。


Aベリー「・・・」

ダーク「闇に飲まれた・・・?」

青髭「黒い紙使うからだよ」
30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 03:17:59.83 ID:GRmtENGr0 [28/98回(PC)]
サクは真っ黒な悪魔の化身のような姿になった。

言葉もなく手当たり次第に攻撃を繰り返す。

散り散りに飛ぶベリー、パイン、ダーク。

飛んできたピヨッピを頭に乗せた青髭は、顎に手を宛がい、ポツリと呟いた。


青髭「俺もお前の言ってることわかるよ・・・」

ピヨッピ「ピヨヨ~ウ」
31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 03:24:44.21 ID:GRmtENGr0 [29/98回(PC)]
青髭「わかるけど、大切なのは自分の気持ちだけど・・・
    なぁピヨッピ」

ピヨッピ「パインが一番自分に素直ピヨー!」

青髭「・・・えっ!どういうこと!?」


サクにフルートを構えるエンジェルパイン。


Aパイン「浄化してやんよ!!!」


パインが叩き落とされる音。


Aベリー「浄化してあげなさいよ!!!」

Aパイン「ベリー手伝え!!!」

Aベリー「そりゃ手伝うけどさー・・・」

ダーク「・・・」
32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 03:31:11.82 ID:GRmtENGr0 [30/98回(PC)]
Aベリー「あんたも手伝いなさいよ」

ダーク「・・・フンッ」


ダークは一人、サクに向かっていった。


Aベリー「連携しなさいよ!!」

Aパイン「ほっとけ!!」


パインがサクの足元に向かって猛進する。


Aベリー「あんたも勝手よ!!
      なんでいっつもあたしが合わせる役なのよ!!」


そう言いながらもベリーはパインを追ってサクの足元へと向かった。
33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 03:51:41.14 ID:GRmtENGr0 [31/98回(PC)]
ダークが正面から胸に蹴りを入れる。

多少仰け反ったものの、ダメージになっていない。

反撃でぶっ叩かれ、壁にめり込む。

サクは空気の振動が肌でわかるほど特大の威嚇をする。

ベリーとパインは耳を塞いで、サクの足元の入り込んだ。

全く同じタイミングでサクの足に回し蹴りをぶつける。巨体を宙に浮かび上がった。

倒れてくるタイミングを計るかのように2人は回転をはじめる。

五回、回ったところで足を突き出した。天井付近まで蹴り上げられるサク。

その真下でパインはフルートを突き上げている。

ベリーは戦闘が終わったことを確信し、すでに別の方向へと歩き始めていた。
34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 03:59:56.74 ID:GRmtENGr0 [32/98回(PC)]
戦闘が終わったあと

人間形態となって倒れているサクの横にパインが座っていた。


サク「クソッ・・・クソッ・・・!」

パイン「・・・」


ベリーと青髭は何度かボディランゲージで確認作業を繰り返す。

最後に2人は、同じタイミングで手でハートマークを作った。


Aベリー「いやいやいや、まさかまさかまさか」

青髭「目を離した一時間でそんな
    どれだけ惚れ症だよ」

ダーク「・・・」
35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 04:04:59.71 ID:GRmtENGr0 [33/98回(PC)]
パイン「なー、お前の利用されてたんだろ?」

サク「話しかけんな・・・ッ!!」

パイン「・・・」

サク「クソッ・・・!」


Aベリー「男の子みたいなあの子の恋路を邪魔するなんて」

Aベリー「絶対に許せない!!」
青髭「絶対に許せない!!」

ダーク「・・・」

Aベリー「プリキュア・パッショナートハーモニー!!」
青髭「プリキュア・パッショナートハーモニー!!」

Aベリー「いやいやいやいや」
青髭「いやいやいやいや」

ダーク「・・・」
36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 04:12:28.88 ID:GRmtENGr0 [34/98回(PC)]
青髭「ダーク、日蝕までの時間は?」

ダーク「残り7分だ」

青髭「そろそろ動くか
    ラブ!!待っててね!今助けてあげるから!!!」

ラブ「さっきからそればっかりじゃんダーリン!!!」

せつな「助ける気なしに見えるのだけど」

青髭「・・・」

Aベリー「あんたさー・・・
      もしかしてこの状況ラッキーとか思ってない?」

青髭「・・・ななななんでだにょ?」

Aベリー「だって結果的にラブが安全だし」
37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 04:16:58.18 ID:GRmtENGr0 [35/98回(PC)]
青髭「・・・」

Aベリー「・・・」

青髭「もうちょっとつかまっててね、ラブ!!!」

ラブ「だだだだダメだよ!!!」

青髭「せつなだけ解放する!」

せつな「わかったわ!」

ラブ「ぅえー!!なんでせつなまでそんな感じなの!!?」
38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 04:29:18.32 ID:GRmtENGr0 [36/98回(PC)]
青髭「ベリーとパインとダークは先に祭壇に行ってね
    俺とピヨッピも、せつなを解放し次第向かうから」

ピヨッピ「任せるピヨー!」

ベリー「(本気でラブを外す気なんだ・・・)」

ラブ「ダーリン!私!わーたーしー!!!」

青髭「ごめんラブ!俺、機械苦手だからせつなの解放しかできない!!」

ラブ「えー・・・じゃあ仕方ないね・・・」

せつな「(私だけ解放することの方が
      精密な操作を要求されるというのに・・・)」
39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 04:37:56.99 ID:GRmtENGr0 [37/98回(PC)]
Aベリー「パイン!行くわよ」

Aパイン「お、おう・・・」

ダーク「・・・?」


飛び立とうとする三人の前にサクが立ちふさがった。


サク「・・・」


ポンコツとなっている身体に鞭打つ姿は、どこか寂しかった。


青髭「お前の相手は俺だー!
    とうっ!正義パーンチ!」


躊躇したベリーとパインを押しのけて前に出る青髭。

悪ふざけのようなノリでサクを殴る。

ひょろひょろのパンチだが、それでもサクは膝を折った。
40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 04:42:39.96 ID:GRmtENGr0 [38/98回(PC)]
青髭「ケタケタケタケタwwwwww」

Aパイン「何やってんだよお前!!!!」

青髭「・・・」
Aベリー「・・・」

Aパイン「・・・なんだよ?」

青髭「今日お赤飯炊こう」

Aベリー「そうね、あたしの仕事取るなんてね・・・」

Aパイン「・・・?」

ダーク「・・・」
41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 04:48:20.94 ID:GRmtENGr0 [39/98回(PC)]
劇的ビフォーアフター


ビフォー

青髭「とうっ!正義パーンチ!」
Aベリー「何やってんのよあんた!!!!」
Aパイン「それでこそだぜwww敵は徹底的に滅ぼせwwww」


アフター

青髭「とうっ!正義パーンチ!」
Aパイン「何やってんだよお前!!!!」
Aベリー「(あれ、あたしの仕事がない・・・)」



青髭「お前どうしちゃったんだよ!!!?」

Aパイン「意味がわかんねーよ!!!」

Aベリー「はいはいお赤飯お赤飯
      まさかパインがまだ女の子だとは思わなかったわ」

Aパイン「はぁ!!?」
42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 04:54:28.41 ID:GRmtENGr0 [40/98回(PC)]
Aパイン「ふざけんな!!!!何勘違いしてんだ!!!!?」

青髭「・・・」

Aパイン「いい加減にしろお前ら!!!!テキトーなこと言ってんじゃねーよ!!!!!」

Aベリー「・・・」

Aパイン「はぁ!!!?意味わかんねーんですけど!!!!!!」

ラブ「・・・」
せつな「・・・」

Aパイン「黙れ!!!!黙れ!!!!黙れええええええ!!!!!!」

ダーク「黙るのは貴様だ・・・やかましい」

Aパイン「・・・」

青髭「お赤飯お赤飯」

Aベリー「初恋おめでとうぶっきー」

Aパイン「黙れええええええ!!!!!!」

青髭「(こいつ・・・オモシレー)」

Aベリー「(この子面白い・・・)」
43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 05:08:03.34 ID:GRmtENGr0 [41/98回(PC)]
サク「ふざけやがって・・・!」

青髭「・・・」

Aパイン「・・・そ、そうだ、お前も行こうぜ!
      ドリームコレット奪ってハデーニャだけ復活させようぜ!」

Aベリー「あんたって利用されてただけなんでしょ?」

サク「・・・」

ダーク「ボウにドリームコレットとやらの情報を教えたのはこいつだ」

Aベリー「・・・なんでダークがそんなこと知ってんの?」

ダーク「ルルッルが言っていた」

青髭「(説明役取られた・・・)」
44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 05:16:58.18 ID:GRmtENGr0 [42/98回(PC)]
ダーク「こいつは孤独なやつらしく
     唯一の友がボウだとも言っていた」

Aベリー「(あんたが孤独とか言うんだ・・・)」

Aパイン「なんでこいつがドリームコレットの情報教えたって言えるんだよ」

ダーク「こいつはナイトメアで生まれ――……」

サク「・・・それ以上喋ってくれるなよ」

青髭「・・・」

サク「俺とボウで決めたんだよ・・・
    ナイトメアを復活させるって」

青髭「利用されてましたって言えたら
    そういうことにしてあげるけどぉ?」

サク「・・・」


ラブ「な、何話してんだろ・・・ダーリン聞こえないよー!!!」

せつな「・・・」
45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 05:27:49.88 ID:GRmtENGr0 [43/98回(PC)]
青髭「もう時間が惜しい
    お前らはさっさと行け」

サク「行かせ――……」


青髭は着ていた羽織をサクの頭にかぶせた。


青髭「・・・」

サク「・・・」
46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 05:34:55.26 ID:GRmtENGr0 [44/98回(PC)]
青髭「明日は昨日にはならない」

サク「・・・」

青髭「死人を蘇らせて取り戻した過去も
    未来になれば違う今だよ」

サク「・・・」

青髭「わかってたんだろ?
    黒い紙まで使って・・・」

サク「クソ・・・!」

青髭「まぁいいや・・・
    ルルッル様からの伝言だ
    大事なものは手放すな」

サク「・・・」

青髭「・・・ちゃんと伝えたよ」
47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 05:43:58.07 ID:GRmtENGr0 [45/98回(PC)]
サクは抵抗を止める。

青髭はベリー達を急かしている。

王の間の入り口から、その姿をじっと観察していた者がいた。

ベリー達が青髭に手を振り離れた、その矢先の出来事だった。


青髭「・・・ん?」

ピヨッピ「ピヨヨ~ウ?」


青髭の見ていた景色の上下が入れ替わる。

気づくと青髭は宙ぶらりんの状態になっていた。


青髭「んん!!?」

ピヨッピ「あー王子ー!!!」
48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 05:59:41.52 ID:GRmtENGr0 [46/98回(PC)]
Aベリー「今日ってホントにうまくいかない日ね!!」

Aパイン「いつものことだろ・・・」


青髭は足をつかまれ空中で逆さまになっていた。

ボウが青髭をさらっていた。


ダーク「祭壇に行ったはずではなかったのか?」


成す術もなくうな垂れている青髭。


Aベリー「な、なんでわざわざ戻ってきて青髭さらうのよ!!?」

ボウ「そんなの・・・この人が元ナイトメアだからに決まっているじゃないか!」

青髭「・・・」


ボウはそう言い残し、青髭を連れて外へ飛び出した。
49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 06:06:01.95 ID:GRmtENGr0 [47/98回(PC)]
Aベリー「どうしよどうしよどうしよ!!」

ダーク「・・・」

Aパイン「・・・あいつナイトメアにもいたのか
      エターナルにいたのは知ってたけど」

Aベリー「いてないわよ!!
      てか追わないと!!」


せつな「落ち着きなさい!!」

ラブ「落ち着いてらんないよ!!!」

せつな「落ち着いてラブ・・・」

ラブ「ダーリィィィーン!!!!」
50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 06:18:45.16 ID:GRmtENGr0 [48/98回(PC)]
せつな「確かにヒゲがさらわれたのは予想外だったけれど」

ラブ「・・・」

せつな「ドリームコレットを持っているのも、ヒゲをさらったのも
     祭壇の力を使おうとしているのも全部あいつでしょう?」

ラブ「そ、そっか!そうだよね!」

Aベリー「よく考えるとあいつさえなんとかすればいいだけじゃない!」

Aパイン「だったら三人であいつを追うだけだ!!」

せつな「一人は制御室に行って!
     いい加減に私達をここから出して!!」
51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 07:11:39.05 ID:rPuIzzFi0 [1/1回(PC)]
52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 07:38:43.13 ID:hb7PAcke0 [1/1回(PC)]
ほしゅ
53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 08:00:11.38 ID:PT3PYltW0 [1/1回(PC)]
54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 08:17:10.28 ID:amzYrrnP0 [2/3回(PC)]
寝たか
55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 08:22:42.51 ID:cYww47Wp0 [1/3回(PC)]
まさや以外が書き込みすぎ
56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 09:00:08.14 ID:FmbcPzlT0 [1/21回(PC)]
保守
57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 09:19:56.31 ID:amzYrrnP0 [3/3回(PC)]
>>55
猿か落ちるだろうが
58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 09:24:05.05 ID:kuigH3QK0 [1/2回(PC)]
実際のパインもこんな娘なんですかね
59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 09:32:31.77 ID:FmbcPzlT0 [2/21回(PC)]
全然違うな
でもこれはこれで面白い
60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 09:55:10.35 ID:kuigH3QK0 [2/2回(PC)]
全然違うのか
61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 10:01:39.53 ID:FmbcPzlT0 [3/21回(PC)]
保守
62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 10:04:25.81 ID:YLL8FbnQ0 [1/1回(PC)]
青髭仕様は結構可愛い
63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 10:28:59.71 ID:FmbcPzlT0 [4/21回(PC)]
保守眠い
64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 10:30:14.98 ID:3CDdQW660 [1/1回(PC)]
まーくんいつの間に立ち直ったの?
65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 10:47:51.53 ID:V6X8UNM+0 [1/2回(PC)]
到着→「いやー、ここが学園都市か。やっと着いたぜ」
挨拶→「いやどうも、おれは詠矢…詠矢空希(ヨメヤ ソラキ)ってもんだよろしくなー」
拒否→「だったら何よ…サインならお断りよ」
     「とりあえず、今の段階では『やだね』だ」
無視→「(はいはい無視無視。相手するとロクな事無いわ)」
疑問→「いいのかねえ、学園第三位の能力者とあろう人が、小銭ケチって窃盗なんて」
否定→「いや、よくないっしょ。刑法的に」
確認→「(お、効果アリ…かな?)」
感謝→「ご協力ありがとうございました。そんじゃまた」
謝罪→「あ、いやいや、ゴメンゴメン。怒らせたのは謝るからさ…」
     「いやー、ゴメン。悪気はなかったんだけどねえ。『論証』に入るとつい熱くなっちまって」
検索→「おっと、そのコインはレールガンですな!。えーっと、どうだっけかな(ポチポチ)」
危機→「どおうわっ!!ヤバイヤバイ、ヤバイってマジで!」
転換→「(撃ちやがった…。論証が弱かったか?。ってーと、別の切り口が必要だな…)」
離脱→「んじゃ、失礼しまっす」
蕎麦→「はーい、かけそばお待ちどう!」
節約→「うーい、どうもー。(これからいろいろ物入りだろうし、節約しとかないとなあ)(ズルズル)」
ロリ→「ええ、まあ…間違いございませんが…どちらさん?(お、結構かわいいじゃねえの。中学生ぐらいかね…)」
ぼっち→「昔から理屈っぽい性格でねえ。友達いねえんだこれがまた…」
反体制→「いやー、権力側の人間っていつもそう言うんだよねえ」
避難→「あぶねえあぶねえ。テレポーターさんか…ちょっと離れさせてもらうぜ」
偶然→「いや、偶然あんたの手に針が見えたんでね。投げられるかと思ったんで転がって逃げた。そんだけさ」
攻撃→「どっせい!!上段正拳!!」
忘却→「殴るつもりはなかったんだわ。忘れてた…」
確信→「いや、今日俺は確信に至った。この能力は間違いなく有る。そして、おれはこの力をこう名付けた。絶対反論(マ ジ レ ス)と!!!!」
最低→「最低のネーミングセンスですわね…」
待望→「はあ…ソウナンデスカ。楽しみにしときます…」
死亡→「死ぬしかないよなあ…(シュン)」
諦観→「うわこれどうしょうもなくね?…」
絶望→「……つまんねえ人生だったなー……」
66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 11:06:42.12 ID:aiICQD3+0 [1/3回(PC)]
67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 11:20:52.86 ID:FmbcPzlT0 [5/21回(PC)]
保守眠い
68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 11:44:41.60 ID:aiICQD3+0 [2/3回(PC)]
保守
69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 11:45:54.10 ID:FmbcPzlT0 [6/21回(PC)]
保守
70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 12:01:06.80 ID:cYww47Wp0 [2/3回(PC)]
>>57
だがttp://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1319737975/l50のまさやは途中で一回他人が支援のレスをしただけでやめるほどだったぞ
テキストデータだけアップしてな
この前スレttp://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1319661630/
でも色々言ってたし

71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 12:07:15.21 ID:V6X8UNM+0 [2/2回(PC)]
まーくんって作家気取りの勘違い野郎みたいなところあるよね
72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 12:12:16.91 ID:FmbcPzlT0 [7/21回(PC)]
保守
73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 12:14:10.68 ID:aiICQD3+0 [3/3回(PC)]
携帯嫌いだったが支援もダメなのか
74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 12:16:20.19 ID:cYww47Wp0 [3/3回(PC)]
>>71
結構真面目に精神病んでると思う
まぁ病んでなかったら幻覚みねぇけど
75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 12:36:08.95 ID:FmbcPzlT0 [8/21回(PC)]
保守
76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 12:57:46.58 ID:4QiTpn7pO [1/1回(携帯)]
77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 13:00:08.40 ID:FmbcPzlT0 [9/21回(PC)]
保守
78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 13:14:44.40 ID:TtFaRXiWO [1/1回(携帯)]
79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 13:36:28.28 ID:FmbcPzlT0 [10/21回(PC)]
保守
80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 13:58:15.89 ID:FmbcPzlT0 [11/21回(PC)]
保守
81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 14:13:35.99 ID:FmbcPzlT0 [12/21回(PC)]
保守
82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 14:30:35.91 ID:FmbcPzlT0 [13/21回(PC)]
保守
83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 14:54:08.19 ID:Eg9a3zYHO [1/2回(携帯)]
保守
84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 14:55:19.29 ID:FmbcPzlT0 [14/21回(PC)]
保守
85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 15:03:03.72 ID:FmbcPzlT0 [15/21回(PC)]
保守
86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 15:15:57.87 ID:Eg9a3zYHO [2/2回(携帯)]
87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 15:35:03.97 ID:FmbcPzlT0 [16/21回(PC)]
保守
88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 15:42:22.16 ID:T0y1AqGB0 [1/1回(PC)]
まー君まだいたんだwwwwひさしぶりにみたwwwwww
89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 15:58:13.39 ID:FmbcPzlT0 [17/21回(PC)]
保守
90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 16:10:04.21 ID:FmbcPzlT0 [18/21回(PC)]
保守
91 : ninja[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 16:25:11.80 ID:/3IqH0sL0 [1/1回(PC)]
ミキたんかわいい
92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 16:27:18.27 ID:FmbcPzlT0 [19/21回(PC)]
保守
93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 16:31:47.63 ID:GRmtENGr0 [49/98回(PC)]
すげえ残ってた
94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 16:38:09.96 ID:GRmtENGr0 [50/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


太陽は細い三日月の形をしていた。

鳥の国は翳り、まるで夜のような暗さになりかけている。

青髭はボウに連れられ飛んでいた。


ボウ「・・・」

青髭「・・・」
95以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 16:38:22.99 ID:FmbcPzlT0 [20/21回(PC)]
俺を殺す気か早く寝させろ
96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 16:44:15.61 ID:GRmtENGr0 [51/98回(PC)]
青髭「お前勘違いしてるけど
    俺は人材派遣のシフォン(無)所属です!
    ナイトメアとは全く関係ないッス」

ボウ「ある人から、カワリーノさんが仕事で使っていた
   手帳を貰ったんだよ」

青髭「ブンビーさんだろ、それ!!」

ボウ「ほら、やっぱりナイトメアだ!」

青髭「違います
    契約社員でした、どちらかと言うと敵でした」

ボウ「カワリーノさんは君のことを高く評価していたよ」

青髭「(俺の話を聞け・・・)」
97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 16:46:22.40 ID:GRmtENGr0 [52/98回(PC)]
>>95
logsokuで読んでね
今久しぶりに書いてて楽しい期に入ってるから最後まで書けると思う
98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 16:51:24.61 ID:GRmtENGr0 [53/98回(PC)]
ボウ「契約社員でもいい
   どうせナイトメアが復活したら
   全員に戻ってきてもらうつもりだったんだ」

青髭「お前ってナイトメアだったの?」

ボウ「・・・僕はナイトメアじゃない」

青髭「お前なー・・・
    ナイトメアがどんな組織かよくも知らねえんだろ・・・」

ボウ「知ってるよ!
    ハデーニャさんから教えてもらったんだ」

青髭「またあのクソババアか」
99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 16:51:51.33 ID:FmbcPzlT0 [21/21回(PC)]
おうよ
色々聞きたいことはあるがまあいいか
100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 16:57:40.82 ID:GRmtENGr0 [54/98回(PC)]
ボウ「サクが居た手前、できるだけ悪い組織のように言ってはいたけど
    だけど嘘っぽいんだよ」

青髭「ふんふん・・・
    ハデーニャってお前が手引きしてサク連れて帰ってきたんだろ?」

ボウ「そうだよ
    ある日僕の家の鏡の前に手紙が落ちていたんだ
    助けてほしいという内容で」

青髭「・・・」
101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 17:01:47.57 ID:GRmtENGr0 [55/98回(PC)]
ボウ「僕はそのときはじめて地上へ行ったんだ
    手紙屋と一緒に」

青髭「そのときナイトメアの会社まで行ったのか?」

ボウ「遠巻きには見た」

青髭「ふーん・・・」

ボウ「ハデーニャさんはナイトメアの話をするとき
   どこか楽しそうなんだ」

青髭「あ、ああー・・・」
102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 17:10:29.69 ID:GRmtENGr0 [56/98回(PC)]
ボウ「地上に降りて帰ってこられる妖精の数が限られているから
    次に地上に行けたのは僕が大きくなってからだった」

青髭「・・・ハデーニャに迎えに来いと言われたときは
    今回のピヨッピみたいに特例だったと・・・」

ボウ「・・・
   そのとき、もうナイトメアはなかったよ」

青髭「・・・」

ボウ「それを教えてくれたのがブンビーさんで
   カワリーノさんの手帳をいただいたんだ」

青髭「あーそー・・・」
103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 17:15:23.38 ID:GRmtENGr0 [57/98回(PC)]
青髭「それでお前どうしたいんだよ
    悪の組織に属したい系男子?」

ボウ「自由になりたいんだ・・・」

青髭「人は誰でも自由だよ(キリッ」

ボウ「立派な人間になりなさいと育てられて
   気づいたら鳥の国のリーダーみたいにされていた」

青髭「立派になったな(キリッ」

ボウ「立派な人間の仕事って愚図な人間のお世話なんだよ」

青髭「あー・・・」
104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 17:20:38.76 ID:GRmtENGr0 [58/98回(PC)]
ボウ「あの妖精どもの世話に飽きたんだよ・・・!」

青髭「そういうことはお母さんにでも話しなさーい」

ボウ「だから僕はナイトメアを復活させ
    ナイトメアに入れてもらう」

青髭「別にナイトメアじゃなくてもいいだろー!
    今だったらメイジャーランドがいいですよぉ」

ボウ「いや、ナイトメアがいいんだ
    子供の頃からの夢だ」

青髭「あー・・・この子も結構バカー・・・」
105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 17:20:52.89 ID:GRmtENGr0 [59/98回(PC)]
 
106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 17:30:11.72 ID:GRmtENGr0 [60/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


Aベリー「あたし制御室行くから!
      ダーク!あんたがあいつ追いなさい」

ダーク「・・・チッ」

Aベリー「(舌打ちやめなさいよ・・・)」


ダークは飛び上がり部屋から出て行く。


Aベリー「死んでも助けるのよ!!」

Aパイン「・・・よし俺も!!」

Aベリー「あんたはここ居なさいよ」

Aパイン「はぁ・・・?」
107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 17:36:22.40 ID:GRmtENGr0 [61/98回(PC)]
Aベリー「だってこいつの見張りがいるじゃない」

サク「・・・」

Aパイン「いらねーよ!」

Aベリー「一応いるでしょ」

Aパイン「・・・一応な一応・・・」


パインはそう念を押してサクの後ろに立った。


Aベリー「じゃ、ちょっと行ってくるから!
      待っててねラブ、せつな!!」

ラブ「ベリー早く!!ダッシュ!!」

せつな「・・・」
108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 17:41:27.08 ID:GRmtENGr0 [62/98回(PC)]
ラブ「まだかな、まだかな・・・」

せつな「何をそんな慌てているの?
     アカルンを使えば日蝕までには確実に間に合うわ」

ラブ「そうじゃないよ、早くダーリンの傍に行かないと!
    今日のダーリンなんか変だし!」

せつな「・・・」


遠くでベリーの悲鳴。


サク「・・・」

Aパイン「・・・」

せつな「・・・」

ラブ「・・・」
109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 17:46:39.95 ID:GRmtENGr0 [63/98回(PC)]
ラブ「ベリー!!!!!」

せつな「・・・使えないわね」


Aパイン「他にも敵が居たのか!!?」

サク「・・・いや」

Aパイン「教えてくれんの?」

サク「そこにいるまぬけ達と同じ状態になったんだ」

Aパイン「まぬけ」

せつな「ラブの悪口を言わないで!!」

ラブ「(え、えー、なんで私限定・・・)」
110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 17:53:13.67 ID:GRmtENGr0 [64/98回(PC)]
サク「大方、制御室で解除できるとホラを吹かれそれを信じたんだろ」

Aパイン「・・・」

せつな「パイン!!そのムカつく黒いの締め上げて!!!
     解除の手段聞きなさい!!!
     何をボーッとしているの!!?」

Aパイン「ハッ!
      糞鳥野郎!!!解除しやがれ!!!」

サク「俺の仕事はオカリナを吹くこと
    その装置についてはわかんね」

Aパイン「だってよ!!」

せつな「本当でしょうね!!!?」

サク「本当だよ」

せつな「ぐぬぬ・・・!」

Aパイン「・・・」
111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 17:57:47.87 ID:GRmtENGr0 [65/98回(PC)]
廊下からブルンが走ってくる音。


ブルン「キィ!!!」

Aパイン「・・・」

ブルン「キキキキキキキキキキキキキィ!!!!!」

Aパイン「・・・わかんねーけど
      ベリーもあそこのバカ二人のようになったのか?」

ブルン「キィ!!」

Aパイン「あーあー・・・」

サク「・・・」
112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 18:05:21.79 ID:GRmtENGr0 [66/98回(PC)]
ピヨッピ「ピヨヨ~ウ」

ブルン「キィ・・・」


サク「さ~てと・・・俺も行くか・・・」

Aパイン「・・・」


せつな「完全に手詰まりね・・・」

ラブ「どうしよう・・・?」

せつな「ダークを信じるしかないわ」


Aパイン「お前が行くとめんどくさくなりそうだから待てって!!」

サク「待たないよ、ギューンッ!!!」

Aパイン「なんでチャラけたんだよ!!」


室内を走る二人。


ラブ「何やってんのあの二人」

せつな「え、知らない・・・」
113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 18:12:53.75 ID:GRmtENGr0 [67/98回(PC)]
青髭から渡された羽織を着るサク。


サク「趣味が悪いよな、これ
    いらねぇって、言ったのに」

Aパイン「・・・?」

サク「一緒に来るか?」

Aパイン「・・・何しに行くんだよ?」

サク「俺は鳥だぜ
    決まってんだろ、飛びに行くんだよ」
114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 18:18:16.46 ID:GRmtENGr0 [68/98回(PC)]
ピヨッピ「ピヨヨ~ウ」

サク「・・・」

Aパイン「悪ーけど今は無理だ」

サク「・・・できれば一緒に来てほしい」

Aパイン「・・・」


ラブ「こ、これはダメ!!
   ダメだよね!?」

せつな「・・・ど、どうかしら・・・
     あいつ何を考えているのかしら・・・」
115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 18:22:50.80 ID:GRmtENGr0 [69/98回(PC)]
キルン「キィ!」


キルンがサクの肩へ飛び乗る。


キルン「キィ・・・」

Aパイン「・・・」
116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 18:28:12.78 ID:GRmtENGr0 [70/98回(PC)]
サク「・・・」

ラブ「・・・」

せつな「・・・ラブ?」

ラブ「パイン!!」

Aパイン「わ、わかってるよ・・・!
      すぐ祭壇に行くって!!」

ラブ「その人と一緒に行ってあげて!!」

せつな「ラブ!?」

Aパイン「・・・」

ラブ「その人は今信じてあげなきゃダメなの!!」
117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 18:34:01.26 ID:GRmtENGr0 [71/98回(PC)]
Aパイン「・・・俺、お前みたいに
      そういうのに鋭い人間じゃねーからわかんねーんだよ」

ラブ「でもその人が一緒に来てほしい人はパイン!!
    パインじゃなきゃできないんだよ!!」

せつな「(・・・仲間フラグかしら・・・)」

ラブ「お願いパイン!行ってあげて!!」

Aパイン「・・・」

ラブ「ピルン!!あなたもついていってあげて!!」

ピルン「キィ!」

せつな「・・・やれやれ・・・アカルン」

アカルン「キィ!」

Aパイン「・・・」
118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 18:39:45.44 ID:GRmtENGr0 [72/98回(PC)]
パイン周辺を四つのピックルンが飛ぶ。


Aパイン「どこ連れてってくれるんだよ?」

サク「ここから祭壇までの空、そこが一番いい風が吹くんだ」

Aパイン「・・・」

サク「昔よくボウと飛んだよ・・・」

Aパイン「・・・」
119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 18:43:15.69 ID:GRmtENGr0 [73/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


ボウ「どうして君が僕に賛同してくれないんだ!?」

青髭「だってお前脇役じゃん」

ボウ「脇役・・・」

青髭「元ナイトメアでもなければ
    ルルッル様や王の末裔とも全く関係がない」

ボウ「・・・」

青髭「ただのでしゃばりーだろ」
120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 18:48:45.97 ID:GRmtENGr0 [74/98回(PC)]
ボウ「そうだね、君の言っていることもわかる
    僕は確かに脇や――……」

青髭「わかってない
    それに俺はお前の言ってることが全くわからない」

ボウ「・・・」

青髭「お前、なんなんだよ?」

ボウ「・・・君ならわかってくれると信じてた
   カワリーノさんというのも、人を見る目がなさそうだ」

青髭「カワリーノさんもお前のことを理解してくれないと思うよ」
121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 18:53:56.40 ID:GRmtENGr0 [75/98回(PC)]
ボウ「・・・」

青髭「お前がナイトメアに入社しても、よくて末端だ
    それもギリンマさんや、ガマオさんの位置にもなれない」

ボウ「・・・」

青髭「多数決するときに必要となる数合わせの社員だな
    仮面被ってずっと座ってろ」

ボウ「・・・もう君はいらない」


ボウが青髭を捨てる。
122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 18:57:43.98 ID:GRmtENGr0 [76/98回(PC)]
真っ逆さまに落ちていく中、青髭はぶつぶつと何かを呟いていた。


青髭「こんな大ピンチでも
    俺は全然慌てていない」


後方から飛んできたダークが青髭をキャッチする。


青髭「なぜなら俺の可愛いプリキュアは
    俺がピンチになると登場してくれるからだ」

ダーク「・・・」

青髭「ってお前かよ!!?」
123 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 19:05:28.91 ID:GRmtENGr0 [77/98回(PC)]
青髭「ここはピーチのタイミングだろ!!!
    ピーチどこ行ったんだよ!!?」

ダーク「・・・」


ダークは高度を落とし、鳥の国の地表へ青髭を投げ捨てる。


青髭「俺はもっと丁重に扱――……」


不意に視界に、地球が入った。

青髭は地面に爪を立てて抵抗する。

なんとか鳥の国にとどまることができた。


青髭「・・・ダーク怒った?」
124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 19:12:36.52 ID:GRmtENGr0 [78/98回(PC)]
ダークはタクトからビームを繰り出しボウの動きを止める。

1対1ならダークの圧勝と青髭は読んでいたが

空中戦で分が悪いのか、想像以上にダークは苦戦していた。


青髭「あーりゃりゃー・・・」


空中のフィールド全体を自由に使われ

接近することもままならない。

時折、ボウを追うダークの身体が風に押される。

青髭にはその姿が醜く見えた。
125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 19:20:37.35 ID:GRmtENGr0 [79/98回(PC)]
青髭「ん・・・?あいつ強いぞ」


完全に距離を取り、レーザーで威嚇してダークを寄せ付けない。


ダーク「闇の力よ集え」

ボウ「・・・」


ダークもビームで応戦しているものの

雀の涙程度の単発が当たることはなかった。
126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 19:25:00.28 ID:GRmtENGr0 [80/98回(PC)]
青髭は太陽をチラチラ見る。

別にこの戦いにダークが勝たなくとも

時間さえ稼げればいいと思っていた。


青髭「(それより今日のダーク
     なーんであんなに従順に動いてくれるんだろ・・・)」
127 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 19:29:11.11 ID:GRmtENGr0 [81/98回(PC)]
ダークの脳内に、ノイズがかった映像が走っていた。


・・・美希「あんたも手ェ伸ばしなさいよ!!!!!」・・・


ダーク「・・・」


それはおそらく、まだ感情とは呼べない。

あのとき助けられたからといって、恩義を感じたわけではない。
128 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 19:34:28.00 ID:GRmtENGr0 [82/98回(PC)]
・・・美希「ッ!!しっかり握っときなさいよ!!!」・・・


ただ、あのとき必死に掴んだ腕にアザがついていて

脳内に映像が走るときと、アザを見るときが一致すると

どうしてか命令に従わなくてはならない。

そういう風な変化が訪れていた。


ダーク「・・・」

ボウ「もう時間が・・・!」
129 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 19:38:51.72 ID:GRmtENGr0 [83/98回(PC)]
ボウは差し出した手の上に、今までで一番大きな赤い球体を作る。

ダークは巨大なレーザーが来ると注意を払い、ボウから距離を離す。


ダーク「やめておけ、当たらんぞ」

ボウ「・・・」


発射されたレーザーは、ダークではなく、青髭の方を向かっていた。


青髭「・・・えっ!?」
130 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 19:45:44.30 ID:GRmtENGr0 [84/98回(PC)]
完全に気が緩んでいた青髭は、ただレーザーを眺めていた。


青髭「マジかよ・・・」


だんだんと巨大化する赤い円。

不意に黒い影が、レーザーの進路へ割って入ってくるのが見えた。
131 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 19:47:43.40 ID:2bfjJLV50 [1/1回(PC)]
                       
  ___      ∧,,,∧ コポコポ    
 l__ o _ヽ    (,,´・ω・)_。_ ∬   お茶どうぞ
  |: ・ :l   _ _ lつc(__アミ _    
  |:_・_:l  //\   ̄ ̄  ̄旦 \   
   ̄ // ※ \__旦~__\   
    \\   ※  ※ ※ ※  ヽ
.      \ヽニニニニニニニニニニフ
132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 19:52:27.78 ID:GRmtENGr0 [85/98回(PC)]
ふと意識がはっきりする。見えたのはダークの姿。

レーザーがダークに直撃していた。

爆煙が巻き起こり、吹き飛んで来たダークを青髭が抱き抱えた。

ひ弱な青髭に受け止められるわけもなく、何度か回転して二人とも倒れる。


青髭「・・・」

ダーク「・・・・・・」


ボウ「・・・」


ボウはダークが起き上がって来ないと確認すると

祭壇に向かって飛び去っていった。
133 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 19:58:27.12 ID:GRmtENGr0 [86/98回(PC)]
青髭「・・・」

ダーク「・・・・・・」

青髭「お前・・・お前なー・・・
    お前の命の方が大切だろーが・・・
    ムーンライト倒しに行くんだろ・・・」

ダーク「・・・キュアベリーから
     貴様を助けろと命令された・・・」

青髭「・・・」

ダーク「命令が・・・守れなくなる・・・」

青髭「お前なぁ・・・!!」
134 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 20:04:27.09 ID:GRmtENGr0 [87/98回(PC)]
ダーク「・・・」

青髭「・・・」


色々言いたいことはあったが、全てを飲み込んで

言いたいこととは違う、一つだけを選んだ。


青髭「次からは、両方傷つかない助け方をしなさい」

ダーク「・・・貴様は本当に、ワガママなやつだ・・・」


青髭はダークに肩を貸し、古城へと引き返した。
135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 20:06:16.14 ID:9j+uDDWd0 [1/1回(PC)]
ダーク…
136 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 20:08:28.41 ID:GRmtENGr0 [88/98回(PC)]
その道中、パインとサクが現れる。


青髭「・・・」
ダーク「・・・・・・」

Aパイン「あ・・・ダークも完全にやられたのか・・・」

サク「・・・」
137 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 20:14:31.47 ID:GRmtENGr0 [89/98回(PC)]
青髭「ダーク、日蝕までの時間は」

ダーク「・・・2分だ」

青髭「・・・お前どういうつもりでここにいるのか知らねえけど・・・
    祭壇まで何分かかる」

サク「20秒かかんねぇ」

青髭「・・・ダーク、日蝕している時間は?」

ダーク「・・・およそ3分だ」

青髭「・・・よし、3分防衛して来い」

Aパイン「・・・」
138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 20:16:38.16 ID:GRmtENGr0 [90/98回(PC)]
Aパイン「だからちげーだろ」

青髭「・・・」

Aパイン「倒してこいだろ!!」

青髭「・・・倒してきてよ」

Aパイン「任せとけって!」

ダーク「・・・」
139 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 20:20:23.60 ID:GRmtENGr0 [91/98回(PC)]
サク「・・・」

青髭「・・・」

サク「なんか言わねぇの?」

青髭「・・・」

サク「・・・」

青髭「パインを頼んだよ!」


青髭はそう言ってサクの背中を叩いた。


サク「・・・」

Aパイン「そんじゃ行こうぜ!」

サク「・・・」
140 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 20:24:55.77 ID:GRmtENGr0 [92/98回(PC)]
サク「俺がなんで4つ全ての形態になれると思う?」

Aパイン「・・・あ?知らねーよ」

サク「怪鳥と妖精のミックスなんだよ」

Aパイン「・・・怪鳥と妖精のミックス・・・
      それってレアなのか?」

サク「普通なら不可能だ」

Aパイン「・・・」
141 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 20:31:52.82 ID:GRmtENGr0 [93/98回(PC)]
サク「俺はナイトメアによって無理やり合成させられたキメラだ」

Aパイン「・・・」

サク「対パルミエ王国用特殊兵器
   王国にバリアを展開させる暇も与えず
   単独で国内に入り込み単独で戦える
   それが俺だ

   ブラッディとか言うやつが始めた計画らしい」

Aパイン「・・・」

サク「・・・」
142 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 20:39:15.68 ID:GRmtENGr0 [94/98回(PC)]
サク「だがカワリーノとかいうやつが
    後から始めた計画の方が見込みが高いという理由で
    俺達は廃棄されることが決まった」

Aパイン「・・・」

サク「そのとき助けてくれたのが姉さんだった
    まだ卵にもなっていなかった俺をこの世に出してくれた
    ここへ連れてきてくれたんだ」

Aパイン「・・・」
143 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 20:43:35.76 ID:GRmtENGr0 [95/98回(PC)]
サク「・・・」

Aパイン「・・・おい、どした?」

サク「外界に、自分が居たんだ」

Aパイン「・・・?」

サク「飛ぶのが下手黄色い鳥
   でもそいつは何も知らずに幸せだった」

Aパイン「・・・」

サク「俺も、ああなりたかった」

Aパイン「・・・」
144 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 20:51:05.34 ID:GRmtENGr0 [96/98回(PC)]
Aパイン「なりゃいいじゃねーかよ!!」

サク「・・・」

Aパイン「お前ももう自由になれよ!!!」

サク「・・・もう行こう、じゃないと間にあわない
   これはそういう意味でもあんだ」


サクは黒い巨大な鳥へと姿を変える。

その背にパインが乗り込んだ。


サク「お前とはこんな暗い空じゃなく
    もっと綺麗な空で飛びたかった」

祈里「明日でいいだろ明日で!!」

サク「・・・そうだな」


サクは一度大きく鳴き、大きな黒い羽を開いて飛んでいった。
145 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/18(金) 20:54:30.69 ID:GRmtENGr0 [97/98回(PC)]
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


青髭「・・・おいバカ鳥ー」

ピヨッピ「ピヨヨ~ウ」

青髭「これどうやってどうやって解除するんだよ」

ピヨッピ「知らんピヨな~」

ラブ「・・・ダーリン」

青髭「ちょっと待っててね」

せつな「あなた今顔が怖いのよ」

青髭「・・・」
146 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/18(金) 20:55:52.27 ID:GRmtENGr0 [98/98回(PC)]
 

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク