ログ速トップ
1 : 牛丼 ★[] 投稿日:2021/01/23(土) 10:33:39.24 ID:CAP_USER9.net [1/1回]


もともとは目や耳が不自由な方に映画を楽しんでいただくサービスでもあるらしいのですが、その中に「コメンタリー」の枠もあって、そこで、『映画 えんとつ町のプペル』の副音声を原作・脚本・製作総指揮の僕が、製作の裏話とか、脚本の裏設定を喋ってるんです。

で、実は、この副音声の録音が、映画公開前の超絶バッタバタの時に、しかも早朝におこなわれたんです。
なので、僕自身、何を喋ったか全然覚えてなかったのですが、なんか、やたらと評判が良いので、気になっちゃって、昨日、副音声上映を体験してきました。
¥自分の副音声を聴くために時間とお金を払ったわけです。

結論から申し上げますと、「副音声の西野、メッチャ喋る」

僕的には、もっとポイントポイントで喋っていると思っていたのですが、映画は100分間なんですけども、99分40秒ぐらい喋ってます。
エンドロール中も、歌詞の意味とかを喋ってます。
あと、さすがプロの芸人。

喋るのが上手いww

エンドロールの終わりと同時に、キッチリと話を締めてました。
思わず拍手しかけたもん(笑)。

ただ、よくよく考えてみたのですが、『映画 えんとつ町のプペル』の「副音声上映」の西野亮廣は条件が整いまくっていて、原作者の目線から喋れて、脚本家の目線から喋れて、製作総指揮の目線から喋れて、エンディングソングの作詞作曲者からの目線から喋れて、かつ、芸人だからお喋りが上手い。

「原作者の目線から喋れるけども、お喋りが苦手な人」とかが普通にいるわけですが、西野に関しましては、そのあたりの能力を全部、コンプリートしておりまして、映画の副音声をさせたら、どうやらピカイチなんです。
もう自画自賛なんですが、とっても面白かったです。

 ★記事全文
https://gamp.ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12651987429.html?__twitter_impression=true
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2021/02/27 18:39:57
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1611365619/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

芸スポ速報+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク