ログ速トップ
1 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/04(月) 16:16:27.05 ID:I0tJaLjk0.net [1/2回]
!extend:checked:vvvvvv:1000:512
!extend:checked:vvvvvv:1000:512
旧日本軍の火砲全般を語りましょう。

● 火 砲 と 無 関 係 な 雑 談 ( 政 治 話 な ど ) や 脱 線 は ご 遠 慮 下 さ い 。
>>950 に 達 し た ら 次 ス レ が 立 つ ま で の 間 は レ ス を 控 え ま し ょ う 。

【重要】
荒らしの相手をする者も荒らしです。
スルーを心掛けましょう。

過去スレは>>2

■前スレ
【加農・榴弾・高射・速射】旧日本軍の火砲を語る30
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1536272600/

■関連スレ
【6.5mm】日本軍歩兵火器総合 5挺目【7.7mm】
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1518851180/
要塞・重火砲について語るスレⅡ
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1331303784/ VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured
2 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/04(月) 16:17:26.00 ID:I0tJaLjk0.net [2/2回]
■過去スレ
30:https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1536272600/
29:https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1521181588/
28:https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1494250599/
27:http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1470786705/
26:http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1463717684/
25:http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1454331528/
24:http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1450658621/
23:http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1445437103/
22:http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1434042179/
21:http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1418735630/
20:http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1406686543/
19:http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1399909464/
18:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1381077507/
17:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1375921572/
16:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1365286582/
15:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1358863317/
14:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1347192407/
13:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1345129474/
12:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1341559625/
11:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1336860216/
10:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1333882786/
09:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1332118737/
08:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1330866307/
07:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1329316363/
06:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1327600767/
05:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1325594528/
04:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1323784862/
03:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1319479883/
02:http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1319478207/
01:http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1314807489/
3 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/04(月) 19:36:43.62 ID:l/D+SkBv0.net [1/1回]
1乙
4 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/04(月) 19:39:09.96 ID:JcRr0k93M.net [1/1回]
立て乙
5 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/05(火) 22:34:14.04 ID:tUwyAiZB0.net [1/1回]
帝国陸軍が昭和20年以降も存在していたらソ連のD-44にどう対処してたのか気になってしまう
十加や機動十五糎榴弾砲に任せるのか下記に無い新型砲を別途開発するのか

10,700m 九五式野砲
10,800m 九一式十糎榴弾砲
12,000m 九六式十五糎榴弾砲
13,000m 自走式十糎榴弾砲
14,000m 九〇式野砲
14,000m F-22
15,000m 機動十五糎榴弾砲
15,650m D-44
18,200m 九二式十糎加農
20,000m 機動十糎加農
6天むすカニ [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 01:21:48.04 ID:zin2XaEEa.net [1/1回]
ドイツのように、88ミリ高射砲を自走にして、タンクキラーにする発想がないんだなあ。
7 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 01:39:45.95 ID:p88UBf620.net [1/1回]
キルすべきタンクがいない(いなかった)からな
8名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 07:50:34.22 ID:QeW6C57Zd.net [1/1回]
和製88mm高射砲の九九式八高も
主力高射砲の八八式七高も対戦車戦闘どころか直射向けじゃないからね

発想があろうとなかろうと緊急でもなけりゃやらない。

ドイツの88mmによる対戦車戦闘にしても
構造上可能だったとはいえ苦肉の策だからね
9名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 09:55:58.83 ID:N565GQU10.net [1/5回]
ドイツはアハトアハトの地上戦闘投入にあたって、すでにスペイン内乱で徹甲弾
使用してるし、照準器やら周辺機器を整備してる
背が高いので陣地構築で掘り下げなければならない、重いなんてハンディは本来
高射砲なもんで仕方ない部分
360度旋回と仰角垂直までできる汎用性ゆえ十加以上の活躍して、それを傍流へ押しやった

前スレで10cm sK18が終戦まで製造してたのを根拠に口径12cmカノンに否定的な論陣
頑なに張ってた人がいたけど、十二加を製造配備できるなら、それがはるかにいいんだ
ソ連の122mm A19の射程、威力のバランスよさにドイツ軍は着目して海軍砲ですでにあった
128mm口径カノン採用するわけだしね
10.5cmはあまりにも普及してた8.8cm高射砲と射程と威力が近似してた事情がある
10 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 10:05:40.83 ID:N565GQU10.net [2/5回]
高速で飛翔する航空機を撃つために開発された砲だから、機動する戦車を仕留めるなんて
造作もないわけ
速射性も射撃精度も撃つだけならね
本家の対戦車砲よりよほど高級精緻な照準器を備えてるし
野戦カノンは発射速度で動目標への追従度で8.8cm高射砲にとうてい及ばない
11名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 10:26:07.00 ID:N565GQU10.net [3/5回]
>>8
でもないわけで
ドイツ軍は8.8cmFLAKの野戦直射研究、実践装備改良に抜かりがない
アラスで空軍の装備引っ張ってマチルダ対戦は慣れてなかったが、なんとか撃退
でなきゃ、北アフリカの従軍牧師バッハ予備役大尉の活躍なんてないわけで
あれは個人や部隊の能力、才覚だけでは到底達成できなかった成果だよ
独ソ戦での対T34、KV戦闘でも
12 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 10:56:04.93 ID:PdCA+P600.net [1/2回]
>>6
88ミリを車載できる車両なんて
日本にあるのか?
牽引車両ですら碌な生産数作れんぞ

というのとインフラ無いじゃん
クレーンの陸揚げ能力不足でまず海外に出せない
日本の道路事情で通れる道がどんだけあるの?
13 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 10:57:54.42 ID:PdCA+P600.net [2/2回]
>>11
まずね、日本で同等の対空砲の生産数自体を調べようか
それとどれだけ国外に持ち出せたか
14 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 11:08:25.75 ID:N565GQU10.net [4/5回]
ああ面倒くさいなぁ
十一年式十二糎高角砲で2000門くらい造ってるね 海軍だけど
そりゃあ、FLAK36 8.8cm運用するのに8tハーフトラック製造配備なんて金輪際
無理なんだから野戦運用なんて日本では寝言だわ…
15 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 11:18:31.35 ID:N565GQU10.net [5/5回]
トーションバー・サスペンション試験中に牽引車が横転、技師が殉職したのが日本
だからな
大戦中は冶金技術にすぐれ、かつ先進設計の国でしか成功していない
スウェーデン、ドイツ、ソ連、アメリカ
16 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 12:27:14.66 ID:7LJAMhuM0.net [1/2回]
ローマ帝国から石畳馬車道整備されてた欧米との差
日本は海運が古来から発達してたんだが、奥地への陸運がさっぱり
遺伝的な特質やら文化が奥地に温存されてた
モータリゼーション浸透に当然差が出るあろう
DNA解析で縄文人、アイヌとの親和性近似値が指摘されてる
征夷大将軍やら中世までアイヌ文化が東北まで浸透してたんだ
自らクルマ好きで運転はしなかったが、メルセデスベンツやタトラの好きだったヒトラー、
若いころバイクに跨ってた写真がある伊達男ムッソリーニとか
当時の西欧でもそうとう先鋭的な感覚ではあるんだ
17 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 12:30:33.95 ID:7LJAMhuM0.net [2/2回]
ムッソリーニは飛行機の操縦もできてミュンヘン会談だかでパイロットと操縦を
交代してみせたとか記録にあるね
18 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 18:49:13.02 ID:9qFWZLqT0.net [1/1回]
海軍の12高は陸軍にも提供されてるし
原型砲はボーア戦争から陸用砲架用意して12センチカノンとして陸戦で使ってて
日本でも日露戦争やWW1の青島で重砲の一翼を担ってるんだけど
機動的運用になるとねえという

88式野高だってトラックじゃ安心して引けないから専用の牽引車にしてたりな
(94式6輪トラックベースだけど、悪路ではハーフトラックになるように準備されてる)
野戦高射砲に要求される機械化牽引能力って高速性もあるから
乱暴に言えば戦車みたいな車両が必要なんだよね。なおアメリカ軍は軽戦車の車体をそのまま使ったw
19名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 20:01:34.81 ID:Cd80xo520.net [1/2回]
若いときの永野が海軍重砲隊で日露戦役旅順で12cm加農ぶっぱなしたはず
20 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 21:08:53.51 ID:Cd80xo520.net [2/2回]
ハチハチFLAK18/36/37の戦訓では敵戦車撃破可能距離であっても無闇に遠方から
発砲するな、とかある
全周砲撃可能でも、退避し後方に回り込まれて牽引車や段列破壊されりゃ万事休すだからだろう
台車上でも撃てるけど、なにしろ重いからすぐに逃げられない
ノモンハンで牽引車で移動中でも、BT戦車に襲われて八九式十五加が部隊装備まるごと
鹵獲されてしまったケースもある
21 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 23:04:28.60 ID:RxGdcaCA0.net [1/2回]
路外踏破性あって速度の出る戦車は弱装甲でも場面によちゃあ有用なわけだね
おなじクリスティ戦車ベースのクルセイダーなんて機械的信頼性ないから糞だったけど
性能的には一長一短あるけど、短砲身5cmⅢ号戦車と同クラス
戦術と搭乗員練度で大差つけられた
22 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/17(日) 23:07:48.39 ID:RxGdcaCA0.net [2/2回]
あとドイツ戦車はキューポラひとつとっても自明だが、視察装備の充実と
無線機の全車装備が戦力発揮で大きい部分
23 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 00:18:58.01 ID:NDbSGFgd0.net [1/5回]
バルバロッサ作戦発起時はスターリンが軍クーデターを畏れ補給廠に砲弾がおおく備蓄
されてなかった。それでKV重戦車が数発積んで蹂躙攻撃に賭けるしかなかったとか
88mmでも9発命中させて貫通が2発の記録がある
戦前ソ連の装甲板は材質に優れていたから、のちの戦時では劣化して厚さに頼るしかなくなる
それで88mm高射砲がKVに蹂躙されたケースを富岡吉勝さんが大昔に書いてた
24 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 00:29:14.30 ID:vqSfQJfw0.net [1/1回]
相対的にせまいヨーロッパ正面で殴り合った超技術大国ドイツ様も勝てなかったのに、全満州の防衛なんて無理ゲーってとこに落ち着くね
25 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 00:33:03.84 ID:NDbSGFgd0.net [2/5回]
立風書房ジャガーブックス「ドイツ機甲軍団」で3.7cm対戦車砲でKVに対峙してる
画が中西立太さんのであるんだけどさ…ま~恐怖以外の何物でもないね
当時、怪物戦車の名をほしいままにした存在だったから
26名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 00:43:09.85 ID:uT9g2lS20.net [1/3回]
戦車の話したいなら戦車のスレ池
27名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 00:45:47.10 ID:NDbSGFgd0.net [3/5回]
T34なら撃破の数%が2cm高射機関砲なんだけど
連射と高初速で当たりどころヒットすれば殺れたんだろうな
28 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 00:50:42.04 ID:NDbSGFgd0.net [4/5回]
>>26
本官は戦車に絡めた火砲の話をしておるが、何か?
29 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 00:52:08.77 ID:LpJDBD7a0.net [1/1回]
連投の多いスレでつね
30名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 00:58:07.40 ID:NDbSGFgd0.net [5/5回]
だからサイパン戦訓で役立たずの短二十糎砲を海岸砲で据えるより、海軍25mm機銃
のほうがはるかに有効ってのは当然であってね
徹甲弾でM4の車体側面なら垂直で抜けそうだ
31 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 01:15:00.27 ID:Xtb7zAv00.net [1/2回]
まあ実戦じゃ至近のケツしか抜けないと思っていいだろう
抜けない正面でも何発か食らうと後退したらしいが
32 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 02:05:27.98 ID:uT9g2lS20.net [2/3回]
25mm機銃て単装でも785kgもあって背も高くて目立つし、当然だが移動機能もないんよ
ttp://www.navweaps.com/Weapons/WNJAP_25mm-60_mg_Guam_pic.jpg

対地対戦車戦闘だけ考えるなら
車輪付いて背が低くて遥かに軽くて貫徹力も上回る37mm速射砲を配備したほうが有用だよね
33 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 02:41:21.65 ID:Xtb7zAv00.net [2/2回]
車輪ついてて背が低い単装八型があるぞ、重量は知らんが
まあいざとなればあるものでなんとかするしかないしあるものは全部据えるから、どっちがいいとかないけど
34 : 天むすカニ [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 05:48:40.63 ID:4YEvCNvja.net [1/3回]
>>19
次の砲弾充填に時間がかかる
日本の軍隊
35 : 天むすカニ [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 05:52:34.53 ID:4YEvCNvja.net [2/3回]
>>27
高射砲の速度が速いことが
装甲撃破に大活躍
36 : 天むすカニ [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 05:54:57.39 ID:4YEvCNvja.net [3/3回]
>>30
でも、海岸のアメリカ軍橋頭堡には、やはり砲だったんよなあ
37名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 20:31:21.32 ID:ahTx3crJ0.net [1/1回]
溶接結合部分の多い初期のM4正面なら構造的に弱いし、機銃口狙いで25mm機銃連射で
やれるかも
3.7cmPAK36 でKV、T34至近距離で狙うのは正面なら車体機銃口、バイザーブロック(KVのみ)
砲塔リングだったな
38名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/18(月) 23:00:26.23 ID:uT9g2lS20.net [3/3回]
Pzgr40みたいな高性能徹甲弾があるならともかく
本邦25mm機銃の徹甲弾は炸薬・発光剤が合わせて弾重の10%もある弱い弾なのよ
そりゃ飛行機の防弾板相手なら楽勝だろうけど戦車抜けるのかねえ
39 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/19(火) 19:42:03.33 ID:WT8pdU7m0.net [1/1回]
>>38
銃口初速が900m/s程度はあるみたいなんで、なんちゃってでも徹甲弾さえあればまあ期待はできそう
実際に運用するなら、300m以内で一弾倉全部撃ち込むような運用になるだろうし
通常弾でも全弾集中して一箇所に当たればなんとかなるんでねえかなあ
それより、随伴歩兵ビビらせて歩兵に肉薄攻撃させたほうが効果ありそうではあるが…
40 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/03/19(火) 20:13:30.36 ID:eu5JTb+a0.net [1/1回]
小川伍長ッ、挺身を命ず!戦車まえへッ
心配するな。貴様のあとに続くから…
41 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/19(火) 20:41:11.17 ID:SsFKdiLH0.net [1/2回]
貫徹性能に不安なら弱点ピンポイント連打だな
撃つべし撃つべし‼
苛烈な争奪戦連続だったストンヌではチェコ製4.7cm搭載Ⅰ号自走砲で性能的に?だが、
見事シャールB1をなんとかいう曹長が数両撃破してる
42名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/19(火) 20:59:24.59 ID:SsFKdiLH0.net [2/2回]
>>37
車体前面機銃部をドイツ軍がやたら狙うのでT34は1942年戦時省力型から小防盾つけた
機銃操作が重くなるだけで改悪だとは思う
パンターみたく球形にビルトインにしないと
ちんけな防盾つけたところで相変わらず3.7cmにも吹っ飛ばされる脆い箇所
43 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/20(水) 00:54:11.57 ID:wZxQXFwZ0.net [1/1回]
輜重兵の主力は
三九式輜重車
少なくとも砲弾の輸送はコレが主力
44 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/20(水) 19:42:34.22 ID:V034GN2F0.net [1/2回]
12.7mmブローニング四連装がミート・チョッパーといわれたぐらいで
ソ連軍お家芸の人海戦術突撃も2cm FLAK38四連装どころでなく、単装射撃でたちどころに
退避後退したそう
血の霧が舞い、脳味噌、臓物、手足が撒き散らせられるわけだからな…
45 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/03/20(水) 20:01:29.32 ID:V034GN2F0.net [2/2回]
>>42
機銃マウントごと前面装甲板から、すっぽり脱落してる写真があるし
なまじ傾斜装甲なだけに出ぱってる部分に直撃以外でも跳弾ダメージがくるんだろうな
46 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/20(水) 20:58:56.98 ID:kBrmMdDY0.net [1/2回]
ボフォース40mm機関砲があれば重戦車以外でけして侮れない威力なんだが
弱小国ポーランド、デンマークでさえ量産できるものをなんで世界五位くらいに楽勝で入る
陸軍国海軍国である日本がまともに造れんのか…謎だ
47 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/20(水) 21:12:02.67 ID:kBrmMdDY0.net [2/2回]
ドイツでさえ5cmの機関砲は不本意な出来で比較的大口径自動火器の製造難易度が高いくらいはわかる
しかし、ボフォースは成功作ですでに設計雛形があったのにねぇ
48 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/20(水) 21:51:12.18 ID:Ioon92Cf0.net [1/1回]
ライセンス生産とデッドコピーを一緒にしたらいかん
49 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/21(木) 03:50:58.99 ID:p68ssWaf0.net [1/1回]
陸戦兵器の全貌によると
陸軍の中口径高射機関砲はラインメタルのライセンス国産化で一式37mm高射機関砲をやってたんだけど
これが製造にあたって精度がでなくて(異なる工廠の部品だと合わない)ウダウダしてたらしい

37mmを諦めて海軍でやってるボ式40mm製造に変更が決まるのが終戦一年前
共通化も名目だったから図面や基礎試験等は海軍のが揃うまで待ってたのかもしれんなとか思った。

海軍では先行してたから何十門かは作れてるけど、陸軍では生産準備段階で終わってしまったと
入手して2~3年でコピーだから一応生産品が出てきてるだけマシな部類だろう
何しろ正規のライセンス品のラインメタルは製造問題で頓挫してるんだしな
50 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/21(木) 04:08:32.51 ID:y1tbDaWg0.net [1/1回]
Wikiだと鹵獲したボ式の性能がよかったんで1式37mm高射はやめたとなってるな
まあ参考元もろとも出典不明だが
他工廠の部品が組み付かないのはまあおかしなことじゃないなぁ、そもそも各銃の互換性がごにょごにょ
51名無し三等兵 [] 投稿日:2019/03/21(木) 13:21:24.10 ID:+l3cTlJd0.net [1/1回]
松本零士の戦場漫画シリーズで
密林に隠蔽された96式15榴弾砲から
時限信管の砲弾を飛行場から離陸する
米軍機に撃ってた描写があった

フリッピンあたり?
52 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/21(木) 21:21:08.66 ID:h+rgs0Ya0.net [1/2回]
ドイツが鹵獲したソ連軍M38 120mm迫撃砲をコピーして翌年すぐ制式化したのに
日本ときたら…
しかもソ連製オリジナルより優秀な照準器を備え、砲じたい加工精度がずっと上だから
射撃効果も本家よりはるかに優るつうね
53名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/21(木) 21:34:59.66 ID:h+rgs0Ya0.net [2/2回]
>>51
だろうね
確定のフィリピン「鉄の竜騎兵」で八九式十五加らしきのがぶっ放して、ロングトム
報復砲撃で砲兵もろとも地中に埋没 嗚呼、無念とかもあるよ
54 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/22(金) 19:28:10.55 ID:I/1PUqWV0.net [1/3回]
部品分解して採寸、オリジナル同等の製品造れないのはね
製造図面まで入手できたラインメタル航空機銃でもバネで同寸法で性能発揮できずやむなくひと回り大きく
なった
製造公差が甘くて済むガス圧利用ならコピーできても、シビアな反動利用の
自動火器開発だと、たちまち暗礁に乗り上げてしまう
冶金技術の大幅な遅れも
55 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/22(金) 19:47:36.65 ID:I/1PUqWV0.net [2/3回]
独仏領土割譲焦点になったアルザス・ロレーヌ地方の鉄鉱石とはいえ、けして良質なもん
でない
両国とも冶金技術に鎬削って世界最高の火砲製造競った
スウェーデン鋼入手できてるあいだはドイツ戦車は薄いなりに防護能力良好だったし、兵器
の重要部品素材や工具、徹甲弾に用いてた
それでスウェーデン鋼供給確保のためノルウェーの港湾確保目当てでフランス侵攻作戦まえに攻撃発起だよ
56 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/22(金) 20:06:47.33 ID:I/1PUqWV0.net [3/3回]
スウェーデンを介しクリスティに接触し戦車設計で招聘しようとしたドイツの史実とか、
むかしのグランドパワーで高田さんが書いてた
57 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/03/22(金) 21:21:10.92 ID:FpB0ep7L0.net [1/2回]
ボフォース40mmは日本機をいちばん撃墜した砲
鹵獲した山砲もまあまあ戦力に寄与した
しかし、同時期ボフォースの野砲、榴弾砲、カノンの出来はちっとも褒められたもんでない
クルップ、ラインメタル、ソ連砲、アメリカにまったく劣る水準
購買層がフィンランド、タイ、南米とかでわかるはずだけど
58 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/03/22(金) 21:25:58.66 ID:FpB0ep7L0.net [2/2回]
弱小国チェコのシュコダにすら大きく見劣りする
もっともシュコダはクルップ、ラインメタルと競争コンペされるほどの名門だけど
ブルムベアの15cm臼砲がシュコダ製
59 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/22(金) 22:00:36.94 ID:KWhqnYRq0.net [1/3回]
ノルマンディのサン・マルクス海軍砲台装備がチェコ21cm K38で駆逐艦を撃沈したな
60 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/22(金) 22:05:01.16 ID:KWhqnYRq0.net [2/3回]
すまん、飲んでるもんで…
海軍砲145mmをボアアップしたサン・シャモンのフランス製155mm戦果で他砲台だったかもしれん
61 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/22(金) 22:23:16.01 ID:KWhqnYRq0.net [3/3回]
つまりWW1で制式化されたフランス155mmカノンは三者ある
射程の順にシュナイダー、GPF、サン・シャモンと
鹵獲したドイツはGPFの六輪タイプをもっとも重用、北アフリカの写真が有名
旧式二輪砲架はおもに要塞砲
シュナイダーは東部戦線、サン・シャモンは射程は長いが運動性に問題あったみたいで
要塞砲専用みたいな使い分け
62 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/22(金) 22:59:20.66 ID:D+HoAPPf0.net [1/1回]
同じサイズと材料でも同じもんにならないってのがエンジニアリングの醍醐味なんよな
63名無し三等兵 [] 投稿日:2019/03/22(金) 23:08:00.12 ID:SM4oLkdr0.net [1/2回]
ロボットはチェコ発祥語源だし、SF映画のパイオニア「メトロポリス」はドイツ
「カリガリ博士」も
どうやら二十世紀前半中欧には紙一重の天才うみだす土壌があったんでは?
もろもろの業が土着に渦巻く横溝正史小説世界みたいに
ヒトラーもポルシェもボヘミア出だし
さしずめクルップの主任技師なんて天本英雄扮する死神博士みたいな風貌であったとか思う
64 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/03/22(金) 23:10:10.02 ID:SM4oLkdr0.net [2/2回]
>>63
それは熱処理とか鍛造技術の問題でかい?
65 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/22(金) 23:13:32.65 ID:Ts/i5dXzd.net [1/1回]
>>9
まだ懲りないのか
十加が廃盤になったという(誤認)のを根拠に否定的な論陣頑なに張ってたのが君でしょ
俺は大差ないって言ってる
たかだかその程度の差でそんなに違わないよ
66 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/22(金) 23:26:02.09 ID:FNrlA8Ns0.net [1/1回]
10加も12加も微妙だから11加にしようぜ
67 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/23(土) 12:45:56.57 ID:m7IuW6WW0.net [1/1回]
>>53
結局砲兵同士の打ち合いでは
アウトレンジされて一方的にやられていた感じなのかな

一発撃てば、音響観測やらで
倍返しくらいまくるから、重砲の戦果どんなもんだったんだろ
68 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/23(土) 14:05:40.41 ID:EIn2exNOd.net [1/1回]
鉄の竜騎兵はどう見ても明らかに九六式十五加だったろ
実際にレイテ戦に投入されたかはさておき
69 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/03/24(日) 03:02:38.17 ID:ZbAIfnd80.net [1/1回]
それはアニメのほう
70 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/24(日) 08:36:39.66 ID:GifHmpvI0.net [1/2回]
件の加農はマンガでは駐退複座シリンダーが砲身上にあってね
海軍の十年式十二高に転輪つけた感じ
零距離射撃88でも九九式八高が垂直鎖栓になっただけのFLAK36?だ
鉄の墓標でもそうだが、ビルマ英軍がM4A3E8装備してたり
当時は日本の火砲なんて資料や考証が限られていたから仕方ないよ
71 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/24(日) 09:47:54.18 ID:GifHmpvI0.net [2/2回]
四式戦車とイージエイトが交戦したら、どうみたって後者が有利だろうってのは
研究が進んだ現在ならではではある
72名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/24(日) 10:52:12.39 ID:RmbIcWDM0.net [1/1回]
戦時ニュース映像でフィリピンで鹵獲M1918 155mmにまざってM3軽戦車を標的に
した射撃訓練のがあるけど
米軍上陸時にも八九式はあったのだろうか?
装備重砲連隊の終戦時(壊滅時)の所在地判明を暫編一軍さんあたりにお願いしたいね
最南端ではラバウル近辺で八九式十五加が発砲してる戦時写真があるけど
73 : 暫編第一軍 [sage] 投稿日:2019/03/24(日) 19:26:38.10 ID:kTv6glF/0.net [1/1回]
>>72
 重砲兵連隊は殆どが本土、台湾、満州、朝鮮に配備されていてあまり外地には出ていないんですよね。
 独立重砲兵大隊なら幾つか終戦時に南方や支那に居たものがあります。

独立重砲兵第二大隊…八九式十五加8 第七方面軍(スマトラ)
独立重砲兵第三大隊…八九式十五加8 第八方面軍(ラバウル方面)
独立重砲兵第四大隊…七年式三十榴4? 第十四方面軍(ルソン)
独立重砲兵第六大隊…15加(恐らく八九式8) 第二十三軍(支那)
独立重砲兵第二十大隊…15加 第十四方面軍(ルソン)
74 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/24(日) 19:34:57.13 ID:eQiM6OLA0.net [1/4回]
期待に応えてくれありがとうございます。暫編第一軍さん。
深謝す。
75 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/24(日) 19:49:23.84 ID:eQiM6OLA0.net [2/4回]
立読みした「ラバウルの真実」では割と知られた戦車連隊のまるごと接収やら
いままで野戦重砲兵連隊装備の九二式十加の写真が不鮮明ながら確認できる
遅ればせながらジュンク堂あたりで確保せねばならん
終戦時まで日本陸海軍の10万最前線装備が温存されてた場所だから
76 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/24(日) 20:08:52.13 ID:eQiM6OLA0.net [3/4回]
終戦時、大陸で部隊装備まるごと武装解除なんて事態はそれこそ空前規模で
頻出したんだが、戦勝国の方がカメラなんて文明の利器ほとんど持ってないポツダム大尽なもので…
装備と技量はるかに劣る敵に降伏して「まったく、なんであいつらが戦勝国なんだ?」の憤りが日本兵にあった
77 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/24(日) 20:33:28.15 ID:eQiM6OLA0.net [4/4回]
米英カメラマンが同行したケースでなければ、蒋介石に投降した部隊は映像写真記録でほとんどない
78 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/26(火) 20:04:39.50 ID:wAnkvx890.net [1/3回]
松本零士が連載はじめたころは戦車マガジンもPANZERもなかった
1978年創刊だから
航空、艦船分野は比較的充実してたが
文林堂の陸海空ピクトリアルは当時あったっけ?
79 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/26(火) 20:08:33.96 ID:wAnkvx890.net [2/3回]
現在のグランドパワーが昔の戦車マガジンね!
何十年も前の再読に堪える内容の記事はたびたび復刻したりしてる
80 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/26(火) 20:11:57.22 ID:wAnkvx890.net [3/3回]
あーPANZERは1976年だったかな?当時の古本はほぼ持ってる
この十年は買う気がしないが
81 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/26(火) 21:43:19.16 ID:Ct5aaw3f0.net [1/1回]
両雄あったころは戦車マガジンが旧軍関係者が執筆してたりしてマニアック
PANZERはバランスいい編集内容で万人受けな感じだった
戦マガで連載してた「知られざる日本の兵器」が山海堂「日本の大砲」ベースとなった
当時は渋すぎる旧軍陸戦兵器記事で痺れたもん
82 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/03/27(水) 21:52:01.44 ID:cjCf5u/q0.net [1/2回]
佐山さん以前に詳しい火砲研究者はもちろんいた
旧軍造兵従事してたひとやらハイ・アマチュアの方
それら逸材もネット普及まえに存命だったから世に知られていないことは理解したほうがいい
83 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/03/27(水) 21:54:54.65 ID:cjCf5u/q0.net [2/2回]
じっさい操砲し従軍されてた旧砲兵のお歴々とか
84 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/28(木) 20:36:34.01 ID:gzPJdbg50.net [1/3回]
射程のより長い十五加いくつかあれど、高速で機動運用できるロングトムが無双
これをはるかに凌駕できる性能と有用性示せるのは17cm K18のみ
運用重量がネックだが、砲弾威力と射程で米軍お家芸の対砲兵戦を圧倒
それで戦後米軍が175mm口径採用するわけだ
85 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/28(木) 20:43:22.65 ID:gzPJdbg50.net [2/3回]
九六式十五加のうんざりする運搬状況や牽引速度、発砲できるまでの整地、組み立て
、調整状況みれば誰でもそうなる
射程3km差でなんで、こんな倍増しの労苦味わなきゃならんの…
三野さんの本で比較あるけれど
86 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/28(木) 20:48:28.93 ID:gzPJdbg50.net [3/3回]
射程と運行速度のバランスでいえば米軍が突出してたとおれは言いたいわけね
これより射程長い十五加はドイツ、日本にある」
87 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/29(金) 21:28:04.78 ID:rPpDGyvV0.net [1/1回]
そこそこの射程と使い勝手のよさ両立で15cm級カノン極北はロングトムに異議は
ほとんどないだろうね
どうゆうわけかWW2火砲先進国であった独ソでは重用されてない重砲クラス
ソ連は122mmカノンと152mmカノン榴弾砲、ドイツは15cm榴弾砲、21cm臼砲か17cmカノン
88 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/29(金) 22:30:52.32 ID:dftr1NgE0.net [1/1回]
同級射程のイタリアのやつは製造門数となにより母国軍の戦歴が芳しくないから、
活躍もほとんど知られてないんだろうな
ドイツsFH18よりはるかに高性能なのに…
北アフリカ戦ニュース映像でM1935発砲シーンはあるね
89 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/30(土) 06:20:39.30 ID:sy7nR3du0.net [1/4回]
単純に射程と威力だけなら飛行機呼べば間に合うから
機に応じた射撃能力が重砲には必要で、それを考えると機動性と広範な射界が欲しいんだよな
イタリア砲はセモベンテ化したことで機動力は極限まで行ったようなもんだし
車体の向きで射界変えられるしで、あれがWW2型大カノンとしては完成形なのかも

日本はまあ論外としても、独ソも機械化との組み合わせで一歩出遅れたってのがこのクラスなんだろうな
90 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/30(土) 09:16:05.03 ID:csbXkNj30.net [1/2回]
M3中戦車に1918 155mmのキングコングや新式サスペンションM4車体にM1載せた
のとかはやはり侮れない。モータリゼーションのなせる業というか
フンメルの十五榴凌駕する加農搭載だから
イタリアのはP40部品流用した専用シャーシだったはず
91 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/30(土) 09:25:11.83 ID:csbXkNj30.net [2/2回]
長距離対砲兵戦で敵の十五加と同級で競うより、17cmで圧倒したほうがよしの考え
があった>ドイツ
射程24km 15cm K18据えたジャージー諸島で一方的に英戦艦40cmにやられ散々な目に遭ってる
17cm K18だったら不利ながら、射程上応戦はできた
92 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/30(土) 11:00:03.25 ID:zSMLO4Cs0.net [1/1回]
アメリカのは機械化が進んでいる軍の恩恵でもあるからな
まあそれが出来ている軍だから正解ではあるんだが
93名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/30(土) 11:21:01.58 ID:sy7nR3du0.net [2/4回]
オルダニー島に17cmK18があっても
戦艦ロドネイの榴弾射程は最大38kmあるんでアウトレンジされるだけ
(そもそも航空機ないと観測も難しいし、その航空機は英軍の側にだけあるという
94 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/30(土) 11:36:12.20 ID:sy7nR3du0.net [3/4回]
あと、あの島には旧式戦艦から外した17cm副砲があってだな
こいつはK18と同じ口径で初速875m/s
なおK18はチャージ4で860m/sで射程28km、チャージ5が925m/sで29.6km
K18に見劣りするほどでもない威力と射程の砲があったのである
95 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/03/30(土) 11:42:44.49 ID:JTPo5Fdka.net [1/1回]
日本は24サンチや、30サンチ砲、41サンチ砲をそこそこ開発してたけど
そのリソースを15サンチ砲や牽引車、艦船と揚陸、列車輸送に振り向けろ
つうことかな
96 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/30(土) 20:32:38.95 ID:H4yLfUvkd.net [1/1回]
十五糎より上は空爆でいいよ
ドイツだってスツーカやフォッケが長距離砲兵の代わりをやっていたようなものだし
それよりも日本だと師団砲兵クラスが絶望的に足りてない上に弱体な75mmが結構占めてる状況のほうがまずい
97 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/30(土) 20:48:10.95 ID:sy7nR3du0.net [4/4回]
250kg爆弾を急降下爆撃できる機材がスツーカあたりの世代から後なので
それまでは大型砲の存在意義は一応はあるんだけど、以降はなあ・・・という
98名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/30(土) 22:33:50.84 ID:1A9f26PC0.net [1/3回]
電撃戦の成功はJu87で敵の鉄道動員を片端から妨害破壊したからってのもある
長距離射撃で駅舎やらデポを破壊するのには、いったい何発集積せにゃならんの…から
ピンポイントの急降下爆撃はこれのコスト削減できる
しかし、航空優勢保ってるの前提と到底実現不可能ないし天候に左右されるからな
冬季の東部戦線とか
ドイツの航空優勢が確保できなくなってモスコー戦で敗退の史実
航空機はミッション重ねるたびに機械が損耗して稼働率が極端に低くなる
それを補う長距離砲戦でつかえる火砲もけして無駄な装備でないわけだ
99 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/30(土) 22:42:55.86 ID:1A9f26PC0.net [2/3回]
>>93
>>94
オスプレイ英仏海峡の要塞にあるよね
フランス製220mm、155mmカノン装備の砲台もチャンネル諸島にはあった
ソ連戦艦の主砲流用したのとか
あれは30cmだったかな?
100名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/30(土) 22:57:12.39 ID:1A9f26PC0.net [3/3回]
1941年から42年の冬季戦でデミヤンスクとか包囲され孤立する部隊が続出するなか、
ほとんど冬季装備がないドイツ空軍も必死の努力で輸送機飛ばして弾薬食糧を空輸投下
はたまた近隣地域の重砲が戦術原則無視して最前線に進出、援護射撃をさかんに
おこなって包囲下の部隊サポート
なんとか春の救出まで持ちこたえさせるんだ
この戦訓でヒトラーはスターリングラードでも空輸作戦が成功できると判断を誤った
101 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/31(日) 01:34:31.80 ID:LcILrXwB0.net [1/2回]
空飛ぶ砲兵、急降下爆撃機も長距離カノンも両方必要
相互にリンクして重複する部分で補完せねば、近代軍とはいえないよ
リスクを分散軽減して劣勢でも挽回できるファンダメンタルがないと
102 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/31(日) 01:44:07.74 ID:LcILrXwB0.net [2/2回]
たとえば、敵が旺盛な抵抗続けてて高地の観測所や司令部のあるビルの地下を潰す
のに砲兵つかうか爆撃機つかうか、費用と手間でどっちが有利なんてときケースバイケース
その選択肢どっちも使えればいいけどコスパ有利なほう選べるから、実際は片方さえ満足に機能しない状況も多いわけだからね
103 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/31(日) 10:29:36.55 ID:FuNkCV1x0.net [1/1回]
>>98
とはいえ大型砲は機動性がなぁ…と
航空機で先んじて的砲兵陣地潰すか砲撃戦で潰すかせんと腰据えて制圧射撃とかできんからね
104 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/31(日) 11:00:48.55 ID:cMRcfURX0.net [1/3回]
実はWW2の期間て観測上記録的な寒波襲った時期でもある
モスクワ前面で不凍オイル、不凍液の不足やら機械の凍結で航空機のみならず車輛も
動かず、小火器と火砲もドイツ軍はほとんど使用できんくなった
損耗過労と凍傷でよれよれのなか、ソ連軍大反功だった

ノルマンディー戦で夏なのに複数がコート着てる、ビットマンがらみの写真とかある
でしょ?
北半球のまれにみる冷涼さは昭和二十年の日本大凶作にも大きく影響してる
105 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/03/31(日) 11:06:32.88 ID:cMRcfURX0.net [2/3回]
1939~40年の冬、英仏と独両陣営が俗にいう睨み合い戦争してたんだが、
当時の国境陣地のフランス領でも零下30度以下に下がったと当時のニュース映像にある
106 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/03/31(日) 14:13:01.23 ID:cMRcfURX0.net [3/3回]
敗戦の年の日本は肥料つくるはずの化学工場が軍需生産に没頭してた
主な労働力たる農村青年が兵隊で徴集されてた
女子供と年寄りばかりでさらに食料事情が逼迫してドカチン肉体労働力なんてさらさら出ない
それに加えて長雨の冷夏ときちゃあ身も蓋もねぇわな
おもに天候不順は北日本に集中してたみたいだけど
107 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/01(月) 19:51:39.23 ID:J8Q2V7Pza.net [1/2回]
火薬と肥料は材料被るけぇのう。
108 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/01(月) 20:28:59.59 ID:Jiz58zzI0.net [1/1回]
どっちも材料はウンコ…(黒色火薬の場合)
109 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/01(月) 21:03:01.64 ID:J8Q2V7Pza.net [2/2回]
アンモニアと言う意味では、硝酸系火薬全般間違ってはないかもしれない。
110 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/03(水) 01:07:44.93 ID:1MoDRCth0.net [1/2回]
レーヨンも無くなるで
戦中は日本以外もまず最初にストッキングが市場から消えた
111 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/03(水) 01:17:30.15 ID:1MoDRCth0.net [2/2回]
日本で肥料(硫安)と火薬(アンモニア)を作っていたのは
日本窒素の北朝鮮の工場
北朝鮮で作った硫安を満州に輸送し、帰りに農作物をもって帰る

延岡の工場はレーヨンの新規工場にしていた
戦中は火薬生産に転換

戦後、旭化成と社名を変更
112 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/06(土) 19:43:38.98 ID:/iqzZRp+0.net [1/3回]
田畑はこまめにメンテナンスしないと収穫量なんて見込めないんだよ
知識とスキルと長年の経験でね。それしないと農地短期使い捨ての焼畑農業だ
その職能もった人間が兵隊でとられたわけだから
さらに冷夏で糞みその大凶作が昭和二十年
これが資源枯渇兵器生産の低迷とともにポツダム講和条件受け入れた条件
製造ピークは前年だったろ?空襲による製造設備の破壊もあるけど
113 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/06(土) 19:53:58.17 ID:/iqzZRp+0.net [2/3回]
>>100
北方軍集団の冬季防衛が成功したのは当該戦区のソ連空軍が弱体だったからだよね
耐寒装備以外、搭乗員スキルも機体性能もないから、ドイツの空輸作戦をかろうじて全うさせてしまった
114 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/06(土) 20:20:59.79 ID:/iqzZRp+0.net [3/3回]
おれは装備系体として師団砲兵の75mm口径として南方なら九四式山砲、大陸のシナ軍
相手なら九五式野砲、ソ連軍が仮想敵の関東軍なら九〇式野砲がベターな選択であった
と思う
なんのことはない当時の日本砲兵重鎮判断と同じだよね
南方に転用で九五式野砲部隊が配備されるのが混乱であって
シナ軍相手ならともかく三ハ式を米英軍に使うのは無理ありすぎるわ
そりゃあ、十榴十五榴装備するのが砲弾威力でベストなんだが…
牽引能力がそれを許さない
115名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/06(土) 21:23:23.87 ID:aO6NZJrB0.net [1/2回]
クルップ、三八式原型の1902年型だったかの野砲は出現当時は世界最新鋭で最高性能に近かった
射程はフランスM1897に劣っても
だからこそ日本、トルコ、イタリアやら競って採用した
イタリアはフランス設計鶏冠野砲やらも採用して迷走してるけど
技術射程とも凌駕するのは7.5cm FK16からだろう
シュコダ採用ノルデンフェルド閉鎖器をのちの砲が採用してないことからみて自明
十榴は伯仲、十五榴はフランスかな?155mm M1917が15cm sFH13よりいいはず
重砲は性能的にドイツ圧勝だけども
116 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/06(土) 21:30:23.34 ID:aO6NZJrB0.net [2/2回]
mle1913 105mmはかなりカノン寄り設定だね
ロシアが107mmで長砲身化して純然たるカノン改良したように
第一次大戦基準で射程12kmはその意味合いがある
117 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/06(土) 23:06:33.43 ID:NP/SN+k30.net [1/1回]
まあフランスの75mm野砲は物理的な射程はともかく、照準目盛りは4kmまでしかなかったそうだし
あの時代の火砲って本気で遠距離射撃する気はあんまし無いんだよな
(なおWW1で求められることになって、皆困るわけだが
118 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 08:38:49.45 ID:G+mvZlMC0.net [1/3回]
榴霰弾発射目的だったわけでしょ?もともと野砲って
それで仰角があまりとれない
落下する砲弾の角度で榴霰弾だと、浅くないと威力発揮できないんでなかった?
榴弾が主に使用弾主流になると大仰角射撃の必要にかられて砲架が中央に開口ある
ボックス型になるんだと思うよ
フレンチ1897も三八式野砲も開口なしの単脚砲架で不便を感じるようになった、と
119 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 08:55:25.39 ID:G+mvZlMC0.net [2/3回]
砲は重いけれども、フランスのより精密射撃可能ということでクルップ採用したんだろう
砲弾生産能力が乏しい日本の実情にマッチしたし
土浦でみたら75mmのわりにごつくてでかい砲だね
M1897 75mmは日本に売らなかったせいもある
三国干渉で黄禍が欧米でおこるんだが、技術製品輸出の外貨稼ぎはドイツ人はなりふり
かまわないから
日本と清、中華民国両陣営に売ってるよ
フランスはタイにはM1897売ったんだったか…
ベトナム旅行した際、河畔に固定砲床のやつが何門かあったな
120 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 09:11:16.25 ID:G+mvZlMC0.net [3/3回]
>>115
一次大戦オリジナルのFK16は7.7cm口径だね戦後のnAで新砲身換装7.5cm
121 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 09:32:52.04 ID:YUWao9A00.net [1/3回]
南方で鹵獲した25ポンド砲
上層からの内地送付命令を現地部隊が拒否したとか前スレでなかった?
設計は旧態依然ながら1930年代の砲だからな
射撃精度やら使い勝手は改造三八式の比でなかったとみえる
牽引車もごっそり分捕ってるしな
122 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 09:46:21.60 ID:YUWao9A00.net [2/3回]
戦捷に沸いてる現場にとっちゃあ、コンビーフ肴にスコッチ呑んで「かまいやしねぇや、左遷したいなら
しやがれ!( ̄∇ ̄;)ハッハッハー~!!」状態だったと思われ
自分らが犠牲だして分捕ったもんを召し上げられるのは至極面白くないわな
貴重な有用兵器だし
123 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 10:01:22.97 ID:YUWao9A00.net [3/3回]
一桁師団の長なんて、いまの県知事よりよほど権限威厳があるからな
天皇親補職だから、中央の佐官クラスもおいそれ口出しできない
それをやったのは辻とか一部の跳ねっ返りだけだから
自由に使える使途不明金がわんさとあるし ゴーンJrが合法で存在した時代
124名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 12:21:18.61 ID:GfZfrBgs0.net [1/2回]
C01000800000 鹵獲兵器還送の件
17年6月、露核兵器を内地に送れと通達
17年10月、南方軍から
・25ポンド砲は鹵獲86門とされてるけどあるのは72門だ
・スンダ列島等の防備に最小限30は必要なんで送れるのは42だと
結局17年11月に送ったもの以外は現地で活用と再通達

86とか72門の25ポンド砲ったら、そりゃ師団2個分ぐらいになるもんな
125 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 12:39:16.40 ID:YD++AnpCa.net [1/2回]
ロシアの核兵器とか怖いな。
126 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 12:46:04.24 ID:fV5VgQcq0.net [1/7回]
原型フランス製105mmより使い勝手いいポーランド開脚式の砲架だよな
フィンランド軍はドイツから供与されたらしい
師団砲兵の榴弾砲で射程12kmは二次大戦でも一級品だ
127 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 12:57:24.72 ID:fV5VgQcq0.net [2/7回]
ラングーン防空の要は鹵獲ビッカース94mm高射砲だったし
ボフォース40mmも当然あったろうな
128 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 13:10:59.21 ID:fV5VgQcq0.net [3/7回]
使いやすい砲だったらしいね25ポンドは砲弾威力は10.5cm LeFH18に劣るけど
なんでこんな中途半端な口径設定した英軍がわけわからんけど
18ポンド砲の砲身ボーリングして無理やり制式化したからだろうね
ダンケルクに残置した旧式砲架を改良した型が、北アフリカに送られて
分捕ったDAKが火力不足のためさかんに利用した
129名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 13:15:51.31 ID:+K9a9GpH0.net [1/1回]
WW1の野砲は
半分の砲弾が毒ガスだから
精度はそれ程求められないんだよ
使い方が根本的にWW2と異なる
130 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 13:18:30.25 ID:pAkN4tfW0.net [1/1回]
言うても日本は日中戦争で毒ガス使ってるから…(苦笑)
榴散弾も精度はいらなさそう
131 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 13:29:18.52 ID:fV5VgQcq0.net [4/7回]
80年代で、南昌の渡河作戦であれだけ砲数揃えて砲弾集積してほんの数基数で作戦完了できたのか
疑問だったけど、あれはガス弾の威力だったんだよね…
不手際が生じて誤射、練度に劣る特設師団の日本軍がすくなからず死傷やら練れてない戦闘だったらしい、とか
いま判明してるわけだけど
132名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 14:16:37.36 ID:YD++AnpCa.net [2/2回]
>>129
だが戦争後半になると、野砲で戦車を撃てと言われて
急に精度が要求されるようになる。
対戦車砲(銃)と言う専用砲ができるまでの過渡期の話。
133 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 14:42:25.12 ID:fV5VgQcq0.net [5/7回]
30tあるデカブツで速度が数kmの菱形戦車を至近で潰せない精度とは・・・
たしかにルノーは小さくて照準器はそれ用でなく、精度の粗いむかしの野砲で当てるのは直射で至難の技とは思う
134 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 14:51:34.63 ID:fV5VgQcq0.net [6/7回]
>>132
「象を討つには象撃ち銃を!」で馬鹿みたいな長大なマウザー対戦車銃が前線配備される
わけだね
ラインメタル前身のエーアハルトが3.7cm対戦車砲をWW1期にいちおう開発成功してる
大日本絵画ロシア語邦訳「ドイツ対戦車砲」に写真あり
135 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 15:03:15.93 ID:fV5VgQcq0.net [7/7回]
兵器性能の格差でいうと、KVに対戦するときだな最大の脅威は
菱形戦車だとそれほどでもない
カンプレー戦みたいに一挙に400台襲ってきたときは尻に帆かけてにげるしかないけどwww
ドイツ軍最悪の日とヒンデンブルクに嘆かせるくらい
136名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/07(日) 16:17:41.55 ID:ia8vIjh5r.net [1/1回]
佐山は詳しいというより史料の紹介だからな
137 : 135 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 19:54:55.92 ID:TDMh7dLT0.net [1/3回]
すまんアミアンの戦いだね

>>136
あの人のスタンスなんだよねぇ。自分はこの砲についてこう思う、とか、この
判断はまずかったんでないか?、なんて見解は延べない
面白さでいったら、佐山さん他が連載してた「知られざる日本の兵器」がはるかに上
138 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 20:35:21.51 ID:TDMh7dLT0.net [2/3回]
ワールドフォトプレスの日本陸軍兵器集もいい
40年ほどまえだけど、いまの水準でみてもかなりの良書
竹内昭さんとか高荷さん、中西さんやら陸軍研究パイオニアが複数参画してたんだね
139 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/07(日) 20:35:34.29 ID:povexmLnr.net [1/1回]
Sayapedia
140 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 21:30:33.11 ID:TDMh7dLT0.net [3/3回]
奉天接収砲 十四年式十榴wikiの間違いだらけ記述は糺すほうがいい
おれ昔から指摘してんだけど、訂正する好事家がいないんだよな
面倒くさいからやらないおれが悪いけど
141 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 21:54:32.41 ID:vZ5bGKNN0.net [1/4回]
LeFH18はフランス純正砲弾も撃てた
薬莢挿げ替えだけでいけたんだろう
戦前に輸出したオランダ、ベルギーむけのやつは薬室を削り直してドイツ軍が装備
とかあるから、砲弾ちがうといろいろと技術的にややこしい部分があるんだろう
142 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 21:59:09.15 ID:vZ5bGKNN0.net [2/4回]
つまり九一式十榴はドイツ製の砲弾撃てる可能性がきわめて高い
143 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 22:14:23.66 ID:vZ5bGKNN0.net [3/4回]
中華民国が数十門輸入してて、月刊沖縄社「雲南フーコンの戦い」でスクラップに
なったLeFH18の写真がある
もとフランス製155mmをアメリカで生産したM1918榴弾砲とか雲南遠征軍みたいな二線級では終戦まで
使ってたんだなとかわかる
米軍がガダルカナルで発砲してるニュース映像はあるけど
144 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 23:14:51.96 ID:vZ5bGKNN0.net [4/4回]
翌年のブーゲンビル島戦までは米軍は旧式装備が多いんだよ
北アフリカ、イタリア戦線に新式装備が優先されたから
ガダルカナルで155mm GPFカノンの米生産M1918が投入されてたし
射程上九二式十加をおくりこんだのはいちおうは正解なわけ
八九式十五加はラバウルどまり
重量的に港湾設備のないガダルカナルにはまともに揚陸できなかっただろうね
145 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/07(日) 23:45:42.49 ID:GfZfrBgs0.net [2/2回]
揚陸だけなら40トンクレーンの水上機母艦日進を投入してるから出来るよ。揚陸した先の地上の方が絶望だけど
146 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 00:26:01.02 ID:CpNg4yBvd.net [1/1回]
それよりもジャングル戦ではシェリダンの152mmガンランチャーみたいな砲があったら便利やったろうなぁ
いや誘導弾を発射するわけではないけどね
たったフレシェット弾の二発でベトナム軍の突撃を粉砕、後には125体の敵死体が残っていた
M3のキャニスター弾も近接戦闘では猛威だったらしいし
キャニスターよりも充填率の良いであろうフレシェット、シェリダンのM625だと一万発ばら撒けるそうで…
まぁ元が人民解放軍のおびただしい歩兵の突撃を粉砕するところが原点だからね
147名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 01:30:44.13 ID:POqczpyO0.net [1/3回]
戦車でもなければ至近距離散弾射撃なんてできんので榴散弾でいいのよ
148 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/08(月) 08:07:39.01 ID:0Wk0jrGl0.net [1/2回]
魚肥を収穫してた漁船が軒並み徴用だから
そりゃ農業も漁業もだだ下がるわな
149 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 11:11:16.29 ID:iozZ3TZa0.net [1/2回]
>>147
馬鹿者!栄えある帝国陸軍では榴霰弾だッ!
貴様には班長のおれ本田軍曹自らが手を下す
「わかるか?貴様が憎くてやるんでないぞ 見込みがあるからこそ、その逆だッ!歯を食いしばれ眼鏡を外せ
失明したらいかんからな」
150 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 11:34:00.51 ID:iozZ3TZa0.net [2/2回]
>>124
南方軍の長、寺山は学生時代に永井荷風をぶん殴ったそうだね
151 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:33:02.74 ID:3dCb4x/80.net [1/6回]
ガ島で四年式十五榴が瞬殺されたとか戦記で読んだ
152名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:41:05.36 ID:3rVU8vmPd.net [1/6回]
四年式は装薬強化に対してマズルブレーキ追加や自緊砲身とか真っ当な改良じゃなくて小手先の策でお茶を濁しているからな
射程が野砲並みの10.7kmあればまた良い火砲になっただろうが、師団砲兵に軽くアウトレンジされる軍砲兵とは如何なものかと
153 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/08(月) 20:43:49.54 ID:0Wk0jrGl0.net [2/2回]
比島の戦闘では列車による砲の移動とかしてたのかいな?

wiki より、
フィリピンの鉄道は、19世紀終わりごろに英国資本によって首都マニラ近郊の路線が
開業したのが始まりとされ、以後ルソン島ではマニラを中心に北はサンフェルナンド
まで、南はレガスピまでの路線ができ、また支線もできたので約900kmの路線を
有するまでになった。軌間は日本の在来線と同じ1067mmの狭軌が使われた。
他にもネグロス島をはじめ、セブ島、レイテ島、パナイ島、ミンドロ島、
ミンダナオ島に路線をもち、砂糖黍のための軽便鉄道の他、鉱山鉄道や森林鉄道
なども建設された。
154 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:48:49.04 ID:3dCb4x/80.net [2/6回]
その点、当時水準でフランスの1917 155mm榴弾砲は出来がよかったんだな
ロシア軍向けの152mmの改良版らしいけど
米軍も採用、旧式兵器となってからは連合軍にさかんに供与してる
155名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 20:57:26.77 ID:3dCb4x/80.net [3/6回]
第二師団がらみの揚陸で新鋭輸送船六隻投入して空襲でズタボロ強行座礁で
十五榴四門、十加二門だかを送り込むの成功したとか昔読んだけど
じっさいはもっと重砲数多かったんでない?現地に残ってるスクラップ数みると
156 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:29:34.60 ID:Cnl/1w100.net [1/1回]
でも馬がいないから人力移動ですよ
157 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:36:23.54 ID:uY0ac2bxa.net [1/1回]
そう考えるとリモン峠まで大砲引っ張って行った第一師団は偉いな。
さすが頭号師団。
158 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:47:05.49 ID:3dCb4x/80.net [4/6回]
山本七平の文章に軽便鉄道のちかくに集積デポあって、鉄道が機能しないから
頑健な軍曹がひとりで千発の砲弾をトラックに積み込んだ、とかなかったっけ?
159名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:48:28.68 ID:POqczpyO0.net [2/3回]
>>155
日進が15榴4門他を運び込んでるはず
160名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 21:59:26.55 ID:3dCb4x/80.net [5/6回]
>>159
戦車輸送も日進なの?
161名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:13:59.76 ID:3dCb4x/80.net [6/6回]
>>152
設計に余裕がないんだよ
いっぱいいっぱいで造って軽量化でギリギリで仕上げてるから抗堪強度に乏しい
長砲身バレル換装なんて芸当ができない
制式化の時点で射程が短いって不満があったし
改造三八式野砲とおなじ伝 これは本来設計から、仰角増加射程伸長の無茶ぶりだけど
162 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:20:22.41 ID:POqczpyO0.net [3/3回]
>>160
うん1個中隊運んでるぽい
163 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 22:25:45.73 ID:3rVU8vmPd.net [2/6回]
>>161
自己緊縮砲身なら一割以上砲身を延伸できるよ
九四式山砲は四一式山砲より砲身が長いけど、砲身重量はほぼ同じ100kg弱に収まっている
あとマズルブレーキ無しで射程延伸は邪道だね
強烈な反動を抑え込む為に非常に重量が増えてしまう
とにかく何事もオーソドックスな手がベター
皆んながやっているということは偶然ではなくそれに合理性が認められているから
164 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 23:11:37.65 ID:BABWtjrI0.net [1/3回]
あれ、弄りまわしても埒が明かんぞ
だから改造四年式を海軍に譲ったんだろうよ
恩着せと厄介払いの一石二鳥っつたら言い過ぎかな
見切りつけて試製九二式経て九六式制定だろう
165名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 23:18:11.30 ID:BABWtjrI0.net [2/3回]
改造四年式を最大装薬で撃つのはかなり危険だったんでないか?ヤバめな空気が
蔓延してるよーな…
166 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 23:20:29.40 ID:3rVU8vmPd.net [3/6回]
順序が逆
やっつけの改造が失敗したから、ああなった
改良にあまり金をかけたくなかった
抜本的に改良するか新型出すかであらぬ方向に転んだ問題の典型
日本の場合は馬匹頼りのため、四年式の失敗が実質的に重砲兵の弱体の決め手になった
167 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 23:22:12.38 ID:3rVU8vmPd.net [4/6回]
>>165
マズルブレーキが無いので、凄まじいブラストで砲架がダメージを受けかねない
やっつけの小手先改良に終始した日本火砲開発陣の怠慢
168 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 23:25:34.67 ID:3rVU8vmPd.net [5/6回]
四年式は砲架の強度が不足していた
反動が強力になったからね
強装薬化してマズルブレーキ追加しないのは邪道だよ
実績が乏しく、ほかにあまり例が無いんだ
九二式十加とかではやってるけど案の定故障したそうだ
169 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 23:46:01.17 ID:BABWtjrI0.net [3/3回]
四年式の閉鎖器がおもしろい形式なんだよな
垂直鎖栓なんだけど上に閉鎖ブロックが作動するって
170 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/08(月) 23:59:20.70 ID:3rVU8vmPd.net [6/6回]
閉鎖機構も必ずしも強度を満足していたかはあやしい(改造四年式以降)
砲身が耐えても閉鎖器が破壊されれば意味が無い
ちなみに砲身とセットなわけで、当然砲身を変えるなら尾栓も変えねばならない
171 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:14:27.29 ID:9QHphmFB0.net [1/2回]
あの独特の閉鎖機構がのちの砲に継承されてないことみると…だったのかもしれないね
172 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:16:12.17 ID:j4HacouR0.net [1/5回]
4年式は、砲身短く、砲架強度が無く、分割結合に手間がかかり
しかも牽引状態の重量バランスが悪くて運動性が悪い
結局のところさっさと捨てろという砲だったが、早目に次世代作ったって結局96式と大差ないだろうし
ていうか96式が機械牽引前提の割にピリッとしないあたり、もう15榴は絶望しか無いという
173 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:31:56.39 ID:9QHphmFB0.net [2/2回]
日本の場合牽引車がな。野戦重砲兵連隊で能力最大6tで満足してるくらいではねぇ。
174 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 00:41:04.14 ID:DyfDwPKnd.net [1/2回]
運動性や取り回しには目を瞑って、四年式の射程延伸を成功させれば間に合うのだ
分解結合が可能な限界が四年式なのだから
四年式の改良は必須

四年式に改良砲身(長砲身+マズルブレーキ)を搭載していたらどうなっていただろう?
海外ではオーソドックスなやり方だ
イラン、韓国、フィンランドやチェコスロバキアなど、M114やsFH 18にそうした改良を加えている
ソ連では152mmにマズルブレーキを付けて122mmの砲架に搭載していたりもする
175 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 04:23:04.56 ID:j4HacouR0.net [2/5回]
砲身換えれば砲身車も変更だし
砲身が伸びれば揺架は変わるし、単脚じゃやってらんないから砲架も変更になって
分割できる以外は完全刷新の新型砲になるべな
それが通るなら改造38式野砲も砲身延長で開脚砲架のやつになってたぞと

技術的に可能であっても、予算とか見通しとか考えたら、新型砲にするべなあ
176 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 07:46:05.17 ID:DyfDwPKnd.net [2/2回]
いや砲架流用は結構通るぞ
ついでみたいな感じで脚まで変更する必要は必ずしもない
基本的にこの手の長砲身マズルブレーキの改良は砲身をすげ替えただけで砲架は共通って場合が多い
177 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 16:03:17.62 ID:j4HacouR0.net [3/5回]
開脚砲架なら流用だろうけど単脚だからね
ソ連の152mmカノンの1910だと
装薬強化+マズルブレーキ+脚延長した1910/30(単脚
次にその砲身を開脚砲架でサスペンション付きの1910/34にして
更に高仰角砲架を開発して砲身流用したのがML20と砲架変更を連続してる

結局良い砲身が出来ればそれに見合った砲架にしたくなるし
良い砲架があれば砲身を変えてでも使い回すってだけよ。そして4年式15榴の砲架は流用するほどのものだろうかとw
178 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 17:27:45.06 ID:JJWkVKC1d.net [1/4回]
やむを得ないだろうね
四年式の改造をする以上は砲身に手を加えないと本来の10km級の要求達成は難しい
その新型砲が試製九二式→九六式となっている以上、四年式の改造要求達成に拘る必要がある

まあ俺も、マズルブレーキと自緊砲身採用した新型軽量榴弾砲が作れるならそれに越したことはないと思うよ
だがその上で明らかに言えるのは事実の四年式の改良は邪道ということだ
179 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 20:13:29.73 ID:1mvX/pPY0.net [1/4回]
ツッコミどころ満載の砲だから予想に違わずクソミソだな
アレだから、無難な出来の九六式に装備改変されて重砲兵が大絶賛だったわけだね
四年式でサイパン戦最大の戦果を挙げた黒木大隊は素直に感服するよ
180 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 20:35:16.10 ID:1mvX/pPY0.net [2/4回]
天蓋に鉄板敷いて偽装も完璧、米軍橋頭保破砕に猛威を振るったんだが
上陸部隊を二度撃退だったか
観測機に砲座特定されて艦砲射撃で沈黙
短射程の旧式砲にしては天晴な戦闘
181 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 20:52:55.51 ID:1mvX/pPY0.net [3/4回]
旧式兵器でも性能的に及第点で使い勝手よければ延命の意義がある
海軍の十年式十二糎高角砲みたいに
もともと高角砲専用でないから対空砲にはまったく適さないけど、そこそこの射程で島嶼防御
の海岸砲としては最適だった
それで太平洋戦争突入後のほうが、ずっと多い総二千門ほども製造
四一式山砲も山砲兵装備では時代遅れの性能だが、連隊砲装備として適格だった
182 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 20:58:54.88 ID:1mvX/pPY0.net [4/4回]
四年式十五榴の長所といえば牽引能力低い日本陸軍の師団で馬匹牽引十五榴を装備できた
ってだけでは?
183 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 21:35:31.32 ID:JJWkVKC1d.net [2/4回]
馬匹メインの日本軍師団に十五榴を配備するには運行重量2トン×2に分割出来ないと駄目
四年式クラスの火砲を新規開発しないならせめて四年式の射程を野砲並みには延伸すべきだろうな
184 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 21:41:24.75 ID:JJWkVKC1d.net [3/4回]
射程10km強の馬匹用の十五榴、これは必要性が高い
四年式クラスの重量に収まる範囲で満足すべきものを用意しないと駄目なのに、中途半端な九六式を開発した(馬匹運用は不可、車輛牽引砲としては性能が高くない)
九六式なんて師団配備できたのは第23師団やその装備を引き継いだ一部の師団を含む極一部に限られる
185 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 21:46:01.95 ID:8H6CknTE0.net [1/4回]
まあまあいい線いってる。あと一歩足らず残念な砲とは違うからな四年式は
あれに費用と労力費やすことこそ技術の進歩を阻害するようなもんだ
重砲開発にまったく慣れてなかった、それに尽きるだろう?
造ったもんはしゃあない配備砲は骨の髄までしゃぶりつくし、長砲身や開脚砲架やら新式砲試験のテストベッドにすることが
最良と思われ
あくまで生まれが悪いんだ、往生際わるくいじったところでどうもならんわ
186名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 22:04:56.60 ID:8H6CknTE0.net [2/4回]
馬格に差があるとはいえ、ドイツの歩兵師団は九六式よりずっと重い15cm sFH18を馬で牽いてるんだ
師団砲兵用に九六式の馬匹牽引研究でもしたほうがよほど実際的だよ
馬匹用の新式十五榴採用二本立てどころか、九六式の製造門数すら、どんなに多く見積もっても
600ぐらいだろう?需要にまったく足りてない
187名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 22:23:32.41 ID:j4HacouR0.net [4/5回]
sFH18は8頭で牽くのが本則でな
日本では馬と人間双方の問題で、この8頭での運用が事実上無理だったんだよ
だから38式15榴と基本性能変わらない分割式の4年式15榴を作ったのな
馬のパワーも劣るけど、8頭投入できる欧州と、6頭じゃないと現実的じゃない日本の差があるんよ
188 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 22:33:09.74 ID:8H6CknTE0.net [3/4回]
ここで歴代スレでまったく触れられてない十四年式十加を話題におれは声を大にして延べたいね
東京湾要塞の七年式ベースで重厚長大でけしてわるくない砲らしい
特許切れるのを待って開脚式砲架採用とか大陸ではけっこう活躍してるんだな
射程18kmの後継九二式制定でまったく影が薄いんだが…
189名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 22:35:54.98 ID:8H6CknTE0.net [4/4回]
>>187
え?それって御者の技量差ですかい?
190 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 22:57:54.79 ID:j4HacouR0.net [5/5回]
>>189
うん
191 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/09(火) 23:26:11.38 ID:JJWkVKC1d.net [4/4回]
あと8頭だと大陸とかの細々としたカーブが曲がれない
九六式を二車分割式、ってそれ試製九二式に先祖返りするだけだから史実の運用では評価は覆らない
192 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 08:09:33.27 ID:AdDkNaa40.net [1/2回]
すくなくとも昭和十七年まで製造してたんだよな<四年式
師団砲兵需要でもっとあとまで生産してた可能性もある
193名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 09:30:31.91 ID:AdDkNaa40.net [2/2回]
四年式の射程伸長はベース事情より無理がありすぎだから、堅牢性と馬匹牽引利便性に特化アップデート
するのが吉だったんでない?
射程のみじかい15cm IG33とたいして意味かわらんだろうて
15cm榴弾を投射することにこそ意味がある
砲弾威力から好評で地味ながら1960年代まで東欧で使われた銘砲である
まーそれ以上の射程は軍砲兵に丸投げが条件上しゃあないというね
194 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 11:46:04.94 ID:U0mxqv1N0.net [1/1回]
TKとかテケに搭載できれば便利な自走砲になったろうけど
日本じゃチハ級に搭載だからなあ・・・
195 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 16:17:09.08 ID:33BK2I3ka.net [1/2回]
>>186
だってドイツ軍の戦場おおむね平地じゃん。
196 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 16:57:49.38 ID:V0hERPKQ0.net [1/5回]
ギリシャ、バルカン諸国、イタリア、コーカサスなど山岳地もあるよ
山岳部隊投入できない場合は一般の歩兵師団
もっとも重砲移動に難儀して空飛ぶ砲兵スツーカの支援を頼りにしたんだろうけどね
197 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 17:05:37.40 ID:V0hERPKQ0.net [2/5回]
ギリシャで急峻な地形で砲撃してるsFH18写真があるけど、車輪がゴム輪帯巻いた
機械化牽引タイプだね
馬匹牽引歩兵師団装備のは軽量合金のソリッド型で形状があきらかにちがう
198名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 17:11:46.67 ID:33BK2I3ka.net [2/2回]
なぜドイツ軍に山岳師団が存在するのかといえば、普通の師団は
山道登る装備持ってないからだ。
日本軍はどの師団でも山登れる。
199 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 17:21:53.87 ID:V0hERPKQ0.net [3/5回]
山岳部隊を多く擁してたオーストリア軍がドイツ軍に編入されたため、装備火砲が
シュコダ、ベーラー等東欧メーカー製のもんが多い
200 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 17:37:31.25 ID:V0hERPKQ0.net [4/5回]
>>198
いや、日本軍はたいした山岳用装備もないのに猛訓練で無茶ぶり克服してたんだろう?
甲種合格ばかりのころの一桁師団なら、なんとかモノになったが…
支那事変以後の根こそぎ動員で体力体格に劣る補充兵ばかり徴集の特設師団なんて話にならんよ
201名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 17:47:41.78 ID:V0hERPKQ0.net [5/5回]
ただ、日本陸軍の耐寒装備の充実はソ連軍に伯仲
列強内で誇れる水準とは思う
在満部隊の経験がフィードバックしてる
202 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 18:33:39.88 ID:cJUMKEmg0.net [1/1回]
>>201
そこらへん日本軍偏ってんのなwww
少なからず東部戦線序盤ソ連より装備良さそう
203 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 18:41:35.82 ID:8QaDonbUd.net [1/4回]
>>193
その方向のアプローチならそれこそ四年式は失格だ
二車分割式でそれぞれが二トンにもなる
単車式で軽量化されたsIG 33とは雲泥の差
連隊の砲兵たるsIG 33とは射程も運用水準も違う
四年式は真っ当に10km以上に射程を伸ばして差別化するしかないと思う
204 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 19:47:57.01 ID:ZJH7PTXb0.net [1/5回]
リソースがな制約多すぎ
航空重視で予算傾斜配分した日本は判断けして間違ってないどころか王道だよ
もともと貧乏国で経済規模がちいさいもんで火砲の予算が極端に抑えられるわけ
それでぞくぞく新編拡張される師団数のなかで火力増強窮余の策が九二式重機の装備数増加だったりして
需要増すばかりの九六式の調達数まで削減してるんだから、そんな別口の馬匹牽引
の四年式大刷新やら軽量新式を制式化できるわけなかろう
205名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 19:58:38.34 ID:8QaDonbUd.net [2/4回]
予算欠乏の件は同意するところはあるが、シュナイダーから列車砲や24糎・30糎・41糎といった榴弾砲の高額商品や、無駄に多品種連発した駐退機付迫撃砲の開発など、そういうところに金を注いでおきながらたかだか四年式の新規砲身の開発費が無いというのは間抜けな話だ
206 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 20:08:01.97 ID:ZJH7PTXb0.net [2/5回]
兵器開発生産行政を一元に統括するシュペーアみたいな傑出した個人や有効に機能させる
組織、システムが存在しなかったんだろうね
一枚岩でない ただでさえ陸軍で少数派の火砲技術分野で分派活動ばかりで互いに反目
しあって成果が限られてしまった、なんて考えられないかな?
207名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 20:20:30.92 ID:ZJH7PTXb0.net [3/5回]
>>205
いやね、あの四年式を改良するのは設計基本からして難しいよ
出来るもんなら当時の人がとっくにやってるはず
素材が悪すぎ
昭和時代の旅館によくあった、建て増し継ぎはぎ状態にしかならんと思う…
208名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 20:33:58.17 ID:8QaDonbUd.net [3/4回]
>>207
射程10kmを満足できれば問題ないよ
出来るならやっているというのは、予算の件だと思う
火砲の中で一番高額な部品が砲身だからね
高額商品にお金を注ぎ過ぎて、肝心のものに手が回らなかった
四年式は砲身や閉鎖器がくそな以外はオーソドックスな分割式単脚砲で、仰角が65度と当時としては高く取れるというメリットすらある(sFH 13やM1917Cは45度)
砲架の設計は手慣れているだろう
当時としては良くできた四一式の成功もあるし、開発陣が優秀だった
やれるならやって欲しかった
やらないなら新規開発しかない
少なくとも二択であり、

どのみち史実の四年式で良いという放棄案は良くない
師団砲兵が一番肝心なのだからね
209 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 20:40:18.86 ID:8QaDonbUd.net [4/4回]
日本軍の本来の編成は
馬匹の場合

九一式十糎榴弾砲×24
九五式野砲×12
そして十五糎榴弾砲×12

フィリピンと沖縄では活躍した
別に新規開発で開脚砲架に乗せてもいい
それなら仰角を妥協して十四年式十加の砲架に乗せるのもいいな

今思ったら十加と十五糎は共通でペアになるべきもの
三八式十加や九二式十加に対応する十五榴は三八/四年式と九六式とそれぞれあるわけだが、なぜ十四年式十加に対応する十五榴は無いのだろう
更新時期の問題か

ともあれ、既存の砲架を流用した長砲身マズルブレーキ改良案は必要

十五榴こそ師団砲兵に欠かせないんだよ
210名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 20:41:21.82 ID:ZJH7PTXb0.net [4/5回]
通常火砲はさておき機関短銃の普及は分隊長くらいで日本でも可能だったはずだけど
ソ芬戦争の教訓くらい伝わってるから
日露戦役で従軍してた老害将官が邪魔したんだろうよ
かならずしも予算不足だけの問題ではない 日本以上の貧乏国がスオミ装備できて、なんで
日本軍の軍曹がもてんの?
役立たずの兵器生産するより、拳銃弾くらいサブマシンガン用に増産してもさほど国庫に影響ないんじゃねぇか?と思う
211 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 21:00:14.81 ID:ZJH7PTXb0.net [5/5回]
これはまずいと思う兵器の筆頭が十一年式機関銃
212 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/10(水) 23:29:13.66 ID:VUdM1HEJ0.net [1/1回]
>>210
そんなもん増産するくらいなら小銃や機関銃の弾を増産してくれが実情だろう
拳銃弾を増産してる暇なんかない
213 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 00:15:44.60 ID:8l5A188ed.net [1/2回]
うーん近接戦闘でSMGにダダダーッと分隊まとめてやられたりと散々だったのであまり大々的にフォローする気は無いが
それでも弾代を見て小銃弾を作りたくなったんだろうね

8mm南部弾は6.5mm有坂の10分の1ちょいのエネルギーしかないけど
10000発あたり390円なんだよ
6.5mm有坂は465円
つまり一発あたりの値段は2割しか違わない

これは薬莢ってのはプレスで作ってるから、一回ガチャンとやるという工程自体は同じ。雷管も一個。つまりかける手間や設備は変わらないんだ
変わるのは原材料費ぐらいで、南部弾が7gと軽くて薬莢が小さい、これだけ

これを思うと、小銃弾を作りたくなった当時の気持ちも分かる
214 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 00:17:59.22 ID:tr6R5eIUa.net [1/2回]
ソ連だっけ、小銃弾使うSMG作ったの。
215 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 00:20:42.08 ID:8l5A188ed.net [2/2回]
っていうわけで、設備があまり巨大になり過ぎない程度に、弾はでかい方が威力のわりに安く済むんじゃないか
精密部品である信管も一発につき一個なのは変わらない
たとえ旧式でも四年式は十五糎榴弾砲であり、巨弾を吐き出せる強大な火力として有り難がられてる
ただ分割式ということも拍車をかけた機動力の低さを補おうにも射程が短い
あと射程が幾ばくかあればまだもうちょい活躍できたはずだよ
216 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 03:06:28.19 ID:obO0lvKt0.net [1/3回]
14年式10加は8頭牽引か牽引車かっていう規模で
そして牽引車の手当に目処がつかないんで微妙武器だったんよ
同じデザインで15榴作っても運動性が絶望的になっちゃうわけである
火力機動に撤する10加なら機動性を我慢できても15榴じゃそうもいかん

本邦火砲は牽引能力がどうしても辛い
217 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 03:28:09.14 ID:tr6R5eIUa.net [2/2回]
まぁ、末期になると最初に配備したあとはせいぜい近場の陣地転換くらいになるので問題ない。
218 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 15:45:36.39 ID:obO0lvKt0.net [2/3回]
近場の陣地転換だと分割とか牽引とかやらんで
砲兵が気合と根性で人力で動かすから2トン級までじゃないと困るんだよな
219 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 17:03:16.02 ID:05lbS19kd.net [1/2回]
確かに四年式の2.8トン弱より300kg増えたのは痛いな
あと拳銃弾に関しては9×19mm弾(パラベラム)を導入していればまだ増やす価値は無くはないと思う
とにかく南部弾が悪
ボトルネックにしたせいでストレートブローバックにしづらいし、22mmでストロークが長いのでジャムったり構造がデカくなりやすい
薬莢が短い方が排莢も装弾もスムーズに行えて機関部もコンパクト化しやすいからな
220 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 17:04:32.08 ID:05lbS19kd.net [2/2回]
実際ストレートブローバックにできたのは二式ぐらいだし、それまではショートリコイル
SMGほど機関部がごつければできるが、それにしたってあの程度の威力がせいぜいだ
221 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 20:22:06.78 ID:3EYiQgvF0.net [1/4回]
路上なら1.5t弱の7.5cm PAK40を5~6人で移動できたから、15人で四年式、九六式なら
40人でおそらく牽引できるよ
戦術機動にはほど遠いけど(無責任)
222名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 20:26:23.51 ID:obO0lvKt0.net [3/3回]
私物だと32口径のコルトで満足してるんだから、拳銃弾の威力を求めてないし
ソ連軍だってトカレフ弾だから(威力は大きいが)ボトルネックだから駄目ってことでもない
8mm南部から替えなくちゃいけない理由なんてのが日本軍には無いんだよ
223 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 20:28:47.06 ID:3EYiQgvF0.net [2/4回]
「どんな罰ゲーだよッ!!」と思うけど、実際フィリピンで四年式を人力で牽いてる記録を
山本七平が書いてるしな…
224 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 20:41:07.25 ID:3EYiQgvF0.net [3/4回]
>>222
将校は4kg前後の軍刀吊ってるから、軽い小型拳銃を好んだんだよ価格安いし腰の負担だな
南部十四年式と軍刀の組み合わせは古参下士官、騎兵、憲兵、砲兵と体力的に秀でた
者だけだ
刀剣神格視からか拳銃弾の威力には日本軍は無頓着な傾向だったから概ね同意
ほぼ護身用途でマシンピストルに転用するとなると威力不足だった
225 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 21:03:28.74 ID:X8nX+GZi0.net [1/1回]
軍刀重すぎw
226 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 21:11:50.49 ID:3EYiQgvF0.net [4/4回]
見栄はって高い軍刀買って、拳銃に予算回らずのケースが多かったらしい
それでコルトやブローニングの32口径
拳銃で人目おかれたのはこけおどし要素の濃厚なモーゼル大型拳銃のみ
辻がマレー作戦でこれ提げてる写真があって、さもありなんと思う
227 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 21:15:13.39 ID:J7uSv7aj0.net [1/1回]
はっきりいって
270J程度の南部弾 390円/10000発
2600J強の三八式実包 465円/10000発

量産する意義を見出せなかったのは分かる
その判断を擁護はしないが

ところで殆ど一人芝居だったのがやっと増えて良かった
このスレ8割が一人で回してるから
228 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 21:25:57.26 ID:TIIg1nzpd.net [1/1回]
当時の軍人は、南部弾に三八式実包の八割の価値は絶対に無いと考えていたんだろうね

薬莢サイズも8×22mm弾だから、スカスカなのねぇ
全長は.45acpと同じぐらいw
てか遡るとマジで最近のこのスレ一人芝居だな
前々スレ終わってからすっかり忘れていてすまんかったな
229 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/11(木) 22:04:31.63 ID:KdI6ejZ/0.net [1/1回]
というか帝国陸軍に今で言うアサルトライフル相当の装備ってあったのかね?
もしくは計画のみとか

歩兵用装備が無知ですまん
230 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 15:30:05.14 ID:q4OS0+rrM.net [1/1回]
そりゃIP表示なら過疎るよ
移住してもいいレベル

試作超軽機関銃(失敗)やガーランドコピー(失敗)があった
着脱マガジン式38を作ったのと、鹵獲のガーランドとフェデロフあったからそのあたりが可能性ある
SMGが無理ならショットガンは?民間のを五万ほど召し上げただけに終わったらしいが
231 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 16:12:02.62 ID:Y+yJZEerM.net [1/1回]
無理に火力を高めるなら
ガーランドよりリーエンフィールドをコピーして大容量マガジンを建てた方が恐らく早い
鹵獲したガーランドにスコープを載せてマークスマンライフル、近接戦は擲弾系を全レンジカバーできるようにうまく使うのがいい
腰の飾りの拳銃も本来はモーゼル連射弾倉型くらいの拡張性を持たせた方が無駄にならない
実際の日本軍にそんな計画立てて動ける余裕もないだろうが
232 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 16:51:05.28 ID:iGvIfW1O0.net [1/4回]
鉄砲なら小火器スレ見てきたほうが早いと思うぞ
233名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 19:26:48.02 ID:e+C+ZYus0.net [1/8回]
>>208
慣れてる訳はない
だからこそ再三改修してさっぱりモノにならんのだよ
あなたは旧軍火砲原理主義者ですかねぇ?宗教ですか?
元設計からしてまったく褒められたもんでないよ
三八式野砲以下の射程の軍砲兵装備なんて大恥以外の何物でもない
そんな元設計こねくりまわしてもクソの役にも立たんわ
234 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 19:33:10.07 ID:e+C+ZYus0.net [2/8回]
他の欧米列強に大概劣る兵器をうまく使いこなして奮戦して戦果あげたのが、われわれ先達の偉業
なわけよ
235 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 20:04:40.79 ID:fWICwc30d.net [1/11回]
>>233
原理主義者ではないしレッテルはりだね
それに貶め過ぎるのは良くない
分割式の単脚式としてはオーソドックスなものだ
結局、火砲の何が悪いのかを個別に判別しないといけない
頭からつま先まで全てダメなものはない
どのみち四年式がダメでも射程10kmの師団用十五榴の必要性は何ら揺らがない
236 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 20:07:15.08 ID:fWICwc30d.net [2/11回]
具体的に四年式の砲架は単脚式としては普通、せいぜいが仰角を取れるぐらいだな
それよりも殆ど一人でレス稼ぎしていた状況、俺が加わったことでやっとまともになったな
前スレとこのスレ、殆ど一人の人間が連投してるだけだった
237 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 20:09:03.74 ID:iGvIfW1O0.net [2/4回]
んーまあ15榴って近距離火砲でもあり、遠距離火砲でもあるんで
まずは何に使う武器なのかってところから考えるべきよ
238 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 20:09:54.90 ID:fWICwc30d.net [3/11回]
四年式の欠陥は改造三八式野砲にも劣る射程
これを是正すべきと言っているんだが、こちらの主張を上手いこと裏返して
>>三八式野砲以下の射程の軍砲兵装備なんて大恥以外の何物でもない
そんな元設計こねくりまわしてもクソの役にも立たんわ

と言ってくるとは
まるで鹵獲兵器を使うフィンランド兵だな
ともあれ四年式の長砲身マズルブレーキ、あるいは新規開発などの代替案、これは必須だな

四年式に新規開発の砲身を乗せるのが個人的には手っ取り早いと思うが
239名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 20:18:04.43 ID:fWICwc30d.net [4/11回]
連投失礼(まあ一人が自作自演しているよりはマシだろう)

「三八式野砲以下の射程の軍砲兵装備なんて大恥以外の何物でもない
そんな元設計こねくりまわしてもクソの役にも立たんわ」

この言い方だと、改造三八式程度には射程が延伸された四年式ならばその限りではないと認めているにも等しいな
四年式の射程延伸は必須だよ

どう拒否しようが、師団で運用可能な馬匹用十五榴砲が必要であり、そして射程さえあればとりあえずの最低条件は満たせる

別に戦争は諸外国より優れた兵器を作るレースではない
そういう恥とか外面的なものではなく、実際の師団の戦力強化のみを考えなさい
240 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 20:39:56.79 ID:fWICwc30d.net [5/11回]
あと無理矢理に刺又状に改造した改造三八式と違って、四年式は最初から穴開きボックス式で仰角取れるようになっているから、砲架強度に関してはまだ改造三八式より遥かに有利だよ
ここらへん優秀な四一式の設計陣がまだ現役だったんだろうね

WW1レベルの単脚式に目を瞑って、射程の延伸にのみ改造を絞れば、日本軍の師団砲兵はもっと充実してた
機動力が低いのに射程も短いから補えなかったんだ
とりあえず射程を3km延伸すれば使い物にはなる
まずつぎはぎがいけないとか言っていられる状況にないからな
既存の砲架を流用して砲身のみ取り替える方が全体の底上げになるだろうな
241名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 20:50:58.39 ID:e+C+ZYus0.net [3/8回]
>>239
自作自演ではないよ 煽ってるのは事実だけど
相手は思うところ最低ふたりくらいはいるな
核心つつくとなぜかレス数が急にふえるよな 原理主義者の心当たりある人間だと思うけど
IDかえてるんじゃね?
242名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 20:59:44.34 ID:e+C+ZYus0.net [4/8回]
>>208
あんたと喧嘩するつもりはない議論が深まればそれが本望
せめて当時の緒方設計が慣れてたなんて妄言は撤回してください
お笑い種以外の何物でもない
あんたがもし佐山さんでも辞せずです
243名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 21:00:23.97 ID:fWICwc30d.net [6/11回]
>>241
だから、四年式は問題ありだから改善すべきと言っているの
そりゃ急に喧嘩腰で来られたらレス数も増えるでしょ
君はここ最近ずっと粘着してるけど
正直言うよ?ここのスレの書き込みの6~7割は君でしょ
ひとしきり確認したが毎週ごとに一人の連動が大半を占めている
それに反応する奴は数人
今回俺が反応しなかったらいつも通りのチラシの裏だった
これからは俺が相手してやるよ
244名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 21:04:29.14 ID:iGvIfW1O0.net [3/4回]
4年式15榴を改造してどうのより、91式10榴配備していこうぜってのが簡単である(馬の数半分で良い)
今ある4年式は使用寿命が尽きるまでは使うけどわざわざ改造して射程10kmにしてどうするんじゃいってなもんよな
245 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 21:06:32.72 ID:fWICwc30d.net [7/11回]
>>242
慣れてたといったのは繰り返すが砲架の設計
これは普通。及第点は取れてる
問題大有りのは短射程の砲身と閉鎖器

砲架は流用しつつ、最新鋭の砲身で射程を10.7km程度にして妥協

砲身や閉鎖器含めた設計全体ならそりゃ中の下だよ
何も設計全体を総括して慣れてるなんて、君自身そうは読み取っていないでワザと自分の反論しやすいように汲み取っているだけ。俺には分かる
246 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 21:11:40.91 ID:fWICwc30d.net [8/11回]
>>244
その今ある四年式、そのままじゃ戦力としてしょぼい
射程が短いなら機動力で補わないといけないし、機動力が低いなら射程が無いといけない
sIG 33 だって褒めるけど結局射程も短い癖に機動力無かったんで自走砲にされてる

機動力も射程も無いと使いどころが厳しいんだよな
ゼロを1にするという意味では四年式の延命も必須
もちろん十榴も必須だけどどっちかに偏らせることはできない
247名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 21:16:55.40 ID:e+C+ZYus0.net [5/8回]
>>243
煽ってたおれも冷静にレスすると
列強が射程15km達せんとする次期に10kmの新十五榴制定するなんて奇道だし、時代錯誤も甚だしい
九六式の改良射程伸長か師団砲兵の牽引車配備充当が王道だ
当時の状況でできなかったというなかれ
それがまっとうな近代化だ
両方とも出来なかった日本の工業近代化歪を検証すべき
248 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 21:27:05.55 ID:fWICwc30d.net [9/11回]
>>247
やっと真っ当なレスが来たか
射程が野砲級あれば十分新型十五榴の最低要件は満たしていると考えている
というのも、師団砲兵の射程としてはそれだけあれば十分だからだ
射程15km、これは大いに同意する
俺はあくまで師団砲兵として言っている
だから四年式よりも高性能であるはずの九六式にはむしろ辛口なんだ。九六式は軍砲兵なんだよ。むしろ許されないのは九六式の中途半端さ
責めるべきは機械化牽引なのに軽量化を追求して射程を疎かにした九六式なんだ

射程15kmというのは軍砲兵の舞台において同意するね
249 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 21:30:25.45 ID:e+C+ZYus0.net [6/8回]
25ポンド砲のミニマム版があったみたいに九六式でもベビーナンブみたいな南方スペシャル
があってもよかったとは思ってるけど
250名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 21:32:07.84 ID:iGvIfW1O0.net [4/4回]
単脚で遠戦てナニソレ笑えるってのが現実で
現実的な遠距離射撃は偏差公会法や転移射だから、左右に振って射撃して見積もり取るんで
砲車固定して精密に方位取って撃てない限り遠距離射撃では話にならないわけよ

観測修正に弾をばらまいて、それでも精度は妥協し、多数弾を大体そのあたりで叩き込むというのなら単脚でも良いし
1920年代に達成できてたならまだ意味はあるが、91式10榴が登場しちゃったあとの日本軍ではね
251 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 21:38:00.87 ID:fWICwc30d.net [10/11回]
>>250
野砲クラスの域を出ない師団砲兵では問題ない。
実際に開脚登場後も単脚でも良しとする向きはあった
252名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 21:50:27.48 ID:e+C+ZYus0.net [7/8回]
開脚が有利なのは15cm野戦重砲クラスまでだろう
それ以上だと、単脚で穴開いて仰角稼げる形状、ターンテーブル方式のほうが
はるかに安定性と射撃精度稼げるみたいよ
WW2列強の例をみよ
253名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 21:50:51.87 ID:fWICwc30d.net [11/11回]
実際に日本軍の野砲(改造三八式・九五式)圏内のレンジが限界だと思うわ
武漢会戦・台児荘・ノモンハンで露呈した。遠距離戦はからっきしだめ
15~18kmとかあっても砲兵のレベル的に厳しいんじゃないの?
日本軍が全力発揮出来るのは慣れ親しんだ野砲クラスの射撃がせいぜいだろう
それ以上は空爆呼んだ方がいい
とりあえず10.7km圏内を制圧できる師団砲兵の充実が第一だな
そして当時のメジャーが馬匹
各師団に牽引車配備はまだアメリカのみ
馬匹というレギュレーションこそマジョリティだったのだから俺はそれに従うのみ
254名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/12(金) 22:10:54.26 ID:e+C+ZYus0.net [8/8回]
それは光学兵器と無線有線設備の差もある
いくら丁寧精緻に造られてても設計年度の性能差はいかんしがたい
光学は基本、日露戦争時の改良版使ってた
一部に日本光学製新型とかいいもんもあったが射程10km以上にたいてい対応してない
日本は貧乏ゆえ、バージョンアップした西欧のやつをおいそれ導入できなかった
成功したのは戦闘機のドイツ製照準器くらい
255 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/13(土) 10:40:59.64 ID:amB1YPvP0.net [1/2回]
>>254
この指摘が正確、当時観測手段とか外国もくっそな時代で15-20kmの砲撃はクソ不安定でヘリコプター発達まで20-30km級の攻撃は無理だった

結果10-15kが妥当で、極論で迫撃戦術になったのがww2の砲兵戦術でこれが一番有効だった

あの時代ヘリコプター航空観測不十分だから、一方的な長距離勝負はそこまで実現しない
普通に空爆と消耗で長距離砲は無効化効く時代
256 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/13(土) 10:48:32.48 ID:amB1YPvP0.net [2/2回]
尚150の馬車牽引は弾丸事情で積む、つむのわかってるから貴重なトラクター用意したんやろ

ただ先にジープと迫撃よこせだよ。120mいらんから81mm迫撃必須ってな
あれだけあれば末端の兵士でも肉弾阻止が効くから包囲各個撃破の一方展開は避けられる

沖縄の戦果で、末端歩兵相手に敵も消耗しちゃう事例な。あの教科書どうりで物資万全ならフィリピンもアメリカは当然勝つが大消耗ってこと

そういうノウハウで挑んでいけば、フィリピンーサイパンあたりで消耗10万
沖縄硫黄島で10万の消耗を強いる事はできたかもな

ようは陸戦消耗でアメリカリソース枯渇は消して可能性なくもなかったから、米軍はそれ危惧するわけよ


WW2は機雷なり、潜水艦の有効投入なり、少ないリソースからマニュあるでコスパ兵器重視するのをいくばくか欠いた
それはなちもおなじで、連合の勝利はべたーな勝負しかけたからなの
257 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/13(土) 14:28:46.35 ID:OXZrh1M10.net [1/2回]
なんで戦前の陸軍に太平洋末期の島嶼戦想定をさせたがるのだろうか
258 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/13(土) 14:38:46.87 ID:OXZrh1M10.net [2/2回]
C14010777000
野砲校甲第864号/別冊(1) 昭和19年度兵備改善ニ関スル意見 昭和18年9月3日 陸軍野戦砲兵学校
島嶼戦に於ける火砲編成は野戦砲兵学校がこうして綺麗に整理したものを提示してる

あと81mm迫とかそういうのは歩兵砲として砲兵から分離されてるので
砲兵の戦闘としての理屈とはまた別な。
259 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/14(日) 10:12:21.96 ID:02P6uuiY0.net [1/1回]
>>253
ラ式と国産の射程差だけでない
当時の国府の独製最新重砲装備部隊なんて精鋭中の精鋭だ
猛訓練がお家芸の日本軍より射程のみならず観測機器も最新ドイツ製ではるかに凌駕したはず

そんな精鋭部隊と装備を損耗ですり潰したあとは、日本軍に一方的にズタボロにされたわけだけだけどね
制空権握られたし
260 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 18:06:52.19 ID:UoI6XIY00.net [1/4回]
高性能の光学兵器が高いのは自明
コマンドゲラート40なんて原産国ドイツでもおそろしく高価な機材だろう
当時ライカ一台、家一軒の日本の為替レートからみてとんでもない価格なはず
261 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 18:37:42.19 ID:UoI6XIY00.net [2/4回]
陸軍の有線無線装備がことごとく列強にくらべ旧式であったそう
英米軍レポートでかなり貧弱な水準なんて表現が散見されるね
乾電池のシール技術ないもんで高温多湿の南方で廃品
通信途絶なんて事態が頻発した
262 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 18:48:53.84 ID:BWaLm0Q7M.net [1/2回]
まあライカ一台家一軒は誇張だけどな。

中産階級向け文化住宅一軒でライカ3~4台買えたようだ。しかも高率の輸入関税も計算に入れてだから、無税ならもっとたくさん買える。
263 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 18:57:26.54 ID:UoI6XIY00.net [3/4回]
カメラ仙人田中長徳によると、ライカ一台が東京郊外の平屋の価格だったそう
中間業者の中抜きも半端なかったし
だから、駐在武官、外交官がドイツで買った
いまの世田谷とか荻窪あたりとか
成城は当時田園地帯で地価安く都心へのアクセス便利とあって、大学教授や海軍将校が
こぞって家建てたとか
東條英機は用賀だったな
264 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 19:06:00.90 ID:f+5NdeAfa.net [1/2回]
魚雷一本家一軒とかも聞いた事あるけど、魚雷一本とライカが同じ値段だったのか?
265 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 19:13:19.23 ID:UoI6XIY00.net [4/4回]
ライカは半端ない中抜き業者が複数いるから…宝石と同じだよ 原価は二割といわれる
業種
魚雷は軍仕事が継続する保証のメーカー出血サービスでしょう?間で甘い汁吸って酒池肉林満喫してる
人間が存在するのはデフォだけど(笑)
266名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 20:09:59.93 ID:ntYiotHk0.net [1/2回]
戦前戦中の自動車なんて欧米でも贅沢品だからラジオくらいが開明度指標になると思う
日本だと、村長とか町の名士、開業医とか校長の庭先で近所の連中が集って玉音放送に
さめざめ泣くイメージだが。いまの貨幣価値換算で100万くらいしたのかね?
技術革新の現在なら3000円でそこそこのラジオ新品で買えるけど
267 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 20:18:10.94 ID:lLig3qB70.net [1/1回]
アメリカは別格としてもそれなりの一般家庭まで降りてきてたのとは比べものにならない
贅沢品の基準が違いすぎる

「買える贅沢品」と「手が出ない贅沢品」とではね・・・・・・・・・・・
268 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 20:25:10.67 ID:BWaLm0Q7M.net [2/2回]
イギリスのT型フォードことオースチンセブンだって、中産階級でも買えるのが売りだしなあ。
269 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 20:49:23.36 ID:ntYiotHk0.net [2/2回]
欧米ではそこらの地主や中小事業主が買えるものを日本だとよほどでないと買えなかった
為替レートやら諸般の事情があるんだろう
270名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 21:23:42.74 ID:f+5NdeAfa.net [2/2回]
>>266
昭和15年にラジオの公定価格が定められて、一番安いので23円40銭。
白米70キロ・うどん160杯・日雇い労働者の日当14日・国家公務員の初任給0.5ヶ月
と同じくらい。
高い奴はもちろん何倍もする。
271名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 21:50:07.71 ID:XPhQn9TO0.net [1/1回]
米も高かったんだな
272 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/15(月) 21:51:09.90 ID:P3jPZLL3r.net [1/1回]
回線引いてもらう必要がある
電話とか、忘れてないかい?
273 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/15(月) 22:38:19.27 ID:GDfT/T3h0.net [1/1回]
T型フォードとか
1920年代で既にオワコン

1908~1927年で1,500万台生産

1930年代には
フォードの普及モデルはV8エンジン

V8が高級車なのは1920年代まで
274 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/16(火) 21:34:59.68 ID:Z0iD3oHC0.net [1/2回]
>>270
いちばん安いラジオでいまの15万前後か
三八式歩兵銃価格が昭和十五年で85円だったと思う
ちょっと調べたら、当時はラジオが高いもんで自作する人間が多かったそうな
秋葉原に戦前からパーツ屋が何軒かあったんかいな?
275名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/16(火) 21:54:55.43 ID:Z0iD3oHC0.net [2/2回]
>>271
戦前の日本は収入の割に物価が高かった
それで人件費と人命の軽い国
耐乏生活に倦んでるんだから、そりゃ庶民もパァッと戦争したくなるよなぁ
農村口減らしの受け皿が軍隊だし
「飯は腹いっぱい食えるし、おらライスカレーは軍隊ではじめてだァ、訓練や内務班の私的制裁なんて地方にいるよりずっとぬるいでがんす!」
類の記録は散見されるね
276 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/16(火) 22:38:45.75 ID:p2yWpX+k0.net [1/1回]
>>275
>収入の割に物価が高い
今の日本とそっくりだな…そこだけは
277 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/16(火) 22:40:32.22 ID:UrOw1ugMa.net [1/1回]
最近の日本は物価安いぞ。
278 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/16(火) 22:52:13.22 ID:yZIdkgFy0.net [1/2回]
なんせデフレで20年物価かわらん国なので
それで新興国の小金持ち旅行者が大挙して日本観光に来るんだよ
先進国でまともなランチを800円くらいで食べれるのは日本くらい
だいたい各分野均してスペインと物価が同じくらい
彼の国は外食費がやたら高いが、食料品は農業国だけあってかなり安い
279 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/16(火) 23:31:08.35 ID:yZIdkgFy0.net [2/2回]
ここで九〇式野砲や九六式十五榴の価格が知りたいな
ゼロ戦やチハ、九二式重機、九六式軽機のはわかるんだが…
280 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 01:03:20.75 ID:9BpolUiN0.net [1/4回]
当時の一円が現在の2600円ほどらしいね
281 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 01:10:43.14 ID:9BpolUiN0.net [2/4回]
この係数だと小銃の三八式が22万、九九式が26万くらい
九二式重機が625万ほど
282名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 01:14:52.06 ID:tFmMDdz90.net [1/1回]
沖縄戦だとやたらニーモーターが使われてるけど
アレってやっぱお安いのかしら?
283 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 01:16:01.36 ID:9BpolUiN0.net [3/4回]
この係数だと小銃の三八式が22万、九九式が26万くらい
九二式重機が625万ほど
284 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 01:20:23.81 ID:9BpolUiN0.net [4/4回]
>>282
軽機よりははるかに製造容易でずっと安く調達できた
それで本来軽機分隊のはずなのに擲弾筒が支給されたりした
たしか九六式で1600円だったかな?
285 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 01:20:40.06 ID:GVgGKSN+0.net [1/6回]
アジ歴で兵器臨時価格表で検索しれ
286 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 05:56:29.34 ID:j66N96XyM.net [1/1回]
擲弾筒とか手動装填の鉄棒だし
弾もバラの小銃弾に比べて火力あたりの効果はよほど高いから
これ以上のコスパを求めるのは小火器ではちょっと無理だろ
かわり当たらないけどねなかなか
287 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 10:14:15.06 ID:/JQPwAntd.net [1/9回]
擲弾筒は個人で榴弾ポンポン出来るのが便利やからなぁ
三軸に簡単な水準器でも付いてたら良かったのに、なんて思ったり
あと関係ないが、ツイッターでbunzoが第128師団射撃計画書を発掘して興味深いツイートをしとるぞ、みんな見てきてくれ
288 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 10:43:27.47 ID:0mW5u69QM.net [1/3回]
ドイツの50mm迫撃砲は逆に「豆鉄砲にこんな照準器とかいらんやろ」で外されたんだっけ。

現代のM224 60mm迫撃砲の個人携行モードはまんま重擲弾筒やな
https://i.imgur.com/2PhB9As.png
https://i.imgur.com/sR8Q1kK.jpg
https://i.imgur.com/g8h6Rzm.jpg
289名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 11:59:45.37 ID:oqi7DZJL0.net [1/1回]
擲弾筒は百発百中っていってる人もいた
290 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 13:09:39.09 ID:8JI3rdbYM.net [1/4回]
近距離では直撃させる必要ないのもあって意外と当たるんじゃないの
旧軍スレでこれが分隊三門は多いってレスバしてたけど
逆に分隊フル(3×3+分隊長)で砲撃しないとならないのはまともな砲兵の支援を期待できないからなんじゃ?
小隊は自活しろと
291 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 13:15:22.55 ID:9+6IrJkQa.net [1/3回]
日本軍は中隊レベルの火力だと列強でも最強クラスだからなぁ。
全部自分達でやれって一面はないとはいえない。
292 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 13:15:37.87 ID:8JI3rdbYM.net [2/4回]
逆に600mの射程をフル活用しないで分隊支援火器として使うなら、分隊一門でも機関銃+擲弾筒でも安くて軽いだけ状況に応じて運用できる
九九式ならライフルグレネードが十分な射程持つから必要とは限らないけど
手榴弾も近距離なら通常の(長くない)信管に外付けの発射薬つけて
運用できる余地を残してもよかったんじゃないかとは思う
293 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 14:22:27.81 ID:GVgGKSN+0.net [2/6回]
手榴弾みたいなのは簡単単純なのが良いんだよ
色々モードが有るとか機能が違うとかいざって時に絶対間違えるのが出る
294 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 15:11:13.25 ID:9+6IrJkQa.net [2/3回]
やはり百式擲弾発射器が正解なのか。
295 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 15:58:12.51 ID:/JQPwAntd.net [2/9回]
まあ中隊以下ならそこそこ強力だけど大隊以上の火砲がお寒いんだよなぁ
ソ連なんかは連隊砲に射程6km弱の12迫を据えてる
制圧力が段違い
まあ逆に日本軍が強力な支援砲兵得るともともとの中隊の戦力も相まってかなり手強いんだけどね
296 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 16:05:02.60 ID:GVgGKSN+0.net [3/6回]
日本軍の場合、120mm弾なんて連隊段列に何発用意できるのかしらという時点で終る
逆に言うと十分な制圧力の120mm弾を用意できるなら
同重量の75mm山砲弾なら数倍の数になるので制圧能力に劣ることもないのである
297 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 16:09:52.64 ID:/JQPwAntd.net [3/9回]
まあ面制圧の観点からいえば小型弾をばら撒いた方が効率はいいが、単位時間あたりの発射速度はそう大差無いレベルなのに一発あたりの威力が段違いなので、投射重量あたりの破壊効率で見るか、単位時間あたりの破壊効率で見るかの違いなんだろうね
この違いは補給のあるソ連にインスパイアされたか、あるいは貧乏な我が日本軍なりの見方に染まり過ぎたかとも言える
298 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 16:35:01.63 ID:/JQPwAntd.net [4/9回]
ただ付しておくと12迫とかは日本軍には向かないのは承知だから、別に重迫撃砲中隊を日本軍歩兵連隊に導入していればとかそういう話ではないよ
ただ所感を淡々と述べただけで
もちろん日本軍には山砲相当がベターだと思う
まず12迫は精度も良くないだろうし、面制圧寄りだからね。トーチカの銃眼を直射で仕留めることも出来ないしな
299 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 16:48:36.53 ID:8JI3rdbYM.net [3/4回]
なので空爆で…
なお制空権は無視するものとする
300名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 16:50:19.91 ID:GVgGKSN+0.net [4/6回]
連隊や大隊の戦闘って、火点を狙撃して潰して歩兵をなだれ込ませたいから点目標の狙撃能力も大事
だけど地形の影に隠れる的に弾を落とす能力も勿論欲しい
対戦車砲が十分な数配備されてるなら狙撃役はそっちに任せれば良いんだけど
我が軍の対戦車砲は小さい37mmだし数も少ないんで連隊砲に硬目標・点目標の対処も課せられてしまうのよな
赤軍みたいに45mm砲があるなら戦車も含めて硬目標はそっちに全部分担させられるので迫撃砲万歳なんだろうけど
301名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 17:05:17.70 ID:/JQPwAntd.net [5/9回]
>>300
ベーラー砲だな
九四式と同等の重量の軽量47mm歩兵砲
九四式と違って榴弾威力もマシで仰角も取れるお得な砲
見る人にもよるが傑作の部類かな?
なお貫徹力は九四式と大差無い模様
302 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 19:17:23.15 ID:0mW5u69QM.net [2/3回]
ソ連軍狙撃連隊には開戦時でも45mm対戦車砲が12門配属されてるし、おまけに対戦車ライフルまであってこれも火点潰しに使えるもんなあ。
303 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 20:21:29.80 ID:9+6IrJkQa.net [3/3回]
日本も自動砲もっと配備できたらよかったのに。
304 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 20:50:53.73 ID:8JI3rdbYM.net [4/4回]
高いんだもん
対戦車を捨ててボルトアクションにするか?
305 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 20:53:34.34 ID:0mW5u69QM.net [3/3回]
自動砲はちょっと凝りすぎだけど、貧乏人ほど一点豪華主義に走るのは仕方ない気もする。
306 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 20:59:20.89 ID:o4Z8pdYa0.net [1/1回]
>>301
ベーラ砲って確かイタリアが良く装備してたんじゃなかったか?
まあ似たような国土特性だから山砲を好んで装備しているのも同じだけど
307 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/17(水) 21:13:05.59 ID:64T+R1UXr.net [1/2回]
12.7mmの手動砲(…)があったような
308 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/17(水) 21:58:25.31 ID:hvnz3xlN0.net [1/1回]
大隊砲と70ミリ戦車砲って装薬量が違うだけで
弾も薬莢も同じなんだね
チハの主砲も70ミリでよくね?
309 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 22:17:18.30 ID:GVgGKSN+0.net [5/6回]
57mmで困ってないし、70mmにしてなにか特別に有利になる要素もないんだよ
310名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 22:24:15.21 ID:K2OzemeH0.net [1/2回]
>>301
え?炸薬がアマトール成分の英軍よりずっと威力があるんでなかった?
日本陸軍の榴弾は
「ニューギニア砲兵戦記」で読んだが

ベーラー砲は汎用性もたせたことで、ダメになりがちこの種の砲にしては一応の成功作なんだけど、
中途半端な存在なのは否めない
そんなにベーラーの榴弾てよかったの?
311名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 22:25:55.61 ID:/JQPwAntd.net [6/9回]
むしろ大隊砲(九二式歩兵砲)、貴様が57mmに砲身変えろと言いたい
57mmは距離500m、行進射、中程度の技量という条件下で、上下155cm、左右83cmというぐらいには精度が良い
まあ実際には停止しての射撃ならもっと良くなるだろう
近距離水平面での跳弾不発の件は割り切って曲射形態で撃て
それよりも針の穴に糸を通すような銃眼狙撃能力、及び山砲の様な中距離直接射撃能力を付しておけば、ベーラー砲みたいなポジションになれたのに、通常火砲形式で迫撃砲に寄せたばかりに性能がスポイルされた感がある
以上俺の個人的な意見
312 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 22:29:36.73 ID:/JQPwAntd.net [7/9回]
>>310
英軍の何と比較してなのかが不明なのだが
というかよく分からんがその書き方だと英軍がアマトールでしょぼいだけって話じゃん

あとベーラー砲の榴弾は「そんなに」と言うほど良くはないだろ、そこまでの勢いで書いたつもりは無い
313 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/17(水) 22:37:44.25 ID:64T+R1UXr.net [2/2回]
>>311
ベーラー(47mm)砲もHEAT弾使用で対戦車に
役立ったらしい訳で…タ弾57mm対戦車砲
みたいのは大量に配備できなかったのかね。
50mmしか撃ち抜けないけど、砲自体は
かなり軽そう
314 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 22:40:08.12 ID:K2OzemeH0.net [2/2回]
>>289
小林源文が若いころ新橋の飲み屋で従軍してたおっさんと交わした会話だね
まーペリリューの舟坂軍曹ほどの技量なら可能だろう
315 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 22:50:24.36 ID:GVgGKSN+0.net [6/6回]
アマトール使ってるのは英軍だけじゃなくてドイツ軍だってそうだし日本軍だって硝斗薬として制定してるし
さっきの流れで94式戦車砲の仮制式みたら平時は茶褐薬だけど戦時には硝斗薬詰めるって書いてある
砲弾用火薬なんてそうやって戦時増産用の省力火薬でケチらんとアカンという話だし
魚雷用として飛び抜けて強力とされるトルペックスは英軍が開発したものだから、英に化学技術がないわけでもない
硝安+TNTなアマトールを使える英軍は資源的に恵まれてるねという程度の話よ
316 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 23:17:12.86 ID:/JQPwAntd.net [8/9回]
というかそもそも九四式の榴弾と比較すべき英軍の榴弾って、殆ど生産されず仕舞いの2ポンド榴弾だろ?アマトールだろうと榴弾だろうと、結局九四式の榴弾も推して知るべし、じゃないの?
榴弾の単発威力は37mm<47mm<57mmなのは覆しようがないでしょ
ベーラー砲の方が榴弾威力と仰角で九四式に勝り、貫徹力はどっこいどっこい
これ以上のことは言ってないし、
俺としては重量で九四式を引き合いに出しただけで、別に九四式を批判する意図は無いよ
もともと>>300のいう赤軍みたく九四式じゃなく硬目標すべてに対処する45mmがあれば、に追随して九四式に代わるべきとベーラー砲を挙げただけだしな
ぶっちゃけそれ以上の価値は無いわ
317 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 23:17:53.74 ID:/JQPwAntd.net [9/9回]
誤字 アマトールだろうとTNTだろうと、ね
318 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/17(水) 23:19:41.18 ID:pAwXQQYC0.net [1/1回]
ダイエー創業重砲兵中内軍曹も撃ってくる米軍の砲弾が粗製濫造らしく、不発が多くて
助かった、とかインタビューに答えてたな
319 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 00:01:19.24 ID:Oj7qk7/V0.net [1/2回]
濫造っぷりこそがえげつないんだけどねw
320 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 00:07:49.43 ID:CXKdDKpL0.net [1/2回]
アメリカは原爆、航空エンジンとかハイテク分野に注力、傾斜生産するためにあえて砲弾みたいな消耗品
の質を落としていたのかもしれないね
なにより量で
321 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 00:19:50.88 ID:CXKdDKpL0.net [2/2回]
前のラジオ話題だと比較するもので現代で15万とか40万とか差がでてくるな
いちばんの廉価版でそれだから、さぞかし戦中の日本では高価だったんだろうな…
322 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 00:20:13.65 ID:Oj7qk7/V0.net [2/2回]
USAの質の差(じたいどれくらいあったか・・・)を余裕でカバーするというか凌駕する、前線までのサプライチェーンの構築がさらっとできちゃうのってホントこわい
計画経済なんていらんかったんや、って感じ
323 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/18(木) 04:05:50.74 ID:ya41EZzE0.net [1/1回]
戦車砲としては57ミリ弾が2.6キロ、70ミリ弾が3.8キロで威力は上だし
射撃精度でそんなに差があるのか?
324 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 11:28:59.77 ID:8xS5/nh8d.net [1/1回]
戦車砲の方の70mmは初速が上がっててだいぶ弾道は安定してるぞ
俺が言っているのは九二式歩兵砲なんだが
325名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 13:32:31.50 ID:IYVOQYzc0.net [1/2回]
大隊砲の精度云々は歩兵操典にあるように大隊砲は間接射撃主体だからなんよ
砲側から直接照準しないで離れたところから「だいたいあっちの方向で距離このぐらい」で射撃
そりゃ一発目で当たるはずがないw
何度か試射して大凡の場所にまで着弾誘導するので、まあ殆どの着弾は「だいたい」な感じになる

大隊砲の公算だひが戦車砲にそう劣るわけもないし
戦車砲だって90式野砲にしたチヌの射撃精度に戦車兵びっくりというレベルだったりで
まあ精度云々なんてのはそもそも照準がただしいと仮定しての話なのである
326 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 16:12:51.48 ID:xF/Eh58wd.net [1/6回]
>>325
ちょい待て、大差無いっておかしくね?どこソースよ
少なくとも俺の知る九二式の公算躱避って±310mm、±93mmだから低速行進射の57mm戦車砲程度には悪いぞ
緊定しての57mmの公算躱避ってどれぐらいなのかは知らんが
九二式歩兵砲の公算躱避は一○○式榴弾後の九七式曲射歩兵砲と大差ないレベルって聞いたが

チヌの主砲にたまげた件は、一式47mmや57mmよりも良かったという書き方なので、47mmと準同級の精度ならむしろ低初速の砲としてはマシな方だと思うぞ57mm

支那事変兵器蒐録にも57mm戦車砲の精度と威力を絶大とまで買っている記述があるし、大隊砲は普通に初速足らないから遠距離での弾道安定無かったことに起因するだろ
そもそも諸元が適当ならそんな言い方はしないだろうな(まあ打ち損じた言い訳のスケープゴートにされたのかもしれんが)
327 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 16:33:16.67 ID:IYVOQYzc0.net [2/2回]
15cmと30cmは射的競技なら大差だが
銃座に榴弾撃ち込むなら大差ないとしか言いようがないかと
328 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 16:43:13.32 ID:xF/Eh58wd.net [2/6回]
あ、すまん砲命中公算表みたら57mmの方が47mmに劣ってたわ
57mmは1000mで半数必中界が47mmの1.5倍ある
近距離では大差無い
57mmと70mmも同じ関係で、近距離ではそこまで変わらないが距離離れた途端に一気に悪化するんだろうなぁ
329 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 17:02:21.11 ID:xF/Eh58wd.net [3/6回]
そもそも所謂中距離での射撃でだいたい砲言われているんだから近距離でのデータしか持ってこなくても何にもならんかったわ、出直す

お詫びにだが、射撃精度関連において
C11111916000
に八九式の改善点(とりわけ砲口射界や各部構造)など挙げられているが、最後の方に、意訳すると遠距離は公算躱避が広がるので現状の八九式は比べて榴弾威力(半径)に不満足な感があるのでもっと炸薬量増やせと来ている
330 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 17:03:51.29 ID:xF/Eh58wd.net [4/6回]
15加ね
331 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 20:57:25.81 ID:qxEKoEh40.net [1/4回]
>>325
九〇式野砲はアバディーンの射撃試験でも米軍が驚嘆したとかあったな
どう転んでも3割どころか、砲弾生産数がアメリカの1/80の日本ではそれに賭けるしかなかった
80年代のPANZER「日本陸軍の火砲」では著者の桑原さんが「日本軍の火砲は精度がすべて
」と連載を締めくくってる
これだよ 佐山記述よりずっと多い九五式製造数ソース文章は
332 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 21:58:02.95 ID:qxEKoEh40.net [2/4回]
列強山砲の射程で並みではあるが、九四式の射撃精度は随一であったろう
分解結合の妙も
たいがい列強に性能で劣ってたなか、日本軍兵器で数少ない世界に伍せる水準どころか
ベストの山砲だと思う
333 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 22:14:36.66 ID:A/p6FfGP0.net [1/1回]
九〇式野砲は英語のwikiの方だとこう書いてある

>However, few units were built, and the design never achieved its intended purpose of replacing the Type 38 75 mm field gun.
>The Schneider design was very complex and expensive to build,
>requiring very tight dimensional tolerances that were beyond the limits of Japanese industry at the time.
>In particular, the recoil system required a high amount of complex maintenance,
> which was difficult to sustain in front line combat service.[8]

>シュナイダーの設計は非常に複雑で製作に費用がかかり、
>当時の日本の工業の限界を超えた非常に厳しい寸法公差が必要でした。
>特に、反動システムは、最前線の戦闘サービスで維持するのが困難であった大量の複雑なメンテナンスを必要としました。
334 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 22:22:32.12 ID:qxEKoEh40.net [3/4回]
あれ、ギリシャに同設計83mm?砲が現存してるとか写真を昔のスレでみた
製造難易度でMAXかつ高価、メンテにも面倒すぎる砲だったのか
それで採用した国がすくないんだな
335 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 22:30:28.95 ID:xF/Eh58wd.net [5/6回]
それって気圧復座式だから圧搾気(窒素)を貯めておく必要があるってだけで、気圧復座式ならどれにも共通する話だと思う
とりわけ十四年式や八九式に次ぐ、日本軍にとっては初期の方の気圧復座式だから慣れずにトラブルが続発したってだけだと思うんだが
336 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 22:40:16.98 ID:qxEKoEh40.net [4/4回]
それでも長射程に惹かれて1920年代の設計で大阪造兵廠の職人芸でなんとかモノになると思って採用
したことと思う
おなじくシュナイダー設計の九一式十榴も同根だろう
同性能のラインメタル10.5cm leFH18生産は日本でまず無理だろうね
プレス部品製造ノウハウにまったく乏しいから
337 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 23:10:03.39 ID:x3qyXKuS0.net [1/1回]
火砲製造工法やら生産設備が1930年代前半のドイツ、ソ連あたりでとくに従来と激変したんだろう
だから、クルップ技師設計1928年式ボフォース75mm高射砲はなんとかコピー生産できても、
これの後継8.8cmFLAK36模倣は無理なわけで…
338 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/18(木) 23:30:25.54 ID:xF/Eh58wd.net [6/6回]
冷静に考えれば分かるけど、九○式野砲でメンテナンス複雑だったら九五式野砲も大概だし九六式十五榴なんて以ての外やで
特段九○式だけ複雑とかそういうのではなく、時期の問題
現場が不慣れで稼働率が落ちるのはよくあることだよ
339名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/19(金) 00:36:59.33 ID:vaXhTQ9v0.net [1/2回]
そもそも90式はシュナイダーの設計そのものじゃなくて、参考にして日本で図面引き直したもんだから
シュナイダーが巧緻だったかどうかは直接的には関係ないよというごく当たり前の話から始めるべきかと
340 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/19(金) 00:51:18.68 ID:OXGfWb480.net [1/1回]
警察予備隊の頃、米国製155ミリ榴弾砲を供与されて、旧軍経験の砲兵が射撃したらひどい精度のだった。
猛訓練と整備、調整を繰り返して検閲演習の際には米軍砲兵で使用されているのと見違えるほど
高い射撃精度を発揮した、

つう記述をどっかで見たから、補充部品の組み合わせとか個体差ごとの調整とかノウハウも
最大限の性能発揮に重要なんかのぉ
341 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/19(金) 01:09:53.87 ID:MmaCY2RYd.net [1/1回]
>>339
特にマズルブレーキ装着したのは日本の開発なんだっけ?
342 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/19(金) 20:28:08.91 ID:vaXhTQ9v0.net [2/2回]
砲口制退器は原型のギリシャ向け85mm砲にも付いてるけど
形状は似てなくもないけど違うものなんで、まあ日本側で検討した結果がアレなんだろうね
343 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/19(金) 21:20:01.28 ID:ZQz8f5LO0.net [1/2回]
佐山著大砲入門にその各種マズルブレーキ試作品検討写真があるんだけど…
シュコダ、シュナイダー形式のやつ
344 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/19(金) 21:28:42.78 ID:ZQz8f5LO0.net [2/2回]
NF文庫「高射砲」に載ってる陸軍火砲の基礎知識なる章だったかもしれぬ
345 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/20(土) 00:20:31.50 ID:t0e08hMvd.net [1/4回]
輸入したシュナイダーの試製砲は尾栓は螺栓式だったとか、国産の開脚式野砲との競作だったとか
ともあれもろパクリではないんだよな
まあちゃんと技術移転込みで大金払ってるし
346 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/20(土) 00:39:40.57 ID:t0e08hMvd.net [2/4回]
過去スレより 多分↑の人
0057 名無し三等兵 2012/07/09 15:37:47
九一式式十榴の原型シュナイダー試製砲はずっと長砲身でマズルブレーキつきだった
九○式野砲でも、「大砲入門」やGP佐山連載の写真みてわかるとおり、
砲口制退器を何種も試製してるように最適化設計はむずかしいらしい

装着すると、命中精度に悪影響するそうなんで、砲弾生産量が欧米列強に二桁劣る日本としては、
それを嫌ったのかもしれないね
347名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/20(土) 01:12:00.66 ID:Lg8RLBBj0.net [1/1回]
日本軍の試験だと初速600級にならないと砲口制退器の効果はあまりないということが
90式と95式野砲の中間砲の検討計算で触れられてる
450m/s級の10榴だと無くてもいいになっちゃったんだろうねw

まあ独ソの火砲のような効率の良いマズルブレーキがあったならまた別なのかもしれんが
348 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/20(土) 01:56:10.71 ID:t0e08hMvd.net [3/4回]
日本の使ってた円板型のはちょっとマイナーよな
多スリット式や左右開口の二段式、あるいはハーモニカタイプ(左右に張り出した煙突みたいな形式)などは結構見られるけど、日本のはなんか変
チヌの射撃精度が優れていたことから、腔外弾道に悪影響は小さく抑えられているんだろうけど、もしかしたら制退効果は少し低かったのかもな
349 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/20(土) 02:01:31.06 ID:DfitsrYg0.net [1/2回]
九○式野砲のベースになったのは
Canon de 85 modele 1927 Schneider
鹵獲したナチスもそれ程使った形跡は無いとか
350 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/20(土) 02:06:31.84 ID:t0e08hMvd.net [4/4回]
あ、>>347のを見ると九○式野砲ぐらいの初速ならマズルブレーキ無しより想定430kg軽くなってるのね
それが初速640m/sの13km Aだと効率が落ちて200kgの軽量化にとどまると。

という事は初速700m/s超えるともっと効率上がるんだろうな

出来不出来はあれど、長砲身になるほどマズルブレーキがよく見られるのが分かった気がする
351名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/20(土) 09:34:13.22 ID:cURlxvQk0.net [1/3回]
参謀本部が95式野砲に固執した理由がわかんない
なら94式山砲の増備でよくね?
352 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/20(土) 10:04:16.84 ID:cURlxvQk0.net [2/3回]
88式高射砲にマズルブレーキ付けたら水平射撃で壊れなくなるかな?
353 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/20(土) 11:46:08.59 ID:DfitsrYg0.net [2/2回]
>>351
野砲 → 砲兵の装備
山砲 → 歩兵の装備
354 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/20(土) 11:57:05.73 ID:JwAs1CxPd.net [1/2回]
山砲も本来砲兵の装備だよ
これっぽっちも歩兵が使うことなんて想像してなかった
だから歩兵からしたらまだ身に余ると考えていたぐらいで、試製の75mm連隊歩兵砲を作ってる

九四式に至っては歩兵に配備された痕跡は無い
355名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/20(土) 12:05:06.14 ID:JwAs1CxPd.net [2/2回]
>>351
両者の生産数(九五式はもうちょっと増えるみたいだが)から言えば、全くその通りになってるよ

まあ、九五式野砲は2万1千円ぐらいなのに対して、九四式山砲は1万2千円ぐらいだからな
それでいて機動力は段違いなのだから、そりゃコスパに見合う買い物をするよ
356 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/20(土) 12:14:49.67 ID:cURlxvQk0.net [3/3回]
参謀本部はあんなに貧乏性なのになんでそんなに地域紛争を仕掛けて戦線を無駄に広げるんだろうか?
歩兵脳すぎるだろ

徐州徐州、歩いて広すぎ
357 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/20(土) 12:37:49.94 ID:d2BZfxruF.net [1/1回]
火砲じゃない話のときに元気良くなる人達が来そう
358 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 07:42:39.54 ID:gKM8plmP0.net [1/4回]
>>355
むかしのPANZERが家に埋もれてて見つかんない…
たしか九五式が538門だったか546門の数字
連載ではじめて旧軍火砲の製造数が判明したとか書いていたね
このころの研究成果では、九四式山砲は670門あたりとか記述もあった
359 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 08:14:01.67 ID:gKM8plmP0.net [2/4回]
>>351
当時は長射程砲至上主義と同時に、従来の旧型砲より砲身縮めて射程短く軽量にして
運動性高めるのが有利という見識も厳然とトレンドとしてあってだな
ドイツのleFK18 、フランスのM1934 105mm(九一式十榴とほぼ同型)とか
用兵側と参謀本部両方の顔たてる意味で九〇式と九五式の採用だね
日本特有の事なかれ主義というか
両者とも理論的に間違ってるわけでなく双方言い分はあったわけだし
しかし、やはり実戦だと長射程アウトレンジがものを言った
製造数でいうと九〇、機動より九五式がずっと多いはず
佐山記述とは違う原本資料が存在したみたいだから
360 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 08:52:02.79 ID:gKM8plmP0.net [3/4回]
参謀本部としてはおなじ予算ですこしでも調達数をふやしたい
九〇式の砲身製造コストは半端なかったろうし
戦車でも用兵側推すチハが採用なったのはシナ事変勃発で予算が青天井になったからだよ
財源捻出すべく国債連発で後世まで国と国民の借金のこすことになるが…
361名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/21(日) 09:02:53.98 ID:VIwEINVc0.net [1/1回]
多田駿がトラウトマン工作を継続して日華事変を終わらせたかったのに
近衛、広田、米内が反対して、あろうことか「国民政府を対手とせず」とか
自ら戦争終結の道を閉ざすとか、陸軍よりもアホがいたからなぁ。

ラインメタルやクルップの15サンチ砲とか、帝国陸軍より高性能の兵器を
使う連中なんかとは、早めに手打ちにしないといけないとか
日本政府中枢に伝わらなかったのかね?
362 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 09:07:11.26 ID:gKM8plmP0.net [4/4回]
あと、野砲兵と山砲兵のセクション違いがある
利害関係でときには敵対するしね
野砲の用兵側で比較になるのはあくまで九〇式と九五式
それで従来は九四式山砲にバッティングする範疇ではなかった
のちの南方戦用の装備改変で師団砲兵が山砲兵連隊なった例も珍しくなくで九四式山砲
野砲兵も山砲兵に転属多かったろうから話がややこしすぎる分野なんだけど
363名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 10:48:45.22 ID:2Iz/zow+0.net [1/3回]
それと四一式山砲は弾に互換性が無い
砲弾が一緒でも薬莢側が別規格

互換性があるのは三八式野砲・九五式野砲・四一式騎砲
混載が編成が厳しい
364 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 11:00:21.46 ID:p8daPoxJ0.net [1/2回]
>>361
二万の日本軍が十倍の敵をたちまち席捲、満州全土を占領した前例があったからねぇ

たしかに連中は高射砲ひとつとっても、クルップ8.8cm艦載砲、FLAK18、アンサルド、ビッカース
、ラインメタル設計の76.2mmソ連製とかよりどりみどり日本を凌ぐ最新のやつ買ってる
だが、システム運用がからきしダメダメ!
砲弾口径や規格がばらばらで補給の概念と能力なんて一部の精鋭部隊に限られた
それが損耗したら、その他大勢は一気に瓦解
上海戦以後の推移だね
家族郎党軍隊のあとぞろぞろついてまわって煮炊きして、夫なり息子の兵士に食事提供した
ようなやつらだぞ?
さぞかし戦闘以外の行軍で付帯する乳幼児が死亡したはずと思うけど…

日本軍も初採用ながら、猛訓練の成果で浸透戦術の成功に自信もってたし
不利な上海戦線犠牲おおく突破して、逆転勝利して奢った結果だね
365 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 11:30:41.32 ID:p8daPoxJ0.net [2/2回]
支那は、まー文字どおりアットホームな軍隊というか(笑)
近代軍の体ではないね
便衣兵とか、列強なら捕らえられたら銃殺覚悟やむなしで実施してたのが、連中のデフォだから
366 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 16:02:06.89 ID:/iFrQSJhM.net [1/1回]
それは日本軍に投降しても殺されるから制服脱いで逃げただけなんでは・・・
367名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 16:16:12.01 ID:TkpCZMbR0.net [1/5回]
南方軍の機動旅団案に「馬じゃ弾雨の中で推進できないから砲にトラック使う」てなってるように
最前線は馬前提砲じゃ厳しいということはWW1でも証明されてたんだけどね

馬では前線機動運用ができない、馬じゃ遠距離用大型砲が使えない、もう馬捨てろよって話だが
全国から馬を育成して徴用する仕組みを作ってしまった以上、いきなり廃止も出来ないから
そりゃまあ馬中心部隊をなんとか使い回さんとあかんのよな
368 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 16:20:49.72 ID:tt8ps4RD0.net [1/1回]
馬を捨てられた国ってアメリカくらいなものだろう
369 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 16:26:47.57 ID:rdP59b7I0.net [1/2回]
イギリスがあるでよ
開戦前に馬を捨てた恐らく唯一の国
370名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 16:43:27.33 ID:rdP59b7I0.net [2/2回]
なんというか国府軍が買ってた新兵器は量的には微々たるものだというのはわざとなのか無知なのかスルーされますよね
輸入した8.8cm高射砲なんてたった20門ですよ
371名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 16:46:14.32 ID:AkFw+gSt0.net [1/13回]
>>363
弾頭挿げ替えは前線部隊でしょっちゅうやってたはずだよ
完全弾薬筒を、ちょっと焚火で炙ってポンッて抜いたりしたと思う
山砲なんて最初から分離式だから、タ弾は九四式用の制式化と普及が遅れてて
大概四一式の弾頭使ったはず
薬莢は真鍮製なら五、六回は雷管打ち換えで再利用できる
鉄製の代用材質だと、こうもいかんだろうが
372 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 16:54:30.40 ID:2Iz/zow+0.net [2/3回]
日本の輜重兵の主力は
最後まで主力は三九式輜重車なんですよ
373 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 17:00:24.04 ID:AkFw+gSt0.net [2/13回]
そうだな。南方で馬が熱さと熱帯病で斃死、兵隊が牽いたりしてね
374 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 17:30:24.18 ID:AkFw+gSt0.net [3/13回]
未開のソロモン、ニューギニア戦線なら輜重車すらまったく使えず、背負子か篭かきが常道
らしい
数少ない報道写真でみれるけど
375 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 17:43:24.19 ID:ixdKMS3cd.net [1/3回]
>>371
いや、件の九四式に関しては薬莢は改造三八式野砲と同じにしてあるよ
装薬を減らして使ってる
今度は四一式と互換性が無い
四一式の薬莢、九四式の減装薬莢、改造三八式・九五式の薬莢の三種類になってでも、九四式はそこまでの普及を意識している
だからビルマ方面に転進した部隊の装備変更もそれによって若干スムーズになったのかも
376 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 17:52:30.21 ID:AkFw+gSt0.net [4/13回]
>>367
馬は音に敏感な生き物なんだね
現在の観光牧場とかでマナーわるい外人やおばはんが騒いでるのをひどく嫌がる
それで砲撃の恐怖心鎮めるため、すっぽり毛布で頭覆うとか御する対策はあった
ほとんど屁のつっぱりにもならんだろうけど
377名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/21(日) 17:58:08.18 ID:cp7DOFaqr.net [1/1回]
まあスレちなんだろうけど、
陸軍の戦車砲は75mmに関しては
ホロチャージ弾で乗り切ると割りき切って
95式ベースにするべきだったんですかねぇ
生産費/維持費は90式に比べてかなり安く
38式野砲系統ともラインを共有できるから
47mm用意するより楽だったりして
378 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 18:01:14.33 ID:AkFw+gSt0.net [5/13回]
装薬、炸薬とも火を使うのは危険だから、おおかた湯煎とかで挿げ替えやってたとは思う
379 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 18:12:49.20 ID:AkFw+gSt0.net [6/13回]
>>377
成型炸薬弾は初速高くて砲弾旋回速度が急だと、かえって威力が削がれるんで
山砲から撃つのがよろし
旧式化したはずの余剰兵器7.5cm kwk37がHEAT弾発射プラットフォームで
重宝されたのは、そんな理由
380 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 18:27:40.07 ID:AkFw+gSt0.net [7/13回]
>>370
南京攻略でFrak18だかが、何門か市内に配備されてたんだが、日本軍が城内突入の
まえに牽引式だから、まんまと遁走できたようだね
381名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 18:36:15.76 ID:TkpCZMbR0.net [2/5回]
95式野砲と機動90式野砲で価格ほぼ同じだから
90の生産コストがどうのというのは多分あまり関係ない

そんで陸軍の戦車に随伴する機械化砲兵は機動90/91や自走砲装備なの
機械化してるなら38/95なんて使う理由はないわkで、戦車との融通性を考えるなら90ベースで良いのよ
自前砲兵を持たない独立戦車隊として運用するなら歩兵との融通性も重要だろうけどな
382名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 18:43:09.03 ID:wgftlmOO0.net [1/1回]
>>367
馬は輜重に使うとか使い分ける道があるにはあったんだけどな
あっちもあたうることなら完全機械化したいとこだが、まあそれでも前線に出さないならまだ使いようはあった
まあ何にしても、日本の発動機の生産能力じゃあ何を考えても画餅なんだが
米資本の自動車メーカー追い出した戦前の革新官僚ドモは永遠に呪われろってな
383 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 18:49:14.95 ID:AkFw+gSt0.net [8/13回]
>>381
具体的に値段的にはどうよ?頼んます
手間かかっても、売り込み推し出血バーゲン価格とかもあるんで
いちがいに価格比較だけも迂闊ですが
384名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 19:04:39.23 ID:TkpCZMbR0.net [3/5回]
>>382
輜重や段列のほうが先に機械化始まってるんや
これは当たり前で積む量を工夫すればどんな車両でも使えるからね
砲の牽引に使える自動車って94式6輪が登場するまで無いのよ(いざってときに半装軌にできる)
そしてこの流れと米国自動車メーカーは全く関係ない

>>383
アジ歴
A03032157800
昭和16年12月 兵器臨時価格表(甲)

機動90:232300/20650/20650
95式:21450/21450/21450

弊社の95は某社の90より安いですなんて売り込みしてるわけではないんやで
385 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 19:14:21.47 ID:AkFw+gSt0.net [9/13回]
Ⅲ号N型が前線で好評だった理由とかな
突撃砲にくらべ回転砲塔、Ⅳ号より足回りが先進的
榴弾の7.5cmと成型炸薬弾撃てる
補充不足のティーガー大隊の穴埋め装備としてうってつけだったわけだ
386 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 19:21:06.86 ID:AkFw+gSt0.net [10/13回]
>>384
大阪造兵廠とその下請けのあたりまえの結果か…
九五式と製造コストはそれほどかわらん
それで機動九〇式の生産が振るわないのは牽引車の製造問題なんだな
387 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 20:21:06.69 ID:ixdKMS3cd.net [2/3回]
戦車砲としては多少無理してでも高初速の九○式野砲つめっていう今更の結果がホイが出来てから言われているからなぁ

あと九○式野砲が不評かったのは実は馬さんの問題ではないんやで
牽引重量では1.93トンと2.05トンでそこまで変わらんのよ
じゃなくて放列砲車重量が約300kg重くなっているので陣地転換が一層厳しくなったことなんだよ

つまり牽引車があろうとなかろうと、切り離してからの陣地設置の手間は同じ
これが意味するのは、別に九○式の配備がああなったのは馬匹だの機械化だのとは別のところにあるということ
単に日本軍が前線での放列転換の迅速性を求めた時期に九○式九五式論争になってて、射程重視に転換した時期がたまたま機動砲兵が発足する段階だったという、つまりタイミングの問題や

おそらく当初から機動化先行の軍隊だったら、機動九五式野砲になっていたかもわからん

俺のあくまで感想ね
388 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 20:34:37.01 ID:AkFw+gSt0.net [11/13回]
ZIS-3だったらなんら問題ないわけ?
つぃかに土浦で実物みたら、あれは5~6人で動かせそうだ
三八式、改造三八式は見た目がごつくてでかい、重量的にそうかわらんくても
視覚イメージで数人で陣地据え付け搬入で難渋しそうなイメージがあった
389 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 20:47:51.46 ID:AkFw+gSt0.net [12/13回]
見た人間によると、PAK40なんて実物はでかいらしいからな
1/35の模型だとたいしたことないけど、マズルブレーキ大きさが人の頭を優に越える
靖国神社でみるチハがあれほどなんだから、Ⅳ号の長砲身なんて威圧感で相当のはず
ちなみにチハは車幅は狭いが長さはM4とさほどかわらん
390 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 21:31:01.29 ID:TkpCZMbR0.net [4/5回]
そりゃ15榴だって6~7人でこうやぞ
ttps://www.youtube.com/watch?v=vkyR4bgYeU4
391 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 21:36:39.96 ID:TkpCZMbR0.net [5/5回]
おんまさんと人力がどういうもんかというのはこれがわかりやすい
ttps://www.youtube.com/watch?v=QLeiEHBAfXE
なお傾斜地登れなかったとかは見なかったことにしてあげるのが優しさ(
392 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 22:05:31.14 ID:ixdKMS3cd.net [3/3回]
ちょっとでも凸凹や傾斜があったりすると途端に引かなくなるんだよなぁ
とりわけ大陸なんかそう
まあだからこそ陣地侵入前にある程度慣らしておく必要はあるんだけどね
それでも土質によってはうんともすんとも引かない
機械化だろうと馬匹だろうと、結局切り離してからは人力なんで
馬や牽引車の話にされがちだけど、九○式に関しては人間の話や
別に30年代前半に牽引車があっても、放列転換重視なら九五式配備は変わらないし、
逆に30年代前半で牽引車配備ほぼなくても、射程重視なら九○式配備になってた
393 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 22:07:41.85 ID:AkFw+gSt0.net [13/13回]
砲のデザインアークも多大と思う
重量かわらんくても、軽そうに感じたら「いっちょう、やったろうかい!」と上半身裸とか
褌一本で牽こうって気になるわな
394名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/21(日) 23:58:11.14 ID:2Iz/zow+0.net [3/3回]
そもそも野砲は砲兵の間接射撃が任務で
直接昇順の対戦車任務の砲ではありません。

対戦車砲はあくまで歩兵隊の所属

何処の国も野砲や高射砲を対戦車任務に使うのは
あくまで臨時で
使われた砲兵部隊や高射砲隊の指揮官は
あまり面白い顔をしない
395 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 00:56:56.93 ID:W+vxndQxd.net [1/6回]
>>394
野砲の直接射撃=対戦車任務だと思っているのもどうしたものか

このスレの皆さんなら当然ご存知だろうが、この時代の野砲は長距離射撃もしつつ、前線での直協任務も要求される兵器
じゃなきゃ九五式なんて出てこないよ
396 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 01:07:00.47 ID:tRizEEhe0.net [1/2回]
旧軍の師団砲兵の主任務は歩兵直協で
この場合は組む歩兵部隊に隣接し3~4km以内の射程で、なるべく直接照準で友軍の至近距離に砲弾ぶちこむ
だから頻繁な移動と布置が求められ、また準備の整ってないような放列陣地を許容しないといけないんや
この用途に限って言うなら射程要らないし、75mm砲でも威力的に困らないし、機敏に動けるほうが良い
でも師団砲兵は対陣地射撃もするし、運動阻止で後方への擾乱射撃もするし
こちらの展開を妨害する敵砲兵への射撃もする。この場合は射程や威力が欲しい

対戦車戦闘だって間接射撃だって、どっちも出来て欲しいしするのが師団砲
突撃砲やSUナンチャラは戦車みたいな機械だけど砲兵で
間接射撃から直射照準の支援射撃から戦車狩りまで何でもやるでしょ?
あれは牽引砲でやろうとしてたことが先にあって、機械化・装甲化したほうが都合が良いってなった結果

間接射撃する大きな大砲は師団砲兵運用の一部であって
前進して直協する戦車とか突撃砲が無いと、後ろに居座って火力機動に徹するなんてことは出来ないのよな
397 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 01:13:59.00 ID:zwGCWDII0.net [1/1回]
九二式歩兵砲の出来が良くて大隊砲も中隊規模なら九五式野砲なんて要らなかった
398 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 16:07:42.80 ID:W+vxndQxd.net [2/6回]
大隊の九二式歩兵砲の一個中隊ってそんな意味あるか?
むしろその分の労力で、歩兵砲は小隊に留めて中小口径の速射砲を配備すべきだと思うが
弾薬重量で見ると遥かに軽いし、射撃精度は比較にならんのだが
399 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/22(月) 16:27:18.14 ID:xIzkW6O06.net [1/1回]
81ミリ迫撃砲でよくね?L16なんか最高
400 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 20:43:44.79 ID:tRizEEhe0.net [2/2回]
92式以前には大隊砲はないし、速射砲は連隊直轄砲なんで運用が異なる
大隊が必ず使える火砲がこれ1つしかない以上、直射も擲射もできるほうが便利ではある
自動砲でも揃えば迫撃砲で十分なんだけど、それは次の世代の話なのである
401 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 21:17:46.88 ID:W+vxndQxd.net [3/6回]
誤解させてなかったらすまんが、
>>大隊砲も中隊規模なら九五式野砲なんて要らなかった
に反応して、大隊砲を中隊(=4門)にする意味はあるのかと言ったわけだよ
本来は2門(一個小隊)。これでも2門で288発(1740kg)が定数なんで弾薬面でかなりの負担なわけだがね
ちなみに日本陸軍便覧によると日本軍の理想とした編成では大隊に速射砲付加してるし、余裕のある状況では九二式歩兵砲を中隊に増強するよりも速射砲との折衷配備を取るんじゃないかってこと
402 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 21:36:00.99 ID:W+vxndQxd.net [4/6回]
九二式歩兵砲に関しては精度問題さえ良ければ傑作砲だったと思うわ
迫撃砲は滑腔砲なんで本来精度悪い上に曲射しか出来ない、むしろ九二式歩兵砲の方が有力視されてしかるべき存在だった(唯一利点の軽量さも、本体が150kg軽くても、弾薬は900kg近く必要なのは変わらないのでトータルのシステム重量は誤差みたいなものなのだ)

大隊砲は直射も出来るし、重いが車輪付きなので必ずしも機動力は低くない

問題は台座のぐらつきが酷いことらしい
パンツァーで執筆の木俣滋郎曰く、「最前線ではあたりに落ちている石などを拾い集め、隙間に詰めて固定しなければならなかった」そうだw
発砲時の衝撃荷重にクランクまわりの捻りや曲げの剛性が足りてない、虫のいいアイデアは失敗に終わったと評している
403 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 22:38:41.46 ID:tsQe1Xmo0.net [1/3回]
そんな軽量で直射も曲射もこなす万能砲なんて、火砲先進国でも至難の業なんだから
日本で成功する望みなんて…
二兎追うもの~だったわけだ
ベーラー砲が辛うじて成功作でヘボい出来だろうよ?
日本の場合、九二式歩兵砲は明らかな失敗作だが、上のクラス連隊砲四一式がその役目果たしたんで
救われた
山砲兵装備だけでは、あれほど全戦線で活躍しなかったし、製造門数も数分の一にとどまっただろう
404 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 22:48:49.34 ID:tsQe1Xmo0.net [2/3回]
古本の90年よりまえのパンツァー、戦車マガジンは大穴だよな
佐山さんが火砲大御所になるまえに有益な記事書いてた火砲マニアが何人か存在してたのが
わかるから
運がよければ200円とかで買えるよ
405名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 23:04:07.50 ID:tsQe1Xmo0.net [3/3回]
四一式を大隊砲で装備できなかったかな?と
連隊砲で九四式は精緻すぎて、当の山砲兵連隊でも予備役将校レベルでは扱いきれなかった
だろうなんて「知られざる日本の兵器」で書かれているから連隊砲では無理だろう
406 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 23:33:15.55 ID:W+vxndQxd.net [5/6回]
>>405
独立歩兵大隊
その名の通り通常の歩兵大隊とは違って独立しているから、連隊の支援を前提としていない
代わりに、通常の歩兵大隊より300人程度人数が多く、山砲2門が追加される
ただし日本軍の例に漏れず、ピンキリなのでロクに充足されない場合があるから注意
407名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 23:39:22.10 ID:W+vxndQxd.net [6/6回]
有名なのが、沖縄戦の賀谷支隊。
分隊に二丁の軽機関銃と、本来の重機関銃、擲弾筒、小銃
そして九二式歩兵砲×2と四一式山砲×2

たったこれだけの戦力で、米軍二個師団を迎え撃ち、1200名強の大半が戦死

一介の歩兵大隊が戦史でかくも強烈に取り上げられることは滅多にないだろう
この話を調べると目頭が熱くなる。合掌
408 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 23:40:35.10 ID:cpcPxkQ20.net [1/3回]
ボ式でも支給されたら、えらいことになりそうだな
409名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 23:46:39.79 ID:cpcPxkQ20.net [2/3回]
>>407
大陸転戦してた部隊だろ?
戦功から優先的に装備やら、実験部隊の役目負わされてたのかもね
410 : 408 [sage] 投稿日:2019/04/22(月) 23:57:36.19 ID:cpcPxkQ20.net [3/3回]
ボ式が悪いといってるわけでないよ
山砲としてむしろわるくない砲
日本陸軍の用兵ドクトリンに合わなかっただけでね
蘭印で鹵獲した個体は特殊工具まで入手できず、10個に分解できるものを三つにしか分けれず
ガ島でえらい目に遭ったそうだ
411名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/23(火) 00:03:02.83 ID:zBqjv0FQd.net [1/3回]
>>409
いや、治安師団だと10個大隊、砲兵連隊無しが多いから、これでも師団で見ると四一式山砲×20門、優先というか、本来は平凡な戦力だよ
まともに頼れる存在だったのがこのレベルの砲しかないというむしろ悲しい状況だから
そもそも砲兵隊の支援も受けられないという前提での編成だからね
必然的にプチ歩兵連隊みたいになる
412 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/23(火) 00:09:23.89 ID:zBqjv0FQd.net [2/3回]
あ、405の本来の質問意図に答えてなかったな

つまり結論から言うと四一式は大隊で使えないことはない
九二式を完全置き換えるとかそういう使い方ではなく、九二式×2+四一式×2の使い方だね

繰り返すが賀谷支隊(独立歩兵第12大隊)の奮戦は壮絶だった
手放しで喜べることではないが、機関銃と少ない火砲でよく抵抗した
相手は米軍の二個師団ということを考えれば
413 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/23(火) 00:21:25.41 ID:zBqjv0FQd.net [3/3回]
>>411
訂正
8個大隊だから16門だね
これで満州でソ連軍、フィリピンなどで米軍に立ち向かうのだから別に全然重武装でもエリートでも無い、本来は案山子みたいな編成
ただ62師団など、八路軍や蒋介石軍との交戦で鍛え抜かれた兵士達はそんな武装で凄まじい抵抗をして下さったが
414 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/23(火) 00:33:55.46 ID:Z452FZgI0.net [1/2回]
内陸持久を目論んでる三十二軍の高級将校たちは増援もださず、タバコふかして双眼鏡で上陸
戦闘眺めてたというね
八原考案、持久のため戦力温存て戦略では至極正解 冷酷だが軍の上層はそんなもん
大本営からせっつかれて無理な総攻撃敢行して、却って抵抗力を著しく削いで瓦解をはやめ
てしまった…
415名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/23(火) 00:45:54.68 ID:vOkMF2Mn0.net [1/1回]
各砲は大隊・連隊の担当範囲を狙えるように位置し
歩兵大隊は視界射界良好な地点を占領しつつ接近とかしないんで、直射だけじゃちょっと困るていうか
直接照準は滅多にやらず(敵に近いので撃たれやすい
間接照準で平射という形が基本。もちろん状況次第で直接照準の直射もするけどメインじゃない

連隊砲は直接照準で狙撃するのがメインで、射程的に1km以上離れてるところから銃座等を狙う
これは大隊長や連隊長の位置と指示の関係でもわかると思う
連隊司令部は連隊全体の戦況を把握しやすい見晴らしの良い場所を確保するから
そこで連隊砲で遠距離狙撃という運用が可能になるわけよ

大隊に41式山砲を持ち込んでも、大きく目立って敵火に対して危険だし
山砲の榴弾は近距離で地面で跳ねるから火力発揮にもマイナスになる
防戦でやることがある程度決まってて火砲を適切な距離に隠蔽できるなら山砲でも良いけど
攻撃で使おうとすると41式山砲でも立派過ぎるていうかオオモノ過ぎるんじゃないかな
416 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/23(火) 00:49:16.28 ID:Z452FZgI0.net [2/2回]
九師団を台湾に抽出された時点で、八原は負けを意識したともあるけどね
牛島や長なんて、実際の戦闘指揮ではほとんどクソの役にもたってない
褌一本で戦闘のさなか酒宴ひらいて芸者遊びしてたそうでないのよ
417 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/23(火) 16:38:36.47 ID:bb6CY3fmd.net [1/2回]
>>415
純然たる歩兵連隊なのか、治安維持部隊で広大な占領地域に広がって維持するかによるね
俺も本来の歩兵連隊下の大隊に配備するのには一考を要すると思う
独立歩兵大隊は、ときには5~6kmの正面を守備していかなきゃならない場合とかザラにあるんで、同じ大隊でも求められる任務や編成が違ってくる
敵がどこで攻勢かけるかってのを予測するのは実は難しいことで、攻勢三倍必要とか言われているけど、防御には防御で割と広く薄く守らなきゃならないという難しい要素がある
まあ実際には独歩もガンガン戦線に投入されちゃうんだけどもね
418 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/23(火) 16:55:07.95 ID:bb6CY3fmd.net [2/2回]
んで2門というのは、3門でも若干無駄かもしれないし1門じゃ絶対足りない、絶妙に必要な数
火砲は正面に向けるんじゃなくて横向きに近い状態で配置するとね、両翼に配置で正面幅の広い範囲をカバーできる
必要火砲はそれぞれ最低2門づつあればよいというわけよ
守備部隊的な性格が強いわけ
(あと黒い話をすると、宜昌で中国軍の大攻勢があってかなり絶望的状況に陥ったことがあったんだが、数門の山砲の瓦斯弾射撃で絶大な心理効果を与えて敵の攻勢意図を屈服させたというアレな実績があってな…独歩の件はそういう経験からのフィードバックもあるやもしれんで)
419 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/23(火) 20:44:16.89 ID:ajO5vO8L0.net [1/2回]
糜爛性ガスだと大層悲惨な仏さんになるんだよな…
洞窟陣地に潜んでたシナ兵に投与、肌の色が真っ黒で口から泡吹いてる三人組写真
とかある←グロ中尉
420 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/23(火) 20:49:45.14 ID:ajO5vO8L0.net [2/2回]
まぁ日本国も中華民国も毒ガス禁止条約批准してないから合法でやんすが
421名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/24(水) 19:56:29.51 ID:PruvB06e0.net [1/3回]
大隊に九二式と併せて四門でなく、四一式のみ四門でいいじゃん!
おおよそ師団砲兵の支援が望めないんだ
砲弾補給体系がはるかに簡素化するぞ
六二師団の編成が変則的であったのは80年代のPANZER記事で知ってたけどね
422 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/24(水) 21:17:25.52 ID:1VaUdnaBd.net [1/1回]
>>421
いや62師団は一例として挙げたに過ぎんし、独立歩兵大隊に四一式山砲×2追加はオーソドックスな編成だよ。実態として充足率が低いのは山砲に限った話じゃないし
ここにある独立歩兵大隊にもこんな話がある
https://okigunnji.com/2014/08/17/post-1892/

>>歩兵中隊は5個あり、各中隊には195人の将兵がいました。中隊本部と3個小隊で構成された中隊には、小銃の他に軽機関銃×6、重擲弾筒×6を装備しています。つまり、各小隊には軽機関銃分隊2と、同じく重擲弾筒分隊2があったことが分かります。
 他に41式山砲×2、92式大隊砲×2をもつ歩兵砲中隊と、重機関銃×8の機関銃中隊があります。機関銃中隊は92式重機を装備したので、人は132人で馬が50頭もいます。歩兵砲中隊は人が130、馬が60頭でした。
 このように独立歩兵大隊は人員が1237人
423 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/24(水) 21:28:20.29 ID:XW+hY6K3a.net [1/1回]
九二式は敵銃火線下で直射出来るから、四一式で代替出来ないとか聞いた事が有る(四一式はデカイから敵機銃に滅多撃ちされるとか)

問題は守勢に回ると直射しか使えないというところかも知れないが
424 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/24(水) 21:35:45.52 ID:PruvB06e0.net [2/3回]
曲射平射直射可能な軽砲で射程6kmつうのがミソと思うよ
満州事変で試験的にもたせてみたら絶賛の嵐、ぜひとも連隊に装備してくれ相成った
山砲兵で旧式化してたのが返り咲いて再生産
日本軍に最大の脅威損害与えてたチェコ軽機、迫撃砲の撃破、攻撃抑止効果に多大だったからな
425 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/24(水) 21:42:53.17 ID:Wij/GMZ60.net [1/1回]
大隊砲が無いと近距離戦や遮蔽物の向こうを相手取れないんよ

独立混成旅団は複数の独立歩兵大隊を抱えるスタイルで、編成に連隊がないんで
旅団砲兵隊が各大隊に配属されて指揮下に入るか、旅団で一括で運用するかになってるんや
426 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/24(水) 21:58:00.32 ID:PruvB06e0.net [3/3回]
それ、ヘボいと思われる7.5cm IG18が意外と活躍したようなもん?
けっこう活躍し、欠くべかさざる装備だったらしいね
散弾銃方式の装填法が独特のやつ
九二式よりIG18かソ連の7.62mm歩兵砲装備したらもっとよかったか?
427 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 00:06:32.63 ID:I4LzYgia0.net [1/6回]
九二式の不甲斐なさカバーすべくはソ連歩兵砲式で四一式を大口径防弾鋼プレス部品転輪にして防護効果増すとかな
車軸可動にして傾斜装甲がわりにする方式もあり
フランスのやつは方向転換の利もとめた結果らしいが
日本だと37mm速射砲の伝
428 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 00:12:32.28 ID:I4LzYgia0.net [2/6回]
すまん、つらつら考えると、あれは平行な二輪よりハの字設置することで軽量火砲の射撃安定性狙ったのかな
429 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 00:29:33.06 ID:QnPspNAG0.net [1/1回]
曲射だけなら迫撃砲でも全然構わんはずだが
IG18とか92式は直射で狙えるし、曲射もするから、歩兵大隊としてはかゆいところに手が届く便利な武器であろう
ソ連の76mm歩兵砲は連隊砲なんで直接比較するもんではないと思うけど
あれなら41式山砲のほうが良さそうな気がするw
430 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 00:42:13.39 ID:0sv4WtMa0.net [1/1回]
小銃一つで敵前に身を晒す歩兵にとっては
例え玩具みたいな大砲でも支援が有るのと無いのとじゃ
大違いだったろうしなぁ
431 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 00:46:14.49 ID:I4LzYgia0.net [3/6回]
IG18ショットガン形式の閉鎖機構はやはり速射性を狙ったのだろうね
432名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 01:06:09.12 ID:HGmFs+VA0.net [1/1回]
ソ連的な小銃二人に一丁だけど火砲支援あるのと、小銃一人一丁で火砲支援うすいのって歩兵からしたら究極の選択だなw
433 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 01:34:02.20 ID:I4LzYgia0.net [4/6回]
それ、映画スターリングラードの世界だろよ
小銃弾クリップふたつ渡されて戦死者のモシン・ナガン奪い合うって
たしかに独ソ戦でそんな場面は頻発したんだが
434 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 01:35:48.90 ID:I4LzYgia0.net [5/6回]
銃が宙舞ってんのなwwww
435 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 01:45:13.25 ID:I4LzYgia0.net [6/6回]
>>432
カレー味の雲古か、雲古味のカレーか?
…どっちも金輪際食いたくないのが現代の日本人だよなぁ
436名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 21:27:05.50 ID:WvRw2B0i0.net [1/1回]
列強は野砲、軽榴弾砲、重砲の長射程競争に明け暮れ、大隊砲、連隊砲クラスのニッチ分野は手薄だった
みたい
四一式のような日露戦争時設計の砲が長く性能的に陳腐化しないんだからな
もちろん設計が手堅いものであったろうだけど
437名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 22:15:27.09 ID:Q5gwaiZvd.net [1/2回]
>>432
でも、敵に近づいたら味方の上でも容赦なく砲弾降らせるから
敵の銃火と背後の督戦隊の銃口と頭上から降って来る味方の砲弾で逃げ場なしな三重苦だぞ
438名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 22:17:11.02 ID:Q5gwaiZvd.net [2/2回]
>>436
その領域では歩兵携行の小型迫撃砲や無反動砲ってもんがあるのを知らないのか?
439 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 23:04:59.38 ID:q0bzKH8E0.net [1/3回]
>>438
無反動砲なんて1941年のクレタ島でドイツ空挺隊がはじめて使った特殊兵器だよ
そんなこともしらんの?
おまえさんは軍板では間違いないバカだ
勉強しなおしさい!
440 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 23:09:19.35 ID:q0bzKH8E0.net [2/3回]
>>437
ああ、ヘレン・ケラー状態だね
雨降って来たの、「ワ―ラ―ッ!!」て叫ぶしかない
441 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 23:14:38.76 ID:q0bzKH8E0.net [3/3回]
>>438
大学生かい?連休課題でラインメタルとクルップ無反動を調べるんだな
連休明けにレポート提出すること
いいかい、おバカちゃん?
ソクラテスの無知の知って格言を知りなよ
442 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 23:35:25.77 ID:HARTBEKc0.net [1/2回]
いちおうは学術スレなんだから、本人は善意からだろうけど誤った知識拡散してる
ような輩は老若男女問わずスターリンばりに粛正するのがよろし
害悪垂れ流して研究の阻害してるカスに過ぎない
443 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/25(木) 23:56:17.41 ID:HARTBEKc0.net [2/2回]
間違いだらけwikiの十四年式十榴記述をみて鵜呑みにして拡散する馬鹿がいると思うと…
いくらなんでもあれは酷すぎる
原型砲特定からして完全にアウト
444 : 名無し三等兵 [sage] 投稿日:2019/04/26(金) 00:48:29.97 ID:HIqmd80G0.net [1/1回]
>>436
列強には戦車や支援自走砲があるんじゃよ
いくら連隊砲や大隊砲が有用といっても、突撃砲とかSU152の前じゃ霞む
445 : 名無し三等兵 [] 投稿日:2019/04/26(金) 05:18:36.63 ID:D1p7GWlSH.net [1/1回]
>>252
>ターンテーブル方式のほうがはるかに安定性と射撃精度稼げるみたいよ

白兵戦から逃げる遠距離射撃はダメな軍隊の典型だよ?

5 ドイツ軍は近接戦が不得手 top
 またドイツ軍の歩兵は、近接戦闘を好まないということに気がついた。ドイツ兵は、
一〇〇〇メートルもさきから、自動火器の弾丸をばらまきながら前進する方法を好んでとっていた。
 これら二つの要素――つまり協同戦闘と、近接戦の不得手――にたいしてとるべき戦法は、
できるだけ敵に近接することだ、と彼は結論した。
 そうすれば、ドイツ空軍は、友軍部隊にも損害をあたえることを覚悟しなければ、ソ連部隊を爆撃することはできない。
 ここで、第一の連繋がくずれ、ドイツ軍歩兵をいやでも近接戦に巻込むことができるだろう。
 チュイコフがのちに「全ドイツ兵に、ソ連軍の銃口をつきつけられて生きていると感じさせなければ
ならない」といっているように、町のなかでは、この近接戦法をとることは容易だ、と、彼には思われた。
http://ktymtskz.my.coocan.jp/E/EU/sobiet5.htm


軍事板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク