ログ速トップ
1 : 征夷大将軍 ★[sage] 投稿日:2020/09/01(火) 07:09:06 ID:CAP_USER9.net [1/1回]
高校ラグビーの聖地といえば花園ラグビー場(大阪府東大阪市)。今年12月には100回目の全国大会を迎える予定だが、花園が会場となったのは1963年の第42回大会からと、歴史は長くない。かつての聖地を探ると、意外な場所が浮かんできた。

高校野球の聖地、甲子園球場(兵庫県西宮市)から海に向かって20分ほど歩くと、旧公団住宅のアパート群が見えてくる。戦前まで甲子園南運動場があった場所だ。当時を知るスポーツ史研究家の田尾栄一氏は「若いラガーメンが一度は出場してみたいと悲願(した)」と書き残す。

道路に沿ってコンクリート壁が約300メートルにわたってそびえ、長城のようだったという。陸上競技との共用だが、500メートルトラックに囲まれた天然芝のグラウンドは広々しており、約2万人収容の観戦スタンドもあった。

甲子園南運動場で高校ラグビーが開かれたのは、30年の第12回大会から戦争で中断されるまでの合計14回。大会の公式記録から、朝鮮代表の京城師範の3連覇、名門の秋田工業の初優勝など、熱気が伝わってくる。出場校が関西から全国に広がり、プレーの水準も急速に向上していた。

高校ラグビーの聖地が高校野球と同じ「甲子園」だったとは驚きだ。関西の私鉄に詳しい放送大学の原武史教授によれば、疑問を解くカギは阪神電気鉄道にある。「営業地域で重なる阪神急行電鉄(現阪急電鉄)との競争が、阪神を沿線開発に駆り立てた」

大正時代に始まった甲子園の開発は、現代から見ても破格の規模だ。河川跡の140万平方メートルを取得し、24年に甲子園球場、29年に南運動場を開いたほか、100面のテニスコート、競技用プール、海水浴場、ホテルなどを整備。健康とスポーツを前面に、都心からの移住を呼びかけた。

「昔から剛健な精神と、健全な体格をつくるというスポーツ方面に力を入れる方で、軟派の方は不得手であり、またやろうともしなかった」。55年に出版した冊子で野田誠三社長(当時)が語る言葉からは、宝塚歌劇団を擁する阪急への対抗心がうかがえる。

阪神の狙いは的中する。高校野球もラグビーも当初は阪急沿線の豊中グラウンド(大阪府豊中市)で開いていたが、甲子園に会場を移した。原教授は「阪神が阪急から奪い取ったようなもの」と話す。

「新聞の拡販競争も絡んでいた」と指摘するのはメディア史に詳しい関西大学の黒田勇教授だ。高校ラグビーを始めたのは大阪毎日新聞(現毎日新聞)。高校野球で大成功を収めた大阪朝日新聞(現朝日新聞)への対抗だった。

「小さな新聞が乱立していた関東とは異なり、関西では両紙が圧倒的な影響力を持っていた」。スポーツ事業では主に阪神と連携。集客効果を高めるため、会場の設計にも関わっていたという。「両紙が甲子園を選んだのは自然の流れ」と黒田教授はみる。

一方、花園ラグビー場が開場したのは甲子園南運動場と同じ29年。日本初のラグビー専用競技場として全国高専大会で使われたが、高校ラグビーの会場からは漏れた。

ラグビー好きの秩父宮が橿原神宮の参拝で大阪電気軌道(現近畿日本鉄道)に乗った際、「沿線にずいぶん空き地が多い。この辺にラグビー場を造ったらどうか」と話したのがきっかけ。近鉄はそれを忠実に実行したが、周辺の開発は小規模にとどまった。当時の甲子園に比べると、地味だったことは否めない。

花園が高校ラグビーの会場となったのは30年以上後。かつての聖地、甲子園南は戦後の米軍接収に伴い廃止されていた。だが、花園の経営は苦しく、近鉄は2015年に東大阪市に譲渡した。聖地として輝き続けるには変革も欠かせない。歴史からそんな教訓が読み取れる。

当時の写真
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO6326732031082020AA1P01-PN1-2.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=b638054b4730c831555bf539221508ab

日本経済新聞 2020.9.1
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63267340R30C20A8AA1P00/
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/11/01 07:39:36
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1598911746/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク