ログ速トップ
1 : Egg ★[] 投稿日:2020/02/21(金) 21:46:49.53 ID:oNZP70oY9.net [1/1回]
浦和レッズMF関根貴大が21日、決勝点を決めた明治安田生命J1リーグ開幕戦・湘南ベルマーレ戦後のフラッシュインタビューに応じた。

注目の今シーズン初戦、4-4-2の新布陣で臨んだ浦和はスタートからギアが上がらず。早々にFW石原直樹に古巣弾を決められてリードを奪われたものの、FW興梠慎三、新加入FWレオナルドの得点により前半中に逆転する。

しかし、後半に入ると、石原同様に以前浦和に所属していたMF山田直輝に頭で決められて再び同点に。さらには70分ごろには今シーズンからJ1に初導入されているビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってDF鈴木大輔のハンドによるPKがとられたが、キッカーのFWタリクのシュートは枠を捉えない。

窮地を脱した浦和は試合終盤の85分にカウンターを発動。マルティノスからボールを受けた関根が積極的なドリブルでボックス内に侵攻し、左足で逆転弾を沈めた。

3-2で勝利した試合後、フラッシュインタビューに応じた関根は、勝利を喜びつつもチームとしての課題を口に。また、得点時にはあることを意識していたことを明かした。

「ゲーム内容は決して良いものではなかったと思いますけど、勝ちきれたことが一番良かったかなと思います」

「(得点時は)VARが導入されてから相手も飛び込んで来れないと思ったので、そこは冷静にゴール前まで仕掛けて決められたので良かったです。(相手の股を抜いたことに関して)ちょっとてんぱってたんですけどね(笑)。最後は気持ちでねじ込みました」

得点時のドリブルの時点で、相手がVARを気にするであろうということが念頭にあったという関根。この試合で早速、鈴木大のハンドからPKがとられたことも含めて、今シーズンはやはりVARが大きな変化を生みそうだ。

2/21(金) 21:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00010027-goal-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20200221-00010027-goal-000-1-view.jpg
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/03/30 00:22:17
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582289209/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク