ログ速トップ
6 : ニライカナイ </b>◆NEKO/EZcYNdu<b>[] 投稿日:2020/09/19(土) 17:46:28.20 ID:Mk+S86G/z [1/1回]
>>5
冤罪はかけられましたが、復讐は考えていません(^-^)
まあ、あのぶんじゃ5chのプラス板は早晩、人手不足に陥りますよ

『モンテ・クリスト伯』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E4%BC%AF
アレクサンドル・デュマ・ペールによる小説。
1844年から1846年にかけて連載・刊行された。
日本では『巌窟王』(がんくつおう)の題名でも知られている[1]。

主人公のエドモン・ダンテスは、素朴な船乗りの青年で、愛する女性と婚約し幸せな日々を送っていたが、
ある日無実の罪をでっちあげられ、自分では状況が理解できないままに、恋人と引き裂かれるようにして、
監獄に送られてしまう。
送りこまれた先は「誰ひとりとして生きて出た者はいない」という監獄で、
薄暗く不潔な獄中で次第に生きる気力さえ失い、ついには食事を絶ち、餓死寸前の状態に陥る。

だが何のめぐりあわせか、獄中で賢者のごとき神父と交流できたことで、
自分の身に降りかかったことのカラクリや罠にはめた者たちが誰だったのか理解できるようになり、
復讐への強い想いがダンテスを生き延びさせる。

14年にもおよぶ獄中生活に耐えた後、脱獄に成功し、姿を消す。
場面はかわり、それから9年後のこと、社交界は謎めいた貴族「モンテ・クリスト伯爵」の
噂話でもちきりとなっている。

実はそれは、神父から与えてもらった情報をもとに巨万の富を手に入れ、
すっかり紳士となったエドモン・ダンテスだった。
伯爵は、誰にもダンテスとは気づかれぬまま、
かつて彼を陥れた者たちへと巧みに近づく。
そして、ひとりまたひとりと、復讐を果たしてゆく。


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク