ログ速トップ
145 : 名無しさん@Before→After[] 投稿日:2008/09/13(土) 22:13:13 ID:M0eQSVeq [1/1回]
顎顔面の変形・顎の位置異常による不正咬合の根本的修正には、アゴの骨切り手術+術前後の矯正歯科治療が行われなければなりません。
手術を安全に施行するためには、医師の資格と、外科・麻酔科などの医科トレーニングを積む事と、
咬合を正して、顎関節と咬合との正しい関係を創り、上下骨の3次元的位置を、顔面頭蓋に整位させる手術手技・・・これは主として、
歯科的知識と歯科的手技に拠る部分が大きいので、歯科医師の資格と、歯科臨床トレーニングを修める事が必要となります。
要するに、医科と歯科の境界領域ですから、医師+歯科医師の両免許のダブルドクターが手術すべきなのです。
この領域の先進国の西欧・アメリカ合衆国では、ダブルドクターがこの領域の手術を行っています。翻って、日本の現状は、医師免許だけの
形成美容外科医師か、歯科医師免許だけの口腔外科歯科医師が、この領域の手術を別々に、ほとんど交流無く 行っているという、現実なのです。
どのような姿が、理想的なのかは、手術結果の優劣、術後患者の満足度、術後合併症の発生頻度 が累積されて、自ずと、世間の評価が下される
事になると予想されます。ただ、今日の日本国でも、先覚者のダブルドクターが顎顔面変形症の特化専門治療クリニックを開業して、日本全国
から、多くの患者さんを集めて、大学病院を遥かに超える顔面顎矯正手術を行っているのです。

終了したスレッドです

美容整形板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク