ログ速トップ
1 : 朝一から閉店までφ ★[sage] 投稿日:2019/11/13(水) 19:41:16.94 ID:CAP_USER.net [1/1回]
2019年11月13日 16:16

「課長バカ一代」制作発表会見の様子。前列左から若槻千夏、尾上松也、永尾まりや、市川左團次。後列左から武野功雄、木村了、板橋駿谷、AIロボのボブ。
https://pbs.twimg.com/media/EJPE1xzUcAA8APS.jpg

野中英次原作によるTVドラマ「課長バカ一代」の制作発表会見が、本日11月13日に都内某所で行われた。

「課長バカ一代」は、家電メーカー・松芝電機の社員で、課長補佐代理心得という謎の肩書きを持つ主人公・八神和彦とその部下たちを描くコメディ。この日の会見には八神和彦役の尾上松也、前田仁役の木村了、小泉梨花子役の永尾まりや、林田一郎役の板橋駿谷、井上武治役の武野功雄、天使役の若槻千夏、松平芝之助役の市川左團次、そして本作に登場する松芝電機の開発したロボット・ボブが役柄の衣装で出席した。

松也は八神という役柄について「この中で誰よりも的外れな思考を持っている男ですが、的外れな中にもどこか一本気なところがありまして。なぜか人を惹きつけてしまうんですね」と解説。また野中から「本当にやってしまっていいんですか? あとで後悔しませんか?」というコメントがあったことについて問われると「マンガは劇画タッチでみんなまったくほぼ表情が変わらないのに、言っていることがメチャクチャなのが面白い。正直『これを30分のドラマにするってどうするの?』って思いましたけど、そこに目をつけちゃったところが非常に好きでして。一緒にやらせていただいたチームも気心の知れた方たちだったので、即決でやりたいと」と答えた。

またバカな役をやることについて躊躇はなかったかという質問には「なるほど良い質問ですね(笑)。これだけのバカっぷりを出すことにはなんの躊躇もございませんでしたね。基本的に私は普段バカ寄りなもんですから。どちらかというと、こういった役のほうが性分になってると自負してまして。1人での挑戦となるともう少し不安もあったかもしれませんけど、気心の知れた仲間と一緒に作れるということころもありました」と述べる。

また八神の部下・前田役を演じた木村は「松也くん扮する八神がものすごく面白いんですよ。撮影中笑わない日はなかったですね」と振り返る。さらに松也が現場の空気も作っていたと話し「誰かが失敗すると、必ず松也くんが『うえーい』って(笑)。それにつられてスタッフさんも『うえーい」となるので、失敗が帳消しにされるような幸せな現場でした」と回想する。また同じく部下・林田役を演じた板橋は、劇中でとんでもない格好をしたと言い「いろいろなことをやらせていただいた(笑)。みんなどんどんおバカになっていくんですが、それに輪をかけて松也さんの芝居は足し算がすごくて。『芝居は引き算だよ』って教わってきたんですけど、こういうパターンもあるのかなってすごい勉強になりました(笑)」と笑いを誘った。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://natalie.mu/comic/news/355255
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/01/21 03:51:05
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1573641676/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

萌えニュース+板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク