ログ速トップ
1 : 少考さん ★[] 投稿日:2020/07/11(土) 18:30:24.31 ID:osSyYsp+9.net [1/1回]
クエンティン・タランティーノにも影響を与えた漫画家・上村一夫の展示が代官山蔦屋書店で開催 - FNMNL (フェノメナル)
https://fnmnl.tv/2020/07/10/101332

https://cdn.fnmnl.tv/wp-content/uploads/2020/07/10110510/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E5%91%8A%E7%9F%A5%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC_page-0001-471x665.jpg

2020.07.10

45歳という若さで亡くなりながら『修羅雪姫』や『同棲時代』などの作品で名を残す漫画家の上村一夫の生誕80周年プロジェクトとして、アートエキシビジョン『manazashi』が代官山蔦屋書店にて7/24(金)から開催される。

1940年に生まれた上村は、広告代理店でのイラストレーター時代に後の作詞家・阿久悠と出会い、劇画界へ転身。1970年代初頭、代表作『同棲時代』が一大旋風を巻き起こし「同棲」は当時の流行語になる。月に400枚もの原稿を描き上げる一方、毎晩のように酒を飲んでは夜の街に繰り出す日々を過ごす。

没後は国内にとどまらず、ヨーロッパを中心に翻訳版が出版され、原画も展示も多数開催。2017年、アングレーム国際漫画祭では『離婚倶楽部』が遺産賞を受賞。今もなお各国で絶大な人気を誇っている。
映画化された『修羅雪姫』(原作:小池一夫、作画:上村一夫)に感銘を受けた、鬼才クエンティン・タランティーノ監督が、映画『キル・ビル』の中で、オマージュしたカットを作ったのは有名な話だ。

CENTRO(ワーナーミュージック・ジャパン) プロデュースによる今回の展示は、同氏の貴重な原画や、表紙を手がけた幻の書籍や雑誌、レコードジャケット、そして愛用品などを展示。また代官山 蔦屋書店とのオリジナル限定グッズや、いまや絶版になった書籍なども販売。上村オフィスの制作協力により実現した、シルクスクリーン アートの限定販売も行う。

上村一夫アートエキシビジョン
「manazashi」
・会場
代官山蔦屋書店 2号館1階 階段下ギャラリースペース、および2階Bar Anjinの一部エリア
・期間
2020年7月24日(金)?2020年8月9日(日) 営業時間9:00~23:00(コロナの状況次第では営業時間の変更あり)
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/08/13 06:42:33
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1594459824/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク