ログ速トップ
1 : リケッチア(大阪府) [SE][] 投稿日:2020/02/22(土) 03:15:57 BE:784885787-PLT ID:g1bbycOu0●.net

出始めた“コロナ免罪符”を「ズル休み」「ドタキャン」悪用

体調が悪そうな他人を見ると「休んでくれ!」と願う一方、
自分に多少熱があっても仕事が残っているなら頑張ってしまう…そんな日本人サラリーマンも多いだろう。
「新型コロナウイルス騒動が早く収束してくれないと、仕事がやりづらくて仕方がない」という声も出ているが、
今回の“過剰反応”を逆手に取り、様々な場面で悪用するケースも出てきているという。

「少しでも熱があるようなら出勤しないように」「満員電車を避けて時差通勤を」
「自宅でできる仕事は自宅で。ビデオ会議も積極的に」――そんな通達が会社側から出たという
サラリーマンも多いはず。新型コロナウイルス感染を防ぐため、各企業は過剰とも言える対策をとっている。

 大手製薬メーカーの40代医薬情報担当者(MR)は「都内の感染者と接触した担当MRは、
直ちに会社から2週間の自宅待機を命じられた。別の社のMRにはこの日、
会社から社員同士の飲み会を禁止する通達があった」と語る。

 感染者と濃厚接触した者は症状の有無にかかわらず、
2週間程度の外出禁止措置が取られる。感染を拡大させないための措置だが、
一部では悪知恵を働かせる会社員もいるという。
「はっきり言って、新型コロナは最強の免罪符ですよ。インフルエンザの場合は
確定診断が出て初めて休めるが、新型コロナは感染者と接触した疑いがあるだけで、
自宅待機ですから。これから悪用してズル休みする人は増えると思いますよ」
とはOA機器メーカーの40代社員。
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/03/28 23:52:32
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1582308957/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

スポンサードリンク