ログ速トップ
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:03:06.12 ID:h/23eiXT0 [1/51回(PC)]
アッシュフォード学園

アーニャ「遅刻しちゃった」

ルルーシュ「なっ?!」

アーニャ「あ、ルルーシュ。おはよう」

ルルーシュ「お、おまえ……なんて格好で学園に来てるんだ!?」

アーニャ「え?これナイト・オブ・ラウンズの正式なパイロットスーツだけど?」

ルルーシュ「……」

アーニャ「ちょっと任務があって、授業に間に合わないからそのままナイトメアに乗って来たの。……変?」

ルルーシュ「おま……卑猥、過ぎないか……?」

アーニャ「そう?」
6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/08/08(水) 19:06:55.71 ID:h/23eiXT0 [2/51回(PC)]
ルルーシュ「とにかく、何か来たほうがいい。水着よりも卑猥に見える」

アーニャ「そんなこと言われたことないけど」

ルルーシュ「全員、同じような服なのか?」

アーニャ「女性はそう」

ルルーシュ「学園の制服は?」

アーニャ「持ってきてない」

ルルーシュ「体操着は?」

アーニャ「ロッカー」

ルルーシュ「よし、それに着替え―――」

モニカ「見つけましたよ。勝手にナイトメアで登校してはいけないと言ったではないですか」タタタッ

アーニャ「モニカ」

ルルーシュ「なっ?!」
14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:10:44.16 ID:h/23eiXT0 [3/51回(PC)]
モニカ「皇帝陛下にも注意されたでしょう?ナナリー総督からも厳重注意が―――」

ルルーシュ「お、おおおい!!ちょっと!!」

モニカ「はい?」

ルルーシュ「あ、あなた!!その格好!!恥ずかしくないんですか!!」

モニカ「え?どこがでしょうか?」

ルルーシュ「いや……もう……下着のような……」

モニカ「そうですか?」

アーニャ「目を背けるほど、おかしい?」

ルルーシュ「……」

モニカ「ですが、これは皇帝陛下がデザインしてくれたものですから。あまり悪く言われると……その……」

ルルーシュ「皇帝陛下がデザインしただと?!」

モニカ「ええ」

アーニャ「それがどうかした?」
21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:14:16.31 ID:h/23eiXT0 [4/51回(PC)]
ルルーシュ(シャルルめ……!!このような少女たちになんてものを着せている……!!変態め!!)

モニカ「それより。今後は気をつけてください」

アーニャ「わかった。わざわざありがとう」

モニカ「いえ。では、私はこれで」

ルルーシュ「あの」

モニカ「なんでしょうか?」

ルルーシュ「貴方はエリア11にいるのですか?」

モニカ「いえ。私は違います」

ルルーシュ「……」

アーニャ「ルルーシュ、モニカに恋?」

モニカ「え……」

ルルーシュ「バカ!!そうじゃない!!」

モニカ「びっくりした」
22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:17:51.28 ID:h/23eiXT0 [5/51回(PC)]
ルルーシュ「アーニャ」

アーニャ「モニカ、バイバイ」

モニカ「はい。失礼します」

ルルーシュ「……」

アーニャ「そうだ。授業」

ルルーシュ「待て」

アーニャ「何?」

ルルーシュ「着替えてこい」

アーニャ「でも、授業に」

ルルーシュ「そのままで教室に入る気か?!」

アーニャ「ダメ?」

ルルーシュ「お前な……。健全な男子にとっては目の毒だ」

アーニャ「ふーん。ルルーシュがそういうなら」

ルルーシュ「全く……」
26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:22:29.23 ID:h/23eiXT0 [6/51回(PC)]
生徒会室

ルルーシュ「……」

シャーリー「ルルだ。なにしてるの?」

ルルーシュ「え?ああ、ちょっと調べものをな」

シャーリー「どれどれ……。うわ、なにそのエッチな服……」

ルルーシュ「ナイト・オブ・ラウンズの服だよ。俺の趣味じゃない」

シャーリー「もしかして、コスプレ?」

ルルーシュ「違―――」

アーニャ「ルルーシュ」

ルルーシュ「アーニャ?!」

アーニャ「体操服、洗ったの忘れてた。このパイロットスーツのまま授業にでるしかない」

ルルーシュ「……」

シャーリー「アーニャちゃん!!それはだめだって!!」

アーニャ「どうして?これ、正装なんだけど」

ルルーシュ「アーニャ……もう少し、あれだ……そのスーツに疑念を持て」
29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:25:46.26 ID:h/23eiXT0 [7/51回(PC)]
アーニャ「疑念?」

ルルーシュ「どう考えても年頃の女の子が着るものじゃない?」

アーニャ「そう?」

シャーリー「そうだよぉ!!」

アーニャ「じゃあ、シャーリー、着てみる?」

シャーリー「え?!いい!!そんなの!!」

アーニャ「涼しいのに」

ルルーシュ「分かった。俺の上着を貸してやる」

アーニャ「いいの?」

ルルーシュ「後で返せよ」

アーニャ「わかった」

ルルーシュ「シャルルのやつ……何を考えているんだ……」

アーニャ「……」スーハースーハー

ルルーシュ「何をしている?」

アーニャ「いい匂い」
33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:29:02.46 ID:h/23eiXT0 [8/51回(PC)]
シャーリー「え……」

アーニャ「バイバイ」

ルルーシュ「あ、ああ……」

シャーリー「……」

ルルーシュ「この卑猥さ。何か理由でもあるのか……?」

シャーリー「ルルー」

ルルーシュ「なんだ?」

シャーリー「私にも上着貸して……」

ルルーシュ「……」

シャーリー「……ダメ?」

ルルーシュ「返ってきたら貸してやるよ」

シャーリー「わーい」

ルルーシュ(だが、何か秘密があるなら黒の騎士団でも採用してみたいな)

ルルーシュ(反応速度が上がったりするのか……?)
41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:35:04.07 ID:h/23eiXT0 [9/51回(PC)]
総督府

スザク「よっと」

モニカ「待っていました」

スザク「モニカ。どうしたんだい?」

モニカ「アーニャ・アールストレイム卿のことです」

スザク「ああ。またそのまま学園に行ったらしいね」

モニカ「問題行為だと思われますが」

スザク「僕からも注意はしているんだけど、相手はアーニャだから。話を聞いてくれなくて」

モニカ「お願いしますね。―――ところで」

スザク「何?」

モニカ「私のパイロットスーツ姿……変ですか?」

スザク「いや、全然。むしろ凛々しいと思うけど」

モニカ「よかった……」

スザク「誰かに変だって言われたのかい?」

モニカ「実は……」
46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:38:35.03 ID:h/23eiXT0 [10/51回(PC)]
生徒会室

ルルーシュ「……」

アーニャ「ルルーシュ、いた」

ルルーシュ「アーニャか。授業は終わりか?」

アーニャ「うん。これ、ありがとう」

ルルーシュ「いや。大したことはない」

アーニャ「匂いは記録できないのが残念」

ルルーシュ「そうだな」

シャーリー「アーニャちゃん!!ルルの上着貸して!!」

アーニャ「どうぞ」

シャーリー「ありがとう!!」

ルルーシュ「何を必死になっているんだ……」

アーニャ「ルルーシュ」ギュッ

ルルーシュ「お、おい……!!」

アーニャ「……」スーハースーハー
54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:43:19.13 ID:h/23eiXT0 [11/51回(PC)]
スザク「ルルーシュ、いるか?」

ルルーシュ「スザクか。どうした?」

スザク「……何をしているんだ?」

ルルーシュ「アーニャが離れなくなった」

アーニャ「……」スーハースーハー

スザク「シャーリーもなんか変だし」

シャーリー「……」スーハースーハー

ルルーシュ「それで何かあったのか?」

スザク「ああ。今日、モニカと会っただろ?」

ルルーシュ「モニカ……。ああ、あのナイト・オブ・ラウンズのか」

スザク「あれは名誉ある衣装なんだ。皇帝陛下から与えられた、騎士の誇りそのものだ」

ルルーシュ「そ、そうなのか……」

スザク「バカにするのは許されないよ」
62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:48:17.12 ID:h/23eiXT0 [12/51回(PC)]
ルルーシュ(丁度いい。あの衣装になにか利便性はあるのか訊いておくか)

アーニャ「満喫した。ありがとう、ルルーシュ」

ルルーシュ「ああ」

スザク「アーニャ、着替えを持ってきたから、早く着替えるんだ」

アーニャ「うん」

ルルーシュ「シャーリーも早く返せ」

シャーリー「あ、はい」

ルルーシュ「スザク、興味本位で訊きたいのだが」

スザク「なんだい?」

ルルーシュ「あの衣装になにか……その特別な仕様でもあるのか?」

スザク「……」

ルルーシュ「通気性に優れているとか、着ると反応速度が上がるとか」

スザク「ないよ」

ルルーシュ「いや、あれだけ布の面積を少なくするにはわけがあるんだろ?」

スザク「何もないよ。ただ単純に布地が少ないだけだ」
70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:55:31.80 ID:h/23eiXT0 [13/51回(PC)]
ルルーシュ「本当か?」

スザク「強いて言うなら、忠義の証かな」

ルルーシュ「どういうことだ?」

スザク「あの服を着ることで皇帝陛下に忠誠心を示すんだ」

ルルーシュ(なるほど。あれだけ恥ずかしい衣装を着るにはそれだけの忠義がなければ無理だな)

ルルーシュ「わかった。ありがとう」

スザク「でも、女性だけなんだ」

ルルーシュ「そういえばアーニャも言っていたな」

アーニャ「そう。布地が少ないのは女性だけ」

ルルーシュ「スザクの場合はどうなんだ?」

スザク「これでもかって全身を隠してるよ。顔以外露出しているところはない」

ルルーシュ「……変な話だな」

スザク「そうだね」

アーニャ「うん」

シャーリー「ねえねえ。それってさ、皇帝陛下の趣味とかじゃないの?」
74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 19:59:17.16 ID:h/23eiXT0 [14/51回(PC)]
スザク「シャーリー」

シャーリー「は、はい」

スザク「あまりそう言うことは言わないほうがいい。僕も軍人だから、場合によっては国家反逆罪で逮捕しなければならない」

シャーリー「あ……ごめんなさい……」

ルルーシュ「アーニャは嫌じゃないのか?その服?」

アーニャ「うん」

ルルーシュ「どうして?」

アーニャ「これ着ていると、誰も目を合わそうとしないから」

ルルーシュ「……」

アーニャ「楽」

ルルーシュ「そうか」

スザク「アーニャ、そろそろ戻ろうか」

アーニャ「うん。ルルーシュ、バイバイ」

ルルーシュ「ああ」

ルルーシュ(忠義の証か……なるほどな……)
78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 20:05:31.76 ID:h/23eiXT0 [15/51回(PC)]
黒の騎士団アジト

ゼロ「突然だが女性団員の新コスチュームを考えたい!!」

扇「どういうことだ?」

ゼロ「士気を高める目的でも、これは是非とも行いたい」

玉城「いきなりいわれてもよぉ。どうするんだ?」

ゼロ「デザインができるものはいないのか?」

ディートハルト「服飾デザイナーは我が黒の騎士団には……」

扇「まて……一人だけできそうな奴がいるじゃないか」

ゼロ「誰だ?」

玉城「……」

ディートハルト「……」

扇「……」

藤堂「……なんだ?」

ゼロ「藤堂……やはり、お前しかいないようだな」

藤堂「ゼロよ。私も万能ではないぞ。―――どのような服にするつもりだ。胸を強調するようなものか?」
91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 20:09:49.00 ID:h/23eiXT0 [16/51回(PC)]
ゼロ「そうだな……。できるだけ布地面積はないほうがいい」

藤堂「となるとビキニか」

ゼロ「いや。それは少なすぎる」

藤堂「臍は出すか?」

ゼロ「無論だ」

藤堂「足は?」

ゼロ「出す。隠すのは……」

藤堂「わかっている。絶対領域だろ?」

ゼロ「なんだそれは?」

藤堂「ボトムスとソックスの間から微妙に覗く素肌の太もものことだ」

ゼロ「……ほう?」

藤堂「鎖骨は見せつつ、肩から腕は隠すようにするか」

ゼロ「いいな」

扇「なんだか話はうまく進んでいるみたいだな」

玉城「どうなるんだ……?」
106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 20:19:19.81 ID:h/23eiXT0 [17/51回(PC)]
数日後

藤堂「ゼロ。見て欲しい。仮ではあるが新コスのイメージができた」

ゼロ「よし。モニターに出せ」

藤堂「ますは上半身。鎖骨を露出させつつも、肩から腕はぴっちりとした素材を採用する。こうすることで腕は本来より細く見える」

ゼロ「ふむ」

藤堂「次に胸部。寄せて上げるようなデザインにしておいた。これで胸が大きいものはより生意気に。小さい者でも可愛い二つの丘ができあがる」

ゼロ「一般兵用とあるな?どういうことだ?」

藤堂「紅月カレンとC.C.は胸部のデザインが若干異なる。見てくれ」

ゼロ「な……?!バカな!!胸を隠す布がすくないぞ!!」

藤堂「下乳の部分を露出させる作りになっている。この二人はこっちのほうが映えると思ったからだ」

ゼロ「藤堂……!!」

藤堂「……」

ゼロ「すばらしい」パチパチ

藤堂「よしてくれ。この程度、なんでもない」
117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 20:29:39.14 ID:h/23eiXT0 [18/51回(PC)]
藤堂「では、腹部に移る。腹部は共通して腹の部分は露出させている」

ゼロ「いいな」

藤堂「次に背部。肩甲骨の部分のみを露出。あとは隠す」

ゼロ「……」

藤堂「では、下半身に移ろう。オーバーニーソックスを採用する。これは絶対領域を強調するためでもある」

ゼロ「それから?」

藤堂「そして問題の部分だが……」

ゼロ「ミニスカ、ショートパンツ、ハイグレビキニか」

藤堂「ちなみにC.C.だけは決まっている」

ゼロ「ほう?」

藤堂「半分お尻が見えているショートパンツだ」

ゼロ「なるほど」

藤堂「C.C.なら上手く着こなせるはずだ」

ゼロ「他の団員についてはミニスカがいいだろう」

藤堂「その中は下着ではなく、水着のようなものを採用しようか」
124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 20:34:23.02 ID:h/23eiXT0 [19/51回(PC)]
数日後

藤堂「ゼロ。完成した」

ゼロ「おお。これが……」

藤堂「紅月カレン用のコスだ」

ゼロ「よし。カレン」

カレン「は、はい!」

ゼロ「着てみてくれ」

カレン「でも、これ……背中のとこすっごくあいてますよ?」

ゼロ「……だから?」

カレン「それに……お腹が冷えそうで……」

藤堂「大丈夫だ。ナイトメア内は機械熱で暖かい」

カレン「そういう問題じゃあ……胸だってちゃんと隠せてませんし……」

ゼロ「着ろ!!!」

カレン「ひっ!」

藤堂「着なければ君は黒の騎士団に居られなくなるぞ」
132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 20:40:38.75 ID:h/23eiXT0 [20/51回(PC)]
カレン「え?!どういうことですか?!」

ゼロ「これは君の忠誠心を測るものでもあるからだ」

カレン「それって……」

ゼロ「……」

カレン(ルルーシュ……私が裏切らないかテストしてるってわけね……なるほど……)

カレン「わかりました!紅月カレン!!着ます!!」

ゼロ「よし」

カレン「では、失礼します」

藤堂「彼女は大丈夫そうだな」

ゼロ「次だな」

C.C.「どうした?」

ゼロ「C.C.、これを着て欲しい」

C.C.「……なんだこれは?尻のところが開いているじゃないか。しかも中心だけ」

藤堂「それでナイトメアに乗ると……」

C.C.「おい。カメラをコックピットに仕込むつもりか?」
137 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 20:43:28.93 ID:h/23eiXT0 [21/51回(PC)]
ゼロ「そんなことはしない」

C.C.「……まあ、いいが。これを着ればいいのか?」

ゼロ「ああ」

C.C.「分かったよ」

ゼロ「よし……」

藤堂「最後だ。―――千葉!!」

千葉「はい」

藤堂「着ろ」

千葉「はっ!!―――え!?これをですか?!」

藤堂「……」

ゼロ「……」

千葉「……着てきます」

藤堂「よし」

ゼロ「出来上がりが楽しみだな」

藤堂「全くだ」
140 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 20:48:14.24 ID:h/23eiXT0 [22/51回(PC)]
カレン「ゼロ……着ました……」モジモジ

ゼロ「気をつけ!!」

カレン「は、はい!!」

藤堂「ふむ……」

ゼロ「なるほど……着ると胸部の部分がより分かりやすくなるな」

藤堂「このはみ出ている肉感はどうだ、ゼロ?」

ゼロ「ああ……悪くないな」

カレン「うぅ……」

ゼロ「背中もいいな。やはりカレンほど鍛えている肉体は背中も美しい」

藤堂「肩甲骨のラインはやはり露出させているほうが艶美だ」

ゼロ「確かに」

カレン「あの……もういいですか……」モジモジ

ゼロ「やはり絶対領域にも惹かれるな」

藤堂「ここは日本人男子なら外せないところだ。是非とも万国に伝えたい魅力だな」

カレン「……」モジモジ
147 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 20:55:47.37 ID:h/23eiXT0 [23/51回(PC)]
C.C.「着たぞ」

ゼロ「こい」

C.C.「色んな部分が涼しいな、この服」

ゼロ「C.C.の場合、胸部はやはりカレンに見劣りするものの……。この下側の肉が露出しているために、普段よりも大きく見えるな」

藤堂「まあ、C.C.の魅力は下半身だがな」

ゼロ「お尻か」

C.C.「お、おい!!」バッ

ゼロ「今更、何を恥ずかしがる?」

C.C.「裸より恥ずかしい」

ゼロ「いいから見せろ」

C.C.「……」モジモジ

藤堂「ヒップの中央を円の窓で露出させる。ちなみにお尻を突き出してもお菊様が見えることはない」

ゼロ「考えられているな」

藤堂「当然だろう」

C.C.(くそ……こんな屈辱は生まれて初めてだ……)
155 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 21:03:51.77 ID:h/23eiXT0 [24/51回(PC)]
千葉「来ました」

藤堂「千葉。スカートをめくってみろ」

千葉「え……」

藤堂「早く」

千葉「は、はい……」チラッ

ゼロ「これは……!!」

藤堂「股上が浅い小さめのショーツ……つまり、ビキニだ」

ゼロ「……藤堂!!」

藤堂「……」

ゼロ「お前の奇跡……しかと目に焼き付けた」

藤堂「なんのこれしき」

ゼロ「世界を変える日も近いな!!ふははははははは!!!!!」

カレン「これ着て戦うの……?」

C.C.「そうらしいな」

千葉「そんな……」
159 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 21:10:30.69 ID:h/23eiXT0 [25/51回(PC)]
ゼロ「では、この新コスチュームを正式採用とする!!意義のあるものはいるか!!!」

玉城「……」

ディートハルト「……」

ラクシャータ「似合うかい?」

朝比奈「ええ」

藤堂「ふっ……」

扇「……千草に着せたら似合うかな……」

ゼロ「反対するものはいないようだな!!これより黒の騎士団の女性団員はこのコスチュームで活動するように!!!」

カレン「は、はい!!」

C.C.「……まあ、涼しいしいいか」

千葉「こんなにスースーする服初めて……」モジモジ

ゼロ「恥ずかしがるな!!!我々は世界を変える!!!その程度の羞恥心に押しつぶされているようでは話にならないぞ!!!」

カレン「はい!!紅月カレン!!がんばります!!」

ゼロ「よし……。では、手始めにブリタニアの戦略拠点を潰しにいくか」

藤堂「皆のもの!!戦だ!!」
162 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 21:14:58.76 ID:h/23eiXT0 [26/51回(PC)]
オペレーター「あのー、先輩。こっちの操作はこれでいいんですか?」

玉城「お、おう……いいと思うぜ」

扇「玉城!鼻の下が伸びてるぞ!!」

玉城「仕方ねーだろ!!」

ゼロ「ふはははは」

神楽耶「あのー?」

ゼロ「ん?これはこれは、神楽耶様」

神楽耶「……」

ゼロ「どうかされましたか?」

神楽耶「わ、私には無いのですか……新しいコスチューム」

ゼロ「……!!」ガタッ

藤堂「神楽耶様……いいのですか……?」

神楽耶「なんだが……皆さんだけずるいなーって思ったりしちゃってますわ」

ゼロ「……藤堂!!!」

藤堂「任せろ。少し時間はもらうぞ、ゼロ」
169 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 21:21:23.65 ID:h/23eiXT0 [27/51回(PC)]
ゼロ「見えてきたな……。戦略拠点が」

モニカ『黒の騎士団に告げます。今すぐ武装を解除し、投降しなさい』

ゼロ「できない相談だな」

モニカ『では、防衛のために攻撃を開始する』

ゼロ「望むところだ。ナイト・オブ・ラウンズよ。私に挑み倒してみろ」

モニカ『調子にのって……!!』

ゼロ「カレン、出れるか?」

カレン『いつでもいけます』

ゼロ「C.C.は?」

C.C.『お尻が気になる以外は問題はない』

ゼロ「千葉」

千葉『戦いになれば気にならないと思いたい』

ゼロ「よし!!今こそ黒の騎士団の力を見せるとき!!!」

ゼロ「全軍!!攻撃を開始せよ!!!」

藤堂「やはり神楽耶様だから和を大事にしたいな……」カキカキ
175 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 21:31:07.69 ID:h/23eiXT0 [28/51回(PC)]
カレン『弾けろ!!!ブリタニアァ!!!!』

C.C.『後ろからか!しつこい奴は嫌いだ!』

千葉『背中がスースーするぅ!!!』

ゼロ「よし……いいぞ。カレン!!そのまま前進!!C.C.はそこで迎撃だ!!千葉は左の隊を潰せ!!」

モニカ『それ以上はやらせない!!!』

ゼロ「本命が来たか。カレン!!」

カレン『はい!!』

ゼロ「見せてやれ!!伊達に露出していないことを見せ付けろ!!」

カレン『わかりました―――って、どういうことですか?!』

ゼロ「カレンのコックピット内をオープンチャンネルでブリタニア軍に見せ付けろ!!」

オペレーター「はい!」ピッ

モニカ『な……?!痴女め!!』

カレン『これは違う!!違うの!!!輻射波動!!!!』

モニカ『しまった?!』

藤堂「そうだ!!肩だ!!肩を出せばいい!!ギリギリ胸が見えないラインまで下げて……帯は大きなリボンのような形にして……」カキカキ
188 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 21:40:00.81 ID:h/23eiXT0 [29/51回(PC)]
カレン『ゼロ!!ナイト・オブ・トゥエルブを捕まえました!!』

ゼロ「そのまま帰還しろ」

カレン『はい』

ゼロ「さて、ブリタニアの諸君。ナイト・オブ・トゥエルブの身柄を無事に返してほしくば、ここは大人しく武器を収めるべきだと思うが?」

オペレーター「ブリタニア軍、退却を始めました」

ゼロ「よし」

C.C.『私たちも帰還するぞ』

ゼロ「ああ。帰って来い」

モニカ『どうするつもり……?』

ゼロ「君は大事な捕虜だ。手厚くもてなそう」

モニカ『くっ……』

ゼロ「……藤堂!!」

藤堂「ソックスは……いや、愚問だな。素足でいい……。では履物は……サンダルか……?」

藤堂「むぅぅ……」

ゼロ「よし。問題はないな」
197 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 21:48:12.39 ID:h/23eiXT0 [30/51回(PC)]
ゼロの自室

モニカ「……ゼロ……」

ゼロ「ようこそ。モニカ・クルシェフスキー卿」

モニカ「私から何を聞こうとも無駄だ。何も答えるつもりはない」

ゼロ「流石だな。よく訓練されている。だが、何も答えないのは不可能なのだよ。私の前ではな」

モニカ「なに……?」

C.C.「ふふ……」

ゼロ「俺の質問に答えろ」キュィィン

モニカ「……はい」

ゼロ「……そのパイロットスーツ、どう思っている?」

モニカ「恥ずかしいです。とっても」

ゼロ「では、何故文句も言わずに着ている?」

モニカ「これを着ないとナイト・オブ・ラウンズでいられないから」

ゼロ「誰の趣味だと思う?理由も述べろ」

モニカ「シャルル皇帝陛下。この服を譲渡するとき、ものすごくいやらしい顔をしてたから」
205 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 21:56:14.32 ID:h/23eiXT0 [31/51回(PC)]
ゼロ「そんなシャルルをどう思う?」

モニカ「いつか……クーデターを起こしたい。ドロテア・エルンスト卿もそう思っている。良いといっているのはノネット・エニアグラム卿だけ」

ゼロ「なるほどな」

C.C.「シャルル、恨まれてるな」

ゼロ「まあ、仕方ないだろう。年頃の女に着せるものではない」

C.C.「お前が言うのか?」

ゼロ「アーニャはどう思っている?」

モニカ「アーニャ・アールストレイム卿は恐らく、自分がどれだけ恥ずかしい格好をしているのか理解していないと思う」

ゼロ「他に恥ずかしい格好をしている者は?」

モニカ「グラウサム・ヴァルキリエ隊のみなさんは口々に公的セクハラだって漏らしてました」

ゼロ「そうか」

モニカ「―――あ。え?」

ゼロ「モニカよ。我が黒の騎士団のコスチュームはどう思う?」

C.C.「……尻が開いているがな」プリンッ

モニカ「……よく、クーデターが起きませんね」
210 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 22:04:34.09 ID:h/23eiXT0 [32/51回(PC)]
ゼロ「そんなモニカに訊ねたい。君が思う理想のコスチュームはどんなものだ?」

モニカ「今のままで満足している」

ゼロ「違うな!!間違っているぞ!!」

モニカ「え……」

ゼロ「本心では恥ずかしいと思っているはずだ。クーデターを起こしたいほどに」

モニカ「そ、そんなことは……!!」

ゼロ「素直になれ、モニカ・クルシェフスキー。本当はこんな際どいスーツなど着用したくはないのだろう?」

モニカ「くっ……違う!!」

ゼロ「違わない!!!どこの国にそんな服を嬉々として着る痴女がいる!!!」

モニカ「……!!」

ゼロ「それにモニカ。お前は戦闘中カレンに向かって痴女だと言ったな?露出度で言えばお前と変わらないのに」

モニカ「違う……私は誇りをもって……」

ゼロ「本当は気がついているのだろう?ただ認めたくないだけ」

モニカ「やめてぇ!!」

ゼロ「自分が痴女であることを認めたくない!!!そうだな?!モニカ・クルシェフスキーよ!!!」
219 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 22:10:50.50 ID:h/23eiXT0 [33/51回(PC)]
モニカ「くぅぅ……ぅぅ……」

C.C.「堕ちたな」

ゼロ「C.C.。あとは任せる」

C.C.「ああ」

ゼロ(さてと藤堂はどうなったか……くくく……)

モニカ「ちがう……ちがうのぉ……わたしは……このふくを……」

C.C.「私もな。こんなコスチュームはやだよ」

モニカ「え……?」

C.C.「でもな、納得して着ている。どうしてかわかるか?」

モニカ「……」

C.C.「ゼロは着たくなければ着なくて良いと言ってくれたからだ」

モニカ「そ、それがなにか?」

C.C.「お前の場合、有無を言わせずだったんだろ?まぁ、あの皇帝陛下がやりそうなことだが」

モニカ「何が言いたいのですか……?」

C.C.「ブリタニア軍に居る限りお前は痴女だぞ?戦死でもしてみろ……痴女のまま死ぬんだぞ?いいのか、そんな人生で」
228 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 22:17:21.15 ID:h/23eiXT0 [34/51回(PC)]
会議室

ゼロ「藤堂!!!」

藤堂「ゼロか」

ゼロ「できたのか?」

藤堂「モニターに出す」

ゼロ「……」

藤堂「和服を基調にしたデザインで、肩を大きく露出させる。胸がギリギリみえないラインだ」

ゼロ「ふむ」

藤堂「帯は大きなリボンのような形をしている。丈はギリギリ下着が見えないところだな」

ゼロ「ソックスは?」

藤堂「無しにしてみた。履物はサンダルで、歩くたびに音が鳴る」

ゼロ「……下着は?」

藤堂「褌か普通のショーツでいいと思っている」

ゼロ「そこか神楽耶様に選ばせるか」

藤堂「うむ」
232 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 22:21:06.62 ID:h/23eiXT0 [35/51回(PC)]
C.C.「ゼロ」

ゼロ「ん?モニカよ。どうした?」

モニカ「あの……」

ゼロ「なんだ?」

モニカ「私を黒の騎士団に入れてください」

ゼロ「いいだろう。理由は?」

モニカ「痴女のまま死にたくないから」

ゼロ「よし。入団を許可する」

モニカ「ありがとうございます」

C.C.「こいつの衣装は?」

ゼロ「好きな物を選ばせろ」

モニカ「ゼロぉ……♪」

ゼロ「当然の権利だ」

C.C.「では、衣裳部屋に行くか」

モニカ「はいっ」
239 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 22:26:15.10 ID:h/23eiXT0 [36/51回(PC)]
オペレーター「ゼロ!ブリタニア軍から通信が」

ゼロ「繋げ」

スザク『黒の騎士団に告げる!!今すぐ捕虜を解放しろ!!』

ゼロ「捕虜だと?これは異な事を」

スザク『なに?』

ジノ『モニカを返してもらおうか、ゼロ!!』

ゼロ「モニカか……やつは既に捕虜ではない」

ジノ『なんだと?』

アーニャ『どういうこと?』

ゼロ「すぐに分かる」

スザク『これ以上の交渉の余地はないと見えるな』

ゼロ「だとすればどうする?」

スザク『我々は同志を取り戻すために戦う』

ゼロ「いいだろう。私は逃げも隠れもしない!!!」バッ

スザク『モニカは必ず!!!取り戻す!!!』
244 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 22:32:09.18 ID:h/23eiXT0 [37/51回(PC)]
衣裳部屋

C.C.「黒の騎士団のコスチュームは3種類ある」

モニカ「……」

C.C.「これは一般兵用。背中、腹が大きく露出しているのが特徴で、オーバーニーソックスを採用している。ショーツはビキニな」

モニカ「はい」

C.C.「こっちは特兵用。一般兵用の特徴に加えて下乳が出るのがポイントだ」

モニカ「……」

C.C.「最後が私の着ている奴だな。見ての通り尻がむき出しだ」プリンッ

モニカ「……っ」

C.C.「私のを着るか?」

モニカ「うっ……」

C.C.「どうする?」

モニカ「どれも一緒では……」

C.C.「違うな。皆が同じ服装ならその場所に痴女などいない。そうだろう?」

モニカ「……!」
251 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 22:37:56.53 ID:h/23eiXT0 [38/51回(PC)]
藤堂「ゼロ」

ゼロ「どうした?」

藤堂「突貫工事ではあるが、作ってみた」

ゼロ「……完成品は?!」

藤堂「神楽耶様!!」

神楽耶「はぁーい」ピープー

ゼロ「……」

神楽耶「ゼロさまぁ、どうですか?」ピープー

ゼロ「藤堂!!!!」

藤堂「……」

ゼロ「正しい。間違ってないぞ!!!」

藤堂「容易いことだ」

ゼロ「背中の露出といい。素足の艶やかさ……。十二分に神楽耶様の魅力を引き出している」

藤堂「まあ、神楽耶様なら和の衣であればなんでも似合うだろう。履物は下駄でもいいような気がしてきだが」

神楽耶「愛してくれますか?ゼロさま!」ピープー
262 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 22:42:57.61 ID:h/23eiXT0 [39/51回(PC)]
C.C.「どうやら、神楽耶もニューコスになれたらしいな」

ゼロ「ああ。そちらは?」

C.C.「出て来い」

モニカ「……」

ゼロ「モニカ……お前……」

C.C.「どうせなら私のコスを着ると言ってくれた」

藤堂「む……いいお尻だ」

ゼロ「どれどれ?……なるほど」

モニカ「これで……いいですか?」

ゼロ「合格だ。よし、では一列に並べ」

カレン「はい」

C.C.「ん」

千葉「はい」

モニカ「はっ!」

神楽耶「はぁい」
275 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 22:49:00.31 ID:h/23eiXT0 [40/51回(PC)]
ゼロ「ブリタニア軍の諸君。見えているだろうか、我々の勇姿が!!」

スザク『な……!!モニカ!?どういうことだ!?その服は……!?』

モニカ「ごめんなさい。枢木スザク。私はもうあんな服を着たくないの!!」

スザク『なに……!?』

モニカ「痴女で死ぬことを強要されたくない!!だから、私はブリタニアを捨てた!!」

スザク『モニカ!!君は間違っている!!服が嫌なら内部から変えればいいじゃないか!!』

モニカ「それは皇帝陛下を討たない限り、実現しないこと!!ブリタニアに居ては不可能なこと!!!」

スザク『モニカ……』

モニカ「私の決意を見せます」クルッ

スザク『なっ……!?』

ジノ『お尻が開いてるぞ……!!』

アーニャ『記録』パシャ

モニカ「私は戦う。貴方達と」

ゼロ「という訳だ。ここに捕虜などいないのだよ!!ふふふはははははは!!!!!」

スザク『なんてことだ……!!』
287 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 22:55:54.56 ID:h/23eiXT0 [41/51回(PC)]
ゼロ「我々の戦闘装束をその眼に焼き付けろ!!!アーニャ!!!」

アーニャ『私?』

ゼロ「そうだ!!自身がどれだけ卑猥な衣装を着ているのか自覚しろ!!!」

アーニャ『……』

スザク『アーニャ!!惑わされるな!!!』

カレン「あんたもかなり恥ずかしいよ?」

アーニャ『……!』

C.C.「お前のような年頃の女が着ていい服ではないな」

千葉「スケベだぞ」

神楽耶「私のような服にすべきですわ」

アーニャ『そうなの?』

ジノ『やめろ!!』

スザク『ゼロ!!アーニャまで洗脳する気か?!』

ゼロ「違うな。間違っているぞ。私はただアーニャという少女にそのコスチュームが如何に恥ずかしいものか自覚してもらいたいだけなのだよ」

アーニャ『この服……恥ずかしい……?』
299 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 23:02:22.87 ID:h/23eiXT0 [42/51回(PC)]
モニカ「アーニャ。あなたは知らない間に見世物にされていたのです」

アーニャ『誰の?』

モニカ「皇帝陛下の。そして男たちの慰めモノとして」

アーニャ『キモイ』

モニカ「でしょ?」

スザク『やめろ!!今すぐやめなければ攻撃を開始する!!』

ゼロ「いいだろう。私に挑み倒してみよ」

スザク『くそ!!ゼロ!!今度こそ必ず捕まえてみせる!!そして素顔を晒してもらうぞ!!』

ゼロ「ふはははははは」

モニカ「アーニャ」

アーニャ『……』

ゼロ「アーニャよ。お前はずっと恥部を晒して出歩いていたようなものだ。学校等でおかしな反応をされたことはないか?」

アーニャ『……ある』

ゼロ「だろ?何も分からないお前にそのような服を着せた皇帝に忠誠を誓えるのか?」

アーニャ『……』
303 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 23:07:46.71 ID:h/23eiXT0 [43/51回(PC)]
オペレーター「ブリタニア基地からナイトメアが!!」

ゼロ「よし。カレン!!」

カレン『はい!』

ゼロ「カレンの姿をオープンチャンネルで見せつけろ!!!」

スザク『何の真似だ!!!』

ジノ『うわ……アップで見ると……』

スザク『ジノ!!余所見をするな!!』

千葉『もらったぞ!!!』ザンッ

ジノ『なに?!ナイトオブスリーがやられただと!?』

スザク『この!!!』

C.C.『危ないな』

ゼロ「……」

カレン『ゼロ!!スザクは私の裸を見ても動揺しなかった相手です!!』

ゼロ「なるほどな……。では、第二射だ!!」

オペレーター「はい!C.C.のコックピット内をオープンチャンネルで流します!!」
325 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 23:14:46.65 ID:h/23eiXT0 [44/51回(PC)]
C.C.『こら!尻が丸見えになるだろ。やめろ』

ゼロ「もう遅い!!」

オペレーター「敵ナイトメア10機撃墜!!」

スザク『この程度で!!―――ヴァリスを使う!!』

玉城『うわぁぁぁぁ!!!!』

オペレーター「先輩!!」

ゼロ「玉城などどうでもいい!!」

ゼロ(スザクめ……C.C.でもだめとは……。となれば千葉もモニカも……)

ゼロ「神楽耶様!!」

神楽耶「はい?」

ゼロ「神楽耶様の姿をオープンチャンネルで流せ!!」

オペレーター「はい!!」

神楽耶「どうですか、みなさん。私の姿は?」チラッ

オペレータ「扇さんと藤堂さんが撃沈!!!」

ゼロ「枢木スザクは?!」
339 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 23:21:54.77 ID:h/23eiXT0 [45/51回(PC)]
カレン『スザァァク!!!』

スザク『この!!』

ゼロ「動きは鈍っているか……!!C.C.!!挟撃だ!!」

C.C.『分かっている!!』

ゼロ「神楽耶様。もう一度です」

神楽耶「わかりましたわ。―――見てください」チラッ

スザク『僕の煩悩よ!!吹き飛べ!!!』

カレン『くっ!!こいつぅ!!!』

C.C.『やるな……!!』

ゼロ「スザク!!卑しい奴!!!」

神楽耶「しぶといですわねぇ」

オペレーター「ゼロ!!ブリタニア軍からオープンチャンネルで通信が」

ゼロ「なんだと?!」

アーニャ『一発芸。股開き』

ゼロ「……!!!」
349 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 23:27:35.71 ID:h/23eiXT0 [46/51回(PC)]
スザク『アーニャ……裏切ったのか……!?』

カレン『つかまえたぁ!!!』

スザク『どうして!!!アーニャ!!!』

アーニャ『今ので動きを止めた男……全員、キモイ』

スザク『そんな!!だって、あんなことされたら誰だって魅入る!!』

アーニャ『それって、私のことエッチな目で見てるってこと。キモイ』

スザク『違う!!アーニャ!!僕はぁぁ!!!』

カレン『弾けろぉぉぉ!!!!!』

ドォォォォォン!!!!!

ゼロ「……アーニャ」

アーニャ『ゼロは動揺した?』

ゼロ「いや、全く。君の言うとおり、今ので動揺するようなやつは総じて女の敵だろう」

アーニャ『……そっちに行ってもいい?』

ゼロ「ああ。こい」

アーニャ『じゃあ、いく』
357 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 23:34:56.01 ID:h/23eiXT0 [47/51回(PC)]
モニカ「アーニャ……」

アーニャ「……」

ゼロ「良く来たな。歓迎しよう」

アーニャ「こんな服、着たくない」

ゼロ「そうだな。よし……衣裳部屋に行くか」

アーニャ「うん」

ゼロ「モニカ、頼めるか?」

モニカ「わかりました」

アーニャ「これで恥ずかしい思いしなくていい?」

モニカ「ええ」

アーニャ「……よかった」

モニカ「ふふ……」

藤堂「ゼロ」

ゼロ「藤堂……お前のおかげだ」

藤堂「礼を言われるようなことはしていない」
369 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 23:42:32.12 ID:h/23eiXT0 [48/51回(PC)]
ゼロの自室

ゼロ「ナイト・オブ・ラウンズが一気に二人も……。これは素晴らしい戦力強化だ」

C.C.「よかったな」

モニカ「失礼します」

ゼロ「どうし……おぉ」

モニカ「アーニャの衣装が決まりました。私と同じものです」

アーニャ「……どう?」

ゼロ「正しい。間違っていないぞ。アーニャ」

アーニャ「そう?」

C.C.「殆ど胸が無いから危険な下乳だな。もはや乳頭がギリギリ見えないレベルだぞ」

ゼロ「サイズはアーニャに合わせてある。ないも問題はない」

アーニャ「うしろは?」クルッ

ゼロ「……問題ない。いい割れ目だ」

アーニャ「……自分を記録」パシャ

ゼロ「よし!!では全員、甲板に並べ!!!世界に向けて黒の騎士団の決意表明を流す!!!」
378 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 23:48:28.80 ID:h/23eiXT0 [49/51回(PC)]
総督府 会議室

スザク「総督……申し訳ありません」

ナナリー「いえ……アーニャさんはどうして黒の騎士団に?」

スザク「それは……いえません……」

ナナリー「そうですか……」

スザク(アーニャ……モニカ……必ず僕の手で……君たちを救い出す……)

ジノ「スザク!!大変だ!!」

スザク「どうした?」

ジノ「黒の騎士団が世界に向けて何かを発表するようだ」

ナナリー「スザクさん、モニターを」

スザク「はい」

ジノ「一体……なにを……」

スザク「つけます」

ナナリー「はい」

ゼロ『世界中の皆さん!!私はゼロ!!!』
387 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 23:54:12.88 ID:h/23eiXT0 [50/51回(PC)]
アーニャ『……』

ゼロ『我々は帰ってきた!!!世界を変える為に!!』

スザク「アーニャ!!!アーニャまであんな格好に!!!」

C.C.『とうっ』プリンッ

カレン『……』

ジノ「紅月カレン……まだ、あんな格好で……」

千葉『……』

モニカ『……』

ゼロ『この者たちをみよ!!!服装からでも並々ならぬ覚悟が見て取れるだろう!!!』

ナナリー「服装……?」

神楽耶『はぁーい』チラッ

スザク「うぐっ?!」

ジノ「くっ……なんて卑怯な手を……!!!」

ゼロ『力ある者は我を恐れよ!!力なき者は我を求めよ!!!』

ゼロ『我々は黒の騎士団!!』バッ!!!
392 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/08/08(水) 23:59:12.45 ID:h/23eiXT0 [51/51回(PC)]
スザク「ゼロめ……なんという男だ……」

ジノ「手ごわいな……」

ナナリー「あの。服装ってどんな?」

スザク「露出が激しい服を団員に着せて注目を集めているのです」

ナナリー「なんで……」

ジノ「それはわかりませんが、服装を理由に既に二人も抜けてしまった」

ナナリー「え?」

スザク「ジノ!」

ジノ「しかし!!いつまでも隠しておくわけには!!」

ナナリー「……ゼロは服装で相手の心を惑わせているのですね?」

スザク「え……まぁ……」

ナナリー「なら、私に考えがあります」

スザク「どうするのですか?」

ナナリー「死刑囚が着る服がありますね。それを私に着せてください。無論、下着は一切着用しません」

スザク「ナナリー……!!」

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク