ログ速トップ
1 : 朝一から閉店までφ ★[sage] 投稿日:2020/10/30(金) 06:32:06.08 ID:CAP_USER9.net [1/1回]
2020年10月30日 6時0分スポーツ報知 # 芸能

 警視庁原宿署は29日、乗用車でバイクに衝突後、現場から立ち去ったとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、俳優の伊藤健太郎容疑者(23)を逮捕した。伊藤容疑者は容疑を認めている。昨年、NHK連続テレビ小説「スカーレット」にヒロインの息子役で出演しブレイクした新進気鋭の俳優。主演映画の公開や主演舞台が控える中での逮捕に、関係者は対応に追われた。

 伊藤容疑者は、甘いマスクとともに人なつっこさを魅力に、群雄割拠の20代前半の俳優の中でも頭一つ抜き出た存在だった。物おじしない性格で、芸能界の先輩からもかわいがられていた。現場でも変に格好つけることなく自然体。自らいじられキャラに徹して場の空気を作ることも。高い適応力にも定評があり、各方面から引っ張りだこだった。一方で、右肩上がりの状況と比例するように変化していった態度を指摘する声も、今回の事件の前から少なくなかった。

 事件を起こせば、そこにこじつけるように性格の悪い部分に目がいきがちになる。それを差し引いても、関係者からは厳しい声が目立つ。人なつっこさの一方、あいさつひとつにしても生返事で返すように礼儀に欠けている姿も目立っていたという。「無邪気」という魅力をかき消すように「調子のいい若者」というイメージも定着していた。

 18歳でモデルから俳優へと転身した後、売れっ子俳優へと導いたマネジャーと19年夏に“決別”してから歯止めがきかなくなったと見る関係者も多い。そのマネジャーは、口酸っぱく「役者は人間性が問われる仕事」と伝え続けた一人。だが、伊藤容疑者がその後、朝まで飲んで酒の臭いを漂わせながら現場に現れて周囲を仰天させたことは一度や二度ではないという。

 厳しい声から逃げ、甘やかしてくれる環境に行きがちだった。マネジャーとの“決別”を選んだことからも、その側面がうかがえる。今回の事件も、一時的であるにはせよ、本人も認めているように現場から“逃げ”た。だが、今回ばかりは自ら犯した過ちによって身に降りかかる厳しい世間からの声、追いやられる状況から逃げることはできない。

https://hochi.news/articles/20201030-OHT1T50006.html
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/11/27 12:20:07
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1604007126/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク