ログ速トップ
648 : 名無しさんの次レスにご期待下さい[sage] 投稿日:2013/08/17(土) 01:23:31.29 ID:Uao25Wsd0 [2/2回(PC)]
>>647つづき

秋大会の決勝の相手は市大三だろう。

というのは、次の夏の大会はどうしたって、青道対稲実、青道対薬師がメインになる。
もし決勝が市大三でなく薬師だったら、仮に次の夏大会で青道対市大三の対戦があっても、その夏が初対戦で、あきらかに対稲実、対薬師よりは試合としての格が落ちる。
そうなると、市大三は、この間の夏大会、今の秋大会、次の夏の大会と3大会連続で捨てキャラになり、それでは何のために存在しているのか全く意味不明になる。

そうならないようにするには、秋大会では市大三が準決勝で薬師を破り、決勝で青道を破り、優勝して春の甲子園に出場させて、ここで花を持たせておく必要がある。

そうすれば次の夏の大会で、秋の決勝で市大三に負けた青道が、夏にリベンジするということで、夏の青道対市大三も、青道対稲実、青道対薬師並みに意味を持ってくる。
いずれにしても、この秋で市大三を青道を対戦させておかないと、市大三の存在価値が問われる。

それと、市大三の3年の真中、大前が夏の大会で不完全燃焼だったというストーリー上の伏線も、秋大会で後輩が優勝して甲子園出場を決めることで、「これで俺たちも次に行けるな」というように美しく回収できる。

ということで、

・青道は秋大会準優勝 →選抜されず春の甲子園には行けず
・優勝は市大三 →甲子園出場
・薬師は準決勝で市大三

でストーリーは決まり。
理屈からすると、このストーリー以外にはない。

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク