ログ速トップ
1 : 爆笑ゴリラ ★[] 投稿日:2020/11/27(金) 03:51:48.74 ID:CAP_USER9.net [1/2回]
11/26(木) 23:30配信
デイリースポーツ

メーガン妃

 メーガン妃(39)が、第2子を流産していたという。今年の7月、ヘンリー王子との1歳6カ月の息子アーチー君のオムツを替えていた時に腹部に激しい痛みを感じ、お腹の赤ちゃんを失うと自覚したのだそうだ。

 同妃はニューヨーク・タイムズ紙にこう綴っている。「アーチーのオムツを替えた後、腹部に激しい痛みを感じました。私は彼を抱いたまま床に倒れこみ、お互いを落ち着けるために子守歌を口ずさみました。その明るい歌は、何か悪いことが起こっているという感覚と著しく対照的なものでした」「私は、第1子を抱きながら、第2子を失おうとしていることを自覚したのです」

 その後病院に搬送されたメーガン妃は、流産したという事実に夫と涙を流したという。「数時間後、私は夫の手を握りながら病院のベッドに横たわっていました。彼の手のひらが汗ばんでいるのを感じ、私達2人の涙で濡れた指の関節にキスしました。冷たい白い壁を見つめながら、私の目は涙でぼやけていました。私達がどうしたら立ち直れるかを考えようとしていたのです」

 そしてその悲しみは「耐え難い」ものだという同妃は、こう続けている。「子供を失うということは、耐え難い悲しみを伴うもので、多くの人々が経験しているにも関わらず、あまり話されることのないものです。この痛みの中、夫と私は1部屋に100人の女性がいたとしたら、10人から20人は流産していることを知りました」「しかし、この痛みが驚くほど共有されているにも関わらず、その会話は依然としてタブーとされており、(不当な)恥に溢れ、孤立した哀悼のサイクルを永続させているのです」

 「勇敢にもその経験を打ち明けた人もいます。1人が真実を語ることで、私達全員にそうする許可を与えられるという理解からその扉を開いてくれたのです。私達は、人々に元気でやっているかどうか尋ねられた際、オープンなハートと心でその答えに真に耳を傾けてもらうことで、悲しみの重圧が軽減されることを学びました。私達は皆そうです。痛みを分かち合う場に招かれることで、共に癒しへの第1歩を歩み始めることが出来るのです」(BANG Media International/デイリースポーツ)

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201126-00000189-dal-000-2-view.jpg?w=640&h=640&q=90&exp=10800&pri=l

https://news.yahoo.co.jp/articles/30e840aa43b5559fe2b2b1f12d44ac3d08308832
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/01/23 20:44:23
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1606416708/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク