ログ速トップ
1 : へっぽこ立て子@エリオット ★[] 投稿日:2017/11/21(火) 13:25:07.68 ID:CAP_USER.net [1/2回]
立て子の戯言:実験的にロイター提供の前場値動きを定点観測する試みを行っています。
後場の動きに注目されている方々、及び市況板をヲチして楽しんでいる方々の手助けになれば幸いです。
もちろん中の人も大いに活用して下さいね。お漏らしは程々に。
株式前場値動きとスレタイにつけていますので、スレタイ検索でも活用していただければ幸いです。適宜、>>2辺りにその日の詳細も置いておきます。
株式前場値動き | スレタイ検索 dig @ 5ちゃんねる op[0:50:1:1:8:all:0] https://dig.5ch.net/?keywords=%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E5%89%8D%E5%A0%B4%E5%80%A4%E5%8B%95%E3%81%8D&AndOr=0&maxResult=50&atLeast=1&Sort=1&Link=8&Bbs=all&924=0
昨日は円高が重石になって低迷した市場でしたが、今日は打って変わって反発する動きを見せています。チャートの25日線にかなり近づいた状況であったのも買い先行の材料になったのでしょうか。
後場に入ってからは流石に利確売りが強いようですが、それでも22450円を下限にするようなもみ合い状況。

[東京 21日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比226円62銭高の2万2488円38銭と反発した。欧米株高や円安などの環境改善を好感した買いが先行した。ただ、国内材料に乏しく、先物主導の方向感を欠く地合いが継続。買い一巡後は節目の2万2500円付近で利益確定売りが重しになった。

市場では「業績買いで下値の押し目買い需要はかなり大きいようだが、海外勢が買ってこなければ上値を追えない」(水戸証券のチーフファンドマネージャー、酒井一氏)との声が出ていた。

TOPIXも反発し0.87%高だった。東証1部の午前中の売買代金は1兆1285億円。セクター別では石油・石炭が上昇率トップ。化学工業、非鉄金属、機械、輸送用機器も上げが目立った。東証の全33業種中下落したのはパルプ・紙のみだった。

東証1部の騰落数は、値上がり1466銘柄に対し、値下がりが471銘柄、変わらずが100銘柄だった。

2017年11月21日 / 11:56
ロイター
https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-mid-21-idJPKBN1DL07R?il=0
2 : へっぽこ立て子@エリオット ★[] 投稿日:2017/11/21(火) 13:25:19.19 ID:CAP_USER.net [2/2回]
本日の詳細

<13:00> 日経平均は堅調維持、独政治にくすぶる警戒感

日経平均は2万2400円台後半で堅調維持。前日の欧米株高の流れが相場を支援し
ているが「ドイツの政治情勢は、報道を見る限り予断を許さない」(国内証券)との警戒
感も根強い。

ドイツのメルケル首相は20日、自身が率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・
CSU)と、自由民主党(FDP)、緑の党による3党連立協議が決裂したと述べた。再
選挙の可能性が出てきたものの、世界経済に対する前向きな見方やユーロ安が欧州株式相
場を押し上げたと見られている。

市場では「相場はさほどリスクシナリオを織り込んでいないようだ。それだけに、事
態が悪化した場合、欧州株価に下げ余地が見込まれる」(同)との声が聞かれた。


<11:01> 日経平均は高値もみ合い、先物主導で方向感乏しく

日経平均は2万2500円付近で、きょうの高値圏でのもみ合いとなっている。先物
が主導する方向感の乏しい地合いが続いているという。「高値を取りに行くムードはなく
、2万2500円付近ではどうしても利益確定売りが出やすい」(中堅証券)との声が聞
かれた。


<10:33> 日経平均は伸び悩み、大幅高後は利益確定売りが重し

日経平均は2万2400円半ば。一時300円超高となって2万2500円台半ばに
上昇したが、利益確定売りが重しとなって伸び悩んでいる。「ドイツ政治の先行きが不透
明な中でも欧米株が崩れなかったことで買い戻しが入った。円安基調も支援材料だ」(国
内証券)とされる。もっとも、足元では国内材料に乏しく、欧米市場の動向に振らされや
すくなっていることへの警戒感も根強いという。


<09:10> 寄り付きの日経平均は反発、米株高・円安好感で幅広く上昇

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比195円03銭高の2万2456
円79銭となり、反発して始まった。前日の米国株高や円安など投資環境の改善を好感し
た買いが先行した。良好なファンダメンタルズも支えとなり、幅広い銘柄が上昇。寄り後
に上げ幅は200円を超え、節目の2万2500円に接近している。業種別では、東証3
3業種がすべて上昇。石油・石炭製品、非鉄、化学などが上昇率上位となっている。


<08:33> 寄り前の板状況、主力輸出株が買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、
キヤノン 、ソニー 、パナソニック などの主力輸出株が買い優勢
。指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック なども買い
優勢となっている。
メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン
シャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ がいずれもやや買い優
勢となっている。
3 : 名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2017/11/21(火) 14:42:07.75 ID:7HkQLmQ6.net [1/1回]
上がったところで売って放置しておけばおやつの時間前には
儲かるというパターンはいつまでつづくんだろ


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク