ログ速トップ
1 : 鉄チーズ烏 ★[] 投稿日:2020/05/30(土) 10:37:13 ID:oFk35+Fv9.net [1/1回]
 NBAは29日にアダム・シルバー・コミッショナー(58)を交えたオーナー会議を開き、シーズン再開に向けた各種プランを討議。3月12日から中断しているシーズンを7月末にフロリダ州オーランドで再開させることで大筋で合意したもようだが、プレーオフのシステムを含めた運営プランの最終決定は6月4日に開かれる次の会議に持ち越された。

 AP通信によれば有力視されている再開プランは「20チーム+数チーム」によるオーランドでの“合同再開”で、6試合以下のレギュラーシーズンを消化して、そこから16チームによるプレーオフをスタートさせようというもの。中断時点で全30チームのレギュラーシーズンでの残り試合は15~19試合となっているが、これを全部消化するのではなく、プレーオフ進出の可能性があるチームに絞ってプレーオフ出場権を争わせようとする案が現実味を帯びてきている。

 問題なのはオーランドでの“挑戦権”を得られるチームの数。スポーツ専門局のESPNは「22チーム案が有力だが、20チーム案もまだ生き残っている」としており、東地区と西地区に関わらず中断時のリーグ全体の勝率でチーム数を決めた場合、全体22位で八村塁(22)が所属しているウィザーズ(東地区では全体8位)は前者の場合にはオーランドに行けるが、後者の場合にはウィザーズの勝率(・375)を上回るペリカンズ、トレイルブレイザーズ、キングス、スパーズの西地区全体9~12位の4チームが東西両地区1~8位以外の“補欠枠”として試合を行うことになる。

 ESPNでは各チームのGMに対してアンケート調査も実施。30人中16人が「プレーオフは現行方式による16チームで開催」というプランを支持。16人中14人は東西両地区の上位8チームではなく、リーグ全体順位での上位16チームにするべきという案に同意した。

 ただし無条件でプレーオフからシーズンを再開できるのは東西両地区の6位までで、7位と8位を決めるための複数チームによるトーナメントを行う案に13人が賛成している。“オーランド行き”のチーム数に関してGMの中で最も多かったのは20チーム(ウィザーズ排除)で15票、次いで支持を得たのは24チーム(ウィザーズ参加)の7票で、18チームが5票、22チームが3票となった。

 プレーオフに出場できる選手枠(ロースター)についても複数の案が浮上。選手が再開後に新型コロナウイルスに感染するリスクもあるため、本来ポストシーズンへの出場資格がないマイナーとの「2―WAY契約」を締結している選手のロースター入りについて、30人のGMのうち27人までが「特例での出場を認める」という案に賛成した。現行のロースター枠(15人=ベンチ入り13人)の中での出場可能が19人で、「15人を超えてもOK」としたのは8人。現在、西地区全体8位のグリズリーズには渡辺雄太(25)が「2―WAY契約」でチームに所属しているが、現時点でチームの実働選手数は15人で、このプランが採用されるとレギュラーシーズンの残り試合だけでなく、ポストシーズンでもユニフォームを着られる可能性がある。


2020年05月30日 09:51
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/05/30/kiji/20200530s00011061179000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/05/30/jpeg/20200530s00011061176000p_view.jpg
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/07/13 13:57:53
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1590802633/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク