ログ速トップ
1 : THE FURYφ ★ [sageteoff] 投稿日:2019/08/20(火) 19:14:11.67 ID:unH7nB+j9.net [1/1回]
◇第101回全国高校野球選手権大会 準決勝 星稜9―0中京学院大中京(2019年8月20日 甲子園)

石川県勢初の全国制覇を狙う星稜(石川)が、中京学院大中京(岐阜)を9-0と投打で圧倒し、95年以来24年ぶりの
決勝進出を決めた。今大会最注目右腕の奥川恭伸投手(3年)は7回87球を投げ、2安打10奪三振無失点と圧巻の投球。
県勢初悲願へ、22日の決勝で履正社(大阪)と対戦する。

3回戦の智弁和歌山戦(和歌山)で、自己最速タイの154キロをマークするなど延長14回165球の力投で1失点完投勝利を
挙げてから中2日。奥川は初回、先頭の高畠に中前打を許したが、球速を140キロ後半に抑えながら後続を打ち取り、
無失点の立ちあがり。2回にギアをチェンジし、150キロの直球で2者連続三振を奪うと、3回にはフォークで空振り三振を
記録するなど、緩急織り交ぜた投球で相手打線の打ち気をそらした。

打線は初回、4番・内山壮真(2年)の右犠飛で1点を先制。2回には1番・東海林航介(3年)の適時打、3回にも2死満塁から
9番・山瀬慎之助主将(3年)の2点適時打などでこの回4点を加えて主導権を握った。

序盤までに6点を援護を受ける中、4回には、151、152キロを続けてマーク。5回には153キロを計測するなど、徐々にギアを
上げると、6回には3者連続三振。7回2死から初回の先頭打者以来の安打を許したが、続く小田を二ゴロに仕留め、二塁を
踏ませることはなかった。

6-0で迎えた7回の攻撃。1点を加え、なおもなおも2死二、三塁で迎えた第4打席で、奥川は今回初安打となる右翼前に落ちる
2点二塁打。点差を9点に広げた。

奥川は7回87球を投げ、2安打10奪三振無失点。8回から左翼に回ると、2番手・寺沢孝多(3年)が2回無安打無失点の
完璧リリーフで、24年ぶりとなる決勝進出を呼び込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000132-spnannex-base

8月20日(火)第13日 準決勝

中京学院大中京(岐阜) 0-9 星稜(石川)

中京学院大中京 000000000-0
   星稜      11400030X-9

【投手】
中京学院大中京:不後→元→赤塚→村田→不後
星稜:奥川→寺沢 

https://vk.sportsbull.jp/koshien/text_sokuhou/2019082062.html

★1:2019/08/20(火) 14:48:26.39

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566283826/
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/05/31 02:11:28
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566296051/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク