ログ速トップ
147 : 名無しさん@Before→After[] 投稿日:03/12/25 00:28 ID:VS20xXZb [1/1回]
4.レチノイドによる耐性の獲得
 皮膚にレチノイドの外用を続けると当初見られた落屑、紅斑を伴う皮膚炎は段々なくなっていく。レチノイド外用剤の濃度をいくら上げても同じことが起こる。これをレチノイドの耐性の獲得という。
これはレチノイドの内服治療においても同様のことが見られる。副作用がなくなって使いやすくなったようにみえるが、実際にはレチノイド特有のシグナル伝達自体が抑えられている。耐性獲得の原理は明らかとされていないが、
1つの理由にレチノイドによって直接upregulateされるCRABPII(cellular retinoic acid binding protein II)が細胞質内で遊離のトレチノインを捕捉し核内への移行を妨げていることがレチノイドシグナルに共通する
negative feedback機構として働いている可能性が挙げられる。


終了したスレッドです

美容整形板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク