ログ速トップ
1 : Ψ[sage] 投稿日:2019/07/08(月) 19:57:50.37 ID:/KP1fT+0.net [1/2回]
 ゲームセンターの必需品と言えば、もちろんゲームの筐体(ハード)や基板(ソフト)である。
そして、そのゲームと常にセットで必要となるのが、プレイヤーがゲームを遊ぶ際に腰を下ろす、通称「ゲーセン椅子」だ。
 ゲーセンに通い慣れている人であれば、四角い座面を四本脚で支える角椅子の形状を、
おそらくすぐにイメージすることができることだろう。

 昔のインベーダーブーム期にあった喫茶店やのゲームコーナーでは、角椅子ではなく革製の丸椅子を置いていたり、
あるいは田舎の駄菓子屋であれば、瓶ジュース用のケースを椅子代わりに使用していた所もあったが、
昔も今も「ゲーセン椅子」は、ゲーセンにとって必要不可欠、まさに縁の下の力持ち的な存在だ。

 筆者も客のひとりとして日々使わせていただいているのはもちろん、
現場時代にもビデオゲームやキッズメダルコーナー用の備品として、いったいどれだけお世話になったことか……。

 しかし、今やゲームセンターは「UFOキャッチャー」シリーズをはじめとする、
椅子に座らずに立ったまま遊ぶプライズゲームのオペレーション(店舗)売上高が約半分を占め、ビ
デオゲームを1台も置かない店舗も珍しくない。

 日本アミューズメント産業協会(JAIA)が毎年発行している、
「アミューズメント産業の実態調査:報告書」の市場データを見ると、テレビ(ビデオ)ゲームのオペレーション売上高は、2017年度が508億円。
2007年度の売上高は919億円なので、実に10年間で45パーセントも減少したことになる。

 また、メーカーによるビデオゲーム基板・筐体の売上高は2017年度が107億円、2007年が497億円であるから、新作ビデオゲームの売上は10年間で、
何と80パーセント近くも減少しているのだ。

2 : Ψ[] 投稿日:2019/07/08(月) 19:58:05.79 ID:/KP1fT+0.net [2/2回]


と、いうことは、「ゲーセン椅子」の需要も当然ながら減っているハズ。
しかも、ゲームの基板やプライズゲームの景品などとは違って、ひんぱんに入れ替えが発生しない備品だけに、
もしかしたら椅子やコイン計数機などの店舗用備品類を生産・販売をしている業者であっても、すでに取り扱いを終了しているのではないだろうか?

 先日、ゲーム好きの家具店の店長が、ハンドメイドの「ゲーセン椅子」を製造・販売したことが地方紙でニュースになっていたが、
今や入手が困難なアイテムとなってしまったのだろうか?

 そこで、ゲーセン用の各種備品を取り扱っている業者にお話を聞いてみることにした。

取材・文/鴫原 盛之

■昔ながらの「ゲーセン椅子」の需要は、何とピーク時の10分の1以下に!

以下

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00084696-denfami-game
3 : Ψ[sage] 投稿日:2019/07/08(月) 22:40:24.76 ID:YkQmpejT.net [1/1回]
ソー○ランドのスケベ椅子とか作っているメーカーまだあるのかな?
ニッチすぎて一個100000円でも儲かりそうもない
4 : Ψ[sage] 投稿日:2019/07/08(月) 23:23:19.58 ID:p735NX7z.net [1/1回]
2年前までアマゾン倉庫でピッキングしてたけど
金ラメのスケベ椅子在庫にあったよw


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース実況+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク