ログ速トップ
1 : casillas ★@\(^o^)/[] 投稿日:2015/10/19(月) 07:48:59.50 ID:???*.net
フリー女子アナ受難の時代だ。テレビ局の業績落ち込みによる経費削減傾向が高まり、以前のようにフリーアナが起用される機会は減ってきている。そうした中で、日本テレビ出身のフリー女子アナの苦戦が目立っているという。

 日本テレビからは一時期、大量に離職者が続出。長寿番組『ズームイン!!SUPER』『24時間テレビ』などを担当した西尾由佳理アナ、『ラジかるッ』でとぼけたキャラで人気になった宮崎宣子アナ、
開局55周年の際に結成された『go!go!ガールズ』のメンバーに選ばれた夏目三久アナなど看板アナウンサーが次々と退職した。日本テレビ関係者が話す。

「かつては“お局”的存在だった女性アナウンサーがいたため、アナウンス部内の空気が硬直化して、どんどん独立するアナが出て来ました。
その後、“お局アナ”は他部署に異動したため、以前と比べれば、今は平穏な空気が戻っています」

 だが、フリーに転向したアナウンサーが皆成功しているわけではない。かつて『好きなアナウンサーランキング』(オリコン調べ)の女性部門で1位を獲得した西尾アナでさえ、現在のレギュラー番組はゼロ。
仕事をセーブしているわけではないのに、露出が減っているのが現状だ。

 唯一、夏目アナが脚光を浴びているくらいだ。その夏目アナも、有吉弘行とマツコ・デラックスという当代随一のタレントにいじられるという幸運な巡り合わせで売れっ子になったが、
TBSの朝帯『あさチャン!』は不調が続き、一時のブランド力に陰りが見え始めている。

 ほかにも、日テレ出身のフリーアナといえば、昨年独立した馬場典子アナを始め、魚住りえアナや阿部哲子アナ、松尾英里子アナなどがいるものの、局アナ時代のような活躍は見せていない。

 しいて挙げれば、脊山麻理子アナは水着グラビアに挑戦するなど独自路線を歩んでいる。また、巨人の澤村拓一と結婚し退職したものの、1年強で離婚した森麻季アナもバラエティ番組に出演する機会は多い。
しかし、この2人は局アナ時代、それほど目立つ存在でもなかった。なぜ、日テレで活躍した女子アナはフリー転身後に苦戦しているのだろうか。前出・日本テレビ関係者が語る。

「フリーアナの露出が減っているのは、経費削減だけが事情ではないでしょう。たとえば元TBSの小林麻耶アナは一時低迷していましたけど、今また売れているわけですし、使いたい魅力があれば起用されますよ。

 日テレのアナウンサーは、厳しい環境で育てられます。わかりやすくいえば、体育会系。おっとりしたタイプはなかなか上手く行きません。
他局以上に負けん気が強く、勝ち抜く気持ちがないと社内競争で生き残れない。西尾アナなんて、その典型でした。
番組の飲み会にもほとんど参加しないし、スタッフにも妥協を許さない。日テレは仕事さえちゃんとできれば、ちゃんと優遇される。だから、西尾アナはエースアナだったんでしょう」

 妥協を許さない日テレは番組制作力が高く、視聴率では独走状態が続いている。だが、フリーアナとして他局で仕事をするとき、日テレ時代と同じ対応では周りがついてこないのだという。

「他局とは文化が違いますし、日テレでは局員同士だから厳しくても許されたけど、フリーでも同じ態度を取っていると、どうしても煙たがられてしまいます。
それが良いのか悪いのか別として、特に今はやりやすい人と仕事をする時代ですよね。西尾アナだけでなく、日テレの社風としての厳しさが残っているアナは、フリーでは成功しづらい時代になっている。
それがひとつの大きなポイントでしょう。

 男性陣を見ても、かつてフリーで活躍していた福留功男アナ、福澤朗アナも、とにかく厳しい人でした。
彼らも、1990年代や2000年代は出ていたけど、今はオファーが減っていると聞いています。ある意味、厳しい人を嫌がるテレビマンが増えている証拠と言えるかもしれません」(同前)


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151019-00000009-pseven-ent
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/11/27 06:50:43
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445208539/l50

終了したスレッドです

おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク