ログ速トップ
36名無しさん@Before→After[sage] 投稿日:03/08/22 13:28 ID:cBycQ27d [1/3回]
レチノールは
全く効果無し、、といわれてるケドね~
保湿以外には。
トレチノイン酸でないと。
37 : 名無しさん@Before→After[] 投稿日:03/08/22 13:54 ID:J6pqMHl4 [2/3回]
>>36
日本で発売許可されてるレチノインものはほとんどが0.01%以下しか入っていないから効果は期待できないけど
海外ものだとレチノール高濃度の薬品がセンシティブスキン用にどんどん開発されてるよ
大体レチノール0.6%ならトレチノイン0.1%と同等の痛んだ肌修復能力があると研究済み。
以下の記事はビタミンA由来成分薬について詳しい比較が載っているので読んでみてごらん。

http://www.dermadoctor.com/pages/newsletter63.asp?WID=%7BB9AEE81F%2D9311%2D11D7%2D9186%2D0002B330452B%7D
38名無しさん@Before→After[sage] 投稿日:03/08/22 14:04 ID:cBycQ27d [2/3回]
件の東大の教授のサイトの説明では
>注)現在、多くの化粧品会社からシワに効果があるとしてレチノールや
レチニールエステル配合のクリームが1-2万円程度で市販されておりますが、
レチノールやレチニールエステルは外用ではレチノイン酸の約100分の1の
生理作用しかないため、実際には臨床効果がなく、単なる保湿クリームという
位置付けになります。

ってなってるケド
だから
トレチ0.1%と同等の効果を期待するなら10%のレチノ~ルが必要
じゃ、無いの?
39 : 名無しさん@Before→After[sage] 投稿日:03/08/22 14:22 ID:J6pqMHl4 [3/3回]
>>38
東大の先生がどの記述から結論づけたかは定かではないけど
retinyl palmitate等だと純粋なレチノールとは別物でその肌効果は遥かに劣るらしい。

Another form of retinol is retinyl palmitate.
Retinyl palmitate is a more stable version of retinol, however,
because the skin has to further break down retinyl palmitate,
much higher concentrations are required to provide the similar benefits.
When choosing between the two, it is better to go with the formula containing retinol
rather than retinyl palmitate.

http://skincarerx.com/retinolrx.html

40 : 名無しさん@Before→After[sage] 投稿日:03/08/22 20:38 ID:cBycQ27d [3/3回]
いや~~ん
「純粋なレチノール」っていうものは、保湿のためのもの。
シミ、シワには効果無いっていうのは
過去何年も化粧板での常識でしたけど(まあ件の東大教授の説に基ずくもんでしょうが)

だから、たとえどんなに純度や濃度が高くても「「レチノール」という状態では
何万円ぶん使ってもシワやシミが改善されたりしないと思いますよ。
アルブチンなんかと同じで。

ロックやその他の化粧品のメーカーは
いまだにレチノールに効果があるように謳い続けてますが
そういうの少し詳しい人たちの間では、あまりもう相手にされてないと思います。

化粧板にた~~くさんのテレチノインの過去スレがあるので
そちらを参照してみてくださいませ。

「保湿剤」としてはいいかもしれません>レチノール

終了したスレッドです

美容整形板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク