ログ速トップ
1 : 田杉山脈 ★[] 投稿日:2019/03/23(土) 19:11:41.02 ID:CAP_USER.net [1/1回]
AppleはiPhone 8/8 Plus/Xから端末背面をガラス製にしてワイヤレス充電に対応しています。iPhoneのワイヤレス充電機能が2019年登場の「iPhone 11(仮称)」ではさらに進化し、Apple WatchやAirPodsといったワイヤレス充電対応端末に給電できるように進化するのでは、とApple関連の信頼できる情報を多く発信しているアナリストのミンチー・クオ氏が予測しています。

Macお宝鑑定団 blogおよび海外のApple関連メディア9to5Macが、TF International Securitiesのアナリストであるクオ氏が2019年2月に公開してApple製品のロードマップ予測レポートの中で、「次期iPhoneはすべてのモデルがすりガラス製のケースを採用することで、バッテリー容量の増加および他デバイスへのワイヤレス給電機能である『ウルトラワイドバンド(UWB)』に対応し、さらに屋内でも正確なナビゲーション機能が利用可能になる」と予測していると報じています。

レポートの中で記されているUWBは、SamsungのGalaxy S10が採用している「Wireless PowerShare」のような機能で、ワイヤレスで相互充電が可能になります。これまでのワイヤレス充電に対応した既存のiPhoneは、充電のみ可能でしたが、次期iPhoneでは給電機能にも対応すると予測されているわけです。
https://i.gzn.jp/img/2019/03/23/iphone-11-wirelessly-charge-apple-watch/s02_m.jpg

また、Macお宝鑑定団 blogが独自に中国サプライヤーから入手した情報によると、次期iPhoneはGalaxy S10と同じWireless PowerShareに対応するとのことで、iPhoneからApple Watchや新しいAirPodsが充電できるようになる可能性が示唆されています。

9to5Macによると、クオ氏はSamsungのGalaxy S10がWireless PowerShareに対応すると予測し、見事的中させているだけでなく、2019年に登場する新型iPhoneがWireless PowerShareのような双方向充電に対応すると最初に予測した人物でもあるとのこと。

同時に、次期iPhoneでは引き続きLightningコネクタが採用されるものの、充電ケーブルはUSB-C to Lightningケーブルに変わり、付属する電源アダプターもApple 18W USB-C電源アダプタに変わる可能性が示唆されています。これによりiPhoneはLightning接続のままUSB Power Deliveryでの急速充電が可能となります。
https://gigazine.net/news/20190323-iphone-11-wirelessly-charge-apple-watch/
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/10/31 01:30:15
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1553335901/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ビジネスnews+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク