ログ速トップ
1 : 砂漠のマスカレード ★[] 投稿日:2020/12/03(木) 06:42:18.74 ID:CAP_USER9.net [1/1回]
大阪・興国高のサッカー部から、来年度に5人もの選手がJクラブに加入することが2日、分かった。すでに4選手の内定が決まっていた中、新たにMF南拓都(3年)が横浜入りすることが判明。関係者によると、近日中にも正式発表されるという。同じ高校、同じ学年から5人のプロが誕生するのは極めて異例で、近年にない快挙となった。

 「関西のバルセロナ」という異名を誇る興国高から、一気に5人のプロ選手が誕生することになった。すでにGK田川知樹、DF平井駿助、MF樺山諒乃介の横浜入り、FW杉浦力斗のJ2金沢入りが決まっていた中、新たにMF南拓都が横浜に加入することが判明した。

 最後に内定を得た南は、50メートル走5秒9の快足サイドアタッカー。左右のウイング、サイドバックをこなし、興国高の内野智章監督は「跳躍力なら高校時代の(OBで現神戸の)古橋より上」と語る。チーム内などで「伊賀の忍者」「マサイの戦士」と呼ばれるほどの身体能力の持ち主で、三重県名張市から片道2時間近くかけて通学する努力家でもある。

 興国高から4選手を獲得した横浜にも思惑があった。Jリーグがこの先導入を目指す「U―21リーグ」への参戦を視野に、「U―21チーム」の編成を準備している。来季はユースから2人、興国高から3人の高卒選手の加入が内定しているが、将来の核となる選手を各位置で育てる狙いを持ち、さらに「足の速いアタッカー」を全国で調査。横浜同様に攻撃的なアタッキング・フットボールを掲げる興国の南にたどり着いた。

 今年、埼玉の昌平高から4人のプロ内定者が出たことで注目された中、それを上回る快挙。今年度の全国高校選手権大会に出場できなかった興国高だが、プロ輩出という側面で高校サッカーの歴史に名を刻んだ。

 ▽興国高サッカー部 個々の育成に主眼を置き、その攻撃的なスタイルから「関西のバルセロナ」と称される。かつてJFLでプレーした内野智章監督(40)が06年から指揮を執り、昨年度に全国高校サッカー選手権大会に初出場した。これまでは大阪予選をなかなか勝ち上がれなかった一方、育成を重視した指導法により、同高サッカー部出身のプロ選手は昨年度までで計16人と非常に多い。主なOBに古橋亨梧(現神戸)らがいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/742a3806cbeff94600ba79f0466d41147ce236b9
12/3(木) 5:10配信
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/01/19 08:13:24
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1606945338/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク