ログ速トップ
1 : 砂漠のマスカレード ★[] 投稿日:2019/12/11(水) 07:32:51 ID:n+m8Qaky9.net [1/1回]
森保一監督率いる日本代表が10日、韓国・釜山で開幕した東アジアE-1選手権で中国代表と対戦した。
23選手の中で東京五輪世代(22歳以下)が14人、A代表初選出11人という構成。3バック(3‐4‐2‐1)の布陣で大会初戦に臨んだ。

前半28分、日本が流れるようなパス交換から先制ゴールを奪った。
1トップのFW上田が足元に入ったボールを右足ヒールで流し、そのボールを受けた左MF森島がボックス左に侵入。
ゴール前にボールを送った。走り込んだFW鈴木が伸ばした左足でダイレクトで合わせ、見事なゴールベッターぶりである。

今季J1札幌で13ゴールを挙げ、得点ランキング5位タイとひと皮むけた感のある鈴木。
中国戦がA代表6試合目にして初ゴールとなった。

このまま東アジア選手権で活躍すれば、A代表のレギュラーFWの座もグッと近付く。
しかし……現地で取材中のサッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏が、「確かにゴールシーンは鈴木のスピードなど持ち味がきっちりと出ましたが……」とこう続ける。

「ゴールシーン以外が不甲斐なかった。もともとポストプレーが不安定な選手だが、中国戦もボールの収まりが良くなかった。
たまに足元で上手く収めたと思ってもパスミスを犯したり、圧力をかけられると簡単にボールをロストしたり、恵まれたフィジカルを生かし切れていなかった」

日本は後半25分、DF三浦が右CKを頭で合わせて代表初ゴール(9試合目)。失点を終了間際の1点に抑えて逃げ切った。

2戦目は14日の香港戦(午後7時30分キックオフ)。果たして鈴木がゴールを量産し、代表チーム内でのFW序列をアップさせられるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000023-nkgendai-socc
12/11(水) 7:25配信
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/01/28 14:06:15
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576017171/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク