ログ速トップ
1 : 朝一から閉店までφ ★[sage] 投稿日:2020/01/26(日) 23:21:08.60 9.net
2020年01月26日 テレビ

 俳優の長谷川博己さんが主演を務める2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第2回「道三の罠(わな)」が1月26日に放送され、終盤に本木雅弘さん扮(ふん)する斎藤道三が、“娘婿(むすめむこ)”で、美濃の守護・土岐頼純(矢野聖人さん)を毒殺するシーンが描かれた。

 第2回「道三の罠」は、京で知り合った医者の望月東庵(堺正章さん)と、東庵の助手の駒(門脇麦さん)を連れ、光秀(長谷川さん)が美濃へ帰ってくるところから始まる。その頃、美濃の国境には、侵略をもくろむ尾張の織田信秀(高橋克典さん)の大軍が迫っており、兵の数は美濃側の約5倍。多勢に無勢の中、籠城(ろうじょう)を決め込む道三に、光秀と道三の嫡男・高政(伊藤英明さん)は不満を抱くが、それこそが敵を欺く道三の作戦だった……。

 籠城を決め込むと見せかけ、一気に反撃に出ると、信秀を敗走へと追い込んだ道三。夜、土岐頼純と対面すると、頼純に尾張側と裏で通じていた証拠を突きつけ、何やら歌を口ずさみながらお茶を立て始める。頼純はそのお茶に口をつけると、やがて苦しみだし……と展開した。

 “美濃のマムシと恐れられた男”が顔をのぞかせた瞬間で、「こ、怖い」「目がヤベエ」「本木道三の迫力がハンパない」「本木道三恐ろしカッコエエ…」「茶の間がモックンに戦慄&魅了された回」「全部、道三に持っていかれた」と視聴者を震え上がらせた。

 さらに、本木さんがサントリーの緑茶飲料「伊右衛門」のCMキャラクターを長年、務めていることから、SNS上では「毒入り伊右衛門怖い」「モックンの伊右衛門CMの今後が危ぶまれる展開」「モックンがお茶に毒を盛るってCM的に大丈夫なん!?」と心配する声も上がっていた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル脚本。若い頃、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜け、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀が主人公。ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となる。

https://mantan-web.jp/article/20200126dog00m200040000c.html
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/02/29 00:28:46
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dqnplus/1580048468/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

痛いニュース+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク