ログ速トップ
1 : 砂漠のマスカレード ★[] 投稿日:2020/11/26(木) 07:01:57.90 ID:CAP_USER9.net [1/1回]
イリチッチの先制点でペースを乱されたリバプールは、アタランタに為す術なく敗れた。 (C) Getty Images

 現地時間11月25日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ第4節(D組)で、南野拓実が所属するリバプールは、本拠地アンフィールドでアタランタを迎え撃った。

 前節に敵地で5-0と圧勝したアタランタとのリマッチに臨んだリバプールは3日前のレスター戦からスタメンを5人も変更。N・ウィリアムズやR・ウィリアムズら下部組織上がりの若手に加え、オリギやツィミカスなど出場機会に恵まれなかったバックアッパーを多用。クロップ監督が「チャンスはある」とコメントして注目された南野はベンチスタートとなった。

 試合は立ち上がりからアタランタペースで進む。負ければ、グループ突破に黄色信号が灯るアウェーチームは、8分にゴゼンス、その2分後にゴメスと矢継ぎ早に相手ゴールを脅かす決定機を創出していった。

 序盤のピンチを守護神アリソンの好守で凌いだリバプールだったが、普段と異なるメンバーを多用したせいか攻撃面で精彩を欠く。25分以降は相手に決定機は許さなかったものの、ほとんど敵ゴール前にボールを持ち運べないもどかしい時間が続いた。

 その後、均衡状態となった一戦はスコアレスで前半を終えた。

 迎えた後半、立ち上がりから積極果敢なプレッシングを敢行し、ボールを支配するようになったリバプールは、ワンサイド気味に試合を進行する。
 
 前半とは打って変わって守勢に回ったアタランタだったが、後半に訪れたファーストチャンスをモノにする。60分、ゴメスのアーリークロスをイリチッチが滑り込みながらねじ込んだ。

 攻勢を強めて主導権を握りながらも先手を取られたリバプールは、失点直後にレギュラークラスであるジョッタ、フィルミーノ、ファビーニョ、ロバートソンを同時に投入。ここからホームチームに再び流れが傾くかと思われたが、次点を奪ったのは、アウェーチームだった。64分、ゴメスのアーリークロスをハテブールが頭でエリア中央へ戻すと、最後はゴゼンスが豪快に蹴り込んだ。

 追加点をもぎ取って精神的にも余裕ができたアタランタは、次第に焦燥感を募らせていくプレミアリーグ王者を尻目に落ち着いて応戦。球際での肉弾戦も果敢に演じて、相手にチャンスらしいチャンスを作らせない。

 75分以降は、自陣に人数を割き、守勢に回るしたたかさを見せたアタランタに綻びは見られず。一方、追い上げたいリバプールは、試合実況が「最後にシュートシーンを見たのはいつでしたか?」と笑ってしまうほどに攻撃陣が停滞。84分には南野を投入したが、アタッカー陣の鋭さは鳴りを潜めたまま、タイムアップの瞬間を迎えた。

 結局、0-2でアタランタに屈したリバプール。プレミアリーグで64戦無敗というクラブレコードを打ち立てた“要塞”アンフィールドで、今シーズンのCL初黒星を喫した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/d30ca0b6b0d1c289c8a781ea7d701e790a50aab0
11/26(木) 6:50配信
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/01/15 23:48:56
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1606341717/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク