ログ速トップ
17 : 七つの海の名無しさん[] 投稿日:2013/08/23(金) 23:57:50.18 ID:7vFrbbNn [2/2回]
Pentagon downplays prospects of cancelling F-35, bomber
http://www.reuters.com/article/2013/08/02/usa-defense-weapons-idUSL1N0G300W20130802

どこの国の軍隊だか、未だにわからない航空自衛隊の次期主力戦闘機ということになっている
米「ロッキード・マーチン社」の「屑鉄機F-35」は、またもや、アメリカで問題になっている…(笑)

開発費が上昇し過ぎて、超高額になっているだけでなく、重量の問題で運動性能が劣り、ステルス能力さえも、
疑問だらけだという。

そうした性能面での問題もコスト押し上げの要因で、キャンセルの可能性も言われているほどだ。
重量を軽くするため、既に燃料安全弁のいくつかは取り外されたようで、そのために、⚡雷様の近くを飛行
できなくなったらしい。⚡雷様で燃料タンクが爆発する可能性があるためだという。
戦争末期における「零式艦上戦闘機(ゼロ戦)」を彷彿とさせるような屑鉄機という感想しか無い。

アメリカで問題になっているなら、当然、他国では言わ無くても解かるのが道理。
ただし、ユダヤ・アメリカ様には常に、例外なのは日本だ。
その基地害ジャポンが、逃げ出さないようにということなのか、ワシントンは、エンジンやレーダー部品を
日本で製造することを認めたという。

「日本企業」の部品を使うと、製造コストが上昇し、戦闘機の購入価格は1.5倍以上になるというのだが、
日本の財閥企業を儲けさせれば、日本の政治家や官僚は、企業からの“資金還流”を期待し、国民の税金は、
痛くも痒くもないため、奴らは喜んで税金を投入する、と、ユダヤ連中からは見透かされている。

ちなみに、この提案で潤うと予想される日本企業は「IHI」、「三菱電機」、「三菱重工業」など。
日本国民のほとんどは、完全に舐められている。

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース国際+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク