ログ速トップ
1 : のっぺらー ★[ageteoff] 投稿日:2016/01/21(木) 19:30:50.34 ID:CAP_USER.net [1/1回]
日本古来の製鉄技術「たたら製鉄」を唯一継承している「日刀保たたら」の火入れ式が20日、
島根県奥出雲町で行われ、今冬の操業が始まった。

西洋から伝えられた製鉄技術の影響などでいったん途絶えたが、
日本刀の原料となる純度の高い「玉鋼」を得るため、日本美術刀剣保存協会などが昭和52年に復活させた。

この日は、神事の後、燃えさかる炉の中に木炭と砂鉄が投入されると、炉の炎がいっそう高く上がった。
職人らはこの日から3昼夜にわたって砂鉄と木炭を交互に入れ続け、最後に炉を壊して「ケラ」と呼ばれる鉄の塊を取り出す。

1度の操業で砂鉄10トンと木炭12トンが使われ、できる玉鋼はわずか1トン。
2月上旬までにこの作業が計3回行われ、得られた玉鋼は全国の刀匠に配分される。

写真:炉に木炭と砂鉄を投入していく職人ら
http://www.sankei.com/images/news/160120/wst1601200104-p1.jpg

以下ソース:産経west 2016.1.20 20:35
http://www.sankei.com/west/news/160120/wst1601200104-n1.html
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/01/29 00:51:58
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1453372250/l50

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ほのぼのnews+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク