ログ速トップ
1 : ディオネ(東京都) [CN][] 投稿日:2019/12/06(金) 15:58:16 BE:416336462-PLT ID:/mii9BnT0.net

ドナルド・トランプ米国大統領が就任後間もなく、北朝鮮関連の報告書を受け、ソウルがなぜ北朝鮮との境界にあんなに近いのかと述べながら、住民が引っ越せばいいと言ったと伝えられました。
CNN放送で国家安全保障解説者として活動しているピーター・ボゴンは現地時間で5日、時事週刊誌タイムの寄稿文でトランプ大統領のこのような発言を紹介しています。
新刊「トランプと将軍たち:混沌の費用」出版を控えて、広報次元でいくつかの内容を公開したものです。どのようにこのような発言を手に入れることなったのかは明らかにしませんでした。
寄稿文によると、トランプ大統領は就任して数ヶ月も経っていない2017年4月中旬、執務室で北朝鮮ブリーフィングを受けました。
ブリーフィングでは、北朝鮮の核施設と軍事基地関連の機密画像が登場し、トランプ大統領は韓国とソウルのイメージに興味を示しました。
トランプ大統領は「なぜソウルは北朝鮮の境界にあんなに近い?」と尋ねました。戦争勃発時、北朝鮮の砲兵が本気を出せばソウルが大きく被害を見る可能性があることを知っている状態でした。
トランプ大統領はいきなり「彼ら(ソウル住民)は、引っ越さなければならない」と述べ、冗談かと同席した当局者が混乱すると、トランプ大統領は再び「彼らは引っ越さなければならない!」と繰り返し、何と言えばいいのかわからなかったそうです。
1千万人に迫るソウルの人口が居住地を移すことは容易ではないのに、トランプ大統領は北朝鮮の脅威を避けて引っ越せばいいという主張をしたわけです。
ボゴンはこの逸話は初めて公開されることとしながら批判者の立場からトランプ大統領がどのよう無知で衝動的なのかを示す事例と指摘しました。

https://rebrand.ly/3o51ga
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/01/30 00:14:10
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1575615496/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース速報板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク