ログ速トップ
1 : ネギうどん ★[] 投稿日:2020/11/25(水) 11:24:50.82 ID:CAP_USER9.net [1/1回]
 恋愛ドラマで盛り上がる秋ドラマ。少し前までは30代のヒロインも多かったが、ここへきて恋愛ドラマのヒロインの“若返り”が急速に進んでいるという。それは一体なぜなのか。コラムニスト・テレビ解説者の木村隆志さんが分析&解説する。

30代のヒロインが当たり前だったが……

 今年の秋ドラマは、「ラブストーリー全盛期」と言われる1990年代を彷彿させるほど、ひさびさに恋愛ドラマがそろった。

 なかでも特筆すべきは『この恋あたためますか』(TBS系)でヒロインを務める森七菜。まだ19歳の若さであり、連ドラ初主演の大抜てきにファンから喜びの声があがった一方、「さすがに早いのでは」「若すぎるかも」などと不安視する向きも少なくなかった。

 その他の作品では、『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系)に27歳の有村架純、『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』に29歳の波瑠を起用。石原さとみ、新垣結衣、戸田恵梨香ら30代のヒロインが中心だったころよりも、少し若返っていることがわかるだろう。

 また、1クール前に放送された『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)の浜辺美波は当時19歳で、プライム帯の連ドラ初主演を果たしていた。さらに、『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の松岡茉優は25歳で、プライム帯の民放連ドラ初主演。1~3月に放送された『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)の上白石萌音は当時21歳で、プライム帯の連ドラ初主演だった。ラブストーリーのヒロインがこの一年で急激に若返っていることがわかるのではないか。

 現在、最もラブストーリーを放送しているTBS・22時台の火曜ドラマを比較すると、さらにわかりやすい。

 2019年は『初めて恋をした日に読む話』の深田恭子(当時36歳)、『わたし、定時で帰ります』の吉高由里子(当時30歳)。『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の石原さとみ(当時32歳)、『G線上のあなたと私』の波瑠(当時28歳)だったが、2020年は『恋はつづくよどこまでも』の上白石萌音(当時21歳)、『私の家政夫ナギサさん』の多部未華子(当時31歳)、『おカネの切れ目が恋のはじまり』の松岡茉優(当時25歳)、『この恋あたためますか』の森七菜(19歳)。1年で4作平均31.5歳から24歳と、7.5 歳も若返っていたのだ。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/e0211a4a0c2186484a7bbbe9f9b4e6c47b90489a?page=2
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/01/19 21:51:32
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1606271090/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク