ログ速トップ
1 : [] 投稿日:2020/10/25(日) 03:02:09.11 ID:ni3ZYfVp0●.net BE:582792952-PLT(13000) [1/1回]
https://img.5ch.net/ico/o_anime_usodesu.gif
https://news.goo.ne.jp/article/tokaitv/nation/tokaitv-20201024-1113-144390.html
https://img.news.goo.ne.jp/image_proxy/compress/q_80/picture/tokaitv/m_tokaitv-20201024-1113-144390.jpeg


 岐阜県高山市といえば、飛騨牛やお団子など様々な名物がありますが、地元に愛され続けているうどんの店があります。84歳となった今でも厨房に立ち続けている店主が営む、高山の人気うどん店を取材しました。

■近所の人たちは朝ごはんに「うどん」

 JR高山駅の北、観光スポットから少し離れたところにある、「新井こう平製麺所」。多い日には1000人が訪れる人気店です。看板メニューは、かき揚げとゆで卵が乗ったうどん。やわらかい麺に、濃い目のしょう油だしがよく合います。切り盛りするのは、店名にもある新井浩平さん(84)。今も毎日厨房に立ちます。

新井さん:
「味が大事。値打ちもしなくちゃだめ。やっぱり安く、早く、おいしい」

 午前4時。新井さんは、毎朝、この時間から仕込みに入ります。早くから仕事に行く人もいるからと店が6時開店のためです。 店名にもある通り、元は製麺所、麺作りにはこだわります。のどごしを良くするために、小麦粉は長野と北海道産の2種類をブレンド。2時間ほどで、1000食分の麺を仕込みました。

 午前6時。開店前から店の前には客が。この日並んだのは4人でしたが、多い日は30人ほどが並びます。開店から10分、早くも店内は賑わいます。

男性客:
「釜揚げを一番に食べるのはなかなかできないので。製麺所の一番のうどんを食べるということだね」

別の男性客:
「朝ごはんがわり。普段は家で食べるのですけど、週末は仕事のないときだけは、ルーティンみたいなもので」

 朝ご飯にうどん。近所の人たちの定番です。

■旨い、安い、早い「こう平うどん」

 だしは、いりこをベースに、金沢から仕入れたしょう油で作った「かえし」を加えます。真っ黒で、深みとコクのある濃い目の味です。

男性客:
「結構味は濃いんのですけど、地域柄、高山は漬物文化なので、塩気の強いものを食べます。割と味は濃いのが好き」

別の男性客:
「初めての方は辛いと言われるけど、慣れてくるとおいしいです」

 発券機でまずは麺の量を選びます。半玉270円から4玉590円まで。トッピングはかき揚げと煮卵のみです。かき揚げも、もちろん毎朝手作りです。一番人気は、うどん1.5玉のかき揚げ、ゆで卵入り(560円)。少し柔らかめのモチモチとした麺に濃い目のだしがよく絡みます。

 忙しい日でも、客を待たせずに提供できるようにと釜にいくつもの仕切りがあり、時間差で20分ほどかけて茹でていきます。注文すれば、1分ほどでカウンターに。まさに、旨い、安い、早いです。また、メニュー表にはありませんが、お店で“まじり”と呼ぶ、うどん、そば、きしめんを好みに相盛りする食べ方も人気です。

(続きはソースで)
2 : ログ速名無し[] 投稿日:2020/11/28 14:13:20
このスレッドを表示するにはこちらで閲覧できます => http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1603562529/l50


おすすめスレッド

PR

みんなが見ているスレッド

PR

ニュース速報板での新着

ニュース全般の新着

スポンサードリンク