ログ速トップ
1名無しが氏んでも代わりはいるもの[] 投稿日:2010/08/27(金) 01:05:25 ID:UBkV306B.net [1/1回]
つーか実際あの二人は兄妹(姉弟)みたいなもんだよね
2 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2010/08/27(金) 03:55:34 ID:???.net ?2BP(240)
おいおい
キメラとシンジさんを一緒にすんじゃねえよ
3 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[] 投稿日:2010/08/27(金) 16:45:42 ID:C2l5J6w5.net [1/1回]
お互いのことなんて呼び合うんだ?
4 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[] 投稿日:2010/08/28(土) 12:02:30 ID:c4zTIH3i.net [1/1回]
シンジのことを「お兄ちゃん」って言うレイはアリ?
5岸谷 新羅ψ ◆i85SSHINRA [sage] 投稿日:2010/08/28(土) 16:46:31 ID:???.net ?2BP(1092)
一卵双生児は性は同じです。顔も似ています。
一つの卵子が何らかの原因で二つに分かれたものですから。
6 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:26:30 ID:???.net
そんな当たり前のことをドヤ顔で言われても
7 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2010/08/30(月) 23:04:35 ID:???.net
_   _,. へ_/| /  ヽ        j |  ヽ _____
  ``<_三三ミニァ  〉       〈  | r'´∠ -─┴ '´
    \ `ヽ、_」 , - ─‐-- ─- 、 r<_/
\   、 \ _ムィ 一/⌒ヽ、ー‐- `ヽ、」  /´     /
 ハ     ̄/       /            \∠    /
/ 厂 ̄7/       |         、       マ辷 ´
 /   //   /    |          !   \     ト、\
/   // j   / / //|        | |    ヽ   |  \
j  // |   | | ||i!     / j ||| ||   !    ヽ
i| /  |   | | | | iト、   // //||| |!||  |    !
|レ|!   ヽ  | 「 T十r-ト、 〃 /i/ |/|/!/| |il |  |    |
| ||    ヽ | r〒テヾ、!ト、  /フー十|十!「|ij | ,イ     |
| i!     | ヽソ トィン:}   ヽソ  ===ミ、/!_|/ノ       | >>1
| i!     ヽ _|ハ┴''┴    、       /├ '        |  あんたイカぁ?
ト||  , -──‐|ハ    rv──‐ァ     /|├-─- 、    !
i |/       | || ト、  ヽ    /   /{| |      \  |
||         ! |!┤ \  、__ノ  /   j ハ      \|
トiハ      /ハヘ |   ` ‐-‐ ´    〃 | |      j
 ! |!    /  トト! ! \     /  /|_j.」      i /
 | | __   `フ┬‐く   \   /  /   |    ,    |/
!| !イ`ヽ / |  \       /    |  / \  レ /
|| ||   レ′     ` ー--‐ '´         V   `y /
ハ|  ||  ィ′     、 `ー一   /       |    //
∧ ||j!   |       ヽ      /       |    /   /
! | ll |  |                      ,   /   /
8 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[] 投稿日:2010/09/01(水) 02:31:53 ID:H6K8BN+M.net [1/1回]
レイ「お兄ちゃん、わたしのお弁当にお肉入れないでって言っているのに‥‥」
9 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2010/09/01(水) 10:24:37 ID:???.net
レイ「お兄ちゃん、わたしが寝てるときぱじゃまめくっておかずにしないでって言っているのに・・・・」
10 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[] 投稿日:2010/09/04(土) 19:24:48 ID:PI7LZxI0.net [1/1回]
シンジ「夜中に僕の布団に潜り込んでくるレイがいけないんだろ」
11名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2010/09/06(月) 21:33:26 ID:???.net
>>5
一卵性双生児で男女という事例、リアルでも存在してます。ものすごくレア
(出会ったら学会発表もの)ではありますが。
12 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[] 投稿日:2010/09/07(火) 22:42:04 ID:Cetv8QA8.net [1/1回]
世界に5組くらいいるらしいな
13名無しが氏んでも代わりはいるもの[] 投稿日:2010/09/13(月) 12:36:20 ID:pGf7t7cE.net [1/1回]
チン毛が生え始めたので一緒にお風呂に入るのを拒否るシンジ
14 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2010/09/13(月) 16:38:29 ID:???.net
うむ。双子だと、ヒロインはアスカだけになるから丸く収まるな。

おまいらの不毛な争いもなくなる。
15 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2010/09/14(火) 02:27:43 ID:???.net
シンジの恋人役としてのヒロインは明らかにアスカだしな
16 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2010/09/14(火) 10:06:24 ID:???.net
双子で近親相姦に走るに決まってるだろ
17 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2010/09/15(水) 01:58:12 ID:???.net
>>13
レイはなんか無頓着そうだから「なぜ一緒に入らないの?」とか言ったりして
18 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2010/09/16(木) 21:53:57 ID:???.net
むしろ先に生えてくるのはレイの方だろ
19 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2010/12/20(月) 09:52:28 ID:???.net
ヨスガノソラ
20名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 21:14:05 ID:???.net
>>11
手順は
排卵→卵子分裂→とある理由により二人の男の精子が→それぞれ卵子に突撃
ってこと?
21 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 14:22:17.66 ID:???.net
テスト
22 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 14:36:15.21 ID:???.net
>>20
卵子の分裂は受精してはじめて開始だからそれはないよー


すみませんが、ここ人がいないようなので失礼します。
ずっと昔(5年近く前だ…)エヴァ板に投下したネタをここで完結させたいと思います。
遅れたのは 就活→引っ越し→卒業制作→就職 の流れのためでした。

当時読んで感想とか書いてくれていた人がもしここを目にすることがあったら、
あの頃は本当にありがとうございました。
とりあえず前スレは

 thirdchildren -霧亥-
   http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1127448659/
 
 玉依シイナがミサトそっくりな件について
   http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1157685881/


では少しの間、スレをお借りします。
23 : log.25 Hinterlands (B-part)[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 14:38:36.51 ID:???.net

戦闘終結より数分。
荒廃した『ジオフロント』、すなわち『南極』に続く第二の超構造体(メガストラクチャー)内部空洞の全景。
破壊は周辺数階層分の平盤と周壁にまで及び、一帯に点々と散らかった珪素生物戦闘体の残骸が
廃工場群のように黒煙をあげている。焦土と化した旧『第三新東京市』市蓋区画の最外縁では
戦略自衛隊(JSSDF)の生き残りが、撤退と並行して状況の観測を続けている。
大量の瓦礫と、硬化堆積物の破片と、濁った重油と鉱滓と。さまざまな廃物の上に熱塵が黒々と渦巻き、
変わり果てた景観を多重の幕で覆っては薄れることを繰り返す。
空電のざらついた沈黙が辺りに満ちている。
24 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 14:39:40.10 ID:???.net

熱硬化したジオフロント堆積層の中心に、人の持てる限りの技術で封塞されたネルフ本部施設が
傷つき汚れた姿を晒している。周辺は熱と衝撃による大規模な摩耗痕で浅い峡谷になり、林立していた
補助設備群はあとかたもない。
戦自の爆撃で露出した超構造体(メガストラクチャー)のみが、傷ひとつないなめらかなプレート面を見せている。
中央、巨大な円形の開口部が底深い闇を湛えている。
穴の傍らには、自ら屠った珪素生物の屍骸の山に囲まれ、エヴァ弐号機がひざまずいた姿勢で休止
している。四つの眼をもつ頭部の先には、堆積層の稜線上で同じく片膝をついて静止した姿がある。
エヴァ初号機。
損傷の激しい装甲に代わり、変容した黒い素体組織が硬質の光を放っている。背甲部は隆起して
巨大な外部端子の基部を形成し、伸び出した黒い電纜が九本、物理制圧された量産型エヴァ
九機の装甲の下に潜り込んでいる。
初号機を中心にした不揃いな機体群の輪を、導索条を通じて青い電光が縫う。電視技師級の目を
持っていれば、圧縮された電子標示が周囲に明滅するのを捉えることもできる。
巨大な電磁効果が機体群のシルエットに重なって脈動する。
プログラムは既に展開され始めている。
25 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 14:40:43.59 ID:???.net

施設内自家発電の、いくぶん輝度の違う照明が第二発令所の諸構造を浮かび上がらせる。
幾層かに分けられた橋体のうち、最上階の司令卓はもはや人影もなく暗い。今ここを動かしているのは、
その下の主管制階である。主卓の三人を中心としたオペレータらは外部端子で各コンソールと硬脳電結し、
スクリーンを流れ落ちる表示を視覚で追うことなく、高速で処理を続けている。
彼らの背後に立つのは、ネルフ副司令冬月コウゾウ、作戦部長葛城ミサト、そしてE計画主任科学者
赤木リツコ。それぞれに口をつぐんだまま、主画面に大きく映し出された初号機を注視している。
『初号機と、エヴァシリーズ各機の同調完了』
『エヴァシリーズ、全システムは初号機を主核として安定』
補佐オペレータの声に続いて、主画面下部を覆う複雑な巨大電相模式像とその解読図が変化する。
初号機とエヴァシリーズが形成する統合ハードウェアをいわば電子の眼で見た、この状況のもうひとつの視点
である。精密な情報複合体の中心は、むろん初号機およびその現在の搭乗者の情報構造そのものである。
無音の電子協奏を見上げたまま、ミサトは一方の足から他方へ体重を移しかえる。
「…碇司令を疑うわけじゃないけど」
両肘を掴んでいた手を片方放し、軽く曲げた指で唇をかすめる。
「本当に、信用できるの? あのエヴァシリーズを」
26 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 14:41:50.21 ID:???.net
変わり果てた初号機とともに映っている九体の量産型エヴァ。集積蔵跡を利用した極秘施設で建造され、
試験稼働でその一帯を破壊しつくしてジオフロントに飛来した、パイロットの搭乗を前提としない、人類補完
計画遂行の一翼を担う人造ネット接続機。特定の意思に統御されないそれらの並列起動は、そのまま
セーフガードの大量転送(ダウンロード)、つまり階層居住圏の壊滅を意味する。〈ゼーレ〉の終末シナリオに
織り込まれたそのカタストロフは、彼らにとって〈サードインパクト〉と呼ばれる事象の一端に過ぎない。
ミサトの近傍の席に坐るオペレータが、顎を突き出すようにして斜めに振り返る。
「心配ないですよ。システムは完全に制圧されてます。
 ま、相当に無理な接合ですが、初号機の増設ハードとしてあれ以上のものは望めませんからね。この際、
 贅沢は言えませんよ」
日向の言葉に頷きつつ、冬月の顔に刻まれた厳しさは晴れない。
「…この上、委員会が何か仕掛けていると思いたくはないがね」
「念のため、MAGIによる電相監視は続行中です」
別の主席オペレータが長髪を払って端子をさらに一つ側頭部に差し、素早い指さばきでコンソールを叩く。
やがて主画面下の情報像はおおまかに統合され始める。
『初号機、接続相を形成完了』
『第一から第二十五までの予備電子界を、MAGIの監視のもとで並行検証します』
27 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 14:47:24.93 ID:???.net
『MAGIの管制レベルを最終調整』
『検証終了。接続予備シークエンス開始…問題なし。進行中』
管制主席に坐るうちで唯一の女性オペレータが、ひととき情報流から眼を上げて感嘆する。
「初号機、MAGIの最終検証をクリア。すごい…エヴァシリーズとの論理誤差まで、自力で統合してます。
 さすが、碇司令ですね」
口にしてしまってから、伊吹は背後のリツコを気にする。
答えはない。
青葉が肩をすくめ、日向が口を挟む。
「史上初のエヴァ接続者は伊達じゃないってことだろ。俺たちはせいぜいフォローに徹するだけさ」
ミサトが視線を走らせる。明滅する表示の明かりの中、リツコの表情に変化はない。
青葉があえて平板に告げる。
「…階層閉鎖システムへの再接続準備、完了しました」
リツコが初めて唇を開く。
「了解。
 始めましょう。階層の主システムへ、アクセス開始」
発令所に一気に緊張が高まっていく。
主画面の中で、初号機の躯体を駆け巡る電光の束が閃光を放つ。
28 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 14:48:50.41 ID:???.net

超構造体(メガストラクチャー)内部の闇。
累々たる巨大な珪素基系の屍骸を潜り抜けるようにして、霧亥、惣流・アスカ・ラングレー、綾波レイは
珪素生物らの侵攻経路を逆方向に歩いていく。
円形の開口部は頭上に遠ざかり、荒廃した通廊や剥き出しの足場は黒い塵灰ばかりに包まれている。
開口部からの明かりとともに、観測インプラントに感じられる階層居住圏の通常電磁放射も薄れていく。
周囲の闇を占めるのは、幾列もの導管や隔壁のほかは、用途も知れない構造物の塊ばかり。
「なーんにも動いてないのね」
好奇心半分、苛立ち半分でアスカがこぼす。声は雑然とした暗がりに吸い取られるように消える。
「まだ、動力切られてるから」
まっすぐ前方を見つめて歩きながら、レイが答える。
レイの身体は、先ほどの戦闘のまま、大半が珪素基系の機構で再構成されている。全身を覆う黒い装甲の
なかで、わずかに顔が白く浮かんでいる。知らず知らず彼女の身体を注視していた自分に気づき、アスカは
強い自己嫌悪を覚える。
「碇司令と初号機が、この階層の内部システムを再起動できれば、一時的に機能すると思うわ」
思わずアスカは聞き返す。
「一時的、って…」
29 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 14:49:53.26 ID:???.net
レイは振り返らない。
「ネット端末遺伝子を持つ人間の、正式な命令じゃないから」
「…そう、よね。あたしたちはみんな、変異した染色体しか持ってないもの」
アスカはプラグスーツに覆われた自分の手のひらを睨み、強く握って顔を上げる。
ジオフロントからの距離が増すにつれ辺りの電磁的沈黙は厚くなっていく。古い空気の裾に塵が舞い上がる。
二人の前を、霧亥は無言で歩いていく。階層居住圏で生産されるものとは全く異なる規格のスキンスーツは、
先の戦闘で負った損傷をほぼ自己修復してしまっている。右手には黒い矩形の銃が握られている。
重力子放射線射出装置。同じ重力子で構成された障壁を除き、あらゆる物質と空間を貫通する威力を
持つ武器である。この階層でサードチルドレンと呼ばれる以前、霧亥はこの銃を手に都市構造体を旅する
探索者だったと、今ではアスカもレイも知っている。
ふと、霧亥が足を止める。
ぶつかりそうになって文句を言いかけ、アスカが真顔になる。
「…もしかして、始まるの。再接続が」
霧亥の背中は動かない。
やがて振り向くことなく、歩みを再開する。
30 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 14:56:04.39 ID:???.net

ジオフロント中央。
あるいは腹部を潰され、あるいは腕をもがれたエヴァシリーズ九体に囲まれた初号機。
周辺にはエヴァシリーズに繋がれたものも含め、大量の黒い導管束と電子機関群が展開されている。
突然、輪の上空の大気が密度を増す。
蒼白い閃光が弾けるように焦土を縫う。
放電は堆積層の隆起と周壁を越え、灼けた平盤を拡がり、騒擾する暗闇を抜けて彼方の都市構造に達する。

31 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 14:57:15.19 ID:???.net

発令所の活気は緊張を帯びて高まっていく。
『接続シークエンス開始』
「接続開始。主導権をMAGIから初号機に移譲します」
青葉がめまぐるしく変転する情報をさばき、電相像を整理する。幾つもの標識が主画面にまたたく。
初号機を示す複合表示に対峙するもうひとつの巨大な電相が、ふいに情報流を受け入れ始めた。
「階層主システムの応答を確認。認証が始まっています」
日向の報告を受け、ミサトはぎゅっと両肘を掴む。
「どうやら門前払いはくわずに済んだみたいね」
「わからないわよ」
振り返ったミサトに、リツコは首を振る。
「むしろ、ここからが本番だわ」
両手を無造作にポケットに突っ込んだ姿に、階層居住圏始まって以来の成功の興奮はかけらもない。
「階層システムの、予備電子界。
 未だかつて、私たちが…階層居住人類の技術が到達したことのない、未知の領域、よね」
32 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 14:59:03.63 ID:???.net
「そう。
 これまで、単なる居住者である我々からは一切隠されてきた、この階層の主統治システムの稼働領域。
 この先を知っているのは、11年前に初号機で接続を試みて戻ってきた碇司令、ただ一人よ」
リツコは無表情に語る。
「以降は、初号機からの直通回線に同期してのオペレーションとなります」
傍らの席から、伊吹がさりげなく説明を添える。
ミサトはうなずき、目もとをわずかに引き締める。
碇司令。
11年前の、事故に終わったと公表された初号機での接触実験をリツコが『成功』と呼ぶ理由、そして
そのとき自ら被験者を務めた碇が、今、サードチルドレンに代わって初号機に乗っている理由。それは
恐らく同じものであり、答えは碇本人しか知らない。
オペレーション段階の進行にともなって、主画面の映像は変化していく。

33 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:05:00.24 ID:???.net

ジオフロント堆積層深部に建造された、超長期型の完全循環系をもつ密閉型シェルター。
完全閉鎖された直通エレベータの外扉の前に、重武装の加持が佇んでいる。
内部に旧第三新東京市や近郊の住民を保護して、高い装甲壁がそびえている。ちょうど加持の頭上あたりに
古い文字列が並び、摩耗した影を落としている。
仰ぎ見て加持は微笑する。
「これが、本来の第三新東京市、か」
手にした煙草の煙が揺らぐ。遠景のエヴァシリーズは電磁効果を過密加速し、震動が足もとまで伝わってくる。
「かつての要塞都市でも、ネルフ本部でもなく、この生命保存シェルターこそが整備計画の核。
 世界再建の要、人類の砦…本当にその名の通りにならずに済めばいいんだが」
加持は煙草をもみ消し、扉を離れて歩いていく。単身でも都市空間を縦走可能な重スキンスーツと数々の
携帯装備、両脇に吊るされた武器。硬質化した起伏を踏み越えていく加持の周囲に、やがて数人ずつ
同様の重武装に身を固めた姿が合流してくる。みな大きな仕事を終えたあとのように、妙にさっぱりとした
表情を見せている。これが最後の出立になるというのに、悲壮な影はみじんもない。
何人かが加持に不敵な笑みを向ける。
「済んだか?」
「ええ、全ての外部進入口のロックを確認しました」
34 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[] 投稿日:2011/03/12(土) 15:06:12.13 ID:FajYWJfh.net [1/1回]
「発令所下の最後の緊急ルートだけは構造上残ってますが、シェルター周辺に大規模な震動や火災が
 感知されれば、それも自動的に遮断されます」
「俺たちの街はこれでそっくりこの中におさまったってわけですか」
「現時点で望みうる限り安全に…と、願いたいっすね」
いかにも気楽そうなやりとりに、加持は笑う。
ともに歩く元ネルフ保安部、警備部、諜報部の面々も笑っている。
「これで、外にいるのはよっぽどの物好きだけになったってことですよね」
「覚悟を決めたって言ってくれよな」
硝煙をあげる堆積層と、珪素生物の残骸をあとに、発掘できた限りの古い技術時代の武器で身を鎧った
人々は歩いていく。彼らの頭上、破れた装甲天蓋ごしに都市構造体の闇が開け、そのさらに遥か上方には、
確実に近づく終局を未だ知らない階層居住圏が広がっている。
「覚悟ねえ。安全に隠れて生き延びるチャンスをふいにして、他の都市に手助けに出向いてくなんて
 やっぱりただの物好きと違うか」
「どうせなら英雄願望と呼んでくれい」
加持は笑う。人々は笑う。焦土を踏みしめて歩いていく。
まずは、撤退しつつも明確な目的を見失っているJSSDF残存部隊へ。そして、協力を要請して彼らと合流し、
唯一残った数条の軌道車輌に分乗して、階層居住圏の各都市へ。砦に入れなかった人々のもとへ。
わずかに傾いで疾走を始めた軌道車輌の窓から、加持はジオフロントを振り返る。最後の一瞥に乗せて呟く。
「やっぱり俺はこういう性分らしい。そっちを頼むよ。
 すまないな、葛城」

35 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:07:14.93 ID:???.net

近隣三十七小層におよぶ大居住区をまとめる都市連結体、『第二東京』。
セカンドインパクトとその直後の動乱がおさまったあとに整備された、高度に効率化された重層居住区が整然と
組織されている。
中央区画、第二東京駅。
人々の行きかう広大な駅舎を横切って、旅装の相田ケンスケが走ってくる。
鈴原トウジが手を挙げて迎える。
ケンスケは駆け寄り、息を切らして大儀そうに頭上の電光掲示板を仰ぐ。環状軌道線の運行情報が
幾つかの言語に切り替わりながら表示されている。
トウジも付き合って見上げ、苦笑いした。
「なんや、久しぶりに会ういうのに遅刻かいな」
ケンスケは眼鏡を直して汗をぬぐう。
「悪い悪い、やっと席を確保した急行が、途中で止められてさ。戦自車輌の通過待ちだよ」
「そんなんお前なら迷惑どころか大喜びやろ」
トウジがおおげさに呆れ顔を作り、ケンスケはにやりとしてカメラのおさまった鞄を叩いてみせた。
「…ま、とりあえず、元気そうで良かったわ」
「お互いにね」
36 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:10:55.83 ID:???.net
うわあ。あげてるし。すみません。
37 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:11:44.66 ID:???.net
周囲を首都の喧騒が通り過ぎていく。人波をさけて歩きながら、二人は手短に近況を伝え合う。
「委員長は?」
「なんや親戚のツテ頼って、東北の方に越してったで。やっと落ち着き先が決まっていろいろ忙しいらしいわ」
「そっか…いまだにこの辺でうろうろしてんのは、俺たちくらいか。
 他のクラスメートはみんな、俺たちよりずっと前にさっさと疎開しちゃったしなぁ」
「してへんヤツもおるけどな」
なにげない声の硬さに気づき、ケンスケは黙る。
広場の天井付近に設置された巨大な電子画面に、今日のニュースが映示されている。途切れた会話に代わり、
なんとなく二人が見上げる。画面内ではお天気お姉さんが各地の電磁波変調予報や、〈山間〉部の建設者
移動情報を解説している。平時と異なるのは、画面下に政府広報の帯が時おり小さく流れることくらいである。
「…どうなっとんのやろ、第三新東京市」
ケンスケは首を振る。
「わかんないよ。完全に情報統制されてる。パパの端末こっそり見ても、もう一切情報が来てないんだ。
 現地も、政府関係者以外は進入禁止らしいし。噂も伝わってこないよ」
トウジはこぶしを握る。
「わかっとるわ、そんなこと。どうせワシらには、できんことの方が多いんや」
「…そうだな」
しばらく二人は黙りこむ。頭上では重力野球の試合速報が流れ始める。
やがて、二人はお互い気遣うように笑みを浮かべる。
「…今度は、こっそりドンパチ覗きに行くわけにはいかへんで」
38名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:13:33.23 ID:???.net
て言うか、遺伝子レベルではシンジの妹であり母親でも有るんだろ
39名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:15:10.94 ID:???.net
>>38
ゲンドウの遺伝子が入ってないから妹ではないんでないか
40 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:16:06.52 ID:???.net
「何言ってんのさ。行きたいのは、トウジの方だろ」
「うるさいわい」
広場の入り口には、大きなアーチの上を埋めるように軌道車輌の都市間交通網模式図が明滅している。
第三新東京市を示す点は赤く変わり、市方面に向かう全経路が〈全線運行停止〉の表示で塗り潰されている。
無言で睨みつけたまま、トウジとケンスケはただ立ちつくしている。

〈閉鎖階層〉≧階層居住圏。
記録も残されていないほど古い時代、一つの階層の機能がネットスフィアから切り離され、ネットの恩恵を
受けない代わりに、セーフガードの渉猟から内部の居住者たちを隠した。また、超構造体を物理的・電子的に
閉鎖することで、都市のカオスに住み着いた珪素生命から居住圏を守り通すことにも成功していた。
混沌とした巨大都市構造体の片隅で、居住者たちは自分たちが孤立していることすら知らずに、階層内部で
完結した生存を享受してきたのである。
一世代前、古代の堆積層から発掘された記録媒体によって、人々は自分たちの置かれた状況を知った。
41 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:18:02.12 ID:???.net
すみません。底辺でひっそりやろうと思ってたのに。
終わったらスレタイに合ったこと何かやります。ご勘弁ください。
42 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:19:25.98 ID:???.net
外部の脅威を知らない世代は、階層の外に信号を発信してネットスフィアに復帰しようとした。それは階層の
主システムの使命と衝突し、階層は、通信に使われた『南極』周辺をシステムダウンさせて実験を阻止した。
周辺の都市は完全に機能停止し、また中核部の大爆発によって階層社会は大混乱に陥った。十年以上の
時間を消費して一部が旧に復したとき、人々はその惨事をセカンドインパクトと呼び、以降、外部への通信や
階層システムへの接触は第一級の禁止技術となり、関連した知識や古代記録は機密となった。
しかし、人々には想像もつかなかったことだが、階層主システムの活性化は付近を移動していた珪素生物の
注意を惹いた。その支族は閉鎖階層を見つけ、長年死んでいると見なされていた超構造体の開放を試みた。
珪素生物の技術は充分に高度なものであり、階層が開かれるのは時間の問題だった。
階層主システムは、内部生存圏を守るため、電子侵攻を強引にシステム内部へ引き込み、汚染された端末を
封鎖して焼き切った。接続機に侵入した珪素生物のプログラムは強制的に内部空間に転送(ダウンロード)され、
外部制御を断たれて自走を始めた。
かくして、階層居住圏に使徒が襲来した。

43 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:21:02.91 ID:???.net
>>39
父親が違っていても妹は妹だ
44 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:23:40.90 ID:???.net

「双方向回線、開きます」
主画面のなかで、エヴァシリーズを率いた初号機の像と、階層主システムを表わす巨大な情報構造との
あいだで電子索はますます密に絡み合い、膨大な情報が交換されているのがわかる。
「初号機は全電子予備界を階梯遡上。主構造との接触までヒトマル」
「MAGIによる検証、全てクリア」
「正シークエンス、進行中」
スクリーン群で変転する表示の明かりに洗われながら、ミサトはいぶかしむ。
初号機の情報構造のなかで、搭乗者の信号はまるで機体に融け込んでいるかのように稀薄である。
それに初号機からは必要データが提出されるだけで、搭乗者からの通信は一切行われていない。
あのなかはどうなっているのか。
だが、あえてその疑問を口にできる者はいない。
45 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:24:56.40 ID:???.net
  閉鎖階層内部の安定した環境で生きてきた私たちは、世代が進むにつれて多くの技術や
  身体機能を失ってきたの。私たちは今の身体では完全にはエヴァを起動させることはできない。
  情報インターフェイスとしてのエヴァを使うには、幼少時に身体改造によって脳の再艤装を行い、
  多くの擬似人格で補助を行う必要があるの。
  それが適格者(チルドレン)。エヴァに乗れる人間が限られているのはそのためよ。
「選ばれた、あるいは仕組まれた子供たち、か…」
以前、リツコが語ったことをミサトは思い出す。リツコはかつてセントラルドグマの深部施設で、エヴァと人間との
より現実的な接続方法を研究し、失敗している。唯一実用に堪えたのがのちのダミープラグの技術である。
人間を適格者にする研究はエヴァの建造と並行して完成されたはずである。つまり、碇司令がエヴァに乗れる
はずはないのだ。本来ならば。
実際、十一年前の接触実験で自ら被験者を務めた碇は、そのとき、一時的ではあるが重大な人格・情報の
混濁を受けたと記録に残っている。
が、事故と公表されたその実験の結果を、リツコは「成功」と語る。そして現に今、碇は初号機に乗っている。
ミサトは未だ何も知らない自分を意識する。
あのなかで彼はどうなってしまっているのか。
46 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:27:24.32 ID:???.net
しいて想像しまいとしていても、気がつけば視線はいつしか画面内の初号機に戻っている。
思考を新たな報告が中断する。
「初号機、主システムに接触します」
すべての人間が一斉に主画面を見上げる。
後方で、ぽつりと冬月が呟く。
「碇。本当に、これで良かったんだな」


/
建築構造とも有機組織ともとれる巨大連続体のそびえる非空間
漂う碇の仮想身体
周囲を取り巻く変動情報の断片が電子塵となってきらめきながら継時崩壊していく
微速変相する自分の仮象を立て直す碇
一つの方向を見定める
/断線感覚もなく移相する風景
近くにある明るい群果状の動力制御アイコンを軽く叩く碇
/
47 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:28:34.50 ID:???.net

「あ、点いた」
真っ暗な通廊の先で、古い搬送軌道の制御卓が表示灯を点滅させる。
霧亥はさっさと移送台座に乗り込む。レイがアスカを無言で促し、あとに続く。
「ほんとに動くの?」
「ああ」
霧亥は顔もあげず制御盤をいじる。いくつかの表示が映し出される。
移送台座の手すりに寄りかかり、アスカは錆びつき塵の層に覆われた走路を不審げに見おろす。
「…ちゃんと走るんでしょうね、これ」
レイは首をかしげる。
「レールの状態に依存するから、どのくらい時間がかかるかは不明ね」
アスカはげんなりした顔で手すりを離す。
「ま、徒歩で行くよりはマシか」
がくんとひと揺れして、移送台座はプラットホームを離れる。風が起こり、軌道の両側の暗闇が高速で
流れ始める。
霧亥を先頭に、三人は行く手の古い走路の彼方を見据える。
48名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:30:49.84 ID:???.net
>>39
え? だって父親も何も、母親のクローンなんでしょ?
(すこし人外要素が混じってるだろうが)
シンジから見たら母親×2にはなっても妹にはならんのじゃないか
49 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:32:01.20 ID:???.net

広い発令所のなかが急に明るむ。
初号機からの送信画面が変転し、風景らしきものが映し出されている。
重なり合うさまざまな構造体の絡み合いが擬有機的な景観を作り出し、微光の大穹隆が遥か彼方の
黒い仮想地平まで続いている。
見知らぬ眺望に、人々が嘆声を洩らす。
「これって…?」
ミサトが圧倒された表情で呟く。
コンソールを流れるデータを瞬時に判読し、伊吹が答える。
「初号機を中継した、階層主システムからのリアルタイムの信号です。
 おそらく、今接続している碇司令の、電子身体の擬似視覚、そのままだと思われます」
同じくデータを処理しながら、青葉と日向も興奮を隠せずにいる。
「予備電子界の風景、ってとこか…」
「すごい…成功、なのか?」
一人、リツコだけが無表情を変えずにいる。ミサトが振り返る。
「でも、これだけじゃ何がなんだかわからないわよ」
50 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:33:24.73 ID:???.net
「そうね。まずはシステム中枢に当たる部位を特定しないことには、何もできないわ」
日向が落胆に近い表情を見せる。
「この広大な情報領域を捜し回るわけですか…?」
「まるで、未踏査区域を探索する探検家だな」
青葉の述懐に、冬月が苦く笑う。
「探索か。ここはサードチルドレンにコツを教示願いたいところだな」
ミサトが組んだ腕をほどき、一方の手を腰に当てる。
「…で、そのサードチルドレンは?」
「再起動中の、超構造体の測位システムが位置を捕捉してます。現在、内部空洞の奥を移動中の
 ようです」
「アスカとレイも一緒?」
「みたいです。古い搬送施設を起動させて使ってますね」
リツコが初めて嘆息する。
「…もうそこまで機能掌握しているのね。碇司令は」
画面内では、ところどころ不鮮明ながら確実に表示部分を広げていく超構造体内部地図と、
同じく写像されてゆく精細なシステム経絡の描画が進行している。
51名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:35:01.76 ID:???.net
>>48
宇宙人の人間のハーフだよな。
ちなみに、カヲルはミサトの子供でイイんだよね
52 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:39:27.27 ID:???.net
三人がたどっている経路を見、ミサトが目を見開く。
「待って、この方向ってまさか、さっき重力子放射線で消却されたあたりを目指してるの?」
「はい。ですが、先に現れた使徒らしき物体は、既に活動停止している模様です」
日向が問題の座標を拡大表示する。青葉が走査地図を追加する。
「周辺に、ATフィールド、または侵入対抗電子空間の痕跡は検出できません」
「確認できる限りでは、珪素生物の反応は皆無です。
 …やはり、先に現れた、使徒と思われる個体の撃った重力子放射線で殲滅された可能性が
 高いですね」
「あの大群を一撃で殲滅か…同所にいたセーフガードとおぼしき戦力も、かね」
冬月がやや厳しい表情で確認する。青葉はうなずく。
「間にある超構造体の遮蔽効果のため、走査野の一部が不鮮明ですが、恐らく」
「…そうか」
ミサトは再び主画面を見上げる。
「第拾四使徒…一度ここを襲い、初号機が倒した、唯一の重力子放射線射出装置装備型。
 それがなぜ、私たち階層居住人類の味方を?」
日向が画面内の初号機を一瞥する。
「碇司令が、階層システムの記録から直接ダウンロードして使ったという可能性は?」
53 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:40:21.86 ID:???.net
伊吹が小さく息を吸い込む。
「そんな…確かに、今の初号機なら不可能じゃありませんけど」
「いや、それはないさ」
青葉が首を振る。
「使徒が攻撃を行ったのはただ一回、初号機がエヴァシリーズを制圧する寸前だけだ。その時、
 碇司令はシステム外縁に接触してもいないはずだ」
「そもそも、使徒を形成するだけの、都市から独立した大容量ハードウェアは、過去の使徒襲来で
 すべて使い捨てられてるわ。今さら、どうやってそれだけの器能体を用意したの?」
ミサトは日向の肩越しにコンソールを覗き込む。
「対象が活動停止してるとして…霧亥君たちは、使徒を確認しに行ったのね?」
「それとも、超構造体の先を見に行ったのかもしれんな」
冬月の言葉に、一瞬全員が沈黙する。
「『外』、…ですか」
ミサトが呟く。この階層内部だけを世界として生きてきた彼らにとって、『外』は深宇宙にも等しい。
冬月は疲れた目を画面内の初号機に向け、静かに溜息をつく。

54 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:41:53.84 ID:???.net

劣化した軌道に火花を散らし、搬送台は暗闇の底を疾走する。
「ネット球(スフィア)は、人のために作られた器。
 世界の上に綴られた、もう一つの世界」
レイは珪素基系の甲冑に覆われた黒い細い手を、手すりに軽く置いて立っている。
「高度に成長していく間に、それは利用者を選別するようになった。
 そのためにあるのがセーフガード。
 その存在理由は、ネットスフィアの基底現実であるこの都市から、正規のアクセス能を持たない
 不法居住者…すなわち、ネット端末遺伝子を持たないすべての者を、ネットへの脅威と見なし
 排除することにあるわ」
耳を傾けるアスカの長い髪が真っ暗な空間に激しくなびいている。
「要するに、ネット端末遺伝子のない人間は皆殺しってことでしょ?
 だから本来なら、〈厄災〉で正常な端末遺伝子を失った私たち放浪世代(ディアスポラ)に、生きのびる
 可能性はなかったってわけね」
アスカは掴んだ手すりをかたく握りしめる。
「その私たちずっとかくまってくれてたのが、この閉鎖階層。
 だけど、いくらネットに繋がってないからって、物理的座標を特定すれば直接仕掛けることができるわ。
 連中にはハードウェアの強制走査権みたいなもんがあるんでしょ? それに、同じようにセーフガードからの
 隠れ家を必要としてた別の不法居住者も、ここを狙い始めた」
55 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:43:35.17 ID:???.net
>>51
オイオイどっから出てきたのその話w
ミサトが南極調査隊にいたからって、アダムにダイブした遺伝子
とやらがミサトのもんだとは限らないと思うが
56 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:44:37.80 ID:???.net
「珪素生物。ネットのカオスから生まれた、都市の寄生者たちよ」
アスカは手すりを放し、両腕を支えによりかかる。
「使徒形成は、連中のハッキングを強制終了させるための、階層防衛機構の捨て身の切り札ってとこね。
 正規の救援を要請できない階層が取れる手は、それしかなかった。…ちぇ、つまるところ私たち、今まで
 ひたすらバグ取りに精出してたわけか」
レイは少しだけ振り返る。
「私たちは使徒を全て倒してしまった。もう身代わりの代償はいないわ」
けげんそうにアスカが反駁する。
「全てじゃないわ。この先に、また現れたじゃない。忘れたの? 今、私らはそれを確かめに行くのよ」
レイは答えない。
アスカが見つめるなか、レイは黒光りする自分の手の甲に視線を落とし、やがて、再び顔を上げる。
「…ネットの法と、カオス。どちらが勝っても、人は生き残れないわ」
アスカは溜息をつくと、くるりと身をひるがえして、手すりに背中を預ける。はためく髪が表情を隠す。
「着いたら、ちっとは説明、あるんでしょうね」
走査卓の前で、霧亥は銃を握り締め、無言で前方の闇を見据えている。
やがて視線の先、真っ暗な走路の彼方に、終着点とおぼしい標識灯がかすかに浮かぶ。
57 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:50:02.86 ID:???.net

ジオフロント。
辺りにたちこめる熱気の靄は少しずつ薄れ始めている。
不動の初号機を囲み歪んだ円環を作って擱座しているエヴァシリーズ。青い電光が輪を走り抜けている。
計十体のエヴァの演算器能が融合され、かつて人がなした全てを超えて急速に出力を増大させていく。
中心で、初号機の両目は炯々と光を放っている。

/
無限に交錯する情報複合体の中を漂う碇
/の仮象身体をその内に含む初号機の情報構造
巨大な双眸の仮象で表わされる走査体系が膨大な情報景観を見渡す
システム融合した全てのエヴァを制御し、一直線に目的地に向かう碇
その個有情報構造は徐々に初号機に取り込まれつつある
領域検索を続けるうち、しだいに経絡が絞られてゆく
初号機の眼で仮象地平を見据える碇
/の前で風景が一変する
闇の中にぽっかりと浮かんだ高い城門
古風な門扉は堅く閉ざされている
周辺にゆるやかにわだかまる破損キャッシュの霧
大扉の前に佇む碇
/
58 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:51:05.21 ID:???.net

超構造体外縁部。
内部通廊の先はぽっかりと開けた外側の空間に続いている。
休止中の超構造体の沈黙を通して、馴染みのない電磁効果がかすかに伝わってくる。
アスカはリフトから降り立った姿勢のまま、最後の外壁の向こうから目を離せないでいる。一瞥し、
霧亥はためらいなくアスカを追い抜いて、超構造体の向こう、禁じられた『外』へ歩き出す。
アスカが慌てて声を尖らせる。
「ちょっと! 何考えてんのよ、そっちは『外』でしょうが!」
霧亥は振り向きもせず歩いていく。
アスカは躊躇し、足踏みし、かぶりを振って、結局走って横に並ぶ。
相変わらず足取りを緩めない霧亥の右手は、固く銃把を握っている。
霧亥はアスカを一瞥する。
「別に外には出ない」
「じゃ、他に何があるのよ。再起動が成功するとして、それまで待たないと、私たち、セーフガードに
 ナマで見つかる人間第一号になっちゃうでしょうが」
59 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:52:16.02 ID:???.net
まくしたてるアスカの少し後ろから、レイが唇を引き結んでついてくる。
霧亥は少し肩を怒らせる。
「…使徒を確かめる」
アスカが呆れ顔になる。
「それはわかってるわよ。だから…」
「できるだけ、こちら側から観測できる地点を探しましょ。まだ危険だわ」
レイが後を続け、アスカはわが意を得たりという顔をする。
「ほら、優等生もこう言ってるんだし。わざわざ最前線に突っ込むことないわよ」
霧亥は答えない。
無言で分厚い灼塵を踏み越え、外壁の隙間に出る。
レイは黙ったまま立ち止まる。アスカが二人を見比べ、やがて意を決したように霧亥を追う。

60 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:53:12.47 ID:???.net

/
城塞の巨門の前の碇 背後には別の城門のように佇立する初号機
目を閉じる
 /まぶたの裏に制御ウィンドウが立ち上がる/
/細い光条の絡み合い
/特定できない顔と声の幻
/見知らぬ荒景
 /視覚的空電/
/
 (認証開始)
/
 (確認作業開始/経過/経過/経過///)
 (/中断/再開/中断/)
 (/再試行)
/
 (認証確認)
 (接続機構構築/////完了)
/ 
 (最終入力要求)
//
門扉を正視する碇
 碇「統治局のメッセージ通り、私はここに来た。エヴァ初号機とともに」
背後にそびえ立つ初号機
無限遠を見つめる巨大な光る双眸
 碇「私は」
/
61 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:56:18.76 ID:???.net
2人は双子
62 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 15:59:33.82 ID:???.net

超構造体の内部通路の壁が尽き、同じ素材がそのまま開口部になって四方に拡がっている。
足もとから、傷ひとつないなめらかなプレート面がほぼ垂直に暗闇へ落ち込んでいる。
わずか数歩先は暗い虚空である。
奈落を見下ろす通路の口に佇み、霧亥、アスカ、レイは周囲を見渡す。一帯は闇に沈んでいるが、
種類の少ない背景電磁放射に目が慣れてくると、遠く近く、未踏の都市構造がそびえているのが
少しずつ見分けられてくる。
巨大な輪郭はあちこち激しい戦闘の痕跡で汚れている。薄い白煙をあげているのは、点在する
珪素生物やその武装の残骸。超構造体の上に築かれていたはずの構造物は、大口径の重力子
放射線で跡形もなく消却されている。床面すれすれに発射され、下部構造を大きくえぐり、正面の
多重壁を貫通して続く射線は、闇の奥へどこまでも伸びている。
無機質な匂いの風が吹き上がってくる。アスカが背伸びして闇の奥を窺う。
レイが誰にともなく言う。
「穴の先600kmまで、敵はいないわ」
63 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:00:36.51 ID:???.net
愕然として、アスカが振り返る。
「そんな遠くまで? ったく、どんな目ぇしてんのよ」
「穴はもっと続いてる」
霧亥が付け加え、アスカはげんなりした顔になる。
「…あっそ。
 で、使徒はどこよ。それが本題なんでしょうが」
霧亥は無言で奈落のふちに歩み寄り、足の下に落ち込む暗闇を見透かす。
アスカが続き、ふいにそれを認識して声をあげる。
奈落の底に、黒い粘性の漿液にまみれて、ひときわ巨大な珪素基系塊がある。主な構造は既に崩壊し、
組織片が黒々と濡れた小山を作っている。既に活動停止して久しいとおぼしき、第拾四使徒の巨躯である。
「…あ」
レイが小さく声をたてる。
使徒の頭部が、いちじるしく劣化して床面に落下している。その脇、白い骸骨の仮面に癒着するように
人の姿が仰臥している。周囲には黒い不活性の物質が飛散し、左腕と両脚は半分以上ない。残った部位は
レイと同じ黒い装甲で覆われているが損傷が激しい。かろうじて白い顔が見えている。先の戦闘時、弐号機の
戦闘補佐をレイに任せ、珪素生物の流入を止めるべく、超構造体に単身突入していったカヲルである。
一瞬レイを見、暗闇の底を見下ろして、アスカは理解する。
「…使徒は、あいつが」
64 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:01:32.20 ID:???.net
レイの目もとを表情の影がかすめる。
「…わざと造換塔を使ったのね。ここから見える分だけでも、可能な限り潰しておこうとして」
無言で霧亥が前に出る。
押しのけられる形になって文句を言おうとしたアスカは、そのまま息を呑む。
超構造体の外縁ぎりぎりを踏みしめ、霧亥は重力子放射線射出装置を構える。
銃口はまっすぐカヲルに向けられている。
視線を感じたのか、汚塵と鉱滓のなかでカヲルがゆっくりと目を開き、頭上の三人を見上げる。
霧亥は正確にカヲルめがけて構えている。
カヲルは銃口を見上げている。
不動の数秒が過ぎ、張りつめた闇の底から、先にカヲルが口を開く。
「…霧亥か。良かった、間に合って」
霧亥は銃口を逸らさない。
カヲルは再び瞑目する。
「交戦中のセーフガード駆除系と珪素生物は一掃した。それと近隣の、捕捉できる限りの造換塔もね。
 けれど、全ての座標を特定することはできなかった。第二波の転送(ダウンロード)は時間の問題だ」
65 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:03:32.33 ID:???.net
静寂のなか、意外に鮮明に言葉が届く。
「…もう単独で武装を作るだけの器能はないけれど、僕と、この使徒の身体は、おそらく駆除系生成の
 材料になる。…使徒を強引に作出するために、自分で断線したからね。たとえ階層内部に戻っても
 使い物にならないだろう」
銃口越しに見据える霧亥を、カヲルは真剣な眼差で見上げる。
「霧亥。今度こそ、僕を消してくれ」
霧亥の目がわずかに険しくなる。それを見てとったのか、カヲルの声はふっと緊張をとく。
「君が来てくれて良かった。その銃なら確実に終わらせられる。
 …ありがとう。初号機にいるもう一人の適格者にも、よろしくと」
何もできずにいる焦燥のなか、アスカが聞きとがめる。
「…もう一人?」
が、霧亥は一度わずかに下がった銃身を再び構える。
辺りに重力子充填のノイズが響き始める。
アスカは我知らず向き直り、そして霧亥の目つきの硬さに言葉を失う。
止める前に引き金が引かれる。

66 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:04:47.57 ID:???.net
むしろユイとレイが双子では?
67 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:10:47.83 ID:???.net

/
虚空に立つ霧の城門
長い背をたわめ、巨大な両腕を開く初号機
碇の仮想身体が不規則に揺らぐ
人の形だけをとどめた記号
 碇「…私は/僕は」
/


第二発令所。主画面上では、認証シークエンスが完了しようとしている。
緊迫する職員たちの間で、冬月は一人初号機だけを見ている。
正確には、その内部にいるはずの男の姿を見ようとしている。
冬月は思い返す。
…人類補完計画を提唱したあの日、私にだけは話してくれたのだったな。
ゲヒルンで行われたあの最初の接触実験の、真相。
お前が、一度だけ初号機をインターフェイスとして階層システムの深部にまで到達し、そこに隠されていた
統治局の代理構成体と接触できた、その理由は…

68 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:12:14.81 ID:???.net

周囲の大気が一瞬歪み、ついで穴の底から爆発が壁面を駆け上がる。
アスカとレイが頭をかばって伏せる。
一拍おいて、衝撃が叩きつける。

/
ふと、虚空を見上げる碇の形
記号化された顔に鋭い笑みが刻まれる
口を開く
迷いのない双眸
「僕は、エヴァンゲリオン初号機のパイロット、碇シンジです」
/
空間に巨大な鐘の音に似た轟音が鳴り渡る
/

発令所の全ての画面で光が展開してゆく。
主画面に映る初号機に、冬月は虚しい笑いを投げかける。
「…お前こそが、ここのシナリオと母事象との相違点、そのものだからなのだったな」
69 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:13:02.71 ID:???.net

/
門から伸び出す光る有機的な軸体 周囲を変転する情報列が取り巻いている
見る間に量を増す索体群
碇の身体を絡め取り、そのまま門そのものに引き込んで没する
失われる人の形
城門を見つめる初号機の巨大な双眸
/


広大な閉鎖階層。その内部は、大半が住む人もない未踏査の集積建造物に占められている。
営々たる建設者の活動によって増設されてゆく、そびえ立つ都市構造体。その機能の多くは、
階層居住圏の技術のすべてをもってしても、未だ解明できていない。
その構造物の連なりを、今、裂けるような音を引き連れて放電が駆け抜けていく。
そして、地響きにも似た稼働の重低音が轟き始める。

70 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:13:53.64 ID:???.net

発令所に緊張した音声が響く。
『階層主統治システム、アクセス承認。初号機による再起動、成功しました』
一斉に様相を変じたスクリーン群を、ミサトが振り仰ぐ。
「やったの?!」
「そのようね」
リツコは冷静さを崩さないが、口もとには笑みが浮かんでいる。
オペレータ、スタッフらの間に歓声が湧く。
勝利の余韻もつかのま、日向、伊吹、青葉の三人はあわただしく状況を報告し始める。
「初号機、主要構造を検索中。階層内部の都市恒常機能を掌握していきます」
「並行して、階層統治システムに接続。階層閉鎖コマンドを要求。各種再設定、進行中です」
「反応、返ってきてます。目的のファイルを実行する前に、かなりの確認作業が必要になりそうですね」
「閉鎖コマンド自体にはロックが掛かってるようです。MAGIと連携してパターン解析を開始します」
「通信量の増大に対応するため、同時進行で機体器能を増設しています。演算速度、さらに増大」
ジオフロントを俯瞰する別の映像画面が、増殖する初号機の素体が巨大な多重翼となって拡がり、
天蓋を越えて伸びてゆくさまを映し出している。九体のエヴァシリーズもその裡に組み込まれていく。
冬月は苦く笑う。
「…これが、エヴァの本来の機能。そして、本来の姿、か」
未だ、搭乗者からの一切の通信はなされない。
71 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:19:15.52 ID:???.net

階層居住圏各所。
人の住む基盤である都市構造体は、微小だが長い震動を続けている。
前例のない事象に人々は混乱し、幾つかの居住区を恐慌が席巻する。建造中のシェルターに
殺到する市民と、治安出動する都市連軍。両者の間で衝突が起こり、混乱が拡大していく。
そのとき、居住区の管理システムが次々に起動し、自動的に事態に介入し始める。
徐々に混乱が収まっていく。
人々は畏怖を、あるいは感慨をこめて、昨日まで単なる〈地形〉だった都市構造体を眺める。

72 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:21:11.82 ID:???.net

超構造体外縁。
熱気と、錆びた金属の輝きを放つ塵の渦が怒涛となって外壁に砕け、急速に吹き散らされる。
アスカは頭をかばっていた両腕を恐る恐る下ろす。
壁面の上から見下ろすと、破壊された深淵が流動する塵雲の隙間からのぞく。唇を噛み、
アスカはただ立ちつくす。
と、隣でレイが息を呑む。
そのレイの脇をすり抜けて、銃をしまい、あっさりと外壁のへりを蹴って、霧亥が飛び出す。
「…え?!」
巻き起こった強い上昇気流が壁面を打ち、ふいに視界が晴れる。霧亥は熔けて粗く固まった
傾斜を、熱い靄をついてあぶなっかしく滑降していく。その目指す方向に目を凝らしたアスカの
表情がぱっと変わる。
はっとして、レイが手を伸ばす。
「駄目、その先は」
「何言ってんの」
レイの手を軽く払いのけ、アスカは鮮やかに勝気な笑みを見せて振り返る。
我知らず胸をつかれ、レイは瞬きする。
「…あの馬鹿が飛び出してった時点で、『外』も『中』も、もう無効に決まってるじゃない!」
アスカはめいっぱい背伸びして奈落を覗き込み、霧亥を追って断崖を伝い下りていく。
とまどって立ちつくすレイの眼下で、黒い靄が薄れ、消却された使徒の残骸の跡に、状況を
信じられないままに目をみはる、カヲルの姿が現れる。
73 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:22:36.25 ID:???.net

引きちぎった導管でカヲルの身体を背負った霧亥が、垂壁を全身で登り終える。
先に上がったアスカは誘導に使った懸下ワイヤーを回収している。ひゅるっと終端を振って、
細いが強靭なワイヤーが手首の収納環に巻き取られる。
「まさか非常時のためのプラグスーツのサバイバルツールが、こんなことで役に立つなんて
 思わなかったわ。…というよりも、またも使徒を助けるなんて想像もしなかったわけだけど」
アスカはじろりと視線を流す。霧亥は傷ついたカヲルを背中に縛りつけたまま、黙々とスーツの
前面をはたいているが、顔を上げてアスカを見る。アスカはおおげさに溜息をついてみせてから、
意外に素直に笑う。
霧亥は少しの間その顔を見つめ、再び視線を逸らす。
レイは少し離れたところに立っている。
「最初から、彼を回収するために来たの」
霧亥が無言で振り返る。レイの表情は硬い。
微妙な緊張を感じ取って、アスカが二人を見比べる。カヲルはぐったりと目を閉じている。
「碇司令から、そう命令されてたの」
「え…?」
アスカの顔に混乱が湧き上がる。
「どういうことよ、ファースト。碇司令は最初からこいつのことを知ってたの?
 …キリイ、どうなのよ!」
74 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:23:34.83 ID:???.net
霧亥は憮然と目を逸らす。
「…こいつは使徒じゃない」
「ちょっと、それ答えになってないでしょうが」
さらに言いつのろうとするアスカを抑えるように、カヲルがうなだれていた頭を起こす。
「彼女たちが疑うのも無理はないよ。今の僕は足手まといにしかならない。…いや、もっと悪い。
 さっき言ったろう、僕には力もないし、セーフガードユニットをダウンロードされるのを防ぐ手段もない」
肩越しに訴えるカヲルから、霧亥は頭をねじるようにして顔をそむける。
「別に、それはどうでもいい」
無愛想に答えてそのまま歩き出す。その背に向かって、レイがもう一度問いかける。
「命令じゃないなら、なぜ助けるの」
霧亥はレイを一瞥する。
「お前はなぜ助けない」
アスカがぱっと目をみはり、それからカヲルを見る。カヲルは耐えるように視線を落としている。
レイは動じない。白い顔を少しうつむけて答える。
「彼の言う通りだもの。次の転送が来たら、彼は私たちを排除する兵器として再構成されてしまう
 可能性がとても高いわ。彼は、階層にとって危険なのよ」
カヲルが頷く。が、霧亥は足取りを緩めず、元来た隔壁の奥へ戻っていく。
「え…ちょっと、キリイ!」
75 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 16:24:30.06 ID:???.net
アスカがあわただしく追いすがってくるのをそのままに、霧亥は搬送軌道のコンソールを操作して
搬送台座に乗り込む。アスカは続いてプラットホームに立つが、一度立ち止まって、霧亥の顔を
じっと見つめる。
「ファーストの肩を持つわけじゃないけど、…ほんとに、そいつを階層に連れてって大丈夫なの?」
移送台が再起動する。霧亥はコンソールの表示を見たまま答える。
「戻れば初号機がある。こいつは敵にはならない」
カヲルが必死の面持ちで見つめる。アスカは虚をつかれた顔になり、それからにっと笑う。
「わかった。
 …もし万が一のことがあったら、私が弐号機で何とかしてみせるわ」
カヲルは驚くほど無防備に表情を崩す。
霧亥が振り返る。不敵な笑みを残し、アスカは大股に台座に乗り込む。
「それでいいでしょ、ファースト」
追いついてきたレイの顔を、驚きと動揺がよぎる。レイは装甲された自分の身体を見下ろし、
ふいに頼りない表情になって、唇を結んで頷く。
「…わかったわ」
乗り込むレイに、アスカが手を貸して引っぱり上げる。
霧亥は無言でキーを叩く。
移送台は振動し、少しがたつきながら復路を滑走し始める。
76 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 19:11:42.95 ID:???.net
test
77 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 19:14:33.63 ID:???.net

軌道の軋りが超構造体内部に消え、残響も暗闇に吸い込まれる。
使徒の骸のあった辺りにわだかまる黒塵の雲のほか、辺りにもう動くものはない。
懸崖の下にできたクレーターが、周囲に散らばった珪素生物の残骸とともにゆっくりと冷えていく。
突如、それらの上を電光が駆け抜ける。強烈な放電が宙で大量の結節点へと収束し、雲を裂いて
使徒と珪素生物の残骸、さらに床面の素材そのものを直撃する。
瞬時に周囲の情報圧が激増する。
大気が引き裂け、沸騰する空間の下、使徒と珪素生物を材料に次々とセーフガードが立ち上がる。
奈落を埋めた駆除系の大群は、超構造体を見上げ、一斉に垂壁の上へと群がり登っていく。

78 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 19:15:57.27 ID:???.net

/
線画のような風景のなかを歩く碇の仮象体
起伏する地面 歪んだ山稜 動かない湖面 粗っぽく描画された植物
ノイズのような暗白色の霧がすべてを覆っている
自分の身体を見下ろす碇
歩いているのは、十四歳の少年である
手足の先から黒い微細亀裂が成長し、仮象を侵食してくる
呟く碇
「…時間、ないな」
見守っている初号機の気配
/


「初号機、まもなくシステム中核と接触します。階層閉鎖コマンドを要求…」
接続作業のなか、伊吹がふと眉をひそめる。
「待ってください、…何、これ」
リツコとミサトが相次いで覗き込む。
「どしたの?!」
「おかしいです、この電相構造って…」
日向と青葉も異常に気づく。
「階層システムじゃない。初号機だ。いや、…まさか、これは」
「素体内部に異常発生! …制圧したはずの、エヴァシリーズですッ!」
「なんだと?!」
79 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 19:16:44.47 ID:???.net
冬月が目を見開く。俯瞰画像のなかで、初号機の演算翼がゆっくりと傾いでいく。その根本から
別の素体構造が噴出し、みるみるうちに成長して初号機を侵食する。
「…なんてこと」
データをスクロールしたリツコが一瞬絶句する。
「量産型の操作に使われたダミープラグが再起動している。パーソナルデータを擬装していたんだわ」
「どういうこと?!」
リツコは険しい表情でミサトを一瞥する。
「…碇司令のデータを、ダミーの裏に二重記載していたのよ。一度制圧されることで潜伏状態に
 入って、アクセスが成功してから、内部から初号機のコントロールを奪うつもりだったんだわ」
伊吹のコンソールの上に屈み込み、キーの上にすばやく指を走らせる。
「どうするの?!」
「ダミーが何を最終目標としてプログラムされているのかを突き止めないと。このままでは何も手が
 打てないわ。マヤ、MAGIの監視網から強制介入して」
「はい!」
にわかに新たな緊張を帯びた発令所の中央で、冬月は絶望的な予感に襲われる。
初号機を振り仰ぎ、祈るように呟く。
「…碇、急げ。急いでくれ、頼む…」

/
初号機/碇はすべてを知覚している
/
80 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 19:17:31.94 ID:???.net
/
発令所での人々のせわしない声/システムに喰い入ってくるエヴァシリーズの執拗な衝動/
階層居住圏の各居住区へ急ぐ加持たちの動向/超構造体内部を疾走する搬送台/
未だ階層システムの侵入対抗電子空間に阻止され壁面から次々と剥がれ落ちる駆除系/
霧亥の重力子放射線射出装置に走るわずかな静電衝撃/
/
十四歳の碇シンジは全力で仮想地形を駆けていく
冬月の懇願の声が囁く空電になって聴覚野にオーバーラップしている
/碇 捜せ はやく 頼む/
苔むした廃墟を過ぎ、折れ曲がって蔓に覆われた電信柱の脇を走り抜ける
うず高く積み上がった瓦礫の谷間から木々が黒々と枝を伸ばしている
少年の仮象は幻の第三新東京市を駆け抜ける
書割のような虚景を、エヴァに侵食されながら走り続け、山間の湖畔にたどりつく
巨大な爆発の跡とおぼしき丸い水辺が、単純化された波を描画されて暗く広がっている
赤黒い波が打ち寄せた形のまま凍りつき、波打ち際に壊れたエントリープラグが座礁している
それを見た瞬間、碇シンジの全身を虚無の恐怖が掴む
/無限に続く都市
/無人の風景
/徘徊する珪素生物たち
/意味を喪失した膨大な時間
/もはや自らの起源も忘れ、無作為に成長を続ける都市
/増殖しカオスを抱え人間を拒むネットスフィア
81 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 19:18:20.49 ID:???.net
//だが、少年は憶えている幾つもの痛みで自ら心を強打する
 /「帰れ」
  「あんたみたいな気持で乗られるの、迷惑よ」「じゃあ寝てたら。初号機には、私が乗る」
  「そうやって、人の顔色ばかり見てるからよ」「うるさいわね! ちっともよかないわよ!」
  「他人だからどうだってぇのよ!」「あぁ、あんた見てるとイライラすんのよ!」
  「…気持ち悪い」
//
痛みが虚無を貫通する
視界が甦る
砂を蹴ってハッチの内部に飛び込む碇シンジ
かつてそうしていたように操縦席に座り、操縦桿を握り、そのアイコン/最優先コマンドを通じて
最後の接続を強行する
ほぼ同時に、まがまがしく成長した黒い亀裂が少年の身体を縦横に喰らい尽くし始める
/


超構造体外。
胸壁の下には、開口部から階層に侵入しようとして機能停止した駆除系が散らばっている。
なおも駆除系の群れは壁面を登っていこうとするが、やはり開口部に達した途端に動きが鈍り、
白煙をあげて転がり落ちていく。しかし、群れの数は尽きず、状況は膠着する。
やがて、宙に別の放電が収束する。
床素材に一瞬にしてクレーターができる。圧縮された情報が物質化され、黒い大きな人型になる。
形成された上位セーフガードは、異様に長い手を差しのべて手のひらを広げる。
82 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 19:19:08.73 ID:???.net

衝撃。
軌道の遥か後方で超構造体が揺れる。
同時に黒い矩形の銃身を、唐突に微小な衝撃が走り抜け、消える。
霧亥が弾かれたように顔を上げる。
コンソールを掴み、移送台の動作を無理やり最高速度に上げる。軌道が派手に軋る。
「ちょっと…、何なのよ!」
投げ出されそうになった身体を引き上げながらアスカが悲鳴に近い声をあげる。レイがすばやく
背後を振り返る。が、続けて激しく足もとが揺れて、レイはアスカの隣に床に膝をつく。
「…このままの速度を維持すると、到着する前に車体が分解してしまうよ」
カヲルがすべて知っている表情で呟く。
霧亥は答えない。ただまっすぐ前方を見据えている。
移送台が奥深くから厭な軋みをあげ、不規則に跳ねる。レイがアスカの腕を掴む。
次の瞬間、軌道終端に激突して跳ね上がった移送台は床面に突っ込み、勢いのまま滑っていく。
上下左右に揺さぶられながら、レイとアスカは固くお互い掴まり合って耐える。
真っ暗な通廊の彼方、ジオフロントから射す光芒が徐々に強まっていく。
いきなり眼前が開ける。
開口部突端に正面衝突して砕け散った移送台から、四人は勢いよく宙に投げ出される。
83 : log.25 Hinterlands[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 19:21:12.36 ID:???.net
一気にジオフロントの眺望が広がる。
レイが両肩から黒い翼が展開し、アスカを掴まえていったん飛び上がる。視点が上昇し、
異景がさらに広がる。
降下していきながら、レイとアスカはそれを見る。
硝煙をあげる周壁と焦土の中央で、巨樹のような初号機の増設素体が崩壊し始めている。
何対もの長大な翼はたわみ、傾き、幾つかは折れて落下し、堆積層に突き刺さっている。
翼枝を垂らしていく初号機の装甲は、素体が補綴形成したものも含めて無理やり引き剥がされ、
組織片と体液にまみれたそれらが生々しく散らばっている。
中心部は黒く沸き立つ活性体に覆われつつある。構成情報のせめぎあいが構造樹形を揺らし、
奔騰する素体組織のなかから次々とヒトの手足や頭部らしきものが突出して、一斉に初号機
本体を力任せに引きちぎり、食い破っていく。
血の臭いが辺りに充満している。
アスカが喉の奥で小さく呻き声をあげる。
レイは悲愴な表情になる。
「…碇司令」

log.25 終
84 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 21:44:16.53 ID:???.net

 〈もし、我々以外にも都市に生きている人がいて、
  いつかその人が、この閉鎖階層を訪れることがあったら、
  そして、我々もそれまで生きのびることができていたなら、
  そのときには、我々の行動にも意味があったと言えるかもしれない〉


 風景は静まり返り、都市の背景電磁放射だけが長く脈打っている。
 露出した超構造体(メガストラクチャー)のプレート面から、階層の天井まで、眺望をさえぎる
 ものはない。
 見渡す限り人影はなく、たださまざまな残骸だけが累々と重なっている。
 超構造体上に積もった瓦礫の露頭に座礁したエヴァ初号機。
 影が長く落ちている。
 エントリープラグ挿入口から、壊れたプラグが突出している。周辺に劣化した素体組織が
 まとわりついている。プラグ外殻の破損箇所から内部が窺える。黒い不活性物質の溜まりが
 見え、黒光りする飛沫が破れ目の周りを汚している。
 どこかから吹き寄せられてきた砂塵が周囲を埋めていく。遠目には冷たい砂浜にも見える。
 もはや機能しないプラグの内部から高く低く、空電のホワイトノイズが響いている。

85 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 21:45:09.32 ID:???.net

/
//
霧亥は肩で呼吸をしながら、感覚の失せた両足を踏みしめた。
傍らで、統治局代理構成体はもぎ取られた片腕を垂らし、同じく荒い喘声を繰り返していた。
霧亥は隔壁に背中で張りつき、遮蔽物の陰から数発撃った。爆発が辺りを席巻した。
少し遅れて、十数体分の駆除系セーフガードと珪素基系の破片がばらばらと降ってきた。
「霧亥、時間がない」
代理構成体が超構造体の一角に片腕を突っ込み、格納されていた設備を無理やり引き出した。
反動で、無事だった腕もがちぎれそうになって垂れ下がった。後方からは変わらず、走りくる駆除系
の多数の足音が響いてきていた。霧亥は目で問いかけた。
「これは手段としては最も危険性が高いものだが、同時に最も成功性が高いと予測できる。
 私のこの行動は、閉鎖階層内部にも多大な影響を及ぼし、現在ネットスフィアから隔絶されて
 いる階層主システムに、最終防衛プログラムの実行を強制するだろう。しかし、君をこの階層の
 内部に送り届けるには、ほかにできる方法はない」
86 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 21:45:57.96 ID:???.net
代理構成体の手の先は微細に分岐増殖して入力端子になり、引き出された古い物理端末に
黒い糸のように入り込んだ。端末が活性化した。
同時に、閉鎖階層とその外部を隔てている超構造体が、長く低く震動した。プレートの一部、
後から建設された構造物に隠された部分がガシンと音をたてて開き、内部に通じる真っ暗な通廊が
現れた。
長く閉ざされていた暗闇を、霧亥は無言で見据えた。
「これ以降、我々からの全ての信号は遮蔽され、君は階層内部で孤立することになるだろう。
 内部がどれほど変化しているかはまったく不明だ。だが、過去ただ一度この階層からネット
 スフィアに接続し、階層全体をネットから切断した何者かの記録は、どこかに残っているかも
 しれない。
 我々は、階層がセーフガードに発見される前に君がその記録を発見し、ネット端末遺伝子が
 今も階層内に存在するかを確かめてくれることを信じている」
爆煙の向こう側から駆除系と、それを駆逐する珪素生物たちのたてる戦闘音が近づいてきた。
代理構成体は統治局標の章の刻印された顔を霧亥に向けた。
「君が内部に進入した段階で、セーフガードは君を感知できなくなる。しかし珪素生命たちは侵入
 の試みを続けるだろう。内部で時間がたつほど、状況は困難になると予想できる」
87 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 21:46:51.01 ID:???.net
「我々が発掘した最終プログラムの母事象では、碇シンジという人物が鍵を握っていた。彼を探す
 ことが探索の第一歩となるだろう。しかし、彼がどんな姿でいるかは不明だ」
霧亥はただ視線を返すと、銃を懐にしまった。
代理構成体は身体の各部を変化させて武装を造り出し、霧亥と、硝煙の向こうから押し寄せる
敵勢との間に立った。砲撃が周囲に着弾し、足もとが大きく揺さぶられる。
「その入り口はあと三十秒ほどで完全に閉鎖される。今すぐに君の探索を始めることを勧告する」
霧亥はもう一度代理構成体を見据えると、身をひるがえして超構造体の奥へ走り出した。
爆煙の幕を裂いて突っこんできた珪素生物を、代理構成体が巨大に成長した腕で押さえ込む。
たちまち周辺は代理構成体とセーフガード、そしてその両方を排除しようと襲う珪素生物たちの
激しい戦闘に巻き込まれた。
霧亥はひたすら超構造体の奥めざして走った。と、周りが瞬時に明るくなったと思うやいなや、
後方からの巨大な爆発が背中を突き飛ばした。霧亥は足をとられ、それでもがむしゃらに前に進み、
閉まりかかる隔壁の向こうにぎりぎりで転がり込んだ。背後で隔壁が次々とと地響きをたてて閉まった。
爆発も戦闘も、超構造体のプレートの向こうに消えた。
霧亥は立ち上がった。
静まりかえった暗闇の彼方に、階層内への出口とおぼしいかすかな明かりが見えた。


88 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/12(土) 21:47:56.60 ID:???.net

男は死んだ都市のなかにただ一人で立っていた。
霧亥はすぐに男を見つけた。機能も建設者の活動も停止した、電子的にも完全に沈黙した
都市のなかで、男だけが信号を発していた。
網膜に表示される情報を読み取ることはまだできなかったが、霧亥は男に近づいた。
男は霧亥より頭ひとつ半ほど背が高かった。
無表情に口を開いた。
「古代に行われた統治局との交信記録によって、外部に探索者が存在することは知っていた。
 君が、霧亥か」
男は特務機関ネルフ総司令碇シンジと名乗った。
その後、死んだ都市が〈南極〉と呼ばれていること、<セカンドインパクト>のこと、そしてここで
戦うことになる<使徒>という存在のことを聞いた。
そして、霧亥のサードチルドレンとしての時間が始まった。
//
/


89 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 19:17:01.12 ID:???.net

ジオフロント。
硝煙をあげる周壁と焦土の中央で、巨樹のような初号機の増設素体が崩壊し始めている。
何対もの長大な演算翼はたわみ、傾き、幾つかは折れて落下し、硬い堆積層に突き刺さる。
翼枝を垂らしていく初号機の装甲は、素体が補綴形成したものも含めて無理やり引き剥がされ、
組織片と体液にまみれたそれらが生々しく散らばっている。
中心部は黒く沸き立つ活性体に覆われつつある。構成情報のせめぎあいが構造樹形を歪ませ、
奔騰する素体組織のなかから次々とヒトの手足や頭部らしきものが突出している。それら異物は
初号機本体の素体を食い破り、自らの組織を埋め込み、物理構造侵食を最も暴力的な形で
行っている。
辺りには血の臭いが満ちている。
「…碇司令」
黒い翼を揃えて降り立ち、背中に羽を収納したレイが悲愴な顔で呟く。
隣で、アスカは必死に吐き気をこらえている。
床面を陥没させて着地した霧亥が頭を上げ、初号機を見据える。
突然、構造樹全体を強烈な電光が縫う。太い放電はそのまま周囲の構造体に伝播し、
堆積層と周壁を伝って階層の大天井に達する。
霧亥の銃にまた新たな電磁衝撃が走る。今度のは先ほどよりも長く、驚いている霧亥の腕に
まで伝わってやっと消散する。
都市構造体が新たに長い震動を始める。立っていられないほどではないが足もとが揺さぶられる。
「…どうなってるのよ、キリイ!」
何とか自分を抑えたアスカが問いかける。霧亥は答えず、ふいに少し離れた堆積層に視線を
向ける。
90 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 19:17:55.30 ID:???.net
ほぼ同時に、その真上に別の放電がほとばしり、集束して床素材から何かを構成し始める。
霧亥が表情を引き締め、カヲルを背負ったまま銃を構える。レイがアスカをかばって前に立つ。
形成はほとんど時間を要さずに完了し、蒸気の靄が晴れたあとに、背の高い樹状の人型が佇む。
霧亥が銃を下ろす。
人型には四肢もなく、足もとは床から生え出たようになっている。顔は白い平静な仮面で、
かすかに慈悲に似た表情が漂っている。数本のラインを交差させた標章が額に刻まれている。
アスカが慎重に人型を窺う。
「キリイ、知ってるの? こいつ…何なのよ」
「統治局だ」
「え…?!」
顔色を変えたアスカの前で、人型がゆっくりと口を開く。
「その通りだ。
 私は統治局…ネットスフィアの支配レベルの代理構成体。
 君たちにメッセージを伝えるため、基底現実に転送(ダウンロード)された」
アスカがレイを押しのけて前に出る。
「ちょっと待ちなさいよ。ここはネットから切り離されてるんでしょ? なんでネットスフィア側の
 意思が、階層のなかに実体化できるのよ!」
代理構成体の表情は微動だにしない。
「階層の閉鎖はたった今解除された。階層システムはつい先ほど、君たちが初号機と呼ぶ
 あの複製体をインターフェイスとし、搭乗者の遺伝子情報でネットへの仮接続を行った」
霧亥が再び険しい表情になる。
アスカは代理構成体と初号機を見比べ、必死に理解しようとする。
「仮接続? 搭乗者…って、碇司令が?!
 どうしてよ! 今までのことが全部無駄になるじゃない!」
91 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 19:19:09.78 ID:???.net
代理構成体は冷静な語調で答える。
「周囲の機体に記載されている一群の意志が、搭乗者の遺伝子情報を自分に上書き
 していたのだ。現在、端末を支配しているのはそれらの意志だ。この低次の行動はセーフ
 ガードの介入を許し、階層にいる全ての人々に確実に脅威をもたらすだろう。
 だが、これによって我々もある程度自由にこの階層に介入できるようになった。
 実行者を止め、この事態を収拾するには、あの初号機に行ってみるしかないだろう」
「…碇司令に会え、というのね」
レイはまっすぐ代理構成体を見つめている。
「そうだ。我々としても、彼が碇シンジ当人だということは予想していなかった。だが、現在の
 状況では、その事実が君たちの助けになるだろう」
霧亥が頷いてアスカを見る。
「初号機に行く。惣流、弐号機は動かせるか」
アスカははっとして我に返る。
「まだ内部電源は残ってるから、たぶん大丈夫。けど、予備電槽使いきっちゃったから、
 そんなに長くは起動してられないわよ」
「すぐ終わらせる」
アスカは呆れたように霧亥を見つめ、そして身をひるがえして弐号機の方に駆け出していく。
レイは代理構成体を凝眸している。
「…わたしと彼はどうなるの」
目で、霧亥の背中のカヲルを指す。カヲルはひとことも喋らず、頭を垂れている。
「心配はない。君たちは霧亥や人々の助けになってくれると予期されている。
 わたしには限定的な統治局の効力を与える機能が付与されている」
代理構成体の肩に当たる部分から細い糸状の出力回線束が伸び、レイとカヲルの前に
差し伸べられる。
92 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 19:20:00.08 ID:???.net
レイは霧亥を見る。霧亥は頷く。
かすかに息を吸い込み、レイは出力端子を手に取る。
と、端子の先が手のひらの内部に潜り込み、瞬間、レイは短く息を吐いて上体をたわめる。
「綾波」
端子はすぐに抜け、レイはわずかに額に汗を浮かべて顔を上げる。
「…大丈夫」
見つめる霧亥の背中で、カヲルが身体をくくりつけていた導管を切って床面に降り立つ。
霧亥が振り返る。カヲルの脚はレイと同じ珪素基系の素材で再形成され、損傷も修復
されている。カヲルはどこか寂しげな顔で微笑し、長い刃状の武装を展開してみせる。
代理構成体は糸状の端子を再び引き込み、三人を見つめる。
「これでこの階層にいる限り、君たち二人はセーフガードの命令を強制されないだろう」
話し続ける代理構成体の足もとが劣化し始める。
「すぐにセーフガードが階層に流入するだろう。君たちは階層が制圧される前に初号機に
 到達し、それを機能させていま一度ネットとの接続を遮断するよう、強く勧告する」
「階層の他の人々を守るには、それしかないわ」
レイが強い調子で言い、代理構成体は頷く。すでに肩のあたりまで劣化が及んでいる。
「私は限定付きの代理構成体。これで通信を終わる」
その言葉を最後に、代理構成体は劣化した物質塊となってその場に崩落する。
霧亥、レイ、カヲルは、堆積層の稜線の上に見えている初号機をそれぞれに仰望する。
「…行こう」
霧亥が短く言い、同時に、再起動した弐号機が超構造体開口部の陰から顔を覗かせる。

93 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 19:20:50.94 ID:???.net

 (目を覚ます。何かがおかしいと感じるが、それが何なのかはっきりとはわからない。
  正面には見知らぬ天井。どこかに似ているが……思い出せない。
  自分の手を持ち上げて見てみる。軽く握り、また開く。再び何かを思いだしそうになるが、
  やはり掴めないまま意識の外に逃れてしまう。
  人が入ってきて、気分はどうかと訊く。思いついて、たずねてみる。僕はどうしたの?
  看護師は安心させるようにほほえんで、事故にあったのよと答える。もう大丈夫よ。
  少しだけ安堵する。もう少し訊いてみる。何の事故? 何が起きたんですか?
  看護師はもう一度ほほえむ。街の郊外で、大規模な情報漏出が起きたのよ。あなたは
  そこに倒れていたの。きっと情報流を直接浴びてしまったのね。
  きっと、って?
  まだ意識が安定していないのよ。もう少し休まなくては。
  大丈夫…です。大丈夫だと思います。教えてください、何があったのか。
  駄目よ。
  どうして?
  あなたがわたしに何が起こったのか訊くのは、これで四十一回目なのよ。でも心配すること
  ないわ。脳がショックからさめれば元通りになるから。さあ、もう少し眠りなさい。そう言って
  看護師は枕元の計器類をチェックし、出ていく。
  混乱する。
  ホワイトノイズが詰まっているような頭で必死に考えようとする。思い出そうとする。けれど、
  何も掴めないまま、また意識がぼやけてくる。部屋の景色が遠のいていく。
  そして目を覚ます。正面には見知らぬ天井。何かがおかしいと感じるが、思い出せない…)

94 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 19:24:28.47 ID:???.net

霧亥、レイ、カヲルの三人を肩の上に乗せ、弐号機は隆起の上の初号機めがけ駆ける。
初号機の樹形はエヴァシリーズによって変更させられつつある。幾つも突出した翼状構造物が
配置を変えられ、新たな形状が生み出されていく。変動する構造の中心で、初号機本体は
生贄のように両腕を開いて吊るされている。
あと少しで堆積層を登りきるというところで、突然周囲を衝撃が襲う。
『何なの?!』
「超構造体の方よ」
弐号機が大きく頭をめぐらせる。
先ほど四人が出てきた開口部の傍に、いつの間にか黒い背の高い人影が立っている。
プラグ内で拡大表示してみて、アスカは眉をひそめる。
ゆうに人間の身長の三倍はあるその姿は、明らかに人間離れしている。
額の標章がさらに拡大される。統治局のと似ているが、もっと簡素なデザインである。
『セーフガード…?』
プラグに激しい警告音が響く。
直後、激しい爆発が周辺一帯を吹き飛ばす。
弐号機が肩の上をかばって後退する。本部施設周辺の堆積層が爆圧で掘削されていく。
開口部に立つ人型は、左右対称の形に広げた手のひらを宙にかかげている。異様に長い
指を縦断するようにして、額の標章と同じマークが刻まれている。
人型は手を下ろす。黒い長衣に似た外装が一瞬広がったように見える。
瞬間、周囲に膨大な数の放電が集束する。
95 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 19:25:34.67 ID:???.net
『今度は何?!』
弐号機の肩の上でカヲルがきつく眉根を寄せる。
「気をつけて! 駆除系を落とす気だ」
渦巻く放電群は真下の物質を削り、再構成し、瞬く間にそこに駆除系セーフガードの大群が
立ち上がる。セーフガードの標章を刻印された人形の顔と、黒い球体関節と白い鋭い手足を
持った群れが、一斉に走り出す。
レイがはっとする。
「…初号機を目指してるわ」
「惣流、行け!」
霧亥が短く叫ぶ。
『わかってるわよッ!』
弐号機は再び初号機をめがけ、堆積層の傾斜を一気に駆け登る。
変容した初号機の全容が視界を占める。

96 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 19:26:35.86 ID:???.net

第二発令所は衝撃に揺れる。
「直撃ですッ!」
冬月が主画面を見上げ、焦慮するスタッフらを叱咤する。
「今のは物理的な衝撃に過ぎん! アブソーバを最大にすれば耐えられる」
ミサトの胸元で白い十字のペンダントが揺れる。
「地下のシェルターへの影響はっ?!」
「ぎりぎりで堆積層が盾になり、被害ありません! ですが、次が来たら外殻部が露呈します!」
唇を噛むミサトに、リツコが厳しい表情で向き直る。
「今はここよりも初号機を優先させなければならないわ。わかってるはずよ」
ミサトは一瞬唇を噛み、そして表情を引き締める。
さらに警報が鳴り響く。
「堆積層上に、正体不明の戦力が多数出現! 初号機を目指しています!」
「…ネットの法の行使者、セーフガード。ついに来たか」
冬月が呟く。ミサトは振り返る。
「あれが、本物の…外部侵攻、ですか。しかし、なぜ初号機を?」
「たとえ不完全でもネットの端末であり得、ネットスフィアの脅威となる可能性のあるものは全て
 破壊する。そんなところだろう」
リツコが伊吹の傍に歩み寄る。
「マヤ、こちらから初号機への回線は?」
「駄目です、全て遮断されています! 現状で初号機に情報干渉するには、直接器体に
 接触するしかありません」
「エントリープラグから直接内部信号を送る、か」
ミサトが呟いて、ジオフロントの全景マップをすばやく一瞥する。
97 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 19:27:23.82 ID:???.net
彼女の前で日向が高速でコンソールを操作する。
「現在、弐号機が単独で向かっています。しかし、追加武装は使いつくし、機体も内部電源に
 切り替わっています」
スクリーンのひとつに弐号機の活動限界までの時間が表示される。残り三分もない。
その隣に堆積層の隆起を登りきった弐号機の映像が広がる。巨大に成長された樹状構造に
阻まれ、ネット端末と化した初号機本体まではまだかなりの距離がある。
と、初号機の構造翼の幾つかがばらけて黒い触手の束になり、多方向から弐号機に襲いかかる。
「駄目、避けてっ!」
思わずミサトが叫んだ瞬間、一条の光が弐号機の肩から触手群を撃ち抜いて伸びる。着弾点に
あたる階層の胸壁が大爆発を起こす。
「…霧亥君!」
弐号機の肩の上が拡大表示される。上下する機体に揺さぶられながらも銃を構えている霧亥の
姿が、発令所に大きく映し出される。
「セーフガード第一波、初号機に到達します!」
「周辺組織を攻撃しています! このままでは…」
霧亥の隣で、珪素基系装甲で身を鎧ったレイとカヲルが、黒い矩形の翼を広げる。
弐号機の足元に舞い降り、それぞれ大量の駆除系を相手に立ちふさがる。階層居住圏には
解析すらできない強大な武装が、駆除系をひと薙ぎで屠っていく。
重力子放射線が再びエヴァシリーズを射抜く。霧亥を肩に、弐号機は巨大な構造樹のなかへ
中心の初号機目指して突っ込んでいく。

98 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 19:29:19.42 ID:???.net

 (やがて、言われた通り、脳機能は元通りになり、事故の詳細を今度はきちんと聞く。
  けれど退院できるほどに回復しても、記憶は戻らない。自分の名前だけはわかる。碇シンジ。
  でもそれだけだ。しかしいつまでも入院しているわけにもいかず、市の福祉サービスを頼って
  当面の住まいに移る。年齢上、まだ未成年の生徒だ。
  少しずつ、ここが〈東京都〉であること、階層居住圏のこと、ここに住む人々のことを覚えていく。
  それでもそれらを前から知っている気はしない。現実味がない。
  都の中学校の二年に転入する。結局身元は判明せず、情報震災孤児として暮らす。  
  碇シンジ。自分の名前だけが現実だ。だが、それに付随する何かを思い出そうとするたびに、
  深い混乱とパニックの予感が襲い(駄目だ)、あわてて他のことに気を向ける。
  今はまだ駄目だ。そういう気がする)

99 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 20:37:41.52 ID:???.net

『どぉりゃあああああッ!!』
弐号機は絡みつく翼の触手をはねのけ、引きちぎり、樹状構造の中心を目指す。
後方ではセーフガードの兵器を展開したレイとカヲルが駆除系を駆逐し、時間を稼いでいる。
次々と生え出る触手にさえぎられ、弐号機は初号機に近づいたかと思うとまた離される。
『チッ! キリイ、時間が惜しいから乱暴に行くわよ!』
弐号機はいったん後退し、構造樹の真上はるかに大跳躍して、真っ逆さまに初号機めがけて
降下する。黒い触手が大量に分裂し、一斉に空中の弐号機に突進する。何本かの触手が
弐号機を貫通する。
『キリイ! 行って!』
弐号機が肩の霧亥をかばっていた手を放し、向かってきた触手をひとまとめに押さえ込む。
霧亥は頷き、落下する弐号機から一気に身を躍らせる。襲い来る触手の合間にかろうじて
初号機が見えている。何度か触手の先に絡めとられそうになり、高速で擦過する黒い束に
ぶつかって遮られながらも、霧亥は最後のぎりぎりの隙間をすり抜けて、初号機の素体の
すぐ傍に着地する。
顔を上げる。頭上には構造樹の翼枝が幾重にもそびえ、弐号機がその向こうに落下する。
その衝撃で、磔刑の姿勢の初号機がぐらりとかしぎ、霧亥のいる突起部にぶつかる。
霧亥はためらうことなく、一気に素体をよじ登って背甲部を目指す。エヴァシリーズの出力端子
が何本となく装甲を貫いて突き立った、エントリープラグ挿入口へ。

100 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 20:38:52.69 ID:???.net

 (高校の課程を修了するころには、いくつか既視感のある事物を見つけている。
  南極。〈箱根〉。存在しないはずの海の光景。
  自分の出自を知るには高度な情報検索能力が必要だと判断し、大学では情報工学を
  専攻する。そして四年目に、情報総体工学という学問を知り、その有力な研究者である
  冬月教授を知る。
  そして同じころには自分を援助してくれていた組織の存在をも知っている。ゼーレ。決して
  表には出ない、政府よりも、都市連よりも巨大な力を持った組織。
  それらすべてを知っているという気がする。またあの吐き気に似た恐怖とパニックの予感が
  (嫌だ)こみあげる。
  ある日、ゼーレのエージェントと名乗る人物が迎えにくる。案内された先で、碇シンジという
  名に関する幾つかの事実、そしてはるかな古代に起こったとされる、彼らの信奉する〈母事
  象〉のことを(駄目だ)聞かされる。それらすべてを(駄目だ)知っている。思い出したくもない
  (嫌だ)そのすべてを知っている。
  恐怖の予感が全身をわし掴みにする(もうやだ嫌だ嫌だ嫌だ!)。
  碇シンジ、その名前が現すのは、エヴァンゲリオンと名付けられた人類の希望と絶望。
  内なる海が隠された激流をあらわにする。溺れそうになり、危うくまた心の海面に顔を出した
  ときには、もう全てを受け容れる準備ができている。準備、それとも諦観。非常な罪悪感。
  決して喜びでも、答えを見つけたという勝利感でもない。懐かしく思えるものは全て、ずっと
  昔に滅び去っていたからだ。
  けれど、目的も見つけている。それら全ての悲劇を防ぐという、贖罪にも似た、命と存在を
  賭けた目的を。
  その日からはこれまでとはまったく違った視点を持って、ひたすらに階層について学ぶ。
  来たるべき時に向けて用意された存在として。
  そしてまた別のある日、評価されたレポートを手に、冬月教授に会いにいく)

101 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 20:40:39.14 ID:???.net

駆除系の津波はもはや衰え、大量の残骸が辺りにうず高く積み重なっている。
レイは鋭利な武装をおさめ、堆積層に降り立つ。少し先にカヲルの姿が見えている。
と、超構造体開口部に佇んでいた黒い人型がわずかに膨らんだように見える。
次の瞬間、巨大な爆発がレイもろとも硬化積層を吹き飛ばす。叩きつけられ、目を開いた
レイは、自分の上に身代わりに灼かれたカヲルの身体を見る。
「…どうして」
カヲルはわずかに身を痙攣させながら顔を上げ、微笑する。
「君たちには未来が必要だ。そして君もまた、死すべき存在ではないんだよ。
 …この閉鎖階層の、孤独な主統治システムの代理構成体である君もね。綾波レイ」
レイの表情が崩れる。
「…そう。本当は初号機で二度目の接続実験を行ったとき、偶然リリスを通じて出力された、
 不正作出物。でも碇司令は、代理構成体と呼んでくれた」
涙が頬を伝い、熱された堆積層の露出部に滴る。
レイは身を起こす。
入れ替わりにカヲルが膝をつき、それでも、利かない両脚に無理に力を込めて立ち上がり、
きびすを返す。背面はひどく削れ、翼は焼けただれ、大量の質量を喪失している。
レイは引き留めようとして、数箇所で装甲の再生が始まっているのを目にして、手を下ろす。
自分も静かに立ち上がると、カヲルに並ぶ。
102 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 20:41:27.04 ID:???.net
カヲルが少し驚いたように振り向く。
「あなたも、死なないわ」
レイの真摯な眼に、けおされたようにカヲルは瞬きする。それから虚しく笑う。
「僕のなかにあるのは、所詮、変異した遺伝子だ。この階層のようにネットから切り離されて
 いた場所でなら、仮接続のためのキーとして通用するけれど、もうこの階層は開かれて
 しまった。今度こそ、僕にとっては生も死も同じことなんだよ」
レイは目を逸らさない。
「碇君が二度もあなたを助けたのは、あなたの裡にある遺伝子のためだけだと思っていたの?
 あなたが最も感染創の少ないネット端末遺伝子の保持者だからだと、そう思っているの?」
カヲルは答えず、ただ首を振る。
「いずれにせよ、今は初号機を守らなければ。あれを取り戻せなければ、もう誰も事態を
 止められないよ」
レイは頷き、カヲルとともに彼方の上位駆除系を見据える。
黒衣のセーフガードは、異形の道化人形のような顔を二人に向け、一歩進みだす。

103 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 20:43:17.96 ID:???.net

  (ねえ、聞いて。聞いてほしいんだ。
   僕らはやっと君を見つけたんだ。
   セカンドインパクトは止められなかった。
   でも、エヴァを造った。〈母事象〉で語られたヒトの進化のための汎用器じゃなくて、
   君を見つけるための、みんなを救うためのハードとして。
   僕は初号機を造って、君に会いにきたんだ。
   僕らをずっと長い間守ってきてくれた君に、答えを聞かせるために)

「サードチルドレン、初号機に接触!」
「行ける! アスカ、弐号機で援護してっ!」
『わかってるつぅのッ!!』
画面、いや発令所そのものが揺れているのは、上位駆除系とレイ、カヲルの交戦地点から、
その凄まじい衝撃の余波が堆積層を伝わってくるためだ。本部施設全体が何度も揺さぶら
れるが、最後の砦としてまだ持ちこたえている。
弐号機は残り少ない電源を惜しむことなく、次々と樹形構造から生え出すエヴァシリーズと
激しく格闘する。足もとに突き立った壊れた翼端を引き抜き、巨大な刃のように振り回して
触手や頭部や手足を斬り落とす。
『キリイ! さっさとしなさいよッ!』
アスカの昂揚した叫びが戦場に響き渡る。

104 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 20:44:22.25 ID:???.net

  (エヴァはアダムとリリスから造られた。だから、構成情報のなかに、アダムを造った人たちの
   言葉が残っていたんだよ。
   『外』の世界への、希望を託した言葉。君はそれを、ずっと待っていたんだよね?
   僕は答えを見つけた。あのとき、初号機との最初の接触実験でハードとしての性能を
   試したとき、君のなかに残されていた統治局のプログラムが教えてくれたんだ。そして
   その言葉の通り、僕らはサードチルドレンを迎えた。この閉鎖階層にいちばんふさわしい、
   外の都市から来た、初号機の搭乗者を。
   それは、僕じゃなかった。僕の役目は、彼をエヴァに乗せることだった。
   〈母事象〉の再現を求めるゼーレに逆らうために。もう、あの終局を訪れさせないために。
   そのためには何でもした。ゼーレに脳の直挿解析を許すことまでした。…そのせいで、今
   みんなに迷惑がかかっちゃってる。僕ももうここから出ることはできないと思う。
   でも別にいいんだ。
   彼が来るまで、初号機は渡さない。
   それだけは、僕にもできることだから。
   ほら、来るよ。君がずっと待っていた、『外』からの……)

105 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 20:46:51.52 ID:???.net

エヴァシリーズに侵食されながらも、初号機はATフィールドを崩さない。その機体の上を、
霧亥はよじ登り、飛びつき、ぶつかり、少しずつエントリープラグ挿入口へ近づいていく。
後方では弐号機の内部電源がゼロに近づいている。
霧亥は振り向き、そして眼を見開く。
エヴァシリーズから生え出た触手が再び束になって融合し、初号機とは別の樹状構造を
成長させていく。構造の合間からはエヴァシリーズの上半身や翼や、さらには誰とも知れない
ひどく年老いた人間の顔が伸び出し、まがまがしく枝を広げる。
霧亥は周囲をすばやく一瞥する。以前も同じような戦いをした記憶が甦る。そのときは、相手は
セーフガードがが送りこんできた使徒だった。超構造体外縁でカヲルが作出した第拾四使徒だ。
初号機が促すように身をたわめる。
霧亥はその頭部を見上げ、決断する。
剥きだされた初号機のコアの上まで滑り降り、腰部から外部端子を引き出してコアの周囲の
素体に直接繋いでいく。コアが応えるように暗く輝き始める。
全て繋ぎ終えると、霧亥はコアの球面の上にひざまずき、正面の奇形樹めがけて銃を構えた。
一斉にに銃の外装が開放される。

106 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 20:47:39.60 ID:???.net

黒衣の上位駆除系は再び手のひらを掲げる。
左右対称に開かれた巨大な手全体を横切って、セーフガードの標章が強烈な光を帯びる。
瞬間、膨大な爆発がレイとカヲルを直撃する。
爆圧が焼けただれたジオフロント表層を押し流し、上位駆除系はそれを前衛として歩を進める。
と、別の光が爆煙を吹きさらって広がる。ATフィールド。
侵入対抗電子領域を全開にしたカヲルを遮蔽に、レイが大きく回り込んでセーフガードに肉迫し、
片脚を膝下から消し飛ばされながらも、旋舞してその頭部を切断する。
ついで、カヲルの繰り出した巨大な黒い剣が振り下ろされ、セーフガードを足元まで押し潰す。


すさまじい充填ノイズが集束し、霧亥の周りに電磁嵐となって吹き荒れる。
禁圧解除。
そして重力子の光は極限に達し、霧亥は引き金を引く。
輝く光弾が咆哮するエヴァシリーズの樹を貫通し、彼方の上位駆除系すらも消し飛ばして、一帯に
凄まじい爆発を引き起こす。周囲の全てが灼熱の光に変わり吹き飛ばされていく。
巨大な気流の渦が、ジオフロントを席巻する。

107 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 20:49:06.18 ID:???.net

振動、ホワイトアウト、電子の叫喚。
発令所は衝撃の余波を抜ける。
ミサトが真っ先に身を起こし、画面に初号機とサードチルドレンの姿を捜す。
「やったか?!」
多少のノイズとともに映像が戻る。眩しく光る靄を引いて、エヴァシリーズでできた樹がゆっくりと
倒れていき、地響きとともに堆積層に激突する。
発令所に歓声が溢れる。
リツコは伊吹のコンソールを操作して、ジオフロントの俯瞰図を呼びだした。傷ひとつない超構造体
開口部から少し離れて、瓦礫の間で互いを助け起こすレイとカヲルの姿が映し出される。
リツコは人知れず安堵の息をつく。それから、そんな自分に気づいて目をみはる。
主画面では、だいぶ翼が減り、片膝をたててうずくまっている初号機と、その背中の上に立つ霧亥が
映し出されている。重力子放射線射出の反動で傷ついてはいるが、足取りはしっかりしている。
「…よっしゃ!!」
ミサトが両拳を握る。
『よっしゃあ、はいいけど、こっちもなんとかしてよね』
「え? アスカ?」
視線を戻したミサトの目に、内部電源を使い果たして床面に突っ伏している弐号機の姿が飛び込む。
「しまった…考えてなかったわ」
「設備もなしに、どうやって回収しますかね」
固まるミサトに、横からリツコがぼそりと、ブザマね、と呟く。

108 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 21:05:41.33 ID:???.net

動きを止めた初号機の背甲部に、霧亥はよじ登る。
かろうじて残っていた背面装甲を無理やりもぎ取り、下に投げ飛ばすと、緊急射出機構が働いて
エントリープラグが突出する。霧亥はしばらく手間取ったあと、ようやくハッチを開ける。
生々しい臭いと熱が膨れ上がり、風に吹き散らされる。
霧亥は無言でプラグ内を見下ろす。
操縦席があった場所には、何もない。
初号機の素体が内側から貫通し、完全に内部インテリアを破壊している。電戦効率を限界
まで高めるため特殊化した素体が専用ハードとなってプラグを満たしている。
搭乗者の姿はどこにもない。

発令所。
主画面に、搭乗者のいないプラグ内が映し出される。
伊吹が小さく呻き声をあげ、口元を押さえる。
ミサトは絶句し、リツコを振り返る。
リツコは全て予想していた眼で、無表情に告げる。
「言ったでしょう、我々にはエヴァをネット端末として動かすことは本当はできなかったの。
 それを可能にするには、必要な艤装措置を受けて〈適格者〉となるか、あるいは、
 物理身体の全てを強制的にエヴァに読み取らせるしかないの。
 今見ているのは、その結果に過ぎないわ。
 …こうするしかなかったのね、結局。あの人が望みを果たすためには」

109 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 21:07:08.85 ID:???.net

  (僕は、君に聞いてほしい。
   ほら、ここにいる。一人ぼっちでいた君が夢見てた、都市の探索者、霧亥だよ。
   君は独りじゃない。
   世界は死んでなかったんだ)

110 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 21:08:01.42 ID:???.net

霧亥は腰から外部端子を引き出し、プラグ内の素体の端末に繋ぐ。
目を閉じる。

/
/知覚/認識
/仮象:無限遠を見渡す巨大な双眸
 /ソウカ……キミガ、キリイナノネ
 「碇はどこだ」
 /モウイナイ
 「お前が階層主システムか。ここを閉鎖するにはどうしたらいい」
 /イイエ、モウデキナイ
 /トジラレタモノハ、イツカヒラカレル
 /ソレガ、ムカシ、ココヲトジタヒトタチノ、ホントウノノゾミダッタノヨ
 /ヒトガセイチョウシ、ジュンビヲトトノエテ、イツカ、ミズカラソトニデテイケルコト
/仮象:アダムを建造したとおぼしき人々のおぼろな映像
 「ここにはもう端末遺伝子は存在しない。お前はネットスフィアに組み込まれる」
/肯定
 「どうすればいい?」
/現時映像:都市機構が停止した各居住区で人々の助力に奔走する加持たち
/現時映像:弐号機から自力で脱出してジオフロントを睨みつけるアスカ
/現時映像:発令所で事態の把握を急ぐミサトら
/現時映像:静まった都市構造体を仰ぐ人々 中にはトウジとケンスケの無事な姿もある
 /イキテイケバイイノヨ
/
/

111 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 21:08:49.79 ID:???.net

霧亥は顔を上げる。
視線の先には初号機の巨大な頭部がある。
外部端子を引き抜くと、エヴァシリーズの支配から逃れ、再び上方へ伸び出した初号機の
翼群が、最後の強大な信号をはらんで電磁波をまとう。
そして階層は再び侵入対抗電子領域に、電子的なATフィールドに覆われる。
物理的な閉鎖ではない。ただ人々が、ここから旅立つための時間の猶予を作っただけ。
初号機はそれを最後に、完全に物理機能を停止する。
霧亥は突き出たエントリープラグを覗き込む。
内部は硬化を始めた素体に覆い尽くされ、搭乗者の信号はすでにない。
霧亥はきびすを返す。
初号機を滑り下り、堆積層に降り立つ。スキンスーツはすでに損傷を修復し始めている。
銃を確かめ、懐にしまい、超構造体開口部に向かって歩き出す。
傷ついたレイとカヲルが、巨大な開口部の前に立っている。
二人は霧亥を止めない。視線だけが交わされる。
霧亥は再び開口部に降り、超構造体のなかを、階層の『外』を、無限に続く都市構造を
目指して歩いていく。

発令所で、ミサトはそれを見つめている。
冬月が気づいて同じ画面を見、呟く。
「…行くか」
日向が振り向く。
「いいんですか?」
ミサトは頷く。
「ここからは、私たちだけでやれってことなんだわ。
 …ありがとうね。霧亥君」
画面内で霧亥の後ろ姿は小さくなり、やがて超構造体に隠れて見えなくなる。

112 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 21:09:58.21 ID:???.net

「ええ~っ、何も言わずに行かせたぁ?!
 あの無口無骨無愛想馬鹿を?!」
修復に回されるため搬送されていく弐号機のそばで、アスカは大声をあげる。
ミサトは困った顔で笑う。
「あいつ、どこに行くかわかんないわよ! 迷いまくって、一生ここに戻ってこれなくなるかも
 しれないのよ?!」
「もう戻ってこないわよ、彼。たぶんね」
アスカはミサトの横顔に一抹の寂しさを見つける。
振り払うように、また声をはりあげる。
「なのに止めなかったわけ?! もう、ミサトの馬鹿! 甘すぎる! 信じらんない!
 私、あいつにまだ何も…言ってやれてないのよ」
ミサトは微笑する。
アスカは振り上げていたこぶしを下ろす。
「…私、あいつに何も言ってやれなかった」
アスカの表情が無防備になる。
「勝手に、どっか行っちゃうんだもの。わかってたのよ、ずっと前から。
 あいつ、そのうち一人で行っちゃうんだって。
 …わかってたのに」
ミサトが歩み寄り、アスカの肩に手を置く。アスカは顔を上げる。
ミサトは笑ってみせる。
「出発しなければならないのは、私たちも一緒よ」
113 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 21:11:15.66 ID:???.net
「 超構造体が開かれた今、もうここの内部だけで生きていくことはできないわ。
 今のところはまだ初号機と階層の侵入対抗電子領域がセーフガードを閉め出してくれて
 るけど、いつまでもそれに頼ってはいられないもの。
 私たちも、旅を始めるのよ。この階層が閉じられる前、私たちの祖先がずっとそうしていた
 ようにね」
アスカは何かを呑みこんだ顔になる。
ミサトは軽く頷いて、両手をぱんぱんとはたいてみせる。
「さぁて、忙しくなるわよ。なんたって弐号機をまた動くようにしなきゃなんないし、
 どうやって旅するか、その方法自体、白紙から考えなきゃなんないんだから。
 そうそう、加持から連絡があったわ。他の居住区にも事態を知らせてくれてるみたい。
 近いうちに、また都市連が都市連として機能するようになるでしょうね。今度は閉じこもる
 ためじゃなく、私たちが、再び旅立つためにね。
 アスカ、あなたはその旅の要になるのよ。エヴァ弐号機でね」
アスカは目をみはる。
そして、長い髪をひるがえして、ミサトに背を向ける。
片手を腰に当て、超構造体開口部を睨む。
「…わかってるわよ。
 こうなったら、いつかあいつに追いついてみせるわ。私のエヴァで。
 それでいいんでしょ? ミサト」
ミサトは小さく息を吸い込み、そして、優しい表情で頷く。
遠くから互いを支え合ったレイとカヲルが近づいてくる。
アスカは背伸びして、大きく手を振る。

114 : Final log 海を失った男[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 21:12:15.22 ID:???.net

そして、長い時間が経ったあと。
風景は静まり返り、都市の背景電磁放射だけが長く脈打っている。
露出した超構造体のプレート面から、階層の天井まで、眺望をさえぎるものはない。
見渡す限り人影はなく、たださまざまな残骸だけが累々と重なっている。
超構造体上に積もった瓦礫の露頭に擱座したエヴァ初号機。
どこかから吹き寄せられてきた砂塵が周囲を埋めている。遠目には冷たい砂浜にも見える。
海の存在しない砂浜に、影が長く落ちている。
エントリープラグ挿入口から壊れたプラグが突出している。
もはや機能しないプラグの内部から空電のホワイトノイズが響いている。
高く低く、長いうねりと断続を交えて続くそれは、打ち寄せる海の波の音に似ている。
存在しない波音が、いつまでも響いている。


Final log 終
115 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 21:16:00.17 ID:???.net
終わりです。ありがとうございました。




お題『もしシンジとレイが双子だったら』

ケージにて

シンジ「何をいまさらなんだよ。父さんは、僕がいらないんじゃなかったの?!
    …レイのことは引き取ったくせに!」

シンジのゲンドウへの不信感激増の予感
116名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 21:16:47.20 ID:???.net
  碇「冬月。レイを起こしてくれ」
冬月「使えるかね」
  碇「死んでいるわけではあるまい」
シンジ「!」

ストレッチャーでレイが運ばれてくる

冬月「十年ぶりの対面か…」
シンジ「…!」
  レイ「……」
シンジ「れ、レイ…? 君が? その、どうしたんだよ、そのケガ」
  レイ「……(すごく痛そう)」

シンジ「………」

シンジ「やります。僕が乗ります!」


唐突にお兄ちゃん魂発生
117 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 21:17:47.34 ID:???.net
戦闘後

..ミサト「一人で…ですか?」
黒服「そうだ。彼の住居は、このさきの第六ブロックになる」
..ミサト「…それでいいの、シンジ君?」
シンジ「よくないです」
..ミサト「ほら、やっぱたった一人でなんて…」
シンジ「レイを引き取ります」
..ミサト「は?!」
シンジ「あんな父親失格の人のそばになんか置いておけません。
    妹は僕が面倒みます」
..ミサト「えぇええ?!」



成計画、発動
118名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/13(日) 21:55:07.93 ID:???.net
>>116>>117
いいね
119 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/14(月) 17:37:57.15 ID:???.net
>>118
いい…んですか?!


追加

本部の通路で電話してるミサト
..ミサト「だーかーら、レイは退院したらシンジ君とこに行くことになったから。
    上の許可も獲ったし。…心配しなくても、双子の兄妹の間柄でどうこう
    なんてこと、起きたりしないわよ」
. リツコ『当たり前でしょう! 何考えてるの、あなたって人は!…』
..ミサト「あいかわらずジョークの通じないやつ」
シンジ「…ジョークなんですか? それ」
..ミサト「やあねぇ、ジョークに決まってるじゃない。
    それともなにか、思い当たるフシでもあるのかナ?」
シンジ「ないですッッ!!」

ミサト、出歯亀疑惑発生
120 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/14(月) 17:39:40.13 ID:???.net
結局ミサトに引き取られることになったシンジ
街を俯瞰する高台にて
 シンジ「…すごい。ビルが生えてく…!」
  ミサト「これが、対使徒専用迎撃要塞都市、第三新東京市。
     わたしたちの街よ。…そして、あなたが守った街」
 シンジ「………」

 シンジ「…僕はただ、レイを守っただけですから」
  ミサト(いいセリフ台無しか…)


ミサトのマンション
  ミサト「さっ、入って」
 シンジ「あの…お、おじゃまします」
  ミサト「シンジ君。ここはあなたの家なのよ?」
 シンジ「……
     …た、ただいま」
  ミサト「おかえりなさい」
 シンジ「ただいま、おかえりなさい、か。なんか…気持ちのいい言葉ですね」
  ミサト「でしょ?」
 シンジ「……今度は僕が、レイに言ってあげるんですね」

  ミサト(…いい加減そこから離れなさいよ)


シンジ、兄馬鹿化の予感
121 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/16(水) 12:31:36.77 ID:???.net
 ミサト「シンジ君たら、ほんとにレイを引き取るための転居願い、出しちゃった
    のよ。あんな世話好きのお兄ちゃんだとはね」
 リツコ「受理する方も、する方じゃない?」
 ミサト「…やっぱり、許可下りないんじゃないかって思ってた?」
 リツコ「そうね。あのレイが他人と暮らせるとは思えないし」
 ミサト「思えなかったし、よ。もう引っ越し手続き済んでるんだから」
 リツコ「……」
 ミサト「何にせよ、シンジ君にとっても、これからがほんとの生活の始まりなのよ。
    ここでのね」
 リツコ「…そうね」

  ミサト「というわけで、またも新たなる同居人の歓迎会を…
     …って、シンジ君? どしたの、改まって」
 シンジ「ミサトさん、今までお世話になりました」
  ミサト「えええ?! ってまさか、こないだの転居願いって…」
 シンジ「ちゃんと目、通してくれなかったんですか?
     僕、ここを出て、レイと二人暮らしをすることになるんですけど。
     ミサトさんに二人も負担抱えてもらうわけにはいかないですし、
     レイの面倒、ちゃんと見てあげないといけないから」
  ミサト「……ッ」(書類の控えに首を突っ込んでいる)
 シンジ「…ミサトさん?」
  ミサト「シンジ君」
 シンジ「はい?」

  ミサト「お願いだからあたしの面倒も見てくれない…?」
 シンジ「お断りします(キッパリ)」
122 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/16(水) 12:46:16.71 ID:???.net
ミサトの必死の懇願により、同居継続

  ミサト「レイ、退院おめでとうー!」
  .レイ「……」
 シンジ「良かったね、レイ。…あの、勝手に手続き進めちゃって、
     …気に入ってもらえるように、がんばるから」
  .レイ「……」
  ミサト「あら、どしたのレイ? 困った顔しちゃって」
 シンジ「…やっぱり、一人の方が、良かったのかな」
  .レイ「……」
 シンジ「……あの」
  .レイ「…ごめんなさい。こういうとき、どんな顔したらいいかわからないの」
 シンジ「…、レイ…!
     べっ別に、気にしなくていいよ。レイが普通だって思う通りで、さ。
     あ、料理の味、どう? 手、つけてないけど、口に合わなかったかな」
  .レイ「……(ぱく)」
 シンジ「……」
  .レイ「おいしい…」
 シンジ「良かった…そうだ、味噌汁も飲んでみて。あったまるよ」

  ミサト「………気のせいかしらん。何かが違うって気がヒシヒシと」


いろいろと台詞前倒しの予感
123 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/17(木) 12:36:23.99 ID:???.net
学校でトウジとイザコザ発生後

 シンジ(なんであれに乗ってるんだろう。人に殴られてまで)
  .レイ「……」
 シンジ「…!」
  .レイ「非常招集。先、行くから。
     …お兄ちゃん」
 シンジ「……
     すぐ行くよ。待ってよ、レイ」


 シンジ「うおおおおおおッ!」
  ミサト「よっしゃ、いいわシンジ君!」
 青葉「目標、完全に沈黙!」
 一同「おお~」

   碇「フ…問題ないな」
 冬月(…妙にあっさり同居を承諾したと思えば…)



シンジって、近しい人、親しく思える人のためにはがんばっちゃう奴だと思う
あと「お兄ちゃん」とか「ごちそうさま」とかに飢えてそう
124 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/17(木) 12:53:43.14 ID:???.net
  シンジ「どうしてあいつ、いつも一人なんだろうって思って」
  トウジ「そら言うたら、一年のとき転校してきてから、ずーっと友達いてへんな」
 ケンスケ「なんか、近寄りがたいんだよな」
  トウジ「なんや、お兄ちゃんとしては心配なんか?」
  シンジ「そりゃ…でも、僕が首突っ込むことでもないし」

  シンジ「レイ、もう掃除終わったの?」
   .レイ「あと、ゴミ捨てたら終わり」
  シンジ「じゃ、待ってるよ。一緒に買い物して帰ろう」
   .レイ「う、うん」

 ケンスケ「あ~あ、完全に過保護兄だなぁ。な、トウジ」
  トウジ「……ワシも妹手伝わんといかんような気になってきたわ」
 ケンスケ「…状況は拡大感染の模様、か…」
125 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/18(金) 08:43:26.78 ID:???.net
単純に考えて、双子だったら
パーソナルデータも酷似してるはず として

  .レイ「今度の作戦は、わたしが初号機に乗る」
 シンジ「駄目だよ、危ないよ。僕が乗る」
  .レイ「…お兄ちゃんのけち」
 シンジ「けちとかじゃないってば」
  .レイ「けち」
 シンジ「ああもう、わかったよ」
  .レイ「…やった」(小さくばんざーいのポーズ)
 シンジ「しょうがないなぁ」

 伊吹「パルス逆流! 初号機、起動しません」
  リツコ「仕方ないわね。パイロット変更、パーソナルを書き換えて、再起動」
 伊吹「はい」

 レイ「おかあさんのけち…」
  碇「ユイはシンジびいきだったからな」
126 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/20(日) 15:16:16.10 ID:???.net
  ミサト「いっただっきまぁ~す」
 シンジ「いただきます」
  .レイ「いただきます」
  ミサト「うんうん、シンちゃんのご飯は今日もおいし…
     ……?」
 シンジ「? どうしたんですか、ミサトさん」
  ミサト「んー、なんでもないわよ」
 シンジ「…? あ、レイ、はい、醤油」
  ミサト「……」
  .レイ「…何見てるんですか、葛城一尉」
  ミサト「な、なんでもないわよん」

  ミサト(…おかずに箸をつける順番が同じ…か)
127 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/20(日) 15:29:16.71 ID:???.net
 青葉「昔、お互いの存在を知らずに育った双子の兄弟がいたんだが、
     初めて出会った時、とても驚いたそうだ」
 日向「そりゃ、実は自分に兄弟がいるとわかれば驚くさ。双子じゃなくても」
 伊吹「驚くというか、喜ぶんじゃないかしら」
 青葉「それが、お互い話をしてみたら、乗っている車の車種、付き合っている
     彼女の名前、大学で専攻した科目、就いた職業。おまけに産まれた子供の
     人数、性別、名前まで、ことごとく一致したらしい」
 伊吹「ええ?!」
 日向「シンクロニシティってやつかな、双子の」
 伊吹「それにしても、すごい偶然」
 青葉「ま、事実は小説よりも奇なりってことじゃないか」

    三人「………」
 シンジ&レイ「な、「なんですか」」
    伊吹「シンクロニシティ、かしら…」
    日向「いや、単にハモッただけだって」
128 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/20(日) 15:31:18.93 ID:???.net
×おまけに産まれた
○おまけにその後産まれた

ミスった…
129 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/03/23(水) 11:57:44.37 ID:???.net
   教師「では出席を取りますよ…えー、相田!」
 ケンスケ「はーい」
   教師「えー、碇!」
シンジ&レイ「「はい」」
   一同「………」
   教師「……
      あー、…よし、碇は両名ともいるな」

  トウジ「まーた同じことしてんのやな、センセ」
 ケンスケ「『これがいわゆるセカンドインパクトで…』と
      いい勝負だよな」

  シンジ(呼び直してくれないんだ…)
130 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/20(金) 21:29:29.61 ID:???.net
アスカ「あんたたちねぇ、もうちょっと自分の立場を理解しなさいよ!
    同じクラスで同じ苗字なんて、キモチワルイでしょうが!」
 レイ「どうして?」
アスカ「どうしてって…」
 レイ「私、別に気持ち悪くないわ」
アスカ「…この子にジョーシキを問うのが間違いだったわ」

シンジ(僕はどっちに賛成しとけばいいんだろう…)
131 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 13:34:20.35 ID:???.net
  レイ「……」(肉を残す)
. シンジ「あ、ゴメン、また一緒に盛っちゃったね…
    次から、気をつけるから」(味噌汁すする)
 アスカ「あんたたち、双子のくせに食べ物の好みは全っ然違うのね」
  レイ「そんなことないわ」(納豆まぜまぜ)
. シンジ「そういえば意識したことって、ないや」(すかさず醤油を渡す)

  ミサト「今日も我が家は平和、か…」(ビール二缶め)
ペンペン「クワーッ!」(焼き魚完食)
132 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 13:55:19.16 ID:???.net
水泳授業中のレイ、プールサイドで足を滑らせる

バスケ試合中のシンジ、リバウンド取ろうとして足がもつれる


ケンスケ「ふぅむ、なるほどね」
 トウジ「何を一人で納得しとるんや」
ケンスケ「今、碇二人が同じポーズで転んだ」
 トウジ「上(プール)と下(グラウンド)で?」
ケンスケ「そう。十秒差くらいで」
 トウジ「ほぉ」
133 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/24(火) 17:39:32.41 ID:???.net
 .レイ「どいてくれる」
シンジ「うわっ、ごッ、ごめん」

シンジ、手をどける
レイ、左側から起きあがろうとする
シンジ、左側によけようとする

 .レイ「……」
シンジ「ご、ごめん」

シンジ、右側によけようとする
レイ、右側から抜けようとする

シンジ「……」
 .レイ「……」
シンジ「…僕が先にどくね」
 .レイ「…うん」
134 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/24(火) 18:00:29.65 ID:???.net
  ミサト「駄目、よけて!!」
 シンジ「えっ?」

   レイ「!!!」

 .伊吹「どうしたの、レイ!」
  .リツコ「ショックを起こしてるわ。…まさか、シンジ君の痛みを
     感じてしまったというの」
 .伊吹「双子のシンクロニシティ、ですか」
  ミサト「もう、こんなときに! ケイジに行くわ、あとよろしく」

ネルフ、マジでピンチ
135 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/25(水) 13:22:29.18 ID:???.net
シンジ「また、あれに乗らなきゃいけないのか」
 .レイ「そうよ」
シンジ「僕は…イヤだ。レイはあれに乗って怖い目にあったことがないから
    そんなことが言えるんだ。もう、あんな思い…したくない」
 .レイ「…わたしだって、痛かったのに」
シンジ「え?」
 .レイ「もう、寝てれば。初号機にはわたしが乗る。
    自分で動いて痛い目にあった方が、ましだもの」
シンジ「そんな…それは…」
 .レイ「さよなら」
136 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/25(水) 13:28:46.48 ID:???.net
シンジ「…ッ、駄目だ!」
 .レイ「!」
シンジ「…イヤだけど…ほんとにイヤだけど、それで他人に、妹につらいことを
    押し付ける方が、もっとイヤだ。
    僕が乗るよ」
 .レイ「…お兄ちゃん」
シンジ「心配、するなよ」



作戦後

 トウジ「シンジのやつ、実は反撃作戦の前に妹にグチッて、叱られたんやと。
     いやー、どこの家でも妹はしっかり者やなぁ。
     ワシも妹見舞いに行くとき、気をつけなあかんな。ハハハ」
ケンスケ「……」
 トウジ「ん、どないした、ケンスケ」
ケンスケ「……なんで…なんで俺にも妹がいなかったんだ~!! ちくしょう!!」
 トウジ「……」
137 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/27(金) 12:11:08.46 ID:???.net
    ミサト「おっふぁっよ~」
     プシッ
    ミサト「んぐ、んぐ、んぐ、んぐ、…ぷっはぁあ~っ! くぅうう~!
       朝一番はやっぱコレよねぇ~」
   .シンジ「…コーヒーじゃ」
    レイ「ないんですか」
    ミサト「…?
       おっ、二人ともおんなじ顔して睨んじゃってー。やっぱり双子なのねん」
シンジ+レイ「「えっ」」

両者、お互いをじーっ

   .シンジ「…、えっと、その…」
     レイ「……」
シンジ+レイ「「…、ごめん」なさい」
シンジ+レイ「「…あっ」」

笑いこけるミサト
138 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/27(金) 13:26:41.05 ID:???.net
 アスカ「で、いるんでしょ、ここに。もう一人」
. シンジ「もう一人?」
 アスカ「あんたバカぁ? ファーストチルドレンに決まってるじゃない」
. シンジ「ああ、レイなら…」
 アスカ「……?!
     ちょっと、名前呼び捨て? まさか出来てんの二人?!
     何よ、トロくさいと思ってたけど、けっこうやるんじゃない」
. シンジ「いや、そうじゃなくて…あっ」

 アスカ「ヘロゥ? あなたがイカリ・レイね。プロトタイプのパイロ…
     …ッて、同姓?! まさか…まさかほんッとに出来てんの?!
     なんたる非常識、14歳なのにフケツにもほどがあるわッ!」
  レイ「……」
. シンジ「待ってよ。違うって」
139 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/27(金) 13:27:51.06 ID:???.net
 アスカ「ふん、弁解できるものならしてみなさいよ」
. シンジ「あの、妹なんだ。双子の」
  レイ「……」
 アスカ「……ふたご…」
  レイ「そうよ」
 アスカ「……」
 トウジ「黙ってもうたな」
ケンスケ「そりゃ、あれだけ大上段で行ったんだし」
 アスカ「………
     何よ、非常識よ。碇司令の子供だからって、二人揃ってパイロットなんて
     贔屓にもほどがあるわよ! この、親の七光りコンビがぁっ!!」
 シンジ「ええっ?!」
ケンスケ「…引っ込みがつかなくなった、と」
 トウジ「ほんま、エヴァのパイロットって、変わり者が選ばれるんちゃうか」
140 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/27(金) 14:11:17.15 ID:???.net
 アスカ「このグズに合わせるなんて、どだい無理な話なのよ」
  ミサト「じゃあ、やめる?」
 アスカ「ほかに人、いないんでしょ」
  ミサト「レイ」
  レイ「はい」
 アスカ「…!」
  ミサト「やってみて」
  レイ「はい」

 一同「おお~」

 トウジ「さすが双子やなぁ」
ケンスケ「まさにユニゾンだね」
  ミサト「これは、レイの零号機の改修を優先させた方がいいかしら」
141 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/27(金) 14:13:43.52 ID:???.net
 アスカ「……何よ。だったらそうすればッ!!
     どうせ元から組んでる二人の方が、作戦も成功するでしょうよ!
     後から来た私なんか、どうでもいいんでしょ!! バカッ!!」

 シンジ「あの…」
 .アスカ「何も言わないで!」
 シンジ「……」
 .アスカ「わかってるわ。私はエヴァに乗るしかないのよ。
     …言い訳に使って、悪かったわね」
 シンジ「えっ?」
 .アスカ「双子のことよ。相性とか、呼吸とか、そんなの後講釈だわ。
     要は、もっと上手くやってみせればいいのよ。…それしか、ないんだわ」
 シンジ「……」
 .アスカ「…何よ、何笑ってんのよ! 気持ち悪い!」
 シンジ「べっ、別に笑ってなんかないだろ!」
142 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/27(金) 14:14:36.46 ID:???.net
ユニゾン作戦成功後

 トウジ「で、まだやっとるんやて? あいつ」
ケンスケ「そう。碇妹に張り合うつもりらしいよ」
 トウジ「ご苦労なことやなぁ」

 .アスカ「ちがーう! そこであんたがコケるんでしょうが!」
 シンジ「…もう、なんでこんな、漫才の真似みたいなことしなきゃならないんだよ」
 .アスカ「漫才じゃない! パートナーシップ構築のための訓練よ!
     日頃の生活から、双子どうしより、息が合ってるってことを証明してやるの!!」

ケンスケ「理屈は一応わかるような気もするけど…」
 トウジ「…せやけど、どう見ても漫才やな」
ケンスケ「だね」

  .レイ「……」
 シンジ「あ、レイ…! あの、これは別に…」
  .レイ「…がんばれば」
 シンジ「そんなぁ…」
143名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/05/30(月) 11:40:02.44 ID:???.net
伊吹「プロトタイプの零号機には、特殊装備は規格外なのよ」
. リツコ「レイには、零号機とともに本部で待機してもらいます」
..アスカ「残念ね~? 温泉、行けなくて」
  レイ「……」

作戦終了後 
温泉宿露天風呂

 .シンジ「は~、いい湯だなぁ」
ペンペン「クエーッ」
 .シンジ「綾波も、今頃準待機解かれて、風呂に入ってたりして」

同 本部大浴場

  レイ「はぷしゅっ」
  レイ「…一人だけど、いいお湯」
144 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/06/01(水) 18:57:42.38 ID:???.net
しまった…  ×綾波 ○レイ >>143


 .シンジ「また別れ道だ…」
  アスカ「うーん、右ね」
   レイ「私は左だと思うわ」
 .シンジ「僕もひ…」
  アスカ「もうっ私がリーダーなんだから、黙ってついてくればいいのよ!」
 .シンジ「でも、レイの方がここ詳しいんじゃ…」
  アスカ「シスコンは黙ってて!」
 .シンジ「……シスコン…」
   レイ「時間がないわ。行きましょ」
  アスカ「もーうー、リーダーの言うことをききなさいってば!」

 伊吹「三機とも、発進準備完了しました」
 青葉「しかし、パイロットが…」
  リツコ「大丈夫。あの子たちは必ず来るわ」

  リツコ「……たぶんね」
 一同「えっ」
145 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/06/10(金) 11:03:32.82 ID:???.net
  ミサト「レイは?」
 アスカ「誘ったわよ! でも付き合い悪いのよね、あの子」

  両者、シンジをじーっ

. シンジ「な、何?」


 アスカ「ど・こ・に・し・よ・う・か・なーっ、と。
     今度は、あんたも来るのよ」
  レイ「私、行かない」
 アスカ「…#」
. シンジ「なんで僕のほう見るんだよ」
146 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/06/10(金) 11:04:29.78 ID:???.net
 アスカ「当然でしょうが」
. シンジ「…?」

. シンジ「…!」
. シンジ(まさか…兄が責任とれとか、そういう…?)
 
 アスカ「……」
. シンジ「れ、レイ! どうして行きたくないの?」
  レイ「…肉、嫌いだから」
. シンジ「じゃあさ、レイでも食べられるところにしてもらおうよ。ね?」
  レイ「…う、うん」
 アスカ「……
     最初っからそうやればいいのよ。このドンカン」
. シンジ(……やっぱり…)
147 : 球磨川 禊ψ ◆DMZBuMECHA [sage] 投稿日:2011/07/23(土) 07:27:26.87 ID:???.net
『みつどもえは、全然似ていない三つ子で、性別は同じ女性ですが、顔は似ていない。』
『二卵双生児である可能性が高い。』

『一卵双生児なら、性別は同じで、顔と体つきは似ているし。』
148 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 19:23:07.14 ID:???.net
. ミサト「そう言えば、二人は双子なんだから、何もシンジ君が
    お兄ちゃんじゃなくてもいいんじゃないかしらん」
シンジ「そ、そうですか?」
. ミサト「いいじゃない、お姉ちゃんレイ。ね?」
 .レイ「…お姉ちゃん」
. ミサト「そ。はいシンジ君ー、言ってみて」
シンジ「ええ?! もう、仕方ないなぁ…
    お…お姉ちゃん?」
 .レイ「…なに、弟」
シンジ「え…と、何でもない…よ」
 .レイ「そう」
. ミサト「…なんかいつも通りだわねぇ」
149 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2012/01/29(日) 23:58:16.60 ID:???.net
保守
150 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/03/20(火) 21:21:06.55 ID:???.net
この二人絶対結婚しないまんま年寄りになってW介護になりそうな気がする。
151 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 22:59:40.62 ID:???.net
保守
152 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2012/08/08(水) 00:14:00.90 ID:???.net
捕手
153 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/08/08(水) 10:58:34.90 ID:???.net
どっかのスレでマヤがシンジの姉だったらという話があったな
マヤ、レイ、シンジの三姉弟だったらどうなるんだろう
154 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/08/18(土) 10:07:36.23 ID:???.net
test
155 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/08/18(土) 10:38:20.33 ID:???.net
このスレまだ残ってたのか!


 伊吹「シンジく…あ、いえ、シンジ、前回よりハーモニクス値が
     8も向上してるわ。
     …が、がんばったわね。お姉ちゃん、嬉しいわ。…なんて」
 シンジ「え? …あ、あの、…ありが、とう。…お姉ちゃん」
  .ミサト「お~、いい感じじゃない」
 伊吹「ふふ。あ…レイも、お疲れさま。連動試験の数値、よくなったわね」
  .レイ「そう」
 伊吹「…えっ?」
  ミサト「あら? 『お姉ちゃん』は?」
  .レイ「……」
 伊吹「…えっと…」
  .レイ「……」
  ミサト「あちゃー…」
 伊吹「……こ、こんなところでしょうか、先輩」
  リツコ「…そうね。お疲れさま」
  .ミサト「ん~、何がマズかったのかしらん」

 シンジ「レイ、どうかしたの? さっき」
  .レイ「…お姉ちゃんはわたし」
 シンジ(…続いてたんだ…)
156 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[保守] 投稿日:2012/08/23(木) 18:57:08.49 ID:???.net
マヤお姉ちゃんと双子乙
157 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/08/25(土) 10:24:02.63 ID:???.net
シンジ「考えてみればさ、僕が兄でもおかしくないんだよね」
レイ「シンジがお兄さんなの?」
シンジ「うん、レイは妹。……なんで笑うのさ」
レイ、そっぽ向いて、「笑ってないわ」
シンジ「嘘だよ、肩が震えてるじゃないか。そんなにおかしい?」
レイ、シンジを見て、「笑ってなんかいないわよ。でも、シンジがお兄さんだなんて」
シンジ「やっぱり笑ってるじゃないか」
158 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/08/31(金) 01:49:21.47 ID:???.net
まあ、実のところシンジは末っ子にしかみえない
もし、リツコ、ミサト、マヤ、マリ、カヲル、アスカ、レイ、シンジの順番の姉弟だったらと妄想してしまう
159 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/08/31(金) 07:31:26.77 ID:???.net
結構面倒見がいいとこあるし、さすがに末っ子はないんじゃないか
というかそもそもこのスレではシンジが兄だったと思うけど
160こうですか!わかりません![sage] 投稿日:2012/08/31(金) 19:46:36.55 ID:???.net
熱帯夜深更

 リツコ(…ん…何? …ああ、クーラーのタイマーが切れたのね)
 リツコ(…さすがに寝つけないわね、この暑さは)
 リツコ(…そうだわ)

 リツコ「ミサト。ちょっと、ミサト、起きなさい。
    悪いけど、クーラーのリモコン近くにないかしら」
 .ミサト「んー…。知らないわよう…あー、マヤちゃん、ねえ」
  .マヤ「…聞こえてます、お姉さまたち…こっちにもないわ。マリちゃん?」
  マリ「うにゃー、うっるさいなぁ…んっと…カヲルぅ、あとよろしく」
 カヲル「まったく、他力本願だねぇ…アスカ、すまないけど」
 アスカ「なぁにが、すまないけど、よ…んもう、レイー、お願い」
  レイ「…わたしも、お願い。シンジ」
 シンジ「えー…?
     はぁ…やっぱり、そうくるんだ。もう…はい、点けるよ」

 総員「ふー、やれやれ。おやすみー」
 シンジ「おやすみなさい」

 シンジ(良かったな、すぐにリモコン見つかって。みんな眠そうだったし)
 シンジ(……ん?)
 シンジ(…ありがとう、とかは…?)


お人好しぎみな末っ子。
別々の部屋で寝ろよという突っ込みはなしでよろしくお願いします
161 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/08/31(金) 20:39:13.05 ID:???.net
>>160
>>158だけどナイス!
GJ!!
162 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[保守] 投稿日:2012/09/25(火) 18:02:22.42 ID:???.net
双子かわいい
163 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/09/27(木) 07:28:27.09 ID:???.net
委員長「碇さん、プリント配るの手伝ってくれない?」
  シンジ「あ、うん。はい、貸して」
委員長「えっ…? …もう、碇君じゃなくて、碇さん! 妹さんの方!」
  シンジ「わっ、ご、ごめん」

委員長「碇君! 今週の掃除当番、忘れてるでしょ!」
   .レイ「? ごめんなさい」
委員長「あれ…? あ、ちょっと、違うわ。碇君、お兄さんの方よ」
  シンジ「あ…ごめんっ」
   .レイ「じゃ、私、先に帰るから」
  シンジ「うん。ミサトさんに、晩ご飯カレーだよって言っといて」
   .レイ「わかった」
  .トウジ「…まーたやっとるで。もはや恒例行事やな」
. ケンスケ「ま、仕方ないさ。双子が同じクラスに在籍してること自体、無理があるんだし」
  トウジ「あの二人もいい迷惑やなぁ」
委員長「こら、そこの二人! あなたたちも当番でしょ!」
. ケンスケ「いけね」
164 : 真希波・マリ・イラストリアス ◆.H78DMARI. [sage] 投稿日:2012/09/28(金) 07:43:51.90 ID:???.net
真希波・マリ・イラストリアス
「でたな!鬼婆ライダー!真希波キック!!」

ガツン!!ガシャン!!←マリが扇風機を蹴飛ばして、アスカの頭に倒れる時の音。

式波・アスカ・ラングレー
「うがぁーっ!!何をするのよ!?」

渚カヲル
「アスカ、落ち着けよ。マリだって寝ているんだから。それよりも、扇風機が壊れちゃったぞ。動かねえよ。」

式波・アスカ・ラングレー
「この扇風機、この間、ミサトマートで買った安物だわ。」

真希波・マリ・イラストリアス
「うるさいわね…。さっきの騒動で目が覚めちゃったじゃないの…。」

その後、扇風機無しで寝たが、蚊がうるさいので、マリとアスカは蚊をビシバシやる四マツ。
カヲルの顔に蚊が止まったため、二人でおもいっきりビンタ。

渚カヲル
「いてえな!おバカヤロー!」

マリとアスカ
「ちっ!逃したか…。」
165 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/09/28(金) 20:46:40.73 ID:???.net
キャラ違うし・・・
166 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/10/02(火) 12:57:37.42 ID:???.net
やはりここは長子リツコから末子シンジまでの8姉弟で
167 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/10/06(土) 17:55:03.22 ID:???.net
この際ゲームなどに登場したキャラも含め、
長女リツコ
次女ミサト
三女マヤ
四女サツキ
五女アオイ
六女カエデ
七女マリ
長男カヲル
八女アスカ
九女レイ
十女マナ
十一女マユミ
次男シンジ
の十三人姉弟でどうだ
168 : 1/2[sage] 投稿日:2012/10/19(金) 10:47:15.54 ID:???.net
それだとスレタイが…


  リツコ「やれやれ、ただいま。
     やっと我が家だわ。久しぶりとはいえ、徹夜がこんなに堪えるなんてね」
  ミサト「ふっふ~ん、トシね、トシ。認めなさいよ」
   マヤ「あ。ミサトお姉さまだって、一つしか違わないじゃないですか」
  ミサト「あら、相変わらずマヤちゃんはリツコびいきなのねん」
   マヤ「べ、別にそんな」
   .マリ「はいはーい、いいから早く玄関あけてくんないかなぁ。遅刻しちゃうじゃんか」
 . カヲル「マリ、その前に『おかえりなさい』ぐらいは言わないとね」
   .マリ「ったぁー、年下のくせに呼び捨てするかー、ふつー。
     あ、そんなことより、シンジ、今日のお弁当なーに? さっき見逃しちった」
  アスカ「ざーんねん。今日のは、この私が腕をふるったの。期待してよね」
   マリ「…うそっ」
1692/2[] 投稿日:2012/10/19(金) 10:48:52.42 ID:zAbSY/fQ.net [1/1回]
  カヲル「へえ、それは珍しいね」
   .マナ「ほんとほんと。やー、鬼が出るか蛇が出るかって感じだよね」
  マユミ「それはちょっと、言いすぎですよ。せいぜい、開ける前に爆発物処理班を呼ぶくらい、です」
  アスカ「…そこの二人、聞こえてるわよ」
   マリ「にゃー、怖い怖いー。さっ、巻き込まれないうちに先、行くか」
  カヲル「そうだね。シンジ、レイ、そろそろ出ないと遅れてしまうよ」
  シンジ「うん。行こう、レイ」
   レイ「あ、待って。ヴィオラ、持っていかないと」
  シンジ「そっか、今日通しで練習だっけ。兄さんは来れるの?」
  .カヲル「生徒会の方が長引かなければね。一応、席を作っておいてくれるかい?」
  シンジ「わかった」
  アスカ「ほら、もう、ぐずぐずしない! んじゃ、年少組、行ってきまーす」
  .ミサト「はーい、行ってらっさい」
   .マヤ「ふう。毎朝毎朝、あわただしいですね」
  .ミサト「そう言えば、従姉妹三人娘は今日帰ってくるんだっけ?」
  リツコ「そうね。松代の作業が一段落するみたいよ。さて、昼まで眠るわ。おやすみ」
   .マヤ「おやすみなさい、お姉さま。さ、私も出る支度しないと」
  .ミサト「うーむ、徹夜明けに寝ビール一缶…ダメか…どう思う、ペンペン?」
.ペンペン「クエーッ」


…くらいの感じで。これでも多すぎかww
170 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/10/19(金) 10:52:09.67 ID:???.net
うわっsage忘れすみませんでした
171 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/10/20(土) 00:38:26.30 ID:???.net
>>169の従姉妹達がサツキ・アオイ・カエデの3人で普段は同居というワケか
それもまた良し♪
172 : 1/3[sage] 投稿日:2012/10/22(月) 11:23:47.96 ID:???.net
シンジ「今日はエヴァの訓練もないし、ミサトさんも遅い、か。
    ただいまー…って、誰もいないよな」
 .レイ「…お帰りなさい」
シンジ「?! れ、レイ? 零号機の再試験じゃなかったの?」
 .レイ「神経系統の二次調整が必要になって、明日に延びたの」
シンジ「そう…なん、だ」
 .レイ「……」
シンジ「…あの、良かったね」
 .レイ「何が?」
シンジ「えと…、その、…今日、ゆっくり休めて」
 .レイ「……」
シンジ「あ…ごめん、別に、…休みがいいことだなんて、そんなの、
    僕の勝手な感じ方だよね。レイは、後から呼ばれた僕と違って
    ずっと真剣だもんな。エヴァに乗ることに」
 .レイ「……
    それは、いいことなの」
シンジ「え?」
 .レイ「きっと、他に、することがないだけだわ。私」
シンジ「…そう、かな」
 .レイ「え」
173 : 2/3[sage] 投稿日:2012/10/22(月) 11:24:53.92 ID:???.net
シンジ「そんなことないなんて、…僕だって、そんな風に言う自信ないけど、
    でも、レイは、ちゃんと自分で決めてそうしてるって気がするよ。
    結局成り行きで乗ってる僕とは違う。…いいことだと、思うよ」
 .レイ「……」
シンジ「…なんて、少しはきょうだいらしいこと言おうとしたりして。
    似合わないよね、はは」
 .レイ「…お兄ちゃん」
シンジ「…え」
 .レイ「…やっぱり、お兄ちゃんだと思う。私が、お姉ちゃんなんじゃなくて」
シンジ「…レイ…?」
 .レイ「……ありがとう。お兄ちゃんでいてくれて」
シンジ「…!」
 .レイ「…お茶、淹れるわ」
シンジ「あ…いいよ、僕がやる」
 .レイ「…あ」
シンジ「やらせてよ。お兄ちゃん、なんだしさ」
 .レイ「…、うん」
シンジ「僕も、レイがいてくれて、…その、すごく嬉s
174 : 3/3[sage] 投稿日:2012/10/22(月) 11:26:09.45 ID:???.net
ガラッ

 ミサト「たっだいまー。ったく参っちゃうわー、直前になってデータ差し替え、
    おまけにMAGIの評価待ちで、結局、夜にまた出勤だなんてもう最っ低だわー。
    ま、おかげで晩ご飯食べる時間できたのはラッキーだけど、にしてもリツコのやつ…
    …って、あれ?」

シンジ+レイ「「……」」

   ミサト「…ど、どうかしたの、二人とも?」
シンジ+レイ「別に「何でもないです」」
   ミサト「何でもないって、その二人ともなんかすごく…」
シンジ+レイ「「なんでもないです」」

   ミサト「………ひょっとしてあたし、すごくKYだったのかしらん」
 ペンペン「クエーッ(わかれよ)」



初心に帰ってみました。にぎやか大家族ももちろんいいけどね。
175 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/10/23(火) 18:49:56.88 ID:???.net
 トウジ「双子いうても、顔はあんま似てへんのな。あの二人」
.ケンスケ「男女の双子だからね。いわゆる『そっくりさん』な一卵性じゃなくて、
     二卵性双生児ってやつだと考えるのが自然なんじゃないの」
 トウジ「そら…つまり、どういうことや」
.ケンスケ「生まれるタイミングがたまたま一緒だったってだけで、遺伝的には
     普通の兄妹と同じってことかな。確か」
 トウジ「なんや、そうなんか」
.ケンスケ「しかも、ずっと別々に生活してきたんだろ。好き嫌いとか習慣とか、くせなんかも
     大して共通点ないと思うぜ、たぶん」
 トウジ「お互いのこと、知らんで生きてきたわけやから、か。
     …なんや、寂しい話やな。おーい、碇!」

 シンジ「えっ?」
  .レイ「何」

 トウジ「………?!!」
.ケンスケ「…共通点、ないはずなんだけどなぁ」
 トウジ「……
     おい、おいおい、見よったか今の?! 振り向く動きが完全に一致しとっ…」
.ケンスケ「いやー、謎が深いよなぁ、双子って」
 シンジ「ねぇ、何の用なんだよ…?」
  .レイ「気にしなくていいと思うわ」
176 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 07:26:00.25 ID:???.net
test
177 : 1/3[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 07:47:57.59 ID:???.net
.アスカ「あーあ、やっと解放されたわ。
    ったく、毎日毎日、似たような訓練ばっか。たまには、もっと派手ーな仮想演習とか
    やってくれたっていいのに。何のための決戦兵器なのよ。ね、シンジ」
シンジ「そ、そうかな」
.アスカ「何よ、張り合いないわねぇ。…ん」
シンジ「? あ、レイ」
 .レイ「…お兄ちゃん」
シンジ「これから、零号機の追加試験だっけ? 遅くまで、お疲れさま」
 .レイ「…平気。少しだから」
シンジ「なんか、リツコさんがあとで来てくれって。パーソナルデータの更新とか言ってた」
 .レイ「わかったわ。じゃ、先、帰ってて」
シンジ「うん」
.アスカ「……」

.アスカ「…あんた、よく気持ち悪くないわね」
シンジ「なんだよ、いきなり」
.アスカ「あの子よ、あの子。ファースト」
178 : 2/3[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 07:49:07.11 ID:???.net
シンジ「ええ?
    なんでレイのこと、そんな風に思わなきゃいけないんだよ」
.アスカ「だって、ここに来たとき、初めて顔を合わせたんでしょ? 実の双子なのに。
    しかもお互い、全然知らないまま育ってきたんでしょ。なんで普通に接してるのよ」
シンジ「普通にって、…当たり前じゃないか。それこそ、実の兄妹なんだから。
    …アスカは、変だと思うの?」
.アスカ「変、って言うか、…イヤじゃないの? ある日突然、自分とよく似た人間が現れて、
    しかも自分と同じ立場で、一緒にやっていくなんて。
    同じ、なのよ? 自分の存在理由とか、少しは悩んだりしないわけ? あんたは」
シンジ「別に、…そういう風に、考えたことない、けど」
.アスカ「無自覚もいいとこね」
シンジ「…え」
.アスカ「あんた、馬鹿? ほとんど同じ人間を二人揃えるってことは、結局、一人はもう一人の
    交替要員ってことじゃない。あんた、あの子の予備でいいわけ」
179 : 3/3[sage] 投稿日:2012/11/09(金) 07:49:55.08 ID:???.net
シンジ「…予備だなんて、…そんな、僕もレイも、そんなつもりないよ。
    僕は僕で、レイはレイで…それで、アスカとも、皆で力を合わせて戦って、…それじゃ、
    駄目なのかな」
.アスカ「…駄目とは言わないわよ。
    ただ、あんたはそれで良くても、本当のところはどうなのか、ちっとは疑ってもみろ
    って言ってるの」
シンジ「…うん。…でも、僕は今のままでいい。
    ここに来るまで、お互い、いることも知らなかったけど、今は、僕の大事な家族なんだ。
    …家族ってどんなものなのか、わかった気がするんだ。
    だから、レイのことは疑わない。…ほんとに、そんなこと考えられないんだ」
.アスカ「……
    いつか、痛い目見るわよ。絶対に。…それでもいいわけ」
シンジ「…、うん」
.アスカ「…あんた、ほんとに馬鹿ね」
180 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/11/18(日) 08:04:48.79 ID:???.net
「エヴァに乗ったら呪われて人外になります」
ってなんだそれ

んな設定なくても、エヴァに乗るのは子供たちにとっちゃ充分に呪いだったろうに
181 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/11/24(土) 08:30:53.40 ID:???.net
幸福の科学の声優

子安武人 小清水亜美 吉野裕行 白石涼子 三石琴乃 置鮎龍太郎
掛川裕彦 伊藤美紀 安元洋貴 銀河万丈 千葉繁 三木眞一郎
真山亜子 西村知道 島本須美 柳井久代 青山桐子 大本眞基子
雪野五月

原作・原案:大川隆法『仏陀再誕』
企画・脚本:大川宏洋
監督:石山タカ明
音楽:水澤有一
キャラクターデザイン:佐藤陵、須田正己
美術監督:佐藤勝
編集:古川雅士
音響監督:宇井孝司
VFXクリエイティブ・ディレィター:粟屋友美子
VFXスーパーバイザー:オリバー・ホッツ
アニメーション・プロデューサー:藤田健
アニメーション制作:グループ・タック
配給:東映
制作:幸福の科学出版
182 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/11/26(月) 19:39:26.08 ID:???.net
Q1 双子だと実感するのはどんな時ですか?

  .レイ「…よくわからない」
 シンジ「うん。正直、それほど気にしたことない、かな…?
     皆にはよくそう言われるけど、自分では、あまり実感ないんだ」
  .レイ「必要、ないもの」
 シンジ「はは、そうかもね」


Q2 逆に、似ていても他人だなと思うのはどんな時ですか?

 シンジ「うーん…こっちは、ありすぎて答えにくいや」
  .レイ「そうね。たくさんある」
 シンジ「え、レイも、そうなんだ。じゃ、例えば?」
  .レイ「プールに行った時」
 シンジ「え…?(カラダ的な意味で? ていうか、あの時思わず見とれたの、気づかれてた…?!)」
  .レイ「泳げないなんて、思わなかったもの」
 シンジ「(良かった、そっちか…)
     えー? 人間は浮くようにはできてないんだよ」
  .レイ「……」
 シンジ「な、何だよ、その顔」
  .レイ「べつに」
183 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/11/27(火) 11:57:27.35 ID:???.net
レズ妄想できないじゃないか
184 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/11/27(火) 12:34:45.70 ID:???.net
幸福の科学の声優

子安武人 小清水亜美 吉野裕行 白石涼子 三石琴乃 置鮎龍太郎
掛川裕彦 伊藤美紀 安元洋貴 銀河万丈 千葉繁 三木眞一郎
真山亜子 西村知道 島本須美 柳井久代 青山桐子 大本眞基子
雪野五月

原作・原案:大川隆法『仏陀再誕』
企画・脚本:大川宏洋
監督:石山タカ明
音楽:水澤有一
キャラクターデザイン:佐藤陵、須田正己
美術監督:佐藤勝
編集:古川雅士
音響監督:宇井孝司
VFXクリエイティブ・ディレィター:粟屋友美子
VFXスーパーバイザー:オリバー・ホッツ
アニメーション・プロデューサー:藤田健
アニメーション制作:グループ・タック
配給:東映
制作:幸福の科学出版
185 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/11/28(水) 14:22:24.92 ID:???.net
創価学会の声優

青羽美代子…聖教新聞2009年4月1日5面。1968年入会、芸術部員副白ゆり長。
沢口(石橋)千恵…創価中学校・高等学校卒業。
高橋直純…聖教新聞2002年6月2日5面他(男子部メールマガジン「DAN」2002年6月7日号)東京昭島支部副部長
生天目仁美…聖教新聞(2006年4月11日)東京新宿青春支部女子部員
本名陽子…創価大卒、ビデオ出演
麻生かほ里…コンサート(2004年、創価学会音楽隊結成50周年記念演奏会・創価グロリア吹奏楽団第18回定期演奏会)出演、CDも発売。
伊瀬茉莉也…2008年7月19日PR大会出席と学会系ブログに記載。田中美奈子(創価)代表の動物愛護団体ELFにも参加
銀河万丈…創価・幸福の科学両方CMを担当。
186 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/12/02(日) 09:56:01.57 ID:???.net
新劇は双子設定の可能性あるな
187 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/12/03(月) 09:40:35.02 ID:???.net
Q あなたにとって、双子のきょうだいとはどんな存在ですか?

 シンジ「え…っと…
     …一緒にいると、なんだか、安心する。他人だけど、他人じゃないっていうか。
     お互い、違うけど似てるから、他の人とより、少しは、緊張せずにいられる…のかな。
     そのことが…似てるってことと、違うってことが、嫌じゃない。だから、安心する」

  .レイ「…不安。
     一緒にいると、自分が自分じゃないような、気持ちになる。
     そこにいる相手が、不確かな自分の、よすがになってしまう。ここにいるための。
     それは、自分にも、相手にも、違うことのはずなのに。だから、不安」

  .レイ「お兄ちゃん」
 シンジ「何?」
  .レイ「どこにも、行かないで」
 シンジ「行かないよ。だって…きっと、僕たちは、ここにいてもいいんだ」
  .レイ「…それで、いいの」
 シンシ「…うん。僕は、そう思う」
  .レイ「………ありがとう」
 シンジ「え? ごめん、今、何か言った?」
  .レイ「…なんでもない」
188名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/12/03(月) 11:00:59.46 ID:???.net
双子で最初からスタートした場合レイはデレ全開になるのか?
1891/3[sage] 投稿日:2012/12/03(月) 11:12:33.59 ID:???.net
やっとQ観てきた。レイのこと気遣いながら話しかけるシンジが嬉しかった。
ただ、それだけに、序・破の気持ちを持ち続けてたのはシンジだけだったことが悲しい。
なんかQより『巨神兵東京に現る』の方が本編みたいだったなぁ。ちゃんと終わってたし。
あとカヲル君、彼はほんとにいい子だ…というか、シンジのこと心底好きなんだなきっと。


  .ミサト「うわーん、作戦部長が遅刻ってのはさすがにマズイわよねッ、ったく。
     (振り返って)さ、シンジ君、行くわよ! …って、あれ? レイ??」
  .レイ「…お兄ちゃんなら」
 シンジ「何やってんですか、ミサトさん! 先に車のとこに行ってますねって、
     さっき言ったじゃないですか。なのに、いつまで待っても来ないし」
  .ミサト「あっれー…? おっかしいわね、ずっとシンジ君がそこにいるもんだと…」
 シンジ「いたのは、レイでしょ。まったくもう」
  .ミサト「ゴメンゴメン、だって似てるんだもの、気配が。やっぱり双子なのねん」
  .レイ「そう?」
シンジ「それとこれとは関係ないでしょ。ほら、早く行くんじゃないんですか!」
  .ミサト「はいはい、怒らなくてもいいじゃない。んじゃレイ、戸締まりよろしく」
  .レイ「行ってらっしゃい」
190 : 2/3[sage] 投稿日:2012/12/03(月) 11:13:41.66 ID:???.net
 .カヲル「へぇ、そんなことがあったんだね」
 シンジ「うん。ったくもう、呆れちゃうよ。そりゃ、普段からズボラなとこはあるけど、
     幾らなんでも、人を取り違えるなんて。…それとも、…そんなに、間違えやすい
     のかな。僕らって」
 .カヲル「確かに、よく似てはいるね」
 シンジ「はぁ…やっぱり、そうなんだ」
 .カヲル「ただ、人違いをするほどとは思えないな」
 シンジ「…そう、かな」
 .カヲル「僕にとってはね。全然、違うよ。感じがね」
 シンジ「そうなんだ…」
 .カヲル「…どうかしたのかい? なんだか、元気が出たような顔をしているけど」
 シンジ「えっ、あ、いや、何でもないよ。…なんていうか、…ううん、やっぱりいいよ。
     (振り返って)あの、カヲル君はさ…、…?! レイ??」
  .レイ「…彼なら、さっきからそこよ」
 シンジ「えっ? あれ?? …ッ、ごめん、…その、二人とも」
  .レイ「………」
 .カヲル「ふふ。僕らも、気配が似ているのかな」
191 : 3/3[sage] 投稿日:2012/12/03(月) 11:15:45.62 ID:???.net
 リツコ「あら、そんなことがあったのね」
 .ミサト「レイってば結構怒った顔してて、もう、笑いこらえるのが大変だったわー」
 リツコ「人間の感覚なんて、案外当てにならないものかもしれないわね」
 .ミサト「そ。思い込みに勘違い、誤解にど忘れ。せいぜい反省しながら行かなきゃね。
    (振り返ってから)ねっ、リツコ」
 リツコ「? …呆れた。付け焼き刃で慎重になっても、身につかないわよ」
 .ミサト「それは言わないお約束」

 .カヲル「まだ機嫌、直らないのかい? 彼女」
 シンジ「うん…ねえ、レイ、ごめんってば」
  .レイ「…知らない」
 シンジ「はぁ…」
 .カヲル「大変だね、お兄ちゃんというのも」
192 : 1/3[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 18:58:38.93 ID:???.net
>>188 別に変わらないんでは? 双子だとしてもあのままかも


 シンジ「それにしても、ここに来たばかりの時は、大変だったな」
  .レイ「何が?」
 シンジ「いきなり、いろいろなことが起きて。エヴァとか、使徒とか、戦いのことだって、
     …僕なんかに、そんなことが起きるなんて思ってもみなかったから。
     でも、一番は、レイに会えたことかな」
  .レイ「そう?」
 シンジ「当たり前だよ。目の前の怪我してる女の子が、顔も覚えてないレイだったなんてさ」
  .レイ「…私は、知らされてた」
 シンジ「僕が来ること?」
  .レイ「うん」
 シンジ「そうなんだ。やっぱり、父さん…から、だよね」
  .レイ「そう、碇司令から」
 シンジ「…父さんのこと、そんなふうに呼んでるんだ。ずっと?」
193 : 1/3[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 18:59:46.76 ID:???.net
  .レイ「そう。覚えてるかぎり、ずっと」
 シンジ「……」
  .レイ「どうしたの?」
 シンジ「…ほんとはさ、僕は、レイのことうらやましかったんだ。僕は小さい頃
     先生のところに預けられたのに、レイは、初めから父さんと一緒だったから。正直、
     父さんは僕よりレイの方が大事なんだって、…ずっとひがんでた」
  .レイ「……」
 シンジ「自分だけが辛い思いしてるって、思い込んでたんだ。…そんなはずなかったのに」
  .レイ「…お兄ちゃん」
 シンジ「ううん、いいんだ。
     あのさ、レイは父さんのこと、…好き?」
  .レイ「…わからない」
 シンジ「わからない?」
  .レイ「うん。…そういうふうに、考えたこと、ないから」
 シンジ「考えたことない、って…」
  .レイ「…お兄ちゃんは、葛城一尉のこと、名前で呼ぶのね」
 シンジ「あ…うん」
194 : 3/3[sage] 投稿日:2012/12/05(水) 19:00:49.28 ID:???.net
  .レイ「碇司令のことも、お父さん、って呼んでる」
 シンジ「…うん」
  .レイ「……いいな」
 シンジ「え?」
  .レイ「…なんでもない」
 シンジ「…、レイもさ、呼んでみればいいのに。父さんのこと、父さんって」
  .レイ「…無理。きっと」
 シンジ「そんなことない。できるよ、絶対」
  .レイ「…私にも?」
 シンジ「うん。
     そうだ、いきなりで難しいなら、例えば、まずミサトさんやリツコさんに試して
     みたらどうかな。…あ、でも、レイが嫌だったら、することないんだよ」
  .レイ「ううん。…やって、みる」
 シンジ「ほんと? 良かった、…けどなんか、無理やり押しつけちゃったみたいで」
  .レイ「違うわ。
     それに、私、お兄ちゃんのことは、お兄ちゃんて呼べたもの」
 シンジ「あ、…そういえば、そうだね。…なら、きっとできるよ。父さんにも」
  .レイ「…、うん」

 ミサト「どしたの、難しい顔して」
 リツコ「…ああ、ミサト。それがさっき、レイに名前で呼ばれたの」
 ミサト「レイに? 『リツコさん』って?」
 リツコ「そう。あのレイによ」
 ミサト「いいんじゃない? そう深刻に考えなくても。第一、いい傾向じゃない」
 リツコ「…だといいわね」
 ミサト「そうよう。喜びこそすれ、悩むことじゃないわよ。あ、それと」
 リツコ「何?」
 ミサト「驚いたのはわかるけど、…ボールペン、上下逆に持ってるわよん」
 リツコ「えっ? …!!」
 ミサト「…まったく、ほんとは嬉しいんじゃないのかしらん」
195 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/12/07(金) 09:58:38.89 ID:???.net
 リツコ「その後どう、双子との生活は」
 .ミサト「ん? もうすっかり慣れたわよ。公平に決めた家事当番も無事定着したし」
 リツコ「定着したのは二人にでしょう。察するに、あなたは大して入ってないんじゃない?」
 .ミサト「う…何よ、その言い方は」
 リツコ「何にせよ、お互い家族でいることが板についてきたようね。まさか、
     私生活に関してはあれほど自堕落で無責任なあなたが、二人の子供の
     保護者を務められるなんて、正直思わなかったもの」
 .ミサト「…前半はともかく、ま、おおむね同意するわ。自分でもまだ驚いてるもの」
 リツコ「人間の環境適応能力も、まだまだ捨てたものじゃないわね」
 .ミサト「そ。人間、何にだって順応してくもんよ。今じゃ、二人が一緒の速度で
     コーヒー飲みほすのも、同じ方に振り返っておでことおでこぶっつけるのも、
     同じタイミングでトイレに立っちゃって譲り合いするのも、あとは食事どきに
     両側から同時に手を伸ばして、お醤油ひっくり返すのにも慣れたわー。
     あ、でも、起き抜けでねぼけまなこの二人から、左右からサラウンドで
     『おはようございます』って挨拶されるのは、さすがにまだちょっち
     びっくりするけど」
 リツコ「…あなた、本当に大した環境順応力だわ」
196 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2012/12/20(木) 21:57:39.98 ID:???.net
test
197 : 1/3[sage] 投稿日:2012/12/26(水) 20:58:10.32 ID:???.net
  ミサト「二人ともおっはよう。ふむふむ、今朝は海草サラダにオムレツねん。
     いっただっきまー…ん? どしたの、レイ? 食べないの?」
  .レイ「……」
 シンジ「レイ? あ、そっか。はい」
  ミサト「え? お酢? サラダに?」
 シンジ「これでどう? 食べられそう?」
  ミサト「えっ、それじゃちょっち、酸っぱいんじゃ…」
  .レイ「…ありがとう」
  ミサト「ええ?? いいの、それで?」
  .レイ「うん」
 シンジ「ドレッシング、薄味にしたから、レイには海草のにおいが気になるのかもって思って」
  ミサト「なるほど、さっすがお兄ちゃん。…けど、なんでそうだってわかんのかしら」
 シンジ「さあ…なんとなく、そうかなって」
  ミサト「ふーむ…さしずめ、シンクロニシティか双子の神秘だわね」
 シンジ「もう、ちゃかさないでくださいよ」
  .レイ「…おいしい」
198 : 2/3[sage] 投稿日:2012/12/26(水) 20:59:23.35 ID:???.net
  ミサト「ただいま~。ふー、今日もくたびれたわ~」
 シンジ「お帰りなさい、ミサトさん。ちょうど、ご飯できるところですよ」
  ミサト「おー、ありがと。あ、でも、先にシャワー浴びてくるわ」
 シンジ「あ、はい」
  .レイ「お兄ちゃん」
 シンジ「何? あ、そうか」
  ミサト「どしたの?」
 シンジ「お風呂の温度、直しときますね。さっきレイが入ったから、少しぬるめになってて」
  ミサト「あ、なるほど。悪いわね…って、今のだけで話、通じてたの…?」
 シンジ「? 別に、普通に気がつく流れだったと思いますけど」
  ミサト「そうかしらん」
 シンジ「あ。また、シンクロニシティとかそういう話に結びつけようとしてるでしょ」
  ミサト「あはは、ごめんごめん。あっれー、シンちゃん、けっこう顔が怒ってるわよん」
 シンジ「誰のせいだと思ってるんですか。まったくもう」
  .レイ「お兄ちゃん、お味噌汁、沸いてる」
 シンジ「え? うわっ」
199 : 3/3[sage] 投稿日:2012/12/26(水) 21:00:51.00 ID:???.net
  ミサト「やれやれ、今日もなんとか平和に過ぎた、か。二人ともー、そろそろ寝なさい」
 シンジ「はーい。あ、そうだ、レイ」
  .レイ「覚えてる。けど、私」
 シンジ「それはいいよ。けどさ、ほら」
  .レイ「そうね。じゃ、明日」
 シンジ「うん」
  ミサト「…??!」
 シンジ「? どうかしたんですか?」
  ミサト「…一応訊くけど、今の、会話…だったのよね?」
 シンジ「?? そうですけど。レイ、明日からクラスの週番なんですけど、ネルフの検診で
     遅刻するから、午前中の仕事は僕が代わりにやっておくよって。でも、委員長って
     けっこうそういうこと細かいから、学校に来たら、ちゃんと断っておきなよ、って…
     …あれ? ミサトさん?」
  ミサト「……
     あり得ない…やっぱり…やっぱり、双子って人知を超えた存在なんだわ…」
 シンジ「ミサトさん?? ちょっと、どうしたんですかミサトさん?!」
  .レイ「そっとしておいた方がいいと思うわ」
200 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2012/12/30(日) 00:02:41.34 ID:???.net
いつも乙です
201 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/01/01(火) 11:27:10.52 ID:???.net
あけおめ
202 : 1/2[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 19:52:25.45 ID:???.net
  シンジ「あけましておめでとうございます、ミサトさん」
   ミサト「はーい、おめでと、シンジ君。今年もよろしくね。
      …よろしく、なんて、軽く言うのはずるいけどね。お互い、がんばりましょ」
  シンジ「はい。…お正月の間くらい、使徒が来ないといいですね」
   ミサト「うんうん、まったくだわ~。お屠蘇くらいゆっくり呑ませてほしいもの」
  シンジ「ミサトさんのお酒はいつものことでしょ」
   ミサト「あらら、初小言? もーう、怖い顔しちゃって。ね、ペンペン」
..ペンペン「クエーッ」
  シンジ「もう。…レイ、そろそろ終わった?」
   .レイ「…うん」
  シンジ「じゃ、開けるよ…、…!!」
   ミサト「…わーお。すっごい綺麗じゃない、レイの振袖姿! まさに天女のごとしだわ」
   .レイ「どうしたの、お兄ちゃん」
  シンジ「え?! ッいや、別に、…その、…あんまり、綺麗だから」
   .レイ「…! 本当」
  シンジ「本当だよ。えっと…に、似合ってるよ、すごく」
203 : 2/2[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 19:53:28.72 ID:???.net
   .レイ「…、あ、ありがと」
   ミサト「ったく、二人して照れちゃって。本日の我が家は春爛漫ってとこねん」
  シンジ「べ、別にいいじゃないですか、ほんとに綺麗なんだから。
      レイ、帯とか初めてなんだよね、大丈夫? 苦しくない?」
   .レイ「平気。少し、動きづらいだけ」
  シンジ「そっか。あ、そうだ、あとで記念写真撮ろう、せっかくだから」
   .レイ「うん」
   ミサト「ふむふむ、今年もお兄ちゃんは世話焼き大好きで行くわけね。美しい兄妹愛だわ~」
  シンジ「だから、そういうの今年はやめましょうってば」

  冬月「どうした、碇。さっきから携帯の画面ばかり見て」
    碇「…いや、何でもない。葛城三佐のパイロット監督報告だ」
  冬月「要は、年賀状かね。時代は移っても残る、美しい日本の習慣、か。感慨深いものだな」
    碇「……」
  冬月「…碇。
      そうやって隠さなくても、私の端末にも同じものが届いていたぞ。添付画像も一緒に」
    碇「…!!」
  冬月「『あけましておめでとうございます お父さんへ』…か。綺麗になったな、レイも」
    碇「………」
  冬月「…もしや、泣いているのか、碇?」
    碇「…いや。何でもない」
  冬月「そうかね」
204 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/01/05(土) 17:21:23.30 ID:???.net
乙です
205 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/01/08(火) 20:57:07.14 ID:???.net
あげ
206 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/01/12(土) 10:55:19.61 ID:???.net
いいスレ
207 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[] 投稿日:2013/01/12(土) 10:57:36.93 ID:SGBiZTWX.net [1/1回]
双子ならアスカは精神が安定するよね
208 : 1/4[sage] 投稿日:2013/01/12(土) 13:16:38.45 ID:???.net
  .レイ「ただいま」
 シンジ「あ、お帰りー、レイ」
  .レイ「…?」
  ミサト「こっちこっち、キッチンに集合よん」
  .レイ「? …甘い匂い」
 .アスカ「豆よ、豆。豆に砂糖どばーっと入れた真っ黒いスープ。
     ほんと、日本人の食事のセンスって信じらんない。味の想像もつかないわ」
  ミサト「それは食べてのお楽しみよん。さ、レイも座ってー」
  .レイ「……」
 .アスカ「何よ?」
  ミサト「ああ、アスカなら、私が連れてきたの。せっかくの機会だし」
  .レイ「機会?」
 シンジ「お汁粉、作ってるんだ。昨日鏡開きだったの、すっかり忘れてて」
  .レイ「おしるこ」
  ミサト「そ。お正月に飾ってた鏡餅を入れて食べるの。
     この際だから、アスカにも日本の正月の良さを体験してもらおうと思ってね」
 .アスカ「別に、そんなの頼んでないわよ、私。
     こんなオママゴトみたいな真似につき合う義務も理由もないし」
209 : 2/4[sage] 投稿日:2013/01/12(土) 13:18:02.71 ID:???.net
 シンジ「まぁまぁ、とにかく、味見だけでもしてみてよ。
     はい、これ。箸はこっちを使って。…口に、合わないかもしれないけど」
 .アスカ「何よ、いちいちいじけんじゃないわよ。…わざわざ来たんだし、一応食べるわよ。
     ッてミサト、それは私の分でしょ! 何横から取ってんのよ!」
  ミサト「だーめ、一番乗りは家長の権利って決まってるの。さ、いっただっきまーす」
 シンジ「あ、ほら、ちゃんと皆の分あるから」
 .アスカ「ったくもう、何なのよこの家は。…じゃ、もらうわ。うわ、あっつそう」
 シンジ「うん、お餅もお汁粉も熱いから、気をつけて。はい、レイの分」
  .レイ「…いい匂い」
 シンジ「甘すぎたらごめん。そうだ、お茶も淹れるね」
  .レイ「……おいしい」
  ミサト「んー、さっすがシンジ君! やさしい甘さとあったかさがお腹に沁みるわー。
     うんうん、やっぱりこうでなくっちゃ。さあて、日本の伝統スイーツのお味はどう? アスカ」
 .アスカ「どうって、人が食べてる最中に…ん」
 シンジ「…あの、やっぱり、アスカには合わなかったかな」
210 : 3/4[sage] 投稿日:2013/01/12(土) 13:19:20.17 ID:???.net
  .レイ「……」
 .アスカ「! 何よ、いちいち同じ目つきで見ないでよ、妹。……べつに、悪かないわよ」
 シンジ「そっか。…良かった」
 .アスカ「…ふん、そんなことでくよくよしてちゃ、使徒になんか勝てないわよ」
 シンジ「…、そうだね。はは、ごめん」
  ミサト「ぷはーッ、おいしかったー。あ、シンジ君、おかわりある?」
 シンジ「ええ?! まだ食べるんですか?」
  ミサト「もっちろん」
 .アスカ「うっそー、この甘いのを? あとで気持ち悪くなっても知らないわよ」
  .レイ「…わたしも」
 .アスカ「!」
 シンジ「あ、うん。…はい。二杯目だから、ちょっと少なめにしたよ」
  .レイ「…ありがとう」
 .アスカ「ちょっと、馬鹿シンジ。私も」
 シンジ「え? だって気持ち悪くなるって…」
 .アスカ「いいから寄越す!」
 シンジ「え、あ、うん」
  ミサト「もーう、アスカったらむきになっちゃって、可愛いとこあるじゃない」
 .アスカ「!! 何よもう、うるっさい!」
  .レイ「…ふう。おいしい」
211 : 4/4[sage] 投稿日:2013/01/12(土) 13:20:33.40 ID:???.net
 トウジ「そういや年明け、碇兄妹と外で会ってんけどな」
ケンスケ「何だよ、その顔。ユニゾン発声で『あけましておめでとう』とでも言われたの」
 トウジ「いや…ワシも絶対そう来ると思ってたのにな」
ケンスケ「違ったの?」
 トウジ「…シンジが『あけまして』って言うたとたん、即、碇妹が『おめでとう』って
     綺麗に繋げてきたんや。いやー、さすがのワシも驚いたわ。シンジも驚いとったけどな」
ケンスケ「分割年始か…やっぱ、双子って謎だよなぁ」
 トウジ「んな大げさな。ま、にしても、今年はどうなることやろうな」


年始ネタ引っぱってごめんなさい。あとあまり双子っぽい点がなくてすみません。
いろんな方が読んでくださってるみたいで、大変うれしいです。これからも精進します。
212名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/01/15(火) 08:23:41.54 ID:???.net
この設定ならアスカはツンを控えめにしてデレを多めにしても良さげな気がする
213 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/02/04(月) 19:55:05.21 ID:???.net
ツンツンか
214 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/02/14(木) 12:50:01.43 ID:???.net
ツンヤン
215 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage 規制つらい…] 投稿日:2013/02/15(金) 00:31:26.18 ID:???.net
.ミサト「あら、レイ、お帰りなさい。…ん? 何持ってるの? 後ろに」
 レイ「…赤木博士が、今日はこれを渡すものだって」
.ミサト「おー、ちゃんとチョコ用意したんだ。ふふ、レイもやっぱり女の子なのね。
   なんか安心したわ」
 レイ「そう、なんですか」
.ミサト「ん。かわいいわよん」
 レイ「…、よくわからない」
.ミサト「あらら? ま、そこがレイらしいっちゃらしいんだけどね。…あ、シンジ君なら
   今ちょーっち忙しいみたいよ」
 レイ「?」

.アスカ「だーかーら、もっとこう、気の利いたアイディアはないのかって言ってるの!
    こんなんじゃ、そこらのコンビニで売ってるのと変わんないじゃない」
シンジ「そんなこと言われても、いきなり作れるわけないだろ。だいたい、なんで
    当日になってからチョコの手作りなんてしようとするんだよ」
.アスカ「だぁもう、うっさいわね。当日になっちゃったからあんたに頼んでるんじゃない」
シンジ「…これが人に物を頼む態度とは思えないんだけどなぁ」
.アスカ「なんか、言った?」
シンジ「言ってないよ。…はぁ」

 レイ「……」
.ミサト「どうする、レイ? シンジ君、呼んでこよっか?」
 レイ「いい。…あとで」
.ミサト「そ。で、ちなみに、レイはお兄ちゃんに、どんなのあげるのかなー?」
 レイ「…、だめ、内緒」
.ミサト「ふふ、そっか。おっし、健闘を祈るわ」
216 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/02/21(木) 18:52:11.29 ID:???.net
test
217 : 1/2[sage] 投稿日:2013/02/21(木) 19:30:17.25 ID:???.net
伊吹「零号機、初号機、ともに、第七シークエンスまでの全てのチェックリストを
    クリア。深部シンクロテスト結果、およびハーモニクス、全て問題なし。
    第29次定期起動試験、終了しました。テストログは、集約後にメルキオールでの
    総合解析へ回します」
..リツコ「了解。…シンジ君、レイ、お疲れさま。上がっていいわよ」
両者『『はい』』
伊吹「二人とも、調子いいみたいですね。シンクロ率も、少しずつですけど、安定して
    伸びてきてますし」
..リツコ「そうね。双生児…身体情報、パーソナルデータともに酷似した二人と、二体のエヴァ。
    例の新システムの件、そろそろ本格的に……あっ」
伊吹「先輩? ……あっ」

日向「パーソナルデータの取り違え?! シンジ君と、レイの?」
伊吹「……そうなの…」
青葉「で、初号機と零号機は、ちゃんと起動してたのか?」
伊吹「ええ。…まさかテストが終了するまで、気づかなかったなんて…」
日向「いくら双子とはいえ…驚くべきは、エヴァのシステムの柔軟性ってことか」
218 : 2/2[sage] 投稿日:2013/02/21(木) 19:31:41.14 ID:???.net
青葉「にしても、赤木博士が同席してたにもかかわらず発覚しなかったとはなぁ」
  碇「ああ。信じがたいミスだ」
三人「「「!!!」」」
冬月「碇、そう怖い顔をするな。機体相互換試験に向けて貴重な先例が得られた
    とも考えられるだろう。少なくとも、検証に値する結果だよ」
  碇「そうか」
三人「副司令…!」
冬月「しかし、一歩間違えば重大事故につながっていたかもしれんのだぞ。
    今後、最低でも技術部への査察の増加は覚悟しておきたまえ」
三人「………」

. ミサト「うー…リツコ? そろそろ、やめといた方がいいんじゃない?」
..リツコ「………」
. ミサト「…あちゃー。こりゃ、飲み明かしコースだわ」
加持「ま、仕方ない。つき合うさ」
219 : 1/3[sage] 投稿日:2013/02/22(金) 13:16:25.43 ID:???.net
..ミサト「でー、結局、アスカはシンジ君にあげたのかしらん?」
.アスカ「な、何をよ」
 .レイ「チョコレート、14日の」
.アスカ「…やったわよ、一応。わざわざ上に報告しなきゃなんないわけ」
..ミサト「だって、首尾が気になるじゃなーい。あんだけ大騒ぎしてたんだから」
.アスカ「う…大騒ぎとは何よ、大騒ぎとは」
..ミサト「アスカってば、案外かわいいとこあるのよね。当日になってからあわてちゃってさ」
 .レイ「そう、騒いでた」
.アスカ「! 何よ、妹。あんたは関係ないでしょうが」
..ミサト「関係なくないわよーう。レイは、シンジ君にちゃんと渡したもの。ね?」
 .レイ「…うん。あ…お兄ちゃん」
シンジ「もう、何してるんだよ、三人で。またケンカ?」
.アスカ「またとは何よ。だいたい、あんたがボケッとしてるのが悪いんじゃない」
シンジ「?? 何がだよ」
..ミサト「ふーむ。
    ここはひとつ、本人に訊いてはっきりさせときませうか。…シンジ君?」
.アスカ「え、ちょっと、ミサト!」
..ミサト「アスカからはもらった? バレンタインのチョコ」
220 : 2/3[sage] 投稿日:2013/02/22(金) 13:17:51.10 ID:???.net
シンジ「え? …いえ、確か、アスカからは何も」
 .レイ「……」
.アスカ「何よ、やったでしょ、ちゃんと! その日のうちに!」
シンジ「もらってないよ! あの日は、チョコ作るの手伝わされただけで…あれ」
..ミサト「どしたの?」
シンジ「…チョコ作りの合間、味見しろってくれた分が、もしかして」
..ミサト「ええ? もーう、そんな遠まわしな…あら、ちょっ、アスカ? どこ行くの?!」
.アスカ「…どこまで鈍いのよ、ったく。馬鹿馬鹿しくてやってらんないわ…
   ! 何よ、あんたまで」
.カヲル「どうしたんだい? そんなに慌てて。
    …やあ、シンジ君。この間のお菓子、ありがとう。おいしかったよ」
シンジ「あ、…あれは、たまたま作った分があったから。良かった、口に合って」
..ミサト「ん?」
 .レイ「…お菓子」
.アスカ「…それって、つまり」
シンジ「その、なんか…かえって、ごめん、大したものじゃなくて」
221 : 3/3[sage] 投稿日:2013/02/22(金) 13:20:33.18 ID:???.net
.カヲル「そんなことないさ。嬉しかったよ、気持ちが感じられて」
シンジ「カヲル君…」
.アスカ「………あげたんだ。チョコ」
..ミサト「なんと。完全に想定外の展開だわ、これは」
 .レイ「…ちょっと、うらやましい」
シンジ「? どうしたの、三人とも」
.アスカ「……馬鹿シンジ。
    あんた、この私が作った分を、このニヤケ男にやったわけ…?」
シンジ「え? 違うって、アスカのじゃないよ。材料の残りがもったいないから、
    自分でも作ってみただけだよ。それを女の子にあげるのも変だし…
    …ッて、なんでそんなに怒ってるんだよ?!」
.アスカ「うるさいッ!! 馬鹿、フケツ、鈍感、信じらんない!」
シンジ「うわ?!」
.カヲル「…大変だね、他者の間で暮らすというのも」
.アスカ「あんたも、なに他人事ヅラしてんのよ! こんの底抜けの大馬鹿コンビが!!」
 .レイ「そういえば、葛城三佐はあげたんですか」
..ミサト「ん? …あらら、そっか、一応あたしもあげる立場だったか。うーん、今から
    用意するってのもなんだし…あ、そうだ! 代わりに、男子二人にはこの、
    特殊仕様のカッコいいチョーカーを」
両者「「 いりませんッ!!」」


規制長かったー…
>>212
…やってみたけど、どうも上手くいきません。すみません。
ツンデレって今いちよくわからないんですが、アスカのは、キャラがどうこうと
いうより、シンジに「もっとしっかりしてよ、男でしょ、いいとこ見せてよ」と
言いたい気持ちの現れじゃないかという気がします。個人的にはですが。
222 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/02/27(水) 11:00:44.59 ID:???.net
222
223名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/02/27(水) 23:58:53.72 ID:???.net
LASとかはやめてほしい
224 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/03/08(金) 23:31:45.33 ID:???.net
かわいい
225 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/03/12(火) 18:37:55.28 ID:???.net
test
226 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/03/12(火) 20:31:42.08 ID:???.net
血縁的にそうかも、兄弟か親子かどっちか
227 : 1/3[sage] 投稿日:2013/03/15(金) 11:07:12.03 ID:???.net
. ミサト「二人とも、ちょっちそのままねー。…はい、オッケー」
 .レイ「もう、動いていいの」
シンジ「うん、いいんだよ。…それより、なんでいきなり身長測定なんですか」
. ミサト「んー。二人は背の高さまで同じなのかなって、気になってねん」
シンジ「なんですかそれ…」
 .レイ「それで、同じだった、んですか」
. ミサト「そう! なんと、ぴったりミリ単位まで一致してるの。さっすが双子だわ」
シンジ「もう、毎回双子双子ってはやすの、やめてくださいよ。いい加減慣れましたけど」
. ミサト「事実そうなんだから、しょうがないでしょー。それに、レイのほうはぜんぜん
    気にしてないみたいよ」
シンジ「そうなの?」
 .レイ「うん。…少し、嬉しいから」
シンジ「…、そっか。なら、僕もいいや」
. ミサト「ふふ。シンジ君、ほんとレイには優しいわね。表情まで柔らかい感じ」
シンジ「べ、別にいいじゃないですか、それこそ、双子なんだし。ミサトさんの好きな」
. ミサト「おっと、意外に鋭い反撃ー。…ん、レイ? どしたの、頭触って」
 .レイ「…身長。ずっと、同じなんですか」
シンジ「え?」
228 : 2/3[sage] 投稿日:2013/03/15(金) 11:10:34.04 ID:???.net
. ミサト「うーん。
    ずっと同じってことはないわ。二人とも成長期だしね、背だってもっと伸びるし、
    心も身体も、きっとどんどん変わっていくわ。もっともっと、あなたたちらしくね」
 .レイ「……」
. ミサト「けど、心配することないわ。どんなに年を重ねても、たとえお互いの距離が
    変化することがあっても、あなたとシンジ君が双子のきょうだいだってことは
    ずっと変わらない事実なんだから。…ね?」
シンジ「え? …! はい」
 .レイ「……おにい、ちゃん」
. ミサト「ん。…ただーし、お兄ちゃんの座は近いうちにおびやかされるかもよ?
    何しろ中学生くらいまでは、女の子の方が伸びが速いんだっていうし。身長」
シンジ「え?! そうなんですか?!」
. ミサト「案外、レイに抜かれるかもね。ふっふっふ、その間はレイお姉ちゃん復活かしらん」
 .レイ「そうなんですか」
シンジ「ええ、レイまで?! うわ、えっ、なんか、どうしよう」
. ミサト「もーう、本気で心配しちゃって、面白いやつ。大丈夫よ、高校に入った頃にはまた
    シンジ君が抜き返してると思うから」
229 : 3/3[sage] 投稿日:2013/03/15(金) 11:11:49.98 ID:???.net
シンジ「なんだ…」
. ミサト「ま、それもこれも、これから先のお楽しみねん。道は長いわー」
シンジ「ッて、ミサトさんが面白がってどうするんですか! ったく…うわ、もうこんな時間か!」
 .レイ「…これから」
. ミサト「ん、まだ不安? レイ」
 .レイ「…、いいえ。…うれしいの」
. ミサト「…そ。
    あなたたちは、いくらでも楽しんでいいんだからね、これからを。胸を張って行きなさい。
    そのために、私たち大人も頑張れるんだから」
 .レイ「…はい」
シンジ「レイ! もう出ないと、学校遅刻するよ!」
 .レイ「あっ…待って、今、行く」
. ミサト「はーい、行ってらっしゃい。二人とも、気をつけてよ」



なんかミサトさん特集みたいになってしまった。長いし。(いつもか)
>>223 そういうのは苦手なんで、ラヴコメ程度の雰囲気までで止まると思います。
読んでくださった方、ありがとうございます。
230名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/03/28(木) 02:23:11.15 ID:???.net
その後、実はレイが姉であることが判明
それを聞いたアスカの反応「双子の順番なんて、たいして意味ないわよ」
231 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/04/09(火) 00:02:10.20 ID:???.net
確かにそうかもしれない
232 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/04/14(日) 15:43:10.37 ID:???.net
流石に?
233 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage 規制ばっかりです] 投稿日:2013/04/16(火) 16:31:16.49 ID:???.net
>>230
.アスカ「だいたいね、昔と今じゃ、双子の順番の決め方も違ってたのよ。知らないの?」
シンジ「し…知らなかった、けど」
.アスカ「相変わらずなーんにも知らないのねー。
    今は、先に産まれた方が上って決めることになってるでしょ? 昔は逆だったのよ」
シンジ「後から産まれた方が上、ってこと?」
.アスカ「そ。なんでも、後から産まれた方の子は逆に、先にお母さんのお腹に入ってた
    って考え方だったらしいわ。なーんか、ヘリクツっぽいけど」
シンジ「そうなんだ…アスカ、よく知ってるね、そんなこと」
.アスカ「はん、常識よ。どっちにしろナンセンスね、どうしても順番が知りたければ、
    受精のタイミングとか、卵割開始のあたりまで、ゲンミツにさかのぼるしかないじゃない。
    ま、フツーはそんな情報、残ってないし調べもしないけど」
 .レイ「残ってる」
シンジ「え? …どこに?!」
 .レイ「この前、見せてもらったもの。碇司令に」
.アスカ「……
    それって、受胎前から記録つけてたってこと?! …なんたる親バカ、信じらんない」
シンジ「…父さんって…」
.アスカ「あ、で、どっちが先だったの? 結局」
シンジ「え?!」
 .レイ「知りたい?」
.アスカ「当然でしょ。さ、もったいぶってないで教えなさいよ」
シンジ「…ちょ、ちょっと待って、なんか、心の準備が」
 .レイ「……」
.アスカ「ほらもう、どうなのよ」
 .レイ「………ないしょ」
234 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/04/22(月) 22:13:32.54 ID:???.net
いつも乙でしゅ
235 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/04/28(日) 18:48:01.27 ID:???.net
test
236 : 1/4[sage] 投稿日:2013/04/28(日) 20:52:29.01 ID:???.net
 .レイ「ごめんなさい、遅くなった」
シンジ「ううん、平気だよ。さ、帰ろう。お腹すいちゃったよ」
 .レイ「うん。…わたしも」
シンジ「はは、じゃ、帰ったらすぐご飯にしよっか」
 .レイ「うん…あ」
シンジ「? …あ、カヲル君!」
.カヲル「やあ、シンジ君。それに妹さん」
 .レイ「……」
.カヲル「もう、帰るところかい?」
シンジ「うん、やっと訓練終わって、二人で帰るところなんだ。君も、今
    上がったところ?」
.カヲル「いや、僕はまだ次の試験があるんだ。15分後には再エントリーだよ」
シンジ「…、そっか…」
.カヲル「僕に何か用があったのかい?」
シンジ「あ、いや、…別に、用ってわけじゃない、んだけど。…ッごめん、時間
    ないんだったよね。それじゃ、お疲れさま」
 .レイ「……」
237 : 2/4[sage] 投稿日:2013/04/28(日) 20:53:25.24 ID:???.net
.カヲル「…待って。確か明日は、夕方には全ての試験日程が終わるはずなんだ。
    その後なら時間が取れると思うよ。久しぶりに、器楽室にでも行こうか」
 .レイ「……」
シンジ「! うん。…あの、ありがとう」
.カヲル「ううん、僕も楽しみだよ。じゃ、また明日」
シンジ「うん。明日」
 .レイ「……」
シンジ「あ…ごめん、レイ。帰ろうか」
 .レイ「……」
シンジ「レイ? …ごめんよ、待たせちゃって。疲れてるのに」
 .レイ「……お兄ちゃん、あの人と仲、いいのね」
シンジ「え?」
 .レイ「…うれしそう、だった。ずっと」
シンジ「え…そう、かな。普通に話してたつもりだけど…変だったかな」
 .レイ「ううん。そうじゃ、ない」
シンジ「??」
 .レイ「……器楽室って、何」
シンジ「さっきの話の? ああ、ピアノがあるんだ、ここの器楽室に」
 .レイ「…ピアノ」
シンジ「うん。変だよね、本部の中なのに。そこで、何度かカヲル君と連弾したんだ」
 .レイ「れんだん」
シンジ「そう。…あ、二人で一緒に弾くんだ、ピアノを。高音と低音の担当に分かれて、
    いい音を出せるように、それぞれ考えながら、でも、協力して」
238 : 3/4[sage] 投稿日:2013/04/28(日) 20:56:51.74 ID:???.net
 .レイ「…同じ、一つの曲を?」
シンジ「そうだよ。難しいけど、楽しいよ」
 .レイ「……そう、よくわからない」
シンジ「あ…そっか、言葉じゃ、伝わりにくいよね。ごめん」
 .レイ「そうじゃ、ないの」
シンジ「え?」
 .レイ「……わかりたくない、そんなの」
シンジ「レイ? 今、何て?」
 .レイ「…何でもない」
シンジ「…レイ? え…あ、待ってよ。待ってってば」
 .レイ「……」
シンジ「??? 急にどうしたんだよ、もう。長話したのは、そりゃ、僕が悪いけど」
 .レイ「……あの人、ここで何してるの」
シンジ「え? …カヲル君のこと?」
 .レイ「そう」
シンジ「何って、…まだ担当するエヴァが調整中で来ないから、ここで予備訓練だけしてるって
    ミサトさんが言ってたじゃないか。でも、予備なんて言っても大変だよな。僕らより
    試験の量もずっと多いみたいだし。…レイも、零号機が準備できる前は、あんなふうに
    毎日忙しかったんだよね、きっと。なんか…僕だけ、楽してエヴァに乗ってるみたいだ」
 .レイ「…わたし、あんなことやってないわ」
シンジ「え…?」
239 : 4/4[sage] 投稿日:2013/04/28(日) 20:57:51.25 ID:???.net
シンジ「…どういうこと? それって、カヲル君が」
 .レイ「…、ごめんなさい。わたしの気のせい、だと思う。
    試作型の零号機とは、課される試験が違っても不思議じゃないもの」
シンジ「…レイ…?」
 .レイ「……ごめんなさい。…変なことばかり、言った」
シンジ「…、そんなことないよ。レイはずっとここにいて、長い間一人でがんばってきたんだから、
    後から来た人のことが気になるのは、当たり前だよ。変なんかじゃない」
 .レイ「…ごめん、なさい」
シンジ「なんだよ、謝ることなんかないってば。ほんとにどうしたんだよ、さっきから」
 .レイ「……」
シンジ「……
    しょうがないなぁ、まったく」
 .レイ「…お兄、ちゃん?」
シンジ「こんな遅い時間まで残らされてたからだよ、きっと。落ち着かないのも、気になるのも。
    ほら、早く帰って、ご飯にしよう。レイの好きなもの作るからさ」
 .レイ「……お兄ちゃん」
シンジ「さ、行こうよ。帰ろう」
 .レイ「…うん。うん、…お兄ちゃん」



規制解除ヤッター。
>>189で何も考えずに登場させてしまったので、カヲル君の位置付けの話。
長くてすみません。読んでくださった方、いつもありがとうございます。
240 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/05/04(土) 00:11:16.58 ID:???.net
 ミサト「じゃあ…行くわよ、二人とも!」
..シンジ「え、あっ、はいっ」
  .レイ「はい」
 ミサト「せーの、じゃんけん…ぽんッ!
    …あっちゃ~、またあいこか。シンジ君ー、レイ、真面目にやってる?」
..シンジ「すみません…って、なんで謝らなきゃいけないんですか」
 ミサト「だって、これじゃいつまでも今週の風呂掃除当番、決まらないじゃない。
    だいたいねぇ、六回も続けてあいこ出すなんて、普通思わないでしょ。ま、
    仲がいいというか、双子の面目躍如ってとこかしらん」
..シンジ「わざとやってるわけじゃないんですけどね…」
  .レイ「わたしが、やります。掃除」
 ミサト「だっめっよッ、ちゃんと公平に決めた上で実行しないと。さっ、もう一回
    仕切りなおしていくわよっ! せーの!」
  .レイ「じゃんけん、ぽん。…あ、また」
..シンジ「……はぁ…」
241 : 1/2[sage] 投稿日:2013/05/04(土) 21:47:56.51 ID:???.net
 アスカ「じゃ、行くわよ」
. シンジ「う…うん」
  レイ「…いいけど」
 アスカ「せぇのッ、あっち向いてホイッ!!
    ……ぷっ…ぷくく、あはははは! うそっ、ホントに二人で同じ方見るんだ!
    どんだけ仲いいのよあんたたち! もう運動神経つながってんじゃないの?!」
. シンジ「………」
  レイ「…何がそんなに楽しいの」
 アスカ「は?! おっかしいに決まってるじゃない! あ~、今の撮っとけばよかった、
    近年稀に見る決定的オモシロ瞬間だったのに~! あはははは」
. シンジ「………」
 アスカ「何よ、馬鹿シンジ」
. シンジ「べつに」
 アスカ「怒ってるじゃない。ったく、あんたたちをオモチャにしようなんて思ってないわよ。
    今後の作戦展開のために、ちょっと確認したかっただけ」
. シンジ「作戦? 何の」
 アスカ「…あんた馬鹿? 使徒との戦いに決まってんじゃない!
    もしあんたたちが、エヴァでも同期した動作ができるんなら、戦術に幅ができるでしょ」
  レイ「目標に複数の弱点が存在したり、コアを多重攻撃する場合ね」
 アスカ「そ、妹はわかってるじゃない。…あんたね、一応兄の癖に、なんッにも考えてないの?」
. シンジ「…う…」
242 : 2/2[sage] 投稿日:2013/05/04(土) 21:49:00.51 ID:???.net
 アスカ「はん、普段は世話焼いて偉っそうにしてる癖に、肝心なとこは妹に頼っちゃって。
    ほんと、どっちが上なんだか。つくづく頼りないっていうか、恰好悪いの」
. シンジ「……う…」
  レイ「……
    で、本当なの、今の」
. シンジ「え?」
 アスカ「…何よ、つまんないの。この程度はお見通しってわけ」
. シンジ「?? 何が?」
  レイ「……」
 アスカ「……あんた、ほんッッとに馬鹿ね。
    んな作戦あるわけないじゃない。ウソよ、ウ・ソ! テキトーに言っただけだってば!」
. シンジ「…えっ、…なッ、なんだよそれっ」
 アスカ「あははは、真面目に考えちゃっておっかしい~! あ~、面白かった。なかなか
    いい暇つぶしだったわ。じゃ、私、エヴァの準備できたみたいだから」
. シンジ「………」
  レイ「…お兄ちゃん?」
. シンジ「………」
  レイ「別に、気にしなくていいと思うわ」
. シンジ「……うん、ありがと……はぁ…」
243 : 1/5[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 22:41:22.36 ID:???.net
 トウジ「おはようさん…お、なんや、暗い顔して」
.ケンスケ「ふーむ。碇妹の姿も見えないし、ケンカでもしたの」
 トウジ「ほんまか? ったくしゃあない兄貴やな、はは」
 シンジ「………」
 トウジ「ど、どないしたんや」
.ケンスケ「?! まさか、本当に妹さんに何かあったのか?」
 シンジ「…ううん、レイは今日は本部。そうじゃなくて…
     あのさ、なんで双子だと皆にからかわれるんだろう」
 トウジ「は?」
.ケンスケ「…なるほどね。で、皆って、たとえば誰」
 シンジ「ミサトさんとか、アスカとか…二人だって時々茶化すだろ」
.ケンスケ「それは確かに」
 トウジ「ま、挨拶がわりにやっとる感じやな。…すまん、嫌だったんか」
 シンジ「…、別に、いちいち嫌だって感じる訳じゃないよ。本当のことだし。
     たださ、なんで毎回毎回、双子のことで何か言われなきゃならない
     のかなって。…アスカなんて、僕を馬鹿にするためにわざわざ
     話題に出してる感じなんだ、最近」
 トウジ「そら、確かにやっとれん話やな」
.ケンスケ「けど、そんなのいつものことじゃないか? あいつの場合」
 トウジ「せやせや。気にする必要ないで、あんなキンキン女」
 シンジ「…、そうだよね」
 トウジ「おう。考えすぎっていうか、考えるだけ無駄やで、きっと」
244 : 2/5[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 22:42:17.40 ID:???.net
.ケンスケ「他人を見下すことにしか興味ない、損な性格なんだろ。相手にする
     ことないさ」
 シンジ「…うん。ありがとう、二人とも」
 トウジ「しっかし、家族のことまでダシにするか? なんや腹立ってきたわ。
     妹にはとんだとばっちりやし。ワシらみたいに、学校終わったらハイ
     さよならって訳にもいかんしな…ほんま、同情するで」
 シンジ「そうなんだよ…
     本部にいるときの方が、周りを気にしない分、好き勝手言われるんだ。
     …僕のことはもうしょうがないけど、何も、レイが一緒のときに限って
     ちょっかい出してこなくたっていいのに」
.ケンスケ「? そうなのか?」
 シンジ「うん。なんで、妹と一緒にいるだけで嫌味言われなきゃいけないんだろ」
 トウジ「わざわざ妹の前でか?! なんつー性根の曲がったやっちゃ」
.ケンスケ「…ふぅむ。
     思うに、単に仲間外れにされたくないだけじゃないか? それって」
 シンジ「え? …アスカが?」
 トウジ「何言うとるんや、あの個人主義の唯我独尊女が? あり得へんって」
.ケンスケ「けど、碇妹と一緒のときが多いんだろ? からんでくるの」
245 : 3/5[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 22:43:27.25 ID:???.net
 シンジ「あ…うん、ほとんどそうだよ。それで、双子双子って」
 トウジ「やっぱりただの嫌がらせと違うか、それ」
.ケンスケ「あのさ、これは俺の想像だけど、シンジは妹のこと、かばいすぎなんじゃ
     ないかな。っていうか、あいつにはそう見えてるんじゃないかって話
     なんだけど」
 シンジ「え…そう、かな」
 トウジ「ちょっと待てや、妹かばうのは兄貴として、男として当ったり前やないか。
     それのどこが悪いっちゅうんや」
.ケンスケ「いや、悪いって訳じゃないさ。ただ、俺たちと違って、シンジはあいつの
     単なるクラスメートじゃない。共にエヴァに乗って戦う、仲間だろ」
 シンジ「? そんなの、わかってるよ」
.ケンスケ「だからさ。本来はシンジと碇妹と、あいつとで、三人のチームのはず
     なのに、あいつには、お前たち二人の繋がりばかり強くて、自分だけ
     疎外されてるような気になってるんじゃないか? 双子の相性の良さ
     ってのが、その思い込みに拍車をかけてる可能性もあるかもな」
 シンジ「…それで、いつも…?」
246 : 4/5[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 22:44:59.55 ID:???.net
.ケンスケ「もしかしたらって話だよ。
     ま、理由はどうあれ、結果としての行動が単なる嫌味と嫌がらせじゃ、
     とてもじゃないけど同情はできないけどね」
 トウジ「せや。結局自分の不満をシンジにぶつけとるだけやないか」
 シンジ「……」
.ケンスケ「おい、仮定の話だって。あんまり本気にとるなよ、確証もないんだし」
 .アスカ「そ・の・と・お・り。憶測で人の内面を語ってんじゃないわよ」
.ケンスケ「?!」
 シンジ「あ、アスカ?!」
 トウジ「おわッ出た、出おったで鬼が!」
 .アスカ「あんたたち…さっきから聞いてれば、勝手なことをベラベラとよくも並べて
     くれたもんだわね…? どういう目に遭うかわかってんでしょうねッ!」
 トウジ「あかん、逃げるで!」
.ケンスケ「異議なし!」
 シンジ「うわっ、まっ、待ってよっ」
 .アスカ「待ちなさいよ、この三馬鹿トリオがぁっ!! …くッ、このっ!」
.ケンスケ「うぎゃあ!」
 シンジ「あっ、ケンスケ?!」
 トウジ「捕まったか…成仏するんやで、ワシらはお前の分まで生きるさかい!」
.ケンスケ「見捨てるのかよ!」
 .アスカ「ちょっと、相田」
.ケンスケ「はははははい?!」
247 : 5/5[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 22:46:01.35 ID:???.net
 .アスカ「……
     さっきの話、誰かに話したらコロスわよ。もちろんシンジにもう一回言うのもよ」
.ケンスケ「へっ?」
 .アスカ「…それだけよ」
 シンジ「あ、解放された…ッて、こっち来るよ?!」
 .アスカ「こらぁっ! 自分たちだけ逃げられると思ったら大間違いよッ!!」
 トウジ「ぎゃあああぁ、く、来るなぁあああ」
.ケンスケ「………なんとまぁ。
     俺の推測も、あながち外れちゃいなかったってことか。…ま、エヴァに守って
     もらってる身だし、武士の情けだ。黙っといてやるさ」
 .アスカ「待ちなさいっこのっ!! この私から逃げられると思ってんの?!」
 シンジ「うわぁあああ?!」
 トウジ「ひぃい、やめろ、やめんかい! リアル鬼ごっこは勘弁やって!」
 .アスカ「はぁ?! 身の程を教えてあげるって言ってんのよっ!」
.ケンスケ「……
     やっぱ、考えすぎだったかもな。あの有り様じゃ」
248名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/05/08(水) 08:03:57.28 ID:???.net
おもしろい
249 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/05/11(土) 01:20:55.55 ID:???.net
あげ
250 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[あげ] 投稿日:2013/05/12(日) 15:57:08.27 ID:???.net
age
251 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage また規制です] 投稿日:2013/05/14(火) 08:05:33.88 ID:???.net
 シンジ「わ…、珍しいですね、シュークリームなんて」
  .ミサト「ふふん、たまにはおみやげ。…なんてね、マヤちゃんが、近所に新しいお店が
     できたって、皆に買ってきてくれてね。二人の分もとっといてくれたのよ」
 シンジ「そうなんだ…今度、お礼言わないと」
  .レイ「…?」
  .ミサト「ん、レイはもしかして初めて? 中にはね、甘~いクリームが入ってるわよん」
 シンジ「あれ? ミサトさんの分は?」
  .ミサト「ああ、あたしは皆と一緒に食べてきちゃったから。さっ、どっちでも好きな方食べて」
 両者「えっと、じゃあ「こっち…、あっ」」
  .ミサト「お、ひさびさに出たわね~、双子のユニゾン」
 シンジ「だから、わざとじゃないですってば。…レイ、ごめん、僕はこっちにするね」
  .レイ「え、…いい、これ、食べて」
 シンジ「いいって、そんな遠慮しなくていいんだよ」
  .レイ「…でも」
  .ミサト「おっと、二人して譲り合っちゃって、かっわい~。しっかしこういう時は困るわね…
     んー、決められないならいっそじゃんけん、って、それも駄目だったか…」
ペンペン「クワーッ!!」
  一同「「「あっ」」」
  .レイ「…食べた」
 シンジ「まるごと一個…ひと口で…」
  .ミサト「ていうか、食べられるんだ、この手のもの。 って、あらら、どうする? 一個になっちゃったけど」
  .レイ「……」
 シンジ「しょうがないですよ。レイ、良かったら、半分ずつにする?」
  .レイ「! …、うん」
 シンジ「じゃあ、切ってくるね」
  .ミサト「…なんと。丸くおさまっちゃったみたいだわね」
  .レイ「この方がいい、私」
  .ミサト「ひょっとして、空気読んだのかしらん…? いや、それはないか」
ペンペン「クワッ、クックックーッ」
252 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/05/21(火) 18:41:08.77 ID:???.net
test
253 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 18:05:28.34 ID:???.net
  ミサト「ふうー、いいお湯だったわー。ずいぶんゆっくりしちゃったけど、
    二人とも、まだ起きてるー?」
  ミサト「寝ちゃったのかしらん。って、んん…?!」
 シンジ「……」(SDATで音楽鑑賞)
  .レイ「……」(読書)
 三者「……」
  ミサト「……ちょっと、二人ともっ!」
 両者「?! うわっ、ご、「ごめんなさい」」
  ミサト「…あのねぇ。もしかして、ずっとそうやって座ってたの? 二人で?」
  .レイ「はい」
 シンジ「そ、そうですけど。あ、けっこう時間経っちゃったんだ…」
  ミサト「黙ったまんまで…?」
 シンジ「え? あの、はい。レイとだと、喋らないでいても落ち着くんです、なんか」
  .レイ「喋らないと変、ですか」
  ミサト「はぁー…まいいわ、そろそろ寝なさい。明日も学校でしょ?」
 両者「「はい」」
  ミサト「うーむ…一応、保護者としてはなんか言っといた方がいいのかしらん。この場合」
ペンペン「クワーッ(あくび)」
254 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/05/26(日) 00:11:44.35 ID:???.net
日向「それにしても仲良くなったよな、あの二人。
    シンジ君が来たばかりの頃は、どうなるかと思ったけど」
伊吹「少し変わったわよね、レイ。前より表情が出てきた気がするわ」
青葉「共同生活がいい方向に働いてるってことだろう。別々に育った
    からこそ、やっと会えた今を大事にしたいのかもな」
日向「しかし、葛城さんもよく続くよなー。中学生二人を世話するなんて」
青葉「そうだな…ただでさえ多感な時期なのに、使徒との戦闘で普通じゃ
    考えられないようなストレスも抱えてる子たちだ。周りには見せないが、
    かなり大変なはずだ」
日向「それに加えて、作戦時には情を抑えて厳しく接しなきゃならない、か」
伊吹「本当、大変ね…」
青葉「ああ。つくづく頭が下がるよ」

 シンジ「…ミサトさん! ミサトさん、起きてくださいよ、もう朝ですってば!
     僕たち、先に出てますよ! …レイ、ミサトさんのお弁当は?」
  .レイ「大丈夫、包んだ」
 シンジ「ありがと。…ちょっと、ミサトさん! ちゃんと起こさないと無理かな…」
  .レイ「駄目、時間ないわ」
 シンジ「~っもう、しょうがない、行こう。じゃ行ってきますッ! 知りませんよ!」

  ミサト「…ふぁ~い、行ってらっしゃーい……くかー…」
ペンペン「…クワッ(処置なし)」
255 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage 再び規制orz] 投稿日:2013/05/30(木) 19:29:33.69 ID:???.net
 シンジ「そう言えば、僕らのパーソナルデータって似てるんだよね」
  .レイ「そう、前に取り違えたこともあるって、赤木博士が」
 シンジ「ええ? …それくらい、似てるってことか。って、エヴァは動いたんだよね?」
  .レイ「うん。乗ってた私たちも気づかなかった」
 シンジ「そうなんだ…じゃあさ、もしかしたら、それで起動する初号機と零号機も、
     僕らと同じ双子みたいなものだったりして。…なんて」
  .レイ「……」
 シンジ「(ハズした…!)あ…変なこと言った、よね。…ごめん」
  .レイ「違うわ」
 シンジ「え? …何が?」
  .レイ「双子じゃなくて、零号機はお姉ちゃん。試作機だから」
 シンジ「え…そっか、そうだね。じゃあ、初号機は弟かぁ」
  .レイ「うん、弟」

 青葉「はは、なんか面白いこと言うな、あの二人」
 日向「やっぱりまだ子供、って感じだな」
 伊吹「……」
 日向「? どうした、マヤちゃん」
 伊吹「えっ? ごっごめんなさい、つい……想像したら、結構かわいいなって…」
 青葉「…兄弟エヴァが?」
 伊吹「そう、なんか親近感がわくっていうか、あ!先輩に話してみようかしら」
 両者「……」
256 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/06/03(月) 07:34:42.39 ID:???.net
test
257 : 1/4[sage] 投稿日:2013/06/04(火) 08:18:00.01 ID:???.net
 .アスカ「グーテンターク、ぼけぼけ兄妹。
     ったく、相変わらず冴えない顔並べちゃって…特にシンジ、なーに
     いつも以上に暗い顔してんのよッ!」
 シンジ「痛っ! ッもう、レイは関係ないだろ」
 .アスカ「ふん、何よ、相変わらず兄妹仲のおよろしいことでー。で、どうしたのよ」
  .レイ「テスト。学校の」
 .アスカ「は?」
 シンジ「中間試験の結果。今日、返ってきただろ。なんか…覚悟してたよりも
     もっとやばい点数で…はぁ、帰ってミサトさんに何て言おう…」
 .アスカ「何よ、そんなこと? あんたも?」
  .レイ「……」
 .アスカ「……馬っっ鹿じゃないの?
     あんたたちね、中学校の定期試験くらいで何真剣に悩んでんのよ。
     あんなの進学上の通過点でしょ、単なる」
 シンジ「簡単に言うなよな。その単なる通過点でつまづきそうだから、こうやって
     落ち込んでるんじゃないか」
 .アスカ「だ・か・ら馬鹿だって言ってんのよ。通過点は通過点じゃない。しょせん
     腕試し、模試が駄目でも、本番でいい点とれりゃいいのよ」
  .レイ「本番?」
 .アスカ「そ。えーと、あんたたちの場合だと…高校受験?だっけ?」
258 : 2/4[sage] 投稿日:2013/06/04(火) 08:19:07.53 ID:???.net
 シンジ「高校、かぁ…なんだか、全然実感ないや」
 .アスカ「馬鹿、現実逃避してんじゃないわよ! そうやってのほほんと過ごしてると、
     中学の残り一年ちょっとなんて、あっという間に終わっちゃうわよ」
 シンジ「…そうじゃなくて。
     本当にそういうの、実感ないんだ。クラスの皆はそうかもしれないけど、
     僕に、受験なんか来るのかな、って。…その前に死ぬかもしれないのに」
  .レイ「……」
 シンジ「アスカは…不安になったり、しないんだ」
 .アスカ「……
     はン、当ったり前じゃない。何辛気臭いこと言ってんのよ。何のために
     エヴァに乗ってるわけ?
     私たちは使徒に勝って、生き残る。カンタンじゃない」
 シンジ「…すごいな、アスカは。…アスカが言うと、本当にそうなりそうな気がする」
 .アスカ「ふふん、あんたなんかとは覚悟が違うのよ、覚悟が。
     ほら、妹。あんたも覇気のない顔してないで、もっと顔、上げなさいよ」
  .レイ「……」
 .アスカ「…な、何よ」
 シンジ「どうしたの、レイ」
  .レイ「……死なないわ」
 シンジ「え?」
259 : 3/4[sage] 投稿日:2013/06/04(火) 08:20:54.16 ID:???.net
  .レイ「お兄ちゃんは死なせない。私が、守るもの」
 シンジ「…、レイ」
  .レイ「…私には、他に何もできないと思うから」
 シンジ「…そんなこと、言うなよ。
     だったら、レイは僕が守る。一緒に生きてけば、何だってできるよ」
  .レイ「…お兄ちゃん」
 .アスカ「……あーあー、ほんっとにウルワシイ兄妹仲でいらっしゃることでー。
     何よ、…それじゃあ、私のことは誰も守ってくれないわけ。わかってるわよ、
     せいぜい自力で生き残ればーってことでしょ。ばか」
 シンジ「…、違うよ」
 .アスカ「うん?」
 シンジ「アスカは、僕たちで守る。…どこまでできるかわかんないけど、でも、
     絶対守るから」
 .アスカ「…え」
  .レイ「…うん。私も」
 .アスカ「…、何よ、それ」
 シンジ「あ…、やっぱり当てにならない、よね。アスカに比べたら全然力不足だし、
     …けどさ、僕たちだってエヴァを動かせるんだし、…その、手助けくらいなら」
 .アスカ「…ばーか。んなこと言ってるんじゃないわよ」
 シンジ「あの、…ごめん」
260 : 4/4[sage] 投稿日:2013/06/04(火) 08:22:04.68 ID:???.net
 .アスカ「何謝ってんのよ、やっぱり馬鹿ね。
     …しょうがないわね。じゃ、もしあんたたちがヤバい目に遭ったら、その時は
     特別にこの私が、まとめて面倒みてやるわ。いい、特別よ、トクベツ」
 シンジ「…アスカ? あれ、レイ」
 .アスカ「ん、何よ」
  .レイ「……ありがとう」
 .アスカ「へ…?」
 シンジ「あ…」
 .アスカ「……何よ、あんた、笑えるんじゃない」
 シンジ「そうだよ。ほんとにたまに、だけどね」
  .レイ「うん。…トクベツ」
 .アスカ「…、なによ、いきなり。
     ッて馬鹿シンジ、なんであんたまでニヤニヤしてんのよ! 気持ち悪い!」
 シンジ「ええ?! なんだよ急に?!」
 .アスカ「男がやたらとニヤけても気色悪いだけだって言ってんの! もうっこの馬鹿!」
 シンジ「ちょ、うわっ、何するんだよっ」
  .レイ「……
     みんな、ばか、かも。でも、…私も、そうかもしれない」



規制解除やったー。
長くてすみません。読んでくれた方、ありがとうございます。
ずいぶん遅れましたが>>248-250 ありがとうございました。励みになりました。
261 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage 規制長いなぁ] 投稿日:2013/06/11(火) 18:56:00.76 ID:???.net
 加持『へぇ、二人とも、外に遊びに出るタイプじゃないのか』
  .ミサト「そ、だから休日っても静かなもんよー。ま、当人たちはそれで
     充分くつろいでるようだし、他人が口出すような問題でもないし」
 加持『おいおい。他人ってお前、一応保護監督者だろ? いいのか、
     そんなんで』
  .ミサト「だからこそ、よ。あの子たち、二人でいるだけで満足みたいだもの。
     いつまでもそれじゃ困るけど、今はまだ、そっとしときたいのよ。実際、
     割って入れるような雰囲気じゃないしね」
262 : 261[sage 規制長いなぁ] 投稿日:2013/06/11(火) 18:57:58.00 ID:???.net
 加持『そうか。にしても、そんなに双子の結束が堅いんじゃ、家族三人の
     共同生活にならないんじゃないのか? シンジ君はイヤフォンで音楽、
     レイは本、お前だって長電話。まったく、一つ屋根の下だってのに』
  .ミサト「ああ、それなら大丈夫。あの子たち、いくら集中してても…」

 シンジ「…ん」
  .レイ「…あ」
 シンジ「もうこんな時間か。ミサトさん、そろそろご飯の支度始めますけどー?」
  .レイ「私、お風呂入れてくる」

  .ミサト「…我に返るのも、二人同時だから」
 加持『…どこまでも双子だなぁ、そういうところは』
263 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 22:18:49.69 ID:???.net
test
264 : 1/3[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 22:19:53.66 ID:???.net
委員長「あ、ねえ、碇君! ちょっと頼まれてほしいんだけど」
  シンジ「え…な、何? 掃除当番ならちゃんと…」
委員長「違うわよ、妹さんのこと。図書室で借りた本、そろそろ返却するようにって
     伝えておいてくれない? 図書委員の子に言われちゃって」
  シンジ「あ、うん。…ごめん、すぐ返すように言っておくから」
委員長「お願いね」

 トウジ「おーい、碇ー。ちょっと待ってんか」
  レイ「わたし?」
 トウジ「せや。ってうーん、そやないとも言えるんやけど」
  レイ「…?」
 トウジ「シンジや。あのな、シンジにな、こないだの宿題のプリント、もいっぺん
     貸してんかって頼んでくれるか? いやー、直接言うと『またー?』とか言われるし、
     ここはいっちょ、妹からやんわりと言うてもらえへんかなー、て…」
  レイ「……」
 トウジ「やっぱ、あかんか…」
  レイ「…ううん。わかった」
 トウジ「ほんまか! いやぁ助かった! ありがとさん、恩に着るで」

.ケンスケ「なぁシンジ、…って、妹さんは? 一緒じゃないのか?」
 シンジ「え? レイなら、本部に行くって先に帰ったけど」
.ケンスケ「なんだ、一歩遅かったか…」
265 : 2/3[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 22:20:56.97 ID:???.net
 シンジ「何だよ? レイがどうかしたの」
.ケンスケ「いや、明日の社会科の授業さ。俺と彼女の二人で、教材の準備しとくことに
     なってたんだ。分担決めとこうと思ったんだけどな…あ、そうだよ、シンジから
     聞いといてくれないか? どうせ、家に帰れば一緒だろ?」
 シンジ「えー? まぁ、うん、別にいいけど」
.ケンスケ「悪い、頼むな」

 アスカ「馬鹿シンジ! 妹に、更衣室のロッカーまた鍵開けっ放しだったって言っといて!
     ッたくいくら使うのが私らぐらいだからって、無防備っていうか、無頓着にもほどが
     あるわよ! あんた一応兄なんだから、一般常識くらいきっちり教えときなさいよね!」

  ミサト『あ、シンジ君? 悪いんだけど、レイに、明日の機体連動実験、午後になるって
     言っといてくれる? リツコのやつがまッた伝え忘れたみたいなのよー。ゴメンね』
 シンジ「いえ、それじゃ、伝えておきますね」
  ミサト『ありがと。ほんと、いつも悪いわね。じゃ』
 シンジ「……」
  .レイ「どうかした」
 シンジ「ううん。…ただ、なんか皆、僕とレイがいつも一緒だと思ってるみたいだからさ。
     レイも今日、トウジに伝言頼まれたろ。まったくもう、いくら双子だからって、人のこと
     掲示板代わりに使うことないのに」
266 : 3/3[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 22:22:02.33 ID:???.net
  .レイ「…双子でも、一緒じゃないの」
 シンジ「別にそういう訳じゃないよ。まぁ、他の皆からは一緒に見えてるみたいだけど」
  .レイ「でも、違うのね」
 シンジ「え?」
  .レイ「……」
 シンジ「…なんだよ。レイが気にすること、ないよ。僕は別に迷惑だなんて思ってないし」
  .レイ「…?! どうして」
 シンジ「わかるよ、そのくらい。レイってさ、けっこう顔に出るんだよ、いろいろ」
  .レイ「…わかるの」
 シンジ「全部じゃないけど。レイのことはこれでも見てきてるつもりだし、…それに一応、双子だし」
  .レイ「…、うん。…そうなのね」
 シンジ「うん」

ペンペン「…クワッ(クソッ、俺にも双子の妹がいれば…!)」
267 : 1/6[sage] 投稿日:2013/06/20(木) 00:03:41.05 ID:???.net
 シンジ『くッ、このっ…!
     あ…まただ。何で、うまくいかないんだろ…ちゃんと動かしてるのに』
 .カヲル『まだ少し力みすぎてるんだよ。焦らずに、エヴァの反応を感じて』
 シンジ『うん。こうかな…っ、あ…、動けた…!』
 .カヲル『そう。良くなったよ』
 シンジ『うん…、でもやっぱり、こう動かそうって思った通りとは、違う気がする』
 .カヲル『動かそうとするんじゃなくて、エヴァと一緒に動こうと考えればいいのさ。
     協調の前提は、相手の呼吸をはかること。ピアノと同じだよ。少し、貸してみて』
 シンジ『あ、うん。…うわっ』
 .カヲル『こう…』
 シンジ『…すごい、エヴァってこんな風に動けるんだ』
 .カヲル『操縦桿はそのまま握ってて。動作のタイミングは手動主体にするから、僕の
     操作はそっちのプラグにも同期する。入力操作と、エヴァの実際の動きとの
     差を感じるようにしてごらん』
 シンジ『う、うん。…あ、…』
 .カヲル『ね。わかるだろう、機体との協調なんだ。それを無視して動かそうとすると…』
 シンジ『あ…! これって、さっきミスったのと同じ』
 .カヲル『そう、ほんの少し、次のコマンドが早かったのがわかるかい?』
 シンジ『そっか…合わせられてなかったんだ』
268 : 2/6[sage] 投稿日:2013/06/20(木) 00:04:48.28 ID:???.net
 .カヲル『エヴァは、君自身の身体とは違うからね。自分で普段動くときのように無意識に
     やってしまうと、スムーズに連動してくれない場合がある。少し注意してみる
     だけで、ずいぶん違うはずだよ。さ、やってみようか』
 シンジ『うん』

  レイ「……」
 アスカ「ん、妹じゃない。何やってんの?
    …あー、またやってるんだ、あの男ども。よく飽きないわね、あんな初級訓練」
  レイ「……」
 アスカ「あんたも最初の頃はやったでしょ? ま、今はエヴァの制御技術が安定してきて、
    使う数値も実地の機体出力だし、各エヴァの反応差も反映されてるし、昔よりは
    ずいぶんマシね。けど、あんなの退っ屈じゃない? ほんと、呆れるわねー」
  レイ「……」
 アスカ「…何よ、シンジ以外には返事しないってわけ。
    はいはい、ちっとは変わったかと思った私が馬鹿だったわよ。…シンジもシンジよ、
    あんな得体の知れない補充パイロットなんかにべったりしちゃって。ったく男同士で
    キモチ悪くないのかしら」
  レイ「…、ごめんなさい。私に話してたの」
 アスカ「は…? あーのーねぇ、あんた以外にいないでしょうが。
    …っていうか、あんたもよくよく物好きねー。シミュレータ室の前でじーっと待ってても、
    あの二人だったら、あと一時間は出てこないわよ。たぶん」
269 : 3/6[] 投稿日:2013/06/20(木) 00:05:50.93 ID:bfgjbwhd.net [1/1回]
  レイ「…待ってる」
 アスカ「そ。待ってるんでしょ、ダイスキなお兄ちゃんが出てくるのを」
  レイ「…、よくわからない」
 アスカ「はぁ…もう、じゃなんでここにいるのよ」
  レイ「……」
 アスカ「…ちょっと、ほんとにわかってないわけ?
    あんたね、無自覚か無関心か知らないけど、いい加減にしなさいよ! いつもは
    自分のテスト終わったらさっさと帰るくせに、今はそうやってずっと中の様子見て。
    それを待ってると言わずして何て言うってのよ。
    馬鹿シンジに、早く戻ってきてほしいんでしょ。あんた自分の気持ちもわかんないの?」
  レイ「…そう、かもしれない」
 アスカ「……
    わかんないなら、知ろうとしなさいよ。せめて気づこうとだけはしなさいよ、自分の心に。
    じゃなきゃ、あんたいつまでもそのままよ」
  レイ「……」
 アスカ「ま、シンジの馬鹿は、別に変わらなくてもいいんだろうけど。
    じゃーね。まったく、あの兄にしてこの妹ありね、どこまで馬鹿なのよ」
  レイ「……」
270 : 4/6[sage] 投稿日:2013/06/20(木) 00:07:00.79 ID:???.net
 シンジ「ありがとう、カヲル君。…じゃなくて、ごめん。遅くまで付き合わせちゃって」
 .カヲル「かまわないよ。どうせこの後もエントリーの予定なんだ」
 シンジ「そうなんだ…大変だね」
 .カヲル「大したことはないよ。さっきの訓練プログラムと似たようなものさ」
 シンジ「でも、すごいよ、カヲル君は。きっと僕なんかより、ずっとエヴァのこと
     わかってるんだろうな。だから、あんなに操縦も上手いんだよね?」
 .カヲル「…さあ。所詮、僕のは仮象訓練だから」
 シンジ「そっか…
     …あの、変なこと言うみたいだけど、…さっきみたいにカヲル君と一緒だと、
     エヴァに乗るのも、そんなに嫌じゃないんだ。あ、いや、単に一人が怖いって
     だけかもしれないけど、はは」
 .カヲル「…そうなのかい?」
 シンジ「…うん。
     怖いし、不安でたまらない。…けど、君ならエヴァに乗るのも戦うのも、きっと
     怖くも辛くもないんだろうな。エヴァの動かし方を見てると、ほんと、そう思うよ」
271 : 5/6[sage] 投稿日:2013/06/20(木) 00:08:06.75 ID:???.net
 シンジ「僕みたいに変に緊張したりしなくて、レイやアスカのやり方とも違うけど、もっと
     ちゃんと自信がある感じで、迷いがなくて、何をすればいいかわかってて。
     …僕も、君みたいになれたらいいのに」
 .カヲル「…そうではないかもしれないよ」
 シンジ「え?」
 .カヲル「僕たちは、エヴァに乗らなければならない。だけどそれは良いこととは限らない。
     特に、君にとってはね」
 シンジ「…でも、皆が乗れって言うんだ。それに、初めて、自分にも何かできるかも
     しれないって思えたことなんだ。…好きには、なれないけど」
 .カヲル「…そうだね。
     ごめんね。僕には何も言えないよ」
 シンジ「カヲル君…?」
 .カヲル「……
     それに、僕はまだ本物のエヴァに乗ったこともないから。既に何度も実戦に
     耐え、使徒に勝っている君とは、比較にならないよ」
 シンジ「そんな、…それはだって、まだ専用の機体が準備できてないんだから仕方ない
     じゃないか。君のせいじゃないよ」
 .カヲル「…そうだね。早く、君の力になりたいよ」
272 : 6/6[sage] 投稿日:2013/06/20(木) 00:09:23.26 ID:???.net
  レイ(…私、なぜお兄ちゃんを待ってたの)
  レイ(私、なぜお兄ちゃんを連れて帰りたいと思ったの)
  レイ(お兄ちゃんが他の人といるのが嫌だから?)
  レイ(お兄ちゃんが他の人と笑ってるのが嫌だから?)
  レイ(…そうじゃない。私…それだけじゃ、ない)
  レイ(…私)
  レイ「……私、あの人が怖い。…そうなのね」

 シンジ「レイ?! どうしたの、先に帰ってるかと思ってたのに。あ、遅くなるって
     言ってなかったっけ…? ごめん、ずいぶん待たせちゃったよね」
  .レイ「いい、平気。…帰ろ」
 シンジ「…? なんだよ、怒ってるの? …わかった、早く帰ろう、って、そんな
     引っぱらないでってば、ちょっとっ」
  .レイ「帰るの」
 シンジ「もう、どうしたんだよ。…ごめん、カヲル君、僕たちこれで帰るね」
 .カヲル「うん。二人ともお疲れさま」
  .レイ「さよなら」
 シンジ「レイってば、…待ってよ、ちゃんと歩いてるだろ、痛いんだってばっ」
  .レイ「痛くない。お兄ちゃんの、ばか」
 シンジ「ええ?! なんでそうなるんだよ?!」
 .カヲル「…大変、だね。…二人とも」
273 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/06/20(木) 00:10:34.36 ID:???.net
うわぁ下げ忘れみっともない。
すみませんでした
274 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage レス代行人さんに感謝] 投稿日:2013/06/30(日) 13:31:59.04 ID:???.net
  .ミサト「MAGIシステムって、三台のスーパーコンピュータで構成されてるのよね。
     いつも三台で競合・審議してるの? ケースによっては効率悪いんじゃ
     ないかしら」
 日向「いえ、扱うケースによっては、タスクを分散して共同作業しますよ。
     もちろん個別に検証はしますし、審議制そのものも継続されますけど」
  .ミサト「柔軟に、個々の力を合わせて事に当たるってわけね」
 .アスカ「ちょっと、何度言ったら覚えるのよ! こんの非常識妹、それに馬鹿シンジ!」
 シンジ「う…なんで僕まで怒られるんだよ」
 .アスカ「あんたが責任持ってしつけておかないからでしょうが! わかってんの?!」
 シンジ「…う…ご、ごめん」
  .レイ「ごめんなさい。ここ、片付けておくから」
 .アスカ「もう、ちゃんとやっといてよね!」

 日向「また二人揃って怒られてますね、シンジ君とレイ。真っ向から怒られるシンジ君と
     冷静に事態収拾をはかるレイ、担当というか対応も、いつも通りですね」
  .ミサト「ん~、重たいタスクを分散処理してるのよ、きっと」
 日向「…双子システムですか?」
275 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage レス代行人さんに感謝] 投稿日:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:???.net
  伊吹「初号機、および零号機、ともに前回よりシンクロ率が2.4上昇して
     います。ハーモニクス、問題ありません」
  リツコ「シンクロ率自体はシンジ君の方が高いものの、二人の搭乗ログは
     回を追って酷似していく感じね。これも双子の神秘かしら」
  伊吹「深部シンクログラフも、一致箇所が増えましたしね」
  .アスカ「…何それ。どこまで共通項増やせば気が済むのよ、気持ち悪い」
  ミサト「二人にそんな気はないのよ。あの子たち、それぞれ目の前の課題を
     こなすだけで精一杯だもの。作為があったら、むしろ余裕の証だわ」
  .アスカ「はいはい、あの二人はケナゲないい子ですよー…っと、来たわね。
     良かったわね、また二人仲良くシンクロ率アップできて」
   .レイ「…何」
  シンジ「?? どうしたんだよ、いきなり」
  .アスカ「またそうやって、何もわかってない顔して。…いいわよねー、あんたたちは
     いつも一緒でいられる相手がいて。暮らすのも一緒、作戦でも一緒、今度は
     データまでお揃い。どうせ自覚も使命感も二人で半分こなんでしょ」
  シンジ「! 何だよそれ」
  ミサト「アスカ、やめなさい」
  .アスカ「やめないわよ。何でも同じなんだから、いっそプラグスーツもお揃いにしたら?
     馬鹿シンジは男って顔じゃないんだし」
  リツコ「アスカ!」
  .アスカ「何よ、二人ばっかり庇っちゃって。そうやって甘やかすから…」

  リツコ「やめてちょうだい。プラグスーツまで揃えられたら、区別がつかなくなるわ」

残総員「「「「えっ」」」」

   .レイ「…そうね」
残総員「「「「えっ」」」」
276 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage レス代行人さんありがとうございます] 投稿日:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:???.net
 .シンジ「ただいま…ッて、ああ! お味噌切れてたんだった…もう、スーパー入る
     までは覚えてたのに、何やってるんだよ…しょうがない、もう一回行こう」
ペンペン「クワッ!」
   レイ「ただいま。これ、買ってきた」
 .シンジ「あ! いつも使ってるやつだ…ありがとう、けど、どうして?」
   レイ「なんとなく、要るような気がして」

  .レイ「…!」
  .レイ「…、…」
 .アスカ「ん、何やってんの? シャワー浴びに行かないの?」
 シンジ「レイー? ごめん、シャンプー新しいの、ここに置いとくから」
  .レイ「! ありがと、今、取りに行く」
 .アスカ「もうっわざわざ女子ロッカー室の前まで来て何やってんのよ! ていうか
     シンジ、あんた先に帰ったんじゃなかったの?」
 シンジ「え? そうだけど、でもなんか、レイが困ってる気がして。ちょうど上の
     コンビニにいたし、これ要るかなって」
 .アスカ「はぁ?! …もいいわ、男子はとっとと去りなさい! 大声出すわよ!」

 シンジ「だから、カンニングなんかしてないってば」
 トウジ「せやけどこの、一言一句違わへん二枚の答案用紙! 動かぬ証拠やで。
     さぁ説明できるもんならしてみんかい!」
 シンジ「そんなこと言われても…だいたい、レイの席は教室の反対側なのに
     どうやって答案見るんだよ」
ケンスケ「ふーむ。抜き打ちだったから、事前にペーパー用意するのはちょっと
     考えられないしな…けど、スペルの間違え方までまったく同じってのは」
 トウジ「えらい芸の細かいやっちゃなぁ、ははは」
 シンジ「もう、何だよそれ…」
  .レイ「…芸って、何」
277 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???.net
 青葉「脳神経接続、だな。距離に依存しないタイプの」
 伊吹「接続媒体は…現状では検出できないもの、よね」
 日向「それなら、量子通信が妥当じゃないか? いっとき話題になったやつ」
 伊吹「ベルの実験の? その場合、ハードは何になるのかしら」
 青葉「そりゃ、双方の脳神経回路そのものだろ」
 日向「いや、生体電流の組織か、それが作るホログラフィ構造かもしれないぞ」
 伊吹「あ、むしろ情報そのものが、高次ハードとしてふるまってたりして」
 青葉「飛躍しすぎだって。MAGIやエヴァを見ればわかるだろ」

 ミサト「MAGIの検証待ちの間に、何を盛り上がってるのかしら。あの三人」
 リツコ「双子の思考パターンの共時性、要はシンクロニシティについて、仮説を述べ合ってるそうよ」
 ミサト「へぇ。テレパシーの一種、とかでいいのにね」
 リツコ「それじゃつまらないんでしょ」
 ミサト「難儀な性分ねぇ」
278 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???.net
test
279 : 1/5[sage 規制解除やったぁぁ] 投稿日:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???.net
シンジ「何、トウジ。相談って」
 .レイ「私にも、なの」
トウジ「ん、碇妹にも聞いてほしいんや。あのな…実は妹のやつがな、こんど
    …退院、することになってな」
シンジ「…、ホント?!」
トウジ「ああ。主治医のセンセイが、ようやくOK出してくれたんや」
シンジ「そっか…!
    良かった、…ほんとに、良かった。おめでとう、トウジ」
トウジ「おお、いや、お前にもずっと気にさせとったみたいやし。シンジには
    先に言うとこ思ってたんや。…そういう訳やから、もう心配せんでええで」
シンジ「…うん」
 .レイ「妹、さん」
シンジ「あ…そっか、レイは入院してたからわかんないか。トウジの妹さん、
    最初に使徒が襲ってきたときに怪我しちゃったんだ。…僕が、初号機で
    巻き込んで」
トウジ「なんや、もうそのことはええって。
    でな、相談はここからなんやけど…なあ、退院祝い、何がええやろか…?」
280 : 2/5[sage でもすぐ再規制なんだろなぁ] 投稿日:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???.net
シンジ「え…? 普通に、花束とか、何か妹さんの好きなものとか…
    うーん、こういうのって僕より、委員長にでも訊いた方がいいんじゃないかな」
トウジ「アホ! 男として、いや一人の兄貴として、んなこと他人に頼れるかい!
    なあ頼むで碇兄妹、なんかこう、妹を思いっきり喜ばせるようなええアイディア、
    お前らならあるやろ? な? な?」
 .レイ「…わ、何」
シンジ「ちょっとッ、って、僕らに訊くのはいいんだ?」
トウジ「水臭いこと言うなや! お前らなら詳しいやろ、何せ碇妹は何度も入院
    …って、考えてみたら、えらい無神経な話やったな。…すまん」
 .レイ「別に、平気」
トウジ「…ありがとな。
    いや、いざ退院て決まったら、何してええかわからへんのや。お前らに
    話したら、何かわかるかと思ってな。悪い、つい勢いで訊いてしもて」
シンジ「…そっか。
    あ、でも別に、特別なことは何もしてないよ。僕たちのときは」
281 : 3/5[sage] 投稿日:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???.net
トウジ「へ? …ほんまにか?」
 .レイ「うん」
トウジ「……んな、な、何やてぇ?! シンジお前、それでも兄貴かいっ!
    たッた一人の妹がめでたく退院したちゅうのに、何もしないんかっ!」
シンジ「いや、違うって、…普通に、お帰りって言って、普通にご飯作って…
    退院したって言っても、身体はまだ疲れやすいだろ。だからあえて特別な
    ことはしないっていうか。それに自分の家に帰ってきたら、まずは普通に
    過ごしたいかなって思って」
トウジ「…んんん、一理あるっちゅうか、深いなぁ。
    けど、そんなんでええんか? なんか、そやな、お祝い会とか」
 .レイ「別に、…そういうの、わからないから」
トウジ「んんんん…」
シンジ「そんなに真剣に悩まなくても、トウジの妹さんが喜ぶことは、トウジが
    一番知ってるよ。僕らなんかに訊かなくてもさ」
トウジ「ま、そらそうやけど…」
 .レイ「うん。…お兄ちゃんが心配したり、喜ぶのが、一番嬉しい」
282 : 4/5[sage] 投稿日:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???.net
トウジ「! そっか、そうなんか…
    よっしゃ。なんか、気が楽になったわ。ありがとな、二人とも」
シンジ「ううん、そんな、あんまり役に立てなくてごめん。…そうだ、何か手伝える
    ことがあったら言ってよ。僕らも協力するからさ」
トウジ「おう。そのときは頼むで」
 .レイ「うん。
    …でも、気をつけて」
トウジ「ん?」
シンジ「え、何に?」
 .レイ「やりすぎ。最初の頃、よくやってたから」
シンジ「…あっ」
トウジ「? 何の話や?」
シンジ「ちょっと待ってレイ、もしかして」
 .レイ「退院してきたら、知らないうちに部屋が葛城三佐の家に引越しされてたり。
    一日に何度も、ご飯とかおやつ作ったり。枕もとに勝手に毎日花を置いたり」
シンジ「ちょ、レイ、それはもう何度も謝って…」
トウジ「ま…まあ、ほほえましい兄妹愛やないか」
283 : 5/5[sage] 投稿日:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???.net
 .レイ「ギプス取れなくてシャワー浴びにくいから頭洗ってあげるって言ってきて
    断っても聞かなかったり、下着勝手に出してきたり、夜中にトイレ行ったら
    わざわざ起きてきてついてこようとしたり、目が覚めたらそばで寝顔見てたり、
    謎のぬいぐるみとか小物を部屋に置いたりそれ触らないでたらがっかりしたり」
シンジ「うわ~~~ッッ」
トウジ「……シンジ…お前…」
シンジ「違うんだってばッ、僕はただその、レイってどんな子かまだわかんなくて、でも
    何かしてあげないとって思ってだから別にそんなつもりは」
トウジ「……感動したッ!
    お前、兄貴の、いや、漢の鑑や! いやぁお前のことみくびっとったわハハハ」
シンジ「え? うん、えと、ありがと…う…?」
トウジ「そうとわかれば早速大歓迎会の準備開始や! ほら行くでシンジ!」
シンジ「いや、違うって、ちょっと待ってよっ」
 .レイ「……」

.ケンスケ「トウジの妹さ、こないだめでたく退院したろ。トウジの奴、喜びのあまり
     思いっきりはしゃすぎて空回りして、妹さんから逆に怒られたらしいぜ。
     まったく、小学二年生に叱られるなっての。なぁシンジ」
 シンジ「………」
.ケンスケ「? どうした、頭なんか抱えちゃって」
  .レイ「気にしないであげて」
284 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:???.net
test
285 : 渚カヲルψ ◆MC2Wille3I [sage] 投稿日:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:???.net
人工内耳の音は、機械的に合成されているコード化された音声である。
ヒトには冷たく、機械にとって優しい音である。

このため、音入れしたばっかりは、脳がこういうコード化された音に慣れていないため、
すぐには言葉はわからない、強い違和感を感じるなどの状態になる。

人工内耳の音は、機械的に合成された音で、ヒトの声はガリガリとしわがれたようで、
まるでロボットがしゃべっているような感じの声である。

自分が知っている作品のセリフ、BGMなどは、昔の音の記憶の勘で補完するため、大体わかります。
286 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???.net
 加持「どうだ、子供たち。ジオフロントの土で育ったスイカの味は」
 シンジ「おいしいです、すっごく! 果物がこんなに濃い味がするなんて、
     知らなかったな」
 加持「はは、そうか。人工的に供給してるとはいえ、ここには太陽光と
     水がふんだんにあるからな。何より、本物の土がある。今の人類に
     再現可能な限りの、天然に近い土がね」
 .アスカ「こんな、泥だらけホコリだらけのところなのに。なんか悔しいけど、
     土ってすごいのね」
 加持「そうさ。土に育つものは、手をかければ必ず応えてくれるからな」
 .アスカ「んっ?! 何か、固いもの噛んだ…何? この、黒い、ちっこいの」
 加持「ああ、そりゃ種だよ、スイカのね」
 .アスカ「種ぇ?! じゃ、このちっこいのから、こんなばかでかい実ができるんだ…
     なんか、見ても信じらんない。実感、なさすぎて」
 シンジ「ほんとだね…」
  .レイ「ぷは。…おいしかった」
 シンジ「あは、もう食べ終わったんだ…あれ? レイ、種は? 全然捨ててないけど」
  .レイ「…捨てるもの、だったの?」
 .アスカ「ええ?! 全部食べちゃったわけ? あんたねえ…お腹の中にスイカが
     生えてきても、知らないわよ」
 シンジ「何言ってるんだよ、そんなこと……ないです、よね…?!」
 加持「それはない。安心していいよ。ただ、あまりお腹にいいものでもないけどね」
 シンジ「え?!」
 .アスカ「ちょっと、今からでも吐き出しなさいよ! ほら、早く!」
  .レイ「平気。何ともない」
 .アスカ「違うわよ! あんたが良くても…」
 シンジ「…? う…なんか…急に、お腹、痛くなってきた…」
 .アスカ「…ほら、絶対こうなるんだから! もう、このくらい予測してしかるべきよ」
 加持「おいおい、大丈夫か?! これも、例の双子のなんとかってやつか」
  .レイ「?…ほんとに、何ともないのに」
287名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:???.net
  .ミサト「明日のこと、まだ迷ってるのね。
     もう決めたでしょ、シンジ君。いつまでもそうやって考え込んでないで」
 シンジ「僕は別に、…ミサトさんが一方的に、行けって言っただけです」
  .ミサト「不安なの、お父さんと二人だけで会うのが」
 シンジ「…当たり前ですよ。何話せばいいかもわからないのに」
  .ミサト「会話なんて無理にできるもんじゃないわ。顔を合わせれば自然と
     話したいことが出てくる、そういうものよ。まずは、まっすぐお父さんの
     顔を見ること。短い間でいい。それだけでも、大事なことなのよ」
 シンジ「……」
  .ミサト「…ま、他人がどうこう言うもんじゃないけどね。けど、逃げることでもないわ。
     せめて明日、レイが一緒に行ければね」
 シンジ「…その方が、僕は」
  .ミサト「え?」
 シンジ「…何でも、ないです。…もう寝ます。おやすみなさい」

 .カヲル『そう、妹さんは行かないのか。残念だね』
 シンジ「いや…僕は別に、…どっちでも一緒だったから」
 .カヲル『心配、なんだね。お父さんが、君と彼女のどちらを見てくれるのか』
 シンジ「そういう訳じゃ…、…いや、そう…なのかな。
     …うん。一緒ならたぶん、父さんはレイとだけ話すだろうから。
     僕はただ二人のそばについてるだけ。自分から話すこともできないくせに、
     二人の邪魔をしたくないからって自分に言い訳して、結局何もしない。
     …だからレイが行けなくて、本当は少しほっとしてるんだ。…嫌な奴だよな」
288 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:???.net
 .カヲル『そう? 君はお父さんも妹さんも、恨んでしまいたくないだけだよ。
     二人を大事に思うから、自分を悪く見たがるのさ。自責することないよ』
 シンジ「そう…かな。…そう、どっちにしろ、明日は行かなきゃ。レイの分も」
 .カヲル『そうだね。君が元気な姿を見せるのが、お母さんも一番安心すると思うよ』
 シンジ「うん。…あの、ごめん。夜遅くに、いきなり電話でこんな話して」
 .カヲル『構わないよ。話を聞くくらい、僕で良ければ』
 シンジ「…うん。…ありがとう、いつも」

 シンジ(父さんもレイも、恨みたくない、か)
 シンジ(…なんでレイじゃなくて、カヲル君に聞いてもらおうと思ったんだろ。
     父さんの話するなら、真っ先にレイが浮かんでいいはずなのに)
 シンジ(でも考えてみたら、レイが父さんにどう接してるのか、父さんはどうなのか、
     僕は大したこと知らないんだ)
 シンジ「…双子って、思ってたより、近くないんだな。本当は」
289 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:???.net
test
290 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:???.net
 加持「あれ? 葛城、今日休みだっけ?」
  リツコ「そう。彼氏の付き添い」
 加持「カレシ? …ああ、シンジ君か。授業参観でもあるのかな…
     って、さっき、レイ見かけたぞ?」
  リツコ「今日は学校はないわ。そうじゃなくて、お母さんの命日だそうよ」
 加持「ああ…墓参りか。面倒見がいいな、葛城は」
  リツコ「違うのよ。ただ行くだけなら、シンジ君は一人でも平気でしょうね。
     問題は」
 加持「もしかして…碇司令が一緒、とか」
  リツコ「おかげで彼、渋っちゃってね。心配だから車で送るそうよ。レイは
     零号機の追加機能試験だし」
 加持「それでここにいたのか。テストぐらい、延期したっていいだろうに」
  リツコ「そうもいかないのよ。今日中にデータを取りきらないと、予定されてる
     機体相互換試験に間に合わないもの。
     それに予定通り終われば、レイは碇司令の帰りのヘリに便乗させる
     つもり。三人で顔を合わせるくらいはできるでしょ」
 加持「へぇ、さすがリッちゃん。…しかし、果たしてそう上手く事が運ぶかな」
  リツコ「あら、スケジュール上、可能な限りのことはしたつもりだけど?」
 加持「スケジュール上は、だろ。あの三人が、素直に家族の再会を演じると
     思うか?」
  リツコ「それこそ、面倒見きれないわよ。それに、双子の結束が固いのは
     よく知ってるでしょ。息を合わせてうまくやるんじゃない」
 加持「結束ねぇ。…かたや他人に預けられて育ち、かたや離れることなく
     手元で過ごす。いくら血のつながった双子といえど、埋められない溝も
     あるんじゃないのか。まして、その張本人を挟んで向き合うときては」
  リツコ「…他人が首を突っ込むことじゃないわ。さて、そろそろ行かなきゃ」
 加持「ま、確かにな。お疲れさん」
291 : 1/3[sage] 投稿日:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:???.net
墓地にて
降下してくるヘリの窓にレイの姿

   碇「では先に帰る。仕事が残っている」
 シンジ「…!」
   碇「何だ」
 シンジ「…、ッあの…今日は、うれしかった。父さんと話せて」
   碇「…そうか」
 シンジ「でも、…レイとは、一緒に帰るんだね」
   碇「それがどうした」
 シンジ「父さんは…、あっ!」

ヘリから降りてきたレイ、回転中のローターの風にあおられて転ぶ

 シンジ+碇「「!!」」

  .レイ「…痛」
 シンジ「大丈夫、レイ! あ…膝、血が出てる、すぐ手当てしないと」
   碇「どけ。すぐに本部の医務局に連れていく」
 シンジ「何悠長なこと言ってるんだよ、父さんこそどいてよ! ほらレイ、貸して」
   碇「お前はいい。素人が手を出すな。レイ、行くぞ」
292 : 2/3[sage] 投稿日:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:???.net
 シンジ「絆創膏貼るくらい何だよ! そうやっていっつも他人任せにして」
   碇「お前こそ、何も知らないくせに」
 シンジ「父さんよりは知ってるさ。…あっ」
   碇「お前と話してても埒が明かん。レイ、行こう」
  .レイ「あ…、! 痛ッ」

 両者「「!!」」

 シンジ「何するんだよ父さんッ! 無理に歩かせちゃ駄目だ、捻挫してるかも」
   碇「いや、骨折の恐れもある。おい! 担架だ! 早くしろ!」
 シンジ「そんなの待ってられないよ! はい、レイ、おぶさって」
  .レイ「う、うん」
   碇「おい、勝手にさわるな! 早く下ろせ、あ、いや、早く運べ、いいから」
 シンジ「父さんこそ周りをうろうろしないでよ! 危ないだろ!」
   碇「危ないのはお前のおぶい方だ。…ああレイ、大丈夫か」
 シンジ「だから前を塞がないでってば!」
  .レイ「……」
293 : 3/3[sage] 投稿日:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:???.net
  .ミサト「…で、結局、仲良く三人で帰ってきたそうよ。
     その後も、医務局まで揃ってレイの付き添い。ほんと、レイのこととなると
     血相変えるんだから」
 加持「案ずるより生むが安し、か。心配無用だったな。…ところで、なんでお前
     そんなに機嫌悪いんだ? ハッピーエンドじゃないか」
  リツコ「ああ、ミサトはね。シンジ君を車でお墓まで送っていったでしょ」
 加持「それは聞いた…って、ん? まさか」
  リツコ「そう。レイの騒ぎでみんなヘリで帰っちゃって、連絡もなく一人で墓地の前に
     置いていかれたそうよ。この暑さの中」
 加持「…そりゃまた、貧乏くじだ」
  .ミサト「なんですって」
 加持「いやいや、お疲れさまです、葛城作戦部長。あとで一杯おごってやるから」
  リツコ「しばらく話しかけない方がいいわよ、拗ねてるから」
  .ミサト「うるっさいわねもうッ。ふんだ」
294 : 1/2[sage] 投稿日:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:???.net
 .カヲル「じゃあ、親子三人で話ができたんだね」
 シンジ「うん…会話っていうより、レイの心配してただけだったけど。なんか、
     それも情けないよね、はは」
 .カヲル「そんなことないさ。君は、そのきっかけを無駄にしなかったんだからね」
 シンジ「そう…なのかな。…うん、医務局で別れるとき、少しだけど、父さんの
     顔を見て話ができたんだ。…父さんも、普通に応えてくれた。いつも
     こうやってレイの面倒見てやってるのか、とか。あれ、結局レイの話だ」
 .カヲル「それでもいいと思うよ。次は、君自身の話ができるといいね」
 シンジ「…、うん。…ありがとう、カヲル君が励ましてくれたおかげだよ」
 .カヲル「僕じゃないさ。妹さんのおかげ、だろう?」
  .レイ「…わたし」
 シンジ「え…そうか、そうだよね。レイも、ありがとう。レイが来てくれたからだよ」
  .レイ「…、私、別に何も、してない」
 シンジ「あ…」
295 : 2/2[sage] 投稿日:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:???.net
  .レイ「…でも、よかった」
 シンジ「…!」
  .レイ「なんだか、いつもと違ってた。お兄ちゃんも、…碇司令、も。…うれしかった」
 シンジ「…、そっか。…足首、もう大丈夫?」
  .レイ「うん。今朝、赤木博士に湿布、替えてもらった。もう平気」
 .カヲル「そう、良かったね」
  .レイ「……」
 シンジ「? どうしたんだよ、照れてるの、レイ。そっぽ向いたりして。…あ」
 .アスカ「やーっぱり、ここにいた」
 シンジ「アスカ? 終わったんだ、2号機の試験」
 .アスカ「当たり前でしょ。
     それより何をぐずぐず居残ってるのよ、あんたたち! テスト上がったんなら
     明日に備えてさっさと帰って休みなさいよ。いついかなる時も即応できる態勢を
     整えとくのが、待機中の当然の務めでしょ!」
 シンジ「何だよ、別に、ちょっと話をしてくぐらいいいじゃないか」
 .アスカ「はぁああ…そこが無自覚だって言うのよ。あのね、予備人員なんかとぐだぐだ
     無駄話をしてるヒマはないの。ほんっと、意識低いんだから。
     妹も、馬鹿シンジとおんなじ顔してこっち見ないの! うっとうしい!」
  .レイ「……」
 シンジ「もう、レイにまで当たるなよな。一人だけ遅くなったからって」
 .アスカ「何か言った?!」
 シンジ「べつに。はぁ…ごめん、カヲル君。また今度」
 .カヲル「うん。お疲れさま」
296 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:???.net
test
297 : 1/2[sage] 投稿日:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:???.net
  .レイ「じゃ、私、先に行くから」
 シンジ「うん…」
  .レイ「…どうしたの」
 シンジ「え?! …あ、いや、別に」
  .レイ「……」
 シンジ「…、あは、ちょっと緊張してる、のかな。けど別に、大丈夫だよ。
     レイは気にしないで。ほら、遅れるよ」
  .レイ「…わかった」
 シンジ「じゃあ、あとで」
  .レイ「うん。行ってきます」
 シンジ「行ってらっしゃい。…
     …ふう」
  ミサト「そんなに固くならなくても大丈夫よ、シンジ君」
 シンジ「…ミサトさん」
  ミサト「予備テストは全部OKだったんだし、あなたたちはいつも通りにやれば
     いいんだから。始めてみれば、案外、すぐ済んじゃうわよ」
298 : 2/2[sage] 投稿日:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:???.net
 シンジ「…、はい。でもやっぱり、別のエヴァに乗るのって、なんだか不安で」
  ミサト「そっか。レイの零号機でも、駄目?」
 シンジ「……」
  ミサト「ま、とにかく、余計なことは考えずに、自然体で行きなさい。
     案ずるより産むが安しってね。そう、レイのあの落ち着きを見習うつもりで、ね」
 シンジ「…はい。僕も、あんなふうにできればいいんですけど。…こういう時って
     やっぱり、レイには敵わないや」
  ミサト「いやいや、実は赤の他人には見分けられないだけで、本当はレイも
     緊張してるのかもよ。その辺、どう? お兄ちゃん」
 シンジ「ええ? そんな、いくら双子だからって、考えてること全部わかるわけじゃ
     ないですよ。たまに何となく、気持ちが伝わる気がするだけで」
  ミサト「うーむ、傍目からは以心伝心って感じなのにね。今は?」
 シンジ「…よくわからないです。
     わかるって思えることの方が、本当は少ないのかもしれない。…僕は
     レイのこと、本当は大して知らないのかもしれない。変ですよね、初めて
     会った頃より今の方が、わからないことが多い気がするなんて」
  ミサト「そんなことないわ。
     誰だって、大人だってそうよ。それに、自分だけわかったつもりになるより、
     その方がずっと正直だわ。理解できなくてもいい。ただ、信じてあげなさい。
     あなたの妹なんだから」
 シンジ「…はい」
299 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:???.net
誰かシンジとレイの双子漫才を
300名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:???.net
ついでに300ゲンドウ、じゃなくてゲット
301 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[あげ] 投稿日:2013/09/01(日) 01:44:16.34 ID:???.net
良スレ
302 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 11:26:10.90 ID:???.net
test
303 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 11:52:46.52 ID:???.net
プロバ規制やっと解除、長かった…
>>300 おめでとうー
>>301 ありがとうございます


.アスカ「そうよ、あんたたち息だけはぴったりなんだから! せっかくの双子の特性、
    他の何かに生かすべきなのよ」
 .レイ「生かす?」
シンジ「何だよ、いきなり」
304 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 11:53:41.29 ID:???.net
.アスカ「何でもかんでもエコが叫ばれるこの時代、効率化は急務よ。有用な人的資源は
    眠らせずに活用すべきだって言ってるの。そうね、たとえば…あ!なんだっけ、
    ニニンバオリ?とか!」
 .レイ「私が後ろから腕だけ出して、お兄ちゃんにお蕎麦食べさせるのね」
シンジ「え…っと、それって、ただの宴会芸じゃ」
.アスカ「…う、うるさいわね。じゃあえっと、あれよ、機関銃の砲手と、弾帯を送る係!
    これなら実践的でしょ?」
 .レイ「アパム、弾持ってこい。の人ね」
305 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 11:56:20.12 ID:???.net
シンジ「うーん…確かに実戦では役に立つかもしれないけど、エヴァで戦うときは
    予備の弾は手近な兵装ビルから出してもらうし、わざわざ二機でやらなくても」
.アスカ「ッもういちいち細かいこと言うんじゃないわよ! ったくもう、じゃあれでいいわ、
    餅つきで! ネルフの公式行事とかで、会場のにぎやかしでもやってなさいよ」
 .レイ「お兄ちゃんが杵でついて、私がお餅を返す係ね」
シンジ「…アスカさ、もうどうでもよくなってるんじゃない…?」
.アスカ「無能な兄は黙ってて! …にしても妹、あんた詳しいのね。よく調べてるわね」
 .レイ「別に、普通」
306 : 1/3[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 13:15:27.33 ID:???.net
本部内実験場
固定位置で壁面に拘束された初号機

  レイ「初号機、起動を確認。引き続き、簡易機体連動試験に入ります」
 .リツコ『了解。全て問題ないわ。…レイ、どう? 初めて乗った初号機は』
  レイ「……
    お兄ちゃんの、近くにいる気がする」

固定位置で壁面に拘束された零号機

 伊吹『ボーダーライン、クリア。零号機、起動しました』
  リツコ『やはり、初号機ほどのシンクロ率は出ないわね』
 伊吹『でも、さすが双子ですね。初実験で、ここまで安定した数値になるなんて。
     シンジ君、大丈夫? ご苦労さま、無事に、起動できたわ』
 シンジ「……はい」
307 : 2/5[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 13:18:17.55 ID:???.net
  リツコ『気分は悪くなさそうね。では予定通り、続いて機体連動プログラムに移って』
 シンジ「はい。…あの、もう一つの実験の方は」
 伊吹『あ、レイなら大丈夫よ。さっき、シンジ君より少し早く、初号機の起動に成功したわ』
  リツコ『あなたは心配しなくていいの。簡易版プログラムだから、すぐ終わるわ。いつも通り
     エヴァを動かすことに集中して』
 シンジ「…はい」

 シンジ(…零号機か。いつも、レイが乗ってるエヴァ。…何度も助けてもらった)
 シンジ(だからなのかな。何だか、知らない場所って感じがしない)
308 : 3/5[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 13:28:09.43 ID:???.net
 シンジ(エントリープラグは同じ仕様だし、LCLも、操縦桿も同じ。でも、それだけじゃなくて
     …レイのすぐ近くにいる気がする)
 シンジ(…そうか。レイの…匂いなんだ)
 シンジ(……?)
 シンジ(…なんだこれ、何か、変な…機体に、抵抗がある…、感覚が…おかしい)
 シンジ「!」

警報
309 : 4/5[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 13:29:00.79 ID:???.net
  リツコ「どうしたの?!」
 伊吹「脳神経パルスが乱れてます。変です、今まで安定してたのに…、制御神経、断線開始!」
  リツコ「回路を強制遮断。精神汚染の恐れがあるわ。食い止めて」
 伊吹「駄目です、信号を受け付けません! 零号機、制御不能!」

拘束具を破壊し振り払うように前へ出る零号機
不器用に数歩歩き、突き当たった壁に頭を激しく叩きつけ始める

   ミサト『何があったの! パイロット…シンジ君は?!』
   リツコ「今は、まだ不明よ」
   ミサト『不明、って…!』
310 : 5/5[sage つづく] 投稿日:2013/09/05(木) 13:30:31.95 ID:???.net
  伊吹「パイロット、脳波シグナル微弱。意識ありません」
オペレータ「零号機、内部電源に切り替わります。活動停止まで残り15秒」
   リツコ「完全停止したら、すぐにプラグを強制排出。再入力、準備急いで」
  伊吹「はい!」
   ミサト『リツコ!』
   リツコ「事が収束してから報告するわ。今は口を出さないで」
   ミサト『違うわ! 次に予定していた2号機の連動試験は中止、ただちに発進準備!』
  伊吹「えっ?」
  日向『上空に、未確認の移動物体が侵入しつつあり! 不規則に形態を変動中!』
  伊吹「そんな、まさか…!」
   リツコ「…使徒?!」
311 : 1/7[sage] 投稿日:2013/09/06(金) 12:50:21.33 ID:???.net
晴れ渡った第三新東京市上空
陽炎の包む街並を長大な影が変転しながら横切っていく
高度500mにまでそびえ立つ形状不定の巨大物体
無光黒面で形成された幾何学立体、複雑な塔様の集合体、有機的な曲面が
入り組んだ機械のように次々と形を変え入れ替わっている

ビルの陰を這うアンビリカルケーブル
身を隠しつつ、上空の物体を窺うエヴァ初号機と2号機
後方では市民たちの緊急避難が続いている
312 : 2/7[sage] 投稿日:2013/09/06(金) 12:51:14.18 ID:???.net
緊迫する発令所
 日向「12分前に、突然現れました。形状、サイズ、質量も常に変化し続けています。
     本部直上をほぼ中心として微速移動していますが、その速度も軌道も不定です」
  ミサト「住民の退避は?」
 青葉「現在、シェルターへの避難は78%まで完了。やはり、目標に近い西地区が
     遅れています」
  ミサト「…全ての住民の避難が完了するまで、うかつに手は出せないわね。
     初号機と2号機は現状維持。一定の距離を保ちつつ、目標を監視。くれぐれも、
     まだ攻撃はさせないで」
 日向「了解」
313 : 3/8[sage] 投稿日:2013/09/06(金) 12:53:59.18 ID:???.net
  リツコ「司令も副司令も不在のこの時に、使徒襲来とはね。それも未確認のタイプ…
     MAGIの回答は、現時点では分析不能。通常の物理法則には従っていないのよ。
     私たちに見えているあの物体が、目標の本体ではないということもあり得るわ」
  .ミサト「相手は使徒よ。我々の常識が通用してくれる敵じゃないわ。とにかく今は、
     現状でできることをするしかないわ」
  リツコ「…初号機をあのまま出したのも、そのため?」
314 : 4/8[sage] 投稿日:2013/09/06(金) 12:55:11.24 ID:???.net
  .ミサト「2号機だけでは、退避未完了の地区を全てカバーしきれないわ。たとえ戦闘には
     耐えなくても、2号機のバックアップなら可能だわ」
 日向「目標、再び移動を開始!」
 .アスカ『本部に向かってるわ。…ミサト!』
  .ミサト「住民の退避は?!」
 青葉「まだです! 最短でもあと15分!」
  .ミサト「アスカ、まだ手出ししないで。そのまま目標を追跡」
 .アスカ『…ッ、じれったいわね。初号機、場所を変えるわよ!』
315 : 5/8[sage] 投稿日:2013/09/06(金) 12:56:19.82 ID:???.net
  レイ「…了解。初号機、2号機のフォローを続けます」
初号機内のレイ
モニタ中央、上空で緩慢に回転伸縮する目標の巨影が移動していく
じっと見据えるレイ
ふと眉をひそめる
突然、目標の巨大構造の一端が形状変化して開き、多数の黒い棘腕が弾け出る
形状不定の時とは違い、全てに重質量反応がある
轟音をあげて次々と街並に突き刺さり破壊する棘腕の群れ
初号機にも迫る
316 : 6/8[sage] 投稿日:2013/09/06(金) 12:57:17.52 ID:???.net
  レイ「!」
とっさにATフィールドを展開する初号機
瞬間、目標全体が反応する
あらゆる尖端がコースを変えて初号機を包囲、一斉に展開して周辺一帯を呑み込んだ直後
急に目標構造の全てが折り畳まれて元の大きさに戻る
ぽっかりと削り取られた市街
初号機の姿はない
何事もなかったかのように再び無音の形状変化を始める目標
317 : 7/8[sage] 投稿日:2013/09/06(金) 12:58:29.45 ID:???.net
  .ミサト「どうなってるの?! 初号機はっ?!」
 日向「全シグナル消失! 目標周辺にも、それらしき反応は皆無!」
 伊吹「パイロットとの交信も途絶えています。プラグからの信号、全て断絶!」
 青葉「目標、沈黙! 再び形状・質量ともに、不規則に変動中」
  .ミサト「…アスカッ!」
 アスカ『わかってる!』
318 : 8/8[sage つづく?] 投稿日:2013/09/06(金) 12:59:20.92 ID:???.net
ビル陰から飛び出し、目標に掃射を加える2号機
再び実体を得て広範囲に展開する目標
降り注ぐ黒い尖端
貫通され宙に砕ける建造物群
それら全てを機敏に回避していく2号機
再度攻撃に出るが、目標は一時的に展開攻撃と収縮を繰り返すのみ
初号機の反応は戻らない
ミサトの感情を殺した声が撤退を命じる
全市を睥睨するかのように宙にそびえる巨大な目標の姿
プラグ内で強く唇を噛むアスカ
319 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/09/15(日) 08:22:26.13 ID:???.net
test
320 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage つづく] 投稿日:2013/09/18(水) 07:36:33.14 ID:???.net
短く息を吸い込んで目を見開くシンジ
本部内病室

 .カヲル「気がついたね」
 シンジ「…え…、カヲル君…? ここは…僕は、確か…」
 .カヲル「君の実験中に、零号機が暴走を起こしたんだよ。覚えている?」
 シンジ「え…っと、…うん。
     でも何だか、はっきり思い出せない…ような」
 .カヲル「無理もないよ。零号機から、大量の脳神経パルスの逆流を受けたんだからね。
     どこか、痛むところはないかい」
 シンジ「うん…、大丈夫、だと思う。零号機は…?」
 .カヲル「あれからごく短時間で停止して、再固定された。機体とシステムの再検査も
     済んでる。心配しなくていいよ」
 シンジ「そっか…、良かった。…でも、あとでレイに謝らないと。怒ってないといいけど…
     そうだ、僕はどのくらい寝てたんだろう。あ…カヲル君、もしかしてずっとここで
     付き添っててくれたんだ…その、ありがとう」
 .カヲル「……」
 シンジ「…カヲル君?」
 .カヲル「シンジ君、ごめんね。
     君に伝えなければいけないことがある。…落ち着いて聞いてほしい」
 シンジ「え…?」
321 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/09/19(木) 07:33:03.14 ID:???.net
  リツコ「目標は高次元体。すなわち、我々の三次元物理空間ではなく、より高い
     数理次元の超立体としてふるまっています。我々に見えているあの物体は
     目標の三次元的断面。本体の落とす影に過ぎないの。おそらく目標の本体…
     コアは、我々の手の届かない高次空間に存在し、こちらに干渉するときにだけ
     ATフィールドを介して実体化する」
  .ミサト「…向こうから攻撃してこない限り、手出しできないってことか。
     初号機は?」
 伊吹「被襲時の状況を分析した結果、機体は展開していた目標のATフィールドの
     収縮に巻き込まれる形でロストしています。現在は、目標本体と同じ高次元
     空間に捕獲されていると考えられます」
  .ミサト「つまり、目標に取り込まれた…予想される、初号機の状況は」
 日向「アンビリカルケーブルの先端は、目標の展開ラインのすぐ内側の地点で
     切断されていました。その時点で初号機が内部電源に移行したとすると、通常の
     活動限界までは5分20秒」
  リツコ「レイが機体を生命維持モードに切り替えていれば、16時間程度はもつわ」
 伊吹「同時に、電源が生きている間は、初号機のATフィールドが高次空間の影響下でも
     機体を保持し、パイロットを守ってくれるはずです」
322 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/09/19(木) 07:47:59.60 ID:???.net
 青葉「目標は、現在も第三新東京市上に滞空中。出現当初と似たパターンの
     不定移動を繰り返していますが、軌道半径は徐々に縮小しています」
  .ミサト「…そう。
     状況は芳しくないけど、かろうじて、何かする時間はあるわね」
 .アスカ「…時間だけは、ね」
  .ミサト「アスカ?」
 .アスカ「何かできるつもりでいるのなら、甘すぎるわよ。
     高次元への回路を開けるのは目標だけ。つまり私たちは、目標の側から
     何か仕掛けてくるのを待つ以外に何もできない。おまけに先の戦闘状況から
     して、仮に目標が実体化して、こちらからそれを攻撃したとしても、本体に
     届く保証は何もない。何の手応えもなかったもの」
 青葉「…確かに、その通りですね。2号機との交戦の前後で、目標の行動に変化は
     認められません」
 .アスカ「今回だけは、無理よ。…私たちには、何もできない」
 伊吹「そんな…」
  .ミサト「いえ、一つだけ方法はあるわ」
 日向「えっ?」
323 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage つづく] 投稿日:2013/09/19(木) 07:49:59.76 ID:???.net
 .アスカ「…エヴァのATフィールドね」
  リツコ「そう。高次元空間で本体を支えているのもまた、目標のATフィールド。
     何らかの形でそれに干渉できれば、本体をこちらの物理空間に引きずり出す
     ことが可能かもしれない」
 .アスカ「…使徒殲滅の第一段階は、そのATフィールドの中和、無力化。セオリー通り、
     基本に忠実にやるのが、今回も早道ってわけね」
 青葉「しかし…それを実行するには、相当量の物理エネルギーが必要になります」
 日向「大出力のATフィールドに加え、強制干渉するための、いわば起爆剤。
     さらにそれらをコントロールする、精度の高いオペレーションが不可欠ですね」
 .アスカ「2号機一機で、できる方法じゃないわ。…悔しいけど」
 日向「せめて、零号機が使えればな」
 伊吹「先の実験では、搭乗者との神経接続には成功したものの、実働テストまでは
     行えませんでした。つまり、実戦での機動は未知数です」
 青葉「加えて、エヴァが搭乗者に原因不明の拒否反応を示した…」
 .アスカ「…馬鹿シンジには零号機は動かせない、ってことね。ミサト」
  .ミサト「わかっているわ」
324 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage つづく] 投稿日:2013/09/20(金) 08:06:57.58 ID:???.net
 シンジ「使徒に…呑み込まれた…?」
 .カヲル「…そうだよ。
     上では今も、使徒の監視と周辺の捜索が続いている。でも、初号機らしき反応は
     見つかっていない」
 シンジ「そんな…嘘、だ」
 .カヲル「…うん。嘘だったら、良いのだけれどね」
 シンジ「……僕の、せいだ」
 .カヲル「シンジ君…?」
 シンジ「…僕のせいで、レイはやられたんだ。
     僕の代わりに初号機で出たから、…僕が出られなかったから、代わりにレイが
     そんな目に遭う羽目になったんだ。僕が、零号機で失敗なんかしたから」
 .カヲル「…シンジ君」
 シンジ「僕のせいだよ。僕が出てれば良かったんだ。レイが危ない目に遭ってるのに
     僕は何も知らずに寝てただけだった。…くそっ」
 .カヲル「シンジ君…」
 シンジ「…ごめん。だけど…、…もうッ、肝心な時に何やってるんだ、僕は…!」
 .カヲル「……」
325名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/09/20(金) 21:32:47.54 ID:???.net
キタキタ
326 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage つづく] 投稿日:2013/09/24(火) 07:42:47.84 ID:???.net
>>325 うわっびっくりした、ありがとうございます


初号機内のレイ
電力消費を最小限に抑えているために薄暗いエントリープラグ

 レイ(また…この音、機体が軋んでる)
 レイ(さっきより、それにその前よりも、大きくなってる。ダメージが蓄積してる)
 レイ(まだ、ATフィールドは保ってる。でもあとどのくらい、待てばいい)
 レイ(…待つって、何を)
 レイ(……)
 レイ(…?)
 レイ(…初号機。私のじゃない、エヴァ)
 レイ(…お兄ちゃんは、ここで何度も怖い目に遭った。そう言ってた)
 レイ(だから、エヴァに乗るのは好きじゃない、って)
 レイ(好きじゃないって、何)
 レイ(そんなふうに考えたこと、ない。私)
 レイ(…こんなふうに、何もせずに何か思ったこと、今までなかった)
 レイ(命令通り動いてれば、気づかずに済んだこと。見なくて良かったもの)
 レイ(知るのは、怖い?)
 レイ(心を感じるのは、怖い?)
 レイ(…そう、怖い。…だから、待つのは嫌)
 レイ(でもここは、お兄ちゃんの匂いがするから、…少し、平気)
 レイ「…お兄ちゃん、…お腹、すいた」
327 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage つづく] 投稿日:2013/09/27(金) 10:53:30.27 ID:???.net
本部医療棟廊下

 加持「よ。待機中のはずのパイロットが、何やってるんだ」
 .アスカ「! …なんだ、驚かさないでよ」
 加持「浮かない顔だぞ」
 .アスカ「…この状況下で、浮いた顔なんてできないわ。まだなの、ミサトは」
 加持「まだだ。作戦部と技術局合同で、集められるだけの情報を取ってるよ。使徒を
     刺激しない範囲ぎりぎりまで、現場に出てね」
 .アスカ「何か新しいものが…って、見つかるわけ、ないわよね。相手は高次元体だもの、
     私たちが周りをうろちょろしたところで、たかが知れてるわ。ほんっとイラつく、私、
     …何も、できなかった」
 加持「そう自分を責めることもないさ。葛城だって同じだよ。動かずにはいられないんだ。
     それより、シンジ君の見舞いには行かないのかい。意識は戻ったんだろ?」
 .アスカ「?! なんで、この私が」
 加持「じゃなきゃ、なんで2号機を離れてこんなところにいるんだ」
 .アスカ「…、違うわ。行かない」
 加持「そりゃまたえらく断定的だな」
 .アスカ「…あのシスコン馬鹿に今、何て言えばいいのよ。
     それに、あのいけ好かない予備人員がついてるんでしょ。私の出る幕なんてないわ」
 加持「そうか? …ん、戻っちゃうのか」
 .アスカ「2号機で待機する。やっぱり、持ち場を離れるなんてするもんじゃないわ。
     やだな、作戦時の行動に影響出そう」
 加持「君なら大丈夫さ。現にそうやって、自分の気持ちにちゃんと向き合えてるからな」
 .アスカ「何よ…、あーあ、大人目線。そういうセリフはあのお子様シンジに言ってよね。
     じゃ、私が来てたってことは、言わないでよ」
 加持「はいはい、了解」
328 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage つづく] 投稿日:2013/09/30(月) 07:38:44.43 ID:???.net
 .ミサト「初号機のサルベージ…?」
 リツコ「そうよ。
    現存する全てのN2爆弾を一斉に使徒の示現体に投下。MAGIのサポートのもと、
    その膨大な爆発エネルギーを2号機のATフィールドで高精度に強制収束し、
    使徒のATフィールドにぶつけ、こじ開ける」
 .ミサト「そんなことが…」
 リツコ「アスカと2号機なら、やれるわ」
 .ミサト「…やれる、じゃなくて、やってもらうしかない、でしょう」
 リツコ「…そうね。本人も、そのことはわかっているはずよ。
    本体へ流れ込んだエネルギーは、使徒内部で飽和状態となって、コアを破壊。
    たとえそれが叶わなくても、最低限、捕らわれている初号機をこの物理時空へ
    弾き出すことは可能だわ」
 .ミサト「待ってよ、それじゃ間違いなく機体が大破するわ。中のレイはどうなるの?!」
 リツコ「私たちは初号機を失うことはできないのよ。わかっているでしょう。
    …この際、パイロットの生死は問いません」
 .ミサト「!」

リツコの頬を張るミサト

 リツコ「…ッ、レイを失うのは、あなたのミスなのよ!」
 .ミサト「…確かに、ね。状況を誤認し、不慣れな機体で出した私の責任だわ」
 リツコ「……」
 .ミサト「だけど…いえ、だからこそ必ず、あの子を迎えに行ってあげなきゃ。
    作戦部長として、当作戦案は人的損失があまりにも大であると判断します。
    支持はできないわ」
 リツコ「…、本作戦は技術部主導で行います。既に国連の協力は取り付けているわ」
 .ミサト「結構。邪魔はしないわ。しかし作戦部は、タイムリミットぎりぎりまで、初号機
    およびそのパイロットの、別の救出方法を探ります」
 リツコ「…わかったわ」
329名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/09/30(月) 17:46:56.85 ID:???.net
330 : 1/3[sage] 投稿日:2013/10/02(水) 08:00:09.08 ID:???.net
>>329 ありがとうございます


 レイ(ここはどこ)
 レイ(エヴァの中。…エヴァ初号機の、エントリープラグの操縦席)
 レイ(いつもは、お兄ちゃんがいる席)
 レイ(……)

  アスカ(…このまま出すぅ?! 無理よ、ろくに連動訓練もしてない不慣れな機体で、
      まともな作戦行動が取れるわけないじゃない! 私一人で充分よ!)
   ミサト(零号機は現在、仮凍結中。全てのシステムをチェックして再起動するには
      時間がなさすぎるの。戦闘に耐えないのはわかってる。住民の避難が
      完了するまでの、後方支援でかまわないわ。…レイ、いいわね)
   レイ(はい。初号機で、2号機のバックアップに回ります)
  アスカ(ちょっと! あんた本当にそれでいいの?!)
   レイ(平気。…邪魔、しないから)
  アスカ(馬鹿シンジの代わりをやる気なら、考えが甘すぎるわよ。絶対怪我するわ)
   レイ(…いい。それにそんなつもり、ないもの)

  レイ(嘘ね)
 レイ(…?! なに)
  レイ(嘘つき。本当は、思ってること、当てられて動揺していたくせに)
 レイ(…何の、こと)
  レイ(初号機に乗って、碇シンジの代わりをするつもりだったのね。戦って、勝って、
     彼の代わりになりたかったのね。いいえ、彼に替わりたかった。そうなんでしょ)
331 : 2/3[sage] 投稿日:2013/10/02(水) 08:01:06.09 ID:???.net
 レイ(…そんなこと、…、…ない)
  レイ(嘘ばかりつくのね。本当は少し嬉しかったくせに)
 レイ(なぜ。お兄ちゃんが零号機で、危ない目に遭ってたのに)
  レイ(碇シンジは初号機に乗って、お父さんに褒められていたわ。前の戦いのとき)
 レイ(あ…)
  レイ(『よくやったな、シンジ』。
     本当は、自分がそんなふうに言われたかった。お父さんが優しい言葉をかけて
     くれるのは、それまでずっと自分だけだったのに。
     どうして?って、感じたでしょう。思い出すたびに、今まで知らなかった、息苦しい
     気持ちが増えたでしょう。それが彼への、本当の心よ)
 レイ(…ちがう)
  レイ(碇シンジは初号機で戦って、いつも勝つ。一人で使徒に立ち向かって、勝ってきた。
     私はただ横で、彼の手助けをするだけ。彼よりも前からここにいたのに)
 レイ(いえ、それでいいの。私は、碇司令の命令の通りに動くだけ。
     ずっと、それだけで良かったもの)
332 : 3/3[sage つづく] 投稿日:2013/10/02(水) 08:01:52.74 ID:???.net
  レイ(また嘘なのね。
     ここと、みんなと繋がるたった一つのよすがだった零号機も、碇シンジに
     反応した。もう私だけのものじゃない。エヴァに乗れるのは、私一人じゃない)
 レイ(いいえ、それでかまわない。みんなのためだもの。碇司令が決めたことだもの)
  レイ(だったら、もう私は要らなくなるかもしれない)
 レイ(!)
  レイ(それが私の、本当の心。怖くて、悲しくて、どこまでも虚ろな、本当の気持ち)
 レイ(違う)
  レイ(だったらなぜ、碇司令の命令でもないのに、初号機に乗ったの?)
 レイ(…違う、わ)
  レイ(お父さんが帰ってきて、褒めてくれることを願ったからでしょう。
     レイ、よくやったな)
 レイ(…!)
  レイ(もうシンジはいなくていい。これまで通りお前がいればいい。レイ、私のレイ)
 レイ(…やめて)
 レイ(もうやめて)
 レイ(やめて…)
 レイ(……お兄ちゃん)
 レイ「お兄ちゃん、…助け、て」
333 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage つづく] 投稿日:2013/10/03(木) 07:36:33.24 ID:???.net
本部医療棟
暗い病室の中、ベッドの上で固く膝を抱えて突っ伏しているシンジ
ふいにはっと顔を上げる

 シンジ「……レイ」
 .カヲル「…え?」
 シンジ「レイ…の声が、聞こえた、気がして…今」
 .カヲル「そう…? …僕には、何も」
 シンジ「ッでも、聞こえたよ。…聞こえたんだ」
 .カヲル「…シンジ君」
 シンジ「レイ…今頃きっと、助けを待って、一人で我慢してるんだ。初号機の中で。
     …僕はこんなとこで、一人で何やってたんだろう。使徒が来てるっていうのに」
 .カヲル「……」
 シンジ「行かなきゃ」
 .カヲル「……」
 シンジ「僕なんか…今は役に立たないかもしれないけど、…でも、行かなきゃ。
     ここでただ待ってるなんて駄目だ。ほんとに待ってるのはレイの方なんだから」
 .カヲル「…そう、だね」

立ち上がり、手を差し出すカヲルを見上げるシンジ

 シンジ「…、カヲル君、…その、ごめん、一人なんて言って。ずっといてくれたのに」
 .カヲル「僕のことは、いいよ。今は妹さんのことだけ考えないとね」
 シンジ「あ…うん」
 .カヲル「初号機の内部電源はもう残り少ない。作戦部も技術部も、最終的な行動方針を
     決めている頃だ。でも、作戦が発動するには、まだ少しだけ時間があるはずだよ。
     きっと、何かできるさ」
 シンジ「…うん」

カヲルの手を掴み、ベッドから下りてしっかりと立つシンジ
334 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/10/04(金) 07:30:24.97 ID:???.net
test
335 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage つづく] 投稿日:2013/10/05(土) 11:58:16.50 ID:???.net
地上作戦指揮車輌内
コンソールに向かう日向と背後から見守るミサト
モニタから警告音

 日向「…駄目ですね。やはり2号機だけでは、目標ATフィールドの突破どころか
     表層部の中和さえ困難です」
  .ミサト「目標の物理実体…私たちの空間を通過する、目標の三次元断面。それを
     直観的に把握できないのが厄介ね」
 日向「ATフィールド自体も、常に形状変化を続けていますからね。いくら2号機でも
     あの変幻自在の目標に瞬応しろというのは、酷な話ですよ」
  .ミサト「やはり力押しで行くしかない、か…
     いえ、だとしても、何か方法はあるはずだわ。N2爆弾の配置をパターンCA+、
     発火順はB-16タイプに切り替えて、もう一度シミュレーションしてみて」
 日向「はい」

モニタ上に開く2号機からの通信ウィンドウ

 .アスカ『まだやってたんだ、ミサト』
  .ミサト「アスカ? ま、ね。MAGIの使用なら、ちゃーんとリツコに許可取ってるし」
 .アスカ『そんなのやらなくたって、私がちゃんとやるわ。信用しなさいよ』
  .ミサト「アスカのことは信用してるわよ。けど、できるだけのことはやっときたいの。
     リツコ相手に大見得切っちゃったんだもの、発言の責任は取らないとね」
 .アスカ『なーに言ってんのよ。もしここであの子を見捨てるような真似したら、二度と
     馬鹿シンジに顔向けできない。…だからでしょ』
  .ミサト「…、手厳しいわねぇ」
 日向「? …葛城さん、本部からです」
  .ミサト「おかしいわね、まだ時間はあるはずだけど。はい…、…えっ?」
 .アスカ『ミサト?』
  .ミサト「…シンジ君が?」
336 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/10/07(月) 23:03:50.09 ID:???.net
test
337 : 1/5[sage] 投稿日:2013/10/07(月) 23:05:20.64 ID:???.net
 シンジ「初号機の強制サルベージ…?!
     爆弾で、無理やり使徒に吐き出させるって、…何なんですかそれ、レイは、
     中に乗ってるレイはどうなるんですか!」
 .アスカ「何甘ったれたこと言ってるのよ。N2の直撃を、ATフィールドの内側で受けて
     無事で済むはずないでしょうが。…もう、そんなことには拘ってらんないのよ」
 シンジ「…そんな」

作戦計画が映示されたブリーフィングルーム
中央に孤立したシンジと、誰一人目を合わせようとしない
338 : 2/5[sage] 投稿日:2013/10/07(月) 23:06:08.22 ID:???.net
 シンジ「何だよそれ、…そんなわけない、だって何か、…ッそうだ、ATフィールドを
     中和すればいいなら、爆弾なんて使わなくたっていいじゃないですか。
     僕もやります。エヴァで、零号機でアスカを手伝います。もうどんな怖い目に
     遭ったっていい、何だってやります、だから」
  リツコ「残念だけど、あなたには何もできないわ」
 シンジ「…え…?」
  リツコ「先の搭乗者相互換実験の評価がまとまったの。零号機は搭乗者、すなわち
     あなたを拒絶した。たとえもう一度シンクロできたとしても、まともには動かない」
339 : 3/5[sage] 投稿日:2013/10/07(月) 23:07:29.21 ID:???.net
 伊吹「今作戦では、変化し続ける目標に対するため、精度の高い操縦が必要なのよ」
 シンジ「そんな、それじゃ…、…ミサトさんッ」
  .ミサト「2号機は今作戦の要。その2号機まで危険に晒すわけにはいかないの」
 シンジ「…、僕じゃ、足手まといってことですか」
  .ミサト「…そうよ」
 シンジ「……」
  リツコ「確かに、レイ以外に唯一零号機とシンクロできるのはあなただけよ。しかし
     あなたでは零号機は動かないの。それが現状なのよ。わかって」
340 : 4/5[sage] 投稿日:2013/10/07(月) 23:08:16.02 ID:???.net
 伊吹「今零号機が出ても、逆に2号機の中和作業を乱す原因になりかねないのよ」
 日向「初号機が大破しても、エントリープラグを可能な限り無傷で回収できるよう
     想定される全てのケースで対策を講じてある。君が何もしなくても大丈夫だ」
 .アスカ「…気休め言っちゃって」
  ミサト「……」
 シンジ「……、僕は…」
 .カヲル「零号機は動きますよ」

振り向く一同の視線の先、試験プラグスーツ姿で歩み出るカヲル
341 : 5/5[sage つづく] 投稿日:2013/10/07(月) 23:10:56.24 ID:???.net
  リツコ「…、部外者の参加は許可されていないはずよ。すぐに出て行って」
 .カヲル「あいにく部外者でいるのはやめたんですよ。だから提言に来たんです。
     現状でも、零号機には作戦行動が可能ですよ。僕が一緒ならね」
  .ミサト「…えっ?」
 .カヲル「違いますか。赤木リツコ博士」
  リツコ「……」
 伊吹「あなた、エヴァとの適合はそんな簡単な話じゃ…、え…先輩?」
 .アスカ「何よそれ、…私、聞いてないわよ」
  .ミサト「どういうことなの。…リツコ!」
  リツコ「……」
342 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/10/09(水) 07:17:19.33 ID:???.net
 (ここは、どこ)

  (名前、決めてくれた?)
  (ああ。男だったらシンジ、女だったらレイと名づける)
  (シンジ、レイ…ふふ)

 (だれ)

  (この子には明るい未来を見せてあげたいんです)

 (だれ?)

  (いいえ。この子たちは二人とも、私の子供ですわ)

 (…この人は)

  (あなた、……を)

 (だれ…?)
343 : 2/4[sage] 投稿日:2013/10/09(水) 07:52:53.21 ID:???.net
電源の尽きた初号機エントリープラグ内

 レイ(…あ)
 レイ(小さい光の点滅、…プラグスーツの表示。もう、機能の限界)
 レイ(LCLの浄化装置も、もうずっと止まってる)

 レイ(…? 何、嫌な、音、…プラグの、外?)
 レイ(…そう、電力がもうないから、…初号機のATフィールドが、変形を始めている)
 レイ(…機体の、限界)
344 : 3/4[sage] 投稿日:2013/10/09(水) 07:53:41.84 ID:???.net
 レイ(…わたし、も)
 レイ(くるしい、のに、身体が、ぜんぜん動かない。もう、わからない)

 レイ(苦しい…? 痛い…? …ちがう、…ただ、寒い)
 レイ(身体が寒い、そんなことが、どうしてこんなに、つらいの)
 レイ(感覚が苦痛だけになって、すり減っていく。私、が、なくなっていく)
 レイ(…このまま)
 レイ(私、このまま誰とも会えずに、消えていくの)
 レイ(…? …なぜ、そんなこと、思うの)
345 : 4/4[sage つづく] 投稿日:2013/10/09(水) 07:54:58.55 ID:???.net
 レイ(一人が当たり前だと思ってた)
 レイ(でもいつのまにか、周りに他の人たちがいた)
 レイ(そのことも、当たり前だと感じるようになっていたのね)
 レイ(あのままずっと続いていくと思っていた)
 レイ(いえ、そう願っていた。自分でも知らずに)
 レイ(人と人の間にある、形もなく、目にも見えない、けれど、温かくて慕わしいもの)
 レイ(つながっていたい)
 レイ(みんなとの繋がりが途切れた今になって、そう願っていたとわかった)
 レイ(だから、寒いの)
 レイ(…つらいの)

 レイ「……さ、む、…い」
346 : 1/2[sage] 投稿日:2013/10/10(木) 07:55:38.87 ID:???.net
第三新東京市 払暁
市街の一部を呑み込んだまま変転する使徒の黒い巨影
使徒の予想展開範囲のすぐ外に佇立する2号機と零号機
上空に到達しつつある国連の爆撃機
一帯に交錯する多数の通信

 日向「よく間に合ったもんだよな、零号機のエントリープラグの改装。
     まったく前例のない無茶な仕様だっていうのに」
347 : 2/3[sage] 投稿日:2013/10/10(木) 08:00:04.41 ID:???.net
 青葉「結局、通常のインテリア二つをぶった切って前後にくっつける形で、
     何とかプラグ深度の安全範囲ぎりぎりにおさめたそうだ。電装系は
     シミュレーションプラグのマルチチャンネル型をそのまま持ってきてる。
     要はあり合わせのつぎはぎ、担当者は悲鳴をあげてたろうな」
 伊吹「でも、こうして形にしてくれたじゃない。時間もほとんどなかったのに」
 日向「やっぱり皆、レイを見捨てるのは嫌だったってことだろう」
348 : 3/3[sage つづく] 投稿日:2013/10/10(木) 08:01:55.71 ID:???.net
 青葉「状況が状況とはいえ、子供を犠牲にするのは後味悪いからな。でなきゃ、
     例の特殊待遇のパイロットの実力を見たかったか、だ」
 日向「関連テスト、二人とも一発で通ったって?」
 伊吹「ええ。特にシンジ君、いつもとは操作環境がまるで違うのに、すごい
     集中力よ。機体の再チェックも問題なし」
 青葉「…そろそろ時間だ。始まるぞ」
349 : 1/5[sage] 投稿日:2013/10/13(日) 21:35:31.53 ID:???.net
改装された零号機のエントリープラグ
ややこわばった顔で操縦席に座っているシンジ
突貫工事で取り付けられた不恰好な複座インテリアの前方に目を向ける
簡略版ヘッドレストの向こうに覗いているカヲルの肩口
少し振り返る

 .カヲル「どうかした?」
 シンジ「…あ、いや、…その、…っすごいな、って。本当に零号機が動くなんて」
 .カヲル「動かしているのは君さ。僕にできるのは、エヴァへの思考波をできるだけ
     フラットにして暴走を抑えること、それに万一の時に、エヴァからの逆流を
     せき止めることくらいだ。あくまでも君の補助に過ぎないよ」
350 : 2/5[sage] 投稿日:2013/10/13(日) 21:36:23.38 ID:???.net
 シンジ「…、うん…
     でも、…ごめん、僕の代わりに、そんな危ない役目押し付けて」
 .カヲル「気にしないで。前に言ったろう、君の力になりたいって。僕はそれで充分だよ」
 シンジ「あ…」
 .カヲル「大丈夫さ。零号機は僕が抑えてる、君はいつもの通り、作戦指示に従って
     エヴァを動かせばいい。妹さんを助けることだけ、考えて」
 シンジ「…うん。…そうだ、今は僕が、やらなきゃ」
 .アスカ『ふーん、頑張っちゃって。なに肩肘張ってんのよ、馬鹿シンジ』
351 : 3/5[sage] 投稿日:2013/10/13(日) 21:37:17.70 ID:???.net
 シンジ「アスカ?! 何だよ、作戦前なのに」
 .アスカ『だから、でしょうが。
     あんたのことだから、どうせ自分で自分にプレッシャーかけて、悲壮感で
     ガチガチになってるんでしょ。たった一人で戦いに臨むわけでもないくせに』
 シンジ「…、何が言いたいんだよ」
 .アスカ『この作戦は私の2号機が仕切るの。目標に仕掛けるのも、ATフィールドの
     強制収束とそのコントロールも、この私が全て担当するのよ』
 シンジ「…それはさっき説明受けた、けど」
352 : 4/5[sage] 投稿日:2013/10/13(日) 21:39:22.47 ID:???.net
 .アスカ『万一、エヴァ二機のATフィールドでも目標に干渉しきれなければ、上空の
     国連軍がN2を投下する。でも心配ないわ。爆発のエネルギーはあくまで
     エヴァのATフィールドに沿って走り、最終的には目標のATフィールドと相殺
     されるの。MAGIが修正したそのための精密爆撃案が、すでに実行部隊に
     伝達されてるわ。…ま、ミサトの悪あがきも、ちっとは役に立ったってことね』
 シンジ「…ミサトさんが」
 .アスカ『だからあんたの役目は、零号機を起動させておくこと、そして作戦発動時に
     ATフィールドをフルに展開すること。それだけよ』
353 : 5/5[sage つづく] 投稿日:2013/10/13(日) 21:40:43.35 ID:???.net
 .アスカ『難しい部分はこの私が全部片付ける。零号機の安定制御は、そこの予備人員が
     引き受ける。これで一体、どこに失敗する要素があるっていうのよ』
 シンジ「…うん。アスカ…あの、ありがとう」
 .アスカ『…、礼なら後で、妹を無事に助けてから、ちゃんとしてよね。じゃ』
 シンジ「……
     そっか。僕一人じゃ、ないんだ。…ずっとそうだったんだ、本当は」
 .カヲル「…そうだよ。シンジ君」
  .ミサト『時間よ。始めるわ。
     レイが生きている可能性が、まだあるうちに』
 シンジ「…ッ、はい」
354 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/10/15(火) 00:17:23.41 ID:???.net
355 : 1/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 14:21:51.73 ID:???.net
黒から濃藍に移ろい始めた空
かすかな明るみを背景にそびえる使徒の動影
次々と稼動し出し安全装置を解除していく都市兵装
急速に密度を増す各種交信

オペレータ『エヴァ両機、最終作戦位置』
オペレータ『目標は依然変化なし。移動率、予測範囲内』
オペレータ『第三新東京市対空迎撃システム、全種起動完了』
356 : 2/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 14:22:39.33 ID:???.net
オペレータ『爆撃部隊、全機予定高度に到達』
  日向「了解」
  伊吹「零号機、起動安定。…初号機の予想活動時間、残り5分切ります」
   リツコ「…ミサト」
   .ミサト「始めるわ。レイが生きている可能性が、まだあるうちに」
  シンジ『ッ、はい』
  .アスカ『了解。待ちくたびれたわ』
  日向「全兵装、攻撃態勢に入ります」
   .ミサト「…作戦開始」
357 : 3/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 14:23:35.41 ID:???.net
目標へ斉射を開始する兵装ビル
次々と降り注ぐ火線と衝撃
駆け上がる爆煙の中、使徒の一部が構造変化し質量を得て展開する
数秒で薙ぎ払われる迎撃施設群
爆発がおさまる間も置かず別方向から次の攻撃が始まる
使徒の巨影がさらに実体化し、大きく突出する
伸びきった側面に正対するエヴァ両機
やや後方で身構える零号機
仁王立ちした2号機が上体を落とし、一気に両腕を開く
 .アスカ『行くわよ。2号機、作戦行動開始!』
 シンジ「…フィールド全開ッ!」
358 : 4/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 14:24:23.64 ID:???.net
一帯を打つ大衝撃
寸分の狂いもなく協調した両機のATフィールドが使徒の大構造に喰い入る
急停止する使徒の攻撃突端群
反転する前に、生き残った兵装施設が火力を浴びせる
熱を帯びて歪む風景
とてつもない規模の力を両肩に受け集中する2号機
拮抗が破れ、使徒の形状が痙攣するようにねじれつつ裏返されていく
一つまた一つと有機的な構造が開かれ、中核へ向けてATフィールドが超次穿孔する
次第に鈍る速度
359 : 5/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 14:25:24.62 ID:???.net
 .アスカ『…もうっ、重いん、だから…ッ!』
 シンジ「…!」
 .カヲル「落ち着いて。ただ押すだけじゃ遅い。2号機に合わせて、力の焦点を絞って」
 シンジ「…、絞る…」
 .カヲル「そう、2号機に速度を揃えるつもりで。…うん、いいよ。あと少し、一点へ…」
 シンジ「……」
 .アスカ『! 少し…入りやすくなった…、…馬鹿シンジ?』
360 : 6/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 14:26:37.51 ID:???.net
めまぐるしく切り替わる使徒の構造
変転し、伸縮し、ありえない形状が突出・崩壊して距離感の狂った内部構造を吐き出す
異様な遠近法の中心へと抵抗を貫通していく干渉フィールド
  .ミサト『行けるか?!』
 青葉『目標内深部に新たな反応あり! パターン青!』
  リツコ『…コアに届いたんだわ』
 日向『! シグナル確認、微弱ですが、初号機の反応です! 生きてます!』
 シンジ「レイ…!」
 .アスカ『このまま捕まえる!…ッ、何?!』
361 : 7/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 14:27:39.23 ID:???.net
使徒の巨影が端から崩落しはじめる
迎撃設備に撃ち落とされつつ地表に激突する黒い物理構造
大混乱に陥る地上部
  リツコ『…まずいわ。ここに固定された部分を破棄し、高次空間へ撤退するつもりよ』
 日向『干渉フィールド、擾乱! 錨定ポイント消失していきます!』
  .ミサト『逃げられる! 初号機は!』
 青葉『駄目です、コアに引きずられていきます!』
362 : 8/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 14:28:27.98 ID:???.net
反転していく使徒の構造
中心の視覚化不能部位が周縁を切り離し、速やかに自らの内部へ折り畳まれていく
大きく息を呑むシンジ
動揺は即時機体に反映され、カヲルの背中に強い緊張が走る
プラグ内全方位モニタをノイズが駆け巡る
 伊吹『零号機、パルス、ハーモニクスともに乱れています。このままでは危険です!』
 日向『両機の干渉フィールド、弱体化しています! 目標の形態収縮、さらに加速!』
  リツコ『…上空の部隊に伝達。即時、プランBでの爆撃を開始』
 伊吹『えっ…?』
363 : 9/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 14:29:48.41 ID:???.net
 青葉『待ってください、この配置とタイミングでは…2号機と零号機も巻き込まれます!』
 .アスカ『! N2を落とすの?!』
  .ミサト『プランB…?! どういうこと!』
  リツコ『言ったはずでしょう。初号機を失うわけにはいかないのよ』
 青葉『爆撃部隊、降下開始します…!』
  .ミサト『…リツコッ!』
364 : 10/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 14:30:37.53 ID:???.net
激しく乱れる外界
異様な軋みをあげて降り注ぐ使徒の巨大な骸殻
エヴァ両機のすぐ傍にも落下する
動きを阻まれる両機
 .アスカ『ここまでなの…馬鹿シンジ、下がって! 何ぼさっと立ってるの!』
遠ざかってゆく使徒の中核
深くうなだれて両肩を落としているシンジ
すがるように顔を上げる
 シンジ「…いやだ」
365 : 11/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 18:33:29.66 ID:???.net
反転するパルス
鋭く息を吸い込み、声を殺して違和感に耐えるカヲル
不器用に頭をもたげる零号機
右腕が不規則に痙攣しつつつつ伸ばされていく
 .アスカ『…ったく、この馬鹿!』
加勢する2号機
前に出て零号機の盾になる
366 : 12/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 18:35:34.47 ID:???.net
再び使徒に向かうエヴァ両機のATフィールド
噛み合う力場が嵐となる
 青葉『第一波投下開始まで、残り10!』
  .ミサト『目標と、初号機はっ?!』
 日向『駄目です! 出力がまるで足りません! …最後の次元アンカー消失、
     振り切られます!』
 .アスカ『くうッ…!』
367 : 13/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 18:37:03.15 ID:???.net
全ての表示が歪み高速で流れるエントリープラグ
徐々に機体の自由が失われていく
必死に目標の残影を見据えているシンジ
 シンジ「…いやだ。
     こんなの、絶対に嫌だ。これで会えないなんて、そんなの…何だっていい、違う、
     もうどうなったっていい、ただ、…レイ」
368 : 14/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 18:38:08.96 ID:???.net
暗い初号機のエントリープラグ
既に動けないレイ
薄く開かれた目
  レイ(…お兄、ちゃん…?)
  レイ(…違う。何も、聞こえない)
  レイ(…だめなのね、もう)
  レイ(わたしは、それで、いい。でも、…ただ、…お兄ちゃんにだけは)
369 : 15/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 18:39:12.97 ID:???.net
伸ばされた零号機の手の向こう、ゆらめいて消失する使徒中核
大きく空を切るATフィールド
一帯を吹き抜ける空間擾乱
目標を見失い、降下を中止する爆撃部隊
いっぱいに見開かれたシンジの両目
 シンジ(…いやだ。父さん)
脳裏を一閃する光景
墓地で向き合う碇とレイと自分
黒い墓標
刻まれた名前
 シンジ(…母さ、ん)
370 : 16/18[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 18:40:13.48 ID:???.net
認識不可能などこか
一面の沈黙
その中心で、烈光を放つ初号機の双眸


突如、地上に残された使徒の構成体が一斉に弾けて流体と化す
何もない宙の一点が強引にこじ開けられる
激しく揺らぎながら、再び引きずり出される使徒のコア
めまぐるしく変転する周辺空間ごと軋み、ひしゃげ、握り潰されていく
371 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 18:41:01.94 ID:???.net
コアを掴む手
夜明けの空に出現した初号機の右腕
黒い使徒の残像からもう一方の腕が突き出し、そのまま断裂を押し広げる
砕け散るコア
空間の傷口から身を乗り出す初号機
咆哮をあげて使徒を引き裂き、劣化していく残骸を蹴って地表へ跳ぶ
振り仰ぐ零号機
伸ばされた腕と腕が交差する
次の瞬間、衝撃とともに地面に組み伏せられる零号機
372 : 18/18[sage つづく] 投稿日:2013/10/19(土) 18:42:25.15 ID:???.net
激しく揺さぶられるエントリープラグ
両肩パーツが圧壊する音が響く
 .カヲル「…あ…!」
至近距離から見下ろす初号機の双眸
声も出せないまま凝視することしかできないシンジ
圧倒される人々
そのまま、全てが静止する
山々の稜線からなだれ落ちる朝日の光
373 : 1/2[sage つづく] 投稿日:2013/10/23(水) 08:08:45.05 ID:???.net
本部ケージに固定されたエヴァ各機
搬出されてくる零号機のエントリープラグ
ブリッジに着くのももどかしく、操縦席から飛び出そうとするシンジ
動かないカヲルに気づく

 シンジ「カヲル君…? ッ、大丈夫?!」
 .カヲル「ん…」
 シンジ「どうしたの?! あ…やっぱり、最後に僕が、無理やりエヴァを動かしたから」
 .カヲル「…、そんなことないよ。…僕は平気だから、早く行かないと」
 シンジ「え…?」
 .カヲル「ほら、初号機の固定は済んでる。もうエントリープラグも排出されているはずだよ」
 シンジ「! …レイ」
374 : 2/2[sage つづく] 投稿日:2013/10/23(水) 08:10:00.38 ID:???.net
 .カヲル「早く、妹さんのところへ行ってあげないと。ずっと一人で耐えていたんだから」
 シンジ「…、でも」
 .カヲル「僕のことは気にしないで。さあ、行きなよ。お兄さんなんだろう?」
 シンジ「…うん。…ごめん、カヲル君」

疲労した足をもつれさせながら走っていくシンジ
見届けて、プラグインテリアに痛む全身を預けるカヲル
目を開く

 .カヲル「…エヴァンゲリオン、初号機」
375 : 1/6[sage] 投稿日:2013/10/26(土) 08:29:16.60 ID:???.net
 レイ(……)
 レイ(…まだ、いきてる)
 レイ(…?)

  声「…、…!」

 レイ(…なに?)

  声「…! …」

 レイ(…だれ?)
376 : 2/6[sage] 投稿日:2013/10/26(土) 08:30:06.21 ID:???.net
  声「…レイ…!」

 レイ(…おとう、さん…?)

  声「レイ、ねえッ、しっかりしろよ! レイ…!」

 レイ(…ちがう)
 レイ(……おにいちゃ、ん)
 レイ(そう、お兄ちゃん、わたしの)
377 : 3/6[sage] 投稿日:2013/10/26(土) 08:31:16.58 ID:???.net
 シンジ「レイ! あ…気がついた…? …ッ」
  .レイ「…お兄ちゃん」
 シンジ「……」
  .レイ「なに…、少し、痛い」
 シンジ「! ごめん、…安心して、つい。ごめんよ」
  .レイ「……」
 シンジ「あ…ごっごめん、嫌だった…?! あの、別に変な意味じゃ」
  .レイ「ちがう、…今まで、こうやってされたこと、ないから。
     …でもなぜ、そんなに私にくっついてるの」
 シンジ「……
     馬鹿ッ、心配してたからに、決まってるだろ…! もう、本当に、僕は…」
  .レイ「あ…」
378 : 4/6[sage] 投稿日:2013/10/26(土) 08:32:22.53 ID:???.net
  .レイ「…お兄ちゃん」
 シンジ「……」
  .レイ「…、怒ってるの」
 シンジ「え…? 違うよ、…怒るわけ、ないだろ。…良かった、助かって。本当に良かった」
  .レイ「…泣いてるの」
 シンジ「……」
  .レイ「…ごめん、なさい。…心配、かけて」
 シンジ「…、違うよ。…謝らなくたっていいんだ。僕は…レイが、帰ってきてくれただけで、
     それだけでいい。…もう、こんなに身体、冷えちゃって。つらかったろ…」
  .レイ「…そう、…私、ずっと、寒かったの」
379 : 5/7[sage] 投稿日:2013/10/26(土) 08:36:52.60 ID:???.net
  .レイ「寒くて、…ただ、寒くて、…どうすればいいか、わからなかったの」
 シンジ「…レイ」
  .レイ「……」
 シンジ「あ…、え?! ッなに、どうしたの、レイ?!」
  .レイ「…あったかい、から」
 シンジ「え…あ」
  .レイ「…ごめんなさい。今も、どうしたらいいか、わからない。私、こんな時何すれば
     いいのか、…何も、知らなくて。…ごめんなさい」
380 : 6/7[sage] 投稿日:2013/10/26(土) 08:37:49.50 ID:???.net
 シンジ「…馬鹿だな、謝らなくっていいんだよ。…レイはレイでいい。何しなきゃいけない
     なんて、そんなことないんだ」
  .レイ「……」
 シンジ「…僕の方こそ、こんなに遅くなって、ごめん。レイの呼ぶ声、何度もしてたのに」
  .レイ「…! きこえた、の」
 シンジ「うん。…なんとなくだけど」
  .レイ「……」
 シンジ「レイ?」
  .レイ「…お兄ちゃん」
 シンジ「ん?」
381 : 7/7[sage つづく] 投稿日:2013/10/26(土) 08:40:14.17 ID:???.net
  .レイ「何か、したい。…お兄ちゃん、に」
 シンジ「…え?」
  .レイ「何かしたいの。何すれば、いい」
 シンジ「…、…笑えば、いいと思うよ。…なんて」
  .レイ「!」
 シンジ「…違う、笑ってほしいんだ、僕は、レイに。その方が、僕は好きだ」
  .レイ「…、うん」

シンジの腕の中でゆっくりと笑顔になるレイ
382 : 1/10[sage] 投稿日:2013/10/28(月) 11:12:55.26 ID:???.net
シンジとレイの周りに集まってくる人々
レイが顔を上げ、シンジも振り返って皆に気づく
腰に両手当てて思いっきり仏頂面で見下ろしているアスカ
状況を自覚して慌てるも動けず、レイと顔を見合わせて結局小さく照れ笑いするシンジ
やや表情を緩めるアスカ
ちょっと泣きそうな笑顔のミサト

  .ミサト「よくがんばったわね、レイ。…お帰りなさい」
383 : 2/10[sage] 投稿日:2013/10/28(月) 11:13:44.86 ID:???.net
 伊吹「一人で…よく我慢してくれたのね。初号機の搭乗レコーダ、見たわ」
 .アスカ「ま、それもこれも、私の働きがあってこそだった訳だけど」
  .レイ「…あ…」
 シンジ「僕だけじゃないんだ。他の人もみんな、レイのこと心配してくれてた。みんなで、
     助けたんだよ」
  .レイ「…うん」
  .ミサト「あれ、リツコは?」
 伊吹「先輩はまだ初号機のところです。最後の再起動がやっぱり不審だって…私も
     すぐ行かないと」
384 : 3/10[sage] 投稿日:2013/10/28(月) 11:14:30.96 ID:???.net
 .アスカ「どうだか。顔、出せないだけじゃないの? ほんとは」
 シンジ「え?」
  .ミサト「そう言いなさんな。…リツコだってレイが心配だったのよ。そうでなきゃ、最後の
     最後まで、作戦部の無茶な横槍を許容してくれたりしないもの」
 日向「…そうですね。結局、技術局の協力あってこその、救出成功でしたからね」
 青葉「ま、よく上手くいったもんですよ。あの状況下で」
 .アスカ「ふーん。N2爆撃に晒されるとこだった身としては、いまいち納得いかないけど。
     ね、シンジ?」
385 : 4/10[sage] 投稿日:2013/10/28(月) 11:15:30.48 ID:???.net
 シンジ「え? 僕は別に、…レイが帰ってこれたんだから、それで、もう」
 .アスカ「はぁー…ったく、妹のこととなると甘いんだから。あんたね、もっと自分の立場…」
  .レイ「…あの、…、…ありがとう」
 .アスカ「?!」
  .ミサト「…!」
 日向「えっ」
 青葉「おお?!」
 伊吹「うそ…あっ、ご、ごめんなさい」
  .レイ「? …何か、変、だった」
386 : 5/10[sage] 投稿日:2013/10/28(月) 11:16:48.13 ID:???.net
 シンジ「ううん。全然、変なんかじゃない。…もう、そんなに変な顔しないでよ、アスカ」
 .アスカ「は?! 何で私なのよ、このシスコン! だいたいあんたが…」
  .レイ「……」
 .アスカ「~、何よ、わかったわよ。
     …別に、改まって礼なんか言わなくていいわ。作戦だったんだもの、当然よ。
     あんたは気にすることないわ。…お疲れ、妹」
  .レイ「…、うん」

ストレッチャーを引いて到着する医療班
てきぱきとレイを寝かせ処置を始める
387 : 6/10[sage] 投稿日:2013/10/28(月) 11:17:37.39 ID:???.net
所在なげに見守るシンジ
改めて皆に向き直り、頭を下げる

 シンジ「…、あの、…ありがとう。みんな…ありがとう、ミサトさん。アスカも」
 .アスカ「…ふん、私はついでなワケ」
  .ミサト「あら? もーうアスカったら拗ねちゃって、可愛いんだから」
 .アスカ「私のどこが拗ねてるッての?!」
  .ミサト「ほら、そういうとこよん」
 .アスカ「はあ?!」
388 : 7/10[sage] 投稿日:2013/10/28(月) 11:18:25.67 ID:???.net
 日向「…葛城さん、大人げないですよ…」
 伊吹「あの、レイは普通の状態じゃないんだから、静かにしてあげましょうよ、ねっ」
 青葉「…ええっと、じゃ、俺は報告書の作成しに行くんで」
 シンジ「もう、二人ともいい加減にしてよっ」
  .ミサト「はいはい、ごめんごめん。
     さ、あとは専門家に任せて。大丈夫、落ち着いたらまたお見舞いに行きましょ」
 シンジ「…はい。レイ、じゃ、またあとで」
  .レイ「…うん、…あとで」
389 : 8/10[sage] 投稿日:2013/10/28(月) 11:19:13.62 ID:???.net
運ばれていくストレッチャー
見送るシンジ
見つめ返すレイの姿が遠ざかっていく

 .アスカ「おとなしく寝てんのよー。…さ・て・と、馬鹿シンジ。今度はあんたの番よ」
 シンジ「何が?」
 .アスカ「あのねぇ。作戦前、礼は妹が助かってからちゃんとするって、約束したでしょ。
     …まさか忘れたとは言わせないわよ」
 シンジ「え?! あ、うん、…そういえば」
390 : 9/10[sage] 投稿日:2013/10/28(月) 11:20:02.98 ID:???.net
 .アスカ「ありがとうはもう聞いたし、次は何か、実質的な見返りがあるべきよね。さーて
     何してもらおっかなー、っと」
 シンジ「お礼ってそういう…あ! 忘れるとこだった、…カヲル君、こっちに来ないって
     ことは、まさかまだ」
 .アスカ「ちょっと! サブの予備人員なんかどうでもいいでしょうが!」
 シンジ「よくないだろ、彼がいなきゃ零号機は出せなかったんだから」
391 : 10/10[sage] 投稿日:2013/10/28(月) 11:22:15.10 ID:???.net
 .アスカ「出ても出なくても、大した違いないわよ、どうせ。私の2号機がメインだったんだし
     …ッて馬鹿シンジ、どこ行くのよ!」
 シンジ「カヲル君を捜す。やっぱり、さっき様子がおかしかった」

歩き出しながらもう一度顔を上げるシンジ
まだこっちを見ているレイ
繋がる視線を、やがて初号機の巨大なシルエットが遮る


以上で>>287からの流れはだいたい終わりです
遅くなったけど
>>354 ありがとうございました
392名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/10/28(月) 22:08:05.04 ID:???.net

どうなるのか
393 : 1/5[sage] 投稿日:2013/10/30(水) 08:08:22.54 ID:???.net
ようやくプラグから降りようとしているカヲル
顔を上げる
駆け寄ってくるシンジ
ふと足を止め、後ろで同じく立ち止まっているアスカを振り返るシンジ

 シンジ「? どうしたの、アスカ。ていうか、何もここまで一緒に来なくてもいいのに」
 .アスカ「……」
 シンジ「アスカ?」
 .アスカ「…何でもない。
     ほら、カレがお待ちよ。とっとと行って手伝えば。…っほらっ、危ないっ」
 シンジ「うわッ、カヲル君!」
394 : 2/5[sage] 投稿日:2013/10/30(水) 08:09:08.66 ID:???.net
ふらついて足を滑らせたカヲルをすんでで捉まえるシンジ
そのまま手を貸して助け降ろす
渋面のアスカ

 .カヲル「…ごめん、…もう、大丈夫だから」
 シンジ「大丈夫じゃないだろ! こんなに顔色悪くて、汗もひどくて…どうしてさっき言って
     くれなかったんだよ、もう、なんでだよ…一人で、無理しないでよ。僕だって少しは
     何か手伝えるよ。何か、させてよ。…いつも助けてくれるのに」
 .カヲル「…、ごめんよ」
 .アスカ「……
     馬っ鹿みたい。さっきの初号機と同じね、…何よ、邪魔にして」
395 : 3/5[sage] 投稿日:2013/10/30(水) 08:09:57.23 ID:???.net
 .カヲル「…シンジ君、僕は、本当に大丈夫だから。それより、ほら」
 シンジ「うん。…
     アスカ、待ってよ」
 .アスカ「なんで? カンケーないもの、先に帰るわ。じゃーね、お疲れ」
 シンジ「…、邪魔になんか思ってない!」
 .アスカ「!」
 シンジ「そんなこと思ってない。アスカ、作戦前に2号機から励ましてくれたろ、僕一人じゃ
     ないって、難しいところは全部やるからって。だから絶対、失敗するわけないって。
     …あれ、あの時一番、嬉しかった」
396 : 4/5[sage] 投稿日:2013/10/30(水) 08:10:48.22 ID:???.net
 シンジ「だから、ありがとう、アスカ。…ありがとう」
 .アスカ「……」
 シンジ「アスカ…? …あの、…何か、怒らせた…の、かな」
 .カヲル「…そんなことは、ないと思うよ」
 .アスカ「……何マジメに頭下げてるのよ、馬鹿シンジ。ほんと、日本人てお辞儀中毒よね」
 シンジ「へっ?」
 .カヲル「…ほら、ね」
 .アスカ「妹にも言ったでしょ。あれも作戦のうちだったんだし、リーダーが冴えない部下を
     励ますなんて、作戦時の当然の対応よ。何カンチガイしてるのかしら、これだから
     男子って馬鹿なのよね。ほんっと気が回らないっていうか、自己中心主義っていうか」
 シンジ「………」
397 : 5/5[sage つづく] 投稿日:2013/10/30(水) 08:14:30.10 ID:???.net
 .アスカ「…だから、あんたも気にしなくていいの」
 シンジ「あ…」
 .アスカ「そんな些細なことで馬鹿正直に恩義を感じられても嬉しくないわ。
     ただし、礼はちゃんとしてよ。男に二言はないんでしょ」
 シンジ「…うん」
 .アスカ「…何よ、また真面目くさって。
     まいいわ、じゃーね、男ども。Auf・wieder・seh-・en!」
 シンジ「え?! ちょっと、結局先に帰るの?! じゃなんでついて来たんだよ、もう」
398 : 6/5[sage つづく] 投稿日:2013/10/30(水) 08:15:36.82 ID:???.net
 .カヲル「…ふふ、…いい人だね、素直じゃないけれど」
 .アスカ「聞こえてるわよ、予備人員! あんたはさっさと身体直して、馬鹿シンジを
     安心させてやるの。そんなんじゃ予備としても役に立たないでしょ!」
 .カヲル「…はいはい」
 シンジ「?? なんなんだよ、アスカ…」


文章長すぎます規制がめんどくさい…
もう少しこぼれネタ拾いになります
>>392 ありがとうございます、この先もありますのでもうしばらく見てやってください
399 : 1/4[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 07:40:31.92 ID:???.net
  .ミサト「レイの検査、問題なかったって?」
  リツコ「ええ。今夜一晩は念のため様子を見るけど、明日には帰せるわ」
  .ミサト「…はぁー。良かった…何はともあれ、これでひと安心ね」
  リツコ「……」
  .ミサト「? 何よう、人の顔じっと見て。わかってるわ、問題は他にも山積してる、
     仮にも責任者が、簡単にラクになるなってんでしょー」
  リツコ「いえ、違うわ。…あなた、今本当にそう思って言ったでしょう」
  .ミサト「ん?」
  リツコ「レイのことよ。本気で安心してる言い方だったもの。ごっこで始めた家族も、
     案外、本物になりそうじゃない」
400 : 2/5[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 07:44:16.59 ID:???.net
  .ミサト「ま、ね。…シンジ君のせいかもしれない」
  リツコ「え?」
  .ミサト「シンジ君、レイには一生懸命だもの。他人の顔色を気に病んで、あれだけ
     他人と接するのを苦手にしてる子がよ。…本当はあの子、たとえ痛みや
     傷を負っても、もっと人に近づきたいって、ずっと思ってたのかもね」
  リツコ「そんなに単純な話かしらね。…私には、肉親という明確な理由付けを盾に、
     一番安全な関係に逃げ込もうとしてるようにも見えるけど」
401 : 3/5[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 07:45:07.06 ID:???.net
  .ミサト「あ、またそうやって突き放すー。
     確かにそうかもしれない。けど、始まりはそれでもいいんじゃないかしら。
     そこから近づいても離れても、お互い閉じることなく、続けていけるならね」
  リツコ「…そうね。
     ところで、その二人のこと。初号機のログから一つ、わかったことがあるの」
  .ミサト「何?」
  リツコ「再起動の瞬間、初号機とレイのシンクロ率はゼロだったの。完全にね」
  .ミサト「えっ?! …じゃあ、あれはやはり」
402 : 4/5[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 07:46:01.66 ID:???.net
  リツコ「暴走、…とも言いきれないのよ。あれは明らかにシンジ君に反応していたの。
     使徒から脱出した際、2号機には目もくれず零号機だけを目指したのも、
     恐らくはそのせい」
  .ミサト「シンジ君にって、…だって、同じ時空間にすらいなかったのに」
  リツコ「そう。そして、機体内のレイには、そこまでの激烈な反応は起こさなかった」
  .ミサト「…ということは、…もしかして今後も、レイは初号機とはシンクロできないかも
     しれないってこと…?!」
403 : 5/5[sage つづく] 投稿日:2013/10/31(木) 07:46:58.31 ID:???.net
  リツコ「本人を参加させた再起動実験も含め、さまざまな追試を経たあとでないと
     はっきり言えないけどね。ただ、作戦部には早めに伝えておこうと思って」
  .ミサト「…、わかったわ。ありがとう」
  リツコ「双子とは言っても、やはり他人なのかもしれないわね」
  .ミサト「……」
  リツコ「…ミサト?」
  .ミサト「……」
  リツコ「念のため訊くけど、もしかして『レイのシンクロ率が零なんて出来すぎ』
     なんて思ってないわよね」
  .ミサト「お、思ってない思ってない」
404 : 1/8[sage] 投稿日:2013/11/03(日) 22:29:52.61 ID:???.net
本部内医療棟
一人で歩くレイ
ふと顔を上げると、廊下の先から駆け寄ってくるシンジの姿

  .レイ「…お兄ちゃん?」
 シンジ「レイ! …
     ふう…良かった、間に合って。もう、検査とかは、全部終わったんだよね?」
  .レイ「うん、…だけど、お兄ちゃん、…なんで」
 シンジ「なんでって、レイの迎えだよ。他にないじゃないか」
  .レイ「でも、…」
 シンジ「え?」
405 : 2/8[sage] 投稿日:2013/11/03(日) 22:31:27.20 ID:???.net
  .レイ「…、ううん。どうして、この時間、わかったの」
 シンジ「リツコさんが、今ぐらいには全部の検査が済んでるはずだからって。ほら、
     荷物持つよ」
  .レイ「あ、…うん」
 シンジ「身体疲れてるのに、いろいろ調べたり検査したりで、大変だったろ。早く帰って
     ゆっくりしよう。ミサトさんも夜には帰るっていうから、久しぶりで三人揃って
     晩ご飯だね。そうだ、レイは何が食べたい?」
  .レイ「……」
406 : 3/8[sage] 投稿日:2013/11/03(日) 22:32:24.57 ID:???.net
 シンジ「レイ? あ…ごめん、こんなに一度にたくさん言われても、困るよね」
  .レイ「ううん、そうじゃない。…お兄ちゃん、無理してる、から」
 シンジ「…え」
  .レイ「無理しなくて、いい。私、…平気だから」
 シンジ「…って、…何言ってるんだよ。そんなわけないじゃないか、レイのことで、無理
     なんてあるはずないだろ。…そっか、もしかして、作戦のことを気にしてるの」
407 : 4/8[sage] 投稿日:2013/11/03(日) 22:34:12.01 ID:???.net
  .レイ「そうじゃなくて、…あの人のこと」
 シンジ「…あの人?」
  .レイ「ここにいて、少しは、聞いたから。…初号機の回収作戦のこと。零号機のことも。
     使えないはずだった零号機を、お兄ちゃんがあの人と、動かしたこと」
 シンジ「…、うん。
     カヲル君がいなかったら、僕は何もできずに見てるだけだった。…レイは一人で
     初号機を動かせたのにさ。はは、情けないよね、兄のくせに」
408 : 5/8[sage] 投稿日:2013/11/03(日) 22:35:05.09 ID:???.net
  .レイ「…そうじゃ、なくて。
     だからお兄ちゃん、…私だけじゃなくて、あの人のことが気になったから、ここに
     来たんでしょ。それで、赤木博士に訊いたり、して」
 シンジ「…レイ」
  .レイ「私は、もう平気。だから、無理、しないで」
 シンジ「…、レイってば、それ、…カヲル君と、同じこと言ってる」
  .レイ「…え?」
409 : 6/8[sage] 投稿日:2013/11/03(日) 22:35:58.64 ID:???.net
 シンジ「自分のことはいいから、ってさ。
     確かにカヲル君とは、あのあとケージで別れたきりで、…誰に訊いても居場所も
     わからなくて、ちゃんと手当てを受けられたのかすら知らなくて、…それは、すごく
     心配、だよ。
     …うん。レイの言う通り、リツコさんなら知ってるかもって思って訊きにきたのも
     本当だ。…でも駄目だった。リツコさんでも、情報が制限されてるんだって」
  .レイ「……」
410 : 7/8[sage] 投稿日:2013/11/03(日) 22:37:12.14 ID:???.net
 シンジ「だけど、違うよ。
     僕はレイを迎えに来たんだよ。迎えに来たかったし、レイと一緒に、家に
     帰りたかったから。…だから、無理じゃない」
  .レイ「…、お兄ちゃん」
 シンジ「何?」
  .レイ「…うそつき。
     駄目、無理してる。…わかるもの。だって私、…双子、だもの。お兄ちゃんの」
 シンジ「あ…」
  .レイ「今日は、帰ろ。でも明日、…その次でも、いつでもいい、手伝うから」
411 : 8/8 最近長くてすみません[sage つづく] 投稿日:2013/11/03(日) 22:40:02.76 ID:???.net
 シンジ「…うん。…ありがとう、レイ」
  .レイ「ん…」
 シンジ「なんか、ちょっと気が楽になったかも。…さ、もう行かなきゃ。ミサトさんの方が
     先に戻って来ちゃうよ。早く帰って、ご飯作ろう。何がいいかな」
  .レイ「…じゃあ、…お味噌汁、お豆腐の」
 シンジ「え、そんなのでいいの?」
  .レイ「…それがいいの」
 シンジ「わかった。じゃ、うんとあったまれるようなの、作るからね」
  .レイ「! …うん。…帰ろ、お兄ちゃん」
412名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/11/06(水) 21:36:19.71 ID:???.net
良スレやね
413 : 1/7[sage シフト中] 投稿日:2013/11/08(金) 11:35:54.33 ID:???.net
>>412 ありがとうございます
読んでくださった方に心から感謝します
どこまで行けるかわかりませんが、少しでも楽しんでもらえるようがんばります


本部総司令室
巨大な執務机に両肘をつく碇と後方に立つ冬月
デスクの正面に直立したリツコ

  リツコ「…初号機の機体洗浄は終了しました。汚染や変異の心配はありません。
     中破した零号機の修復、また両機の、各専属搭乗者との再起動実験の日程は
     提出した企画書通りに行う予定です」
414 : 2/7[sage シフト中] 投稿日:2013/11/08(金) 11:36:46.70 ID:???.net
  リツコ「搭乗者二名の身体検査は問題なし。両名とも、本日より通常の待機任務に
     復帰させています」
 冬月「委員会への報告には目を通したよ。問題はあるまい。
     IPEAも今回の運用方式については口出しはせんだろう。N2全弾の臨時徴発、
     および国連軍航空隊出動の後処理も、おおむねこちらの思惑通りに進んで
     いる。関係各方面への報告とその内容についても調整済み、か…あとは、
     お定まりの事務処理と情報操作だな」
415 : 3/7[sage シフト中] 投稿日:2013/11/08(金) 11:37:52.04 ID:???.net
   碇「ああ、現状で問題はあるまい。赤木君、ご苦労だったな」
  リツコ「……」
 冬月「何だね」
  リツコ「…申し訳、ありませんでした。
     今回、初号機の回収が成功した理由は、ひとえに碇シンジ君の意志、そして彼を
     補佐した葛城三佐の事前の行動にあります。…私は判断を急ぎ、危うく初号機を
     喪失するばかりか、零号機や2号機も破損してしまうところでした」
 冬月「いや、あの場ではあれがもっとも妥当な判断だったろう」
416 : 4/7[sage シフト中] 投稿日:2013/11/08(金) 11:39:34.12 ID:???.net
 冬月「葛城君の功績は認めておるよ。だからこそ今回の昇進だ。だが、君に落ち度が
     あった訳ではない」
   碇「ああ。…初号機パイロットと葛城君の行動方針には、偶発的要素が多すぎる。
     結果が伴わないならただの無謀に過ぎん。初号機パイロットへの配慮にしても、
     度が過ぎればただの個人的感傷だ。
     今後も、君の目が必要だ。引き続き、頼む」
  リツコ「…はい」
417 : 5/7[sage シフト中] 投稿日:2013/11/08(金) 11:41:39.49 ID:???.net
リツコが去った室内

 冬月「しかし、今回は無駄足だったな。おまけにその間に使徒襲来、そればかりか
     初号機の一時捕獲まで許してしまったとは」
   碇「いや。Mark.6の建造方法が、従来のエヴァとは異なるとわかっただけでも充分だ。
     建造が順調に進んでいることも確認できた。これで、いつでも彼を送還できる」
 冬月「仮象プログラムによるエヴァの動作データの蓄積も、そろそろ目標精度に達して
     いるはずだったな。本部居留を拒む口実は一通り揃った訳だ。だが…」
   碇「…何だ」
418 : 6/7[sage シフト中] 投稿日:2013/11/08(金) 11:42:42.34 ID:???.net
 冬月「お前の息子のためには、彼が傍にいた方がいいのではないかね。今回のことも
     彼の協力があってこそなのだろう」
   碇「初号機は自力で再起動して脱出した。零号機があの場に出ていたからでも、
     例の少年の力でもない。
     それに、これ以上の干渉は邪魔だ。レイにまで影響が及びかねない」
 冬月「…そうだったな。運命を仕組まれた子供たち、か…過酷すぎるな。
     ところで、碇」
   碇「何だ」
 冬月「レイの見舞いには、行かなくて良かったのかね。レイが葛城君の部屋に戻る前に
     一度くらい顔を出す時間はあったろうに」
4197/7[sage つづく] 投稿日:2013/11/08(金) 11:44:56.60 ID:???.net
   碇「…いや。そんな時間は」
 冬月「もしや、病棟の廊下で息子とはち合わせしそうになってとっさに引き返したとか」
   碇「……そんなことはない」
 冬月「やはりそうか。全く、ここまで素直になれんとは、損な性分だな」
   碇「違うと言っている。なぜ言い切れる」
 冬月「そう顔に書いてあるからな」
   碇「?! …」
 冬月「やれやれ。
     今日も世はこともなし、だよ。…ユイ君」
420 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/11/08(金) 17:36:44.40 ID:???.net
さすが冬月
421 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/11/14(木) 21:02:24.95 ID:???.net
test
422 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/11/17(日) 03:19:53.54 ID:???.net
おもしろいね
4231/7[sage シフト中] 投稿日:2013/11/20(水) 21:55:07.18 ID:???.net
>>419 >>420 ありがとうございます


 シンジ「うーん…レイだったら、何がいいと思う?」
  .レイ「…、駄目、わからない。…ごめんなさい」
 シンジ「別に、謝ることないよ。けど、そっか…」
 加持「何してるんだ? 二人して同じポーズで」
  .レイ「…同じ、ですか」
 シンジ「え?! あ、ホントだ…ごめん、レイ」
  .レイ「ううん。…あの、何ですか」
 加持「いや、すまんすまん。いつも和気あいあいの双子が、珍しく難しい顔してるのが
     ちょっと気になったんでね。何か悩み事かい?」
424 : 2/7[sage] 投稿日:2013/11/20(水) 21:56:37.31 ID:???.net
 シンジ「悩み事っていうか…
     そうだ、あの、加持さんは、アスカと同じユーロ支部から来たんですよね」
 加持「一緒じゃないが、まあ同じ方面かな。どうして?」
 シンジ「その、…この間の作戦の時、アスカに助けてもらって。何かお礼をしろって…
     ッじゃなくて、お礼をしたいんですけど、アスカってどんなものが好きなのか
     僕らじゃ見当がつかなくて。…それで」
 加持「同じユーロ圏にいた俺なら、何かヒントを知ってるんじゃないかってことか。
     …気持ちはわかるが、そりゃちょっと違うぞ。シンジ君」
 シンジ「え?」
425 : 3/7[sage シフト中] 投稿日:2013/11/20(水) 21:59:06.45 ID:???.net
 加持「他人の話より、アスカ自身が何に喜ぶのか。それを考えないとな」
 シンジ「あ…、そうです、よね。
     …馬鹿だな、僕は。すみません、変なこと言って」
 加持「ま、そうは言っても、知恵を貸すくらいやぶさかじゃないけどな。
     そうだな…お礼って、例えば双子揃って、何かプレゼントでもしろっていう
     雰囲気だったのかい?」
 シンジ「え…っと、…いえ、レイと一緒っていうより、なんか、僕ばかり何度も言われてて」
  .レイ「そう、なの」
 シンジ「うん」
 加持「…ふーむ。ならその通り、君に何かして欲しいんだろう」
426 : 4/7[sage シフト中] 投稿日:2013/11/20(水) 22:00:04.06 ID:???.net
 シンジ「僕に、ですか…何だろう」
 加持「ここは思いきって、デートに誘ってみたらどうだ? 男として」
 シンジ「え? …えええ?! そッそんなの、無理ですよッ」
 加持「なぜ?」
 シンジ「何でって…だって別に、アスカはそんな意味で言ったわけじゃないかもしれないし
     …僕だって、…いえ、アスカのことは大事ですけど、でもあの、そんなふうには
     考えたことないっていうか」
 加持「恋愛してるどうしじゃないと、デートしちゃいけないのかい?」
427 : 5/7[sage] 投稿日:2013/11/20(水) 22:05:54.95 ID:???.net
 シンジ「そりゃそうですよ! そういうのは、…その、好きな相手とするものでしょう?!
     お礼代わりになんて、そんないい加減な気持ちでするなんて失礼ですよ。それに
     アスカだってきっと嫌だろうし」
  .レイ「デートって、何」
 シンジ「え?! 何って…えっと、なんて言えばいいか、…もうッ」
  .レイ「…?」
 加持「礼をしたいっていうのは決していい加減じゃないと思うけどな。…しかし、ま、君の
     言いたいこともわかる。じゃあ、食事に招待するっていうのはどうだ?」
 シンジ「…それ、あんまり違わないと思いますけど」
428 : 6/7[sage] 投稿日:2013/11/20(水) 22:11:29.04 ID:???.net
 加持「いや、君が葛城の家に招いてみたらどうかってことさ。君の料理はちょっとしたもの
     なんだろう? 葛城に聞いてるよ」
 シンジ「え…あの、いや、別に」
 加持「普段一人で過ごしてるアスカに家庭料理をふるまって、他人との食事の良さってのを
     味わってもらうのも、悪くないかもしれないぞ。それならレイも同席できるしな。ちゃんと
     お礼する形にもなるさ」
 シンジ「そう…ですね。…そうかもしれない、僕には他に大してできること、ないし」
  .レイ「違うわ。お兄ちゃんの作るご飯、おいしいもの。…私も、手伝うから」
 シンジ「…、うん。やってみよう」
429 : 7/7[sage つづく] 投稿日:2013/11/20(水) 22:15:04.91 ID:???.net
 シンジ「あの、ありがとうございました。アスカに喜んでもらえるかわからないけど、でも
     僕なりに、がんばってみます」
  .レイ「……」
 加持「…ん?」
 シンジ「レイも一緒に、だよ。ね?」
  .レイ「…うん」
 加持「どうやら心配なさそうだな。じゃ、健闘を祈るよ」
 シンジ+レイ「「はい」」
430 : 1/7[sage シフト中] 投稿日:2013/11/21(木) 08:36:51.63 ID:???.net
>>423 リンクミス申し訳ありません
 × >>419 >>420
 ○ >>420 >>422


 .アスカ「…で、こうなったってワケ?」
 シンジ「うん、レイと一緒に、朝からいろいろやってみたんだ。それでこんな量に…
     あっ、もちろんちゃんと味見して、良かったのだけ出してるから」
 .アスカ「……」
 シンジ「…あの、…口に合うと、いいけど」
 .アスカ「…黙って。今、味の検証してるから」
431 : 2/7[sage] 投稿日:2013/11/21(木) 08:37:53.02 ID:???.net
 シンジ「あ、はい…」
 .アスカ「……」
 シンジ「……」
 .アスカ「…なんてね。ばーか、そんな真剣な顔して、人の顔じろじろ見るんじゃないわよ」
 シンジ「えっ、あっ、…ごめん」
 .アスカ「悪くないわよ。食べたことない料理ばっかだけど、思ったより抵抗ないし」
 シンジ「あ…」
 .アスカ「た・だ・し。あのね、いろいろ勉強したみたいだけど、ユーロっても広いんだから。
     フレンチとイタリアンとスパニッシュを一緒くたにしてどうすんのよ。それも自己流」
 シンジ「…う…ごめん」
432 : 3/7[sage] 投稿日:2013/11/21(木) 08:39:21.17 ID:???.net
 .アスカ「だから、別にまずいなんて言ってないでしょうが。
     あんたの作るものがまあまあだってのは、前のユニゾン合宿の時に証明済みだし。
     妹も一生懸命やったみたいだし。それで、わざわざ来てやる気になったのよ」
 シンジ「…、ありがとう」
 .アスカ「…ふん」
 シンジ「でもあの、…なんか、怒ってる、から。…やっぱり気に入らないのかなって」
 .アスカ「そりゃそうよ。けど、別にあんたの…
     …だぁもう、そっち、大人ども! うるッさいのよ!! 食事くらい静かにさせなさいよ!」
433 : 4/7[sage] 投稿日:2013/11/21(木) 08:40:55.33 ID:???.net
  .ミサト「えー? なーに、アスカ。あ、レイ、ビールもう一本、お願いっ」
  .レイ「はい。お兄ちゃん、次のお皿、まだ」
 シンジ「ちょ、ちょっと待って」
  .ミサト「いーじゃない、今日はあたしの昇進祝いも兼ねてるんだから」
 加持「いや、このたびはおめでとうございます。葛城二佐」
  .ミサト「ありがと。はい、乾杯ー」
  リツコ「だからって、シンジ君たちの会に押しかけるのはどうかと思うけど」
  .ミサト「あ。なによう、お招きしてもらっておいて」
434 : 5/7[sage] 投稿日:2013/11/21(木) 08:41:43.17 ID:???.net
  リツコ「呼んだのはシンジ君じゃなくて、あなたがでしょう。全くもう」
 加持「まぁまぁ、おかげでこうして美味い物で呑める訳だし。すまんな、シンジ君。我々の
     つまみまで担当してもらって」
 シンジ「…いえ…あの…」
 加持「大体、半分はリッちゃんのためでもあるのに。聞いたぞ、救出作戦進行のことで
     落ち込んでるみたいだって」
  リツコ「…それはどうもありがとう。でも、人をダシにしないでちょうだい」
  .ミサト「ふふん。ほんとはちょっと嬉しいくせに、このこの」
  リツコ「きゃあ、ちょっと、やめなさいもう」
435 : 6/7[sage] 投稿日:2013/11/21(木) 08:42:32.40 ID:???.net
 .アスカ「………」
 シンジ「……あの…なんか、気がついたらこうなっちゃってて…」
  .レイ「ごめんなさい。楽しそう、かと思って」
 .アスカ「…いいわよ、もう。その代わり今度、仕切り直しなさいよね」
 シンジ「あ、うん。…ごめん、今度はちゃんとするから」
 .アスカ「はいはい、期待しないで待ってるから。
     にしても、まあ、悪くないわね。あ、ねえ妹、これ、もうちょっとない?」
  .レイ「うん。少し、待って」
436 : 7/7[sage つづく] 投稿日:2013/11/21(木) 08:43:19.60 ID:???.net
 .アスカ「向こうのもうまそうだから、試しに味見しに行ってくるかな。…ほらミサト、ちょっと
     寄越しなさいよ。主賓は私なんだから!」
 シンジ「……なんか、アスカってけっこう楽しんでるんじゃ…」
  .レイ「うん」
 .アスカ「そこ! 何か言った?!」
 シンジ「あっいや、別にっ」
  .レイ「……」
437名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/11/23(土) 21:28:50.36 ID:???.net
今回も面白かったです
438 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/11/23(土) 21:41:50.44 ID:???.net
どことは言わないがなんか色々とイライラするわ
439 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage つづく] 投稿日:2013/12/01(日) 12:13:54.88 ID:???.net
>>437 ありがとうございます
>>438 ごめんなさい、としか
なんであれこんなスレに目を留めてくれて有難いです


  .ミサト「じゃ、二人をそこまで送ってくるから。あとよろしくねん」
 シンジ「あ、はいっ」
  リツコ「シンジ君、ご馳走さま。久しぶりに人間らしい食事だったわ」
 加持「ああ。納得したよ、道理で葛城が手放さないわけだ。こんなにいい家に毎日
     帰ってこれるんじゃな。つくづくうらやましいよ。またな、子供たち」
 .アスカ「…ん? ちょっとミサト、私は?!」
  .ミサト「もう遅いし、泊まっていきなさい。おいしいわよー、シンちゃんの朝ごはん」
 .アスカ「はあ?! 何言ってんのよ、待ちなさいよ、ミサト!」
  .レイ「…行っちゃった」
 シンジ「あれは…そのままどこかで飲んでくるんだろうな、きっと」
  .レイ「うん。夜中コース」
 .アスカ「…あんたたち、ずいぶん慣れてんのね」
 シンジ「うん、まあ、なんていうか…」
  .レイ「いつも、だから」
 .アスカ「分割答弁しない! ったくもう、どうなってんのよこの家は!!」

再びプロバ規制なのでこれだけ
レス代行人さん、いつもありがとうございます
440 : 通りすがり[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 17:17:28.94 ID:???.net
整形は同じ土俵に上がれないのだ
441 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/12/18(水) 08:37:05.37 ID:???.net
プロバ規制が解けないので保守小ネタ
レス代行人さん、ありがとうございます


  .ミサト「双子といえば、この間TV見てた時なんだけどね」
  リツコ「あら、仲良く並んで見てそうね」
 加持「チャンネル争いもなさそうだしな」
  .ミサト「そ。で、その時やってた映画に、敵軍に捕まって、そのまま死んじゃった
     女の子がいてね。あとでその子のお兄ちゃんって男の子が出てくるのよ。
     妹を見取ってくれた主人公に、『僕の双子の妹なんだ。そばにいてやりたかった』
     って言うシーンがあって…」
  リツコ「シンジ君が、思わずうるっとしちゃったのね」
  .ミサト「あ! こら、もう、先に言わないでよう」
 加持「で、レイの反応はどうだったんだ?」
  .ミサト「それがね。その妹の子、不時着失敗した軍の大型輸送機に乗ってたんだけど、
     死ぬ前に、主人公に『積荷を燃やして…』って頼むのよ。レイったら、そこに引っか
     かったらしくってね。 『おかしいわ。再起動可能な機体を廃棄しようとするなんて』
     ですって」
リツコ「あらあら」
 加持「はは、彼女らしいっちゃらしいのかな。しかしシンジ君、がっかりしたろ」
  .ミサト「いや、むしろ『あれはエヴァじゃないから! 巨神兵だから!』って、一生懸命
     説明してたわ。ま、確かに似てるけどね」
 加持「おいおい」
  リツコ「相変わらず、面倒見がいいお兄ちゃんね」
  .ミサト「ところでリツコ、その巨神兵が口から出す、すごいビームあるじゃない」
 加持「ああ、王蟲の大群をなぎ払ったあれか」
  リツコ「プロトンビーム? 魅力的でしょうけど、エヴァには実装できないわよ」
  .ミサト「あ、もう、だから先に言わないでってば」
442 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/12/22(日) 18:23:05.41 ID:???.net
ミサトww
443 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 07:56:33.40 ID:???.net
test
444 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 08:00:24.85 ID:???.net
  .ミサト「そういえば、他のでも反応してたっけ。双子のお子様たちが出てるやつ」

    『やっぱりバルンガ、いい目してる! この剣、まだ人を殺してないっ』
    『やっ、やなこと言うなよー』
    『だって本当だもの! 父様の黒いヴィーニッヒなんか、血で真っ赤っ赤よ』

  .レイ「…私、こんなふうに、普通の人に見えないものなんか、見えたりしないわ」
 シンジ「え? あ、うん」
  .レイ「見えないから」
 シンジ「わ、わかってるよ」

    『あなたが「この世で一番美しい」と思っているGTMを、ここに降ろしていいよ』
    『マグダルーッ! いっ一番美しいGTMは、母上の「カイゼリン」だぞ!』
    『それとね、デプレに剣を教えてね。父様ったらちっとも教えてくれないの』
    『こらーっ! 言い直せ! マグダル!』

 シンジ「べ、別に僕、初号機がこの世で一番カッコいいロボットだなんて思ってないから」
  .レイ「そう?」
 シンジ「思ってないってば」
  .レイ「そう」

 加持「はははは、なんだそりゃ」
  .ミサト「ねっ? 面白いでしょー、二人」
  リツコ「…なんか自慢話されてるだけのような気がしてきたわ」
445 : 1/4[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 08:01:36.13 ID:???.net
 .アスカ「だから、二人ともミサトに甘すぎるのよ。
     何とも思わないわけ? 一応、保護者兼監督者でしょ? ズボラ、ガサツ、
     酒にだらしない、デリカシーはない、…ッもう前にも思ったけど、問題提起
     していいレベルよ、実際」
 シンジ「そこまで言うほどじゃ…それに、今日のはわざとだったと思うよ」
 .アスカ「わざと?」
 シンジ「…たぶん」
 .アスカ「何のためによ。場の雰囲気をほぐすためって言いたいなら、あれじゃミエミエで
     逆に鼻につくわ。どうせやってるうちに地金が出ただけよ。ま、ミサトらしいけど」
  .レイ「でも…見た目より緊張してたと、思う」
 .アスカ「ミサトが? どうだか。殊勝なこと言っても、結局、自分の情で動く性格だもの。
     そのくせ周りの目を気にしてる。それこそわざとらしいのよ、いつも」
  .レイ「……」
 シンジ「アスカ…なんか、冷たいね。ミサトさんに」
 .アスカ「別に、普通でしょ。それにミサトだけじゃないわ。まさか、赤木博士や加持さんまで
     一緒になって騒ぐなんて…あーあ、ゲンメツ。あの二人は子供じみた悪ノリとか、
     ましてや、家族ゴッコの脇役に甘んじたりしないと思ってたのに」
446 : 2/3[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 08:03:37.55 ID:???.net
  .レイ「……」
 .アスカ「何よ、妹。あんただって何も知らない子供ってわけじゃないんだから、今さら他人に
     ご機嫌取りされてもうるさいだけでしょ。ずっと大人どもの間でやってきたんだから」
 シンジ「…、そっか。アスカは慣れてるんだよね、…特別扱いされることに」
 .アスカ「今頃何言ってんのよ。ま、この私だって、傍から見ればどうせ一人で気を張りすぎて
     滑稽なんだろうけど」
 シンジ「まさか、そんなこと」
 .アスカ「お笑いよ、何もかも。わかってるもの。だから、常に目に見える戦績を示し続けて
     やらなきゃいけないの。しょせん確かなのは記録上の数値だけ、それ以外は、
     全部お飾りよ。人間なんて」
 シンジ「……」
  .レイ「…ずっと、そうしてきたのね。自分、一人で」
 .アスカ「そうよ。孤立無援で当たり前。…だから優しく見せようとする大人は、嫌いなの」

 加持「…なんて、今頃こき下ろされてたりしてな」
  リツコ「無理もないわよ。あの子たち、人の気持ちや思惑には本当に敏感だもの」
  .ミサト「にしても、いささかやり過ぎたわ。…見透かされてるわね、きっと」
 加持「それ込みでやったつもりもあったんだけどね。しかし逆効果だったかな」
  リツコ「あら、珍しく弱気?」
447 : 3/3[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 08:05:02.29 ID:???.net
 加持「相手があの子たちだから、かな。
     いくら偉そうに見せてたって、俺たち大人もくだらない人間に変わりないなってさ。
     わからないことだらけなのは、あの子たちと同じさ。それをわかったような顔をして
     やり過ごしてる、それだけだ」
  .ミサト「そう、…あの子たちの年頃には、大人になれば何でもわかると思ってたのにね。
     今はできないことだって何もかも解決できて、もっといろんなことができると思ってた」
  リツコ「なってみれば、期待してたことの半分も叶えていない。当たったのはこうして、酒に
     頼って愚痴をこぼし合ってることくらいね。自分は絶対にそうならないって、あれだけ
     嫌ってたはずなのに」
  .ミサト「増えたのは後悔の苦さと、自己嫌悪の数、か。それを経験と呼び、処世術と言い
     聞かせて、自分が成長してないと思い知らされることから目を背けてる。…ほんと、
     大人になっちゃったわね」
 加持「こうして、さもわかったように人生語ったりな。だからなんだろうな、せめてあの子たち
     には、生きることを重荷に思ってほしくないのは」
  .ミサト「つまらない大人になってほしくない、でしょ。…望んでもいないのに、立場上、
     大人以上の背伸びを強いられる。そういう子たちだもの。こうやって私たちが勝手に
     託す、同情や夢や、願いも含めて」
  リツコ「そうね。でも、あの子たちは初めから、私たちとは比べ物にならない責務を、すでに
     負っているのよ。誰も代わってあげることはできない」
  .ミサト「ええ、それもわかってる。…わかってるわ」
448 : 1/4[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 08:08:23.47 ID:???.net
キッチンで片付けするシンジとレイ

 シンジ「アスカはあんなこと言ってたけど、…でも、けっこう楽しかったな。今日」
  .レイ「うん。…たのしかった」
 シンジ「準備は大変だったけどね。ごめん、レイにもずいぶん手伝わせちゃったね」
  .レイ「ううん。それも、楽しかったから」
 シンジ「そっか。…また、やろっか。そのうち」
  .レイ「うん」
 シンジ(…そうしたら、そのときは)
  .レイ「…そのときは」
 シンジ「え?」
  .レイ「誘ったら…来てくれると、思う? …碇司令」
 シンジ「……」
  .レイ「…お兄ちゃん」
 シンジ「あ、いや、…、わかんないや。
     …でも、そうなったらいいだろうな。ちょっと、気恥ずかしいけど」
  .レイ「…うん」
 シンジ「だけど、想像つかないよ。あの父さんが、みんなと一緒に食事するなんて」
  .レイ「…、うん。…つかない」
 シンジ「…? レイ、…今、少し、笑った?」
  .レイ「?! あ…」
 シンジ「あ、ううん、別にいいんだよ。…ただ、レイも嬉しいんだな、って。父さんのこと」
  .レイ「うん…」
 シンジ「……」
  .レイ「お兄ちゃん、は」
 シンジ「え?」
  .レイ「そんなに、嬉しくないのね」
449 : 2/4[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 08:10:54.80 ID:???.net
 シンジ「そう、かな」
  .レイ「前ほど、気にしてないみたいだから。碇司令を」
 シンジ「…どうなんだろう。
     ここに来て、…レイやミサトさんや、アスカや、みんなと知り合って、エヴァ…父さんの
     仕事を知って。前より父さんの近くに来てるはずなのに、それで何かわかったのかって
     いえば、全然そんなことなくて。…父さんは結局、初号機のパイロットとしてしか
     僕を必要としてくれないのかもしれない」
  .レイ「……」
 シンジ「でも、少しはわかった気がするんだ。…わかる気がするんだ、レイを見てると」
  .レイ「…私」
 シンジ「うん。父さんは、レイのことちゃんと見てる。…ちゃんと、心配してる。
     それにこの前の作戦、僕は、レイだけは助けたいって必死に思ってた。それでそのあと
     急に気がついたんだ、零号機の事故の時、ハッチを手でこじ開けてまでレイを助けた
     父さんも、もしかしたら、僕と同じ気持ちだったんじゃないかって。そうなら、そのことは
     …そのことだけは、僕にもよくわかるから」
  .レイ「……」
450 : 3/4[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 08:12:11.42 ID:???.net
 シンジ「レイが、僕と父さんの間にいてくれるんだよ。
     レイがいるから、父さんと、少しは繋がってる気になれるんだ。父さんのことは、…僕を
     捨てたことや、勝手に呼び戻してエヴァに乗れって言ったことは、この先もずっと許せない
     かもしれない。でも、…レイのことだけは、父さんと一緒でいられる。だからもう、
     今までみたいに父さんのことばかり必死で見ようとしなくてもいいって、思えるように
     なったんだ」
  .レイ「…碇司令のこと、嫌いになったわけじゃないのね」
 シンジ「嫌いは、嫌いだよ。これまでもずっと。…ただ、それで全部じゃないって気がついたんだ。
     僕は、…父さんのこと、好きになってもいいのかもしれない、って。…レイのおかげだよ」
  .レイ「……」
 シンジ「あ…ごめん、こういうの、レイには余計だったかな。レイは、初めから父さんのこと、
     まっすぐ見れてるもんな」
  .レイ「…、わからない。
     そうじゃないかもしれない。お兄ちゃんが来るまで、私には碇司令しかいなかったから。
     それは本当に、その人を見てたことになるのか、…今は、わからない」
 シンジ「…、でも、ずっと見てたんだろ、父さんのこと。…なら、同じだよ」
  .レイ「そう?」
 シンジ「うん。僕はそれでいいと思う、そういうの、レイらしくて」
  .レイ「…私、らしくて?」
 シンジ「うん」
  .レイ「……」
 シンジ「…レイ?」
451 : 4/4[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 08:13:00.72 ID:???.net
  .レイ「…、お風呂、見てくる。タオルと着替え、出しておいたけど、心配だから」
 シンジ「あ、うん…」
 シンジ(どうしたんだろう、レイ)
 シンジ(最近、こうやって、何となく態度が硬くなる。…たぶん、救出作戦の後から)
 シンジ(作戦の前、使徒の中で何があったんだろう。リツコさんたちは記録上は何も残ってないし、
     本人も何も覚えてないらしいって言ってたけど)
 シンジ(…レイは、何も話してくれない)
 シンジ(……)
 シンジ(僕が、悪いのかな)
 シンジ(…さっき訊かれたとき、本当は、父さんより先にカヲル君が浮かんだ。
     彼のほうがよっぽど他人なはずなのに。レイは、ちゃんと父さんと向き合おうとしてるのに)
 シンジ(僕ばかりがそんなこと、…レイには、言えないよな)
 シンジ(…ん?)
  .レイ「やっぱり…あっ、だめ」
 .アスカ「ちょっと、ボケ兄妹! 何とかしなさいよこのトリ! ゆっくり風呂にも入れないじゃない!」
ペンペン「クワーッ!(それはこっちの台詞だっつうの!)」
  .レイ「二人とも待って、…あ!」
 .アスカ「きゃあ?! 何すんのよトリの分際で、こらッ待ちなさいよ!!」
 シンジ「うわ、ちょっと、アスカッ、なんて恰好してるんだよッ」
 .アスカ「?! どさくさに紛れて見てんじゃないわよこの馬鹿ッ!!」
 シンジ「見てない! 見てないよ、すぐ目つぶったってば!」
ペンペン「クエーッ、クワックワッ(はいはい、仲良く喧嘩してくれ)」
  .レイ「………」
452 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 08:17:01.27 ID:???.net
つづくって書き忘れたけど、もう少し続きます

規制解除やったー!
読んでくださった方、声をかけていただいた方、ありがとうございます
今年もあとちょいですが、少しでもいいものを出せるよう頑張る所存です
453 : 1/4[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 07:59:31.80 ID:???.net
レイの部屋
ベッドを半分ずつ使って横たわったアスカとレイ
背中を向けているアスカ

 アスカ「悪いわね。大騒ぎした上に、人の部屋に押しかけて」
  レイ「いい、別に」
 アスカ「そ。じゃ、眠るから」
  レイ「おやすみなさい」
 アスカ「……」
  レイ「……」
 アスカ「…ねえ、妹?」
  レイ「…なに」
 アスカ「別に、…まだ起きてるかなって思っただけ」
  レイ「……」
 アスカ「…なんか信じらんない、こうやってまた、他人と一緒に眠るなんて。こういうこと、
    私にはもう起きないんだろうなって思ってたのに」
  レイ「…そう」
 アスカ「知識を吸収して、訓練して、スキルを身体に叩き込んで。エヴァに乗って。
    使徒に勝って。また新しい戦術を身につけて。そういう繰り返しだと思ってたもの」
  レイ「……」
 アスカ「研究所でも、訓練施設でも、ユーロ空軍でも同じ。常にトップ、いつだって最上位。
    そういう毎日。それで当たり前。…なのにここに来たら、あんたとシンジがいる」
454 : 2/4[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 08:00:51.51 ID:???.net
仰向けのまま視線を向けるレイ

 アスカ「何の疑問も持たず言われたままに乗り続けるあんたと、周りの言うことに合わせる
    だけで精一杯で、覚悟も自負も、この責務の意味も、何も知らない馬鹿シンジがね」
  レイ「…私たちが嫌いなの」
 アスカ「べっつに。ずっと一人が普通だったから、他のパイロットってどんな奴かって思ってたら、
    似たようなレベルで仲良く横並びの二人が出てきて拍子抜けしたってだけよ」
  レイ「横並び」
 アスカ「そうでしょ。自分の技量をきちんと周りに示さずに、よく平気ね」
  レイ「自分の、存在、を?」
 アスカ「存在? まあ、似たようなもんか。…人と同じってことは、どっちでもいいってことよ。
    いつ選ばれなくなっても不思議じゃない。そのための努力を惜しんでるんだから。
    私なら御免ね、他人の予備とか、取替えのきく立場に甘んじてるなんて。それじゃ
    自分自身がどこにもいないじゃない」
  レイ「……」
 アスカ「ほんっと、どうして平然といい子でいられるのかしら。あんな大人どもの間で」
  レイ「大人?」
 アスカ「そ、私たちの周りの、大人。
    そりゃ私だって、最初は優等生で通そうとしたわ。みんなによく思われたかったもの」
455 : 3/4[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 08:01:37.91 ID:???.net
 アスカ「けど、みんな同じよ。
    保護者ぶろうとする輩も、対等な付き合いを演出したがる手合いも、私がどれだけ
    できるか見せつけられてるうちに、結局、苛立ちを隠せなくなる。本心じゃ私のこと
    見下してたからよ。
    で、どっちも、いざというときには『君はまだ子供だから』って拒絶するの。…ま、こんな
    こと言ってる私も、充分毒されてるか」
  レイ「…、そういう話は、私じゃなくて、お兄ちゃんとした方がいいと思う」
 アスカ「…またそれ? あんた、まだそうやって他人事みたいにやり過ごすつもりなの」
  レイ「私のことじゃない。
    あなたは、本当はお兄ちゃんに聞いてほしいんだと、思うから」
 アスカ「……
    小さい子みたいな調子で、わかったようなこと言わないでよ。…それに、あの馬鹿には
    もう前に訊いたわ」
  レイ「そう、仲、いいのね」
 アスカ「…そんなんじゃないわ。自分の立場に無自覚な奴を見てるとイライラするってだけ」
  レイ「……」
 アスカ「あんたもよ。ま、馬鹿シンジの代わりでいいんなら、別にどうでもいいけど」
4564/4[sage つづく] 投稿日:2013/12/30(月) 08:02:30.83 ID:???.net
  レイ「…そんなつもりないわ。それに、私には初号機は動かせないもの」
 アスカ「…、駄目…だったんだ。再起動実験」
  レイ「……」

そっと振り返るアスカ
天井を見ているレイ

 アスカ「いいじゃない。これで、あんたはあんたってはっきりしたんだから」
  レイ「…いえ、違うわ」
 アスカ「え?」
  レイ「零号機は、応用規格の少ない試作型。…それに零号機なら、私じゃなくても乗れる」
 アスカ「何言ってんのよ、あんたらしくもない」
  レイ「…私らしい」
 アスカ「そ。他人がどうだろうが、あんたは言われた通り乗るだけでしょ。馬鹿シンジや、あの
    うさんくさい予備パイロットが何をしようが、自分には関係ないものって顔して」
  レイ「…そう」
 アスカ「何よ、歯切れ悪いわね。言いたいことがあるなら、はっきり言いなさいよ」
  レイ「…いいの。…おやすみなさい」
 アスカ「……」
457 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 11:53:47.49 ID:???.net
うざっ
458 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2013/12/30(月) 13:08:26.20 ID:???.net
>>458
きゃわわ
459 : 1/5[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 10:02:58.63 ID:???.net
本部器楽室
蓋を閉じたピアノの上に置かれる楽譜
扉が開く
顔を上げ、振り返って微笑するカヲル

 .カヲル「…間に合ったね」
 シンジ「カヲル君!」

駆け寄るシンジ
向かい合ったカヲルの顔や身体を何度も心配そうに見回す

 .カヲル「やあ。…元気にしていた?」
 シンジ「僕は…僕のことなんか、別に…けど今まで一体、…あの、身体は? 大丈夫…?」
 .カヲル「……」
 シンジ「もう、あれからずっと顔も見れなくて、誰も何も教えてくれなくて…心配したんだよ、本当に」
 .カヲル「…ごめんね」
460 : 2/5[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 10:03:53.49 ID:???.net
 シンジ「あ…、いや、違うよ、カヲル君のせいじゃない。君を責めるつもりなんかなくて、…ただ、…
     あの、…そういえば、ここにいるなんて珍しいね、最近はずっと僕から誘ってたのに。テスト、
     今日はいいの?」
 .カヲル「うん。ここで処理すべきタスクは、ほぼ完了したからね」
 シンジ「そうなんだ、…じゃあさ、これからはもっと、普通にいられるといいね。学校に来たりとか、
     …あ、上の中学校なんだけど、トウジとかケンスケとか、面白い奴がいてさ。レイや
     アスカも一緒のクラスだし、きっと楽しいと思うんだ」
 .カヲル「……」
 シンジ「あ…、ごめん。僕ばっかり喋っちゃって…あの、それは? 楽譜、みたいだけど」
 .カヲル「これかい?
     ここで君と弾いていた曲だよ。譜面に起こしてみたんだ。良かったら、君に受け取ってほしい」
 シンジ「…、どうしたの急に、何だか、それって」
 .カヲル「シンジ君、…」
 シンジ「! 待って、あの」
 .カヲル「……」
461 : 3/5[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 10:04:51.26 ID:???.net
 シンジ「ッあの、…昨日、うちでみんなで食事したんだ、アスカやリツコさんたちも一緒に集まって、
     大騒ぎして。すごく楽しかったんだ、でも、君を誘えなくて…あのさ、良かったら、今度は、
     …その、君も一緒に」
 .カヲル「ありがとう。
     だけど、僕は行けない。今も無理を言って抜け出してきたんだ」
 シンジ「そっか、…ごめん、勝手なこと言って」
 .カヲル「ううん。嬉しいよ。君のホームに呼んでくれるなんてね」
 シンジ「ホーム?」
 .カヲル「帰る家。君の、家族がいるところだよ。
     妹さん、葛城二佐、それに今は友人もたくさんいる。良いことだね。少し、安心したよ」
 シンジ「カヲル君…? ねえ、どうしてそんなに、僕なんかのこと」

遥か遠くから見ている笑顔を向けているカヲル

 .カヲル「僕は、…いつも、君が心配だよ。…どこにいてもね」
 シンジ「カヲル君、…待ってよ、さっきからずっと、…まるで」
462 : 4/5[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 10:06:09.67 ID:???.net
 .カヲル「ごめん。
     近く、僕はこの本部を離れることになると思う。機体の調整が最終段階に入って、僕が
     必要になったんだ。それに、僕がここに留まること自体、不都合な者たちもいるようだから」
 シンジ「離れる…って、…どこに行くの」
 .カヲル「言えないんだ。場所も、正確な出立の日も。一応、機密事項になっているからね。
     ただ恐らく、自由に行動できるのは今日が最後だと思う。…だから、これでお別れだよ」
 シンジ「え…」
 .カヲル「心配しないで。ただの異動みたいなものだよ」
 シンジ「…、うん。…でも」
 .カヲル「……」
 シンジ「…遠く?」
 .カヲル「うん。遠くだ」
 シンジ「…そう、なんだ」
 .カヲル「……」
 シンジ「でも、…また、会えるよね。同じエヴァのパイロットなんだから」
463 : 5/5[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 10:07:31.83 ID:???.net
 .カヲル「…そうだね。
     シンジ君、…この次会う時は、僕のエヴァを携えて戻ってくるよ。今度こそ、君の力になりに」
 シンジ「うん…」
 .カヲル「……」
 シンジ「…あの」
 .カヲル「何だい?」
 シンジ「さっき、僕には家族や友達が一緒にいるって言ってくれたけど…君だって、そうだよ。
     君は僕の友達だ。…大事な」
 .カヲル「…僕を、…そう呼んでくれるのかい?」
 シンジ「うん。当たり前だよ、…カヲル君」
 .カヲル「…ありがとう、シンジ君。
     また会おう。それまで、元気で」
 シンジ「うん。必ず、また。…待ってるから」
 .カヲル「…うん」

カヲルからシンジへ手渡される楽譜
室外 閉じた扉の前に一人佇むレイ
何度か意を決したように顔を上げるがそのたびにうつむき、やがて無言できびすを返す
464 : 1/3[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 10:08:50.08 ID:???.net
 シンジ「ベタニア…ベース…? ネルフの支部、ってことですか?」
  .ミサト「そう、本部人員にもほとんど知らされていない極秘基地。あそこは、ユーロの発言権が
     大きいからなおさら、ね。
     その地下深部には、シベリア凍土から発掘された使徒が封印されていたの。それを
     監視し、万が一封印が破られることがあればその即時殲滅を使命としていたのが、
     エヴァンゲリオン仮設5号機」
  .レイ「なら、その命令の通り、使徒殲滅を果たしたんですね」
  .ミサト「そうよ。ただ、使徒の脱出を阻止するため、5号機は自爆。パイロットの所在も不明…
     オートエジェクションの作動と、エントリープラグを回収した痕跡は確認されているから、
     国連本体かユーロの庇護下で生きていることは確かだけどね」
 シンジ「そう、なんですか…」
465 : 2/3[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 10:09:47.25 ID:???.net
 .アスカ「何よ、怖気づいたの? 私たちもやったじゃない、自分の死を想定に入れた作戦くらい」
 シンジ「そうだけど…知らなかったから。僕ら以外にもエヴァに乗ってる人がいて、たった一人で
     そんな、自爆までしなきゃならない任務を背負ってたなんて」
  .ミサト「それだけ、使徒が手強かったのよ。5号機は四肢のほとんどを機械で補った仮設機
     だったしね。そのハンデも考えると、パイロットの度胸勝ちってところかしら」
 シンジ「すごい…」
  .レイ「…うん」
 .アスカ「でもそいつ、結局エヴァを犠牲にしてやっと相討ちでしょ? 大したことないわ。大体、
     エヴァのパイロットに選ばれておきながら機体を乗り捨てるなんて、その発想からして
     根本的に信用できないわ」
  .ミサト「確かに、あなたたちとはかなり違う考え方の持ち主だってことは言えるわね」
  .レイ「でも、なぜ今、その話なんですか」
  .ミサト「そのことなんだけど…バチカン条約の話は、もう習ったわよね?」
466 : 3/3[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 10:11:47.23 ID:???.net
 シンジ「あ、はい。ひとつの国が保有できるエヴァは、最大で三機だっていう条約…ですよね」
 .アスカ「よくできましたー。つまり、私たちの場合はもうこれ以上、新たな機体を配備できない
     ってことよ」
  .レイ「すなわち、今後起こりうる状況によらず、現状を越える規模の作戦は、行えない」
  .ミサト「そう。使徒の脅威は、当初の予測以上に大きくなってきているわ。だけど国際条約上、
     この本部が単独で四機以上の大戦力を保有することはできないの。だから、いずれ
     今後は、他国ないし他政治圏との共同作戦の話が出てくるかもしれない。
     そのときは、今話した5号機のパイロットが、協力候補の筆頭に上がってくるはずよ」
 .アスカ「そんな、実現するかもわからない話をされたってどうしようもないわよ。
     この私と2号機がユーロから来た時だって、もともと決まってた話だったのにもかかわらず
     直前になって、あれだけすったもんだしたじゃない。国際協力? はん、現実味が
     まるでないわ」
  .ミサト「そうなんだけどね。でも、先に知っておいてもらう方が、そのときになってから一度に
     詰め込まれるよりはマシかと思ってね。
     今すぐ何か変わるって訳じゃないわ。ただ、一応頭の隅には、留めておいてね」
 シンジ「…、はい」
467 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[] 投稿日:2013/12/31(火) 10:13:11.37 ID:8SEcEHDa.net [1/1回]
 シンジ「……」(クンクンクン)
  .レイ「何してるの」
 シンジ「!! あっいや、別に、何でもないよ」
  .レイ「…?」(スンスンスン)
 シンジ「ちょっ、ほんとに何でもないってば、うわっ、…こら、レイっ」
  .ミサト「…何やってるの? 二人でくっついて」
 シンジ「えっ?! や、いえ、あのっ、何でもないですから。レイ、もういいだろ」
  .レイ「…何も変な匂い、しないわ」
 シンジ「え…あ、…そうだよね。ッじゃなくて、もう」
  .レイ「何が、気になるの」
 シンジ「それは…」
  マリ(じゃ、このことは他言無用で!)
 シンジ「…えっと、その」
  .ミサト「なーに? お互いの匂いが気になるの? そういや、機体の相互換試験のときも
     そんなこと言ってなかったっけ、二人とも。その後の一大事でうやむやになっちゃったけど」
468 : 2/2[sage つづく] 投稿日:2013/12/31(火) 10:16:12.65 ID:???.net
  .レイ「…そう、この匂いがした。だから、お兄ちゃんの近くにいる気がして」
 シンジ「え…、そう、なんだ」
  .ミサト「ふーむ。なーんか、普段の双子らしからぬ行動ね。くっついて、お互いの匂いと体温で
     安心するなんて、まるで…」
 シンジ「え?! べ、別にそういう訳じゃ」
  .ミサト「…いや、というより、何だか動物みたいだわねぇ。そう、犬とか猫とかハムスターとか」
 シンジ「……ええー…」
  .ミサト「あ! そういえば、リツコが前くれた写真がケータイにあったっけ。…ほら、これこれ!」
  .レイ「ねこ、ですか」
 シンジ「まあ…確かにくっついてますけど」
  .ミサト「何て言ってたっけ、そう、猫だんご! じゃあ、さしずめウチのは双子だんご…?
     んんー、イマイチ語呂悪いわね。何かいい呼び方ないかしら」
 シンジ「ちょっと、一人で面白がらないでくださいよ! ミサトさんてば!」
  .レイ「ねこ、…かわいい」


以上で新劇版路線へのシフト終了、規制中に書き溜めた分も終了
うっとうしくてごめんなさい
静かにやるのでどうか放置してくださいな
469 : 1/4[sage] 投稿日:2014/01/11(土) 10:59:26.02 ID:???.net
 シンジ「あ、レイ!
     今週週番でさ、もう行かなきゃ。ごめん、お弁当自分で包んでくれる」
  .レイ「え…?」
 シンジ「ミサトさん、ゴミ捨て行っちゃいますよ! レイ、ごめんよ。先に行くね」
  .レイ「…でも、私、今日」
  .ミサト「ちょい待ってー!って、あちゃー、行っちゃったか…
     ん、どしたの? レイ」
  .レイ「…お弁当」
  .ミサト「そっか、今日は本部で臨時の検診だっけ。シンジ君、知らずに作っちゃったのね」
  .レイ「……」
  .ミサト「んーむ、一応、持ってったら? せっかくの愛情弁当だし」
  .レイ「あいじょう」
  .ミサト「そ。毎日、食べる人のこと考えて、喜ぶ顔が見たくて、作ってるのよ。シンジ君は。
     だから、おいしく食べて、ごちそうさまって言ってあげるのが、食べる方のギムよん。
     …なんてね、難しく考えないでいんだけど。どうする? なんなら、こっちで誰かに
     手伝ってもらっちゃうけど」
  .レイ「…、いえ、持って、いきます」
  .ミサト「オッケー。んっ? レイも、なかなかいい笑顔するようになったじゃない」
  .レイ「え、…そう、ですか」
  .ミサト「そ。今の、お弁当手に取った顔。かっわいいわよ、女の子らしくて」
  .レイ「……」
  .ミサト「って、おっと、困らせちゃったか。ごめんごめん。
     じゃ、先に出るから、戸締りよろしくね」
  .レイ「はい」
470 : 2/4[sage] 投稿日:2014/01/11(土) 11:00:15.44 ID:???.net
本部大深度施設
LCL槽の中で目を開くレイ
正面に立つ碇とリツコ

 リツコ「前回同様、目立った変動はありません。境界値が0.00001%低下していますが、
    許容範囲内です」
  碇「ああ、問題あるまい。零号機の試験スケジュールを前倒しし、再就役を急げ」
 リツコ「はい」
  碇「レイ、上がっていいぞ。…食事にしよう」

頷き、ふと目を見開くレイ
471 : 3/4[sage] 投稿日:2014/01/11(土) 11:03:26.43 ID:???.net
本部上階
テーブルについた碇のところへ歩み寄っていくレイ

  .碇「どうした。遅かったな、何か支障があったか」
  レイ「…いえ」
  .碇「…? 何だ、それは」

席についたレイの前に置かれた薬剤とお弁当包み
ナプキンの結び目にかかる両手
包みをほどく手つきの優しさに目を留め、すぐに視線を逸らす碇

  .碇「…シンジが作ってるのか。最近は、どうしている。問題はないか」
  レイ「はい。…あの、碇司令」
  .碇「なんだ」

返事がないことをいぶかしみ顔を向ける碇
はっとするほど無防備な表情のレイ

  .碇「どうした。…食べればいいだろう」
  レイ「…、味見、してみませんか」
  .碇「…何?」
  .レイ「食べる人が喜ぶように、…喜んでほしくて、作ってる、んです。
     私、…いつも、おいしくて、嬉しい、から。…だから、…碇司令にも、きっと」
  .碇「……」
  レイ「…だめ、ですか」
  .碇「…いや。…だが、私には」
  レイ「…だめですか」
  .碇「………」
472 : 4/4[sage つづく] 投稿日:2014/01/11(土) 11:04:14.66 ID:???.net
 冬月「で、結局どうしたのかね。食べたのか?」
   碇「…ああ」
 冬月「そうか」
   碇「…それが、どうかしたか」
 冬月「いや。ただ、そこまで険しい顔をすることでもあるまいに」
   碇「どうでもいいことだ。下らない些事に過ぎん」
 冬月「そうかね。
     …しかし、美味かったろうな。下の連中の評判は聞いておるよ。それに、もしや
     ユイ君の味が伝わっているかもしれんしな。…懐かしいことだ」
   碇「…? 待て、なんでユイの味を知っている」
 冬月「おや、話しておらんかったか? 昔、生態調査に出たときは、たいてい彼女が
     お弁当を作ってきてくれたものだったよ。毎回おかずを工夫してきてくれてな…、
     ん、どうかしたか」
   碇「……何でもない。仕事に戻る」
 冬月「そうか」
473名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/01/15(水) 12:49:33.06 ID:???.net
いつも乙です
474 : 1/5[sage] 投稿日:2014/01/17(金) 18:59:09.38 ID:???.net
夕食後
食器洗いを終えてエプロンはずそうとするシンジ

 シンジ「あれ? レイ、お弁当箱は? 今日、持っていったよね」
  .レイ「…あっ」
  ミサト「どしたの? ん、もしかして忘れてきちゃったんじゃない、本部に」
 シンジ「? ミサトさん、本部って」
  ミサト「ああ、今日、レイ、臨時の検診だったのよ。急に予定が入っちゃってね」
 シンジ「それは聞いてますけど、そうじゃなくて、なんでそれで忘れ…あっ」
  ミサト「ん?」
  .レイ「…、検査の後、食事…したから。それで、その時に」
 シンジ「それでって、…もしかして、レイ」
  .レイ「うん」
 シンジ「…え」
  ミサト「??」

急に顔色を変えるシンジ
はっとするレイ
傍の椅子に叩きつけられるエプロン

 シンジ「…何てことするんだよッ!
     そんな、僕に黙って、一人で、…どうしてそんな勝手なことしたんだよ!」
  .レイ「…!」
  ミサト「ちょっと、シンジ君?! どうしたの、あっ、待ちなさい! シンジ君!…
     一体どうしたのかしら、突然」
  .レイ「……」
475 : 2/5[sage] 投稿日:2014/01/17(金) 19:02:21.97 ID:???.net
テーブルで向かい合うミサトとレイ

  ミサト「…なるほどね。
    碇司令にお弁当を食べてもらった、か。…道理で、シンジ君が過敏になった
    わけだわ。にしても、あのやりとりだけでそこまでわかっちゃうなんて。双子の
    以心伝心も、時と場合によりけりね」
  レイ「……
    どうして、…お兄ちゃんは」
  ミサト「あんなふうに急に怒ったのか、よね? …そうね、レイにとってはまだちょっと
    複雑だったかもしれないわね」
  レイ「…私、お兄ちゃんを傷つけた、んですか」
  ミサト「んー。ま、結果的には、ね」
  レイ「…ひどいこと、…してしまったのね」
  ミサト「それは違うわよ、レイ」
  レイ「…え?」
  ミサト「お弁当、いつも嬉しかったんでしょ?
    そしてお父さんにもう少し近づきたかった。シンジ君と一緒に。だから、シンジ君が
    気持ちを込めて作ってくれたものを、お父さんにも知って欲しかった。
    そうでしょ?」
  レイ「…、はい」
  ミサト「なら、何も間違ったことはしてないわ。
    レイはレイの一番大事なものを、大事な人にあげただけだもの」
  レイ「…でも」
476 : 3/5[sage] 投稿日:2014/01/17(金) 19:03:30.23 ID:???.net
  ミサト「そうね。シンジ君は喜んでくれなかった」
  レイ「…そう、…喜んでくれるって、勝手に思ってた。自分だけ、何も訊かずに」
  ミサト「ん。結果は違っちゃった。シンジ君の気持ちは、少し違った。
    そのことはきちんと受け止めないとね」
  レイ「…はい」
  ミサト「シンジ君はね、お父さんのこと、どう感じていいかまだ迷ってるのよ。レイが碇司令の
    傍にずっといたことも、頭ではわかってても、自分自身の気持ちをどうしたらいいか、
    まだ整理できてない。お父さんのことだけは、レイと同じ感じ方はできないの。たとえ、
    同じ双子でもね」
  レイ「……」
  ミサト「だけど、レイの気持ちも間違ってたわけじゃない。それは本当よ」
  レイ「…本当」
  ミサト「そ。他の誰が違うって言っても、私はレイの気持ち、正しかったって信じるわ」

少し両目を見開くレイ
廊下で壁に背中をつけて二人の会話を聞いているシンジ
唇を噛んでうつむく
477 : 4/5[sage] 投稿日:2014/01/17(金) 19:04:45.58 ID:???.net
  ミサト「だから自分の気持ちから逃げずに、シンジ君とちゃんと向き合いなさい。
    …大丈夫よ。シンジ君だって本気で怒ってるわけじゃないわ。レイの気持ち、
    誰よりもよくわかってるはずだもの。ただ今すぐには受け止めきれなかっただけ。
    心配要らないわ」
  レイ「…、はい。
    ! …お兄ちゃん」

キッチンに入ってくるシンジ
目を伏せるレイ

 シンジ「…すみませんでした、ミサトさん。急にあんなことして…もう、大丈夫です」
  .ミサト「そ。わかったわ。…話、聞いてた?」
 シンジ「…、はい。途中から、少し」
  .ミサト「ん。じゃ、もうわかってるわね」
 シンジ「はい」

うつむいているレイ

 シンジ「…、ごめん、レイ」
  .レイ「!」
478 : 5/5[sage つづく] 投稿日:2014/01/17(金) 19:06:20.26 ID:???.net
顔を上げるレイ
少し不器用に微笑んでいるシンジ

 シンジ「ごめん。急に、あんな言い方して。…ひどいこと言ったよね」
  .レイ「…ううん、…違うの。私、が」
 シンジ「いいんだ。僕は、…いきなりでまだちょっと驚いてるけど、でもやっぱり、嬉しいよ。
     ありがとう。父さんのこと、ちゃんと考えてくれてて。…ありがとう」
  .レイ「…お兄ちゃん」
 シンジ「ん?」
  .レイ「…どうして、…私のこと、わかってくれるの。…私は、わかってない、のに」
 シンジ「そんなことない。それに、当たり前だよ。双子なんだからさ」
  .レイ「…あ」

瞬きし、ようやくゆっくりと笑顔になるレイ


>>473
いつもありがとうございます
479 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/01/20(月) 07:53:58.27 ID:???.net
 シンジ「えっと…今日は、ミサトさん遅いんだっけ。晩ご飯レイと食べて、それから
     ミサトさんに何か作っとけばいいかな…、あれ?」
  .マリ「おっ」
 シンジ「あ! もしかして、…いつかの」
  .マリ「ワンコ君じゃん。ひっさしぶりぃ。いい子にしてた?」
 シンジ「…やっぱり…」
  .マリ「スーパーの袋さげて、今帰りなんだ? 毎日大変だねー」
 シンジ「別に、大変ってほどじゃ…あの、何してるんですか、こんなところで」
  .マリ「何って、ていうか、何もそんな、不審人物を見る目で見なくたっていいじゃない?」
 シンジ「えっ? あ、…すみません」
  .マリ「うそうそ。ま、そうだよね。充分怪しいかー、空から降ってきた女の子じゃ。って、
     ロマンないねぇ、君」
 シンジ「え…そう、ですか…」
  .マリ「なーんちゃって。…気になる?」
 シンジ「…ええ、まあ」
  .マリ「なんか熱意ないなぁ。ま、いっけどさ。んーっとそうだな、この街の、社会見学…」
 シンジ「え?」
  .マリ「…かな? 一応。見ての通り、子供なんで」
 シンジ「……」
  .マリ「なーに、その目は。信じてないな? 一応ホントなんだけど。…っとと、時間時間、
     こんなことしてるヒマないんだった。それじゃ、また他言無用でよろしくぅ」
 シンジ「ええ?!」
  .マリ「じゃっ、『妹』の世話、がんばってね。ワーンコ君っ!」
 シンジ「??? …何だったんだよ、一体」
480 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/01/22(水) 22:14:05.53 ID:???.net
マリから見れば弟か
481 : 1/5[sage] 投稿日:2014/02/01(土) 09:37:12.85 ID:???.net
本部エレベータ前に佇む碇
扉が開く
一瞬躊躇し、乗り込む碇
動き出すエレベータ

   碇「……」
 シンジ「……」

隅に寄ってややうつむいているシンジ
ふと顔を向ける
差し出された碇の手に、きちんと包み直されたお弁当箱

 シンジ「これ…? あ、そうか、レイが」
   碇「…ああ。…返すのが遅くなった」
 シンジ「え…、あ、…その、いいんだ、別に」
   碇「そうか」
 シンジ「……」
   碇「……」
 シンジ「…父さん?」
   碇「なんだ」
 シンジ「あの、…、…ありがとう。食べてくれて」

シンジを見る碇
482 : 2/5[sage] 投稿日:2014/02/01(土) 09:38:43.37 ID:???.net
見上げているシンジ
ややあってお互いに目を逸らす

 シンジ「…レイがさ、喜んでた。うれしかった、って」
   碇「…そうか」
 シンジ「それで…その、…父さんは」
   碇「シンジ」
 シンジ「え?」
   碇「…弁当、うまかった。
     だが、もうこういうことはするな。レイにもそう伝えておいてくれ」
 シンジ「…え」

もうシンジを見ていない碇

   碇「私には責務がある。お前の父親でだけいることはできない。…その時間がない」
 シンジ「なんで、…だって」
   碇「お前もそうだ。お前はもうただの中学生ではない。エヴァに乗り、使徒を倒す。
     それがお前の責務だ。他の人間は誰も代わりができないお前の使命だ」
 シンジ「…でも」
   碇「互いの立場を自覚しろ」
 シンジ「……」
483 : 3/5[sage] 投稿日:2014/02/01(土) 09:40:53.85 ID:???.net
   碇「…話はそれだけだ。いいな」
 シンジ「……
     はい。…でも、レイには言えません」
   碇「なぜだ」
 シンジ「…なぜ、って」

うつむいたまま表情を険しくするシンジ

 シンジ「…僕はいいよ。だけどレイは、…レイがかわいそうだって思わないの、
     父さんは」
   碇「なに…?」

反射的に目を向けるシンジ
無表情の碇

 シンジ「寂しくないかとか、つらいだろうとか、そういうふうに考えたことないの?
     ずっと一緒だったんだろ?!」
   碇「ああ。ないな」
 シンジ「…!」
   碇「彼女に同情や憐憫を感じることはない。そう決めている。
     お前はそんなことでレイに関わったのか」
 シンジ「そんなこと、って…!」
484 : 4/5[sage] 投稿日:2014/02/01(土) 09:43:55.63 ID:???.net
まともにシンジを見下ろす碇

   碇「レイを引き取ると決めたのはお前自身だろう。ならばお前がレイに伝えろ。
     お前の責任だ」
 シンジ「…責任って、僕はそんなふうに、…そんなつもりで一緒にいるんじゃ」
   碇「甘えるな。人と関わることは、それ自体が責任と同義だ。その自覚がないなら
     お前がしているのはただの逃避だ」
 シンジ「……」
   碇「背負いきれないなら最初から手を出すんじゃない」
 シンジ「……」
   碇「…わかったな」
 シンジ「……」

エレベータの扉が開く
大股に歩み出ていく碇
碇に一礼し、入れ替わりに乗り込んでくるミサト
485 : 5/5[sage つづく] 投稿日:2014/02/01(土) 09:45:07.57 ID:???.net
自分の足元を見つめているシンジ

  ミサト「…シンジ君?」
 シンジ「……」
  ミサト「…何か、あった? 今ので」
 シンジ「……」
  ミサト「…そっか。
     でも、もしも話したくなったら、いつでもいい、教えて。聞いてあげるくらいはできるわ。
     私でも、レイでもね」
 シンジ「……」
  ミサト「さっ、帰りましょ。…いつまでもそうやって下向いてると、レイがお兄ちゃんを心配するわよん」

ミサトを見るシンジ
シンジを覗き込んだり心配したりでもなく、普段通りの顔をしているミサト
視線を戻し、意識して少し笑ってみるシンジ
486名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/02/04(火) 12:07:26.49 ID:???.net
いい雰囲気
487 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 07:26:48.56 ID:???.net
test
488 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/02/12(水) 21:07:49.53 ID:???.net
落ち着いた雰囲気でいいな
489 : 1/3[sage がんばらねば] 投稿日:2014/02/25(火) 07:15:31.91 ID:???.net
>>486 >>488 ありがとうございます


夕食後
並んで後片付けするシンジとレイ
食器の中に混じったお弁当箱に気づいて瞬きするレイ

  .レイ「…これ」
 シンジ「あ、…父さんが今日、返してきたんだ。本部に行ったときに」
  .レイ「そう」
 シンジ「うん…」
 シンジ(…あ)
 シンジ(もしかして、レイ…自分に返して欲しかった、のかな)
 シンジ「…あの」

そっとレイの方を窺うシンジ
うつむいた横顔を見せているレイ
ふいに、ごく小さく笑う
490 : 2/3[sage] 投稿日:2014/02/25(火) 07:16:23.18 ID:???.net
 シンジ「?! どうしたの、…何か、おかしかった」
  .レイ「ううん、そうじゃなくて。
     碇司令、…お兄ちゃんにそれ、渡したくて、ずっと持ち歩いてたのね。…何か、
     不思議な気がして」

はにかんだような微笑で素直にシンジを見ているレイ
言葉を失うシンジ

  .レイ「…どうか、した」
 シンジ「あ、いや、何でもないよ。…そうだよな、考えてみたら、父さんらしくないよね、
     それって。…気がつかなかったな」
  .レイ「そう?」
 シンジ「ん…あの、それで」
  .レイ「なに」
 シンジ「その、父さんのことなんだけど、…レイ」
  .レイ「?」

レイに向き直るシンジ
無心に見つめ返すレイ
シンクの水音が響いている
491 : 3/3[sage つづく] 投稿日:2014/02/25(火) 07:18:13.33 ID:???.net
  .レイ「…お兄ちゃん?」
 シンジ「…あ、…
     父さん、…うまかったって。レイにも、…レイにも、そう、伝えておいてくれ、って」
  .レイ「そう…なの」

もう一度ほのかに微笑むレイ
言葉を続けようとしてできず、口をつぐみ、食器洗いを再開するシンジ
レイも倣って視線を戻す

  .レイ「…よかった」
 シンジ「…うん」

黙って片づけを続ける二人
普段より丁寧すぎるくらいの手つきで皿をすすいでいるシンジ
頑ななその横顔を見つめるレイ
492名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/02/25(火) 18:09:59.05 ID:???.net
落ち着くね
493名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/02/25(火) 19:23:37.09 ID:???.net
きもい
死ね
494名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/02/25(火) 20:47:10.45 ID:???.net
>>493
お前が死ね
495 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/02/26(水) 11:49:00.87 ID:???.net
最高
496 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/02/26(水) 12:15:55.28 ID:???.net
>>494
お前が死ね
497 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/03/05(水) 07:54:57.60 ID:???.net
test
498 : 1/7[sage] 投稿日:2014/03/07(金) 17:42:05.91 ID:???.net
>>492 ありがとうございます
地味にひっそりやっていくつもりですので、できればsage進行でお願いいたします


暗い自室でベッドに横たわったシンジ
襖が開く音
細く覗いた廊下に、タオルを肩にかけて立つ風呂上がりのミサト
背中を向けたまま動かないシンジ

  ミサト「まだ起きてた? シンジ君」
 シンジ「…はい。…あの、レイは」
  ミサト「さっきお風呂入って、寝たわ。…心配してたわよ、具合でも悪いのかって。
     大丈夫?」
 シンジ「…はい。何でも、ないですから」
  ミサト「そう」

襖の前にたたずんでいるミサト
少し迷い、顔を上げる

  ミサト「シンジ君」
 シンジ「…はい」
499 : 2/7[sage] 投稿日:2014/03/07(金) 17:43:28.38 ID:???.net
  ミサト「昼間のこと、気にしてるのね。本部で、お父さんと一緒になった時のこと」
 シンジ「……」
  ミサト「そのときお父さんに、何か言われた。…レイのことで。そうよね」    
 シンジ「……」
  ミサト「打ち明けろ、なんていうつもりはないわ。話したくないなら、レイにだって
     言わなくでもいい。あなた自身で決めていいことだもの。…ただね、シンジ君」
 シンジ「……」
  ミサト「お父さんのこと、恨むのはよしなさい。
     あなたには辛いことを言ったのかもしれない。全然父親らしくない、きつい言葉を
     かけたのかもしれない。でもねシンジ君、…それは、お父さんがあなたのこと
     信頼してるからだと思う。もう何もわからない子供じゃないって、認めてくれた
     …信じてくれたからこそ、出た言葉なのよ」

なかば自分に聞かせるように語るミサト
目をつぶっているシンジ

  ミサト「だから子供扱いはしなかった。そう思ってみて。…いえ、そう思ってあげなさい。
     そうすることで、あなたも、お父さんを」
 シンジ「…わかったようなこと言わないでよッ!」
  ミサト「!」
500 : 3/7[sage] 投稿日:2014/03/07(金) 17:44:29.89 ID:???.net
 シンジ「そういうの、…やめて、ください。…すみません。でも」
  ミサト「……
     いえ、いいの。…独りよがりだったわね、私。…ごめんなさい」
 シンジ「……」
  ミサト「もう寝るわね。…気にしないで、ゆっくり休んで。おやすみなさい」
 シンジ「…おやすみ、なさい」

襖の閉まる音
足音が遠ざかり、廊下の明かりが消える
きつく眉間にしわを寄せるシンジ
ぎゅっと身体を丸める

 シンジ(…最低だ)
 シンジ(ミサトさんは心配してくれたんだ。それを、あんなふうに突き放して)
 シンジ(レイには、…嘘ついて、ごまかして)
501 : 4/7[sage] 投稿日:2014/03/07(金) 17:45:36.85 ID:???.net
 シンジ(僕は…父さんのこと、全然まともに向き合おうとしてない。…父さんの方は
     僕に話しかけたっていうのに)
 シンジ(父さんからも、…レイからも、逃げてるんだ)

   碇(お前がレイに伝えろ。お前の責任だ)
   碇(お前の父親でだけいることはできない。互いの立場を自覚しろ)

 シンジ(…言えるわけない)
 シンジ(あんなに嬉しそうに笑ってたレイに、そんなこと言えるはずないだろ)
 シンジ(…でもそれも嘘なんだ。父さんの本当の言葉を伝えたら、レイはきっと
     すごく傷つく。…その顔を見たくない。傷ついても、たぶんレイは父さんのこと
     嫌ったりはしない。ただ、自分を、責める。…それは、僕が責められてるのと
     同じだ)
 シンジ(僕はそれが嫌なだけだ。レイが傷つくことが、怖い。それ以上に、…レイに
     嫌われるかもしれない、それが怖い。…そのとき、レイと向き合うことが怖い。
     そんな勇気はない。だから逃げてる)
502 : 5/7[sage] 投稿日:2014/03/07(金) 17:46:32.77 ID:???.net
 シンジ(…結局、僕は誰からも逃げてばかりなんだ)
   カヲル(…そう?)
 シンジ「!」
   カヲル(君は、お父さんも妹さんも、恨んでしまいたくないだけだよ。 二人を
      大事に思うから、自分一人を悪く見たがるのさ。自責することはないよ)
 シンジ「カヲル君、…」
   カヲル(僕は、いつも、君が心配だよ。どこにいてもね)
 シンジ(…カヲル君)

目を開き、投げ出した両手を握りしめるシンジ
強く唇を引き結ぶ

 シンジ「…いや、駄目だ」
 シンジ(父さんには頼れない。ミサトさんは、気遣ってくれても、助けにはなってくれない。
     レイには言えない。そう、言わない。僕が自分で決めたんだ)
 シンジ「一人でやるしかない。…僕がレイを、守らなきゃいけないんだ」
503 : 6/7[sage] 投稿日:2014/03/07(金) 17:48:09.82 ID:???.net
暗い自室でベッドに横たわったレイ
天井を見つめている

  レイ(…お兄ちゃん)
  レイ(また無理してる。言わなくても、わかる)
  レイ(たぶん、私のこと)
  レイ(私…)
  レイ(…私にできることって、何?)

想起されるエヴァのイメージ
そのまま襲いくる使徒の暴力的なイメージにすり替わる

  レイ「…!」

大きく目を見開くレイ
反射的に上掛けを掴む両手
その指が緩む
504 : 7/7[sage つづく] 投稿日:2014/03/07(金) 17:50:39.70 ID:???.net
   シンジ(レイ! しっかりしろよ、レイ…!)
   シンジ(馬鹿だな、謝らなくたっていいんだよ。レイはレイでいい。僕は、レイが
       帰ってきてくれただけで、それだけでいい)
  レイ「あ…」
   シンジ(だったら、レイは僕が守る。一緒に生きてけば、何だってできるよ)
  レイ「……」

目を閉じて温かな感情を噛みしめるレイ
やがて再びまぶたを開き、悲しいような目になる

  レイ(…そうじゃない。…やっぱり、違う)
  レイ(私が、お兄ちゃんを守る)
  レイ(私には、他に何もできることがないもの)

まっすぐ暗い天井を見上げるレイ
壁と廊下を隔てて室内の暗闇を睨みつけているシンジ
夜が更ける
505 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/03/16(日) 07:57:33.03 ID:???.net
静かになりましたね
506名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/03/19(水) 20:11:59.21 ID:???.net
楽しみ
507 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/03/27(木) 07:07:22.73 ID:???.net
test
508 : 1/6[sage] 投稿日:2014/03/27(木) 08:22:02.67 ID:???.net
>>506 …ありがとうございます
進行遅くてすみません


  ヒカリ「…でね、お姉ちゃんが行ってみたんだけど、けっこういいんだって!」
 アスカ「へえ、この街にもできたんだ。第二東京まで出なきゃだめかと思ってた」
  ヒカリ「そうなのよ。ね! 帰り、一緒に寄ってみない?」
 アスカ「これから? んー…悪いけど、パス。今日も2号機のテストスケジュール、
     遅くまで詰まってるのよ。ゴメンね、いつも誘ってくれるのに」
  ヒカリ「そっか…ううん、いいの。気にしないで。その、がんばってね、エヴァのテスト」
 アスカ「定例の試験くらい、がんばらなくたってラクショーよ。じゃね、また明日!
     …ほら妹、あんたも再試験でしょ? とっとと行くわよ」
  レイ「……」
  ヒカリ「碇さん? どうしたの?」
  レイ「…、…、お兄ちゃん、いなくて」
 アスカ「はぁ? …あれ、ホントだ。
     何よ、双子のくせにばらけてるわけ? いつも仲良く一心同体かと思ってた」
  レイ「……」
  ヒカリ「え、えっと…確か男子は今週、音楽室の掃除当番になってるわ。まだ
     戻ってないんじゃないかしら」
509 : 2/6[sage] 投稿日:2014/03/27(木) 08:23:59.94 ID:???.net
  レイ「…ありがとう。…行って、みる」
 アスカ「ったくもう、いつまでもぐずぐずして。私、先に本部行ってるわよ!」
  ヒカリ「あ、じゃあ、また明日ね! …
     あっ、鈴原に相田君!」
 トウジ「な、何や、委員長。掃除ならちゃんとサボらずやってきたで」
  ヒカリ「違うわよ。碇君、一緒じゃないの?」
.ケンスケ「え、シンジ?」
 トウジ「ん? 何や、先に戻っとったんやないのか?」
.ケンスケ「俺たち二人、ゴミ捨てで別行動だったんだよ。おかしいな…カバンあるから、
     帰ったわけじゃなさそうだけど」
 トウジ「他の連中は…おるみたいやな。シンジだけか?」
  ヒカリ「今、碇さんも探してて。あなたたちと入れ替わりに音楽室に行ったところ」
 トウジ「へ?」
.ケンスケ「碇妹が? シンジを?」
 トウジ「…ヘンやな。も一回、戻ってみるか」
.ケンスケ「そうだな」
  ヒカリ「あ、待って。私も行ってみる」
 トウジ「何やもう、委員長はええやろ」
  ヒカリ「委員長だからよ! いつまでも音楽室開けてられないでしょ、心配だもの」
.ケンスケ「わかったから、行こうぜ。俺もちょっと気になる」
510 : 3/6[sage] 投稿日:2014/03/27(木) 08:25:13.73 ID:???.net
廊下を急ぐレイ
ふと歩みを緩める
控え目に扉を開け、静かに音楽室に入るレイ
ピアノを弾いているシンジ
少しの間、言葉をかけられずにいるレイ

 シンジ「…ん、…レイ?
     …あっ、うわ、もうこんな時間か。ごめん、待たせちゃってたんだ」
  .レイ「…いいの。そばに行って、いい?」
 シンジ「? うん」
  .レイ「……」
 シンジ「レイ…? どうしたの」
  .レイ「あ…、ううん、…聞いたこと、ない曲だった、から」
 シンジ「え? あ、そうか…そう、一人用の曲なんだ。連弾じゃなくて」
  .レイ「そう。…きれいな音。でも、少し悲しい」
 シンジ「…うん」
  .レイ「…あの人が、くれたのね」
511 : 4/6[sage] 投稿日:2014/03/27(木) 08:26:23.90 ID:???.net
 シンジ「…、うん。
     出発の前、カヲル君がくれた楽譜の最後に、この曲が書いてあったんだ。
     たぶん、僕が一人でも弾けるようにって。…でも、あの、ヘンだったろ。まだ
     全然弾けてないんだ、ちゃんと練習してないから」
  .レイ「…いいのに」
 シンジ「え?」
  .レイ「練習、すればいいのに。…本部の器楽室にも、ずっと行ってないでしょ」
 シンジ「え…知ってた、んだ。…そうだよな」
  .レイ「…私は、一人でも平気だから。…そのくらい、無理、しないで」
 シンジ「…、何、言ってるんだよ」

静かにピアノの蓋を閉めるシンジ
瞬きするレイ
ピアノから手を離し、遠慮がちに笑顔を向けるシンジ

  .レイ「…いいの?」
 シンジ「うん。…だって、もう行かなきゃ。リツコさんに怒られちゃうよ」
512 : 5/6[sage] 投稿日:2014/03/27(木) 08:28:13.01 ID:???.net
  .レイ「…、そうね。…怒られる」
 シンジ「そうだよ。ミサトさんにも」
  .レイ「…うん」

ようやく、張りつめていた表情をほどくレイ
シンジの肩からもちょっと力が抜ける

 シンジ「…もう。
     レイこそ、気を遣ったりすることないんだよ。僕は無理なんかしてない。
     レイのこと、無理にしてるわけないだろ。僕が自分で決めたんだから。それに、
     …やっぱり、一人で弾いても楽しくないってわかったから。…もういいんだ」
  .レイ「…そう」
 シンジ「…うん」

どやどやと入ってくるトウジ、ケンスケ、ヒカリ

 トウジ「シンジー? 何や、一緒におるやないか」
513 : 6/6[sage 半端ですがつづく] 投稿日:2014/03/27(木) 08:30:34.68 ID:???.net
 シンジ「あれ? どうしたんだよ、皆で」
 トウジ「アホ! お前がおらんから探しにきてやったんやろ」
 シンジ「えっ? ごっごめん、すぐ行くよ」
  .レイ「…ごめんなさい。私が言ったから」
 シンジ「…え?」
.ケンスケ「そ。碇妹が気にしてたから、俺たちも来てみたんだよ。良かったな、無事に
     合流できて」
 シンジ「あ…」
 トウジ「やっぱり双子のことは双子に任すんが一番やな。心配して損したわ」
.ケンスケ「ま、いつも通りみたいだし、ほっとしたよ。取り越し苦労だったな」
  ヒカリ「もう、碇君! 音楽室、いつまでも開けてちゃ駄目でしょ! 鍵は?」
 シンジ「え?! あ、うん、持ってる。ごめん」
  ヒカリ「碇さんも心配してたんだから。早くここ閉めて下校しないと。あ、その前に
     職員室に鍵、返してこなきゃ」
 シンジ「う、うん」
 トウジ「そない急かさんでもええやろ、見つかったんやから」
  ヒカリ「駄目よ! 勝手に音楽室使うなんて、クラス全体の責任になるんだから」
.ケンスケ「まあまあ。ほら、碇妹も行こうぜ」
  .レイ「…うん」
514名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/04/01(火) 16:08:50.89 ID:???.net
良い雰囲気だ
515 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 07:55:38.11 ID:???.net
test
516 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/04/10(木) 23:30:28.27 ID:???.net
懐かしい感じがする
517 : ギンコ ◆BonGinkoCc [sage] 投稿日:2014/04/11(金) 07:51:55.15 ID:???.net
式波・アスカ・ラングレー
「ガキシンジ、あんた、浮気をしたのね…。
誰なの?今の女性は?」

ギンコ
「その様子をWIDEX-WAVEと蟲師放送の共同制作生放送である
「IT's蟲エヴァ」のとあるコーナーでオンエアしたらこんな騒ぎになるなんて…。

Radikoを通じて日本全国に行き渡ってしまったと思う。」
518 : 1/6[sage] 投稿日:2014/04/13(日) 12:05:32.92 ID:???.net
>>514 >>516 ありがとうございます


職員室に鍵を返しに行ったシンジを待ちつつ昇降口へ向かう一同
夕陽の差す廊下
日頃あまり話さないレイを若干気にしているヒカリ

  ヒカリ「…ね、碇さん。あの…さっきのピアノ、碇君なの?」
  .レイ「?」
  ヒカリ「あ、終わりの方、ちょっとだけ聞こえてたの。すごいわね、弾けるなんて
     知らなかったわ」
  .レイ「……」
  ヒカリ「あ…えっと」
.ケンスケ「ああ。ほんとだよな」
  ヒカリ「!」
.ケンスケ「俺たちも初めて知ったよ。音楽、いつも聴いてるのは知ってたけどさ」
 トウジ「せやな。思わぬ特技っちゅうか、隠し芸か。碇妹は知ってたんか?」
  .レイ「う、うん」
519 : 2/6[sage] 投稿日:2014/04/13(日) 12:07:07.82 ID:???.net
表情を見せているレイ
ほっとするヒカリ
何気ないそぶりで続けるトウジとケンスケをちょっと感謝の目で見る

.ケンスケ「へえー。って、ん? いつ練習してたんだ? ミサトさん家にピアノなんか
     あったっけ」
  .レイ「…ううん、…本部の中に、器楽室があって」
 トウジ「ほぉ」
.ケンスケ「ネルフ本部に? なんか意外だな」
  ヒカリ「じゃあ、そこで一人で練習してたのね」

レイの歩調が少し遅れる

  .レイ「…、一人じゃ、なくて。
     もう一人、弾ける人がいて、…その人に、誘われてたの」
  ヒカリ「そうなんだ。いろいろ、教わってたのね」
  .レイ「教わって…?
     ううん、そうじゃなくて、二人で…れんだんって言ってた」
.ケンスケ「ああ、連弾か。二人でパート分けして弾くやつだっけ」
 トウジ「お、えらい本格的やな。しかし、よくネルフに音楽やる大人がおったな」
  .レイ「大人じゃないの。私たちと同じ、パイロット」
.ケンスケ「え?!」
520 : 3/6[sage] 投稿日:2014/04/13(日) 12:08:52.34 ID:???.net
 トウジ「なんや、お前らのほかにもおったんか」
.ケンスケ「俺の知らない奴がいたのか…
     ってまさか、…式波のことじゃないよな?」
 トウジ「うげ?! やめんかい、想像できんわ」
  ヒカリ「ちょっと、そんな言い方ないでしょ! …でも、そうなの?」
  .レイ「ちがう、男子。
     …私よりずっと、何でもできる人。エヴァの操縦も。お兄ちゃんと、話すのも」
 トウジ「なんやそら、イヤミそうな奴やな」
.ケンスケ「けど、そいつも俺たちと同い年なんだろ? 何で学校に来ないんだ?」
  ヒカリ「あ…そっか、そういえば、そうよね」
  .レイ「…ずっと本部にいたみたい」
.ケンスケ「普通の戦闘待機以外に、何か特殊な任務があったってことか…謎だな」
 トウジ「せやけど、今からでも顔出したらええやないか。ますますイヤミな奴やな」
  ヒカリ「ちょっと、鈴原! やめなさいよ」
  .レイ「違うの、…今は、もういないから」
.ケンスケ「え? よその支部に異動したってことか? …変だな、使徒はここに攻めて
     来てるっていうのに」
 トウジ「何か失敗してトバされたんとちゃうか」
  .レイ「…ううん、…私、この前の作戦で、助けてもらったもの。
     たぶん、…すごく、無理、させた。…みんなにも」
521 : 4/6[sage] 投稿日:2014/04/13(日) 12:10:52.09 ID:???.net
  ヒカリ「仲間思いの人だったのね、きっと。じゃあ、碇君とも仲、良かったんだ」
  .レイ「…うん」
.ケンスケ「…? そっか、それで最近シンジの奴、妙に元気なかったんだな」
 トウジ「そいつがよそに移ってったから? そないなことで男が暗なるかい」
.ケンスケ「それだけ頼りになる奴だったんだろ。な?」
  .レイ「…うん。すごく、頼りにしてた」
 トウジ「せやったんか…
     何や、シンジも水臭いなぁ。ワシらにまで黙っとることないで、ほんまに」
.ケンスケ「そういう訳にも行かなかったんだろ。
     そのパイロット、話を聞く限りじゃ何か特別な立場にいたみたいだしさ。
     …俺たちに相談もできなくて、あいつとしちゃせめて、ピアノ弾いて紛らわす
     しかなかったのかもな」
 トウジ「何や、難儀やな。エヴァのパイロットでいるちゅうのも」
  ヒカリ「そうね…」

何となく黙ってしまう三人
うつむくレイ

  .レイ「…ピアノも、もう弾かないって言ってた。お兄ちゃん」
  ヒカリ「えっ?」
522 : 5/6[sage] 投稿日:2014/04/13(日) 12:12:07.20 ID:???.net
 トウジ「何でやろ。別に、ワシらに遠慮する必要もないやんか」
  .レイ「…たぶん、…私が、気にするから。
     それに、一人で弾いても楽しくない、って。…だからもう」

顔を上げ、ほんの少し寂しげな笑みを浮かべるレイ
それぞれに胸を衝かれる三人
黙って歩く一行

.ケンスケ「…ふーむ。
     けどさ、察するに、碇妹はシンジにまた弾けるようになってほしいんだよな」
  .レイ「!」
  ヒカリ「そうね。私ならそう思う。我慢してるのを見てるだけなんて、辛いもの」
  .レイ「…、そう、…そうかもしれない」
 トウジ「せや。要するに元気出してほしい、ってこっちゃな。うーむ、偉い、偉いで!
     妹のカガミやで、ほんまに」

やおら手を伸ばしてレイの頭をぐりぐりするトウジ
目をぱちくりさせるレイ
一瞬危ぶむものの、すぐ笑顔になるケンスケとヒカリ
523 : 6/6[sage つづく] 投稿日:2014/04/13(日) 12:16:53.62 ID:???.net
 トウジ「よっしゃ、ワシらも何か考えたろ。シンジにまたピアノ弾かせる作戦」
.ケンスケ「そうだな。けど、そんなに簡単にいくか? シンジは自分では弾かないって
     決めてるんだろ。そうじゃないなら、碇妹が頼めば一発なんだろうけどさ」
  ヒカリ「そうね…ねえ、碇さんが一緒に連弾、誘ってみたらどう?」
  .レイ「…駄目、私、弾けないから」
  ヒカリ「あ…」
 トウジ「せやけど、そばで聞いたるだけでも、シンジの奴やる気になるんちゃうか?」
.ケンスケ「それじゃ弱いって。思うに、碇妹は近くで見守るだけじゃなくて、自分から
     何かアクション起こしたいんだろ。シンジとさ、何か、一緒にやりたいんだよ」
  .レイ「…、うん。…でも」
.ケンスケ「シンジが、自分からは弾かないだろうってのがな…難しいかな、こりゃ」
 トウジ「そこを何とかするんやろ! せや、とりあえず今日みたいに、こっそり音楽室
     開けといたる、とか」
  ヒカリ「ちょっと! 気持ちはわかるけど、勝手に特別教室使っちゃだめでしょ。
     それに、毎日帰り遅くなっちゃうじゃない」
 トウジ「そんなんええやん。ちゅうか、今日遅くなったんはそもそも、委員長が
     いつまでもホームルーム長引かしたからやんか」
  ヒカリ「しょうがないでしょ! 合唱コンクール、二年生で自由曲まだ決めてないの
     うちのクラスだけなのよ。あーあ、碇君、伴奏引き受けて…くれないわよね」
.ケンスケ「…ん? そうだ、それだよ!」
 一同「「「?」」」


つづきます
前回書き忘れましたが、シンジが弾いてたのは恐らく Qui veut faire l'ange fait la bete (piano solo)
(Qでカヲルと星空を見てる場面の曲)の簡略版みたいなのです
524 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage つづく] 投稿日:2014/04/13(日) 12:50:55.81 ID:???.net
 シンジ「ごめん、こんなに遅くなって…職員室行ったら、先生に説教されちゃって。
     リツコさんにはメール入れたけど、レイが怒られたら、僕のせいだよな」
  .レイ「…ううん。私も、待ってたもの。自分で、遅れたの」
 シンジ「ありがとう、…でも、やっぱり、ごめん」
  .レイ「いいの。早く、行こ」
 シンジ「うん…、あれ?」
  .レイ「?」

パチンと携帯を閉じて振り返るマリ
生真面目な表情
背景に大きく広がる暮れ方の空

 シンジ「あ…、その、こんにちは」
  .マリ「や。ワンコ君」
 シンジ「…あの、すみません。何か邪魔したんなら、僕たち、すぐ行きますから」
  .マリ「別に邪魔じゃないよ。『妹』さん連れて、仲、いいんだね。ワンコ君は」
 シンジ「……」
  .マリ「ん? 何?」
 シンジ「…、そのワンコ君っていうの、やめてくれませんか?」
  .マリ「あ、嫌だった? じゃあさ、君も敬語使うのやめなよ。他人行儀じゃん、
     タメ年どうしなのに」
 シンジ(同い年だったんだ…)
  .マリ「お? 信じてないね、その目は」
 シンジ「え?! や、別に、その」
  .マリ「…なんてね。
     行きなよ、急ぐんでしょ。それにもうじき、こういうノンキなことはやってられなく
     なるかもよ。この街にいたらさ」
 シンジ「…え?」
  .レイ「…お兄ちゃん、時間!」
 シンジ「あ! …じゃあ、あの、…また」
  .マリ「ほい、行ってらっしゃーい。
     …何だかなー、あれのそばにいてよく平気だよね。…ほんっと、ワンコ君だね」
525 : 2/2[sage] 投稿日:2014/04/14(月) 11:24:33.54 ID:???.net
  リツコ「…バチカン条約ね。本当、こういう時ばかりは足並みを揃えるものだわ」
  .ミサト「けど何故、今? 3号機の移管手続きも何も、まだこれからだっていうのに」
 加持「それだけ、エヴァは巨大な手駒だってことさ。
     米国が3号機を手放すとなれば、5号機を失って発言権を弱めてたユーロとロシアに
     巻き返しのチャンスができる。加えて、米国もただで日本に戦力をくれてやる気は
     さらさらないってことだ。アジア各国も水面下では同調してるよ」
  リツコ「ユーロがパスを手放さずにいたのは、こういう事態を狙ってたのかもしれないわね」
  .ミサト「ほんと、大した国際協力。…アスカの言ってた通りね」
 加持「で、どうする? 恐らく明日か明後日にも正式な命令書が届くと思うぞ」
  .ミサト「…どうするもこうするも、…事実の通り、伝えるしかないわよ」
  リツコ「本人に直接、ね。いいわ、それ、私が引き受けるから」
  .ミサト「え…いいの? 正直、助かるけど」
  リツコ「どうせ封印作業には立ち会いたがるでしょうしね。その時にでも言い聞かせるわ。
     別に、あの子たちに好かれようと思って仕事してるわけじゃないし」
 加持「…そうか。そういう言い方、リッちゃんらしいな」
  リツコ「それ、褒めてるつもり? 何も出ないわよ」
  .ミサト「リツコ…、ごめん、ありがと」
  リツコ「お互い様。それより、零号機の再就役遅延の件も含めて、戦力の調整は作戦部で
     ちゃんとやっておいてね」
  ミサト「…りょーかい。あっちもこっちも、問題まみれね」
526 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage つづく] 投稿日:2014/04/14(月) 12:00:00.29 ID:???.net
本部ケイジ付近
背後からの足音に振り返るアスカ
駆け寄って息をつくシンジ

 シンジ「アスカ! アスカ、…あの」
 .アスカ「……」
 シンジ「あ…」
 .アスカ「…話、聞いたんだ?」
 シンジ「…うん。…それに、…アスカは、2号機の封印作業にも立ち会った、って。
     皆ひどいよ、勝手に上で話を決めて、自分のエヴァを…封印、するところを
     見させるなんて」

真顔で向き直り、ふっと肩を下げて笑うアスカ
とまどうシンジ

 .アスカ「あんた、馬鹿?
     まさかそれで、かわいそーな私が落ち込んでるとでも思ったわけ?」
 シンジ「え…」
 .アスカ「私たちはパイロット。事実上、軍属みたいなもんよ。どんな形の待機であれ、
     命令には従うのが当たり前でしょ。ほんっと、いつまでも無自覚なんだから」
 シンジ「それはわかってるよ。ただ…アスカは、僕なんかよりずっとエヴァに乗ることに
     真剣で、ひるんだり逃げたりしなくて、…だから」
 .アスカ「要らぬご心配どうもありがとう。ま、赤木博士にもしばらくおとなしくしてろって
     言われたし、この機会にちょーっとラクさせてもらうわよ。…あんたこそ、
     他人の心配より、自分の初号機、ちゃんと確保しときなさいよね」
 シンジ「あ…、うん、…ごめん」
 .アスカ「ほら、さっさと行く。妹は? 定例のハーモニクス検査、そろそろでしょ」
 シンジ「…、うん。それじゃ、…また」

振り返りつつ去るシンジ
見送るアスカ
くるりと背を向けて一人歩き出す
527 : 1/3[sage] 投稿日:2014/04/18(金) 08:52:30.98 ID:???.net
擬似シンクロによるテスト中の三人
プラグ内のアスカ
手が伸びてコンソールをいじる
プラグ内壁に表示されるエヴァ三機との実機連動データ反映表
2号機の分だけアップデートされていない
見つめるアスカ

 伊吹『テスト終了。今日も問題なし。三人とも、お疲れさま』
  リツコ『レイ、20分後に、零号機右腕の連動試験。これで再接合中の左腕の
     予定パラメータも出すことになってるから、慎重にね』
  .レイ『はい』
 伊吹『シンジ君と初号機の方は、予定より少し遅れてサンマルから開始。場所も
     第12実験場に変わったから、間違えないでね』
 シンジ『はい。…良かった、一緒に帰れそうだね、レイ』
  .レイ『うん』

頭の後ろで両手を組み、横目でやりとりを睨んでいるアスカ
シミュレーションプラグの電源が落ちる
528 : 2/3[sage] 投稿日:2014/04/18(金) 08:53:34.37 ID:???.net
モニタに表示されたテスト予定一覧
明らかに空白の増えたタイムスケジュールに小さく鼻を鳴らすアスカ

 アスカ「おとなしくしてなさいったって…テスト再開までただ待ってろ、っての?
    …まだ一時間以上あるじゃない。その次は…あさって?! 冗談でしょ」

身をひるがえすアスカ
荒っぽかった足音が次第に鈍る
行き会うスタッフらのとまどい気味の笑顔とあわててつくろったような態度

 アスカ「…手持ちのゲームソフトはあらかたクリアしちゃったし」

無意味にエレベータを乗り継いだ先で立ち止まるアスカ
仮想訓練施設前

 アスカ「…部屋でただ待機してるよりは、ごっこ訓練の方がまだマシだわ」

起動するシミュレータ
設定画面の端に目を留めるアスカ

 アスカ(…そういえば、よく馬鹿シンジと予備人員がここ使ってたっけ)
529 : 3/3[sage つづく] 投稿日:2014/04/18(金) 08:55:42.00 ID:???.net
 アスカ(あー…何よ、ログインデータくらい消しときなさいよ。
     …うわ、初級メニューばっか。あっきれた)
 アスカ(ん? 何これ、…ああ、シンジと一緒じゃない時の分か。へえ、馴れ合いで
     ここ使ってただけじゃなかったんだ)
 アスカ(なんだ、ログ自体は残ってない。つまんないの…ご丁寧にアカウント初期化
     してあるし…どんだけ神経質なのよ、戦力外の予備人員の分際で)
 アスカ(そこまでされりゃ余計に知りたくなるっつーの)
 アスカ(…なぁんだ。サーバ側にもキャッシュの断片しか残ってない)
 アスカ(けど、最低でもテストレベルくらいは…え?)

文字列を凝視するアスカ

 アスカ(シミュレーション新規構築数、総計13万…?)

反射的に画面を消すアスカ
初期表示を凝視する

 アスカ「…あいつ、ここで一体、何やってたのよ…?」


*シミュレータ→序でシンジが訓練に使ってた頭だけのエヴァみたいなの
530 : 1/5[sage] 投稿日:2014/04/25(金) 09:18:10.37 ID:???.net
シミュレータ施設から出てくるアスカ
目の前にシンジ
思いっきり動揺する両者
シンジの焦りようを見て先に我を取り戻すアスカ

 .アスカ「…何であんたがここにいるのよ。テスト、とっくに終わってるでしょ」
 シンジ「え、や、…あの、レイの方が長引いて、でも先に帰るほどじゃなさそう
     だったから、それで」
 .アスカ「暇を持て余して、何となくここに来た、って?」
 シンジ「あ…うん。
     …アスカこそ、何やってるんだよ? とっくに帰ったかと思ってた」
 .アスカ「決まってるでしょ、訓練よ、訓練」
 シンジ「え…こんな時なのに? …あ」

失言に表情を曇らせるシンジ
横目で見ているアスカ

 .アスカ「こんな時もどんな時も関係ないの。未更新の仮想データでも、一応
     毎日触っとかないと、勘が鈍るでしょ。それでいざという時対処できなきゃ
     パイロットやってる意味ないじゃない」
 シンジ「あ…」
531 : 2/5[sage] 投稿日:2014/04/25(金) 09:19:14.95 ID:???.net
 .アスカ「私たちはね、使徒相手の戦争の最前線にいるの。忘れたの?
     常に戦闘待機なのよ。いかに表面上は平穏に見えようと、有事に備えるのに
     やってやりすぎってこたぁないの。当ったり前でしょうが」

視線を落とすシンジ

 シンジ「…そうだよな。
     アスカがそうやって叱るのも当然だよ。いつだって自分のことだけで精一杯だし、
     未熟で、考えも甘い。結局、僕は何もわかってないんだ」
 .アスカ「…なによ、急に」
 シンジ「いや…本当に、その通りだなって思ってさ。
     でもすごいな、アスカは。どんな時でも、自分がやらなきゃいけないことを
     ちゃんとわかってて。それで、やるべきだと信じる通りに、行動する。…すごいよ」
 .アスカ「……
     そんなの当ったり前、でしょ。…あんたも一応選ばれたパイロットなんだから、
     自分の責務くらい、ちゃんと承知しとけばいいのよ」
 シンジ「…自分の、使命?」
532 : 3/5[sage] 投稿日:2014/04/25(金) 09:20:37.49 ID:???.net
 .アスカ「まあ、言い方はいろいろね。要は周りの期待とか、自分の背負ってるものを
     履き違えないってことよ」

少しそっぽを向いているアスカ
顔を上げるシンジ
気づいて目をやるアスカ

 シンジ「僕はこんな奴だし、自分のことだってどうすればいいのか、まだわからない。
     でも、…僕なんか足元にも及ばないけど、迷わないアスカを見てると、何だか
     すごく、心強いよ。…ありがとう。いつも」
 .アスカ「…なによ」

揺らぐ目を瞠り、強く唇を噛みしめるアスカ
そのまま目をつむって軽く天井を仰ぎ、顔を伏せてふっと息を吐き出す
ただ見守るしかないシンジ

 .アスカ「…ばぁーか。人を勝手に、安心材料にしてるんじゃないわよ。この新米」

いつもの調子に戻しているアスカ
533 : 4/5[sage] 投稿日:2014/04/25(金) 09:21:31.21 ID:???.net
半ば不安を残して息をつくシンジ

 シンジ「うん。…ごめん」
 .アスカ「ったく、馬鹿ね。つくづく、馬鹿よ」
 シンジ「…うん」

並んで歩き出す二人
視線は交差しないが、笑っている
ふと真顔になるアスカ

 .アスカ「…あんたさっき、何となくあそこに来たって言ったけど、嘘ね。
     わかってんのよ。あの予備パイロットのことでも、思い出してたんでしょ」
 シンジ「…え」
 .アスカ「すぐ顔に出るあんたのことなんかお見通しよ。どうせ妹の前じゃ言いにくいから、
     ああやってこっそり行ってみた。違う?」
 シンジ「…う、ん。こっそり、なんてつもりはなかったけど、…そうなんだろうな」
 .アスカ「仲良し双子の片割れのくせに、いつまでも相手に気ぃ遣っちゃって。ヘンなの」
 シンジ「うん…」

通路の分岐点で立ち止まるアスカ

 .アスカ「そろそろ妹がテスト終わって、上がる頃でしょ。
     私、こっちだから」
534 : 5/5[sage つづく] 投稿日:2014/04/25(金) 09:23:56.61 ID:???.net
 シンジ「え? でも、アスカももう、帰るんだよね。
     …あの、どうせ上までは同じ道だし、…良かったら途中まで、一緒に」

振り向かないアスカ

 .アスカ「…、こないだの定期健診の結果、請求しに行くの。自分のメディカルデータは
     ちゃんと把握しときたいもの。あんたは妹と帰んなさい」

なおも立ち止まっているシンジ
歩き出すアスカ
肩越しにひらひらと手を振る

 .アスカ「じゃーね」
 シンジ「あ…、うん、じゃあまた、明日」

しばらく見送っているシンジ
やがて背を向けて歩き出す
535名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/04/25(金) 12:10:04.80 ID:???.net
振り向かないのがアスカらしい
536 : 1/4[sage] 投稿日:2014/04/26(土) 09:45:45.49 ID:???.net
>>535 ありがとうございます


わざと遠回りの経路を選んで歩くアスカ
適当に選んだエレベータの前で憂鬱そうに待つ
扉が開く
顔を上げるアスカ
正面にレイ

 アスカ「!」
 アスカ(…しまった、いつのまにか実験場の方まで戻ってきちゃってたんだ)
 アスカ(…よりによって…!)

無意識に両こぶしを握るアスカ
扉が閉まりかけて、止まる
開ボタンを押しているレイの手

 アスカ「あ…」

無心にこちらを見ているレイ

 アスカ「…ッ、もう!」

乱暴な足取りで乗り込み、適当な階のボタンを押すアスカ
537 : 2/4[sage] 投稿日:2014/04/26(土) 09:48:28.33 ID:???.net
低く続くエレベータの動力音
さっさと壁際に移動して隅を睨んでいるアスカ
同じ場所に佇んでいるらしいレイの気配
両肘を抱えさらに顔を伏せるアスカ

  レイ「…エヴァは、人の心の鏡」

きっと目を上げるアスカ
思いがけずこちらに半身を向けているレイの姿

  レイ「生きることの代わりにはなってくれない。
     あなたは、エヴァに映さなくても、あなた。そうあるだけの自分自身を、
     もう持ってる。…もう、認めてあげていいと、思う」

我知らずかっとなるアスカ

 アスカ「何よ、エヴァに乗れない私はそんなに滑稽?!
     人を気遣う真似なんかしないでよ。あんた、自分が嬉しいからでしょ?!
     私がいなきゃ、ダイスキなお兄ちゃんと、二人だけでエヴァに乗ってられるもの。
     ダイスキなお父さんに見ててもらいながらね」
  レイ「…そんなこと、思ってない」
 アスカ「嘘よ!」

衝動のままに詰め寄るアスカ
射るような憎悪の目
退かないレイ
538 : 3/4[sage] 投稿日:2014/04/26(土) 09:49:37.46 ID:???.net
 アスカ「あんた、いっつもそうやって涼しい顔して…いい子の振りして、心の中じゃ私が
     乗れないの喜んでるんでしょ! いいわよね、あんたとシンジは親の七光りで
     乗り続けられるんだから。そうやってお澄まし人形の顔で、本当は、エヴァを
     降ろされるのが自分じゃなくて良かったって思ってるくせに!」
  レイ「違う、…」
 アスカ「違わないわよ! この人形女!」
  レイ「…私は人形じゃ、ない」
   レイ(……本当に?)

無防備に目を見開くレイ

 アスカ「人形よ! 人に言われたまま動くくせに!
     どうせあんた、碇司令がエヴァを降りろって言ったら何の疑問もなく降りるんでしょ!」
  レイ「…、わからない」

睨みつけるアスカ

 アスカ「ほら! 自分では何も言わない、何も決められないんじゃない!」

見つめ返すレイ
不思議に静かで頑なな表情
539 : 4/4[sage つづく] 投稿日:2014/04/26(土) 09:51:27.67 ID:???.net
  レイ「…そうじゃない。
     たぶん、私がエヴァを降ろされることはないと、思うから」
 アスカ「…!!」

レイの頬を張るアスカ
打った手の痛みにはじめて目をみはる
階に到着するエレベータ
開く扉
打たれたままの姿勢で顔をそむけているレイ

 アスカ「…、やっぱり、あんた人形よ。
     そうやって人に用意された居場所で、いつまでもお父さんとお兄ちゃんの
     カワイイお人形さんやってなさいよ!」

身をひるがえし足音高く降りるアスカ
そのまま振り向かずその場を立ち去っていく
背後で閉まる扉
アスカの表情が無残に崩れ、両手が痛いほど握りしめられる

 アスカ(…馬鹿シンジには強がって、妹には八つ当たり?
     何やってんのよ、私は…!)
540名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/05/01(木) 07:37:52.89 ID:???.net
キャラが良いね
541 : 1/4[sage がんばらねば] 投稿日:2014/05/02(金) 10:48:17.50 ID:???.net
>>540 ありがとうございます、励みになります


打たれた痕を隠すように顔をうつむけ気味にして歩いてくるレイ
立ち止まり、顔を上げる
正面にシンジ
再び目を伏せてしまうレイ

  .レイ「…ごめんなさい。遅く、なった」
 シンジ「ううん。それより、ほら、見せて」
  .レイ「…え?」

差し出されたシンジの手に濡らしたハンカチ
とまどっているレイの顔にそうっと触れ、赤く腫れた頬をハンカチで冷やすシンジ
一瞬呼吸を忘れるレイ
熱をもっていた頬の痛みが冷たさに吸い取られていく

 シンジ「…、大丈夫? 痛くない?」
  .レイ「…ううん、…気持ち、いい」
 シンジ「そっか…」

やがてハンカチを引き取り、自分で押さえるレイ
そのまま傍に立っているシンジ
542 : 2/4[sage] 投稿日:2014/05/02(金) 10:49:57.83 ID:???.net
  .レイ「…、どうして…?」
 シンジ「…何となく。…理由なんてないよ、ただ、こうかなって感じただけだから。
     変だよね。ミサトさんの言う、いつもの双子のカンってやつ」

自分の頬を押さえてちょっと苦笑いするシンジ

 シンジ「でも、こういう時は便利、かもね。僕は、…わかれて、良かった」
  .レイ「…お兄ちゃん」
 シンジ「やっぱり、僕らって、どっかで…」
 両者「「つながってる、の」かな」
 両者「「…あっ」」

互いの顔を見合わせ、同時に小さく笑う二人

 シンジ「えっと…、久しぶりに重なっちゃったね、今の」
  .レイ「うん。何だか、…私」
 シンジ「ん?」
  .レイ「……」

こみ上げた感情に胸がいっぱいになるレイ
が、涙は出ない

 アスカ(あんた人形よ! 自分では何も言えない、何も決められない!)
543 : 3/4[sage] 投稿日:2014/05/02(金) 10:51:37.35 ID:???.net
 アスカ(そうやって、いつまでもカワイイお人形さんやってなさいよ!)
  レイ(私は、人形じゃない)
  レイ(…本当に?)
  レイ(……)

代わりに口をつく言葉

  .レイ「…私は、…お兄ちゃんがもう、エヴァに乗らなくていいように、したい」

声にしてから自分でもたじろぐレイ
聞いているシンジ
少しだけ笑う

 シンジ「…バカだな。僕は、レイと一緒にいる。それに、レイと同じだよ」
  .レイ「同じ?」
 シンジ「いつか作戦の前に言ってたろ。…自分には他に何もない、って。僕だって一緒だ」

ただ見つめ返すレイ

 シンジ「エヴァに乗ってなければ、僕には何のとりえもないし、人のためにできることもない。
     エヴァに乗ってるから、皆だって…父さんだって、少しは僕を見て、…いてもいいって
     認めてくれるんだ。…何も、ないんだ。僕も」

癒えない痛みの覗く表情で微笑するシンジ
544 : 4/4[sage つづく] 投稿日:2014/05/02(金) 10:54:45.05 ID:???.net
かすかに目を見開くレイ

  レイ(そうじゃない)
  レイ(お兄ちゃんは、違う。私と同じじゃ、ない)
  レイ(…言わなきゃ)
  レイ(……)
  レイ(…なぜ、言えないの)

いつか二人の間の距離がなくなり、触れるか触れないかに寄り添って立っている
ごくわずか支えるようにレイの肩を押さえたシンジの指先
心地よさにただ目を閉じるレイ
一人宙を見据えるシンジ

 シンジ「痛くても、怖くても、もう泣きたくても、…乗るしかないんだ」



先に断っとこう
恋愛話はやりません
あと今後は基本的に新劇通りの展開です(内容は多少変わります)
545 : 1/3[sage] 投稿日:2014/05/02(金) 12:26:37.90 ID:???.net
深更 部屋で一人ベッドに仰向けになったアスカ
久しぶりにマペットを手にはめている

 人形『ミンナとは、チガーウ。わたしは、トクベツ!』

マペットの顔を見つめているアスカ
頼りない素顔

 アスカ「…小さい頃は、私も知らない私の気持ちをこっそり教えてくれたのに。
    もう、何も答えてくれないのね」

手に馴染んでくたっとなったマペットの生地
何度もつくろった跡のある手や裾
ずっと変わらない人形の顔

 アスカ「…人形も、私の意識の映し。それこそ、鏡みたいなもんか」
  レイ(エヴァは人の心の鏡)
546 : 2/3[sage] 投稿日:2014/05/02(金) 12:28:38.88 ID:???.net
  声(これからは、お人形よりもっと大きくて、ずっとすごいものが君の自由になるんだよ)
  声(汎用決戦兵器エヴァンゲリオン。その2号機。世界で一番優れた機体だよ)
 アスカ(わあ…、すごい! 赤いのね、アスカみたい!)
 アスカ(これが、わたしの…?)
 アスカ(…そう、世界でたった一つの、私の居場所)
  レイ(生きる代わりにはなってくれない)

目を閉じて顔を歪めるアスカ

 アスカ「うるさいッ! わかってるわよ、んなこと!」

投げ出された手にはまったマペット

 シンジ(すごいな、アスカは。迷わないアスカといると、すごく心強いよ)
 .アスカ「馬鹿。馬鹿…わかってない、全然、わかってないわよ」

横向きになって身体を丸めるアスカ

  リツコ(エヴァは実戦兵器よ。全てにおいてバックアップが用意されているわ)
 伊吹(2号機のパスは未だにユーロが保持しているの。私たちではどうにもならないのよ)
547 : 3/3[sage つづく] 投稿日:2014/05/02(金) 12:29:52.52 ID:???.net
  ミサト(今後の状況如何では、今話した、仮設5号機のパイロットが協力候補の筆頭に
    上がってくるはずよ)
  ミサト(5号機は、四肢のほとんどを機械で補った仮設機だったしね。そのハンデも
    考えると、パイロットの度胸勝ちってとこかしら)

険しい表情で目を開くアスカ

 アスカ(…もし、ユーロが本気で2号機の再配備を主張してきたら)
 アスカ(たぶん、そいつが2号機に乗ることになる。エヴァを乗り捨てるような奴が)

脳裏に浮かぶ2号機の印象
封印施設に沈んでいく拘束された機体の光景

 アスカ(…何よ。私以外、誰も乗れないはずだったでしょ)
  レイ(零号機なら、私じゃなくても乗れる)
 アスカ「!」
 アスカ「…あの子も、同じか。…同じ、だなんて。…この私が!」

身体を反転させてベッドに突っ伏すアスカ
泣きたいのに涙は出ない
窓の外に巨大な夜


*参考:『破』全記録全集のマペットの設定
548 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/05/09(金) 08:50:17.77 ID:???.net
test
549 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/05/11(日) 15:28:24.29 ID:???.net
新着きてた
いつも乙
550 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/05/21(水) 07:47:23.92 ID:???.net
test2
551名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage 次こそはつづく!はず!] 投稿日:2014/05/24(土) 15:22:57.86 ID:???.net
  .レイ「何持ってるの? お兄ちゃん」
 シンジ「あ、レイ。これ、加持さんが僕らにって。外回りのお土産だってさ」
  .レイ「…石? 鉱物の、結晶」
 シンジ「そう、紫水晶のかけら。この辺りで採掘された結晶なんだって。
     普段は全然気にかけないけど、考えてみたらさ、火山のすぐ傍にあるんだよね、
     この街って。だからこんな鉱物も採れるし、温泉もたくさん出てる。…別に、
     使徒や僕らとは関係ないし、特に何って訳じゃないけど…なんか、不思議だなって」
  .レイ「それで、そうやってずっと見てたの」
 シンジ「うん…って、なんだ、さっきから見てたんだ。ごめん、気がつかなくて」
  .レイ「ううん。私が、声、かけなかっただけだもの。それ、…少し触っても、いい?」
 シンジ「あ、うん。はい」
  .レイ「…変わった形。結晶が…途中で、交叉してる?」
 シンジ「そう、対称な二方向に成長してきた結晶どうしが、お互いの中に潜り込んで、けど、
     どっちも相手を邪魔せずに交叉したまま成長を続けて、そんな外見になるんだって。
     双晶って言うんだって、加持さんが」
  .レイ「そうしょう?」
 シンジ「うん。双子の水晶」
  .レイ「…ふたご」
 シンジ「そう。全くもう、加持さんはあまり双子双子ってからかわないと思ってたのにな」
  .レイ「ん…でも、綺麗だから、いい」
 シンジ「そっか。…そうだね」
  .レイ「うん」


保守代わりに久々の双子ネタでした
読んでくれた方、ありがとうございます
552 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sge] 投稿日:2014/05/25(日) 22:18:51.70 ID:???.net
水晶とレイって合うね
553名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/05/26(月) 10:29:54.53 ID:???.net
>>551
どうせシンジとレイは本当は血は繋がって無いんだろ?
恋愛話にしちゃいなよ。
554 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/05/30(金) 01:49:43.88 ID:???.net
555
555 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/05/31(土) 12:17:20.94 ID:???.net
待機
5561/4[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 23:31:30.58 ID:???.net
読んでくださった方ありがとうございます
もっとがんばらねば

>>553 恋愛はちょっと…
「もしもシンジとレイが双子だったら」スレですから、ごめんなさい


  ミサト「…うん、わかってるってば。うん…そう、こっちも前倒しで考えとくから。
     心配しなくても、起動実験の準備開始前までには結論出すわよ。じゃ」
 加持「…リッちゃんか?
     せっかく久しぶりに二人で飲んでるってのに、忙しいな」
  ミサト「んー。3号機のパイロットが、ね…一応、作戦部として決定しなきゃならないし」
 加持「責任者は君か。いや、ご心労お察ししますよ、葛城作戦部長」
  ミサト「なーに言ってんのよ、ばーか」
 加持「…で、どうする気なんだ? 現行のパイロットを乗せるか、でなきゃ」
  ミサト「次の候補者は見つかってないんでしょ。現状で、誰か一人を選ぶしかないわ。
     単純に考えるなら、2号機が封印されてるアスカにするべきなんだろうけど…」
 加持「彼女が承諾するとは思えない、か」
  ミサト「…そう」
557 : 2/4[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 23:33:14.12 ID:???.net
 加持「しかし、それを説得するのも君の仕事だろ。
     それにあの子は小さい時から優秀だし、優秀でいることにも慣れてる。本部の
     正式な決定になら、個人的感情に流されず従うはずだぞ」
  ミサト「だからなおのこと、なのよね…
     パイロットの最終選抜からずっと…訓練につぐ訓練、連動試験。搭乗者実操での
     機体の最終調整。ユーロ空軍の監督下で行った実証評価試験…あの子は皆、
     自分一人で成功させてきた。2号機とアスカは、一緒に育ってきたようなものなのよ。
     思い入れが強くなるのも無理はないわ」
 加持「まあな。けど、一緒ったってせいぜい…」
  ミサト「充分、でしょ。
     十代初めの多感なあの子たちと、大人になりきった私たちとじゃ、時間の重みが
     まるで違うわよ。…時々忘れそうになるけどね」
 加持「そうだな。だから、アスカは2号機に乗せてやりたい、か…気持ちの上でなら頷けるよ。
     初号機にシンジ君を乗せてるのと同じに」
  ミサト「初号機は違うわ。というより、もはやシンジ君以外のパイロットは考えられないもの。
     彼はもう、動かせないわ」
 加持「実績、経験、何より抜群の適性があるからな」
  ミサト「…本人が望んでいなくても、ね」
558 : 3/4[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 23:36:09.50 ID:???.net
 加持「葛城。
     お前最近、あの子たちに肩入れしすぎだぞ。自分から踏み込みたがってる。
     そろそろ気をつけた方が良くないか」
  .ミサト「…わかってる。
     だけどね、実際にエヴァに乗ってるのはあの子たちだもの。私たちが、エヴァについて
     確実に知ってると言えることがどのくらいある? …私たちは、子供たちの不安定な
     心と意志に、賭けるしかないのよ」
 加持「…それで、例のダミープラグにも難色を示してるわけか」
  .ミサト「当たり前よ。人道的なんて言われても、いきなり導入決定なんて。詳細な内部構造は
     技術局にすら非公開だって聞くじゃない」
 加持「エヴァと同じく、ブラックボックスだな」
  .ミサト「そんなもの信用できないわ」
 加持「子供たちなら、…いや、シンジ君なら信頼できる、か?」
  .ミサト「……」
 加持「葛城。説教したかないが、本当に気をつけろ。
     君は彼に、自分が同い年だった頃に果たせなかったことや、今の夢や、願い、感傷を
     重ねている。彼を取り巻く人間関係が特殊だからなおさらな。だが、彼は君じゃない」
  .ミサト「…わかってるつもりよ。思い知らされるもの、時々」
 加持「同情も度を越すと、よけい重荷を背負わせることにもなる。君はそんなこと望んでる
     わけじゃないだろ。賢いし、自分を律することも知ってるはずだ」
559 : 4/4[sage つづく] 投稿日:2014/06/01(日) 23:40:42.09 ID:???.net
  .ミサト「ずいぶん持ち上げるじゃない。で、オチは何?」
 加持「…自分の業を彼と同一視するべきじゃない。
     たとえ君が、あの時、世界の終わりを間近で目撃した、ただ一人の人間であってもだ」
  .ミサト「…!」
 加持「……」
  .ミサト「……
     そうね。…たぶん、加持君の言う通りなんだわ。…私はまた、シンジ君を自分の道具と
     して見てるのかもしれない。…そう望んでるわけじゃなくても」
 加持「葛城…」
  .ミサト「……」
 加持「…すまないな。せっかく、久しぶりに二人だってのに」
  ミサト「何よ、今さら。…構わないわ。それにはっきり言ってもらえて、かえって良かったもの。
     …ありがとう。今日、誘ってくれたこともね」
 加持「…いや」
  .ミサト「ほーんと、変わらないわね、そういうとこ。…昔と同じ」
 加持「思い出すかい?」
  .ミサト「ん、ちょっちは、ね。…さ、難しい話はここまでにして、パーッと呑みましょ」
 加持「はいはい。お手柔らかに頼むよ」
560 : 1/9[sage] 投稿日:2014/06/04(水) 00:36:29.59 ID:???.net
壱中 学課後のホームルーム
ざわつく教室
鬱屈した表情で頬杖をつくアスカ

 アスカ(今日も、昨日と同じ一日)
 アスカ(最前線から外されて、毎日毎日、形だけの待機。もし使徒が来ても、上の決定が
     覆らなきゃ出られない。本部に行ったところで、機体内待機すらできない)
 アスカ(…今度は私が予備人員か)

   アスカ(ところで、あの二人の機体相互換試験。私は、参加しなくていいの?)
    ミサト(どうせアスカは2号機以外、乗る気ないでしょ)
   アスカ(そりゃそうよ。制式タイプでもない開発途上の機体なんて)

 アスカ(…うそばっか。
     制式型だろうが最新鋭だろうが、他のエヴァになんて乗りたくないんだ、私)
 アスカ(…他の、エヴァなんて)
561 : 2/9[sage] 投稿日:2014/06/04(水) 00:37:59.90 ID:???.net
   ミサト(北米第一支部に残されていたエヴァ3号機の処置についてだけど)
   ミサト(正式に、この本部へ移籍される決定が下ったわ。近日中に日本に空輸されて、
      ここか、MAGI2号のある松代で起動実験を行う予定よ。…現状では、レイか
      あなたのどちらかを、新たにパイロットに任命することになると思うから)
   ミサト(そのつもりで、考えておいてね)
  アスカ(何よそれ、どういうことなのよ)
  アスカ(どうして向こうの都合で押し付けられた機体に、現実に任務を果たしてる私たちが
      付き合わなきゃならないのよ! 2号機を封印してまで!)
  アスカ(私たちは使徒を倒してるのよ。
      私にも2号機にも、落ち度なんて何もないじゃない!)
   ミサト(でもそれが国連の、つまりは国際社会の出した判断なのよ。受け入れがたくてもね)
   ミサト(いい、アスカ。私たちは人類全てのために戦っているの。それを、忘れないで)
562 : 3/9[sage] 投稿日:2014/06/04(水) 00:39:09.97 ID:???.net
 アスカ(…天才って呼ばれるのが当たり前だった)
 アスカ(何でも一人で結果を出してきた。選ばれるだけの成績を残してきた。ずっと昔から。
     皆に認めさせてきた。この先も、何があったって一人でやれるんだって信じてた)
 アスカ(…けどやっぱり、エヴァあっての、今の私なんだ)
 アスカ(私の一番の価値は、2号機に乗ること)
 アスカ(だから、か。機体から離されただけで、こんなにも身動きとれない。何も、できない)

   レイ(あなたは、エヴァに映さなくても、あなた。そうあるだけの自分自身を、もう持ってる)

 アスカ(…そんなんじゃないわよ、私は)
 アスカ(…何ができる、この私に。…2号機なしの私に)

注意散漫な生徒たちへ声を張り上げているヒカリ
黒板には『校内合唱コンクール対策緊急HR』の文字

 ヒカリ「皆、真面目に聞いてください! 今週中に自由曲決めなきゃいけないのよ!
    うちのクラスだけなんだから、まだ提出してないのは」
563 : 4/9[sage] 投稿日:2014/06/04(水) 00:41:22.09 ID:???.net
 女子「けどさ、合唱の曲なんてどれも変わり映えしないじゃん」
 女子「何か無難なのでいいよー。今さらコンクールで上位狙えるなんて思えないし」
 男子「出遅れたよな、完全に。無理無理」
 男子「ていうか、委員長はともかく、何で相田が前にいるんだよ?」

ヒカリの隣に立っているケンスケ
おもむろに眼鏡を直す

.ケンスケ「皆の言う通り! 確かにうちのクラスは出遅れてて、しかも残り時間は少ない。
     この現状を打開するには、何か短期間にできて、なおかつ相当インパクトのある
     決め手が要るわけだ。…そこで、提案がありますッ!」

ぽかんと聞いている一同

.ケンスケ「曲はごく普通の、すぐ仕上がるやつを選ぶ。その代わり!
     伴奏はテープの録音じゃなくて、ピアノの生演奏で行う。それと曲の終わり際、
     サビをワンコーラス増やして、女子一人に、ソロで歌ってもらいたいと思います!」
564 : 5/9[sage] 投稿日:2014/06/04(水) 00:42:32.41 ID:???.net
.ケンスケ「伴奏のピアノは、もうシンジに内諾とってあるから大丈夫。
(シンジ「ちょっ、えっ、そんなの全然聞いて…」トウジ「しーっ、男やったら潔く引き受けんかい!」)
     そしてそのピアノと息をぴったり合わせた歌声を披露してもらうべく、ソロ担当には、
     碇いも…碇レイさんを推薦しますッ!」

騒然となる教室

 女子「えーっ、碇君てピアノも弾けたんだー!」 女子「すごーい」 女子「多才ー!」
 男子「おいおいおい何考えてんだー!」 男子「双子の連携でアピールするわけか?」
 男子「ウケ狙いに走りすぎだって」 男子「いいじゃん、双子がいるクラスなんてウチだけだし」
 女子「でもちょっと待って。碇さんて…歌えるっけ?」

レイに集中する視線
緊張した面持ちのレイ
意を決したようにきゅっとこぶしを握り、口を開く

  .レイ「…練習、します。…できるように、なるまで」

少しの間の後、一気に盛り上がるクラス
565 : 6/9[sage] 投稿日:2014/06/04(水) 00:43:50.44 ID:???.net
 男子「マジで!」 男子「行けるだろ! これ!」 女子「碇さんいいとこあるじゃん!」
 女子「うん、見直した」 女子「がんばりたくなってきたかも!」

ほっとした表情のヒカリ
教室の前後でVサインを交わすケンスケとトウジ
レイの言葉に一番おろおろしているシンジ
横目で睨むアスカ

 アスカ(…また双子? 何よ、お決まりのパターン。どうせ組むのはあの二人よ)

突然立ち上がる男子数名

 男子「ちょっと待ったぁ!」 男子「異議あり!」
.ケンスケ「へっ?」
 男子「女子ソロでアピール狙うなら、ここはおとなしめの碇サンよりも、学年…いや
     学校一の美少女として名高い、式波・アスカ・ラングレーさんを推薦する!!」
566 : 7/9[sage] 投稿日:2014/06/04(水) 00:45:15.37 ID:???.net
蜂の巣をつついたようになる教室
全員の注目を浴び、一拍おいて状況を理解するアスカ
素直に驚きの表情

 男子「うおー!」 男子「なるほどぉぉ」 男子「いや、絶対その方がいいって!」
 女子「はあ?!」 女子「何それ、台無しじゃん!」 女子「ウケ狙いとか言ってたくせに」
 女子「…ていうか、式波さん、やるの? こういうの」
 男子「あっ…」
 女子「そうだよね。式波さんていつも一人だし」
 女子「学校来るのも仕方なくらしいし。こういう行事とか、嫌いなんじゃないの」
 女子「私ら一般人とは付き合いたくないんでしょ」 男子「何言ってんだよお前ら」
 男子「いつも一人なのは碇サンの方だろ」 女子「えー? 最近は鈴原たちと話してるじゃん」

予想外の展開に対処できずにいるケンスケ
アスカを気にするヒカリ

 ヒカリ「アスカさん、その…もちろん、無理だったら別に、いいのよ。忙しいと思うし」

真顔になって頬杖の手を下ろすアスカ

 アスカ「…、別にいいけど。やっても」
567 : 8/9[sage] 投稿日:2014/06/04(水) 00:47:11.28 ID:???.net
一気にお祭り状態になる男子一同
愕然とするトウジとケンスケ

 トウジ「いやいやいや、何言うとんのや、式波」
.ケンスケ「ま、まあ、落ち着けって。勢いで決める必要なんかないって」

だんだん不機嫌な顔になるアスカ

 .アスカ「何よ。この私がやるって言ってんのよ。文句あるわけ?」
 トウジ「や、その、そない言うとるわけじゃ」
 男子「そうだよ、せっかくやる気になってくれたんだから水差すなよ」
 男子「だいたい相田、お前が言い出したんじゃん」 女子「それは双子で組む話でしょ?!」
  ヒカリ「ちょ、ちょっと、皆落ち着いて」
 トウジ「おい、どないするんやケンスケ?! 碇妹にやってもらうはずだったやろ。こんなん
     話がぜんぜんちゃうで」
.ケンスケ「どうするったって…、…、くそっ」

焦ったあげく、いきなりバン!と教卓を叩くケンスケ
5689/9[sage つづく] 投稿日:2014/06/04(水) 00:49:12.64 ID:???.net
.ケンスケ「…ぅわかったっ! じゃあ二人に、実際に歌ってもらって決定する!
     今週末の放課後、音楽室でシンジの伴奏と合わせて皆の前でオーディションして、
     クラス全員の投票でどっちか一人を選ぶ! ついでに曲もそれで決める!
     以上! 異論は却下する! 文句あるか?!」

一瞬の沈黙の後、盛り上がりすぎて収拾不能になるクラス
気が抜けたようになっているケンスケ
唖然としているヒカリ
唇を引き結んでいるアスカ
レイを見るシンジ
正面を向いたまま少しうつむいているレイの背中



ミエミエでベタベタの展開ですみません
569名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/06/11(水) 21:04:50.92 ID:???.net
うっわ相変わらず糞うっぜぇな
わかってたけど改めて言うわ
マジでキモい
570 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/06/13(金) 18:03:46.42 ID:???.net
>>568
いつも乙です
次も待ってます
571 : ギンコ ◆BonGinkoCc [sage] 投稿日:2014/06/15(日) 05:17:01.92 ID:???.net
レイ蔵庫

魂を入れる前の綾波を安置しておくための冷蔵庫だな。
常温の環境で置いておくと、腐ってしまうので、大きな冷蔵庫に入れておく。
572 : 554[sage] 投稿日:2014/06/15(日) 09:55:29.76 ID:???.net
>>556
やっぱりガチで双子なんだ…なら仕方ない、応援してるよ♪
573 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/06/18(水) 11:58:08.92 ID:???.net
>>569
極度のツンデレW
574 : 1/4[sage] 投稿日:2014/06/19(木) 08:33:03.93 ID:???.net
レスくださった方、本当にありがとうございます
進行遅くて申し訳ありません…



下校途上
浮かない表情のシンジを説得するケンスケ、トウジ

ケンスケ「…勝手に決めちまったのは謝るよ。何かアイディアないかって委員長に
    泣き付かれちゃってさ、他に即効性のある方法、思いつかなかったんだよ…
    それは、ほんと悪かった。だけどお前たちをダシにしたかった訳じゃないんだって。
    …この通りだから、なあ、頼むよ、適任者はシンジと碇妹しかいないんだって」
 トウジ「気ぃ悪くしたんなら、ワシもこの通りや。すまん、頼まれてくれ! シンジ!」
 シンジ「……
    そんなに改まって頭なんか下げないでよ。大丈夫、やるからさ」
 トウジ「ほんまか!」
ケンスケ「すまん! ほんと助かるよ。はぁー、これで肩の荷が半分下りたよ」
 シンジ「だから、そんなにかしこまらなくたっていいってば。大体、しばらく弾いてないから
    ちゃんと本番までに仕上がるかどうかわかんないよ。…そんなので、良ければ」
575 : 2/4[sage] 投稿日:2014/06/19(木) 08:34:18.40 ID:???.net
.ケンスケ「いいっていいって、まずは引き受けてくれなきゃ始まらないしさ。それに、几帳面な
     シンジのことだしさ。俺らが心配しなくてもばっちり形にしてくれるって」
 シンジ「…えっ」
 トウジ「いやー、やっぱりワシが見込んだ漢や! 頭下がるで、ほんま」
 シンジ「え、ちょっと、…もう、勝手に盛り上がるなよな。
     …そういえば、よく引き受けたな、レイ。皆の前で一人で歌うなんてこと」
.ケンスケ「だよな。今も、委員長や式波と一緒に残って、曲決めしてるんだろ。いやー、
     ほんっと意外だよ、こんなにクラスのために協力してくれるなんて」
 シンジ「うん…」
 トウジ「何や、心配せんでええって。今回はそもそも…」
.ケンスケ「! おいっ」
 トウジ「あっ、…い、いや、今の、なしや。なし!」
 シンジ「?」
576 : 3/5[sage] 投稿日:2014/06/19(木) 08:35:19.50 ID:???.net
ケンスケ「っと、何ていうか、やっぱ協力したいって思ってくれたんだろ。双子として。
    ま、つくづくこういう時は息が合うよな。お前らって」
 シンジ「…、うん」
 トウジ「何や、珍しく歯切れ悪いな」
 シンジ「え…そう、かな。…あ、それじゃ、僕はここで」
ケンスケ「ん? ネルフ本部行くのか? 今日、何かテストだったっけ」
 シンジ「違うよ、ピアノ。本部に器楽室があるんだ。…学校の音楽室で一緒にやったら、
    どうせ皆『妹に肩入れしてる』なんて言うだろ。レイのことは委員長に頼んできたし、
    候補の楽譜も受け取ったし、僕も練習始めておこうかなって思ってさ」
ケンスケ「そっか…いや、ほんと、感謝するよ。シンジ」
 シンジ「だからもういいってば。じゃ、また明日」
 トウジ「おう、頼むで」
577 : 4/5[sage] 投稿日:2014/06/19(木) 08:36:14.02 ID:???.net
 トウジ「…いやー、ひとまず順調に発進やな。式波は委員長が何とかしてくれるやろし。
     何や、そない深刻そうな顔して。シンジも無事引き受けたやないか」
.ケンスケ「それは良かったけど、さ。
     …あいつ、もしかしてもう勘づいてるんじゃないかな。今回の話が、俺らじゃなくて
     碇妹から始まったってこと」
 トウジ「いやいや、ちゃうやろ。そうならとっくに何か突っ込んできとるって」
.ケンスケ「なら、いいんだけどな…」
 トウジ「何や。別に、心配することないやろ。他でもない自分の妹のこと、後からどうこう
     文句並べるような奴ちゃうで、シンジは」
.ケンスケ「そりゃわかってるって。…たださ、俺たち、あいつらが双子だってこと、当たり前に
     考えすぎてないかって思うんだよな。あいつらって、それこそ式波がよくからかってる
     みたいに、何でもお揃いとか、一心同体って訳じゃ、ないんじゃないかな。
     特に最近、なんかさ…あいつと妹とが、ちょっとずつ、ずれて来だしてる気がしてさ。
     引っかかるんだよ、何となく」
 トウジ「何言うとんのや。そんなん当たり前やん」
578 : 5/5[sage つづく] 投稿日:2014/06/19(木) 08:38:53.18 ID:???.net
 トウジ「いくら双子言うたかて、シンジはシンジ、妹は妹やろ。
     ワシらが脇でゴチャゴチャ言う方があいつらも気にするやろ。心配要らんて、
     今朝も教室入ってきて、いつも通りユニゾンで『おはよう』言うてたやんか」
.ケンスケ「…そうだよな。そういや、シンジと一緒だからなかなか気づかなかったけど、碇妹も
     いつのまにか普通に挨拶、するようになってたんだよな」
 トウジ「そやろ。…うむ、兄貴の偉大さやな。うんうん」
.ケンスケ「そういう話かー? …ん? 誰だ、あれ」
 トウジ「見かけん制服やな」
  .マリ「…yeah. I'll get off this time. So, you promiss 02 PASS secure. OK?」
.ケンスケ「なんだ? 外人?」
 トウジ「けっこう目つきキツそーやな。…せやけど、ええチチしとるな」
.ケンスケ「…それは同意する」
  .マリ「ん?」
 トウジ「うわっ、こっち見よった」
  .マリ「なーに? あんまりジロジロ見てると、見物料もらうよー?」
.ケンスケ「やべっ、気づかれてるし」
  .マリ「ん…? 君たち、もしかしてワンコ君の友達?」
.ケンスケ「は?」
 トウジ「なんや? ワンコ?」
  .マリ「へえー、そっか。ふーん」
 トウジ「な、何なんやこの女」
  .マリ「気楽な暮らしってのも良さそうだね。んじゃ、しっかり謳歌しなよ、最後の日常!」
 トウジ「…行ってもうた」
.ケンスケ「何なんだ、一体」
579 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/06/19(木) 17:39:27.57 ID:???.net
マリw
580 : 1/4[sage] 投稿日:2014/06/20(金) 23:58:38.26 ID:???.net
壱中 放課後の音楽室
曲選びしているアスカ、ヒカリ、レイ
机いっぱいに広げられた中高生向け合唱曲譜面集や音楽の教科書
コンポの前で候補曲のCDを入れ替えているヒカリ
退屈しきった顔のアスカ、本を放り出して伸びをする

 アスカ「あー…っ、もう、どれもこれも似たような曲ばっか。嫌んなってきた」
  ヒカリ「うーん…確かに、そうよね。…ごめんね。碇君の負担とか、皆の練習の都合も
     考えると、伴奏が簡単そうな曲しか候補にできなくて」
 アスカ「んー。わかってる、それは」
  ヒカリ「やっぱり、無理…かも、ね。こんな急な話」
 アスカ「何よ、別に降りるなんて言わないわよ。
     一度やるって言っちゃったし。…他ならぬヒカリが困ってるんだし。ちっとや
     そっとで、この私が投げ出さないわよ」
  ヒカリ「えっ…? うん…あっ、でも、だからってアスカさんが無理することないの、
     引き受けるって言ってくれただけで、私は嬉しいし。…本当に、ありがと」
 アスカ「いいってば。始まる前から礼なんか言われちゃ、調子狂うでしょ。ヒカリは全然
     気にしなくていいの。第一、今やめたら試合放棄になるじゃない」

横目でレイを見やるアスカ
581 : 2/4[sage] 投稿日:2014/06/21(土) 00:00:32.90 ID:???.net
開いたページに黙って見入っているレイ
アスカの結んだ唇に力がこもる
二人の方へ戻ってくるヒカリ

  ヒカリ「次はどうする? …あ! もしかして碇さん、決まったの?」
  レイ「…、うん」
 アスカ「えっ!」

慌てて目を逸らし、ばたばたと席を移るアスカ

  ヒカリ「どうしたのアスカさん?!」
 アスカ「見ない! 見ないわよ、私」
  レイ「…どうして?」
 アスカ「そんなの当たり前じゃない! こんなことでも一応勝負なんだから、お互い
     曲目は当日本番まで秘密! 練習も別! 当然でしょうが」
  レイ「…? わかったわ」
  ヒカリ「え、えと、じゃあ碇さんは、この曲でいいのね?
     わかったわ。そしたら職員室まで行って、楽譜をコピーしてこないと」
  レイ「あ…いいの、自分で、行けるから」
582 : 3/4[sage] 投稿日:2014/06/21(土) 00:03:07.09 ID:???.net
  ヒカリ「そう? じゃ、自分のと、碇君の練習用と、二部ね。先生には言ってあるから」
  レイ「わかった、ありがと」

見送って振り返るヒカリ
合唱曲集に首を突っ込んでいるアスカ
不機嫌そうに顔を上げる

 アスカ「…行った?」
  ヒカリ「う、うん」
 アスカ「…はぁー」

ばたんと机に突っ伏すアスカ
おろおろと寄るヒカリ

  ヒカリ「だ、大丈夫?」
 アスカ「…わかんない。
     こんなの、やったことないもの、私。なーんか落ち着かないっていうか、
     何しても手応えがないっていうか…変な気分。…あーあ、傍から見れば
     笑えるわよね、今の私」
583 : 4/4[sage つづく] 投稿日:2014/06/21(土) 00:05:25.06 ID:???.net
 ヒカリ「そんなことないわ。一生懸命協力してくれてるんだもの」
 アスカ「そっかな…」

机の前にしゃがんで、顔を上げたアスカと視線を合わせるヒカリ

  ヒカリ「そう! 全然、おかしくなんかない!」
 アスカ「ひ、ヒカリ? 何?」
  ヒカリ「決めたの! 私、委員長だからほんとは中立じゃなきゃいけないんだけど、
     こうなったら断然アスカさんを応援する! 絶対、皆も、その方がいい結果
     出せると思うもの」

乗り出すヒカリ
大いにとまどうアスカ

 ヒカリ「ね! だから、一緒にがんばろ!」
 アスカ「…え、んと、…うん」

笑顔になるヒカリ
つられて少し笑うアスカ
音楽室の窓に夕陽
584名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/06/24(火) 17:41:39.18 ID:???.net
アスカとヒカリいいね
585 : 1/3[sage] 投稿日:2014/06/27(金) 10:06:56.27 ID:???.net
>>584 ありがとうございます


葛城家 夕食後
エプロンつけて後片付けを始めるシンジ 足元にペンペン
手伝おうと傍に寄るレイ
振り向いて笑うシンジ

 シンジ「いいよ。今日は洗う皿も少ないし、すぐ終わるから、大丈夫。
     レイは先にシャワー浴びちゃって」
  .レイ「…、うん、わかった」

食器洗いにかかるシンジ
ふと、もう一度振り返る
まだそこに佇んでいるレイ 足元で見上げるペンペン

 シンジ「…、どうしたの?」
  .レイ「…あ」
 シンジ「何か、言い忘れたこと…?」
  .レイ「……」
 シンジ「…そうだ、…あの、本当は僕も」
  .レイ「! なに?」
 シンジ「あ、…いや、その」

黙り込んでしまう二人
お互い視線を預けていられずにうつむく

 シンジ(…言えないよな)
 シンジ(…今日、全然、弾けなかった。
     鍵盤にさわることもできなかった。ただ黙って座ってるだけなんて、…エヴァに
     乗ってる時より、ずっと悪い)
586 : 2/3[sage] 投稿日:2014/06/27(金) 10:08:30.41 ID:???.net
 シンジ(でもそんなこと言えない。…今さらできないなんて。それも、自分の気持ち
     ひとつ、どうにかできないっていう、理由にもならない理由で。だってレイは)
 シンジ(レイは、…僕がこんなふうに行きづまってるのわかってて、何とかしたくて、きっと
     自分から言い出したんだ。皆の前で歌うなんてこと。
     できないよ。言えない。レイが悲しそうな顔をするところを、見たくなんかない)
  .レイ(…言わなきゃ)
  .レイ(…楽譜。
     お兄ちゃんの分。預かってきてるの、渡さなきゃ。…帰ってから気になってるのに、
     まだ、カバンから出せない。
     なぜ動けないの、私。…いえ、本当はわかってる。お兄ちゃんは喜んでいないから)
  .レイ(私、また余計なことしようとしてるのかも、しれない。
     …間違ってるかもしれない。…わかってるのに、やめたいと思ってないもの。
     あんなに楽しそうだったピアノを、お兄ちゃんがまた笑って弾くところ、見たいもの)

沈黙のあと、意を決して顔を上げる二人

 両者「「…あの」」
ペンペン「! クーッ、クワッ!」
587 : 3/3[sage つづく] 投稿日:2014/06/27(金) 10:10:33.77 ID:???.net
いきなりドアの開く音、続いて乱暴に玄関に上がる音
すっとんでいくペンペン
同じ表情できょとんと向き直る二人

 ..ミサト「たっだいま~。やっと着いたー…んもう、ほんっと嫌んなるわ」
 シンジ「え、あの、ミサトさん、どうしたんですかそれ」
  .レイ「…すいか?」
 ..ミサト「そ、スイカ。加持のご自慢の。ったくもうあの馬ッ鹿、人の都合なんか全然
     考えないんだから。前に、二人がおいしいって食べてくれたから、ですって。
     だからって女にこんなでかいもん持たせるー? ああもう全身汗だく、悪いけど
     先にシャワー浴びるわ。あ、ゴメン、これ、何とか冷蔵庫に入れといて」
 シンジ「ええ?! でもあの、こんなの」
 ..ミサト「あ! 一応軽く入れてきたから、晩ご飯はいいわ。じゃ、あとよろしくねん」
 シンジ「えっ? あ、ちょっと、…もう」

取り残される二人、およびスイカ
歩み寄るレイ

  .レイ「…入る? 冷蔵庫」
 シンジ「うーんと、…とにかく、やってみないと」
  .レイ「ん。私も、手伝うから」
 シンジ「あ…うん、…あの、ありがとう」
  .レイ「…、いいの」
ペンペン「クワックワッ、クーッ! クーッ!」
  .ミサト「あっ、コラッ、ペンペン! 入ってきちゃ駄目でしょー! ちょっとッ、あーッ」
 シンジ「……」
  .レイ「……」

どちらからともなく目が合い、一緒に小さく笑い出す二人
588名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/06/27(金) 17:28:02.53 ID:???.net
ほのぼの
589 : 1/7[sage] 投稿日:2014/06/27(金) 22:48:31.11 ID:???.net
風呂上がりのミサト
リビングに入って微笑する
互いの頭をくっつけるようにして斜めの川の字に寝転がっているシンジ、レイ、ペンペン
視線に気づき、本を閉じて起き上がるレイ
振り返ってシンジを促す
はっとして目を開け、照れ顔でイヤフォン外すシンジ
もう一度にっこりするミサト

 シンジ「…あの、すみません。なんか、半分寝ちゃってたみたいで」
 ..ミサト「いいのいいの。っていや、良くないか。こんなとこでうたたねしちゃ二人とも
     風邪引くわよ。さ、眠いなら部屋に行ってー。それともお風呂?」
 シンジ「あ、はい。レイ、入ってきちゃいなよ」
  .レイ「ううん。お兄ちゃん、先に」
 シンジ「え? でも…」
  .レイ「先。眠そう、だもの」
 シンジ「う…、わかった。ごめん、じゃ、急いで入ってくるから」
 ..ミサト「はいはーい、行ってらっさい。…
     ん? レイ、どしたの?」
  .レイ「……」

いったん自室に消えるレイ
ややあって、少しきまじめな表情で戻ってくる
胸に抱えた譜面
きょとんとするミサト
590 : 2/7[sage] 投稿日:2014/06/27(金) 22:50:30.57 ID:???.net
カーペットの上に腰を下ろしたミサトとレイ

  ミサト「…なるほど、ね。
    合唱コンクールのソロの役を、アスカと競うって…こりゃえらいことに立候補したわね」
  レイ「…、やっぱり、おかしい、ですか」
  ミサト「ううん、違う違う。
    レイも積極的になったなって思っただけ。いいことよん。自信持ちなさい」

ミサトの太鼓判に、うつむいてほのかに微笑むレイ
自分も笑顔になるミサト
両足投げ出して大きく息をつく

  ミサト「…そっかー。
    シンジ君の伴奏で、レイが歌う、か…ここに来た頃の二人からは、ちょっと
    想像できなかったわ。けど、それもきっと、二人でだからできるのよね。
    あ、それ、楽譜? それもレイが選んだのよね。ちょっち、見せてよ」
  レイ「…、はい」
  ミサト「どれどれ…おおー、往年の名曲ぅー。なかなか堅実な選択したじゃない、レイ」
  レイ「そう…ですか」
  ミサト「そ、すっごくいい曲よん。私もね、小学生の頃なんかは学校でこれ歌ったわー。
    って言っても、もうずいぶん昔の話だけどね」
  レイ「…むかし」
  ミサト「そう。セカンドインパクトが起こる前の、平和な頃のお話。…
    ところで、これ、いいの? シンジ君より先に私に見せちゃって」
591 : 3/7[sage] 投稿日:2014/06/27(金) 22:52:14.45 ID:???.net
  レイ「…あ、…、お兄ちゃんには、これから」
  ミサト「そ。一番を譲ってもらっちゃったのね。ありがとね」
  レイ「…、ミサトさんには、話しておきたくて。…いつも心配かけてるって、お兄ちゃんも」

瞬間、険しい表情で息を呑むミサト
瞬きするレイ

  レイ「? あの」
 ミサト「……レイ?
    今、…あたしのこと、『ミサトさん』って呼んだ…? 呼んだわよね?」
  レイ「えっ…、!!
    …お兄ちゃんのが、移っちゃった、のかな…? ごめんなさい」
 ミサト「違う違う! うそっ! ありがとー、レイッ!」
  レイ「きゃ」

思いっきりレイを抱きしめて頬ずりするミサト
ただびっくりしているレイ
タオル片手に戻ってくるなり呆れ顔になるシンジ
放り出された楽譜に気づく
はっとするレイ が、身動きが取れない
592 : 4/7[sage] 投稿日:2014/06/27(金) 22:54:35.98 ID:???.net
  .レイ「あ…、それ」
 シンジ「…、よかった」
  .レイ「え?」

軽く息を吸い込んで、はにかんだ笑顔を見せるシンジ

 シンジ「この曲ならそんなに難しくないから、きっと間に合わせられると思う。…ううん、
     絶対、間に合わせるよ。練習する。
     だから、…良かったな、って」
  .レイ「…、そう」
 ..ミサト「結果オーライじゃない、レイ。シンジ君もね」
 シンジ「…はい」

ふーっと肩の力が抜けるレイ
抱きすくめて頭をぐりぐり撫でるミサト
くすぐったそうに見上げるレイ 少し笑う
二人を見つめるシンジ
ほんの少し、溜息をつく
足元で小さく鳴くペンペン
593 : 5/7[sage] 投稿日:2014/06/27(金) 22:55:57.65 ID:???.net
翌朝
壱中 2-Aの教室
登校するなり睨みつけるアスカ
面食らっているシンジの前に大股に近寄り、紙束を突き出す

 .アスカ「ん!」
 シンジ「…は?」
 .アスカ「…楽譜! 合唱の! 
     昨日ヒカリと残って決めたの。今朝、渡すって話だったでしょ!」
 シンジ「あ、うん…って、これ…?」

仁王立ちのアスカの後ろから顔を覗かせるヒカリ

  ヒカリ「そうなの。結局、こんなことになっちゃって…でも、碇君の負担は軽くなるし、
     いいかも、って」
 シンジ「そりゃ、僕は助かるけど…いいの? これで」
594 : 6/7[sage] 投稿日:2014/06/27(金) 22:57:03.32 ID:???.net
 .アスカ「何をこそこそやってんのよ。この私が自分で厳選した曲目に文句あるわけ?」
 シンジ「そうじゃなくて、…これ、レイが選んだ曲と同じなんだ」
 .アスカ「え」

ヒカリを見るアスカ
申し訳なさそうに頷くヒカリ

  ヒカリ「うん、そうなの…」
 シンジ「あ…もしかして、同じにしてくれたのかな。皆が練習しやすいようにって」
  ヒカリ「えっと…ううん、別々に決めたはずなんだけどね…」

固まっているアスカ

 トウジ「黙ってもうたな」
.ケンスケ「よっぽど自信、あったんだろうな」
 トウジ「せやろな。絶対、碇妹よりいい曲選んだろ思てたんやろ」
.ケンスケ「ま、けど無理もないさ。簡単かつ舞台栄えのする曲なんて、しょせん限られてるし」
 トウジ「かぶってもしゃあないわな。この場合、逆にラッキーやないか」
 アスカ「……うるッさいわね!!」
595 : 7/7[sage つづく] 投稿日:2014/06/27(金) 22:58:53.57 ID:???.net
 .アスカ「だから何よ?! 一度決めたものを翻すほど軟弱じゃないわ! もうこれで決定、
     いいわね!!」
 シンジ「? うん」
 一同「うおーっ」「まさかの展開じゃん」「ほんとにやるんだ!」「いーねー、対決っぽい」
    「じゃ、曲これで決まりか?」「うちらも先に練習できるね」「よかったぁ」

教壇に上がって一同を見渡すケンスケ

.ケンスケ「それじゃあうちのクラス、自由曲は『翼をください』に決定っ!
    それと、音楽の先生の許可とってきた! 予定通り金曜放課後、音楽室にて
    オーディションと投票! やるぞ!!」
 一同「おー!」「いえー」「盛り上がってきたー!」
 .アスカ「…ふん、何よ、いちいち大げさね」

楽譜をシンジに押しつけ、自分の席に戻って勢いよくすわるアスカ
振り返るシンジ
少し離れたところに佇んでいるレイ


>>588 ありがとうございます
何という低速進行…どこまで行けるやら、がんばります
596 : 1/7[sage] 投稿日:2014/07/05(土) 01:32:22.91 ID:???.net
本部器楽室
ピアノの前に座ったシンジ
楽譜を睨んで何度も試みるが、そのたびに弾きあぐねて溜息をつく

 加持「なかなか苦戦してるみたいだな」
 シンジ「…うわっ?!」

振り向いて、大きめに息を吐くシンジ

 シンジ「…もう、おどかさないでくださいよ。いつからそうやってたんですか」
 加持「いやいや、ついさっき来たばかりだよ。
     で、どうした。久しぶりにピアノの前にいると思ったら、難しい顔して。
     …弾きたいけど、どうにも気が乗らないって様子だな」
 シンジ「…何でもお見通しなんですね、加持さんて」
 加持「そんなことないさ。ま、そう見えるとしたら、仕事柄、かな」
 シンジ「仕事って…そういえば、加持さんはここで、ネルフで何してるんですか?
     ミサトさんともリツコさんとも別行動みたいだし」
 加持「ふむ。君こそよく見てるじゃないか。他人のこと」
 シンジ「! あ…すみません、そんなつもりじゃ」
 加持「いいさ。胡散臭い存在なのは承知の上だよ。それも結構面白いもんだぞ」
 シンジ「え…、もう、何なんですか、一体。
     僕なんかかまってないで、それこそ、仕事しなくていいんですか? 大人なのに」
 加持「してるさ。これも俺の仕事のうちだからな」
 シンジ「…えっ?」
 加持「それより、どうだ? 気分転換に土いじりでも」

とまどうシンジに、手にした缶コーヒーを振ってみせる加持
597 : 2/7[sage] 投稿日:2014/07/05(土) 01:33:25.32 ID:???.net
ジオフロント 加持のスイカ畑
地上から集光された陽射しの下、雑草取りにいそしむ二人
息をついて額の汗をぬぐうシンジ
振り返ると同じようにしゃがんだ加持の背中

 シンジ「あの、…そう言えば、この間、ありがとうございました。スイカ、頂いて」
 加持「ん? ああ、葛城が、断りなしに外食なんて二人に悪いって気にしてたからな」
 シンジ「そうだったんですか…」
 加持「…気になるかい?」
 シンジ「えっ?」
 加持「葛城のことさ」
 シンジ「…そりゃ、そうですけど」

立ち上がりうーんと腰を伸ばす加持
振り返って笑う

 加持「俺の仕事は、特務機関ネルフの監査だ。
     なんて言えば偉そうだが、要するにいろいろ見て回るのが役目さ。それでここにいる」
598 : 3/7[sage] 投稿日:2014/07/05(土) 01:34:33.80 ID:???.net
 シンジ「監査…僕のことも、ですよね」
 加持「そう。葛城のこともな」
 シンジ「…、それなら、何も僕になんか頼まなくたって」
 加持「俺はしょせん外部の見物人に過ぎない。実際に何か変えられる訳じゃないさ。
     そのへんが、君や、レイや、葛城やリッちゃんと違うところだ」

うなだれて地面を見るシンジ

 加持「まだ、ここにいる自分に、実感が湧かないかい?」
 シンジ「…、たぶん」
 加持「そうだろうな。ただ、君がどう思おうと、人は君をエヴァ初号機のパイロットとして
     見ている。楽しかないだろうが、それも大事なことだ。自分が何者として周りに
     受け入れられているのかっていうのはな」
 シンジ「……」
 加持「前は…ピアノを弾けてた時は、それを忘れていられたかい?」
 シンジ「!」

反射的に強い視線を向けるシンジ
599 : 4/7[sage] 投稿日:2014/07/05(土) 01:35:33.29 ID:???.net
たじろがぬ加持
目を伏せてしまうシンジ
汗を拭いて畝の間にかがみこむ加持

 加持「だが、今はそれも、君の別の役割を思い出させてしまう。違うかい」
 シンジ「…役割」
 加持「碇レイの双子の兄、という役割さ」

言い返せずうつむくシンジ
土を睨む

 シンジ「…僕は別に、…加持さんもさっき言ってたじゃないですか。気が乗らないみたい
     だって。ただそれだけですよ。…やりたくないわけじゃない」
 加持「楽しくなくても?」
 シンジ「楽しいとかじゃなくて、…僕はただ、レイのためにやらなくちゃって思って」
 加持「ほら、そこだ」
 シンジ「…え?」
 加持「君の悪い癖だな。何か始める前に、それをしなくちゃならないと考えることで、結果
     自分で自分の行動の幅を狭めてしまう」
600 : 5/7[sage] 投稿日:2014/07/05(土) 01:37:05.13 ID:???.net
 シンジ「…しなくちゃならないこと、ばかりだから」
 加持「そうだな。だが、それならなおさら、一番身近なことを見失わないようにな」
 シンジ「…レイのこと、ですか」
 加持「いや。君自身、だよ。
     何をしなきゃならないかより、自分が何をしたいか。迷ってる時ほど、そこが大事になる」
 シンジ「…、そんなこと、考える余裕ないですよ」
 加持「それでもさ。君は、どうしたいんだ?
     それは誰も君の代わりに考えちゃくれない。自分自身のことだからこそ、自分で考え、
     自分で決めないとな。それで全てが上手く運ぶわけじゃない。だがその方が、少なくとも
     後悔はしないでいられる」
 シンジ「…後悔、ですか。
     加持さんみたいな大人は、後悔することなんかないんだろうって思ってました」
 加持「するさ。後悔だらけだよ、大人になればなるほどな。
     その代わり物事の見え方が広く深くなる。前には気づきもしなかったようなこともね」
 シンジ「…ミサトさんのこともですか」

一瞬手を止める加持
601 : 6/7[sage 本当にどこまで行けるだろうか] 投稿日:2014/07/05(土) 01:38:24.92 ID:???.net
 加持「…ああ。
     今さら元には戻れないからな。ただ納得はしてる。自分が今、こういう立ち位置、こういう
     役割にいるってことに」
 シンジ「それは、…諦めるってことじゃ、ないんですか」
 加持「いや、違うよ。自分にできることとできないことの見極めがつくようになっただけさ。だから
     できる限りのことは精一杯やる。…その先は祈るしかない」
 シンジ「…だから僕に、ミサトさんを守ってくれって頼むんですか」
 加持「…そうだ。…君に頼むしか、俺にはできない」
 シンジ「……」

加持を振り返ろうとするが、結局また手元に視線を落とすシンジ
しばらく黙々と草をむしる二人

 加持「君には、君にならできる、君にしかできないことがある。何もネルフやエヴァのことだけじゃ
     ないさ。君の心から生まれる願いを叶えるのだって、君に与えられた現実の力だよ。
     君は、どうしたいんだい。今の君、それとも、今、君の周りにいる他人を」
602 : 7/7[sage それでも つづく] 投稿日:2014/07/05(土) 01:40:01.39 ID:???.net
 シンジ「…僕は、…
     …よく、わからないです。ただ、…たぶん、僕はレイに笑っていてほしい。そうすれば、
     僕も、少しは僕のことが、好きになれるかもしれないから」

笑うように口元を歪めるシンジ

 シンジ「…結局、自分のことですよね。…人のためじゃない。いつだってそうなんだ。僕は」
 加持「だが、嘘でもないさ」

かすかに目を見開くシンジ

 加持「皆そうさ。わかるのはせいぜい自分のことだけだ。だから始めるのは、そこからでいい。
     自分に正直になるのと、他人に誠実でいることは、同じことの裏表だからな。
     あとは行動するうちに、なすべきこともわかってくるさ。そういう、繰り返しだよ」

振り向くシンジ
丁寧に畝の世話をする加持の後ろ姿
目を逸らし、肩を落とし、それでも小さく頷いてみるシンジ
少しだけ顔を上げる
603 : 1/4[sage へたくそ] 投稿日:2014/07/06(日) 00:56:31.75 ID:???.net
 日向「聞いたか? 例の歌の件」
 青葉「ああ、聞いた聞いた」
 伊吹「あの子たちが、学校の行事にそんなにちゃんと参加できるなんてね。
     何だかほっとするわ」
 青葉「考えたもんだよな、学校側も。手間や場所、準備に時間をくう文化祭や
     運動会じゃなく、校内での合唱コンクールなら、たとえ当日に使徒が来ても
     ただ延期すれば済むからな」
 伊吹「おかげで、あの子たちも欠席しなくて済むしね」
 日向「少々お手軽な気もするけどなー。
     …で、問題のオーディション、どっちが、シンジ君とのソロを勝ち取ると思う?」
 青葉「俺はアスカかな。人気投票みたいなもんで決めるんだろ、結局」
 伊吹「レイ、人前で何かすることなんてなかったものね。
     でもやっぱり、シンジ君との相性を考えると、レイじゃないかしら。私は、ちょっと
     応援したいな」
 日向「何しろ双子だもんな。…それにしてもあの二人、ほんと仲良くなったよなぁ」
 伊吹「そうよね。ここに来て初めて会ったなんて、思えないくらい」
 青葉「ま、相性が良かったんだろうさ。お互い気を遣ってるってのもある」
 伊吹「双子なのに?」
 日向「双子だって遠慮くらいするさ。いわば、近づきたい気持ちの裏返しで」
604 : 2/4[sage] 投稿日:2014/07/06(日) 00:58:19.39 ID:???.net
 伊吹「そうかしら…少なくともレイは、素直にシンジ君を慕ってると思えるわ。
     本当、変わったもの。レイ」
 青葉「そう、あのレイがな」
 日向「これも、実の双子の兄たるシンジ君の影響か。毎日接してるわけだし…
     たった一人の存在で、ここまで変わるなんてな」
 青葉「愛情…って、やつだろ、家族の」
 伊吹「そうね。あのレイが、ね…」

歩いてくるリツコ
三人の会話の端を耳にして顔をしかめる

 伊吹「あ、先輩! 先輩はもう聞きました? 合唱コンクールの話」
  リツコ「…聞いたわ。でも残念だけど、たぶん頓挫するわね。週末の企画は」
 伊吹「えっ?」
 日向「…? あッ、もしかして」
 青葉「…3号機」
  リツコ「そう。米国が急に方針を変えてきたそうよ」
605 : 3/4[sage] 投稿日:2014/07/06(日) 00:59:24.32 ID:???.net
  リツコ「議会の決定を待たずに、即日3号機を日本へ移管。既に輸送の手はずも
     整ってるらしいわ」
 青葉「…ずいぶん手回しがいいっすね」
 日向「勝手な話じゃないですか、さんざん遅らせてきたのは向こうなのに」
  リツコ「あれほどこだわってた技術情報の法的問題とやらは、一体どこへ消えたの
     かしらね」
 伊吹「…じゃあ、もしかして」
  リツコ「ええ。日本政府も先ほど通達してきたわ。機体が届きしだい、可及的速やかに
     起動実験を行うように、だそうよ。実験場は松代」

リツコが示す端末画面をのぞきこむ三人

 日向「さすがにここは使えないか…しかし、ほとんど嫌がらせですね」
  リツコ「ユーロの2号機確保と、ロシア側の動静を睨んで、今のうちに米国に貸しを
     作るつもりかもしれないわね」
 伊吹「そんな…エヴァは政治の道具じゃないのに」
 青葉「ウチを利権の塊と見てる連中にとっちゃ同じなのさ。…にしても、この日程じゃ、
     ほんとにギリギリですね。まさに嫌がらせだ」
 日向「相変わらず、全部現場任せか」
606 : 4/4[sage つづく] 投稿日:2014/07/06(日) 01:00:40.48 ID:???.net
 伊吹「でもこれじゃ、本当にスケジュール、動かせませんね…
     よりによって金曜…せっかく、あの子たちが自分からやろうとしてることなのに」
  リツコ「そうね。…残念だわ」
 青葉「あくまでも、彼らはパイロットですからね」
 日向「…待てよ。何もコンクール本番ってわけじゃないんだろ?
     単に人を選ぶなら、週末じゃなく、その前、明後日辺りに前倒ししてもらえば」
 青葉「いや、それも無理だ。ほらここ、テストパイロットは前日には松代入りする
     ことになってる。ま、予備テストも全部向こうでやるから仕方ないが」
 伊吹「じゃあ…」
 日向「いくら中学生の歌って言っても、いきなり明日、発表しろってのは無理だよな」
 青葉「そういうことになるな」
 日向「…となると、それはつまり」
 伊吹「いよいよ3号機パイロットの決定、待ったなし、ですか」
  リツコ「ええ。ミサトにはさっき念押ししておいたから、遅くとも、明日中には」

沈黙する三人
一瞥を残して立ち上がるリツコ
607 : 1/3[sage] 投稿日:2014/07/10(木) 22:54:02.18 ID:???.net
再び本部器楽室
ピアノの前に座るシンジ
両膝を掴んだまま動かない二つの手
目の前に鍵盤
つめていた息を吐き出すシンジ

 シンジ「…何が嫌なんだろう。…やりたくないことじゃないはずなのに」
 加持(君は、どうしたいんだ?)
 シンジ(…よくわからないです。ただ、たぶん僕は、レイに笑っていてほしい)
 シンジ「…それは、本当だと思うのに」

意識して両手を持ち上げ、鍵盤上に浮かせるシンジ
が、指は下りない
また溜息

 シンジ(結局、自分のことなんです。人のためじゃない。いつだってそうなんだ)
 加持(皆そうさ。だから始めるのはそこからでいい。そういう、繰り返しだよ)
 シンジ「…そうなんだ。…そうだって、思えるのに」

深くうつむくシンジ

 シンジ「…なのになんで、動けないんだろう」
608 : 2/3[sage] 投稿日:2014/07/10(木) 22:56:40.49 ID:???.net
 カヲル(…動かそうとするんじゃなくて)
 シンジ「…え」
 カヲル(一緒に動こうと考えればいいのさ。
     協調の前提は、相手の呼吸をはかること。連弾と同じだよ)
 シンジ「!」
 カヲル(自分だけの時とは違うからね。力まないで、焦らず、互いの反応を感じて)

ゆっくり両目を見開くシンジ

 シンジ(ったくもうひどいよ、いくらなんでも僕とレイを間違えるなんて。…そんなに
     似てるのかな。僕らって)
 .カヲル(全然、違うよ。感じがね。僕にとっては)
 シンジ(そうなんだ…)
 シンジ「…そう、なんだ」

頭を起こしているシンジ
ピアノの鍵盤を見下ろす

 シンジ「…カヲル君は、…最初から言ってくれてたんだ。
     僕とレイは別々なんだ、って」

少しだけ微笑する

 シンジ「何やってたんだろ、僕は。
     自分一人だけでできることじゃなかったのに。…僕はただ、レイに合わせることを、
     …レイが気持ちよく歌えるにはどうすればいいのかだけを、考えれば良かったんだ」
609 : 3/3[sage とつとつと つづく] 投稿日:2014/07/10(木) 22:58:45.11 ID:???.net
 カヲル(僕はいつも、君が心配だよ)
  レイ(何か、したいの。お兄ちゃんに。何すれば、いい)
 シンジ「…うん。
     甘えるのも、言い訳にするのも、…やっぱり、それって変だものな」

自然に両手を鍵盤に下ろすシンジ
最初の和音が鳴る
手応えを噛みしめるシンジ
と、はたと指が止まる

 シンジ「あっ…そういえば、アスカと組むのかもしれないんだったっけ…
     けど、アスカが歌う、って…どんな…?」

考え込んでしまうシンジ
慌てて頭を振る

 シンジ「…えっと、とりあえず、曲の全体だけさらっておこう。あとは…あと、だ。うん」

楽音の響き始める器楽室
扉外の廊下に佇んでいる加持
微笑し、歩み去る
610名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/07/10(木) 23:46:38.55 ID:???.net
初めて覗いたけどほっとできる良スレだね
611 : 1/5[sage] 投稿日:2014/07/12(土) 12:45:17.68 ID:???.net
>>610 ありがとうございます、少しでも楽しんでいただけるよう、頑張ります


放課後の2-A教室
夕陽の射す中、CDデッキを傍らに練習するアスカ
と、付き添うヒカリ
いろいろ歌い方を試してくたびれた二人
近くの椅子を引いて座り込むアスカ

 .ヒカリ「今日は、ここまでにする?
    ずいぶんやったもの。明日でも明後日でも、まだ時間はあるし…」
 アスカ「駄目!って、言いたいとこだけど。
    ま、そうね。初日から飛ばしてもあとが続かないか。ごめん、付き合わせて」
 .ヒカリ「えっ?! ううん、いいの、…私はただ、ここにいただけだし、別に」
 アスカ「でも、ずっと聴いてくれてたし。
    他人がいるのといないのじゃ、張り合いが違うもの。ほんと助かった」
 .ヒカリ「うん…」
 アスカ「…けど、何で? 私なんか、普段、クラスの連中とは没交渉なのに。
    帰りに誘ってくれても断ってばかりだし。勝手にやれって放っておかれても、
    仕方ないと思ってた」
 .ヒカリ「そんなことないわよ。皆、本当は、アスカさんと仲良くなりたいんだと思う」
 アスカ「私と? なんでよ」
612 : 2/5[sage] 投稿日:2014/07/12(土) 12:46:42.78 ID:???.net
 .ヒカリ「え? だって、皆より全然大人っぽいし、かっこいいし! 憧れちゃうもの。
    男子みたいに騒ぐだけじゃなくて、皆言ってるわ」
 アスカ「……」
 .ヒカリ「あ…そっ、か。…うるさいし、迷惑よね、こういうの。
    でも皆、悪気があるわけじゃないと思うの、アスカさんは特別なんだから」
 アスカ「別に、迷惑とかじゃないけど。…それに、大して特別でもないし」
 .ヒカリ「え…?」
 アスカ「エヴァがなきゃ私は単なるガキってこと。間抜けよね、今頃気づくなんて」

頬杖ついて横顔を見せているアスカ
ためらうヒカリ

 .ヒカリ「…何か、あったの? アスカさん」
 アスカ「ん? 何かってほどじゃ、ないわ。いつものこと。もうルーティンになってる一種の
    心理的通過儀礼っていうか。現状への疑問提起と、自己確認っていうか」
 .ヒカリ「ずいぶん難しいこと考えてるんだ…やっぱり、私たちとは違う、わよね」
 アスカ「んーん、難しそうなコトバ使ってるだけ。やってることは、他大勢とおんなじよ。私も。
    考えても仕方ないことをぐるぐる考えて、何とか自分に折り合いつけて、ってね」

髪を払って立ち上がるアスカ
613 : 3/5[sage] 投稿日:2014/07/12(土) 12:48:47.71 ID:???.net
心配そうなヒカリ
見下ろして少し笑うアスカ

 アスカ「さ、帰ろっか。お腹すいちゃった」
 .ヒカリ「うん…」

片付け始める二人
教室の扉が開く
ジャージ姿の女子数人がカバンを取りに入る

 女子「あ、ヒカリ! に、式波さんじゃん! うっそー、まだいたんだ」
  .ヒカリ「うん、でももう帰るところ」
 女子「てことは今までずっとやってたの?! すごいね」
 女子「ほんとほんと。うちらの部活より、よっぽど真面目にやってるかも」
 女子「ね。うーん、私も式波さん応援組になろっかな。まじで」
 女子「それで男子と一緒に騒ぐわけ? まーいいけどさー。じゃね、ヒカリ」
  .ヒカリ「また明日ねー。
  .   …アスカさん? どうしたの?」
 .アスカ「べ、別に」
  .ヒカリ「…ねっ?」
 .アスカ「な、何?」
  .ヒカリ「さっき言ったこと。皆、アスカさんのこと気になってるのよ。そうだったでしょ?」
 .アスカ「…まあ、そうみたいだけど」
614 : 4/5[sage] 投稿日:2014/07/12(土) 12:51:02.36 ID:???.net
  ヒカリ「人類全体を守ってるアスカさんには、足元の私たちなんか気にしてる余裕、ない
     かもしれないけど…でもね、皆、アスカさんのこと見てたいし、応援したいのよ。
     私も、その一人」

はにかみがちに笑うヒカリ
瞬きするアスカ
怒ったようにそっぽを向く

 アスカ「…私、そういうの、あんまり好きじゃないんだけど」
 .ヒカリ「…あっ…」
 アスカ「好きじゃないし、たぶん応えられないけど、…でも、嫌ってほどでもないから。
    …まだ、よくわからないだけ」
 .ヒカリ「アスカさん…」
 アスカ「あーあ、慣れないことしたら疲れちゃった。
    もう帰ろ。途中まで、一緒に行ってもいい? 寄り道はできないけど」
 .ヒカリ「え、…いいの? でも、ネルフ本部に行くんじゃ」
 アスカ「今日は久しぶりにヒマだから、平気。あ、何か約束とかあるなら、別にいいけど」
 .ヒカリ「う、ううん、ない! 全然! 大丈夫だから!」
 アスカ「じゃ、行こ。…何よ、そこまで嬉しそうな顔しなくたって…ん?」
615 : 5/5[sage つづく] 投稿日:2014/07/12(土) 12:52:59.75 ID:???.net
 .ヒカリ「どうしたの?」
 アスカ「何よー…あ、本部からの連絡。一応、すぐ確認しなきゃいけなくて」
 .ヒカリ「あっ、ごめんなさい。普通の人には秘密よね」
 アスカ「そんな大げさなもんじゃないってば。…!」

表情を険しくするアスカ
しばらくして携帯を切りカバンに突っ込む
見守るしかないヒカリ

 アスカ「ごめん、行こ。何でもなかった」
 .ヒカリ「そ、そう?」
 アスカ「そ。私にはどうでもいいこと」
 アスカ(3号機の起動実験…よりによって金曜日、か。
    ま、関係ないわ。どうせ妹が、命令されるままパイロット引き受けて、乗るんでしょ。
    馬鹿シンジは残念がるかもしれないけど、それこそ、関係ないし)

やや乱暴にカバンを持ち上げ、ヒカリと一緒に教室を出るアスカ
固く引き結んだ口元
616 : 1/4[sage] 投稿日:2014/07/14(月) 21:49:47.82 ID:???.net
本部技術局
リツコの検診を受け終え身じまいをするレイ
目をやるリツコ

 リツコ「どう? 歌の練習は。はかどってるの?」
  レイ「…!」
 リツコ「あら、答えられない?」
  レイ「…いえ」
 リツコ「まさか、あなたが自分から何かしようと言い出すなんてね。正直信じかねるわ。
    他人のためを思っての行動、だなんて。…ああ、他人じゃなかったわね。肉親は」
  レイ「……」
 リツコ「ごめんなさいね。不愉快だったかしら」
  レイ「…、いいえ」

まっすぐ視線を向けてくるレイ
初めて見る相手のように凝視するリツコ
目を逸らす

 リツコ「学校に家族ごっこもいいけど、あなたの本分はあくまでもエヴァのパイロットなのよ。
    使徒殲滅の任務はもちろん、エヴァの技術の向上をはかるための実験の被験者、
    テストパイロットでもあるわ。
    新しい人間関係の居心地良さに、どうも近頃、少し忘れてるようだけど」
617 : 2/4[sage] 投稿日:2014/07/14(月) 21:51:50.17 ID:???.net
 リツコ「そういえば、3号機の起動実験の日程、決まったわ。今週の金曜日」
  .レイ「!」
 リツコ「あなたはこのところ、体調も精神面も良好。先の使徒戦での後遺症も、目下
    認められない。何も問題ないわね、3号機のテストパイロットとして」

横目でレイを見るリツコ
感情をわずかに覗かせ訴えるような目をしているレイ
そのままうつむく

  リツコ「あなたの価値はエヴァに乗ること。そのために、ここにいるのよ。わかってるわね」
  .レイ「…はい」
  リツコ「さて、もういいわ。帰って休みなさい」
  .レイ「…はい」

立ち去るレイ
閉じた扉をしばし見守っているリツコ
ふと、自分の唇の両端が吊り上っているのに気づく
激しい自己嫌悪が全身を呑む
618 : 3/4[sage] 投稿日:2014/07/14(月) 21:54:02.28 ID:???.net
葛城家
風呂から上がって浴室を出るレイ
ふと鏡に目がとまる
湯気でぼやけた鏡に映る自分の姿
じっと見つめるレイ

後刻
バスタブにつかって電話中のミサト

 ..ミサト「だから、わかってるわよ。リツコからも駄目押しされたし…決定は決定よ。
     いくら不自然な点が多いからって、こっちは黙って実験を行うするしかないわ」
 加持『ま、それはそうだな』
 ..ミサト「にしても、おかしいところだらけか。今になって急に3号機をウチに押し付ける…
     これだけ無理な日程を押し通して、外交ルートも無視して。まるで…」
 加持『…今になって、起動実験そのものを急いでいるかのように。
     それも建造した米国ではなく、この本部のある日本に輸送した上で、だ』
 ..ミサト「…3号機を、日本に急ぎ移す理由があるということ…?」
 加持『それが何かまではわからないけどな。…とにかく、気をつけろよ』
 ..ミサト「わかってる。じゃ」
619 : 4/4[sage つづく] 投稿日:2014/07/14(月) 21:55:21.29 ID:???.net
タオルで頭拭きながら出てくるミサト
リビングにレイとペンペン

 .ミサト「…シンジ君は?」
  レイ「さっき、部屋に」
 .ミサト「そ。もう寝るのかしらん、いつもより早いけど」
  レイ「…楽譜。見てたいって」
 .ミサト「お、そっか。はりきってるわねー、シンジ君。これはレイも負けてられないわよ」
  レイ「…あの」
 .ミサト「ん?」

まっすぐミサトを見上げているレイ

  レイ「…少し、話、いいですか」
 .ミサト「いいけど…?」
620名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/07/15(火) 02:00:40.14 ID:???.net
レイどうしたのかな?
621 : 1/5[sage] 投稿日:2014/07/18(金) 11:10:50.38 ID:???.net
>>620 読んでくださってありがとうございます
     レイは、ミサトさんにお願いを打ち明けたところです


自室のシンジ
机の上に広げられた『翼をください』の楽譜

 シンジ「え…じゃあ、レイの練習って、ケンスケたちが手伝ってくれてたの?!」
.ケンスケ『いやいや、俺たちは空き教室とかデッキとか、お膳立てしただけだよ。
     ホントは委員長に任せたかったんだけどさ。なんか式波の方に肩入れして、
     そっちに一生懸命になっちまってるみたいだから。いやー、いろいろと想定外…
     って、これはこっちの話。
     碇妹さ、がんばってるよ。ただし、肝心の歌声は「本番までヒミツ」だってさ』
 シンジ「そうなんだ…
     ごめん、本当は僕がやらなきゃならないことだよな」
.ケンスケ『気にするなって。俺たちだって言いだしっぺだし、せめてもの責任ってやつだよ。
     大体、シンジが手ぇ出したら式波がうるさいぞ。妹ばっかりエコヒイキ、ってさ』
 シンジ「それは…そうだけど、でも、ごめん。わざわざ」
.ケンスケ『だから、気にすんなって。それよりシンジはピアノの方、頼むぜ』
 シンジ「うん…」
.ケンスケ『んーむ、実を言うと…ちょっと困ってるんだよな』
 シンジ「えっ?!」
622 : 2/5[sage] 投稿日:2014/07/18(金) 11:12:49.64 ID:???.net
.ケンスケ『いや、トウジの奴がさ。やたら張り切ってるっていうか…妹連れてきて、碇妹の
     歌を見てもらおうかとか言い出してるんだよ。ありゃ、妹自慢したいのと半々だな』
 シンジ「…ええ? でも、トウジの妹さんって、確か」
.ケンスケ『そ、小学二年生のサクラちゃん。
     トウジいわく歌が大得意で、小学校の合唱クラブにも入ってるんだとさ。ま、俺らじゃ
     歌を教えるまではできないし、一応アリかもなって』
 シンジ「そっか…その、ありがとう。ほんとに」
.ケンスケ『いいって。その代わり、もし実現したら、トウジの妹自慢に付き合うの、お前も手伝って
     もらうからな。絶対長くなる気がするんだよ、ほんと』
 シンジ「はは、わかったよ」

携帯切って天井を仰ぐシンジ
ふいに真顔になる

 シンジ(みんな、レイのこと心配してくれてるんだ。ミサトさんも)
 シンジ(…僕は何ができるだろう。レイが喜んでくれるようなこと…レイが、気持ちよく
     歌えて、それで、歌うことにして良かったって思えるようなこと。何か)
 シンジ(何か…)
 シンジ「…やっぱり、…それしか、ないよな」

口元をぎゅっと引き結ぶシンジ
623 : 3/5[sage] 投稿日:2014/07/18(金) 11:13:49.03 ID:???.net
アスカの自室
ベッドに仰向けに寝転がって動かないアスカ
いらいらと天井を見つめている
携帯の着信音
弾けるように跳ね起き、携帯を掴むアスカ
発信者名を見て表情が元に戻る

 アスカ「はい? 何、ミサト。…べっつに、もう寝るとこ。
    えー? あーあー、聞いてるわよ。金曜、なんでしょ。もう知ってるってば…
    …は? それはミサトが決めることでしょ、私には関係な…え?」

目を見開くアスカ
うわべの倦怠が一瞬で吹き飛ぶ


葛城家リビング

 .ミサト「…ええ。とにかく、アスカには知らせておく必要があると思ったから。…今日は
    もう遅いわ、明日また、話し合いましょう。じゃ」

通話を切って視線を向けるミサト
624 : 4/5[sage] 投稿日:2014/07/18(金) 11:15:35.36 ID:???.net
見つめ返すレイ
優しい表情で訊ねるミサト

 .ミサト「本当に、いいの? レイ」
  レイ「…はい」
 .ミサト「あんなに楽しみにしてたのに…もしかして、シンジ君のため?」
  レイ「……」

レイの視線が少し揺らぐ
シンジの部屋の方向に頭を巡らすレイ
ほのかに微笑む

  レイ「お兄ちゃんも、だけど、…みんな。
    学校のみんな。ネルフのみんな。…皆がいてくれて、私も、ここにいられるから。
    …お兄ちゃんや皆にいてほしいから、皆を、守れるようになりたい。私」
 .ミサト「…そっか。
    わかった。レイが自分で決めたことなら、何も言わないわ。…よく決心してくれたわね、
    レイ。ありがとう」

はにかんでうつむくレイ
どこまでも優しい眼差
膝もとにぴったりくっついているペンペン
625 : 5/5[sage つづく] 投稿日:2014/07/18(金) 11:18:26.70 ID:???.net
ベッドに横たわったアスカ
傍に投げ出された携帯
暗い室内

 アスカ(妹が、3号機のテストパイロットを引き受けた…? それも自分から志願して)
 アスカ(…なんでよ。
    金曜なのよ。歌えなくなる、…馬鹿シンジと、歌えなくなるじゃない。自分で始めたのに)
   レイ(たぶん、私がエヴァを降ろされることは、ないと思うから)
 アスカ(…大してエヴァに乗りたがってるわけでもないくせに)
  アスカ(封印するなら、修理中の零号機にすればいいじゃない!)
 アスカ(! まさか、2号機の封印措置を解除するために…?
    馬鹿、そんな簡単な話じゃないって、わかってるはずでしょ。…いや、違うか。
    あの子、上の命令には絶対に従うもの。それにもし考えの中にあったとしても、2号機の
    ためだけにってことはない。もっと何か、別の理由…)
   レイ(…零号機は、応用規格の少ない試作型。…私じゃなくても乗れる)
  アスカ(何言ってんのよ、あんたらしくもない)
 アスカ「!」

起き上がるアスカ
闇を睨む

 アスカ「…冗談じゃないわ」
626 : 1/7[sage] 投稿日:2014/07/20(日) 00:08:14.52 ID:???.net
葛城家 朝食後
キッチンで片付けと弁当の用意に忙しいシンジ
ふとベランダに目をやる
風の中で洗濯物を干しているレイ
最後の洗濯ばさみを留めて、室内に戻ってくる
とっさに手元に意識を集中するシンジ
不確かな焦り

 シンジ「…ん」

傍に来るレイ
少し硬い沈黙
急いで、いつもの顔をとりつくろうシンジ

 シンジ「…なんだよ、どうしたの?」
  .レイ「お兄ちゃん、…」

口をつぐむレイ
627 : 2/7[sage] 投稿日:2014/07/20(日) 00:10:01.96 ID:???.net
 .ミサト(レイの気持ち、よくわかった。でもまだ少し時間はあるわ。アスカも何か言いたい
     だろうし、今、ここだけで決めてしまうこともないと思うの。
     そうね…明日一日、夜までに、もう一度ゆっくり考えてみて。それまでシンジ君には
     まだ、このことは伏せておきましょ)

 シンジ「…レイ?」
  .レイ「…、何でもない。
     あ、お兄ちゃん、ミサトさんのお弁当。…梅干、入れ忘れ」
 シンジ「あっ…そっか。ごめん、ありがと、レイ」
  .レイ「…うん」

わずかに複雑な笑みを見せるレイ
同じためらいがちの笑顔で応えるシンジ
微妙な軋みを残し、再び流れ出す日常
628 : 3/7[sage] 投稿日:2014/07/20(日) 00:12:57.69 ID:???.net
授業中のシンジ
レイを気にする
いつもより背筋が伸びている感じのレイの後ろ姿

.ケンスケ(碇妹さ。がんばってるよ)
 シンジ(…うん。
     だから、僕もやるんだ。…上手く行くわけない、かもしれない。
     でも、僕がそうしたいから)

独り表情を引き締めるシンジ
そのシンジを横目で見ているアスカ

 アスカ(いつも通りぼけっとしちゃって…あの分だと、まだ知らないわね、きっと。
     …ミサト、かな。ま、こっちもその方が都合いいけど)

少し睨んで、前を向くアスカ
629 : 4/7[sage] 投稿日:2014/07/20(日) 00:17:57.78 ID:???.net
放課後 教室内を見回すアスカ

 .アスカ「あれ? …馬鹿シンジは?」
  ヒカリ「いないの? さっきまで、席にいたと思ったけど」
 トウジ「シンジならついさっき、帰ったで」
 .アスカ「!」

アスカの本気睨みにビビるトウジ、ケンスケ

 トウジ「な、な、何や。ワシらやないッて」
.ケンスケ「い、急ぎの用事があるんだってさ。ネルフ本部で。式波こそ聞いてないの」
 .アスカ「は? …馬鹿シンジの予定なんか、この私が把握しとく筋合いはないでしょ!」
.ケンスケ「うわッ」
 トウジ「…アホ! 何刺激しとんのや!」
.ケンスケ「う…何なんだ、いつもに増して剣呑な感じだけど」
 トウジ「やめやめ、触らぬ神に祟りなしやって」

男子二人は放置してレイの方を睨むアスカ
カバンと楽譜を持ち、別の教室へ移動しようとしているレイ
じっと譜面に目を落としている
視線を緩めるアスカ
一瞬、何とも言えない表情になる

 アスカ「…そ。
     ま、いないなら、いいんだけど。…別に」
630 : 5/7[sage] 投稿日:2014/07/20(日) 00:18:54.22 ID:???.net
放課後遅くの教室
ヒカリと一緒に楽譜を見直しているアスカ
心配そうなヒカリ

 .ヒカリ「さっきの…どうしたのか、聞いていい?」
 アスカ「ん?」
 .ヒカリ「碇君のこと。何か、用があったんじゃないの?」
 アスカ「ああ、さっきの…
    べっつに、大したことじゃないわ。…金曜にいきなりぶっつけ本番ってのも変だし、
    事前に一回くらい、ピアノと合わせて歌っといた方がいっかなって、思っただけ。
    あ、もちろん妹とは別でよ」
 .ヒカリ「そっか…残念ね。でも、また明日でもいいじゃない」
 アスカ「…そうね」

廊下をレイの姿が通り過ぎる
目をやるアスカ
急に楽譜を閉じる

 .ヒカリ「アスカさん?」
631 : 6/7[sage] 投稿日:2014/07/20(日) 00:19:48.78 ID:???.net
 アスカ「…ヒカリ。
    悪いけど、今日はここまでにしよ。あと、今日は一緒に帰れない」
 .ヒカリ「え? うん、別にいいけど…」
 アスカ「私、ちょっとやらなきゃいけないことがあるから」

急いで帰り支度して立ち上がるアスカ
ヒカリを振り返る

 アスカ「…ごめんね」
 .ヒカリ「え?」

足早に出ていくアスカ
がらんとした教室に取り残されるヒカリ
632 : 7/7[sage つづく] 投稿日:2014/07/20(日) 00:20:59.09 ID:???.net
広い夕焼け空の下の第三新東京市
長い影を曳いて歩くレイ
近づいてきた足音が背後で止まる
振り返るレイ
険しい表情で仁王立ちしているアスカ

 アスカ「…妹。ちょっと、付き合って」
633 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/07/25(金) 08:24:22.48 ID:???.net
test
634 : 1/6[sage] 投稿日:2014/07/25(金) 23:01:32.63 ID:???.net
本部
通廊の一隅で向かい合うシンジと加持

 加持「この時間だと…そろそろ執務室に戻る頃かな。しかし、確実に来るとは
     言えないぞ。必ずしもスケジュール通りに動く人じゃないからな」
 シンジ「いえ、いいんです。駄目だったら、あとは、自分で探しますから」
 加持「そうか」
 シンジ「はい。…ありがとうございました」

ぺこりと一礼して歩き出すシンジ
見送る加持

 加持「…Good luck」
635 : 2/6[sage] 投稿日:2014/07/25(金) 23:02:24.68 ID:???.net
総司令執務室前に続く本部上層
ひとけのない通廊を歩いてくる碇と冬月
歩調が緩む
隅に佇んでいるシンジ
意を決して、二人の前に進み出る
あからさまに眉を寄せる碇

 シンジ「…、父…さん」
   碇「…なんだ。もうお前に割く時間はないと言っただろう」

ひるむシンジ
前を通過する碇
同情の一瞥を向け続く冬月
ぐっとうつむくシンジ
口が開く

 シンジ「…ッ、お願いがあります!」

背後の足音が止まる
祈るような思いで振り向くシンジ
636 : 3/6[sage] 投稿日:2014/07/25(金) 23:03:53.09 ID:???.net
立ち止まり、わずかにこちらを振り返っている碇の背中
きつく手を握りしめるシンジ

 シンジ「…、僕に…」

影になって窺えない碇の表情

 シンジ「僕なんかに…構ってるような時間はないって、わかってます。
     …それでも、お願いします。ほんの少しだけ、父さんの時間をください」

くじけそうになるのを必死にこらえ、続けるシンジ

 シンジ「五分、いや、三分…、一分だって構いません。
     明後日の午後。…一度だけでいいです。一度だけ、…電話に、出てください。
     …長くはかけません。何も答えてくれなくたっていい。ただ、電話に出て、切らないで、
     少しの間だけ、聞いていてください。それだけです。…お願いします」

震える喉
唇を噛み、ぎゅっと目をつむって精一杯頭を下げるシンジ
声を吐き出す

 シンジ「どうか…、お願いします…!」
637 : 4/6[sage] 投稿日:2014/07/25(金) 23:04:42.15 ID:???.net
廊下の奥に消える反響
深く頭を下げたままのシンジ
沈黙

   碇「…一分だな」

はっと目を開くシンジ
顔を上げる
既に歩き出した碇
遠ざかる背の高い後ろ姿
とぎれとぎれに息を吸うシンジ

 シンジ「…ありがとう、ございます」

遠くで扉が閉まる
取り残されたまま、しばし無人の通廊に佇んでいるシンジ
638 : 5/6[sage] 投稿日:2014/07/25(金) 23:05:45.33 ID:???.net
夕景の第三新東京市
高台の児童公園で座っているアスカとレイ
大きく開いた二人の間に覗く街
ちらっとレイを見るアスカ

 アスカ「…この前。悪かった、わね」

視線を上げるレイ
そっぽ向くアスカ

 アスカ「頬っぺたよ。思いっきり叩いちゃって」
  レイ「…別に、もう平気」
 アスカ「そ。なら、いいけど」

下方、やや遠く街の喧騒

 アスカ「察しついてると思うけど、…3号機のことよ」
639 : 6/6[sage つづく] 投稿日:2014/07/25(金) 23:07:11.37 ID:???.net
 アスカ「命令じゃなくて、自分からテストパイロットを志願したって聞いたけど。
    …わかってんの? 金曜に歌の発表できなくなるのよ。練習、してたんでしょ。
    馬鹿シンジが残念がるのだって、目に見えてるでしょうが」
  レイ「…うん。わかってる」

うつむくレイ

 アスカ「なんでよ。地味でいい子なあんたらしくもない」
  レイ「……」
 アスカ「全然未知の、よそで造られた得体の知れないエヴァなのに。まさか私に歌のこと
    譲るつもりでも、私の2号機を自由にするためってんでもないんでしょ。
    …それに、シンジのためでもない。いや、あるか、ほんとのところは」
  レイ「…!」

ぱっと振り向くレイ
視線が合う
無言で互いを見据える二人
640 : 1/8[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 22:44:10.57 ID:???.net
傾いていく夕日
距離を挟んで向き合った二人

 アスカ「わかってんのよ。…あんた、自分のために乗るんでしょ」

両眉を険しくして声を張るアスカ

 アスカ「馬鹿シンジと一緒に歌うなんていう、せっかくの機会を逃してまで。
    っていうより、自分を変えたくて、乗るのよ。最新鋭の制式型、エヴァ3号機にね」

無言のまま両目を見開いているレイ

 アスカ「空っぽの人形ではいたくないから。…もっと馬鹿シンジの助けになって、もっと近く
    なりたいから。だけど、自分にはエヴァに乗ることくらいしかできないから。…だから、
    せめてエヴァで、自分を変えようと思ってる。…そんなとこでしょ」

目を細め、レイの表情を確かめるアスカ
ふいっと夕空を見る

 アスカ「でも駄目よ。…だって、まるで逆だもの」
641 : 2/8[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 22:45:47.96 ID:???.net
 アスカ「あんた、言ったわよね。
    エヴァは自分の心の鏡なんでしょ。だったらエヴァを使って自分を変える
    なんてできっこない。あんたの方がエヴァの鏡になるだけよ。そんなの、
    カワイコ人形のフリしておとなしくしてるより、はるかに始末が悪いわ。
    馬鹿シンジだって喜びやしないわよ。絶対にね」

何も言えないレイ
膝のカバンの上に置いた両手を力なく握る
再び見つめるアスカ
暗く沈んだ公園の木立からヒグラシの声

 アスカ「…ねえ、訊きたいんだけど」
  レイ「何?」

目を逸らし、カバン抱えて両脚を大きく前に投げ出すアスカ
見つめているレイ

 アスカ「なんで…馬鹿シンジのためにそこまでするのよ。
    遠くで何も知らず普通に暮らして、後から勝手にここに割り込んできたような
    奴でしょ。…ずっと離れて生きてたのに。やっぱ、双子…だから?」
642 : 3/8[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 22:46:54.59 ID:???.net
少し頼りない表情になるレイ
じっと自分の内側を見つめる

  レイ「…わからない。…でも、この前の作戦のとき、使徒の中から助けられた私を、
    お兄ちゃんはぎゅってしてくれた。…それがとても、あたたかくて」

やや気に喰わない顔になるアスカ

  レイ「…私、それまで自分がどんなに寒かったのか知らなかった。使徒の中で、寒くて、
    一人で、空っぽで、…何も、できなくて。
    寒いことがつらいって、初めて知った。この身体が生きたがってること、初めてわかった。
    ただ、それは私一人で気づいたんじゃ、なかった」

胸にそっと両手を当てるレイ
643 : 4/8[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 22:47:45.35 ID:???.net
  レイ「それはみんな、…お兄ちゃんがぎゅってしてくれたときに、一度に来たの。…だから
    一緒にいて、あたたかかったけど、とても怖かった。
    …お兄ちゃんにはもうあんな思いして欲しくない。そのためだったら」

言いさして意志のこもった表情になるレイ
強い眼差
長く息を吐くアスカ

 アスカ「…わかった。
    で・も、お生憎さま。3号機には私が乗るわ」
  レイ「…え」

よっと掛け声かけて立ち上がるアスカ
見上げるレイ

  レイ「…でも、…あなたも、お兄ちゃんと」
 アスカ「わかってる、っつーの」
644 : 5/8[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 22:48:48.61 ID:???.net
レイを見下ろしてぐっと腰に手を当てるアスカ
暮れていく街を見渡す

 アスカ「あんたのためじゃないわ。当然、馬鹿シンジのためでもない。
    それが選ばれたエリートの義務だからよ。私たち、パイロットのね」

言葉もなくアスカの横顔を仰ぐレイ

 アスカ「エヴァは、人類を守る決戦兵器なの。人のためとか自分のためとか、そんなちっぽけな
    私情でエヴァに乗るなんて、お門違いもいいとこよ。その程度の自覚もないんじゃ、
    あんたやっぱりナナヒカリのエコヒイキね」

うなだれるレイ

  レイ「…そうかも、しれない」
 アスカ「馬鹿ね。別に、あんたはそれでいいでしょうが」

ちょっと顔をしかめるアスカ

 アスカ「…けど、あんたこそ、もうエヴァに頼らなくてもいい頃よ。
    あんた、ちゃんとやれてるもの。シンジの双子の妹、ってやつ。でしょ?」
  レイ「…でも」
645 : 6/8[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 22:52:57.03 ID:???.net
なおもすがるような目を向けるレイ

 アスカ「何よ、くどいわね」
  レイ「…でも、…あなたは」
 アスカ「…だから、わかってるってば。
    私が自分で決めたことなんだから、…別に、それはもういいの」

一心に見つめているレイ

 アスカ「あんたの言葉を借りるなら、私にはもうちゃんと自分があるんでしょ。だったら、私は
    別のエヴァにだって乗れるわ。平気よ、どんな機体だろうが、乗るのは私だもの」
  レイ「……」

振り切るように数歩行って、立ち止まるアスカ

 アスカ「ミサトには私から話しとくわ。あんたは、…馬鹿シンジには、まだ言わないで。
    それも私が自分で言うから。…先に知られて、変に気を回されても、うっとうしいでしょ」
  レイ「……」

怒ったように振り返るアスカ

 アスカ「絶対、言わないでよ。いい?」
646 : 7/8[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 22:54:01.17 ID:???.net
  レイ「…、わかった」
 アスカ「ん」

少し肩の力が抜けるアスカ
ふと視線を上げる
公園の中ほどに立てられたスピーカーから流れ出す雑音まじりのメロディー
夕暮れを知らせる市内放送

  レイ「…これも」
 アスカ「ん?」
  レイ「これも、…歌?」
 アスカ「ま、そうね。あ…そういえば、ヒカリと聞いた中にあったっけ。何て言うんだったかな
    …なんか説教くさいっていうか、いかにも子供っぽい歌詞だったんだけど」

立ち上がるレイ
意味もなく慌てるアスカ

 アスカ「じゃ、…私、行くから。いい、馬鹿シンジには絶っ対に、言わないでよ」
  レイ「…うん。約束する」

少しだけ微笑んでいるようにも見えるレイ
同じくちょっとだけ笑うアスカ
髪をひるがえして背を向け、肩越しに手を振って歩いていく
見送っているレイ
647 : 8/8[sage つづく 夏が来たんだなぁ] 投稿日:2014/07/26(土) 22:55:38.82 ID:???.net
本部器楽室
緊張した面持ちでピアノを弾いているシンジ
何度かやり直し、弾き方を変える
やがて、鍵盤上でなめらかに動き出す指

 シンジ「…よし」

息をつくシンジ

 シンジ「…これで行ってみよう。
     あとは、レイに合わせていくだけだ。それと…テンポ変えたいって言ったら、アスカ、
     怒るかな…? それも明日、訊いてみなきゃ。本番前の最後の一日だし」

やや晴れ晴れとした顔になるシンジ
楽譜を閉じて立つ

   カヲル(…僕は、いつも、君が)
 シンジ(…カヲル君)
 シンジ(心配なんか、しないでよ。
     いつだって行き詰まってばかりだし、わかんないことばかりで、正直、自分でも
     頼りないって思うけど…僕は、何とかやっていけると思うから)
 シンジ(だから、必ず、また)

鍵盤に触れているシンジ
やがてピアノの蓋を閉じ、器楽室を後にする
648名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/07/26(土) 23:04:13.57 ID:???.net
死ねばいいのに
649 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 22:21:37.64 ID:???.net
test
650 : 1/2[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 00:34:06.58 ID:???.net
>>648 そんなに気に障ってたのか、申し訳ない


本部技術局 リツコのオフィス
電話中のリツコ

  リツコ「…そう。アスカで決定ね。…何? いえ、問題ないわ、この程度の遅れぐらい、
     うちで何とかやりくりできるから。…そう。なら、遠慮なく貸しにしとくわよ。じゃ、あとは
     こっちで引き継ぐから」
 加持「今の、葛城? やっとでご決断だな」

デスクの端に腰を乗せた恰好の加持

  リツコ「一日引っぱっただけのことはあったみたいよ。迷ってなかったもの」
 加持「そうか。…で、やっぱりアスカになったか。妥当な判断、かな?」
  リツコ「それはどうかしら」

煙草に火をつけるリツコ
手馴れたしぐさを見ている加持
651 : 2/2[sage つづく] 投稿日:2014/08/04(月) 00:35:10.94 ID:???.net
  リツコ「判断というより、たぶん、子供たちに背中を押してもらったんだと思うわ。
     もちろんミサト自身もあれこれ悩んだんでしょうけど」
 加持「君も、だろ。リッちゃん」
  リツコ「…どうかしらね」

くゆる紫煙で曖昧になるリツコの表情

 加持「君だってちゃんと彼らを心配してるさ。時に嫌われ役を買って出てでも、同情を
     仕事に持ち込まないようにしてる。本当に情と懐が深くないと、できないことだよ。
     それは俺が保証する」
  リツコ「何、こんな時に褒め言葉なんて。それとも仕事の一環かしら」
 加持「いいや。古い友人として、一言忠告しときたいだけさ。
     …悲しい恋をしてる君に」
  リツコ「…素直に感謝しておくわ。でも平気よ。自分のことだもの」
 加持「だから心配なのさ。…ま、と言っても、これ以上は野暮だな。失言は勘弁してくれ」
  リツコ「気にしないわよ。昔から慣れっこだもの」
 加持「そうだったな」

視線は合わせなくとも少しだけ笑い合う二人
652 : 1/8[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 00:43:30.49 ID:???.net
翌日の壱中 授業中の2-A教室
いつものざわついた空気
レイの方を見ているシンジ

 シンジ(…レイ、昨夜はなんだか様子が変だった。
     気にしてほしくなさそうだったから、特に声、かけなかったけど)
 シンジ(…そういうのがいけないのかな)
 シンジ(本当はどうすればいいんだろう、こんな時って。
     そんなふうに考えるのもおかしいのかな。僕は…結局、いつも人の顔色ばっかり
     気にして、不安で、何していいか少しもわかってなくて。自分の、家族のことなのに)
 シンジ(そう、わかってない。どうしたらいいか、まだわからない)

姿勢を崩さないレイの背中
顔を曇らせるシンジ

 シンジ(前より近くなったかもしれないって、そう思ってた)
 シンジ(…安心してた。一緒に、毎日を過ごしてきたことに。
     わかりあえるのかもしれない、…つながってるって感じていてもいいんだって、
     そう思えた時もあった。…レイも、そう言ってくれた)
653 : 2/8[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 00:44:34.68 ID:???.net
 シンジ(でもそれは、その時だけの、ほんの一瞬の奇跡みたいなことだったのかも
     しれないんだ。本当は…本当は、何一つ変わってないのかも、しれない)
 シンジ(僕が、何をしても。…どれだけ願っても)
 シンジ(…だけど、やめたくないんだ。
     怖くてたまらないくせに、諦めてしまいたくは、ない。それは本当なんだ)
 シンジ「…ふう」

溜息をつくシンジ
今日はまっすぐ前を向いているアスカ
誰も見ていないひととき、痛々しいほどに吹っ切れた顔で、一人こっそり微笑んでみる


昼休み
てんでに席を立ってざわめいている生徒たち

 トウジ「さぁて、メシや、メシ! 学校最大の楽しみやからなっ」
.ケンスケ「人生最大の間違いじゃないの」
 シンジ「ほんと、毎日嬉しそうだよね。トウジってさ」
 トウジ「んなっ、う、うるさいわい」
  ヒカリ「アスカさん! お昼、食べよ…?」
654 : 3/8[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 00:45:26.06 ID:???.net
じっと携帯に視線を落としているアスカ
すぐに画面を切り、机の上に出したカバンにしまいこむ
きょとんとするヒカリ

  ヒカリ「どうかしたの…?」
 シンジ「アスカ」

思いきった表情で声をかけてくるシンジ
席の間をぬって傍に来る
うさんくさげに振り返るアスカ

 シンジ「今日の放課後なんだけどさ、…音楽室で、ピアノと合わせてみない?
     本番前に一度、試しにやっといた方がいいと思うんだ。あ…もちろん、自分の
     練習したいなら、そっちで全然、構わないんだけど」

答えないアスカ
真顔でしばしシンジの顔を見据える
うろたえるシンジ

 シンジ「…、あの」
655 : 4/8[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 00:46:31.35 ID:???.net
 .アスカ「悪いわね。残念だけど、無理よ。それは」
 シンジ「え?」

大きな身振りでカバンを持ち、つかつかと教室の出口に向かうアスカ
自分の席で一人顔を伏せているレイ
慌てるヒカリとシンジ

 シンジ「ちょっ…アスカ?!」
  ヒカリ「ど、どうしたの?!」
 トウジ「何や、早退か? 鬼のカクランやな」
.ケンスケ「ネルフ本部に行くんだろ。…けど、なら何で、シンジがあんなに驚くんだ?」

何となく注目する生徒たち
戸口で立ち止まるアスカ
肩越しに教室を見やり、くるりと振り返る

 .アスカ「…あーあ。やっぱ、言わないと駄目か」
656 : 5/8[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 00:47:22.18 ID:???.net
 .アスカ「急で悪いんだけど、明日の歌のオーディション。私、出られなくなったから」

ざわっとなる一同
追いかけようとした姿勢のまま固まるヒカリ

 .アスカ「今、本部から通達が来たの。
     今度来る新型エヴァのテストパイロットに急遽、選ばれちゃって。ま、成績と
     適性から言って当然なんだけど。並行してこっちにも出られればいっかなーって
     思ってたけど、日程が完全に重なっちゃったから、無理ね。テスト本番は明日。
     今から松代行きなの」

言葉をひとつひとつ切り捨てるように喋るアスカ
しだいにクラス中に緊張が伝染していく

 .アスカ「ほんっと、悪いとは思ってるわ。ここ何日か、フツーの中学生っぽいことやれて
     けっこう楽しかったし。あんたたちもそこそこ期待してくれてたみたいだし。
     でも、私にはエヴァが最優先だから」
657 : 6/8[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 00:48:20.61 ID:???.net
騒然となる一同
胸元でぎゅっと手を握りしめているヒカリ
崩れた表情

 女子「うそ」女子「何で」男子「ええッ」男子「俺、他のクラスの奴にも言っちゃったのに」
 男子「やっぱ最初っから無理だったか」女子「楽しみにしてたのに」男子「あーあ」
 男子「…ていうか、マジかよ」女子「何よそれ」
 男子「すっげえ上から目線」女子「それっぽっちで済ませるんだ」男子「パイロット様だもんな」
 女子「私たちのこと何とも思ってないんだ」女子「最っ低」女子「ヒカリがかわいそう…」

険悪な雰囲気になっていく教室
一瞬、傷ついた目になるアスカ
すぐに昂然と睨み返す

 .アスカ「とにかく、そういうこと。
     じゃ、私、迎えが来るから。Mach's gut, Schulkinder!」

髪をさっとなびかせてきびすを返すアスカ
そのまま出ていく
一気に喧騒が爆発する教室
658 : 7/8[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 00:50:11.37 ID:???.net
当惑しているシンジ

 トウジ「…結局、式波は式波やな」
.ケンスケ「フォローしようがないな、さすがに。
     けど、新型って、もしかして北米から来るっていう3号機…、! 何だ?!」

窓ガラスを震わすジェットエンジンの轟音
校庭に降下してくるネルフのVTOL
ばらばらと窓に駆け寄る男子
他のクラスからも次々顔が覗く

 男子「おおー?!」男子「すっげー、映画みてえ」男子「マジなんだやっぱ」
 女子「ほんとにこのまま行っちゃうんだ…」女子「なんか…ひどいよ」女子「うん…」

言葉もないヒカリを囲み、外を見る女子たち
何も言えず教室を見回すシンジ
同じ表情のレイと目が合う
659 : 8/8[sage つづく] 投稿日:2014/08/06(水) 00:51:48.30 ID:???.net
懸命に見つめるレイ
頷くシンジ
一緒に教室から駆け出していく二人
自席で見送るトウジ、ケンスケ

 トウジ「行ってもうたな、二人とも」
.ケンスケ「だけど…どうする気だよ。何もできないだろ、もう」
 トウジ「せやからってじっとしとれんのやろ。…わざとらしすぎるわ、式波の奴」
.ケンスケ「…、ああ。カッコつけすぎだよ」

慰める女子たちの間のヒカリ
はっと気づく

   アスカ(一回くらい、ピアノと合わせて歌っといた方がいっかなって、思っただけ)
   アスカ(…ヒカリ。ごめんね)
  ヒカリ「アスカさん、…わかってたんだ。昨日で最後なんだって。なのに、私」

窓際に急ぐヒカリ
眼下の校庭に着陸したVTOL
そちらへ歩いていくアスカの姿が小さく見えている
660名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/08/15(金) 08:51:17.26 ID:???.net
保守
そして誰もいなくなった
661 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/08/15(金) 09:04:22.27 ID:???.net
俺もいるよ
安心する話だから好きなスレだ
662 : 1/5[sage] 投稿日:2014/08/15(金) 21:45:32.57 ID:???.net
>>660 >>661 …ありがとうございます。他に言葉がありません


校庭目指し、校舎を走り抜けるシンジとレイ
驚き顔の生徒たちの間をぬって急ぐ
心もち先行して昇降口に至るレイ
並んだ下駄箱の合間に消える後ろ姿
習慣でとっさに靴を履き替えようとするシンジ
目を見開く
すぐ前、そのままの勢いで外へ駆け抜けていくレイ

 シンジ(…あ)
 シンジ(何やってんだよ僕は、間に合わないかもしれないじゃないか)
 シンジ(…レイの方が、ずっと、わかって)
 シンジ「…!」

すぐに我に返り追いかけるシンジ
663 : 2/5[sage] 投稿日:2014/08/15(金) 21:48:16.48 ID:???.net
校庭に着陸したVTOL
機体の噴気流で一帯に細かい塵埃が舞っている
震動する機体の影に入るアスカ
ふと背後に目をやり、ついで全身で振り返る
駆け寄ってくるレイ
睨むアスカ
髪が円光のようにたなびく
噴気流の内陣で立ち止まって肩で息をつくレイ
口を開く

  レイ「……、…!」

息をつめるレイ
言うべき言葉がわからない
空白の自分に愕然となる
立ちすくむレイ

 アスカ(? …何やってんのよ、あの子は!)

舌打ちしかねないアスカ
苛立ちはレイにも伝わる
664 : 3/5[sage] 投稿日:2014/08/15(金) 21:54:10.84 ID:???.net
  .レイ「…、…」

打たれたような顔でアスカを見つめるだけのレイ
必死に言葉を探すが何もできない
胸を押さえるレイ
と、アスカの表情が開く

 シンジ「アスカ!」

両目をみはるレイ

 シンジ「アスカ…ッ、アスカ、その」

追いついてくるシンジ
懸命に声を放つ
うつむいてしまうレイ
吹きなびく髪を押さえ、再び不機嫌な顔になるアスカ
きっと二人を睨みつける

 .アスカ「……肉じゃが!」

いきなり人差し指を突きつけるアスカ
6654/5[sage] 投稿日:2014/08/15(金) 21:55:42.04 ID:???.net
 シンジ「…は?」

揃って瞬きする二人
さらに声を張り上げるアスカ

 .アスカ「ドイツでは家庭の味って言ったら、まずジャガイモなの! あんたたちが米と
     味噌汁ばっか食べてるみたいに、ジャガイモが献立の基本なの! 気ぃ遣って
     不慣れな『洋食』なんか工夫されるより、ジャガイモで何か、普段通りにさっと
     作ってもらった方が、よっぽど寛げるし、ありがたみがあるの! そういうのが
     もてなしってもんでしょ、普通!」
 シンジ「…え?…っと」
 .アスカ「日本でジャガイモ使う家庭料理ったら、肉じゃがって言うやつなんでしょ!
     調べたもの。ショーユ味にも慣れたし、それ作ってよ、今度は。…帰ってくるから」

とまどうシンジ
アスカを見ているレイ
やや上気した顔でもう一度、駄目押しに二人を指差すアスカ

 .アスカ「…松代から帰ってきたら、の話! 決まってるでしょ! いい?!」
 シンジ「えっ? えっと」
 .アスカ「返事はッ!!」
666 : 5/5[sage つづく がんばらねば] 投稿日:2014/08/15(金) 21:58:07.67 ID:???.net
 シンジ「あ! はいっ、うん、作る、…
     絶対、今まで一番おいしいの、…アスカが喜ぶようなの、作るから」

まっすぐ見つめ返すシンジ
隣で素直に大きく頷くレイ
吊り上った眉を緩めるアスカ
校舎に並んだ教室の窓を仰ぎ、野次馬の間に心配げなヒカリの顔を見て取る

 .アスカ「…忘れないでよ」

身をひるがえしVTOLに乗り込むアスカ
シンジとレイが離れるのを確認して再上昇していく機体
みるみる小さくなる機影を見送る二人

 トウジ「…何か、言うとったな。あの三人。ジェットの音で全然聞こえへんかったわ」
.ケンスケ「聞こえないくらいでいいんだろ、俺たちは」
 トウジ「そやな。…ほんま、式波は、式波やな」
.ケンスケ「ああ。そういうこと」

興奮さめやらぬ教室
VTOLの消えた空をいつまでも見ているヒカリ
667名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/08/16(土) 00:33:39.53 ID:???.net
恋愛はやりませんとか言いながらアスカがシンジに一方的に片想いしてて
しかもほとんど相手にされてないみたいな描写は入れてる矛盾
そういうことするならもう最初からアスカ出さなきゃいいのに…
668 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/08/22(金) 12:42:32.75 ID:???.net
>>665
たしかにドイツ人は肉じゃが好きそう
肉じゃがは元はビーフシューらしいな
669 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage つづく] 投稿日:2014/08/23(土) 09:52:55.04 ID:???.net
>>667さん ご期待に添えなくて残念です
>>544の「恋愛はやりません」は、
>>542-545でシンジとレイが身体的心情的にかなり接近してるので、念のため
「別に近親ソーカンラヴーな話にはなりませんよ」という予防線のつもりの発言でした
カップリングというのはデリケートな問題ですから、意見は持ちませんし、あまり踏み込みたくないです
また、アスカとシンジの「お互い意識し始めている」的な現状も、この先恋愛には発展しません
(このスレではという話です)
この続きには3号機事件が控えていますから
読んでいて安心できる展開もしばらくはなくなってしまうと思います
>>661さん、ここまで読んでくださったのに申し訳ありません


VTOLの座席で電話するアスカ

 アスカ「そ。今、迎えに乗ったとこ。…え?
    べっつに。時間タイトなのは慣れっこだし。だいたい、この時間まで待ってって
    頼んだの、私の方だし。…ワガママ聞いてくれて感謝してる。じゃ、明日、
    松代でね。ミサト」

携帯を切るアスカ
頬杖をついて外の青空を見つめる

  シンジ(絶対、アスカが喜ぶようなの、作るから)

息を切らして懸命にこちらを見ているシンジの姿
一人笑みをこぼすアスカ

 アスカ「当然でしょ。ばーか」
670 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 20:02:48.52 ID:???.net
>>665
>>668
調べたら、日本で米にいろいろ産地とかブランドがあるように、
ドイツではジャガイモの品種数、ブランド、好みの幅が半端ないそうだ
日本でいう残りご飯みたいな感覚で「昨夜のゆでジャガイモの残りで何か作るか」って感じらしい
ソーセージとかハンバーグとか肉しか食ってないイメージだったから驚いた
671 : 1/5[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 20:45:09.69 ID:???.net
葛城家 夜
リビングでSDAT聴いているシンジ 傍にペンペン
開いた襖越しに、自室で松代行きの荷造りしているミサトの後ろ姿
ふと物音が止まる
振り返るシンジ
ミサトと目が合う
イヤフォンを外すシンジ

 ..ミサト「…ごめんね。シンジ君」
 シンジ「ミサトさん…?」
 ..ミサト「3号機のテストパイロットの話、黙ってて。…アスカが、どうしても自分の口から
     言いたいからって、ね。アスカの気持ちを尊重したつもりだった、でも、結果的に
     あなた一人だけ蚊帳の外に置いてしまった。…すまなかったわ」
 シンジ「…、ミサトさんが謝ることなんか、ないですよ」

聞いているミサト
視線を逸らすシンジ
両膝を引き寄せる

 シンジ「…聞いてないんじゃなくて、僕が訊かなかっただけですから。
     僕やレイが選ばれてもおかしくなかったのに。…きっと、いつか話してくれた5号機の
     人が担当するんだろうななんて、勝手に、他人事だって思い込んでたんです。
     気楽っていうか、ほんと、自覚ないですよね。だからミサトさんは、何も悪くないです」
672 : 2/5[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 20:46:08.76 ID:???.net
 ..ミサト「…シンジ君」

少しの間黙っている二人

 シンジ「アスカらしい、ですよね。…一人で、黙って全部決めちゃって、後悔しない。
     自分の果たすべき使命をちゃんとわかってるから。そういうアスカに、僕は、何も
     …気づくこともできなかった。…自分のことばかりで」
 ..ミサト「それは違うわよ」
 シンジ「…え?」

ちょっと微笑んでいるミサト

 ..ミサト「たとえシンジ君が気をつけてたとしても、アスカは意地でも隠し通したと思うもの。
     自分の弱みを晒すことを徹底して嫌う子だから。立場上、強がることを通してこなきゃ
     ならなかったしね。これまでも、ずっと。…おまけに、相手がシンジ君だもの」
 シンジ「…、そうですよね。僕みたいな奴に、同情なんかされたくないですよね」
 ..ミサト「そうじゃあないわ」
673 : 3/5[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 20:47:22.89 ID:???.net
 ..ミサト「あなたにだからよ。シンジ君の前でだけはずっと、人に頼らず迷わない、
     そういう強い自分でいたいんだわ。アスカはね」
 シンジ「…なんで」

瞬きするシンジ
その顔を見て笑うミサト

 ..ミサト「…シンちゃんにはまだ、女心はわからない、か」
 シンジ「おんな…ごころ? …ッて、ちょっ、…まさか、そんな訳ない、ですよ。
     いっつも叱られるし、どやされるし…馬鹿にされっぱなしなんですよ僕、そんな訳、
     絶対ないですよ。あのアスカなのに」

慌てふためくシンジをじーっと見るミサト

 ..ミサト「…うーむ、こりゃアスカも大変ねえ」
 シンジ「?! だから違いますッてば」
674 : 4/5[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 20:48:35.16 ID:???.net
 ..ミサト「ま、それならそれでいいわ。
     じゃあこれは宿題。アスカがテスト終わって帰ってくるまで、ゆっくり考えなさい。
     さ・て・と、明日の準備終わったし、も一本飲んじゃおっと」

おろおろしているシンジを尻目にさっさと立っていくミサト
むくれて後ろ姿を睨むシンジ
が、すぐに視線を落とし唇を噛む

 シンジ(…アスカ)
 シンジ(大丈…夫、だよな。アスカ、なんだし。新型機のテストくらい、むしろ張り切ってたって
     おかしくないよな。明日はミサトさんも、リツコさんも立ち会うんだし…そう、大丈夫、
     上手くやって、帰ってくる。きっと)
 シンジ(そうだよ。僕なんかが心配しても、邪魔になるに決まってるさ)

それでもなお、しばしうつむいているシンジ
見上げるペンペン
キッチンからビール缶開ける音とミサトの「くうーっ、ンまいっ」といういつもの声
溜息ついて立ち上がるシンジ
675 : 5/5[sage つづく] 投稿日:2014/08/23(土) 20:49:41.52 ID:???.net
シンジの部屋
携帯を手に取ったままベッドに腰掛けているシンジ
何度かアドレス帳を呼び出しては閉じる
溜息

 ..ミサト(シンちゃんにはまだ、女心はわかんないか)
 シンジ「…あーッ、もうっ」

頭を振って強い動作でボタンを操作するシンジ
携帯を耳に当てる
呼び出し音
だんだんそわそわしてくるシンジ
膝を掴む
回線がつながる気配

 シンジ「…! あの、アスカ、…」
 音声『おかけになった番号は、ただいま電源が入っていないか、電波の届かない場所に…』
 シンジ「…あれ…?」

拍子抜けした顔で携帯を降ろすシンジ

 シンジ「そっか、今日からもう予備テストだって言ってたもんな。…そんな暇、ないよな」

落胆半分、安堵半分の表情で座っているシンジ
長い息をつく
そのまま携帯を投げ出し、仰向けにベッドに倒れ込む
もうすっかり見慣れた天井がある
676 : 1/8[sage また怒られんのかな] 投稿日:2014/08/23(土) 21:54:37.62 ID:???.net
リビングに入ってくるシンジ
シャワーから上がってタオルで髪を拭いているレイの姿
室内を見回すシンジ

 シンジ「…ミサトさんは?」
  .レイ「さっき、寝た。明日、早いからって」
 シンジ「そっか…」

ペンペンもいない
ふうっと息をついて腰を下ろすシンジ

 シンジ「…あの、少しいてもいい」
  .レイ「いい、けど」
 シンジ「ん…ありがと」

置きっぱなしになっていたSDATを拾い上げるシンジ
イヤフォンはめようとして、ふと顔を上げる
手を休めてこちらを見ているレイ
なぜかうろたえるシンジ
677 : 2/8[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 21:55:49.17 ID:???.net
 シンジ「…、どうしたの?」
  .レイ「おにいちゃん」

じっと見ているレイ
無心な眼差
自然と微笑んで肩の力が抜けるシンジ

 シンジ「…なんか、思ったよりいろいろあって、大変なことになっちゃったけど、さ。
     明日の発表、がんばろう。アスカの分まで」
  .レイ「…、うん」

少しうつむくレイ
見守っているシンジ
ふいに再び顔を上げ、強い表情でまっすぐにシンジを見つめるレイ

 シンジ「レイ…?」
678 : 3/8[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 21:57:55.57 ID:???.net
すっと腰を浮かせるレイ
そのまま、両手と膝をついてシンジの目の前まで近づく
タオルが落ちる

 シンジ「え、なにっ、ちょっと…ッ」

焦って上体を引くシンジ
危うく倒れそうになり、背後の床に両腕を突っぱってかろうじて踏みとどまる
さらに寄ってその胸に頭を預けるレイ
手は下ろしたまま、顔だけシンジの胸に埋めるようにしている
頭真っ白になるシンジ

  .レイ「…ごめんなさい」

少しくぐもったレイの声

 シンジ「え…?! やっ、あのっ」
679 : 4/8[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 21:59:28.27 ID:???.net
 シンジ「え、と…何が」
  .レイ「…黙ってた、こと。…知ってたのに」
 シンジ「…それって」

片頬をつけて半ばシンジにもたれているレイ
やや落ち着くシンジ

  .レイ「…今日の昼間も、私、何も言えなかった。追いかけても」
 シンジ「レイ…」
  .レイ「私、なぜ、こんな時なのに何も、できないの。…何も知らないの」

すぐ目の前にあるレイの頭を見つめるシンジ

 シンジ「…アスカのことだよね」
  .レイ「……」
680 : 5/8[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 22:01:17.58 ID:???.net
 シンジ「…違うよ。レイだけじゃない。
     僕だって、知らされるまで何も気づかなかったし、言えなかった。アスカが…
     アスカの方から僕らに声かけてくれたから、答えられたんだ。…それにあの時、
     先にアスカを追いかけようとしたのは、レイの方なんだし」
  .レイ「!」
 シンジ「だから、僕も行けたんだ。何も言えないままアスカを行かせずに済んだ。
     …レイは何も悪くないよ。むしろ僕にはできなかったことを、してくれたんだ。
     昼間、言えなかったけど、…ありがとう。…レイ」
  .レイ「…、」

両目を見開くレイ
痛みに満ちた表情でぎゅっと目をつむる

  .レイ(…うれしいのね、私)
  .レイ(…でも、ちがう)
681 : 6/8[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 22:03:51.97 ID:???.net
    レイ(そう、違うのよ)
    レイ(私は、歌うことをやめずに済んで、お兄ちゃんと離れずに済んで、嬉しいだけ)
    レイ(あの子の気持ちなんか、自分には関係ないと思いたがってる)
    レイ(あの子の気持ち、考えなくて良くなって、本当は安心してるのね)
  レイ(…そう。私は)
    レイ(なら、心が痛いフリなんかしなくていいのに)
  レイ(いいえ、心は、痛い。
     でもそれ以上に、お兄ちゃんの傍にいると、こんなにもあたたかくて…安心する)
  レイ(私の心。…ずるくて、弱くて、諦められない、私自身の心)
  レイ(…そう。もうエヴァには、映せない)

寄り添ったままじっとしている二人
何も言わず、何も訊かない
静まり返った家の中
6827/8[sage] 投稿日:2014/08/23(土) 22:05:16.71 ID:???.net
ただじっとしている二人

 シンジ(…どうして、人がこんな近くにいるのに、怖くないんだろう)
  .レイ(…こんなに人の近くにいられるなんて、思ったこともなかった)

 シンジ(たぶん明日になったら、もうこんなことしてくれないんだ)
  .レイ(きっと明日になったら、もうこんなことさせてもらえないかもしれない)

 両者(あと少し、時間が経ってしまえば、きっともう、こんなふうにいるのは許されなくなる。
     双子だからと見過ごしてはもらえなくなる。二人一緒とは見られなくなる。きっと)
 両者(…それは、たぶん)

 シンジ(たぶん…? 元の一人に戻れるのに。でもそれが、たぶん…つらく、なる)
  .レイ(今、こうして一緒にいるのに)

ほんのわずか上体を起こそうとするシンジ
ほんのわずか身体を寄せようとするレイ
同時に気づいて我に返る
離れる二人
既に失われている均衡
再びいつもの距離に隔てられたシンジとレイ
沈黙

 シンジ「…あの」
683 : 8/8[sage つづくの?] 投稿日:2014/08/23(土) 22:06:56.01 ID:???.net
  .レイ「! なに」
 シンジ「いや、…ううん、何でもない。いいんだ。…もう寝なきゃ。おやすみ、レイ」
  .レイ「…おやすみなさい」

SDATを手にぎこちなく立ち上がるシンジ
うつむき、ふと目をみはるレイ
自分の内側を見つめる

  .レイ「…お兄ちゃん」
 シンジ「ん、…何?」

しっかりした眼差を向けるレイ

  .レイ「あの子に、伝えなきゃいけないことが。伝えたいこと、…やっと、わかったから」
 シンジ「アスカに…?」

しばしレイを見つめ、やがて頷くシンジ

 シンジ「…わかった」
684 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/08/25(月) 20:42:07.25 ID:???.net
30代後半で女と交際した事ない、ひきこもりのキモい童貞を発見。
自称イラストレーター。足立区に住んでいるそうだ。
http://inumenken.blog.jp/archives/7002197.html
685名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/08/26(火) 05:17:09.96 ID:???.net
>>682
ちょっと切なくて寂しい感じがエヴァっぽいね
686 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/08/29(金) 14:36:21.43 ID:???.net
test
687 : 1/3[sage 今日は破かぁ] 投稿日:2014/08/29(金) 20:28:11.76 ID:???.net
葛城家 早朝の玄関
松代に発つミサトを見送るシンジとレイ

 ..ミサト「じゃ、あわただしくて悪いけど、後を頼むわね。
     遅くても今夜には連絡入れるわ。明日には戻れると思うから。もし、それまで
     何か困ったことあったら、加持の奴にでも言って。どうせヒマしてるから遠慮なく
     頼っちゃっていいわ。あ、ペンペンのこと、よろしく」
 シンジ「はい。…ミサトさんも、気をつけて」
 ..ミサト「ん。二人も、今日の発表、がんばってね。聞けなくて残念だわ」
 シンジ「はい…まだちょっと、不安ですけど」
 ..ミサト「ええ? ちょっとぉー。レイは?」
  .レイ「…平気。…お兄ちゃんと、だから」
 ..ミサト「よっし、いい返事。戻ったら、首尾を聞かせてねん」
  .レイ「はい」

ふと真顔に戻ってシンジを見るミサト

 ..ミサト「…ほんと、すまないわね、今回は。いろいろ、一方的で」

屈託なく首を振るシンジ
688 : 2/3[sage] 投稿日:2014/08/29(金) 20:30:48.75 ID:???.net
 シンジ「いえ、いいんです。
     僕が知っておいた方がいいことは、ミサトさん、ちゃんと話してくれるじゃないですか。
     今回だって、アスカの気持ちを考えてのことだし…そのくらいで急に悪く思ったり、
     疑ったりなんてしませんよ」
 ..ミサト「…あらら。こりゃずいぶんと信用されちゃったわね」
 シンジ「え…、そりゃそうですよ、作戦の時は、ミサトさんが頼りなんだから」
  .レイ「うん。頼りに、してます」
 ..ミサト「こいつぁ責任重大ね。じゃ、行ってきまっす」
 シンジ「行ってらっしゃい。アスカのこと、よろしく」
  .レイ「お願いします」
 ..ミサト「はーい、任せて。向こうではリツコも一緒だし、心配ないわよ」
 シンジ「…そうです、よね」
 ..ミサト「ん? …そっかー、じゃ、シンちゃんは宿題、ちゃーんとやっとくのよん」
 シンジ「宿題…って、ゆうべの?! 本気だったんですか?!」
 ..ミサト「それはシンちゃん次第ね。じゃ」
 シンジ「あっ、ちょっと待ってくださいよッ」
689 : 3/3[sage つづく] 投稿日:2014/08/29(金) 20:31:50.52 ID:???.net
  .レイ「…宿題って、何」
 シンジ「え?! あ、いや、何でもないよ」
  .レイ「??」

ドアが閉まる
歩き始めてから眉を険しくするミサト

  ミサト(…信頼、か)
  ミサト(いつのまに、あんな素直な顔で笑えるようになっていたのね。二人とも。
     …そんなあの子たちに、私は全部は話してない。あの子たちは心から信じて
     命を預けてくれてるっていうのに)
  ミサト(…ダミープラグ。昨日、極秘裏に試験換装が行われた)
  ミサト(零号機は慢性的な予算と物資の不足でいまだ修復半ば、2号機は封印中として、
     初号機に実装するしかないのはわかる。でもなぜ、パイロットへの通達を禁じるの?
     ダミープラグの存在自体を知らせない、本当の理由は何…?)
690 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/08/29(金) 20:34:40.98 ID:???.net
きてたー
691 : 1/4[sage あ!始まっちゃった] 投稿日:2014/08/29(金) 21:14:01.38 ID:???.net
>>685 ありがとうございます、頑張ります
>>690 もうちょいだけ行きます


松代
着々と準備が整いつつある3号機起動実験場
検査着姿でドリンク飲んでいるアスカ
ふと振り返ると、荷物を抱えたミサト

 アスカ「…ミサト。なんだ、今着いたんだ」
 .ミサト「ええ、さっきね。…どうやらそのご機嫌だと、肝心の彼氏はまだみたいね」
 アスカ「ん? …ああ、3号機のことね。
    そ、朝から待たされっぱなし。初デートだってのに相手を待たせるなんて、
    これだから、アメリカ男って信じらんないのよ」
 .ミサト「ま、付き合ってみたら案外いいやつかもしれないし。気長に構えましょ」
 アスカ「それもそうね。カリカリしても仕方ないか。…そうだ、3号機。私が気に入ったら、
    機体、赤く塗り替えてよ」
 .ミサト「はいはい、予算が下りたらね。
    …そうだ、これ、保安部で保管してたあなたの私物。到着したときに預けて、
    それっきりだったでしょ」
 アスカ「あ…助かった、ありがと」
692 : 2/4[sage] 投稿日:2014/08/29(金) 21:14:49.20 ID:???.net
バッグを開けて中のマペットをちらっと確認するアスカ
携帯を取り出して電源を入れる

 アスカ「…ん」
 .ミサト「どしたの? 誰かから伝言?」

興味しんしん顔のミサト
ばっと全身で携帯を隠すアスカ

 アスカ「…これはプライベート! いかに上官とはいえ、そこまで見せる義務はないわ!」
 .ミサト「ごめんごめん。じゃ、あたしは向こうにいるから」
 アスカ「わかったからさっさと行く!」

ミサトが遠ざかったのを確認してから再び携帯に視線を落とすアスカ
表情がちょっとなごむ

 アスカ(…馬鹿シンジのやつ、何度もかけてきてたんだ)
693 : 3/4[sage] 投稿日:2014/08/29(金) 21:15:45.86 ID:???.net
    アスカ(ったく、うっとうしいんだから。
       こっちは検査と調整、しかも私物も取り上げられてたんだから、電話されても何も
       答えられなかったっつーの。
       …ん? 最後のだけ、留守録か)
    アスカ(…何よ、わざわざ)
    .音声『メッセージを再生します』
 シンジの声『…あっ、アスカ? あの、碇です。手が空かない時にごめん』
    アスカ(ほんとよ、もう)
 シンジの声『レイが、どうしてもアスカに伝えたいことがあるって言うから、伝言します。…あ、
       レイ、自分ではアスカの番号知らなくて』
    アスカ(…そんなどうでもいい情報はいいってば。ていうか、妹の用事? 何よそれは。
       せっかく、気ぃ遣ってると思ってやったってのに)
 シンジの声『はい、レイ。喋っていいよ』
    アスカ(……)
    アスカ(…?)
    アスカ(…まただんまり? 昨日といい、何やってんのよこの子は)
694 : 4/4[sage つづく] 投稿日:2014/08/29(金) 21:16:45.55 ID:???.net
    アスカ「…ああもうッ」
  レイの声『……ありがとう』
    アスカ「!」
  レイの声『…昨日、ずっと言いたかったのに、最後まで、言えなくて。…ごめんなさい。
       でも、…ありがとう』
 シンジの声『…それじゃ、アスカ、…気をつけて。実験、きっとうまくいくよ』
  レイの声『肉じゃが、作って、待ってます』
    .音声『メッセージは以上です』

通話を切るアスカ
しばらく実験施設を睨み、それからふっと肩の力を抜く

    アスカ「…何よ、似合わないお愛想なんか言っちゃって。ヘンなの。
       ほんっと、二人揃ってウルトラ馬ぁー鹿、なんだから」

山の稜線を離れた太陽を笑顔で振り仰ぐアスカ
目を閉じて光を浴びる
695 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 21:01:04.03 ID:???.net
test
696 : 1/10[sage 10レスで行けるかなー] 投稿日:2014/08/30(土) 22:43:12.19 ID:???.net
壱中 休み時間
黒板の隅に書かれた今日の日付の下に『欠席・式波』の字
目を留めているレイ
いつもより盛り上がらない教室のざわつき
自席から教室を見渡しているトウジとケンスケ
傍には黙っているシンジ
ひとつ溜息をつくヒカリ
697 : 2/10[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 22:45:13.94 ID:???.net
昼休み 携帯を見てはっとなるシンジ
新着メールを開くものの、文面にぽかんとなる

 シンジ「…レイ、ちょっといい?
     これ、アスカからなんだけど。レイ宛て…で、いいんだよね?」
  .レイ「? …あ」

画面に視線を落とし、瞬きするレイ

 メール『伝言聞いた。こっちも伝え忘れてたことがあるから、手短に書く。
    妹に読ませてやって。じゃ。

    ↓↓↓ こっから下はバカシンジは閲覧禁止!!! ↓↓↓
    
    この前、公園であんたが気にしてた歌の歌詞、見つかったから転載しとく。
    やっぱり説教みたいな歌詞。だから日本の歌って辛気臭くて嫌いなのよね。
    私らが選んだ歌で正解だったと思う。じゃーね。 ……』

 シンジ「…あの、何の話だったの? アスカの伝言」
  .レイ「駄目、ヒミツ。…帰ってきたら教える」
 シンジ「えっ?」

携帯を手で隠してシンジに背中を向けるレイ
訳がわからないシンジ

 シンジ「…もう、何なんだよ。二人して」

優しい目で画面を覗き込んでいるレイ
698 : 3/10[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 22:48:14.00 ID:???.net
壱中 放課後
楽譜を手に音楽室に入ってくるシンジとレイ
とたん、揃って驚き顔になる
それぞれ好きな位置に座ったクラスメートたちの姿
 
 女子「あ! 来た来た」女子「遅いぞー、碇兄妹!」男子「待ってましたっ」

ピアノの前で二人を迎えるトウジとケンスケ
にやりとしてVサイン

  .レイ「…みんな」
 シンジ「どうして…今日は、誰も残ってないと思ってたのに」
 トウジ「何だかんだ言うて、皆気になっとったんやで。お前らのこと」
.ケンスケ「それと、式波のこともな」
 シンジ「アスカの…?
     だけど、あんな別れ方して、…もう皆、歌のことまで嫌になっちゃったんじゃないかって
     思ってた。今も、どうせ僕らだけだろうな、って」
 トウジ「んな訳ないやろ。ま、ほれ、見てみぃ」

シンジの頭を軽くこづくトウジ
699 : 4/10[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 22:50:31.09 ID:???.net
生徒たちの間から困ったような笑顔を向けるヒカリ
手を振る女子たち
あちこちに陣取っている男子たち

.ケンスケ「…式波の奴、あんな言い方したけどさ。
     要するに、後は頼む、って言いたかったんだろ。似合わない憎まれ役まで買って出て、
     カッコつけて。そのぐらい、皆ももう気がついてるよ」
 トウジ「そら面と向かって言われたときは、皆、ムカッと来てたやろけど。
     根は素直な連中やし。あんだけボロクソ言うてたのに、委員長が『自分一人でも
     聴きに行く』て言い出したら、みーんな手のひら返してついて来よったで」
.ケンスケ「ま、逆じゃないだけマシってことだろ。いいんじゃないか? そのぐらいで。
     だからお前らも、肩肘張らずに、いつも通りやれよ」
 シンジ「…うん」

顔と顔を見合わせるシンジとレイ

 女子「まー、最初はショックだったけどさ。やっぱ寂しいもん」女子「あれで終わりなんて嫌だよ」
 女子「式波さんが、ヒカリと連日遅くまで頑張ってたのは、ほんとだしね」
 男子「つーか、ネルフのテストじゃしょうがないじゃん?」男子「悔しいけどやっぱカッコイイよな」
 男子「こうなったら意地でも成功させようぜ」男子「何なら俺は仕切りなおし選抜でもいい!」

照れまじりに頷き、ピアノの前に座るシンジ
傍に立つレイ
準備を始めるのを見届け、オーディエンス側に戻るトウジとケンスケ
700 : 5/10[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 22:52:37.15 ID:???.net
松代
アスカから守秘回線で通話を受けるミサト
実験施設外に出て山稜の風を受ける
遠方、ゆっくりケーブル上を動いていくアスカの移動隔離室

 .ミサト「どうしたの、アスカ。あなたからかけてくるなんて珍しいじゃない」
 アスカ『なんか、急にミサトと話がしたくなって。…変、よね? こういうの』
 .ミサト「そんなことないわ。嬉しいわよ、本番前の大事な時間に誘ってくれたんだもの」
 アスカ『…、そ。大げさね、別に大したことじゃないのに』
 .ミサト「それでも、よ。
    こういう日々の小さな感謝を忘れないことが、明日を生きる自信に繋がってくんだから。
    …そうだ、今日のこと。改めて礼を言うわ、アスカ。…ありがとう」
 アスカ『…、やめてよ。
    それじゃまるで、私が馬鹿シンジと妹のために譲ってあげたみたいじゃない。
    いいの、そーゆうのは。私は私。私はエヴァに乗りたいから乗る。妹は、馬鹿シンジと
    歌いたいから残る。単純な話よ』
 .ミサト「そうかしら。ちゃーんと皆のことを思いやった上で、自分の身の処しかたを決める。
    それは大人でもなかなかできないことよ。アスカは立派だわ」
 アスカ『べっつに。一人だから、余計なシガラミに囚われないだけじゃないの。
    …私はエヴァに乗るためにいる。何号機だろうが、どこ製だろうが、乗りこなしてこその
    エリートでしょ。自覚もなく私情でどうこう悩んでるガキどもに任せてらんないわよ』
 .ミサト「…そっか。そういうとこ、アスカらしいわ」
 アスカ『私らしい? 何がよ』

3号機仮設建屋の中に見えなくなる隔離室を見つめ、笑顔になるミサト

 .ミサト「優しいところ、よ」
701 : 6/10[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 22:54:47.92 ID:???.net
 アスカ「…ぶっ」

移動隔離室内
テスト用インターフェイスを危うく取り落としそうになるアスカ
ハンズフリーにした携帯画面にいーっと歯を剥く
傍に置いてあるマペット

 アスカ「何よ、キモチワルイわね。そういうママゴトは馬鹿シンジや妹とやってよ」
 .ミサト『はいはい、子供扱いして悪うございましたねー』
 アスカ「ホントよ、もう」

笑っているアスカ
ふと素の表情になってマペットを見つめる

 アスカ「他人と一対一で話すって、案外心地いいのね。面倒くさいだけかと思ってた。
    思ってること、自分じゃない誰かに聞いてもらうなんて」
 .ミサト『そうよ。誰だって自分一人じゃしんどい時はあるもの。たまには他の誰かに気持ちを
    打ち明けて、割り切れない心を少しだけ預けてみるのも、いいことなのよ』
 アスカ「…心を預ける、か」

ちょっと目を見開くアスカ

 アスカ「そっか…私、妹相手に、もう何度もそうしてもらってたんだ。…気づいてなかった」
 .ミサト『えっ?』
 アスカ「ううん。…ミサトにしては、いいこと言うじゃん?」
 .ミサト『何よう、伊達に齢とってないわよ? 亀の甲より年の功ってね。
    もうちょっとくらい、私たち大人のことも頼りなさい。みんなあなたを支えたいんだから』
 アスカ「…うん。そうね、今ならわかる気がする。…ありがと、ミサト」
702 : 7/10[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 22:56:47.58 ID:???.net
壱中音楽室 発表準備完了の二人
と、なぜか携帯を取り出して操作しだすシンジ

 シンジ「…松代のミサトさんたちは無理だけど、もう一人、レイの歌を聞いてもらいたい人が
     いるんだ。内緒にしてたけど」

はっとなるレイ

  .レイ「お兄ちゃん、…もしかして」
 シンジ「…うん。やっぱり、わかっちゃうよね。…ごめんよ、僕一人で勝手に決めちゃって」

驚きで張りつめていたレイの顔がゆっくり上気していく
両肩の緊張が解け、みるみる表情がほぐれる
微笑むレイ

  .レイ「ううん。…うれしいの」

一瞬見とれるシンジ
回線が繋がる音にはっとする

 シンジ「あ…、もしもし、…父さん。今から、始めます」

見つめているレイ
携帯をハンズフリーにしてピアノの上に置き、レイを見るシンジ
頷くレイ
小さく息を吸い込み、伴奏を始めるシンジ
顔を上げるレイ
口を開く
703 : 8/10[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 22:57:51.80 ID:???.net
ネルフ本部 施設上層
総司令執務室
珍しく一人でデスクについている碇
目の前に開いた通話ウィンドウ(音声限定)
いつもは顔の前で組む両手を下ろしている

棋譜を手に離れた別席で背を向けている冬月
駒を将棋盤に置きながら微笑する

 冬月「…プライベート、か。まあ、たまには構わんよ」


壱中
無人の教室のベランダに佇むマリ
手すりによりかかって風に吹かれる
頭上の音楽室からこぼれてくるピアノの音

  マリ「なんつーか…青春、だね」

まんざらでもない表情で耳を傾けているマリ
いとおしむような眼差

  マリ「…サヨナラ、最後の日常」
704 : 9/10[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 22:59:53.90 ID:???.net
松代 仮設建屋内の3号機
試験プラグ内
気負いのない表情で操縦席についたアスカ
周囲で交錯するオペレータらのやりとり
ふっと目を開くアスカ

 アスカ(…なんでだろ。いつもと違う)
 アスカ(ああ、そっか。…一人なのに、孤独が堪えないんだ)

    ミサト(みんなあなたを支えたいんだから)
   シンジ(アスカ、気をつけて。きっとうまくいくよ)
     レイ(…ありがとう)

 アスカ「…うん」

LCLの中で微笑むアスカ

 アスカ「…私、人を頼っても、いいんだ」

瞬間、プラグ内に異相が拡がる
ひしめく有機的な気配とともに毒々しい青一色に呑み込まれるアスカ
潮のように迫る笑い声

 アスカ「え」
705 : 10/10[sage つづく] 投稿日:2014/08/30(土) 23:01:03.47 ID:???.net
弾かれたように顔を上げるシンジ
自動的に画面の切り替わった携帯からけたたましく発せられる警報音
レイのカバンからも同じアラーム

  .レイ「…非常召集」
 シンジ「うん。すぐ行かないと。…トウジ!」

不安げに席を立ったり座ったりしている生徒たち
駆け寄るトウジ、ケンスケ

 トウジ「何や、どないなっとるんや!」
.ケンスケ「…もしかして、使徒か?!」
 シンジ「わからない。とにかく本部に行かなきゃ。ごめん、委員長と、みんなのこと頼む」
 トウジ「おう、任せとき!」
.ケンスケ「気ぃつけろよ!」

飛び出していくシンジとレイ

 シンジ(…まさか、アスカ、ミサトさん)
  .レイ(…いえ、まだ松代って決まったわけじゃない。でも)
 シンジ(急がなきゃ。早く…!)

眼下、校門を突っ切って校舎のすぐそばまで走り込んでくるネルフ保安部の黒い車両
706名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/09/02(火) 22:20:08.65 ID:???.net
よしいいぞはよ当て馬ぶっ殺せ
707 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/09/03(水) 07:35:50.68 ID:???.net
test
708 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/09/03(水) 07:42:06.45 ID:???.net
>>706
引くわ…
だいたいこのスレで当て馬とかないだろw
そんなこと言ってるとカヲルとくっつく展開にされるかもしれんぞ
709 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/09/04(木) 21:27:10.81 ID:???.net
ソーセージには玉子だよな
710 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/09/06(土) 08:33:58.86 ID:???.net
レイって卵は食べれるんだろうか
711 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/09/06(土) 08:44:43.79 ID:???.net
いつも楽しみなツインズ小説
712 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/09/12(金) 10:48:30.32 ID:???.net
test
713 : ninja[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 00:32:45.49 ID:???.net
良スレ
続きが気になる
714 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/09/19(金) 08:45:59.24 ID:???.net
test
715 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/09/19(金) 11:17:37.10 ID:???.net
こい
716 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/09/20(土) 05:54:12.02 ID:???.net
シンジ「幸せになろうね綾波」

レイ「私は幸せよ、碇くんがいるなら」

アスカ「ちょっと待った~~!!」

シンジ「アスカどうしたの?」

アスカ「実はアンタ達血の繋がった実の双子だったのよ!結婚は諦めなさい!」

シンジ「・・・分かった、諦める…」

レイ「…悲しい、死にたい…」

シンジ「でもこれからも二人一緒にいようよ、セックスもしよう」

レイ「うん、私子供できないから問題無いわ」

シンジ「それもそうだったね(笑)」

アスカ「これでめでたしめでたしね」

一同(笑)
717 : 1/3[sage] 投稿日:2014/09/24(水) 17:58:03.97 ID:???.net
大幅に空いてしまって申し訳ありません
読んでくださった方、ありがとうございます



  .アスカ「ねえ、馬鹿シンジ。
      あんた、息苦しくないの? いっつも他人の世話焼いて、他人と一緒に暮らすなんて」
  シンジ「他人って、…家族じゃないか。当たり前のことだと思ってる、けど」
  .アスカ「ふうん」
  シンジ「…そりゃ、楽しいばかりじゃないけど。大変だったり、面倒なときもあるし。…ただ、
      それで苦手だとか、重たい、…つらいって感じても、それでも、嫌だとは思えないんだ。
      …上手く言えないけど」
  .アスカ「何それ、困らされて嫌じゃないなんて、ヘンタイじゃないの? 前も匂いとか言ってたし」
  シンジ「ち、違うってば」
  .アスカ「冗談よ。ま、逆に言えば、そうやって許容し合える関係が、カゾクってことね」
  シンジ「…うん。きっと、そうだと思う」
  .アスカ「ふぅん…
      なんか現実味ない。やっぱりそういうのちゃんと居たことないと、わからないのね。きっと」
  シンジ「いたことない、って…」
  .アスカ「だから、カゾク」
718 : 2/3[sage] 投稿日:2014/09/24(水) 17:59:50.84 ID:???.net
 シンジ(…皆で、一緒に食事したじゃないか。レイと、ミサトさんと、リツコさんに加持さんも。
     あれだって家族だよ。そう呼んだっていいんだ)
 シンジ(帰ってくるって、言ったろ。アスカ)

顔を上げるシンジ
地上戦装備で配置された初号機のエントリープラグ内

 青葉『…の状態だが、松代の被害状況はおおよそ判明してる。
     現在、現場では全力をあげて人員の救出作業中だ。今は、接近中の目標の迎撃に集中しろ』
 シンジ「目標…それが松代を襲った使徒、なんですか」
 青葉『…分析中だ』
 シンジ「…、ミサトさんもいないのに」
 日向『今は碇司令が直接指揮を執ってる。指揮系統に問題はないよ』
 シンジ「…父さんが」
 伊吹『それと、シンジ君。出撃時の説明を、もう一度確認するわね。
     レイの零号機は、先の損傷のために左腕が復元途中、右腕も神経系統の検証がまだ
     完全じゃないわ。近接格闘戦はまだ無理なの』
 日向『よって、零号機は今作戦において、後方からの援護狙撃しかできない。また、命中精度を
     少しでも上げるため、狙撃地点に機体を固定することになる。意味は、わかるかい』
719 : 3/3[sage つづく 少しですみません] 投稿日:2014/09/24(水) 18:03:37.07 ID:???.net
 シンジ「零号機はその場から動けない、ってことですよね。ヤシマ作戦のときと同じに」
 日向『そうだ。目標との戦闘は、実質君一人となる。いいね』
 シンジ「了解。
     零号機の狙撃位置を確認。…レイ、大丈夫? あまり、無理しないでよ」
  .レイ『平気。何度も訓練したから』
 シンジ「うん。援護、頼むね」
  .レイ『了解』
 青葉『…目標、進路変化なし。エヴァ両機の視界に入ります』
 日向『両機、迎撃準備』
 シンジ「了解。レイ、準備いいね。行くよ…
     ……え?」
  .レイ『…あれ、が…目標?』

まがまがしい夕光が山稜を染めている
真っ赤に沈む夕陽を背負い、現れるエヴァ3号機の黒い長身
言葉を失う二人
720 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/09/26(金) 18:12:46.90 ID:???.net
きてしまった
721 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/09/30(火) 21:44:17.73 ID:???.net
test
722 : 1/7[sage] 投稿日:2014/09/30(火) 21:54:25.26 ID:???.net
 メール『…この前、公園であんたが気にしてた歌の歌詞、見つかったから転載しとく。
    やっぱり説教みたいな歌詞。だから日本の歌って辛気臭くて嫌いなのよね。
    私らが選んだ歌で正解だったと思う。じゃーね。

    追伸、がんばりなさいよ。

    -------
    いつまでも たえることなく
    ともだちで いよう
    あすのひを ゆめ みて
    きぼうの みちを

    そらをとぶ とりの ように
    じゆうに いきる
    きょうのひは さようなら
    また あう ひまで     』

 アスカ(あんた、ちゃんとやれてるもの。シンジの双子の妹ってやつ。でしょ?)


戦闘配備された零号機のエントリープラグ内
目を伏せたレイ
723 : 2/7[sage] 投稿日:2014/09/30(火) 21:55:23.82 ID:???.net
すさまじい夕焼け
一面LCLをかぶったような山間の風景
斜陽を映す水田の連なり 山稜を横切る送電線と鉄塔
接近してくる黒いエヴァ3号機
周辺に配置された侵攻阻止部隊が迎撃を開始する
3号機めがけ砲火が降り注ぐ
動けないシンジ

 日向『初号機、目標との接触まで40。地対地戦闘用意』
 シンジ「…そんな…こと、言ったって」

凝視するシンジ

 シンジ「…あれは、エヴァじゃないか」

目を離せないシンジ
機体の両腕に記された識別表示

 シンジ「…3号機」
724 : 3/7[sage] 投稿日:2014/09/30(火) 21:56:42.93 ID:???.net
 シンジ「松代で実験してた…じゃあ、あれが事故の原因だって言うんですか?
     あれが、実験場を、…ミサトさんたちを、襲った。…エヴァが」
 青葉『そうだ。現在、3号機の状態は不明。
     こちらからのいかなる信号にも反応しない。完全に我々の制御を離れている』
 シンジ「暴走…したって、ことですか」
 日向『初号機、目標接触まで20。迎撃用意だ』
 シンジ「ッて、ちょっと…ちょっと待ってくださいよ、そんな」
 伊吹『シンジ君、落ち着いて聞いて。あれは…もう私たちのエヴァじゃないの』
 シンジ「…え」
 日向『3号機は…破棄された。
     今、あの機体は使徒として識別されている。我々の攻撃目標だ』
 シンジ「…そんな」

額を掴むシンジ
725 : 4/7[sage] 投稿日:2014/09/30(火) 21:57:36.83 ID:???.net
 シンジ「待ってくださいよ! …そうだ、アスカ、…アスカが乗ってるかもしれないんだ。
     そうですよね?! 乗ってるんでしょう?!」
 青葉『目標、さらに接近。これ以上は、初号機も零号機の狙撃誤射範囲に入る』
 日向『初号機、攻撃を開始せよ』
 シンジ「…答えてくださいッ!」

回線に一瞬の沈黙

 伊吹『…エントリープラグ付近に、使徒の、コアと思われる部位が認められます。
     プラグ内部、…パイロットからの反応は、ありません。…信号が全て途絶しているの』
 シンジ「え」

プラグモニタ正面に点滅する多数の警告表示
既に正面数百mに迫っている3号機
動けない初号機
726 : 5/7[sage] 投稿日:2014/09/30(火) 21:58:25.60 ID:???.net
震えているシンジの両手

 シンジ「…だからって、…これが、目標…ですか?」
   碇『そうだ』

びくっとなるシンジ

 シンジ「…父さん」
   碇『あれは使徒だ。我々の敵だ。お前が倒せ。ただちに殲滅しろ』
 シンジ「…、だって」
   碇『レイ』
 シンジ「!」

脅えた表情で振り返るシンジ
727 : 6/7[sage] 投稿日:2014/09/30(火) 21:59:29.47 ID:???.net
後方、初号機のものを流用したG型装備で地に伏せている零号機
左腕左肩部を組み込む形で大型狙撃設備に固定された機体
銃口はまっすぐ3号機に据えられている

 シンジ『…レイ、…待ってよ、レイ』

エントリープラグ、頭部を覆うスコープの内側で3号機を見つめているレイ
分析・図示された機体背部にエントリープラグの像

  .レイ(…乗っている。あの子)

かすかにためらうレイ
暫時トリガーを引けずにいる

   碇『レイ。初号機が動かん。独自に目標を止めろ』
  .レイ「…!」

ぐっと迷いを呑み込んで身を乗り出すレイ
そのとき、3号機が歩みを止める
728 : 7/7[sage つづく] 投稿日:2014/09/30(火) 22:00:41.01 ID:???.net
はっとなり向き直るシンジ
赤い光を浴びた3号機の上体が下がっていく
機体各部が痙攣するように断続的にうごめき、頭部が跳ね起きて初号機を向く
咆哮
地を蹴って一直線に飛びかかる3号機
とっさにライフルをかざす初号機
激突する両機
一瞬で中和・侵食されるATフィールド
砕け散るライフル
激しく引き倒される初号機

 シンジ「ぐう…ッ」

掴みかかる手をどうにかもぎ離し、引き寄せた片足で相手の胴体を捉えて蹴り飛ばす
投げ出され、深く屈みこむように着地する3号機
何とか起き上がる初号機
這いつくばった3号機の後背部が視界に入る
青い異組織に射出を阻まれているエントリープラグ

 シンジ「! …やっぱり、乗ってるんだ」

頭を巡らせる3号機
直後、初号機後方からの狙撃が3号機を貫通する

 シンジ「…! レイッ!」
729名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/10/01(水) 00:55:04.05 ID:???.net
うわあああ
730 : 1/6[sage] 投稿日:2014/10/01(水) 20:48:48.98 ID:???.net
>>729 すみません…


銃身とともに待機位置から乗り出した零号機
突きつめた目で目標を見据えているレイ
迷わず次弾を放つ
次々と射抜かれてバランスを崩す3号機

 シンジ『…レイ!』

撃ち続ける零号機
無意識に奥歯をきつく噛みしめているレイ

 シンジ『レイッ! …アスカが乗ってるんだ!!』
  .レイ「…ッ」

悲鳴のようなシンジの声音に一瞬逡巡するレイ
わずかな隙に起き直る3号機
再び初号機に組み付く
黒い両手が初号機の首元に飛ぶ
ぎりぎりと首を絞め始める3号機
両機のシルエットが重なり、狙撃地点からはうかつに撃てない
焦りに眉を寄せるレイ
731 : 2/6[sage] 投稿日:2014/10/01(水) 20:49:36.68 ID:???.net
もがいて3号機の手を掴む初号機
渾身の拮抗
少しずつ引き剥がされていく3号機の両手
均衡が破れ、両手を押し返してかろうじて3号機の下から脱する初号機
山を背に一時後退する
と、振り出された3号機の両腕が水田上に長い航跡を走らせて伸びる
初号機に到達し、今度はその両手首を掴んで拘束する
両腕を開かれ無防備になる初号機
動きを封じた上で距離を詰める3号機
装甲の破損した両肩口が弾け、もう一対の両腕が生え出る
その外見は明らかにヒトの手と赤いプラグスーツを模している
異様に長く生長した腕が頭上高く跳ね上がり、真っ逆さまに初号機に襲いかかる

 シンジ「…ッ!!」

連続する衝撃
山腹に押しつけられて再び首を絞められる初号機
すさまじい膂力に軋む機体
732 : 3/6[sage] 投稿日:2014/10/01(水) 20:50:23.63 ID:???.net
さらに初号機にのしかかる3号機
新たな腕に青い幾何学形の亀裂が生じ、接触面から初号機の頸部に感染していく
プラグ内に響く複数の警報
呻くシンジ

   碇『シンジ、なぜ戦わない』
 シンジ「…?! …だって…できないよ。アスカが…乗ってるんだ、人殺しなんて、できないよ」

激しく泡立つLCL
シンジの首筋にえぐられていく瘢痕
鳴り続ける警報

   碇『…お前が死ぬぞ!』
733 : 4/6[sage] 投稿日:2014/10/01(水) 20:51:10.79 ID:???.net
 シンジ「…ッ、いいよ! 人を、…アスカを殺すよりは、いい…!」
   碇『……』

ふいに別の衝撃が襲い、3号機の圧力が揺らぐ
無理やり目を開くシンジ
零号機が狙撃装備ごと引きずって位置を変え、敵に姿を晒す体勢で射撃を続けている

  .レイ『初号機、応戦を!』

よろめいて振り返る3号機

  .レイ『…初号機!』

さらに数弾が命中し、初号機の上で何度も大きく揺さぶられる3号機
怒りとも苦痛ともつかない唸り声をあげる
飛び散る装甲片と生体部品
泣きそうな顔になるシンジ
734 : 5/6[sage] 投稿日:2014/10/01(水) 20:52:25.85 ID:???.net
 シンジ『…レイ! レイ、駄目だ、やめてよ!』

スコープ内の表示に照らされたレイの顔
苦しげに歪んでいる目元
だが、攻撃の手は緩めない

  .レイ「…いいえ。もう少しで目標を引き剥がせる」
 シンジ『やめてよッ!』
  .レイ「!」

張り裂けたようなシンジの声

 シンジ『わかんないのか! アスカが、アスカが乗ってるんだよ! もうやめてよ…!』
  .レイ「……、」
 シンジ『助けなきゃ…、アスカを、…レイ、約束したろ、アスカは僕たちで助ける、って』

悲痛に見開かれるレイの両目

 シンジ『こんなの…こんなの駄目だ、助けな、きゃ…見殺しになんて、できない…よ』
735 : 6/6[sage つづく] 投稿日:2014/10/01(水) 20:53:44.09 ID:???.net
  .レイ「…わかってる、…でも」
   碇『レイ。なぜ止める。攻撃続行だ。目標を殲滅しろ!』
  .レイ「!」

歯を食いしばるレイ
自由の利かない機体を這うように前に押し出し、強引に狙撃を再開する零号機
容赦なく3号機を撃つ

 シンジ『レイッ…!』
  .レイ「…わかってる。…でも、私も」

血の滲むような眼差でスコープの向こうの両機を見つめるレイ

  .レイ「…私も、お兄ちゃんを見殺しにはできない、…だから!」
 シンジ『…レイ、…』

連撃に晒された3号機が、突然、硬直したように動きを止める
拘束が緩む
わずかに自由を取り戻す初号機
頸部の侵食速度が鈍っている

 シンジ『……アス、カ…?!』
736 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/10/02(木) 10:42:13.59 ID:???.net
test
737名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/10/02(木) 12:53:47.62 ID:???.net
たすけてくれ
738 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 09:33:52.37 ID:???.net
>>737
…? アスカを?かな?
ごめんなさい、基本的に新劇の展開通りになります
もう先は読まない方がいいかもしれません
今まで読んでくださって、レスしてくださって、本当にありがとうございました


とりあえずスレ容量が限界(500KB)近いから、そろそろどっかに移動しないと
次スレ立てようとしたけどスレ立て規制とやらで無理でした
さてまた一人か、どうするかな
739名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/10/03(金) 18:19:58.97 ID:???.net
明日、立てられたら立ててみよう
740 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/10/05(日) 09:22:18.88 ID:???.net
スレ立て規制、当分解けそうにないので
人のいなそうなスレに引っ越します
>>739 お手数おかけしました、もう大丈夫です


次スレ

リリスについて
http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/eva/1408715240/
741 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/10/08(水) 09:04:00.12 ID:???.net
スレ立て代行スレ、この板にあったんだ…
道理で他板で依頼しても受け付けられなかった訳だ、恥ずかしい

それじゃあぼちぼち埋め立てするかー
742 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/10/12(日) 02:13:43.41 ID:???.net
おうよ
743 : 埋め草 1/6[sage] 投稿日:2014/10/14(火) 00:36:15.90 ID:???.net
時間的に>>456>>459の間の話だと思ってください


見慣れない部屋で目覚めるアスカ

 アスカ「……? あれ…あ、そっか。…ミサトん家に泊まったんだっけ」
 アスカ「妹、は…もう起きたんだ」
 アスカ「あー、窮屈だったー。いつものシャンプーもトリートメントも使えないし…
    まさかこの私が、他人の匂いのするベッドで眠るなんて」
 アスカ「…信じらんない」
744 : 2/6[sage] 投稿日:2014/10/14(火) 00:37:10.97 ID:???.net
 .アスカ「…? ああ、いたいた」
  .レイ「あ」
 シンジ「? あっ、アスカ」

 両者「「おはよう」」

 .アスカ「……え、お、おはよ」
  .レイ「ごめんなさい。ベッド、狭くて。ちゃんと、眠れた」
 シンジ「もうすぐ朝ごはんできるからね。そうだ、コーヒー飲んでて」
 .アスカ「あ、うん。…あれ、ミサトは?」
 両者「「まだ、寝てる」」
  .レイ「帰り、夜中過ぎだったみたい」
 シンジ「一度起きたんだけど、頭痛いからって、また寝ちゃって。今日は遅番だし、
     ペンペンと昼まで寝てるつもりなんじゃないかな」
  .レイ「あとで、お粥、持っていってあげる?」
 シンジ「ん。そうだね」
 .アスカ「…あ、そう…」
745 : 3/6[sage] 投稿日:2014/10/14(火) 00:37:58.19 ID:???.net
 シンジ「はい、お待たせ。あの…苦手なもの、あったら言って」
 .アスカ「べっつに、平気よ。
     そこまで気ぃ遣わなくても、あんたのメシは、ユニゾン合宿の
     時にさんざ食べたじゃない。ゆうべの多国籍料理も」
 シンジ「あ…そっか、そうだよね…」
 .アスカ「妹は、相変わらずベジタリアンなんだ。まだ肉、食べれないの?」
  .レイ「うん」
 シンジ「…あ、でも、前ほど少食じゃなくなったんだよ。卵は平気になったし」
  .レイ「うん。…お兄ちゃんが作ったものだから」
 シンジ「そっか…」
  .レイ「うん。おいしい」
 .アスカ「……ふーん。あっそう、良かったわね」
 シンジ「? 何でそこでアスカが怒るんだよ」
 .アスカ「怒ってないわよ別に!」
  .レイ「そうなの?」
 シンジ「え、いや、結構怒ってると思うよ」
  .レイ「そう」
 .アスカ「あーもう、ややこしいからいちいち人の顔見て感心しないの! 失礼でしょ!」
  .レイ「? ごめんなさい」
 シンジ「えっと…と、とにかく、食べてよ」
 .アスカ「だっかっらっ食べてるでしょうが!」
  .レイ「…? 何が、そんなに悔しいの」
 .アスカ「悔しかないわよ! もうっこのズレまくりコンビがっ!」
 両者「あっ、ご、「ごめん」なさい」
 .アスカ「シンクロで謝らない!!」
746 : 4/6[sage] 投稿日:2014/10/14(火) 00:38:46.73 ID:???.net
 アスカ(…ったくもう)
 アスカ(何なのよこの状況、落ち着かないったらありゃしないわ。あーもう、早いとこ
    済ませて、さっさとここ出て…)
 アスカ(出て…?)
 アスカ(…一人に戻る。いつもみたいに)
 アスカ(…なによ)
 アスカ(…なんで、大して気が晴れないのよ)
 アスカ(って、ん…?)
747 : 5/6[sage] 投稿日:2014/10/14(火) 00:39:46.29 ID:???.net
 .アスカ「…きゃあああ! どうしてこんな時間まで起こさないのよ! 今日は2号機の
     損傷度検証テスト、ハチマルちょうどからなのに! のんびり朝飯食べてる
     ヒマなんかないのにぃっ! もう!!」
 シンジ「え?! ごっごめん、知らなくて」
  .レイ「平気。赤木博士も、ゆうべ遅かったと思うから」
 .アスカ「そんなのわかんないでしょうがッ! ったく相変わらずボケボケ兄妹なんだから!
     はい、もういいわ、ごちそうさまッ」
 シンジ「え、アスカ、ちょっと待ってってば」
  .レイ「待って。これ、荷物、リビングに残ってた」
 .アスカ「ありがとっ。じゃ、もう行くから!」
  .レイ「あっ」
 シンジ「それじゃ、えっと」
 両者「い、「行ってらっしゃい」」
 .アスカ「はいはい!」
748 : 6/6[sage 埋め終了、ありがとうございました] 投稿日:2014/10/14(火) 00:41:03.45 ID:???.net
 アスカ(…ああもう、他人のせいで朝からめちゃくちゃじゃない!)
 アスカ(ほんっと、何が『行ってらっしゃい』なんだか。どこまで馴れ馴れしいのよ)
 アスカ(けど…)
 アスカ(…あんな言葉、人に言われたの、初めて)
 アスカ(……)
 アスカ「ま、悪くないってことにしといたげる。想像してたよりは、だけど!」

ちょっとだけ口の端を上げ、朝の道をどんどん駆けていくアスカ
749 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/10/14(火) 00:45:31.08 ID:???.net
なんだかんだで結局このスレ乗っ取って終わりました(終わってない)

元の>>1さん
意地で続けてた双子ネタ読んでくれた人
保守してくれた人
変な展開が始まってからも見てくれてた人
いいねってレスくれた人

皆様がいなければ今のこのスレはありませんでした
心から感謝します
ありがとうございました
750 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/10/15(水) 22:59:46.15 ID:???.net
1000いかないのか
751 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/10/15(水) 23:45:48.58 ID:???.net
なかなか落ちないね…閉会の辞までやったのに…
752 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[age] 投稿日:2014/10/16(木) 09:53:26.25 ID:???.net
リリスへ
753 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/10/18(土) 12:40:17.48 ID:???.net
埋め
754 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/10/18(土) 20:18:08.48 ID:???.net
755 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/10/21(火) 11:16:23.78 ID:???.net
生め
756 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/10/21(火) 11:18:12.86 ID:???.net
産め
757 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2014/10/21(火) 11:42:02.11 ID:???.net
 リツコ「どう、最近。双子との生活は」
 ミサト「うーん…レイが、ちょっちね」
 リツコ「レイが?」
 ミサト「んー。『双子なのに、似てないのは、おかしいんですか』なんて、変に気にしてて。
    あのレイがよ」
 リツコ「それ、問題かしら? そうやって意識するのは、結局、寄り添いたいという気持ちの
    表れでしかないんじゃない。何もないよりは建設的だわ」
 ミサト「ま、そうよね…シンジ君の方は、今まで通り、当たり前に受け入れてるみたいだし」
 リツコ「なら余計、心配ないでしょ」
 ミサト「そうね…今朝も二人で、恒例のサラウンドおはようございますしてくれたし、同じ順番で
    おかず食べてたし、トイレ前でごっつんこしてたし、靴間違えそうになってたし、心配ないわよね」
 リツコ「…あなた、要するに家庭自慢したいだけじゃないの」
758 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[ sage] 投稿日:2015/04/02(木) 09:35:56.98
scからテストー
759 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[ho &lt;sage] 投稿日:2015/04/03(金) 09:51:58.28
ho <hoshu@sc
760 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage ] 投稿日:2015/04/12(日) 10:47:25.87
良スレ保守
761 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage ] 投稿日:2015/04/22(水) 22:45:00.45
hoshu
762 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage ] 投稿日:2015/06/29(月) 09:47:51.72
scだとまだ見れるんだね
763 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage ] 投稿日:2015/07/29(水) 23:48:00.32
まだ書ける?
764 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2015/08/20(木) 21:11:17.76 ID:Etb+kXxrT [1/1回]
書けるかな?
765 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2015/09/23(水) 19:52:08.70 ID:IdViI2in8 [1/1回]
おおーまだある
766 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2015/10/15(木) 09:27:46.21 ID:Lyk/3yBbp [1/1回]
ほしゅ
767 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage ] 投稿日:2015/12/03(木) 13:03:46.27
こっちもほす
768 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2015/12/24(木) 09:55:48.36 ID:DCR61TZFV [1/1回]
503KB
769 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2016/02/08(月) 19:06:53.84 ID:IuHFokjp7 [1/1回]
まだあったんだ
770 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage ] 投稿日:2016/03/25(金) 10:31:39.38
hoshu
771 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2016/04/30(土) 10:24:54.94 ID:5tFhzm+HH [1/1回]
ほす
772 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2016/05/14(土) 23:30:27.53 ID:xVx00M8+/ [1/1回]
hoshu
773 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2016/06/20(月) 20:12:34.20 ID:lvHXf7gKL [1/1回]
hs
774 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2016/07/25(月) 20:11:06.55 ID:SdTjLnhUE [1/1回]
こっちも保守
775 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2016/09/04(日) 19:55:17.77 ID:OAc9iGGc3 [1/1回]
保守
776 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2016/09/26(月) 19:45:23.31 ID:ERix0U2el [1/1回]
保守っとこう
777 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2016/11/19(土) 09:47:33.91 ID:FAP6yAat6 [1/1回]
778 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2016/12/21(水) 21:28:18.75 ID:68Lyos8fy [1/1回]
test
779 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2017/01/27(金) 21:00:12.74 ID:aF+y7WsU/ [1/1回]
2017年!!
780 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2017/02/26(日) 08:55:18.62 ID:EKjM9zaj0 [1/1回]
ひっそりと780
781 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2017/04/23(日) 19:18:28.44 ID:eSxKYy1Z9 [1/1回]
ho
782 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2017/04/29(土) 09:30:54.45 ID:7oTY1iWGS [1/1回]
ほしゅ
783 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[] 投稿日:2017/05/04(木) 21:36:17.88 ID:YVZUHFctJ [1/1回]
つづいてくれー
784 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2017/06/28(水) 21:14:45.63 ID:wi0ZbhpnZ [1/1回]
ほっしゅ
785 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2017/07/08(土) 18:49:54.95 ID:diIh+g0Rz [1/1回]
ほっしゅ
786 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2017/07/19(水) 22:15:51.57 ID:6bWyg8iPa [1/1回]
ほっs
787 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2017/08/23(水) 23:46:40.23 ID:0Atr3SyRF [1/1回]
788 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2017/09/12(火) 21:23:48.88 ID:19tyr44ui [1/1回]
788
789 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2017/09/27(水) 01:15:30.43 ID:5PON3L3wI [1/1回]
hoshu
790 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2017/10/02(月) 19:36:53.75 ID:8ag+rxoJL [1/1回]
October
791 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2017/11/09(木) 00:13:52.27 ID:R4119BLmn [1/1回]
11
792 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage sage] 投稿日:2017/11/17(金) 23:37:40.67
hoshu
793 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage sage] 投稿日:2017/11/27(月) 20:58:53.53
保守
794 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[asage] 投稿日:2017/12/17(日) 19:22:35.44
こっちも保守
795 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2018/03/01(木) 21:23:47.76 ID:00E33Z9GZ [1/1回]
保守しとく
796 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2018/03/24(土) 18:13:29.56 ID:zGes7uebz [1/1回]
保守っと
797 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2018/05/06(日) 20:33:58.84 ID:q7tAwrQul [1/1回]
hoshutto
798 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2018/06/22(金) 10:34:34.82 ID:CHAgXrz1u [1/1回]
hoshu
799 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2018/08/02(木) 20:37:27.47 ID:gNTquDRNr [1/1回]
保守っとく
800 : 名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:2018/08/27(月) 22:49:18.32 ID:2UJuzIPmq [1/1回]
800


エヴァ板に戻る 全部 最新50 まとめビューα この記事をツイートする

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク