ログ速トップ
750 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/08/09(金) ??:??:?? ID:TcuUwrp20 [1/1回(PC)]
熱帯では飲酒は義務である。
熱帯の夜は、夜の持つ究極の武器、つまり不眠の攻撃を受けることになる。
不眠症はいつでも人を消耗させるが、熱帯では致命的である。

太陽と満たされぬ渇きとに1日中痛めつけられ、虐待され、衰弱させられてきた人間は眠らねばならない。
彼は眠らねばならない。それなのに、眠れない!
湿って粘ついた空気が部屋を満たす。息苦しすぎる。蚊が次々と刺し、猿たちは叫ぶ。
身体は汗でべとつき、触るのも汚らわしい。時は止まる。眠りは訪れない。
朝6時、1年を通じて決して変わらず、いつも同じ朝の6時に陽がのぼる。
その光線は死の蒸し風呂の機密性をさらに高める。起きなければならない。だが力が出ない。
精根尽き果て、力無く、たるみきったような感じ。言い表しがたい切望、郷愁、陰鬱なペシミズムに苦しめられる。
一日が過ぎるのを、一晩が過ぎるのを、そのすべてが畜生め、ようやく過ぎるのを待つのだ。
だから、酒を飲む。夜に抗うため、憂鬱に抗うため、自分の運命のバケツのなかに浮かぶ汚物に抗うために。
それだけが自分にできる唯一の闘争なのだ。
 リシャルト・カプシチンスキ『サッカー戦争』より

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク