ログ速トップ
1 : 影のたけし軍団ρ ★[] 投稿日:2020/02/18(火) 12:40:05 ID:Z2j8wdde9.net [1/1回]
「やはり、“女優魂”は健在だったということでしょう」(芸能プロダクション関係者)
女優・歌手、そして実業家とマルチな活動を見せている柴咲コウ(38)が、
、窪田正孝主演のNHK朝の連続テレビ小説『エール』(3月30日スタート)に出演することが明らかになった。

「なんと、朝ドラは初出演。今まで出なかったのが不思議なくらいです」(NHK関係者)

柴咲が演じるのは、世界的に活躍するオペラ歌手・双浦環。
「ヒロインの音(二階堂ふみ)がプロ歌手を目指すきっかけとなった人物で、後に、音と裕一(窪田)に多大な影響を与える存在になります。
第7回(4月7日放送分)から登場します」(ドラマ関係者)

それにしても、この柴咲、つい最近まで“女優休業”がしきりと取り沙汰されていた。

「『日本アカデミー賞最優秀助演女優賞』の受賞につながった『GO』(2001年公開)など、
テレビや映画でこれまで数々の名作に出演してきた柴咲ですが、近年、その姿を地上波ドラマで見ることはほとんどありませんでした」(テレビ局関係者)
そして、2020年も女優としてのスケジュールは“ほぼ白紙”状態と見られていた。

「今年5月に公開される岡田准一主演の映画『燃えよ剣』(東宝)にヒロインとして出演していますが、
撮影は昨年9月に終えています」(映画ライター)

昨年だけ見ても、映画は『ねことじいちゃん』の1本のみで、連ドラはWOWOWの『坂の途中の家』で主演を務めたきりだった。
「それでも、CMの仕事はきっちりこなしていましたから、それなりの存在感はあったと思います」(大手広告代理店幹部)


★木村に舌入れディープキス


柴咲コウは、1981年8月5日、東京・豊島区生まれの38歳。
「ひとりっ子です。よくも悪くも目立つ子だったようで、14歳の頃、地元・池袋を歩いているところをスカウトされました」(前出・小松氏)

1998年、番宣番組『倶楽部6』(TBS系)でデビュー。翌年、日本リーバの『ポンズ・ダブルホワイト』の「ファンデーションは使っていません」というセリフのCMでブレークした。
女優として注目されるようになったのは、2000年の映画『バトル・ロワイアル』だった。

「“殺人鬼”のような女子高生を演じて注目されたのです。今も変わりませんが、あの“目力”にはインパクトがありました。
下積み時代には、湯島(東京)のラウンジでカウンターレディーのアルバイトをしていたそうで、とても人気があったようです。昔から、男の扱いには慣れていたということです」(前出・テレビ局関係者)

そして、件の映画『GO』では、まさにうってつけの奔放な女子高生を好演し、各映画賞を総ナメ。トップ女優の仲間入りを果たした。

そんな柴咲を、自分のドラマの相手役に指名したのがキムタク(木村拓哉)だった。

「2003年の連ドラ『GOOD LUCK!!』(TBS系)です。実生活上の妻・工藤静香を見ても分かるように、キムタクはヤンキー系の女性が大好きなんです。
キスシーンで、舌を絡めたディープキスをして、キムタクをフル勃起させたという “伝説” が残っています。とにかく、彼女は男を “その気” にさせるのがウマいんです」(芸能レポーター)

そこで気になるのが、柴咲の結婚問題。
「数多くの男と浮名を流しながら、ゴールインには至っていません。芸能界七不思議の1つです」(前出・芸能レポーター)

ISSA、妻夫木聡、三宅健、中田英寿など枚挙にいとまがない。

「本人曰く“するかしないかだけ”ということですが、こればかりは分かりません。“もうすぐ結婚”ということも十分にあり得ます」(前出・芸能レポーター)
https://wjn.jp/article/detail/2767501/
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/04/04 08:32:38
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1581997205/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク