ログ速トップ
1名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/03/22(土) 15:44:09.99 .net
崇神天皇の時代の京丹後 元伊勢外宮 比沼麻奈為神社 祭神:豊受大神の島谷祠掌
雄略天皇の時代の天橋立 元伊勢 籠神社別宮 和貴宮神社 祭神:豊受大神の島谷神主
崇神天皇の時代の京丹後 大宮売神社 祭神:豊受大神の島谷宮司

社家の島谷氏について、知りたいです。

豊受大神とは、=国常立命=神道最高位神で創造主の天之御中主命とも聞きます。
2 : 名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2014/03/22(土) 23:26:59.02 .net
単発質問で、僻地の廃屋神社のスレ立てんな!

籠神社スレで訊けば済む内容だろうが!
3名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/03/25(火) 22:41:19.07 .net
神道解釈では、漢民族(秦民族含む)の盤古神と国常立命で、国常立命は天之御中主神の化身と聞きます。
大宮売女神が合祀される伏見稲荷大社も出雲秦氏(大西氏)の宇迦之御魂の女神が祭神。
島谷氏の神社に共通する神社には、豊受大神が祭神で祀られ、豊は、古代中央氏族の蘇我氏を表すそうです。
これは、聖徳太子の称号を蘇我氏へ与えたことからだそうです。
蘇我氏の紀氏系統氏族には、古代波多氏がいます。
又、出雲大社には、素戔嗚尊を祀る素鵞社(そがのやしろ)と素戔嗚尊の子の宇迦之魂神を祀る、釜社(かまのやしろ)があります。
素鵞社は蘇我の由来なのでしょう。
そして、古代波多氏=出雲秦氏・・
要するに、幕府の命で惟宗島津氏の配下として出島管理をしていた島谷市左衛門と言う、後の小笠原諸島巡検使隊隊長の関係も
惟宗島津氏が出雲秦氏系統な件から、島谷氏が出雲秦氏系統氏族とまでは分かります。
具体的に、元伊勢外宮社家の島谷氏に、そう言った伝承・系譜図があるのかを知りたいですね。
4 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/03/25(火) 22:46:33.65 .net
大宮売神社の島谷宮司の親の神社が、播磨の氏姓発祥地の古式の新羅神社で
新羅大明神(素戔嗚尊)を祀る神社だったそうです。
5 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/03/25(火) 22:59:57.57 .net
そして、この江戸初期の島谷市左衛門が建立した小笠原諸島父島の大神山神社祭神・・
後の江戸時代中期の子孫、島屋市衛門が新田開発で大阪此花区島屋を埋め立て事業をし、建立した産土神社祭神が
天照皇大神なのです。
6 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/03/25(火) 23:09:45.19 .net
>>419の脱字訂正。
>神道解釈では、漢民族(秦民族含む)の盤古神と国常立命で、国常立命は天之御中主神の化身と聞きます。
神道解釈では、漢民族(秦民族含む)の盤古神とは国常立命で、国常立命は、天之御中主神の化身と聞きます。
7 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/03/25(火) 23:19:20.76 .net
籠目の社紋が六芒星なのは、古代の大陸秦民族が中東ルーツの古代ユダヤ人だったとの話もある。
ダビデの星・ソロモンの印、妖精世界との入口とも言われる。
8 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/03(木) 22:44:28.85 .net
古川淸治委員長講演
http://www1.kcn.ne.jp/~kawamura/ipro/90a3/90a329.html
惟 神 の 大 道 (かむながらのおおみち)            十一月・秋季大祭  一月号・269号

 惟神の大道(四魂具足の道)は、顕幽一貫けんゆういっかん(現界から、霊界に貫かれて不動の人生)の道であります。
初めに伊邪那岐命が、原人として魂を与えた島族(日本の第一先住民族)を産み、次に須佐之男命とその代々の御子神たち七代が、この一魂の島族を二魂の先住民族として同化された。
次にこの第二先住民族を、さらに大国主命系十代の神々により、三魂の第三先住民族へと同化されて、天孫降臨となります。
国譲りを経て、四魂を具えた邇々芸命系の神(氏之祖ノ神)が四魂の大和民族に同化せられ、我々が受け継いで敬神崇祖を実践し、四魂具足の行にぎょう 努め絶対道徳 (惟神の大道) を践み行く民族になるのです。
心に四魂を満ち充み みたす(常に四魂具足を思う)ことであり、自身に真心を確立するよう努めることです。
9 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/03(木) 22:51:32.25 .net
埼玉苗字辞典
http://homepage1.nifty.com/joichi/2-6si.html
島 シマ 斯摩、志摩、司馬は島と記す。
日本書紀・神功皇后摂政四十六年(応神天皇)条に「斯摩宿祢を卓淳国に遣す」と。
百済の卓淳(とくじゅん)は慶尚北道大邱の古名。
斯摩宿祢の使が百済王の肖古王(百済十三代、在位三四六~三七五年)に献上する。
後漢帝は朝鮮楽浪郡の南に帯方郡置く。
古代氏族系譜集成・坂上氏系図に「後漢帝―石秋王延(封東呉石秋県、至帯方郡)―昕(帯方大守。弟楯は百済上柱国)―昉(帯方大守)―曻(沂州司馬)―阿智使主照(応神天皇二十年投化、居大和国高市郡桧前村)。
鞍作村主等従ひ来る」と。
呉、司馬は百済国の内なり。クレ条参照。
坂上族は東漢直(やまとのあやのあたえ)、或は桧前忌寸(ひのくまのいみき)と総称され、同族百済人蘇我氏に軍事をもって臣従した。アヤ条参照。
扶桑略記・継体天皇六年に「大唐漢人案部村主司馬達止、此の年春二月入朝す」。
大唐(大加羅)の漢人(あやひと)は百済人、案部村主(くらづくりのすぐり)は鞍作の村長なり。
日本書紀・敏達天皇条に「鞍部村主司馬達等、其の女、島・善信尼と云ふ」。
司馬氏は島氏に同じ。
蘇我馬子(司馬宿祢、島大臣)―蝦夷―入鹿(鞍作)あり、蘇我族は島氏にて鞍作部の支配者なり。
扶桑略記・推古天皇元年に「蘇我大臣馬子宿祢、飛鳥の地に於て、法隆寺を建て、島大臣並百余人、皆百済服を著す」と見ゆ。
蘇我氏の本貫地大和国高市郡曽我庄(奈良県橿原市)の曽我川は別名百済川と称す。
当地方は島岡、島田氏等が多い。
東国に於いて、島崎、島田、島根、島野、島村等の百済渡来人島族は武蔵国に多く存す。
島田、島野条参照。出雲国に渡来した島族は伊勢国・志摩国(三重県)へ移住す。
神武天皇東征の頃に伊勢津彦あり。
志摩国は島津国と称し、国造本紀に「島津国造。成務天皇朝、出雲臣の祖・佐比禰足尼の孫出雲笠夜命を国造に定め賜ふ」。
「武刺国造の祖神・伊勢都彦命」と見ゆ。
出雲臣族の武蔵国造の祖先は伊勢地方より島族を率いて武蔵国へ移住す。
足立郡島村(大宮市)は島津郷と称す。
津は人や物の集まる所の意味で島族の集落を島津、島ノと称す。
10 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/03(木) 22:52:02.77 .net
小名島は、埼玉郡道口蛭田村、市野割村、久米原村、百間領須賀村、広田村、杓子木村、足立郡沖之上村、比企郡越畑村、幡羅郡間々田村、葛和田村、西別府村等にあり。
各市町村に存す。
新潟県栃尾市五十戸、見附市三十七戸、福島県相馬郡小高町二十戸、相馬市五十七戸、原町市三十戸、郡山市四十戸、岩手県花巻市三十三戸、青森県西津軽郡深浦町十七戸あり。


島谷 シマタニ 各市町村に存す。島根県松江市十五戸あり。
嶋谷 シマタニ 川口、志木等に存す。
嶌谷 シマタニ 浦和に存す。


島谷 シマヤ 各市町村に存す。長野県埴科郡戸倉町十四戸、青森県上北郡野辺地町十七戸、西津軽郡柏村十戸あり。シマタニ参照。
嶋谷 シマヤ 与野、久喜、越谷、草加等に存す。
島屋 シマヤ 越谷に存す。
11名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/03(木) 22:57:55.10 .net
十握剣から生み出された人間が・・島族
12 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 18:17:07.16 .net
伊邪那岐命の十握剣から生み出された人神が、島族。
秦=新羅=斯盧=斯麻=斯摩=斯摩宿祢=島根県=伊勢志摩の志摩、島族。
武寧王、幼名は斯摩・・
惟神・・惟宗・・島津。
>神功皇后摂政四十六年(応神天皇)条に「斯摩宿祢を卓淳国に遣す」と。
これは、秦族と倭族が、古くに、複雑な渡来との同化を果たして来たから故なのだろう。
斯摩宿祢が百済へ派遣され、そこで、秦族と縁を結び、帰国。
大陸との接点で、後の渡来を招き入れる縁となったのかな・・。
13 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/06(日) 21:27:35.59 .net
>>11訂正。
豊受大神の祖神、火之迦具槌神からみたい・・。
豊受大神=国常立命=天之御中主神は、渡来系島族の島津の祖が秦氏で秦が漢族だから、盤古=で、国常立命と言う観念だな・・
14 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/10(木) 19:41:35.40 .net
伊勢神宮の中臣氏の本姓が伊勢志摩氏で島氏・島族だったのなぁ・・
15 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/10(木) 19:56:43.40 .net
伊勢津彦 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E6%B4%A5%E5%BD%A6
伊勢津彦(いせつひこ)は、『伊勢国風土記』逸文内に記述される国津神で風の神。
元の名を出雲建子(イズモタケコの)命、またの名を櫛玉(クシタマの)命

三韓征伐 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%9F%93%E5%BE%81%E4%BC%90
神功46年以降[編集]神功46年以降は『百済記』が構文されている。
神功46年(246年または366年)3月1日、斯摩宿禰を卓淳國に遣す。
卓淳王の末錦旱岐は、百済の久?(くてい)、弥州流(みつる)、莫古(まくこ)らが日本に朝貢したいと斯摩宿禰に伝えた。
斯摩宿禰は、爾波移(にはや)と卓淳人の過古(わこ)を百済に遣した。百済の肖古王(近肖古王)は喜んだ。
王は財宝を贈り、また蔵をみせて、これらを朝貢したいと爾波移に告げ、のち志摩宿禰らは日本へ帰還した。
翌年4月、百済は日本に朝貢した。
神功皇后49年(249年または369年)3月には、神功皇后将軍荒田別(あらたわけ)及び鹿我別(かがわけ)を卓淳国へ派遣し、
新羅を襲撃しようとするが、兵の増強が進言され、百済の将軍木羅斤資と沙沙奴跪(ささなこ)と沙白(さはく)・蓋盧(かふろ)らに合流を命じて、新羅を破った。
比自[火+保](ひじほ)、南加羅、喙国(とくのくに)、安羅(あら)、多羅(たら)、卓淳、加羅の七カ国を平定した。
さら西方に軍を進めて、比利(ひり)、辟中(へちゅう)、布弥支(ほむき)、半古(はんこ)の四つの邑は抵抗もなく降伏した。
神功51年(251年または371年)3月、百済は久?を派遣し、日本に朝貢した。
神功52年(252年または372年)9月10日、百済王は、百済と倭国の同盟(済倭同盟)を記念して神功皇后へ七子鏡と七枝刀を献上した。
なお、七支刀に彫られた「泰和四年」は369年ともいわれ、この場合、百済が朝貢していた東晋の年号太和4年とされる。

国造 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%80%A0%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
伊勢国造 いせ 天日鷲命(神武天皇期) 伊勢氏(直)
志摩国 島津国造 しまづ 出雲笠夜命(成務天皇期) 島氏(直)
16 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/10(木) 19:58:13.59 .net
要するに、藤原氏秦氏説の実態だな。
17 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/10(木) 21:40:29.67 .net
そして、中臣の祖が、天之御中主神だからね。
豊受大神=国常立命=天之御中主神な訳だ。
中臣島族は、藤原麻生氏と似てる家系だな。
18 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/13(日) 12:44:30.79 .net
弓月君 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%93%E6%9C%88%E5%90%9B
徐福と弓月の君 ひもろぎ逍遥
lunabura.exblog.jp/i211/
徐福 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%90%E7%A6%8F
要するに、始皇帝徐福が渡来したのが今の九州で
後に、秦王族の弓月君が渡来したのが京都の太秦・・
太秦 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E7%A7%A6
百済経由の弓月君の秦王家が出雲族の志摩族との縁で渡来し
出雲族となり、後の、伊勢志摩の伊勢中臣氏一族の斯摩氏系譜は
伊勢氏中臣氏にば列していないが、志摩国造家の島族内の総領氏が惟宗島津氏となり
これが、鎌足が名乗り始めの藤原の名の謂れなのでしょうね。

※斯摩氏自体は、伊勢津彦の子孫で、惟宗島津氏が斯摩氏の志摩国造家に入った形なのでしょう。

九州の徐福秦氏の島津氏に従い、島族となり島津を名乗ったのでしょう。
元寇の際、九州薩摩の島津の国に大規模遠征したのが惟宗島津の弓月の君王族の関係。
19 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/13(日) 13:03:07.50 .net
秦氏 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A6%E6%B0%8F
惟宗氏 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%9F%E5%AE%97%E6%B0%8F
20 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/13(日) 13:10:28.57 .net
訂正。
九州の徐福秦氏も島津氏に従い、島族となり島津を名乗ったのでしょう。
21 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/13(日) 13:28:21.63 .net
大陸の秦朝はは、たった20年三代で滅んだ訳で、徐福を頼って、日本へと避難を試みたのでしょう。
22 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/20(日) 21:13:30.90 ID:zixbSKFZ2 [1/4回]
伊勢津彦 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E6%B4%A5%E5%BD%A6
逸文内一説の記述によれば、出雲の神(大国主命)の子である出雲建子命の別名が「伊勢津彦」であり、
またの名を「櫛玉命」というと記しており、「伊勢」の由来についても、国号由来とは異なる記述が成されている。
それによれば、命は伊賀国穴石神社(現三重県阿山郡)に石をもって城(キ)を造っていたが、
阿倍志彦(アヘシヒコ)の神(『延喜式神名帳』内の伊賀国阿倍郡の敢国神=アヘノクニツカミと見られる)が城を奪いに来るも、
勝てずして帰ったため、それに(石城=イシキ、またはイワキの音が訛って)由来して「伊勢」という名が生まれたと記す。
23 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/20(日) 21:14:08.23 ID:zixbSKFZ2 [2/4回]
豊受大神とは、素戔嗚尊・・
素戔嗚尊が若狭彦、あるいは少彦名や住吉大神と名を変えて各地の神社に祭られて居る。
祭神:豊受大神について、亦の名、天之御中主、国常立、その顕現の神を倉稲魂と申すとあって、これらの神名中特に倉稲魂というのは、素戔嗚尊が出雲で得た尊称櫛御気野尊は櫛玉命=日子穂穂手見命=火遠理命=山幸彦・・カムヤマトイワレヒコ=神武天皇だとされている。
1.2 先代ヒコホホデミの正体
http://kenkokusi.web.fc2.com/tamayori/1.2.html
ヒコホホデミ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%B3%E3%83%9B%E3%83%9B%E3%83%87%E3%83%9F
ホオリ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%83%AA
天火明命:玄松子の祭神記
http://www.genbu.net/saijin/hoakari.htm
海幸彦 と 山幸彦
http://homepage2.nifty.com/LUCKY-DRAGON/kodai-3-9-02-Umisati-Yamasati.htm

櫛玉命=饒速日尊=天火明命=彦火明命が大己貴(大国主)
※『先代旧事本紀』
ニギハヤヒ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%AE%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%92
24 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/20(日) 21:16:38.86 ID:zixbSKFZ2 [3/4回]
櫛玉命で同一の神なので
豊受大神は、国津神と天津神共通の祖霊として天照大神と合祀している様ですね。
天照大神と素戔嗚尊を祭る、伊勢志摩の元伊勢・伊勢神宮。

出雲氏=伊勢氏→斯摩・志摩・嶋で島族→中臣氏→藤原氏→藤姓
25 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/20(日) 21:19:29.40 ID:zixbSKFZ2 [4/4回]
元伊勢 籠神社外宮 真名井神社の度会氏の祖は、国譲りでの神武天皇の子。
伊勢国造 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E5%9B%BD%E9%80%A0
祖先
天日別命または天日鷲命(両者には同神説と別神説がある)。
前者は天御中主尊の12世孫、後者は神皇産霊尊の5世または7世孫という。
神武天皇東征の際、伊勢津彦を追って伊勢国を平定し、
その娘の弥豆佐々良比売命を娶って彦国見賀岐建与束命(伊勢神宮外宮摂社・度会国御神社の祭神)を生ませたという。

元伊勢・伊勢神宮は、国津神の出雲族大国主末代の島族・中臣氏世襲官職と解釈すると・・
度会氏は、男系神武天皇で、天照側の氏族なので、真名井神社官職を辞退したのでは無いかと解釈出来る。
男系で伊勢津彦=出雲津子・・斯摩宿祢は、島族と中臣氏・・
26 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/20(日) 00:52:48.29 .net
豊受大神とは、素戔嗚尊・・
素戔嗚尊が若狭彦、あるいは少彦名や住吉大神と名を変えて各地の神社に祭られて居る。
祭神:豊受大神について、亦の名、天之御中主、国常立、その顕現の神を倉稲魂と申すとあって、これらの神名中特に倉稲魂というのは、素戔嗚尊が出雲で得た尊称櫛御気野尊は櫛玉命=日子穂穂手見命=火遠理命=山幸彦・・カムヤマトイワレヒコ=神武天皇だとされている。
1.2 先代ヒコホホデミの正体
http://kenkokusi.web.fc2.com/tamayori/1.2.html
ヒコホホデミ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%B3%E3%83%9B%E3%83%9B%E3%83%87%E3%83%9F
ホオリ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%83%AA
天火明命:玄松子の祭神記
http://www.genbu.net/saijin/hoakari.htm
海幸彦 と 山幸彦
http://homepage2.nifty.com/LUCKY-DRAGON/kodai-3-9-02-Umisati-Yamasati.htm

櫛玉命=饒速日尊=天火明命=彦火明命が大己貴(大国主)
※『先代旧事本紀』
ニギハヤヒ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%AE%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%92
27 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/20(日) 01:06:54.71 .net
櫛玉命で同一の神なので
豊受大神は、国津神と天津神共通の祖霊として天照大神と合祀している様ですね。
天照大神と素戔嗚尊を祭る、伊勢志摩の元伊勢・伊勢神宮。
28 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/20(日) 01:15:29.59 .net
豊受大神=素戔嗚尊は、伊勢=神武天皇であり・斯摩宿祢の逸話でもあり、島族の祖でもあると・・
29 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/20(日) 02:53:15.55 .net
出雲氏=伊勢氏→斯摩・志摩・嶋で島族→中臣氏→藤原氏→藤姓
30 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/20(日) 03:50:10.30 .net
元伊勢 籠神社外宮 真名井神社の度会氏の祖は、国譲りでの神武天皇の子。
伊勢国造 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E5%9B%BD%E9%80%A0
祖先
天日別命または天日鷲命(両者には同神説と別神説がある)。
前者は天御中主尊の12世孫、後者は神皇産霊尊の5世または7世孫という。
神武天皇東征の際、伊勢津彦を追って伊勢国を平定し、
その娘の弥豆佐々良比売命を娶って彦国見賀岐建与束命(伊勢神宮外宮摂社・度会国御神社の祭神)を生ませたという。
31 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/20(日) 04:13:28.04 .net
元伊勢・伊勢神宮は、国津神の出雲族大国主末代の島族・中臣氏世襲官職と解釈すると・・
度会氏は、男系神武天皇で、天照側の氏族なので、真名井神社官職を辞退したのでは無いかと解釈出来る。
32 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/25(金) 09:52:08.90 .net
古事記の千熊→筑摩・・筑柴・・筑波・・斯波・・司馬←百済渡来蘇我氏系表現
日本書紀の斯摩→志摩・・島←大国主命系譜出雲系表現
古事記の千熊は、邪馬台国史観
日本書紀の斯摩は、伊勢・志摩国造家の島氏・伊勢中臣氏史観
どちらも、神名、櫛玉命=出雲津子=伊勢津彦の末代の将軍由来のしま・しば

埼玉苗字辞典
http://homepage1.nifty.com/joichi/2-6si.html
島 シマ 斯摩、志摩、司馬は島と記す。

紀の国の古代史 紀の国の氏族の活躍 historykofun
http://kamnavi.jp/kinokuni/historykisi.htm
紀氏の蘇我氏は、出雲大社の素戔嗚尊を祀る素鵞社(そがのやしろ)からの姓。
紀氏の波多氏も、出雲大社の素戔嗚尊の子の宇迦之魂神を祀る釜社(かまのやしろ)で共通氏族。
社家の姓氏-野々部氏-斯波氏
http://www.harimaya.com/o_kamon1/syake/middle/s_ow_oku.html
日本の苗字7000傑 姓氏類別大観 安倍氏/那須国造/膳氏/佐々貴山氏【1】
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/01/012/01208.htm
孝元天皇-大彦命-健沼河別命-大屋田子命-田道命-筑柴氏-日下部氏
筑波国造 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%91%E6%B3%A2%E5%9B%BD%E9%80%A0
筑摩神社 (米原市) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%91%E6%91%A9%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E7%B1%B3%E5%8E%9F%E5%B8%82)
七支刀 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E6%94%AF%E5%88%80
三韓征伐
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%9F%93%E5%BE%81%E4%BC%90
【よろパラ ~文学歴史の10~ 日本史用語の基礎知識『紀氏』】
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yoropara/tishiki/ks00506.htm
孝元天皇-彦太忍信命-屋主忍男武雄心命-武内宿禰-紀角宿禰-千熊長彦
33 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/25(金) 09:52:45.37 .net
神武東征国譲りと対抗した土着は、出雲を長とした毛人や蝦夷の連合軍だったのだろうね。
だから、出雲の敗走先が関東圏
出雲津子家族は、捕らわれ、近畿で融和の象徴にされ、代々、元伊勢・伊勢神宮神官にされて来た。
34名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/25(金) 23:12:26.69 .net
周代に半島と出雲を所領していた秦族の司馬氏族で
周代に司馬氏が半島・出雲地域までを西晋国とし建国した。
秦の始皇帝の命で秦族の徐福氏が渡来して築いた国が邪馬台国建国。
神武東征で、大和国樹立。
応神代に始皇帝七世の弓月君が救助を求めて渡来。
太秦国建国。

晋 (春秋) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%8B_(%E6%98%A5%E7%A7%8B)
西晋 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%99%8B           ←司馬懿
司馬懿の衣服が日の丸・・
晋 (王朝) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%8B_(%E7%8E%8B%E6%9C%9D)

とっすると、こんな感じでは・・

追記。

司馬懿と司馬遷の関係を教えて下さい。 ちなみに、三国志に興味はありません。 - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1064166075
司馬懿は河内司馬氏の出自で、その先祖は秦王朝末期の諸侯、殷王・司馬昂と言われています。一方の司馬遷の直系祖先は秦の名将、司馬錯だと言われています。
35 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/25(金) 23:27:50.28 .net
>>34訂正。
周代×
晋代に半島と出雲を所領していた秦族の司馬氏族で
晋代に司馬氏が半島・出雲地域までを西晋国とし建国した。○
36名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/04/30(水) 23:05:00.01 .net
伊勢津彦と建御名方命との関係
http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/keijiban/isetuhiko1.htm

倭史人物推定系譜私案
http://homepage3.nifty.com/kiya/sehachi/keifu/keizu00.htm
伊勢津彦
■「出雲国造いずものくにつくり・千家せんげ・北島きたじま、武蔵国造」推定系図
志摩氏=志麻氏

■「阿波忌部・安房忌部・度会・斎部」推定系図
━神魂━角己利━五十狭布魂━天底立━天背男━櫛明玉[玉祖宿禰祖][出雲国玉作の祖]・・
・・━天日鷲翔矢━・・━志麻名布━

■「物部・石上・和田・建内・蘇我」・「阿部氏」推定系図
饒速日━宇麻志麻治━・・━国志麻━・・
37名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/01(木) 18:20:17.74 .net
>>36
饒速日━宇麻志麻治 可美真手[磯城1神武]━・・
神武天皇家の氏姓判明です。
宇佐氏・島氏の祖です。
宇佐島氏と言う姓が神武天皇家の姓です。
38 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/01(木) 18:34:11.86 .net
宇麻氏
39 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/07(水) 00:53:51.86 .net
>>36の訂正。
国造 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%80%A0%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
伊勢国造 いせ 天日鷲命(神武天皇期) 伊勢氏(直)
志摩国 島津国造 しまづ 出雲笠夜命(成務天皇期) 島氏(直)

神々の系譜と海神族の初期分岐過程
http://wwr2.ucom.http://homepage3.nifty.com/kiya/sehachi/keifu/keizu00.htmne.jp/hetoyc15/kodaisi/shintoufu/shintoufu1.htm
天孫族の神統譜は、わが国での始祖神・五十猛神の子、「高魂神(高皇産霊尊、高木神、五十狭布魂命)-天照大神(天照御霊大神、生国魂神、活玉命、生島足島神)」と続くが、
海神族の先祖の歴代系譜は不明であり、八島士奴美命や大歳神がその祖神と考えられるものの、大己貴神との関係も不明である。
A安房忌部の系図「斎部宿祢本系帳」(安房洲宮祠官小野氏所蔵)では、「神魂命─⑤角凝魂命─④伊佐布魂命─③天底立命─②天背男命─①天日鷲命」と続くが、
B備前国津高郡の田使首の系図(『百家系図』47所収の「難波系図」)では、「④高魂命─③伊久魂命─②天押立命─①陶津耳命」と対応しており、
C「⑤角凝魂命─④伊狭布魂命─③□□─②天湯川田命─①少彦根命」と三島県主の祖系では記される。

イサフタマ【天伊佐布魂命】
http://gejirin.com/src/I/isafutama.html
神皇産霊尊-角凝魂命 ─伊佐布魂命─天底立命-天背男命-天日鷲翔矢命 という系図がある。

■「阿波忌部・安房忌部・度会・斎部」推定系図
http://homepage3.nifty.com/kiya/sehachi/keifu/keizu00.htm
・・━天日鷲翔矢━大麻比古━由布津主━訶多々主━伊那左可雄━沙喜久和別━天由良和気━比比多━止美々大人━伊波毘古━志麻名布・・(伊勢志摩国造家?)━武良比(武蔵国造家?)

http://homepage3.nifty.com/kiya/sehachi/keifu/keizu00.htm
※神皇産霊尊
カミムスビ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%93
大国主が兄神らによって殺されたとき、大国主の母が神産巣日神に願い出、神皇産霊尊に遣わされた蚶貝姫と蛤貝姫の治療によって大己貴命は蘇生する。
イエスキリストの死と蘇生の話そのものでは・・
40 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/07(水) 01:24:28.83 .net
①阿波忌部氏のルーツ(鴨県氏、葛城氏)※度会氏の天日別[伊勢朝臣]系譜説在り
伊勢志摩国造家の島氏島族。
②物部氏・穂積氏のルーツ
元伊勢外宮 比沼麻奈為神社 島谷祠掌・元伊勢 籠神社別宮 和貴宮神社 島谷神主
大宮売神社 島谷宮司の島族。
※天太玉命は天日鷲あめのひわし命、手置帆負たおきほおい命、彦狭知ひこさち命、櫛明玉くしあかるたま命、天目一箇あめのまひとつ命をひきいた。
天日鷲命は阿波国忌部等の祖。手置帆負命は讃岐国忌部の祖。

天津彦根命=天若日子命。その子神が、天目一箇命=天御影命で天日鷲命と天鈿女命は、兄弟の神。北伊勢大神(多度神)
41 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/07(水) 01:26:22.57 .net
>>37は×
42名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/07(水) 01:58:21.28 .net
天照大神=活魂命━天津彦根命=天若日子命━天目一箇命=天御影命━饒速日━宇麻志麻治━味饒田━神日子━麻佐良━久尼牟古━大由支━大阿斗足尼━稲比━大乙世━国志麻━夫都底━大刀見・・
島族は、天津彦根命=天若日子命が妻、大国主命の娘の女系で出雲族のようだ。
43名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/07(水) 08:08:09.34 .net
>>3の事を調べた結果。
どうも、②物部氏・穂積氏のルーツとは、応神代で氏姓のつながりが観えるが
末代には、島谷氏は居ないようで、やはり
①阿波忌部氏のルーツ(鴨県氏、葛城氏)※度会氏の天日別[伊勢朝臣]系譜説在り
伊勢志摩国造家の島氏島族ルーツの縁で
元伊勢外宮 比沼麻奈為神社 島谷祠掌・元伊勢 籠神社別宮 和貴宮神社 島谷神主
大宮売神社 島谷宮司の島族のようだ。
44 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/07(水) 08:09:59.72 .net
>>43のアンカー訂正。
>>40の事を調べた結果。
どうも、②物部氏・穂積氏のルーツとは、応神代で氏姓のつながりが観えるが
末代には、島谷氏は居ないようで、やはり
①阿波忌部氏のルーツ(鴨県氏、葛城氏)※度会氏の天日別[伊勢朝臣]系譜説在り
伊勢志摩国造家の島氏島族ルーツの縁で
元伊勢外宮 比沼麻奈為神社 島谷祠掌・元伊勢 籠神社別宮 和貴宮神社 島谷神主
大宮売神社 島谷宮司の島族のようだ。
45 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/07(水) 11:45:17.35 .net
出雲健子とは、・・天照大神-天若日子命=天津彦根命-・・神皇産霊神・・天日鷲翔矢=少彦名神-大麻比古-由布津主=阿八別彦-・・忌部系譜の
天若日子命=天津彦根命~由布津主=阿八別彦の間の人物。
島谷氏の渡海の航海術の基礎が天日鷲翔矢=少彦名神に由来と観る。

参考サイト
スクナビコナ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%93%E3%82%B3%E3%83%8A
鳥トーテムをもつ秦王室とその族裔たち
http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/kodaisi/torifune/torifune1.htm

※大国主神=オホナムチ(大己貴)大神=大蛇・・天若日子命=天津彦根命=龍

■「大国主」王統譜
http://homepage3.nifty.com/kiya/sehachi/keifu/keizu00.htm
※補[推定系図私案ver.0.2]2003.08.15,2000.07.01参照。

国魂 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9B%BD%E9%AD%82%E7%A5%9E
46 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/07(水) 11:49:58.12 .net
島族は、天日鷲翔矢=少彦名神=昔話の一寸法師の末代。
47 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 01:23:42.95 .net
まとめ
埼玉苗字辞典
http://homepage1.nifty.com/joichi/2-6si.html
島 シマ 斯摩、志摩、司馬は島と記す。の章

国造
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%80%A0%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
伊勢国造 いせ 天日鷲命(神武天皇期) 伊勢氏(直)
志摩国 島津国造 しまづ 出雲笠夜命(成務天皇期) 島氏(直)

■「阿波忌部・安房忌部・度会・斎部」推定系図
■「出雲国造いずものくにつくり・千家せんげ・北島きたじま、武蔵国造」推定系図
http://homepage3.nifty.com/kiya/sehachi/keifu/keizu00.htm

神々の系譜と海神族の初期分岐過程
http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/kodaisi/shintoufu/shintoufu1.htm
48名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 06:33:44.96 .net
記紀研究家の話では、斯摩宿禰・千熊長彦・武内宿禰・気長宿禰がそれである。そして気長足姫と葛城襲津彦を生んだ。
※すべての大王の王子が、その母の地たる本居また養育された氏族の名をもって諱としたことを想えばいい。曽我馬子もまた曽我大臣でなく嶋大臣と呼ばれたのである。
武内宿禰は、その本居をもって、気長宿禰とも名告ったのだと思う。その元名こそ内宿禰であった。武はむろん武威をいう美称である。
・・
武内宿禰=斯摩宿祢、後の葛城襲津彦も武内もしくは斯摩襲津彦。
蘇我馬子=斯摩宿祢=千熊長彦

第一章 斯麻宿禰β
http://www9.plala.or.jp/juraku/soki1_6.html
49名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 06:42:19.51 .net
>>48で紹介のトップページから・・
おもしろそう紀
http://www9.plala.or.jp/juraku/index.html#c1

第一章 斯麻宿禰
50 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 06:52:52.90 .net
>>49
>>48の話は・・
要するに、神武代よりの欠史八代の後継皇統氏族が治めてきた中央氏族を渡来とした渡来説だと、
裏づけがこんな感じだろうね。
51 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 07:05:24.29 .net
渡来の神武代以降の欠史八代の皇統の斯摩族は、大彦命筋の武内宿禰以降が殆ど、武内宿禰=斯摩宿祢系譜となるようだ。
この渡来は百済渡来出雲族となる。
千家氏も含まれるのかは不明だけど・・
阿波忌部氏系譜の志麻氏の伊勢志摩国造の島直氏の島族とは、別と認識した方が良いかも・・
52名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 07:09:08.69 .net
渡来の斯摩族が司馬皇帝の司馬氏け姓で斯摩を名乗ってそう・・
53 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 07:09:48.60 .net
>>52もとい
渡来の斯摩族が司馬皇帝の司馬氏け姓で斯摩を名乗ってそう・・
54 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 07:11:05.57 .net
>>52>>53もとい

渡来の斯摩族が司馬皇帝の司馬氏姓で斯摩を名乗ってそう・・
55名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/13(火) 03:59:46.54 .net
江戸初期の小笠原探検士隊隊長の島谷市左衛門が元伊勢の社家氏族で
ルーツが伊勢志摩国造家の島氏島族の長筋。
伊勢氏は出雲健子=伊勢津彦で、大国主命の末娘と婚姻した天若日子命=天津彦根命で
その子が、天日鷲翔矢=少彦名神、大国主命と共に国中を旅して国造して行った少彦名神=一寸法師

埼玉苗字辞典
http://homepage1.nifty.com/joichi/2-6si.html
島 シマ 斯摩、志摩、司馬は島と記す。
島谷 シマタニ 各市町村に存す。島根県松江市十五戸あり。
嶋谷 シマタニ 川口、志木等に存す。
嶌谷 シマタニ 浦和に存す。
島谷 シマヤ 各市町村に存す。長野県埴科郡戸倉町十四戸、青森県上北郡野辺地町十七戸、西津軽郡柏村十戸あり。シマタニ参照。
嶋谷 シマヤ 与野、久喜、越谷、草加等に存す。
島屋 シマヤ 越谷に存す。
国造 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%80%A0%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
伊勢国造 いせ 天日鷲命(神武天皇期) 伊勢氏(直)
志摩国 島津国造 しまづ 出雲笠夜命(成務天皇期) 島氏(直)

元伊勢外宮 比沼麻奈為神社 祠掌社家について
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1395470649/
崇神天皇の時代の京丹後 元伊勢外宮 比沼麻奈為神社 祭神:豊受大神の島谷祠掌
雄略天皇の時代の天橋立 元伊勢 籠神社別宮 和貴宮神社 祭神:豊受大神の島谷神主
崇神天皇の時代の京丹後 大宮売神社 祭神:豊受大神の島谷宮司
古樹紀之房間で検索。
古樹紀之房間トップ→日本古代史一般→神々の系譜と海神族の初期分岐過程最下段の海神族一族諸氏の分岐過程と言う系譜図
・天照大神-天若日子命=天津彦根命-天日鷲翔矢=少彦名神・・
■「阿波忌部・安房忌部・度会・斎部」推定系図
http://homepage3.nifty.com/kiya/sehachi/keifu/keizu00.htm
神皇産霊神・・天日鷲翔矢-大麻比古-由布津主-訶多々主-伊那左可雄-沙喜久和別-天由良和気-比比多-止美々大人-伊波毘古(≠伊波礼毘古?)-志麻名布・・(伊勢志摩国造家?)-武良比(武蔵国造家?)
※北海道巡検士隊の最上徳内も島谷氏出身で高宮氏養子に行き、再び島谷氏宗家の島屋へ戻り、本多塾講師から最上徳内の名を拝領し、北海道へ旅立つ・・
56名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/14(水) 01:13:24.23 .net
>>1
奥大野(京丹後市大宮町)
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/ktngc/okuoono.html
若宮神社 島谷社掌も追加。
57 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/14(水) 01:14:57.05 .net
>>56追記。
祭神 宇賀能売命
58 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/15(木) 05:41:44.70 .net
忌部氏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%8C%E9%83%A8%E6%B0%8F
59 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/16(金) 18:55:33.58 .net
心木神社・祭神 大月姫命(倉稲魂命)
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/ktngc/akeda.html
大屋神社・祭神 木花咲耶姫命・素戔嗚命
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/ktngc/morimoto.html
高森(こもり)神社・祭神 億計命・弘計命
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/ktngc/nobutosi.html
皇大神社・祭神 天照大日霊女命・大宮比売命
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/ktngc/koobe.html
三社神社・祭神 迦具土命・興津彦命・興津姫命
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/ktngc/ikaga.html
三坂神社と干塩稲荷神社
三坂神社・祭神 伊邪那美命
干塩稲荷神社・祭神 倉稲魂命
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/ktngc/misaka.html
若宮神社・祭神 宇賀能売命
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/ktngc/okuoono.html
大野神社・祭神 保食神・大荒田別神・熊野十二神・野槌神
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/ktngc/kutioono.html
神職 島谷旻夫(兼)(周枳大宮売神社神職)←上記の神社を全て、兼任しているようだ。
>>1        ↑
崇神天皇の時代の京丹後 大宮売神社 祭神:豊受大神の島谷宮司
60 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/17(土) 21:05:11.99 .net
崇神天皇の時代の京丹後 元伊勢外宮 比沼麻奈為神社 祭神:豊受大神の島谷祠掌

元伊勢外宮 比沼麻奈為神社 祠掌社家について
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1395470649/

崇神天皇の時代の京丹後 元伊勢外宮 比沼麻奈為神社 祭神:豊受大神の島谷祠掌
雄略天皇の時代の天橋立 元伊勢 籠神社別宮 和貴宮神社 祭神:豊受大神の島谷神主
崇神天皇の時代の京丹後 大宮売神社 祭神:豊受大神の島谷宮司

それぞれ同じ島谷氏だが、別々の家柄の島族です。
61 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/19(月) 18:38:18.04 .net
元伊勢外宮 比沼麻奈為神社 祠掌社家について
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1395470649/
62 : 名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2014/05/22(木) 11:42:08.20 .net
宗教、歴史、政治経済、皇室問題まであらゆる情報の宝庫!

「中杉弘のブログ」

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

「中杉弘の徒然日記」

http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi
63 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/27(火) 19:56:58.41 .net
>>55
あわわ・・残念
伊勢国造家の伊勢直氏の系譜と同じだと思ってたら・・

志摩国造家の島直氏は、千家と同じ、天穂日命の後裔でした・・

10.嶋津國造 (三重県志摩半島)
出雲笠夜命 【天穂日命の後裔・出雲臣の祖・佐比祢足尼(天夷鳥命十世孫)の孫。鹽手
命の子】

先代旧事本紀 国造:玄松子の祭神記
http://www.genbu.net/saijin/kuninomiyatuko.htm?print=on
64 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/27(火) 20:23:52.06 .net
天照長子、天忍穂耳命系譜が・・初代神武天皇から続く天皇家と皇統氏族
天照次男、出雲に就いた天穂日命が・・出雲大社の千家氏・出雲健子=伊勢津彦系氏族で、志摩国造家の島氏(島族長、京丹後の元伊勢・大宮売神社の島谷氏)
天照末っ子、大国主命の末娘と婚姻した天若日子命=龍神・天津彦根神の子神が少彦名命=天日鷲命系氏族で、伊勢国造家の伊勢氏・伊勢・鹿島・香取神宮・中臣氏
忌部氏系譜は、出雲族分派を記しているようですね。

■「阿波忌部・安房忌部・度会・斎部」推定系図
http://homepage3.nifty.com/kiya/sehachi/keifu/keizu00.htm
・・━天日鷲翔矢━大麻比古━由布津主━訶多々主━伊那左可雄━沙喜久和別━天由良和気━比比多━止美々大人━伊波毘古━志麻名布・・(志摩国造家?)━武良比(武蔵国造家?)
65 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/05/27(火) 20:36:22.39 .net
天照大神の長子、天忍穂耳命系譜が・・初代神武天皇から続く天皇家と皇統氏族
天照大神の次男、出雲に就いた天穂日命系譜が・・出雲大社の千家氏・出雲健子=伊勢津彦系氏族で、諏訪大社の神氏や志摩国造家の島氏(島族長、京丹後の元伊勢・大宮売神社の島谷氏)
天照大神の末っ子、大国主命の末娘と婚姻した天若日子命=龍神・天津彦根神の子神が少彦名命=天日鷲命系氏族で、伊勢国造家の伊勢氏・伊勢・鹿島・香取神宮・中臣氏
66 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/06/05(木) 20:50:12.61 .net
「ここがふるさと」八上姫物語
http://www.ncn-t.net/ss151123/chiikiokoshi/kawahara/yakamihime.html
出雲氏概略系譜
67名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/06/23(月) 00:05:48.79 .net
元伊勢・伊勢神宮の天照大神は、本来、男神で櫛玉命(にぎにぎしい太陽)の饒速日命=出雲健子=伊勢津彦
伊勢・志摩国造家の島(直)氏の島族が武蔵・千葉に移住して武蔵・千葉国造家と成った。
出雲健子は、千家氏の祖、伊佐我の兄弟で、妻が長髄彦の妹の登美夜須毘売=三炊屋媛、鳥見屋媛。
68 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/06/23(月) 00:13:41.17 .net
>>67訂正。
元伊勢・伊勢神宮の天照大神は、本来、男神で櫛玉命(にぎにぎしい太陽)の饒速日命=出雲健子=伊勢津彦
伊勢・志摩国造家の島(直)氏の島族の祖で、島族が武蔵・千葉に移住して武蔵・千葉国造家と成った。
出雲健子は、千家氏の祖、伊佐我の兄弟で、妻が長髄彦の妹の登美夜須毘売=三炊屋媛、鳥見屋媛。
69 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/06/23(月) 00:30:28.17 .net
ちなみに、長髄彦は、出雲族の事代主命の子、天日方奇日方命の子孫で、天日方奇日方命の妹が、神武天皇の皇后・媛蹈鞴五十鈴媛命。
諏訪の健御名方命が遠縁の叔父。
70 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/08(火) 23:15:28.93 .net
日本の苗字7000傑 姓氏類別大観 出雲氏
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/02/021/02119.htm
【出雲氏】
 天穂日命の後裔、鵜濡渟命に始まる出雲国造家で、子孫は出雲大社を奉斎する。
 室町時代の国造清孝の時に千家家、北島家の二家に分立して宮司を交代で祭祀を司り明治に至る。
 明治以降の宮司は千家家単独となる。
《出雲国造族綱要》
島津国造家の島族の祖、出雲笠夜命は、神門氏の子筋で建部氏と兄弟の氏族なのだな・・
千家氏の鵜濡渟命の兄弟の神門氏の伊賀曽熊命が祖なのか・・
71 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/08(火) 23:23:04.45 .net
饒速日命とは、千家氏・神門氏・物部氏の祖、櫛瓊命=櫛玉命の事だったのかぁ・・
72名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/09(水) 20:31:09.89 .net
日本の苗字7000傑 姓氏類別大観 出雲氏
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/02/021/02119.htm
出雲国造千家系図
http://www.k2.dion.ne.jp/~tokiwa/keifu/keifu-izumo-senge.html
この出雲氏神代系譜を、各氏族の祖と照らすと・・
天穂日命-①武夷鳥命-櫛瓊命=伊佐我命-津狭命-櫛瓱前命-櫛月命-櫛瓱鳥海命-櫛田命-知理命-毛呂須命-阿多命-出雲振根=日本武命-②伊幣根命-③韓日狭命
①②伊幣根命-鵜濡渟命 千家氏・北島氏の祖
②伊幣根命-伊賀曾然命 出雲神門臣・建部氏・斯摩・志摩国造家の島氏の祖
③韓日狭命-野見宿祢←襲髄命の子とも言う・・ 土師氏・菅原氏・大江氏の祖
④宇乃遅命-置部臣/物部氏の祖
①武夷鳥命-櫛玉命=出雲建子命=伊勢津彦命 出雲忌部系島族・角井氏の祖

饒速日とは・・櫛瓊命=伊佐我命の事で、神武勢力に敗走した出雲建子は、兄を頼って、伊勢へ来て
長髄彦の妹、登美夜須毘売=三炊屋媛=鳥見屋媛との間に産まれた、宇麻志麻治命に伯父の長髄彦を征伐させた。
ちなみに、長髄彦は、出雲族の事代主命の子、天日方奇日方命の子孫で、天日方奇日方命の妹が、神武天皇の皇后・媛蹈鞴五十鈴媛命。
諏訪の健御名方命が遠縁の伯父。
※1 島族は、神門氏志摩国造家の島氏を長とした領民縁者の俗称。
※2 斯摩・志摩・島に列し司馬氏は、大陸の晋国の司馬皇帝の一族の帰化の可能性あり。
※3 又、応神天皇の時代に渡来した、秦の始皇帝七世の弓月君の帰化姓、太秦国所領とした、惟宗氏末代、島津氏が志摩領民としての島族として鎌倉時代~戦国・江戸時代まで続く家柄。
※4 斯波氏は、野々部氏の末代で、石橋氏の祖。
73 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/09(水) 20:31:42.09 .net
>>72の続き・・

木屋の資料館3.3饒速日、にぎはやひ
http://homepage3.nifty.com/kiya/sehachi/kiya33.htm
「熱田縁起」、海部氏はこれ尾張氏の別姓なり。
「尾張大国霊神社」(愛知県稲沢市国府宮町大宮)、社家は久田氏(後に野々部氏と称す。)で天背男あめのせお命を祖とする。

海部氏・度会氏は、海神=綿津見大神を祖とする、安曇氏が長。
ワタツミ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%9F

神武勢力の父神、天津日高日子波限建鵜草葺不合命の親神が綿津見大神で、天照大神も、複数形の神々の俗称たる綿津見大神の1神。
ウガヤフキアエズ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%83%A4%E3%83%95%E3%82%AD%E3%82%A2%E3%82%A8%E3%82%BA
74 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/09(水) 20:54:02.29 .net
この尾張氏の久田氏祖は、忌部氏系譜上の神の天背男だとすると・・度会氏と同祖で
火明命=櫛明玉命=櫛玉命=出雲建子命か饒速日命=櫛瓊命=伊佐我命と成る。
75名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/09(水) 22:35:37.36 .net
宮本町(宮津市)
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/miyamoto.html
・・阿部対馬守様御取斗に依って当社の神主となり従六位島谷出雲守・・

神道序列で、天皇家を従一位とすると・・
従二位は、出雲大社の千家氏
従三位は、北島氏
従四位は、神門氏
従五位は、建部氏
従六位が・・島氏の島谷氏なのかな・・
置部氏が従七位で、物部氏は従八位なのかな・・
76 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/10(木) 08:16:53.59 .net
間違いの指摘合ったので、>>75の件は、無しで・・
77 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/15(火) 20:06:57.02 .net
神門氏 とは - コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E7%A5%9E%E9%96%80%E6%B0%8F
豪族神門(かんど)氏が,その配下の人々を日置部・海部・鳥取部・神奴部等に編成して,杵築大神の祭料をととのえさせた。
78 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/15(火) 21:28:23.39 .net
元々の出雲大社の司祭って神門氏で、杵築大神の大社から、西暦716年に大国主命の出雲大社に改め、千家氏の祖先へと譲られたのですね。
79 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/15(火) 21:33:56.87 .net
出雲の司祭 神門氏から出雲氏へ|神さんめぐり
http://ameblo.jp/aramitama/entry-10730508438.html
出雲大社 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E9%9B%B2%E5%A4%A7%E7%A4%BE
80名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/15(火) 22:40:49.36 .net
古川淸治委員長講演
http://www1.kcn.ne.jp/~kawamura/ipro/90a3/90a329.html
惟 神 の 大 道 (かむながらのおおみち)            十一月・秋季大祭  一月号・269号

 惟神の大道(四魂具足の道)は、顕幽一貫けんゆういっかん(現界から、霊界に貫かれて不動の人生)の道であります。
初めに伊邪那岐命が、原人として魂を与えた島族(日本の第一先住民族)を産み、次に須佐之男命とその代々の御子神たち七代が、この一魂の島族を二魂の先住民族として同化された。
次にこの第二先住民族を、さらに大国主命系十代の神々により、三魂の第三先住民族へと同化されて、天孫降臨となります。
国譲りを経て、四魂を具えた邇々芸命系の神(氏之祖ノ神)が四魂の大和民族に同化せられ、我々が受け継いで敬神崇祖を実践し、四魂具足の行にぎょう 努め絶対道徳 (惟神の大道) を践み行く民族になるのです。
心に四魂を満ち充み みたす(常に四魂具足を思う)ことであり、自身に真心を確立するよう努めることです。
81名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/27(日) 18:35:58.28 .net
安曇・海部・尾張・渡会氏が、徐福秦氏=出雲族だそうで、先住の神門氏は、天皇家と出雲族連合との勢力争いに呑まれ・取り込まれ出雲族に組み込まれた・・。
出雲国譲りを正当化の為に出雲族系譜の神門氏という系譜は、デタラメで、正しくは・・
大国主命と多紀理姫命との子神、阿遅須枳高日子命の裔が神門氏、神門の語源は、阿遅須枳高日子命が先祖代々から受け継いで身に着けていた、神度剣由来だそうだ。

※神度剣=大量剣は、十束剣(とつかのつるぎ)は日本神話に登場する剣。「十握剣」「十拳剣」「十掬剣」など様々に表記される伊耶那岐命の天之尾羽張剣(伊都之尾羽張剣)=天羽々斬剣。
大国主の時代では、布都御魂剣と呼ばれた。
石上神宮には、配神を両刃の伊耶那岐命の天羽々斬剣と主祭神として、片刃の布都御魂剣の2刀を祀っている。
建御雷神から神武天皇へ受け継がれた十掬剣が石上神宮主祭神の布都御魂剣で
阿遅須枳高日子命から神門氏、日本武=出雲振根=神門振根に受け継がれた神度剣が、石上神宮配神の両刃の天羽々斬剣と思われる。

西暦700年まで出雲大社以前の杵築大社の司祭が神門氏の子筋、島津国造家、島直氏の島族で、東海道に広がった島族が武蔵・千葉国造家の親筋。
山陽道に広がった神門島族をルーツにする島谷氏は、出雲族の拠点であった、播磨国(神戸市に掛かる)を発祥とし
元伊勢の比沼麻奈為神社・天の橋立 元伊勢 籠神社別宮 和貴宮神社・京丹後 大宮売神社宮司は、京丹後周辺の9社を兼任。
82 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/07/27(日) 19:01:54.40 .net
>>81訂正。
安曇・海部・尾張・渡会氏が、徐福秦氏=出雲族だそうで、先住の神門氏は、天皇家と出雲族連合との勢力争いに呑まれ・取り込まれ出雲族に組み込まれた・・。
出雲国譲りを正当化の為に出雲族系譜の神門氏という系譜は、デタラメで、正しくは・・
大国主命と多紀理姫命との子神、阿遅須枳高日子命の裔が神門氏、神門の語源は、阿遅須枳高日子命が先祖代々から受け継いで身に着けていた、神度剣由来だそうだ。

※神度剣=大量剣は、十束剣(とつかのつるぎ)は日本神話に登場する剣。「十握剣」「十拳剣」「十掬剣」など様々に表記される伊耶那岐命の天之尾羽張剣(伊都之尾羽張剣)=天羽々斬剣。
大国主の時代では、布都御魂剣と呼ばれた。
石上神宮には、配神を両刃の伊耶那岐命の天羽々斬剣と主祭神として、片刃の布都御魂剣の2刀を祀っている。
建御雷神から神武天皇へ受け継がれた十掬剣が石上神宮主祭神の布都御魂剣で
阿遅須枳高日子命から神門氏、日本武=出雲振根=神門振根に受け継がれた神度剣が、石上神宮配神の両刃の天羽々斬剣と思われる。

西暦700年まで出雲大社以前の杵築大社の司祭が神門氏で、その子筋、島津国造家、島直氏の島族で、東海道に広がった島族が武蔵・千葉国造家の親筋。
山陽道に広がった神門島族をルーツにする島谷氏は、出雲族の拠点であった、播磨国(神戸市に掛かる)を発祥とし
元伊勢の比沼麻奈為神社・天の橋立 元伊勢 籠神社別宮 和貴宮神社・京丹後 大宮売神社宮司は、京丹後周辺の9社を兼任。
83 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/08/07(木) 11:32:59.03 .net
出雲と大和のあけぼの: 丹後風土記の世界 著者: 斎木雲州
http://books.google.co.jp/books?id=I49bk2tY4R4C&pg=PA84&lpg=PA84&dq=#v=onepage&q&f=false
出雲王国の正体: 日本最古の神政国家 著者: 武光誠
http://books.google.co.jp/books?id=_V9GDh7VBpQC&pg=PA124&lpg=PA124&dq=#v=onepage&q&f=false
84名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/08/19(火) 22:25:13.59 .net
ヤコブとレアの子孫・・創世記の島谷シェマヤ・シャファト・シャムア
85 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/08/19(火) 22:30:23.95 .net
>>84もとい
創世記のヤコブとレアの子孫・・島谷氏 シメオン族のシェマヤ・シャファト
86名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/08/19(火) 22:38:02.98 .net
島谷祠掌の比沼奈為神社の社紋は、籠目=六芒星の理由と、社名が本来、聖アーク=神輿で比冶だった事。
87 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/08/19(火) 22:43:17.77 .net
>>86訂正。
比沼麻奈為神社
88 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/08/19(火) 23:54:44.97 .net
登場人物で読む聖書の物語 シェマヤ 列王記・歴代誌
http://flamboyant.jp/bible/bib179/bib179.html
89 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/08/20(水) 21:14:07.27 .net
おっ
「預言者シマヤ」でも、ググれるんだぁ・・
90名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/09/11(木) 19:40:20.62 .net
補足・・

日本の苗字7000傑 姓氏類別大観 出雲氏
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/02/021/02119.htm
先代旧事本紀 国造:玄松子の祭神記
http://www.genbu.net/saijin/kuninomiyatuko.htm?print=on
10.嶋津國造 (三重県志摩半島)
出雲笠夜命 【天穂日命の後裔・出雲臣の祖・佐比祢足尼(天夷鳥命十世孫)の孫。鹽手命の子】

櫛玉命の出雲建子命=伊勢津彦命と櫛瓊命の伊佐我命が同一神で、子孫の藍手命=伊賀曾然命で、子筋が志摩の島津国造家の島氏島族
天穂日命の後裔・出雲臣の祖・佐比祢足尼は・・阿多命。
出雲振根命を記入を避けている。
日本の苗字7000傑でも、避けて、殺された弟の飯入根命の子筋としている。

出雲と大和のあけぼの: 丹後風土記の世界 著者: 斎木雲州
http://books.google.co.jp/books?id=I49bk2tY4R4C&pg=PA84&lpg=PA84&dq=#v=onepage&q&f=false
では、島氏の親の神門氏(伊賀曽熊命)は、阿遅須枳高日子命の御孫が十一世:大穴持命(大国主命)に就任としている。

出雲臣の祖・佐比祢足尼=阿多命は、九代目で、出雲振根が十代目だったと・・
91 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/09/11(木) 19:43:16.79 .net
つまり、櫛玉命の出雲建子命=伊勢津彦命と櫛瓊命の伊佐我命の正体とは・・
阿遅須枳高日子命と言う事に成るっ!
92 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/09/11(木) 19:57:25.48 .net
櫛玉命の出雲建子命=伊勢津彦命=櫛瓊命の伊佐我命=阿遅須枳高日子命
徐福秦氏の出雲臣に暗殺されない様に、大穴持の系譜から同世代の天穂日の子
天夷鳥命を阿遅須枳高日子命と摩り替えたのでしょう・・神門氏は・・
島族は、それを貫いて、櫛玉命の出雲建子命=伊勢津彦命=櫛瓊命と言う創作の祖と伝えたと・・
後の、第二の危機、日本武命=倭健命=出雲振根命=神門振根命も、兄として
弟の飯入根を祖としてスルーし、朝廷を煙に巻き、やり過ごしたと・・
島族として、全国へ繁栄して行ったと・・
93名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/09/11(木) 20:01:04.83 .net
大国主命が2900年前とすると・・神門氏は、崇神天皇の時代と一致する。
94 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/09/11(木) 20:24:08.19 .net
>>93訂正。
大国主命が2800年前とすると・・西暦神門氏は、崇神天皇の時代と一致する。

神武東征が天照族の出雲国譲りを迫ったのは、間違いなし
95 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/09/14(日) 04:57:37.28 .net
>>90修正。
補足・・

日本の苗字7000傑 姓氏類別大観 出雲氏
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/02/021/02119.htm
先代旧事本紀 国造:玄松子の祭神記
http://www.genbu.net/saijin/kuninomiyatuko.htm?print=on
10.嶋津國造 (三重県志摩半島)
出雲笠夜命 【天穂日命の後裔・出雲臣の祖・佐比祢足尼(天夷鳥命十世孫)の孫。鹽手命の子】

櫛玉命の出雲建子命=伊勢津彦命と櫛瓊命の伊佐我命が同一神で、子孫の藍手命=伊賀曾然命で、子筋が志摩の島津国造家の島氏島族
天穂日命の後裔・出雲臣の祖・佐比祢足尼は・・阿多命。
出雲振根命を記入を避けている。
日本の苗字7000傑でも、避けて、殺された弟の飯入根命の子筋としている。

出雲と大和のあけぼの: 丹後風土記の世界 著者: 斎木雲州
http://books.google.co.jp/books?id=I49bk2tY4R4C&pg=PA84&lpg=PA84&dq=#v=onepage&q&f=false
では、島氏の親の神門氏(伊賀曽熊命)は、阿遅須枳高日子命の御孫が十一世:大穴持命(大国主命)に就任としている。

出雲臣の祖・佐比祢足尼=阿多命は、十代目で、出雲振根が十一代目だったと・・
96 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/09/25(木) 10:50:54.69 .net
・天之御中主命=国常立命(クナト大神)
クナト大神-八島篠-布葉之文字巧為(ふはのもじくぬす)-八束水臣津野-赤衾伊努意保須美比古佐倭気-八千矛(大穴持・大国主)┬伊佐我(伊佐波)
                                                                                     ├阿遅須枳高日子
                                                                                     └高照光姫
97 : 名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2014/09/30(火) 22:50:19.34 .net
大宮売神社とわきのみやと浦島神社は、宮津藩のお抱え神官
98 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/10/06(月) 08:41:54.43 .net
神武天皇は、大陸へ遠征していた、軍属皇帝・・天皇家・皇族・皇統と出雲族(徐福秦氏)安曇・海部・尾張・度会氏
大国主命が、倭民族総代の法王・・神門氏・建部・斯摩=志摩=島(秦の始皇帝7世・弓月君の惟宗・島津氏と秦族司馬氏も含む。)・武内宿禰・葛城襲津彦・・紀氏・秦族波多・羽田氏・巨勢・角・蘇我氏・代25代:百済王(武寧(武内)王)の和史氏・高野氏
99 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/10/19(日) 22:58:54.43 .net
神武天皇は、大陸へ遠征していた、軍属皇帝・・天皇家・皇族・皇統と出雲族(徐福秦氏)安曇・海部・尾張・度会氏
大国主命が、倭民族総代の法王・・神門氏・建部・斯摩=志摩=島(秦の始皇帝7世・弓月君の惟宗・島津氏と秦族司馬氏も含む。)・武内宿禰・葛城襲津彦・・紀氏・秦族波多・羽田氏・巨勢・角・蘇我氏・代25代:百済王(武寧(武内)王)の和史氏・高野氏
100 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/11/12(水) 21:25:47.66 .net
魏皇帝とも成った、司馬炎の時代が、神功皇后と応神天皇の時で、魏志倭人伝の邪馬台国、卑弥呼と記述してるね。
西暦250年~350年の時期。
武内宿禰・葛城襲津彦・斯摩宿禰の時代。
崇神天皇が卑弥呼の子の台与の摂政だと5代前の天皇だから、西暦250年・・
西暦300年以降の人物と成る。
向家・富家伝承の神門家の神門振根から3代・4代目が武内宿禰と斯摩宿禰だと、時代考証的に合うねっ
101 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 00:39:19.05 .net
出雲と大和のあけぼの: 丹後風土記の世界 著者: 斎木雲州
http://books.google.co.jp/books?id=I49bk2tY4R4C&pg=PA84&lpg=PA84&dq=#v=onepage&q&f=false
大社と向家文書 出雲と蘇我大国 著者: 斎木雲州
http://books.google.co.jp/books/about/%E5%87%BA%E9%9B%B2%E3%81%A8%E8%98%87%E6%88%91%E7%8E%8B%E5%9B%BD.html?id=38ixNAEACAAJ&redir_esc=y

出雲王国の正体: 日本最古の神政国家 著者: 武光誠
http://books.google.co.jp/books?id=_V9GDh7VBpQC&pg=PA124&lpg=PA124&dq=#v=onepage&q&f=false
真説日本古代史: 通説を覆す「逆転」の発想  著者: 武光誠
http://books.google.co.jp/books/about/%E7%9C%9F%E8%AA%AC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E5%8F%B2.html?id=uzyed_yP2N4C&redir_esc=y
102名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/01(木) 05:59:06.81 .net
アケオメ
103 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/01(木) 18:56:09.26 .net
>>102
あけおめ、ことよろっ
104名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/21(水) 22:05:37.03 .net
>>235
日本の苗字7000傑 姓氏類別大観 出雲氏
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/02/021/02119.htm
・・阿多命-飯入根命-神門 伊賀曽熊命-出雲笠夜命 島津国造家

先代旧事本紀 国造:玄松子の祭神記
http://www.genbu.net/saijin/kuninomiyatuko.htm?print=on
10.嶋津國造 (三重県志摩半島)
出雲笠夜命 【天穂日命の後裔・出雲臣の祖・佐比祢足尼(天夷鳥命十世孫)の孫。鹽手命の子】

埼玉苗字辞典 シ行、島の章
http://homepage1.nifty.com/joichi/2-6si.html
島 シマ 斯摩、志摩、司馬は島と記す。
105 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/21(水) 22:07:01.74 .net
>>104
あっ
別スレでした。
106 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/26(月) 13:57:37.04 .net
東出雲の熊野大社司祭の向家旧家伝書
スサノオ×
クナト(国常立)大神○-八島篠-布葉之文字巧為の子
八束水臣津野-赤衾伊努意保須美比古佐倭気-八重波津身=事代主直系・・神門臣家は、国譲り以降・・千家家の穂日系譜入り。
深淵之水夜礼花-深淵之水夜礼花-淤美豆奴-天之冬衣-八重波津身=事代主直系・・向家・富家は、国譲り以降・・北島家の穂日系譜入り。
※八重波津身=事代主の子筋に・・-阿遅須枳高日子-鹽冶毘古能-初代神門臣家の速甕之建沢谷地乃身-甕主彦・・
※2八重波津身=事代主の子筋に・・-諏訪家の建御名方と登美(富)家
※3阿遅須枳高日子を櫛玉・出雲建子=伊勢津彦と南関東国造家が呼んでいるようで、鹽冶毘古能が長脛彦と言われて居たり、登美の姓なので、向家筋なのか不明。

神門臣家の子筋に・・阿多=木花知流比売-出雲(神門)振根-出雲(神門)伊賀曽熊-建部(武部)氏と出雲(神門)笠夜・・島津(志摩)国造家の島氏(斯摩宿禰)(志摩・司馬)[島族](古代南関東国造家の[三字以音]散自出雲)・母系神門臣家の武内宿禰。
※阿遅須枳高日子と宗像三女神の多岐理姫の子が鹽冶毘古能-神門臣家
※2阿遅須枳高日子の娘・・母系で鴨氏・三輪氏

向家・富家の子筋に・・飯入根。古代南関東国造家の[三字以音]散自出雲や蝦夷が居る。
107 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/26(月) 14:29:37.81 .net
※武内宿禰の父が、スサノオ(ニギハヤヒ・火明)と紀国造家の姫・山下影日売とあるが、実際は、五十猛と紀国造の母が、神門臣家の大屋姫との子なので、末代が蘇我を名乗ったようだ。
108 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/26(月) 14:43:38.74 .net
クナト大神から大国主・神門臣家と事代主・向家の分岐した代の共通の親神が・・布葉之文字巧為
神門臣家と宗像家の分岐した代の共通の親神が・・八束水臣津野
109名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/26(月) 14:48:19.46 .net
事代主=八重波津身の向家の旧家伝の系譜では、物部家・・海部家も神門臣家の分家と成っている。
110 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/26(月) 14:53:27.66 .net
>>109
母系で・・男系は、スサノオ=ニギハヤヒとニギハヤヒの子、五十猛の子。
111 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/26(月) 14:57:34.06 .net
ニギハヤヒの子・・物部家
五十猛の子・・海部家

神門氏 とは - コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E7%A5%9E%E9%96%80%E6%B0%8F
豪族神門(かんど)氏が,その配下の人々を日置部・海部・鳥取部・神奴部等に編成して,杵築大神の祭料をととのえさせた。
112 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/26(月) 15:13:09.77 .net
八千矛=大国主の代に徐福(スサノオ)=ニギハヤヒが渡来し、部下が天皇家名代として穂日、天若日子が八千矛の出雲(出芽)に参事。
武力ではなく、対話姻戚で和解。
15代経て崇神天皇の時代・・出雲(神門)振根の代で、穂日の一族がニギハヤヒ軍を引き連れて、西出雲を攻撃。
西出雲地域・杵築大社を乗っ取る。
この長き期間の出来事を、国譲りとしている。
113名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/26(月) 15:19:26.82 .net
神武天皇が架空でなけねば
甕主彦の代辺りが、神武天皇兄弟の東征の時代に当たるようだ。
114 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/01/26(月) 15:21:13.04 .net
>>113もとい
神武天皇が架空でなければ
甕主彦の代辺りが、神武天皇兄弟の東征の時代に当たるようだ。
115 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/04/03(金) 18:07:58.40 .net
更新
穂日(千家)の渡来出雲族が伝える「古事記上巻系譜」
http://homepage3.nifty.com/tora_tora/JapaneseMyth/pedigree/pedigree1.htmの下に・・

古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて 大和葛城地方へ移住した出雲王家の人々 その1 - アウトドアライフの記録
http://blog.goo.ne.jp/yochanh1947/e/6c6663b99e1cc5d9cd8443606c7157c4
古代出雲王朝系図
※斉木雲州著 「出雲と大和のあけぼの」 大元出版より

出雲王家と親族と言う系譜画像写真が参考。
※名前の頭の番号が、今、分って居る、その時代の主王だった神門臣家と向家2交代王朝制度の順番です。

穂日(千家)の渡来出雲族が伝える「古事記上巻系譜」では・・
・建速須佐之男命-八島士奴美神(八島篠)-布波能母遅久奴須奴神(布葉之文字巧為)-⑤深淵之水夜礼花神-淤美豆奴神-⑦天之冬衣神-大国主神-⑨鳥鳴海神-⑩国忍富神-⑪速甕之多気佐波夜遅奴美神-⑫甕主彦・・

向家・富家が伝える系譜は・・
諏訪家の祖、建御名方は、向家の祖、八重波津身(事代主)の子神。(鳥鳴海とは、異母兄弟。)

・御中主命=国常立命(クナト大神)
向家・富家
クナト大神-八島篠-布葉之文字巧為-⑤深淵之水夜礼花-淤美豆奴-⑦天之冬衣-八重波津身(事代主)-⑨鳥鳴海-⑩国忍富-⑬田干岸円味-⑮布忍富取成身-⑯簸張大科戸箕-弩美宿祢-飯入根

神門臣家
クナト大神-八島篠-布葉之文字巧為-
⑥八束水臣津野-赤衾伊努意保須美比古佐倭気-⑧八千矛(大穴持・大国主)-伊佐我(伊佐波)・阿遅須枳高日子-鹽冶毘古能-⑪速甕之建沢谷地乃身-⑫甕主彦-⑭身櫓浪-⑰遠津山崎帯(佐比祢足尼?)-⑱振根=倭健(日本武)?-伊賀曽熊(鹽手?)の子↓
建部(武部)・斯摩宿禰(志摩・島-島谷(散自出雲族?))
116 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/04/03(金) 18:17:57.51 .net
宗像家
クナト大神-八島篠-布葉之文字巧為-⑥八束水臣津野-吾田片隅-田心姫・多岐津姫・市杵島姫(宗像3女神。)
※田心姫は、向家の天之冬衣の后(八重波津身=事代主神の母神。)で、多岐津姫は、八千矛(大穴持・大国主神)の后で、市杵島姫が、饒速日(物部始祖・徐福の后。)
117名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/04/07(火) 22:26:49.98 .net
更新修正。
穂日(千家)の渡来出雲族が伝える「古事記上巻系譜」
http://homepage3.nifty.com/tora_tora/JapaneseMyth/pedigree/pedigree1.htm

古代出雲王朝ゆかりの地を訪ねて 大和葛城地方へ移住した出雲王家の人々 その1 - アウトドアライフの記録のサイトの下方に・・
http://blog.goo.ne.jp/yochanh1947/e/6c6663b99e1cc5d9cd8443606c7157c4
古代出雲王朝系図
※斉木雲州著 「出雲と大和のあけぼの」 大元出版より

出雲王家と親族と言う系譜画像写真が参考。
※名前の頭の番号が、今、分って居る、その時代の主王だった神門臣家と向家2交代王朝制度の順番です。

穂日(千家)の渡来出雲族が伝える「古事記上巻系譜」では・・
・建速須佐之男命-八島士奴美神(八島篠)-布波能母遅久奴須奴神(布葉之文字巧為)-⑤深淵之水夜礼花神-淤美豆奴神-⑦天之冬衣神-⑧大国主神-⑨鳥鳴海神-⑩国忍富神-⑪速甕之多気佐波夜遅奴美神-⑫甕主彦・・

向家・富家が伝える系譜は・・
諏訪家の祖、建御名方は、向家の祖、八重波津身(事代主)の子神。(鳥鳴海とは、異母兄弟。)

・御中主命=国常立命(クナト大神)
向家・富家
クナト大神-八島篠-布葉之文字巧為-⑤深淵之水夜礼花-淤美豆奴-⑦天之冬衣-八重波津身(事代主)-⑨鳥鳴海-⑩国忍富-⑬田干岸円味-⑮布忍富取成身-⑯簸張大科戸箕-弩美宿祢(野見宿禰)-飯入根

神門臣家
クナト大神-八島篠-布葉之文字巧為-
⑥八束水臣津野-赤衾伊努意保須美比古佐倭気-⑧八千矛(大穴持・大国主)-伊佐我(伊佐波)=出雲建子(伊勢津彦)・阿遅須枳高日子-鹽冶毘古能-⑪速甕之建沢谷地乃身-⑫甕主彦-⑭身櫓浪-⑰遠津山崎帯-⑱振根=倭健(日本武?)-伊賀曽熊の子↓
建部(武部)と出雲笠夜の島氏=斯摩宿禰(志摩・島-島谷(散自出雲族?))

宗像家
クナト大神-八島篠-布葉之文字巧為-⑥八束水臣津野-吾田片隅-田心姫・多岐津姫・市杵島姫(宗像3女神。)
※田心姫は、向家の天之冬衣の后(八重波津身=事代主神の母神。)で、多岐津姫は、八千矛(大穴持・大国主神)の后で、市杵島姫が、饒速日(物部始祖・徐福の后。)
118 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/04/29(水) 21:02:44.55 .net
埼玉苗字辞典 シ行の島氏
http://homepage1.nifty.com/joichi/2-6si.html
島 シマ 斯摩、志摩、司馬は島と記す。
日本書紀・神功皇后摂政四十六年(応神天皇)条に「斯摩宿祢を卓淳国に遣す」と。
百済の卓淳(とくじゅん)は慶尚北道大邱の古名。
斯摩宿祢の使が百済王の肖古王(百済十三代、在位三四六~三七五年)に献上する。
後漢帝は朝鮮楽浪郡の南に帯方郡置く。
古代氏族系譜集成・坂上氏系図に「後漢帝―石秋王延(封東呉石秋県、至帯方郡)―昕(帯方大守。弟楯は百済上柱国)―昉(帯方大守)―曻(沂州司馬)―阿智使主照(応神天皇二十年投化、居大和国高市郡桧前村)。
鞍作村主等従ひ来る」と。
呉、司馬は百済国の内なり。クレ条参照。
坂上族は東漢直(やまとのあやのあたえ)、或は桧前忌寸(ひのくまのいみき)と総称され、同族百済人蘇我氏に軍事をもって臣従した。アヤ条参照。
扶桑略記・継体天皇六年に「大唐漢人案部村主司馬達止、此の年春二月入朝す」。
大唐(大加羅)の漢人(あやひと)は百済人、案部村主(くらづくりのすぐり)は鞍作の村長なり。
日本書紀・敏達天皇条に「鞍部村主司馬達等、其の女、島・善信尼と云ふ」。
司馬氏は島氏に同じ。
蘇我馬子(司馬宿祢、島大臣)―蝦夷―入鹿(鞍作)あり、蘇我族は島氏にて鞍作部の支配者なり。
扶桑略記・推古天皇元年に「蘇我大臣馬子宿祢、飛鳥の地に於て、法隆寺を建て、島大臣並百余人、皆百済服を著す」と見ゆ。
蘇我氏の本貫地大和国高市郡曽我庄(奈良県橿原市)の曽我川は別名百済川と称す。
当地方は島岡、島田氏等が多い。
東国に於いて、島崎、島田、島根、島野、島村等の百済渡来人島族は武蔵国に多く存す。
島田、島野条参照。
出雲国に渡来した島族は伊勢国・志摩国(三重県)へ移住す。
神武天皇東征の頃に伊勢津彦あり。
志摩国は島津国と称し、国造本紀に「島津国造。成務天皇朝、出雲臣の祖・佐比禰足尼の孫出雲笠夜命を国造に定め賜ふ」。
「武刺国造の祖神・伊勢都彦命」と見ゆ。
出雲臣族の武蔵国造の祖先は伊勢地方より島族を率いて武蔵国へ移住す。
足立郡島村(大宮市)は島津郷と称す。
津は人や物の集まる所の意味で島族の集落を島津、島ノと称す。
119 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/05/13(水) 00:18:07.06 .net
>>42の系譜は・・
八岐の大蛇族=天津彦根命(又は、天若日子命(大国玉命))忌部氏(伊勢中臣氏の祖)-天目一箇命(天御影命、天太玉命、櫛明玉命と同神)-饒速日命・・
のモノだった・・。
120 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/05/13(水) 00:20:29.25 .net
穂日と共に渡来した、若日子両者は、大国主の娘たちと婚姻し、世代を経て、饒速日の代で裏切ったのか・・
121 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/05/19(火) 22:03:57.57 .net
>>442もとい
秦国の徐福・饒速日と稲飯(稲氷)の新羅倭王家の末代、新羅王子・天日槍命は新羅渡来で大国主と国取り合戦後、同盟関係で、出雲族に対して出石族と名乗って居る。
秦国の徐福・饒速日の祖・天若日子(七夕の牽牛)は、大国主の娘・下照姫を嫁にした・・饒速日は、その子孫。
物部始祖の饒速日・物部印恵の崇神帝(邇邇芸)兄弟の軍(四道将軍)は、出石王・天日槍を討伐後、西出雲王の出雲(神門)振根=倭健(日本武)と振根の副王、東出雲の飯入根の両者を殺害。
後に、内通者の千家の祖・天穂日が殺害を導いた功労で、出雲王と成る。
122 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 00:55:18.16 .net
>>117
天御中主神→国之常立神→衝立船戸神→八島士奴美神(八島篠)→布葉之文字巧為・・
123 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 01:11:15.54 .net
古代の東出雲の熊野大社祭神・国之常立神(伊邪那岐命)→現在は、素戔嗚尊と大国主神
和歌山県の熊野本宮大社祭神は・・家都美御子大神=五十猛、又は、伊邪那美命・・
古代の伊勢神宮祭神・荒覇吐神=荒脛巾神(黄泉国へ行った、伊邪那美命)→内宮:天照大神と外宮:豊受大神
124 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 01:21:17.12 .net
熊野本宮大社 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E9%87%8E%E6%9C%AC%E5%AE%AE%E5%A4%A7%E7%A4%BE

>古代から中世にかけて、神職はニギハヤヒの後裔で熊野国造の流れを汲む和田氏が世襲していた。
>創建:不明(伝崇神天皇代、B.C.33年?)
125 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 01:23:38.40 .net
和田とは・・海神(わだつみ)の海→和田・・つまり、日本書紀の素戔嗚尊・古事記の建速須佐之男命と同じ、海神族の渡来を意味する。
126名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 01:39:39.64 .net
素戔嗚尊(牛頭天王)・(天若日子(七夕・牽牛))・(忌部氏(賀茂氏・伊勢中臣氏)始祖)・・饒速日・彦火明(物部氏(天皇家)・尾張氏始祖)→五十猛(香語山)→天村雲(海部氏・多氏始祖)
127 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 01:49:42.46 .net
>>126もとい
素戔嗚尊(牛頭天王)・(天若日子(七夕・牽牛))・(忌部氏(賀茂氏・伊勢中臣氏)始祖)・・饒速日・彦火明(物部氏(天皇家)・尾張氏始祖)→五十猛(香語山)・(和田氏・武内宿禰(紀氏(木氏))・森氏始祖)→天村雲(海部氏(度会氏)・多氏始祖)
128 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/07/15(水) 22:00:48.80 ID:RcngNxN80.net [1/1回]
埼玉苗字辞典 シ行
http://homepage1.nifty.com/joichi/2-6si.html
島 シマ 斯摩、志摩、司馬は島と記す。
日本書紀・神功皇后摂政四十六年(応神天皇)条に「斯摩宿祢を卓淳国に遣す」と。
百済の卓淳(とくじゅん)は慶尚北道大邱の古名。
斯摩宿祢の使が百済王の肖古王(百済十三代、在位三四六~三七五年)に献上する。
後漢帝は朝鮮楽浪郡の南に帯方郡置く。
古代氏族系譜集成・坂上氏系図に「後漢帝―石秋王延(封東呉石秋県、至帯方郡)―昕(帯方大守。弟楯は百済上柱国)―昉(帯方大守)―曻(沂州司馬)―阿智使主照(応神天皇二十年投化、居大和国高市郡桧前村)。
鞍作村主等従ひ来る」と。
呉、司馬は百済国の内なり。クレ条参照。
坂上族は東漢直(やまとのあやのあたえ)、或は桧前忌寸(ひのくまのいみき)と総称され、同族百済人蘇我氏に軍事をもって臣従した。アヤ条参照。
扶桑略記・継体天皇六年に「大唐漢人案部村主司馬達止、此の年春二月入朝す」。
大唐(大加羅)の漢人(あやひと)は百済人、案部村主(くらづくりのすぐり)は鞍作の村長なり。
日本書紀・敏達天皇条に「鞍部村主司馬達等、其の女、島・善信尼と云ふ」。
司馬氏は島氏に同じ。
蘇我馬子(司馬宿祢、島大臣)―蝦夷―入鹿(鞍作)あり、蘇我族は島氏にて鞍作部の支配者なり。
扶桑略記・推古天皇元年に「蘇我大臣馬子宿祢、飛鳥の地に於て、法隆寺を建て、島大臣並百余人、皆百済服を著す」と見ゆ。
蘇我氏の本貫地大和国高市郡曽我庄(奈良県橿原市)の曽我川は別名百済川と称す。
当地方は島岡、島田氏等が多い。
東国に於いて、島崎、島田、島根、島野、島村等の百済渡来人島族は武蔵国に多く存す。
島田、島野条参照。出雲国に渡来した島族は伊勢国・志摩国(三重県)へ移住す。
神武天皇東征の頃に伊勢津彦あり。
志摩国は島津国と称し、国造本紀に「島津国造。成務天皇朝、出雲臣の祖・佐比禰足尼の孫出雲笠夜命を国造に定め賜ふ」。
「武刺国造の祖神・伊勢都彦命」と見ゆ。
出雲臣族の武蔵国造の祖先は伊勢地方より島族を率いて武蔵国へ移住す。
足立郡島村(大宮市)は島津郷と称す。
津は人や物の集まる所の意味で島族の集落を島津、島ノと称す。
129 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/08/25(火) 18:40:01.63 ID:gpkiKBrp0.net [1/1回]
古代出雲王朝系図
斉木雲州著 「出雲と大和のあけぼの」 大元出版より
出雲王家と親族と言う系譜画像写真が参考。
※名前の頭の番号が、今、分って居る、その時代の主王だった神門臣家と向家2交代王朝制度の順番です。

穂日(千家)の渡来出雲族が伝える「古事記上巻系譜」では・・
・建速須佐之男命-八島士奴美神(八島篠)-布波能母遅久奴須奴神(布葉之文字巧為)-⑤深淵之水夜礼花神-淤美豆奴神-⑦天之冬衣神-⑧大国主神-⑨鳥鳴海神-⑩国忍富神-⑪速甕之多気佐波夜遅奴美神-⑫甕主彦・・

向家・富家が伝える系譜は・・
諏訪家の祖、建御名方は、向家の祖、八重波津身(事代主)の子神。(鳥鳴海とは、異母兄弟。)

・御中主命=国常立命(クナト大神)
向家・富家
クナト大神-八島篠-布葉之文字巧為-⑤深淵之水夜礼花-淤美豆奴-⑦天之冬衣-八重波津身(事代主)-⑨鳥鳴海-⑩国忍富-⑬田干岸円味-⑮布忍富取成身-⑯簸張大科戸箕-弩美宿祢(野見宿禰)-飯入根

神門臣家
クナト大神-八島篠-布葉之文字巧為-
⑥八束水臣津野-赤衾伊努意保須美比古佐倭気-⑧八千矛(大穴持・大国主)-伊佐我(伊佐波)=出雲建子(伊勢津彦)・阿遅須枳高日子-鹽冶毘古能-⑪速甕之建沢谷地乃身-⑫甕主彦-⑭身櫓浪-⑰遠津山崎帯-⑱振根=倭健(日本武?)-伊賀曽熊の子↓
建部(武部)と出雲笠夜の島氏=斯摩宿禰(志摩・島-島谷(散自出雲族?))

宗像家
クナト大神-八島篠-布葉之文字巧為-⑥八束水臣津野-吾田片隅-田心姫・多岐津姫・市杵島姫(宗像3女神。)
※田心姫は、向家の天之冬衣の后(八重波津身=事代主神の母神。)で、多岐津姫は、八千矛(大穴持・大国主神)の后で、市杵島姫が、饒速日(物部始祖・徐福の后。)
130 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/09/11(金) 20:16:02.30 ID:ZpW97f7i0.net [1/1回]
武内(建内)宿禰(葛城宿禰)=斯摩(島・志摩)宿禰(千熊長彦)
蘇我馬子(司馬宿禰)=島大臣
131 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/09/12(土) 03:04:25.84 ID:Yb/W/wmU0.net [1/1回]
武内(建内)宿禰(葛城宿禰)=斯摩(島・志摩)宿禰(千熊長彦)
132名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/10/26(月) 02:31:09.06 ID:fArpZ9NL0.net [1/3回]
>>1
古代 出雲の国譲り前後の先住出雲族と渡来出雲族

・先住出雲族・西出雲の神門臣家(建部(武部)・(島津)志摩国造家の島氏(=斯摩宿禰(千熊長彦)=武内宿禰(葛城宿禰)・東出雲の向家(富・登美・鳥海家)・・その志摩国造家の子筋にあたる南関東国造家=散自出雲の島姓一族。)
※国譲り時の最後の旧出雲大社(杵築大社司祭の出雲(神門)振根=倭健(日本武))・・その司祭家の証・神宝の神度剣(天之尾羽張剣・大量剣・十握剣)
・渡来出雲族(天穂日(千家筋)・天若日子の子孫、饒速日=天火明(太玉)(和田(鈴木)・八岐大蛇族・忌部(斎部・森姓一族)・尾張(熱田大神の熱田)・十猛(香語山)の子、天村雲を祖とする海部(度会)・伊勢の中臣)
※天照が第2子の天穂日の一族・・第3子の天津彦根(龍神)=天若日子(七夕の牽牛・天稚彦・天狗神の天邪鬼)・天村雲=八岐大蛇族の草薙剣・・
 天若日子を牽牛=牛頭天王(スサノオ)とした時、饒速日≒スサノオとし、同族の八岐大蛇族・忌部にあたるのが、饒速日に裏切られ、百済の温羅とされ討伐された・・天日槍の出石族・出石神社司祭家・神床氏の一族が、八岐大蛇族の忌部(斎部・森姓一族の総本家では・・?)
133 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/10/26(月) 14:02:52.18 ID:fArpZ9NL0.net [2/3回]
現在の系譜体系が、穂日(千家)の渡来出雲族が伝える「古事記上巻系譜」なので、系譜で表すと・・
・建速須佐之男命-八島士奴美神(八島篠)-布波能母遅久奴須奴神(布葉之文字巧為)-⑤深淵之水夜礼花神-淤美豆奴神-⑦天之冬衣神-⑧大国主神-⑨鳥鳴海神-⑩国忍富神-⑪速甕之多気佐波夜遅奴美-⑫甕主彦・・
134 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/10/26(月) 14:15:08.22 ID:fArpZ9NL0.net [3/3回]
>>327に対して、現在の千家の祖
天穂日・・渡来出雲族が伝える「古事記上巻系譜」では・・
・建速須佐之男命-八島士奴美神(八島篠)-布波能母遅久奴須奴神(布葉之文字巧為)-⑤深淵之水夜礼花神-淤美豆奴神-⑦天之冬衣神-⑧大国主神-⑨鳥鳴海神-⑩国忍富神-⑪速甕之多気佐波夜遅奴美神-⑫甕主彦・・
135 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/11/19(木) 10:24:35.41 ID:ciJQLHxz0.net [1/1回]
クナト(国常立)大神(イザナギ神)-八島篠-布葉之文字巧為-
八束水臣津野-赤衾伊努意保須美比古佐倭気-八千矛(大穴持・大国主)-
兄:伊佐我(伊佐波)=出雲建子(伊勢津彦)・弟:阿遅須枳高日子-鹽冶毘古能-
速甕之建沢谷地乃身-甕主彦-身櫓浪-遠津山崎帯-
崇神朝時代の杵築大社(後の出雲大社)最後の司祭:出雲(神門)振禰=倭健(日本武)-出雲(神門)伊賀曽熊の子が・・

長女:支須美の建部(武部)氏、二女:美尼布の二方国造家と、末っ子(嫡男):出雲笠夜の武内(建内)宿禰(葛城宿禰)=斯摩(島・志摩)宿禰(千熊長彦)

葛城襲津彦の葛城家の祖・・葛城宿禰
紀氏の波多氏・巨勢氏・蘇我氏・角氏の祖・・武内宿禰(千熊長彦)
島津(志摩)国造家の島氏=斯摩宿禰
136名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/12/11(金) 09:44:29.85 ID:HVCgkjmX0.net [1/6回]
>>132
「森」の名字の由来
【姓氏苗字事典】丸山浩一著・金園社刊 より
# 古代の森は神聖な所で、森氏も神官系統が多い。
# 相模国愛甲郡森荘をルーツとする森氏は八幡太郎義家の子孫。義家の六男の義隆が森冠者を称し、その孫の頼定が森五郎を名乗って美濃に移った。信長の小姓の森蘭丸はこの系統。
# 近江国愛智(えち)郡森をルーツとする森氏は二流からなる。
・ 源満季の後裔で高屋景重の子の重家が森源太を称したもの。
・ 宇多源氏_佐々木氏族で六角満綱の子孫。
# 紀伊国の森氏は名草郡の豪族の忌部_宿禰の末裔。
# 豊後国玖珠郡森をルーツとする森氏は清和源氏。
【一個人 2013年12月号】
# 森(22位)
・ 西日本に多くみられ、特に愛知県に多く、人口比岐阜県や四国、九州北部が多い。
・ 相模国愛甲郡毛利荘(神奈川県厚木市)をルーツとし、清和源氏の義家流。森氏は美濃国に転じ戦国時代には織田信長に仕た。
・ 阿波国の森氏は阿波水軍で江戸時代には徳島藩の家臣。
【苗字の謎が面白いほどわかる本 丹羽基二】
「森」の「もり」のルーツは朝鮮語?で「あたま」のことを意味する。それから転じて「かしら」となった。頭(かしら)は一族を守るから、「守る」→「もり」となった。
# 「森」の地名
http://folklore2006.jp/704.htm
137名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/12/11(金) 09:48:23.03 ID:HVCgkjmX0.net [2/6回]
>>136追記。

埼玉苗字辞典 モ 行
森 モリ 
日本書紀神代上に「素戔鳴尊、新羅国に降り到り、曽尸茂梨の処に居す。
遂に埴土を以て舟に作りて、乗り東に渡りて出雲国の簸の川上に所在る、鳥上の峯に到る」と。
曽尸茂梨(そしもり)は牛頭の義で素戔鳴尊(すさのおのみこと)を牛頭天王という、ソウルの東方にある江原道春川郡牛頭山なり。
ソシモリはソモリと云い、古代朝鮮語でソ(金)は鉄(くろがね)の意味。
鉄分を含んだ赤い土は鉄を抽出でき、埴土は製鉄の原料である。
埴土で鉄器を作り、その鉄器で舟を作って出雲国へ渡来したと云う。
また、元慶年間の日本書紀講書に「曽尸茂梨は、今の蘇之保留の処か」と。
慶尚北道慶州は新羅の首都で古称を除伐(しょぶる)・或は金城(そふる)と云った。
ソシモリ、ソシホル、ソシフルのモリ、ホル、フルは古代朝鮮語の城(さし)とか都の意味で、鉱山鍛冶等の非農民の集まる所を称した。
今の韓国の首都京城(そふる、そうる)も同じ。
素戔鳴尊が八岐の大蛇を退治した剣を一名「蛇韓鋤剣(おろちのからさひのつるぎ)」と云う、韓鍛冶部(からかぬちべ)を率いた首領である。
簸ノ河の上流鳥髪(島根県仁多郡横田町大呂)に居住していた八岐の大蛇族は、砂鉄を含んだ山の土砂を鍬で水流のなかへと切り崩し、
水の力で砂分を流し去って、砂鉄分だけを採集した鉄穴(かんな)流しを行い、タタラによって製錬した。出雲鳥髪や新羅ソシモリは砂鉄産地であり、
山は村の意味で、山をモリとも称し、森は村の意味で鉱山鍛冶等の非農民集落を称した。山条参照。
鉱山地の山陰地方に森姓の森・森井・森岡・森木・森口・森下・森田・森原・森広・森本・森山・森脇等が多く存す。森氏は武蔵国に多く存す。

○天若日子=天津彦根(天櫛玉=天太玉(天日鷲・天日別))・・日置部・・忌部(斎部)氏(八岐大蛇族)・・尾張氏(熱田氏)・森氏姓の一族。
138 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/12/11(金) 09:50:15.26 ID:HVCgkjmX0.net [3/6回]
>>137追記。

日本の苗字7000傑 姓氏類別大観 斎部氏【1】
-【斎部氏】-
 高皇産霊命(大伴氏の祖)の子、天太玉命の後裔で中臣氏とともに神事に携わった上古の大族である。
 始めは忌部首を称するが、古語拾遺の撰者である浜成に至り斎部宿禰に改称する。
 神武天皇時代に天富命は神皇産霊命(度会氏、賀茂氏の祖)裔の天日鷲命を率いて阿波に赴き麻穀を播殖させ、更に阿波斎部を分かち東国に赴き安房斎部を成立させる。
 後世の斎部氏は次第に衰微して多くは神官として現代に至る。
 戦国大名織田氏は桓武平氏を称するが、織田神社神主家と同族の斎部氏説が有力である。
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/02/021/02122.htm

【猿女氏】【忌部氏】【日置部氏】【白堤氏】【小山氏】
【忌部氏】【斎部氏】【織田氏】【津田氏】【春原氏】【板垣氏】【出雲路氏】
【天田氏】【有井氏】【在井氏】【田屋氏】【淵脇氏】【大賀氏】【真継氏】
《尾張大国霊神社正神主家》・・【久田氏】【野々部氏】【塩川氏】

【三木氏】【長谷氏】【永谷氏】【中橋氏】【千野氏】【治野氏】【田方氏】
【早雲氏】【木頭氏】【高河原氏】【北野氏】【北三野氏】【高如氏】【名高氏】【名高河氏】
【今鞍氏】【藤氏】【赤松氏】【大坂氏】【長者氏】
【麻殖氏】【笠井氏】【柿原氏】【近藤氏】
【忌部氏】【高山氏】【杉山氏】【萩原氏】【金余氏】【北村氏】
139名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/12/11(金) 10:07:37.19 ID:HVCgkjmX0.net [4/6回]
天若日子の裔・・天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊。
櫛玉・・
八千矛(大穴持・大国主)-伊佐我(伊佐波)=櫛八玉=出雲建子(伊勢津彦)=櫛玉・・=富 建御名方=登美 長脛彦
神武天皇の兄:三毛野(毛野)=天日別(天日鷲)=太玉=天櫛玉の祖が天若日子=天津彦根。
140名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/12/11(金) 10:21:23.35 ID:HVCgkjmX0.net [5/6回]
>>139

櫛玉と言う人物考察・・
・八千矛(大穴持・大国主)-伊佐我(伊佐波)=櫛八玉=出雲建子(伊勢津彦)=櫛玉・・=富 建御名方=登美 長脛彦。
・神武天皇の兄:三毛野(毛野)=天日別(天日鷲)=太玉=天櫛玉の祖が天若日子=天津彦根・・天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊。
出雲国譲り神話の原形話。
襲撃した天照の饒速日側が、櫛玉の位を奪った事を示唆している。
三輪山信仰の大物主は、倒した大国主にすり替わった、饒速日である。
大国主を出雲へ幽閉し、杵築大社を乗っ取った天穂日は、饒速日の祖、天若日子は天津彦根で天穂日の弟である。
141 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2015/12/11(金) 10:32:38.59 ID:HVCgkjmX0.net [6/6回]
>>140
伊佐我(伊佐波)は、神門臣家
出雲建子(伊勢津彦)=櫛玉は、向家(八重波津身=事代主)の子の富建御名方(登美長脛彦)
この時の出雲の王が向家で合った証が、櫛玉の名。
これは、紀元前の神武東征の頃の話。
142名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/01/24(日) 20:01:55.54 ID:mpUWpAR90.net [1/1回]
・神話の出雲国譲り以前の西出雲・旧出雲大社の杵築大社の元々の司祭家・神門臣家・神代系譜
国常立大神-八島篠-布葉之文字巧為-八束水臣津野-赤衾伊努意保須美比古佐倭気-八千矛(大穴持・大国主)-
伊佐我(伊佐波)=出雲建子(伊勢津彦)・阿遅須枳高日子-鹽冶毘古能-速甕之多気佐波夜遅奴美-甕主彦-身櫓浪-遠津山崎帯-出雲(神門)振根=倭健(日本武)-伊賀曽熊-
建部(武部)・二方国造家・島津(志摩)国造家の島氏=斯摩宿禰(千熊長彦・武内宿禰(葛城宿禰))-
播磨の島谷氏(京丹後の社人・島谷出雲氏など・・松浦党の島谷市左衛門が有名。)・・百済渡来の島族が、南関東国造家。

小笠原諸島巡検使隊隊長・島谷市左衛門定重・見立さんの子孫に・・代々、堺で島屋を営んでいた、島屋市兵衛さんは、ユニバーサルシティーのある大阪・此花区島屋の土地を埋め立てた人。
村上水軍の島谷徳右衛門さんは、島谷汽船(株)創設者。
戦後最後の島谷汽船社長が、島谷武次さん
昭和34再興した、島谷汽船(株)は、商船三井グループに属す。
現代で有名なのは、阪急阪神東宝グループの東宝社長の島谷能成社長や
ファイザー製薬の島谷さんです。
社人では、京丹後の大宮売神社・島谷宮司さんが有名。
143名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/01/27(水) 17:57:12.61 ID:Tv3z+0ej0.net [1/3回]
島谷(島屋)が、何故、全国区でなのか、判明しました。
船問屋・米問屋・廻船問屋・・そして、飛脚問屋開祖だったからです。
島屋左七・・島屋左右衛門と言う飛脚問屋が最近、ネット検索で引っ掛かり始めました。
平銀見役で氏姓氏族名観に出て来る島谷さんは、この飛脚問屋絡みと判明。
144 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/01/27(水) 17:58:46.74 ID:Tv3z+0ej0.net [2/3回]
>>143もとい
島谷(島屋)が、何故、全国区でなのか、判明しました。
船問屋・米問屋・廻船問屋・・そして、飛脚問屋開祖だったからです。
島屋左七・・島屋左右衛門と言う飛脚問屋が最近、ネット検索で引っ掛かり始めました。
平銀見役で氏姓氏族名鑑に出て来る島谷さんは、この飛脚問屋絡みと判明。
145名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/01/27(水) 18:07:16.68 ID:Tv3z+0ej0.net [3/3回]
島屋屋号印(ファンネルマーク)の(山上)∧に上と描く記号。
で調べると・・江戸時代、最も富豪・豪商と成った、鴻池財閥も島屋を発祥にしていた事が判明。
鴻池財閥も島屋から発した財閥だったようだ。
146 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/01/28(木) 06:59:41.32 ID:Bdaa2Yc00.net [1/2回]
>>145
鴻池直文さんが酒造で成功して大阪に進出して海運事業の手がける際、島屋の廻船問屋に参加したのでしょうね。
147 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/01/28(木) 07:05:50.62 ID:Bdaa2Yc00.net [2/2回]
2016年1月5日のBS JAPANの新春時代劇ドラマ
山本周五郎 人情時代劇 第7話で
廻船問屋隠居 島屋喜右衛門 役:古旗宏治
148 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/01/29(金) 18:49:26.35 ID:P5kWHyGo0NIKU.net [1/1回]
兵庫県中南部に位置した、島谷村は、現在の小野市広域を指す。
149 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/02/16(火) 18:00:30.51 ID:671FRR2f0.net [1/2回]
藤原北家・日野流の京都十三名家の公家・柳原氏って、江戸中期の柳原則光さんが途絶え掛けて居た「百錬抄」を継承して書き連ねた人だね。
その二男の資前さんを、丹後国二宮社家の島谷家に養子に出し、
長男の家系の五代目の柳原前光さんの娘さんが、大正天皇の母君、旧姓:柳原愛子さんだったんですね。
現天皇家とこんなに近かったとは・・
150 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/02/16(火) 18:17:04.47 ID:671FRR2f0.net [2/2回]
>>145




151 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/02/22(月) 04:27:32.93 ID:DYMWmfIO0.net [1/2回]
>>117
>>48
・御中主命=国常立命(クナト大神)
向家・富家
クナト大神-八島篠-布葉之文字巧為-⑤深淵之水夜礼花-淤美豆奴-⑦天之冬衣-八重波津身(事代主)-⑨鳥鳴海-⑩国忍富-⑬田干岸円味-⑮布忍富取成身-⑯簸張大科戸箕-弩美宿祢(野見宿禰)-飯入根・・菅原氏・土師氏
152 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/02/22(月) 04:45:23.88 ID:DYMWmfIO0.net [2/2回]
>>80
この惟神の大道とは、江戸時代に始まる復古神道の教えである。
国家神道の前身となったのが、この惟神の大道で江戸後期の国学者の平田篤胤さんです。
153名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/05/25(水) 03:20:48.53 ID:uMW3kbfA0.net [1/3回]
神門臣家カムドジンケ・ゴウドジンケ
国常立大神クナト-八島篠ヤジマザサ-布葉之文字巧為フハノモジクヌス-
⑥八束水臣津野ヤツカミズオミツノ-赤衾伊努意保須美比古佐倭気アカフスマイヌノオオスミヒコサワケ
-⑧八千矛ヤチホコ(大穴持オオアナモチ・大国主オオクニヌシ)-
伊佐我イサガ(伊佐波イサワ)=出雲建子イズモタケコ(伊勢津彦イセツヒコ)・阿遅須枳高日子アジスキタカヒコ-
鹽冶毘古能ヤムヤヒコ-⑪速甕之多気佐波夜遅奴美ハヤミカノタケサハヤジヌミ-⑫甕主彦ミカヌシヒコ-⑭身櫓浪ミロナミ-⑰遠津山崎帯トウツヤマタラシ-
⑱振根フルネ=倭健(日本武?)-伊賀曽熊イカソネの子↓
建部(武部)タケベと二方国造家に
島津(志摩)国造家の島氏=斯摩宿禰シマシュクネ(武内宿禰タケウチシュクネの事)、→島氏の子-播磨国・丹後国・京丹後国の古代氏族の島谷氏と南関東国造家の百済渡来王族の島族(散自出雲族サンジイズモ?))
154 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/05/25(水) 03:29:05.70 ID:uMW3kbfA0.net [2/3回]
>>153もとい
神門臣家カムドジンケ・ゴウドジンケ
国常立大神クナトオオカミ-八島篠ヤジマザサ-布葉之文字巧為フハノモジクヌス-
⑥八束水臣津野ヤツカミズオミツノ-赤衾伊努意保須美比古佐倭気アカフスマイヌノオオスミヒコサワケ
-⑧八千矛ヤチホコ(大穴持オオアナモチ・大国主オオクニヌシ)-
伊佐我イサガ(伊佐波イサワ)=出雲建子イズモタケコ(伊勢津彦イセツヒコ)・阿遅須枳高日子アジスキタカヒコ-
鹽冶毘古能ヤムヤヒコノ-⑪速甕之多気佐波夜遅奴美ハヤミカノタケサハヤジヌミ-⑫甕主彦ミカヌシヒコ-⑭身櫓浪ミロナミ-⑰遠津山崎帯トウツヤマサキタラシ-
⑱振根フルネ=倭健(日本武?)-伊賀曽熊イカソネの子↓
建部(武部)タケベと二方国造家に
島津(志摩)国造家の島氏=斯摩宿禰シマシュクネ(武内宿禰タケウチシュクネの事)、→島氏の子-播磨国・丹後国・京丹後国の古代氏族の島谷氏シマガヤシと南関東国造家の百済渡来王族の島族シマゾク(散自出雲族サンジイズモ?))
155 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2016/05/25(水) 14:03:45.95 ID:uMW3kbfA0.net [3/3回]
大自在天(シヴァ神)=国常立(クナト)大神(イザナギ神)・・大黒天(大国主神)・・出雲(神門)振禰(倭健・日本武)・・斯摩(武内)宿禰・・
島津(志摩)国造家の島氏(司馬氏)・・播磨国・丹後国・京丹後国の古代氏族、島谷氏と百済渡来王族の島族(散自出雲)=会津藩士。
156名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2016/06/24(金) 19:22:44.78 ID:LUTuYzSX0.net [1/1回]
>>142
挙げていただいた方には劣るかもですが、
資生堂執行役員 島谷庸一
ヤマハミュージックエレクトロニクス社長 島谷秀明
島大証券社長 島谷治郎
157 : 名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2017/02/18(土) 16:10:35.07 ID:uUHWChcOd.net [1/1回]
本当にごめんなさい。
158 : 名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2017/02/18(土) 17:01:50.92 ID:Lqb6E6Y0d.net [1/1回]
神門臣家、、、カモ(=王家)のト(オ)ミ家。(トミ、トビ)
度美(ドミは×。トミ又はトビ)

神。を古くはカモと言った!
159 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/02/27(月) 02:24:42.69 ID:CyAFA7ga0.net [1/1回]
>>156
情報、ありがとうございます。
>>157
何に対して誤ってるんですか?
160 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/05/28(日) 01:06:41.41 ID:R84V7MVJ0.net [1/1回]
元東京国立博物館副館長で
現在、九州博物館館長の島谷弘幸さんは
日本ユネスコ世界記憶遺産委員長の島谷弘幸でもあったのですね。

島谷市左衛門や島谷家の歴史の人物を悉く教科書や報道を封じているのは
自身の島谷家(島屋)宗家としての務めでしたか・・
今だ国家に尽くす仕事に絡んでいる訳でしたか・・
無論、海上保安庁や自衛隊にも一族が居ますし外交・国際問題など
外交官長の天皇家とも関わっていると・・
出雲族としての古代よりの系譜もご存じなのでしょうね。

知らないのは、若い末端氏族の俺みたいなのだけでしたか・・
161 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/07/06(木) 04:43:27.26 ID:rwYOhUwS0.net [1/3回]
ユーチューブのはやし浩司さんの話だと・・
古神道・ユダヤ教は、シュメールの神々の話らしく
アヌンナキ=天之御中主神・ヤハウェ神で子がエンキ、エンリル
彼らは、人間を遺伝子操作で造り出し、奴隷=家畜とし
ドルメン=吉見百穴と言う横穴は、捕獲した人間を閉じ込めておく檻で
ジグラート(沖縄や和歌山県串本の海底巨石遺跡)で人間を戦わせ、生贄の犠牲とし食していた。
特に、後世では、女子供を神隠しとして攫い好んで食べていたそうです。
エンキ(バビロンのマルドゥーク神)は、人の妻を欲し娶り、食人を早い段階で拒絶した神。
彼らの故郷の天界とは、惑星二ビルで、アヌンナキは4000年に一度、地球に接近する時を期に、天界へ帰還します。
その際、食人を捨てる事により神の座を退いたエンキは、地球に残り、地上の上としてラー(アッラー・アメンラー)と成った。
その子孫が・・アメンホテプ4世(イクナートン王・アクエン・アテン)なのです。
※ゾロアスター教→ミトラ教→キリスト教となり、ゾロアスターの神=ミトラ神=キリストで、両脇を守護する獅子頭と心理の目が
エンリルとエンキで、=フリーメイソンの象徴でもあり、日本では、天之御中主神と神産巣日神・高御産巣日神であり、役小角と前鬼・後鬼になる。
陰陽師は、日本版のフリーメイソンなのである。
イギリス王室のタペストリーの獅子とユニコーンもそうで・・
獅子=エンリル、ユニコーン=エンキなのだそうです。
アシュケナジーイギリス王家は、獅子=エンリル系譜で
日本の先住出雲族はエンキ=ユニコーンの一族なのです。
162 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/07/06(木) 05:04:21.20 ID:rwYOhUwS0.net [2/3回]
はやし浩司さんの見解は・・
エンキ=イナンナ・トールホワイト・ルシファー(サタン)・プロメテウス・ポセイドン(オーディン)・アトランティス人(アーリア人)・イルミナティー
163 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/07/06(木) 05:12:29.08 ID:rwYOhUwS0.net [3/3回]
=長頭人間
164 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/07/15(土) 01:03:38.18 ID:zwz/KDrf0.net [1/1回]
ギルガメッシュ叙事詩のエア神の啓示に従って箱舟を造ったのは
ウトナ・ピシュティム=旧約聖書のノア
165 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/07/25(火) 02:16:48.53 ID:1u4k3l5X0.net [1/1回]
シマヤのヘブライ語での名の意味は・・
「ヤハウェは聞いている」だそうだ。
166 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/08/02(水) 08:04:44.18 ID:SDdsm3jea.net [1/1回]
アヌンナキ=ヤハウェ
エンキ=エンキドゥ=ギルガメッシュ=マルドゥーク=アッラー=アメン・ラー..アメン・ホテプ
アメン・ホテプ4世=アクエン・アテン=イクナートン王..国常立(クナト)大神
167 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/08/10(木) 10:09:05.08 ID:X1yo53gG0.net [1/1回]
富家(向家)口伝のイクナートン王=国常立大神のお話は、=蘇我馬子と聖徳太子が記した古代史書で
蘇我蝦夷邸宅が火災で一緒に焼失したお話の有名な古代史歴史書の内容だったようですね。

RAPT×読者対談108 世界はアーリア人(秦氏)とチュルク族(月派・出雲)の抗争の上に成り立っている。
https://www.youtube.com/watch?v=3y7EACOiK-g&t=1029s
168名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2017/08/15(火) 08:43:38.70 ID:EmWU10Uqd.net [1/1回]
度会神主は志摩磯部出身
というのはご存知でしょうか?
169 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/10/10(火) 12:44:40.96 ID:qewxTzwM01010.net [1/2回]
>>168
伊勢辺りで伊勢姓の人も渡会ルーツかなと思ってましたが?
170 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/10/10(火) 12:47:46.20 ID:qewxTzwM01010.net [2/2回]
天皇家・・シュメールのアヌンナキ
アイヌ・・アヌ王系譜
先住出雲族・・エンキ系譜・・エジプトのファラオ系譜
渡来出雲族(大和族)・・エンリル系譜・・古代ユダヤ系譜
171名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/10/15(日) 02:34:27.95 ID:xt1Gx0350.net [1/4回]
アッラー=ゼウス=アメン・ラー=アモン=アテン(天照)=アメン・ホテプ4世=アクエンアテン(イクナートン王)=国常立(クナト)大神
ポセイドンとデーメーテールとが馬に化身して交わって出来た双子がデスポイナ(レスフィーナ)とアレイオーン(アリオン)=伊邪那美と伊弉諾
シュメール期のウタナピシュティム(バビロニア期のアトラ・ハシース)=旧約聖書のノア=ギリシャ神話のデウカリオーン
172 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/10/15(日) 02:49:07.81 ID:xt1Gx0350.net [2/4回]
>>171追記。
もしくは、エンキ(二代目ヤハウェ)=マルデューク(ギルガメッシュ)=ルシファー(ユニコーン)=プロメテウス=アッラー=ゼウス=アメン・ラー=アモン=アテン(天照)=アメン・ホテプ4世=アクエンアテン(イクナートン王)=国常立(クナト)大神
プロメテウスの子、デウカリオン(デュカリオン)とピュラーが伊弉諾と伊邪那美とも言える・・
173 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/10/15(日) 03:26:20.63 ID:xt1Gx0350.net [3/4回]
ギリシャ神話で観ると・・
アリオンとレスフィーナが国津神古神道・出雲族神話でプロメテウスと繋がり=エンキ系譜
デュカリオンとピュラーが天津神神道・大和族神話でプロメテウスと繋がり=エンリル系譜に観える。
174 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/10/15(日) 03:29:47.26 ID:xt1Gx0350.net [4/4回]
プロメテウス=ルシファー(ユニコーン)
パンドラ=リリー王女

ギリシャ神話神話では何方にせよ、ティターン神族で
ティターン神族=アヌンナキでしょうね。
175 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2017/10/29(日) 00:06:21.22 ID:/PsqiHPQ0.net [1/1回]
ゼウスとヘラの第一子、ヘパイストス=蛭子神=恵比寿=事代主(八重波津見)=一寸法師(少彦名)
176 : 名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2017/10/29(日) 00:23:36.18 ID:XXQ/w8Jl0.net [1/1回]
age
177 : 名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2017/11/09(木) 00:37:40.46 ID:dhZuaTz10.net [1/1回]
アヌンナキ(ヤハウェ)=エンキ(ヤハウェ2世)=マルドゥーク=ギルガメッシュ=アッラー=アメンラー=ルシファー=プロメテウス、アリオン=アクエンアテン=鬼眼王=シヴァ=国常立(クナト)大神
178 : 晴明公[] 投稿日:2017/11/18(土) 13:41:19.99 ID:7+XeRypK0.net [1/1回]
三重県津市の中部電力も魔力のある、御神札もらってくるけど、全国ないか。御神札とやしろ、燃やしたれな。
179 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2018/02/07(水) 21:51:10.97 ID:K1wDa/fl0.net [1/1回]
23
180 : 名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2018/02/07(水) 22:30:39.05 ID:Al/LRGWc0.net [1/1回]
あげ
181 : 名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2018/03/05(月) 13:18:50.60 ID:tKiae2tV0.net [1/1回]
こういう行為を許して良いのでしょうか?
https://youtu.be/Z7lxpnPKZ2U
182 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2018/03/13(火) 10:56:45.03 ID:rr0S9I3c0.net [1/1回]
 l
183 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2018/03/15(木) 14:34:58.33 ID:52MaUKly0.net [1/1回]
184 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2018/04/02(月) 19:40:02.99 ID:Hq/3Dqmb0.net [1/1回]
 1
185 : 名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2018/04/28(土) 16:48:56.59 ID:ik1UcDKO0.net [1/1回]
創価学会、警察と在日マフィアによる集団ストーカーの証拠動画
(警察車両ナンバー入り);
https://www.youtube.com/watch?v=gTOBN1AkSz0
https://www.youtube.com/watch?v=bbPcpPwO3ug
https://www.youtube.com/watch?v=de1jeSPGGNo

怖ろしくてお漏らししそう´・ω・`
186 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2018/05/16(水) 12:10:44.29 ID:4FNkS1eh0.net [1/1回]
各、氏姓・苗字大辞典に島谷氏は名家は、出雲に由来する古代氏族なので単に名家。
名家とは公家の事で、華族五爵制度では伯爵らしく、古代からだと政務に携われば
大納言に至る家格だそうです。
187 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2018/05/28(月) 00:26:52.03 ID:PCXiZ8In0.net [1/4回]
驚いた!

今、島谷氏でネット検索してたら

古代氏族島谷氏の親は島津(志摩)国造家の島(直)氏を裏付ける事実判明。

嶋谷氏のルーツを水軍で調べてた方が

嶋谷汽船(株)の創業者が村上水軍出身の嶋谷徳右衛門さんは
松浦党の島谷市左衛門さんと同じ島屋の商印、山上印を使う同族。

島谷市左衛門さんのルーツは
足利冬直の家臣、大河内氏の水軍で松浦党を結成させた島谷氏でした.
.
何故、島谷氏は水軍だったのか..?

どうやら、島谷氏の親の島氏が水軍だと突き止めたようです。
平安時代の水軍で名を馳せていた
熊野水軍=志摩国の志摩水軍の嶋衆が

島谷氏のルーツだったようです。
188 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2018/05/28(月) 00:27:46.71 ID:PCXiZ8In0.net [2/4回]
※志摩水軍は戦国時代に大活躍した
織田水軍でもあります!

戦国絵巻屏風絵の篭目社紋の羽織を着て居た集団は家の島谷氏かもっ.
.
織田信長のルーツが篭目社紋の社家一族とも言われてるしね。

元出雲=元伊勢の比沼麻奈為神社の祠掌が島谷さん
神社の社紋が伊勢外宮と同じ篭目(六芒星)社紋だしね!

伊勢の外宮や籠神社に御霊を御霊分けしたが
元伊勢の比沼麻奈為神社。

伊勢神宮の官職、中臣氏の祖に志麻名布が居たり面白いね!

出雲(神門臣家)の末孫、島津(志摩)国造家の島(直)氏=斯摩宿禰(武内宿禰)の竹内文書。

古代中央氏族蘇我氏=武内一族。
189 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2018/05/28(月) 00:28:07.65 ID:PCXiZ8In0.net [3/4回]
※蘇我馬子=司馬宿禰(島大臣)の島庄。

志摩水軍の一地頭だったのが
九鬼水軍(くかみすいぐん)

熊野本宮大社の九鬼一族(藤原氏族)の九鬼文書


因みに熊野をクナトと読み国常立大神を祀る神社を熊野大社と言うようです。

クナト神は先住出雲族の始祖神に成ります。


※嶋衆に九鬼一族の藤原氏で戦国武将..島左近。

松浦党..村上水軍..嶋谷汽船(株)
丹後国二宮社家嶋谷家は

大正天皇の産みの母の柳原愛子さまの藤原氏日野流柳原家と近縁の理由ですね。

氏姓名家大事典にある、名家島谷家の由縁。


まさか..島谷氏が松浦党や村上水軍だけでなく
熊野水軍(志摩水軍)=織田水軍でもあったとは..驚いたァ..
190 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2018/05/28(月) 00:41:19.75 ID:PCXiZ8In0.net [4/4回]

https://ameblo.jp/funk20022000/entry-12183332785.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E9%87%8E%E6%B0%B4%E8%BB%8D
191 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2018/10/01(月) 11:02:26.16 ID:/+C33C2d0.net [1/1回]
『上宮聖徳法王帝説』
聖徳太子=蘇我馬子(島大臣)=司馬宿禰=百済の武寧王の子。聖王(聖明王)
※ 北九州出身の武寧王(幼名:斯摩王)=武内王で武内宿禰の裔。

♯1 2大先住出雲族王家の神門臣家と向(富・登美)家の神門氏の孫に当たる
島津(志摩)国造家の島(直)氏=斯摩宿禰(武内宿禰=葛城宿禰)は葛城襲津彦と
百済経由渡来人の秦の始皇帝の裔
融通王(弓月君)=太秦国拝領の和姓:惟宗(島津)氏を帯刀した渡来王族の依頼で
新羅に捕らわれた弓月君の一族郎党を救出。
その一族郎党を島氏の郷、島津の地を住まわせ
地名姓:島津を呼称し後に、惟宗氏も島津と姓を改める。
※ 惟宗氏から配した有名人には、秦川勝が居て
伏見稲荷大社官職:大西氏も、惟宗の社家。
同時期に秦氏と渡来したのが、後に賀茂氏に従った東漢氏。
東漢氏(劉備の血統の劉氏)の一族で帰化姓、坂上田村麻呂として有名。
又、賀茂氏のルーツは神門臣家の祖、大国主の子、阿遅須枳高日子で共通したり
向(富)家の八重事代主とも言われ、ヤタノオオガラスを祭神の神祖としている一族。
賀茂氏で有名人は、陰陽師開祖の役小角。
上賀茂神社と下鴨神社で下鴨神社の古式の儀式に景教(原始キリスト教)の名残があるのは
この、渡来の島津氏や東漢氏などの影響とされて居る。

ソース元は、最近YouTubeに上がった「役小角 多くの伝説の中に見える真の姿とは 」- YouTubeの情報により更新です。
役小角 多くの伝説の中に見える真の姿とは - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Vvrl4168TMM
192 : 名無しさん@京都板じゃないよ[] 投稿日:2019/01/14(月) 19:55:57.85 ID:aeHuoCpP0.net [1/1回]
LS6XS
193 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2019/02/12(火) 15:42:58.64 ID:fKBAyZ9sa.net [1/1回]
古代イラクのメソポタミアのシュメール文明のアヌンナキ→エンキ→マルドューク=ギルガメッシュ=アッラー=
エジプトのファラオの祖神、太陽神アメンラー・・アメンホテプ4世(アクエンアテン)=イクナートン王=先住出雲族の始祖、国常立(クナト)大神・・
※一説にはインド経由のシュメール人でドラヴィタ族ているが、これは秦の始皇帝の?政や家臣の呂不韋の祖先では無いかと思う。
ドラヴィタ族か崇拝していた大自在天シヴァ神・ブラフマー神)=アートマン(マヘーシュヴァラ)=大黒天=大国主が6代目:国常立大神。
194 : 名無しさん@京都板じゃないよ[sage] 投稿日:2019/02/13(水) 07:38:56.01 ID:adERQ7M1M.net [1/1回]
倭人→エフライム族
天皇家のアマテラス族→ガド族

秦の始皇帝の贏政と家臣の呂不韋がインドのシュメール人ドラヴィタ族→レヴィ族
呂不韋の配下の徐猛・徐福親子→ガド族?
弥生系の百済人(レプティリアン)→


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク